青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「樽~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

横~ 横たわっ~ 横浜~ 横町~ ~横顔 横顔~ ~樹 樹~ ~樹木 樹木~
樽~
~橋 橋~ ~機 機~ ~機会 機会~ ~機嫌 機嫌~ ~機械 機械~

「樽~」 1724, 19ppm, 6166位

▼ 樽~ (392, 22.7%)

7 は, は思はず 6 の悴, の細君, は思 5 であつ, の部屋 4 の, の亡父, の家, はもう, は胸 3 の友達, の頭, はそんな, は何, は自分

2 [25件] が, が母, だつて, にそんな, にとつて, には何, の妻, の眼鏡, の祖母, の胸, の顔, はこの, は今, は声, は始終, は彼等, は悲し, は感心, は此処, は滝, は町, は眼, は稍, は青野, は鴎丸

1 [265件] から聞いた, がうつかりと, がそつ, がそんな, が云, が何時, が口, が囃子方, が奇妙, が子供, が実父, が年寄, が強い, が当惑, が彼, が悉く, が昨日, が木立, が未だ, が案じ, が案内, が目, が真実, が窓掛, が聞き, が自由結婚, が近頃, が酒, が顔, が駆け, こそは実現, であるが, で執達吏, としても紹介, との思ひ, と口, と町, と結婚, と話, にあの, にとつて此, にはもうこ, にも, にヤウ・ハウ・ヘツヴ・ハウ, に何, に口, に告げた, に命じた, に対して吾知らず気の毒, に床の間, に拳, に母, に水, に滾した, に特別, に里程, のところ, のほんの, のやう, のアポロ, の一刹那, の丘, の全身, の前, の可笑し, の同級生, の喉, の声, の女房, の存在, の家庭, の念願, の思ひ, の惨めさ, の意志, の感情, の手触り, の机, の来, の枕元, の母, の熱, の父, の眉, の空想, の窓, の筒, の義憤, の袂, の見知らぬ, の言葉, の読書, の返事, の門下, の面, の音声, の鼻, はあれ, はいつ, はいつの間に, はいつも, はうすら寒い, はうつむい, はおや, はこ, はさつ, はし, はすゝ, はそちら, はた, はたつた, はにわかに, ははにかみ, はまぶし, はオペラ, はギョツ, はギヨツ, はゾーツ, はハーモニカ, はペン, は一寸, は一層, は一言, は一週間, は三十分, は上向け, は不, は主, は二階, は云, は今更, は仕事, は低い, は何となく, は信じ, は兵隊, は其処, は冬子, は別, は反射的, は口ごもつた, は古い, は吃驚, は吐息, は告げた, は呟いだ, は周囲, は和文, は坐り, は大, は寝台, は屡々, は屹度, は川向, は平気, は年寄, は庭, は強い, は得意, は心臓, は必ず, は思つて, は思ひ出す, は悦ん, は悲しい, は悲しく, は感覚, は懐中, は手紙, は折角, は改, は斯, は斯ん, は明らか, は昼夜, は普段, は晴れた, は晴天, は暗闇, は書棚, は有耶無耶, は様々, は欄間, は此頃, は殆ど, は母, は永い, は汗, は浜人, は湿つ, は満腔, は滞在者, は漁夫達, は点頭い, は点頭いた, は煙草, は煮え, は用, は異人嫌ひだ, は異様, は直ぐ, は真, は真に, は眠気, は知つて, は知らなかつた, は祖母, は突きつけられた, は窓, は窓掛, は立どまつ, は立場, は籐椅子, は細君, は聞い, は聞いた, は肩, は背中, は自責, は若し, は蔭, は蚊, は表紙, は見, は見た, は見られなかつた, は見向き, は親父, は詠嘆, は説明, は軽い, は辻妻, は退屈, は遂, は運送船, は酒, は酔つて, は醒め, は醒めきらない, は釣床, は閉口, は隅, は隣り, は雨さ, は電気, は顔, は風, は驚いた, は鸚鵡返し, は鼻, も堪らなく, も愛想, も朧気, も気分, も胸, より他, を厭, を呼び返し, を意味, を持ち出し, を救け, を救け降した, を見, を訪れ, を部屋

▼ 樽~ (349, 20.2%)

21 中に 20 ような 17 ように, 上に 13 中の 11 中へ 10 やうに 6 やうな, 中から, 中で, 中には, 鏡を 5 口を, 酒を 3 上で, 上の, 方へ

