青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「次第~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~欠け 欠け~ 欠点~ ~次 次~ 次々~ 次ぎ~ 次に~ 次の間~ ~次第
次第~
~次第に 次第に~ 次郎~ 欧~ ~欲 欲~ ~欲しい 欲しい~ ~欲する 欲する~

「次第~」 3897, 42ppm, 2756位

▼ 次第~ (759, 19.5%)

23 あつた 16 ござります 9 ござりまする, どうにでも 8 私は 6 御座り 4 あつて, げす, して, な, ね 3 あらう, ござりました, その場, どうでも, どうなる, どうにもなる, 何の

2 [31件] いかようとも, いくら借金, いろいろな, いろいろ経済上, えへへへ, この問題, それが, それに, それには, どうで, どんなにで, はい, はござりませぬ, 何時でも, 僕は, 勝手に, 右の, 善くも, 完たく, 小幡の, 彼の, 彼は, 怎でも, 急に, 拘引される, 摩擦の, 早くも, 畢竟眠気, 神の, 美味くも, 非常に

1 [585件 抜粋] あくまでもひと, あすこでも, あっしらは, あとは, あなたなら, あの小説, あやまったり, あらねば, あるいは潅漑, あれも, いい作品, いくつもの, いつかは, いつ死ぬる, いまも, いや本当に, いよいよ苦痛, いろ, いろいろちがった, いろいろであっ, いろいろと, いろんな面白から, いろんな風, いわば一命, いんぎんに, おざる, およそ物, お伺いいたします, お前に, お富士さん, お目, かく取り扱い, かのポルト・サンマルタン座初演, かれこれ三年, がんす, きのうの, きまること, きまるの, きまるわけ, けっしてなし, げして, げすか, こ, こいつが, こういっ, こちらへ, こっちにも, こっちも, ことごとく忠実善良, こなたも, このファンテジイ, このルパン, この店, この念願, この春, この根本概念, この源兵衛, この特使閣下, この行列, これが, これで, これに, これまた, これらの, これを, こんどは, こんなところ, ござりまし, ごろ, ごわり, さう, したがってわが家, じきに, せう, そちの, そのを, そのイメーヂ, その上杉殿, その分量, その後コペイキンの, その悪い, その日, その時, その時代, その法律制度, その男, その蝶, その表情, その際, それから貴女様, それほどの, そんなに美味く, たいていは, ただならぬ気配, ただにこれ, たちまち敵軍, だね, だれも, つまるところこれ, づぶの, できるの, とうとう十四五年, とうとう筆, どうとも, どうにか書け, どうにも讀み得られる, どう変化, どう成りゆく, どこにでも, どちらかと, どちらにも, どちらへでも, どっちにでも, どのやう, どの道ここ, どんなむずかしい, なおって, なんとかできる, なんとも申し訳, なんにでも, なんにも御馳走, ねえ, ね僕, ね実に, はござりませんので, はじめの, へい, ほとんど親族同士, まことにもつ, まことに困つた, また, また工夫, まだはっきりと, もちろん之, やっと, やられて, よい食器, よく聞える, わしに, わたしにも, イザナミ, ウカと, オール読物, グングン月給, コツコツと, ソレは, タカミムスビの, チベット国には, テルソン銀行は, テルソン銀行も, ドンナ出世も, ナカ, バンドと, ピカソや, プログラムの, プロレタリア文学とも, ボオトが, ポチャ, ムコに, メネラーオスの, モウケは, レースに, 一人前を, 一寸と, 一日に, 一旦禁止, 一時は, 一躍すべて, 万事が, 三井の, 三十数年の, 三十貫の, 三千円ぐらいにだって, 三日目には, 世の中が, 世間の, 両三名, 中佐は, 主人の, 九月一日は, 乱入者も, 事は, 事情を, 二人は, 二十分間から, 二度とあの, 京と, 人おのおのの, 人を, 人相が, 今夜は, 今日つらつら, 仏具は, 仏門に, 他に, 他を, 他日自分は, 以上の, 伺わせます, 何うにも, 何か, 何かにつけ, 何なら, 何よりそれ, 何を以て, 何処の, 何処まで, 何分にも, 何時かっと, 価値が, 先生は, 光りも, 入用の, 全くの, 全く仏法滅亡, 全体藩の, 八虐と, 其の外, 再び優勝者, 冷水浴の, 出したり, 出世する, 出来ない事, 出来ませんが, 出来る, 出来るよ, 別に異存, 利用の, 利用価値は, 到底じかに手, 前日に, 助かるかも, 労働者出身でない, 十分家事と, 十郎は, 千円ぐらいは, 原作の, 参りましたと, 又出, 古神社神領, 古風な, 右から, 各とりどり様々, 名目を, 君の, 呑み込むの, 呑気に, 和気も, 啻に新, 善道に, 四十五銭に, 四十五錢に, 困る, 国家の, 塀を, 塩の, 墓は, 変って, 変化しろ, 夕暮に, 外へ, 多くの, 大よそ家主, 大分解釋, 大分馴染の, 大名にも, 大変な, 大寺無罪説も, 大層違う, 大師の, 大抵私, 大目に, 大社と, 大笑いと, 天氣が, 女の, 好劇家, 如何なる高度, 如何にもなる, 如何様にも, 妾迂闊の, 孔明の, 安くも, 官費で, 定まるはず, 宜いか, 実に驚きまし, 実行に, 実際私, 室生犀星の, 家来自身からは, 容易に, 寺の, 專務さんも, 小さく見える, 小夜子は, 少くも, 少なからぬ, 屋敷の, 屑物の, 山門なみに, 崇めにゃ, 差別の, 帰幽, 平ヶ岳を, 年ごろの, 幾何学者が, 幾百年幾千年の, 庭相が, 引込で, 張り込んで, 当時差し懸つた, 当温泉, 彼から, 待たねば, 後に, 後の, 従来余裕の, 徘徊し, 御わす, 御世ごとに, 御尊父, 御行状や, 御覧の, 御話, 御足しなすっ, 徳さんの, 心を, 心内には, 心細いもの, 忌, 忌々しくも, 思えば, 性質を, 恋愛として, 恥を, 悟りの, 態度を, 成り立つの, 我が国では, 我ながら, 或いは刺し違える, 或る, 或點迄, 所謂大衆車としては, 手伝つてもらつ, 手古奈自身も, 拙者は, 拵えても, 提出され, 数は, 敵味方に, 數ヶ所十數ヶ所の, 文化の, 文明開化の, 文章を, 新展開, 新羅, 新藩主, 既に覚悟, 日本さへ, 日本の, 日本民族を, 早い話, 早かれ遲, 早速調査, 昇つても, 昇進も, 明日にも, 昨日まず, 是は, 時々詩作, 時間の, 普通の, 最初の, 有ると, 有ろうと, 朝昼夜自分は, 木の実榧の, 来月からは, 栄えるもの, 梟雄張作霖が, 極めなければ, 此以上に, 殺生禁断の, 殺生肉食常習者は, 氏は, 水明館へ, 決してお前さん, 決して為し, 決して罪, 決まること, 決まる世の中, 決められるの, 河を, 消化吸収が, 清水坂, 滋養分が, 烏賊でも, 然し一両日中, 父は, 牛肉より, 物など, 犬同志の, 玄関へ, 生き返り姿, 生命ある, 生死の, 生水を, 甲が, 申し上げにくい, 男の子が, 異教徒どもは, 病中の, 病人の, 病悪を, 癒らない, 登山者絶無と, 百貨店と, 直き, 相当の, 着物の, 社会上政治上経済上の, 社会的に, 社會主義者に, 神嘗と, 神宣で, 私の, 私も, 私もう断然, 私達の, 秋には, 立派な, 第一日, 第一線に, 結局被, 結構な, 結構に, 緒方の, 美しい処, 美しく見える, 自分が, 自分は, 芝居としても, 芸術としての, 荒れた城内, 荒れも, 萬國の, 落着先は, 落雲館の, 血の, 行, 行つたのだ, 西洋では, 要するに何, 要するに自分, 親類身寄りというも, 観客が, 言ふ, 証文が, 話が, 誠に恐入ります, 豫審調書も, 貴嬢, 費用は, 赤谷川の, 蹴やぶっても, 軽々しく手, 返事を, 遂に自ら心, 過失にも, 達せられるもの, 遠慮の, 郡視学さんの, 金吾は, 金銀だけは, 長二や, 長安に, 長崎通詞は, 長範の, 閣員弾劾の, 閣員彈劾の, 陛下の, 院は, 随分勉強, 随分思ひ, 隨分思ひ, 雑多の, 雪の, 霊魂なる, 露店の, 鞄の, 餅の, 首だけは, 驕傲に, 驚くべき超自然的, 高い地位, 高田実信者であり, 鼻の, OKする

