青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「機会~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~樹 樹~ ~樹木 樹木~ 樽~ ~橋 橋~ ~機 機~ ~機会
機会~
~機嫌 機嫌~ ~機械 機械~ 機能~ 機関~ 櫓~ 櫛~ 欄~ 欄干~

「機会~」 5897, 64ppm, 1790位

▼ 機会~ (1744, 29.6%)

57 利用し, 待って 40 得た 30 与えて 29 得て 27 失って 25 狙って, 見て 24 ねらって 20 得たの 19 逸して 18 うかがって 17 作って 16 とらえて, 窺って 10 つかんで 8 待った, 待つこと, 得ずに, 捉えて, 有た 7 つくって, もって, 待つて, 得なかった, 永久に, 逸しては 6 みて, 失った, 失ったの, 得たが, 覘って 5 与えた, 与えたの, 与えられて, 利用する, 得なかったもの, 得ました, 掴んで, 求めて, 見つけて

4 [11件] 与えられた, 与えるよう, 作ったの, 多くする, 失して, 失つた, 得たこと, 得たので, 得るの, 捉えた, 捉えること

3 [35件] うか, つかんだ, とらえた, とらえること, ねらつて, はずさずに, ひそかに, もたなかった, もった, より多く, 与えられなかった, 与えること, 与えるもの, 与へ, 与へて, 失うの, 失っては, 失つてし, 奪われて, 彼に, 待つた, 待つより, 得たよう, 得まして, 得ようと, 得ること, 持たなかった, 持たなかったの, 持った, 持ったが, 捉へ, 捕えて, 掴むこと, 見ては, 逃がしては

2 [112件] あたえた, あたえて, うしなった, お待ちよ, さへ, つかまえた, つかまえて, つかむこと, つかむの, つかもうと, つくること, とらえたの, とらえては, とらえるの, とらへて, とらへる工夫, ねらった, のがしては, のがすの, まって, まつこと, もつこと, もつよう, よろこんで, 与えなかった, 与えようと, 与えられたこと, 与えられたという, 与えられなかったもの, 与えられる, 与える, 与えるため, 与へた, 与へられて, 今だ, 作ったもの, 作りは, 作るという, 充分に, 冷静に, 利用した, 利用しよう, 前に, 取りはずして, 君に, 外して, 外しては, 多からしめた, 失うこと, 失えば, 失したので, 失し帰るに, 失ったこと, 失つてゐた, 失な, 奪って, 奪われた, 彼女に, 彼等に, 待たなければ, 待ちかまえて, 待ちます, 待ち設けて, 待つもの, 得ずして, 得たい, 得たいと, 得たと, 得たわけ, 得た事, 得ない, 得ないが, 得ないの, 得ぬ, 得ましたの, 得ませんでした, 得れば, 恵んで, 手に, 拵えて, 持ちたいと, 持ち得たこと, 持って, 持つこと, 捉へて, 捉へる, 探って, 掴むの, 掴もうと, 暗示された, 有つ, 期待し, 永遠に, 狙うの, 狙った, 狙ったの, 発見する, 私の, 窺うため, 考えて, 見出すこと, 逃がして, 逃して, 逃すと, 逃すの, 逸したと, 逸してはと, 逸すると, 遁すまい, 選ぶこと, 避けた, 非常に

