青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「機関~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

橋~ ~機 機~ ~機会 機会~ ~機嫌 機嫌~ ~機械 機械~ 機能~
機関~
櫓~ 櫛~ 欄~ 欄干~ 欝~ ~欠け 欠け~ 欠点~ ~次 次~

「機関~」 3457, 37ppm, 3099位

▼ 機関~ (426, 12.3%)

6 に近い, のよう, の下 5 のやう, の前, の方 4 だ, は 3 が, の操縦室, の煙突, の真似, の車輪, を先

2 [22件] がこの, が給水, だった, である, ではない, と同じ, と貨車, なん, に乗っ, のすぐ, の中, の力, の形, の窓, の通る, の速度, の運転, は壊れ, は薪, を動かした, を圧倒, を後

1 [323件] あやつる火夫, かも知れない, からこちら, からとびだし, から二つ目, から吐く, から墜落, から投げ出された, から灰掻棒, から降りた, から離れた, か黒雲, があります, がある, がいかに, がその, がそれ, がたぐり寄せる, がつけ, がづゝづと天窓, がど, がばくしん, がぴったり, がぶつかった, がまた, がまっぷたつ, がまっ白, がゆるゆる, がキリングウォース炭坑, がスクリーン, がトンネル, が一台, が一台立往生, が下り, が不思議, が事故, が五百台, が四つ, が夜中, が威圧, が急, が惰力, が文明, が本屋, が東京百貨店跡, が架空線, が止る, が汽, が活動, が海底, が滑り込ん, が無蓋貨車, が生徒たち, が着く, が行方不明, が観客席, が走っ, が走り, が走る, が軌道, が過ぎ, が道化, が長い, が非常汽笛, が顛覆, ぐらいたしかに, じゃねえ, だけが走っ, だけで運転, だけはどうしても, だの, だろう, であろうが, ではないだろう, ではなく, でもわが国, でも一時間, で前後, で暫く, で死体, で番号, で走り去った, という, というの, というやつ, といっしょ, といふ汽車, とすれ, との間, とレール, と二輌, と六つ, と別れ, と廻送車, と給水タンク, と違っ, と食用蛙, などと言う, などには勿論, などに変化, なども見え, などより小さい, なもん, ならば, にすれ, にでも乗つ, にどの, になっ, になる, にのっ, にはわかつ, には大抵, にひかれ, にひきずられ, にまことに, にまでとりついた, にも線路, にピタリ, に七五三松飾り, に乗り, に乗りこみ, に乗る, に何, に全速力, に取りつい, に向っ, に喰われ, に喰われた, に変り, に対してもダマスクス, に対する憧憬, に悪い, に故障, に正面, に烟, に焚く, に牽引, に発見, に眼, に石炭, に触れ, に轢かれた, に附け, の, のあえぎ, のある, のぐるり, のけむり, のこと, のごとき, のぢ, のとこ, のはく火の粉, のほえる, のエンジン, のサイド, のパイプ, のビストン, のブレーキ一つ, のヘッドライト, のボイラー, のライフガード, のリトラ, の一寸, の上, の下敷, の不器用, の主体, の乱れた, の代り, の修理工場, の停車時間, の入れ換え, の具合, の出入口, の前部, の力強い, の加速度, の動力, の危険, の右, の向, の型, の壊れた, の外, の外見上, の姿, の小, の床, の引い, の形態, の後, の御, の応笛, の断末魔, の早い, の框, の椅子, の構造, の模型, の歴史, の残骸, の火の粉, の点検, の煽り, の甲斐, の番号, の真下, の種類, の絵, の自由, の行方, の複雑, の走つ, の走る, の車台, の車輌, の通らない, の速力, の進歩, の進行, の運転手, の運転手さん, の都合, の重苦しい, の鉄格子, の鐘, の音, の食糧節限, はあえぎ, はあえぎあえぎ, はあの, はありません, はお父さん, はそこ, はその, はそれ, はとうとう, はとても, はどう, はもくもくと, はグングン, はゴム毬, はホーム, はマンマ, はレール, は一つ, は一時間, は一時間七里, は一時間十二里, は三百馬力, は二三度音, は二列, は今, は他, は兎, は全部鉄造り, は前, は又, は同じ, は唸る, は尚も, は彼等, は急行, は早く, は更に, は本屋, は此, は火の粉, は独り, は獣, は線路工夫, は脚, は臨時, は言葉通り, は調べた, は軍用列車, は轟然, は高らか, は高原, へ乗らせる, へ乗り, へ乗りたくっ, へ乗り移り, へ行っ, まおも, もいまだに, もくたびれ果て, も世界一週, や其他, よりの墜落, より墜落, をあと, をきっと, をさらっ, を使え, を使っ, を停めたる, を利用, を前, を動かし, を動かす, を動かせる, を奪い取った, を安全線, を帰し, を平穏, を後先, を思想, を所有, を手, を投げ出し, を持っ, を探し当て, を発車, を睨み, を見た, を見る, を走らせる, を運転, 見たいな, 近邇, 飛び散って

▼ 機関~ (402, 11.6%)

8 音が 5 ような, ように 4 やうに, 一部を, 中に, 手に, 運転を 3 上に, 制度と, 境遇に, 故障を, 発達したる, 発達は, 膨脹したる, 音

2 [18件] 一つである, 主要な, 円滑な, 前に, 助けによって, 大妨害, 大障礙, 故障で, 火を, 発達し, 発達した, 発達という, 発達を, 運用を, 音は, 音も, 音を, 響が