2 [18件] かげから, かげの, 上でも, 上へ, 中です, 佳い酒, 呑口を, 山を, 横に, 毒の, 毒薬が, 毒藥が, 滝の, 縄を, 船長, 葡萄酒を, 行方が, 間を

1 [155件] あきで, あること, ある部屋, うしろに, うしろや, うしろを, うじ虫を, うち二三本を, お代を, お父, かがみを, かくれ家, かげで, かげに, かげへ, ごとく大きな, そばや, ために, てっぺんの, ところへ, ところまで, なかから, なかに, なかの, なかへ, も, やうで, やぶれも, セメントに, パンを, ビールの, 一つに, 一樽くらゐ, 三ツ目入道裸の, 上から, 上には, 中, 中からでも, 中が, 中だ, 中へと, 中を, 中一つでも, 二つ三つある, 代り目で, 余も, 佳酒, 価七八円の, 価最上の, 倒れる音, 側板に, 傍へ, 傍らに, 傍を, 前に, 労働者達が, 口から, 口の, 口栓の, 吹き直しは, 呑口から, 呑口の, 周囲に, 味噌は, 外へ, 大根おろしの, 太え, 奈良漬が, 奥遠く, 如く地, 小さい穴, 尻を, 山が, 底が, 底でも, 底に, 底の, 底三枚の, 引火なんて, 形を, 怪物が, 手紙が, 押し石を, 数を, 方に, 明いて, 最早一個, 有様を, 木地と, 栓が, 栓ぬき, 栓は, 栓を, 梅干みたいに, 楽しみの, 横腹を, 歌, 歌で, 死体を, 毒薬から, 毒薬の, 毒薬は, 毒薬を, 毒藥から, 毒藥の, 毒藥は, 毒藥を, 水も, 水中に, 注口, 流失した, 清酒を, 滝と, 滝へ, 煙突から, 煙突の, 爆ける, 甘酒が, 用意を, 破片に, 積まさっ, 空虚と, 糠加減を, 紛失これが, 繩を, 美酒と, 美酒を, 肉と, 肉を, 腰掛だ, 色から, 菊正喰べ, 菰等に, 葡萄酒の, 蓋を, 蔭から, 虚にな, 躑躅淋し, 転げるの, 運命に対して, 部屋に, 酒も, 酒既に, 野郎です, 鏡をも, 間に, 間へ, 陰には, 雑多な, 面を, 頭位の, 飲口から, 首を, 香が, 黴臭い戸棚

▼ 樽~ (215, 12.5%)

4 叩いて 3 持って 2 あけて, 一つずつ, 二つ乗っけ, 仕込んで, 抱えて, 置いたり, 背負って, 買って

1 [192件] あけたよう, あけるやら, あたかも野球, いくつか, いくつも, うち皿, おくばり, おして, おだし, おろして, かつがせては, かつぎこまれ目, くっつけて, くわえ込んだよう, ぐいとかしげ, ここに, これからあれ, これに, ころがし乍ら倉庫, ころがし出し石油, ころがし舗石, さげて, さげる, しばりつけて, そこへ, そして九〇〇磅, その階子, たおすよう, たたいて, つけて, つんだ舟, なげつけて, のこらず持って, はめこんだよう, ばたばたと, ぶらさげ提灯, もうけて, もらいました, やりつけて, よく気, セント・ジオジゲイネスの, デイオゲネス聖者の, ブランブランさせ, ブラ下げ, ポカンポカンと, 一パイに, 一本寄付し, 一梃持出し, 三本担ぎ込ませた, 上げた時, 下げて, 下ろして, 両手に, 両方から, 並べて, 二つすぐ, 二つずつ, 二つ一つは, 二つ乘つけ, 二つ載っけ, 五つも, 代えて, 倒しま, 入れたなどと, 入れて, 出す, 出ての, 前に, 割りて, 半分以上も, 取り上げそれから, 取り揃えて, 受取つて眺めました, 叩いた, 叩きこわして, 叩く者, 叩く音, 叩けば声, 右手に, 圍爐裏の, 埋めたのに, 塾に, 売るの, 夢見よ, 幾つも, 庭へ, 廻転さした, 弁当箱の, 張子で, 御神殿, 投げおろして, 投げて, 投り, 投り込む, 担いで, 拝借致します, 持たせて, 持ち上げちやう, 持ち出して, 持ち帰ったの, 持ち続けて, 持った下男, 持つ, 持出し毛布, 指さし私, 据え素ッ裸, 据え蜜蜂, 据ゑた家に, 据ゑ緋の, 携えて, 撃ち皿, 撲つて, 操縦し, 支えた壁体, 敲いて, 文七, 方々の, 早くも, 早速に, 枕に, 此處に, 武揚に, 殿庭に, 流させたこと, 滌いでいる, 片寄せて, 献上仕る, 玄関へ, 発して, 発し一杓, 発見した, 真面目かと, 私の, 積みさまざま, 積み込む, 積み重ねて, 積んだ貨物列車, 積んで, 空けに, 空け次, 空だろう, 立って, 籠細工で, 糠味噌桶に, 結ぶ技術, 結わえて, 置いて, 置きけり, 置き積み重った舗石, 背負て, 船から, 茶碗飲み, 草むらの, 荷車から, 虐待し, 見たこと, 見つけた, 見つけて, 見つけ出されたら大変, 買いこんで, 買い己, 買い込んだ翌日, 買う人, 買った家, 買った時, 買つて帰る, 買わせたが, 贈った, 贈ったの, 踏み台に, 踏臺に, 車力に, 転がして, 輪切に, 輸入しよう, 送つて, 配達し, 釣下げ, 開けた, 開けて, 開け夜光, 隠して, 離れて, 預けたという, 預けて, 頒ちもらっ, 食って, 飲ほし, 飾つた赤や, 馬の, 高く積上げ, 鯨に

