青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「次郎~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~次 次~ 次々~ 次ぎ~ 次に~ 次の間~ ~次第 次第~ ~次第に 次第に~
次郎~
欧~ ~欲 欲~ ~欲しい 欲しい~ ~欲する 欲する~ ~欲望 欲望~ ~歌

「次郎~」 6506, 70ppm, 1616位

▼ 次郎~ (2229, 34.3%)

30 それを 22 自分の 20 何か 19 急に 16 眼を 15 そう言っ 14 その時 12 これまで 11 返事を 10 しかしそれ, 顔を 8 お浜, 二人の, 父の 7 いそいで, それで, なぜか, はっとした, もうその, 首を 6 それが, 変に, 目を, 私の

5 [12件] きいて, さすがに, しかしそう, しかしもう, はっとして, 何度も, 声を, 手を, 正木の, 相変らず, 自分が, 默って

4 [16件] あわてて, しかしすぐ, しかしその, そう言い, そう言われ, そう言われる, そっぽを, そんなこと, だしぬけに, 先生が, 大河の, 彼の, 思いきって, 気を, 言った, 頭を

3 [38件] うつむいて, おずおずと, お鶴, この家, これまでの, さっきから, しまったと, その中, その間に, それですっかり, そんな時, だまって, ちょっとまごついた, ちょっと眼, ちょっと考え, はじめの, ほっとした, 一人に, 云つた, 今度は, 何が, 何と, 先に, 妙に, 学校に, 学校の, 平気で, 息を, 新賀に, 朝倉先生の, 机の, 母に, 母の, 眼の, 笑った, 答えなかった, 見るとも, 道江の

2 [151件] あきれたよう, あわてたよう, いつとは, いつもなら, いやに, いよいよ変, うなずいた, うろたえて, お祖母さんが, お祖母さんに, お祖母さんの, お芳, お辞儀を, がっかりした, きちんとお辞儀, きっと口, きまり悪, きょとんと, ぎくりとした, けげんそうな, ここで, このごろに, この一週間, これは, しかしいつ, しかしふり向き, しかしやはり, しかし少し, しかし彼ら, しかし母, しかし笑う, しばらくし, じっと考えこんだ, すぐそれ, すぐ二人, すこし顔, すると, そうなる, そこに, そのあと, そのたび, その日, その眼, その瞬間, その言葉, その音, その顔, そりゃあ小さい, それから, それでも默, それでやっと, それに, それにも, それに対して, それまで, そんなふう, そんな対話, だまりこんだ, ちょっとの, ちょっと考えた, ちょっと返事, つとめて, どぎまぎし, なるだけ, なんだか家, はね起きて, びっくりし, ふと, ふとんの, またしばらく, また笑った, また考えこんだ, まだ一度, みんなの, もう何, 一人で, 不意の, 両手で, 二人に, 二人を, 云った, 今日の, 伏せて, 何でも, 何の, 何を, 例の, 俊亮に, 兄の, 先生の, 前よりも, 口の, 変な, 夜の, 夢中に, 女の, 子供の, 安心した, 家の, 小首を, 少し顔, 少佐が, 少佐の, 少佐を, 平然として, 廊下に, 彼が, 彼女が, 徹太郎を, 急いで, 恭一と, 恭一に, 提灯を, 教室を, 新賀と, 新賀の, 最初の, 朝倉先生と, 死んだよ, 気が, 気の, 泣きながら, 父が, 父に, 片手で, 田沼先生が, 畳の, 私と, 突っ立った, 立ち上って, 笑いながら, 笑い出した, 笑わなかった, 第一室, 箸を, 縁側に, 考えこんだ, 考えた, 耳を, 聞いて, 胸の, 自分から, 苦笑し, 蔭で, 解せないといった, 言われるまま, 話を, 読みおわると, 障子の, 非常に, 馬田の

1 [1420件 抜粋] あいまいな, あきらめて, あごを, あっても, あとでは, あぶなく声, あまり気のり, あらためて大沢, あるいは二階, ある日, いいましたけれど, いかにも心配, いきなりそんな, いきなり大河, いくぶんそれ, いくらかはにかみ, いった, いつぞやそこ, いつのまにか敷蒲団, いつの間にか視線, いつも一間, いつ見, いよいようろたえた, いよいよ嬉しく, いるか, うしろを, うなずいたが, うろたえたよう, おそらくはザヴィエル, おとなしくうなずいた, おどろいたよう, おりかけた足, お延, お祖母さんと, お祖父さんも, お膳, お鉄, かぞえるとも, かつて小役人, かなりきびしい, かなり間を, かんじんの, きおい立って, きっと馬上, きのうまでは, ぎくっと, くわッ, ぐずぐずし, ぐらぐらと, こうした理詰め, こう思う, ことし十九の, このことば, この人, この先生, この文句, この男, これから出かけよう, これを, ごまかさなかった, さっきと, さっさと上っ, さらに決然, しかしお, しかしさき, しかしそんな, しかしちょっと, しかしふりむき, しかしまだ, しかしもうちっとも, しかし今度, しかし別に, しかし動こう, しかし平気, しかし数日来, しかし父, しかし笑えなかった, しかし誠吉, しかし返事, しかし頓着, しきりと, しくしく泣き出した, しばらくそこ, しばらく教員室, しばらく返事, しびれた頭, しぶしぶ勝手, しぼるよう, しゃくり上げそう, じっさい寒い, じっと耳, すきな, すぐその, すぐにも, すぐ事務室, すぐ夜具, すぐ店, すぐ彼ら, すぐ玄関, すぐ立ちあがり, すこし声, すっかり興奮, すでに本田, すばしこく植込, すべての, そうした人達, そうした青年たち, そう呟い, そう思っ, そう考え, そう言いかけ, そう言われない, そこまで, そっと手, その, そのうち, そのため, その以前, その分厚, その半, その家, その後で, その手ぬぐい, その日じゅう何処, その晩, その沈黙, その笑い, その笑顔, その辺, その間にも, それからも, それから小半時, それでしかた, それでもこの, それでも案外, それでも身じろがなかった, それで自分, それとは, それまでに, それ以来荒田老の, そんな実例, そんな様子, たえず背中, ただ先生, ただ顔を, たべかけた飯椀, だまりこむより, ちっとも怖く, ちょこ然, ちょっとその, ちょっと意外, ちょっと驚いた, ちらと, ついうっとりと, ついそんな, つづいて, とぎれとぎれに, どういう考え, どうしていい, どうやらお, どこにだって, どんなにだれ, なお其家, なにかいわん, にこりとも, にやりと笑っ, のびのびした, はじめて意識, はっとし, ばかばかしくって, ひとり取残され, ひょうしぬけがした, びくっと, ぴしりと胸, ふすま, ふたりの, ふと君枝, ふと運平老, ふりむきも, ふんと, ぷいと立ち上り, ほとんどそれ, ほとんど無意識, ぼそん, ぽッ, まごついた様子, ませた口, またちょっと, また一人, また怒つた, また次郎, また淋しく, また笑つた, また馬田, まだしみじみと, まだひとり, まだようやく中学一年, まだ今, まだ指先, まだ腕白盛り, まだ起き, まもなく帰らなけれ, まる裸, むさぼるよう, むっつりし, むろんそれ, むろん新賀, むろん躊躇, もうあと, もうこれ以上身動き, もうすっかりいつもの, もうそれ, もうどんな, もう一度寝返り, もう一度道江, もう乗, もう先生, もう夜具, もう少し父さん, もう泣い, もう道江, もう食っ, もし自分, もっとお, もともとポルトガル人, もはや父, やがて退院, やっとそれだけ答えた, やっと先生, やっと涙, やっと顔, やにわに両足, やはりテーブル, やはり答えなかった, やはり默, やや不安, ようやく十三歳, わけが, わざと二度, わっと, オドオドし, キリスト教の, ゴアで, スルスルと, ヒョイと, ポンと, 一ヵ月前の, 一升入りの, 一夜に, 一度父さん, 一所懸命だった, 一方の, 一目見る, 一筋縄じゃ, 万年筆なんか, 三つボタンは, 三日前鶴富組の, 上り框の, 不図小虎, 不快と, 不思議にも, 世間で, 両手を, 中学校の, 乾いた土, 事に, 二つ目の, 二人が, 二十歳の, 二階へ, 人間として, 今から, 今その, 今年十五だ, 今日母から, 今朝も, 仕切り戸ご, 仮面の, 会員に, 何かかっ, 何かを, 何だか拍子, 何だか置きざり, 何となく行き, 何も, 何故かすぐに, 依然として顔, 俄然身, 俊三に, 俊亮の, 俯向いた, 元来そんな, 先ず母, 先生も, 児童たちの, 入学試験後正木に, 全身グッショリ濡れ, 其捕縄に, 写真に, 出来るだけ, 初めて愕然, 別れ道の, 力んで, 動かなかった, 勘定奉行武田準, 包みを, 十四歳にも, 半分引っ越しの, 卵焼の, 反射的に, 古い校舎, 叱られて, 合宿が, 否定し, 咄嗟に, 問うた, 喰って, 四十三年四月七日妻, 四畳半一間を, 固唾を, 地べたを, 塾が, 声高に, 夕飯を, 多分学校出身, 大事な, 大山の, 大沢には, 太刀を, 失望に, 奥へ, 妹の, 始終熱心, 嬉しかった, 子供らしい, 安心し, 実は一日, 家に, 寝返りを, 射撃の, 小川先生の, 小脇差の, 少し声, 少し躍起, 少年時代からの, 山奥に, 平気だった, 年月日を, 庄八が, 庭の, 廿歳の, 弟や, 強いて, 彼らと, 彼女の, 微笑した, 心得て, 念を, 怒りっぽい, 思いきったよう, 思わずうしろ, 思わず叫んだ, 思わず扇, 思わず腰, 思わず頭, 恍惚たら, 恭一の, 悉く一笑, 情婦の, 意気込んで, 感激と, 憤つた, 戦死した, 手繰り始めた, 打ちのめされた感じ, 拭きこんだ大, 指先で, 掲示を, 搾った着物, 教室で, 文化十一年生で, 新賀や, 昂然と, 春子に, 昨日天満宮の, 昼飯の, 更に勇, 最初手持無沙汰の, 最後に, 朝倉先生が, 朝倉先生夫妻だけを, 期待し, 木の, 机に, 柔かな, 案外悪びれず, 横柄な, 橋の, 次第に凝視, 止すの, 此より, 歩きながら, 殺せないよ, 母親に, 毎日毎夜東儀与力と, 気味を, 汚れた着物, 決して左様, 沙金の, 泣きたくなった, 泣き出したくなった, 流石に, 淋しかった, 深くもの, 渋った, 漸く水草, 火鉢に, 父にも, 父親似, 物足りなさそう, 狡くッ, 珍型の, 甘い感激, 田沼先生の, 男の, 異様な, 皆の, 盛んに, 直ちに万太郎, 相手が, 真っ先に, 真正面から, 矢つ, 石塔の, 砂利を, 社交性の, 私が, 立ちどまって, 竜一が, 笑うどころ, 答えて, 答えないで, 素気なく, 絵はがきが, 総身の, 翌日から, 耳も, 聞入れなかった, 育てないつもり, 胸を, 脊は, 腰の, 膝を, 自分と, 自分は, 舌打ちしたくなる, 苦笑した, 草の, 荒格子を, 蓆の, 薪小屋に, 虚を, 血ぶる, 行儀よく, 裏崖の, 見おくっても, 見て, 言って, 話っぷりは, 誘った, 読み終ると, 誰が, 諭旨退学に, 警戒せず, 走って, 蹴飛ばされるの, 車中から, 近江国の, 返事に, 逃げ支度を, 道江に対して, 適当な, 郷士で, 野槍の, 鋭利な, 長崎表に, 門の, 闇を, 雛壇の, 雨滴れ, 青すすきの, 青年期に, 頬を, 顔が, 風の神だ, 飛石に, 食事を, 驚いて, 鮭包みを, 默りこんだ