1 [304件] あらゆる主要, あり方や, あるの, うちに, おそろしい混乱, お世話に, かくの, ことであっ, ことを, ごときもの, ごとき古めかしい, すべてを, そなわらない時代, そのすべて, ために, ついて, ないその, なかに, ひとつであり, ひびきに, ひびきサーッ, ようであった, エキゾーストと, ザッザッポッポッという, ジャーナリズム機能を通じて, パイプに, 一つであり, 一つと, 一つな, 一である, 一呼吸する, 一小, 一翼に, 一部が, 一部さえ, 三位一体に関する, 下に, 不充分は, 不断の, 不足等について, 中で, 中心より, 中心を, 乗合自動車は, 仕事に, 仕事を, 代りに, 代表者に対する, 任務が, 何一つない, 何処かが, 余剰スチイムを, 作用大に, 修理を, 借用方に, 偉力と, 停って, 側では, 傍に, 備った, 備わった堂々, 働きが, 優秀な, 元老院及び, 充実を, 先端は, 全国的統制, 全廃, 公有を, 内にも, 内情については, 内部には, 出現による, 分業的組織が, 分配上府県道庁の, 利用による, 前で, 前まで, 助けを, 労務者が, 効果が, 動悸を, 勝手なふるまい, 勢力を, 合理化は, 名に, 名によって, 名称に, 咆哮が, 唸り鴎, 商業世界における, 嘱託に, 土台を, 在る処, 基本的な, 基礎と, 報告に, 増長したる, 増長せん, 壊敗とを, 外は, 外形は, 大に, 大編制, 奇巧快活なる, 如く自己, 威力である, 威力に, 存在によって, 完備しない, 完備機械の, 少ない江戸以来, 屋を, 巣を, 廻転が, 強部, 影響も, 役員が, 役員も, 役目を, 徂徠に, 後に, 必要が, 必要を, 性質と, 恐ろしい混雑, 恢復を, 恩恵に, 恰好な, 慣性と, 所在から, 所有者に, 手が, 手で, 手によ, 手によって, 拡がるの, 拡張は, 指導だけ, 指導者が, 排除を, 援に, 搗くよう, 摩擦の, 支配する, 支障と, 改善も, 改良の, 改良者だ, 整理が, 整頓は, 敷設とともに, 新しい型, 新設という, 新設は, 新設官吏制度の, 方の, 施設が, 時計を, 暗合が, 最後の, 有数な, 本性に関する, 条件について, 構造によって, 模型か, 横の, 横溢し, 樹立に, 機能と, 機能を, 欄内に, 欠陥を, 歴史は, 残って, 比重が, 決定の, 沈黙見るみる, 波の, 活動が, 活動するあり, 活動するひびき, 活動に, 活動の, 活動や, 消耗を, 消長盛衰を, 混雑ぶり市内の, 湯を, 湯気の, 準備が, 火路が, 爆発などが, 爆破が, 物凄い雑踏, 特殊な, 狂ったの, 理想の, 異常な, 発動に, 発展は, 発明から, 発明すなわち, 発明に, 発明者こそ, 発明者である, 発達これなり, 発達すべき, 発達する, 発達によ, 発達によって, 発達の, 発達も, 相両立, 相対的減少と, 眼が, 研究と, 破壊された, 社会的機能の, 秩序と, 程度を, 種類出立点行先速力等を, 立派に, 範囲は, 精鋭さは, 精鋭を, 糸を, 紊乱を, 組織を, 組織化により, 統制を, 線に, 習慣位は, 職員と, 自由に, 興隆と, 著しい発達, 血圧上昇が, 行き届くと, 行動に, 衝動が, 衰亡と, 装置も, 裏を, 製造であった, 規模は, 記録に, 設備は, 設備や, 設備を, 設立といふ, 設立は, 設立準備, 設置なども, 設計図が, 設計図と, 認可が, 財源が, 責任ある, 車, 転位膨脹萎縮その, 輪転が, 近代都市にとって, 連合組織を, 進歩したる, 進歩と, 運動について, 運動の, 運用に, 運転に, 遺憾なく, 部分品な, 都会集中を, 長たる, 間の, 関係で, 関係領域に, 隆盛なる, 電車に, 震動が, 震動と, 震動とは, 音だけ, 音だけが, 音と, 音とが, 音ばかり, 音黒煙に, 響いと, 響から, 響きで, 響きの, 響きひっきりなしに, 響きも, 響と, 響に, 響は, 類は, 顫動にも, 首脳者と, 馬力は, 騒音が, 騒音の, 魅力です

▼ 機関~ (290, 8.4%)

19 の音 7 の引金 6 の銃口 5 のよう, の弾丸 4 の前, をもっ, を持っ 3 の弾, の雨, の響, の響き

2 [17件] がうなりだした, が火, が蒼黝, で掃射, とトムソン, に非, のこと, の威力, の方, の筒口, の銃身, や大砲, をとりだし, を乱射, を持った, を持つ, を撃った

1 [190件] あれば, から弾丸, か拳銃, があり, があるでしょう, がいつ, がどう, がパッ, が一聯, が兵隊, が城門, が壁穴, が必要, が打ちだした, が持ちこまれた, が据えつけられた, が据えられ, が据えられた, が握られ, が敵, が見えた, が谷, が赤き, が鳴った, が鳴りだした, ぐらいは鳴ろう, ぐらい忍ばせ, さえも持っ, じゃない, だ, だぞ, だった, だよ, であった, でしたら雀, です, ですっかり, ですって, でそなえる, でひと, でやっつけ, でアパッシュ連中, でタタタタ, で一ヵ年, で三方, で対抗, で射ちまくる, で射撃, で射殺, で撃たれ, で撃ち合い, で撃ち合いする, で撃ち合う, で撃っ, で撃った, で来たら, で殺された, で薙ぎ倒され, で蜂の巣, とお出で, ときい, となり, と大きな, と擲弾装置, と爆撃飛行機, と義足, と聞け, と蠅男, などという水, などは進駐軍, などをかついだ, なん, なんかはどの, なんぞかつぎ出す, にお, にしがみつい, になり, になる, には叶う, にひっかけられた, にもいろいろ, にも鉄工場, に対して昔, に対する悲憤, に対抗, に撃たれた, に絡み付いた, に送られ, のうなり, のため, のつつさき, のねらい, のはげしい, のひびき, のみが反抗, のやう, の上等兵, の主人, の乱射ぶり, の乱射乱撃, の使い方, の偉力, の先, の出, の出現, の口, の実弾射撃, の射ち, の射手, の射撃, の巣, の左側, の弾丸みたい, の弾嚢帯, の掃射音, の操射, の暗い, の死, の煙, の発射, の発射音, の目, の角, の金属, の防禦威力, の音響, の餌食, はたしかに, はダダダ, はチカチカ, は一体, は二人, は敏感, は極めて, ばかりでなく, まで据えつけ, もうたず, もない, もピストル, やない, やなんかのカラクリ, やらがいくつ, や機関砲, や野砲, らしい連音, を, をあびせかけ, をあびせかけられた, をうちはじめました, をうっ, をかたづけたら, をつん, をにぎった, をひねくりまわし, をひろった, をぶっぱなし, をぶっぱなした, をもった, をもらっ, を一つ, を一門, を使う, を叩き落した, を射ち, を射ちあった, を射った, を小脇, を忘れた, を打ちまくる, を持ち, を据えさせた, を据えつけ, を据えつけた, を据えつけました, を据え付け, を撃たれ, を撃退, を操っ, を放す, を敷いた, を浴びせかけられた, を発射, を発見, を窓越し, を菰包み, を要する, を連射, を離れた, を雨, を鳴らしとる

▼ 機関大尉~ (270, 7.8%)

4 の服 3 がまじっ, だ, であった, のいい, の声, の死体, の眼, の行方, はどこ, はまた

2 [15件] がどうして, だった, の手, の肩, の荷物, は, はこんな, はすっかり, はとっさ, はなに, は素裸, は自分, も遂に, をさがし, を探す