▼ 樽~ (90, 5.2%)

2 いくつも, 現れて

1 [86件] あった, あったじゃろ, あって, あまりにガタガタ, あること, あるだろう, ある丁度, がたがた揺れる, ぐらぐらと, ころがされて, ころがし出されると, ずらりと並び, せめてくる, ちょこなんと床, つみ重ねられ更に, とびだしたの, どうして空, どうと, どこかに, なかったなら, はいるまでには, はじけて, ばっちゃ, ばらばらに, また他, まだ何, まだ四つ五つ, みえるよう, もうあと十個, わんさと, コロがっ, ゴロゴロ転がっ, テンコツさんからの, 一ついつでも, 一つその, 一つストーヴが, 一つ砂の, 一パイに, 一二〇〇磅以上に, 一本金八十円前後で, 三つのっ, 下げて, 並べて, 並んでる, 乾してあつ, 二つあとは, 二つも, 人も, 何万人の, 何本か, 何萬人の, 余りの, 先へ, 全部ロクに, 兩方に, 其一個でも, 到着し, 又橡, 四百四十八文上酒五升で, 太股が, 宙に, 幅を, 幾つと, 幾十と, 引火爆発した, 来て, 殺されちまったん, 渦巻の, 白木綿で, 盡く, 真っ先に, 私には, 積んで, 空くと, 空に, 空虚に, 等しく一, 終に軽々と成り放し, 置いて, 街路に, 見えてる恐るべき, 見えなくなって, 見世奥に, 載って, 運ばれた, 運ばれて

▼ 樽~ (86, 5.0%)

5 腰を 3 火を 2 つかまって, 居るん, 腰かけて

1 [72件] いっぱいはいっ, かけた片足, かけて, しが, しっかり縛り, しっかり身, すると, つかまつたと, つかまりました, つめられた, ぶっつかったもの, みんな封印しろ, もたせかけると, わざわざ火, ゐると, 一ぱい半ほどの, 一杯おます, 一杯の, 一樽贈っ, 乗りても, 二三杯も, 倚りかかっ, 入って, 入れて, 入れられ市場, 入れるほど, 入れ土中, 入れ釣り銭七円, 八人ゐる, 凭れて, 刀身を, 割れでも, 口を, 味噌を, 呼吸を, 塩漬けに, 塩漬した, 失望した, 密封され, 密封し, 封じて, 對し, 小さい煙突みたい, 幾つも, 投げかけたま, 揺れる勿体, 揺れる勿体ぶった泡立ちの, 来て, 板を, 気を, 添ひ, 滿され, 漬けて, 燃えつきそう, 目を, 着して, 穴を, 米を, 糠六升と, 縅した一騎, 縛り付けて, 縛り付けまして, 藁を, 詰めて, 詰め込んで, 貼るレッテル, 躓いたり, 近づけた, 通い帳, 酒を, 附着する, 雪が

▼ 樽~ (51, 3.0%)