▼ 次第~ (348, 8.9%)

13 話して 4 述べて 3 報告する, 聞いて, 記して, 話した, 語った

2 [29件] きいて, くわしく話し, たずねはじめて, 了解した, 云へば, 告げた, 告げたの, 告げて, 咄し, 唾を, 報じて, 報告し, 報告した, 届けて, 幟に, 政府に, 明らかに, 細かに, 聞くと, 見届けた者, 訊ねますと, 記さんに, 話すと, 語りましょう, 説明し, 説明した, 述べた, 述べん, 逐ひ

1 [258件] いって, うちあけるが, うち明け実行に, お包み隠し, お告げし, お問い, お明, お知らせする, お話しいたそう, かいつまんで, かんたん, ききこんで, ききて, くわしく物語る, くわしく申し上げました, ささやくと, さとりえたりとの, しらねば, しらべますると, それと, たずねしに, たて, つぶさに告げ, つぶさに打明け, つぶさに話し, とっくりと, どもりどもり申しました, なして, なすこと汝, のべて, のべ殊に, のみこむ, はっきりと, はなしました, もう少し精細, もちて, よく会得, よく申し上げた, よく見られ, わが田, ソーニャに, ダース先生に, 一応は, 一通り承, 一通り聞かせ, 上へ, 上奏し, 主として其, 云えば, 云て, 今こそ, 伝へたるもの, 伺つて私の, 保たば, 偶然耳に, 分けて, 前もって彼, 包まず物語った, 十分会得する, 叙し, 叙した, 叙述しよう, 告げかくて, 告げどこ, 告げますと, 告げると, 告げるの, 告げ幽霊, 告げ欺瞞者, 告げ秀子, 告白すれ, 哀しげ, 問うて, 報告に, 奥家老に, 委しく法然, 嫁に, 実証いたしました, 宣伝する, 審に, 寺の, 寺僧に, 寺社方へ, 尋ねかねた, 尋ねた, 少年に, 届け出て, 届け出でて, 届け出られ, 届け出ると, 届け出るばかり, 序し, 弟に, 当事者自身の, 彼に, 待たなければ, 御紹介, 御話し, 思いおこしまた, 急報しました, 悉しく物語り, 懇談に, 我田に, 打ちあけて, 打ち明け充分, 打ち開けまして, 承り驚き, 承わりて, 承わりましょう娘, 承わる, 持って, 攷うる, 教室で, 整理し, 早馬で, 明かに, 明白に, 書いて, 書き綴つて, 最も感服, 本年四月十四日の, 注進した, 注進に, 洗ひざらひ, 浜松表へ, 無念がって, 然るべく, 片時も, 物語った, 物語ったすると, 物語った上, 物語って, 物語ってから, 物語らなければ, 物語りはじめた, 物語り忠相, 物語る, 物語れさあ, 用人の, 申して, 申しましょう, 申しますならば, 申し上げましたら一生, 申し上げん, 申し来り候, 申し立てると, 申し聞かそう, 申せ, 申せば, 申上げた, 申上げます, 申上げる, 申述べる, 白状しました, 目撃し, 眺めて, 知った庵主, 知らざる, 知らざれども, 知らしめ彼ら, 知らせたばかり, 知らでその, 知りあやしまずし, 知ること, 知ると, 知るに, 知れば, 示したもの, 秀林院様へ, 稽古し, 立つる神, 立て, 立てざるべからず, 立てて, 簡単に, 糾問しよう, 細やかに, 紹介した, 經て, 繰り返して, 繹ね, 考ふる, 考へたもの, 考へて, 耳打ちした, 聞かされ今更, 聞き取ると, 聞き大きに, 聞くべし, 聞くや, 聞こし, 聞付けて, 自身番へ, 虚飾なく, 襖の, 観察しなけれ, 言って, 言は, 言上した, 記した文章, 記し以, 記せり, 訝ったの, 訴えて, 訴え出た, 訴へ, 話されたので, 話したれば, 話した上, 話しなおかつ, 話しました, 話しますと, 話しリヴィングストーン, 話す, 話すがね, 話そう, 話そうが, 詳しく問, 詳しく語った, 詳細博士の, 語って, 語りけるに, 語りその, 語りだした, 語りつつ, 語りて, 語りましたところ, 語りよく, 語り直ぐ, 語り聞かせとう存じまするが, 語る其昔, 説きあかさんため光線反射, 説きある, 説明し始めた, 説明する, 誰か, 謡ひ, 警察へ, 貴方へ, 質したところが, 述ぶる, 述べある, 述べたの, 述べたるのみ, 述べますと, 述べる, 述べんに, 述べ居る, 述べ根本的, 述べ言い終って, 逐一公儀, 遥かなる, 陳ずべし, 陳ぶ, 顯は, 養父相川新五兵衞に, 髻に, 黒田官兵衛どのに

▼ 次第次第に~ (340, 8.7%)

5 近寄って 3 強まって

2 [18件] このお, さきの, 夜が, 夜の, 大きくなり, 心細き思ひ, 恢復する, 明るくなっ, 気が, 消えて, 深くなっ, 深くなった, 私の, 移って, 速力を, 遠退い, 離れて, 高まって