1 [206件] かと思った, から別れ際, から重大, があの, がい, がいかに, がいつ, がここ, がこれ, がのこっ, がふたたび, がまさか, がまだ, がまちがった, がやられた, が七十何名, が今度, が危, が器用, が帰らぬ, が帰艦, が意外, が手, が生き, が眼, が自由, が見えません, が電話機, が頭, その人, であったし, であります, であればこそ, との連絡, との間, と一しょ, と別れた, と半裸, と御, と杉田二等水兵, と甲板, と連絡, にしっかり, にそれ, にちがい, につけられ, にとってはそれ, にはまだ, にぶつかった, に代り, に出くわし, に助けられ, に特命, に連れられ, のあと, のあの, のくぼんだ, のこと, のちょっと, のところ, のとびこんだ, のもちこんだ, のやった, の上陸, の仕業, の仲よし, の体, の先途, の写真, の出, の命令, の変装姿, の失踪事件, の姿, の安否, の室, の容疑者, の巧み, の後, の心, の応答, の情, の抱え, の拳固, の捜索隊, の方, の明鏡, の武運, の決心, の消息, の狙っ, の生死, の発した, の着, の秘密, の筆蹟, の耳もと, の肩越し, の脳髄, の腕, の落した, の行動, の衣服箱, の言葉, の身, の軍服, の逞しい, の運命, の遺書, の部屋, の酒壜, の頤, の頭, の顔, の首, はあたり, はあの, はいかが, はいかなる, はいま何, はいま素裸, はいま裸, はいられる, はうす暗い, はえ, はおちつきはらっ, はくるり, はこの, はさあ, はしばらく, はそこで, はその, はそれ, はちゃんと, はちょっと, はついに, はつぎつぎ, はどう, はどうして, はどっしり, はにやりと, ははじめて, ははっと, はひそか, はほっと, はまだ, はもう一度, はコップ, はフランク大尉, はペンキ, は一秒, は今, は今朝, は傍, は全身, は共, は再び, は冷やか, は刀, は午後三時, は半, は只今, は壮途半ば, は巧み, は微か, は必死, は持っ, は早く, は暗がり, は暗然, は杉田, は杉田二等水兵, は果して, は椅子, は武運, は死, は残り, は気, は溜め, は生き, は相, は硝子, は空襲, は笑い, は組立鉄骨, は腕, は舌うち, は舷, は血, は観念, は軍服, は部下, は隅, は電気, は電話機, は飛行島, も困じ果て, も懸命, も軍医長, や杉田二等水兵, らしい東洋人, をひっとらえたら, をめぐって飛行島上, を中, を片づけ, を見た

▼ 機関~ (210, 6.1%)

5 あって 4 存在し 3 完備し, 発明され 2 ある, 備わって, 唸る, 必要に, 極度に, 生まれた

1 [183件] あっても, あつた, あつて, あつて回転, ありその, あります, ありデュポン, あり川, あるからね, あるだけでも, あるだろうと, あると, あるので, あるらしかったが, あるわけ, あるん, ある曰く戦, あれば, あろうとは, いろいろとく, このよう, この土地, この役, この神童, さけたの, すえられて, すっかり破かいされ, そのため, その役割, その賤, それの, たえず今にも止る, たくさん生まれた, ついて, できたと, できたところ, どこに, ない, なくって, なくて, なければ, はいって, はたらき出すまでには, ひとつも, ほしい, まだ未, まわりはじめました, めちゃ, めちゃめちゃに, もう自治体, やっと活動, やっと解る, よどんだ水, コトリと, 一向にととのっ, 一度に, 一時に, 一時的に, 不完全で, 与える感じ, 主催する, 今日の, 今日まで, 仕掛けて, 他に, 何よりも, 何より必要, 何れの, 何人の, 何処にも, 停った, 停っては, 停るよう, 備は, 働かないに, 働きを, 働こうとも, 円滑に, 出来たこと, 出来て, 出来ようという, 出来るだけ, 前後に, 動いて, 右往左往する, 哀れな, 唸って, 喚きだした, 国内で, 國の, 境内の, 増加した, 多いの, 失敗した, 如何に, 姿を, 完備され, 完全し, 実は権威, 届かないの, 山形県新庄に, 干渉を, 廻って, 心配だった, 必要で, 応用され, 急に, 悉く休止, 手早く働い, 持つ形, 支部ラップに対して, 政府の, 故障に, 整備され, 新聞紙によって, 既に用意, 暗い闇夜, 杜絶し, 極端な, 欠乏し, 次第に発達, 次第に膨脹, 欲しくなる, 止って, 武備機関の, 殆ど全く藩閥, 決めて, 焚かれ船脚, 無いから, 無事に, 熱る, 爆破する, 特にこの, 狂つてゐた, 生まれたが, 異常に, 発明されなかったら, 発生するであろう, 発達し, 発達した, 益々分化, 益々発達, 目覚ましい役割, 相変らず, 破裂し, 破裂しまし, 確立し, 神道の, 突進する, 立てるちり, 紊れ, 細かに, 絶滅した, 続々と, 網を, 自分の, 自己の, 自然に, 自由に, 色々あっ, 見たいと, 設けられて, 設けられなければ, 設けられること, 設立された, 設立される, 貧しいながら, 責任を, 足らぬ, 軽快な, 途絶し, 速力を, 運転し, 運転を, 金もうけに, 鈍って, 開始され, 間に合わなかったの, 附して, 音響砲に, 頗る荒廃, 首府に, 鳴る

▼ 機関~ (200, 5.8%)

5 して 4 持って

2 [22件] こしらえて, つくること, もって, 一挙に, 一転し, 使用する, 例に, 利用し, 動員し, 占領し, 叩きつけた, 巧に, 構成し, 用いて, 発明した, 発達せしめざるべからず, 破壊し, 総動員し, 見ると, 設けた, 設けて, 運転する

