青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「機~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~横顔 横顔~ ~樹 樹~ ~樹木 樹木~ 樽~ ~橋 橋~ ~機
機~
~機会 機会~ ~機嫌 機嫌~ ~機械 機械~ 機能~ 機関~ 櫓~ 櫛~

「機~」 6712, 73ppm, 1550位

▼ 機~ (1389, 20.7%)

70 見て 53 織って 21 見るに 20 うかがって 18 計って 16 持って 12 もって, 織つて 11 織る音, 耳に 10 逸して 9 逸しては, 逸せず 8 利用し, 待って, 手に, 織ったり, 織る 7 みて, 得て, 窺って 6 狙って 5 おりた, つかんで, みるに, 出して, 失した, 操縦し, 織りました, 見ては, 設てた 4 かけて, とらえて, 使って, 察して, 得ない, 測って, 織らねば, 織りながら

3 [18件] かついで, さげて, はずすと, ぶらさげて, 作って, 取って, 失って, 幸いに, 得たの, 持つて, 捉えて, 用いて, 織りて, 織ること, 織る女, 織る筬, 見ると, 設けて

2 [75件] あの方, いぢくり, いまいましそう, おとしそれ, おろして, かけます, つかって, つけて, とおして, とばせて, とりに, とると, ねらう, ねらって, はかって, はずしては, はずすな, ひいて, まわして, 代表する, 使ったり, 使用し, 具へ, 制して, 制せられて, 前に, 劃したもの, 包みながら, 取った, 取りあげた, 取り上げると, 取ると, 取出して, 口に, 向けて, 外すと, 外すな, 失したならば, 失すれば, 奪って, 平正穏当の, 廻して, 待たねば, 待ちかまえて, 得ば, 投げこんで, 掛けると, 携へ, 撃墜した, 求めて, 焼いて, 直した, 看て, 神殿の, 織りつつ, 織るよう, 織る婦人, 織る手, 織る者, 考えて, 與へ, 見せて, 見たが, 見はから, 見ること, 見計らって, 覗って, 覗ひ, 観て, 語つて居る, 逃さずとばかりに, 逸したでは, 逸すべからずと, 運転し, 闡き

1 [769件 抜粋] あげる音, あじわって, あちらこちらに, あてがって, あやつつて, あんなにどっさり相手, いきなり持ちあげる, いじくりはじめたから, いじって, いぢつて, うか, うかがい合いしかも, うかがい最も, うかがっては, うたし, うち落す, おあけ, おいた, おじいさんに, おそれなければ, おろすこと, お下げ渡しに, お織り, お見やし, かけたが, かけたり, かけた音, かけ円柱, かたくにぎりしめ, こしらえたの, こしらえたのに, さがし出しその, さげのびあがるよう, しっかり身体, して, すかさず伊丹城, すかさず宣告, すこし遠方, そのままそっと窓, そらして, ついにとらえた, つかうの, つかまない以上, つかみに, つかむ, つかむと, つかめぬよう, つかめば, つかんだ一軍団, つくった, つくり尚, つくるため, つつんで, つみこんで, つめて, つりあげて, とった, とばして, とらえた彼, とりあげた, とりだしたの, とる, どうかし, ながめて, にぎって, ねらうよ, のがさず, のがさず手がら, のがしましたなら生涯わたくし, のがれ東京, のせる三脚, のぞきまして, はかるべきであろう, はずさず, はずさずこの, はずさずに, はずさず全, はずさず北軍, はずさず長安, はずさないよう, はずした, はずませる, はたらかせて, ひかんと, ひっかけようと, ひねくりながら, ふくむ名人, ぶらさげたまま腕組み, ぶらさげちやう, ぶら下げた紳士, まは, まわすとき, みせ義経, みるや, もう一つ, もち出した, もった自動車, もつて, もとに, もとの, やけにぐるぐる廻し, やっつけて, やとって, やむを得ず使わなく, わが武田家, ガチャ, ゴットンゴットンと, セツセと, ソツと, バンザイ, ポケツトから, 一つも, 一台と, 一塊球に, 一日も, 一機でも, 万が一にも, 上げ掛けたん, 下げた, 下げる手, 与えました, 与えるに, 与え給えり, 与へ, 両手の, 並べまして, 主眼として, 二つも, 人工的に, 仕懸けた縦坑, 仕掛けて, 付ける, 会せざる, 伺うこと半歳, 余りもたず, 作った時, 作っては, 作るの, 作る店, 使った飛行機, 使ふさ, 使ふべし, 使わないと, 使用しなかった, 使用する, 使用せず, 備えた釣舟, 備えつけること, 備えるどころか, 備へて, 働かせる, 元同じ, 入れた手提袋, 入れた角カバン, 全然停止, 全部しらべた, 八十機積む, 再び月世界, 出動させた, 利用できなかった, 制した, 前において, 剰さず太平洋, 劃したの, 劃し出したな, 劃せん, 助けたるは, 動かしつづけて, 動かすこと, 動かすほどの, 動かすん, 動かす燃料, 包蔵する, 十二メートルほど, 卸して, 取つて, 取りつけたもの, 取り上げた, 取り出したの, 取り寄せたり, 取付けて, 取出しました, 叩きつけたまま, 只外面, 向けられての, 含んで, 吾人に, 呼びよせるやら, 呼び止めて, 喪ったけれども, 喫って, 四千米ばかりに, 図って, 城外の, 執拗に, 壊して, 売込んだばかりか, 外さず, 外さずひっ包み一人, 外さず一気に, 外さず喋りたてた, 外さず彼, 外さず硯友社, 外さず舟, 外さないよう, 外さない秀吉, 外さぬ盞事, 外された, 外した卓上電話器, 外して, 外し木曾, 外そうと, 外れて, 大急ぎで, 失い, 失い給うよう, 失い言う可, 失したから, 失したという, 失しないうち, 失すると共に, 失せず, 失ったまま家, 失つた, 失わず, 失わず鉄, 奪ったの, 妨げ分娩, 完成したら, 室内に, 射ちおとして, 射ち落すこと, 射落し, 射落したの, 射落すこと, 尊ぶ, 尊ぶとかいう, 屈し, 屏棄せん, 己は, 巻いて, 帯びてむずかしくなるしだいだが手裏剣すなわち, 平然と見, 庭の, 廻した, 廻しながら, 廻しはじめた, 引きたくつた, 引き分けたので, 引つたくつて, 引抱へる, 待たんと, 待ちながら, 待ち澄ます呼息, 待つて, 待つと, 待つに, 待つより, 待つ間, 待てども, 得しむる, 得ずして, 得たから, 得たと, 得たるを, 得た作左衛門, 得ないこと, 得なかつた, 得なかつたが, 得ぬが, 得ませんで, 得ること, 得るもの, 急降下させ, 怨んで, 悟りザックバラン, 悟り以, 悟り策を, 惹起せり, 懐に, 投げこむと, 投げて, 抱えた特別警察隊員, 抱へて, 押して, 押すと, 拭きながら, 拱手し, 持たぬ彼, 持った一人, 持った観光, 持つた學者, 持出した村川, 挫い, 振り落した, 捉え得た, 捉へ, 捕えて, 捜つて見, 捨てる代わり, 据えたるを, 据えつけカッ, 据えて, 据ゑて仕舞つた, 掃除し, 掛けた, 掛けたの, 掛けたジュッド, 掛けて, 掛けながら, 探して, 探しに, 措いた, 掴みぬ, 掴む寸前, 掴もうという, 提げては, 握つたま, 握んで打込んで, 携えさせて, 携えて, 携来り, 撃墜せり, 撃退した, 操って, 放れて, 政治づける, 数える時, 数は, 文字通り撃滅し得, 断てりと, 早じまいに, 早速に, 曳いて, 来した, 東北地方に, 案出した, 構えて, 構成し, 次なる, 欲し, 止めさせましょう, 気イ附け, 求める積り, 没収され, 海の, 渡した, 溝へ, 滅茶滅茶に, 潰決せしめ, 為して, 焼いた, 特にそこ, 狙うものの, 狙うよう, 生ぜずむばあらざるなり, 用うれ, 用ゐる, 発して, 発見した, 發明した, 直して, 看る明確, 看破したる, 眺めながら, 着る神, 知ったろうか, 知らしめて, 知り時, 知れ, 破壊し, 私は, 程よき処, 突如命じた, 窺うて, 窺った, 窺へる, 立てる段, 箱の, 納れ, 紛失しました, 組立てあげたの, 組立てる部品, 経た人格, 絞ると, 絶対に, 縄の, 織ったこと, 織った少い, 織っては, 織つたり, 織て, 織らせる, 織らなかったの, 織りつづけたろう, 織り男, 織り糸を, 織り續, 織るだな, 織るにあたりて, 織るにも, 織るまでの, 織るもの, 織る人, 織る場所, 織る子供, 織る意味, 織る杼, 織る民, 織る眞, 織る西素, 織る音かさ, 織ろう, 置いた, 肩に, 肩にかけて, 胸の, 脅して, 衝けッ, 装置し, 見あげ軍楽隊, 見あげ軍樂隊, 見つけた, 見つけるところ, 見つめて, 見よく, 見るたび, 見る才, 見出しえなかった, 見折, 見降ろしながら, 覗へ, 覗ッて, 覚らなかったこと, 親しくした, 観ると, 解体し, 計らねば, 計るの, 訪うこと, 誘導する, 誤ったこと, 誤らざりし九霞山樵, 誤り時に, 誤るお, 誤るなよ, 説明すべき, 調べそれから, 調整する, 識り, 販売し, 買いいよいよ, 買いこんで, 買う許し, 買おうかしら, 貸して, 賞し達人, 踏みまよい長浜, 身に, 迎え撃っても, 迎え撃つが, 追い駆けて, 追撃し, 逃がして, 逃さず珍種日本人, 逃さず素知らぬ, 逃すまいと, 逐うこと, 造って, 造りて, 逮捕させた, 逸さぬよう, 逸したか, 逸したくないの, 逸したらすでに, 逸した胸底, 逸してはと, 逸しましては, 逸しまする, 逸し戦略, 逸すばかりか, 逸すると, 逸するもの, 逸す類, 逸せざる, 過らず諫め, 還俗させた, 重そう, 開き受話器, 関東の, 降りたが, 降りました, 隠して, 集結し, 離れて, 雨下する, 頭に, 頭上高く, 饒舌らせよう, 駆って

▼ 機~ (961, 14.3%)

21 音が 19 前に 12 スイッチを, 上に 10 ような, 中に, 方へ 9 熟する 8 ように, 音を 7 外に 5 方に, 爆音が 4 やうに, 前で, 前の, 方は, 目盛盤を

3 [18件] はいって, ハンドルを, 下に, 中から, 中を, 価値は, 傍に, 前から, 大ラッパ, 大編隊, 姿も, 方を, 発明を, 置いて, 鉄の, 音の, 音は, 音も

2 [50件] あること, おもり音ひね, そばに, そばを, ていほろよ, ところまで, やうな, エンジンの, シャッターを, ヘラルド・システムに, レンズの, 上へ, 下から, 中の, 位置に, 位置を, 余剰蒸気の, 偵察機が, 偵察機は, 先後を, 前を, 力で, 吸上ポンプを, 呻り, 壊れて, 声が, 大空軍, 後を, 扉が, 手を, 方で, 来ない日, 来襲が, 爆撃隊は, 爆音と, 爆音を, 空襲が, 空襲で, 編隊が, 行方は, 調子が, 部分品を, 音, 音とが, 音に, 音までが, 響が, 響きも, 高度は, 高度を

