青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「欝~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~機嫌 機嫌~ ~機械 機械~ 機能~ 機関~ 櫓~ 櫛~ 欄~ 欄干~
欝~
~欠け 欠け~ 欠点~ ~次 次~ 次々~ 次ぎ~ 次に~ 次の間~ ~次第

「欝~」 1044, 11ppm, 9642位

▼ 欝~ (238, 22.8%)

16 顔を 5 影が, 気分に 3 ものを, 影を, 微笑を, 日を, 気分を, 表情の, 表情を, 顔付に

2 [21件] のだ, ものに, ものは, 少年の, 彼の, 感じが, 感じを, 様子で, 気分の, 気持で, 気持に, 氣持ちが, 没表情な, 眼を, 考えに, 色に, 色を, 調子で, 退屈な, 顏を, 顔で

1 [146件] ことで, ことを, この丘, のかしら, のさ, のであった, のは, のも, ものが, ものであった, もの日の, んだ, オドオドした, 一日, 一日だつた, 不愉快な, 事柄だった, 二階と, 人は, 仮面に, 仮面みたいに, 住まいから, 佗しい, 倫敦を, 元気の, 入江を, 冬の, 刺々した, 効果を, 印象を, 反感だった, 反映が, 口の, 喜びを, 圧しつけられる, 夜と, 夜の, 大きな眼, 女々しい姿, 妄念に, 姿を, 嫉妬と, 家の, 家屋の, 家職が, 少年黒吉が, 屋敷に, 工場左側は, 平静, 影の, 微笑との, 心持である, 快男児だ, 思案に, 恐怖の, 感じで, 感じの, 感を, 感情は, 態度を, 戦争が, 打沈んだ私, 日が, 日だ, 日は, 日和寒い寒い, 日陰の, 晴々しない, 暗い影, 森陰に, 殻を, 気が, 気もちに, 気分が, 気分で, 気分と, 気持ちが, 気持ちで, 氣分を, 氣持の, 沈みがちな, 清閑荘の, 湖水もよか, 溜息を, 生活との, 病棟の, 皺を, 監房に, 目つきで, 目を, 眉や, 眼付で, 眼色に, 石廊で, 私, 私の, 空が, 空との, 空模様だらう, 空気が, 空気との, 空気の, 空気看守の, 空間の, 笑みを, 絶望感に, 翳りを, 考へに, 肺病棟の, 自由主義者たるだけ, 色の, 色調に, 茶色の, 薄暗がりが, 蝋燭の, 表情が, 表情だった, 表情に, 表情については, 表情は, 路地裏の, 輪郭の, 退屈くらい, 遊びは, 部屋を, 重苦しい心持, 金色を, 鉛製の, 闇に, 陰影を, 隘路の, 雪空が, 雰囲気で, 雲の, 霖雨に, 青木の, 面に, 音を, 顔であった, 顔は, 顔付で, 顔私も, 顔笑を, 風ぼうを, 風景画の, 鬼気が

▼ 欝~ (153, 14.7%)

16 なって 5 した, なった 4 なつた 3 して, なる

2 [11件] された, したの, ただ欝, ならずには, なりました, なりましたが, なり神經質, なるの, なるばかり, 曇って, 閉ざされて

1 [95件] させずには, させる, しおれ返って, した病気, しづみ, します, し彼, し衰弱, する, するしかも, するだけ, するの, するので, するもの, たへ, とざされたよう, とりつかれて, なったらしい, なった様, なつて, ならざるを, ならずに, なられ私, なりがち, なりながら, なり上野永藤, なり今朝, なり感傷的, なり日々怒り, なり空虚, なり紅茶, なり衰弱, なるし, なるだろう, なると, なるなんて, なるほん, なるやつぱりアルコール, なるわよ, なる半熟, なる彼女, なる時, なる樹明君, なる病気, なる白船居, なる読書, なる身心不調, なる金, ふるびて, ますます沈ん, 一層厭, 傾かずには, 光って, 冥む, 命令した, 唖, 囚えられる, 堪へて, 少しは, 引き込まれながら, 心を, 悩んで, 感じて, 感じるばかり, 成つたんで, 成つて居る, 捕はれて, 曇った寒空, 曇った無風状態, 沈みこみ重い, 沈みこんで, 沈んで, 泣き隠りぬ, 浮き立たせて, 浸るよう, 渇いて, 照らして, 爆笑した, 病いついた, 眉を, 立列ん, 答えた, 絶望的に, 考へ, 胸が, 膝頭に, 自ら憤っ, 見えるらしかつ, 見せる, 閉された主人, 閉ぢられず, 陥って, 陥らずには, 顔を, 黝み