1 [147件] あげて, いじらせると, うんとかけ, おさえて, かろうじてあやつっ, こしらえるという, すりぬけるに, その理想, それからそれ, たちどころに廃止, つとめる僕, とめた, とめて, どんなにうごかし, なくして, はなれて, ふくめて, もたないで, もたなければ, もち独自, もつと, もつという, より自由, フルに, 万遍なく, 人々は, 仕掛けたという, 作った, 作りたるもの, 作り上げた成績, 作るため, 作れとか, 使って, 侵食しない, 停めて, 停止し, 備えた第, 備えるの, 先づ第, 具備し, 再建した, 利用しよう, 利用する, 利用せず, 利用できる, 刷新する, 創りたいと, 動かして, 動かし得せしめる気圧, 動かすぜ, 動かすつもり, 動かす脳髄, 動かせ, 半分まで, 含むこれ等, 善用し, 外人に, 妨げられての, 妨害する, 完全に, 寺院史体に, 専擅しつづけた, 廻して, 形式的でなく, 得た, 必要と, 必要の, 意味する, 所持致し居りまする, 手足の, 扱うこと, 扱って, 持ち出して, 持つすなわち, 挙げて, 据えたスクリュー汽船, 据えつけたため, 探しだして, 握って, 握り社会, 操縦する, 教えるの, 施定する, 有する開化, 有た, 有ち, 有効な, 構成する, 毀つた, 派遣する, 獲得する, 現地に, 用いあるいは, 略した, 発明しない, 発達せしめざる, 知つとります, 確保する, 磨くこと, 示した標本, 祝福し, 立て直しあらゆる, 米国の, 粉砕し, 組織する, 経ること, 結びつける, 締め直そうと, 羽虫と, 考えて, 膨脹せしめ, 自分で, 荒廃し, 藩主様御前で, 装備する, 製造した, 要せずとも, 見られるよう, 見出したも, 見学し, 設けざるべからざら, 設けざるべからざる, 設けそこ, 設けその, 設けやや, 設けようと, 設けようという, 設けられたい, 設ける必要, 設備した, 設立し, 設立すべきである, 設置した, 設置しなく, 設置しよう, 設置すべきである, 設置する, 通じたもの, 造り一号格, 運転させ, 運転させる, 運転しつづけられる, 過大に, 選んでは, 顛覆する, 顧祝同が, 驚き眺むる様

▼ 機関~ (121, 3.5%)

2 いよいよ収縮

1 [119件] あっても, ありません, ありませんな, いつ爆破, いまだ必ずしも始め, いよいよ明らか, おのずから亡滅, かの形而上学的範疇以外, けっしてできる, ことごとく破壊停止, さすがに, すぐ使える, すでに煩雑, すべて思想物を, すべて熟睡の, その一つ, それぞれの, それなり止ま, ただにその, たちまちごうごうと鳴りだした, たちまちその, ちょうど器械, つねに無慈悲, できるだけ平常どおり, とまった, どうなんだい, どんなうまい, どんなもの, ないよ, なお漾, なくちょっとした, なくなったの, はたと停止, ぱちぱちと, ぱったり止った, ひとりいよいよ開発, ひとりその, ほとんど裏切りする, また古, まったくその, むしろ文部省, タービン式で, パリに, ヨタヨタし, ワットの, 一つも, 一人の, 一応民間, 一斉に, 一種の, 一部少数の, 両翼の, 二千五百噸の, 互に相, 人工心臓と, 人生と, 仕事を, 何も, 何等かの, 停るわ, 停止する, 先ほどから, 党の, 内部の, 凡てが, 千太の, 博大精緻に, 国会である, 外部の, 大体四種より, 完成し, 実に生産会社, 少なくもその, 巴里あたりの, 常に都下芸能事業全体, 必ず一歩, 成功しない, 戦時目的の, 政府の, 政治, 文筆業者の, 日本では, 早馬の, 最高な, 未だに公然と, 果して健全, 正に松本主義, 武田博士が, 殆ど例外なく, 決して両立, 決して生命, 活動を, 消滅した, 混み合うが, 火の, 王の, 現代世相の, 理想ある, 男の, 発明の, 発達する, 発達せず, 私有に, 空中や, 絶え間なく, 絶対に, 腐敗漢に, 船舶よりも, 蔡瑁張允の, 財政難に, 財閥解体と, 車から, 輿論を, 過去百年の, 長い間, 間断なく, 随分よく備, 非常に, 鳴りつづけて

▼ 機関~ (103, 3.0%)

4 へ降り 3 の方 2 から上っ, でなつかしい, の兄貴達, の連中

1 [88件] からのぞいた, からは兵員, からは有毒, からは機関, からエンジン, から上, から出し, から囚人, から油だらけ, から船, があった, がある, が映写, が船, が見えました, が鳴動, だ, だってこと, ってもの, であった, であろうか, でまちがった, でも相当, で働く, で或, とその, と狭い暗い, と船員室, などの大事, にい, にうつした, にはいった, にはにわかに, には蒸気, にも釜前, によりも会計, に下る, に入っ, に入った, に命中, に帰っ, に潜り込んだ, に行き, に閉じこもった, のぼん, の一部みたい, の中, の入口, の地獄生活, の壁, の外側, の寝床, の扉, の汽, の温度計, の縄梯子, の金属, の鉄階段, の隅ッコ, は二階, は火事場, は生き上った, は釜, へいそぐ, へとびこん, へとん, への信号, への信号機, への降り口, へはいっ, へもぐりこんだ, へ下せ, へ帰っ, へ帰る, へ拾い集める, へ落し込ん, へ行っ, へ辿りつき, へ通ずる, へ連れ, も甲板, よりも危険, らしいの, をつらぬいた, をで, を探し, を見, を覗きこみ

▼ 機関~ (87, 2.5%)

2 のチャプリン髭, の烈しい, の間瀬, もビスケット

1 [79件] か造船所, がそう, が二人, が五人, が交替, が前方, が思い, が思いきっ, が着席, が私, が鎧戸, それに正吉少年, だと, だらうぜ, で, といい, とが一名づつ, とが一名づつで, と称する, などの乗員, なんていった, になった, になる, には運転, に云, に手真似, に訊ねた, に話しかけ, に途中, の, のつまらぬ, のほか, の云った, の免状, の前, の報告, の業務, の胸元, の錯覚, の陳君, はあわて, はうす, はおどろい, はしきりに, はすぐ, はその, ははっ, はほっと, はまた, はむっくり, はエンジン, はドア, はフェージャ, は不思議, は仲間, は出発, は向う向き, は夢中, は思いきっ, は思わず, は無言, は狼狽, は神妙, は私, は窓, は線路, は老, は背すじ, は見なかった, は鉛筆, ばかりを指導者, も中途, も十分, らしいこと, をやっ, をピストル, を助け出し, を正当, を見習う

▼ 機関~ (82, 2.4%)

