青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「櫛~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

機~ ~機会 機会~ ~機嫌 機嫌~ ~機械 機械~ 機能~ 機関~ 櫓~
櫛~
欄~ 欄干~ 欝~ ~欠け 欠け~ 欠点~ ~次 次~ 次々~ 次ぎ~

「櫛~」 1453, 16ppm, 7182位

▼ 櫛~ (350, 24.1%)

18 入れて 9 出して 6 さして, 持って 5 取って, 抜いて, 挿して 4 手に 3 入れたり, 抜き取って, 持つて, 落して

2 [24件] さしこんで, さした若い, つかいながら, はさんで, はめて, ふいて, 入れない髪, 入れながら, 入れる, 加へ, 取出して, 投げだした, 拾ったこと, 拾ふ, 持った手, 探しに, 束髪の, 横の, 気に, 置いて, 見せて, 見つけた, 閨に, 髪に

1 [232件] あげ顔面, あつれ, あてたり, いれた, いれて, いれながら, うけ取って, うごかし自分, おやり, お町, かごとにて, くわえたまま, ここへ, こしらえました, こまかに, ささず, さしたいつも, さしたの, さしたる島田, さした可愛らしい, さした大学生, さした女, さした綺麗, さした酌婦上り, さしてるの, さして眼, さして置きました, さして飛白帷子, さすよう, した所, しまいて, じっと眺め, じっと肌, すかして, そこへ, そっと出し, そっと抜い, その脇, つかって, つかつて, つくる材, とおさないか, とおしながら, とりあげて, どこで, ながめて, なくしやしないかって, ぬいて, ぬき取った, ぬらして, ひかえて, ひろって, ふくつもり, ふこうとして, ふりおとして, まともに, みつめて, もって, もつた手, もて, やけに横, やったり, わたしに, チョイと, チヨイと, ドブ板の, 一つお, 一つ水あかを, 一本も, 一本置い, 一緒に, 九四と, 云ふ, 京の, 今更の, 何処へ, 使うこと, 使うので, 使つて分け, 入て, 入れそれから, 入れた, 入れたて, 入れたの, 入れたらさぞ, 入れた事, 入れた兄, 入れた形跡, 入れないとも, 入れないの, 入れないばらばら, 入れなど, 入れまいと, 入れられた, 入れるたび, 入れる細君, 入れ丈, 出し, 出しちょっと, 出すどころか, 加えたこと, 加え紐, 十歳の, 卓の, 取つて, 取りて, 取り上げた, 取り上げる, 取り出した, 取り出して, 取り損, 取るから, 取ろうと, 取上げた, 取上げながら, 受けとると, 受取り, 唇に, 商へる, 圧えた, 垣の, 売りに, 売る宿あたり, 奪つて混雜, 屆けて, 届けに, 川の, 差し或, 差し込んで, 差す新造, 引き闕, 引き闕ぎて, 引ったくっ, 当てようと, 懐に, 戴いたり, 手にとって, 抓んで, 投げて, 投げ出すと, 投り込む, 投り込ん, 折って, 折られたり, 折り鏡, 抜いた, 抜くと, 拭いて, 拭きながら, 拭く, 拵へ, 拾いあげたが, 拾い取って, 拾うの, 拾ったじゃ, 拾ひました, 持たせて, 持ったまま, 持った種, 持ってるかい, 持ってるから, 持つた右, 持つた手, 持出して, 振落して, 挿した仇, 挿した娘, 挿した等身大, 挿す娘, 捜して, 捨て右手, 探って, 握ったまま, 握って, 斜に, 替へ, 期待させ, 梳かせその, 梳かせ何とか, 櫛箱に, 求む, 汚すが, 洗ひ始めました, 流行らせて, 添へ, 湯殿の, 漁って, 澤山に, 濡らして, 無雑作, 片手に, 男の, 盗まねば, 盗み取り相, 盗んだ時, 真二つ, 眺めて, 瞶めた, 箪笥の, 箱から, 紙で, 置くなり, 翳して, 老懸, 耳に, 膝と, 自分の, 落したから, 落したさうな, 落したそう, 落とした, 藁で, 西隣の, 見せました, 見せると, 見た時, 見つけたらひろい上げる前, 見つけて, 見ても, 見付けると, 貰って, 買うこと, 買うよう, 買ったって, 買ったよ, 買ひ, 造る店, 銜えて, 鍋被, 鏡台の, 鑑識課へ, 鼻に