1 [651件 抜粋] あった丁度真下, あやしい行動, いい黒塗, うえの, うしろに, おかげで, おと, お腹の中, かかる音, きいたる, くせに, ことが, ことである, ことなんか, ことの, ことをも, したくを, しぼりの, すえつけを, せいです, たいした力, たつた一発, ため昼間は, たらして, ついた漁船, ところで, ところへ, ところを, ないとき, ない石, なかで, なかに, なるもの, ひびきでした, ほうから, ほうも, ほかなき, ほとりには, まえに, まわりに, まわりを, まわり出す度, やり方でしょう, よいの, ウィンチに, オバサンで, オバサンと, オバサンに, オバサンは, ガソリン, グラフを, サアサア云う, ジジジジほぐれる, ジヤンダークでも, スウィッチを, スピード, スヰツチを, ダイアルの, ダイヤルを, ダンじゃ, テストによって, ドアが, パイプの, ヒントを, ピカピカと, フイルムに, ブルブルッという, プロペラの, ボオイも, ボオイをね, ポンポンいう, マークは, ヨッちやんとか, ラッパから, ラッパであろう, ラツパで, レンズが, レンズは, ロケットが, ロケットを, ロケット砲室では, 一二が, 一大爆撃編隊の, 一字を, 一方を, 一機や, 一種に, 一種らしい, 一群が, 一部が, 一部へ, 一部をも, 一隊は, 三分の二を, 上から, 上には, 上にも, 上の, 上るの, 下へ, 下敷に, 両親は, 中からは, 中での, 中では, 中まで, 中七機まで, 中心を, 乗組員たちは, 乗組員だ, 乗組員は, 事を, 二つ三つ並ん, 五台でも, 亡骸だった, 人四人, 仕分を, 任務は, 休むひま, 低いうなり, 何処かへ, 作用で, 作用にて, 使いかたに, 使いかたについても, 使用法脇路活栓排水弁の, 価格は, 侵入を, 修繕工を, 偵察機の, 偵察機隊の, 傍を, 働きを, 働で, 入った四角, 入口に, 全生命, 全部, 共存は, 共存を, 具合を, 凡夫であり, 出力回路を, 出現に, 出発の, 分らぬ人, 切端まで, 刑せられたの, 利く距離, 利用者に, 到るを, 前, 前へ, 前後左右に, 前面には, 前面を, 力が, 力によって, 動かんと, 動きから, 動くもの, 印刷する, 原理と, 収波冠を, 可動部品を, 台に, 台を, 台木に, 吸上ポンプの, 周囲には, 周圍に, 唸りが, 唸りは, 善悪を, 回避, 図, 図が, 在処や, 墓石へ, 壊れた部分品, 声を, 外れた様, 外れる状, 多少の, 大きい影, 大きな眼鏡, 大小新旧速力設備二エンジンか, 大爆撃, 大衆化は, 大集団, 失跡も, 女事務員, 好いお, 如きは, 如き農業器具, 如くかくして, 如くに, 如く鋭角, 如し一部分の, 妙鬼神も, 姿が, 姿は, 姿を, 孔に, 字も, 存する, 存すること, 実際の, 客として, 寂しがっ, 密あり, 将来を, 小型機が, 尾部から, 工合が, 工夫を, 巧妙な, 帝都空襲は, 席に, 座席の, 廻らぬ自, 廻るよう, 廻転が, 廻転を, 強さ, 弾力性ボタン間に, 形, 役目を, 彼に, 必然的竝立と, 必要が, 性質を, 怪飛行機の, 怪飛行隊か, 悲鳴は, 態度は, 成長が, 戦闘機と, 所に, 所へは, 所まで, 扉を, 打ち込んだ無数, 技術的効果に対して, 投下を, 投弾は, 投影が, 持って, 挙措が, 挙止を, 振動が, 捲線を, 採用され, 接続を, 操縦士は, 操縦席に, 操縦者を, 攻撃に対しては, 攻撃は, 攻撃を, 故事を, 故障より, 数も, 整備と, 敵飛行機を, 新品を, 方から, 方の, 方向も, 方角を, 早い, 時々刻々の, 暗箱, 暗箱の, 書斎からは, 書斎に, 最大速力は, 有利な, 朝政を, 来そう, 来ぬ時, 来よ此源太, 来るの, 来るまで, 林亭に, 根元を, 根柢には, 梭一具宙を, 極促を, 構案を, 様に, 様子が, 様相から, 樋が, 横に, 横にまでも, 横腹に, 機体から, 機翼が, 機能は, 機銃射撃です, 機関士が, 機首に, 武林が, 歴史性, 死骸が, 水上機は, 油差しに, 注文どおりに, 流るるが, 消息は, 渡船に, 滑車の, 火花を, 点検を, 無い者, 無い西洋ナイフ, 焦点の, 焼夷弾が, 煙突上に, 熟して, 熟しない, 熟すや, 爆弾に, 爆弾の, 爆弾投下こそは, 爆弾群が, 爆撃で, 爆撃によって, 爆撃機が, 爆撃機を, 爆発砲丸の, 爆音であった, 爆音は, 爆音も, 爆音高射砲落下音爆発の, 爪の, 独占ばかりを, 環から, 生れた家, 生意気な, 生産と, 用意は, 発した戦闘命令, 発動である, 発射する, 発明これなり, 発着できる, 発見に, 発達したる, 発達や, 發展も, 發見は, 目中には, 真下の, 真赤な, 眼を, 着想を, 着水し, 着込み方, 碧緑に, 神風偵察機は, 穴は, 空襲に, 空襲を, 空魔艦と, 端緒を, 第一試作品, 米海軍機に対する, 細々した, 総動員によって, 緑燈が, 緑翹を, 編隊だ, 編隊であった, 編隊に, 編隊は, 編隊を, 練れた体, 練習を, 縮図だ, 織り方, 織り終, 織れるよ, 置き場所だ, 美しいこと, 群が, 群の, 羽根を, 翔空速度と, 翼に, 翼の, 翼を, 聲のみが, 聲を, 胴裏が, 能力については, 能率は, 脚を, 脳骨から, 腰に, 腹から, 自覚を, 至るを, 航路は, 船が, 荒鷲が, 落した爆弾, 蓋を, 行動を, 行動半径が, 行動半径は, 行動半径も, 裡に, 製造で, 製造も, 襲撃も, 襲撃を, 襲来さわぎ, 襲来は, 襲来を, 視野には, 解行を, 設置も, 設計図を, 試験飛行に, 説の, 調子は, 調整にあたり, 調査に, 買収に, 貸し賃で, 起動する, 超重爆機, 足の, 跳梁に, 蹂躪に, 身の上に, 身の上を, 車輪を, 車輪一度地を, 轟々たる爆音, 轟々たる響, 通るたび, 速力などといふ, 速力は, 連絡とは, 進む方向, 進行方向は, 遊船が, 運命は, 運用能率上松井田の, 運転手に, 運転手を, 運轉と共に, 運轉も, 道具だけが, 道具とともに, 道具の, 部分品と, 部分品として, 部屋を, 配置よろしく, 重油タンクの, 針が, 鉄棒が, 鋭さにかけては, 鍵を, 鍵盤を, 附属品が, 離陸にあたって, 電極に, 電鍵を, 震動が, 音いかにも, 音さえ, 音だ, 音だけ, 音だった, 音出帆の, 音発動機の, 音響は, 響, 響うれし, 響きが, 頭蓋骨を, 風に, 風下に, 飛び出した淋代海岸, 飛来など, 飛沫の, 飛行機が, 飛行隊は, 騒々しい風, 驚くべき能力, 驚ろくべき, 高度の, 高度計が, 鳴らす侘しい, 鼻さきに

▼ 機~ (598, 8.9%)

28 乗じて 12 して 11 乗って, 応じて 5 のって, 上ること, 手を, 臨み変 4 上つて日ね, 代つて, 向かって, 臨んで, 足を 3 そむけるなり, のぞんで, むかって, 向って, 応じ変, 故障が

2 [20件] かけました, かれは, ついて, なって, のぞみ変に, 乖く, 乗せて, 乘じ, 入ッ, 否応なしに自分, 密乎と, 投じて, 掛けて, 接して, 於て, 織って, 襲われたとき, 触れて, 誘導されたる, 魏の

