青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「次~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

機関~ 櫓~ 櫛~ 欄~ 欄干~ 欝~ ~欠け 欠け~ 欠点~ ~次
次~
次々~ 次ぎ~ 次に~ 次の間~ ~次第 次第~ ~次第に 次第に~ 次郎~ 欧~

「次~」 22918, 248ppm, 386位

▼ 次~ (11383, 49.7%)

1035 ような 491 ように 326 瞬間には 215 やうな 156 日の 137 日も 122 瞬間に 99 日は 93 如くである 92 やうに 82 室へ 81 日に 72 ことを 71 言葉を 52 室に 50 日から 48 時代の 47 室の 43 通りである 40 年の, 日, 日には 39 部屋へ 38 部屋に 35 如し, 時代に 33 様な 31 ことが 30 室で, 機会に 28 二つの 25 夜も 24 様に, 言葉が 23 晩も 22 時代を 20 ことは 19 部屋の 17 如きもの, 室から, 家へ, 日曜日に, 次の, 駅で 16 ごとくである, 家の, 年に, 年には 15 如く述べ, 日曜に, 朝は, 部屋から, 部屋で 14 三つの 13 ようであった, 問題は, 如く書いて, 朝に, 瞬間 12 ことばを, とおりである, 幕の, 章に, 言葉は, 話を 11 代の, 如くある, 如くなって, 如くに, 方が, 朝の, 瞬間彼は, 者が, 言葉で, 部屋には 10 ものを, 一文が, 仕事に, 問題に, 夜は, 幕が, 幕は, 朝早く, 歌を, 言葉に

9 [15件] ごとく, 仕事の, 刹那には, 句が, 如くあったが, 手に, 手を, 日と, 日彼は, 時には, 樣な, 部屋は, 頁を, 駅に, 駅まで

8 [16件] ことだけは, ようだった, ようである, 刹那に, 動作に, 声が, 夜にも, 年は, 日また, 時代には, 時間に, 機会には, 歌が, 通りです, 部屋まで, 顔を

7 [16件] ことに, とおりであった, 如き記事, 室へと, 室を, 容子を, 戦争に, 手紙は, 数行を, 文句を, 文字が, 汽車で, 瞬間から, 瞬間私は, 話が, 車に

6 [33件] とおりだった, ものが, ようにも, 一文を, 世代の, 事を, 事実を, 仕事を, 内閣を, 列車を, 句の, 句を, 如くで, 如く言, 室が, 年も, 手紙を, 日からは, 日又, 春に, 時期には, 晩は, 月の, 朝から, 樣に, 決戦戦争は, 男に, 行動に, 話は, 通り, 通りであった, 霧粒が, 頁には

5 [60件] ごときもの, ごとく述べて, ごとし, は, ものに, ようです, 一節は, 一節を, 事実が, 代に, 前に, 句は, 問題である, 多様, 如きこと, 如く言いました, 如く言う, 姿が, 家を, 弟は, 戦争の, 戦争を, 手紙で, 方に, 方程式が, 日お, 日が, 日だ, 日である, 日を, 日曜には, 日曜日の, 春である, 時代への, 月には, 村に, 機会を, 段階へ, 汽車に, 汽車を, 消息には, 点に, 理科の, 町へ, 瞬間であった, 瞬間彼の, 第二, 記事が, 註が, 諸書參看, 質問に, 週の, 部屋との, 部屋を, 都, 野郎が, 関係が, 頁から, 顔が, 顔に

4 [88件] くだりを, ことである, ことも, ごときこと, ごとき一書, ごとく記して, ものは, パラグラフからは, 一枚の, 一行を, 世に, 世代に, 世代を, 久我之, 事実は, 五百年は, 人に, 人の, 人も, 仕事は, 作を, 停留場で, 停留所で, 停車場で, 六疊に, 列車に, 口から, 問ひ, 問題だ, 土曜日に, 土曜日の, 夜に, 夜の, 奴と, 如くであった, 如く云う, 如く云って, 如く言って, 如く記して, 如く記載し, 姿を, 室には, 室は, 家に, 家は, 宿へ, 対称を, 幕に, 弟が, 御代にな, 意味の, 意味を, 手から, 手には, 文句が, 方へ, 方程式によって, 日だった, 日であった, 日曜が, 日曜は, 時期に, 時間の, 朝には, 朝まで, 村へ, 機会が, 歌は, 段に, 汽車の, 波が, 点を, 物語を, 理由による, 皿を, 目には, 瞬間その, 瞬間の, 瞬間彼女は, 立って, 第三時ころ, 結論を, 船で, 芝居の, 語を, 通りで, 銘が, 頁にも

3 [156件] ことだけを, ことばが, ことばは, ごとき一節, ときには, ところに, ほうへ, やつが, ページに, ヴァラエティーの, 一つの, 一刹那には, 三つに, 世で, 世には, 世は, 世界へ, 丘の, 事件を, 事実に, 五つの, 五の, 人が, 人は, 作品を, 作戦に, 停留場の, 停車場へ, 前へ, 命を, 命題を, 問いを, 問を, 問題が, 問題として, 営みを, 嚢の, 四つの, 土曜日と, 土曜日には, 場面に, 夜, 夜が, 夜には, 大戦争, 女の子が, 如き意見, 如くあった, 如くであろう, 如く書かれて, 如く要約し, 如く言つて, 妹は, 姿は, 室では, 室との, 室も, 家から, 家でも, 宿の, 宿まで, 年から, 年その, 店へ, 座敷に, 座敷へ, 庭に, 式が, 形と, 形に, 形を, 心を, 戦争が, 戸が, 扉を, 手は, 折には, 方は, 方を, 方程式に従って, 方程式を, 日か, 日などは, 日へ, 日まで, 日曜日には, 日私は, 春には, 時に, 時代である, 時代は, 時間には, 晩に, 晩には, 曲に, 曲目を, 朝も, 朝彼は, 朝私は, 木の, 横町を, 止めるの, 段階に, 母は, 波の, 活動の, 港へ, 火に, 父の, 男は, 男を, 町で, 番の, 眼が, 眼に, 眼を, 瞬間この, 瞬間において, 瞬間も, 瞬間もう, 瞬間恐ろしい, 瞬間自分の, 石には, 稽古の, 節に, 結果を, 総選挙, 者の, 者も, 耳に, 耳へ, 職業を, 胸を, 船の, 茶の間で, 行に, 行動を, 行方を, 許へ, 詩は, 諸点に, 質問を, 車の, 通りに, 週に, 週には, 部屋だった, 部屋も, 銀河鉄道なんか, 長州征伐の, 雪の, 面会は, 音は, 顏を, 顔は, 馬の

2 [500件] いる寺, うちでなけれ, おつぎ, お客を, がいう, ことと, ことばで, ことばには, ことばも, ごとき実験, ごとき文句, ごとき文字, ごとき文言, ごとき話, ごとく書いて, ごとく言って, ご文, さしず, ために, ときは, なれが, はライオン, みごとな, むすめ, やうです, やうなとりとめ, りんだ, りんどうの, を待っ, を擦ります, シーズンに, ゼネレーションの, パラグラフから, パラグラフは, パラグラフも, ページには, ページを, ロゴスとして, ロゴスは, 一, 一つは, 一人, 一作に, 一冊を, 一句が, 一室の, 一年は, 一文は, 一時間は, 一本は, 一枚に, 一歩に, 一点へ, 一瞬には, 一秒が, 一章を, 一策を, 一系列の, 一語で, 一足を, 一里を, 一首は, 三つを, 三人の, 三点に, 上り列車に, 下りを, 世では, 世の, 世界から, 世界の, 世界を, 世界観の, 世界観も, 丘へ, 九編から, 事が, 事に, 事件が, 事件の, 事柄を, 二つである, 二つに, 二パラグラフが, 二句は, 二句を, 二挺の, 二書參看, 人々の, 仕事として, 仕度を, 付け句を, 代には, 伊藤内閣, 伊賀之, 休憩時間に, 休止よりも, 会合の, 作品が, 作品の, 作品へと, 作戦を, 使いは, 例に, 例を, 例題が, 停留所に, 停車場に, 像法の, 兄の, 入口を, 六畳に, 六疊の, 内閣にも, 内閣は, 内閣組織に際しては, 写真を, 冬の, 出は, 出来事に, 分は, 分を, 分外, 列車は, 副室, 力を, 勝負に, 勝負の, 十年間には, 十種類に, 原稿を, 収穫の, 口の, 古歌, 句, 句へ, 句も, 号に, 名を, 命令が, 命令を, 問題と, 問題を, 嘘を, 噴火には, 四畳半に, 四聯は, 図の, 土地に, 土曜日にも, 場面, 場面への, 声も, 外に, 夜であった, 大戦の, 大戦を, 大決戦, 大隈内閣は, 天下を, 天子の, 女を, 女房は, 如き斷案, 如き考察, 如き見解, 如き記述, 如き註, 如くいう, 如くです, 如くなるであろう, 如く云, 如く修正された, 如く傳, 如く報告した, 如く描いて, 如く答, 如く要領, 如く記載され, 如く認め, 如く語りました, 如く論じ, 妹が, 妹の, 妻へ, 姉が, 姉は, 娘, 娘の, 娘は, 子が, 子の, 子供の, 子供を, 字は, 字を, 季節の, 実験には, 実験の, 実験は, 実験を, 室だ, 室と, 室にて, 家と, 家には, 家へと, 家まで, 宿で, 対話を, 小児も, 小部屋, 展開を, 山へ, 岩の, 岩は, 島へ, 巻の, 希望を, 席へ, 幕, 幕間に, 年からは, 年にも, 年へ, 年を, 年度には, 年私どもは, 店に, 度からは, 座敷から, 座敷には, 庭へ, 式で, 弓門の, 引用箇所が, 弾を, 彼の, 後から, 後に, 後方で, 御言葉, 心の, 忍ぶところ, 恐れるの, 意見を, 態度を, 成長へ, 戦には, 戦争では, 戦争には, 戦争へ, 戦争への, 扉に, 手が, 手紙が, 手紙に, 手紙の, 持つて, 指図を, 指手の, 教場へ, 教室を, 数句の, 数日は, 数行が, 文が, 文を, 文化の, 文字を, 文章が, 文章は, 料理を, 斬られたの, 方から, 方の, 方法を, 方程式の, 日かれ, 日さっそく, 日その, 日にも, 日ふたたび, 日わたしは, 日ホモイは, 日僕は, 日即ち, 日彼が, 日救助係が, 日早く, 日曜から, 日曜ぐらいに, 日曜にも, 日曜の, 日曜日は, 日曜日までより, 日空は, 日虔十は, 日記は, 日諸君の, 春の, 春理助は, 時は, 時代では, 時代にも, 時代へ, 晩から, 晩の, 晩方です, 晩方も, 暗い部屋, 書籍差入れを, 最初の, 最終戦争の, 月が, 月曜日に, 朝, 朝いつも, 朝まだ, 朝を, 朝ブドリは, 朝下男が, 朝即ち, 朝未だ, 朝目を, 朝目醒めし, 朝色を, 朝起きる, 期の, 期間には, 村の, 村まで, 条に, 条件を, 枝に, 樽を, 橋の, 橋を, 機を, 欧州大戦の, 歌の, 正月は, 歩みの, 歴史を, 段取りは, 段階, 段階で, 気持を, 水想観には, 水想觀には, 水蒸気の, 決戦戦争で, 決戦戦争では, 決戦戦争の, 決戦戦争即ち, 汽艇からも, 汽車まで, 浪が, 渥美五郎, 演説で, 無月を, 營み, 爆弾が, 父は, 狂言には, 狂言の, 狩に, 王は, 生まで, 町まで, 町内へ, 番に, 番組の, 白を, 百万増加には, 皿のも, 監督の, 相手は, 眼は, 瞬間さっと, 瞬間そう, 瞬間それが, 瞬間への, 瞬間を, 瞬間二人は, 瞬間人混みの, 瞬間何を, 瞬間天地も, 瞬間童貞を, 神樣は, 秋に, 稽古に, 稽古日に, 窓に, 章で, 章を, 章句において, 端を, 第三, 答えを, 箴言を, 級に, 細君の, 結果が, 結論に, 編隊が, 考えで, 者から, 者に, 者は, 者へ, 者を, 耳を, 聲を, 職業が, 肩を, 脈が, 脈搏を, 脈搏次の, 腰に, 腰を, 自動車が, 船に, 花は, 花を, 花和尚魯智深, 茶の間に, 茶を, 草稿へ, 著名な, 行から, 行には, 表で, 表は, 表情に, 衷心からの, 観念が, 観念を, 言うの, 言葉, 言葉の, 訪問の, 詩を, 詩集, 話の, 話題に, 語が, 誤まつて, 説明を, 講座で, 講演の, 警察へ, 足を, 車には, 車へ, 車を, 車室へ, 通りの, 通りへ, 通り書い, 通知を, 週から, 遊び時間に, 運命を, 過程へ, 選挙の, 部分は, 部分を, 部屋, 配役, 酷さ, 野郎は, 金曜日に, 釣り場も, 銚子から, 長いもの, 門て, 電車を, 静かな, 面会の, 革命が, 靴を, 頁からは, 頁だ, 頁に, 頁の, 頁は, 頬を, 頭を, 顔の, 飛躍を, 食事が, 馬に, 馬には, 駅へ, 驛から, 高時が, 點に, 龕に, 龕へ

1 [4200件 抜粋] あさ九時頃, いった事, うしろには, うらないに, お前さんは, お手本を, お経, かれの, が十二台, こう激しく, ことであった, ことばに, ごとき三通, ごとき威嚇顔, ごとき明瞭, ごとき素朴, ごとくいわれて, ごとく明白, ごとく答えました, ごとく語りました, しげみへ, そういう浅黒い, そばへ, つづらを, とおり書い, ところは, どこかへ, にも怪しい, はやり唄を, は午前一時半, は甘かっ, ひとり天下で, ほうを, ものがたりで, ものへと, やうで, ようでした, ような誓い, より高い, を待つた, を食べ, イツクルカは, カンに, コースを, ステージの, テーマは, バスが, ヒノエウマの, ページへ, ミヤコ缶詰工場へ, リンパー病院を, 一か条が, 一パラグラフについては, 一二の, 一例を, 一句に, 一室では, 一年分を, 一挿話を, 一日間位は, 一歩で, 一瞬間に, 一組の, 一行である, 一連が, 一隊と, 七字の, 三カ月で, 三原則だけは, 三本目の, 三疊には, 三部門に, 世もう, 世界が, 世界観な, 中位的な, 丸橋忠弥初演大, 乗換えの, 乾坤一擲に, 事どもは, 事実からも, 事態を, 二つです, 二三騎が, 二十五年で, 二十四市, 二方程式の, 二点を, 二里ばかりも, 五つを, 五番浴室に, 交代者を, 人を, 人間の, 仔が, 仕事にたいして, 代からは, 伊藤内閣が, 会で, 会話が, 位に, 体を, 作品に, 作用は, 侠客は, 俗謡に, 俸給日が, 停車場にて, 備えとして, 元時代, 兄も, 入江の, 八畳の, 公理を, 六畳も, 兵から, 円生やはり, 冬また, 出しもので, 出来ごとの, 刀を, 分類である, 初夏の, 判斷を, 刹那もう, 前へも, 功績の, 勝田新左衛門に, 北宋時代に, 十七名の, 十五分は, 十年間ミス・ミンチンの, 午前中を, 危険を, 参府は, 収入に, 口は, 句中に, 号令が, 同輩たちは, 告白によっても, 命題は, 唇を, 問で, 喉へ, 嘆声俗人が, 四句のみ, 四畳を, 四辻街まで, 図に, 国造が, 土曜が, 土用の, 地雷太郎と, 報では, 報道が, 場面では, 壁に, 声また, 変化は, 夕方には, 夜あけまで, 夜また, 夜蝋燭点し, 大乱直後, 大判の, 大変局即ち, 大戦から, 大柄で, 大魏皇帝, 太い紐, 奉行と, 女房として, 奴輩だ, 如き事情, 如き假説, 如き命題, 如き思想, 如き方法, 如き決議, 如き結論, 如き詩想, 如き霊妙, 如くお雪ちゃん, 如くなる可, 如く云ったに, 如く各種, 如く弁解する, 如く提言しました, 如く書き改められた, 如く申しわけ, 如く處罰, 如く訓戒を, 如く語つてゐる, 如く述べました, 妹へと, 姉こういう, 娘を, 子孫も, 学校を, 宝物庫さて, 実験に, 室, 室らしかった, 家とは, 宿場は, 密告だ, 寝顔を, 対戦と, 尋問の, 小児が, 小文, 小説の, 尾に, 屋敷へ, 山の, 山県内閣を, 岩礁に, 峰を, 巡礼殺しの, 左翼劇場見, 市日にも, 席に, 幕には, 平面に, 年が, 年アメリカへ, 年次の, 幸運を, 庚申を, 庸子といふ, 弁士を, 弟である, 弟子が, 弾丸音を, 形式を, 待って, 徑路を, 御曹子の, 心持が, 急使も, 恐怖が, 悪戯で, 情欲を, 意識した, 憤怒と, 戦いには, 戦場へ, 所説から, 手下どもが, 手繰った糸, 折を, 拙著も, 指との, 挿入句が, 探検の, 推論においても, 撮影, 攻め手を, 散兵, 数行しか, 数顆が, 文から, 文字である, 文章で, 斉泰卿の, 新しい巣造り, 新嘗, 新抽優勝競走, 方技といふ, 方角に, 旅客列車に, 日あの, 日この, 日そこを, 日どう, 日へと, 日わざと, 日カラザースさんは, 日一日は, 日三人は, 日予定の, 日伸子にとって, 日六兵衛は, 日勧修寺大納言を通じて, 日友人達の, 日夕方じゆん, 日孔明は, 日尊氏も, 日庭は, 日彼女を, 日新川の, 日晩餐の, 日曜にね, 日曜日教会で, 日本の, 日様子を, 日潼関の, 日知恩院の, 日自身中軍から, 日諸, 日近くの, 日須山は, 早馬の, 映画が, 時という, 時代と, 時代へは, 時土産に, 晩からは, 晩市立劇場で, 景, 曲り角へ, 書斎で, 最も重要, 月並能の, 月曜日から, 朝いらし, 朝つかまった, 朝やっぱり, 朝サンムトリの, 朝ミル爺さんは, 朝偶然おれの, 朝十時頃まで, 朝家を, 朝戸を, 朝更に, 朝王さまは, 朝翻然と, 朝衣服箱を, 朝階下へ, 期間の, 木虱を, 本屋へ, 李彩は, 村までは, 東京の, 柱へ, 桂内閣が, 桟木を, 検査室, 様で, 横町の, 機会それは, 機会前, 檻に, 歌, 正客で, 歩みにおいて, 死面の, 段取, 段階を, 比率の, 氣懸が, 汽船は, 河辺という, 波瀾が, 流れの, 浮揚期間を, 温泉へ, 満月が, 演出は, 激語を, 火曜日か, 点だ, 無名氏, 燈籠へ, 物です, 物音は, 状態を, 猪鼻村を, 珍談あり, 生命が, 用が, 田端停り, 男の子が, 画面が, 番組で, 疑問は, 発向にも, 発明は, 百姓問題を, 皿へ, 目標な, 看護の, 眼光に, 瞬間からは, 瞬間だ, 瞬間ふん, 瞬間ベットリと, 瞬間人が, 瞬間到底, 瞬間太陽に, 瞬間平一郎は, 瞬間思わず, 瞬間杉田の, 瞬間法水の, 瞬間私が, 瞬間自分が, 瞬間身に, 瞬間頭が, 知盛が, 研究を, 社会の, 神語を, 秋まで, 種類が, 空地には, 立つたの, 章句を, 第三図, 第六十七議会, 筆は, 算哲の, 節まで, 紙には, 終つた, 結婚を, 絶句を, 縁談が, 署名と, 翁の, 考査を, 聯想を, 肋骨へ, 背中は, 胸突きを, 腹は, 興味ある, 舟が, 良い男, 花婿に, 苗代の, 苦患を, 茶の間を, 荒木君の, 蒲団部屋へ, 藤三郎長吉は, 行先へ, 街角から, 表を, 製造業者から, 覇権を, 観察によって, 言い様が, 言葉だけが, 言葉には, 記事の, 設計の, 試合の, 話しぶりに, 話も, 誘惑にとりか, 説を, 調子が, 論文の, 諸作品, 講に, 議会までに, 谷の, 貨車にと, 賞与まで, 踊りに, 身体に, 車も, 輪, 辻へ, 返電が, 通告節に, 週までに, 遊星すなわち, 道具屋へ, 部分的交換を, 部落へ, 配り手拭, 重大な, 金子市之, 鉱物の, 長いの, 門へ, 阿母さん, 陳述に, 障子に, 雇いてを, 電撃的な, 震動が, 面を, 音楽浴を, 頂まさしく, 須原駅までは, 頭人と, 風呂屋へ, 食事に対して, 餌に, 馬車が, 駅は, 駕籠に, 高い石段, 髷を, 鶏と

