青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「明り~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~早速 早速~ 昂奮~ ~明 明~ ~明け 明け~ ~明らか 明らか~ ~明り
明り~
明る~ ~明るい 明るい~ ~明るく 明るく~ ~明日 明日~ 明智~ 明治~ ~明白

「明り~」 2025, 20ppm, 5690位

▼ 明り~ (439, 21.7%)

86 中に 22 中で 15 下で 12 下に 9 なかに, 中を 6 影が 5 隈は 4 さ, ついて, なかで, やうな, ように, 下を, 中から 3 さして, さしてゐる, 中へ, 方へ, 街を

2 [19件] うちに, せいか, ような, 中では, 中には, 中の, 仄めいた洛陽, 前に, 吹かれる通り, 圏の, 廊下の, 強い光, 影の, 方に, 方を, 洪水を, 点つてゐる, 蔭に, 部屋の

1 [194件] あること, ある横町, ある空, ある街路, いたずらだろう, おぼつかなさ, ことな, ことや, ころの, ささなかった墓穴, さしたの, さすところ, さす事, さす台所, さす四辺, さす座席, さす歩道, さす門口, して, すぐ下, するフラット, する一廓, する船端, せいかく, せいかしらん, せいかも, せいだ, せいの, せいも, その下, ため高く, ついたひとつ, ついた廊下, ついた義男, ついた障子, つく時分独り, ところだけ, ところへ, とどかない奥, とどかない奧, とどかない部屋, とどかぬ破れ窓, とほどほ, とほらぬ, ともって, ないこと, ない蚊帳, なかの, なごりが, はいる先, ほうを, ほかは, まだよく屆, まだよく届かない, まに, まわりを, もとに, もれて, やうに, ゆらがぬほどに, ゆらめきを, わずかに, ザール, マラッカ海峡が, 一つに, 丁度その, 上に, 下でも, 下ながら, 下には, 下へ, 中だった, 中にも, 仄めく空, 今, 倉前に, 側に, 側を, 僅かに, 先に, 光の, 入らぬ間, 入る坪縁, 具合一つにも, 冷たい大気, 冷ややかな, 前で, 加減か, 加減であろう, 反射が, 反射だけ, 反射で, 取方, 向う側, 場所を, 外には, 夜に, 夜の, 大地に, 大路を, 如く思はれる, 宵闇を, 射したばかりに, 射した籔, 射して, 射す処, 尊さ, 尽くる, 届かない部屋, 届くところ, 届く所, 屋根の, 差さない草ッ原, 差したこと, 差した家, 平野の, 広がって, 強くなる, 影から, 影を, 往来へ, 往来を, 掛行燈が, 揺らめきも, 故にこそ, 故に救い, 昔ながらの, 映した山稜, 映して, 映す月, 映る浜座敷, 晩の, 晴れが, 暈を, 残って, 気持あれが, 沢山点い, 洩れるの, 洩れる窓, 海の, 消えた寝室, 涼しいの, 滲み合って, 滲んで, 漂うて, 漏れて, 火に, 灯く, 点いたウィイン, 点いた一点, 点いて, 焦点に, 照し出す, 燭光を, 爲めか, 瞬きに, 磨硝子に, 穂先を, 穴倉という, 空に, 空の, 空を, 窓の, 立つまでは, 立やうに, 線と, 縁側に, 縞が, 船岸に, 色が, 色の, 色柔らかな, 落ちた十字架, 落着いた, 處を, 蝋燭位は, 裏打を, 裡を, 褪めたよう, 見えるポーチ, 見える村, 覚束な, 軒を, 輪が, 輪の, 近づくほう, 遠目にも, 部屋でない, 野に, 間を, 障子を, 雲かそけき, 電燈も, 顔を

▼ 明り~ (421, 20.8%)

15 ついて 14 さして 9 射して 8 ついた, 洩れて 7 点いて 6 差して, 流れて 5 さして来た, 薄れて, 見えた, 見えて, 部屋の 4 ぼんやりと, 見える 3 ある, ともって, ゆらいで, 映して, 消えて, 見えるの

2 [18件] あった, あるよ, うごいて, かすかに, さした, さしたよう, さしてゐる, して, つくと, ないので, 中で, 外から, 寝呆け, 川下の, 差し込んで, 漂って, 漏れて, 灯って

