青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「機械~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

樽~ ~橋 橋~ ~機 機~ ~機会 機会~ ~機嫌 機嫌~ ~機械
機械~
機能~ 機関~ 櫓~ 櫛~ 欄~ 欄干~ 欝~ ~欠け 欠け~ 欠点~

「機械~」 5199, 56ppm, 2066位

▼ 機械~ (859, 16.5%)

61 ように 34 ような 16 音が 12 前に 11 中に 10 やうに 7 改良によって, 美しさ 6 間を 5 そばに, そばへ, やうな, 力で, 方を, 歯車の, 音に 4 上に, 使用を, 発明と, 発明は

3 [25件] ことに, ことを, ごときもの, まわりに, 中から, 中へ, 中を, 使用の, 働きが, 力に, 力は, 力を, 動きに, 方に, 油の, 発明によって, 発明の, 発明を, 発達を, 製作に, 調子を, 運転を, 間から, 間へ, 音も

2 [46件] こわれる音, ために, ところに, どこかに, ばう, ほうが, ほうを, やうで, ようである, ベルトの, 一部が, 上へ, 作が, 使用によって, 使用は, 傍に, 力そういう, 力の, 力も, 如く学校, 小屋と, 山の, 建造に, 応用の, 技術は, 操作を, 改良と, 故障が, 業に, 構成は, 構成体の, 構造を, 様な, 様に, 漏斗形の, 発明された, 発明により, 発達は, 運転に, 部分品と, 鋭い先, 間に, 震動が, 音だの, 音を, 騒音が

1 [477件] あいだに, あいだを, あじを, あらゆる細部, ありかを, ありそう, あること, あるところ, あるの, ある仕事場, ある物, ある部分, い, いい時計, いずれが, いぢり, いろいろの, いろんな故障, うしろに, うしろへ, うちセパレータ二百圓, うなりが, うなる空, うなる音, おばけの, きしるよう, きらいな, こっちから, こと, ことだろう, ことで, ことには, ことばで, これは, ごとき一銭, ごとくつめたい, ごとく働かねば, ごとく幽か, ごとく渾身, ごと動く, さびるお, すべてが, すべてを, その硝子, そばについて, そばや, たたかいです, ためです, ための, ため生産力そのものは, ところで, ところへ, どこかが, どの部分, なかった, なかに, ぬけ穴, ねて, はいった戸棚, はたらきによって, ばからしさ, ほうに, ほうの, ほかの, ほか機械の, まうえ, まわって, まわりだした人形, まわりを, まわるよう, もちいられるよう, ようであり, ようです, イメージが, カタログを, ゴー音が, ジャズが, スイッチを, セールスマンとして, ゼンマイだ, タブレットへ, ダイヤグラムとが, ボタンを, ロマンチシズムの, ロールを, 一つの, 一片みたいだ, 一部に, 一部や, 一部を, 一部分が, 一部分の, 一部分を, 上で, 上にも, 下によ, 下や, 不完全から, 世の中に, 中では, 中の, 中心から, 主たる時, 主でなけれ, 主人と, 主要な, 主要発条と, 亀の, 事です, 二台が, 仕上りを, 仕事に, 仕事は, 仕事ぶりを, 付属品たる, 付属部分である, 付属部分として, 代りに, 仲買といふ, 作る複雑, 作用にて, 作用の, 使いかたを, 使い方は, 使い方を, 使用が, 使用そのものに, 使用と, 使用に, 使用には, 使用によ, 使用より, 価値を, 価格を, 侮辱に, 保繕に, 修理に, 修繕を, 偉大なる, 偏重から, 側へ, 働きだった, 働きは, 働きを, 優秀さは, 元の, 先が, 全機構さ, 具った, 内部の, 内面化した, 出すかちかち, 出現によって, 利用出来ぬ, 利用石, 利益が, 利益で, 制度は, 前には, 前にも, 創案及び, 創造し, 力が, 力によって, 助けと, 助けなく, 助力により, 効果の, 動かない傷み物, 動き, 動き出す音, 動く音, 原理が, 取扱いに, 受信波長は, 口から, 口を, 台数も, 各, 名前は, 名前や, 名称なども, 向うかげに, 呻る, 問題に, 回転と, 図が, 図解が, 図解の, 国では, 埃り, 声です, 売込みに, 外に, 大を, 大分列式, 大噪音, 奴隷だ, 奴隷で, 好きな, 如きに, 如き冷た, 如き扱, 如き正確さ, 如き無情冷淡, 如く事, 如く夫, 如く組織化した, 如く鬼, 威力に, 実際の, 実験の, 実験を, 寿命が, 専門的分化, 導入により, 嵐の, 工合が, 工場の, 工場を, 巧妙な, 平原そこへ, 幻影に, 廻るやう, 廻る音, 廻わりを, 形での, 形式主義的な, 影は, 影響に関する, 往復する, 後に, 必要を, 応用, 応用には, 応用を, 悪は, 感度が, 手, 手作りに, 手入れを, 指示する, 据り, 据付で, 据付に, 据付も, 捷利は, 排除では, 採用は, 採用以前における, 採用後は, 接続は, 援けをもって, 援助により, 損耗磨滅が, 損耗磨滅は, 撥条を, 操縦が, 改善が, 改良における, 改良によっても, 改良により, 改良の, 改良も, 改良を, 故障かな, 故障だけが, 故障を, 数字に, 整備運転が, 文明であっ, 文明を, 断片椅子の, 断続定まらない, 新鮮な, 方で, 方へ, 時代と, 時代に, 普遍化の, 最も広汎, 有つ, 有難さ, 未熟や, 末端が, 本来の, 本質は, 枠越しに, 根を, 案外に, 極めて有利, 概念には, 構造が, 構造は, 様子には, 横顔を, 機密書類が, 機構と, 機構にも, 櫓が, 止まって, 止まるよう, 正確さと, 正確性をもって, 歯車仕掛けに, 歴史を, 死がいという, 残骸が, 気分で, 油が, 油に, 活動の, 流動の, 火を, 点検を, 無制限な, 無言の, 片側調べを, 猛威を, 王国な, 珍らしい, 生活, 生産に, 生産力が, 生産能率は, 用意が, 番号を, 発展は, 発明こそは, 発明とにより, 発明に, 発明及び, 発明薬草の, 発見した, 発達が, 発達しない, 発達と, 發明と, 發明に, 發明は, 百五十倍に, 目盛盤を, 知識を, 破損せし, 社会的性質なる, 秘密なども, 秘密を, 穴へは, 立派な, 競争に, 競争を, 箱の, 精密さを, 精巧さとか, 精巧さ小学校を, 精度とは, 紡錘から, 組立が, 組立を, 組織とも, 経済的能力を, 絡み合う騒音, 統制ある, 統御を, 継続的改良及び, 維持の, 罪業は, 羅列な, 美を, 羽たたきに, 考案が, 耐久力に, 職工だった, 能力では, 能力と, 腕は, 臓腑の, 自己の, 興味の, 芸術として, 荷を, 行くところ, 行為の, 裏側に, 製作工場が, 製作等, 製作販売を, 製造に, 製造所が, 製造者が, 覆ひを, 見る眼, 規則正しい運転, 視察に, 設けありて, 設計図を, 試験を, 調べ手入れの, 調子が, 調子さへ, 調子は, 調子も, 販賣に, 賃借りの, 質が, 購入といふ, 踏み動く音, 踏み行くところ, 車を, 軸が, 輸入の, 輸入を, 轟勞働者の, 轟音の, 速力能率音響あらゆる, 進歩, 進歩からも, 進歩につれて, 進歩によって, 進歩は, 運動が, 運転する, 運転の, 運転は, 運転手である, 運転者, 運轉の, 運轉力の, 過剰な, 部分についても, 部分を, 部分品でなけれ, 部分品とかが, 部分品の, 部分品は, 部分品を, 部分品製造などが, 部屋に, 配給所は, 重宝に, 重要な, 金具が, 針の, 釣れる湖, 錆付きそう, 間かも, 間で, 間にも, 附属でも, 附屬物と, 陰に, 隙間を, 雛形を, 震動とに, 面白さ, 音, 音だけが, 音で, 音であった, 音である, 音でない, 音と, 音の, 音は, 音やら, 音より, 音響ついにさらに, 響が, 響きに, 響き走る, 響囂々として, 類が, 食い破って, 高度の, 鳴る音, 鼓膜には, 龜の子の

▼ 機械~ (724, 13.9%)

13 なもの 8 な仕事, な働き, になっ 7 でも, に区別 6 にその, に足 5 である, な腕, に, に手 4 な力, な動作, に働い, に同一, に彼, に答えた

3 [19件] であった, なところ, な区別, な必然性, な思惟, な方法, な繰返し, な見方, な音, に出, に動い, に動く, に口, に声, に対立, に眼, に立, に言った, に返事

2 [50件] であり非, では, なこの, なよく, な人間, な動き, な又, な因果, な対立, な悟性, な操作, な政治, な決定論, な注意, な結合, な繰り返し, な習慣, な返事, な運動, な関係, な限界, にうなずいた, にくり返し, にし, にそれ, にペン, に人, に仕事, に働く, に叫んだ, に巻煙草, に形式的, に從つて, に暗誦, に書く, に書物, に煙草, に窓, に立ち上った, に結合, に視線, に説明, に質問, に起ち, に身, に返辞, に過ぎる, に頭, に頷い, の技術