▼ 次~ (2395, 10.5%)

23 自分の 18 おつぎ 15 お品 11 それを 8 黙って 7 云った 6 急に, 私の, 顔を 5 いつた, 彼の, 眼を, 頭を, 首を 4 あわてて, 何を, 十の, 手を, 百位だ, 誰だ

3 [30件] おつた, この時, すぐに, そういっ, そつと, それから, どうした, フと, 何, 何處へ, 例の, 俄に, 先に, 卯平の, 口を, 安次の, 平次の, 怪訝な, 故郷の, 早くも, 暫く間, 有繋, 殆ん, 父の, 笑った, 第二, 草刈籠を, 親分の, 馬を, 驚いて

2 [124件] おすがの, おまえに, おまへに, お村, かくて, がっかりした, きっとなった, こういっ, そう言っ, そこの, そつけなくいつた, それへ, そんな事, だん, ちらと, つく, どうする, どこへ, びっくりし, イ, テキである, ピアノの, フトそんな, ラクシャン第, 一人の, 三十七八の, 三十五六の, 下女の, 主人の, 了簡の, 二人の, 二人を, 二階から, 仕事の, 他人の, 何が, 何だ, 何です, 何の, 何処に, 個人と, 側で, 兄の, 先刻の, 八五郎と, 八畳の, 六段目の, 其の度, 刀へ, 割り算である, 千位, 又, 又其の, 口の, 只お, 只管に, 只首, 味噌汁つまりたぬき汁である, 土藏の, 坊主還りで, 妾の, 子息の, 家に, 家内を, 富江次は, 小児心にも, 山羊だ, 屹と, 左の, 巫女の, 巻莨を, 庭から, 役者, 後から, 後で獨, 後を, 御招待, 思わず顔, 性急に, 恁うい, 慌て, 掛け算の, 斯う, 東京に, 校長, 槍を, 横から, 次の, 深雪の, 狩谷, 番頭さんで, 百日草で, 目を, 眉を, 秋三の, 笑って, 答の, 續い, 肉を, 肉片を, 脇の下印を, 腕を, 腕組を, 膝を, 與吉の, 茶が, 蒼くなつた, 薄で, 血の, 言った, 説明した, 誰が, 足を, 遲緩し, 部屋の, 酒次は, 開墾の, 静かに, 非常に, 顏を, 顔の, 鰯を, 鰹節屋小間物屋箪笥屋諸, 鼻の

1 [1908件 抜粋] ああいう, あそこからという, あなたから, あの晩, あわてふためいて, あんまり酒, いかに, いきなり立ち上っ, いつて, いつの間にか無意識, いつ来る, いひながら, いよいよ問題, いるか, うなずいた, お仲, お君, お屋敷, お料理, お由羅, お駒, かくし芸それらの, からびた喉, きっと笑っ, くちびるを, ぐい, こういう小説, ここで, こそこそと, この俺, この家, この年, この羽ばたき, これ, これと, こんなに間, さっきから, しお, しばらく考えた, すぐ先, すぐ鼾, すこし躊躇, すっかり悪人, すまして, せき込んで, そう考え, そこでタッタ一人, そちの, その, そのまま町, その友達, その後方, その晩, その浅ましい, その言葉, その飽き飽きした, それが, それでも他, それでも幾ら, それでも近所, そんな照れ隠し, ただ黙っ, ちょうど二時, ちょっと優しい, つきとめること, つとめて, とらぬ狸, どうしても持たね, どうするであろう, どうにか稼ぎ出し, どっかと, どんな, なかなか要領, なんじゃ, なんと聽, はいって, ひつそりと, ふいと, ふと草原, ほっと息, ぼろ, ぽんと, まそっと, また左, また自然, まだ喰いつづけ, まだ疑う, むずむずし, めったにお, もう仕事, もう手, もっとむつかしい, もつと, やがて清十郎, やぶれかぶれ, ゆらゆらと, よろめいて, わけも, アツといふ, アンポンタンと, ウナギの, カキツバタの, ギョッとして, サイベリア丸だ, ジュウル・ロマンの, タキシーだの, チョット狼狽, ツイ商売気を, トゥウェルスカヤ六十八番地, ネギ, ハート即ち, ビルディングの, フィルムの, フランスの, ヘルマン・チェッツ百貨店の, レモンの, 一ぺんに, 一升徳利を, 一年半ばかり, 一意只仕事の, 一概に叱りつけた, 一石橋の, 一転し, 七つと, 三井だって, 三停でございます, 三千里の, 上り口に, 上流人士の, 下っ引, 下谷西町に, 不平そうに, 世間並な, 中姫の, 主人を, 乱暴者としての, 二つ三つ續け, 二人とも, 二十五六の, 二度びっくりした, 二月生れで, 五右衛門殿じゃ, 五郎八茶碗で, 京都で, 人殺しの, 今から, 今の, 今夜芝居の, 今朝結立ての, 仏蘭西の, 仕舞だつたらう, 以前とは, 伊八といふ, 低能者に, 体あたりだ, 何かに, 何だまた, 何べ, 何んです, 何んの, 何太郎の, 何時に, 何處と, 來た, 依然としておす, 依然として苦しい, 俊基の, 俵の, 假令什, 偶と, 僕が, 兄で, 先へ, 先刻からの, 全くの, 八幡の, 六つ次は, 六年後の, 其の佛曉, 其の夜蚊燻し, 其の時外, 其一人が, 其暮も, 内儀さんに, 内心こいつは, 冷たいもの, 凶鐘にて, 初め秋三と, 利根川の, 前にも, 力を, 動物園の, 勢ひづい, 勿論団十郎, 北満, 十五日である, 十分の, 千代次郎を, 午餐過にな, 南の, 南水のき, 危むやうにいつた, 又も, 又内側, 又川, 又真顔, 友三郎で, 口が, 只一度お, 只恐ろしい, 只醫者, 可笑しな, 右馬之, 吉乃に, 同じく唐律, 同じく欄間, 同じ金澤町, 同月七日木村岡右衛門大高源吾も, 君も, 呑込み兼ねた, 周章てて, 命の, 哲学者ルードウィッヒについて, 商人の, 喧嘩でも, 四十位の, 四百という, 固い人間, 土曜で, 土間へ, 坊ん, 坐った, 塩原参謀より, 壁際の, 壽阿, 夕方次は, 外記の, 多分奧方, 夜荷車で, 夢殿の, 大きなの, 大地に, 大川に, 大戸を, 大津次は, 失敬し, 奉公にばかり, 女とは, 女房と, 妹で, 始終手拭, 子供の, 孤児院である, 宅守相聞である, 安の, 実に薄氷, 室内次は, 寝床には, 小さな時分, 小太郎, 小泉先生造花の, 小聲, 少しおびえた, 少し自分, 少年らしく, 居るまいか, 山田椿庭である, 岩手山下の, 峻烈に, 巡査の, 已に円朝物, 平常なら, 平生何とも, 年上の, 幾らか矜, 広小路でしょう, 店を, 廉い, 弁当と, 弟姫の, 張合いが, 彦兵衛を, 待って, 後も, 從來よりも, 御装束, 復土手を, 必要も, 快よく, 怒鳴った, 思い返して, 思ひ切つて婆さん, 思わず懐, 怪談でなく, 恁う, 恥か, 悄れた, 悚然として, 感じた, 態と卯平, 慎次次は, 懸念らしい, 成るべく子供, 我知らず, 所謂橘恵風である, 手ランプの, 手早くそこ, 抜かさずに, 拇指を, 持て餘しきつて, 捨次郎と, 提灯の, 摺り寄っ, 擔いだ, 散々に, 整然と坐つた, 文学です, 新しい方, 旅に, 日の, 日本名の, 明日から, 映画の, 時々持ち込んだ, 暁まえ, 暗いところ, 曇り日, 更にまた酷く, 最も得役, 會社へ, 朝は, 未だに知られ, 本多政武次は, 材木を, 来るという, 松平忠明次は, 松平直矩次は, 根岸君と, 案外真剣, 梅ヶ枝か, 棒切れを, 極めて狹, 榊原政房次は, 槍の, 横さまに, 機が, 次になっ, 武士らしく, 歸りかけました, 残って, 母親の, 毎日唐鍬持つ, 水大最後に, 永田組の, 決して事, 油の, 油煙が, 洗ひ曝し, 浅虫だ, 海の, 深川高橋に, 渋い声, 渡辺志村近藤深尾父柏岡等重立つた, 源三位頼政と, 漸くお, 漸く整骨醫, 潮焦, 火事の, 火箸を, 無意識に, 煙管を, 燒木杙を, 片足ひい, 物理書である, 独りで, 猫の, 獨り, 現代に, 瓦煎餅という, 田屋さんそれから, 畑の, 番方を, 畳を, 疲れた身體, 發覺した, 皆と, 益萎れた, 目黒の, 直に後, 相好を, 真っ二つ, 眠そう, 着物を, 知らん顔を, 石投げ, 社会生活全般に, 神田明神の, 秋から, 秋草の, 穂高山の, 突き当りそう, 突然呶鳴, 立上っ, 竭きる, 笑う, 筆を, 簪か, 米の, 精一杯亭主, 純水色, 素氣なく, 絶好な, 綴喜郡の, 縁で, 縄で, 織物の, 羞恥と, 老人でした, 考える, 聞いた, 聡明の, 肛門の, 背後へ, 能くするか, 腐りきって, 腰元の, 自ら嘲る, 自分で, 自分位であろう, 與吉が, 船頭が, 花見船なんか, 若々しいもの言い, 若殿時之, 苦笑し, 茶碗から, 荷車を, 萎れて, 落着きすまし, 蒲團から, 藁御堂の, 藤村の, 蝿だ, 街の, 衷心から, 裏戸の, 製薬法だ, 襟く, 見たよう, 見合いの, 親もとの, 観念し, 話が, 誰で, 誰袖の, 豆腐屋で, 貧乏旗本の, 赤へ, 足に, 足早に, 蹙めた, 身軽で, 転ばない, 辺りを, 返事も, 逃げて, 逡巡し, 道具屋に, 遣りきれないの, 酔い倒れた, 重く成つた草刈籠, 野幌, 釜から, 鋭く押さえ, 鑛毒の, 間を, 闇黒に, 隋書經籍志である, 雑音が, 雨の, 雪が, 電燈結局最後に, 霞亭東命の, 面倒くさいこと, 頑張って, 頼朝と, 風呂敷包から, 飛び起きた, 飛行島を, 食卓から, 飲んで, 餘計に, 馴れて, 驀地に, 高秀庭次は, 鷄の, 鹿の, 黄昏近くな, 黒坂森北のは, 黙ったが

▼ 次~ (1290, 5.6%)

14 の方 13 の顔 9 である, はその 8 の手 7 だ, であった, といふの, とお, は少し, は目 6 だった, と申す, はもう, を殺した 5 と早坂勇, は竹童, も顔 4 です, と竹童, の女房, の肩, は, はそれ, ははじめて, は卜斎, は口

3 [19件] が来, が私, とはまるで, にし, のため, の声, の殺された, の胸, の腕, の部屋, の頭, はこの, はただ, はどう, はまだ, は何ん, は廊下, は思わず, は自分

2 [88件] が, がいま, がお, がかすれた, がそれ, がどうか, が又, が叫びました, が少し, が引い, が急, が話した, が金, で, でした, ですよ, でなければ, とこの, とはだまっ, とを連れ, と云う, と私, と足, にかえした, に渡し, に逢つて, の, のいる, のす, のところ, のほう, のまえ, のもの, のやつ, の云う, の名, の姿, の存在, の家, の来る, の横着, の母親, の生活, の目, の紙治, の耳, の襟, の話, はいかにも, はお, はお前, はすぐ, はそう, はそこで, はそのまま, はついに, はともかく, はなんにも, はまた, はまるで, はフト, は台の下, は大, は平次, は急, は手, は新聞記者, は時々, は最後, は槍, は相, は私, は血, は裏, は身, は首, は高く, もだまっ, も何ん, よ, をさそっ, をつれ, を伴, を呼ん, を武士, を殺し, を殺す, を養子

1 [887件 抜粋] か, からせしめた, から百両, から私, か逢痴, がある, がうしろ, がおどおど, がここ, がしま, がする, がちょん, がなだめ, がひとり, がひょいと, がぼとぼと, がぽい, がもう, がよろよろ, がわれ, がオイオイ, がヒイヒイ, がムッ, がワザワザ寝床, が三つ, が上京, が仰天, が住ん, が八つ, が到頭, が十七歳, が反問, が名実とも, が向う, が団子, が外, が多血質, が大, が大きな, が好き, が学校, が家督, が小石, が居る, が帰らぬ, が引け, が怪しく, が情け深, が憎, が手籠, が投げ, が持っ, が新宿, が昨日味噌, が朝, が来た, が来ない, が次第に, が歸つて來, が殺された, が殺られました, が無え, が用人, が直助, が石井家, が突き出した, が紅, が給料, が胆, が胴, が自身そっち, が言, が言った, が身, が追いすがり, が邪魔物, が金三十両, が頓狂, が頬ずり, が飛ん, が驚き, が鼻, ぐらい斬っ, じゃと, だが, だけをつれ, だな, だよ, であります, でいま, でさえやる, ですが, ですね, ではありません, ではなく, でもさすが, で小栗, で当時, というもの, という名, という奴, という役割, という男, といっ, といふ二十七八, といふ文學士, とおかしい, とがくらげ, とが一つ, とが伏見稲荷, とどんな, とは兄弟, とは固, とは旧交, とやらに会っ, と下女, と仲良く, と兄弟分, と分つた, と同意, と吾妻屋, と天王寺, と宣っ, と小枝, と慶覚上人, と相, と相談, と知つて, と草吉, と評判, と變, と駕籠屋, などという名, などはどう, なる少年, なん, な庚申塚, にあの, にお, にしょわせ, にすえ, にせよ, にたずねた, にぬすまれ, にはあたたか, にはわからない, には何, には竹童, には青い, にむかっ, にめあわす, にも一驚, にも勧めたい, にゆ, にわたし, に云いました, に出逢っ, に分けた, に印象づけた, に口, に声援, に対する不快, に尋ねたかった, に感じさせました, に斬りかけられた, に欺かれ, に泣き付いた, に眼, に腹, に言い含められ, に訊きます, に買われた, に返そう, に逢う, に附け廻された, に集中, に鷲, のあの, のうろたえよう, のかげ, のからだ, のこと, のすぐ, のたより, のなえ, のふり, のまわり, のようす, のアリバイ, のキングコング, の一団, の上京, の世話, の中, の争闘力, の事蹟, の二少年吉見, の五十人, の仕草, の仲, の似顔, の使者振り, の供, の兵法, の冤, の出入り, の刄, の刻薄, の募, の只今女房, の周旋, の和服姿, の喜び, の女, の好意, の娘, の寝, の崇拝者, の差料, の幟, の張り裂ける, の心, の忿怒, の恋人, の息, の惡智惠, の慾, の或は, の手先部屋, の持ち, の振り冠つた拳, の智能, の様子, の樣子, の歌, の死體, の気に入りまし, の気持, の泣き虫, の浮氣, の為, の父親, の瓜畑, の生きかえった, の田, の皿, の目の玉, の眼, の秘密, の立場, の股肱, の胤, の腕白ぶり, の臆病風, の若々しい, の血液, の見のがしならぬ, の言った, の貧しい, の足, の踵, の身辺, の遊ん, の鉛筆, の長屋, の頬ペタ, の顏, の食べた, の首, の馬鹿, の鼻, はあい, はあまりの, はあわてた, はいきなり, はいっこうに, はいつの間に, はいつも, はいろんな, はうなる, はおどろいた, はおのれ, はおもわずズルズル, はかって, はがっかり, はぎょっと, はこう, はここら, はさかい, はさり気, はしかし, はしめた, はすっかり, はすばやく, はずるい, はそぐわない, はそば, はそれで, はだんだん, はどうやら, はどんなに, はばか, はひどい, はひやりと, はひょいと, はふい, はぽい, はまえ, はむちゅうになって, はもとより, はやはり, はよく, はアルコール, はガラツ八, はクスン, はゴクリ, はジッ, はツイ, はニヤニヤ, はヒラリ, はプンプン, はヘトヘト, はポケット, はヤヤ得意, は一世一代, は一寸, は一笑, は不平, は不足, は二人, は二十三, は二十二三, は人ごみ, は何だか, は兵法忍術, は再び, は凱歌, は初めて, は剣術, は助け, は勃然, は十一, は半分, は卓上電話, は取, は同意, は命, は唯なんとなく, は喜んだ, は四ツ辻, は堅くっ, は夕刊, は夜泊り, は女, は好ん, は宿場人足, は少々, は少時ぼんやり, は師匠, は平然と, は度, は引っ返し, は彰義隊, は得意, は応援, は忽ち, は怖くっ, は思った, は情深い, は敵, は断然, は新聞社会, は是, は本気, は本能的, は横側, は正月二日, は武藝兵法, は残念, は母親, は河豚, は浅黄色, は煙, は物, は猫, は玄関, は皮肉, は目の玉, は短銃, は磐, は神, は筒井順慶, は答えた, は素知らぬ, は統一部, は老いたる, は胆, は脾腹, は腹立たし, は自信, は舌打ち, は芋, は草鞋, は蒲団, は藁, は行, は見, は見落しませんでした, は説明, は足, は足拵え, は路地口, は追いつい, は逃避, は逢引位, は銀座, は鎌鼬, は闇, は面白い, は頓, は顎, は風呂, は飛びつき, は飛ん, は鸚鵡, は默, は黙り込ん, ばかりで, へ帳面, へ託した, へ電話, ほどの顔, も, もそう, もつく, もまさか, ももう一度, も云, も介錯人, も何遍, も剣術, も同郷, も心配そう, も承服, も死ん, も無理, も花房一郎, も近々, や足, よひと, よりははるか, よりは少し, よりも豊綱方, よ永遠, をあくまで, をいっぺん, をさそい出し, をちょッ, をつれた, をどう, をのせた, をひとり, をものかげ, をゾッと, を一ト刀, を交えた, を兄貴, を先生, を助けだした, を取囲ん, を召捕る, を問い詰める, を大切, を小屋, を庭口, を息づまらせる, を招いた, を擧げた, を敵, を殴った, を殺害, を江の島, を独楽, を相手, を知る, を私, を縛つて, を脅迫, を見, を見うしなっ, を見た, を見のがす, を見上げ, を訪ねた, を誘い込ん, を説き伏せる, を迎えた, を遠ざけ, を除外, を高手小手