1 [296件] うすれうすれて, うるおって, くじいて, この一行, この世から, この世に, しまること, すり切れはては, せばめて, そこまで, そのこと, そのステップ, その五体的, その人影, その度, その顔, それの, それらを, たかまって, なじみが, のけ反って, はるかに, ふところ工合が, まん, めざすナーヂャ, やき鍛えて, わかって, ゴンクール氏の, シックリとして, セリ上がる, ダイヴァージし, ノンセンス化させ, ペン先が, 一つの, 一ツ橋勢は, 上って, 上昇し, 下がったが, 下に, 下へ, 下降し, 丹生川平の, 乱れて, 人は, 人数を, 人間の, 付け廻わ, 伝通院の, 低くなった, 低く落ち, 何等か, 傾いて, 全形を, 具體的と, 写実を, 冷却された, 凡ゆる, 分業に, 判って, 剪除され, 力を, 加わって, 勁さを, 博多ッ子の, 危険区域を, 反対側の, 叢林を, 古代に, 叫音は, 各々の, 吠え広がって, 吸い込まれて, 呼び覚されて, 呼吸の, 咲きほころび匂い, 咲きみちたという, 四方に, 回復し, 因縁も, 困難に, 土地の, 土用波ほど, 地が, 地平線の, 場面から, 夏の, 外務次官令嬢に, 大きい形, 大きくなっ, 大きくなった, 大きな現実, 大衆の, 天地の, 夫婦の, 姿は, 実世間, 客の, 専門的な, 導いて, 小さく成っ, 川の, 工場を, 帆村の, 引き入れられるよう, 弛みかけて, 弧形を, 弱くなり, 弱って, 強い西風, 強くなっ, 強く感じ, 強まつて行つたの, 形を, 彼女は, 彼女を, 後退さり, 心配に, 忘れたが, 快復に, 快癒した, 急に, 急流と, 急流を, 息が, 悪い方, 悲しい歓び, 悲しみの, 情けない気もち, 感覚に対して, 感覺に, 慣れて, 成長し, 我儘に, 手に, 抜けださせて, 押し寄せて, 拡大されますます, 拡張され, 振子の, 挿画の, 捜索の, 接近し, 接近した, 揺ぎ出した, 揺れ出すよう, 改善され, 敗け色, 整理され, 斬勝って, 旅行する, 早く, 昂奮し, 昇ると共に, 明けしらみゆく, 暁近く, 暖く, 暮れて, 本当の, 東の, 柔らいで, 梓川の, 欲求を, 武功を, 歩みを, 歩度が, 死の, 死相を, 殖えて, 氏の, 気合いが, 水嵩と, 水嵩を, 沈着さを, 沖へ, 治癒力が, 波紋の, 洗練され, 流れを, 浮上り, 深く感得, 減少し, 濁って, 濃い嘘, 濃い霧, 火勢は, 烈しく落ち, 熱ばんで, 熱を, 爪先上がりと, 爪先上りの, 物凄くなり, 狂って, 狂乱的に, 狂気じみ, 珍しく不思議, 現われ数, 現実を, 生命が, 疑問は, 疲らせて, 疲労れ, 白帝城の, 白虎太郎は, 目覚めか, 真暗く, 種類を, 積み重ねられて, 立体的に, 竜蛇に, 簇が, 糸の, 糸を, 細かい戦慄, 細り行き遂に, 細り行く笛, 緑の, 縮まって, 肥え太った私, 育って, 背後に, 脱落崩壊という, 腕力武力の, 腹の, 膨らんで, 臭気を, 興味を, 良き方, 荒れまさって, 萎縮させ, 落ちかかる大火輪, 落ちぶれて, 葉之, 蒼い微光, 蒼ざめて来た, 薄くなっ, 薄らいで, 薄墨を, 虹橋を, 融け合って, 衰弱させ, 複雑極端に, 西へ, 西漸し, 覚めて, 証明され, 調子を, 變化増減し, 貧苦に, 赭味を, 踊の, 身を, 輝きを, 輝き現われて, 輪廓が, 辻褄の, 近くなっ, 近づいて, 近寄るに, 近附け, 迫って, 追い詰められて, 追い込みました, 送りを, 透明に, 速度を, 進み寄り君江, 遊離し, 遠ざかって, 遠ざかりやがて全く, 遠退く, 遥かな, 酒の, 醒めて, 金高を, 開けるにつれて, 間遠に, 降る様, 雁坂を, 震え出して, 霞んで, 露わ, 青褪め, 静まった, 飽満点に, 高い階級, 高きを, 高くなった, 高くなり, 高く喘ぎ, 高く盛りあがっ, 高く積り, 高く立派, 高く飛び上っ, 高まり放胆と, 高まるにつれて, 黒ずんで

▼ 次第では~ (211, 5.4%)

24 ない 12 あるが 10 ありません, ないが 5 ありませぬ, ありませぬか, ないか 3 なかった 2 ございますが, ございませぬ, ございませぬぞ, ございません, まさにその, 御座りませぬ, 此の, 自分も

1 [121件] ありませぬぞ, ありませんか, ありませんから, ありませんが, ありませんけれども, ある, あるけれど, あるけれども, あるまい, ある種, かういふこと, かなりつまらぬ, この倍数, こび権, これが, これを, ございませぬか, ございませぬが, ございませんか, ございませんから, ございませんが, ございませんで功徳, ござらぬか, ござらぬが, さうし, ずいぶん聞捨て, その三人, その中, その分, その害, その程度, それによって, つまらない演劇, どんな, ないかと, ないで, ないの, ないので, ないん, ない人間, なく事実, なく単に, なく支那人, なく東京, なく道子, なしなど, なし人, ひとり台所で, また対手, まま掠奪, むろん窮する, やって来ましょう, 一概に, 一面の, 中工業, 人間の, 今の, 何を, 作家は, 侮辱とも, 全く出来ぬ, 可なり, 命を, 喧嘩を, 塾は, 大きな意義, 大そう, 大学へも, 妾と, 娘を, 婦人が, 容易なら, 容易ならぬ, 宿屋も, 将来の, 小さな店, 小出しの, 引受けても, 形の, 彼も, 御わせ, 御門を, 思いの, 新劇界, 時代の, 暴れ飮み, 有るが, 望みが, 望みの, 決してない, 決して事, 決して皮肉, 法印無道軒を, 淘汰する, 無いか, 無かった, 無禮討, 無論ありません, 理解も, 生命を, 痩我慢とも, 相当な, 相当に, 真実の, 第二段, 繪圖面を, 自分が, 自室へも, 良人の, 芸術に, 若樣, 蝶よ, 行けるかも, 身分の, 隨分力に, 隨分拙者が, 頼もしい人間, 首を, 馬も, 驚天動地の, 龍の

▼ 次第~ (162, 4.2%)

1064 と思います, ね 3 がこれ, がその, がね, と思う

2 [13件] から, からその, から僕, から彼, から決して, がこの, が私, そうである, とも思った, と云った, と思ふ, な, 大切に

1 [100件] からただ, からとて死なぬ, からとよく, からどうか, からなあ, からやがて, からわる, から一向, から両親, から仕方, から仙台, から余, から作おんな, から俯向, から全力, から創作上, から只, から実, から小説, から役人連, から御返事, から斉広, から書く, から烏啼天, から的矢貫一, から省作, から私, から約束, から貧乏, がおれ, がかう, がこう, がさて, がしかし, がそこで, がどう, がなに, がほんの, がわが, がわれわれ, がイクラ, が一時, が今日, が何, が併, が僕, が先日中, が兎, が単に便宜上, が反対, が如何せん, が小康, が少く, が弱っ, が御, が心がけ, が推測通り, が止むなく, が残念, が紙芝居, が貴方, が追撃, が送金, が頼み, けれどもそれでも, けれどもまあ, けれども余り, この心, し我等, すみやかに, そんなこと, つて言ふしな, て, で, ということ, というつもり, といつ, といふ, とうち明け, としても技術上, とたつ, と云う, と座, と彼, と御意あ, と思い, と思っ, と思はれる, と確か, と答, と答えた, よお, よろしくお, よ僕, よ後で, わ, んがな, 可笑, 家に, 間男見付けた

▼ 次第である~ (160, 4.1%)

7 がしかし 4 がこれ 32 からこれから, から午前四時五時, がこの, が今, が併, が私, と思う

1 [132件] か, かつ国内, かもしれない, かも知れませぬ, からこの, からこれ, からそもそも, からもし, からわが国, からわざわざ, からアンマ, からプラーゲ旋風, から一般支那人, から二重人格者河村八九郎, から今, から今私, から前, から単に, から大, から大いに, から大阪, から如何, から手, から朝, から栴檀樹, から極めて, から演劇, から略す, から眞宗, から真宗, から著者, から蟻, から進化論, か胸, がある, がいたし方, がか, がかく, がさ, がさて, がさては, がしかも, がそういう, がそこ, がその, がそれ, がとにかく, がどんな, がまことに, がまた, がみな, がケット, がラテン語本文, が三組, が今日, が余儀なき, が使節, が僕, が先づ五錢, が利根, が動物, が印度, が同時に, が唯, が問題, が如何なる, が宮本さん, が序, が彼女, が憎しみ, が昨日, が松園, が甥, が畢竟, が自分, が自由詩, けれどもしかし, けれども其傳播, けれども熊掌料理, ことを, しかしこれ, しかし繪畫, し人力車, し卑, その後引続い, それだけ自分, それに, ぞと触れ出した, ためひつ込みじ, という説明, とことの, とシュワルツコッフ博士, と云った, と十右衛門, と告げ, と式部, と思います, と思っ, と気がついた, と物語, と私, と答えた, と考えます, と語った, と説き, と迫られた, ので早速, もしまた, ゆえつねに, ゆえ模範的の, ゆえ生物学上から, ノデアル, 上に, 事を, 事実自分には, 併し, 僅かに, 塔の, 多少の, 強いもの, 彼等が, 摩尼教は, 方今の, 日本が, 火の, 私が, 義淨三藏が, 自分の, 苟も責任, 若し般若三藏, 詩は, 諸君は