3 なって 2 過ぎない

1 [77件] あった秦真, あり, おりましたので, お勤め, かけられて, した組織そのもの, しても, しばられて, すぎず本来責任, せい一杯の, その人, その刺衝, なった内務省, よりて, よる, サーキュラーを, 乗って, 他ならず, 何か, 使用すべき, 供するに, 備えつけた日和見帆船, 働きながら, 分類されるだろう, 利用されよう, 力を, 参与する, 向かって, 向つてそれ, 命令を, 報告し, 妨害を, 委せて, 委ねるという, 婦人代議士を, 寄生し, 就て, 属する人間, 属する洋館, 属する者, 属す一定, 帰着する, 幾千円の, 当つたやう, 恵まれない農山漁村, 或る, 把握され, 拠りて, 故障でも, 故障を, 数へる, 於ける技術的発達, 比して, 浸み, 物を, 現れて, 現われる, 異状が, 異状は, 発達しなく, 移して, 結び付いた主体, 絶対信頼を, 編入します, 衝動を, 諮つて決定, 譬えれば, 賦し, 赴任し, 近く窓の, 遊離窒素を, 過ぎぬ, 過ぎぬだろうか, 重大な, 長たる, 障害を, 非ず

▼ 機関~ (76, 2.2%)

3 なって, なるの 2 なし圧抑, なるという

1 [66件] あるので, いいますが, いうほど, いって, いわれた特務機関, したらこれ, して, しなかったもの, しようと, しストライキ, し捨扶持, し非, すべきだろうと, するもの, する不合理, する理想, その宣伝, その文壇的, その知識的忠言, なし大いに, なった, なったこと, なったり, なつて, なり一転, なり町村, なること, なるであろう, なるに, なるわけ, なる事, なる結果, なろうと, ジャーナリズムとを, 云いて, 云っただけでも, 云ふ, 云ふで, 人夫の, 人材が, 制度とに, 劇場管理の, 労働組織の, 同じよう, 同様に, 土地の, 大商店, 思われるもの, 教育施設を, 有機的に, 来たら四千年, 機会を, 武備機関とは, 発電器と, 研究者の, 社会的施設, 称せられるもの, 結合し, 致して, 補助機関が, 見做, 言はれ, 調査団とが, 貴族的の, 連関する, 鰭の

▼ 機関~ (70, 2.0%)

3 のジョン・スレーター 2 にむかっ, はその, は運輸業, も車掌, をし

1 [57件] がこれ, がその, が乗っ, が収まっ, が呟き, が女, が真っ黒い, が立派, が運転, じゃない, だ, って馘首, であった, ですか, で今, で粉雪, で長田泉三, とが乗つ, としては有数, とする, となり, と助手, と火夫, ならこんなに, なんて罷めよう, にどなりつけ, になる, には遠く, に手紙, の一言, の名前, の手, の死体, の源吉, の眼, の警告, の運転, はいつも, はそう, はどこ, はもう一度, はブレーキ, は再三, は叫んだ, は周章て, は直に, は眼, は終列車, は背広, は腰, は舌敲, は運転, は驚い, も一種, をやって来, を或, を除い

▼ 機関~ (69, 2.0%)

2 か, に化け, の君, の姿, の年齢

1 [59件] がいつも, がお話好き, がコンナ部屋, が出, が勢, が最大級, が石炭, たあ, だけは居なかった, だけを, だと, でも何, とか云, として新月号, として横町, となりました, とに別, なり, なり船長, にでもなったら, になった, に云っ, に喰っ, に汽車, のところ, のシリン, のマイエル・ブルメナウ, のレコード破り, の不, の免状, の奴ヤタラ, の室, の家庭, の沽券, の背中越し, の補充, の試験, はときどき, ははればれ, はもう, はわが, はエンジン, はシューバル, はタント, はルーマニア人, は何, は吹く, は理窟っぽい, は私, は要らない, もこの, もだれ, もよく, も船長, やブリッジ, をお, をはげまし, を初め, を殺せ

▼ 機関~ (58, 1.7%)

2 の方

1 [56件] か, から, からは機関, からも機体部, から電話, かネ, がくさく, が二十一人, が急, が最善, だってひどい, ではどういう, でももっぱら, でピストル, で何, という堂々, とおぼしき, となっ, とは無関係, と仕切られた, にある, にいま海底, にとどいた, にどんな, に命じ, に大穴, のボーイ長, の不名誉, の人たち, の何, の報告, の士官, の奴, の工事, の故障, の汚水, の油虫, の石炭運び, の計器, の諸, の連中, は上, は十五ノット, は申す, へきた, へ下り, へ伝わっ, へ命令, へ来, へ水, へ流れこん, へ電話, までたずね, もやられ, も故障, 第二分隊長

▼ 機関として~ (56, 1.6%)

3 機能する 2 自らを

1 [51件] そして更に, はとに, またその, 一応政党, 上流の, 中央労働委員会が, 元老内大臣枢密院が, 全く両者, 出来たもの, 初めて傑作, 初めて吾, 初めて問題, 利用される, 利用する, 労働者によって, 取り上げること, 取り扱わねば, 国家自ら郵便制度を, 奥地の, 存否を, 学校の, 宣伝省の, 宣撫班といふ, 役立つこと, 必要な, 把握され, 据付けたと, 政党新聞紙としての, 方法の, 更に個々, 機能し, 活動する, 独立の, 発達の, 発達出来る, 真剣な, 研究を, 社会的に, 私的国策権力, 立派な, 統制された, 置いて, 聯盟理事会, 自主的な, 行わるること, 表現される, 通用する, 遺憾なき, 陸路京都へ, 頗る有効, 鬼火に関する

▼ 機関である~ (42, 1.2%)

2 ことを

1 [40件] かこそ現在, かといふ二つ, かは世間, かもしれない, からといっ, からと云っ, から広義, か又は, か奨励機関, が人々, が立派, ことには, ことは, しかるに甲, すべての, という一つ, ところの, と云う, と共に製作, と定められ, のだ, のです, のみならず, ばかりで, ばかりでなく, ように, ユネスコの, 以上どんなに, 以上監獄に, 分析的方法は, 国家が, 国家を, 大学も, 大脳の, 実験と, 市会と, 帝国学士院学術研究会議日本学術振興会などの, 犬橇の, 神祇官は, 限り多分に

▼ 機関~ (41, 1.2%)

2 たる, であるが, として, のとじ込み

1 [33件] からは鮮人, が合法的, が存在, が発刊, が自由, だけを問題, だと, であった, であって, でこんな, ではない, とし, としてこそ用紙, としての諸, として夫, として続, にどういう, に侮辱的言説, に掲げられた, に掲載, に於ける, に載せた, に限る, の他, も亦, も発行, やアジビラ・アジテーション・プロパガンダ, や文芸雑誌, をし, をのぞい, をひどい, をよん, を読み

▼ 機関~ (39, 1.1%)

4 の発行 32 の編輯

1 [30件] からの解放, ができ, がない, がなけれ, さえも順調, たる, では取り扱い得ない, として, としてはじつに, として去年, として短歌, とに於, にしたい, にアルプ, に反映, に於ける, に派手, に発表, に載せる, に載るだろう, に通信, の上, の出版, の発売日, の編集方針, は極度, も至極安心, を会出版部, を特輯号, を発行