1 [460件] か合目的的, だが, だった, だったこと, だった文学, だと, だという, であったろうかと, であった過去, であって, でありあてがわれるまま, であり会社員的, であり模倣, であり蓋然的, であるという, であるは, である限り一種, でしかも, でない笑み, でない頭脳, でなく創造的綜合, でなく大, で単純, で句點, で少し, で感覚的, で知らぬ異国, で空想的, で言って, ということ, という形容, といふ感じ, とかいう言葉, と呼ばれる, と思われる, と考え, と考えれ, な, なあらわれ, なありがとう, なこと, なそれ, なの, なひびきが, なよう, なるもの, なる法則, なる生活, なオルグ, なストライキマン, なマルクシズム応用, な世界観, な主張, な仕掛け, な仕組み以上, な会釈, な伴奏者, な作業, な個々, な傾き, な傾向, な公式的, な円い, な判断, な効果, な動き方, な卑俗的, な卑屈, な単調, な印象, な反撥, な反映, な合理主義, な合理性, な呻, な呼吸, な問い, な單調, な因果律, な因果必然性, な圧進力, な均衡式, な型, な執行者, な声, な多数, な女, な宿命論, な對立, な尺度, な差別, な建築, な張りこ, な強力さ, な役割, な微笑, な性格, な性質, な悟性的, な悪い強, な成功, な或, な手段, な技術, な拒否, な挨拶, な捉え方, な掌, な接合, な接続器, な日常生活, な明滅, な時として, な最後, な木音, な楽しみ, な歩み, な沈着さ, な法則, な泣声, な活力, な渋滞的, な点, な無器用, な無駄, な物理現象, な物質, な現代化, な現象, な現象学, な生活, な直覚, な相克, な研究, な確率, な笑み, な答え, な組織, な組織性, な絶縁, な綯い合せ, な線, な織機, な考え方, な考へ方, な職務以外, な虚心, な行動, な装置, な裏返し, な視線, な記憶, な設備以上, な説明, な調べ仕事, な調子, な貧乏ゆすり, な資本主義社会, な足取り, な軽い, な進歩, な運動量移行, な録音作業, な限界線, な震動, な飛び方, にあるいは, にいじっ, にお勝手, にかう, にかその, にかたはら, にくりかえした, にこう, にこすっ, にこんな, にさ, にさがした, にさもなければ, にされる, にしかも, にしか動かし, にしか見なく, にした, にしゃべっ, にすぎ, にすぼがっ, にそう, にその同じ, にその道, にちのところ, にちょんちょん, につい, につき合わされるべき, につける, につまみ出し, にでで, にでもなく, にとか合目的的, にときどきぐるり, になす, にはこばれた, には考えられない, には説明, にひきつづけた, にひねり, にへら, にぼんやり, にも一度, にやっ, にやる, にわたし, にわりきられた, にスプーン, にピアノ, にブレーキ, にプロレタリア文学, にベル, にポケット, にマリユス, に一つ, に一とわ, に一九二九年, に一定圧力一定速度, に一寸島田, に一本, に一様, に一歩あと, に一銭玉, に三杯お茶, に下位, に下宿, に下膨れ, に与えられる, に並ん, に之, に事務, に二, に二つ, に云, に云っ, に人さし指, に会話, に何, に信じ, に個々, に傍, に働いてる, に働かせる, に其方, に処理, に出る, に分けられ, に分析, に分離, に切り放され, に割り切れる, に劇, に加算, に動かした, に動かすべからざる, に勝手, に十歩, に反射的, に反応, に反撥, に取り上げた, に受け取る, に同, に同じく, に否奴隷的, に吸入器, に商店, に喋っ, に嚼ん, に執拗, に変化, に大, に失し, に家, に対峙, に少し, に左, に帽子, に平, に平らげ, に年代, に庭, に延び, に式, に引き離し, に強制的, に強行, に彼女, に従っ, に微笑, に心中, に応じた, に愛, に扉, に手探り, に手綱, に押し, に拳銃, に指, に指向, に政治, に教室, に整理, に整頓, に文箱, に断ち切られ, に日課, に明瞭, に時間, に晩, に暗記, に最初, に有効, に服従, に木口木版, に杓子定規的, に根こそぎ, に椅子, に止まっ, に歩いた, に歩かせられ, に歩きつづけ, に歩きつづけた, に歩き出す, に歩き続ける, に殺し, に毒虫, に永遠, に汗みずく, に注視, に演奏, に潔癖, に火, に為られた, に無意識, に片づけ, に片手, に物, に犯罪者, に玉, に現実, に現実問題, に理解, に生きてる, に疲れた, に発動, に的, に盃, に目, に相手, に真理, に眺める, に私, に私たち, に立ち, に立ち上がり, に立ち上っ, に笑顔, に筆, に答, に答える, に紙, に組, に組織, に組織的, に結びついた, に結び付ける, に結び合わされ, に絡み合わされた, に統計, に絶縁, に編物, に繰り, に繰り返し, に繰返される, に置き得る, に考え, に考える, に考へ, に肉, に自然科学, に自由, に袂, に見, に見やった, に見守る, に規則正しく, に覺, に言う, に言っ, に訓練, に詮索, に説こう, に読み取っ, に調律, に貞世, に負ける, に賭, に走り出した, に走り出よう, に起き上っ, に路次, に送迎, に連続, に進む, に遅く, に運び, に運動, に道, に針, に開く, に集成, に電気, に震動, に露骨, に革鞭, に音, に頭脳, に頷いた, に頷きました, に顔, に食事, に飲み続ける, に飲ん, に首, に首肯い, に首肯いた, に駄作, に鶴嘴, に黒繻子, の仕事, の便利, の力, の反応, の存在者, の性質, の欠点, の法則, の演技, の玩具, の知識, の組織, の結合, の行為, の装置, の計算, の設計, の運動, の音, または磁気的作用, 冷たいホテル式, 大仕掛, 直譯的運動及兵式訓練, 被担性

▼ 機械~ (490, 9.4%)

6 もって 5 つかって, 使って, 使用する, 調べて 4 使うの, 据付けて 3 いじって, とめて, 入れて, 所有する, 持って, 背中に, 買って, 運転し

2 [27件] いぢ, つくって, まわして, まわすと, みよ, 他の, 使えば, 使用し, 入れる戸棚, 利用し, 動かすの, 取寄せて, 売りに, 売る婆さん, 學んだと, 廻して, 据えつけてから, 据附けた, 捻ると, 用いて, 用いんと, 発明し, 見たこと, 見ると, 買入れて, 運転した, 運転する

1 [378件] あけ中, あたかもその, あやつつて, あやつりはじめました, いじくりやがて, いじくるだけ, いじくるよりも, いじくるん, いじらせて, いじりながら, いじること, いじる方, いじる真似, いぢくつ, いれて, うごかして, うごかす役, うごかす者, うごかす術, うまくあやつる, おき道具, おくコンクリート, おとめに, お仕舞いください, きらって, くふう, ここへ, こしらえた, こしらえる費用, こわされるところ, こわしたんだい, こわして, さぐること, さも自慢げ, さらに要求, して, しばらく眺め, しらべた, しらべて, しらべましたが, すて篤, せおって, せわしく動かし, そっくり持っ, その内部, ちゃんと労働者, つくづくながめました, つくり上げて, つくること, つくるには, つくる原料, つけるの, つみ上げた中, とめたの, とめること, とりだし自分, どれだけ, ながめた時, ながめて, ならべ実験, のせて, のぞいて, ひっぱりだした, ひねくり廻して, ぴったりと, ふくオリーブ油, ふんで, まくの, まったく動かない, まはす, まわしながら, まわしました, まわす音, みやげに, めいめいの, めんみつに, もう一つ, もちこんで, もち出した, もってるん, もつて, やおら牢内, よち, グリーンランドの, ドイツから, モチーフと, 一つずつ, 一つ用意する, 一つ見附けました, 一つ造っ, 三十円ばかりで, 三木君の, 下へ, 中に, 主としてそれ, 乱暴に, 五〇〇〇磅で, 代えるの, 仮定する, 休める所, 休止させ, 伝わって, 何うかし, 何んに, 何千倍に, 作った人間, 作った所, 作つて人間の, 作らせどんどん, 作ります, 作ると, 作るに, 作る鉱物, 作ろうと, 使いこなせるよう, 使い谷博士, 使うと, 使う事, 使ったもの, 使わずに, 使わせて, 使わない人, 使用した, 修繕し, 修繕しない, 借りて, 停むる事, 停止させた, 停止し, 備えずとも, 備えつけて, 備えるの, 傾けたり, 元の, 充分に, 入れたため, 入れるにつれ, 入れナイフ, 全然使用, 全速力で, 初めて輸入, 利用する, 前に, 創造した, 創造する, 創造する如く, 動かしかつ, 動かして, 動かしては, 動かすやう, 動かすよう, 動かすボタン, 動かす蒸気, 動かす装置, 十万台から, 単に形式的, 占領し, 取り上げた, 取り出して, 取り出そう, 取出して, 取扱うよう, 叩きこは, 合は, 合わせて, 吊し洗濯板, 向けると, 吾, 噛んで, 回すこと, 回すんだい, 地主へ, 地面に, 壊す, 売ったため, 売って, 売り飛ばした, 大きくした, 媒介としてしか, 守って, 守る一団, 守護し, 密閉する, 富農や, 対手に, 小脇に, 山の, 工夫し, 工夫すべきである, 工夫する, 廻すと, 引き出しシューッ, 彼等は, 得意な, 必要と, 忘れて, 思い出しながら, 急いで, 恰もその, 愛撫し, 愛撫する, 憎むの, 手さぐりし, 打壊し前部右車軸, 扱いまた, 抛棄し, 抱えこんで, 抱え上げその, 拵えて, 拵えんだか, 持たない人, 持ちこんだ, 持ちちゃんと, 持ち出して, 持ち出すこと, 持ち込まなければ, 持ってや, 持つ事, 指さした, 指さしたが, 指した, 据え, 据えたの, 据えた三下奴, 据えつけたの, 据えつけなさって, 据えつけるのに, 据えつける基礎, 据えつけ警察, 据えて, 据え付けるため, 据ゑて東京から, 据ゑる位置を, 据付けるに, 据付ける其機械, 排しては, 排するという, 排する道, 採用し, 揚げるこたあ, 携え日の丸, 操つる, 操らねば, 操る技術, 操縦します, 操縦する, 支配し, 支配し操っ, 改良させた, 日本で, 暫くいじっ, 最初に, 有すると, 有するという, 有ち, 有つ, 本国の, 棄てて, 棄てよという, 検べ, 検査し, 欲しと, 止めたん, 法衣に, 注視し, 浸食し, 渡して, 渡しながら, 無制限に, 無視し, 無視する, 照らした, 片附けとい, 狂わして, 狂わせた訳, 狂わせ充分, 用いさえ, 用いずただ, 用いず裸潜水一点張り, 用いた四六版数頁, 用いても, 用いること, 用いる者, 用うる, 用ふる, 用ゐ, 用意しなけれ, 発明した, 発明する, 白眼んで, 盛に, 盛んに, 直江津に, 相手と, 相手に, 眺めそれ, 眺めた時, 破壊するなら, 破砕し, 磨くこと, 磨く金剛砂, 神戸まで, 私どもの, 簡単化し, 組み立てるよう, 組立てて, 結びつけて, 綿製品の, 置いて, 考えて, 考案し, 考案した, 自分が, 自分の, 至急修理, 舞台の, 船に, 製造します, 見せて, 見たとき, 見つけた, 見つけたぞ, 見つめた, 見て, 見ないで, 見るかの, 見るが, 見るため, 見るよう, 見るん, 見守れるとに, 見捨てて, 見棄てるの, 見物し, 解剖し, 設備する, 試作した, 試用する, 誰れ, 調べたいね, 調べる, 調べるの, 調整し, 調整しつづけ, 調節する, 謳歌し, 販売する, 貫いて, 買いこんだ, 買いそして, 買うか, 買うと, 買つてこの, 買ひすぎる, 買ふ, 資本家の, 購入し, 贈呈し, 車に, 輸入しよう, 輸入する, 追ひ出す, 通るといふ, 造って, 造つたのだ, 造れる職工, 遊んで, 運びこんだ, 運転させた, 運転したら, 選ぶべきであろうか, 錆つかせない, 間断なく, 離れては, 離れない組織, 頭の, 駆使し, 驚きの