1 [784件 抜粋] あたえず私, あたえたの, あたえないよう, あたえられましたので, あたえると, あまりもたない, あまりもたなかった, いかによく利用, いささか迷惑, いつから, いつもねらつ, いつも利用, うかがいついに, うかがい敏速, うかがっては, うしなったらこの, うしなって, うまく袴野, えて一つ, おまえが, お待ちある, お求め, かなしむよりも, かれに, こしらえます来て, ことごとく享受, さえ自分, しかも最も, すばやく捕える, そうじゅう, その儘見遁, それでは面白く, たえずねらっ, だんだんに, ついその, つかまえそこなうという, つかまえること, つかませて, つかみえて, つかみこの, つかみながら, つかみ得よう, つかむため, つかむでしょう, つかむよう, つかめずお, つかめぬ大将, つかんだの, つかんだ甚兵衛, つくっては, つくらせようと, つくらないこと, つくりだして, つくりやしょう, つくり現在年二回以上, つくる, つくるべく努力, つくれば, つらまえる事, でも発見, とらえがたい, とらえずには, とらえたほう, とらえようとして, とらえるため, とらえ得たと, とらえ得る人々, とり外さなかつた, どんな時, なかなか与えよう, なしたもの, にがしては, ねらう悪漢フレッド, ねらってる似而非思想家ども, ねらつてるん, のがさずコンクリート, のがさないよう, のがさぬ愛嬌, のがしたくないん, のがしちゃあ, のがして, のがすもの, はずさず三斎屋敷, はずさなかった, はずしたら生涯ぼく, はずした弥生式民族, はずしてはと, はずすこと, びくびくし, またん, まだえ, まだ私, まち伏せし, まつを, みすみす取り逃がし, みつけて, むだに, もう外す, もたないで, もたないマリア, もたなかった余, もたなかつた, もたなければ, もたれて, もち彼, もったと, もった一フランス人ド・トレモン男爵, もつて, もつに, もてずに, よく考え, われわれは, 一句ごとに, 万人に, 与うるもの, 与えかれら, 与えたおぼえも, 与えたかったと, 与えただけ, 与えたのに, 与えたもの, 与えた善根, 与えた土地, 与えつひに, 与えてさえ, 与えない, 与えないの, 与えないほどの, 与えなかったそこで, 与えなかったの, 与えなければ, 与えようという, 与えられず育ち母, 与えられたが, 与えられたの, 与えられたを, 与えられた更新, 与えられないと, 与えられないの, 与えられるもの, 与えるから, 与えるだろうと, 与える事, 与える傾向, 与える時期, 与えんため, 与え社会, 与ふるに, 与へたもの, 与へられたの, 与へること, 与へるのに, 与へるやう, 与へれば, 久しく彼女たち, 二度まで, 今か, 今朝はじめてはっきり, 佐竹は, 何ととり, 作ったが, 作つた, 作つてやつた, 作らうとも, 作らねば, 作りあげて, 作りたいと, 作りたく楽屋, 作りつつ, 作ります, 作りませう, 作りまた, 作ること, 作るため, 作るに, 作るの, 作ろうかとさえ, 作ろう作ろうと, 俟たなけれ, 俟つが如き, 俟つて言葉に, 偶然にも, 偸んで, 免れようとして, 出来るだけ, 出来る丈, 利用された, 利用せず, 助手の, 十分に, 半日も, 却つておくらす, 取り脱しては, 取り逃がす不幸せ, 取り逃したよう, 取り遁, 取逃がさなかつた, 取逃さなかつた, 同時に我々, 善用する, 均等に, 増し彼等, 外さず, 外さないで, 外してはと, 外すと, 外に, 多くした, 多く与へられ, 多く作る, 多く得, 多く持っ, 多く持つ, 多数に, 大衆に, 天が, 失いよし, 失い雑戸, 失うたれども, 失うであろう, 失うまいと, 失う事, 失う人, 失する, 失すると, 失ったかれは, 失ったが, 失ったと, 失ったらまた, 失ったら又, 失った素子, 失ってはと, 失つてた, 失つてゐる, 失つて了つた, 失ひ健全, 失わせても, 失わないよう, 奇蹟をでも, 奪はれた, 奪われたので, 孕んで, 存分に, 完全に, 封鎖し, 少しでも, 少なくしよう, 屡々つく, 常にうかがっ, 延引させる, 彼らが, 待たうか, 待たずして, 待ちあぐんで, 待ちうけたよう, 待ちたるなり, 待ちに, 待ち受けて, 待ち望むのほか, 待ち構えて, 待ったの, 待ってでも, 待つ, 待つか, 待つだけの, 待つても, 待つばかり, 待つ事, 待てと, 待とうか, 待構え, 得さえ, 得ざりしなり, 得ざるべくしばし, 得しこそ, 得ず, 得ず他人, 得ず祖先以来, 得そして, 得その, 得たいの, 得たから, 得たため, 得たならば, 得たり, 得たるに, 得たるにぞ, 得た上, 得た彼, 得た時, 得た訣, 得た諸君, 得ないこと, 得ない名所, 得なかったけれども, 得なかったの, 得なかったので, 得なかった鹿島槍, 得なかつた, 得ぬが, 得ぬの, 得ば, 得ました事, 得やすき, 得るかも, 得るため, 得るという, 得るといふ, 得るまでに, 得る事, 得る時, 得んと, 得んとして, 得候, 得小説, 得次第に, 得申候, 復ならしめ, 恵まれたわけ, 恵まれて, 恵まれませんでしたが, 惣八郎の, 態と与え, 成るべく多く, 把えよう, 拵えずに, 拾うこと, 持たなかったであろう, 持たなかったと, 持たなかった青年, 持たなかつた, 持たぬもの, 持ちかえって, 持ちどんなに, 持ちました, 持ちませんでした, 持ち得なかったが, 持ち読書, 持ったと, 持ったの, 持った彼女, 持った者, 持つ, 持つという, 持つ事, 持てば, 捉えしむるようにしたい, 捉えたこと, 捉えたものの, 捉えては, 捉えようと, 捉えるため, 捉える工面, 捉まえ, 捕えうるまでは, 捕えた, 捕えたの, 捕えようと, 捕えること, 捕え得なかったの, 捕へ, 捕へること, 掠奪した, 探した, 探すこと, 推算する, 掴まえるの, 掴ませるよう, 掴み同志, 掴むつもり, 掴むという, 掴んだ, 掴んだつもり, 提供した, 提供する, 攫むこと, 攫んだ, 旨く利用, 早く得たい, 早めます, 暗に作り上げた, 最高度に, 有しながら, 有するの一点, 有する文弱明敏, 有せざる, 有ち得なかったでしょう, 有った一人, 次郎に, 欣ば, 殊更に, 毎日毎日一心に, 求めた, 求めなかった, 汝に, 決してのがす, 活用し, 滝人は, 無造作に, 犠牲に, 狙いはじめたの, 狙つてゐた, 狙つて彼女の, 生かすん, 生じたの, 生ずるよう, 目の, 示すもの, 私が, 私に, 積極的に, 空しく取り逃がし, 窺い出した, 窺った, 窺ったが, 窺つたが, 窺て, 絶頂に, 緊張できる, 考へて, 脱して, 自ら進ん, 自分と, 自分自身に, 要するのみ, 見いださなかった, 見いだし得ないで, 見す見す看過, 見つけしだい, 見つけたいよう, 見つけたかつたため, 見つけよう見つけようと, 見つけること, 見つければ, 見のがさず女王, 見のがさない, 見ると, 見付けて, 見付ける事, 見出さなかった, 見出しかねて, 見出した, 見出したの, 見出しました, 見出し都会, 見出すよう, 見出せないで, 見出だしませぬ, 見失ふやう, 見計, 見計らって, 見逃さなかつたばかり, 覗う, 覗った, 覗つてゐた, 親爺に, 記念する, 誤ったと, 誤用した, 迎えた, 追い払って, 逃がしたこと, 逃がしたと, 逃がしたのみか, 逃がしてはと, 逃がすなどという, 逃がすわけ, 逃さずに, 逃さず写生帖, 逃さず正面, 逃さぬ才能, 逃したの, 逃しては, 逃すまいと, 逃すまいとして, 造ったの, 造ったらしかった, 造り大, 逢って, 進んで, 逸した, 逸したが, 逸したならば, 逸したら二度と, 逸すばかりか, 逸すまい, 逸するかも, 逸する事, 逸する場合, 逸せず, 逸せば, 遂に失っ, 遂に永遠, 選ばずコーヒー, 避けたの, 避けて, 避けるよう, 重ねて, 長く引き延ばし, 間違ひなく

▼ 機会~ (1192, 20.2%)

34 して 15 乗じて 12 譲ること 10 私は 8 於て 7 恵まれて 6 それを, めぐまれて 5 自分の, 譲らなければ 4 なって, 今まで, 君の, 恵まれなかった, 私の, 譲ろう, 遭遇した 3 この問題, 何か, 少しでも, 彼の, 彼は, 手を, 昔の, 譲ろうと

2 [49件] あの人, いろいろな, このこと, これらの, した, する, それと, つか, めぐまれたの, めぐまれなかった, やつと, ゆずる, ゆずること, われわれの, 二人の, 今日の, 僕を, 出来るだけ, 前よりも, 取り上げねば, 妾の, 少しばかり, 希望を, 徹底的に, 恵まれたわけ, 政江は, 日本の, 書く時, 父の, 発表した, 皮肉を, 私も, 自分も, 見せて, 評論風な, 読んだこと, 譲って, 譲らねば, 譲りたいと, 譲る, 譲るが, 譲るとして, 述べて, 述べる, 述べること, 述べるつもり, 逢着した, 適当な, 遭遇し