▼ 次郎~ (990, 15.2%)

68 顔を 18 眼は 12 手を 10 ために, 心を, 方に, 方を, 眼に, 眼には, 耳には 9 頭には 8 ことを, ほうを, 頭を 7 耳に, 頭に, 顔は 6 体は, 心には, 気持を, 肩に 5 姿は, 心は, 机の, 眼が, 眼を

4 [14件] まえに, 好きな, 姿を, 心に, 手に, 方から, 様子に, 気持は, 涙は, 眼からは, 答えは, 胸には, 視線は, 顔に

3 [19件] あとを, うしろに, ほんとうの, 体を, 前に, 声は, 心の, 手は, 方へ, 様子を, 横顔を, 気持に, 気持には, 耳にも, 言葉が, 話が, 話を, 調子は, 身に

2 [48件] うしろ姿を, これからの, さげて, すがた, すぐそば, そうした変化, そばに, そばへ, ような, ように, 二人が, 二人だけを, 兄が, 冤罪なる, 勉強の, 口から, 右の, 命を, 声も, 大きくなった, 太刀は, 姿が, 家に, 寝床は, 心が, 死骸の, 母が, 涙を, 生活の, 眼にも, 答えに, 耳元で, 肩を, 背を, 胸に, 胸は, 自由な, 葉書に, 言葉を, 記憶に, 諭旨退学の, 頬っ, 頬に, 頭から, 頭は, 顔さえ, 顔の, 驚きは

1 [510件 抜粋] あとから, あとについて, あばれ屋, あまりにも, いたずらじゃ, いつもの, うしろから, うしろで, うしろの, うしろへ, えりもとに, おいら言葉が, おでこへ, おもかげ, お母さん, お母さんこれいかが, お母さんの, お浜, からだに, かるはずみ, ことじゃ, ことだけが, ことであった, ことでございます, ことは, ことも, こまちゃ, すぐうしろ, すぐまえにいたひとりがたずねた, そうした子供, そうした態度, そうした様子, そうした言葉, その時, そばから, そばには, そばまで, それと, そんな仕草, そんな様子, ため, ためだ, ためを, ため少し, ため黄粉餅を, だと, ちいさな時分, ところへ, どぎまぎし, にこにこし, に分け, ひざに, ひざへ, ふさぎの, ふざけた言葉, ふとん, ふみ出した, べとべとする, ほうから, ほうが, ほうで, ほかに, ほとんど脅迫, ほんとの, ませっくれた, むっつりし, もの三人の, やつは, ようなしくじり, よろこび言うまでも, エッセイの, 一命だけは, 一生が, 一見極めて, 一間ほど, 一隊は, 三人だけは, 三人で, 三人をもって, 三太郎の, 上に, 下駄を, 不孝の, 不届きな, 両手が, 両手は, 両手を, 両肩, 中学一年の, 中学卒業よりも, 串談が, 予想に, 予期に, 事だ, 二人も, 二人を, 云つた通りこの, 人格をも, 仂い, 仕事は, 代りに, 仲間たちとが, 保証人を, 側へ, 傷は, 儀について, 兄弟が, 入学祝いに, 全く予期, 共同生活者紅子がは, 処分について, 処分の, 処刑, 処刑に対して, 出しゃばりを, 出発には, 出発を, 刀は, 刑される, 刑を, 制服の, 前で, 前まで, 努力を, 勇気は, 動作を, 勝利である, 化身と, 十本の, 危機は, 友達で, 反撥の, 叔母, 口を, 古道具屋まで, 右手に, 右腕を, 号泣が, 合作で, 名が, 名を, 周囲の, 命も, 唇からも, 問いは, 問題だ, 問題とは, 問題には, 問題を, 四人だけが, 場合だけには, 場合は, 場合もし, 声で, 変な, 変わり方, 変心によって, 夜具の, 天性, 太刀の, 失くし, 失態は, 女房に, 奴が, 好みで, 如きは, 妹が, 子が, 子供らしくない, 存在は, 学年成績の, 学校の, 学級主任の, 実存を, 実家の, 室との, 室に, 家へ, 家を, 容子ばかり, 寝ぼけ眼を, 寝台の, 寝顔から, 将来を, 小さい体, 小刀に, 小説は, 小説を, 小鼻が, 尻が, 尻馬に, 居所を, 屋敷の, 屋根に, 巣の, 左袖に, 席に, 席の, 席は, 帰りが, 帰りを, 幸福を, 幼年時代を, 幼年組は, 廻国は, 弱点が, 張りつめて, 影は, 役割だった, 役目だった, 役目な, 役目の, 彼らに対する, 後頭部にも, 徒を, 得意な, 心では, 心と, 心境も, 心根が, 忍耐は, 怒気を, 思いつきで, 急所を, 性質を, 息子を, 悪癖を, 悲嘆に, 惡黨を, 意識の, 愛に, 愛撫に, 感傷を, 感情は, 態度だった, 懐中物を, 懷ろに, 成績が, 成長が, 戒めにも, 所へ, 所持品だ, 所為でない, 手から, 手が, 手つきを, 手で, 手へ, 手元へ, 手足の, 手蹟に, 手首を, 持前だった, 指を, 捜索が, 接したかぎり, 提案による, 敵では, 断罪を, 新しい生活, 方である, 方にだけ, 方には, 方によって, 方は, 方ばかり, 方も, 日ごろと, 日とさえ, 日記, 日記でない, 日記では, 日記は, 暗殺京都では, 最後に, 朔日中国地方で, 期待とは, 本音が, 来た方, 来て, 枕元へ, 案内で, 様子が, 様子には, 様子は, 横に, 機敏の, 次郎たる, 歩が, 歩みは, 死骸に, 死骸を, 母に, 母に対する, 母親です, 気を, 気持が, 気持ちには, 気持ちの, 気持ちは, 気持ちを, 水干の, 水泳ぶりを, 求めて, 沈默は, 泣き声が, 泣き声は, 泣き声を, 泥だらけな, 注意を, 注目を, 演説は, 火傷が, 火傷の, 為に, 無念さと, 爪で, 父が, 父に, 父は, 父小五郎の, 父親船頭の, 物凄いね, 犯行を, 独りで, 獄舎は, 生い立ちや, 生まれた時刻, 生れたの, 生命に, 生命も, 生活が, 生活に, 生活は, 生活記録である, 生活記録の, 生活記録は, 田舎行きは, 男振りは, 画作に, 癪に, 発狂ぶりに, 皹だらけの, 皿が, 皿に, 皿の, 目に, 目には, 目にも, 眉も, 眸は, 眼ざし, 眼と, 眼も, 着物には, 祖先だ, 神経は, 神経を, 空だ, 突っ伏して, 立場は, 笑顔は, 筆入と, 答えも, 答は, 策であった, 粗相を, 紙入れを, 素肌に, 経験などを, 緊張が, 縁者知己は, 縛めを, 罪を, 罪悪は, 考え片, 耳を, 耳許に, 肩へ, 胆刺は, 胆剌の, 背なかに, 背の, 背中を, 背後へ, 胤か, 胸が, 胸にも, 胸を, 脛布を, 脱走を, 腕に, 腕を, 腹の中は, 腹痛は, 膝の, 自己反省は, 自然児らしい, 興味を, 興奮は, 舌は, 苦心, 苦心も, 英雄的な, 草履の, 荷物を, 落ちつきは, 葉書の, 蒲団を, 蒼ざめた唇は, 薦めを, 藪牢に, 行方は, 行末とも, 行末などには, 行末を, 表面だけを, 袖を, 袷を, 複雑な, 襟を, 襟章を, 見るからに, 見幕に, 見込みで, 視線が, 視線を, 親の, 親切が, 親類でございます, 言に, 言に従って, 言葉に対して, 訃に, 記憶する, 許嫁である, 許嫁花世さんじゃ, 話から, 話した奇怪, 話し声が, 誇らしい気持, 誕生日です, 説明した, 説明を, 諭旨退学も, 諸氏が, 警戒心の, 警戒心は, 足は, 足跡を, 足音が, 足音を, 身にも, 身も, 身を, 身辺には, 身長は, 軍鶏籠の, 軍鶏籠を, 返事が, 返事は, 返事も, 速記を, 速記本に, 遊び相手としては, 運命とが, 運命は, 遺子玉枝に, 遺子福蔵二代目荒次郎を, 邸へ, 邸宅に, 部屋を, 野外における, 野槍へ, 鋭い目元, 関心が, 青年前記の, 靴音も, 音頭で, 頬を, 頭部に, 頭部の, 額を, 顔いろはもう, 顔から, 顔と, 顔とを, 顔ばかり, 顔や, 顔色を, 飛び込んだの, 飛び込んだ場所, 養母に, 首を, 首垂れ, 首斬り道具を, 髪も, 鼓膜を, 鼻先へ, 鼾は