▼ 次~ (854, 3.7%)

5 それを, 口を 4 出て, 言った 3 怒鳴った, 来た, 立って, 首を

2 [35件] あって, いう, いうと, いた, こういった, この路地, したやう, つづける, ところへ, のぼせるだけ, はじめて見し, もとへ, 二十キロそれから, 今を, 出る, 前の, 勘定奉行の, 呟いて, 安次を, 家に, 帰って, 思ひやりに, 日本に, 来て, 根性だけでも, 煙草を, 熱は, 目を, 笊森次は, 答える, 耳に, 自分の, 親切は, 開けようと, 飛んで

1 [754件 抜粋] あきれて, あなた最後が, あぶない, あるがね, あわてて, いくらその, いくらといふ, いつた, いつたやう, いなくては, いぬ間に, いるので, いわれた通り, ええ二月十八日, おすがを, おで, お乙女さん其次, お君, お客さまを, お目あて不二洋子, お通, かなり癖, きっと何, こういっ, こう声, こう答えた, こっそりたずね, ことだ, ことは, この与惣次, この六畳, この鼻, さういはれる時, ざあつと水面へ, しっかりと, じっと深雪, すぐれて, すぐ座敷, すぐ徳川幕府, するどい眼, ずいとはいり込む, そのお, その代り半日, その可笑し, その女の子, それである, たいかわはぎ, たち上がった, だん, ついて, つい去年, とぶ, とぼけた顔, どういふ, どこからか, なお心外, なくて, にこにこ顔で, ねだる, ひょこ, ぴょこりとおじぎをして顔を, またおかしな, また例, まだ莚升, もうない, もう一出世, やつて, やにさがって, やります, ゆるやかに, よく知つて, よしヶ久保, わざと親方, わたくしの, イチボその, イチボの, カノコユリという, カレーライスな, キン清松竹造の, コンドルに, シナです, スエルテ・デ・バンデリヨである, タンホイザーで, チウチウ燕路の, チノコである, テッポウユリ次が, ハインク夫人そこで, ハドウその, ヒサシそれから, フアガララムチャップその間に, ペコペコと, マリア嬢で, ローゼマリーと, ヴェルホルン, 一同を, 一喝しました, 一年中の, 一度や, 一旦上, 一番怪しい, 一足退っ, 一高の, 七面鳥家鴨などは, 万才一光の, 三度までも, 三輪の, 上に, 上り框から, 上部へ, 下る, 下野太平山あんまり, 不遠慮な, 両手を, 両手首, 中っ腹に, 中洲の, 主で, 主人が, 主人の, 九つ八つ一番上の, 亀戸の, 予算し, 二世勝三郎東成で, 二円七十五銭で, 二十四五です, 二年生といふ, 二百五十円次が, 二階へ, 云う, 云った時, 互に友情, 五年男子組の, 五畳半に, 京で, 什, 今庚申塚, 今言った, 仏堂を, 仏間それから, 代り書き手, 以前の, 伊勢海老の, 会社員ボーイ活弁俳優苦学生の, 住まいである, 佐原屋へ, 何とかの, 何の, 何處へでも, 來た, 供に, 便所で, 俯向い, 側に, 傍の, 兄を, 先には, 入道相国, 八月狂言の, 八疊續い, 公平でなかつた, 六つか, 六条それから, 六畳で, 六疊二た, 兵糧その, 其妻の, 冷たくな, 出なければ, 出るの, 出来た慶長頃, 初江です, 別諸先生, 制, 剃刀で, 前に, 前髪立ちの, 前髪立の, 力及ばず, 加藤それから, 助作の, 労働者で, 勘太左は, 勿体ぶって, 十一代壽阿彌曇, 十一月二十二日の, 十二代の, 十次も, 半日ぐっすり, 博士さ大, 危なくなる, 去つて, 又出来た, 口三味線の, 台所で, 吃驚する, 吊つたん, 同級です, 向柳原, 吹矢を, 周章てて, 呶鳴りつけた, 呼出しの, 唄うたの, 唐及び, 喜三郎次に, 嗅ぎ廻って, 四五日前に, 四方から, 四編, 土間に, 坂本といふ, 坐ると, 執心らしい, 堀川の, 声を, 外神田から, 夜半に, 夜逃げ同様に, 大へん, 大事相に, 大切の, 大坂, 大学である, 大尻沼である, 大臣病患者政権利権の, 天野俊平次が, 妙に, 妻の, 娘の, 子豚, 孟獲, 安に, 宋で, 完成した, 宥めた位, 寛文元年だ, 寢る, 寮の, 小さな物置, 小さな體躯, 小道を, 小首を, 尾エ氏を, 居なく成つて, 山水風景そして, 山田信之助に対する, 岡本先生一年甲組の, 岡本綺堂という, 岩国駅に, 岩菅那須横手山等で, 川らしい, 左の, 布團を, 帰りそう, 常吉と, 平造の, 幻想曲である, 店から, 府中即ち, 庭へ, 引くと, 引出し, 張りを, 彦兵衛と, 彼, 彼女の, 往来へ, 心忙しく, 心斎橋の, 怒った眼, 怒るの, 怠け者な, 急いで, 息せききって, 息を, 惚れて, 想像力それから, 感付い, 感心した, 我等の, 戦争に対し, 戸の, 戸を, 戻つて, 扇で, 手を, 手紙である, 承服しねえ, 抱きとめた, 持主であった, 指図する, 挨拶が, 振り返った時, 振綱, 捕まったの, 推古天皇の, 携えて, 救ってでも, 敵の, 新たに, 新川の, 方に, 旅装束を, 早く機械, 明治四十二年前途の, 昼飯の, 時々お前さん, 暗いの, 曳かれて, 最も膏, 有する權能, 有閑夫人亜黎子いずれも, 有難い恩人, 木曾御岳であった, 未來の, 未来の, 材料を, 村落外れの, 来ると, 東京へ, 柄に, 柴田勝家であった, 根西夫人次が, 案外好人物, 梯子を, 棒を, 棚の, 椚樫と, 様子を, 権左次が, 次第に順境, 歌舞伎を, 此れ, 此女で, 歸つて見る, 死ぬと, 死んでから, 殺されたん, 殺される迄は, 母その, 毎日の, 毬の, 気転で, 水星, 江戸中の, 油断が, 治ちやだ, 治安警察法違犯, 泣けば, 泥を, 浦上であった, 浮かれ出したの, 淫売婦ペンが, 渋谷の, 源七を, 演じたもの, 漸く眠, 濟むとあとは, 瀬戸系工人それが, 火葬水葬で, 無言の, 無闇に, 父に, 片山内閣か, 特別に, 犬です, 獰猛な, 玄米その, 玉井金五郎一六〇票, 現在大阪で, 生まれたの, 生れましたの, 生徒取締の, 生死不明と, 田楽である, 由良之助でございました, 男, 留めの, 番兵屯所その, 白眼んだ, 百五十円末が, 盆だ, 益太郎それから, 相手だ, 眞つ, 眼を, 睨んだ, 知らんと, 確かめよう, 確り殘, 神山さん歌川さん, 私の, 私フォイツは, 程近い, 稍や, 空手で, 立ち上がったもの, 立ち掛た時後, 立とうと, 笑って, 第二期, 米を, 米子先生こゑの可愛い, 紙問屋の, 細く薄暗くずっと, 絶えず馬喰町, 続こうと, 織田九郎次へ, 美の, 翌年千八百八十五年三月ロンドンの, 考えこんだの, 聞くと, 肥料と, 肩高だ, 腰繩を, 自分つまり補祭の, 自分で, 自由劇場を, 自転車で, 臺所で, 與吉を, 舞台で, 舳に, 芋の, 花川戸の, 草津と, 草臥れた容子, 菓子屋の, 萬七の, 落胆する, 蕗子の, 蚊帳へ, 蜀黍を, 行きかけると, 行つてから, 褄を, 西銀座に, 見えなくなったん, 言ったの, 言つた外には, 訊いた, 訊ねて, 詰まらなそう, 詰め寄ると, 説明し, 誰の, 谷中の, 豊島さんで, 財政軍備は, 責めると, 赤茄子で, 走つて鬼怒川, 起きて, 起した塊, 趙司晨と, 足を, 路地へ, 踊りの, 蹣跚として, 身分を, 軽々しく身分, 軽く舐め, 返り討, 返辭, 逃げ込んだと, 逃して, 通りを, 通り掛り圓次, 運んだこと, 道利それから, 遠くから, 遣るぞ, 金だ, 鉢合わせを, 長鬚鯨, 門前に, 開墾に, 関ヶ原で, 障子に, 隣に, 集りに, 雑木である, 音楽の, 預けて, 顏氣の, 顔を, 顧つた時彼を, 風邪を, 飛びかかるが, 飛びこんで, 飛ぶ, 飛んだよう, 餘つ, 餘り, 馬鹿でも, 驚いて, 高等学校の, 高輪田次が, 鳴り物づくしに, 麝香ヤクの

▼ 次から~ (792, 3.5%)

387 次へと 131 次へ 127 次と 9 次から 4 たくさんの, 次への 3 次に出 2 悪運の, 次に判明, 次に忘れ, 次に発見, 次の, 次次から, 白粉を

1 [113件] あまり見知らぬ, あまり長い, お午, この不愉快さ, それを, つぎと, のめのめの, はじめるとして, もっと心持, 了簡を, 五里離れた, 以下劇場関係者一同フロックコートで, 何にも, 信祝へ, 入ると, 出す料理, 出入した, 出来るよう, 切腹の, 卓子の, 受け取って, 商売を, 国産品を, 実習について, 容赦せん, 宿直の, 帰った子守, 幾らかづゝの米, 引出せるだけ, 彼は, 怨まれない筈, 懇談が, 捏ね直して, 教わって, 書状を以て, 次い処女, 次からと, 次この, 次との, 次と列兵から, 次にあの, 次にこぼれ落ちる, 次にとびこん, 次にブッ, 次にマックアーサー司令部, 次に公表, 次に冠ら, 次に切り捨て, 次に別れ, 次に叩い, 次に吹, 次に吾輩, 次に命令, 次に国会, 次に増加, 次に変じ, 次に多く, 次に夢, 次に大手, 次に建った, 次に引っぱり出され, 次に思い出す, 次に担ぎ上げ, 次に捻られた, 次に横切っ, 次に汗, 次に浮き出し, 次に浮ん, 次に湧い, 次に珍味佳肴, 次に現われる, 次に痛ましい, 次に発表, 次に福太郎, 次に私, 次に窓, 次に結婚, 次に続く, 次に考えさせられた, 次に自殺みたい, 次に花, 次に落ちかかっ, 次に襲われ, 次に襲われ始める, 次に見せ付けられ, 次に見詰め, 次に親類, 次に話し, 次に読み, 次に起っ, 次に起つ, 次に起る, 次に辛抱づよく一滴, 次に週刊誌, 次に開拓, 次に頭, 次屋敷から, 流れて, 申し込んで, 第十六次, 聞いたの, 薨去した, 薬に, 訊き出せるの, 話は, 読んで, 調べ上げた, 跳び退いた, 通って, 雜誌を, 頂くこと, 風が, 飛脚を

▼ 次には~ (668, 2.9%)

5 女人結界を, 私の 3 それを, 朝が, 自分の, 若君御

2 [25件] いって, これを, さる新進, そこに, それが, もう一つ, 他の, 何を, 前, 口を, 同じよう, 女の, 彼が, 日本の, 春が, 書物の, 横須賀の, 次の, 秋が, 腕力が, 自分を, 視ること, 長い, 霜柱の, 鰻の

1 [596件 抜粋] あくせん, あくまで殉情, あとに, あなたは, あのふしぎなさまよいびとの姿, あの切髪, あの白く, いうまでも, いずれ名の, いったい何, いつと, いつも茂ちゃん, うんと引っぱり歩い, おそろしく衣裳, お俊, お座敷からの, お気の毒, お辨當, お雪さんを, きせるとは, きっと恭一, きのうの, きらきら光る, き貴様, こういうこと, こういう事, こちらでは, ことに独房, この, この二つ, この元素, この分類, この土塊, この少年, この方法, この機械文明, この深い, この火花, この県, この船, この遊び, これが, これらの, こんなの, さう, さらにつまらぬ, さらに別, しょっちゅうグルゥバッハ夫人, すぐに, すでに前, せめてこの, ぜひお, ぜひとも月江様, そう言う, その両手, その四足, その土地, その怪しい, その愛娘, その本人, その男, その異同, その眼前, その逞しい, その頭, その髷先, そばへ, たちまち非常, たまらないほど, ついて行っても, できなかった, とてもとても大きな, どういうテーマ, どうして実, どこどこ聯隊長何の, どっちが, にわかに殺気だっ, はっと元気, ひき肉を, ひつた, ふたたびひっそりと, ぼく達が, まことの, また保吉, また再度, また南天, また矢代さん矢代さん, また薄闇, また足, まっしろな, まるで別, まるで戰爭, めでたく帰国, もうあなた, もうはやく, もうブラン・マントー教会堂, もう少しわかり, わかって, わが身へ, わしらの, わたくしの, われの, アンペーアの, イエス様が, インドにおける, イ列の, エの, カッポレや, ガラガラグサまた, キット何人にも, クリーアの, ケナンの, シャスタ・スプリングと, シーザーと, ジヤコウを, セルギウスを, タチツボスミレの, ダイオジニスが, ダレて, ダヴィソン・ポーストや, チベットの, チョッキそれから, トロア・パヴィヨン街より, ハンニバルが, パリに, ピリポの, フランス古典文學が, フロン・ポピュレーの, ボストンの, メタフイジカ, ユスタスと, ヨウ素を, ワザと, 一切の, 一刻も, 一同は, 一座そろっ, 一枚の, 一票を, 一般に, 一頭の, 万事が, 三つも, 三度目には, 三河の, 上の, 下げたり, 下総香取の, 不安で堪らない, 不気味に, 中世以前の, 中央アジアの, 主人の, 九段新宿という, 事情を, 事理の, 二つ鳴った, 二人の, 二十歳に, 五段が, 亜槐集といふ, 交通の, 京都に, 人としての, 人物を, 人生の, 今の, 今日まで, 今時の, 仕事が, 以上に, 会場の, 会津の, 住宅に, 何, 何かこわれた, 何が, 何となく不安, 何と見立てられる, 何んと, 例の, 信西入道彼も, 俳優の, 俳句が, 働いても, 僕でも, 僕の, 元子の, 先生の, 全く意外, 其の書, 内国の, 内政に, 別の, 前に, 前にも, 剣屋と, 功成り, 動揺せる, 北東航路の, 南極探検が, 博奕が, 卯平は, 印半天を, 厚い藁蒲団, 原始人類の, 又わたくしども, 又七月, 反応を, 口髭に, 只恐ろしく, 右の, 右を, 各種の, 同じ, 同じく早乙女流, 同系の, 君江が, 吾輩が, 呼吸の, 喜い, 四五年後の, 固体元子は, 土屋采女正様の, 土間の, 地名の, 地震に, 堂本が, 場所だ, 多くの, 多分ここ, 夜が, 夜半堂の, 夢中に, 大いに期待, 大きな口, 大きな雄熊, 大和の, 大嘗祭の, 大尉に, 大庭先生を, 大挙し, 大旦那, 天明の, 天晴の, 天気の, 奇人を, 女子供らしい, 姜維と, 娘が, 婚約が, 子供達が, 安洋食店, 実隆が, 室代が, 寺院組織である, 対デマゴギーの, 小さな声, 小倉百人一首を, 小屋という, 小遣を, 少し方向, 尠し, 尺八を, 尾瀬沼である, 山口県の, 山陽数ヵ国を, 屹度あたり前の, 岡宮さんである, 岩井半四郎の, 島崎先生から, 崩壞と, 嵐の, 川越より, 師匠の, 帽子を, 帽子屋その, 平たくし, 平安朝時代に, 幽霊の, 庁の, 床の間の, 建築の, 廿四日の, 当初からの, 当時アフリカで, 当然嬰, 当然食糧難, 彼は, 彼等が, 御上の, 御悠, 心ゆくまで, 必ずどんなに警戒, 必ず疲労, 念の, 怒号してる, 思ひきつ, 思想及び, 怪物の, 恐ろしかつ, 恒例に, 悲しみの, 愛想を, 憂液, 或る, 戦傷者が, 戲の, 所謂印税の, 手を, 拙者の, 指の, 挽木を, 支那には, 支配人が, 教師なり, 文学論の, 新しい銃, 昔の, 星の, 是非切符を, 景子が, 晴れやかな, 書方だ, 書物に, 曹操自身が, 最も重い, 月太陽諸, 本文の, 本物の, 本職の, 松王丸の, 柄杓の, 楽しい静寂, 槌投げ, 横へ, 横面を, 櫛なり, 欧羅巴に, 歌舞伎と, 正五時起床, 正面を, 此方から, 武器な, 死に下手, 死骸の, 母や, 毒ガス泉や, 民衆の, 気の, 氣が, 決斷の, 洋学者流を, 洗礼を, 浅草の, 浚渫船で, 海水自身を, 深く見たい, 深呼吸を, 渓の, 湿っぽい部屋, 演劇講習会へ, 火の, 火薬の, 無理な, 焦げ付くよう, 照林坊という, 熊なんぞに, 熱い茶わん, 物資の, 物質総量が, 特殊な, 狡智に, 猫が, 猫の, 猿の, 玉転がし, 琉球の, 生活の, 用事が, 男鹿に, 画面に, 疲れて, 白黒く, 皇室が, 皎然, 皮肉であり, 盛り方, 目玉を, 眉毛を, 真珠入り本, 矢張り練馬から, 石垣の, 石山の, 確だ, 社会現象に, 神の, 神棚に, 私たちは, 私たちを, 私だ, 科長が, 種々な, 空間と, 笑い出す気分, 笑ふて参りまする, 第二版, 第四, 紀州, 紅矢を, 紋也の, 純粋の, 紙の, 経済を, 綿糸へ, 美しい金時計, 美術に, 義経千本桜が, 羽振, 考えが, 耕地整理が, 職人が, 脳天を, 自分たちの, 自動車である, 興味を, 船が, 船長を, 良心と, 芝居の, 若い旅人, 荊州の, 菓子屋の, 落ちる雲雀, 著者を, 薬罐を, 蚊と, 蚯蚓の, 蝋オリーブ油木牛肉, 袂から, 見受け, 記憶の, 試されてるの, 説得に, 誰が, 誰だ, 誰彼と, 警官が, 議会政治自由の, 贋札を, 赤ん坊の, 足で, 足と, 足の, 路上で, 路銀の, 蹴とばされたようやく, 身の, 車体が, 車輪を, 軍隊が, 辛辣な, 近代文明の, 近似の, 週期を, 進んで, 遊女屋の, 遠い西国, 酒が, 重箱を, 金が, 金の, 金網戸が, 金香炉及び, 鉛それから, 鏑矢を, 長い長い御, 閉ぢて, 闇の, 陰謀の, 雪中の, 雰囲気の, 電気按摩器械これは, 電話器だけが, 青眼鏡を, 靴屋その, 音楽に関する, 頭を, 額が, 食事の, 食物との, 食物の, 飢の, 馬具屋が, 高某, 高橋玉蕉という, 鬼瓦ぐらいな, 魏の, 黒柄九尺の, 黒装束に

▼ 次へと~ (413, 1.8%)

5 浮んで 4 子供を, 読んで 3 つづいて

2 [21件] 不思議な, 伐り倒された, 伝は, 作って, 出て, 別の, 姿を, 彼女の, 忘れて, 溯上, 現れて, 現われて, 眼の, 私を, 移って, 移り変って, 立ち上る男性, 組織を, 絵具を, 詰問する, 起って