▼ 次第~ (134, 3.4%)

23 のです 22 のである 18 んです 17 のだ 7 のであります, んだ 6 のでございます 4 のであった 3 のさ, んでございます 2 のか, ので, のに朝日評論, んで

1 [16件] ところを, のだつた, のであつ, のであらう, のでありました, のでさすが, のでしょう, のでよろこび, ので是, のに, のよ野菜, ものです, んであります, んでし, んで相手, ンで

▼ 次第~ (103, 2.6%)

6 もので 5 ものを 3 ものだ, 眉毛みる, 褒美を 2 材料が, 無智, 物だ

1 [77件] いわゆる御, お化けな, こと, ことあらあら申し上げたる, ことだ, ことです, です, とある家, ところから, どれに, ほう美を, もうけは, もの, ものかね, ものが, ものじゃ, ものであった, ものである, ものでございます, ものです, ものでで, ものの, やうに, カフェーに, デパート式も, ヨセ工合が, 世の中だ, 世の中な, 世辞が, 何やら次第, 倶浮れ, 出放第, 分解批評が, 別嬪ばかり, 労働強化と, 商家の, 喫茶店に, 囃子で, 図面を, 家で, 家庭が, 宿屋で, 宿屋へ, 小股すくい, 幻影だ, 店で, 得物で, 成敗を, 我等に, 所へ, 指さし次第に, 推移の, 書を, 材料を, 気もちで, 汽車に, 流れの, 物です, 由悩みの, 盛観で, 相手を, 空家へ, 終りまでは, 花の, 言葉そのもので, 説明に, 賃銭を, 賭が, 追儺の, 速力で, 金子を, 銭を, 銭湯に, 錢を, 集まりである, 類を, 饗応を

▼ 次第です~ (102, 2.6%)

1843 がしかし, がね, よ 2 から, から私, がその, ね, わ

1 [61件] ああこの, か, かな, からそれ, からどう, からな, からね, からよほど, からサト子さん, から上河内, から亂暴, から今度, から今日, から仰せ, から向う, から婿, から当局, から自分, がおっしゃる, がこの, がこれ, がしかも, がすっかり, がそういう, がそれでも, がたった, がでは, がどう, がどんな, がまだ, がもう, がわたくし, がオレ, が一羽丸, が世間並, が全く, が夫, が失業, が思い当りません, が懐中, が或, が日中, が歌, が父, が祖先, が私, が蝶々, が道庵先生, けど, けれども風向き, し達ちゃん, とやった, と答えた, ものね, よあなた, よと赤瀬, 伝染の, 只話し, 市長殿, 目, 私が

▼ 次第~ (97, 2.5%)

7 して 3 近づいて 2 なるの, 依っては, 因って, 帰ります, 消えて

1 [77件] あらねば, かいて, かって, ござります, ござりまする, さういふもの, さういふ機会, さつし, したらどう, した事, しようというは, すると, つき何事, つき外国, とらえた男, なった, なったという, なったの, なって, なるだろう, はまり込むよう, ほかならない, よっちゃ, よれば, 付き悪から, 付き村方, 伺いまする, 依って, 候う云々, 候が, 及びたるなり, 及んだの, 吹きつのり波浪, 因っては, 固まって, 増すを以て, 外れる弾機, 就いて, 就き電報, 尽きかけた頃, 帰ろうと, 弱って, 御座候既に, 思われます, 成って, 投げ出したん, 拘らずに, 拾って, 掻い除け, 掻い除け毟り棄て抜き取り, 救い出して, 殖えて, 殺された, 減らして, 狭まって, 破り散らして, 移って, 荊州, 行かなかったの, 衰えつつ, 見え分かずなり, 見て, 訳したの, 詰らなくなるをばかり, 貯えるの, 買って, 買われた学校, 近づきて, 近づくこと, 違いない, 遠のいて, 選んだ, 醒めて, 離れて, 飛び込んで, 驚きあきれしばらく, 高まって

▼ 次第~ (95, 2.4%)

4 なって 3 存じ候う 2 いはねば, なりました, 申しまするは, 申候故, 被仰

1 [78件] あって, あり如水自ら庭前, ある, いいながら, いうから, いえよう, いったら君, いひながら, いふから, いふので, いふべし, いわざるを, いわねば, お礼を, こういう事, この禁制, し何でもかでも, それで, たくみに, なった, なったの, なったので, なつた, なりけむ, なりましたから, なりましたの, なります, なる, 云う, 云ったので, 云は, 云ふ, 云ふ遣り, 云わざるべからざる義, 例に, 分ったり, 分っては, 大きく出ます, 存じますが, 存じ上げます, 存じ候, 彼女は, 思うたが, 思って, 思はざるを, 思われる, 旗本六人の, 明るくなっ, 涙の, 濫觴とを, 無くなり遂い, 申さねば, 申しあげます, 申すは, 申すもの, 申そうか, 申上ぐべきでありましょう, 目端が, 相成ったらしい, 相成申候, 確信致します, 笑へば, 第一, 答えて, 箪笥の, 考えられます, 考へる, 聞くと, 自分も, 致すこと, 見えます, 見る, 見るほか, 言われて, 諦念候より, 謂わざるべからず, 遠のいて, 頼まれりゃいや

▼ 次第~ (87, 2.2%)

2 こうである, 前に

1 [83件] いわないとにかく, およそ次にのべる, かつて, かの有名, きょう貴僧と, こうであります, こうでした, この中津藩, この御, ただこの, たとえば幕府, つぶさに下総, つまりこう, です, ともかくた, ない, なかろうじゃ, みちみち承る, みんなで, みんな出, もうお話, 上に, 中国辺に, 云々今般倅釜次郎犯罪の, 今汝, 以て, 何故か天機, 健吉画伯の, 先ごろ朝廷よりの, 其時に, 分つたが, 前と, 前回に, 前後した, 前既に, 前記の, 前項に, 右小鳥より, 咄嗟の, 外国の, 多少不自然, 大袈裟に, 天皇の, 孔子以前から, 左の, 已に申, 当時外国為替と, 当時明治の, 彼が, 彼ら争闘を, 後に, 御尤も, 我が国人が, 政府から, 敢えて論者, 旅行の, 既に名主塚越弥左衛門殿, 既に観察, 本年再版した, 榎本が, 次々に, 次に述べます, 次の, 次回で, 次回に, 殆ど脱漏なく, 民也にも, 汝に, 江戸で, 沢山の, 淡彩の, 率ね, 生徒が, 産土の, 私が, 箱根町の, 緒方の, 致しまする, 話そう, 誰にでも, 鍛ち下ろし, 風雨の, 鶴御成の

▼ 次第によっては~ (77, 2.0%)