1 [934件 抜粋] 〇〇署勤務の, あうという, あたって, あのトランク, あの人たち, あらゆる形, あらゆる機関, ある積極的, いい渡し, いきり出したの, いひ出すの, うまく融け合っ, うんと関東方, おまえたちに, お住居, お千代, お嬢さんも, お梅, お祭り騒ぎを, お粂, お聴き, お詫びを, お話した, かかって, かかる沈黙, かねて半蔵, かばって, かれを, ここから, ことわるつもり, このお婆さん, この国, この建物, この忘れられた, この桶屋さん, この素晴らしい, この話, この道場, これあるべく思し召され, これまで, こんど新調した, こんな事実, ご城内, される, しよう, すこし, すすがなければ, すつと, ずばり訊いたら, せめてそれ, せめて原作, ぜひ共, そこで, そこを, その傍, その名, その感想, その新しい, その熊狩見物, その男, それから一切ステージ, それとなくあの, それらの, そんなやり, そんな風, たいへん興奮, たしなめて, たとえば牛, ちょっとでも, ついでながら, つかまって, てんで無口, では, とりかえすつもり, どうか一言, どうやら午食, どれだけ, なお深く, なったの, なりとも, なるかも, はずれたもの, はつきり申上げ, ひとつ彼を, ひとまず吉田, ひどいめ, ふたたび, ふっとよみがえっ, ふと変, ぶつかったの, ぶつかって, ぶつつかつて, まかせて, まじめに, またぐれだす, またとない先生, また勝負, まとめませう, みなさんを, みんなで, むすばれた両国, めぐまれたとさえ, めぐまれました, めぐまれること, めぐり会えないもの, めぐり合, めぐり合ったもの, もういちど, もう一度そ, もう一度彼女, もう少し叩き込ん, もしその, もっといろいろの, もっと東京, もっと系統, やうやく, やめた, やらなければ, やられるの, ゆっくりお答え, ようやく私, わが国の, わしは, アメリカの, コラシメの, ゴーリキイは, スケッチし, ソヴェト文学の, ノートし, パッと, ベニイ一派に, ミネに, ワーッと, 一つでも, 一つわしらの, 一人の, 一刀両断に, 一度に, 一度も, 一度皆一緒, 一座は, 一応口, 一日を, 一段の, 一網打尽大がかりな, 一言し, 万のが, 上記の, 不足する, 世に, 世界の, 並木の, 中津川の, 乏しかった, 乗じ日本, 事情が, 事業界からも, 二人を, 云つた, 五十三次を, 五月蠅い, 交際を, 京屋の, 京都で, 人気だの, 今ぞと, 今度は, 今日より, 今迄, 他の, 件の, 任せて, 会うこと, 伝統的神国精神を, 伯爵は, 佐伯の, 何かの, 何とかまとまれ, 何遍か, 何遍と, 作者自身をも, 依っては, 便りを, 保留する, 信造に, 停戦を, 備へて, 僕も, 元服させ, 充分の, 先は, 先生に, 全く何, 公に, 公使館を, 其の座, 内務省だ, 内大臣へ, 再び取り上げられるであろう, 再び自伝的興味, 再入国, 凡そこれ, 出られるよう, 出会さない, 出合った, 出来るだけの, 出逢うと, 出遇った, 出遇ふため, 出遇わない, 出雲簸川城の, 切に切にお, 初等科的な, 到着した, 到着致し, 到達し得た, 前の, 前進座の, 努めて, 勘次は, 勤労大衆と, 千阪様に, 千鶴子の, 印度における, 印度の, 又同じ, 取り出して, 取り返すという, 古くから, 各自の, 同窓会も, 君へ, 否応なく, 周にも, 喋べろう, 国体明徴の, 地上の, 埋合せ, 増員を, 変えられたよう, 外ならない, 夜宴が, 大坂城以外, 大川端の, 大禄, 天狗の, 失恋の, 失脚し, 奥の, 女中の, 女房は, 好んで, 妹の, 姉を, 姉妹はぞ, 娘を, 子供の, 学んで, 官僚も, 実行の, 宦官どもを, 家伝の, 家内と, 家茂の, 富んで, 封を, 小生の, 小説家の, 少し外, 少し威嚇, 少し牧場, 少なからぬ, 岩手青森の, 工場の, 已に指摘, 師鉄胤も, 常に解せない, 平生の, 広告を, 廃刊に, 引くと, 弥生は, 強く返報, 当り同胞, 当局の, 当時の, 役者を, 彼女と, 彼女は, 彼等目なし, 待望の, 御所から, 御輿を, 心配してやろう, 応ずる適当, 思い出して, 恐く岩角, 恵まれず残念, 恵まれた, 恵まれたこと, 恵まれたの, 恵まれたら英対アフガニスタン, 恵まれた訳, 恵まれないかぎり, 恵まれなかつたり, 恵まれなければ, 恵まれませんでした, 恵まれるかも, 悪いところ, 悪行を, 感想を, 我を, 或ひ, 戯曲的表現に, 手近の, 披瀝する, 持ち出しただけ, 挿絵界は, 接したわけ, 接するかも, 接近する, 改めて海, 改訂される, 放散させる, 政府あるいは, 敵地へ, 文化の, 料理書と, 斯う, 新しい住生活, 新たな, 方々の, 於てこそ, 於てのみ, 日ごろから, 日本新劇界の, 日頃の, 明治初年の, 明治維新の, 明言し, 是非世の, 是非御国の, 暇を, 曙覧は, 更めて, 書いて, 書きたいと, 最も感動, 最近の, 朝倉先生の, 未亡人たちが, 本書に, 本能の, 本陣付属の, 来た, 東京の, 松しまの, 果してどの, 柳秋雲は, 梅子は, 森谷の, 極力それ, 横瀬氏から, 欠伸を, 正宗さんが, 武田領を, 死を, 残して, 殷鑑遠から, 気が, 決断し, 法律学科の, 注意し, 浅草千束町の, 清算する, 減刑また, 源氏の, 火を, 父母の, 独立し, 甘い汁, 生国魂前町の, 由て, 申し上げて, 申し上げる事, 男の, 画家に, 病院を, 皆さんの, 皇太后を, 盗みを, 直接話し, 相遇せん, 真実の, 矢野の, 知り合いそれから, 矯正の, 示された, 示威運動を, 神尾主膳は, 秀吉の, 私たちの, 私を, 秋作氏の, 種々の, 突当つて, 突然現われる, 立ったの, 立憲国の, 筆先を, 簡単に, 素志である, 絶家させる, 総敗軍, 美濃守を, 老子の, 聞く有益, 臣信長へ, 自分から, 自分としても, 自分達で, 自分達の, 自然に, 自身で, 若松へ, 茶の間を, 落ちること, 蓬著した, 蠅以外の, 血を, 行きあった人, 行火の, 見て, 見よう見まね, 見附け次第, 親く, 親の, 触れよう, 言葉が, 訊いた, 記すこと, 話しかけようとしても, 話し合ったこと, 話を, 話頭に, 詳細に, 誘われたか, 語らう, 語るべき多く, 説明する, 調べて, 論じて, 諸氏の, 謝恩の, 警告する, 譲つてそこに, 譲りこれからごく, 譲り本, 譲る折, 譲ろう今, 貧者一燈を, 買って, 跣足にて, 転回を, 辞表を, 近所の, 述べさせて, 述べたし, 追い出そうという, 逢う者, 逢著した, 遇えば, 遊んど, 道庵は, 達した, 達して, 達成せん, 遥かに, 遭遇する, 選定を, 酒を, 里見, 鉱毒問題の, 銀行から, 長い街道生活, 長田が, 長谷川は, 関東方面の, 阪井を, 附属の, 隣りの, 集まったの, 雪之, 非常な, 須田は, 飯が, 駒井能登守という, 骨休みを, 鳥籠が, 黒雲を

▼ 機会~ (1055, 17.9%)

96 なかった 27 ない 24 あれば 17 あると, ないの 14 あつたら, なくて, 来た 13 なかつた, 到来した 12 あつた 11 あった, 多かった 8 あって, あっても 7 ないと, ないので 6 ありませんでした 5 あるか, あるだろう, あるであろう, あろうと, 多くなった, 多くなる, 来たの, 無かった, 非常に

4 [16件] あったの, あらば, ある, あるかも, あるごと, あるよう, ないかも, ないから, ないとも, なかつたの, やって来た, 多い, 多かつ, 来たと, 永久に, 無かつ

3 [17件] あったが, あったらそれ, あったらもう少し, あるだらう, あるに, あろう, きた, ないが, なければ, 偶然に, 到来し, 多いの, 多くなり, 悪い, 来た時, 来ると, 来れば