1 [261件] あかあかと, あって, あるから, あるなんて, ある丈, あれば, いつまでも, うつった, うつって, おりおり見えて, お痩, お通さん, かけ連ねられた, かたまって, かんかん燈, きら, くつきりと, こちらを, こんな下, さえます, さしたから, さしたならば, さしたの, さしたので, さしてい, さしていつか夜, さしてき, さしてゐた, さして女, さして居る, さして来, さして火, さして球, さして薄, さして見える, さして部屋, さしトンネル, さし人, さし色, さし雪洞, さすきり, さすだろう, さすよう, すぐ眼, すだれ, すつと, そこから, そこらに, そこを, そとから, そのテーブル, その不透明, その全身, その横顔, たらたらと, だんだんと, ちら, ちらついて, つき白みかけた部屋, つく時分, つけられた, ところどころ, とって, どよめきながら, ない, ないと, にぶく照らし, はいるのみ, ばったりと, ふりそそいだ, ほのかにしか, ぼが, ぼんぼりの, ぼんやりし, ぼーっと曇っ, ぽつつと, また暗く, また消え, まったく消えた, まばゆかった, みなぎって, もれて, やはり黄色い, ゆれて, チラッと, ドアの, パッと, ボンヤリと, 一つも, 一つ一つ殖える, 一つ見えました, 丁度波, 三ツ四ツ聟どのと, 便りです, 倉の, 僕の, 先に, 光りそめる事, 入って, 入っては, 其処に, 円い空地, 冷たい床, 出窓の, 切れましたから, 副室, 卯の花に, 取られいつも, 取られて, 台所と, 四方の, 境の, 外に, 多過ぎる, 夜中ずっと, 夢中に, 奇怪に, 寝とぼけた様, 射さないよう, 射すと, 射すので, 少しも, 尖って, 届いて, 屋根うら, 屋根からも, 左手から, 差し次第に, 差すと, 幸いし, 広く黄色く倒れた, 庭先へ, 廃墟の, 強いので, 往来へ, 待受けて, 必ず映っ, 忍びやかに, 怖ろ, 急に, 指し込んで, 揺れうごいて, 揺れて, 斜めに, 方々から, 日本酒色を, 明らかに, 明滅する, 映えかがやく長, 映しこんで, 映したの, 映してるだろ, 映しますぜ, 映す, 映って, 昼間ながら, 暗い広い街, 月光の, 期待される, 木の葉の, 未だ消えきらなかった, 末広がりに, 来た, 来ました, 柳の, 横ざまに, 横の, 欲しいと, 欲しいので, 残って, 水に, 沢山点い, 洩れ出て, 消えたあと, 消えてるぜ, 消えました, 消えましたおつけ, 消えやり場, 消える, 消えると, 消え失せました, 消された, 消ては, 滲み込むだの, 漂いはじめるから, 漏れては, 漏れないよう, 濃く淡く驚く, 火である, 灯いた, 灯る頃, 点きすべて晩方, 点き始めた, 点して, 点りはじめさわやか, 煌々と, 燈って, 燈る, 牢格子の, 玄関に, 産み出す各種, 用心深くかこわれ, 男の, 町の, 白く映しこん, 眞新しい, 真っ白に, 真新しい畳, 眩いやう, 眼の, 破れた窓, 祖母と, 私達を, 空の, 窓硝子を, 立たぬそのうち, 立たねえ, 立ち兼ねるの, 立ったッ, 立つよう, 箱の, 築港の, 紫陽花色に, 繁つたアカシヤ, 自分の, 自由に, 草原と, 薄れ眼, 薄暗いせい, 薄絹, 行くよう, 西の, 見えたかと, 見えたので, 見えだした, 見えだして, 見えないこと, 見えはじめたので, 見えます, 見える方, 見ようによって, 見られて, 赤, 走って, 遠く去る, 閃, 闇に, 附く, 附くの, 附けて, 隙間洩る, 障子に, 障子を, 雪道に, 靄ながら, 青くさし, 青白く映し, 青黒くただよっ, 静かな, 顔に, 鼻の

▼ 明り~ (307, 15.2%)

18 消して 11 たよりに 9 つけて 7 避けて 5 受けて, 増して, 立てて 4 見て 3 入れると, 求めて, 浴びて, 点けて, 燈し, 見せて

2 [17件] うけて, うしろに, つけた, つけますから, つけると, 便りに, 手に, 投げて, 横に, 消しました, 消す, 眺めて, 眺めながら, 背に, 自分の, 透して, 頼りに