1 [355件] あさって, あまり点数, いろいろな, いろいろの, いろんな題目, うつされた, おこった, おこるの, おとの, おなじ病魔, お出來, お動き, かつぎ出して, きいて, この町はずれ, この鎧櫃, さらに困った, すこぶるローマンチック, そういう心持, そうな, その手段, その搗上げ日, その要求, そんなもの, つき合って, つづき背中, つづけさま, つながって, つぶれて, つまらないこと, できて, とりまた, なって, のどかな, ひき出される馬車, ひっきりなしにプリムス, ひつきりなしに, ひろがった, ふいと, ふところから, ほの暗い照明, まわされて, もろくも, やって来た, やつて, よくいろんな, わが身に, わきあがる疑問, わしの, われは, われらの, オペラの, ジャンジャン死ぬる, タッチが, ボタンを, 一人ずつ, 七本の, 三つ四つかけ, 上げられる泥土, 不利な, 並べたてて, 並べて, 丹念に, 事件が, 事務員達が, 二人の, 二方向的に, 五つの, 五分十分の演説が, 人間を, 代って, 代を, 伐られて, 伝わって, 伝令を, 伝播し, 低い雲, 俯向い, 倒れて, 倦か, 傭われて, 充たされて, 先を, 光って, 出された, 出すので, 出来たの, 出来て, 出版される, 切られたの, 刻々に, 剥がして, 創作に, 加速度的に, 勃興した, 動いて, 勞働爭議が, 化けること, 反証が, 取り出して, 取り止めも, 受け次ぎ取り次ぐべき媒質, 口走って, 各種の, 合わせて, 呆気ないほど, 呑んで, 呼びさ, 命令を, 唄を, 囃し立てわいわい, 地球脱出隊を, 場面を, 売飛ばして, 変って, 変化し, 変化する, 変化発達し, 多くて, 大作を, 大儲けを, 天才的な, 奇妙な, 奇怪な, 女の, 女を, 妹が, 婦人達の, 子を, 子供が, 実施されはじめた, 実現され, 害悪を, 小さな家々, 尽きなかった, 展がった, 展開される, 展開し, 展開する, 島々の, 崩壊し, 常識では, 幾つも, 幾らでも, 幾回も, 広まって, 廃墟と, 廻って, 引張って, 彼の, 彼女は, 彼等の, 征服された, 心に, 思い出され現に, 思い出せそう, 思ひつく氣違, 思ひ出されました, 思出し, 急いで, 恐ろしい思い, 意外な, 愚問を, 成長的に, 手も, 手を, 手渡しされ, 投げかけて, 披露した, 押しよせて, 押し流されつつ, 拾いはじめました, 持ち運ぶ皿, 排列され, 推して, 描き上げて, 搬ばれ, 擧つて來ます, 故知らず生み出され, 散つて往, 数十艘の, 数珠つなぎに, 新しい名, 新しい妾, 新しい懐疑, 新しい楽しみ, 新しい花, 新しい遊び, 新しい飛行機, 新しく成長, 新手を, 新熟語, 新聞を, 智識は, 暴露し, 書棚の, 最近の, 未知の, 来て, 杯を, 果てしなかった, 楽しく勉強, 欲望が, 歌われた, 死ぬ奴, 死んで, 殺して, 波動が, 洋品店の, 流行が, 浮かれあるいて, 浮び上, 浴びせかけ現に, 海岸線へ, 消え去った, 涙ながらに, 深谷の, 渡った, 渡り歩く美人, 湧いて, 湧き上って, 湧き起る色々, 漁って, 演ぜられる舞台, 灯が, 無理を, 焦躁を, 燈火を, 爆発する, 爆発すれ, 物の, 現れた時, 現れる, 現れ余り, 現われる, 現場着の, 生れて, 生活上便宜の, 産んでるから, 用事が, 田舎を, 発表し, 皿の, 目に, 目星を, 真っ直ぐに, 眼も, 眼を, 眼前に, 知る限り幻燈, 示されはじめた, 社会的事情による, 私たちを, 私に, 移つて行つた, 移つて行つて密かな, 移りながら, 移りました, 移る, 種々な, 空の, 空想し, 立ち直り始めた, 竝んで, 筆を, 筋の, 箱を, 糸を, 細かく冴え, 絶えまなく, 続いて, 繰りひろげられる場面, 繰り返されて, 繰り返して, 繼ぐ諸, 考えずに, 考へて, 聞こえること, 胎児の, 脚光を, 脳裡に, 自然に, 芸人に, 若い女, 荒っぽくからかったであろう, 荷を, 荷車が, 蔓つて今では, 虚構の, 虫の, 行って, 行なわれた, 裏切らずには, 裏返された, 見た, 見て, 覚えこむこと, 託づけ, 話しを, 話の, 話を, 語りだされるの, 読ます, 読み進みました, 読者に, 誰かを, 調べて, 諸君に対する, 負けて, 負傷者の, 貪るが, 買い換えて, 走馬燈の, 起りひどい, 起ります, 起るの, 転宅あるいは, 辿って, 迎え見送るばかり, 近々の窯跡, 迫つてくる, 送って, 送り出す, 逐いかけて, 逐うて, 途, 連續的に, 遠くに, 部員と, 部屋に, 部屋を, 重くされ, 金魚を, 釣り上げられて, 鉛筆で, 鉱毒談話会を, 鏝を, 限無く, 陳列し, 隙見し, 集って, 集つて來た, 難問を, 雨露を, 非常な, 順序よく船, 飛び出して, 飛出して, 飲みあげ濁声, 飲みまわって, 飲み歩いて, 騒動を, 驚くべき高価, 高まって, 黙って

▼ 次~ (392, 1.7%)

12 促しました 5 見て, 見よ, 連れて 4 殺したの 3 して, つれて, 出して, 殺して, 見た, 見ると, 読むと, 読んだ

2 [20件] かいた広重, つづけた, めくって, 促します, 叱つた, 呼んで, 待ちました, 待った, 有せざれば, 案内に, 相手に, 聞こう, 話せ, 誘き出して, 語る, 読んで, 逐うて, 逐ひ, 隔てて, 飛ばした

1 [297件] あの路地, あばれまわる巨盗, いおうと, いたむ口調, うたせて, うまい具合, うんと怨ん, うんと脅かし, おうて, おぶつ, お前さんは, お吉, お吉立ち上つて, お壺, かき退けると, けしかけた木戸番, けしかけて, こきおろすやう, ここで, これへ, さらって, じっと見た, するの, する気, そのままであった, たずねた, たずねて, ちらと, ちらりとも, つかまえて, つかまへて, つづけるの, とばしたの, とばしたので, とばして, とばす, とばすの, とりかこんで, なすこと, ねじ伏せ縄, のぞいては, はじめ岡っ引き一同が, はじめ荷抜屋の, はじめ金五郎松川源十マンその他七八人の, ひっぱたくには, また続け, みろよ, めくると, もって, もり立てようと, やろう, よこさぬやう, よび付けた, オフェリヤ狂乱の, ドライブの, 一定し, 一色右兵衛大輔と, 万一の, 三月がかりで, 三里は, 下と, 不足な, 中心に, 主殺しの, 云いつづける間, 云えないで, 云は, 云はう, 云ひました, 仇首王, 付け加えて, 代官所へ, 伝わったごとくに, 伴れ, 伴れた, 何でも, 供につれて, 促した, 促し傘, 催促し, 催促する, 僞の, 入ると, 全安, 八幡筋の, 凌ぐという, 凡兆の, 処分しなく, 出すの, 切る, 初め仲間の, 初め少し, 制して, 加えたる大, 加勢に, 勘次の, 占めて, 卯平の, 去つた, 取った, 取っ捉, 取り巻いた, 取込んで, 叙事戲曲と, 叱ったものの, 叱つて, 叱る聲, 呼べ, 呼んだ, 唱えて, 喚ばうとして, 喚び起した, 囮に, 壓しつけ, 外へ, 大學, 奥部屋の, 始めとして, 始め他の, 始め出した, 始め平次, 始め手代小僧, 宗とした, 尋ねて, 尻目で, 展げて, 展げる, 崇敬し, 差上げまあ, 帰したあと, 帰して, 庇ひたかつた, 庭に, 弁じ, 引っぱり上げて, 引具して, 彦次郎と, 待って, 待ってりゃ土台骨, 待つて, 忍ばせて, 怨んで, 恐れて, 恨んだ, 恨んで, 悚然と, 悦ばせるので, 想わない念, 愛すの, 慕つた, 憚る, 打ち殺したね, 批評し, 抑へた, 折衷派又, 抜けたり, 抜けて, 抱きこんで, 押し戻すよう, 押し立てた, 押し隔てようと, 招じ入れ, 持つて, 指す, 捕えるため, 探すン, 掴え, 掴んだ, 撲岸, 擧げて, 改めすべて, 放して, 放って, 斬り絵図面, 曲つて南向の, 曳いて, 月野博士に, 東から, 柏と, 桂叢と, 楯に, 欺きお, 歌うぞ, 死體から, 殺したと, 殺したとは, 殺した時, 殺し物, 殺し自分, 殺し荷, 沈黙させた, 深く後悔, 煽てて, 煽てに, 物蔭から, 狙って, 申し上, 番屋へ, 異樣, 疑わなかった, 白眼む, 眠らせさ, 眺めながら, 睥み, 睨み据えたまま, 知って, 破阻, 突き出して, 窘めた, 窘めて, 立たせ頑是, 立番に, 続けた, 縛つて今度は, 縛れなかつたら十手, 考ふる, 聞いて, 聞くの, 聞く気, 肩に, 苦めて, 藥舖へ, 虚空に, 蟲が, 表へ, 襲名し, 要はない, 見つめた, 見に, 見るなり, 見ろといふ, 見上げるの, 見候え, 見守りながら, 見張つて, 見捨てても, 見給, 覗いて, 言い立てた, 言う者, 訊かないでは, 訪ひ, 訪ふ, 話して, 詳に, 誘拐し, 語りました, 語ること, 読みつづける, 読め, 読んだ私, 論ずれば, 謹むこと, 謹んだこと, 費すと, 質した, 蹴って, 載せて, 迎えに, 迎へ, 近所の, 述べた, 追い廻した, 追つて, 追憶する, 退くという, 送りて, 逐って, 逐て, 這入って, 通した, 通りか, 通りかかった正三, 通りぬけ, 通り抜けて, 連れた吉岡清十郎, 連れ込んで, 進め俸禄, 道子が, 邪魔な, 邪魔に, 鉄と, 鑑と, 防いで, 隠居放逐し, 順々に, 頭に, 頼って, 顧みた, 顧みて, 顧みようとも, 顧みる, 飛ばして, 飛ばすでも, 飛ばすところ, 騷が, 麁蝦夷遠き

▼ 次~ (382, 1.7%)

11 して 6 しよう, 来るもの 5 宜奉 4 投げ棄, 肌を 3 しましょう, なって, 別れて, 對し, 聞いた, 起こったこと

2 [21件] およばれしようか, しませう, 云いつけて, 云った, 会ったとき, 坐って, 怨まれて, 手代りを, 挨拶を, 描いたもの, 来るの, 来る可, 来る音, 死ぬもの, 生れませる子, 生れ変って, 申し上げます, 起こった出来事, 起ったの, 逢った時, 頼んで

1 [286件] あるから, ある人, ある作, ある八畳, ある歌, いたわられて, いふ所の, いやがらせを, いろいろな, いろどれる體, うしろを, おかれます, お茶だ, かけた質問, くるべき調査, さう言, させた, されたこと, したか, したらいい, しては, してやられて, しなくては, しましょうと, します, しようかと, しようという, するから, するなら工藝, するよ, そう云っ, そそのかされて, たあいも, ちがいございませぬ, つぶやいた言葉, とびかかって, なったら今日, なった臨時, なり濟, なり無理方程式, なる, なる問題, はいったの, はきつと, ひそかに, ふり向いたとき, まかせて, また去年, むかい, やる運動, わかれて, イタリアの, クロロホルムを, 三味線を, 中つ, 久米の, 五百木の, 他の, 任せて, 伊耶那岐の, 伊豆能賣, 会った時, 似て, 位し巫女, 何故に, 使う者, 來る, 促されても, 先を, 入ったの, 六右衛門古, 出された, 出したの, 出すお, 出て, 出ました, 出るの, 出來, 出来そう, 出逢った, 千兩箱を, 半沢伝次の, 参ったの, 取り上げる方, 取持って, 古庵様市川子成田鵜川, 叫んだの, 向けて, 向つて, 呆れた眼, 呶鳴られ, 呼んだの, 命じて, 命じました, 和久産巣日の, 唐招菩提寺の, 唱えるオデキ, 噺を, 在る位, 坐り甲斐, 報告する, 外ならない, 多遲摩比, 大中津日子, 大禍津日, 天の, 奧津那藝佐毘古の, 奪はれた, 奪われた面目, 始まったの, 守らせそれ, 寄り又, 寝ころんで, 對する, 導かれて, 小銭を, 小錢, 少名日子建猪心, 尿に, 居たその, 居て, 居並んで, 嵩んだの, 底筒の, 引かれて, 強制献金は, 後れつ, 御馬の, 御鼻, 忍坂の, 応酬し, 思いを, 怨まれるの, 惚れこんで, 惡罵の, 愛想を, 感じて, 懇請され, 戦死された, 手を, 手ランプを, 投げかけて, 投げた, 投げ棄つる左, 投げ棄つる御衣, 抱えるよう, 抱きあげられた時, 抱きついた, 押えられた因業家主, 挨拶し, 控へ, 描いたの, 数えるの, 書くこと, 書くべき事柄, 書く時, 書判させる, 最初から, 朝炊を, 朱絃舎の, 来た, 来たるべき全体主義, 来た時, 来て, 来なくては, 来り驚くこと始, 来ると, 来るところ, 来る丙丁, 来る丙電車, 来る人, 来る問題, 来る土星の, 来る宇津木兵馬, 来る戦争, 来る言葉, 根鳥の, 楼門あり, 気がついた時, 気がつくと, 水底に, 求めた, 浮かんで, 涼しいのよ, 深雪に, 減少の, 為すべきこと, 無頼漢らしい, 然るべきもの, 現われた井戸水, 現われた偉大, 現われた同じ, 生まれた唯一, 田寸津比賣, 白に, 盜まれた, 目を, 相談しよう, 眼配せし, 着いた時, 着こうという, 示す簡単, 突当られて, 立つた憲宗, 第三, 粛正されるべき, 結合の, 続くべき年寄, 繋けて, 繼が, 羅甸西班牙ヘブリユと, 美を, 聞いたに, 聽い, 肩を, 胸に, 至っては, 與へる, 菟上の, 華々しい画壇, 葬式彦兵衛この, 葬式彦兵衛の, 虫の, 行き会った時, 行くの, 行けるの, 行って, 行はれた, 要求せず, 見えて, 見られて, 見当を, 覗くと, 解らなかったでしょう, 言い付けて, 言おうと, 言ひ付け, 計ろうと, 訊いた, 許されて, 誘ひ出されて, 譲らないほど, 貰って, 走って, 起こった, 起こったであろうか, 起こったでしょう, 起こったの, 起こったろうか, 起こった笑い声, 起ったこと, 起訴した, 身を, 軛に, 載って, 近く歩を, 近づいたお, 返ったところ, 返ること, 追つた, 通りたがる所, 逢いましたか, 逢うたこと, 逢うの, 逢ったの, 逢ひなすつた, 運び出されたの, 道案内を, 遠慮を, 鉈で, 開かせて, 関係した, 雇った女中, 雇われて, 面した勝手口, 面した隣り三軒, 面白いこと, 頼まれて, 風木津別の, 飛び出して, 首を, 香山戸臣の, 馬を, 驚いたの, 高御産巣日, 黄を

▼ 次~ (373, 1.6%)

6 おつぎ 4 いって, 六助は 3 一緒に, 云ふ, 伊太郎は, 伊太郎も, 申す者

2 [20件] いろいろな, いわれて, お園, お甲, どしどしは, 下女の, 並んで, 二人で, 云う者, 千浪の, 喜多との, 安は, 岩角を, 彦兵衛が, 拾ひはじめました, 狐拳で, 肩を, 起こって, 鉢合せを, 飛び込みました

1 [304件] あけて, あっしが, あつしが, あの人, あの呪わしい, あまり違わなかった, ありそう, あるし, いいなずけの, いいはせぬか, いいまする, いう, いうて, いうんで, いたしまして, いっても, うずめて, おかめ, おつう, お前が, お品, お留, お留さん, お篠, お終い, お蔦が, お霜, すべき一局面, ずぼしを, せは, せわしく落ち, そのひどい, その南, その妹, その死体, その黒い鋭い, つけて, どこへ, どんな関係, ねだつて, ぱったり顔, ひどい目, ふたりで, ほか三人ばかり, ほぼ同じ, まあたかが写真, まづくなけれ, もう一人, やって来たの, やって来ます, やって来る, やつて, よばれ元服, ガラス板の, ニユースを, メカケの, ユスラ梅を, 一つに, 三人で, 三人離れ離れに, 下の, 不即不離な, 与一に, 丸公とが, 云うの, 云う兼, 云う地位, 云う奴, 云う美しい, 云う魚屋, 云って, 云つたぢや, 云つた名題の, 云ひ, 云ふも, 互に顔, 五年の, 人の, 人夫とで, 人目に, 今ごそごそ壁, 今の, 仏像を, 他の, 仰しゃる方, 仲が, 仲がよ, 仲よく話しおる, 伊丹佐重郎その, 伊助材木町通りの, 伊太郎とが, 伊太郎の, 伊太郎を, 伊集院とは, 伊集院に, 住所を, 佐平次が, 來たら, 侍しばし, 倒れたの, 倒れて, 光雄は, 全国に, 八王子ッ子の, 六代目の, 六畳に, 出す椀, 出て, 分裂し, 別な, 別れ蛭子通り, 削られて, 削られては, 勝五郎四谷の, 千住から, 千浪が, 印刷した, 反馳, 古賀一緒に, 吉右衛門が, 同じくその, 同じである, 同じに, 同じ年頃, 同年配, 名乗った賊, 名乗って, 名乗る怪少年, 命を, 唄うの, 唯だ, 商売替えを, 喜多が, 喜多とが, 喜多とを, 喝采が, 嘲笑や, 売れ足, 変った芸人, 外記父子の, 夜逃げの, 大勘, 奥と, 女房の, 女達, 子宝を, 孫四郎を, 守人お蔦おこよの, 安が, 安の, 安兵衛が, 安兵衛は, 安影を, 安思わず, 安息せき切っ, 安気絶し, 家の, 富松という, 富松の, 小女の, 小山内薫の, 山国の, 岡崎屋という, 岡野の, 市太郎は, 廃墟が, 廊下で, 引きつづいて, 引つきりなし, 張られた網, 張り合つて見る, 形を, 彦兵衛の, 彦兵衛を, 彦兵衛即座に, 彦兵衛右大臣左大臣の, 御免安が手に, 御免安兵衛, 忍び合ったの, 思い出されて, 思われる者, 思召し, 急拵えの, 息を, 戦を, 投げられた, 投げ込んで, 折重なって, 押し竝, 拾いはじめました, 持ち運び酌を, 提携し, 断片的に, 新しい教材, 新田家の, 新福亭に, 方々から, 昨夜の, 書きと, 来たとき, 松の, 松は, 松三人の, 果てしなく思い, 根を, 様々の, 権六とに, 権六とは, 権六は, 歩いて, 毒舌を, 流れ木を, 消させて, 湧いて, 源吉, 漁師の, 火の, 猿之助を, 生むこと, 用を, 申しまして, 申します者, 申すもの, 申す元, 町へ, 皿屋敷を, 相次いで, 相知つたのは, 相談し, 眼が, 矢継早に, 秀調が, 称されて, 称する怪少年, 移って, 竜一とにも, 篁守人を, 絡み合ったまま玄関, 美しき幻, 美の, 老人を, 考えられるかを, 考査が, 聞えた流行妓, 自由劇場を, 船が, 花が, 荒木一次とを, 荷抜屋の, 菊石の, 菩提寺の, 落ちて, 藤吉, 蜒り, 行きました, 行われた, 裏口から, 見せられると, 見物とに, 覗いて, 親しくな, 解つたのだ, 言いつづけるの, 言いよる男, 言って, 言はれ, 言ふ, 言われた綺麗, 言われて, 記した一葉, 試みの, 話して, 話を, 読まれて, 謀って, 謳われた捕物, 變な, 貧弱そのものの, 買わされたの, 買物を, 起るの, 起るもの, 身共面識が, 近づきに, 近江屋九郎右衛門と, 追って, 通って, 進むには, 運ばせる軸物, 運ばれて, 運び上げるの, 道庵滞, 違つて痩ぎす, 邪魔ばっかりが, 部屋へ, 鈴木時子の, 陣立てを, 隠れ名し, 集まって, 頼もしい奴等, 顔を, 顔馴染であった, 食欲を, 餓死人を