1 [77件] あたしすっかり, かれも, ここに, このまま, これでも, こんなの, そっくり頂戴, その湯治先, その責任者, どんな馬鹿, なかなか儲かる, ぶしょく渡世, まるっきり運命, わしが, わしは, われわれが, タダの, 一つぐらい, 万人が, 下へ, 不憫ながら, 主人と, 今晩ひとつ雑魚の, 何万と, 僧籍にでも, 再太宰府, 刀を, 助けて, 助太刀をも, 危険な, 即座に, 受け取っても, 園絵を, 地蔵堂の, 執権殿へ, 尊氏を, 帰雁に, 幕府の, 幸吉を, 当分第, 彼女も, 御意通り仕らぬ, 御慈悲, 御褒美, 懸賞を, 我れ, 折助一統の, 斬っても, 斬り捨てても, 日頃汁粉を, 明日にも, 明日明後日, 更に川上, 最悪の, 東海道筋へ, 此儘切込ん, 歴代の, 死んだ後, 殿様に, 男の, 目から, 直ぐ放免, 相手に, 聴いても, 腕ずくで, 自分たちが, 舞台上の, 蝉の, 親爺に, 許さぬと, 許して, 説教の, 転ばせて, 途中から, 金輪際と, 頼まれたこと, 頼まれを

▼ 次第でも~ (39, 1.0%)

4 ない 2 ある, ござらぬが

1 [31件] あった, あらうけれど, あり, ありません, ありませんが, ありまた, あるの, あるまい, あるまいに, あろうか, ございますまい, ございませんから, ございませんが, ないから, ないが, ないん, ない本来, なかった, なかろう, なかろうが, なかろう世, なく儒教, なく厭味, なしけれども, われら家族に, 何でも, 何でもな, 御聞き, 無い, 無つた様, 絶対に

▼ 次第~ (31, 0.8%)

3 分って 2 あって

1 [26件] あつて, ありますから, あり一卦, ある, あるか, いちいち石, きまって, すらすらと, ちゃんと書い, よく呑みこめぬ, わかりました, 一番六カしい, 何か, 全く違っ, 分りましたが, 分りましょうエ丸部さん合点, 分るお, 呑みこめた, 多いと, 女らしい細心, 少しずつ, 明らかに, 書いて, 本望でし, 漸次呑みこめ, 結婚を

▼ 次第であります~ (27, 0.7%)

2 が, が私, けれども私

1 [21件] から, からあらかじめ, からどうか, からほとんど, から今日, から前, から後醍醐天皇, から我が国, から歴史時代, から神武天皇, から私, がそれ, が一度, が先づ金剛智三藏, が其の, が幸, が次いで, ことは, これは, 私を, 義淨の

▼ 次第にて~ (27, 0.7%)

1 [27件] いかやう, おのずからその, これに対して, これも, すなわち淫夫, それは, にわかにこれ, まことに申訳, 他の, 八橋楼の, 其事に, 即夜に, 委しくは, 学者の, 已来謹み, 強ち, 極楽も, 機嫌の, 死亡いたした, 然樣, 若しもの, 若樣, 苦とも, 衆理想皆大なりとも, 随分避, 非常に, 頻りに子

▼ 次第でございます~ (22, 0.6%)

2 から大, がわたくし, よ

1 [16件] からな, から何卒, から元, から大殿樣御一代, から手前, から申す, から病人, があの, が中, が久しぶり, が参っ, が和田氏, が実, が幾次郎, が早速, 私は

▼ 次第~ (21, 0.5%)

2 ないと, なく心

1 [17件] あり, あろうと, これによりて, ございませぬ, ないけれども, なく, なく植え, なく生, なく簇, なく荒くれ, またそれ, よくわかる, 云い猶, 僕は, 其の烈し, 分り死なずとも, 前後し

▼ 次第であった~ (20, 0.5%)

1 [20件] かと私, からそのまま, から余輩, から彼, から法皇, から翁, が, がその, がそれにしても, が今やともかく, が今朝, が唯, が夫, が折, ことと, といわね, とも言える, と言う, ので一時太, 処

▼ 次第~ (17, 0.4%)

5 やない 41 やありません, やが, やて, やね, やわい, や俺, や御, や隨分相談相手位

▼ 次第という~ (17, 0.4%)

2 のは

1 [15件] ことに, ことは, ことを, ところは, のが, のである, のに, ものです, ものの, ような, わけに, モットーを, 腐敗堕落ぶりを, 風で, 風潮が

▼ 次第なれ~ (16, 0.4%)

1 [16件] ども一歩, ども元来, ども兎, ども其勉学, ども聊か, ども脱走, ども自, ども論ずる, ど余, ばそれ御前, ばなにとぞ, ばまして, ば一概, ば今回幸, ば大いに, ば父たる者

▼ 次第じゃ~ (15, 0.4%)

2 ない, ないか

1 [11件] ありません, ありませんが, ございません, さ有体, それほど大事, で見識ら, ねえか, ねえのう, よ, アな, アない

▼ 次第~ (15, 0.4%)

1 [15件] 一覽可被成下候, 両親も, 報可致候, 報道可仕, 容赦に, 帰還の, 房さんの, 承知下さい, 旅宿まで, 気分の, 自分から, 英断然るべき, 覚悟なされ, 諒察可被, 通知申上げます

▼ 次第だった~ (13, 0.3%)

4 のです 2 んです 1 か, かよ, からこの, から一学期, がやっぱり, けれども稲, のである

▼ 次第すぐ~ (12, 0.3%)

1 [12件] にもう, にも全, にも立たし, にも笑いかけ, に上陸, に効力, また戦地, よこすやう, 上げますと, 東京へ, 返しなさいと, 送るよ

▼ 次第によって~ (11, 0.3%)

1 [11件] わたくしも, ワガハイが, 人見知りを, 君にも, 呉れて, 或る, 明日か, 時々異, 老人を, 解釈法律学的の, 起さずにも

▼ 次第~ (11, 0.3%)

1 [11件] が本役, だ, とかいうもの, とつき合せ, などというもの, にございません, はどう, は追加, を渡し, を糸重, を駿河半紙二切り六枚綴

▼ 次第~ (10, 0.3%)

3 苦しからず 1 あの電髪, このリル, この夏, さアそれ, 予期に, 知らないが, 知らぬが

▼ 次第その~ (10, 0.3%)

1 もとへ, 冒険を, 名前を, 学科に対するだけの, 時その, 本来の, 版権を, 状況顛末, 術策的中りまし, 趣申伝ふべし

▼ 次第~ (10, 0.3%)

1 この項, どうぞ可愛, 両親の, 之に対して, 何を, 加様に, 本丸へ, 自分も, 自然今日は, 諸方からの

▼ 次第には~ (9, 0.2%)

1 あらず, かう記して, これ無く, 参りません, 無之, 物吉の, 生真面目さとともに, 行かない, 違ひ無い

▼ 次第~ (8, 0.2%)

1 兄様とも, 問合せの, 富は, 察しください, 引渡しする, 引越しなさる, 母が, 目に

▼ 次第それ~ (8, 0.2%)

1 から埋め合わせ, がし, で試験地, に信号, も頼み, を悪い, を正金, を消し

▼ 次第であっ~ (8, 0.2%)

2 てみれ 1 てこの, てその間, てそれ, てそんな, てわずか, て根

▼ 次第でござる~ (8, 0.2%)

21 から和尚, から未だ, がしかし, がまったく, が和尚, が拙者

▼ 次第で御座います~ (8, 0.2%)

32 が如何 1 からし, からマリイ様, がね

▼ 次第なら~ (8, 0.2%)

1 あっし達が, と悪心, ばそれ, ばと漸く, ば七兵衛さん, ば拙者, もうあなた様, 警察へ

▼ 次第でありまし~ (7, 0.2%)

2 てあながち 1 てナ亡き, て先づそ, て凡て, て法顯三藏, て風

▼ 次第なりと~ (7, 0.2%)

2 申され泰勝院殿御 1 いう, いわれ津婦良沼又, て裸男專斷, 云った形, 言う

▼ 次第早速~ (7, 0.2%)

1 またお知らせ, 出掛けて, 山から, 幌馬車を, 役所へ, 御差出, 都へ

▼ 次第いつ~ (6, 0.2%)

2 何時でも 1 でも上ります, でも御, でも立ち去る, 生命を

▼ 次第これ~ (6, 0.2%)