1 [438件] あたつ, あっさり積良, あらずと, ありと, ある, ある梭糸, あれが, いて, いどみかかった, いどみかかるわが, うつして, おさめられた, おそわれた, お幾, お引揚げ, お稲, お通, かかったよう, かかったら三分間, かかったジャズ, かかって, かけた, かけて, かけます, かけられて, かけるという, かけるの, かけるよう, かじりついて, かないて, かなって, きざまれて, きっとお, くらべて, こしらえて, こっちの, この島, この面倒, この飛行島, さへ, しかし色, しかじ, しちゃ, しつか, すぐ舌戦, すれちがいましたが, その夜, その茶椀, それが, それぞれの, ただ心, だまって, つうじて, つけこんで, つけて, つっこんだ, つづいて, とどくはず, とりつけたの, なおし幸, ならないの, なるという, なるの, にらみすくめられたよう, ぬけて, ねっしんだった, のせて, のぞみ変, のぞんでを, のっけた原子弾, のっても, のりこみました, はずみを, ひっきりなしに命令, ひと口茶を, ぴたりと, ふれると, ふれ時に, ほんとに呉, まして, また元, また和議, みずから身を, みんなここを, みんな炉を, むけて, めぐまれたよう, めぐり逢いたいであります, もうここ, やられたらしいな, ゆづる, ようやくスイッチ, よらずに, よらなくても, よろよろする, わが子を, キャッチされ, コップは, ゴンゴラ将軍を, ハズミを, ヤスは, 一つに, 一つ奈良の, 一人ふたり帰る, 一堂の, 一大命令を, 一室へ, 三略の, 上せて, 上って, 中村の, 乖け, 乗じた, 乗じようと, 乗じ大統領, 乗じ才智, 乗じ爆発, 乗じ犯人, 乗ずれば, 乗った, 乗ったもの, 乗ってたの, 乗つて三階, 乗り, 乗りうつるという, 乗りたいん, 乗りて, 乗りカタパルト, 乗るん, 乗る前, 乘る, 九兵衛は, 二人とも, 二階の, 今夜の, 今度こそは, 付け込んだ, 代って, 伏見掾一家の, 会し大, 会ひ, 似たこまかい, 似た音, 住職は, 何分怖く, 余る精鋭, 作ったもの, 作者が, 使用出来ます, 侍が, 依りて, 便るよりも, 信忠が, 信長は, 信長公に, 信雄は, 俥が, 傳は, 優れり, 充ち充ちた弁証法的過程, 光忠が, 光沢が, 入って, 入らなきゃア, 入れて, 入れば, 八五郎を, 円盤の, 冷い, 出かけて, 出動を, 出直すつもり, 刀の, 分れよう, 切断された, 刎ね, 初音サンの, 利家から, 到着した, 到達し, 制馭せられ, 力なく, 助かったよう, 匆々逃げ去った, 化して, 千金を, 半七, 南光坊も, 参与し, 及び于役, 及んで, 叔母を, 取りついて, 合うよう, 合わずして, 吉野は, 同じ, 同乗する, 同感する, 向おうと, 向かいクーパー, 向かったつもり, 吹かれて, 吾から, 呉を, 呪法の, 呼応し, 命中し, 命令し, 命令を, 喬生は, 噛みついて, 四代目璃寛の, 堂の, 外ならぬ, 夜来の, 大きな望み, 大矢主任は, 女ふたりを, 妓たちを, 姫を, 嫂が, 嫌われて, 宇治の, 官軍方が, 定ってる, 寄り添って, 寄り閨, 密使油蹈天を, 富む, 富んだもの, 対岸でも, 将軍家へ, 小杉さんは, 就いて, 尼は, 岩間三太夫とやらが, 峻厳たる, 左馬介や, 巻きついて, 帝の, 席が, 席を, 帯の, 平次は, 年下の, 座を, 廉子も, 引き払って, 引続き海面, 弾かれた様, 彦根を, 彼は, 彼を, 後るる, 後れて, 後ろから, 御出頭, 御寢室, 御対面, 御車の, 応じ時に, 応ずること, 応ずる一種忍び, 応ずる才智, 応ぜること, 思い出したらしく, 思い出すこと, 思い切って, 思ひ切つて, 恵まれたよう, 感じるの, 感じるばかり, 應じたる, 我が袖, 或る, 戯作で, 戸外へ, 手に, 打明けるか, 投じ縁, 投ずるあり, 投ずるを, 押されっちゃって, 拙者も, 拝殿の, 持合せの, 捕捉し, 据えつけるため, 掛けこれ, 掛けたの, 接ぎそれ, 接したと, 揺られながら, 搭乗し, 携わる人たち, 撃墜される, 放りこまれて, 政子は, 故障でも, 故障を, 敏なる, 断乎龍興, 新介, 日本を, 早がわりを, 暇を, 本艦の, 椅子を, 正成は, 武蔵は, 歯車結合された, 残らずぶちまけて, 殿を, 気付かれ不利, 氷が, 油を, 洞窟から, 浪人いたし, 消えようと, 灯って, 無自覚な, 熊手の, 爆弾を, 狙われて, 用が, 発したまばゆい, 発見される, 登子は, 目を, 知らせたわけ, 祖先の, 私は, 移される, 移して, 税が, 積み込まれた, 積んで, 突きあたったかと, 突っこめっ, 突然眩暈, 立ち上がりました, 立てて, 竿を, 結わえたもの, 続いて, 緑翹を, 織りこまれそれ, 織田勢の, 置いてきぼりを, 職業も, 肩から, 腰掛けて, 腰掛けまして, 膝頭を, 臨みて, 臨み執る所, 臨み失有, 臨み變, 臨むまで, 臨んでの, 臨ンで, 自ら大軍を, 自分の, 自分達の, 至急呼出信号, 興味を, 若松には, 茶の間から, 落ちたり, 薙髪し, 藤九郎盛長仁田天野など, 藻を, 行き当るの, 衝立の, 表現すれ, 表裏徹透し, 襲われ私たち, 触れしが, 触れては, 触れんでも, 試乗し, 話しかけて, 認められれば, 警報器, 赤外線写真の, 起上って, 身を, 車の, 載せられた時分, 輕く, 近い敵機, 近い電動機室, 近づいた, 近づきました, 近づく城塞, 迫ったもの, 迫りくる英国駆逐機六機, 追いかけられたとき空中, 退き鉦, 逃げられたが, 通じて, 逢うて, 遇はず而し, 運ばれて, 達したの, 達すること, 違へば, 遭遇し, 郡視学は, 酷似し, 金を, 長岡佐渡は, 長男瑾は, 長頼の, 関した讃, 関した讃え名, 閣下をも, 附いて, 附さる, 限らず大抵ごく, 除くべき者, 陥り了, 随ひ, 雪を, 非ず, 響いた, 飛び去られ月世界上, 飛行機の, 飲ませようと, 馬へ, 駆使され, 高氏に, 魏延は, 魚家に, 黄河の, 黄色いフィルター, 黒奉書の

▼ 機~ (514, 7.7%)

8 ある, 飛んで 4 ついて, 下りて 3 まわって, 入って, 如何に, 来て, 翼を, 頭上に

2 [23件] あった, あって, あれば, おろされても, かけられて, この街, これを, とんで, なければ, ふわりと, 一つ止っ, 上って, 不時着した, 働いて, 動くと, 平衡を, 急速な, 来たと, 熟して, 爆弾を, 置いて, 見つかった, 隠されて

1 [426件] ○台出動の, あかつきの, あったが, あったこと, あったなら歩き, あったらその, あったらどうか, あったらまた, あったら口, あったら新, あったら生涯, あったら私, あったら読んで, あっても, あとに, あらうか, あらわれ一隊, あり車内備付品目録, あるでしょう, あると, あるとは, あるに, あるのに, あるはず, あるまいと, あるん, ある故, ある程度に, あれから, あろう, あろうと, あろうとは, あろうとも, いきなり臨時ニュース, いくつも, いく度と, いそがしさうに, いっしょに, いつ飛び出す, いまだかつてこの, いまや第, いるじゃ, おびただしい爆弾, おりて, かくされて, がら, きた, くる, くれば, この最高記録, この間の, こわれたって, ござりましょう, ごちゃごちゃ置い, しきりにバクゲキ, しきりに空中, すぐそば, すわつて, せめてもう二十キロ, そのがんばり飛行機, その成効力, その時, そびえたって, それを, ただちにこれ, たった一台, ために, つかえないから, つっこんで, とうとう, ともに表面化, とりつけられるよう, どこまでも, どんどん仕上げる, ないと, なかったら, なくその, なくって, なくて, なくなって, なくッ, のこされて, のしかかって, はじめて東京, はずして, はずれたよう, はね上った, ばたり, ひとつ三脚に, ひとりでに飛出す, ふって, ふわりふわりと, ぶんぶん飛ん, ほしくて, ほとんど並ん, ぽっかり浮い, まいろう, まず機首, まわり出すこまかい, むやみに, むりやりに, めちゃめちゃに, もうぜんと怪塔ロケット, もう一つ, もう動い, もう日本, やってくるかも, やって来たぞう, やっぱり環状, やられたの, やられちまったん, ようやく切迫, よかった, カタパルトから, カタパルトの, カラカラカララララと, ガクンと, ガチャリと, ガチャンと, キャッチした, ギャッ, クルクル廻つて, グラッと, コツコツと, コンクリートで, シャベルで, スイスイと, スイッチを, タンタンタンタンと, デモを, バタバタ動き出した, パラシユートを, ヒントと, フルに, プレスでなく, ポツンと, モスクワじゅうに, ラジオ屋に, リズミカルな, 一つの, 一つ一つ濤に, 一ばん安かっ, 一台置い, 一回に, 一挺此職人が, 一機づゝゆらりと翼を, 一機を, 一機丘すれすれに, 一機二機カタパルトから, 一直線に, 一組ある, 一週間の, 一隊ずつ, 七階までの, 三ツの, 三個つい, 三千メートルへ, 三機か, 三機ひ, 上等だ, 下りる, 不具では, 不可思議の, 九州一圓にも, 二ヶ月前より, 五つも, 五百何機も, 京城の, 人を, 今にも飛び出し, 今日熟し, 今片端, 仕事を, 仕掛けて, 他の, 低く舞い下っ, 何である, 何を, 例の, 依然として降りた, 停り今日, 偵察飛行中行方不明に, 働きだして, 働きはじめたとき, 働くの, 僕の, 元の, 光る, 入り乱れて, 入れ代り, 八千メートルとか, 六時に, 再び針, 凄じい威力, 出して, 出来て, 切れたよう, 刑せられる二年前, 加はつた, 動いたり, 動きだしたと, 動き出す, 動作を, 勢いよく廻っ, 勿来関へ, 北アフリカ航空の, 十八機死にものぐるいの, 十八機猟犬の, 半蔵の, 去ってから, 参りました, 取りあげられるまでには, 取りつけて, 只一つ, 台北の, 同じだ, 咸宜観に, 善である, 四機肉弾と, 國境を, 在るよう, 地上から, 地上に, 埃に, 増えなければ, 墜落しました, 夏の, 外に, 夜空に, 夢に, 大分おおげさに, 大編隊, 大阪の, 天地を, 女子の, 妹の, 始めて, 完成し, 完成した, 完成すれ, 客を, 家々で, 家庭婦人の, 尋常の, 小刻みに, 差し込まれて, 幾つもの, 庭の, 建設される, 廻り出す, 引きあげられその, 強いか, 弾丸を, 彼等を, 待ちに, 必ずあろう, 必要である, 怖いので, 思いきった逆, 急速力, 急降下, 懸命に, 戦争に, 戦闘力の, 戦闘機を, 戻つて, 手を, 投げ出されたまま, 投弾を, 抛り出して, 持って, 据えつけて, 据ゑ付けられた, 掻きはじめこの, 支那奥地の, 攻めて, 攻撃いたしました, 放, 放たれたよう, 故障に, 数十台も, 数百機頭上に, 斬られてから, 新館の, 旅行券が, 旧練兵場, 早くゴール, 是非とも, 時々小さい, 暫く考え, 月から, 有りましてね, 朝六時から, 李の, 来た, 来るでは, 来るまで, 来れば, 来襲し, 東京の, 林を, 栗山川の, 極めて自然, 横合から, 機銃を, 機銃一つうたない, 止った, 正面から, 此処へ, 民家に, 汕頭と, 決死の, 沈みさい, 沢山に, 涼しい風, 渡つて, 温の, 潜入し, 澤山作られるであらう, 無かった, 無電を, 照空燈, 熟さぬとでも, 熟したか, 熟したと, 熟しては, 熟するに従って, 熟すれ, 熱くなっ, 爆ぜる, 爆発し, 爆音を, 父上に, 片端から, 現れて, 現れましたぞ, 現れると, 生きて, 生き気品, 痙攣でも, 発動し, 発見された, 白線の, 百雷の, 盗まれたはず, 盛って, 盛んで, 盛んに, 直江津の, 着々と, 着くと, 着陸したら, 砕かれたとき, 神田上空を, 空中に, 空中戦の, 組まれて, 緑の, 編隊を, 編隊列を, 縦横に, 織りたや織神さま, 織り上ると, 自分を, 舞いそれ, 舞い上って, 舞い始めた, 英米に対する, 英艦の, 荒波の, 荷物に, 行きすぎるところ, 行動を, 襲来し, 襲来する, 見えるたび, 見つかったの, 見つかったので, 見つかったよ, 見事な, 設えて, 詩を, 調節する, 起して, 起重機の, 超低空, 身がるに, 載つて, 轟々として, 近づいて, 迫ったため, 迫ったの, 迫るであろう, 途中で, 這入って, 通じ図書館, 運転を, 過ぎて, 過ぎ去って, 過熱し, 違ふ, 采蘋に, 銀翼を, 長安人士の, 関所の, 闇の, 附近二十余軒の, 降つた間際, 降りたので, 降ろされた, 降下し, 陳列され, 雨靄を, 電力の, 非常に, 頭の, 頭上を, 飛びすぎる音, 飛び上ったとしても, 飛び出せば, 飛ぶから, 飛去っ, 飛行場から, 飛行場の, 飛行場を, 飛行船の

▼ 機~ (513, 7.6%)

20 を與 12 を得た 11 があつ, を得 10 がなかつた 8 に於 7 がある, がなく, を待つ 6 ある毎, が來, であつ 5 がない, のある, もなく 4 が與, もなかつた, を利用, を失, を見