▼ 次~ (292, 1.3%)

3 あつた 2 それを, わたくしは, 二人は, 明治八年遂に

1 [281件] えり章を, おかみさんの, おりて, おりましょう, お咲, この女, この際先生, これも, これを, ごぜえます, じっと瞳, すぐ身辺, すらも, すらもう, せうな, その内容, それが, だ, だから, どさ, ひそかに, ふさと, ほかに, また九百余年前, また読書, アアよかっ, アイスアックスルックサックなる, ゴットフリートミュルレル出づ, ニューヨークには, パッと, ペリの, 一九〇四年フラマリオン社から, 一同起立裡に, 一弾は, 一段高く, 三井物産支店長松本季三志夫妻三菱商事支店長山口勝宮地秀雄等来船, 三枚目を, 下に, 下の, 下手に, 下枝まで, 下車る, 不断の, 九月二十日に, 乳母の, 予審判事の, 事が, 二十七歳と, 二年に, 二年にも, 二月三日に, 二階から, 互の, 五日に, 京橋の, 京都府立醫學校, 作者は, 保と共に, 保は, 元文三年, 兄の, 免罷, 兜を, 全家, 八月に, 八月九日に, 六年五月五日に, 六時絶息の, 其東に, 内藤新宿品川の, 内輪の, 写楽の, 出たガボリオー, 出で, 出兵三十六諸侯の, 出来た学校, 出羽の, 分布の, 利根川大, 到る, 力丸君次瓦谷にて, 北陸に, 医師安藤精軒の, 医術上の, 十一日に, 十一月十三日に, 十一月十五日の, 十九日に, 十二月二十七日には, 十二月五日に, 十八歳に, 十六日に, 十冊の, 千九百一年ヴォオトヴィル座に, 千年余りも, 司法官の, 各区間, 吉川さんの, 呼吸も, 和蘭陀からも, 唐の, 四五枚の, 国五郎米五郎小半次三太郎島蔵の, 国民の, 坂田実今は, 坊さんの, 塾の, 壽阿, 夏より, 夜中に, 夜襲し, 大名府を, 大坂城, 大杉が, 大股に, 大阪神戸等に, 天下を, 天下大に, 天使の, 天保十一年に, 天宝二年五月に, 太平洋の, 子供が, 孔子を, 存せる, 安永五年に, 宏大なる, 官軍の, 実朝, 家に, 小さな足袋, 小意氣, 小林兄弟高, 小説の, 小鱗片, 居を, 山陽の, 山陽は, 岡寛斎と, 川原一家四人が, 左の, 巨弾は, 市政の, 師岡は, 平民社の, 弘子さんの, 彼の, 御召抱上, 念入に, 愉快な, 慶長九年十二月十六日薩摩大隅地大震と, 戦争中多年私は, 抽斎の, 支那に, 政岡と, 政府の, 文化十四年に, 文化的な, 文庫が, 新聞を, 日本に, 日本國中を, 日本武尊を, 旧蓮根, 昂奮さした, 春次の, 晩年に, 晴れやかな, 智恵子が, 更に更に驚くべき, 最後に, 有用の, 望月小太郎氏, 李景隆に, 杏坪も, 来る者, 林述斎は, 某の, 根利山続き, 次女銓も, 此年丙申に, 此方面に, 母子の, 気管支加答児と, 決したきは, 河村大造が, 法印に, 深い昏睡状態, 滑稽諧謔に, 瀬川如皐が, 現われ彼女, 現今米国の, 現師範友枝為城氏, 瑞仙が, 生え抜きです, 生れた忠琢, 田中芳男氏も, 男爵を, 畠山氏も, 異様な, 病の, 白井光太郎博士が, 私は, 稲生若水小野蘭山などの, 第三段階, 第九年, 第二, 箱の, 箱館から, 築地座である, 粘膜出血白血球減少, 糠の, 素戔嗚尊を, 結婚生活に, 織田, 置鹽棠園さんの, 考古圖, 聊か之, 聖書の, 聞いて, 肥前国狛島に, 脱毛下痢高熱, 腸結核の, 自ら簡牘をも, 自分は, 船内に, 芝神明町の, 花の, 英米人に, 英露仏等の, 茶山は, 蘭軒の, 蘭軒は, 蛙の, 行は, 行われる事件, 衣服冠り, 見せられた, 親戚三軒の, 言ったの, 計一紳二に, 証拠調べに, 詩を, 詩的戯曲の, 諸種の, 豪雨の, 起ったろうと, 起りしもの, 起訴せられ, 逃走せし, 途中一ノ, 遠いの, 遠い桔梗色, 那須高原の, 酒の, 醴泉坊の, 里恵は, 重要な, 金属品の, 金澤氏に, 金澤蒼夫さんを, 長大なる, 間近く小, 関東河, 阿部家の, 附近の, 降りるん, 陸から, 陸は, 隠者の, 雑誌を, 雨の, 電話電信鉄道など, 霞亭は, 青森駅発の, 響いた, 頭が, 顔の, 馬琴よりは, 駿河台に, 鶯が

▼ 次~ (290, 1.3%)

21 次へと 6 次へ 4 出て 3 さがって, 退って 2 いつた, 移した, 移し入れる情念, 移った, 進む, 進んで, 野良犬の

1 [239件] あらわれて, いくつも, いって, うけとっては, うつした, うつった, うつって, うつるに, お六, お通, きこえる言葉, くり返して, ぐるぐる一巡, こうしてお, こう告げ終る, こしらえて, ござれ, さう言ひな, さけがたく, したと, すっかりお話し, その注意, その當時, それから引, そんな煤けた, たどりつく途中, だあ, でくの坊を, とあるやう, とおしげ, とくづれて, とごったかえす要件, とごつたか, とつ, ともって, とろくでもね, のこして, またその, また二ツ三ツ頭, めまぐるしく變つて行き, もって, もっと困った, やって, ゆっくりと, よくとん, わき出でて, わたす, ドシドシ不平は, 一刻も, 一寸振向い, 下がって, 下って, 不思議としか, 不正事件で, 並べて, 久住は, 事実と, 今生の, 仕えたの, 仕事が, 仕組んで, 付く者, 代る, 令は, 住所氏名年齢職業を, 何か, 倒されて, 倒れた, 八哥は, 内を, 写して, 出たが, 出まして, 動歩の, 十いくつも, 半々に, 取りあげて, 口細に, 叩きはずした, 名主の, 向き直った, 告げた, 命令を, 嗅ぎながら, 噺を, 囁いた, 四方山の, 坐った弁信, 堂々と, 堕ちて, 壮大な, 変えた髪飾り, 失態の, 奔流の, 奥から, 好みを, 嫁に, 小沢めがけ, 少し頭, 尚侍を, 展開さるる, 展開し, 帰らねば, 幾つとも, 庄太郎, 建てつらねた, 廻しやしょう, 廻す, 廻すいうおもろい, 廻すそれ, 廻ると, 廻わして, 引いて, 引越しを, 弟が, 忽ちに二人, 思い出を, 悲惨な, 愛するもの, 手紙が, 打上げて, 技巧を, 折り重なって, 持って, 持参致させました, 挨拶を, 振向き, 数限りなく, 斬尖を, 新しい問題, 新しい物, 新たなる, 新らしい, 旅の, 早く廻され, 映写される, 時代は, 来たの, 杯を, 根岸の, 様々な, 武者振りつい, 歩いて, 死骸の, 注意し, 注意した, 流れる株, 渡される, 渡して, 湧いて, 無意識の, 無造作に, 燃えて, 物思いの, 現れ出でて, 現われては, 瓦を, 甘い思出, 由緒あり, 甲州八幡村にてと, 申し込んで, 男が, 疑惑が, 発足する, 目くばせした, 目の, 目も, 眼を, 瞼に, 移って, 移ると, 積み重ねすぎて, 穴二つ幽かなり, 突ッかける, 立たしたるあと, 立たせて, 立て, 約束づけられ, 絶えず移っ, 絶えず移つ, 繙いて, 置こうと, 美しく燃え, 群を, 舞台へ, 良一君に, 色んな口真似, 菊路の, 行くなら行って, 行くまで, 行けば, 行って, 見て, 見通しに, 親類が, 觸れ, 訊いたり, 語つたのである, 読み続けるやう, 読み進むこと, 読んで, 調べられた, 調べられて, 諭告は, 謎が, 譲られたもの, 貰ひ, 貸付と, 赤いプラカード, 起った三児, 起る恐ろしい, 踊って, 踏みだす何より先, 転々し, 転々として, 辷った, 辷って, 迫つた, 退りゃ, 送った, 送る, 通して, 通って, 逞しい債権者, 運ばれるにつれて, 遠望される, 酬いたもの, 長庵, 面当か, 響きあって, 響き渡って, 頭へ, 頸輪も, 飛びこむと, 飛んで, 飛付いたの, 食いつめ者, 首を, 驚くべき現実性

▼ 次~ (189, 0.8%)

9 おつぎ 3 彦兵衛も, 権六も 2 いつた, お品, つづいて, もとを, 出て, 帰って, 有繋, 竜一も, 鐘五郎を

1 [156件] あすこに, あとから, あのお, あらば, いささかあわて, いた, いたし, いった, いって, いよいよ此商売, うなだれて, おなじ, お甲, かせえて, きのうの, ぎょっとした, この男, ささやいた, さっきから, さる者それと, し三沢, すまして, そこで鑿, その声, その間を, それには, それを, たしか三編, だめ, だめその, ちょいと, とうとう死んだ, どうか, なく, なければ, なにかと, なんだか落ち着かない, ひっそりと, ふかく恥じ入った, まごつかざるを, また自分, また足, ゆうべの, わきから, エッサラと, 一緒に, 久しぶりで, 乞食が, 二の句が, 二人の, 二人乗の, 五階の, 亡父の, 交る, 今は, 伊太郎も, 伊集院も, 何処へ, 傷を, 八五郎も, 共にその, 共に純正, 其の一人, 其處に, 兼久とは, 凝視めた, 千浪に, 卯平の, 吃驚し, 同じ, 同じく越後, 同国の, 同様である, 名主の, 和した, 唯の, 墓あらしの, 外記も, 大たぶ, 大勘, 女房も, 安も, 安兵衛も, 安次に, 宝物を, 客と, 寝た, 居ないし, 幽里子, 彼等の, 後に, 徳兵衞も, 心で, 必死に, 思い出したの, 思はずハツ, 思わしい成績, 思わずあッ, 思わずびっくり, 息を, 惡い, 我に, 打ち頷き清, 打頷き, 拍子抜けが, 提灯崖も, 日本橋が, 早く支度, 朝夕顔を, 来た, 来ねえうち, 殆ん, 気が付かなかったの, 江戸まえ, 泣きだ, 浮ばれやしないの, 涙を, 深雪も, 源吉も, 畑へ, 疲勞した, 白い食鹽, 眼だけは, 知って, 知ってるはず, 知らない, 知らないこと, 知らん顔を, 神妙に, 立ち去ったよう, 竹屋で, 笑って, 続いて, 聞いた, 能く, 腕は, 舞台で, 葭簀を, 薄気味悪そう, 藤六の, 藤吉も, 行け, 見たよう, 覗いて, 誰も, 識って, 辛かつ, 近所の, 運の, 金蔵が, 錢は, 雨しかも, 顔を, 飛ばせず退屈, 驚いて, 默つ

▼ 次~ (184, 0.8%)

8 の中 32 が大勢, が来る, が集っ, である, の声, の群れ

1 [161件] から先, かを突き伏せ, があらわれ, がうるさい, がうんと, ががや, がけが, がここ, がさけび, がその, がそれ, がだ, がつい, がもう, がものめずらしく, がペーブメント, がワイワイ, がワラワラ, が一斉, が出た, が加わっ, が寄っ, が市ガ谷八幡様, が意気地, が有る, が来, が獄門台, が盛り返し, が立たり坐つ, が蝟集, が追いついた, が追われる, が重なっ, が集り出した, が面白, が飛出す, が駈け, が駈け出す, たること, だから, だと, だろう, で, であり徹底的, ですから, でつい, でなければ, ではなかつた, でも何ん, で古本屋, というもの, という弥次馬, とが立っ, とが組んずほぐれつ揉み合っ, とはずっと, とは戸, と一緒, と云う, と出掛けた, と択ぶ, どきや, なの, にはなに, に交じっ, に出かける, に初, に取り囲まれ, に取囲まれ, に取巻かれ, に向っ, に囲まれ, に引かれた, に弥次馬, に成る, に構わず, に殴った, に水, に農業, に追われ, に追掛けられ, に追越されたくなかった, に途中, のいない, のうち, のおかげ, のおしよせ, のたかる, のなか, の一生, の一連, の同情, の噂, の場合, の大群, の影, の心もち, の波, の玩弄品, の眼, の背後, の足げ, の蹄, の追, の追う, の錆鈎, の間, の類, の首, はあと, はここ, はその, はもう, はワイワイ, は一斉, は埃, は少し, は崩れた, は必ずいろいろ, は恟, は数, は東京, は潮, は理, は目, は笑った, は米友, は誰, は閧, は集まらなかった, は頭, は騒ぎ, へも演舌, もありましたろう, もある, もろとも, も全く, も加わっ, も後, も手伝っ, も来た, も続々, も舌, も要するに, やらでやたら, や町, をおしわけ, をつれ, をもっ, を呼ぶ, を呼ん, を尻目, を手, を払いのける, を撃退, を見廻し, を追, を追いちらし, を追いはじめる, を追う, を追っぱらい, を追払い

▼ 次大戦~ (146, 0.6%)

5 のあと, の後 4 ののち 3 の末期, を経た

2 [12件] が勃発, のお, のとき, の前後, の惨苦, の戦後派, の時, の直前, の終りごろ, の結果, は人類, は終り

1 [102件] およびその後, から二十五年, から今次, から第, がおこった, がおわる, がちょうど, が始まる, が殆ど地球全面, が火, が突発, が終った, でこの, でどっさり, ではアフリカ, ではファシズム, では毒ガス, では軍人, でドイツ, で一儲け, で受けた, で戦死, で戦歿, で拡張, で支配者, で旧い, で最も僅か, で死んだ, で直接国土, と第, にあたって彼, においても同じ, において経験, につづく, にはそういう, によってポーランド, によって中流階級, によって利潤, によって軍需成金, による現実, にイタリア, にナチス, に中尉, に勝った, に良心的参戦拒否, に連合軍, に際して世界的, のころ, のすんだ, のそれ, のため, のとき日本, のなかっ, のはじまりで, のよう, の中, の勃発, の危機, の危険, の参加, の回想録, の多く, の幕, の幻影, の惨禍, の挑発, の敗戦, の時期, の根本原因, の歴史, の犠牲者たち, の社会混乱, の終る, の終結, の過程, の過程そのもの, の開幕, の間, の闘争, はナチス, はファシズム, は世界二十億, は更に, は破壊, は起った, への戦争挑発, までの文学, までの資本主義社会, まではまだ, までは長い, をその, をはさん, を凌い, を経, を経験, を起した, を通じてケーテ, を通じてフランス人民, を通じて世界, を防ごう, 始まる, 第二次大戦

▼ 次~ (140, 0.6%)

83 だから, にお, に書き 2 にこの, に云う, に云っ, に僕, に吹聴, に板草履, に部屋

1 [109件] から宮本勢助氏, があります, がある, だもの, である, ですから, と云っ, と云つて, にうっかり, にうんと, におなじ, にお前, にここ, にこんな, にず, にそっと, にその, にそれ等, にちょい, にちよ, につけ加, につけ加えれ, にづツぷりお, にとぼけた, にはおお, にふと, にもう, にもう一度, にもう少し, にもう続続, にやつぱり, によった, にグルリ, にマンドリン, に一寸寄つたの, に一言, に下田港, に乗鞍岳, に亜米利加, に今年, に伊良湖, に何とか, に例, に凭せかけ, に半之丞, に又, に取った, に右手, に同家, に四つ, に多, に孫引き, に家, に宿, に寄宿舎, に寺田氏, に小説, に岳北, に広告, に廬山, に御, に怖, に感謝, に断つ, に日本一, に昔, に書い, に書きたい, に本文, に松川, に枝葉, に此話, に残り, に水, に熱海, に田舎, に白金, に目, に目刺, に知人, に私たち, に穀倉, に立ち, に箪笥, に紹介, に考へられる, に聞いた, に膝, に自分, に花, に茶の間, に葡萄架後, に薄暗い, に見てくれ給, に訊い, に近, に靴, に頂い, に頭髪, に顔, の事, もある, を以て前掲, を以て創作, を以て平田先生, を以て広告, を以て甲斐, 悪さ, 悪しと

▼ 次兵衛~ (124, 0.5%)

3 は京内 2 の名, の姿, を捕へる

1 [115件] からくれぐれも, からであった, から委細, がこんな, がつかまつた, がひょっこり, がよく, が四十一歳, が怖, が最後, が武太夫, が浦上, が猪, が登場, が真, が纔, が見逃さう, が関口屋, が飄然大矢野島, たった一人, だけをのせ, で彼, という戸長, という日本人, という綽名, という者, という金持, といふ名前, といふ炭焼, とはめったに, ともあらう, とジュリアン, と三たび, と共に二百, と助左衛門, と呼ばれた, と甚七, と自, などはそれ, にいわれた, にも打ち明けなかった, に一切, に伴, に取られ, に振り向け, に診察, に非, のいう, のこと, のつかまつた, のみは風, のサイセン箱, の兄, の外, の存在, の家, の帰り, の意見, の手紙, の指図, の方, の死んだ, の活躍, の流行, の煙, の神通力, の胸, の逃亡生活, の通り名, の隠れ家, の顔, の魂, は, はうるさ, はお, はおどろいた, はぐび, はその, はただ, はとにかく, はまだ, はまんまと, は乾児, は何, は兄, は医者, は唐突, は希望, は往来, は思い切った, は日本, は暗鬱, は此, は決して, は洗礼名, は現在, は竹中采女, は羽織, は自分, は褒めた, は金鍔次兵衛, は長崎, は長崎奉行竹中采女, は青史, へ伝え, または次, も少しく, も意外, も捨て, を撃ち込ん, を殺し, を添え, を経, を訪ねた, を追ひ廻した

▼ 次~ (101, 0.4%)