▼ 欝~ (47, 4.5%)

5 とした 3 たる森林 2 たる樹木, と生, と茂った, と茂り

1 [31件] たらしめて, たること芝山内また上野, たる中, たる大, たる木立, たる林, たる枝葉, たる森, たる楠, たる樹海, たる欅, たる熱帯, というべき, とし, として声, として居り, として幽邃, として晝尚, として横, として秀色掬, として繁つて, として繁茂, とふさい, と大木, と樹木, と繁茂, と茂, と茂っ, なる緑樹, の森, 深くし

▼ 欝~ (41, 3.9%)

7 しさ 5 しそう 2 しくて, しくな

1 [25件] しい, しいかも, しいから, しいだろうと, しいつゆ, しいの, しいほど, しい五月雨, しい問題, しい平次, しい思い, しい悲歎, しい感じ, しい日, しい晩方, しい空合, しい空模様, しい身, しい部屋, しがって, しくなって, しく思召すよう, しく感じ, しく物悲しい, しさうに島田髷

▼ 欝~ (33, 3.2%)

2 気が, 色が

1 [29件] かたまりがや, なかに, なごりを, ひげ, やりどころ, ようで, 一つで, 中からの, 中に, 中を, 単音律, 原因が, 原因を, 同義語と, 夕の, 始まりだった, 底から, 度を, 影は, 性に, 来るところ, 様子見え始めたれ, 病に, 病封じに, 白冥を, 種と, 翳が, 陰影が, 髯を

▼ 欝~ (32, 3.1%)

1 [32件] いだいて, しめやかに, どのやう, 一変し, 主題と, 吸う, 味った, 和げて, 強める, 忘れる為, 忘れ喰気, 感じさせたの, 感じた, 感じて, 感じる, 感ぜずには, 慰むべく世間, 払ふべく, 抑へ, 振り払わせようと, 散じる事, 散じ相応, 散ずるも, 流し込むところ, 消すもの, 消散せしめる, 湯に, 濃くする, 祈祷によって, 紛らすこと, 述す, 面に

▼ 欝~ (25, 2.4%)

1 [25件] あらゆる考え, ある, あるばかり, したたる, せたり, たれさがった, ちらと, とけて, ひしひしと, むらむらと, 反映し, 完成する, 忍び足で, 晴れないむしゃくしゃ, 次第にごく自然, 次第に濃く, 消え新しく, 濃く澱ん, 真黄, 襲いかかった, 解消した, 身ぬち, 軽くなる, 長く続いた, 頭を

▼ 欝~ (25, 2.4%)

1 [25件] あらゆること, あるかも, いは, かれの, た, ちがった種類, ときどき発作的, ながれる魚, ほとんどなかっ, また人, まだどうしても燃えない, むしろ自己, もはや一刀両断, よく解る, 仕方が, 全宇宙, 同時に大阪, 完成する, 心を, 暗色に, 流れ去つて, 皮肉に, 続いたが, 詩的で, 辛うじてこの

▼ 欝~ (24, 2.3%)

2 を晴らす, を洩

1 [20件] が次第に, と復讐, などは顔色, に同じ, の一端, の幾分, や疑問, をここ, をはらした, をやる, を今ここ, を吐き得た, を晴らさ, を晴らした, を晴らすごとく, を洩らさず知らさず居らるるなるべし, を洩らし, を舞台, 厄落し裸女姫の, 晴らしだった

▼ 欝~ (19, 1.8%)

2 の光, の切れ, の花

1 [13件] しゃっぽのカンカラカン, しやつ, のきれ, のばら, の包, の奇, の掩, の絵の具, の蔽, の財布, の風呂敷, もあり, もめん

▼ 欝~ (18, 1.7%)

2 たる覇気, とし

1 [14件] がつつまれ, たる不平, たる反, たる客気, たる革命的精神, とした, としてひろがっ, としてゐる, として僅, として彼, として抑, として直ちに, として神州, の行為

▼ 欝~ (18, 1.7%)

6 して

1 [12件] がある, したる彼等, した不平不満, した歓呼, した金玉, するもの, する笛, に気づい, れて, をもたらし, を新た, を来した

▼ 欝~ (17, 1.6%)