▼ 次郎~ (455, 7.0%)

6 言った 5 だしぬけに 4 これまで, それを, 帰って, 自分の 3 学校から, 急に, 眼を, 考えこんで, 血書を

2 [25件] あわてて, いった, ここに, この家, さけんだ, そこへ, たずねた, はいって, 一人で, 何か, 何を, 出かけて, 出て, 声を, 学校に, 手を, 私の, 答えた, 自分で, 藁の, 言うと, 訪ねて, 長崎表から, 電車に, 駈け出したあと

1 [363件] あがって, あとから, あとに, あれから, あんな事, いいました, いきなり太刀, いくぶん顔, いつに, いつの間にかきちんと膝, いつまでも, いつも尻, いとしかった, いなかったり, いにしえ元, いふには, いぶかりながら, いよいよしょげる, いよいよ中学, いわゆる九度山, うさぎを, うちを, おかした罪, おれの, お母さんそっくり, お気に入りです, かう云つた途端, かれの, がっかりする, きいた, きて, きゃあきゃあ笑い出した, きょうまでの, きょう学校での, ぐずぐずし, こう言った, ことばの, このごろどんな, このごろ急に, この人, この島, この年寄, この辺, こんなこと, こんなにはにかんだ, さきざき実家, しばしば怒り, すぐその, すぐ立ちあがっ, すぐ立っ, すぐ顔, すっかりあちらがた, そう言う, そう言っ, そっとその, その人, その人形, その内, その前, その告別式, その小さな飾窓, その戸, その日感銘, その男, その間を, その頃乳母の, そばから, そばの, そばを, そんなにまで, そんな点, たえて, たずねて, ちょうどその, ちょこなんと控え, ついに母, つぎつぎに, つづいた, つづいて, とかくだまりこみ, とつぜん身, どうしてあの, どうしてインド, どぎまぎし, どこまで, どんな工合, どんな気持, なじるよう, なま返事, なみなみとつい, なんでそんな, ねころんで, はじめて見る, はたきを, ひとりで, ひとり大衆文学界の, びっくりした, ふたたび進み出, ふと眼, ふりむくと, ふり向いても, ぷいと表, ぼんやり突っ, まごついた, まだ少しも, まだ板木, まだ残っ, まっさきにひきうけね, まん中で, みんなの, みんなを, むっつりし, もらったの, やがて首, やっと口, やっと自分, やや興奮, よく礫, わしに, わたしの, エヘンエヘンと, キリストの, ギラギラ目, クワッと, フハンの, ブラシを, 一人蟇口を, 一所に, 一緒でない, 一青年の, 三つボタンに対して, 三番町で, 上から, 下手人の, 不器用な, 世間へ, 中学校へ, 中学校入学式で, 中心に, 中間に, 乾し餅, 二人の, 二階から, 云った, 五歳の, 京大の, 今あっ, 今日の, 今日従兄弟たちの, 仔細を, 何かに, 何でそんな, 例の, 俊三を, 俊亮に, 傍の, 先ず擂った, 入り口に, 八王子に, 兵を, 冤罪という, 出迎えて, 刑に, 勢いよく立ちあがっ, 十一歳に, 十五歳の, 十能に, 十間以上も, 即刻召喚の, 卵焼を, 去った後, 召捕られたと, 噛みつかなかったと, 四月から, 変態の, 変質者である, 夕食後小用を, 外套の, 多少はにかみ, 夜具を, 大便所, 大嫌いだ, 大河と, 大袈裟に, 天狗の, 失敗した, 好んでうたう, 好意を, 妹に, 始めでは, 嫂には, 学校を, 安藤対馬守信睦の, 実に正確, 家を, 家庭や, 家督相続を, 寒そう, 将来愚鈍という, 小さな身体, 小刀を, 小半町も, 小面憎くて, 小首を, 居ないでは, 左右から, 帰れば, 帰村の, 幕府方の, 床の間の, 店の, 庭の, 式場に, 強いて拒もう, 彼らの, 彼女に, 徴兵適齢に, 徹太郎と, 心機一転する, 必死の, 恭一の, 息を, 悲しそう, 悲痛な, 才蔵に, 抗弁した, 指ざした, 挨拶を, 捨鉢に, 掴み合つて, 提げて, 揶揄うその, 救いに, 敷居の, 文芸梅本が, 日本アルプス登山の, 昂奮し, 昼寝を, 時代という, 最初に, 最後に, 月江の, 朝倉先生に, 朝倉先生の, 朝倉夫人の, 期待した, 本当だ, 本校舎, 机もろとも, 来たから, 来なかったらそうして, 板木を, 果してそうした, 柿の, 校門の, 根岸の, 梯子段を, 権田原先生の, 櫓を, 次男坊な, 次郎の, 正木から, 正木に, 正木の, 正直に, 武蔵野へ, 歯が, 死物狂いの, 殺されたと, 殺されたの, 母さんの, 毎日はく, 気を, 気味わる, 水を, 決死的に, 潜って, 潜り出せば, 火傷を, 焉馬の, 父に対して, 犬みたいな, 狂気の, 猪熊の, 率直に, 現在以上の, 現場へ, 申しますには, 町の, 留守だ, 留守の, 白墨を, 目を, 相州湯ヶ原の, 相手を, 真の, 睾丸を, 神田岩井町代地の, 私に, 程なく, 空樽に, 突き止めたお, 窓の, 窓を, 窓下に, 答えまして, 答えるまえに, 節穴から, 納まらなかったよう, 継母の, 編笠を, 耳を, 聞きあきるほど, 肩から, 背なかを, 胸を, 腹痛を, 自分に, 興奮し, 苦心し, 茶の間に, 葉の, 蓬莱屋の, 薬壜を, 虚脱した, 覆面の, 見付けると, 視線も, 親でなかった, 言いましたら蓬莱屋, 言うころ, 話して, 謙蔵を, 近くに, 近づいて, 追いつくと, 逃げたと, 途中から, 通ったの, 進んで, 遊んで, 道順の, 郷里の, 鉛筆と, 銀座まで, 鋭い勢い, 長崎から, 間もなく継母, 陣風斎から, 階下から, 隣りで, 隣りの, 雑巾を, 雛妓の, 青天白日の, 非常に, 靴を, 飛びこんで, 馬に, 駅からの, 駈けて, 驚いたこと, 默りこん

▼ 次郎~ (222, 3.4%)

4 一緒に 3 それには, みんなと

2 [13件] すこし案外, そのあと, それを, 卜斎の, 口を, 帰って, 才吉も, 新賀, 新賀も, 末子も, 父の, 癇癪を, 笑ったが

1 [186件] あけび巻の, あっと驚いた, あつと, ある, あれ以来, あわてて, いっしょについて, いった, いつの間にか彼ら, いよいよ六年生, いよいよ学校, いよいよ落ちつい, いるだろう, うろたえた, おなじ意見, おめおめ姿, おりおりその, かかさず朝倉先生, かわいそうだ, けっして勘ちがい, ここに, ここ一生の, このぶん, この部屋, これで, これには, さすがに, しかしその, しだいに気, じっとし, すぐあいさつ, すぐ立ちあがった, すっかりそれ, すっかりまいっ, すでに二三歩うしろ, すばやく水独楽, すると, そうした中, そこに, そのなか, その一人, その一歩, その兄, その教室, その方, その気, そばに, それが, それっきり默って, それに, そんなこと, だまって, だんだん色, ちょこちょこと, つい笑いだし, つづいて, どうした, なぜか, なみの, ならべ釘勘, なんぼ世間, にわかにあわてだし, にわかに足, ひょッ, ふりかえって, またあくまで, まただいじな, また腕, むろん作業, むろん内々心配, むろん広間, むろん無, めっきり大人, もう三年生, もう四十四歳, もし火傷, やっとあきらめたらしく, やはり坊ちゃん, やんが, ようやく病人, われながら, ウッカリ蒲団の, ウンと, ギャッと, 一匹の, 一日うちに, 一枚の, 一瞬息を, 一言の, 一週間ぶりで, 不思議そうに, 不意を, 九州の, 事態を, 交じッ, 今でこそ, 仰天し, 住みなれた土地, 何処からか, 倒れる, 兄さんらしい, 兄の, 共々その, 共にあるき出した, 共に放逐, 出て, 剃刀を, 十九に, 叔父さんに, 取り逃がしかかる, 叮嚀に, 合点し, 同じこと, 命がけだ, 唾を, 喜ぶだろうよ, 塾生たちと, 大きくなったでしょう, 大河の, 大河も, 好きだった, 姿が, 娘も, 嬉しくない, 実を, 家の, 少しためらっ, 少し安心, 少し皮肉, 弁太も, 思い出したよう, 思ひ出したやう, 思わず笑った, 急に, 恭一も, 手代の, 捕手の, 既に向う側, 明日は, 最初の, 期待し, 本筋だけは, 来いや, 次にいう, 死んだ者, 母の, 淋しく笑っ, 淋しく笑った, 片手に, 生活の, 留守末子も, 目を, 相槌を, 眼を, 確かには, 私に, 私の, 空林庵の, 笑いながら, 笑ひ, 繼母の, 署名した, 義助も, 職人の, 自分で, 自分の, 若い盛り, 血気の, 行くの, 言葉の, 話が, 諸君の, 近ごろは, 近ごろぼつぼつ, 近頃は, 逃げ路, 都合が, 長々の, 長崎表から, 間もなくその, 降りて, 顔色を, 食卓を, 駕籠屋らも, 驚いたこと, 驚いて

▼ 次郎さん~ (209, 3.2%)