1 [191件] うけた盛観, うけながら, うつした離れ, お下げな, お消し, かきあげて, かざし合って, かなりはなはだしく, こちらへ, さしつけて, さらわれて, したうて, しまつて, しめして, すえて, すぐそば, そこに, そのつやつや, その花, それへ, たえず自分, たぐりよせて, ただよ, たのむよ, たよって, つけさせながら, つけたとき, つけたり, つけたテーブル, つけに, つけようか, つける, つけるから, つけること, つたえて, とって, とぼして, ともして, ともすと, とりこむこと, のぞいて, ぱっと雪, ひっそりと, ふき消した, ふり向いて, ほんとうの, またたかせて, まともに, みせて, みた, みると, めがけて, めぐる蟲, もつ燐, タヨリに, ハツと, パッと, ボッと, 三ツの, 上げ忘れて, 二人の, 交わして, 人あまた, 付けるもの, 仰ぐと, 伝わって, 借りて, 入れそして, 入れた, 入れたいん, 入れて, 入れましょう, 内に, 再びつけた, 凝視した, 力無い, 反射し, 反映させ, 取った並居る人顔, 取った横, 取って, 取り蕨粉, 取るやう, 取るよう, 受けた, 受けたお, 受けた廊下, 向けた, 吹き消し万太郎, 哀しく美しくこちら, 失いかけて, 密やかに, 小さな電球, 履み, 差し出した時, 幸部落の, 強くしない, 後に, 忍んで, 恐れるやう, 愛でて, 感じ神聖, 慕うて, 慕って, 持たせて, 持って, 指しながら, 振り向いて, 振れば, 採り入れて, 探した, 探って, 提げた凄, 揺らせて, 早く持っ, 早く早く, 早く明り, 明りを, 映して, 暗くする, 柳にぞ, 横顔に, 残して, 気に, 洩らして, 流れの, 浮かして, 浴びた鬼, 消さうとして, 消さなければ, 消した, 消したの, 消した様子, 消してから, 消しなさいと, 消しますよ, 消し二重窓, 消すつもり, 消そうか, 減らして, 灯けて, 灯すにも, 点けずに, 点けない, 点ける, 点したところ, 目あてに, 目じるしに, 目当てに, 目標に, 磨りつけて, 移し先, 立て, 立てさせませう, 立てた上, 立てること, 立てるという, 立てる者, 美しく保つ, 翳して, 背景に, 補ったの, 覆うた, 見せてよ, 見た, 見ちゃ, 見つけたと, 見つけたよう, 見つめつづけた, 見つめて, 見られるの, 見る, 見ること, 見ると, 見るに, 見るの, 見上げて, 見出したよう, 認めたとき, 認めたならそれ, 路の, 辿って, 迎へて, 透かして, 遮った, 金庫に, 附けた, 附けるもの, 附ける頃, 顎から, 飛べる絮

▼ 明り~ (259, 12.8%)

13 すかして 9 透して 6 照し, 透かして 4 輝いて 3 して, 照らされて, 照らされながら, 見れば 2 つつまれて, なって, 光る水面, 向って, 字を, 添って, 照らし出されて, 蚊の, 見えた