▼ 櫛~ (233, 16.0%)

36 歯を 20 歯の 7 歯が 6 ような, 歯に 4 歯も 3 ことを, やうな, 歯で, 目が, 齒を

2 [12件] ことも, ように, 峰を以て, 手を, 歯跡が, 目の, 目を, 箱などを, 箱の, 隱し, 音が, 鬢の

1 [115件] あつらえとか, いいの, うちで, うらと, おちる演奏, きれい首を, ことから, ことと, ことなどは, さ, しまつ, てらてらと, なくなった事, はいった小箱, はのよく, ほそき歯, まわりに, ようだ, よく入っ, シュウシュウという, ハの, 一つ二つの, 三日月落ち, 中程齒へ, 主といふ, 事件は, 二つに, 人は, 代りに, 似合う娘, 作用を, 使いようどうしても, 光を, 具の, 勘定書でも, 古さ, 名前が, 太い齒, 女, 女いう, 如く剃刀, 宝石玉が, 寝息に, 峰, 峰の, 工場は, 店だの, 式は, 形に, 所有者も, 手の, 折れたの, 折れたる時, 持ち主を, 暗號文字, 有無で, 条に, 棟に, 欠けたの, 次は, 歯から, 歯ざわりにこころよ, 歯と, 歯みたいに, 歯式の, 歯式稲扱器すなわち, 歯通りて, 油を, 津で, 無くな, 照, 照とともに, 片割, 玉が, 王, 王は, 王五柱, 産地として, 男柱一つ取り闕ぎて一つ火燭し, 男柱一箇を, 画を, 痕なき, 目もは, 破片と, 端が, 竹薮に, 箱だけを, 箱と, 箱一具衣裳箱一つを, 箱乱れ箱香壺の, 紋はこ, 絵を, 美しさ, 背なかには, 背に, 背を, 色を, 落ちたの, 落ちたる時, 落ちた音, 蒔絵の, 蝶を, 表の, 製造においては, 謎を, 輪郭も, 道具に, 零れたるも, 類より, 類を, 飾も, 飾り附け, 髪を, 齒の, 齒も

▼ 櫛~ (96, 6.6%)

18 落ちて 3 一つ 2 あった, 一つございました, 一つ泥の, 落ちた, 辷り落ちた

1 [65件] あったところ, あったので, ありました, ある, ある櫛, あろう筈, うつむいた, おちたの, おちる刹那, さされて, しまわれて, すきで, そつと, とんで, ないぢ, ばかに, またふりおとされた, まるっきりフイ, もろくも, 一つ底の, 一つ程よい, 一つ落ち, 一本投げ出され, 一枚あった, 一枚あらわれた, 一枚網盥を, 一枚落ち, 三枚得物に, 並んで, 二つに, 仰向けに, 俺の, 光る, 入れられて, 出來, 前髪から, 効果の, 卓の, 唯欲しゅう, 失われずに, 屆けられる, 幾枚も, 晃めく, 横に, 死骸の, 気に, 海濱に, 無いのん, 煙管や, 眼に, 知って, 私の, 落ちたぞ, 落ちる, 落ちるだろうかという, 落ちると, 要るよう, 見つかりましたので, 證據の, 貝細工の, 通って, 飛ぶ, 髷の, 鬼の, 黒塗の

▼ 櫛~ (71, 4.9%)