3 の阿

2 [12件] いらっしゃる, かい, がいいました, がききました, には死ん, のお, のこの, の家, の板木, は, はかね子さん, ばかりで

1 [182件] おこったの, か, かて喜びはった, から悲しい, から自分, が, があそび, があやまらなく, があやまりなすった, がいう, がいつか私, がお, がおっしゃる, がきく, がこわい, がたのみました, がひとり, がわたくし, がヒョッコリ, が亡くなられまし, が出, が夜更け, が女, が怒っ, が悪い, が死んだ, が殺され, が毎日, が泊, が自分, が養子, が鰯, こうなった, しばらく, すぐご, そんなこと, だったね, だ両雄相, でしたよ, です, でせう, でねえか, とあちら, というぐあいに順々, といふ方, とご, となほ江さん, との仲, とはよくよく, とはわたし, と二人, と横山唯一さん, と申します, と約束, と言, と言ッ, どうか私, どんなきれい, なうち, などには負ける, ならあるいは, ならわたし, に, にとっては今, にはお世話, にはそれ, にはどこ, に來, に取られ, に執心, に待ちあわし, に手紙, に打ちあけたく, に知っ, に缺けたもの, に見張っ, に軽蔑, に近頃, のお家, のお祖父さん, のお話, のくつ音, のご, のその, のふところ, のニコ, の厚意, の告白, の奧樣其他, の奴, の小さな, の幼, の時, の棺, の目下, の祖母さん, の秘密, の罪, の訳述, の阿部正弘事蹟, の魂, はあそび, はいく, はいつも, はうらやまし, はおどろきました, はお腹, はかばん, はかんしゃく, はききました, はききませんでした, はきっと, はこの, はご, はご存じ, はすっかり, はそう, はその, はそれ, はとんぼ, はどう, はどうか, はどうして, はなれない, はふところ, はぶつぶつ, はほん, はまったく, はもう, はやさしいいい, は今, は今日此頃, は何とも, は到る, は十六, は千歳村, は却って, は唯今どちら, は商売, は善良, は土佐, は外套, は寝入った, は往来, は念, は思いました, は感心, は成丈父, は朝倉先生, は机, は柄, は浦島太郎, は笑い, は答えました, は終に, は蒲団, は非常, は風呂, は鼻血, ほんとにストライキ, もお, もたぶん, もどこ, もまだきっと, もよく, も今朝, も見えない, も賛成, や義助さん, よりほか, よ幸福, をはじめ此家, を愛し, を探し, を殺した, を無理, を疑ふ, を私, を縛, 今お帰り, 打ち明けて, 酔うて

▼ 次郎ちゃん~ (179, 2.8%)

4 のこと, はもう 3 がいない, はそんな, を可愛がっ

2 [13件] あの方, が久しぶり, が可愛い, じゃない, のため, は, はきっと, はまだ, は今日, は正木, もうお, も学校, 行こう

1 [136件] あけて, あやまって, いい家, おはよう雪だるま, おもしろい言葉, おもしろい話, お偉い, お勉強, が, がお, がこちら, がそんなに, がっかりしなかった, がつる, がどうしても, がどんな, がよく, が嘘, が寄りつき, が来, が来る, が町, が突き倒した, が行く, が行っ, が見てる, こんなところ, すまなかったね, そうお前, だ, ちょいと, ちょっと, でいい, でさえ, ですか, ですよ, でも, とも仲よく, と仲, と俊ちゃん, と喧嘩, と姉, と蝋小屋, どうだった, などと号する, なんかと遊ぶ, にいろんな, にお, にこちら, にこないだ, にねだられた, にはここ, にも, にもお, にもわけ, にも俊ちゃん, にも手伝っ, によく, にわからない, に嬉しい, に思わせる, に笑われる, に見習っ, に言っ, に負けちゃった, のお母さん, の乳母, の力, の好き, の帰り, の気持, の肩, の言ってる, の部屋, はあたし, はいい, はいつもびくびく, はお, はお正月, はお祖母さん, はかわいそう, はそう, はどう, はどこ, はどちら, はなお, はまた, はもうちっとも, はゆうべ夢, は亡くなった, は変, は夢, は座敷, は強い, は昨日默, は来たい, は東京, は次郎ちゃん, は父さん, は笑わない, ひもじかったでしょう, へのお, ほしそう, もう七時半, もお, もここ, もっと側, もっと早く, ももう, もよく, も一年, も一緒, も出かける, も好い, も慣れるだろう, も来, や三ちゃん, ゆっくりし, よりその, より僕, をお, を一等, を可愛い, を可愛がらなきゃ, を可愛がる, を叱っ, を心, を怖がる, を探し, 寝ようや, 帰りたくなったら誰, 泊って, 行ったこと, 見てて, 買って, 逢わなくって

▼ 次郎~ (171, 2.6%)

14 三郎は 8 いっしょに 7 一緒に 4 お鶴 3 お浜, 三郎を, 新賀とが

2 [12件] おせき, ならんで, 三郎の, 二人で, 云って, 云ふ, 俊三とは, 同じよう, 小虎, 新賀とは, 月江は, 末子の

1 [105件] ある上半分, いいました, いう, いうのに, いった, いふて, いふと, いわれるくらい, おっしゃいます, おっしゃるニューフェース, お民, お芳, こんな言葉, するが, なるや, べつの, よぶ二人, よぶ僕ひとり, よぶ若者, わしの, コスターに, サービスが, モコウを, 万太郎が, 三郎が, 三郎と, 三郎とで, 三郎とに, 三郎との, 三郎に, 三郎には, 三郎も, 三郎らに, 世上の, 世間見ず, 二人し, 云うの, 云う日本, 云う老人, 云う長崎, 伯父留二郎は, 俊三とを, 俊亮を, 別れて, 同い年で, 同じ気持, 君枝の, 君枝は, 坐つて, 増田太平の, 変りが, 変名し, 大沢の, 大河とが, 大河とは, 大谷門蔵の, 宝鏡先生との, 少佐とを, 廊下の, 彼女の, 恭一とには, 恭一との, 探偵小説家の, 揉み合つた證據ぢ, 新賀と, 暫らく起臥を, 月江が, 月江という, 月江との, 月江とは, 朝倉先生夫妻の, 末子とは, 末子を, 池内蔵太と, 沙金とが, 申します, 申しますもの, 番頭の, 相識る, 私との, 称して, 約束が, 義助に, 義助は, 肩を, 自分との, 血で, 言う, 言う名, 言つた, 言ひ, 許嫁の, 詩, 話しながら, 語ったこと, 論争し, 謙蔵との, 連れだって, 運平老とが, 道江との, 釘勘が, 順々に, 順番を, 顔を, 鶴富組の

▼ 次郎~ (171, 2.6%)

12 言った 5 して 2 くっついて, その話, 反感を, 向かって, 向って, 目くばせした, 絶交された, 送られて

1 [138件] あくまでも筋, あぐらを, あずけて, あてがい自分, あてたはがき, あてて, あらぬ真, いった, うすい藁蒲団, おやり, お前は, お酌, かえって不愉快, かじを, かつての, くらべて, これを, ささやいた, しちゃ, しちや大出來, しっくりしなかった, しても, すがりついて, すすめられても, せよ何でわざわざ, せよ遠く, そう言っ, そう言われる, そのこと, その後訓戒し, たかって, たずねましたところが, たのむこと, ちやほやする, ついて行くの, ついて行けば, とらせようと, とれば, どこまでも, どれだけの, なぶられて, まかして, もう一つ, やっても, やるもの, よびよせられた在京, わたされた塾生名簿, オーバーを, ナポレオンに, 一日も, 与えた, 与ふる, 世の中には, 云はれ, 云ひつけ, 今朝の, 代って, 会うの, 会わせて, 会わなかったこと, 伴われまして, 何か, 全然叱, 写真機を, 出会った理由, 切って, 剣道の, 助けられその, 助けられようやく, 勇気が, 及ばないの, 取っても, 取り縋った, 取縋つた, 叱言, 同情し, 同情する, 同情の, 向け金次郎, 向つて, 否やは, 夕飯を, 奪われようと, 好意を, 妻する, 宛てたお, 御見せ, 意見を, 抑え切れない嫉妬心, 接近しよう, 握られたお, 操られて, 末子の, 案内され, 横取られる, 母の, 気を, 気付薬を, 沙金が, 泣きつかれたり, 注がれた, 注意し, 渡した, 点頭きを, 現場への, 相違ない, 眼を, 祝意を, 移って, 縁の, 縋り付きました, 縛られも, 罪を, 興味を, 草之, 袖を, 襟を, 見られて, 触られた横腹, 言いつけて, 言って, 言われて, 話したあと, 話して, 負けて, 近づいた, 近づいて, 近づくと, 追はれ, 追われながらも, 逢つたと, 逢つた最後の, 道づれが, 道江を, 預けて, 頼んで, 飛びついて, 騙されて

▼ 次郎~ (165, 2.5%)

8 見ると 7 見た 6 見て 5 つれて, 連れて 3 相手に 2 うしろから, つかまえて, 呼んで, 慕つてゐる, 抱いて, 見つめた, 見てて

1 [117件] いっしょに, いやがるよう, うながして, おいかけた, おさえに, おどかそうと, おろして, お元, お探し遊ばし, かえして, かえり見て, かばって, きっと試験, けげんそうに, けなしたり, けなす必要, ごまかして, さがしに, しかったの, して, しばらくわし, すぐ愉快, そこに, そのままに, そんなふうにみる, つれ紅緒, どうあしらっ, なだめるよう, なぶろうとして, のぞいては, はじめ一族の, はじめ新賀も, ひいたトラック, ふるえあがらせるほどの, まるで本田, もって, ゆく, ゆくゆくは, 下から, 不愉快に, 事件の, 人けの, 付けて, 仙太が, 使いに, 刺し殺した下手人, 助けようと, 励ますこと, 動かして, 勝負事の, 千日前へ, 叱り飛ばしたの, 君と, 呼び出したの, 喜ばせること, 婿にと, 尻目に, 帰して, 帰すこと, 引摺りながら, 怒らす機会, 慰めるの, 戒めて, 手なず, 手招きした, 手放すの, 投げつける, 抱きしめた, 抱き起こしたお, 挟撃し, 探しに, 攻めたとき, 机から, 東京駅に, 校番の, 校番室に, 楽屋に, 殺したの, 殺した刄物, 殺す事, 気味わるがらせる, 満足させた, 目の, 真正面から, 眠らせ次郎, 睨みつけそれから, 睨めつけて, 睨んで, 突き飛ばして, 笑わした, 算盤の, 縛りも, 育てる力, 茶屋に, 襲名す, 見あげた, 見おろしたが, 見たが, 見つけると, 見つめてから, 見ながら, 見上げて, 訪れたり, 蹴って, 蹴倒して, 身近に, 迎えに, 連行し, 遠征に, 遣込めようと, 選び出させ喜八, 附けて, 青年に, 預けたまま, 預るについても, 預るの, 養子に