1 [191件] うかびあがって, うつら来る植女, えごうく, お久良, かしこまって, かわるよう, きっと見廻しました, くれば, ぐらぐらと, さはるゆゑ朝毎, しどけなく, すかされる岬, すかしすかし読みにく, すかし見た与の, すかすよう, そこに, そこの, その意味, その手, その色, その茶色, そむけて, それらの, それを, ちょうどいい, ちらと, つれて, てらされて, なった, なんとなく華やい, はじめてそれ, はじめて照, ひと目対手の, ふと眼, ほのかにも, ほんのりしてる, ほんのりと, ぼんやりと, ぼんやり照, ぼんやり見え, また川風, みちびかれ頓, もつれて, やっと見わける, よくよく見る, よろぼひ出たの, わずかに, われと, アイガーと, パツと, 三人とも, 三人の, 下から, 下る夜舟, 両童, 二言三言挨拶を, 交った薄暗がり, 似た赤光, 住する, 先刻の, 光って, 光つてゐた, 光つてゐる, 光る, 全く馴れる, 几帳の, 到着し, 前面を, 匂い白い, 包まれて, 又びくびく, 向いて, 向うの, 吹かれると, 善助を, 変に, 夏虫が, 大きな眼, 大川ばた, 始めて, 導かれ意外, 少女は, 庭に, 彼女を, 心持の, 慣れたので, 戦いで, 抱き起す, 振り顧って, 掛けて, 揺らいで, 敵は, 映された奇怪, 映しだして, 映った顔, 曝すよう, 書は, 朱鷺色が, 死に絶えて, 沈んで, 注意する, 浄化された, 浮いて, 浮かび上がって, 浮き立たす石, 浮び出て, 浮んだ眼, 浮出して, 添い時々, 湖は, 湯気が, 源氏を, 溶けこみ空, 漕ぎ馴れて, 漸くそれ, 漾って, 漾つてゐる, 濡れしぶき, 烟の, 照され, 照された, 照らされたかれ等, 照らされた木立, 照らされた洞穴, 照らされ乍ら, 照らされ覗かれて, 照らしだされた蒼白い, 照らし出された明王, 照らし出された空虚, 照り反された黒く, 燦爛として, 片頬, 物の, 猩々は, 病人の, 白い暖簾, 目が, 眺めても, 石膏の, 稍, 積雪を, 窮します, 立留つて話す, 紙覆, 素直に, 紫陽花の, 緊張した, 罩もっ, 美しく見えた, 華やいだ, 葉は, 被せて, 見えたがね, 見えるとも, 見える頭, 見せて, 見たら馬陸, 見るゆき子, 読まれるその, 誰も, 足を, 足元を, 路次の, 輪かくを, 近い辺, 近づいて, 透かしながら, 透かすと, 透しちょい, 透しなど, 透し見た, 透し見て, 這入って, 金具の, 障りて, 障子の, 雑な, 雪を, 震へつつ, 霜の, 霞んで, 顔が, 顔を, 飴屋の, 馴れて, 鬼気が, 鳥辺野の, 黄昏れかけ, 黒い輪廓, 黒く光った, 黒髪だけ

▼ 明り~ (134, 6.6%)

6 見ると 3 見れば 2 すかして, ぼんやりと, 恐ろしく念入り, 眺めますと, 結構相手

1 [115件] あつた, あらうか, いまも, いよいよ彼女, おせい, お出やれ, きらめいた, この石, せう, そこらを, それを, ちがった隈取, ちらっと見た, なほ子は, はっきりとは, はっきり認められた, はつきり見, はるかに, ぼんやり照らされ, みのえ, みると, よくわかる, よく判らなかった, よく見ます, よく見る, カヂを, コートを, タミノは, チョイと, チラと, ハッキリと, 中を, 之を, 二階から, 二階中は, 今日の, 仕度し, 他人の, 他念なく, 何かしら子供等の, 元彦は, 内庭を, 内部は, 十分羽子を, 右側の, 向うの, 問題の, 夜目には, 女の, 子爵の, 室内が, 屠殺に, 干潟の, 広い仕事場, 庭の, 往来を, 悪鬼の, 慌しく表紙, 手紙を, 掃いたの, 新八, 明るく見えた, 書いて, 書を, 本ばかり, 梢の, 植込を, 椎の, 漆と, 漸くそれ, 照し出された, 照らし出そうと, 田甫の, 痩せの, 白く滲ん, 目が, 着物を, 石室内を, 碇泊し, 磯山の, 私は, 窓の, 細身の, 自分の, 芋虫の, 衣服箱などが, 見えた, 見えたと, 見えたもの, 見えました, 見たの, 見たはず, 見たよう, 見た程, 見て, 見ても, 見なれぬ美し, 見るせい, 見る徐和, 見合つた喜作の, 観音様の, 読んだ, 調べだした, 讀みましたその, 豹一は, 赤い髪, 路の, 透かして, 通行人の, 道の, 部屋の, 酒を, 雲母の, 露地の, 食事を

▼ 明り~ (94, 4.6%)

5 ほのかな, 郎女の, 黄に 2 あるが, 二人の, 太陽の

1 [73件] あつた, ありながら, ありますまいか, あるのに, うすいながらも, お消し, この人気, さして, しづけくて, すぐさま踏み消され, その美しい, それで立つ, だんだん華やい, つかなかつた, ふしぎに, ほつと, またすぐ, まぶしゅうございます, まるで夜明け, むしろ痛み, もう消え, もえながら, 下から, 主としてその, 二坪程の, 何と云う, 何ものの, 何ヵ月も, 何気なく元, 先に, 前よりも, 十分に, 叢の, 右手から, 大半消され, 宗太の, 射さぬ, 小屋の, 小窓, 少しも, 尿小路の, 庭から, 廊下へ, 微かに, 急速に, 我慢が, 持たないの, 提灯も, 暗夜の, 流れに, 消えたが, 消さずに, 消すこと, 灰色の, 燈籠に, 磨るが, 祇園林に, 穹窿の, 突きあたりの, 立たなくなりました, 立つ, 蒙昧化され, 薄れて, 蝙蝠の, 覺束ない, 谷の, 足下を, 遠い國, 遠い空, 闇を, 隅の, 雑草の, 霧の