7 なもの, のもの 3 である, なるロゴス 2 な存在, な性質, な或いは, には存在, には存在そのもの, に真理, に重要

1 [67件] いづれに, かつ自然価格, であるから, であろうとも, との二つ, と第, な, な仕事, な付け足しに, な位置, な具体的, な印象, な土地, な地殻変形, な形式, な形態, な悩み, な意味, な意欲, な機能, な無限, な特長, な理由, な理解, な発展的時期, な目的, な科学, な芸術的悩み, な言わば, な資格, な部分, に, にすぎぬ, になっ, にはか, には勘定科目, には外国人, には常に, には心, には我々, には日附, には自然現象そのもの, には自然科学, には逆, に云っ, に人間, に付加, に分類, に勘定, に夫, に存在, に扱われた, に決定, に物そのもの, に現れた, に現象論的, に眞理, に知識, に範疇, に結晶形, に考へ, に與, のこと, の叙事詩, の存在, の言語, 第二次的

▼ 次~ (90, 0.4%)

10 のお 6 は御 3 にお 2 が曲馬団, は云われました, は日本, は曲馬団

1 [63件] から承わりました, があの, がお先, がお母さま, が皆んなそれ, が私, が笑っ, が約束, が逃げ出す, でございます, とどこ, とわたくし, と一緒, にだけ捧げ, にとっては生命, にとって何, にわかりましょう, に乗り移られ, に怨まれる, に欺, に紹介, のお話, のもの, の一番大切, の人相書, の写真, の御, の怨み, の手, の自由, の行方, の讐, はいつも, はその, はそれ, はそんな, はグルリ, は一生懸命, は云っ, は人, は今日, は初め, は前, は大層, は心配そう, は楽屋, は權六, は私, は表, は貴方, は通称, は鞄, は馬, ばかりをお, もあなた, もお母様, も矢張流行感冐, をお, を何, を贔屓, を通じてもっともっと, 御一家, 縛って

▼ 次さん~ (88, 0.4%)

2 おめ, というの, も被

1 [82件] いなすったかい, おや姉さん, か, かい, かよ, があまり, がいた, がそいつ, が参ります, が国元, が寮, が心持, が承知, が死ん, が藤間静枝, が謝, こんで, そら大變, そんでも, だけは別, っ, であった, ですよ, で御座いますよ, で昔, で花魁, と, とおっしゃる, とやらお初, と一緒, と來, と来た, どうした, どうしたい, なぞはいう, などは大分肩, に聞い, に聞いた, に逢いたかろう, に雨戸, に頼まれた, のたくらみ, のもの, の仰し, の大, の石, の部屋, は, はあおつ, はおります, はお家, はこの, はどこ, は又, は大層金, は彫物細工, は御飯, は本, は毎日商売, は自分, は花見, は苦々し, は諏訪樣, は酒, もあ, もあちら, もそんなに, もどう, も善い, も惡, わかる, を掛ける, を横取り, 少し待っ, 思ひの, 悪う思わんで, 来てるらしいぜ, 来ましたぜ, 貸したぜ, 驚いちゃ, 驚いちゃあ, 黙って

▼ 次欧州大戦~ (70, 0.3%)

5 に於ける 4 に於, の経験 3 の後 2 が終った, ではドイツ, でドイツ, のよう, も決戦戦争

1 [44件] から次, が勃発, が始まった, だけの大軍, では仏, では兵器, では大陸軍国ソ連, では戦車, では独仏, では開戦初期, でも依然, で全, で新しい, で新興ナチス, で既に, で決戦戦争, となった, につれて擡頭, によってこんな, によって展開, によって日本, によって決戦戦争, に比べる, に見る, のあと, のため目的, のとき, のはじまる, の初期, の勝利, の急, の根本原因, の終結, の花形, の間, の頃, は決戦戦争発達, へ, までは世界, を利用, を契機, 前ドイツ, 特に仏国, 迄膨張

▼ 次という~ (61, 0.3%)

2 ような, 男は, 者だ

1 [55件] いずれも, ところまで, ところを, のか, のが, のに, のは, ものなり, やくざで, 三下奴が, 三下野郎と, 下男いずれも, 事も, 人が, 人だった, 人の, 人を, 便利も, 全く未知, 十四ばかり, 取締が, 名が, 名まえ, 名前は, 名前を, 女が, 奴が, 奴も, 学生の, 小僧に, 小僧は, 小者を, 少年を, 弟子の, 悪党に, 方程式に, 桶職であった, 此奴は, 独身の, 男が, 男だ, 男な, 町の, 眇目の, 看板を, 私の, 者, 者が, 者と, 者に, 職人は, 職人を, 若者を, 陶工が, 駅

▼ 次世界大戦~ (58, 0.3%)

2 ののち

1 [56件] か, がおこり, がはじまっ, が人類, が夫, が始まる, が激しく, が終っ, が終った, が終わる, そのほか三つ以上, では世界, でタンノウ, という世界史的惨禍, とでは人類, とどう, と第, において日本, にその, にでも発展, によって日本, に参加, に於, に突入, に際してソヴェト同盟, のあと, のさい, のとき, のはじまる, のフランス, の休戦中, の休戦記念日, の危機, の原因, の口火, の幕, の後二十年, の性格, の暴風雨, の最後, の空戦, の終る, の結果, の舞台, の複雑, の間じゅう, はこういう, はどういう, はファシズム, は地球, は次第に, は米国, へ向っ, までパリ, を契機, を経験

▼ 次なる~ (55, 0.2%)

3 言葉を 2 室へと, 章を

1 [48件] その横, は男, は聾しぬる, は肉, ものあり, をも一つ, を恐るれ, 一例を, 一本を, 事件の, 出鱈目の, 太閤時代に, 奇蹟は, 寝室に, 寝間に, 小室の, 展開や, 師範役の, 平野の, 幸福へ, 張遼許, 御蔵の, 敵艇が, 新しい慾望, 旅の, 智恵を, 曲は, 根仕事に, 椅子に, 沙弥は, 烏賊の, 牛肉網焼を, 生活へ, 疑問が, 皿が, 統一が, 者, 者である, 者は, 芸当, 芸当が, 芸当差し替え, 英語の, 行為への, 言葉が, 連載の, 部屋の, 頁に

▼ 次ヨーロッパ大戦~ (33, 0.1%)

3 の後 2 のあと, のはじまった, のはじまる, の前

1 [22件] から二十五年経過, が終った, が終る, そして第, ではたくさん, で大きい, とをくらべ, と一九四一, においてヨーロッパ諸国, において侵略戦争, において日本, にまきこまれた, に際してもキリスト教, のとき, の終局, ははじめて, は一九一七年十一月, は次第に, は私たち, を世界, を終った, を経

▼ 次大戦後~ (32, 0.1%)

3 のドイツ 2 の新しい, の混乱

1 [25件] からより近代的, におこった, にカフカ全集, に出しました, に国際連盟, のきょう, のこと, のよう, のわれわれ, のフランス婦人たち, の世界, の世界デモクラシー時代, の世界文学, の人類, の大正年間, の心理分析主義, の欧州こと, の欧洲, の独逸, の社会的動乱期, の経済恐慌, の経済波瀾, の経済破綻, は益々, は計画経済

▼ 次~ (31, 0.1%)

3 お新 2 六助が, 六助と

1 [24件] おせい, お前あの, お前ちょっと, お辰, その人々, ほかの, マチスの, 三次の, 二人の, 例の, 吉右衛門の, 吉右衛門を, 尚惚, 市太郎が, 平次の, 政岡や, 松蔦の, 植田などの, 磯吉が, 羽左衛門の, 荷抜屋の, 葬式彦兵衛は, 質問や, 高助や

▼ 次といふ~ (29, 0.1%)

8 のは 2 のが, 元結よりの, 見事立派の

1 [15件] ことになつ, 人ぜひ, 医博を, 双生兒, 小博奕打, 少年を, 役者が, 役者は, 惡黨が, 意だ, 浪人者二三年前までは, 男が, 白塗の, 若者, 野郎が

▼ 次世界戦争~ (29, 0.1%)

2 の準備

1 [27件] がはじまったら, が私, が終り, が終る, それから今度, での戦敗国, で一番, で世界, で日本, という大, との違う, と十八年前, においても豊か, のいきさつ, のさい, の危機, の危険, の時, の最中, の直後, の結果, は休戦, は彼等, への挑発, を実に着々, を機会, を計画

▼ 次五カ年計画~ (29, 0.1%)

3 の決算

1 [26件] がこんな, が完了, が完全, が現在, であったの, で遂行率一〇〇%, と同じ, と結びついた, についてリコメンデーション, による減産, の前, の失敗, の完成, の現状, の結果, はどういう, は一体どう, は今年, は前, は失敗, は完全, は昭和二十六年, は目標, もまた, より五年, を遂行

▼ 次少年~ (26, 0.1%)

2 が云った

1 [24件] が丸卓子, が書いた, が注意, が生命, が真面目, に会っ, に欺かれ, の, のため, の予告, の仕事, の復讐, の最後, の服装, の訪問, の説明, の過失, はその, は云った, は私, も顔, を一刻, を信用, を見事

▼ 次では~ (24, 0.1%)

2 なかった

1 [22件] うず高く, ない, ないだらうな, なく豆腐屋, なく鉄馬, やはりコロムビア, ビクターの, 代名詞の, 元より, 各地の, 山城国愛宕郡貴船村の, 既に既に幅広, 木立も, 梟である, 法相である, 火山岩塊石彈なりし, 生存の, 私の, 第百四十, 自分の, 赤味がかった, 黒岳

▼ 次五ヵ年計画~ (21, 0.1%)

1 [21件] から第, が始まった, でソヴェト同盟, によってソヴェト, によって自然, に着手, に至る, のおおうべく, のすんだ, のはじまる, の基本的方針, の成果, の政治的内容, の紹介, の終ろう, の開始, を四年, を境, を完成, を完遂, を達成

▼ 次~ (19, 0.1%)

1 [19件] からの声, で平伏すべき, で聞き耳, と広間, にては晩餐, には佐々, にひかえ, に入れ, に平伏し, の屏風, の武者溜り, の英雄, の話, の長火鉢, へ入る, へ招待, まできこえ, まで運ん, を失敬

▼ 次~ (18, 0.1%)

1 [18件] に作つた長古, に侍医, に勢いよく, に於, に至つて徙, に蘭軒, の二月下旬, の夏, の植ゑ, の秋, の苅入れ時, の菅茶山, の計, の記, の陽明金, は文政四年, また子, 果して太き

▼ 次~ (18, 0.1%)

3 三次と 2 二次の, 行為次第で

1 [11件] 三次出兵の, 三次山東出兵であり, 三次第, 二次世界大戦に, 二次大戦を, 二次第, 二番目には, 五次と, 四次と, 四次の, 四次内閣と

▼ 次~ (17, 0.1%)

32 としたら, 次だ 1 いるかえ, が, ぜ, つて私には, と, とする, と言, なんてはじめッ, なッ, 蛾次公だ

▼ 次どの~ (17, 0.1%)

1 [17件] おでなさい, お残し, からいつ, から秘密, じゃ, そなた, とやらご, に今日, に御, の所領, や他, を見舞っ, 唄たのむ, 宿でも, 少々あの, 御霊位に対して, 第五

▼ 次にも~ (15, 0.1%)

1 [15件] あるので, それを, 事件を, 以下の, 又次にも, 又百万頭, 同じ様, 娘の, 徳兵衞にも, 春は, 相談を, 葬式彦兵衛にも, 行った, 言ひ, 誰か

▼ 次一座~ (15, 0.1%)

4 が出演 2 が麻布 1 があれ, が乗込ん, が開場, であった, に先代猿之助, に芝翫, のため, の座附, を出演

▼ 次内閣~ (15, 0.1%)

6 を組織 2 にも又, の進行, を組織せり 1 と数え来れ, は選挙干渉, は選擧干渉

▼ 次欧州戦争~ (15, 0.1%)

2 の結果

1 [13件] が終りまし, では健康, で所々, には徹底, に乗じ, に依り, のとき, の初め, の勝利, の末期, の間, までは明確, を迎えました

▼ 次~ (14, 0.1%)

1 [14件] から志村浩太郎君, が思い, が洋行帰り, が藤波弁護士, とお母様, とは紅葉館, に大湊船小屋, に色々, に送る, の一座, の招待, の竜, の葉書, の話

▼ 次との~ (13, 0.1%)

2 二パラグラフは, 間が, 間を 1 ぼつて, 前へ, 試合が, 間に, 間の, 間は, 間も

▼ 次~ (13, 0.1%)

1 [13件] がぼんやり, がようやく, が口, が返事, との三人暮らし, と一緒, はすぐ, は云った, は勿論すぐ, は平七, は表, は説明, も同時に

▼ 次からは~ (12, 0.1%)

1 [12件] もっといい, もっと優しい, もっと加減, わしも, 一日でも, 二流もしくは, 佐吉も, 松竹の, 私が, 第九章, 警戒警報で, 集って

▼ 次なら~ (12, 0.1%)

1 [12件] うしろから, どうも飛ん, なお詳, ばお, ば今, ば開化先生これ, 人手を, 人樣の, 孫右衛門を, 第三次, 第二次, 良いでしょう

▼ 次への~ (12, 0.1%)

2 過渡期を 1 壯大な, 希望の, 建設など, 悠久な, 成長の, 救済や, 現象の, 説明半分は, 運命に, 面調べに

▼ 次まで~ (12, 0.1%)

2 お預り 1 あずかって, あなたを, お待ち下さい, 乗り越しましょう, 出て, 叔父の, 待てと, 来て, 練習し, 間が

▼ 次計画~ (12, 0.1%)

1 [12件] が, では再び, でも同じ, と同時に, についてはこういう, に対する勧告, の失敗, の始まった, の現状, の開始, はこの, はどう

▼ 次とか~ (10, 0.0%)

1 え卯木, 云って, 云ふ, 傍とかの, 勘弥とか, 累とかいう, 累とかいふ, 言う仕様, 言ったな, 言ふ

▼ 次~ (10, 0.0%)

1 がおまえ, だ, というの, と一緒, なんかにかまっ, のこと, は見た, は蹌, まだふところ, も堪えかねまし

▼ 次右衛門~ (10, 0.0%)

1 がじたばた, が死に, というかれ, との仲, と竹広表, の店, はもう, は何, は何者, は死に

▼ 次思想~ (10, 0.0%)

1 から来る, といふもの, といふ名称, となつ, との間, の限界, は即, を予め, を直に, 第二次思想

▼ 次その~ (9, 0.0%)

2 余の, 外の 1 人だった, 女を, 憑かれたよう, 折助と, 次と

▼ 次って~ (9, 0.0%)

1 いた愚連隊, いなかった, いるが, いるらしいこと, のは, またひとしきり, みたところ, 研究団の, 野郎で

▼ 次どん~ (9, 0.0%)

1 かえ, が見, が通り掛け, にや善く, の所, は下手人ぢ, は先, は店中, は相

▼ 次~ (9, 0.0%)

4 のです 1 のだ, のである, のよ, んです, 姿で

▼ 次方程式~ (9, 0.0%)

1 が代数的, の問題, の應用問題, の答え, は幾何学, は計算, を三項式, を考える, を解く

▼ 次~ (8, 0.0%)

2 如シ 1 一台ニ四人婆サン五子陸子浄吉ノ, 事件ガアッタ, 瞬間ニ度胸ヲ, 瞬間ニ殺, 瞬間暗黒騒音, 間ニ残ラズ結ンデ

▼ 次以下~ (8, 0.0%)

2 の問題 1 ついおろおろせず, に来る, のもの, の末梢的因子, の条件, 同劇団

▼ 次彦兵衛~ (8, 0.0%)

2 の二人 1 がそれ, と落合った, に挾まれ, の三人, の顔, はまだ

▼ 次~ (7, 0.0%)

1 あるいはその, ッ, 二ツ目か, 傳次でねえ, 先代訥子だらう, 曲者が, 竜一の

▼ 次とは~ (7, 0.0%)

1 あまり仲, お由羅, むろん十分, 何を, 其の間碌, 去年の, 思い思い

▼ 次伊藤内閣~ (7, 0.0%)

2 は斯 1 が成立, に対する隠然たる, に對, の逓信大臣, の遞信大臣

▼ 次~ (7, 0.0%)

1 でされど, で答えた, の, の三たび魔女, の処女, を云いかける, を読みはじめた

▼ 次殿~ (7, 0.0%)

2 の塚 1 が参っ, のお, の運命, はたしか, を枷

▼ 次自身~ (7, 0.0%)

2 の書いた 1 が果して, たいていな, には如何, にも説明, の下手糞

▼ 次この~ (6, 0.0%)

1 ことこの, 人の, 本よめ, 次と, 界隈でも, 葬式彦兵衛まことに

▼ 次より~ (6, 0.0%)

1 ほかに, 三浦の, 二つ三つ下であろう, 取つて, 外に, 次へ

▼ 次~ (6, 0.0%)

1 が追いつい, の二千五百, の出, の報告, の諸, の闇

▼ 次~ (6, 0.0%)

1 たるに, に行った, 弥次られ, 月は, 気味に, 誰かが

▼ 次一派~ (6, 0.0%)

1 が, が新富座, が明治座, と権十郎, の俳優, の脚本

▼ 次三郎~ (6, 0.0%)

1 が血みどろ, が行方, という者, とは本間, とやらが許嫁, や平野謙その他

▼ 次会った~ (6, 0.0%)

4 時には 1 時そう, 時に

▼ 次原因~ (6, 0.0%)

1 のうち, の作用, の分析, を知る, を知悉, 例えば気圧

▼ 次欧州大戦後~ (6, 0.0%)

1 のドイツ, の日本, の社会事情, の社会科学, は下士官, は婦人

▼ 次馬たち~ (6, 0.0%)

1 が後刻自宅, と兇器, にけろりと, に死骸, はワッ, は遠く

▼ 次お前~ (5, 0.0%)

1 あの女, のやう, は同じ, まあそれ, 出来るか

▼ 次お目にかかる~ (5, 0.0%)

1 とき私は, 折は, 時は, 迄に一つ, 迄目

▼ 次~ (5, 0.0%)

2 者も 1 ことを, と即座, 子供が

▼ 次一行~ (5, 0.0%)

1 からはたより, が露西亜, と一緒, の背後, をはじめ

▼ 次世界大戦後~ (5, 0.0%)

1 から満州事変, から現在, の二十五年間, の各国, の精神

▼ 次便~ (5, 0.0%)

1 でまた, に, にまわします, に上原敬二著, はいよいよ

▼ 次~ (5, 0.0%)

2 は昨夜 1 が見張っ, が頑張っ, はどちら

▼ 次母子~ (5, 0.0%)

1 の気強, はそれとなく, は思わず抱き合っ, は首すじ, やかく

▼ 次~ (5, 0.0%)

1 が一行, が武蔵屋, と同行喜多君, の説, は厳父

▼ 次的性質~ (5, 0.0%)

2 といふの 1 から派生, に対してクリティシズム, は第

▼ 次磐三郎~ (5, 0.0%)

1 が家来, というは伊勢, に会う, はまた, を生む

▼ 次馬共~ (5, 0.0%)

1 が両側, が英国, の間, をやんや, を制し

▼ 次~ (4, 0.0%)

1 書きに, 菊, 辰の, 逢いしたとき

▼ 次~ (4, 0.0%)

1 てゐる, て唐以前, 小さい翅果, 急に

▼ 次たち~ (4, 0.0%)

1 に斬りつけた, のいかさま, の仲間, の気勢

▼ 次だけ~ (4, 0.0%)

1 であった, では, なんださうで, 少い世界

▼ 次だけは~ (4, 0.0%)

1 あの役, 主人が, 浮かない顔, 盃を

▼ 次~ (4, 0.0%)

4 やない

▼ 次である~ (4, 0.0%)