▼ 次郎兵衛~ (139, 2.1%)

4 の笠, はその 3 と書い

2 [11件] が江戸, というの, という弟, と訳, のゆくえ, の家, はこれ, はやはり, は三島, は奥, は居酒屋

1 [106件] があらわれた, がこれから, がどうして, が二十二歳, が出, が暴れ出した, こそ飛んだ, じゃあねえらしい, その名, だけはこっち, でなく宇都宮, ということ, というもの, という名, という奴, という男, という百姓, となる, とわたくし, と一緒, と云い伝え, と手, と松原十右衛門, にこの, にそれ, には係り合い, に火消し頭, に逢いたい, のこと, のす, のまっか, の係り合い, の修行, の名, の墓, の姿, の家出, の心中, の放埒, の新居, の方, の死後, の気に入らない, の物, の男ぶり, の酒, の風貌, の騒ぎ, はいよいよ, はいろいろ, はお, はおととし, はおのれ, はおれ, はくわしい, はこっそり, はしばしば, はその後, はそれ, はできるだけ, はどうして, はふらふら, はまたまた, はやっと, はゆったりゆったり, は一分間, は三日, は二十二歳, は仕方, は勿論, は卓, は単に, は商人根性, は喧嘩, は夜, は大社, は天, は天狗, は女房, は姿, は安心, は安政六年, は宿場, は店, は度胸, は彼, は武器, は殴り, は牢屋, は知っ, は笠, は義理, は考えた, は考える, は花嫁, は貰い, は逃げ出した, は重い, は顔色, も一旦, も気分, をおどし, をたずね, を二階, を引き取らせる, を預けた

▼ 次郎には~ (115, 1.8%)

8 それが 3 その意味 2 しかしその, そんな気, わけが, 何の, 先生の, 夫人の

1 [92件] いやに, この時, この言葉, さすがに, さっぱりわからなかった, しかしそれ, しかしひもじい, しかしまだ, しかし二人, しかし何, しかし先生, しかし却って, そうしたまじり気, そうした前置き, そうした空気, そのえ, その下品, その姿, その時, その札, その様子, その痛み, そりゃあお前たちの, それは, それも, ちと上等, どことなく亡くなった, なぜか, ますますわけ, まだそれ, まだ気がつい, まるでわけ, まるで張合, むろんわからなかった, むろん何, もうお, もう一度大声, もとより夫人, やさしいの, やはりそれ, やはりまだ当分日除, やはり父さん, よくわからなかった, よく呑みこめた, よく聞き取れなかった, わからぬ点, 一日ごとに, 一目で, 一種怪童的な, 丼の, 今は, 似合いませんそれ, 何か, 何で田沼先生, 何となく頼もしく, 何もかもが, 全くわけ, 全く思いがけない, 喋舌る, 大して用, 妙に, 家の, 床だの, 彼女が, 思えたの, 急には, 恭一の, 意外だった, 旅行に, 日が, 正直の, 気がつかなかったもの, 気の, 氣の, 火の気の, 父が, 特別の, 目を, 相当誉められてる, 知らさないで, 苦手な, 解せませぬ理由, 誠吉の, 説明は, 負ける, 質問の, 返事が, 返事の, 運命という, 運平老の, 都合が, 靴俊三には

▼ 次郎~ (105, 1.6%)

4 が自分, のこと 3 のよう 2 の口, は, はどう

1 [88件] いこう, いよいよ調子づきまし, か, からも承っ, からシャム猫, か田中園子さん, が, がお嬢さん, がこれからどう, がつけた, がわし, が不幸, が報告, が大学卒業, が母さん, が気, が筋, が純粋, が考えこん, が道江さん, じつはぼく, その傷, だ, だけで, だね, であった, といっしょ, との仲, とも道江さん, と同じ, と絶交, どうしていたんだ, なかなか元気者, なぞは大衆物, などが久しく, などもその, にすっかり, には僕, にひねこびた, に一冊, に伝えられる, に何とか, に感謝, に母さん, に渡す, に自信, に要求, の, のおかげ, のお父さん, のさっき, のその, の問題, の弟, の心がけ, の所蔵, の特長, の目, の知っ, の第, の調べられた, はあまり, はうち, はこのごろ大人, はねちゃった, はまことに, はやっぱり, はペテン, は二年間, は先生, は内弟子, は剣道, は危険, は君ら, は来, は案外, ももう, も勿論, も最初, も歌え, やっぱり来, や僕, をこちら, をそんなふうに, を罰する, 少しどうかし, 言われたとおり, 進むか

▼ 次郎という~ (64, 1.0%)

3 者が 2 のは, 人が, 人間を, 者だ, 若侍

1 [51件] くだらない名前, のか, のが, のっぴきならないらしい, のです, ばかで, ものが, ものじゃ, ものであった, ものを, もんです, んだろう, 一人の, 一個の, 一少年の, 与力衆に, 主の, 人の, 人間が, 人間であります, 個人にだけ, 兄弟の, 先生へ, 名に対して, 城内きっ, 子に, 子供が, 子供の, 学者は, 小僕, 小僧が, 小童について, 少年が, 屈竟の, 山猿の, 彫青師, 文字を, 昔の, 標札を, 武士が, 男から, 男で, 男は, 筑後川の, 老人は, 者, 者と, 者に, 若い者, 道楽者であった, 青年は

▼ 次郎~ (61, 0.9%)

52 と遊びたく, に逢っ, の宅, の現存

1 [48件] から女房, から承った, から来信, がこの, がどういう, がマラッカ海峡, が最近, が毎年忌日忌日, が私, が綿密, である, でこの, という, という事, とかの口, とはある, と相談, などにお目にかかりました, などの作品, なり, に從, に面會, のお話, のごとき, のため, の一座, の例, の夫人, の奥さん, の姻戚, の姿, の座頭, の斡旋, の著書, の言う如く, の談, の談片, の謝恩, の近作, の速記本, は, は庭, は思ひ, も, も安倍能成氏, も明治病院, を訪ね, 御夫婦

▼ 次郎にとって~ (37, 0.6%)

2 それが, それは, 何の

1 [31件] いっそう残酷, いよいよ不愉快, お祖母さんの, かなり骨, ここに, この日, これは, これまでに, そんな言葉, たしかに大きな, ただの, なるほど変, ほとんど問題, 事柄は, 他の, 何と, 何という, 何よりの, 全くはじめてであった, 卵焼ほどの, 友愛塾はじまっ, 変に, 大きな悦び, 完全に, 少しも, 幸福であった, 忘れようとしても, 新しい感激, 最大の, 案外だった, 過去十五年間切っ

▼ 次郎~ (35, 0.5%)

2 ア, 三郎や, 俊三の, 末子の

1 [27件] おりん, こうした強い粗い, どこに, ほんとにかえ, 三郎にも, 三郎の, 三郎は, 下羽田の, 佐竹讃次郎やと, 俊三も, 口笛を, 小便に, 弁太, 弁太は, 弁太を, 新賀や, 月江は, 木村荘太なんて, 末子という, 末子に, 末子を, 次郎ったら, 竜一たちを, 総江さん, 義助を, 長谷川伸の, 頼みます頼みます

▼ 次郎にとっては~ (33, 0.5%)

3 それが 2 あまりにも, それは, 全く意外, 彼の

1 [22件] あまり好ましい, おやつ, この言葉, これは, これほど, しかしそれ, そうであった, たいていは, まことにうるさい, むろんすくない, むろんそれ, もう決して新しい, もう親類, 何よりも, 全く思いがけない, 喜び以外, 庵という, 彼が, 昨日の, 最も好もしい, 決して昨日, 青年たちの

▼ 次郎~ (29, 0.4%)

43 の如き

1 [22件] が最も, が考へ, が要求, と名, と稱, の, の愚, の文藝觀, の考へる如く, の言, の論理, はさも, は人違, は住所, は單, は彼, は文藝, は水上瀧太郎, は自分, は自己, も先刻承知, 若しくは次郎生事吉村忠雄氏

▼ 次郎とは~ (28, 0.4%)

1 [28件] あらかじめ会員, あわてて, うす暗い築, おもしろい取り組み, けげんな, さすがに, さらに上, しきりに憲兵隊, それから, それでまた引越し, それや, ならんで, ぽかんとし, まだ硬, まったく深い, まるで罪人, みんなを, 一つちがいの, 何度も, 先生の, 思わず手, 急に, 有楽座, 相変らず, 眼を, 裸に, 話が, 酉福寺の

▼ 次郎右衛門~ (27, 0.4%)

1 [27件] が大広間, すこし笑い, その者, という名, とて隣町, に告げた, に馬術, のほのか, の希望, の年歯, の手, の肩, の言い, の言いつけ, の食事, はあんま, はさらに, はその, は不憫, は合蹄, は気軽, は聞い, も子, も胸, をする, をその, を自室

▼ 次郎にも~ (25, 0.4%)

2 わかって, 腰を

1 [21件] いつもと, きいて, この程度, そのころ, まださほど痛切, まるで夢, まるで読めない, やって, よくその, よくのみこめた, よくわかった, よく感じられた, わかったと, 似合わない人間観察, 出来ないこと, 及んで, 末子にも, 杯を, 洩らしたと, 見覚えが, 読めないほど

▼ 次郎~ (25, 0.4%)