▼ 機関~ (36, 1.0%)

2 鉄道も

1 [34件] ありあまり, ありその, ありまた, あるが, あれば, さらにその, そなわって, できるの, ないばかり, なかった, まず小, やぶれよとばかり, 不必要, 云いたいこと, 君に, 困難に, 完成し, 往々に, 御座いますから, 必要だ, 持ち合わさないから, 教育学問も, 極めて小規模, 武備機関も, 武田式に, 殆ど復活し, 民間に, 油が, 無くては, 無駄な, 特にその, 益整頓せられた, 相当に, 自然消滅した

▼ 機関~ (36, 1.0%)

3 の人々 2 のある

1 [31件] から, から首実検, がある, と覚しい, に, にいまし, に前科者, に就職, に帰っ, に所属, に打電, に新しく, に永い, のし, の中, の事務室, の事務所, の修理工場, の宿直室, の方, の有志三十五名, の裏, の裏手附近, の見える, の間, はそこ, へ入院, へ引, へ行っ, へ連れ込まれた, を出発

▼ 機関としての~ (31, 0.9%)

2 今日の

1 [29件] その機能, オルガノンでなく, ジャーナリズムが, ブルジョア新聞の, 一組織体の, 人手を, 内閣審議会には, 可死的, 同誌の, 地歩を, 大学の, 大学は, 山駕籠という, 工場の, 広義の, 形式論理学の, 性質を, 所謂総合雑誌や, 新しき芸術, 新聞の, 新聞は, 新聞紙を, 映画の, 構造そのものの, 機能によって, 機能も, 船の, 記号を, 資本主義的大

▼ 機関~ (28, 0.8%)

3 あつた

1 [25件] あり得るわけ, そういうアルキーヴス, ひとつ模範的な, ブラームスの, 備へ, 前島豊太郎という, 動くの, 奉公人の, 始末し, 実験に, 摘発され, 新官僚, 日本中は, 月なき, 有耶無耶に, 決してよそ事, 班長以下それぞれ愛国の, 現代に, 発表し, 総合的学術の, 読者には, 酒の, 銀座へ, 間に, 首相以下の

▼ 機関~ (28, 0.8%)

3 の音 2 の火

1 [23件] からはガス弾, がくっつい, がオレンジ色, が用いられ, でやられた, で射った, で撃たれ, には遠く, のこと, のすさまじく, の射撃, の砲手, の餌食, ははげしい, はドイツ, は思いの外, は杖, は鼻, も爆撃機, をつる, を持っ, を据えつけ, を沢山

▼ 機関~ (26, 0.8%)

2 が国体, の如き, を不当

1 [20件] が国民, が理論上, が自由主義, でないと, ではない, という妄説, による政府攻撃, に対する政府, の大, の実現, の排撃, の排撃者, の是非, の本家, の解決促進方, はけっして, は単に, は長い, をすて, を不法

▼ 機関~ (24, 0.7%)

2 と水兵

1 [22件] が一人, が中, が手製, だよ, である清二, でこの, などは前, にとられ, の三等下士, の上, の上陸, の顔, はこの, はやはり, は偶然, は服, は機関兵, は痩せ, は石炭, もまた, を見分ける, を選抜

▼ 機関~ (20, 0.6%)

1 [20件] から国家, で小さく, というわけ, とかと考えられる, とか世論, とか憲兵, とか社会教育, とか電動機, とこう, とも考えられる, と云い, と云った, と唱える, と思います, と思っ, と思われる, と看做す, と考へます, と言われる, よ

▼ 機関たる~ (17, 0.5%)

2 に止る

1 [15件] ことに, この文化院, に過ぎざる, 司法官までが, 国際学友会館は, 外に, 大日本興行協会, 新聞雑誌に, 東京新聞主筆として, 法廷に, 眼や, 私が, 葉を, 言語歴史宗教を, 貴族院の

▼ 機関雑誌~ (17, 0.5%)

2 に不相, を発行

1 [13件] といふもの, として好, とはおよそ, ともいうべき, におよそ, に僕, に掲出, の変遷, の広く, の編輯, をも発行, を助成, を印刷

▼ 機関説排撃~ (14, 0.4%)

1 [14件] が突発, という消極的, と国防, にありたる, の, のパイオニーヤ, の方針, の決意, の決議文, の運動, の驥尾, は軍人, を唯一, 乃至国体明徴運動

▼ 機関~ (13, 0.4%)

1 [13件] 印刷器械の, 団体が, 団体も, 工作機械に, 梯子酒の, 植民地独占を, 機械類も, 秩序が, 評論機関として, 通行人に, 運輸の, 配給機関などの, 電動機の

▼ 機関助士~ (13, 0.4%)

1 [13件] が呟く, との間, と佐川二等兵, につくる, に冷やかされ, のより, の仕事振り, の方, の気持, の間, はいっそう, はたいへん, もまだ

▼ 機関では~ (12, 0.3%)

4 なくて 2 あるが 1 あり得ない, あり得ないにも, ない, ないので, 決してあり得ない, 熱が

▼ 機関であり~ (10, 0.3%)

1 そうする, その大, なかんずく自動車, 島中を, 従って一般的, 従って大, 把握の, 新聞社組織は, 最も忠実, 物的根底たるべき

▼ 機関学校~ (10, 0.3%)

2 で英語, の教官 1 に居る, に教師, の一生徒, の校長船橋中将, の理髪師, の生徒

▼ 機関新聞~ (10, 0.3%)

1 だ, だから, だけにし, でしたが, ではない, で更に, というわけ, などがソヴェト同盟全体, や大陸軍, を起し

▼ 機関でも~ (9, 0.3%)

2 なければ 1 あったよう, あつた, ある, なくなって, 小汽船, 廻るらしい響, 拵えて

▼ 機関銃隊~ (9, 0.3%)

1 が出, が工場, が突然, に出くわした, の射撃ぶり, の方, の間, を指揮, を最後

▼ 機関とは~ (8, 0.2%)

2 一目視 1 その勢い相両立, どういふ, なった, 人間を, 國の, 雲竜相逐う

▼ 機関とも~ (8, 0.2%)

1 ならなければ, なり得なければ, なるの, なる利益, ろともに, 云うべき所謂理研コンツェルン, 報道機関とも, 見做

▼ 機関から~ (7, 0.2%)

1 ジャーナリズムの, 今日の, 命ぜられた大陸, 婦人を, 派遣の, 特別命令を, 複式高圧機関へ

▼ 機関という~ (7, 0.2%)

2 のは 1 ことです, 万力によって, 大きな機械, 熟字に, 題目の

▼ 機関~ (7, 0.2%)