3 [11件] があらう, だから, に出, のなかつた, はなかなか, をうか, を得ない, を持つた, を捉, を有, を狙つて

2 [39件] あらば, がありました, があれ, がなくなる, がなけれ, が出, が多い, だ, だつたの, にそれ, にやつ, に乘, に何, に再び, に到達, に手の物, に讓, に遭遇, は來, は全く, は遂に, もあらう, も多, をうまく, をつかん, をのがしたら, をもつ, を作らう, を作る, を多く, を失し, を待つた, を得なかつた, を想像, を持たない, を持つ, を掴ん, を發見, を逸し

1 [256件] あるごと, あるべきか, あるべし, ある以上, かで此曠野, からか吉野, からか智惠子, からこの, から動かされた, から思ひ, から日下部君, か横, か自分, があら, がありませんでした, があるであらう, があるでせう, があるまい, がおの, がこんな, がそれ, がたんと, がなかっ, がなかツ, がなほ, がもう一度, が乏しく, が到, が嘗て, が多, が少, が少い, が少く, が少ない, が尠, が掴め, が明日, が無い, が熟した, が生じない, が生ずる, が生れ, が私, が自然弟, が至つて, ぞか, だと, である, であるからとて, であるのに, でか, でその, でそんな, ではない, でも掴まなけれ, で出雲の神樣, で婦人, で教, で糸, とがあつ, として埼玉, として宋, として少, として獨立, ともなつ, とを持つ, とを知つて, とを置く, とを逸, と爲, と自己, なから, なく過ぎた, などもさツぱり, なの, なるべき自ら博奕, にあなた, にあの, にあらず, にいよ, にお, において斯, にさ, にし, にしよう, にその, にそれ等, にて洗濯, にはそれ, にひよつ, にふと, にまだ, にゆづることに, によつて, により, にシェークスピア, にハツキリ, にフランス語, に世, に中, に中戸川吉二, に久しぶり, に二人, に今後, に依, に僕たち, に其の, に再, に凡そ, に同氏, に因つて形, に大師, に失はれる, に女, に如何, に對, に彼, に彼等, に或, に接し, に接した, に接したれ, に接する, に改めて, に文章會, に新室, に書きつけ, に欠伸, に浴, に生徒, に症状, に益々, に知, に私, に紅毛人たち, に紹介, に血, に行, に見えた, に訊いた, に話頭, に豫備交通, に貰, に逢着, に遇, に部落ぢ, に重ね, に雑作, に頑強, に飯, のあら, の來, の來らんこと, の利用, の多い, の生じた, の與, はあった, はあらず, はありました, はいくらでも, はその, はなかつた, はなく, はまたとない, はまれ, は一切, は一度, は今日, は來ら, は再び, は多く, は少ない, は幾何, は有りませんでした, は殆ど, は殆ど一, は永久, は私, は絶えず, ばかり窺つて, また一秒間, もありません, もありませんでした, もある, もあるでせう, もそれつ, もない, もなくなるだらう, もなく空しく, も偶然, も可, も均等, も尠, も御座いませう, も捉, も時間, も有しない, も有るだらう, も稀, も逸さず, よりし, を, をうし, をすばやく, をその, をつひ, をと狙つて, をねらつた, をのがし, をのがす, をまつ, をみつけ, をみよ, をめぐん, をもたなかつたら, をも得ないでし, をも有し, を一々, を一切, を作つた, を作らなけれ, を作らん, を作り出し, を作り出した, を取り外し, を外す, を失つて, を失はれた, を少く, を巧み, を彼, を得ざれ, を得し, を得ず, を得せし, を得たい, を得たら, を得ました, を持たなかつた, を持ちたい, を持つたなら, を掴まう, を有せざりし, を極力, を機會, を無益, を窺つて, を見つけた, を見出した, を見出す, を逸した, を逸したる, を長い, を頼みし, 乃至は

▼ 機~ (494, 7.4%)

5 初めの 3 くるりと, 翼を

2 [19件] そこに, その鏡面, どうした, 一斉に, 一面, 全部体当りし, 急に, 早い, 東方上空を, 機首を, 次の, 永久に, 洋上に, 漸く, 火星と, 熟した, 熟したと, 熟す, 空中に

1 [445件] あすは, あと数時間で, あまり使われなかったらしい, いかなる機種, いくつも, いたったの, いつの間にかまわらなくなっ, いまぐんぐん, いまや熟した, いまを, いま旋流に, いよいよ着陸, いよいよ高度, いる, うちに, うまく格納庫, おれ達の, かかったろう, かきまわし加熱炉, かるく外し, かれの, ぐっと傾いた, ぐっと後, ぐっと機首, ぐんぐん上る, ぐんぐん垂直, ぐんぐん高度, この文字発見, これも, これや, さっき申した, さったらしい, さっと氷原, しきりと, しきりに横転, じゃれつくよう, すぐまた, すこしずつ, すっかり炎, すでにその, すでに孔明, すでに翼, すでに逸し, すでに魔, すなは, すべて入浴の, ずいぶんがんばっ, ずいぶんの, そう云う, そこでまた隊形, そのながい, その他いろいろな, その攻撃威力, それからのち方々, それこそ, それぞれ機首を, それまでに, それを, ただその, ただちに獲物, ただちに編隊列, だんだんと, ついに一大音響, ついに帝都, つぎつぎに, とうとう怪物, とんで, どういうもの, どうして一機, どうにも動かせない, どこどこを, どこへ, どこを, ない, ないで, ないと, なお, なかなかなかっ, ふいに, ふたたび遠く, ふんわりと, ほとんどゆがみ, ほんとうに, まさに今, まだ五歳, まだ大丈夫, まだ遅く, まったくない, まったくエンジン, まっ黒の, まるで戦艦, みごとに, もう付いた, もう全速力, もう出来, もう熟し, もう頭上, もちろん西洋活字, もっと上, ものすごい音, やっぱり毒瓦斯, やむをえず雲, ようやくその, よほど用心, わがドイツ機, わが艦, わしら父子が, アクロン号の, アメリカの, アンモニア使用の, ウラル丸の, カーチスの, ガソリンを, クルリと, グングン上昇, ソビエトもう, トテモ素敵だ, ドイツから, ドドドドドドドドドッと, フーラー毒ガスの, ブランスウィックの, ブランブランと, ユダヤ秘密帝国に, ラスキン大尉の, ランプを, 一せいに, 一たび怪物の, 一たまり, 一として, 一刻も, 一台積みこん, 一方互に, 一概には, 一機を, 一機をも, 一瞬に, 一等うしろの, 三十分の, 三時間のちに, 三機ずつ, 下げ舵を, 丘の, 並んで, 主家の, 久しく美人, 予定通り近所を, 二千五百メートルの, 二回来た, 二百円より, 互に相手, 五十%までを, 五月二十一日の, 五機だった, 五百米の, 五百米下二百米の, 五秒毎に, 交流式だった, 人を, 今ぞと, 今なお, 今は, 今まで, 今もっ, 今年二十六歳に, 今日で, 伊藤を, 何の, 何らかの根性, 何処から, 何日か, 例の, 僕等を, 僮僕に, 僮僕を, 充分に, 光弾を, 全滅した, 全部うちおとされた, 八方へ, 六十の, 六台まで, 共に修行, 再び動きだした, 出て, 初め意に, 判らぬでのう, 前夜の, 動の, 動力所の, 動揺する, 午後二時にな, 単に哲学上, 単調な, 去ったが, 去年の, 可発の, 右の, 各母艦, 同じ事, 同じ機道具, 同町二千米の, 咸宜観に, 唯だ, 喜んで, 四千米の, 回避し, 地上を, 垂直旋回の, 墜落する, 声を, 変妙な, 多少の, 夜明けちかく, 夜間に, 大きな金網, 大たん, 大分ゆれ, 大変重宝な, 大洋丸の, 天井裏の, 太平洋の, 失望した, 奇妙な, 女の, 女道士仲間に, 好調, 如何に, 始て, 字を, 安ん, 完全に, 客の, 容易に, 密なる, 寸間に, 将に, 崇真観に, 市街の, 帝都中心圏内に, 常に新鮮, 幾度かかれ, 幾度と, 床の, 度々陳, 引張凧, 弾丸の, 影も, 彼が, 彼女の, 得難く失い, 必ずしも善, 必ずしも拒まぬ, 忠義無類な, 思うつぼに, 急速に, 怪塔の, 怪塔ロケットと, 怪塔ロケットに, 怪塔王の, 怪物の, 怪雲に, 恐ろしいほど, 恰も二十六歳, 悠々と, 憎らしいほど, 我々が, 戦死した, 手際よく, 才智に, 折からの, 持つて, 据えられた, 揚子江の, 揺れ揺れぬ, 操縦士からの, 故障に, 教法化益を, 数へ, 敵に, 旋回し, 旋回す, 既に好き処, 既に熟したる, 既に熟したるなり, 日曜日と, 昭和遊撃隊を, 時々軽く, 景気好, 更に一千メートル, 木剣を, 本当に帝都, 束の間やがて, 来ようと, 来れり, 来れりバスチール, 来月に, 東京へ, 柳生の, 格闘性に, 構造が, 機宜という, 機関という, 正確な, 殆ん, 残念ながら, 母とも, 毫も仮借, 毫も弁疏, 気が, 気を, 水色である, 水面を, 求むる所, 沈没船の, 沖の, 沙里子だ, 波間より, 泣く時, 活動を, 活字と, 海面すれすれの, 滑走を, 滑走路を, 潜水艦からの, 火に, 火の, 火焔に, 無残にも, 無電で, 無電の, 然ら, 照空灯を, 熟さないかと, 熟しかけた, 熟したもの, 熟して, 熟しました, 熟し天, 燃料の, 爆弾でも, 爆音を, 爐邊に, 特に長時間飛行, 狂気の, 猛追撃, 現れなかつた, 甚だしく陰険, 甲府の, 癪に, 発車を, 目ざめかかって, 直ぐ気がつい, 直ちに出発, 直ちに急, 相次いで, 真に女子, 真正面から, 短波を, 私の, 秘して, 空の, 空中から, 空中で, 空中戦の, 空魔艦の, 突然起っ, 立てなかった, 笑った, 笑って, 第一, 答えた, 簡単である, 約二時間以内, 約千五百メートル, 紐で, 紙を, 組立てられると, 絶え間なく, 絶壁の, 絶好と, 続いて, 総数合せ, 編隊で, 編隊の, 編隊も, 編隊行動と, 編隊長機に, 編隊飛行も, 翼の, 老いぼれた當時, 能力を, 舞い上って, 色を, 草原の, 荷物を, 螺旋を, 螺旋形揚上機とは, 螺線的運動に, 血まよっ, 行方不明であります, 行進隊形を, 襟を, 見えたがね, 見えなかった, 見る見る近づいて, 詩筒を, 警察によって, 起って, 跡に, 身を, 轟々と音, 近づきました, 退散した, 送葬, 途中これを, 途中に, 逸しかける, 逸したかと, 遂に到来, 遂に来れり, 過ぎた, 酒が, 重くるしい唸, 鉄の, 銀色, 門番の, 間もなく故障, 関の, 闇の, 陳が, 陳と, 陳を, 隊形を, 隼の, 雨と, 雲の上へ, 電瞬の, 響を, 頭を, 飛行界最大の, 高度を, 鯱の, 黄色い煙り, 黒雲の, 黙って

▼ 機~ (155, 2.3%)