1 かどう, と弥次, ので半, 事は

▼ 次とが~ (4, 0.0%)

1 つづいて, 出て, 年始に, 立って

▼ 次とも~ (4, 0.0%)

1 大変に, 横丁とも, 言った駅路, 関係が

▼ 次などの~ (4, 0.0%)

1 わずか五, 座附俳優は, 若い連中, 諸隊

▼ 次へは~ (4, 0.0%)

1 ひらねば, 家中の, 米国前, 默つて念佛寮を

▼ 次ほどの~ (4, 0.0%)

4 者も

▼ 次までに~ (4, 0.0%)

1 一馬力のに, 心に, 綿人形と, 考えて

▼ 次よりは~ (4, 0.0%)

2 六つの 1 遥かに, 高き情

▼ 次大戦前後~ (4, 0.0%)

1 におけるフランス, のヨーロッパ小市民, の劇, の社会的状勢

▼ 次夫婦~ (4, 0.0%)

1 がいや, にやがて, は迎え, も子供たち

▼ 次~ (4, 0.0%)

1 に発せられた, の不平, の夕暮, をきめ

▼ 次欧州大戦以後~ (4, 0.0%)

1 の国家連合, の革命時, は急速, は恐らく

▼ 次的属性~ (4, 0.0%)

2 を付与 1 が永遠不変, を与える

▼ 次的影響~ (4, 0.0%)

1 としては距離, として上記, の微少, を及ぼし

▼ 次空間~ (4, 0.0%)

4 の方

▼ 次~ (4, 0.0%)

1 え, がその, にも濟まねえつ, を監軍

▼ 次~ (4, 0.0%)

1 ではもっぱら, に記すべし, に説明, を出す

▼ 次考査~ (4, 0.0%)

1 と書い, の通知, は脚本朗読, を施行

▼ 次補充計画~ (4, 0.0%)

1 にぞくする, はロンドン条約, は一部, を立てた

▼ 次親分~ (4, 0.0%)

1 お騒がせ申し, がお, も御存じ, を知っ

▼ 次變革過程~ (4, 0.0%)

1 が既に, と名づけるであらう, と呼ばう, は生ずる

▼ 次連立方程式~ (4, 0.0%)

3 の解法 1 を解く

▼ 次馬根性~ (4, 0.0%)

1 がそう, にもかかわらず, を持っ, を持つ

▼ 次かと~ (3, 0.0%)

1 思う胸, 思ひ又, 思ひ夜更け

▼ 次からの~ (3, 0.0%)

1 御便り, 文が, 馬鹿学者馬鹿文豪に

▼ 次ぐらいに~ (3, 0.0%)

1 こちらも, 大きいの, 手腕を

▼ 次さま~ (3, 0.0%)

1 かね, と云う, は至って

▼ 次さん等~ (3, 0.0%)

1 それでも穀類, まあだ十七, 見て

▼ 次すなわち~ (3, 0.0%)

1 主らしい, 未亡人の, 英三の

▼ 次それ~ (3, 0.0%)

1 が今, に若く, を参考

▼ 次とを~ (3, 0.0%)

1 呼んだ, 本尊として, 見較べて

▼ 次と共に~ (3, 0.0%)

2 本堂の 1 仏蘭西の

▼ 次などが~ (3, 0.0%)

1 さんばら髪に, 一家の, 上って

▼ 次などは~ (3, 0.0%)

1 イヤがらせ, 私邸へ, 藩での

▼ 次ならず~ (3, 0.0%)

2 運よく 1 学業未到の

▼ 次について~ (3, 0.0%)

1 何ら識, 働いては, 居るので

▼ 次ので~ (3, 0.0%)

1 やるかも, 殖えるでしょう, 男が

▼ 次また~ (3, 0.0%)

1 この階段, やきなおして, 別な

▼ 次までが~ (3, 0.0%)

1 いなかった, こう案じ, たまらなくなっ

▼ 次もう~ (3, 0.0%)

1 一円増し, 一枚出来たら, 辰刻だ

▼ 次られ~ (3, 0.0%)

1 その騒ぎったら, て, てゐる

▼ 次を以て~ (3, 0.0%)

1 我が知らぬ, 拝賀し, 相盟

▼ 次ヨーロッパ大戦後~ (3, 0.0%)

1 における第, に出来た, のドイツ

▼ 次~ (3, 0.0%)

1 トモニ連レテ下総カラ諸, 上総房州, 兄

▼ 次三次~ (3, 0.0%)

1 になる, のそなえ, の方程式

▼ 次世界~ (3, 0.0%)

2 大戰 1 大戰以後

▼ 次中音~ (3, 0.0%)

2 の調子 1 の歌唱者

▼ 次今日~ (3, 0.0%)

2 も明日もと友達 1 も転宅

▼ 次以上~ (3, 0.0%)

1 の悪党, の方程式, の空間

▼ 次~ (3, 0.0%)

1 が午前一時二時, が終り, はう

▼ 次利武~ (3, 0.0%)

1 でさあ, と名乗っ, を十分

▼ 次十字軍~ (3, 0.0%)

2 を起し 1 なり

▼ 次団太~ (3, 0.0%)

1 と呼ぶ, は自分, 踏ましめた

▼ 次坊主~ (3, 0.0%)

1 が死ぬ, といふ物貰, なる者

▼ 次夕飯~ (3, 0.0%)

1 のおかず, よ, を終りました

▼ 次大戦中~ (3, 0.0%)

1 からひきつづく, ぬけめ, の十月記念日

▼ 次大戰~ (3, 0.0%)

1 の時, の終結, 起りドイツ

▼ 次御用~ (3, 0.0%)

2 だぞ 1 の御の字

▼ 次散乱線~ (3, 0.0%)

1 が前後左右, の量, を防ぐ

▼ 次来た~ (3, 0.0%)

1 ときにも, 時に, 時には

▼ 次来る~ (3, 0.0%)

1 か来ない, ときには, 時の

▼ 次~ (3, 0.0%)

2 から次 1 は校長

▼ 次欧州大戦当時~ (3, 0.0%)

2 に比し 1 は陣地正面

▼ 次欧洲戦争~ (3, 0.0%)

1 が終り, に於, の影響

▼ 次的意義~ (3, 0.0%)

1 のある, の転化, をここ

▼ 次~ (3, 0.0%)

1 において明らか, に於い, はさらに

▼ 次等三人~ (3, 0.0%)

1 が出, が行つた時, は其の

▼ 次贔屓~ (3, 0.0%)

1 の力瘤, の反感, の婆さん

▼ 次進駐~ (3, 0.0%)

1 が開始, のため, の連絡

▼ 次郎七~ (3, 0.0%)

1 が言いました, はたずねました, も答えました

▼ 次郎方~ (3, 0.0%)

3 の厄介

▼ 次~ (3, 0.0%)

1 の, へと心, を参照

▼ 次馬性~ (3, 0.0%)

1 からは, がつきもの, と射倖心

▼ 次~ (2, 0.0%)

1 七年目だつ, 何時だ

▼ 次あたり~ (2, 0.0%)

1 に書かせ, のお

▼ 次いらっしゃる~ (2, 0.0%)

1 ときには, 時は

▼ 次からと~ (2, 0.0%)

1 店は, 順々に

▼ 次きっと~ (2, 0.0%)

1 入れ合せを, 逢って

▼ 次けっして~ (2, 0.0%)

1 この刀, その兼安

▼ 次こそ~ (2, 0.0%)

1 わが地球, 貴方が

▼ 次こらえ~ (2, 0.0%)

2 て気

▼ 次これ~ (2, 0.0%)

1 そう云われ, を持て

▼ 次そっと~ (2, 0.0%)

1 戸口に, 抜けて

▼ 次だって~ (2, 0.0%)

1 よっぽどまじめ, 家に

▼ 次だ出る~ (2, 0.0%)

2 んだ

▼ 次ちゃん~ (2, 0.0%)

1 しッ, のそば

▼ 次ちょっと~ (2, 0.0%)

1 待て, 細工を

▼ 次~ (2, 0.0%)

1 たりした, たりする

▼ 次~ (2, 0.0%)

1 ふ大力, 同氏と

▼ 次てえ~ (2, 0.0%)

1 不調法者で, 奴が

▼ 次です~ (2, 0.0%)

1 が, が幽

▼ 次でない~ (2, 0.0%)

1 ことだけは, とにかかわらず

▼ 次でなき~ (2, 0.0%)

1 や一應皆んな, や主人

▼ 次でなく~ (2, 0.0%)

1 ても誰, て辰

▼ 次でに~ (2, 0.0%)

1 依ば, 述ぶべき

▼ 次でも~ (2, 0.0%)

1 ないの, 連れて

▼ 次というは~ (2, 0.0%)

1 学問の, 短気な

▼ 次とおす~ (2, 0.0%)

1 がの間, がを一緒

▼ 次とやら~ (2, 0.0%)

1 あらためて迎え, 言ふ

▼ 次どこ~ (2, 0.0%)

1 かへ御飯, の役

▼ 次ない~ (2, 0.0%)

1 雨は, 風で

▼ 次なく~ (2, 0.0%)

1 且首尾全から, 眠って

▼ 次ならぬ~ (2, 0.0%)

2 もの知る

▼ 次なり~ (2, 0.0%)

1 おやまを, と

▼ 次において~ (2, 0.0%)

1 これを, 語らんと

▼ 次にゃ~ (2, 0.0%)

1 木曾道中を, 船長に

▼ 次によって~ (2, 0.0%)

1 以て, 実現されよう

▼ 次に対する~ (2, 0.0%)

1 不信と, 純愛の

▼ 次~ (2, 0.0%)

1 しそれ, しちょっと

▼ 次はか~ (2, 0.0%)

1 あっとなった, ういつて

▼ 次はげつ~ (2, 0.0%)

1 そりと, そりとして

▼ 次はに~ (2, 0.0%)

1 やっと, 眼を

▼ 次へでも~ (2, 0.0%)

1 坐わろう, 返して

▼ 次までの~ (2, 0.0%)

1 三十分間を, 動員を

▼ 次みたい~ (2, 0.0%)

1 な立派, な腕前

▼ 次~ (2, 0.0%)

1 にひと泡, 時々わし

▼ 次め丑松め~ (2, 0.0%)

2 なぜ己

▼ 次よく~ (2, 0.0%)

1 みい, 胸に

▼ 次らしい~ (2, 0.0%)

1 ラマが, 咳払いすら

▼ 次一人~ (2, 0.0%)

1 の心持ち, の時

▼ 次一日~ (2, 0.0%)

1 おいた日, おいて

▼ 次一發~ (2, 0.0%)

2 の火箭

▼ 次一緒~ (2, 0.0%)

1 にあたし, に飯

▼ 次七君金沢~ (2, 0.0%)

1 より上京, より出

▼ 次三男~ (2, 0.0%)

1 か安, とか云う

▼ 次上京~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 次~ (2, 0.0%)

1 に三輪山, に記す光る

▼ 次中学~ (2, 0.0%)

1 の一年生位, の方

▼ 次作品~ (2, 0.0%)

1 からは今, の打ち合せ

▼ 次作戦~ (2, 0.0%)

1 をしきりに, を計っ

▼ 次兵衛どの~ (2, 0.0%)

1 によろしゅう, はきょう

▼ 次兵衛様~ (2, 0.0%)

1 のお, のお世話

▼ 次兵衛達~ (2, 0.0%)

1 によって短歌会, や田舎芸術家達

▼ 次再び~ (2, 0.0%)

1 帰ったとき, 来る時

▼ 次刀身~ (2, 0.0%)

2 でバシッ

▼ 次別に~ (2, 0.0%)

1 何でも, 太郎篇を

▼ 次勧告書~ (2, 0.0%)

2 として

▼ 次~ (2, 0.0%)

1 へ廻り, をつつしめ

▼ 次~ (2, 0.0%)

1 が明ける, 果して望む

▼ 次大戦前~ (2, 0.0%)

1 においては日本, にも外科変貌

▼ 次大戦当時~ (2, 0.0%)

1 の退役士官, 或る

▼ 次大戦直後~ (2, 0.0%)

1 のプロレタリア文学, の一九一九年二月

▼ 次大戦終了~ (2, 0.0%)

1 に至る, の後

▼ 次大戦終結~ (2, 0.0%)

1 の前後, の後一九一九年

▼ 次~ (2, 0.0%)

1 であるといふ, や夫人たち

▼ 次~ (2, 0.0%)

1 が迎えられた, と自分

▼ 次~ (2, 0.0%)

1 の事, は

▼ 次~ (2, 0.0%)

1 を促し, を従

▼ 次島田~ (2, 0.0%)

1 の来た, へ行く

▼ 次左近~ (2, 0.0%)

1 などという三人, を連れ

▼ 次帝国主義世界戦争~ (2, 0.0%)

1 で皇帝資本家地主, への口火

▼ 次帝国主義戦争~ (2, 0.0%)

1 によって親, は世界階級戦

▼ 次年元日~ (2, 0.0%)

2 の詩

▼ 次年戊子元旦~ (2, 0.0%)

1 の蘭軒, の詩註

▼ 次~ (2, 0.0%)

1 が捕へ, は私

▼ 次性質~ (2, 0.0%)

1 が同時に, である所以

▼ 次斬られ~ (2, 0.0%)

2 てダッ

▼ 次時代~ (2, 0.0%)

1 の思い出, はこれ

▼ 次来り~ (2, 0.0%)

1 いつに, て前日

▼ 次松方内閣~ (2, 0.0%)

2 起るに

▼ 次権六~ (2, 0.0%)

2 という二人

▼ 次欧州~ (2, 0.0%)

2 大戦前

▼ 次欧州大戦中~ (2, 0.0%)

1 に戦争持久, に自然

▼ 次欧州大戦初期~ (2, 0.0%)

1 の両, は前

▼ 次欧洲大戦~ (2, 0.0%)

1 に際しては聯合国側, の時

▼ 次~ (2, 0.0%)

1 の顔, やの熊吉

▼ 次的不安~ (2, 0.0%)

1 に向っ, より漸く

▼ 次的人間~ (2, 0.0%)

1 として存在, の要求

▼ 次秋忠~ (2, 0.0%)

1 というの, は敵

▼ 次~ (2, 0.0%)

1 の全部, を乞

▼ 次精神崩壊~ (2, 0.0%)

1 ではもはや, はまさに

▼ 次美術座~ (2, 0.0%)

1 は第, を起し

▼ 次興行~ (2, 0.0%)

1 と同時, の膳立て

▼ 次~ (2, 0.0%)

1 ヲ作シ, ヲ作ス

▼ 次~ (2, 0.0%)

1 である, とし

▼ 次行く~ (2, 0.0%)

1 時には, 気ん

▼ 次貴様~ (2, 0.0%)

1 の所, は何

▼ 次近似~ (2, 0.0%)

1 あるいは数学的, をもっ

▼ 次郎め~ (2, 0.0%)

1 がまた, がクロ

▼ 次郎兄哥~ (2, 0.0%)

1 などが早速, は時々

▼ 次野郎~ (2, 0.0%)

1 の舌, も自分

▼ 次~ (2, 0.0%)

1 に人, に畏

▼ 次風情~ (2, 0.0%)

1 と不義, と親しく

▼ 次馬ども~ (2, 0.0%)

1 の見世物, も承知

▼ 次馬心理~ (2, 0.0%)

1 というもの, をわかし

▼ 次馬達~ (2, 0.0%)

1 が夥しい, を押分ける

▼ 次鵜飼~ (2, 0.0%)

1 に麻炬, は遂に

▼1* [820件]