3 お幾つ 2 ござい, 空に, 空にな

1 [42件] あなたの, いつの間にやら, ございと, ござい樽, ごろごろっと, すぐからに, そのころ, たつぷん, どうした, なおも上, ひょいと横, まだ海, みんななくなっ, むせび鳴りながら, よく空, 三十リットルである, 二十五リットルバレアールの, 二十六リットルピーター大帝の, 何だ, 何年もの間人目から, 何處へ, 十二リットルカナリーの, 十六リットルであり, 宙で, 幾年ぶりかで, 恐ろしくも, 扉の, 新川すじ, 既に呑み干し, 杉の, 棄て, 楽々と, 横に, 此方で, 町内の, 真白な, 私のです, 船が, 荷って, 酒樽, 長い煙, 随分思い切っ

▼ 樽ロケット~ (37, 2.1%)

7 の中 2 に乗っ, は海中, をのせた

1 [24件] が強力, が花, が隣り, が飛ん, であった, に塗っ, に腰, のまわり, の外, の外側, の室内, の操縦席, は, はすごい, はとびだした, は一つ, は何百万光年, は光, は暗黒, をしずか, をでる, をとばしましょう, をのせ, を進発

▼ 樽から~ (27, 1.6%)

2 手を

1 [25件] ことづかったよう, じかにコップ, すべり下りたが, でて, でなくっちゃ, なんか, ほとばしる液体, また同じ, ビイルを, 一升枡に, 下りて, 出して, 小さな木, 徳利の, 洩れそう, 白漬の, 直に生麦酒, 確かに, 移したよう, 箱が, 缶に, 脱け, 葡萄酒が, 酌いで, 錫の

▼ 樽~ (24, 1.4%)

2 同じ色

1 [22件] いったって, それから, それから数, コップの, ビスケットを, 一しよ, 一緒に, 並べて寝床, 呼んで, 屋根に, 干菓子一折り, 手桶を, 枕を, 段々に無法, 相前後, 石油の, 米一俵を, 舗石とだけで, 角力を, 買い込んでは, 雑多に, 鞄を

▼ 樽~ (18, 1.0%)

1 [18件] あつた, えびる, ぎっしりだった, 一つは, 一升持つ, 両方で, 取って, 取つて, 四五十本宛も, 埋って, 彼の, 来るから, 神主の, 窃み聞きした, 船長よりも, 身動きが, 酒を, 間に合わせて

▼ 樽~ (17, 1.0%)

2 走りアキレス

1 [15件] しっかり掴まっ, 一ぱい色々の, 二っつ漬けた, 入れて, 口を, 抛り投げた, 溜めて, 漬け込んで, 穴を, 腰を, 螂蛆と, 詰めて, 詰め換え, 詰込む所, 首を

▼ 樽~ (14, 0.8%)

2 の娘, は明樽買 1 えっ, お侍, かねえ, つたな麩味噌, て納屋, の世話, の岩田屋久八, へ彼, よ私, を呼ん

▼ 樽~ (13, 0.8%)

1 [13件] そのほか船, バケツの, レッテルを, 古箱等, 床几へ, 木の, 桶板などの, 玉川などの, 石油缶の, 私には, 笛擂り, 藁などが, 馬車の

▼ 樽~ (12, 0.7%)

1 [12件] あり石臼, あるん, あれば, そこへ, それぞれ特有の, 一つある, 出るて, 廻せば, 油じみ, 白丁も, 蔵って, 醤油も

▼ 樽神輿~ (12, 0.7%)

1 [12件] がまた, が掛け声, さては揃い, と衝突, にでも乗った, のうわさ, をかつぐだらう, を抛りだした, を抛り出し, を担ぎ廻っ, を揉ん, を舁いだ

▼ 樽屋さん~ (10, 0.6%)

1 いそがしい, が寺, が居た, が言, ずっと此方, にさう, の家, の組合, は毎日刻限, へはよく

▼ 樽ほどの~ (8, 0.5%)

1 大きな円い, 大きな圓, 大首, 巨大な, 棺桶で, 沢庵漬を, 海蛇が, 髪を

▼ 樽買い~ (8, 0.5%)

1 が来たら, が来たら呼ん, でございますが, と懇意, のお爺さん, の久八, の娘, の岩田屋久八

▼ 樽野さん~ (8, 0.5%)

1 が持つ, たらね, の, のおばアさん, のお母さん, はとても, は会, 呼んで

▼ 樽だの~ (7, 0.4%)