3 であつ, に對, の發達, の響 2 である, ではなから, の大, の運用, の音, を利用

1 [131件] あり一, がなく, がまだ, が具つて, が出, が忽ち, が最もよく, が未だ, が殆ど全く, が發達, が自然, が預かる, が頗る, その歸趨, たる事, たる東京新聞主筆, たる自然, であって, であるから, で國民, で授業, といふもの, とかいふ實際, として働く, として山房論文, として歸化人, として頗る, として馳驅, となす, となり, となる, とも言, と連絡, なくし, なしには, などと密接, などにも當時, になつ, には非, にむかひ, によつて, によつて搬, により, に公表, に匹敵, に同, に就, に此鳴物, に物, に賦, に適用, のあらゆる, のない, の不十分, の中, の仕事, の作用, の作用大, の具備, の動き, の唯一, の團體客百二十人, の壞敗, の實質, の強, の成績, の振, の擴張, の改造, の活動, の活溌, の混亂, の石炭, の破裂, の糸, の紊亂, の説明, の運轉, の響ハッタ, はどんな, は三つ, は上, は何かと, は同じ, は國際聯合, は斯, は既に, は秘密, は舊, は運轉, は錆び, は集中, もなく, も君, や運輸, や電氣, をし, をたちどころに, をなし, をなす, を以て利益交換, を偏頗, を刷新, を前, を動かす, を呼び出した, を國家, を完全, を從つて生産關係, を必要, を急速, を持たない, を持つた, を掛け, を換, を握つ, を改造, を明確, を有し, を結びつける, を絶えず, を荒廢, を見る, を註文, を通じて間接, を過大, ヲ以テシテ土着人ニ當ラシメザル所以ハ主權本來, 即ち肉, 強くし, 或は海外貿易, 極めて完全

▼ 機~ (116, 1.7%)

3 見て 2 いえども, いって, し盛宴, なって, なり喇叭管, 云ふ, 剣戟とを, 怪塔ロケットを, 教と, 認めら

1 [93件] いうが, いうて, いおう, いっても, いれかわって, おなじ速度, きくと, した, しょうして, し再び, し思うさま, し思ふ様愚考, し思ふ樣愚考, し正面, し碧梧桐庵小集, し謂わば, し防辺, し鯉釣, たいへん激しい, なった, なつて, ならんで, なり得る筈, なると, なるの, なろう, ほとんど同年, むかし佛蘭西の, もう一つ立体組成電子機, れんらくを, わが十機, わたり合い軽巡, アンテナとを, エスカレータアは, クリスタル検電器は, テレビジョン受影機が, パネルの, 一分一厘違わぬ, 三番機, 三番機とは, 三番機に, 三番機の, 両方に, 云へ, 信ぜら, 偵察機とに, 入りみだれ, 利を, 制動機とで, 化し去って, 受信機と, 受信機の, 合わせて, 同じで, 同様の, 名づけたところ, 存じて, 存ぜられます, 小文治, 思うほか, 思わるる一機, 性との, 怪塔ロケットの, 戦いながら, 戦って, 手提袋を, 技師とを, 教機と, 歯車だけ, 法とは, 海の, 申者にて, 発声マイクロフォンとは, 秀吉へ, 称せられる, 肩を, 自動鉞との, 蓋の, 薄暮の, 裃とに, 襲撃機との, 見事な, 言わぬばかりに, 越前から, 車台と, 酸素供給器とが, 録音機に, 録音機を, 鐵の, 附属品を, 陳とは, 隊を, 高声器を

▼ 機~ (111, 1.7%)

2 あった, ありません, ある, 上手に, 持つて, 日航機も, 氷河地帯の, 生還せしめない

1 [95件] あおられたよう, あったので, あったろうか, ありは, あるであろうから, あればと, あろうに, いっしょに, いよいよお陀仏, いらないわけ, えらかった, おじけが, お弁当, こうなる, ここに, ござろう, その一名, その方, その激浪, ちょっと辛い, どんどん織る, ないん, ない堅い椅子, なくフラリ, なく今日, なく過ぎ, なしという, なし人, なほ及ばざる, のこさず荒鷲, ふくまつて, ふせいだ, ふつうの, まるでつきとばされた, めぐまれず遺憾, やっつけたか, やられちまったん, よう織つ, よし, よし私, よろしう, わが勇猛果敢, グッと, タイプライターも, ユラユラと, 一しよ, 一つしか, 一種の, 三番機も, 上の, 何一つ目まぐるしく, 停電の, 入れない, 入れないって, 全速力で, 出来, 出来ない, 利かなくなって, 前後から, 動かされる, 動きましたが, 四機射ちおとされた, 変圧器も, 当局の, 恐ろしいには, 持って, 揃って, 昇って, 更に鮮, 最近一年は, 期し難く, 来て, 機でも, 機体も, 無い, 無き死人, 熟さぬうち事, 熟したの, 熟したので, 熟せりと, 熟せりとの, 生きて, 真似を, 真黒な, 着艦の, 糸引き車も, 織り恐らくは, 翼を, 薄暗い左, 見えなければ, 見聞した, 追っかけて, 間に合わず従って, 電線も, 飛んで

▼ 機~ (107, 1.6%)

2 もって, 三階へ, 二反つながつ

1 [101件] いじめながら, うちまくって, おまけに, かきまぜた泥水, か急, きっと上る, この石, この音, ござります, さぐれば, しっかりしまっ, しまって, その人, その当時押収, その活動, たとえば前述, ちょっと肯き, つい興奮, とつた, なしに, のぞき何, はありません, はござりませぬ, はじき飛ばされたやう, はない, はなかっ, まかれた麦, やってきた, やられたよう, わしの, ガソリンは, フラフラと, ペンキ塗りの, メッセージを, ラジオの, ロケットの, 一杯に, 一階まで, 三時間位でしょう, 上って, 上甲板まで, 下りて, 人に, 佐々刑事の, 光りを, 出したやう, 割合容易, 動いて, 勿論機関銃, 占められて, 受けようとしても, 受取って, 四五枚写し, 四方八方を, 夜の, 大宇宙, 大空へ, 孔を, 引きぬいて, 急行いたします, 戦線の, 探しあてたもの, 探りながら, 撮った銃弾, 時間だけは, 本日未明金華山沖を, 汲上げて, 決せられるもの, 汽船の, 清浄に, 独逸軍全線の, 相近く事, 真直に, 着くひと, 知らせよ, 私は, 突っこんだ何百人, 織ったの, 織った布, 織って, 織ります, 織り出すこと, 織るの, 羽田から, 羽田を, 聞く人, 聞く猛獣, 聴くに, 自棄腹の, 船まで, 観客一同の, 軽く打付け, 逃げだしたん, 逃げて, 逸早く前線, 鉄壁を, 雑音を, 非常警戒の, 首が, 首の, 麦摺だ

▼ 機~ (79, 1.2%)

3 を喰っ 2 から激しい, で一間, で母達, で玉, に足, に運, をもっ, を喰った

1 [60件] からいったん, から初めて, がよかっ, が半身, じゃア, でその, で何處, で地藏樣, で梶棒, で水, で白状, で笑, で腹, で良平, で落っ, で落つ, で見えた, ということ, として現, として自分自身, にある, にかその, にか余計, にその, にそれ, にぽっぽと, に中, に乗っ, に二つ, に何, に前後, に剥, に又, に四五本, に市四郎, に引裂かれた, に弾み, に懐, に手, に振り返っ, に振り返つ, に文箱, に柄杓, に椅子, に笠, に蝶形, に蹌踉, に通り掛り, に鉄灯籠, に鍵, に隣り合った, に雪, に頭巾, に頸, も機ん, を喰つた彼女, を喰つて閾越し, を待つ, を打っ, を打つ

▼ 機~ (66, 1.0%)

2 の鋭い, の音

1 [62件] があります, がうるさく, がどこ, がエンジン, がスクリュウ, がポンポン, が一艘, が乗客, が出る, が沖, が泥, が海岸, が通り過ぎる, そして私, だ, であるの, でいつ, でさ, ではなく, で片島, で行つて, で駆逐艦, などなかりし, なんかが誤っ, に乗った, に乘, に冷蔵庫, に貸し, に頼ん, のよう, の一艘二艘, の上, の乗組員, の人, の人たち, の円か, の姿, の底曳網, の往復頻繁, の後, の機関士, の沖買い, の爆音, の用意, の船底, の通る, はポンポン, は入江, は姿, は徐ろ, は棧橋, は河心, は激浪, は父さん, は直ぐ, もなく, や帆前船, や鰈, を乗り廻す, を仕立てさせ, を準備, を用い

▼ 機として~ (52, 0.8%)

1 [52件] いよいよ激化, いろいろ語り合, いろんな改革, この際, その富, その思想, また二つ三つお話, めづらしい, もう一度娑婆, もう不要, よろしくこの, ドイツは, 一挙に, 一画像を, 一躍また, 不正の, 伊豆の, 信長は, 出でて, 千差万別なり, 呉の, 在来の, 堺へ, 大阪の, 妾も, 妾を, 嫁選せん, 実力発揮の, 少しく結婚, 店の, 彼等の, 愈々生産能力, 或考えかた, 日本へ, 時の, 本当の, 氏の, 氏郷の, 烈しい異動, 父が, 生活のく, 秀吉は, 精一杯の, 自ら省みれ, 落髪し, 藤堂家が, 諸国より, 近づき関羽, 運が, 遺産の, 顕著な, 飛躍的に

▼ 機から~ (48, 0.7%)

3 下りて 2 出て

1 [43件] あの緊急待避警報, こぼれて, その機, なるまぎれも, なる偵察, はじめて翼, はずれて, ひびいて, サンフランシスコの, 僕たちの, 力の, 十メートルばかりへ, 卸して, 口を, 吐き出された信心録, 吐き出されて, 吹出す焔, 喧しい織機, 外へ, 大きな声, 安川が, 当直の, 思いついた引力滅, 成る日本, 成る東京愛国飛行隊, 振り落された黒い細長い, 昨夜の, 流れる音, 流れ出て, 発せられました, 発足し, 聞えて, 行進曲が, 見た時, 這入って, 長岡ガス弾で, 離した, 雲梯を, 電気が, 靴を, 音楽が, 飛び出す, 飛び降りたの

▼ 機關車~ (35, 0.5%)

3 の方 2 がとまつ

1 [30件] がその, がとまつた, がぴゆうと, がレイル, が人生, が蒸氣, だ, なども見え, に惡, に故障, に機關手, に近い, のすぐ, のついた, のなか, のエキゾースト, のピストン, の前部, の汽笛, の火力, の煤煙, の運轉臺, の釜鳴り, の響, はトロッコ, は同じ, は小, は電氣, は音, を見

▼ 機~ (35, 0.5%)

2 の翼

1 [33件] から爆弾, から連絡無電, がいま現場, がそれ, が北方, が定石通り, が敵, が有利, が火蓋, でなければ, との最初, に知らせ, に襲撃, の上空, の六隊四十二機, の司令, の方, の無電交信, の爆弾, の編隊長機, はすぐ, はすでに, はどう, はラスキン大尉, は二十四機, は何, は太平洋上, は海上三千メートル, は頭上, へ通報, へ連絡, をひきい, をむける

▼ 機~ (32, 0.5%)

2 草木染の

1 [30件] その傾斜平面, それから彼, ブルドーザーなぞも, ラジオと, 万年筆や, 二機で, 二機の, 二機まぎれこん, 二機木更津から, 今なり, 其の辺, 写真放送機が, 宇宙艇に, 巨大な, 弾薬や, 愛国高射砲を, 戦闘機などが, 戦闘機は, 機体や, 測定機, 潛水艦やの, 照明装置などは, 軍艦で, 輪転機の, 重砲が, 鋸の, 雨具などの, 雷撃機が, 電気は, 響く圧搾槌

▼ 機~ (30, 0.4%)