▼ 機械~ (342, 6.6%)

9 あって 5 ならんで 4 人を 3 おいて, 動いて, 動くの, 据えつけて, 発明された, 美を, 運転し

2 [22件] あった, あつて, あるでありましょうか, ごたごたと, それを, ついて, できて, まわって, 並んで, 主と, 人間を, 作り得よう, 吾, 壊れて, 廻って, 急に, 手工を, 故障に, 新案され, 発明され, 発明される, 私たちに

1 [259件] あちこちに, あったけれど, あったら土牢, あっても, あつた, あのよう, あり, ありそこで, ありました, ありますから, あり何時間, あるかも, あるからと, あるが, あるそう, あるよう, ある製造業, あれば, いいの, いうこと, いくつも, いたんだらしくそのまま, いっぱいならん, いっぱい置い, うごいて, うごく人, うな, うなる雲, かくして, かくまでに, がたがた鳴り, ぎっしりならん, ぎつしりあるわ, くるったの, こさ, こわれて, こわれるお, ごとごと動い, させるもの, さびたまま, しかけて, しきりにゴトゴト, すえつけて, ずらりと並ん, その位, その方向転換, その製作, それに, そろって, だんだん発明, つつんで, できたため, できるよう, ところも, とって, ともかくでき, どよめくそれで, どろどろに, どんどん作りだし, どんなもの, ないと, ないので, なくて, なければ, はいって, はたらき出すまでの, はたらくの, ひょっとする, ほんの少し, まわり男女, まわると, まわるよう, ものに, やって, やつて, よう廻る, よくでき, よく生み得ない, よその, われわれの, ウジャウジャかたまっ, カチカチと, ギッシリ詰っ, ゴチャゴチャと, ゴチャゴチャとおい, ソヴェトの, ドシ, ドッタンガチャドッタンバタと, ピアノの, メチャメチャに, 一つ入用という, 一人前の, 一寸いや, 一時に, 一番必要かと, 一般に, 三つとも, 三台あった, 上流階級を, 不思議でたまらず, 与うる不幸, 与える多量生産, 両が, 主に, 二つ休ん, 二三台置い, 二個三個入っ, 二列に, 人造人間が, 人間に, 人間の, 以後電話で, 何しろタダ手, 何万台も, 何時でも, 作られたが, 作られること, 使われ解剖台, 修繕される, 倫理的責任を, 先ず感じられる, 入って, 入用です, 出て, 出来たので, 出来るの, 出来上っても, 前に, 動いてる何, 動かないん, 動きだすの, 動きだすはず, 動き出した, 動き出し見物人自身, 動くと, 動くもん, 単純であれ, 又同時に, 各々五〇磅の, 吐くやう, 問題な, 四五台ぐらい, 回らず機械, 回らなければ, 回転し, 国定忠次ばりの, 土木工事に, 圧して, 地球を, 地面から, 壊れるうえ, 多いの, 好きで, 如何なる働, 将来必ず, 工業生産を, 工藝の, 巨大な, 幾台も, 幾重にも重なりあい, 床上に, 廻転し, 引き上げたおけを, 彼の, 後に, 必要だ, 必要です, 必要と, 必要に, 悪いため, 悪かった, 我々の, 技術でない, 据え付けらるる, 据つけ, 換言すれ, 数台あり, 整然として, 文明に対して, 日本へ, 旧いもの, 明朝届いた, 明治二十二年に, 有って, 来た, 来て, 林の, 梁みたいに, 極めて有効, 機械を, 次第, 欲しいです, 欲しいの, 止まっても, 毀れた事, 沢山の, 油で, 流行り出し街, 浮かんで, 消防署の, 澤山使はれる, 照らしだされた, 熟練にとって, 狂うと, 猛烈に, 珍らしかった, 現われる, 発達し, 発達すれ, 盗みさられたこと, 直接に, 相依り, 眼醒めはじめる, 破れそう, 社会の, 空気を, 突然に, 立てられて, 立臼, 笑ひ出した, 篩の, 精巧そうです, 組立中の, 絶えず私たち, 続いて, 綺麗に, 置いて, 置き場も, 腐食の, 腕を, 自分みずからで, 自分より, 自動式に, 自然科学の, 芸術の, 著しく動く, 蒸気に, 複雑であっ, 複雑に, 見えないかね, 見える, 証明した, 資本家の, 車上に, 輸入された, 通る, 造られて, 造り出した人間, 運転を, 違うよう, 適宜に, 邪魔な, 陳列し, 隠されて, 隱され, 音も, 順序正しく, 順調に, 鳴るの

▼ 機械人間~ (234, 4.5%)

5 であった 3 が火焔放射器, のこと, のよう, の一隊, の声

2 [15件] がひとり, が働い, だ, であるから, に命じ, の中, の姿, の手, の正体, の死がい, の行方, はこう, は彼, は手, をあやつっ

1 [184件] かい, が, があらわれ, があわて, があわてた, がいた, がいます, ががっ, ががんばっ, がこの, がたずねた, ができる, がとどけられ, がのっそり, がはいっ, がふん, がぼくたち, がまた, がもし, がコトリコトリ, がスーッ, が一人, が七名侵入, が今, が仏壇, が使われ, が全部活動, が出, が帰っ, が幾人, が廊下, が懐中時計, が時計塔, が機械, が物言う, が相, が答え, が銀, が魂, こそ頭, さえやっつけ, だけが用, だった, だったの, だと, だという, だな, だよ, ですよ, ではない, というもの, とがからみあっ, とは思えない, なの, ならぬもと, にあて, にかえ, にたずねた, にちがい, にも気づかれず, に勝つ, に気, に特有, に送っ, のあと, のうわさ, のからだ, のきもの, のさわぎ, のそば, のところ, の一味, の冷酷さ, の出現, の制御, の制御台, の力, の大力, の形, の影, の心臓, の怪力, の恐ろしい, の操縦装置, の数, の方, の活動, の生産, の発する, の破片, の脊, の話, の足音, の運動, の運動ぶり, の鉄, の首, は, はあいかわらず, はあっさり, はお, はおこった, はおじさん, はおどろいた, はがっ, はここら, はこつこつ, はこの, はさっそく, はすべて, はぜんぶ, はそう, はそば, はちゃんと, はついに, はどこ, はどんな, はなぜ, はひとり, はびく, はふしぎ, はふふふ, はまた, はむくむく, はウワァーッ, はグッタリ, はピョコリ, は一人, は五人, は何, は全部味方, は半之丞, は壁, は外, は大急ぎ, は妙, は念, は恐ろしい, は息, は悄然, は扉, は操縦盤, は机, は檻, は滑稽, は片手, は笑う, は笛, は腕, は鉄屑, は階段, は非常, ばかりかふつう, ばかりで, へ送る, もああ, もだれ, も子, も遂に, やそういった, をお, をこの, をしかりとばした, をながめ, をばらばら, を一台, を作っ, を使った, を分解, を制御, を動かし, を取りおさえ, を操っ, を活動停止, を火焔放射器, を突きとばした, を自分, を自由, を荒々しく, を虎松, を製造, を買う, を貸し, を追いかけ

▼ 機械~ (208, 4.0%)

7 故障が 4 なって 3 似て, 向って

2 [17件] かけて, かける前, からみついて, すがって, ついて, なりきって, なれ, まき込まれて, 任せて, 使われて, 依らなければ, 勝つ, 大きな改良, 帰る近き, 比ぶれ, 油を, 頼って