あがるまでの時間, 次ある事が, 次あれは親分, 次いつ内地へ, 次いつの間にか腕を, 次いるかちょっと急, 次うしろの溜り, 次おとろえいわゆる孤城落日, 次おれた刀を, 次お出で下さる時, 次お前気が違った, 次お目にかかって伺います, 次お知らせ致しましょう, 次お礼を云った, 次お蔦の三人, 次お話しいたしましょう, 次かえる時分には, 次かお村のうち, 次かけ候へ, 次かしこまりましたと立派, 次かの変化の, 次かも知れない, 次がのんこう, 次がやぞうを, 次さまの, 次きき腕取っ, 次ぎてうるはしき歌をうた, 次ぎでやろうとも一切お前たちに任せる, 次ぎとすらすらやって行って, 次ぎにはいつ何処で逢う, 次ぎのおほ瀧は高, 次ぎのもやはりはらたけ, 次ぎへといつまでも過ぎて, 次ぎもそのつぎも二度も三度, 次着頽れたるあり, 次くらいなべっぴん男, 次くるまでに取り寄せ, 次ぐらいな人だった, 次ぐらいはスバシコイ人物だ, 次つけと, 次も一噺すべ, 次ここぞと思う, 次こそはゆゆしい大, 次こと茨木春朔とやはり, 次こまかいことは, 次へすれ, 次さえなければ, 次さらに努力しました, 次さんあんたは見くびっ, 次さんお前さんは相, 次さんお前草臥たんべえな, 次さんこと欲しくつて後, 次さんよけいなこと, 次さんわたしの親方, 次さん七十石の小禄, 次さん今日は手不足, 次さん位のもの, 次さん俺死んだらなあ, 次さん俺ら今日は日, 次さん千太さん理右衛門爺さんなんかが来る, 次さん千鳥さん萩代さん居なさるかい, 次さん喜多さんとてもほ, 次さん彼女げ焦れたんぢ, 次さん惡く思はねえでくろう, 次さん此ら大變, 次さん此處に居, 次さん此間はお, 次さん毎度有難う, 次さん與吉こと起してた處, 次さん許のあの, 次さん譯のねえ, 次さん近頃工合がえ, 次さん駄目だよ, 次さん鹽見て, 次しずかに女, 次した時の, 次じゃございません, 次隆大蛇に, 次すばやくそれだけの, 次すらこの三本槍, 次する詩の, 次ずつ小船にて, 次ずれの恥辱, 次せず師無き, 次せられてゐる, 次そこへ件, 次そしてそのなか, 次そそくさと瓦屋, 次そっくりの演出, 次その他の者, 次そもそも何の, 次それぢや此, 次それとなしに, 次それにこのあつし, 次そんなことを, 次あ違, 次ただちに竹を, 次たちまち闇黒に, 次たぶん徳川家の, 次たらいうところの, 次たり而る, 次だけが一人頑固に, 次だけでも片づくが, 次だけをそこに, 次だったようで, 次だつたんだ, 次だの宗之助だの, 次ちと痛そう, 次ちらと店, 次であって呪用薬用, 次であった為に, 次であろうあの人, 次でござるすでにご, 次でしょうかナ, 次でとし兄弟相具, 次でとて兄弟相具し, 次でねえか確か, 次での道庵先生の, 次でもとの信念を, 次で無いとする, 次といふは短気な, 次といふもの長府侯江戸の, 次とかいふ遊び人だらう, 次とかくの, 次としてこれから吉原, 次とだけで座, 次とともにこの界隈, 次ともどもまた激しく, 次とやらか先では, 次とやらが隱れ, 次とんでもねえ事, 次と列兵から十五歩位, 次どういうわけだ, 次どうしてあの妓, 次どれも長方形, 次なかなかうまいこと, 次なぞと同じ星廻り, 次なぞとはまるで違った, 次など間ぬけ, 次などにはよくわからない, 次などにまで騙されましたが, 次などを先手と, 次なんかたあ, 次なんかと一緒に, 次にあたる三番目の, 次におけるヨルナンデスの, 次にかけマサキノカズラを, 次にかけて呉れる言葉, 次にくらい付くなどという, 次にさえぶちまけないの, 次にしか書かれること, 次にて待て持たせて, 次にでも咬いつく, 次にと云って, 次にとって士分に, 次にとっては何者にも, 次にはと辛抱し, 次にわたる北魏進撃と, 次に対して最も反感, 次に対しては無智, 次に対しても他の, 次のみでは, 次のみが問題では, 次はかっとしてこの, 次はがつかり聲, 次はたうとう主人, 次はははあこれ, 次はも一人の, 次ばかりが注目される, 次ひとり狐憑きのよう, 次ひと日赤く胡椒刈り, 次ほとんどその事, 次ほど大変な, 次ほんとうに火, 次まだ四十に, 次までには結果は, 次までは知らなかつたの, 次みるみる内に, 次もうけろりとして, 次もしくは打ち毀しについては, 次もって来, 次ものをも言わず, 次やりおるな, 次やれやれの宿, 次よりかズット見込みが, 次よりも安兵衛が, 次らしくてとんだ, 次りとばしてやつ, 次り出した時には, 次り勝って一方, 次り殺されかけた由を, 次り立てて楽しもう, 次り飛ばし次いでかの, 次るはしゃぐ手を, 次わが書斎に, 次わざとの喧嘩, 次わしは今夜, 次オイ源次よく胸, 次ガオレニ咄シタニ最早隠居ハ吉原, 次の間, 次グ伍ヲ全, 次グ卒ヲ全, 次グ旅ヲ全, 次グ軍ヲ全, 次シ乃チ書賈ヲシテ之レ, 次スバルの回想, 次スランプに陥る, 次タジタジッとあと, 次て喰い, 次ッてめえあいつと懇意, 次述齋ニ師事シ子弟ヲ, 次ページの表, 次ヨーロッパ大戦後日本にも民主的社会, 次リコメンデーションのこと, 次レブロースが少し, 次ロシア革命の後, 次ワキ役の武田猛, 次一つそういう歴史, 次一党を動かし, 次一座大阪の浪花座, 次一条信龍など, 次一条右衛門大夫信就等中央下裾附近柳田表, 次一柳の源右衛門, 次一派本郷は新派, 次万三郎の兄弟, 次も名代, 次もな, 次三回勝のジャンケン, 次三太楼百圓の三人会, 次三太郎島蔵の侍等, 次三日月のごとき, 次三次的な形態, 次三百間は松平忠之兄弟, 次三谷一馬の都合四人, 次三足とも飛ばない, 次上演以前早くも, 次上總五郎兵衞忠光惡七兵衞景清なんど名だたる剛者, 次勝手に, 次不空取如意投, 次不足しても, 次不都合なこと, 次世界大戦それから二十五年, 次世界大戦中の出来事, 次世界大戦休戦の日, 次世界大戦勃発愛国心に燃え, 次世界大戦太平洋戦争に突入, 次世界大戦後個人主義が地盤, 次世界大戦敗北によるポツダム宣言, 次世界大戦末期の頃, 次世界大戦終了の後, 次世界戦争中に起こった, 次世界戦争中イギリスの総理大臣, 次世界戦争以前の帝政時代, 次並びに第四次, 次中でも三次は, 次中味から封じ目, 次中学校を出, 次中山の三氏, 次中村吉右衛門にて意外, 次丸太ん棒のよう, 次を建つ, 次乗って参れ, 次九間島原藩次に十九間久留米藩, 次がここ, 次予定されて, 次予選で兼吉選手, 次によつて, 次事変初期に於, 次二三軒行き過ぎると, 次二人は喧嘩, 次二十七手目六八桂で変つて, 次五ヵ年計画以前のこと, 次五ヵ年計画時代の全, 次五ヵ年計画達成以後の文学的年代, 次井戸がわ, 次来る, 次でも目黒, 次今一句の入, 次今夜おれはいろは茶屋, 次の一人, 次仙台弥五七服部二郎右衛門金子吉左衛門などが居, 次以上梅軒は弁え, 次以來愼めるか, 次以年紀其末序蔡仲之命費誓呂刑文侯, 次仲蔵半四郎宗十郎家橘小団次小紫, 次仲蔵半四郎翫雀ら出勤す, 次仲蔵半四郎芝翫の一座, 次ヲ布告ス, 次伊之助三太由松なんての, 次伊藤博文内閣で陸奥宗光, 次会うた時はさすが, 次伝いにさっき, 次にかかる, 次かがあれ, 次何やかや今までの, 次何気なく鼻先の, 次の帰る, 次作兄いといふ, 次作兄いという若い, 次使都市牛利奉汝所獻男生口四人, 次も数学, 次俗名だけしかない, 次は母屋, 次傾城を肌, 次の同心環, 次先生もう五歩こちら, 次先生遽かに坐, 次党大会をもち, 次八畳控え三畳等々たくさんな部屋数, 次八畳東二十畳次八畳控え三畳等々たくさんな部屋数, 次公なにをしてる, 次公先生いつまで考えこん, 次公昼間からどこ, 次六外に手伝い, 次六次元空間の可能, 次共同して, 次共産党事件の検挙, 次共産党事件関係者などもい, 次共産党検挙のあつ, 次兵衛ぐらゐのものであとは消息, 次兵衛一人を捕へる, 次兵衛以下三千七百人部将皆郷士豪農, 次兵衛先生の武者ぶり, 次兵衛君塚龍太郎その他覇気満溢, 次兵衛正恒穂積権九郎宗重熊谷小五八照賢, 次兵衛神父様の御, 次兵衛講釈に聞い, 次兵衛追跡に関する記録, 次内幸町へ行く, 次再三の苦諫, 次の号, 次出兵の折, 次出勤に就き, 次出師の雄図, 次出征のこの, 次若松に, 次初め一同声も出ない, 次利武殿の御, 次も同じ, 次前句と見立て, 次剪裁の杜撰, 次加藤次はいぬ, 次真が, 次募集に応じ, 次仰つけられ後, 次伐の, 次十七になった, 次十寸見和十乾坤坊良斎岩窪北渓尾の丸小兼, 次千鶴子をつれ, 次半分に取扱, 次南保余一兵衛御池十郎左衛門小橋蔵人太田黒兵助などという古参門下, 次博士を介し, 次危く三寸の息の根, 次即ち背の, 次あれを, 次叔父さんにお目にかかる, 次のところ, 次右衛門光忠にわたした, 次右衛門六千の兵, 次右衛門喜兵衛といふ二人, 次吉右衛門の一座, 次吉田内閣のファシズム, 次吉田内閣当時定員法をめぐって与野党, 次同じく四郎天野遠景同じく, 次名うての街道, 次名村百右衛門らをかえりみた, 次君その他とも会見, 次君側の人, 次君出征後すでに一年半, 次君失業せる由, 次君宅へ寄食, 次君宮城浩蔵君等の十名, 次君松本亦太郎君, 次の棄て, 次命令体と共にもっと, 次和田野々宮松枝などの老臣旗下たち, 次唯物論全書の内, 次四五軒向うの八里半丸焼き, 次四十間唐津藩次三百間は松平忠之兄弟, 次四畳北三十二畳南三十二畳次八畳東二十畳次八畳控え三畳等々たくさんな部屋数, 次四谷荒木町にかくれ住みし, 次を描い, 次国防充備の五カ年計画, 次報告が成文, 次報復濟河焚舟顯存王覇之分且時代亦遠, 次として今, 次を忍ばせた, 次の休み, 次禮次小禮次, 次大仁次小仁次大義, 次大信次小信員無定數, 次大戦ファシズムの惨禍, 次大戦一九一八年後機関銃の音, 次大戦中アメリカの前線報道員, 次大戦中ソビエットが最初ナチス, 次大戦中日本の船会社, 次大戦以来かかる報道, 次大戦勃発直後の大正三年, 次大戦史のなか, 次大戦当時沈没した旅客船, 次大戦後ドイツ現代文学におけるもっとも, 次大戦後世界が平和運動, 次大戦後平和のため, 次大戦後性コンプレックスはその, 次大戦後新たな時代, 次大戦後欧州の社会主義化, 次大戦時代からちっとも, 次大戦時代フランスの一等要塞, 次大戦終了後の大正年代, 次大戰以後敗戰國もしくは後進國, 次大本教が流行氾濫, 次太夫とも云, 次夫妻を仲人, 次直戰爭, 次の喫茶店, 次奮発して, 次を引い, 次女教員私と四人, 次女髪兼安と道場, 次姉さんまた電話, 次孫四郎の二人, 次守人を家, 次家橘らの一座, 次対狭山九郎太の個人, 次寿美蔵又五郎宗之助莚若などに大阪, 次小仁次大義, 次小信員無定數, 次小団次秀調源之助という顔ぶれ, 次小屋にいたる, 次小徳次大仁次小仁次大義, 次小牧戦の秘策, 次小禮次大智, 次小義次大禮, 次小野郎女亦名, 次少将が大使館付武官, 次少年自身の名刺, 次屋敷から屋敷, 次山家屋清兵衛が芝翫, 次山東出兵であり済南, 次岡崎町の桔梗屋, 次岩田郷祐範浪切右源太鬼面突骨斎荒木田五兵衛そのほか穴山, 次と云, 次島村信之石岡文七高藤邦松等七人であった, 次嵐璃寛らも加入, 次巣鴨の天神山, 次が貴様, 次へ一頁, 次市川権十郎なども出勤, 次市川権十郎坂東家橘などの顔ぶれ, 次布袋の市, 次を押さえた, 次帰ってくる, 次帰ろうか, 次帰朝後の第, 次柄銀次隼の, 次平に取り次いで, 次平枝ぶりよきを, 次平野やめぐり流れる, 次年一月に至る, 次年丁巳に偶篤疾, 次年丙辰に富岡, 次年二月に筆, 次年五月は廩米中, 次年以下の勤, 次年仲春に至る, 次年元治元年に至つて始, 次年元治紀元甲子四月五日に異母兄徴, 次年八年辛未二月二十一日, 次年八月十三日に裁, 次年十二月に至つて刻, 次年四月黄生来りて, 次年壬午より算すれ, 次年己酉の四月, 次年戊午三月に至つて, 次年戊子元日の詩, 次年歳首の詩, 次年甲寅の初, 次年癸亥に至り, 次年癸巳の春聿庵, 次年辛卯には死ぬる, 次年辛巳には五, 次幾松の順, 次広重の海, 次庭男の幸助, 次延長のなか, 次建てるときは, 次式関係にある, 次引上げの意味, 次強襲もなん, 次のよう, 次往来の上下, 次の生存, 次徒歩で饒舌, 次御内上様辞安様御内政様, 次た故, 次復活を得た, 次徳兵衞竹次文七利八その他關係者を洗ひざら, 次心得がある, 次思いという語, 次思わずあっと, 次思わずはっと腰を, 次思想そのものをさながら, 次思想形体的内容とは思想, 次に活気, 次急病にて箱根, 次もたっぷり, 次性徴と呼ばれる, 次うして, 次恐しい躰力と, 次恐竜はどこ, 次感覚は静芸術, 次憲法草案を発表, 次我ガ古器ヨリ勾玉管玉ノ類, 次或は本式の, 次はその, 次戦争を防ごう, 次手代の伴造, 次手紙を下さる, 次よく誰, 次抽斎枳園柏軒舟庵海保漁村らを此, 次捕物帳政次捕物帳というの, 次掏摸を追って, 次掛川之宿, 次險で, 次撥泥を上げ, 次支出として千九百億弗, 次攻戦の折, 次放射線を発生散乱, 次放屁にお立ち, 次教えてやる, 次整理六万五千人を行おう, 次文学界の同人, 次文政二年の入京, 次文湖州の竹, 次斉魯論と同じ, 次思潮, 次方私從弟定五郎, 次方私從弟定五郎と申者江跡式相續爲仕度, 次方程式二次方程式簡単なの, 次方程式簡単なの, 次日二十三日に東京, 次日市内を巡視, 次日本において美学上, 次日本酒をのむ, 次日物足りるよう, 次日藍氏といへる, 次早くも気, 次明子が伊曾, 次時計が鳴れ, 次景勝との間, 次くなったら, 次といふところ, 次を見, 次有伊邪國次有都支國, 次服部織部介などが大手, 次朝貢せる者, 次木曾義昌などの合流軍, 次木曾街道に縁, 次本田菊次郎の三名, 次ていただく, 次東海道の宿, 次東軍摧靡して, 次松蔦の鳥辺山心中, 次よくここ, 次桟敷へ一寸, 次植木屋の五助, 次様母子の貴方, 次権六そち達も悪あがき, 次権十郎の一座, 次に逸れ, 次橘内橘王が父, 次欄干へ倚, 次次ぎに消え, 次次どれも長方形, 次欧州大戦中大西洋上で撃沈, 次欧州大戦以後戦術から言え, 次欧州大戦以来大国難を突破, 次欧州大戦初頭に於ける, 次欧州大戦勃発当時の如き, 次欧州大戦後イギリスの文学, 次欧州大戦後フォッシュ元帥から, 次欧州大戦後ポーランドの大統領, 次欧州大戦後敗戦したドイツ, 次欧州大戦後連鎖店が非常, 次欧州大戦終結を境, 次欧州大戦開始せられると, 次欧州戦争以来の持久戦争時代, 次欧州戦争勃発の一九一四年, 次欧洲大戦時, 次欧洲大戦後の先駆的, 次正直に言, 次の竹, 次此奴ですな, 次此等の文書, 次此處へ來, 次武芸を事, 次死す六十三歳, 次殆ど問題ともされ, 次殿様を相手, 次気がついてみる, 次永瀬七三郎三人の率, 次永神尾金弥があった, 次の身分, 次汝其様な事, 次沢村宗之助吉右衛門銀蔵ほか二十余人の少年俳優, 次があったら, 次浅井おきく, 次浦和でしょう, 次の上, 次海底超人はいつくるだろう, 次清子の顔, 次渡されるまでに腐り落ち, 次渡候事出来兼候よし其外, 次游ぐ体を, 次源四郎の両, 次源四郎ふたりの母, 次演劇研究のため, 次漸くにし, 次定例也, 次無く打纏い, 次無宿のならず者熊吉, 次に逢う, 次に於, 次とが角, 次を打つけれ, 次狂言の話, 次を彫る, 次独特の, 次猪子伴作足助主水正, 次猿之助段四郎それに, 次玄徳が円蔵, 次吉田内閣は, 次瓦谷にて捕へらる, 次生壁の蔭, 次田郎女次田郎女次白坂沽日子郎女次野郎女亦名, 次田郎女次白坂沽日子郎女次野郎女亦名, 次の紅燈, 次あり, 次病気平癒ノ祈願致セシトコロ, 次発生とその, 次白坂沽日子郎女次野郎女亦名, 次白坂活日子郎女次小野郎女亦名, 次白萩めをもっと, 次百九十三間佐賀藩次四十間唐津藩次三百間は松平忠之兄弟, 次的クサリがなく, 次的三次的に考へ, 次的人格者として隷属, 次的以下のもの, 次的効果に参加, 次的原因からもきわめて, 次的反映として世界直観, 次的国民として蔑視, 次的対立がある, 次的必要品の価格, 次的性格になつて, 次的意味にさえ説き去ろう, 次的根本の考え, 次的気分との中, 次的渾沌が生じましょう, 次的統一が更に, 次的要素の調整, 次的関心事と考える, 次的附属的の興味, 次皆順々に顔, 次相田貞吉北山清次郎野中源蔵の十七名, 次かほとんど, 次祁山出陣以来第三次, 次禁酒を断行, 次に手紙, 次秋保親兼高岡忠郷花井卓蔵の各, 次秋行の詩, 次移民の資金, 次窓ぎわへぴったり, 次立ってくれ, 次を買え, 次等そん時から俺, 次等位な, 次等懷はよかつ, 次等懷工合え, 次等親子仲よくつて, 次素早く伊助の, 次続いて何, 次縁側へ出た, 次のあばかれる, 次而舞或全, 次聯合組甲板番の新谷勝太郎, 次の来た, 次背中へ衝突, 次能勢とかけ, 次自棄な苦笑, 次興行浅草へ出, 次舊無明解或以爲有親必須宮室, 次舎橋梁道路などのいわゆる, 次良さんの事, 次芝翫福助の一座, 次芝翫福助家橘松助などで狂言, 次芸術は巨大, 次若狭守の館, 次もなく, 次英国に行った, 次茨田郎女次馬來田郎女三柱又娶, 次菅沼忠三郎それから小林伊織, 次菱浦五郎などはみな能登, 次落語研究会はやがて, 次にホルバイン, 次蓋丈人之, 次藝者をやめ, 次藤田小平次仙台弥五七服部二郎右衛門金子吉左衛門などが居, 次血泥を掴んだ, 次に, 次行って面白かっ, 次行事と見, 次行軍を続けた, 次衛門は退席, 次の通り, 次の老ぼれ, 次襲撃を企て, 次西園寺内閣の当時, 次西谷田村の荒井嘉衛等, 次得も, 次見舞にとて旅亭, 次親子が立っ, 次親家の三人, 次来る, 次訪中使節団々長として, 次語原とも言, 次豆田螺は右巻, 次貴公にゃ手頃, 次貿易の始め, 次貿易協定の完全実施, 次賑やかだと, 次走りながら腰, 次起ったら七回目だ, 次軍縮会議に於, 次農学校を卒業, 次迄に考へて, 次近づくにつれて自然, 次退路を取っ, 次逢うたのは, 次逢えば冷, 次逢った清七は, 次逢僧庭前徘徊灯下談話とある, 次連立方程式解法を極めて, 次遂に巨巌の, 次道中双六ではここ, 次道別余を戒め, 次郎どんとは近頃, 次郎はじめ一座の者, 次郎みずからそこにじ, 次郎人遣いを知らず, 次郎兄いと顔, 次郎入門す, 次郎兵衛の二人, 次郎兵衛氏の半生, 次郎兵衞盛次上總五郎兵衞忠光惡七兵衞景清なんど名だたる剛者, 次郎大井正一郎安田図書大西与五郎美吉屋五郎兵衛同つね, 次郎後に所謂名人太兵衛, 次郎成程然, 次郎抄訳の, 次郎時村三郎資時等俄以出家時村行念資時眞照云々楚忽之儀人怪之, 次郎朝時さまも御, 次郎朝時主女事に依り, 次郎朝時主駿河国より参上, 次郎本位に遊ん, 次郎松尾儀助大森惟中塩田真岸光景等十人足らずの諸氏, 次郎矩行と申す, 次郎矩行仇討執心の趣, 次郎英太郎が父, 次郎近来の大, 次郎長が心配, 次郡布努村に稲生平太郎, 次酒屋のせがれ伊太郎, 次野郎女亦名, 次金座お金改役後藤三右衛門並びに中山法華経寺事件, 次鉄蔵という同類, 次錢形の親分, 次長時間に亘っ, 次長谷川与次, 次関十郎数千の兵, 次関十郎赤座七郎右衛門などである, 次難の, 次のなか, 次を布く, 次をな, 次の吉三, 次隼人為なども腰, 次からはしっかり, 次電子増倍管を使用, 次電路をピストル, 次霧浪あふよ, 次静かに男, 次面会するとき, 次の作, 次韻御前へ出, 次から外, 次の湯加減, 次からもろに, 次な景色, 次飼糧切りの中, 次馬ばかな面, 次馬來田郎女三柱又娶, 次馬兼援兵が雲霞, 次馬声をヒソヒソ, 次馬役人達が四方八方, 次馬探偵弱ったよ, 次馬的な騒ぎ, 次馬精神も加, 次馬罵詈と礫, 次馬顔に出かけ, 次馬風の人間, 次で降り, 次駅信濃川上は信濃川, 次駿河局突鼻に及ぶ, 次騷ぎは三輪, 次御産巣日神, 次高北トウガン等の山々, 次高音を響かせ, 次鳩山内閣文相安藤正純氏の弟, 次黒部の品右衛門, 次の下