▼ 明り~ (41, 2.0%)

3 ついて 2 点いて

1 [36件] あって, あるの, きわめて鈍く, ささずさも, して, たずさえられて, たち傳吉, つけずに, とどかぬ墨, ともって, ない, ないが, ないので, ない小者部屋, ない空部屋, なく人気, よき一間, 人声も, 仄暗く, 今の, 射さなければ, 差して, 揺らぐばかり, 洩れず手, 消えて, 漸, 燈さず, 燈って, 眼に, 笑いさざめい, 美しかった, 見えないし, 見えなかった, 見えなくなって, 見えなくなり焚火, 足元を

▼ 明り~ (34, 1.7%)

3 なりに, 雪の

1 [28件] いいたいくらい, いうのに, たくさんな, なった, なりその, なり東, なり氷, ひらめく瓦斯燈, ふたつの, 一個の, 一緒に, 云へば, 人工の, 侍女たちの, 千駄の, 同様に, 戯れ声, 沈黙の, 消え残ってる電灯, 淀の, 申せば, 等分に, 許された騷ぎと, 闇の, 雪明りとの, 電燈瓦斯の, 静かな, 音の

▼ 明り~ (33, 1.6%)

3 のよう

1 [30件] からかすか, からぎら, からのぞいた, からヤン, から外, から射し, から射す, から石垣, から西洋, から黒, があっ, がとっ, がほんのり, でそこ, にはクモの巣, に沿っ, に近く, のうえ, のきわ, のない, の内部, の方, の棒, の障子, はたった, は土蔵造り, は灰色, は煙突, をつけ, を破っ

▼ 明りとり~ (19, 0.9%)

3 の窓 2 の天窓, の小さな

1 [12件] から射し込んだ, であった, になっ, のガラス, の下, の板, の格子, の横窓, の鉄格子, らしい円窓, 昼は, 晝は

▼ 明り~ (11, 0.5%)

2 朝の 1 わたれども人, 一き, 來る, 寂びし引き潮, 来る声, 火は, 近き小竹, 風騒ぐ, 風騷ぐめり

▼ 明り~ (10, 0.5%)

1 ぬかずいた, 俯向いた, 傾いて, 呼びかけた, 姿を, 寄って, 展げて, 引かれて, 袖屏風を, 顔を

▼ 明り~ (9, 0.4%)

2 て勢, 二本の 1 ては陰っ, てミレー, て竹の子, て軒, て飛ぶ

▼ 明りでは~ (8, 0.4%)

1 ありませんか, あるが, どうだろう, なかつた, よく分らなかつた, 殆ん, 男客に, 私は

▼ 明り~ (8, 0.4%)

2 枯小竹に 1 お寺の, 夕化粧, 幾人もの, 散る花, 空明りは, 飾りの

▼ 明りでも~ (7, 0.3%)

1 あの星, いいから, じゃまに, 受けて, 普通の, 歴史上の, 附けようと

▼ 明り~ (6, 0.3%)

1 いつも気づかない, からぢつき側, か汽車, ぞ人間五十年, よ, 明りだ

▼ 明り立つ~ (5, 0.2%)

5 と幾重にも

▼ 明りから~ (4, 0.2%)

1 二三間ほど, 人群の, 明けて, 談笑の

▼ 明りとは~ (4, 0.2%)

1 この大川, ゆかないまでも, 違うらしい, 面白くよみ出でた

▼ 明りとも~ (4, 0.2%)

2 靄とも 1 つかず何となく, 違う

▼ 明りにも~ (4, 0.2%)

1 いきいきと, お雪ちゃんは, 無気味な, 私が

▼ 明り~ (3, 0.1%)

1 それともまた漁り, 知らん大きな, 竈の

▼ 明りさえ~ (3, 0.1%)

1 感じられた, 漏れて, 見られなかった

▼ 明りという~ (3, 0.1%)

1 ものは, やつで, 句が

▼ 明りなんか~ (3, 0.1%)

1 ありゃア, つけて, なくても

▼ 明りのみ~ (3, 0.1%)

1 でなく夜, で燈火, 射し入れど

▼ 明りらしい~ (3, 0.1%)