6 髪を 3 頭を 2 ときつけながら, 掻き上げながら, 頭の, 鬢を

1 [54件] あつた, おさえました, お互, お蘭, かきあげても, がりがり音, しずかに, しばらく髪, すいて, でも, にんじんは, ふせて, もって, わたしの, コツコツ叩い, ゴシゴシと, ゴシゴシ掻い, 二人とも, 分けて, 前髪の, 土間に, 奴隷に, 後ろへ, 念入りに, 思いついたん, 抄ひあげる, 掻いて, 掻き上げてから, 掻上げ, 揃えて, 撫でつけ乍ら目, 梳きそれから, 梳きますと, 梳き上げた両, 梳き直す, 梳くと, 梳りながらの, 止めて, 止めると, 歳末に, 洗い髪の, 濡れた後れ毛, 留めて, 百合子の, 素絹の, 綺麗に, 見事な, 解いて, 解かしながらも, 解きそろえて, 軽く自分, 邪見に, 髪の毛を, 鬢の

▼ 櫛まき~ (68, 4.7%)

56 お藤 5 のお 3 の姐 1 お藤ッ, がねっとり, にとりあげた, の大

▼ 櫛~ (60, 4.1%)

2 お文自身, 二つに, 誰のだ, 長椅子の

1 [52件] いかにも取合せ, いろ, おとされないよう, おろか自分たちの, お内儀, お前の, お前のだらう, お樂, お靜さんの, こうして挽く, そりゃ何処, たしかに姉さん, たしかに私, たしかに自分, どう, どこかに, はっきりした, ふだん何處に, ほんのりと, みごとな, やつぱりお湯屋へ, わかつて, ステージの, 二人の, 二月前に, 仕事の, 午前に, 半歳, 吉次の, 大分古く, 失われて, 峰の, 思ひ切つて野蠻, 条々の, 棄てろよ, 源助が, 滅多にある, 滑かに, 物の, 白鼈甲の, 竹で, 薄暗い露地, 行燈台の, 誰ので, 誰も, 買いて, 赤く塗つて菊, 重いし, 野代の, 鍋取, 長さ, 鼈甲模擬の

▼ 櫛~ (53, 3.6%)

3 して 2 ありけり花埃, ちやつと, 見覚えは

1 [44件] かかる千筋, からんで, ざらざらうく, したの, しては, しろ小間物店, てらてらと, ながる, ながるる黒髪, なにかの, なります黄楊, や, ギヤマンの, ジッと, 冠だ, 匂ふ, 取らして, 取りなしみずら, 妄念が, 小さな金具, 尾を, 引つか, 托して, 掻撫でつ, 数々の, 日の, 曰くが, 月の, 朱漆を, 梳かれる時, 目を, 蒔繪した, 蒔繪せしめた, 蒔繪を, 血色の, 見覺, 覺え, 觸る, 金蒔絵した, 金足の, 銀の, 鍋取, 鍍金足に, 附けても

▼ 櫛~ (40, 2.8%)

3 かんざし 2 笄は, 簪の, 簪や

1 [31件] なにか這入っ, クリームの, シャボン入れや, ソースびんが, ピンの, ピン刷毛類など, ブラシが, ブラシを, 一フートも, 何か, 嗅タバコ入れ, 平打の, 扇までも, 手絡の, 王妃の, 珊瑚珠の, 珠玉の, 笄じゃ, 笄などを, 笄の, 笄まで, 笄や, 笄を, 簪に, 簪叉は, 翡翠象牙水晶瑪瑙を, 職業に, 赤い紐, 飾の, 髪針の, 髱止が

▼ 櫛巻き~ (36, 2.5%)

10 お藤 9 にし 3 の頭 2 にした, の女 1 とかいうもの, に束ね, に束ねた, に結った, に結ん, に銀簪一本, のまま, の姐, の細君, 小弁慶

▼ 櫛~ (29, 2.0%)