2 [52件] あったこと, あったので, あったのに, あったもの, あったら, あったらそんな, あったらと, あったら姉さん, あつて, ありさえ, ありませんでしたから, あるが, あること, あるだろうと, あるの, あるわけ, ある毎, あればと, ここに, そう幾度, それを, できて, ないかぎり, ないかと, ないやう, なかつたけれど, なかつたので, なかなかありません, なくつて, なくては, なくな, なくなった, なく年ごと, まるでなかっ, やってきた, 一度も, 与えられて, 出来て, 参りました, 多いん, 女の, 少く従つて, 少なかった, 幾らも, 幾何でも, 廻って, 彼に, 来たこと, 来て, 来ない, 来るに, 来るの

1 [472件] あたえられるであろう, あったから, あっただけ, あったと, あったとしても, あったならどうか, あったなら今, あったなら彼, あったに, あったにも, あったらいくぶん, あったらいっぺん, あったらきっと, あったらここ, あったらこれら, あったらすぐ, あったらぜひ, あったらそう, あったらその, あったらできるだけ, あったらどこ, あったらよく, あったらユダヤ, あったら一寸, あったら二人, あったら京大阪, あったら今日, あったら他日, あったら何, あったら別, あったら吉田, あったら国, あったら実行, あったら実際, あったら必ず, あったら抓み出して, あったら探って, あったら昔, あったら水, あったら片, あったら私, あったら聞くと, あったら言おうと, あったら蹴込, あったら遊び, あったら食って, あったら飲みましょうと, あったわけ, あった他, あつたら出, あべこべに, あまりない, あまりなかっ, あまりにも, あまりに脆弱, あらう, あらうと, あらうとも, ありさうに, ありそう, ありつづいて, ありながら, ありましたが, ありましたし, ありましたらあなた, ありましたら改めて, ありましたら申し上げて, ありましたら詳しく, ありましたら誰, ありました節, ありましょう, ありましょうが, ありませう, ありませんでしたが, ありませんでしたの, ありませんでした今晩, ありませんので, ありませんもの, あり得ようか, あり日本人, あり相, あり私, あるうち, あるから, あるし, あるだらうと, あるだろうよ, あるであらう, あるであろうと, あるでしょう, あるでせう, あるならそれ, あるにも, あるので, あるほど, あるまで, あるもの, あるよ, あるん, ある時, あればとばかり, あろうという, あろうとは, あろうはず, いかに少く, いくらも, いけなかったの, いたったとき, いつかある, いつたいいつ, いつでも, いつ来る, いままさに, いま来よう, いよいよ想像, おとずれました, おのずから来ました, お見つかり, お雪, かえって早められる, きたそして, きたとき, きたの, きたので, きたよう, きっとくる, きっと出, きて, きわめて限られ, くるの, くれは, くれば, この一年, この方面, これで, こんがらかると, ごく少い, ごく狭い, ございましたら一度, ございましたら木戸, ございませんが, ございませんでした, ございませんでね, ございませんのね, さう, さう幾度, しばしばある, ずゐぶん, その努力, その生産費, それから, たとい万, たびたび来るだろう, だんだん少なく, ちょいちょい出, ちょっと得られない, ついなかったの, ついにやって来た, つかめるであろうどんな, できその, できました, とても得られる, とらえられなかったの, とらえられるという, どうかまた, どんなにまれ, ないだろう, ないという, ないとの, ないのみか, ないよ, ないよう, ない時, ない間, ない限り, なかったら, なかったらしい, なかつたため, なかつたなら生涯一介, なかつたらおそらく, なかつたん, なかなかなかっ, なかなか来なかった, なかろう, なくしたがって, なくその, なくそれ, なくそれに又, なくたまたま, なくだんだん, なくって, なくつて君, なくなったり, なくなって, なくなつた, なくなつちまつた, なくなりさうな, なくなる, なくなるでしょう, なくなると, なくなるやう, なくは, なく一方, なく今日, なく僅, なく従って, なく必要, なく思い, なく水谷八重子嬢, なく絵馬, なけりゃおなじ, なさそう, なにも, はからず到来, はるかに, ふえたわけ, ふえます, ふたたびわたくし, ぶち壊れ, ぶら下って, ほとんどなかっ, ほんとうに, まいりますの, またありましょう, またいつあろう, またと, また作られたなら, まだまだ転がっ, まつたくないと, まれにしか, めったに得られない, もしあったなら, もしあり, やって, やってくると, やって来たの, やって来たので, やつて, よほど多く, わからず, わずかでも, ドイツ芸術の, 一つも, 一年遅れよう, 一日も, 不合理, 不意に, 与えられたこと, 与えられたと, 与えられたとしても, 与えられたの, 与えられたので, 与えられたのに, 与えられたよう, 与えられたら強, 与えられない, 与えられねば, 与えられよう, 与えられようと, 与えられるかも, 与へられ, 与へられた, 与へられたとしても, 与へられて, 与へられないとも, 与へられなかつたこと, 与へられるで, 与へられると, 乏しかった, 予の, 二人の, 二十年後れた, 些なかっ, 今より, 今与えられた, 今君達の, 作り出せそう, 來ない, 供えられざるを, 偶然である, 入用な, 全く無かっ, 全人類, 出て, 出来た, 出来たかも, 出来たこと, 出来たの, 出来たのに, 出来ましたからな, 出来るん, 利用されない, 到来したら, 到来してる, 到来しない, 創作家の, 区々であっ, 去ったの, 参ったから, 可かったら, 各種各, 向こうから, 基であった, 多いかという, 多いせい, 多いため, 多いと, 多いので, 多いほど, 多いもの, 多いわけ, 多い時代, 多かろう, 多くじっさい, 多くそれ, 多くて, 多くな, 多くなっ, 多くなつた, 多くなりました, 多くの, 多く偶然, 多く自然, 多少あっ, 夜中に, 天から, 失われ予期, 好ければ, 少いし, 少くなかったであろう, 少くなっ, 少く更に, 少く顔, 少しも, 少ない, 少ない上, 少なくて, 少なくなり, 常に多い, 幾度も, 当然に, 彼らを, 彼を, 待って, 後年は, 得たいばかりに, 得たかったので, 得にくい, 得にくかっ, 得られずに, 得られた, 得られたから, 得られたろうかが, 得られて, 得られなかった, 得られるの, 得難いから, 思いがけないところ, 恵まれたので, 恵まれるという, 愈よ, 押しかけて, 持ちあがった, 持ち上つた, 控えて, 提供された, 日増に, 最も多く, 有ろうとは, 有ッ, 期待される, 来そう, 来たかも, 来たという, 来たとき, 来たに, 来たよう, 来たら, 来たら私, 来たわけ, 来た場合, 来た自分, 来ないから, 来ないで, 来ないとは, 来ないとも, 来ないので, 来ないまで, 来ない中, 来ない迄, 来なかったの, 来なかったので, 来なければ, 来ようと, 来る, 来るかも, 来るごと, 来るだろうと, 来るまえに, 来るまで, 来るよう, 松源への, 極めて少ない, 極めて稀, 極端に, 横たわって, 此頃多く, 殆ん, 残されて, 比較的たやすく, 求めざるに, 洩れ出て, 浅井によって, 潜むの, 無い, 無いの, 無くそのまま, 無くなるもん, 無暗に, 熟したもの, 熟して, 熟するの, 熟する時, 玉なし, 生じたという, 生じるの, 生じるもの, 生じ日本民族, 生ずること, 生ずるや, 生ずる度, 生れて, 生れる, 生んだ無, 目の, 眼の, 私には, 私を, 稀な, 突発しない, 習慣できまつ, 考慮され, 自分には, 自然に, 自由に, 若しあつた, 苦しくなっ, 著しく多い, 見えたらば, 見つかったと, 見つからなかった, 見つかるという, 見付からなくて, 見出せないでも, 見当たらなかったの, 訪れたと, 訪れるん, 訪れる場合, 許すならば, 賭博台から, 起こるまいもの, 起らなかった, 起らなければ, 起るに, 近来ますます, 逃げて, 過ぎ去るの, 重なれば, 長いあいだ, 開けたら日支双方, 降って, 顔を