1 ものが, ものなぞ, ものは

▼ 明り一つ~ (3, 0.1%)

1 ささないが, もれて, 見えなかつた

▼ 明り~ (3, 0.1%)

1 ぐらゐな處では, の切窓一つ, の窓

▼ 明り~ (3, 0.1%)

1 の光, の火, の炎

▼ 明りいよいよ~ (2, 0.1%)

2 に暗く

▼ 明りした~ (2, 0.1%)

1 姿で, 空に

▼ 明りすかし~ (2, 0.1%)

2 て見る

▼ 明りたのめ~ (2, 0.1%)

2 て伐りし

▼ 明りだけに~ (2, 0.1%)

1 なった, なると

▼ 明りだけは~ (2, 0.1%)

1 ありませんが, かんかんと

▼ 明りつつ~ (2, 0.1%)

1 あり, 広く閑けさ

▼ 明りとが~ (2, 0.1%)

1 中空に, 呉劉二夫人の

▼ 明りとの~ (2, 0.1%)

1 感じの, 間を

▼ 明りとり窓~ (2, 0.1%)

1 から逃げ出す, の一つ

▼ 明りと共に~ (2, 0.1%)

1 ズイと, 磯の

▼ 明り~ (2, 0.1%)

1 のかも, のだ

▼ 明りなら~ (2, 0.1%)

2 家の

▼ 明りばかり~ (2, 0.1%)

1 だから, 目立ち通行人

▼ 明りゆく~ (2, 0.1%)

2 立姿頂の

▼ 明りより~ (2, 0.1%)

1 さして居ない, 白い道ばた

▼ 明り~ (2, 0.1%)

2 空の

▼ 明り~ (2, 0.1%)

1 にも頑固, は煙

▼ 明り~ (2, 0.1%)

2 なる雁

▼ 明り採り~ (2, 0.1%)

1 の小, の狭間

▼ 明り紅く~ (2, 0.1%)

2 燃えたり

▼ 明り雨しとど~ (2, 0.1%)

2 ふりし闇

▼ 明り~ (2, 0.1%)

2 ともわかず

▼ 明り~ (2, 0.1%)

1 けてた, けべえ

▼1* [89件]

明りありて霧, 明りおぼろなるところ, 明りかぐわしい花の, 明りて何, 明りこそ唯一の, 明りへたて, 明りさえも冷たく光っ, 明りさしてる紅落椿, 明りしないからあなた, 明りじゃはっきり見分け, 明り黄海の, 明りすら美しい魅力, 明りすらも洩らして, 明りするの遥, 明りその小半丁先にあたって, 明りそれには及ばん, 明り花と, 明りだけで薄暗く, 明りだけが残った, 明りだけの中を, 明りだのそこに, 明りでございましょうな, 明りでしかとは分らないが, 明りですがそれでも, 明りといふものが, 明りとしてはただ蜘蛛, 明りとで照らされてるのみ, 明りとでもいうよう, 明りとに照らされた河原, 明りとり位に開け, 明りながら火を, 明りなき一室の, 明りなしでは, 明りなぞを点ける, 明りなどでは視力の, 明りなどというものは, 明りなどによって後期の, 明りなどを必要と, 明りなりに見えるよう, 明りなる月や, 明りなんぞも多く点い, 明りにだけ照される, 明りにて画けるごとく, 明りにと焼いて, 明りには布が, 明りにや見えんだなんて, 明りくらき水底, 明りばかりが時々繁い, 明りぱつと光を発すれ, 明りほのぼのと合歓, 明りまでがいつもの, 明りみつめゐて部屋, 明りような, 明りよりも心を, 明り半円の灯, 明りが立っ, 明り夕沼とわたる, 明りの暗色, 明り大将刀ぞ褐, 明り寒しせせらぎの, 明り射す光の, 明りひ人, 明り幸い人の影, 明り得るであらうか, 明り得るであろうか, 明り意識します, 明り感情の灯し, 明り採り窓そこにチラリ, 明り掻き立て読下し, 明り星明りに何処, 明りの蓮船兄こぎ, 明りぬかに, 明り消してもよろしい, 明り濁ったままどんより, 明り甲板の板, 明りに失せ, 明り百巻の兵書, 明り目がけて走りだした, 明り窓一つない洞内, 明り耀れり眼, 明りの中, 明り花明り老公の白い, 明りと見る, 明りゆ, 明り解らない程だつた, 明り返事をし, 明り通り矢も見, 明り雨夜の月, 明りが飛び