2 珊瑚の, 用箪笥の, 笄を, 銀の

1 [21件] いいその, いふ者なり, たった二つ, たつた二つ, つたな, 与七, 中差しとの, 云いどうも, 八本の, 名づくる, 歯ブラシとを, 皿いっぱいの, 笄が, 笄とを, 簪と, 置いてけ, 與七の, 蝮と, 銘を, 髪結の, 鶴子の

▼ 櫛~ (28, 1.9%)

2 も手ばしこく

1 [26件] かもじなど, があったら, がきらり, が灯影, が落ち, が重, だの, だの珊瑚樹, だの襟留, でも手, で髪, にも田之助, に対してものん気, のよう, の行方, の類, はその, まで賣り, もあり, もひしゃげた, も落ちない, や衣類, を, をつけました, を円光, を取り

▼ 櫛~ (26, 1.8%)

2 さして

1 [24件] いつしかに, いつもの, きちんと挿, ささず見馴れた在来, ささない前髪, なし, ブラシも, 三次の, 中指も, 入れずいつも, 妾が, 抜いて, 捨てたり, 昔や, 枕元へ, 洗い髪幾度と, 特に大きな, 石鹸も, 神さ, 笄も, 落さず動き, 重そう, 釵も, 隠すには

▼ 櫛~ (19, 1.3%)

2 を出し

1 [17件] お手箱, から櫛, だの, です, と剃刀, なぞをそこ, に入れた, に眼, の中, の仕, の置い, の髢, や鬢, をさげた, をそこ, を提げ, 掻き上げ

▼ 櫛~ (15, 1.0%)

4 にし 2 にした 1 で身扮, と島田, にした阿, に埃, の薄化粧, の阿, の髮, ばかりで, を手

▼ 櫛名田姫~ (13, 0.9%)

1 [13件] と云う, に似た, の亡き骸, の前, の声, の話, の面影, はふと, はまた, はまるで, は心配そう, を娶る, を運ん

▼ 櫛~ (8, 0.6%)

1 とあの, とか, とか簪, とか道明, などとして, のが, のという, のを

▼ 櫛だの~ (7, 0.5%)

1 やれ下駄, 半襟だの, 笄だの, 簪が, 簪だの, 花簪だ, 買って

▼ 櫛という~ (7, 0.5%)

1 のか, のが, ものは, やつを, 事や, 単語さえもが, 国貞好みの

▼ 櫛~ (7, 0.5%)

1 から足, などの裝飾品, に後光, に衣類, は斯, までもちゃんと, も何処

▼ 櫛でも~ (6, 0.4%)

1 かんざし, せっかくの, ない, 浦島の, 無さそう, 私の

▼ 櫛など~ (6, 0.4%)

1 一切の, 入れたこと, 入れなお, 勧めら, 持って, 薄い紙

▼ 櫛などを~ (6, 0.4%)

2 ひさいで 1 並べて, 前髪を, 挿し込んで, 身に

▼ 櫛かん~ (5, 0.3%)

2 ざしを 1 ざし, ざしあげ帽子, ざしで

▼ 櫛~ (5, 0.3%)

1 づりたる黒髮は, づり萬國を, づる丈長髪の, づる丈長髮の, づる髪の

▼ 櫛には~ (5, 0.3%)

1 そんな跡, なんと旦那様, わけの, 血が, 血の

▼ 櫛~ (5, 0.3%)

1 などの調度, の蓋, をおき, を仕舞っ, を寄せ

▼ 櫛橋氏~ (5, 0.3%)

1 と十六歳, に似た, の侍女, の喪, の若

▼ 櫛~ (4, 0.3%)

1 ピンかが, 指環か, 指環かを, 櫛なら

▼ 櫛です~ (4, 0.3%)

1 からどう, か落ち, が水, よ

▼ 櫛から~ (3, 0.2%)

1 さては菓子型, 拭きとった女, 衣類までが

▼ 櫛とを~ (3, 0.2%)