▼ 機会~ (430, 7.3%)

17 なかった 8 ない 7 あるまいと 6 容易に 5 いくらも, なかつた, またと, 多かった 4 ないかも, ないの, 今だ, 永久に 3 あるん, いくらでも, 今を, 来ました, 絶対に

2 [18件] ありそう, ありますまい, ある, あるまい, こんなふう, それが, ないと, なかなか来なかった, なくて, めったにない, 再び二人, 幾らでも, 来なかった, 永遠に, 滅多に, 無いの, 無かった, 非常に

1 [305件] あった, あったし, あったはず, あったもの, あつて, あらゆる場面, ありっこないよ, ありながら, ありましたはず, あります, あり余るほど, あるいは何, あるが, あるだろう, あると, あるという, あるに, あるには, あるの, あるまいという, あるもの, あろう, あろうが, いくらでもあつ, いくらでもある, いくらでもあるでしょう, いく度も, いずれあるだろう, いたって少なかっ, いつある, いつかな, いつまで, いま何千という, うしなわれる, おあり, かぞえきれないほど, かつて到来, かならずきます, かなり限られ, きた, きた憎々しい, きょうまで, きわめて少ない, けっして来ない, ここから, こなかったの, このさきいくら, この人, この場, この度, これまでにも, ごく少かっ, ごく稀, ございませんダイヤ族, しかしそう, しばしばあるだろう, すぎて, すなわち明治十年, すべての, すべて村の, そうあり, そうある, そう始終は, そう容易, そう常にあった, その人たち, それから, それぎり二人の, それを, たしかに恵まれ, ただ一度, たといそれ, たびたびであった, だいぶちがっ, ちょっとありません, ついにこなかった, ついに来た, ついに来なかった, つかまなければ, つひに, とうとう見つからなかった, とてもない, とんとなかっ, どしどし積極的, ないか, ないかと, ないし, ないしばらく, ないだらうといふ, ないだろうおちつけと, ないでしょうから, ないに, ないもの, ないやう, ないよう, ないわけ, なお皆無, なか, なかっただろう, なかったろう, なかつたもの, なかつたわけ, なかつた何, なかなかに, なかなかまいりませんでした, なかなかやって来ない, なかなか来ませんでした, なかろう, なきや, なくお, なくこきつかわれる, なくただ, なくなる, なく又, なささうだから, なさそう, にんじんにとって, はなはだ多い, ふたたびない, ほかに, ほとんどない, ほとんどなかっ, ほとんどなかろ, ますますなくなっ, まずなかっ, またいつも, またとないであろう, またもやわたくし, また別, まだいくら, まだはつきり, まだ見つかりません, まれである, めったに, めったになく, もうあるまい, もうお上さん, もう再びない, もし欲するなら, もたなかったの, もちろんその他すべて, もちろんなかっ, もったはず, やがてやってきた, やがて来た, わが新劇界, マリイ・ホワアド夫人が, モウおし, 一回も, 一度も, 一生に, 一生廻っ, 万一にも, 三度に, 不幸に, 与えられないで, 与えられないでも, 与えられぬ, 二人を, 二度とありません, 二度とない, 二度とねえ, 二度と再びありませんでした, 二度と参りますまい, 二度と来らず, 今, 今が, 今この, 今だった, 今であった, 今までは, 今や次第に近づい, 今後いくらでも, 今後に, 今後も, 他にも, 何でも, 何べ, 何処にも, 何度と, 何度来, 何時ある, 例えば釈迦, 全くなく, 全くなくなつた, 全く今, 再び来らず, 再び来る, 到る処, 到来した, 刻々逸し, 前の, 効用の, 十分に, 千恵にと, 又と, 又幾度, 取逃がしたくは, 四時間目の, 多いと, 多いの, 多くは, 多数の, 大衆の, 天より, 失くなって, 失はざる様, 失われた, 好しと, 官軍東下徳川顛覆の, 実に今, 室から, 少いとは, 少しも, 少ないと, 少ない丁度, 少なかった, 少なかつた, 少なくは, 常に同一, 幾らも, 幾度か, 度々あつ, 廻って, 彼らの, 彼女から, 得ません, 得られなかった, 得られなかったかも, 得られなかったが, 必ずしもなく, 必ずしも社会, 思いがけなくやって来た, 恐らくこれ, 恐らく最う, 恰も吾, 惜しい, 我らの, 我らも, 戦争という, 戦争の, 持って, 捉まえられるで, 捕まらなかつた, 掴めるの, 斯うし, 早くも, 最早あるまい, 有り得なかった, 望めない実行, 来そう, 来た, 来ても, 来ないかも, 来なかったであろうが, 来らざりき, 来るもの, 果てなく遠く, 案外ある, 案外早く, 極めて稀, 次々と, 正に今, 正に到来, 死ぬまで, 殆どなく, 殆ど一として, 毎日ある, 決してなし, 決して多く, 決して来なかつた, 沢山ある, 無かつ, 無くなるかも, 現代に, 生じなかったはず, 生涯来なかったであろう, 百姓にも, 皆無と, 盗を, 目の, 目前に, 知らず言う事, 絶えた一層, 絶好だった, 絶好の, 絶無に, 繰り返されない, 考えられないの, 自らその, 自分の, 見つかつ, 見のがしかねる, 貴顕の, 逃げて, 逃すべきでは, 遂ひ, 過去に, 遮断せられた, 間もなくやって来た, 限定せられ, 随分あった, 非ざりし, 須臾に, 馬車と共に

▼ 機会~ (251, 4.3%)

30 なかった 8 なくて 4 あらば, ない, ないで 3 あろう, 多くなる

2 [13件] あって, ありそう, ありませんでしたが, あるでしょう, あるまい, すくなく, ないの, ないので, なかつた, なくなって, なしに, 多かった, 滅多に