5 のである 1 のだ, ので

▼ 機関によって~ (7, 0.2%)

1 世の中の, 互いに連絡, 初めて意識, 初めて行なわれる, 取りあつかわれて, 現代の, 選ばれて

▼ 機関を通じて~ (7, 0.2%)

1 一つの, 公表する, 声高く, 恐らく世界的水準, 教師雇傭の, 文壇, 直ちにそして

▼ 機関部員~ (7, 0.2%)

1 だ, ですよ, にも負けない, の手, はただ, は面長, も一人二人

▼ 機関であった~ (6, 0.2%)

1 ために, とも考えられる, には相違, ようだ, 処の, 明治音楽会の

▼ 機関としては~ (6, 0.2%)

1 あまりに余情, インターナショナル, 今後主として, 幕府直轄領に, 無意味でも, 馬橇しか

▼ 機関~ (6, 0.2%)

2 に帰っ 1 からの帰途, だって, のほう, はいま

▼ 機関士席~ (6, 0.2%)

1 から立ちあがった, にある, につい, についた, に据えた, に腰

▼ 機関~ (5, 0.1%)

1 お世話に, タービンおよび, 三段膨脹ない, 内燃機関へ, 挨拶かたがた寄った

▼ 機関助手~ (5, 0.1%)

1 である事, で土屋良平, の土屋良平, の杉本, の杉本福太郎

▼ 機関庫主任~ (5, 0.1%)

1 が一層, と一緒, の岩瀬さん, も駅長, を捕え

▼ 機関説問題~ (5, 0.1%)

1 というよう, などがやかましかっ, にし, に就い, に限らず

▼ 機関銃弾~ (5, 0.1%)

2 のよう 1 が好き, ではおそらく, で追われ

▼ 機関長シリン~ (5, 0.1%)

1 の声, はつかえ, は反対, は急, をしかりつけた

▼ 機関であっ~ (4, 0.1%)

1 て二十四基, て国, て汽船, て編輯

▼ 機関について~ (4, 0.1%)

1 一言する, 云って, 大激論, 詳細を

▼ 機関大尉フランク~ (4, 0.1%)

2 の顔 1 がうしろ, が大事

▼ 機関です~ (3, 0.1%)

1 からうまく, がこれ, がたくさん

▼ 機関でなけれ~ (3, 0.1%)

2 ばならぬ 1 ばならない

▼ 機関といふ~ (3, 0.1%)

1 ものを, やうな, 意味で

▼ 機関などは~ (3, 0.1%)

1 なかった, 新しい日本, 日本国中で

▼ 機関なる~ (3, 0.1%)

1 が故に, ものは, ものまたい

▼ 機関には~ (3, 0.1%)

1 まだこの, もう一つ, 非ず

▼ 機関に対して~ (3, 0.1%)

1 それを, 全然平気, 絶えず意見

▼ 機関に対する~ (3, 0.1%)

1 一通りの, 私たち婦人の, 関係の

▼ 機関をも~ (3, 0.1%)

1 その中, 独占し, 通じて

▼ 機関を通して~ (3, 0.1%)

1 尤も不愉快, 意思を, 発表する

▼ 機関乃至~ (3, 0.1%)

1 エージェントとして, 乗具である, 補助機関としての

▼ 機関兵曹~ (3, 0.1%)

1 が手真似足真似, とが分宿, と自分

▼ 機関~ (3, 0.1%)

1 であって, であること, はパイ軍曹

▼ 機関士官~ (3, 0.1%)

1 はだいぶん, はまた, は嬉し

▼ 機関庫助役~ (3, 0.1%)

1 と言う, の片山, の片山さん

▼ 機関~ (3, 0.1%)

1 に熟しきっ, の士官, の手

▼ 機関説排撃運動~ (3, 0.1%)

1 の行く, へと戦線統一, や之

▼ 機関車一台~ (3, 0.1%)

2 の電車 1 でも一万円

▼ 機関車隊~ (3, 0.1%)

1 が出動, だって, を編成

▼ 機関銃座~ (3, 0.1%)

1 がある, にしがみついた, へつけ

▼ 機関銃手~ (3, 0.1%)

1 があの, がとびだし, も公衆電話室甲乙

▼ 機関いよいよ~ (2, 0.1%)

1 発達し, 膨脹する

▼ 機関すでに~ (2, 0.1%)

1 かくの, その効用

▼ 機関それ~ (2, 0.1%)

1 あるのみ, と国民生活

▼ 機関だけを~ (2, 0.1%)

1 取外して, 死守しなけれ

▼ 機関とか~ (2, 0.1%)

1 ラジオの, 俳優の

▼ 機関とさえ~ (2, 0.1%)

1 なるの, なれそう

▼ 機関との~ (2, 0.1%)

1 交渉に, 排列として

▼ 機関とを~ (2, 0.1%)

1 ほぼ承知, 与えれば

▼ 機関なき~ (2, 0.1%)

1 がごとく, が故に

▼ 機関なりが~ (2, 0.1%)

1 その企画, どんな工合

▼ 機関についても~ (2, 0.1%)

1 やはり同様, 同様に

▼ 機関による~ (2, 0.1%)

1 のであった, 思想活動は

▼ 機関ばかり~ (2, 0.1%)

1 では, 無暗に

▼ 機関ほど~ (2, 0.1%)

1 エネルギーを, 重油を

▼ 機関まで~ (2, 0.1%)

1 ある, そなえて

▼ 機関即ち~ (2, 0.1%)

1 所謂, 肉と

▼ 機関~ (2, 0.1%)

1 からおも, へおり

▼ 機関庫係員~ (2, 0.1%)

1 や案内役, を連れ

▼ 機関庫員~ (2, 0.1%)

1 は既に, は飛ぶ

▼ 機関手達~ (2, 0.1%)

1 の希望, はそんな

▼ 機関~ (2, 0.1%)

1 な随伴, に構成

▼ 機関等ニマッタク異状ナキニモカカワラズ速度~ (2, 0.1%)

2 計ハ零

▼ 機関~ (2, 0.1%)

1 にくらべ, までの発展

▼ 機関船時代~ (2, 0.1%)

1 にある, には経済的

▼ 機関誌上~ (2, 0.1%)

1 で活動, に反映

▼ 機関誌活動~ (2, 0.1%)

1 に代る, も未踏

▼ 機関誌発行~ (2, 0.1%)

1 との間, と次

▼ 機関誌編集部~ (2, 0.1%)

1 との統一, はその

▼ 機関車みたい~ (2, 0.1%)

1 なもの, に無鉄砲

▼ 機関銃仕掛~ (2, 0.1%)