1 [157件] あっては, いじくられて, いたせあちら, おびえて, かかった鼠, かけたら, かけた製品, かけますれば, かける無, くわしいところ, ぐんぐん引張られ, こしょうが, さす油みたい, した欧洲大戦, して, しようが, しろ薬品, すぎざれど, すぎぬ, すぎぬと, すること, たよ, たよって, たよらず人力, ちがいない, ちがいないです, ついた錆, つれて, とりついた, とりついて, なつた, なりいつの間にか, なりたいもの, なり下るだ, なり切れない小, なり得ない性格, なること, なるだ, なるん, なる恐れ, はさまれ死んだとしても, ふたたび油, ふれて, まかせられない重大, まきこまれて, まき込まれる筈, やられた時, よく似, よると, よれる文学, ギュッ, ロープで, 一日立ち通し, 三十八億四千万ルーブリ出した, 二人の, 代へ, 任せること, 伝は, 伝はる訳も, 似た運動, 使ふ, 働くもの, 優って, 優るか, 入れ向うに, 出て, 出逢わなかった, 利用される, 制約せられ, 化する, 各々ちがった, 吸い込まれて, 喩えると, 喰い込まれて, 噛り付い, 固有な, 土木用具などを, 圧倒された, 変つてし, 変化する, 変調を, 奴隷と, 寝かされて, 對し, 就いての, 就て, 就ては, 属するあらゆる, 工夫を, 市は, 引き添いながら, 感じるの, 截断された, 投ずれば, 投ぜられた五, 投ぜられて, 抱かれること, 拠り仕上げ, 挟まれたまま渦, 捕り殺されるかも, 掛かる, 搾取され, 支払われたもの, 支配される, 改良が, 故障を, 敗れたる鉄屑, 於ける母体, 於ての, 於ては, 服を, 服従する, 比べて, 気を, 注意する, 片足を, 特許が, 犬の, 犯されるところ, 狂ひ, 甚く, 生血を, 用いられる, 移るに, 種類が, 窮し, 等しい労働者, 精しい, 糸を, 組み立てられて, 至り初めて, 表われた, 見いだす情趣, 見えた, 諸君の, 譬うれ, 護られて, 趣味を, 蹂躙された, 迎合する, 近い人間, 通って, 過ぎない, 過ぎないかの, 酢を, 附き添う愉し, 隷属せしめ, 隷属せしめられる, 雇われて, 電気が, 電気は, 非ず, 頼みゃ唐臼, 頼り得る製造業者, 頼るという, 類した相貌, 食われてさ

▼ 機械~ (206, 4.0%)

2 とかく利得, どこへ, ないが, 世界の, 人間の, 価格において, 八時半から, 動いて, 手工の, 渇望されず

1 [186件] あくまで機械, あべこべに, あるまいマルクス, ある幸福, いずれも, いっぺんに停る, いつでも, いつ人間, うまくいっ, ぐんぐんさがっ, こころこめゐるごとし, このほう, この工場, この谷間, こわれて, さし当りどこに, しきりに原型, すくなくとも三分の二, すぐにも, すぐ動く, すぐ壊され, ぜひ必要, その上, その年, その後サー, その肉体的技術性, たしかによく作働, とてもこまかく, とめて, どこにも, どこまで, どれ程, なにを, なるほど便利, なんらかの幸福, ほしいに, また組立てられ, まだもっ, まだ動い, まるで馬小屋, まわる, もうない, もう役に立たなかった, もって, もっては, もっと簡便, やがて送信所, ゆるゆると, よくでき, よく働い, よほどあやしい, わかってるだべ, カタンカタン響, タケが, パークスの, フランスから, 一つの, 一個所非常に, 一年間に, 一時間に, 一生懸命働き, 一糸乱れざる, 七五〇〇磅の, 三百五十台作られた, 与えられたる動力, 云うまでも, 五〇〇〇磅に, 人形に, 人為である, 人間から, 今でも, 他の, 休みなく, 何だか分る, 何で動かします, 何という, 何の, 停まった, 傍らの, 働くもの, 働く者, 先刻から, 全体が, 全部大阪の, 全部調子が, 全部近代科学の, 円滑に, 冷血な, 凡て用途を, 函から, 労働者の, 動く, 十分でない, 十分パデレウスキーを, 千五百哩の, 又四万二千馬力, 取扱えない, 各自その, 和蘭の, 唸ります, 器具であり, 固く沈黙, 固定資本, 塀の, 壊れても, 外国からも, 外國品萬能で, 多勢の, 多量と, 奥の, 奨励され, 女から, 完全に, 島村菊子夫人を, 常に機能, 廻転される, 強い誘惑, 役に, 従である, 忠実に, 忽ち動き出し, 悉く備わっ, 故障でも, 文学とか, 新しい生産, 明らかに, 明日にも, 昨夜一夜の, 暴力により, 本来人間が, 村の, 検査したろう, 横光の, 機械で, 機械として, 機械に, 機械操作に, 止つて了ふ, 歯車と, 段々進歩, 求めに, 火焔の, 焔に, 無論単なる, 物を, 物体だ, 現代人に, 瓦壊し, 疲れず高速度回転, 相変らず, 相当感度, 眠らない, 瞬間に, 磨かれて, 社会科学的に, 私が, 競争を, 素晴らしいもの, 置時計ぐらいの, 羊毛を, 美濃版が, 耐久力の, 自動化され, 自然に, 舞台の, 菊版でなけれ, 補佐である, 見るが, 計数管に, 誤差を, 誰, 誰が, 農業労働者に, 近代の, 送受とも, 逓信省や, 運転せぬ, 運転を, 金属人間を, 間もなく組立てられ終った, 間断なく, 電気で, 電波を, 非常に, 面白く出来, 順次に

▼ 機械~ (97, 1.9%)

3 と生気論, にある 2 から護る, であっては, であること, に陥る, を固執

1 [81件] から一体, が之, が全, が実証, が擲たれる, が生物, が行なわれ得なくなる, だ, ではあり得ない, ではない, ではなく, で生命現象, という一種, という言葉, として出, とのかの, との二律背反, との反対論, とを止揚統一, と弁証法, と所謂生気説, などというもの, にまでなり下った, にまで逆行, に代る, に対する批判, に対比, に対立, に帰着, に於, に於ける, に止まり得ない, に止まる, に立っ, に通じる, に陷, のこと, のよう, の一つ, の代表者, の克服, の困難, の徹底, の必然性, の支配, の放擲, の教える, の断罪者, の方, の是認, の極致, の欠陥, の無意味, の特別, の発達, の矛盾対立, の範疇体系, の角, の誇張, の誤謬, は両者, は周知, は唯物論, は大勢, は弁証法, は形式論理学, は形而上学, は成り立たない, は新, は現代, は自然科学, への一歩, やの批判, を, を仮定, を克服, を本当に, を脱却, 乃至形而上学, 及び生気論, 或は反映論

▼ 機械~ (89, 1.7%)

3 できて 2 すらない, もって, 支那では

1 [80件] いくら完全, いっぱいに, いは, うごく人形, うごく船, ぐんぐん引きあげました, ござりまする, さへ, されて, されるよう, ずるずる出, そうした不可能, その眼, つけはったでっしゃろ, できたサル, できた人間, できた足, でも, とって, どうしてこんなによくお, どうして眠り病, どうやら覚束, まきとって, わたしたちには, われ等の, ウンと, キズだらけの, トップの, パルプに, 一方から, 一端から, 三十分で, 与えたと, 中央へ, 五人分も, 人種改良学が, 今日世界に, 仕事を, 以て, 何うし, 傷を, 出来た魂, 出来ても, 切るもの, 動かせば, 動くの, 動くよう, 同時に僕, 君人が, 喉を, 変形された, 多量生産し, 左腕を, 打つて, 擬音の, 敵の, 數多の, 木材を, 正面の, 汁を, 物を, 狐を, 甘んずるの, 生産された, 町の, 病身の, 空中何百尺の, 空気を, 組立てた人造人間, 組立てて, 織つた衣類, 耕したり, 聴いたけれども, 胃の, 芸術を, 複雑な, 診て, 走る自動車, 足ば, 音を

▼ 機械~ (75, 1.4%)

3 いっても 2 一緒に, 労働とは, 機械の, 異る

1 [64件] いうより, いえば, かわらぬ生体, する, その製法, その部分品, なしたもの, なって, なつて, なりおおせなくては, なり奴隷, なるに, なる場合, みえまして, コンパスと, 五十円と, 人と, 人間の, 偉大な, 共働きを, 分業との, 動物との, 勝れた技術, 勞働とに, 化したごとくである, 化し終, 化する, 取っ組む一人, 取り換えて, 同じくうつ, 同じこと, 同じで, 同じです, 同じもの, 同じよう, 同様又, 噛み合せること, 外科部長の, 工業の, 技師とは, 技術とが, 最も密接, 機械との, 毛織布との, 測定機械との, 獣に, 相談する, 睨めっくら, 社会的組織の, 筵を, 綿製品も, 職工と, 職工との, 自然この, 装備関係である, 見ねば, 見專ら法, 設備と, 設備とを, 資本とにより, 運転台を, 違う, 鉄槌の, 集団建築と

▼ 機械~ (66, 1.3%)

2 測定機, 設備を, 道具も

1 [60件] しかけを, その他の, またここ, ギロチンや, トラクターや, ペンや, 上下の, 人間より, 何かを, 倦みも, 刀や, 制度に, 労働や, 化学実験の, 化学染料に, 台などが, 喞筒を, 器具を, 図絵が, 大きな欅, 小舎の, 居住の, 工具の, 工場が, 工場は, 工場設備や, 建物に, 戸棚の, 技術の, 新たな, 施設が, 有機化学なんどに関する, 材料と, 材料を, 機関は, 武器や, 測器, 測定機械の, 煤煙やの, 牛馬の, 発明の, 発見を, 研究遂行の, 算盤玉は, 耐久的資本が, 臼で, 薬にも, 薬品や, 薬品を, 計器が, 設備が, 農業における, 道具が, 道具や, 道具を, 革具で, 食物や, 飲食店の, 馬車で, 魔術の