1 で覆い, へ罷り出, までの生活, をお, を殺し, 有る儀

▼ 次第であり~ (6, 0.2%)

1 いつ起きる, て要は, 又今日, 又遠く, 実はまた最も, 彼女を

▼ 次第なる~ (6, 0.2%)

1 がここ, がこれ, が一匁, ぞ, も如何せん, や戸口

▼ 次第にも~ (6, 0.2%)

1 なるべきである, ゆかず帰国, 同時にはっと思いあたった, 因りましょうけれども, 挾んで, 行き兼ねた

▼ 次第直ぐ~ (6, 0.2%)

1 お帰り, に他, 來て, 出掛ける事, 印刷上の, 歸る

▼ 次第~ (6, 0.2%)

1 から悉く, がもう, が頂戴, はなるたけ, は三田, も絶対賛成

▼ 次第~ (6, 0.2%)

1 なれば, になつ, に何ヶ寺, に口, の棚田, の立派

▼ 次第から~ (5, 0.1%)

1 すると, なの, 來た, 竿の, 見て

▼ 次第この~ (5, 0.1%)

2 まま厩へ 1 三四月の, 成政も, 村から

▼ 次第でありました~ (5, 0.1%)

1 から大食國, から弘法大師, がさりとて, がもはや, が二葉亭さん

▼ 次第でございまし~ (5, 0.1%)

1 て, てたとえ, て一體此堤防, て斯様, て物の数

▼ 次第といふ~ (5, 0.1%)

2 ことに 1 のである, 傾向が, 歌の

▼ 次第なり~ (5, 0.1%)

1 かしこ, じゃ, 云々, 故幽谷翁, 汝の

▼ 次第ここ~ (4, 0.1%)

1 に於, の御所, の木戸, までの辛抱

▼ 次第こちら~ (4, 0.1%)

1 からもさっそく, でどんなに, にお, へ電話

▼ 次第~ (4, 0.1%)

1 とうそぶいた, とわが, へ転, 随分厄介

▼ 次第~ (4, 0.1%)

1 てついに, て戒, て本年, て河

▼ 次第じゃが~ (4, 0.1%)

1 どうやら今宵, まるきり余裕, 何う, 無理が

▼ 次第ながら~ (4, 0.1%)

1 その封筒, 御注意, 旧友の, 首が

▼ 次第なく~ (4, 0.1%)

3 並べて 1 人に

▼ 次第~ (4, 0.1%)

1 からユキちや, さかい今, で, 観音堂の

▼ 次第ゆえ~ (4, 0.1%)

1 およそ世の中, に公家様, やがて御, 泊めて

▼ 次第~ (4, 0.1%)

3 アリマス 1 アル

▼ 次第上り~ (4, 0.1%)

1 となり, に両側, に出る, の野

▼ 次第下り~ (4, 0.1%)

1 に一面莚, に河原町, に落目, に谷

▼ 次第~ (4, 0.1%)

1 だから, で斯, に至りまし, は斯

▼ 次第~ (4, 0.1%)

1 にブチ, に投げ込んだ, のもの, へ帰る

▼ 次第あらためて~ (3, 0.1%)

2 お届け 1 掛け合いに

▼ 次第おれ~ (3, 0.1%)

2 がとつ 1 はそのうえ

▼ 次第さし上~ (3, 0.1%)

3 ませう女夫

▼ 次第でございました~ (3, 0.1%)

1 か, けれども将軍家はちよ, 母の

▼ 次第でした~ (3, 0.1%)

1 から家人, が, が小夜子サン

▼ 次第とは~ (3, 0.1%)

1 いうものの, どういうご, 何事ぞ

▼ 次第とも~ (3, 0.1%)

1 ある, 云える, 見えるの

▼ 次第また~ (3, 0.1%)

1 その時, どんな出世, 之から

▼ 次第をもって~ (3, 0.1%)

2 考うれ 1 政府たる

▼ 次第~ (3, 0.1%)

1 咄シタラソレデハ損ダト皆, 咄シタラバソレハヨクナスッタト云ウカラ別, 咄ス

▼ 次第三次~ (3, 0.1%)

1 とあり, と進む, の国民戦線

▼ 次第上京~ (3, 0.1%)

2 するからと 1 するよろしく

▼ 次第~ (3, 0.1%)

1 でも御座れ, でも送る, を差置い

▼ 次第何ん~ (3, 0.1%)

1 でも, という名, とでもする

▼ 次第何卒~ (3, 0.1%)

1 今宵は, 御免下され, 若年の

▼ 次第~ (3, 0.1%)

2 連れられて 1 御厄介

▼ 次第如何~ (3, 0.1%)

2 相成りまするか 1 樣共御

▼ 次第~ (3, 0.1%)

3 とも狂

▼ 次第成敗~ (3, 0.1%)

1 いたして, するに, 仕る可者也

▼ 次第早く~ (3, 0.1%)

1 あの, 仕事に, 來て

▼ 次第東京~ (3, 0.1%)

2 へ持っ 1 へやつて差支

▼ 次第次第~ (3, 0.1%)

1 と遠のい, の労働強化, 衰え弱った

▼ 次第~ (3, 0.1%)

2 うるつもり 1 うる積り

▼ 次第直に~ (3, 0.1%)

2 仕事に 1 又お

▼ 次第買っ~ (3, 0.1%)

1 たり借覧, てくる, て帰った

▼ 次第~ (3, 0.1%)

2 を惜 1 を惜しまず

▼ 次第あなた~ (2, 0.1%)

1 はそれ, は警官

▼ 次第おしらせ~ (2, 0.1%)

1 しましよう, しますから

▼ 次第お知らせ~ (2, 0.1%)

1 までに落ち, 致しますから

▼ 次第お送り~ (2, 0.1%)

1 いたしましょう, します

▼ 次第かと~ (2, 0.1%)

1 存候, 察しられまする

▼ 次第さっそく~ (2, 0.1%)

1 彼の, 来て

▼ 次第しかるに~ (2, 0.1%)

1 只今お, 妻は

▼ 次第そして~ (2, 0.1%)

1 一生懸命に, 組合せ次第だ

▼ 次第ただちに~ (2, 0.1%)

1 崩れるほんの単なる, 爆撃行動に

▼ 次第であろう~ (2, 0.1%)

1 と思われる, と想像

▼ 次第でござい~ (2, 0.1%)

2 まス

▼ 次第でございまする~ (2, 0.1%)

1 が何, が先生

▼ 次第でしょう~ (2, 0.1%)

1 いくとおりもの, が

▼ 次第でない~ (2, 0.1%)

1 から後で, 事も

▼ 次第どこ~ (2, 0.1%)

1 へでも勝手, へ行っ

▼ 次第どっち~ (2, 0.1%)

1 がお前, でも御用

▼ 次第どの~ (2, 0.1%)

2 工場へも

▼ 次第どんな~ (2, 0.1%)

2 新手を

▼ 次第について~ (2, 0.1%)

1 来た, 行けなくなり頭

▼ 次第はなはだ~ (2, 0.1%)

1 些細なり, 明らかなり

▼ 次第もし~ (2, 0.1%)

1 当地方, 過って

▼ 次第より~ (2, 0.1%)

2 幕末外交の

▼ 次第わすれ~ (2, 0.1%)

2 て行く

▼ 次第をも~ (2, 0.1%)

1 よく存じ, 取り調べる事

▼ 次第アメリカ~ (2, 0.1%)

2 へ渡る

▼ 次第一つ~ (2, 0.1%)

1 こらしめて, 逃げだして

▼ 次第一日~ (2, 0.1%)

2 もはやく

▼ 次第一緒~ (2, 0.1%)

1 に死ぬ, に行こう

▼ 次第~ (2, 0.1%)

1 れ有るべきやと, 旨

▼ 次第乞食~ (2, 0.1%)