1 になっ, の左腕

▼ 機関長閣下~ (2, 0.1%)

1 よ, をも憚ら

▼ 機関~ (2, 0.1%)

1 の名, を編成

▼ 機関鳶巻車らっぱ~ (2, 0.1%)

1 などという消防関係, のあいだ

▼1* [199件]

機関ありと雖, 機関あるがゆえなれ, 機関および政府部内に, 機関かも知れない, 機関からも独立な, 機関ぐらいに考えられて, 機関さえ全然くらべ, 機関しか持たなかったわが国, 機関すなわち言語歴史宗教は, 機関たとえば内閣が, 機関たらしめ実生活に, 機関たらしめねばならない, 機関たるべきもので, 機関たれば自ら志士集合所, 機関だけがごとんご, 機関だけにあるの, 機関だけは苦心惨憺を, 機関だの情報部面だの, 機関だろうが炭庫, 機関でありました抑も, 機関であり住みなれたいえだから, 機関であるならば一般的失業, 機関であれば矢張りブルジョア, 機関でないということ, 機関でなくてはならなかった, 機関といふだけのこと天地いたる, 機関とかいふ実際の, 機関としてもよしまた, 機関とともに必ずこの, 機関とに並べて, 機関など備は, 機関などでさえあること, 機関などではない大学教授, 機関などの小役人や, 機関などを視察し, 機関なり自ら死し, 機関なりの主体の, 機関において特別に, 機関においては最大の, 機関にすらもなって, 機関にたいする一見不当な, 機関についての意見は, 機関にとって機密な, 機関にまで移行しなけれ, 機関によつて逐ひのけられ, 機関によつて我々, 機関により一は, 機関に対しては復た, 機関に関する理論は, 機関のみでなくまた, 機関への参加を, 機関へも彼は, 機関より下万民, 機関よりは利益だ, 機関よりも諸君が, 機関わけても電車と, 機関を以て利益交換の, 機関ゲイ・ペイ・ウの一員, 機関スクリュー船が商船界, 機関タル会館ヲ設立経営セムトス, 機関ポンプを備えた, 機関一八九四年には四段膨脹機関, 機関一般に於, 機関三位一体制の改革案, 機関両輪船で大西洋上, 機関の一つ, 機関中尉である大島軍司, 機関中立地帯とも言, 機関人形の構造, 機関仁義も義理, 機関仕掛の案山子, 機関仕掛けにでもなっ, 機関会議を決算期, 機関体制ができ上がった, 機関例えば地下鉄や, 機関の工場, 機関全体が調子, 機関兵さんたちもりっぱ, 機関兵たちは休息, 機関兵ウィンクラー・クラフトがこれ, 機関兵員は熱気, 機関では朝夕どれ, 機関助士作業から蒸気加減弁, 機関区長どころだろうが, 機関印刷物ラジオを通して戦争熱, 機関団体が, 機関同じ夜の, 機関世界的機関としての, 機関員たちは螺旋はしご, 機関団体の首脳者, 機関士たちや伝令係たち, 機関士作業の実際, 機関士山路君に運転士, 機関士章子友次郎等とサンフリート村, 機関士船医師まで記され, 機関士見習の佐川二等兵, 機関士達水夫二人つきの美事, 機関士高橋等なる者, 機関大佐である, 機関大学大工場, 機関大尉あてにいく, 機関大尉上官の自信, 機関大尉現る, 機関大尉私室へいっ, 機関学校時代機械体操にかけては級中, 機関室みたいだね, 機関室左手は二つ, 機関室昇口艙口から毛布, 機関少尉として出陣, 機関として使用, 機関庫七原検車所の両, 機関庫中の人の, 機関庫主任等を捕え, 機関庫掛員に手伝われ, 機関庫裏には滝, 機関引上工事も多分, 機関悪く云えば, 機関手中村辰次郎火夫庄司彦太夫乗組み県立女子師範学校側, 機関手仲間では先輩, 機関手時代の最も, 機関手見習の若い, 機関方船大工として造船所, 機関方船大工連もここ, 機関案内で入庫, 機関活動写真番台の上, 機関無しの最初, 機関砲隊を訓練, 機関破裂のこと, 機関に属し, 機関の株式, 機関紙イズヴェスチヤの幹部記者, 機関紙原稿料改正その他についての会員, 機関紙河上健一という記者, 機関紙炭坑組合新聞などが党, 機関細きもの平たき, 機関自身の独自, 機関芸能人ばかりでなく, 機関設置国体観念の徹底, 機関誌以外のいろいろ, 機関誌所掲の論文, 機関誌生産の為, 機関誌生産費の融通方法, 機関誌編輯者赤軍劇場管理者などが集り, 機関誌誌上でこの, 機関説どころでない重大危険, 機関説否定の声明, 機関説批判の時局講演会, 機関説排斥声明のみを以て満足, 機関説排斥派の一味, 機関説撲滅に不, 機関説擁護者にされ, 機関説運動は東京, 機関車さへしつかりし, 機関車乗りにでもなりたかつた, 機関車二台つけた汽車, 機関車六台とレール等々, 機関車十五万の客貨車, 機関車客車貨車は明日, 機関車救命船掛け時計農作機械度量衡地図海図その他当時の日本, 機関車新聞紙書籍色刷挿画はどうして, 機関車点検した, 機関車附の旧式, 機関車飛行機軍艦の安定, 機関車馳けて歩く, 機関進歩するに従い, 機関道具等の変遷, 機関部その他に配置, 機関部員たちはあらゆる, 機関部操縦室監視所弾薬庫各士官室, 機関部艦底より浮び, 機関銃プロペラの音, 機関銃三千の投擲弾, 機関銃六門を備え, 機関銃射撃をやった, 機関銃弾漢口の空, 機関銃手二名を射殺, 機関銃拳銃を猛, 機関銃陣地に近づこう, 機関銃隊日毎とどろかす地響, 機関銃隊真夏の真昼, 機関銃隊配置につけッ, 機関銃隊騎兵連隊重砲隊などがある, 機関銃隠蔽地物その他小丘, 機関長らを集め, 機関長ノビレでその他, 機関長ノビレ大佐はどう, 機関長メエスン一等運転士オウエン処女航海に乗った, 機関長室へ駈けこんだ, 機関長水夫長無電技師に私ら, 機関長腹が減ってる, 機関長行方不明海中に投身, 機関長鈴木豐馬事務長吉田信夫諸君その他船員達の接客法, 機関開けてより, 機関附きの五百噸, 機関雑誌畜産之友, 機関雑誌編輯者赤衛軍劇場管理者その他と赤色陸海軍作家文学連合中央評議会, 機関電気手品盲人相撲評判の大蛇, 機関高等専門学校及び大学, 機関を容れざる