▼ 機械~ (63, 1.2%)

6 されて 4 して 3 の職場 2 のため

1 [48件] から人間, から脱, された, されたから, されたもの, されたテンポ, された殺人魔, された生活, された農業, された部隊, されスピード化, され労働者一人, され組織化, したか, した工場, した文字, した農, し三百人, し得ないという, し速度化, すること, するの, する美觀, せられる傾向, であり同時に, である, ということ, とから解放, とが矛盾, として結びつける, と融合, などを考慮, にあり, にさえ先ず, にはあくまで, によってだけプロレタリア経済, によってソヴェト勤労者, によって必然的, に一層, に対する自発性, のお蔭, の初め, の問題, の徹底, の点, の逆, を一日, 更に演劇

▼ 機械文明~ (53, 1.0%)

2 が発達, の世の中, の発達

1 [47件] が人, が取りつ, が幼稚, が最も, が東洋, が浸透, だけで, で人間, というもの, とその他, との新しい, とを呪った, と云, と集合体, にも一応, によつて近代化, に反抗, に喰われ, に圧倒, に驚異, のかちどき, のせい, の先端, の先進国, の力, の底, の方, の最大, の機能主義的, の煩瑣, の生みました, の高度, はまだ, は極言, は私ども, は終焉, は見られなく, への諷刺, を呪, を呪つて自然, を建設, を構成, を模倣, を現出, を誘致, を離れた, 乃至は

▼ 機械~ (50, 1.0%)

4 の中 2 になっ, の外

1 [42件] から暗, から煙, だ, だった, だよ, です, ですから, ではその, でもこれ, とはあまりに, に, にかくれ, にとじ籠った, にのぼっ, にのぼり, にのぼりました, には, にはいりました, には道化師, には違い, に入る, に廻っ, のエンジン, の内, の出口, の四つ角, の方, の暗, の梁, の続き, は三方, へいっ, へはいった, へ帰っ, へ来た, へ走り出た, まで持っ, もそして, をしらべ, をのぞい, を持っ, を逃げ出す

▼ 機械~ (48, 0.9%)

2 なにも, 手工に

1 [44件] あったもの, あったもん, あり温度調節器, いらなくなり人間, おもしろい, からっぽに, ごらん下す, すっかりなくなっ, ずいぶん足りない, それから, それに, たちまち動き出した, つねに磨かれ, とうとう発見, なく糸取り車, ハタと, 一台購入し, 一緒くたに, 不断に, 人も, 人間も, 休んで, 何とか日本座敷, 何の, 何も, 何もかもみんな, 充分に, 動いてるし, 動き出すの, 原子弾研究の, 取りよせて, 只今ほど, 含むもの, 専門家に, 御座い升, 必然に, 折々休息, 持って, 日進月歩し, 極めて簡単, 決して単なる, 用いず労働, 自然の, 貨物も

▼ 機械人形~ (40, 0.8%)

13 のよう 2 ではあるまい, のやう, の様, の歩きかた

1 [19件] があった, があるく, が動き出し, だ, とはいわず, と同じ, なの, にされ, に過ぎなかった, に還れる, の如く, の手, の指, の格好, の無意味, の集團, の頭, は歩く, めいた声音

▼ 機械論的~ (40, 0.8%)

7 に理解 2 では, な因果, に把握

1 [27件] であろうと, でも, とか又は, な却って, な取り扱い方, な否定, な唯物論, な思惟方法以外, な概念, な決定論, な生気説, な確率, な近代自然科学, な飛込台, に, にしか把握, にしか理解, にで, にでなく, には理解, にも理解, に取り扱う, に孤立, に孤立化, に精巧化, に設定, 非目的論的宇宙觀

▼ 機械~ (38, 0.7%)

4 の流れ

1 [34件] がある, がどうしても, が必要, が描かれ, が這入っ, が進め, が適当, つまり物質, で二十人力, といふもの, とおなじ, とで日本, と比較, と自然, なり電気, によりさえすれ, に依存, に対する理会, に当らしめる, に變つた, の作用, の優秀, の冷酷, の象徴, は凡そ二百年, への讚美, も極めて, をウン, を得, を産み出す, を破砕, を補ふん, を費し, 乃至物量

▼ 機械体操~ (34, 0.7%)

5 の要領 3 の練習 2 のある, をする, を試みる

1 [20件] からすべり落ち, から墜ち, が非常, して, だけはちゃんと, では青空, なら多少, にかけては級中, につかまつ, にぶら, のチャムピオン, のトンボ, の代り, の前, の尻上り, の砂場, の鉄棒, やスパルタ風, をやつ, 及び軍用ラツパ

▼ 機械時代~ (28, 0.5%)

4 の出現 2 に適応

1 [22件] がはたす, が出現, が段違い, が現われる, とでもいわれる, についての理論, にのぞん, には二重, に変り, に決して, に變, のよって, の先駆者, の大, の詩, の認識論, はその, への不安, への哲学, への恐怖, への適応, をわが

▼ 機械~ (28, 0.5%)

1 [28件] が並べられ, が並ん, である, であると, と薬品, なぞとき, などを払下げ, について英国品, にとり囲まれた, の写真, の構造, の模型, の現場到達, の磨き方, の細工, の組立て, の説明, は三月末, は人, は東大, は見えず, もすべて異状, も手落ち, も買っ, や製造品, をいじくっ, を幾個, を集めた

▼ 機械主義~ (27, 0.5%)

1 [27件] があり, がいつしか, だ, であるが, で片づけ, として迎えられた, とには密接, との大, とはもう, とソヴィエート, と結合, なの, にあった, にまけず, に対する解決, に帰着, に横たわる, に転じる, のため, の影響, の省察, の論理, は手工, また主我主義, を押し立てた, を支配, を超越

▼ 機械~ (26, 0.5%)

12 かけの 6 かけで 3 かけが 2 ゃねえんだよっ 1 かけな, かけなんて, かけを

▼ 機械~ (24, 0.5%)

2 になりたい

1 [22件] が好き, が機械, だけが許され, だそう, だったん, という自分, といっ, として働い, として熟練抜群, として用いられる, として近代, なんで, になりたく, の一ヵ月, の一人, の仕事, の例, の労働, の最高, をよん, を募集, 及び鍛冶工

▼ 機械から~ (22, 0.4%)

2 出て

1 [20件] ある不思議, これを, はずされクリップ, ほとばしったよう, ぼそぼそと, 一生懸命に, 下ろしたばかりの, 二つに, 人間への, 受ける制限, 外して, 巻紙様の, 得られる利益, 手を, 機械へ, 歸つても, 特殊な, 生まれた神, 白濛濛たる, 群衆の

▼ 機械~ (22, 0.4%)

32 からずっと

1 [17件] あね, かえたい, から, からと言い得るであろう, から大, か人間, か誰, がレンズ, けれどそこ, しそれ, しそれからまた, つたのさ, という, という説, といわなけれ, と称する, な

▼ 機械~ (22, 0.4%)

1 [22件] が引き裂かれた, が絶えず, が膜, が被害者, くさい松さん, くさい葉っぱ服, でぬらぬら, とが染み込ん, の, のシミ, の上, の溜り, の煤, の腐りかかった, は, は手首, をごしごし, をぶちまけ, を作る, を塗つて, を当, を流しうかべる

▼ 機械でも~ (21, 0.4%)

1 [21件] ある, いいの, この音, これほど, こわれるよう, それを, ちゃんと立派, ない, ないの, なく人間, 出来たら便利, 動いて, 取りに, 宙に, 手に, 自分の, 薬品でも, 見るやう, 造って, 造り上げる事, 食ってるつもり

▼ 機械~ (21, 0.4%)

6 んだ 3 のだ, のです 2 のでしょう, んです 1 のか, のだろう, のね, ものでしょう, んでしょう

▼ 機械との~ (20, 0.4%)

1 [20件] あらゆる進歩, ふしぎな, 充分な, 力くらべ, 効果は, 合計は, 微妙な, 戦である, 戦ひで, 戦ひでは, 本質的な, 比較によ, 比較によって, 狭い部分, 結合点に, 費用の, 関係, 関係について, 關係や, 響き丈を

▼ 機械工場~ (19, 0.4%)

2 のよう

1 [17件] が新しく, だの諸, で不断, で働く, で濫造, といろんな, とも云う, ならこんな, に働い, に勤め, の内部, の労働時間, の職工長, の調査, も設けられ, や硝子工場, をもち五ヵ年計画

▼ 機械という~ (18, 0.3%)

5 のは 3 ものは 2 やつは, 物質的で 1 この労働手段, ものが, 作を, 実在は, 機械の, 雑色の

▼ 機械によって~ (18, 0.3%)

2 生産される, 製造される

1 [14件] かくも, がっしりと, まき上げられる, 井戸を, 処理され, 利益を, 動かされ人, 取って, 感じる, 結ばれベルト, 置きかえたよう, 貨物に, 進められるという, 隔てられる人間

▼ 機械では~ (17, 0.3%)

3 なくて 2 ない, 生れないもの 1 あるが, あるまい, それが, どのよう, ないから, ない木材, なくその, 不可能である, 巧緻な, 遠くまでは

▼ 機械~ (17, 0.3%)

1 [17件] が勝ち, が勝利, が復活, だけは相, であったもの, というか公, とは交互, とは即ち, と生気説, なの, なるもの, の主張者, の信者, の極端, は結局人間, を捨て, を樹