2 の首

1 [23件] が小生, が毀れた, ではない, といいまする, というの, とを二ツ, と呼んだ, と歳時記類, などと呼ん, なんかなれやしません, にお, に相談, の人, の側, の方, の言伝, はなん, はコックリ, は山野, は約束, をしたがえ, をつれ, を助太刀

▼ 次郎たち~ (24, 0.4%)

2 の学校

1 [22件] が代る代る, とはまるで, と相談, には葱, に気, のため, のクラス, の一隊, の仲間, の数学, の留守居, の組, の計画, の顔, はすぐ, はその, はもう, は三つボタン, は次の間, もそば, を玄関, を見た

▼ 次郎殿~ (23, 0.4%)

4

1 [19件] がお, とご, と添い遂げい, の妻, の所業, はいか, はそう, はどういう, は人手, は掻い撫で, は罪人, も処刑, や弁太さん, をさがし, をひき出し, を救い出す, を明るく, を極悪人, を渡すで

▼ 次郎~ (17, 0.3%)

2 や国定忠治, や忠治

1 [13件] がすき, じて, だとかいう, だの博徒, で出づっぱり, で出る, の伝, の型, の如き, の子分共, の方, もかほど, を中根

▼ 次郎~ (14, 0.2%)

1 [14件] からこれ, がもう, が外, であられた, とおっしゃっ, と仰っし, にもお目にかかり, のあの, のお, の御, の様, も立派, を, 貧しい家

▼ 次郎お前~ (13, 0.2%)

1 [13件] どうしてお副, どう考え, にはこれから, はほんとう, はよそ見, は兄さん, は帰り, は階下, ほんとに大丈夫, も一緒, やっぱり後, 寝たふり, 知ってるでしょう

▼ 次郎右衞門~ (13, 0.2%)

1 [13件] が一番, でした, ですね, と娘, の煙草入, の非難, はハタ, は六十前後, は應, は本, は胡麻鹽, もお, や奉公人達

▼ 次郎~ (12, 0.2%)

2 がお 1 がいっしょ, がまた, が来た, だよ, ってこと, といっし, にお, に金襴仕立て, むっつり右門, を見ながめ

▼ 次郎との~ (11, 0.2%)

1 [11件] ために, 一件には, 仲は, 会話を, 外には, 恋文が, 机の, 許嫁の, 距離は, 間に, 顔を

▼ 次郎~ (11, 0.2%)

2 が合図 1 しつかりしろよ, といふ二人, とを摘み出し, にむかつ, はびつくり, は巨人達, は独り, は鎌, もまだ

▼ 次郎本人~ (11, 0.2%)

1 [11件] が, が知ったら, が自分, と馬田, にとって実は, に対してはいつも, に対しては無論, に対する愛, の考え, はその, は却って

▼ 次郎自身~ (11, 0.2%)

1 [11件] が彼ら, でもさっき, でも式, にとっておよそ, には薬, にもはっきり, のつもり, の日記, の様子, はなぐりとばされた, もむろん

▼ 次郎だけは~ (10, 0.2%)

2 いつもあたし 1 いつも座敷, とりもどそうと, わざとここ, マジマジと, 何とかし, 手を, 茶の間に, 起きなかった

▼ 次郎さま~ (9, 0.1%)

2 のお 1 が先ほど, だア, にす, に添わしてた, の光栄, の腕, の金

▼ 次郎といふ~ (9, 0.1%)

1 くだらない名前, のが, のは, 一著述家を, 子供が, 昔の, 札つきの, 標札を, 者である

▼ 次郎とが~ (9, 0.1%)

1 つぎつぎに, 加わって, 塾長室には, 家出した, 年寄の, 挨拶に, 春月亭を, 集まった, 駕籠には

▼ 次郎三郎~ (9, 0.1%)

1 といったよう, などと言う, にとってもまさしく, の三人, の儲け, の兄弟, の方, はお, また本業

▼ 次郎~ (9, 0.1%)

1 おめ, がキヤツ, の面部, はあっし, はまた, は不都合, は鋭い, を抱き起す, 偉え

▼ 次郎太夫~ (9, 0.1%)

2 の話, は今年五月, を持ちこん 1 で手のうち, の方, ふと妙

▼ 次郎実平~ (9, 0.1%)

1 がいた, が云う, であった, である, といい, に訊ねた, の宿営, は何事, は背

▼ 次郎左エ門さん~ (9, 0.1%)

21 がいい, がそう, のことば, のすすめ, はいう, は若い, もそう

▼ 次郎だけ~ (8, 0.1%)

2 でなくみんな 1 だった, だったが, だつた, であったが, でなく新賀, 連れて

▼ 次郎とを~ (8, 0.1%)

1 うながして, かえりみ黙って, そっちのけに, つれて, 対決させ, 見くらべて, 見ること, 見比べながら

▼ 次郎に対して~ (8, 0.1%)

1 いつもよりは, この役割, こんな感想, しばしば彼ら, ほとんど我儘, 感じた以上, 柔らいで, 絶大な

▼ 次郎幸村~ (8, 0.1%)

1 が父, が秀吉, だけだった, に啓発, の言, はその, はもう, も一隊

▼ 次郎横丁~ (8, 0.1%)

1 という呼び名, と共に焼け, と呼ぶ, にある, の天辰, の焼跡, は千日前, へ天辰

▼ 次郎から~ (7, 0.1%)

2 眼を 1 三年間武芸を, 二三歩の, 旅費を, 札束を, 起って

▼ 次郎その~ (7, 0.1%)

1 かわりに, ひと声に, ほかお, 上に, 下流で, 人であった, 体より

▼ 次郎~ (7, 0.1%)

1 が刑刀, が橋, が老, にはあなた様, もこう, を先, を引っ捕え

▼ 次郎もう~ (7, 0.1%)

1 いいから, いいぞ, ここいらが, ここまで, 止せ, 泊まっても, 瘤の

▼ 次郎~ (6, 0.1%)

1 お前達は, お前達も, 仮面が, 草之, 道中は, 郁次郎よ

▼ 次郎兵衛後家~ (6, 0.1%)

2 のお, の家 1 が海馬, を踏み殺した

▼ 次郎右衛門忠明~ (6, 0.1%)

1 が時折, と名のり, の, のす, はその, はよく

▼ 次郎~ (5, 0.1%)

1 この写真, はない, もう一人, クワッと, 傍には

▼ 次郎と共に~ (5, 0.1%)

1 お茶の水を, 今では, 夏から, 祖母さんに, 運命と

▼ 次郎より~ (5, 0.1%)

1 一つ年上で, 一つ年下の, 一足前に, 二つも, 他には

▼ 次郎先生~ (5, 0.1%)

1 である, に就き, に會, は伊那高等女學校, 命からがら浜松

▼ 次郎~ (5, 0.1%)

1 であった, の懐ろ, の間借部屋, は大きく高く, は約

▼ 次郎ここ~ (4, 0.1%)

1 にお, に坐れ, に掛け, へ来い

▼ 次郎とか~ (4, 0.1%)

1 二人で, 云う小, 安甲, 言ふ

▼ 次郎どの~ (4, 0.1%)

1 に何事, の狗, の魂魄, を助け出し

▼ 次郎ぼん~ (4, 0.1%)

1 であろうが, という称び方, に貰った, の養生

▼ 次郎兼光~ (4, 0.1%)

1 の如き, の妹, の子孫, をし

▼ 次郎殺し~ (4, 0.1%)

1 の下手人, の罪, もすぐ, を覚られ

▼ 次郎~ (3, 0.0%)

1 あ, 殺したといふ, 草間六弥の

▼ 次郎これ~ (3, 0.0%)

1 におる, は二十五六, は傅馬町

▼ 次郎じゃ~ (3, 0.0%)

1 ありませんか, ないか, ねえか

▼ 次郎~ (3, 0.0%)

1 が気, と弟, よ

▼ 次郎だけが~ (3, 0.0%)

1 こわいもの, 味わいうるいつも, 知って

▼ 次郎だけの~ (3, 0.0%)

1 もので, 家庭な, 方が

▼ 次郎だの~ (3, 0.0%)

1 いろんな人, 宇都宮の, 源だの

▼ 次郎ちゃんたち~ (3, 0.0%)

1 がからかっ, のかあさん, はライス・カレエ

▼ 次郎ちゃんとこ~ (3, 0.0%)

1 と思っ, に行きます, に行けなくなったら

▼ 次郎としては~ (3, 0.0%)

1 命がけで, 大助かりだった, 将来の

▼ 次郎どう~ (3, 0.0%)

1 じゃ当分わし, だいいやか, だいお前は

▼ 次郎に対する~ (3, 0.0%)

1 反感からの, 同情的意見を, 疑惑で

▼ 次郎ひとり~ (3, 0.0%)

1 がふと, であつ, を連れ

▼ 次郎みたい~ (3, 0.0%)

1 なもの, にぬすん, に般若

▼ 次郎~ (3, 0.0%)

2 と五郎八 1 がふと

▼ 次郎冠者殿~ (3, 0.0%)

1 がいない, へお, までが拙者

▼ 次郎~ (3, 0.0%)

1 へ斯, や一番, を見つける

▼ 次郎~ (3, 0.0%)

1 でないか, にお, は持っ

▼ 次郎松少年~ (3, 0.0%)

1 が勘兵衛, の腰, はじゅうぶん

▼ 次郎物語~ (3, 0.0%)

3 第二部

▼ 次郎衛門牛~ (3, 0.0%)

1 とが顔, の勝ち, は栗毛

▼ 次郎~ (3, 0.0%)

1 時, 範いま果てん, 範の

▼ 次郎高重~ (3, 0.0%)

1 が喘ぎあえぎ, の弟, は鎌倉最後

▼ 次郎おりん~ (2, 0.0%)

1 こう五人, を連れ

▼ 次郎~ (2, 0.0%)

1 さまも, むらたろ

▼ 次郎すこし~ (2, 0.0%)

1 口をと, 気どって

▼ 次郎そう~ (2, 0.0%)

1 じゃあない, 騒ぐん

▼ 次郎そんな~ (2, 0.0%)

1 ことじゃ, 真似は

▼ 次郎ちゃんご飯~ (2, 0.0%)