1 [17件] いえば, なって, なり絶望的, 不安とを, 不安に, 不幸に, 倦怠から, 冷酷の, 孤独の, 悲哀の, 沈痛と, 焦燥と, 焦燥とが, 焦燥とを, 疲労とを, 絶望に, 苦惱を

▼ 欝~ (15, 1.4%)

8 込んで 1 の虫, 出すので, 始めました, 込んだからね, 込んだ暗い, 込んでばかり, 通して

▼ 欝そう~ (15, 1.4%)

2 ですね

1 [13件] じゃなかった, だった, でありながら, でもあった, な表情, な顔, に, に口, に考え込む, に身の上話, に黙りこん, に黙りこんでる, に黙り込ん

▼ 欝~ (12, 1.1%)

2 あつた 1 あまりいい, しきりにためいき, そしてぬくい, その憂, ならなかった, 何だか緑色, 妙な, 悲しげ, 禍の, 荒々しくて

▼ 欝~ (11, 1.1%)

1 [11件] が観取されないだろう, だ, でゆき子, とを増し, と前述, に三吉, に閉ざされた, に驚いた, をその, をより, を遁

▼ 欝~ (11, 1.1%)

2 とした 1 たり, たる山林, たる松林, としてもう, としてコップ酒, として林, として樹, として風景, と生茂り

▼ 欝~ (9, 0.9%)

1 と退屈, に出遇わない, の網, は池, も皆, を忘, を握まされる, 病の, 病を

▼ 欝~ (9, 0.9%)

2 を吸わせ 1 が僕, が取れ, が来た, と胸, の凝り, をした, 散じ手足

▼ 欝~ (8, 0.8%)

1 から二三杯ひつ, がさ, それは, つた熊本から, どうせ行乞, ね, ねえ, 無理に

▼ 欝なる~ (8, 0.8%)

2 囚房の 1 作家とも, 堆積に, 影と, 新しい時代, 汝の, 積土の

▼ 欝にな~ (8, 0.8%)

1 つたこんな, つた年は, つてとう, つて傍に, つて堪へきれない, つて戻る, つて行く, つて行つた

▼ 欝いで~ (7, 0.7%)

2 ばかりいる, ばかり居る 1 さア, ばかりいた, 向を

▼ 欝した~ (7, 0.7%)

2 長雨が 1 不安の, 室内の, 心を, 時なんか, 調子を

▼ 欝~ (7, 0.7%)

2 のはけ口 1 がほぐれた, であったが, と休息, の餘, は伝播

▼ 欝~ (7, 0.7%)

3 して 1 した頭, してたもの, し欝結, れし憂思

▼ 欝金木綿~ (7, 0.7%)

3 の袋 2 の風呂敷 1 の布巾, の財布

▼ 欝~ (6, 0.6%)

3 女部屋 1 だり悄氣, で居まし, で来

▼ 欝陵島~ (6, 0.6%)

2 から根室 1 とは大分方角, のほう, の根拠地, の警察

▼ 欝たへ~ (5, 0.5%)

2 がたく 1 がたかつた, がたくし, がたし

▼ 欝として~ (5, 0.5%)

1 哀れげなる, 深山に, 衷より, 迢遞悲腸ために, 陰を

▼ 欝~ (5, 0.5%)

1 がまた, というの, にも重大, の反動, も綺麗

▼ 欝~ (5, 0.5%)

1 した純, にたれ下った, に云った, は大, を伸べ

▼ 欝~ (4, 0.4%)

1 たりし, ていた, て来た, て背筋

▼ 欝~ (4, 0.4%)

1 たる林, たる森林, たる森蔭, として茂

▼ 欝いでいる~ (3, 0.3%)

1 せいか, 故, 自分の

▼ 欝から~ (3, 0.3%)

1 お心, 下りる, 起る麻痺性

▼ 欝だった~ (3, 0.3%)

1 がしかし, のだ, ものが

▼ 欝である~ (3, 0.3%)

1 ことを, という現状, ような

▼ 欝です~ (3, 0.3%)

21 ねお袋

▼ 欝屈し~ (3, 0.3%)

1 てきた, てゐる, て来る

▼ 欝屈した~ (3, 0.3%)

1 ものが, ものに, 若者二人で

▼ 欝忿~ (3, 0.3%)

1 であった, をあびせかけた, を感ぜざる

▼ 欝~ (3, 0.3%)

1 と改めし, の火花, は

▼ 欝~ (3, 0.3%)