432

1 [21件] あ, けれど機関砲, ぜ, ぞ, ということ, という点, とかそういう, とか何, とか起重機, とも思った, とも考えた, とわかる, と一回五百ドル, と一時間三十五ドル, と思っ, と思った, と思ふ, と本気, と聞いたら, のと, わが子アルトよ

▼ 機という~ (25, 0.4%)

6 のは 4 ものは 3 のが

1 [12件] のなどは, もので, ものの, ものを, やつだ, やつを, 可笑しな, 字は, 情報を, 機械を, 者と, 難物が

▼ 機には~ (22, 0.3%)

2 一キロの, 白い布

1 [18件] いずれも, いって, いつも全速力, いる前, かなわない, ぜひゆるゆるとお, それが, よらずに, 何程の, 入って, 全然ラジオ, 前非を, 平和が, 感じないよう, 昨日から, 私は, 鉄の, 電車の

▼ 機でも~ (19, 0.3%)

2 ある

1 [17件] ありますからな, あるならなぜ, 二機でも, 仕掛けて, 出来たら餓死, 墜し, 壱岐の, 多く一刻, 掛けて, 東京の, 残って, 無事に, 織って, 織つて善光寺, 脱れた, 運転さす, 飛ばして

▼ 機~ (19, 0.3%)

3 を認める 2 は見えず

1 [14件] がぐんぐん, がピカリ, が映っ, に向っ, はどこ, はどの, はもう, は入っ, は望遠鏡, は雲, も共に, を発見, を知っ, を見送っ

▼ 機~ (18, 0.3%)

2 に, に売られた, の女, の機 1 があります, でございまして, でござる, で亡, で暮らし, のこと, の夢, はガラン, へ機織工女, も

▼ 機げん~ (17, 0.3%)

2 の取り

1 [15件] がいい, がよい, が悪くっ, である, で帰りかけた, で御座んす, のよい, のよかっ, も直りき, よく励まし, よく富岡, をうかがう, をよく, を恨めしく, を損なわず

▼ 機~ (16, 0.2%)

1 [16件] がユラユラ, が光っ, とがスレスレ, と機翼, にあざやか, に叩きつける, に大きく, の尖端, の長い, はひどい, をはっ, をやすめる, をビリビリ, を休め, を搦, を裂き

▼ 機~ (15, 0.2%)

1 [15件] か, かその, か額, でしか笑, で直ぐ, で腕, といいたい, という奴, とはいえ, にあっ, にドサリ, に制せられ, に愛, に踵, を生じ

▼ 機より~ (14, 0.2%)

1 [14件] なり三隊, なる大, なる編隊, なる飛行隊, 他は, 出でざるもの, 少いの, 強い, 成立つこと, 成立つに, 早く階下, 立ち上がらんとして, 立ち離れ, 離れて

▼ 機~ (14, 0.2%)

2 発見スルニ至ラズ

1 [12件] 以テ急追攻撃セシメタルモ天暗, 南方ニ見, 失スト云, 妨グルコトヲ知ル, 建造セルナリ, 待テ断然, 発見セズ, 発見セリ直, 組立テント試ミタリ, 誤ルカ如キコトアラハ朕カ祖宗, 遂ニ南方ニ見, 関白シ大政ヲ

▼ 機では~ (13, 0.2%)

1 [13件] ございませんか, ござるまい, つきべり, ない, ないか, ないかと, ないから, なく, なく味方, 入らない, 新聞通信も, 無理に, 立体を

▼ 機~ (13, 0.2%)

1 [13件] かかって, かわって, のせて, のぼった, ぶつかって, 入ろうと, 冷やかに, 寄って, 後ずさりした, 目を, 突入した, 飛び付いてから, 飛乗って

▼ 機~ (13, 0.2%)

3 の中 1 あるに, であるごとく宗教, などは形態學的, に何事, に及ぶ, は勿論, は發光, は酸素瓦斯, をも見ざる, を失ふ

▼ 機織る~ (13, 0.2%)

3 音が 2 女に, 殿に 1 もあり, 下に, 場所では, 女性に, 梭の, 藁家は

▼ 機とを~ (12, 0.2%)

2 つないで, 使用し 1 じっと見つめ, つなぐ麻綱, もって, 備えて, 同時に鳴かせ, 意味する, 睨みながら, 肩にかけて

▼ 機~ (12, 0.2%)

1 [12件] がある, がきい, すらなし, でお, で浴室, といふもの, と云, のきく, もき, も利く, よき一士官, を利かした

▼ 機とは~ (10, 0.1%)

1 いままさに, ちがう, どういう関係, 人間の, 何である, 何者か, 全力を, 兵法を通じて, 反對, 自覚された

▼ 機~ (10, 0.1%)

2 の前 1 が組立てられた, にも, に織られた, に腰かけた, は曾, は皆南向き, も機台, も満員

▼ 機~ (10, 0.1%)

1 がいつの間にか, がなん, が一時, の上, の切れはし, の枠, を断たるる, を断たれし, を眺め, を綜

▼ 機さえ~ (9, 0.1%)

3 あれば 1 よろしと, 入れれば, 取り付ければ, 有れば, 来らば, 運転し

▼ 機~ (9, 0.1%)

2 のだ, んです 1 お熟, ので雪, んだ, んでしょう, 真似を

▼ 機~ (8, 0.1%)

1 あれと, ふと革命党, 刀が, 卓子か, 又は顕微鏡, 四機警戒の, 立つとき, 高機か

▼ 機だけ~ (8, 0.1%)

1 だったからな, であった, であります, では, 手に, 敵は, 早く元, 追加註文も

▼ 機~ (8, 0.1%)

1 に富ん, に当っ, に応じ, も初, も妙味, を前, を打診, を能

▼ 機細工~ (8, 0.1%)

7 のやう 1 か何

▼ 機關長~ (8, 0.1%)

1 が僕たち, が外, が氣合術, として長州兵, と法華經, に聞い, は相, を相手

▼ 機關雜誌~ (8, 0.1%)

3 を發行 1 に就, に發表, の事務室, の卷頭, を出し

▼ 機ッかけ~ (7, 0.1%)

1 さえあれ, である, にいちどに, にその, になった, に阿修羅, を呼ぶ

▼ 機~ (7, 0.1%)

1 にいる, には逃足, にアナウンス, に居る, に潜伏, の完全, を詳しく

▼ 機仕掛~ (7, 0.1%)

2 のやう 1 になつた, のよう, の人形, の玩具, の蛇

▼ 機~ (7, 0.1%)

2 の敏活 1 および選挙権, に付帯, の一時的停止, の如き, を感ずる

▼ 機~ (7, 0.1%)

1 ありなどと, がこの, がその, という面白い, といっ, なんかもこれ, より以上

▼ 機~ (7, 0.1%)

2 もなし 1 からエルテル, に一粒, に蒲鉾小屋, に頬辺, もなかっ

▼ 機會さ~ (7, 0.1%)

4 へあれ 1 へない, へ來, へ嬉しく

▼ 機殿~ (7, 0.1%)

51 というもの, を建て

▼ 機編隊~ (7, 0.1%)

1 がうつっ, が北北東, で飛ぶ, の, のまつ, の攻撃機, はあっという間に

▼ 機~ (7, 0.1%)

1 で箱根町, に乗った, に乗り, の影, の桟橋, は渚, は速力

▼ 機おり~ (6, 0.1%)

1 は女子, 唄の, 場, 女は, 姫, 物

▼ 機からは~ (6, 0.1%)

2 レコードの 1 わが空, 塩田大尉が, 特別公示事項の, 絶え間なく

▼ 機とか~ (6, 0.1%)

1 何とか云う, 信号器とか, 山岳地の, 敵機を, 糸繰りとか, 送信機が

▼ 機また~ (6, 0.1%)

2 一機 1 つづいて, 一機くるり, 一機ふと, 一機降下を

▼ 機~ (6, 0.1%)

1 ではある, るといふ, わるという, 死や, 死也全機現, 生死に

▼ 機~ (6, 0.1%)

3 な有 1 ないわゆる, な一つ, な世界自身

▼ 機~ (6, 0.1%)

1 一号, 一号と, 一号ニ乗リ今, 二号, 五号は, 四号機は

▼ 機關兵~ (6, 0.1%)

1 が三時間, が色硝子, の一人, の事, の姿, は機關室

▼ 機關銃~ (6, 0.1%)

1 の主人, の音, の餌食, やタンク, を撃つ, を放ち

▼ 機附馬車~ (6, 0.1%)

2 を駆っ 1 がもう, でやって来た, は裁判所長, や一向

▼ 機だった~ (5, 0.1%)

1 か松陰先生, がもうどう, といっ, のである, ので土蔵二階

▼ 機とが~ (5, 0.1%)

1 何處に, 対面した, 据えて, 見えた, 飛び上って

▼ 機との~ (5, 0.1%)

1 中間みたいな, 単調な, 空中戦は, 間に, 間へ

▼ 機とも~ (5, 0.1%)

1 なつた, なること, に廃れ, 呼んだキリスト, 知れずさまざま

▼ 機などの~ (5, 0.1%)

1 一組を, 出来たの, 大きな機械類, 設計と, 設計図の

▼ 機によって~ (5, 0.1%)

1 そのたび, 人の, 安全なる, 敵に, 運転され

▼ 機みたい~ (5, 0.1%)

2 なもの 1 です, な何, につかっ

▼ 機仕掛け~ (5, 0.1%)

1 があっ, になっ, に弾, のよう, の煙草

▼ 機六機~ (5, 0.1%)

1 が勿来関, が自分, の爆音, の落した, は揚子江

▼ 機~ (5, 0.1%)

1 にたずさわっ, に多忙, に応ずべき, を処理, ヲ蠧害シテ

▼ 機問題~ (5, 0.1%)

1 がこじれよる, で三菱本社, の余波, の複雑怪奇さ, は簡単

▼ 機回り~ (5, 0.1%)

4 の車 1 の荷車

▼ 機来襲~ (5, 0.1%)

2 を刻々, を報じ 1 の時

▼ 機熟し~ (5, 0.1%)

1 ておのずから, てか吹く, て天公, 時來れる, 時来れる

▼ 機~ (5, 0.1%)

2 の中 1 で独り, の戸, へかくれた

▼ 機~ (5, 0.1%)

1 ことごとく敵, にかなう, に富み, は非常, を錬る

▼ 機道具~ (5, 0.1%)

1 に似た, の縁, をもっ, を持っ, を海中

▼ 機關室~ (5, 0.1%)

1 からの熱い, からの蒸氣, とは此艇, に働く, を護り

▼ 機關砲~ (5, 0.1%)

1 が時々, でやられ, より彈丸, を熾, を覗い

▼ 機たる~ (4, 0.1%)

1 こと勿れ, に止まらん, 善凡夫な, 悪凡夫

▼ 機である~ (4, 0.1%)

1 が空中戦, とそこで, とも考えられる, と云う

▼ 機などが~ (4, 0.1%)

1 うるさく攻め, その機械, シンガポールから, 聳えて

▼ 機なら~ (4, 0.1%)

1 この前, だいじょうぶでしょう, ば素懐, 時速は

▼ 機ませ~ (4, 0.1%)

2 て尋ねました 1 て倒, て又もや

▼ 機みか~ (4, 0.1%)

1 それとも天, で逃げ, 一寸先生, 吃逆

▼ 機を通して~ (4, 0.1%)

1 流れ出る声, 聞きながら, 聞きなれない男, 聴えて

▼ 機一機~ (4, 0.1%)