1 ぬきとって, 持って, 置いて

▼ 櫛なんか~ (3, 0.2%)

1 とって, 死體の, 置いて

▼ 櫛~ (3, 0.2%)

1 墨を, 巻き付けた血書, 蒔絵した

▼ 櫛~ (3, 0.2%)

1 は何處, は出, を又

▼ 櫛やら~ (3, 0.2%)

2 油やら 1 すき毛やら

▼ 櫛卷き~ (3, 0.2%)

1 にした, のほつれた, の首

▼ 櫛取り出し~ (3, 0.2%)

1 て乱れ髪, て千鶴子, て頻りに

▼ 櫛名田媛~ (3, 0.2%)

1 とお, と申します, をおもらい

▼ 櫛~ (3, 0.2%)

1 で漆黒, に入り組んだ, の丘

▼ 櫛~ (3, 0.2%)

1 があっ, との外, を指示

▼ 櫛角別~ (3, 0.2%)

3 の王

▼ 櫛道具~ (3, 0.2%)

1 の事, を取っ, を持ち運ん

▼ 櫛さし~ (2, 0.1%)

2

▼ 櫛とか~ (2, 0.1%)

1 そういうもの, 称する無意味

▼ 櫛~ (2, 0.1%)

1 ので阿部さん, んざ持つ

▼ 櫛などまでが~ (2, 0.1%)

2 いつぺんに

▼ 櫛なら~ (2, 0.1%)

1 いくらか貸すだろう, ここに

▼ 櫛なり~ (2, 0.1%)

1 差櫛梳櫛洗櫛中, 簪なり

▼ 櫛なんぞ~ (2, 0.1%)

1 取つか, 取らつたん

▼ 櫛にも~ (2, 0.1%)

1 似いるに, 留らず額

▼ 櫛~ (2, 0.1%)

1 この中, こを

▼ 櫛ばかり~ (2, 0.1%)

1 でも, 懐中は

▼ 櫛やらを~ (2, 0.1%)

2 持つて

▼ 櫛~ (2, 0.1%)

1 寒山の, 雨に

▼ 櫛~ (2, 0.1%)

2 にも香水

▼ 櫛を通して~ (2, 0.1%)

1 居た, 癖が

▼ 櫛ヶ浜~ (2, 0.1%)

1 へゆきました, まで歩い

▼ 櫛二枚~ (2, 0.1%)

1 を買い求め, を賽銭箱

▼ 櫛八玉~ (2, 0.1%)

1 の神, の神鵜

▼ 櫛名田比~ (2, 0.1%)

1 賣, 賣を

▼ 櫛名田比売~ (2, 0.1%)

1 を以て月, を吾妻

▼ 櫛四枚~ (2, 0.1%)

1 をぬすみ取った, をぬすん

▼ 櫛歯形~ (2, 0.1%)

1 に切り目, に木片

▼ 櫛油元結~ (2, 0.1%)

1 といふやう, によつて髮

▼ 櫛落ち~ (2, 0.1%)

1 てけり, にけり

▼ 櫛造る~ (2, 0.1%)

2 刀自

▼1* [149件]