1 とやらむ, にか, を発した

▼ 欝~ (3, 0.3%)

1 の彷徨, はほん, も憂

▼ 欝金色~ (3, 0.3%)

1 の月, の綿, の薔薇釵

▼ 欝金草~ (3, 0.3%)

1 の鉢, は鳥, 賣は

▼ 欝金香~ (3, 0.3%)

2 の花 1 くゆれる

▼ 欝ぐべからず其中一人~ (2, 0.2%)

2 の心

▼ 欝この~ (2, 0.2%)

1 苦脳, 虚無

▼ 欝じゃ~ (2, 0.2%)

1 ないこと, ないの

▼ 欝~ (2, 0.2%)

1 へがたい, へがたし

▼ 欝たる~ (2, 0.2%)

1 幽沢, 深林の

▼ 欝な曇り~ (2, 0.2%)

1 のうち, 日の

▼ 欝~ (2, 0.2%)

1 解消し, 退屈も

▼ 欝~ (2, 0.2%)

1 不幸は, 実際的

▼ 欝やり~ (2, 0.2%)

2 どころなし

▼ 欝封じ~ (2, 0.2%)

1 なんてまっ, をした

▼ 欝~ (2, 0.2%)

1 の委曲, をばなるべくそのままそっと

▼ 欝~ (2, 0.2%)

1 が蔽, が蔽うた

▼ 欝~ (2, 0.2%)

1 と云う, の徴候

▼ 欝~ (2, 0.2%)

1 さえも彼ら, の霊

▼ 欝蒼し~ (2, 0.2%)

1 たぐるり, た木立

▼1* [101件]

いだ心を, 欝いでいるだろう汽車を, 欝いでおりますよ, 欝いでたへきれなく, 欝いでなりませんの, 欝いでやるせがない, 欝いで堪えられないのでまた, 欝いで居るから仲間, 欝うつたのしまない, 欝おちついてはゐる, 欝ぎこんで湿っぽい日, 欝ぎまして見世を引い, 欝ぎ切つて暮した, 欝ぎ込みながらなす, 欝この年, 欝ぐのは秋, 欝ぐ時は此, 欝さうに口を突ら, 欝しく何方向きてか, 欝しさせたままいつまでも, 欝したる時は, 欝するものじゃ, 欝すれども而, 欝せざるを得ない, 欝そのためでも, 欝そのものといつた, 欝だっただろうねえ, 欝である如く生活に, 欝でけはしかつた, 欝でなくなるとすれ, 欝とで力も, 欝とでもいはうか, 欝とに囚えられ, 欝と共に過しその, 欝なお詣りなどは, 欝などんよりと, 欝なんか吐き捨て, 欝にに沈む傾向, 欝づかに, 欝を以てし且つ, 欝コツプ酒をひつ, 欝扁平ノ, 欝として開き, 欝井戸の水, 欝勃沈憂のあまり月, 欝の際, 欝たる藪林, 欝哀愁苦脳はてなし, 欝堪へがたいもの, 欝は打つ, 欝天然の沈痛, 欝孤独な性格, 欝屈させられた本能の, 欝屈したふさぎの虫, 欝屈せる脳力が, 欝屈不平短気迷想剛直高踏逆俗等, 欝たるもの, 欝忿晴らしその, 欝たる精神, 欝し新月, 欝悖したる余りなるべし, 欝悖するところの, 欝悲慘にし, 欝愴たるを奇, 欝憂から逃れたいと, 欝憤ばらしに狂態百出, 欝の傾き, 欝憺たる, 欝樹參差として蔭闇, 欝樹叢中に彷徨, 欝欝たへがたくし, 欝の汚い, 欝歩く外ない, 欝がのぞい, 欝民権論ともいうべき, 欝状態ではない, 欝の草, 欝疳癪玉が破裂, 欝病急性躁狂その他の精神病, 欝な愉快, 欝破裂しそう, 欝積熱烈の緑, 欝の非難, 欝紺色のネバネバ, 欝翠市塵に遠, 欝自責の苦悩, 欝せる大林, 欝蒸甚し, 欝蒼たる所はない, 欝のま, 欝だ或, 欝込むでゐることなどもあツた, 欝金櫻は未だ, 欝金畠の秋, 欝金香その他種々の花, 欝陰惨の凸凹, 欝陵山なるか, 欝陶黙止難しと, 欝らしでも, 欝を洗, 欝の婦人服