1 たべて, は

▼ 次郎ちゃん父さん~ (2, 0.0%)

1 が待ってるよっ, のところ

▼ 次郎っていう~ (2, 0.0%)

1 んだ, 色の

▼ 次郎であり~ (2, 0.0%)

1 次にクラス会, 次にクラス會

▼ 次郎である~ (2, 0.0%)

1 ことは, ことも

▼ 次郎とに~ (2, 0.0%)

1 しても, 半々に

▼ 次郎とも~ (2, 0.0%)

1 あるおまえ, めったに口

▼ 次郎どうして~ (2, 0.0%)

1 きた, こんな所

▼ 次郎どん~ (2, 0.0%)

1 の控所, の犬

▼ 次郎~ (2, 0.0%)

1 のであった, んです

▼ 次郎なぞ~ (2, 0.0%)

1 が言っ, は五分刈り

▼ 次郎なぞと~ (2, 0.0%)

2 呼びはじめたの

▼ 次郎なり~ (2, 0.0%)

1 や否や, 其の頓才

▼ 次郎なる~ (2, 0.0%)

1 者が, 者は

▼ 次郎にとっても~ (2, 0.0%)

1 お浜, 母自身にとっても

▼ 次郎に関する~ (2, 0.0%)

1 話で, 限りそれで

▼ 次郎びいき~ (2, 0.0%)

1 のお, の下女

▼ 次郎また~ (2, 0.0%)

1 一人で, 勝手から

▼ 次郎よく~ (2, 0.0%)

1 ざんげし, 帰った

▼ 次郎よりも~ (2, 0.0%)

1 ずっと体格, 三郎の

▼ 次郎~ (2, 0.0%)

1 てえんだ, てん

▼ 次郎バッ~ (2, 0.0%)

2 と飛出し

▼ 次郎一人~ (2, 0.0%)

1 だけがわざと, で行け

▼ 次郎~ (2, 0.0%)

1 の一方, 六名に

▼ 次郎作どん~ (2, 0.0%)

1 には, やち

▼ 次郎作どん家~ (2, 0.0%)

2

▼ 次郎~ (2, 0.0%)

1 鼎である, 鼎新

▼ 次郎~ (2, 0.0%)

1 い次郎兄, をかばわん

▼ 次郎~ (2, 0.0%)

1 という男, の娘

▼ 次郎兵衛店~ (2, 0.0%)

1 に同じく, に寝

▼ 次郎兵衛弥五郎六右衛門~ (2, 0.0%)

1 との五人, の五人

▼ 次郎君きみ~ (2, 0.0%)

1 はニュージーランド, は小さい

▼ 次郎君自身~ (2, 0.0%)

1 で何, は僕ら

▼ 次郎呑まない~ (2, 0.0%)

2

▼ 次郎~ (2, 0.0%)

1 次郎, 次郎多

▼ 次郎大和淡路~ (2, 0.0%)

1 の三名, の変装

▼ 次郎太刀~ (2, 0.0%)

1 というの, を持っ

▼ 次郎少年~ (2, 0.0%)

1 が死んだ, の死

▼ 次郎左衞門~ (2, 0.0%)

1 さ, もしくは佐野次郎

▼ 次郎~ (2, 0.0%)

1 が三つ, とカチン

▼ 次郎批判~ (2, 0.0%)

1 が如何, は極めて

▼ 次郎早く~ (2, 0.0%)

1 お出し, 思いきって

▼ 次郎~ (2, 0.0%)

1 が旦那樣, の子

▼ 次郎横町~ (2, 0.0%)

1 というの, という路地

▼ 次郎父さん~ (2, 0.0%)

1 について来い, は今日正木

▼ 次郎直実~ (2, 0.0%)

1 というの, の木像

▼ 次郎管野す~ (2, 0.0%)

1 がの如き, が大石誠四郎

▼ 次郎経高~ (2, 0.0%)

1 は見えぬ, を尋ねさせた

▼ 次郎綱基~ (2, 0.0%)

1 となり, と名

▼ 次郎義光~ (2, 0.0%)

1 と申す, の奥方

▼ 次郎義助~ (2, 0.0%)

1 などは激昂, をはじめ

▼ 次郎義澄~ (2, 0.0%)

1 の兄弟, は旅装

▼ 次郎自分~ (2, 0.0%)

2 をいう

▼ 次郎諏訪三郎兵衛~ (2, 0.0%)

2 の両

▼ 次郎~ (2, 0.0%)

1 は今さら, は彼

▼ 次郎郁次郎~ (2, 0.0%)

1 とわし, はいる

▼ 次郎重忠~ (2, 0.0%)

1 の子六郎重保, を先

▼ 次郎飛込ん~ (2, 0.0%)

1 で斬り下す, で斬り下ろす

▼ 次郎馬場~ (2, 0.0%)

2 ははん

▼ 次郎高村光太郎中沢臨川内田魯庵~ (2, 0.0%)

1 などという人々, などによって支持

▼1* [416件]