1 [169件] あいても, あった, あったろう, あったろうが, あったん, あつた, ありは, ありました, ありましょう, ありますが, ありません, ありませんでしたね, あり得た, あるし, あるだろうし, あるだろうと, あるだろうよ, あるであろう, あるでしょうが, あると, あるという, あるまいと, あれか, あれば, あろうから, あろうが, あろうと, あろう筈, いまだかつてなかっ, おおい, きた, すでになくなっ, それぎり絶え, ついに来なかった, でき私, ないから, ないが, ないし, ないだろうと, ないのに, ないよう, ない当時, なかったです, なかったらしい, なかつたが, なかつたし, なからう, なく, なくして, なくすぎ, なくそのまま, なくつい過ぎ, なくつて, なくなります, なくなり何彼と, なくなるから, なくは, なくまた, なくウラスマル君, なく不, なく中段, なく互に, なく今日, なく何となく, なく初めて, なく只, なく呼び出される, なく年一度, なく年月, なく故人, なく時折兄弟子, なく東京, なく正面, なく殆ど, なく祖父, なく私達, なく自然, なく過ぎ, なく過ぎた, なく過し, なく鶴雄, なければ, なしまた, なし慣れ, はずさず八, またとないよう, またはなはだ, めったに, めったにない, 与えない様, 与えられずそうして, 与えられずまた, 与えられず肝心, 与えられませんでしたし, 事件も, 仕残した調べ, 企ても, 何も, 作れるの, 便りを, 全くなかっ, 力の, 可有, 含まって, 増した, 多かったであろう, 多かりし, 多くあるいは, 多くその, 多くなった, 多くまた, 多く実際, 多く無電, 多く青年男女, 失われて, 婦人にとって, 容易に, 将来性も, 少くありませんでした, 少くなった, 少くなりました, 少なかった, 少なくない, 尠かった, 希望も, 年に, 得られたので, 得られなかった, 得られなかったの, 必ず出来るであろう, 必要も, 思うよう, 手段も, 持たないの, 持ちより, 挨拶を, 掌の, 掴めなかっただろうから, 数も, 方法も, 時間も, 有しないの, 有りませんよ, 有るだらうと, 有ろうと, 望みも, 来そう, 来ないだろうと, 来ないでしょう, 松に, 此時で, 残されて, 決して少なく, 無かつ, 無くそのまま, 無くて, 無く行かう, 無く躊躇, 環境も, 生じるであらう, 生れるという, 画家として, 絶えた, 自然多く, 見出そうと, 見過して, 起らなかった, 逸さずに, 長くいっしょ

▼ 機会~ (188, 3.2%)

13 来るの 8 なかった 6 あるごと, 到来を 5 あるたび, ある毎, ように 4 ないよう, 邪魔を 3 ある度, 多かった, 来ること 2 あるの, うちに, ために, ないこと, ないほど, ない私, 問題だった, 平等です

1 [107件] あった, あったお, あったこと, あつた, あらんこと, ありそう, あり次第, あること, あるとき, あるとき世, あるとして, あるなし, あるべきこと, あるまでは, ある表, ある限り, あろうこと, いよいよ熟した, お京, お帰り, くいちがいといった, くるの, ことは, ことを, こんな事, ごときもの, せいで, たまものに, ための, ないうち, ないの, ないわけ, ない場所, ない多く, ない所, ない生活, ない生活環境, ない遠い山, ない限り, ない飯田居住, なかつたに, なきは, なくなった事, ほうが, ようだ, ようです, ような, 一つだ, 一つであった, 一つと, 不平等, 与えられた十日, 与えられないこと, 乏しさ, 乗ずべき口実, 事を, 供の, 出て, 出る事, 利用を, 到来する, 前髪を, 問題であった, 問題である, 均等を, 増加した, 増大に, 多いもの, 多いオペラ, 多い事, 多い夫人, 多い女, 多くなった, 多くなる, 容易に, 少いこの, 少い此, 少い為, 少ないの, 少ないもの, 少ない男女, 少なかった, 市場, 度毎に, 得られること, 操るまま, 方は, 昔と, 来たこと, 来つつ, 来ない先, 来るはず, 来る迄, 比較的多い, 無いの, 無いよう, 無い国, 無い逸品, 独断すべき, 町妾の, 色々な, 見つからぬこと, 訪れは, 近づいて, 過去っ, 重り合いが, 風に

▼ 機会~ (101, 1.7%)

7 なって 5 なった 2 なったの, みて, 云っては, 見て, 運命誘惑殺人

1 [79件] いうか, いえぬこと, いっしょに, いつて, いわねば, この企て, しこの, したに, して, し伊達公, し或は, その不, それから新入者, なし赤旗, なったに, なつた, ならぬもの, なりしが, なりましょう, なりグレージー, なり二人, なるから, なるであろうこと, ひそかに, 云うもの, 享楽とに, 仲介人を, 余裕, 先住民が, 入費とを, 北叟笑んで, 口実とを, 叫ばせられたの, 場面に, 天祐にたいして, 存じます, 実力所在の, 実行に, 平等の, 幸運とを, 彼ら自身の, 必要とが, 思いましたので, 思いナニ彼, 思い妻子, 思い少し, 思い既に, 思い晴れ, 思って, 思つて翁に, 思ひが, 思われるから, 思われるもの, 急いで, 惨禍とは, 意図とに, 撲ち伏せて, 方法が, 早速磨っ, 時間とを, 望みが, 望みの, 材料とが, 材料とを, 来て, 権利とを, 汐時を, 為し閣下, 熱心さとを, 直接袁紹を, 考えられたから, 考え前, 自分の, 舞台をさえ, 表現を, 見做, 言えないの, 設備とをさえ, 適当な

▼ 機会~ (82, 1.4%)

11 と思っ 7 と思った 4 と思う 2 といっ, と庖丁さばき, と思, ね

1 [52件] からあ, からうちあけ, からけふ, からこれ, からちょっと, からという, からな, からね一度, からひとつ, からひととおり, から一日, から今, から会っ, から伺, から君, から大学, から学校, から折, から文字, から是非行らしった, から来, から機会, から秋山, から若し, から行っ, から誘いだし, が, こちらから, ことによる, この機会, ぞ, つたのです, といふ代り, としてドイツ帝国, と思いついた, と思ひ, と思ひまし, と思わない, と感じた, と百姓, と観測, と言う, どうか祖国, などと考へ, よ, わ, わざわいが, 勇気を, 君は, 思う存分フィルム, 旅へ, 絶好な

▼ 機会から~ (81, 1.4%)

2 その状袋, であった, 女を, 彼と, 発見した

1 [71件] ある映画運動, お銀様, この, この半, この幸福, この模範納屋, して, その一軒, その希望, その綱, で, であったか, であつ, でしてね, とうとう思い切っ, ながれながれた品物, なの, はじめて, モスクワで, 一ヵ月に, 二三回音信した, 交際が, 今まで, 何も, 何時しか必要, 例の, 俳句を, 僕自身彼等の, 全露, 出札の, 各々に, 妙な, 妾が, 家へ, 川島先生の, 彼が, 彼の, 彼は, 彼女と, 思ひも, 急に, 掘り出されて, 新兵衛, 日下部君と, 日本一太郎と, 暫く音信, 最初に, 本統の, 椿の, 殆ど命掛けの, 渋谷の, 源氏に, 生じた一つ不思議, 病院で, 相寄った一組, 知ったに, 私の, 私は, 私共は, 自分の, 自己の, 船乗りだった, 若い女, 見つかるもの, 誰一人知らない, 踊り場へ, 遠ざかって, 遠ざけ見送らせ私, 非常に, 非業の, 飛騨の

▼ 機会~ (71, 1.2%)