1 とは良い, は之

▼ 次第二合延喜式日本紀文徳実録寛平~ (2, 0.1%)

2 御記

▼ 次第~ (2, 0.1%)

1 に角, も角

▼ 次第~ (2, 0.1%)

2 にかけても成敗

▼ 次第厚く~ (2, 0.1%)

2 御詫び

▼ 次第報告~ (2, 0.1%)

1 して, するが

▼ 次第小田原~ (2, 0.1%)

2 へ駈けつけ

▼ 次第~ (2, 0.1%)

1 も恐る, も恐るべき

▼ 次第~ (2, 0.1%)

2 雑誌社へ

▼ 次第持っ~ (2, 0.1%)

1 て往, て来

▼ 次第書き~ (2, 0.1%)

1 がある, して

▼ 次第~ (2, 0.1%)

1 の州, の駅

▼ 次第~ (2, 0.1%)

1 にならぬ, を指さし

▼ 次第甚内~ (2, 0.1%)

2 の代り

▼ 次第真向~ (2, 0.1%)

2 から時計

▼ 次第~ (2, 0.1%)

1 にとまった, を持っ

▼ 次第緩く~ (2, 0.1%)

2 り職業

▼ 次第至急~ (2, 0.1%)

1 御越し下され, 面会に

▼ 次第討ち果す~ (2, 0.1%)

2 と言つて

▼ 次第~ (2, 0.1%)

1 にでも又, の罪

▼ 次第返す~ (2, 0.1%)

1 ことを, よ

▼ 次第逃げる~ (2, 0.1%)

1 気で, 気であった

▼ 次第進達~ (2, 0.1%)

2 するの

▼ 次第運命~ (2, 0.1%)

2 を甘受

▼ 次第~ (2, 0.1%)

1 はつけきり, 売る家

▼ 次第電話~ (2, 0.1%)

1 をかけ, をかけます

▼ 次第~ (2, 0.1%)

1 にし, を打たれる

▼1* [476件]