おもくしてか, 櫛かかんざしか, 櫛からはやはり蛇, 櫛かを髪の, 櫛がめつから無い, 櫛にかかった, 櫛くっきりと白く細い, 櫛けずられた広袤一千リーグ, 櫛けずる妖精だ, 櫛こうがい裲襠姿のまま, 櫛ごとにはらはら, 櫛へもたぬ, 櫛さした木の葉の, 櫛さしたる姿の, 櫛じゃと云うに, 櫛する髪に, 櫛ずりもしない, 櫛そいつは紛れ, 櫛その姿で, 櫛そればっかりはどうぞ, 櫛神さびに, 櫛たとうだのを, 櫛だったのかと, 櫛てえのは, 櫛でございましたので其比, 櫛でさえあれば, 櫛ですきながらすき, 櫛でないというべら棒, 櫛ではありませんか, 櫛といふのは, 櫛とが美しくきらきら, 櫛とさえいえば, 櫛とれど, 櫛どうぞそればっかりは, 櫛どこを放っつきまわってる, 櫛なぞいうもの, 櫛なぞがそれに, 櫛なぞを取出して, 櫛などが彼女の, 櫛などといふことを, 櫛なら拭いても齒, 櫛なんてものは, 櫛にばかり飛びつくという, 櫛のみを挿したり, 櫛ばかりを見せて, 櫛ひとつで野呂さん, 櫛ひろへり, 櫛へは血が, 櫛まで貸しました, 櫛みたいだなあ, 櫛やがてその櫛, 櫛さて世, 櫛ず欄, 櫛らしいものは, 櫛をもつてを, 櫛コーガイ帯止めカンザシ, 櫛サアロンと呼ぶ, 櫛シガレットケース傘の握り, 櫛ピンその他様々の, 櫛リボン洋燈の光線, 櫛ヶ浜行乞それから下松, 櫛一つの考證, 櫛一本に巻きつけ, 櫛一杯に抜毛, 櫛一枚も残っ, 櫛一枚半襟一かけお嬢さんが自分, 櫛三櫛やがてその, 櫛上古有人體極長大身居丘壟之上採蜃食, 櫛与えざるも残念, 櫛櫛鬢掻毛筋棒いづれ, 櫛丸髷の手がら, 櫛の巻, 櫛二板紙に包んだ, 櫛以外の物, 櫛何故して, 櫛八玉神という神, 櫛を片づける, 櫛卷きで世にも人, 櫛卷男物のやう, 櫛取りも見なく, 櫛取る手さへ, 櫛句爬分折毫毛, 櫛の鏡, 櫛売二人若い方, 櫛多し, 櫛小判さえ積め, 櫛少し大振りな, 櫛岡其大人踐跡長卅餘歩, 櫛巻き姿が見えた, 櫛巻頭に小, 櫛を見た, 櫛御方の命, 櫛御玉大物主の知らしめ, 櫛指輪などの句, 櫛挽きだな, 櫛の捏鉢, 櫛描指描飛ばし鉋, 櫛散薬のよう, 櫛明神であったが, 櫛と云, 櫛月姫うるみて, 櫛梳らせその総髪, 櫛梳りけむペリカン, 櫛梳櫛洗櫛中櫛, 櫛のもの, 櫛橋七之丞, 櫛橋左京は幸い, 櫛橋治家などの塁, 櫛を挽く, 櫛歯状に分裂, 櫛水母類にも發光, 櫛不食肉, 櫛沐ニ方リ打門, 櫛漂着一件の考證, 櫛の如き, 櫛の刺櫛, 櫛田中君は人, 櫛から鏡, 櫛て筈長, 櫛真智は奇兆, 櫛真珠の根掛いつか, 櫛石けん手拭肌着足袋白米五合マツチぐらゐな物が入, 櫛磐間の命二神, 櫛立派なりと, 櫛笄亡夫の腰の物, 櫛笄帯止めなどの高価, 櫛笄手道具から指輪, 櫛笄昔物ゆえ気には入るまい, 櫛笄等に鼈甲, 櫛笄簪リボン一ツもそんな, 櫛笄腕時計といった小物, 櫛笄貯えの金子, 櫛を持ち出し, 櫛箱耳盥そんなよう, 櫛簪何なりと好, 櫛紙香料の袋, 櫛職人でご, 櫛腕輪胸にさす, 櫛でもあんまり, 櫛諸種の塗り物, 櫛買うたところで, 櫛買ってご, 櫛足袋と白粉, 櫛道具油香水化粧品いろいろと, 櫛白く水色, 櫛ただただ上, 櫛を終つて, 櫛髮風の姿, 櫛鬢掻毛筋棒いづれも