次郎あいてにかけ, 次郎あれが北極星, 次郎あわててよろよろ, 次郎いい顔の, 次郎いかさま安い方, 次郎いちいちあいづちをうって, 次郎いつきさまに, 次郎いつぞやの恨み, 次郎いよいよ独楽まわし, 次郎うまくやったね, 次郎うむ名主だ, 次郎たべよ, 次郎おまえは, 次郎おまえ近ごろはなに, 次郎おやじが居たら, 次郎および親方の, 次郎お前きょう大巻に行く, 次郎お前乳母やを母さん, 次郎お前何を抱え, 次郎お前筋がいい, 次郎お父さんの御, 次郎お菓子が食べたけりゃ, 次郎お迎えにまいっ, 次郎かかるぜもう, 次郎かも知れぬ, 次郎からの報告によって, 次郎かれは吾知らず, 次郎きのうも其方, 次郎ぎょっと目を, 次郎ぎょろりと目を, 次郎ぐらいが目っけ, 次郎こう三人が, 次郎こと幻の民五郎, 次郎この独楽が, 次郎こんどは湖水, 次郎さあ寝る前, 次郎さきにお, 次郎さだめしたいくつであったろう, 次郎さてはお前が, 次郎さようならとも, 次郎さんいちばん末っ子のごく, 次郎さんお気をつけ, 次郎さんこれは決して, 次郎さんたちも大変, 次郎さんだめね, 次郎さんとこには松明, 次郎さんのだ, 次郎さんやけになっ, 次郎さん今私がどんな, 次郎さん口笛を吹い, 次郎さん四人の心, 次郎さん朝からずっと, 次郎さん東京はまあ, 次郎さん温情の持主, 次郎さん潜水夫やさかい, 次郎さん達を宿屋, 次郎さん錢形の親分, 次郎ぶんの, 次郎がたを, 次郎そこまでは問わず語り, 次郎そこでまだカッカ, 次郎そして釘勘なども, 次郎その他二十六名の者, 次郎その他半蔵が内弟子, 次郎その他四五の家臣, 次郎その他当年の志士派産商業家一般, 次郎それをかき集め, 次郎それから支那少年善金と, 次郎そんな小さな弟を, 次郎たち兄弟は年, 次郎たる値打ちを, 次郎たわいもなく, 次郎だけをわざわざ散歩, 次郎だったとしたなら, 次郎だってやはり人間, 次郎ちゃんあたしたちはもう, 次郎ちゃんあれからどうして, 次郎ちゃんお父さんはね次郎ちゃん, 次郎ちゃんお祖母さんの言う, 次郎ちゃんお願いだから, 次郎ちゃんきょうはお前, 次郎ちゃんここの植木, 次郎ちゃんこちらにいらっしゃい, 次郎ちゃんとうさんが行っ, 次郎ちゃんところへは伺わない, 次郎ちゃんどこへ行く, 次郎ちゃんわたしを忘れちまった, 次郎ちゃん二階に行こう, 次郎ちゃん今夜は乳母, 次郎ちゃん今度はいつ, 次郎ちゃん今日はどう, 次郎ちゃん何してんだい, 次郎ちゃん便所すました, 次郎ちゃん停車場まで送りましょう, 次郎ちゃん僕すっかり次郎ちゃん, 次郎ちゃん叔父さんが見, 次郎ちゃん大沢君って偉い, 次郎ちゃん我慢するのよ, 次郎ちゃん父ちゃんが帰った, 次郎ちゃん番町の先生, 次郎ちゃん芍薬の芽, 次郎ちょっと待てこれ, 次郎って言います, 次郎ついでにお祖母さん, 次郎てえ親分ば, 次郎であったと申す, 次郎ですか, 次郎でないことを, 次郎でなくとも, 次郎でもたびたび他人, 次郎で拭きみがいてある, 次郎とかいう江戸で, 次郎とかいふやくざが, 次郎とかは忽ち探偵小説, 次郎ときては必要以上, 次郎としてもぜひ一度, 次郎とだけが残った, 次郎とて佐野の, 次郎とでは登山の, 次郎とばかり思って, 次郎どこへいった, 次郎どのらの罪業, 次郎どんな風采を, 次郎などいふ急進的自由主義者, 次郎などと云う名, 次郎などというのも, 次郎などのなかに, 次郎なにもうねえ, 次郎なら祖父の, 次郎ならずともお, 次郎なんていう名, 次郎なんか相手に, 次郎なんてこれだけの, 次郎にだけそれを, 次郎についてわれわれの, 次郎についての考えなどを, 次郎にとっての困難は, 次郎によって書かれたという, 次郎により添うた, 次郎に対してだけでなくどの, 次郎に対してはむろん何, 次郎に対しても愛情を, 次郎のみか父たる, 次郎はいッたい, 次郎はかの小判, 次郎はかって経験, 次郎はかぶりを振っ, 次郎はがくりと, 次郎はじめ漱石門下潤一郎荷風の一党, 次郎はとにもかく, 次郎はなま返事, 次郎ひがし谷へ降り, 次郎著, 次郎へのいいつけです, 次郎ほんとうにお前, 次郎ぼんなんぼでもせ, 次郎ぼんひとりだったと, 次郎まいっておる, 次郎ますますお調子づい, 次郎まだ残ってるなら恭一, 次郎までが二階の, 次郎ょうなところでばかていねいな返辞を, 次郎もかの鼠に, 次郎もはッと, 次郎もろともにゴロゴロ, 次郎よりは少し老けた, 次郎が出入り, 次郎アッといっ, 次郎タタタたたらを踏ん, 次郎ドンと足, 次郎ドールコスターはモコウ, 次郎て中, 次郎誠にむごい, 次郎ハ五歳むすめ惣領ハ二十三, 次郎バクスターは他, 次郎ボートは六人以上, 次郎ポイと立っ, 次郎一歩退きましたが, 次郎一番槍であったが, 次郎一緒に来い, 次郎三郎元康は十八, 次郎三郎四郎五郎である, 次郎三郎清康が忠行, 次郎三郎覚勝もおなじ, 次郎を見る, 次郎つ腹, 次郎下女のお, 次郎下帯に小刀, 次郎両氏の名, 次郎中幕の, 次郎中条金之助などの錚, 次郎主人の前, 次郎井汲清治勝本清一郎岩田豊雄その他劇壇諸家声楽は発声法, 次郎の武揚, 次郎今お前の言った, 次郎今夜もかなり, 次郎今度は間違ひも, 次郎以外はお, 次郎伊藤俊介それに京都旅館, 次郎がいい, 次郎作家の鼬, 次郎元山七郎位です, 次郎先生等も化石採集, 次郎光行の名, 次郎八十助三田八左喜松芝子丸, 次郎八等がやって来, 次郎公卿あがりの, 次郎兵衛さんの服装, 次郎兵衛はつぎにその, 次郎兵衛中黒達弥の三人, 次郎兵衛六右衛門弥五郎甚太郎権十の七人, 次郎兵衛千二百石あたごの下, 次郎兵衛姉から知らせ, 次郎兵衛宅を尋, 次郎兵衛尉和田新兵衛尉等参入, 次郎兵衛店小物師与惣次の家, 次郎兵衛弥五郎六右衛門甚太郎権十の六人, 次郎兵衛父次郎兵衛千二百石あたごの下, 次郎兵衛臍緒書の粂次郎, 次郎兵衛酒屋の話, 次郎冠者どころか誰一人, 次郎冠者殿器用にお, 次郎出京ニて此刀, 次郎出陣のこと, 次郎則房が同苗弥三郎, 次郎労咳を患い, 次郎勝つか, 次郎千世松の両人, 次郎千葉六郎など先頃, 次郎千葉常胤などを顧み, 次郎五郎の, 次郎卑屈で醜男, 次郎原清蔵野村和二郎桜井仁平永沼政吉田野入利三郎, 次郎画を, 次郎受持の山麓, 次郎をとン, 次郎口ぎたなくののしった, 次郎右岸の久野村, 次郎右溝口金右の両, 次郎右衛門ひそかに出入, 次郎右衛門左団次の嘉村宇田右衛門, 次郎右衛門建部令史永原孫右衛門松田金七坂崎五左衛門速水勝左衛門八番には手廻小姓, 次郎右衞門さんだね, 次郎右衞門以下少しでも, 次郎右衞門始め奉公人達一同た, 次郎卜居する, 次郎合同の歌舞伎劇, 次郎吉川英治等が続々, 次郎同じく六郎五郎郎党の, 次郎向うの人通り, 次郎君ひとりがこの, 次郎君ぼくが大統領, 次郎君君どうする, 次郎君朝倉先生が心, 次郎君正木には夕方, 次郎君鈴木紀一郎君小池堅治君高畠直定君村上辰雄君白石辰男君宮崎泰二郎君櫻井平喜君と共に催された, 次郎君銅鑼声で, 次郎君青木君谷野君木村君と並べて, 次郎君風呂小屋の中, 次郎吟味不充分のかどある, 次郎呂宋兵衛ふたりを乗せた, 次郎喜多八が夕旅籠, 次郎国臣は嘘言, 次郎坊一匹伝馬町の大牢, 次郎坊後をたのむ, 次郎垣根のそ, 次郎堺枯川の三氏, 次郎増田太平の二人, 次郎外二十三名に對, 次郎外二十五名が刑法, 次郎外數十名は其犯行頗, 次郎大沢の三人, 次郎大澤幸吉の一味, 次郎大輔義元である, 次郎天狗の面, 次郎太刀打ち振り青木, 次郎太夫友方と云, 次郎太夫四男は八兵衛, 次郎太夫徹夜のロケーション, 次郎太夫邪念をはらっ, 次郎太郎かやせ, 次郎夫妻は幾らか, 次郎夫婦よりも宜しく, 次郎好みのしやれた, 次郎如何しても, 次郎始め廿六名の無, 次郎実平工藤介茂光岡崎四郎義実宇佐美三郎天野遠景加藤次景廉, 次郎家中宇津木兵馬と申す, 次郎家富元吉小林善吉栗原宰次郎岩崎佐十小山孝八郎川島元次郎持斎茂吉原田英三郎等が主として, 次郎小林孫平小関栄吉以上五十余名であった, 次郎小泉仁左衛門松坂屋清兵衛大和の豪家村島長兵衛父子, 次郎小田原より母及妹, 次郎居四泊はなんぼ, 次郎居滞在読書句作漫談快飲, 次郎に鯨, 次郎岩崎佐十原田英三郎小山孝八郎持斎茂吉は煽動, 次郎岩崎佐十小山孝八郎川島元次郎持斎茂吉原田英三郎等が主として, 次郎島田佳矣本田佑輔高屋徳太郎の諸氏, 次郎工学博士渡辺渡医科大学教授医学博士坪井次郎農科大学助教授長岡宗好医科大学助教授入沢達吉等, 次郎左衞門今の間, 次郎魚を, 次郎に行っ, 次郎庵さんと顔, 次郎弁天の松代, 次郎の長い, 次郎待てぼくが, 次郎忠頼三郎兼信の二人, 次郎思はず氣合を, 次郎憤激しても, 次郎成基が嫡男, 次郎成瀬無極天野貞祐九鬼周造藤田敬三黒正厳大峡秀栄等々の諸氏, 次郎戸浪三四郎赤星龍子笹木光吉と疑いたい, 次郎手代の義助, 次郎播磨西村の百姓堀井儀三郎, 次郎敗れたと見たら, 次郎教授が, 次郎が飛んだ, 次郎時代の玉川勝太郎君, 次郎朝時をただ, 次郎本位に考える, 次郎本領を発揮, 次郎村次郎が直助, 次郎松陰の後嗣吉田庫三, 次郎松高縫蔵安立讃太郎遠山勇之助, 次郎次第暗示の通り, 次郎次郎やどこ, 次郎止せばよい, 次郎武家には相違, 次郎武重へ, 次郎死す五十八歳, 次郎殿不満でもござろう, 次郎殿例によって先達, 次郎母子は仕事場, 次郎氏一人だけ居残る, 次郎氏伊藤道郎氏奥野信太郎氏などたれ, 次郎氏古河虎之助氏などは争っ, 次郎氏哲学行者の本, 次郎氏官立盲学校長の町田則文氏, 次郎氏岩波茂雄氏に厚く, 次郎氏来賓総代武谷軍医監の玉串奉奠, 次郎氏白井喬二氏長谷川伸氏といったよう, 次郎氏等の通俗小説, 次郎氏衆議院において一場, 次郎江藤新平副島種臣岡本健二郎由利公正小室信夫古沢滋らはその, 次郎をかわかし, 次郎淺野長義松井藏之助, 次郎犯罪の儀, 次郎猪熊のばば, 次郎生事吉村忠雄氏或はもつ, 次郎生事某氏は, 次郎男君など当時大学, 次郎療法は鬱病, 次郎実は平家追討, 次郎直実公の事蹟, 次郎直実等いずれも武蔵, 次郎門太郎など, 次郎を, 次郎石孫石などと呼ん, 次郎石谷華堤氏を盟主, 次郎磯直吉持斎茂吉同一作, 次郎祖先の手柄, 次郎福岡藤次郎佐々木三四郎毛利荒次郎ニて中, 次郎穂三尺の槍, 次郎の先, 次郎と矢神丸, 次郎に於, 次郎経高三郎盛綱四郎高綱の四人, 次郎織田光秀白河半平の三羽ガラス, 次郎繩目を受ける, 次郎自身それを気, 次郎芝翫の浜路, 次郎かりし頃, 次郎若槻禮太郎關谷和吉牧野助之丞粕谷十郎倉富, 次郎著考古日本等と云う, 次郎がつき, 次郎蛾次郎すがた, 次郎行ってみよう, 次郎西郷從道川上大將, 次郎の死目, 次郎といったよう, 次郎角田真平高梨哲四郎, 次郎誠に柔和温順の, 次郎も知らない, 次郎谷中の家, 次郎谷津富三郎家富元吉小林善吉川島元次郎栗原宰次郎岩崎佐十原田英三郎小山孝八郎持斎茂吉は煽動, 次郎をもめ, 次郎農科大学助教授長岡宗好医科大学助教授入沢達吉等, 次郎遊佐銀二郎山口辰之介海後磋磯之助, 次郎重忠さまの御, 次郎重忠餘黨等所領賜勳功之輩, 次郎重成の宿, 次郎重成多治見国長土岐左近頼兼などの十数人, 次郎重行もただちに, 次郎野村望東尼は尚, 次郎の袖, 次郎長伝に一世, 次郎長前篇を据える, 次郎長親分の許, 次郎の話, 次郎面白かったの, 次郎頬ッぺたをおさえて飛び退きながら, 次郎風情が容易, 次郎の骨, 次郎馬鹿な真似, 次郎高くそびえ立った一本, 次郎高手小手に縛り上げられ, 次郎高橋四郎小林茂八大島染之助, 次郎高田保であつ, 次郎高田保金子洋文鈴木泉三郎藤井真澄水木京太能島武文等があつ, 次郎鯉淵要人稲田重蔵岡部三十郎森山繁之助などがぽつりぽつり, 次郎をどなりつけ, 次郎の上, 次郎麻布普請の絵図面, 次郎黒姫山の賊寨, 次郎をふい, 次郎鼻くそをほじり