次第あちらへ廻っ, 次第あちらこちらと歩き廻っ, 次第あとから繰込む, 次第あのかたが, 次第あるものなり, 次第あれこれとレコオド, 次第いかが取計らった, 次第いきなりに叩, 次第いつも矢の, 次第おくり追続ぎ, 次第おのづから是, 次第および向後の, 次第お上へ御, 次第お前の親切, 次第お前様といふもの, 次第お嬢さんや坊ちゃん, 次第お客さまさえよろこん, 次第お手伝いに参ります, 次第お目にかかりたいとお, 次第お礼に上ろう, 次第お返しいたしますから, 次第かも知れぬが, 次第くだを巻きはじめました, 次第こっちから届ける, 次第あいさつに, 次第さあさあ刀を, 次第さがりに人なだれ, 次第さなんでもかでも蛇, 次第されども斯く, 次第したくをし, 次第したればこの, 次第じゃあ起きんこと, 次第じゃによってわしは, 次第すみやかに討ち取れ, 次第ずい分と叶えまい, 次第せめて一と, 次第せり合って負けない, 次第ぜひ一度は, 次第そこへ電話, 次第その後の御不, 次第それぞれの所属チイム, 次第それで私は, 次第ぞと急ぎ都, 次第だけ知り度い, 次第だらうが一度, 次第だろうが, 次第ていう有様, 次第つかみ次第, 次第つぶさに聞き知れり, 次第つまり握飯の, 次第であるさればとて年齒, 次第でござるなれども此, 次第ではわちきも, 次第でやすがね, 次第でをかしくも, 次第で御座ったが, 次第で無ければならぬ, 次第とかをアシライ初める, 次第として其日の, 次第とっておきましょう, 次第とでも言おうか, 次第とを物語り最後, 次第どうにでもなる, 次第どうかすると, 次第どうしても生かしては, 次第どうぞ御封筒, 次第どちらからでも吹き曝し, 次第なきあたわず理論, 次第などではない, 次第などはよくわからず, 次第なにとぞ御諒察, 次第なりけり近頃の, 次第なりというも可なり, 次第なりを繰返しながら, 次第なるべけれど若し, 次第なんぞよい口実, 次第なんとお聞き届け, 次第なんとかしてやると, 次第にかけてゐる, 次第については種々聞き書き, 次第にてはたと, 次第によつちや乘出さない, 次第により人たる者は, 次第によることな, 次第ひとのもの, 次第ひとまず都合し, 次第びきにぐるぐる, 次第まことに思掛けない, 次第まだデコボコの, 次第まで説き及ぼすこと, 次第まとめたおかね, 次第もう国平も, 次第もうこうなっては, 次第もう一度近い将来, 次第もし万一主水, 次第もらさず討ち取れという意味, 次第やらうと言, 次第やる事に, 次第ゆえ今後はなお, 次第ゆえ何うか, 次第ゆく由, 次第よきように, 次第をまで述べ終り, 次第を以て考れ, 次第コスメチックこそつけた, 次第スグに帰っ, 次第ストラボンの説, 次第タタキ殺して, 次第と思われる, 次第ダソレダカラ新聞雑誌ヘモ少シモ書カヌ, 次第ダビに附す, 次第て云, 次第トシ其法ニ依ルベキ事, 次第トラックに積みこん, 次第ナイフやスプーン, 次第載テ, 次第ニシテ一生女郎ハ好キニ買ッテ, 次第ニナッテ居ルカラ大ガイオレノウチヘトメテ居タガ, 次第ニナリマショウ精一郎サン大小ヲ渡シマスト云ッテ渡シタラ, 次第ニ人事不省ニナリ気管内ニチューブヲ差シ入レラレル時, 次第ニ候得バ何卒小生, 次第ニ嘯集シテ近里, 次第ニ廃レタガ予ノ幼少時代マデハソウデアッタ, 次第ニ有之候, 次第ニ貧乏ニナルシ仕方ガ無イカラ妙見宮ヘムリノ願, 次第ニ進長シテ遠征ヲ海外ニ試ムルコトアラハ如何我カ第一線, 次第ポンと一発あいつ奴, 次第一冊信玄公御随身, 次第一刻もはやく, 次第一匹も残らず殺し, 次第一層御同情, 次第一度おどかして, 次第一方から言え, 次第一種の支度金, 次第一行の将軍謁見, 次第七人皆打棒せられ地, 次第万事打明け候, 次第三ヵ条あり, 次第三五が十八, 次第三河の方, 次第上がりに月給, 次第下記へ御, 次第不二を検挙, 次第不同でその, 次第不思議之事候, 次第不悪お願いまで, 次第与えるほどに, 次第世間随分物騒, 次第両人は旅服, 次第に慈元寺住職日寛殿, 次第中尉の屍体, 次第は必ず, 次第九銭で貸, 次第也これのみか御車, 次第が屋敷, 次第二人はどこ, 次第二次大戦を経た, 次第云つてよこせと, 次第云付さするから, 次第五次の付け句素材, 次第京都の方, 次第京鎌倉でも江戸大阪, 次第を水, 次第明日中にでも, 次第今時の勢い, 次第今晩にも判然, 次第今更如何とも, 次第仕事も指図次第, 次第仰付けられるだろうということ, 次第之吉方, 次第但し余談とは, 次第位階次第で呑み込む, 次第に耐力, 次第佐々木の宿ニ御成, 次第何人でも差支えなき, 次第何時でも引き越せる, 次第余儀なく手紙を, 次第便りをくれ, 次第借りてしまう, 次第借金を少し, 次第健康さえ取れれ, 次第傳達爰に致, 次第働き次第で, 次第元気よく戻るでせう, 次第先生ますます得意, 次第免職されるという, 次第入院します, 次第全く小説の, 次第其の筋の, 次第入院しなけれ, 次第処断となろう, 次第出してやる, 次第出した記事と, 次第出すが, 次第出たらめに, 次第出世は見え, 次第出勤せいと云, 次第列ねるとロムルス, 次第に慰労会, 次第別れるという結婚, 次第前後す段々, 次第努力次第でこの, 次第勉強次第でコツコツ, 次第北原君の蔵家庭, 次第十日ばかりし, 次第卓一に来, 次第南米へ渡っ, 次第南蛮の語, 次第印鑑証明をお送り, 次第即ち外交秘密が, 次第即座に進め参らす, 次第参ろうとあっ, 次第参上して, 次第及びキリストの, 次第収容所へ送致, 次第取り巻き次第というわけ, 次第取り捨ての上元価三分の一, 次第取るべき態度いうべき, 次第受け出すつもりで, 次第受け取った在白ドイツ密偵部, 次第叩ッ斬って, 次第叩殺してやるといふ, 次第召捕れと指令, 次第申上候也, 次第叱り付けむの, 次第叶うことなら, 次第呼び寄せることに, 次第呼ぶ樣で, 次第商人になる, 次第商売の損得, 次第を取る, 次第べち, 次第喰い次第で, 次第四谷に行く, 次第国々を流し, 次第を揚げね, 次第土手つ腹, 次第地上に跡形, 次第埋め合せをつける, 次第堂木神明の二塁, 次第場所そしてそこ, 次第をつきこわし, 次第外泊が許される, 次第夜分おそくとも構わない, 次第大声でその, 次第大抵は分りませう, 次第太夫がなびきたい, 次第奥田家を訪ねる, 次第とし, 次第婚礼さする積, 次第宗教会議へ上申書, 次第実に訳けが分らぬ, 次第へ来る, 次第寄る辺定めぬ捨小舟, 次第るも, 次第實家へ歸つて仕舞, 次第将門退治に武蔵, 次第小僧を馬喰町, 次第小生ら夫妻は申す, 次第小石を投げ, 次第届け出るようにと, 次第届告仕る様, 次第岩角から腰, 次第差上げておくれ, 次第は島, 次第巴里に帰っ, 次第帰京のあいさつ, 次第帰署して, 次第帰藩被仰, 次第常人の年齡, 次第平らげたので住民途方, 次第幾つでも申込む, 次第幾匹でも飼いたい, 次第広島にうつるでしょう, 次第を立ち, 次第引っ掻きまわされてあった, 次第引ッ捕えるの, 次第引摺つて来たいといふ, 次第引越して来, 次第弾いてみた, 次第当方より出頭, 次第当然焼き捨てら, 次第の女, 次第往通いの出来る, 次第後便でお知らせ, 次第後妻や子供たち, 次第徹夜で三菱, 次第の明るい, 次第忙中かへつて, 次第思ひ切つてすぐ, 次第急速御買米手付金, 次第を知る, 次第悪しからず御諒察, 次第應援に出かける, 次第に遠慮なく, 次第打ち殺すと書いた, 次第打ってとれ, 次第投げつけて防いだ, 次第折々亡父よりも, 次第押し入って充分, 次第持ち出して行ったらしい, 次第持つて行かれる, 次第捕へて紙, 次第捕まる恐れが, 次第捕縛と云う, 次第据え行き五星を, 次第据ゑ行き五星を祭り, 次第掲示します, 次第搦め捕り手に, 次第撃つわけにも, 次第擲ったり蹴っ, 次第故不悪御承引可被, 次第へて下され, 次第断水を起こす, 次第新しい旗上げ興行を, 次第方々に散れてる, 次第が経つ, 次第早々鎌倉表へ, 次第明日にも出立, 次第時刻も関はず出発, 次第暗い叔父の, 次第暗示の通り, 次第暫時のあいだ, 次第之停止候事, 次第本人が下宿代, 次第本屋へかけつけ, 次第に向っ, 次第て下さい, 次第東叡山彰義隊を攻撃, 次第枉げてお, 次第林檎を採, 次第果し合わねばならぬ, 次第べて見たい, 次第棄てても仕舞おう, 次第棒箱小道具を投げつけます, 次第極刑に行わるべき, 次第楽屋へ連れ, 次第次第にいきいきと輝いた, 次第次第にがらんと片づいて, 次第次第にひしひしと取かこん, 次第次第にまったく絶えて, 次第次第三河の方, 次第歌舞伎座へ是娘, 次第此度は取, 次第此方へ招待, 次第歩哨は容赦, 次第ヲ覚梧シテ生前, 次第殊に当地方, 次第段々ありて, 次第殺しもすれ, 次第を捨てる, 次第ま, 次第注進せよと, 次第消しましたが不用心, 次第る事, 次第火炙りや磔, 次第炉風呂の四季, 次第無限の意味, 次第然るに商家に, 次第父上の思召, 次第狗殺しのやう, 次第独立しなくっちゃ, 次第献立書が処々, 次第理由と申す, 次第のよい, 次第の刻, 次第申し上げに出ませう, 次第申し上げたその際, 次第町方与力から繰り出す, 次第に藁屋, 次第病院へ逆戻り, 次第持って, 次第皆様このとおり, 次第直ちに出発する, 次第直様御帰国待, 次第相似た諸, 次第相手によってどう, 次第相承のほどを承っ, 次第真に面目次第も, 次第矢先にかけて射落さう, 次第知っている, 次第知らせをうけ, 次第知らせるからあなた, 次第石巻へレンラク, 次第破棄される運命, 次第磁力砲でもっ, 次第祝辞祝電の全文, 次第神牌を立つるなり, 次第禅門と云う, 次第秀林院様へお, 次第稀世の海底戰鬪艇, 次第穿く用意に, 次第突き刺して見せる, 次第竹村書房から出版, 次第二号, 次第簡単に承ろう, 次第絞め殺してやらう, 次第縛めて問注所, 次第縛らせたくないと仰, 次第の多い, 次第罷めるはずである, 次第翌日になる, 次第考えてみれ, 次第能力次第で何処, 次第脅喝殺人の罪, 次第に落ちぬ, 次第自分の一生, 次第舞楽已下美を尽し, 次第を命ずる, 次第良縁を搜, 次第芸者家でも出させ, 次第英吉は遊び放題, 次第英国へやる, 次第荷造りをし, 次第葬儀改典勝手たるべしの, 次第薗原村の伊, 次第を捻らう, 次第過大小橋, 次第行くつもりだ, 次第衝突しようと, 次第衣服の流行, 次第袋叩きにしちまう, 次第裏木戸から外, 次第補充するとして, 次第討ち取れと命じた, 次第訴人あるべき事, 次第試射をやっ, 次第読んだのも, 次第誰彼かまわず世話, 次第警察の手, 次第警視庁へお, 次第警部はおっ, 次第貪り候も, 次第責任を問う, 次第つちまつて, 次第踏んごん, 次第身丈に合つた灰色無地, 次第を手舁, 次第輪廻転生すと, 次第迎いに来る, 次第退却しようと, 次第退院できるよう, 次第送りは止ん, 次第連れて来た, 次第逮捕するよう, 次第進物にし, 次第道行き一声サシ下, 次第遠慮なしに, 次第郷里へ帰る, 次第里芋も衣かつぎ芋, 次第を送っ, 次第釧路丸をひっつかまえる, 次第銀子の親たち, 次第のまう, 次第を見, 次第門田与太郎どのの一隊, 次第随分遠くから, 次第隠居ぐらし隠遁生活それこそ庭下駄, 次第雑誌社に居る, 次第難渋言語に絶, 次第は飛び, 次第を持っ, 次第頭次第どうかする, 次第頼まれなくてもここ, 次第頼んで一晩, 次第をくしゃくしゃ, 次第飛んでいっ, 次第飛礫の雨, 次第食い殺してもかまわない, 次第飲んでみる, 次第馬車をポーチ, 次第高くなりお, 次第をつかん, 次第鮫洲の川崎屋, 次第に思い浮べる, 次第黙って持