1 が一直線, が偵察飛行中, は行方不明, 同じ間隔

▼ 機~ (4, 0.1%)

1 によること, はどんな, も理由, をつくった

▼ 機~ (4, 0.1%)

1 が急, で界磁抵抗器, はそのまま, へ入った

▼ 機山大居士~ (4, 0.1%)

1 が託し向けられた, とはおそるべき, と存ずる, の御

▼ 機撃墜~ (4, 0.1%)

1 したか, だ, の, のとき

▼ 機~ (4, 0.1%)

1 の麻布, は, はすっかり, はわからん

▼ 機~ (4, 0.1%)

1 がのうて, がよく, に視る, のある

▼ 機襲来~ (4, 0.1%)

1 すべしとだけ, だぞ, なん, を報告

▼ 機逸すべからず~ (4, 0.1%)

1 とあたり, となし, と同地, と彼

▼ 機關手~ (4, 0.1%)

1 が金槌, と, の眼, は

▼ 機關紙~ (4, 0.1%)

2 たる 1 は八月, をし

▼ 機~ (4, 0.1%)

4 に身

▼ 機あら~ (3, 0.0%)

1 ばあらわれ, ば何国, ば彼ら

▼ 機あり~ (3, 0.0%)

1 て人, 工作塲には, 都市防衛電気網あり

▼ 機かけ~ (3, 0.0%)

2 に手綱 1 をつける

▼ 機からの~ (3, 0.0%)

1 ものらしく, 報告, 落し物であろう

▼ 機さま~ (3, 0.0%)

1 が生き, と私, の家

▼ 機しか~ (3, 0.0%)

2 知らないが 1 ないのに

▼ 機それ~ (3, 0.0%)

1 でよろしい, による変, に噛まれる

▼ 機といふ~ (3, 0.0%)

1 のは, もので, ものは

▼ 機とに~ (3, 0.0%)

1 まもられまた, もはや相応, 相応する

▼ 機なし~ (3, 0.0%)

1 でもちろん, でも出すべきであった, とせ

▼ 機などを~ (3, 0.0%)

1 いじって, 用いて, 肩に

▼ 機なりと~ (3, 0.0%)

2 此に 1 なし厭

▼ 機について~ (3, 0.0%)

1 二三訊ね, 何の, 何も

▼ 機にも~ (3, 0.0%)

1 かからずとなり, ピンから, 手入れを

▼ 機による~ (3, 0.0%)

1 ものは, 北極突進は, 直流高圧で

▼ 機ほど~ (3, 0.0%)

1 ものすごいスピード, 同じコース, 房総の

▼ 機まで~ (3, 0.0%)

1 ブン擲っ, 伊沢は, 射ち落されて

▼ 機みと~ (3, 0.0%)

1 でも言う, なって, はいい

▼ 機よりも~ (3, 0.0%)

1 反つて彼, 大きな音, 正確な

▼ 機らしい~ (3, 0.0%)

2 のが 1 ものも

▼ 機を以て~ (3, 0.0%)

1 して, 天を, 律すべきに

▼ 機~ (3, 0.0%)

1 同調周波数ヲ, 大編隊, 音響ヲ

▼ 機一反~ (3, 0.0%)

1 のかわり, の着物, はむつかしい

▼ 機二機~ (3, 0.0%)

1 と海, ヲ南方ニ, ヲ遂ニ南方ニ

▼ 機以上~ (3, 0.0%)

1 だなんてね, の重, 出来上ったら恐らく

▼ 機及び~ (3, 0.0%)

1 刈取機, 印刷機附屬品を, 後方に

▼ 機~ (3, 0.0%)

1 の響, は他, を聴く

▼ 機盗んだ~ (3, 0.0%)

1 こと後悔してる, と白状, 人の

▼ 機結び~ (3, 0.0%)

2 にした 1 だったこと

▼ 機關新聞~ (3, 0.0%)

1 が出る, で猛烈, を起し

▼ 機隊長~ (3, 0.0%)

1 としての述懐, になりすました, をし

▼ 機~ (3, 0.0%)

1 がやんだ, とんとん桜, は村一番

▼ 機あらん~ (2, 0.0%)

1 ことを, 近日拝面おわび申す

▼ 機ある~ (2, 0.0%)

1 可く, 独仙君とは

▼ 機あれ~ (2, 0.0%)

1 ば先ず, ば彼等

▼ 機~ (2, 0.0%)

1 ほどかなれど, 経に

▼ 機きたれり~ (2, 0.0%)

2 とばかりその

▼ 機~ (2, 0.0%)

2 んよく

▼ 機こそ~ (2, 0.0%)

1 よしと, 来たれ

▼ 機~ (2, 0.0%)

2 しらえ

▼ 機~ (2, 0.0%)

2 へあれ

▼ 機すでに~ (2, 0.0%)

1 決した後, 遅しである

▼ 機そっくり~ (2, 0.0%)

1 の頑固, 持って

▼ 機そのもの~ (2, 0.0%)

1 が上, も幾分

▼ 機その他~ (2, 0.0%)

1 でも既に, の器具必要品

▼ 機だけが~ (2, 0.0%)

1 こ, 機首を

▼ 機だって~ (2, 0.0%)

1 半機, 向うの

▼ 機~ (2, 0.0%)

1 かけから, 女の

▼ 機つき~ (2, 0.0%)

1 のかなり綺麗, の馬車

▼ 機であっ~ (2, 0.0%)

1 てさて, てちょうど

▼ 機であった~ (2, 0.0%)

1 ことが, のです

▼ 機であり~ (2, 0.0%)

1 又内燃機関, 煙草キャラメル押出機でも

▼ 機であろう~ (2, 0.0%)

1 かと考えた, とその

▼ 機でなく~ (2, 0.0%)

1 ても中波程度, 博奕の

▼ 機としても~ (2, 0.0%)

1 組立てられるし, 話し合いたいと

▼ 機なく~ (2, 0.0%)

1 候処, 座へ

▼ 機などに~ (2, 0.0%)

1 とりつき指, 仰天し

▼ 機なる~ (2, 0.0%)

1 ことが, この機械部分

▼ 機なんて~ (2, 0.0%)

1 あるかよ, 先から

▼ 機にかけて~ (2, 0.0%)

1 ホテルの, 織って

▼ 機によ~ (2, 0.0%)

1 つてひそかに, つて聞かれた

▼ 機に対して~ (2, 0.0%)

1 性能ともに, 自然に

▼ 機~ (2, 0.0%)

1 ないとき, ない心持

▼ 機みか袂~ (2, 0.0%)

1 が触っ, が觸つて一基

▼ 機みで~ (2, 0.0%)

1 こんなこと, 新吉の

▼ 機もの~ (2, 0.0%)

1 が他, の味い

▼ 機やが~ (2, 0.0%)

1 放逐されなかつたら, 發明された

▼ 機をも~ (2, 0.0%)

1 剰すところ, 打棄てつ

▼ 機~ (2, 0.0%)

1 だから, だので

▼ 機一台~ (2, 0.0%)

1 であります, をさらっ

▼ 機一号~ (2, 0.0%)

1 の操縦者, を操縦

▼ 機一髪~ (2, 0.0%)

1 と云う, を仕損じた

▼ 機乗ずべし~ (2, 0.0%)

1 とそっと, となし

▼ 機乗り~ (2, 0.0%)

1 の勇士, の大

▼ 機会社~ (2, 0.0%)

1 があった, の主人

▼ 機八機~ (2, 0.0%)

1 に向かっ, 現わる

▼ 機公論~ (2, 0.0%)

1 に決すべし, の間

▼ 機到っ~ (2, 0.0%)

1 ておのずから, て塾柿

▼ 機妙算~ (2, 0.0%)

1 さすがの, なりと

▼ 機~ (2, 0.0%)

1 が控え, に用

▼ 機帰還~ (2, 0.0%)

1 せず, せずなんて

▼ 機建設~ (2, 0.0%)

1 が中止, の反対運動

▼ 機心敏慧~ (2, 0.0%)

1 なる此党情, なる此黨情

▼ 機数十台~ (2, 0.0%)

1 が押し寄せ, を落し

▼ 機未だ~ (2, 0.0%)

1 熟さず, 發せず

▼ 機~ (2, 0.0%)

1 さえ相応, だのと云

▼ 機~ (2, 0.0%)

1 しけん或は, するを

▼ 機熟さず~ (2, 0.0%)

1 と見, 諸州の

▼ 機~ (2, 0.0%)

1 で口, も巧

▼ 機~ (2, 0.0%)

1 になる, に茂る

▼ 機発する~ (2, 0.0%)

1 のは, 平青眼

▼ 機百九号~ (2, 0.0%)

1 だね, です

▼ 機~ (2, 0.0%)

1 に尠少, を携え

▼ 機~ (2, 0.0%)

2 に近づける

▼ 機~ (2, 0.0%)

1 に恐ろしい, の扉

▼ 機自身~ (2, 0.0%)

2 に固定

▼ 機至る~ (2, 0.0%)

1 時には, 時は

▼ 機船底曳網~ (2, 0.0%)

1 の横暴取締り, の総

▼ 機~ (2, 0.0%)

1 と, 踏む

▼ 機~ (2, 0.0%)

2 が忙しく

▼ 機關名~ (2, 0.0%)

1 と人, と括弧

▼ 機關學校~ (2, 0.0%)

1 の職, の言

▼ 機雁行~ (2, 0.0%)

1 のその, の隊形

▼1* [487件]