5 あつた 2 あらねば, はござりませぬか, 人の, 承知しました

1 [58件] あつて, お目, かは後ですこし, きまること, こうして皆さん, ここに, しばしば述べ, その名前, その婦人, その男, それを, たとえば鉄砲, できあがるもの, また同時に, また彼, もとに, グリーゼルと, 一足門外へ, 万光飾が, 不名誉にも, 世に著, 九死に, 予は, 今までとは, 佃を, 博士の, 厄介払いを, 口が, 小杉先生の, 平生通りの, 幾たびも, 思うさま外気, 思はしき手頃, 急に, 惚れて, 打明話, 拾つてきた, 文部省その他の, 氷が, 浮浪の, 海へ, 用心するしない, 目撃する, 知つて以来純, 知り合った男女, 福松の, 秀子と, 私の, 私は, 秋元子爵の, 立ちます, 紹介せられた, 自分の, 行きさえ, 衝突する, 述べるよう, 門外へ, 顔を

▼ 機会ある~ (65, 1.1%)

34 ごとに 24 毎に 2 たびに 1 ごとには, ときには, 可く, 時に, 聴牌な

▼ 機会として~ (63, 1.1%)

1 [63件] あの人, いくつも, お寺へ, ここで, これまで, すべての, その反動, それが, であった, できるならあるだけの, ほとんどすべて, ますますこの, ゆきたいという, よろこんで, わが芸能事業, イギリスが, カント哲学の, ヂレッタンチズムの, トラピストにおける, ドイツ中の, 一時に, 主人に, 久しく眠っ, 事務の, 事業という, 京畿の, 今後は, 他の, 俳句の, 兄の, 全く一変, 兵役に, 医者仲間の, 各支部, 名倉の, 国会文化委員会では, 多年法然の, 大いに回天, 大国の, 天文学者も, 少数の, 張飛は, 恐れられて, 恢復されね, 我々は, 折から, 日本の, 機械工に, 父と, 玉鬘は, 私の, 私は, 種々雑多, 笹村は, 組織が, 自家広告を, 自然科学は, 試みられた当局, 資本主義が, 踪跡を, 開始された, 雌伏し, 頻に

▼ 機会さえ~ (51, 0.9%)

28 あれば 2 あらば, 失って

1 [19件] あったら足利幕府, ある, あると, あれは, ないと, なかった, もてないでしょう, もてなかった, 与えられなかったの, 与えられませんでした, 嬉しくて, 容易に, 得られるならば, 捉え得れば, 滅多に, 無いの, 見つかれば, 逃して, 過ぎれば

▼ 機会には~ (34, 0.6%)

1 [34件] あの途方, いつも参加, え以外, お心, この大尽, しなくも, ぜひわし, そのとことん, つきり国民, どちらかの, ならなかつた, ほんの一こと, またあの, もうこんど, やはりこれ, 一緒に, 仕返しを, 他の, 何か, 出会って, 出会は, 妙な, 必ずこの, 恵まれずアルプス, 恵まれて, 情熱に, 手傷も, 是非之, 機会を, 次の, 流言の, 真正面から, 私を, 行って

▼ 機会である~ (30, 0.5%)

3 かも知れない, と思った, ように

1 [21件] かということ, からここ, からカバン, からサー・デビー, から一言, から孰方, から汝, がその, ことを, とも考えられた, と思い, と思っ, と思わない, と恋人たち, と考える, と考へ, と誠意, のにこの, やうに, ゆえに, 悲み

▼ 機会でも~ (23, 0.4%)

3 なければ 2 ある

1 [18件] あった, あったの, あるから, あると, あるので, あれば, ございましたらおわび, すぐとらえ, そんなかたち, ないと, 与えられなければ, 与へられなければ, 人を, 利用し, 有つたら, 決して見逃す, 無ければ, 粗末に

▼ 機会という~ (22, 0.4%)

7 ものが 2 ものにも, ものは

1 [11件] ことが, ことであります, ことに, のは, もの, ものである, ものの, ような, 今の, 意味に, 言葉に

▼ 機会にも~ (21, 0.4%)

2 なるの

1 [19件] ありつけるという, かかわらずなにゆえ, たれた講演会, とても仕事以外, なほ先方の, なれかし, めぐまれた, 其が, 増して, 度々出会い, 当然捧げられるべき, 恵まれて, 書けるだろう, 比べられるほど, 満足する, 満足を, 被告を, 誘惑される, 述べたの

▼ 機会をも~ (19, 0.3%)

1 [19件] おろそかに, とらえて, のがさないで, 与えその, 与えなかった, 亦甚だしく, 失って, 得ずして, 得たいと, 得たと, 捕え得ないほどに, 掴もうと, 有さなかったので, 破り捨てようという, 私は, 空しくせず, 自発的に, 見のがさなかったの, 遁さなかった

▼ 機会~ (13, 0.2%)

1 [13件] ただしは, ぽかり, カ君の, タルマの, 今まで, 僕の, 其の窓, 其畚は, 大槻芳雄という, 少なくとも横, 急に, 猪口は, 自分の

▼ 機会であった~ (13, 0.2%)

2 か今

1 [11件] かどう, かのごとく, かも知れん, か忘れ, ことを, と云う, と思っ, のだ, のでメイジ, ので役場, ように

▼ 機会~ (12, 0.2%)

8 へあれ 1 へない, へも見出せなかつた, へ与へられたら, へ容易

▼ 機会均等~ (12, 0.2%)

2 だと 1 がアナーキスティック, が叫ばれ, でなければ, といい, というの, とかいうこと, と云う, などの要求, の美名, や

▼ 機会~ (11, 0.2%)

2 のだ, のである 1 のでありまし, のです, ので乗らざる, のにと君, わけだ, んだ, んで

▼ 機会では~ (10, 0.2%)

2 ない 1 あるが, ござるまいか, ないか, ないかと, ないかね, ないから, なくあなた, 今は

▼ 機会において~ (9, 0.2%)

1 これを, であったなぜ, では, なるべく多く, 吉宗はかの, 思想の, 社会の, 試金石であった, 顕れるであろうという

▼ 機会だった~ (8, 0.1%)

1 かと思う, か園, が久兵衛, と今更, のである, のです, はずである, んだ

▼ 機会です~ (8, 0.1%)

1 から, からお話し, からこれ, からひとつ, からひと言, から娘, から思い切っ, わ

▼ 機会あら~ (7, 0.1%)

1 ばその, ばと待ち構え, ば一撃, ば作者, ば宰相, ば然るべき, ば自

▼ 機会じゃ~ (7, 0.1%)

3 ないか 1 ありませんか, ござんせんか, ないかという, ソレ斬り立てられい

▼ 機会とを~ (7, 0.1%)

1 万人が, 与えたもの, 利用し, 得るのに, 持たなかった昔, 持って, 要求し

▼ 機会など~ (7, 0.1%)

1 あるはず, いつの, つくること, なく撃っ, まるでなかっ, めったに得られなかった, 殆ど無くなっ

▼ 機会によって~ (7, 0.1%)

1 出生した, 池上から, 決定され, 決定される, 発見した, 自分は, 覆えされ得るという

▼ 機会~ (7, 0.1%)

2 与エラレナイ不満ニ 1 作ラヌヨウニシイツモホトンド郁子ト三人デ, 掴ンダ, 求メテ, 窺ッテ何トカ巧ク持チカケテ見, 許シオ静ニ用事ヲ

▼ 機会なく~ (6, 0.1%)

1 この事, しかもその, 日本の, 続いた, 過ぎた, 過して

▼ 機会とも~ (5, 0.1%)

1 なりかなり, 云える, 思われなかったから, 見えたが, 認めて

▼ 機会にでも~ (5, 0.1%)