▼ 機械である~ (16, 0.3%)

2 ことが

1 [14件] からトオゴオさん, から向上改良, から彼等, から手工, から百個以下, から私, がそれ, が恋愛, ことは, ために, ということ, ところの, と考えた, 筈の

▼ 機械工業~ (16, 0.3%)

2 の進歩

1 [14件] および農業, といひ, と生産費, についても断じて, になっ, に例, に吸収, に於ける, に進歩, のため, の発達, ばかり手, や軍需工業, より転じ

▼ 機械仕掛~ (13, 0.3%)

2 で開かれる

1 [11件] でもある, でクルッ, で敵, のあやつり, のこと, のよう, の人形, の偶人, の技芸, の玩具中, の腐蝕製版

▼ 機械装置~ (13, 0.3%)

1 [13件] からでも掴める, が現われた, である一定, と同一視, によること, に触れ, はいかなる, をとりはずし, を忘れ, を感嘆, を探る, を覗き, を顛倒

▼ 機械には~ (12, 0.2%)

2 心が, 決定のみ 1 かないません, それが, たくさんの, できません, 内地には, 反復のみ, 手の, 故障は

▼ 機械作用~ (11, 0.2%)

1 [11件] が自意識, ではなく, にすぎなかった, に於, の内, の感覚, の感覚的, の道徳的理想, は色々, や関数関係, を意味

▼ 機械化兵団~ (11, 0.2%)

1 [11件] がとりかこん, が大勝, が極めて, が連合軍, の伍長, の偉力, の巧妙, まで備わっ, を先頭, を再建, を集中中

▼ 機械~ (11, 0.2%)

2 とそれ 1 から人間性, が女, という, と云われ, への示唆, を支える, を説く, を適宜, 非人間的

▼ 機械~ (10, 0.2%)

1 くるりと, はったり, 両手を, 人間が, 向ける気持, 手を, 注すべき油, 流れ入る, 移って, 薄い薄い平坦面

▼ 機械よりも~ (10, 0.2%)

1 はるかに, ようやりん, より消耗的, 完全に, 巧妙に, 機械らしく, 確かな, 薬の, 遥かに, 馬力を

▼ 機械~ (10, 0.2%)

2 には未だ 1 では黄ろ, の方, の白壁, の調べ革, へまわされた, へ行く, へ行っ, 常に煤煙

▼ 機械論的唯物論~ (10, 0.2%)

2 の範疇 1 として徹底, との論争, にすぎず, にぞくする, に対するもの, の形, は物質, を奉じ

▼ 機械論者~ (10, 0.2%)

1 であるが, によっても新旧生気論者, の云う, の多い, の多く, の誤謬, は, は云う, は哲学, も自己批判

▼ 機械及び~ (9, 0.2%)

1 之によりて, 器具工業, 建物に, 毛織布は, 燃料の, 自然的要素が, 資本の, 車輛が, 食物の

▼ 機械~ (9, 0.2%)

5 の上 2 のうえ 1 がいく台, の下

▼ 機械~ (9, 0.2%)

1 であったが, で何, で大陸育ち, で電気器械, で顕微鏡, にちょっと, のいる, のゐる, の小僧

▼ 機械文化~ (9, 0.2%)

1 のもつ, の崩壊, の精粋ここ, の進んだ, の頂点, はそれ自身, への否定, への批判, への発展

▼ 機械~ (9, 0.2%)

1 がやって来た, が取り外し, の横腹, の舳先, は二つ, もどこ, をみつけ, を持て, を返し

▼ 機械です~ (8, 0.2%)

2 か, よ 1 からはらいおとす, が逆, って, なア

▼ 機械とは~ (8, 0.2%)

2 まるでちがっ, 形態ある, 抵抗物体の 1 同数の, 将たやしづけき

▼ 機械化部隊~ (8, 0.2%)

1 が進行, のお, のすぎた, の徽章, の歴史的瞬間, の袖章, をさらに, を顧慮

▼ 機械技師~ (8, 0.2%)

1 が云った, が酒, だが, である, で人間, で全長九キロ二, に服, の苦衷

▼ 機械製品~ (8, 0.2%)

2 には良い 1 が冷やか, たること, と手工藝, に美, に飽き, の目標

▼ 機械そのもの~ (7, 0.1%)

1 が正確, になっ, には何, の巨大さ, の精度, の限界, をい

▼ 機械体系~ (7, 0.1%)

1 が技能, が社会的, としての技術, とは併, と技能, の方, は人間

▼ 機械~ (7, 0.1%)

1 が非常, において毎日, に解剖学, の要点, の長けたる, や天文学, を研究

▼ 機械生産~ (7, 0.1%)

2 のみ盛 1 が商業主義, である, に移された, の中, はさらに

▼ 機械的唯物論~ (7, 0.1%)

2 が存在, の立場 1 でもなけれ, と名づけられね, に陥っ

▼ 機械~ (7, 0.1%)

2 ヲ腕関節 1 がぬっと, が指さした, のこと, はばさっと, を見せたら

▼ 機械論的決定論~ (7, 0.1%)

1 が通俗, であり不, であるとは, に代る, の否定, の完全, を従って

▼ 機械~ (7, 0.1%)

1 がごうごう, が木, が長い, が骨, と軸素地剥機, にかけてキリキリキリッ, を使い出したら

▼ 機械としての~ (6, 0.1%)

1 ピアノにまで, 人間の, 価値は, 図書館に, 性格を, 興味を

▼ 機械とを~ (6, 0.1%)

1 ぶんどりました, 利用した, 差押へ, 思った, 所有し, 極めて有効

▼ 機械なる~ (6, 0.1%)

3 ものを 2 物理的集団的性格の 1 ものは

▼ 機械について~ (6, 0.1%)

1 いられない, 働く技術, 働く者, 力学的な, 多少憤慨, 訊くの

▼ 機械に対する~ (6, 0.1%)

2 関連の 1 もっと異, 技術の, 農民の, 驚異という

▼ 機械みたい~ (6, 0.1%)

1 なかたち, なもの, な歩き方, な物, につとめ, にガサガサ

▼ 機械仕掛け~ (6, 0.1%)

1 がどこ, が仕込まれた, でとばし, で人間, の事, の様

▼ 機械~ (6, 0.1%)

1 でも決して, とか西洋鍛冶, のやう, のフォン・ヘルダー, はない, は二三人

▼ 機械技術~ (6, 0.1%)

2 の時代, を支配 1 の高度, は思った

▼ 機械的作用~ (6, 0.1%)

1 が弱っ, が食物, として又は, に非ずし, のため, を集積

▼ 機械~ (5, 0.1%)

1 なにかの, 何かから, 何かの, 別世界から, 生物か

▼ 機械だの~ (5, 0.1%)

1 グラス, 学校だの, 眠剤などを, 細工物だの, 製造だ

▼ 機械として~ (5, 0.1%)

2 見るならば 1 働くこと, 対手を, 精

▼ 機械なら~ (5, 0.1%)

1 どうする, ばどんな, 機械を, 歯車が, 誰も

▼ 機械による~ (5, 0.1%)

1 処刑の, 商品の, 多量生産, 暗号, 生産費の

▼ 機械への~ (5, 0.1%)

1 この執心, 弁護は, 従である, 正しい認識, 過信も

▼ 機械人間操縦室~ (5, 0.1%)

2 を占領 1 で, に火焔放射器, へ侵入

▼ 機械~ (5, 0.1%)

1 でなければ, のもの, の支那ソバ, の方, の波

▼ 機械鍛冶~ (5, 0.1%)

2 の音 1 で廻す, の響き, もあった

▼ 機械~ (5, 0.1%)

1 が闇, であったから, に馴れ切っ, の騷然, を撮る

▼ 機械じゃ~ (4, 0.1%)

1 ありませんか, ないですか, ないん, 折角です

▼ 機械だけ~ (4, 0.1%)

1 あります, でいい, では, 据ゑて書生番人下僕を

▼ 機械といふ~ (4, 0.1%)

1 ことに, ものが, ものは, ものを

▼ 機械とが~ (4, 0.1%)

1 あれば, まるで一人, 完全に, 用いられて

▼ 機械など~ (4, 0.1%)

1 いぢ, 使う手練, 見たこと, 買ひ込ん

▼ 機械などが~ (4, 0.1%)

1 それを, たくさん並ん, 別々に, 押しならんで

▼ 機械に関する~ (4, 0.1%)

1 ことが, 会計を, 保存上および, 質問に

▼ 機械るい~ (4, 0.1%)

1 は充分, は横, をたくわえ, を上

▼ 機械人体~ (4, 0.1%)

1 だ, ではない, と名, を動かし

▼ 機械~ (4, 0.1%)

1 にまかせ, に引きあげ, のルイ, は熱く

▼ 機械全体~ (4, 0.1%)

1 が呻吟, が自分, に就, のつりあい

▼ 機械器具~ (4, 0.1%)

2 であって 1 のとりどり様々, の進歩

▼ 機械工藝~ (4, 0.1%)

1 である, の醜, は科学的原理, は資本制度

▼ 機械構造~ (4, 0.1%)

1 が民族, についても研究的, の中, の細部

▼ 機械水雷~ (4, 0.1%)

3 のよう 1 のお化け

▼ 機械産業~ (4, 0.1%)

1 に移り, の特徴, は一般社会生活, は軍需品製造

▼ 機械的因果~ (4, 0.1%)

1 から独立, と並存, と同列, の概念

▼ 機械的因果律~ (4, 0.1%)

2 を少し 1 と合目的性, によって説明

▼ 機械的必然性~ (4, 0.1%)

1 によって絶対固定的, の主張, の外, の認識

▼ 機械的技術~ (4, 0.1%)