あってのもの, 機あまりは雲, 機あらざるべき実を, 機あるいはそれ以上では, 機あるべきことを, 機あるべし我徒らに, 機はゆる, 機いただくわ, 機いたれるをみ, 機いまだ熟さなかった, 機いよいよ迫る, 機うちをし, 機うんとこさ書籍, 機ええグラマン一機鹿屋上空, 機おとせば二千円, 機おる時に, 機かい的な調子, 機かとひそかに, 機からもたらたらと, 機かを彼等全部の, 機がどもつてゐる, 機がはなれば, 機きほひし江南の, 機くらいもあるかな, 機くるりと翼さばき, 機ぐらいで十分な, 機ぐらいはいるよう, 機ぐらゐ持つてない奴, 機けだし進むは, 機よいは, 機この機に, 機こんなに優秀な, 機しののめに, 機じっとにらみあった, 機じゃア郡役所の, 機すぐさまロケットの, 機ずつ二組の, 機そのときに, 機その他參考せる蘭書等, 機その他種々なガラクタ様, 機そりゃいいサ, 機それから昇降機などの, 機ただ一機がもうぜんと, 機だけのためでは, 機だけはそのままに, 機だったらしいや, 機だの五百機だ, 機づゝゆらりと翼をひる, 機ふ者, 機でありましょうか, 機であるべき新聞が, 機でございましょう下に, 機でしたことが, 機でしたらう一人の, 機でしたろう一人の, 機でしょうかそれ, 機ですか, 機ででも運転さす, 機といったということが, 機とてもなく古今, 機とで操作する, 機とでもいうよう, 機とばかりまわりに, 機どこそこを発った, 機なきは昭代, 機なぞの交通機関の, 機などから一転し, 機などではとてもスピード, 機などという文明の, 機などとともに急速に, 機などはありませぬ, 機などももとは, 機ならず辛くとも, 機なりと彼, 機において時宗と, 機における現象は, 機にか候ひ, 機にだけやる, 機についての思い出は, 機にてできるもの, 機にと四方田政孝が, 機にともつけ加えて, 機にのつたが, 機にははと笑った, 機により興会し, 機によりて悉く削り取り, 機によるという横浜市の, 機にわあっという, 機に対し何の, 機に対する発砲事件を, 機に際し親愛なる, 機のけふもまた, 機のこった第十三号機, 機のみであった, 機のよこに, 機のりの兵隊サン, 機はしり大略は, 機はどないしとる, 機はね特別の, 機ははああいつ, 機はや熟してぞ, 機ばかりを窺って, 機ゅーんとか, 機ふと目を, 機ほどの長さ, 機つち, 機まぎれこんで来, 機までに熟して, 機までの共同参加を, 機までは手が, 機までも設計する, 機みかまんまとかれ, 機みかポオルが外れ, 機みか友達は足, 機みか揚板が外れ, 機みか教壇がドカン, 機みか橋から滑り落ち, 機みか氷はばり, 機みか甥の投げた, 機みか間違つて窓枠に指先, 機みたような, 機みだからどうも, 機みであり跳躍の, 機みでなくて人, 機みと居合いとで逆手, 機みません事でございます, 機み過ぎない程度の, 機む処から小宮山, 機む感覚に耐, 機うまくにげやがった, 機もうもうたる火焔に, 機もがなあれか, 機もし現れるならばと, 機もなほされました, 機やら吹矢やら, 機己だって, 機よくも朝鮮政府の, 機よりは少いので, 機せた裂地, 機らしきものから, 機らしくわが隊, 機われの信ずる, 機をがちゃ, 機をとほして, 機をのみ待って, 機をば花弁の, 機をもって現地を, 機をや失ひし, 機を通じて聞えたの, 機んでお酒, 機カタパルトから発射, 機カーチス機ダグラス機こんなに優秀, 機ガアルノヲ御存ジデスカ, 機ゲンヲ取, 機ダグラス機こんなに優秀, 機映写幕上ニ写シ出ス乗組員ニ注意, 機トシテ國家ガ收得ヲ計, 機ト変リハナク携帯ニモ便利デアル, 機ドルニエ・メルクールに乗じ, 機ニ三〇三地点ニ達セルモ敵機ヲ発見スルニ至ラズ, 機ニ二三〇三地点ニ達セルモ敵機ヲ発見スルニ至ラズ, 機ハレンズガ暗ク, 機ハ何処ヨリ手ニ入レタルヤ, 機ハ高角砲ニヨリ粉砕シ他ノ一機ハ海中ニ墜落セシメタリ, 機ラジオでうるさい, 機ヲシテ怪飛行機ヲ追跡セシメタリ, 機一つで山河, 機一個不足とか生後十七年, 機一挺と鉄砲十何挺, 機一新の朝廷, 機一機墜落大破なお偵察機一機, 機一発伊公の著名, 機一臺くらゐは, 機七十機を, 機七機と見事, 機万年筆四本等をもっ, 機三十台及び空中給油機六台, 機三十台戦闘機三十台及び空中給油機六台, 機三十機は隊形, 機三台に対しこっち, 機三機火のかたまり, 機三遷の話, 機不足のため, 機丘すれすれに爆音, 機両翼張り大き安ら, 機中六百台の偵察機, 機中錦字若無, 機中隊長の第, 機乃ち我れと, 機九機よりなる, 機二個及び電流, 機二十五銭でナア, 機二千機そりゃいい, 機二台を引率, 機二機カタパルトから発射, 機二機空中衝突して, 機二百機があかつき, 機五十八機を撃墜せり, 機五千機にならない, 機五台到着した, 機五機と隊, 機五機七機と見事, 機五機戦闘機十四機を随行, 機今や熟し義元, 機今日にあり, 機代りに役者, 機という者, 機何學的構成だとか, 機入ってき, 機入り口におお, 機機で, 機全体にスイッチ, 機八十圓等を込め, 機六十機編隊が北北東, 機六台より編成, 機六台攻撃機十五台偵察機十二台戦闘機十二台合計四十八機よりなる, 機六機ヲシテ怪飛行機ヲ追跡セシメタリ, 機共に三百七十五馬力の, 機兼植字機その他參考せる蘭書等, 機出動です, 機出発して, 機ではなかなか, 機到り縁熟せる, 機到れば築地小劇場, 機到れりと諸, 機到着といふ, 機制は数千年来働いて, 機制定の話, 機に虎, 機力發動を用言, 機もすれ, 機十二台合計四十八機よりなる, 機十二台戦闘機十二台合計四十八機よりなる, 機十五台偵察機三十台戦闘機三十台及び空中給油機六台, 機十五台偵察機十二台戦闘機十二台合計四十八機よりなる, 機十八機を射ちお, 機十四機を随行, 機十数機を射, 機半機といえ, 機又は製材所を, 機その附属品, 機及ビ受信機ヲ建造セルナリ, 機反対を強硬, 機只今九十九里海岸片貝町の海上, 機右翼と左翼, 機司令です, 機司医博を談らつて, 機活字字形數千の, 機がまだ, 機同じ間隔を, 機であるが, 機向こうの岩陰, 機咄吾這宝剣仏祖共殺, 機に操縦桿, 機反半掛, 機四機ヲ発見セリ, 機回転をあげろ, 機場内の空気, 機場所へ売り出す, 機墜落大破なお偵察機一機, 機の中, 機壊されそうに, 機壺長靴陶製食器といったもの, 機変圧器配電盤何時も見馴れた, 機変妙勝の胆略, 機変転を経る, 機変通のある, 機外すことなかれ, 機の明けぬ, 機夢遊する生命, 機大小幾つかの銅製シリンダア, 機大用に於, 機天皇の直裁, 機天秤バロメータなんぞが歯医者, 機や縫工女たち, 機は織り止めず, 機学校に学んだ, 機官丈けを切り離し, 機射ちおとされたのだ, 機運は, 機小機を平然と, 機から瓦斯, 機屯田兵常備の乗, 機山信玄である, 機山卑怯なるぞ, 機山大居士信玄の威風, 機山大居士武田信玄の孫, 機山閣寺町の南北社, 機工事が着々, 機の空, 機帶形鋸機のほとり, 機鉋盤鑽孔機の, 機の番頭, 機に長い, 機式船首船尾に三層, 機影観測が困難, 機影高度八千メートルくらいかなあと思っ, 機を圧し来る, 機從つて過去と將來, 機一名二銭と, 機必死の猛, 機応自由の中, 機なるに, 機という全体原理, 機の蜻蛉, 機戦術で有名, 機戦車が五十輛, 機戦闘機十四機を随行, 機戦闘機数機を出動, 機投弾火事だ火事, 機拝むと人々, 機持ったはン, 機持っとるさかいこんな, 機指紋をしらべる, 機据ゑて紫の, 機だ, 機携帯でほか, 機敏く立ち廻らなければ, 機れぢ, 機数台が, 機数機を出動, 機整備の縮小, 機は十二機, 機明察とうていわれら, 機是非とも一手, 機時代に女眞, 機時幻灯機械があったら, 機暖房と炊事, 機最後までがんばっ, 機會ニ投ジ自然ニ發動スル者ナル所ニ才ト云フ者ノ知ラズ識ラズ其局部ニ覺アルガ如シ, 機會均等を許さる, 機會均等主義を適用せり, 機會螽を喰, 機望遠鏡顕微鏡哲学的器械装置電気機械空気喞筒等いずれもこの, 機木更津から飛びあがっ, 機机卓牀几というよう, 機条竿が幾日, 機てあすこ, 機栄三郎の刀, 機の声札, 機械及附属品販売業並にフィルム現像, 機権現ととなえ, 機削機, 機と書い, 機機械の様, 機機関車救命船掛け時計農作機械度量衡地図海図その他当時の日本, 機の聲, 機に熟す, 機死にものぐるいの逆襲, 機殿神服社是也然後, 機母艦と同じ, 機の氷結, 機は積み, 機波形切断機と蓋, 機浅くして, 機よりも青い, 機漂流気球に近づいた, 機気試験機が, 機漸く熟して, 機のかたまり, 機縫の, 機片桐少佐は最後, 機猟犬のよう, 機瓶入りの液体空気, 機を備え, 機田舎では大きな, 機疾患の診断, 機疾風暗黒の夜, 機発人に比する, 機発動の期, 機発如意なる自, 機発明の苦心談, 機発明以来別して遠方, 機の状, 機百台トラックポンプエレヴェイター起重機各五千, 機的世界の諸, 機的日本の解剖学, 機的有機体日本が最も, 機的自然観を参照, 機皆みずから当り臣天命, 機目的は之, 機真理と現実, 機の句, 機でもカ子ー砲, 機砲霹靂砲子母砲, 機硝子製造これら悉く財力, 機碎砂機を具, 機種類かの, 機積むことに, 機を昼間, 機空中衝突して, 機空気検査機などがその, 機空襲も片づきましたる, 機の直, 機立てて綾錦, 機等若干の損害, 機をかえる, 機結びだつたことなどが咄嗟の間, 機総て侯の指導, 機になつて, 機縁曲機罐巻締機漏気試験機, 機て侯, 機罐巻締機漏気試験機, 機罐巻締機空気検査機などがその, 機罐縁曲機罐巻締機空気検査機などがその, 機がどこ, 機翼全体に拡がる, 機聴けばこもごも, 機肉弾となっ, 機胴付機縁曲機罐巻締機漏気試験機, 機胴付機罐縁曲機罐巻締機空気検査機などがその, 機腐敗して, 機をさすっ, 機から投ずべし, 機の上, 機ひ降りる, 機船会社の貯油倉庫, 機船隊が近づい, 機蓄音機機関車の模型, 機に身, 機とでも申すべき, 機装置の方, 機製作工場に出, 機製造業者はこの, 機ユ, 機設置の議, 機はヰタリスム, 機説法ということ, 機の花見, 機を拝見, 機謀権略反間苦肉有ゆる辣手段, 機謀縦横に悪戯, 機警戒の飛行, 機買っていい, 機賃発着飛行場と市内空中館間, 機購入などとんでも, 機追撃だと, 機脱して, 機通信の免状, 機通風機を総動員, 機逸し給うなかれ即ち, 機遞進機の働, 機那塩即ちキニーネ, 機重機の呻き, 機を蔵, 機銃座へつけ, 機鑿孔機机卓牀几というよう, 機關これらの意味, 機關たるに過ぎざる, 機關ハ日本内地ノ改造ニ經驗, 機關ヲシテ土地資本財産ノ調査徴集ニ當ラシム, 機關ヲスラ私人ノ私有タラシメテ, 機關中尉になり, 機關士の方, 機關室見學を許し, 機關少尉が三人, 機關手其他一團の賤劣, 機關江戸三度と稱, 機關砲之を撃つ, 機關砲四門あるです, 機關等の文字, 機關組織運動等は是, 機關車ホヰツツル式大砲等があつ, 機關部に隣接, 機關部點檢などはそんなに, 機關釜もどこ, 機關銃隊日毎とどろかす地響, 機關長日露戰爭のとき艦, 機關髮を容れざる, 機附屬品をふくまず, 機降り来ってバクゲキ, 機降下を始めた, 機険鋒を以て徐に, 機隊員終戦で満, 機集っている, 機電信機などの設計図, 機電磁気廻転復氷種々の化学上, 機実五符五勝, 機露呈するとき, 機頭上に姿, 機頭上通過大丈夫出て, 機食糧庫弾薬庫もその, 機駐屯所を持つ, 機に黒く, 機體説ヲ深遠博大ナル哲學的思索ト宗教的信仰トニヨリ發現セシメタル, 機高崎と熊谷, 機ES一〇一号は荒れ