2 もう一度お 1 お見せ申し上げ, 私たちは, 自分の

▼ 機会にと~ (5, 0.1%)

1 いっては, 口惜しがり, 思いつきかねて, 思ったか, 果して逃亡

▼ 機会まで~ (5, 0.1%)

1 其処に, 廻避し, 待とうと, 我慢する, 預つて

▼ 機会~ (5, 0.1%)

2 因縁が 1 あの着物, あると, 不意の

▼ 機会でなけれ~ (4, 0.1%)

2 ばお 1 ば現われなかった, ば顔

▼ 機会なき~ (4, 0.1%)

1 にあらず, ものであろう, わたくしが, を遺憾

▼ 機会~ (4, 0.1%)

1 に天子, に展覧, に忘れず, に来訪

▼ 機会からか~ (3, 0.1%)

1 二人は, 吉野と, 智恵子を

▼ 機会こそ~ (3, 0.1%)

1 彼の, 神様が, 逸すべからざるはず

▼ 機会とが~ (3, 0.1%)

1 ある, 如何に完全無欠, 必要だ

▼ 機会などは~ (3, 0.1%)

1 あるもの, 勿論無かっ, 得られなかった

▼ 機会なる~ (3, 0.1%)

1 もの, ものが, ものは

▼ 機会にか~ (3, 0.1%)

1 娶ったの, 相触れなけれ, 膝頭を

▼ 機会にこそ~ (3, 0.1%)

1 日本は, 用うべきだ, 裁判所の

▼ 機会にな~ (3, 0.1%)

1 つてそれからの, つて本当の, つて親様へ

▼ 機会ばかり~ (3, 0.1%)

2 窺って 1 うかがって

▼ 機会~ (3, 0.1%)

1 家康の, 来た, 機会へと

▼ 機会主義者~ (3, 0.1%)

1 になった, の少数, の言葉

▼ 機会あり~ (2, 0.0%)

1 てその, て先方

▼ 機会かも~ (2, 0.0%)

1 しれぬ, 知れなかった

▼ 機会からは~ (2, 0.0%)

1 すでに拒まない, 神様が

▼ 機会さえも~ (2, 0.0%)

1 ないよう, なかった

▼ 機会そのもの~ (2, 0.0%)

1 がそれら, の積極的

▼ 機会だけは~ (2, 0.0%)

1 作って, 得られまいと

▼ 機会だに~ (2, 0.0%)

2 あらしめば

▼ 機会であっ~ (2, 0.0%)

1 て役目, て鋭利

▼ 機会であり~ (2, 0.0%)

1 それこそ, 此の

▼ 機会でありました~ (2, 0.0%)

1 からその, から清河

▼ 機会でない~ (2, 0.0%)

1 との勅諚, と思い出す

▼ 機会でなく~ (2, 0.0%)

1 てはならぬ, ては訪ねられないだろう

▼ 機会といふ~ (2, 0.0%)

1 のは, ものは

▼ 機会とか~ (2, 0.0%)

1 満州の, 程度の

▼ 機会とでも~ (2, 0.0%)

1 いう風, 思って

▼ 機会とは~ (2, 0.0%)

1 どんなこと, なったの

▼ 機会なかりし~ (2, 0.0%)

1 が今回, が如し

▼ 機会なし~ (2, 0.0%)

1 に直ぐ, に過ぎた

▼ 機会などという~ (2, 0.0%)

2 ものは

▼ 機会などの~ (2, 0.0%)

1 ある筈, 生活上の

▼ 機会なり~ (2, 0.0%)

1 しに, 資力なりを

▼ 機会なりと~ (2, 0.0%)

1 いうべし, 信じたるに

▼ 機会なるべく~ (2, 0.0%)

1 候, 候抜け目なき

▼ 機会よりも~ (2, 0.0%)

1 能登守に, 込んだの

▼ 機会をさえ~ (2, 0.0%)

1 与えなかった, 拒まれたり

▼ 機会をしか~ (2, 0.0%)

1 そこに, 持たないこと

▼ 機会を以て~ (2, 0.0%)

1 予め追われたらしい, 私は

▼ 機会~ (2, 0.0%)

1 ていふ, てなに

▼ 機会主義~ (2, 0.0%)

1 が本領, な外国

▼ 機会以外~ (2, 0.0%)

1 にない, に私

▼ 機会到来~ (2, 0.0%)

1 して, は必定

▼ 機会好く~ (2, 0.0%)

1 思うよう, 怯弱な

▼ 機会次第に~ (2, 0.0%)

1 依つて, 永久の

▼ 機会無し~ (2, 0.0%)

1 にどんどん, に過ぎる

▼ 機会~ (2, 0.0%)

1 な接吻, にルセアニア人

▼ 機会知己~ (2, 0.0%)

2 になる

▼1* [88件]

機会あらしめば弓, 機会あらゆる場合で, 機会ありたることを, 機会あるいはこれが, 機会あるべきにもし, 機会あるべしと日々, 機会いざ御用意, 機会いまだ熟せざれ, 機会かと思われます, 機会かに劇場に, 機会ぐらいはわたくし共にも, 機会すでに過ぎ感情, 機会すら見出し得ない程, 機会そう思うと, 機会その女の, 機会それは路上, 機会だけに限らずお, 機会だけを持つて, 機会だつたか, 機会だろうか, 機会だ行こうと僕, 機会やない, 機会でしょうこっちも, 機会としてはやはりほか, 機会とても無かったろう, 機会とによって立派に, 機会とや思いけん, 機会などに目を, 機会などを利用し, 機会なら私が, 機会なりがあって, 機会なりし也, 機会なんかやって来やしない, 機会にかの百両を, 機会にさえそこへ, 機会にしか直接世間に, 機会にのみ待たれなければ, 機会にはとたのしみに, 機会にはもうまるで, 機会にばア様は, 機会にまで預けソッ, 機会によつて過去の, 機会によってのみ発生する, 機会に対して特殊の, 機会に対しては不安を, 機会に際して実力を, 機会ばかりが多かつ, 機会ばかりをねらって, 機会ばっかり窺って, 機会へと延されて, 機会への関心が, 機会ほどうっかりし, 機会もがなと根気よく, 機会もござりましょうにかよう, 機会もと駆け付けたが, 機会をのみ待った, 機会を通じて忍耐慈悲心自制という, 機会少ナイコト, 機会ガナカッタカラデモアルガアマリ早ク聞キタクナカッタカラデモアッタ, 機会ガナカッタガ今日彼女ガ映画ヲ見, 機会アルト思ッテ代ル代ル試ミテヤッタ, 機会ニ小頭組合モ労働組合モツブシテ見セマス, 機会ニ運試シヲシテ見テモヨクハナイカ, 機会一度至れば, 機会主義的打算から発し, 機会乏しくとも青年学生, 機会かの場所, 機会余滴です, 機会作るためやった, 機会到れりという, 機会注文で, 機会千載一遇の機会, 機会又は条件の, 機会四度来る機会, 機会在る毎に, 機会均等主義を適用せり, 機会均等二教師の社会的重要性, 機会多く文学に対して, 機会悪しと見, 機会悪事を行う, 機会なり, 機会最後の密林, 機会最近にお, 機会次第では彼, 機会照りもせず曇り, 機会を喰, 機会逸してなる, 機会は妙