1 となり, に往々, に移し, をも含む

▼ 機械的法則~ (4, 0.1%)

1 に支配, の宇宙, も生物, を積極的

▼ 機械的装置~ (4, 0.1%)

1 によつて, の改良, は往々, をし

▼ 機械的設備~ (4, 0.1%)

1 が必要, によつて, によるか将, を考案

▼ 機械~ (4, 0.1%)

3 の中 1 につながれ

▼ 機械職工~ (4, 0.1%)

2 なりき 1 が珍, なり

▼ 機械~ (4, 0.1%)

2 の合言葉, の歴史

▼ 機械~ (4, 0.1%)

1 が発射, だがね, では針先, のよう

▼ 機械それ~ (3, 0.1%)

1 が人間, はツェッペリン, を造った

▼ 機械などは~ (3, 0.1%)

1 ほとんど村, 共同で, 要らない

▼ 機械なども~ (3, 0.1%)

1 あり植字組版, その一つ, 出し相当

▼ 機械における~ (3, 0.1%)

1 わずか二, 八〇〇〇磅の, 改良の

▼ 機械に対しては~ (3, 0.1%)

1 その一車輪, その車輪, 懐疑的である

▼ 機械のみ~ (3, 0.1%)

1 である, では, ならず更に

▼ 機械らしい~ (3, 0.1%)

1 ものが, 活, 音は

▼ 機械人間たち~ (3, 0.1%)

1 だった, は博士, を呼びだし

▼ 機械仕事~ (3, 0.1%)

2 と共に手仕事 1 でありまして

▼ 機械体操場~ (3, 0.1%)

1 と向い合っ, の生徒たち, の砂

▼ 機械制度~ (3, 0.1%)

1 とが酵, とである, との間

▼ 機械学的~ (3, 0.1%)

1 な問題, な複雑, に配列

▼ 機械~ (3, 0.1%)

1 で受取った, に勤め, の方

▼ 機械的文明~ (3, 0.1%)

2 の発達 1 の中

▼ 機械的結合~ (3, 0.1%)

1 に過ぎない, を弱めた, を拒もう

▼ 機械的見解~ (3, 0.1%)

2 の正反対 1 に納得

▼ 機械~ (3, 0.1%)

1 が出, は真剣, を山嶺

▼ 機械~ (3, 0.1%)

1 に酔う, の出現, を好む

▼ 機械道具等~ (3, 0.1%)

1 がこれ, の使用, を使用

▼ 機械関係~ (3, 0.1%)

2 乃至関数関係 1 の最高権威

▼ 機械おおい~ (2, 0.0%)

1 は, を取っ

▼ 機械からは~ (2, 0.0%)

1 紫色の, 離れられなくて

▼ 機械さえ~ (2, 0.0%)

1 あれば, 出来りゃ空

▼ 機械その~ (2, 0.0%)

1 ほかを, 物が

▼ 機械その他~ (2, 0.0%)

2 に用いる

▼ 機械だけは~ (2, 0.0%)

1 学理によって, 部落全体の

▼ 機械だって~ (2, 0.0%)

1 いうの, 揃わないぞ

▼ 機械~ (2, 0.0%)

1 やない, やなし

▼ 機械であった~ (2, 0.0%)

1 とはさてさて, にすぎない

▼ 機械であり~ (2, 0.0%)

1 一種の, 何処から

▼ 機械とか~ (2, 0.0%)

1 工場設備とかいう, 道具とかの

▼ 機械としか~ (2, 0.0%)

1 感じなかった, 見えないであろう

▼ 機械とに~ (2, 0.0%)

1 伴う利益, 調和が

▼ 機械とも~ (2, 0.0%)

1 云えよう, 云ふべき

▼ 機械と共に~ (2, 0.0%)

1 はたらいて, 働らく外なし

▼ 機械なんかも~ (2, 0.0%)

1 困ること, 日本人を

▼ 機械にかけて~ (2, 0.0%)

1 こんなに細か, 多量に

▼ 機械についての~ (2, 0.0%)

1 案内書から, 知識が

▼ 機械にでも~ (2, 0.0%)

1 其の力, 巻きこまれた様

▼ 機械にばかり~ (2, 0.0%)

1 興味を, 頼らないで

▼ 機械にも~ (2, 0.0%)

1 何も, 製粉にも

▼ 機械によ~ (2, 0.0%)

1 つて個々必ず, つて取り換へ

▼ 機械により~ (2, 0.0%)

1 または極めて, 海底を

▼ 機械に対して~ (2, 0.0%)

1 排他的であり, 関連の

▼ 機械ばかりが~ (2, 0.0%)

1 密集し, 活動を

▼ 機械へと~ (2, 0.0%)

1 転じた, 雨の

▼ 機械まで~ (2, 0.0%)

1 据ゑつけて, 揃って

▼ 機械やらを~ (2, 0.0%)

2 置き飾つて

▼ 機械より~ (2, 0.0%)

1 生まれたる神, 銀鑞白鑞タール綱マニラ綱帆縫糸撚糸金剛砂布黒鉛氣發油白絞

▼ 機械を以て~ (2, 0.0%)

1 美の, 隈なく

▼ 機械オルガン~ (2, 0.0%)

1 のハンドル, は国歌

▼ 機械トラクター~ (2, 0.0%)

1 が響き出す, やコンバイン

▼ 機械~ (2, 0.0%)

1 と新, をこしらえ出す

▼ 機械人間工場~ (2, 0.0%)

1 からすぐさま, のポスター

▼ 機械休ませ~ (2, 0.0%)

2 てある

▼ 機械係り~ (2, 0.0%)

1 の又, やアナウンサー

▼ 機械化農業~ (2, 0.0%)

1 でも日本, といっ

▼ 機械~ (2, 0.0%)

1 が緩んだ, の水

▼ 機械~ (2, 0.0%)

1 のよう, を引い

▼ 機械学物理学応用化学語学等~ (2, 0.0%)

2 は勿論

▼ 機械学者~ (2, 0.0%)

1 として厳重, らしい専門的知識

▼ 機械専門学校~ (2, 0.0%)

1 がある, が建っ

▼ 機械工学~ (2, 0.0%)

1 では精密機械, の研究

▼ 機械心臓~ (2, 0.0%)

1 に変え, を取付け

▼ 機械戸棚~ (2, 0.0%)

1 がうごい, と後

▼ 機械携帯~ (2, 0.0%)

2 で足早

▼ 機械~ (2, 0.0%)

1 を動かした, を織つ

▼ 機械潜水~ (2, 0.0%)

1 ならば, の万全

▼ 機械~ (2, 0.0%)

2 見せられた

▼ 機械的不備~ (2, 0.0%)

1 のなか, の問題

▼ 機械的作品~ (2, 0.0%)

1 が劣る, が美

▼ 機械的原理~ (2, 0.0%)

1 から見れ, の応用

▼ 機械的反覆~ (2, 0.0%)

1 であって, である

▼ 機械的天才~ (2, 0.0%)

1 がその, は昨日

▼ 機械的定命論者~ (2, 0.0%)

2

▼ 機械的性質~ (2, 0.0%)

1 とを最も, については従来

▼ 機械的技能~ (2, 0.0%)

1 の精巧, を以てしたら

▼ 機械的方法~ (2, 0.0%)

1 によって製作, は唯

▼ 機械的構造~ (2, 0.0%)

2 はすなわち

▼ 機械的決定論~ (2, 0.0%)

1 ではなく, に於ける

▼ 機械的混合~ (2, 0.0%)

1 によりて行, によりて行われる

▼ 機械的現代化~ (2, 0.0%)

1 に陥らず, への注意

▼ 機械的組織~ (2, 0.0%)

1 がこの, のみを論議

▼ 機械的自然力~ (2, 0.0%)

2 を介し

▼ 機械的訓練~ (2, 0.0%)

2 を貴ん

▼ 機械的適用~ (2, 0.0%)

1 があった, をやっ

▼ 機械的鳥獣~ (2, 0.0%)

2 の自由

▼ 機械等々~ (2, 0.0%)

1 という実証的, を生み出さね

▼ 機械自体~ (2, 0.0%)

1 が一つ, が廻転

▼ 機械自身~ (2, 0.0%)

1 が決して, の本当

▼ 機械製造~ (2, 0.0%)

1 で有名, のもの

▼ 機械~ (2, 0.0%)

1 し本来不合理的, である

▼ 機械観的~ (2, 0.0%)

1 になり, に取扱っ

▼ 機械観的立場~ (2, 0.0%)

1 から取扱おう, に立っ

▼ 機械設備~ (2, 0.0%)

1 が優秀, の前

▼ 機械論的合理主義~ (2, 0.0%)

1 に限る, のもの

▼ 機械論的必然性~ (2, 0.0%)

2 と偶然性

▼ 機械論的範疇体系~ (2, 0.0%)

1 とが対立, の下

▼ 機械農業~ (2, 0.0%)

1 が発達, の行われない

▼ 機械~ (2, 0.0%)

1 に連なった, の弾条

▼ 機械部分~ (2, 0.0%)

1 の点検法等々, は大体

▼ 機械~ (2, 0.0%)

1 にはわずか, を見た

▼1* [357件]

機械ぢり, 機械いじりが好き, 機械うごかす短か, 機械もちに, 機械かとたずねた, 機械ぎらいがソヴェト権力の下, 機械ぐるみまた抵當, 機械こそ曲者である, 機械こそは近代の, 機械うう, 機械さえも木片細工の, 機械しかないの, 機械じかけらしく足を, 機械ずきなのだけは, 機械たらしめるものでなく, 機械たる土地は, 機械だけが悪魔の, 機械だけでも安くて, 機械だけに立派な, 機械だけにしか見えないので, 機械だけを通しての労働過程である, 機械だったのです, 機械だったらその機械, 機械だろうね, 機械ちいっとばっか工合, 機械ってどこに, 機械であればある, 機械でさえあれば, 機械でしかなかった, 機械でない悲しさ, 機械でなく製糸等の, 機械でねえげ仕事は, 機械でばかり工場が, 機械で御座い升, 機械とかにも時代とか, 機械とかをよいほどに, 機械とても果してそれが, 機械とともにやって来た人たち, 機械とによりある一国, 機械ないでしょうか, 機械なおよくいえ, 機械なぞより正確, 機械なぞを子供の, 機械などには見向きも, 機械などを据付けようとは, 機械なりで紡がれて, 機械なりとなんなり, 機械なんかが好きであった, 機械なんて云って, 機械にしか過ぎない, 機械についてさえいればい, 機械につき砕くべきもの, 機械にて水を, 機械になつても, 機械にまで大成し, 機械にもべんの, 機械によってのみ感じえられる女性, 機械に対するの神秘神経異常を, 機械に従い機械に, 機械に関して私にとり, 機械のちからで, 機械のみが人間を, 機械のみになって, 機械ばかりでできて, 機械ほど幾つも, 機械はれば, 機械みなそれである, 機械もっている, 機械もろとも粉砕, 機械やったわ, 機械やを私は, 機械うまはる, 機械らしく機械よりも, 機械をば生れると, 機械をも今日からは, 機械を通してであるだけに, 機械を通じて傳は, 機械ガ天井カラ降リテ, 機械ステーションを中心, 機械デハ僕ハワズカニ第一ト, 機械一点ニ恒ニレイゼント狙ハレテアルモノ, 機械ピアノで誠に, 機械ピストンの鋳造機, 機械ブローカーで, 機械マッチで今, 機械遠クカラ操作スルノデ, 機械一台どどう, 機械一式を調, 機械万能などを罵る, 機械中央部への注意, 機械主義マルクシストの欠点, 機械主義功利主義等に反対, 機械主義本能主義というよう, 機械主義的な構成, 機械主義的マルキシズムをなく, 機械主義的マルクス主義の理解, 機械主義的範疇組織の最も, 機械主義等の主張者, 機械人間くろがね天狗を自由自在, 機械人間みたいだが, 機械人間五人ばかりをひきつれ, 機械人間以外にはぜったいに, 機械人間何号と呼ん, 機械人間君お礼をいう, 機械人間製造の方, 機械仕かけがんどう, 機械仕事台旋盤等を据え付ける, 機械仕懸けで動き, 機械代用法とで前者, 機械以下で一生, 機械体操もどきに飛びつく, 機械体操射撃場名前は忘れた, 機械体操廻転箱また鞦韆, 機械体操式軽身術, 機械が何ん, 機械何んと申す, 機械作業とかいう, 機械作製所でこれ, 機械使用の増大, 機械係小道具係電気係等の運動, 機械修理にかけては火星, 機械全部をこわす, 機械兵団のため, 機械兵士の跳梁, 機械其の他を通しての, 機械其他ノ設備, 機械其他万般の修理復興, 機械切りの蕎麦, 機械入機械, 機械制限論がやかましい, 機械刺繍の安物, 機械を守る, 機械などまでが生れよう, 機械力これはマア仕方, 機械力そのものの機械的, 機械力物量に対抗, 機械労働組合の主事, 機械動かなくなり私も, 機械動力をはじめ, 機械動物がすっかり, 機械化これらの環境, 機械化そのものに反対, 機械化兵力が大きな, 機械化兵器の設計, 機械化大隊のため, 機械化技術化によって職工, 機械化暗号法もつまり, 機械化過労のため, 機械化電化の促進, 機械半身は獣, 機械即ち美しい言葉, 機械及材料を運上ぐる事, 機械同然だ, 機械をすら容易, 機械とか横浜, 機械商人とアメリカ, 機械器具建物等にすなわち, 機械器具製造では男子二一パーセント増し, 機械は広大, 機械場ポンプ場捲上場, 機械女工が失業, 機械の声さ, 機械学士だそう, 機械学材料に関する繊維学, 機械の進歩上, 機械學者にも分らない, 機械寄越しから, 機械屋さんと云つた感じ, 機械屋ベルニエの工場, 機械だ, 機械展覧会を開いた, 機械崇拝が行なわれる, 機械工体育部水泳選手のドミトリー, 機械工具などいっぱい, 機械工出の運転手, 機械工場制期のそれ, 機械工場化学工場などに働く, 機械工學及び物理學, 機械工學等地震學の理論並, 機械工業そのものも或, 機械工業主義を賛成, 機械工業以前にあり, 機械工業鉱山業土木医学歯科体育航空学等がそれぞれ, 機械工補導所を作り, 機械工鍛冶屋及び大工, 機械師メルツェルがベートーヴェン, 機械師達のやう, 機械度量衡地図海図その他当時の日本, 機械建物及び在庫品, 機械性冷血に苦しむ, 機械惡魔の油, 機械或はタイプライタアの, 機械掃射なら油断, 機械掃除の仕事, 機械採用の結果, 機械操作に於ける, 機械故障と見え, 機械文化都市が建設, 機械文学と名, 機械文明らからネ, 機械を造船, 機械早速相求メ主用相, 機械時代集団主義的意識に対して個人, 機械時代集団単位の新しい, 機械架構がどうも, 機械機械と自然, 機械機械発明発明と行く, 機械機能そのものよりは日本人, 機械気先にもリング, 機械を運ん, 機械汽車電車鐵道の枕木, 機械油だらけの職工, 機械済みのを仕上げ, 機械漉きの美濃半紙, 機械玩具のよう, 機械珈琲沸しテンピ, 機械産業化がその, 機械用具の声, 機械やは詩人, 機械発明を阻止, 機械発明発明と行く, 機械的バーバリズムの面影, 機械的マルクシズムをリベディンスキー, 機械的マルクシズム生産に対する知識階級的エキゾチシズム, 機械的メカニズムへ対応的, 機械的不備その他経済的無力となつ, 機械的不備スターの精神異常, 機械的世界においても未来, 機械的世界観実は唯物論的世界観, 機械的人情に同意, 機械的人生観の立場, 機械的人間でもなけれ, 機械的優劣によるもの, 機械的党派性を指摘, 機械的冷血を条件, 機械的分業である, 機械的分業制を以て営まれる, 機械的労働であると, 機械的反復を骨子, 機械的反復関節操作の不随, 機械的反映論風に唯物史観, 機械的合致が是正, 機械的同質に落ち, 機械的圧力を加え, 機械的定命論の中, 機械的対立や機械的合致, 機械的平面的固定的な考え方, 機械的延長として説明, 機械的建築技術の創造, 機械的強迫的分業制が全, 機械的影響以外体内を素通り, 機械的必然的なもの, 機械的才能に代置, 機械的指導の一つ, 機械的描寫に依る, 機械的改善を念頭, 機械的改良が進展, 機械的教育は吾人, 機械的文化です, 機械的暴力の結果, 機械的概念であるこの, 機械的構成であります, 機械的構成美の上, 機械的機能に近づく, 機械的正確さにおいては変わり, 機械的理論で眞, 機械的生活の明る, 機械的生産が創造, 機械的産業文化の本質, 機械的申訳的にやる, 機械的神秘性の体系, 機械的統一の精密さ, 機械的衝動として悪魔退治, 機械的衝戟で二箇, 機械的解釈を発生, 機械的誤謬を指摘, 機械的説明とは少し, 機械的起原論は今日ヒルン, 機械的農作が行わるるなら, 機械的速記録作成とは論外, 機械的連繋および右, 機械的進歩と共にそれ, 機械的遊戲とごつ, 機械的運動の暗黒中, 機械的道徳律で縛られない, 機械的関係は生きた, 機械的集合生活に階級的闘争, 機械的集団的被担性, 機械的類推で有機的, 機械然り, 機械破壊運動が発生, 機械礼讃が多く, 機械科出の技術者, 機械科学生産を彼, 機械科學の中, 機械一見し, 機械空気喞筒等いずれもこの, 機械組織がモット分業化, 機械をうけもつ, 機械自らの技術, 機械のスカート, 機械荷役に変化, 機械蕎麦位で我慢, 機械薬品工芸品ではない, 機械装置劇といひ, 機械補助者になつて, 機械裝置を以て現在, 機械製作について学ばなけれ, 機械製作者の立場, 機械製圖等をもつ, 機械製産品以外の何者, 機械製造工程の発達, 機械製造者の資本, 機械見たいなものだ, 機械観念から離れた, 機械に反, 機械觀的或は決定論的傾向, 機械論排撃のテーゼ, 機械論的ラショナリズムとしての唯物論, 機械論的修正派の最も, 機械論的因果の概念, 機械論的因果律の概念自身, 機械論的因果必然性によって完全, 機械論的宇宙觀の上, 機械論的定義を否定, 機械論的形式論的な仮定, 機械論的生気論は併, 機械論的生理主義の色彩, 機械論的範疇に止まる, 機械論的自然主義はテーヌ, 機械論的自然観に立つ, 機械論的解釈も今, 機械論等の如き, 機械論自身の誤謬そのもの, 機械材料は, 機械負けがする, 機械買ってやれん, 機械越しに声高, 機械の間, 機械農具で耕作, 機械運転の手つき一つ, 機械道具類が物, 機械部屋の中, 機械都市のこと, 機械鉱業へ婦人, 機械にメッキ, 機械鑛山土地等ニ加ヘテ利益ヲ計, 機械のカコ技師, 機械雑誌関係の用, 機械の左右, 機械類その他をより, 機械類天井を這うさびた, 機械類等が急湍, 機械類資材清水などが貯えられ, 機械食物船舶等の分量, 機械館発明館はこれ, 機械體操とかで右