1 その他の, 七輪の, 古材, 桶だ, 漬物樽だの, 炭俵だ, 釣瓶だの

▼ 樽でも~ (7, 0.4%)

1 たたくよう, つけて, ないぢ, のみ込んだの, 倒したかの, 御所望次第, 瓶でも

▼ 樽みたい~ (6, 0.3%)

2 なもの 1 だけれど, なずんぐりもっくりなくせに, に出来, に転がった

▼ 樽~ (6, 0.3%)

1 が説明, が贋小判, のお, の持つ, は兩替仲間, へいっ

▼ 樽御輿~ (6, 0.3%)

1 がかつぎまわされ, が担がれた, だ, をとりまい, を担い, を揉ん

▼ 樽~ (6, 0.3%)

1 がどうか, で, とか云う, はちと, は妙, は振ってる

▼ 樽~ (5, 0.3%)

1 だめに, 何かでも, 函館から, 木箱の, 菜漬樽にでも

▼ 樽~ (5, 0.3%)

1 とよ, な, の, のが, もっと道具

▼ 樽ほども~ (5, 0.3%)

1 あった, ありました, ある大きい, ある岩, ある心臓模型

▼ 樽ちゃんと~ (4, 0.2%)

1 いい豆, 大石君が, 豆ちゃんが, 豆ちゃんと

▼ 樽という~ (4, 0.2%)

1 ところを, のは, ものの, 樽缶という

▼ 樽ほど~ (4, 0.2%)

1 あって, あつらえて, ある機械人間, な大蛇

▼ 樽みこし~ (4, 0.2%)

2 夕かげに, 山の

▼ 樽より~ (4, 0.2%)

1 とおも, まだ少し大きい, 他には, 半ポンド詰に

▼ 樽ロケット艇~ (4, 0.2%)

1 にのっ, の操縦席, はどこ, は気持

▼ 樽天神~ (4, 0.2%)

2 を極め込ん 1 をきめ込ん, を担ぎ廻ります

▼ 樽~ (4, 0.2%)

1 の井戸, の子房, の煙出し, の花

▼ 樽拍子~ (4, 0.2%)

2 の音 1 が唄, はますます

▼ 樽程の~ (4, 0.2%)

2 白蛇が 1 大蛇が, 蜂の巣が

▼ 樽野達~ (4, 0.2%)

1 が青野, と往来, は, はそんな

▼ 樽ごと~ (3, 0.2%)

1 お酒, 抱えて, 持って

▼ 樽には~ (3, 0.2%)

1 レッテルも, 濁つたやう, 酒も

▼ 樽にも~ (3, 0.2%)

2 たれて 1 劣る

▼ 樽一本~ (3, 0.2%)

1 でおしまい, を工面, を金四十円

▼ 樽太鼓~ (3, 0.2%)

1 のみ静か, の鳴る, を中

▼ 樽~ (3, 0.2%)

2 の間 1 を繞

▼ 樽~ (3, 0.2%)

2 にし 1 にした

▼ 樽野君~ (3, 0.2%)

1 が好から, に仕様, は土地

▼ 樽お送り~ (2, 0.1%)

1 申しあげましたところ, 申し上げましたところ

▼ 樽くら~ (2, 0.1%)

1 ゐの, ゐは

▼ 樽さげ~ (2, 0.1%)

1 て, て来ない

▼ 樽した~ (2, 0.1%)

1 五名の, 妻君達は

▼ 樽だけ~ (2, 0.1%)

2 であと百樽

▼ 樽ちゃん~ (2, 0.1%)

1 は生まれ, も並ん

▼ 樽です~ (2, 0.1%)

1 か, からね水

▼ 樽とめ~ (2, 0.1%)

2 てとまらぬ

▼ 樽とを~ (2, 0.1%)

1 さげる從弟, 差出した

▼ 樽などが~ (2, 0.1%)

1 夜の, 島へ

▼ 樽につき~ (2, 0.1%)

1 五〇磅であり, 五〇磅に

▼ 樽にでも~ (2, 0.1%)

1 なったつもり, バケツにでも

▼ 樽一つ~ (2, 0.1%)

1 ずつを左右, 在れば

▼ 樽二つ~ (2, 0.1%)

1 が積ん, を得た

▼ 樽~ (2, 0.1%)

1 とか何ん, を払い

▼ 樽~ (2, 0.1%)

1 の喞筒, を備え

▼ 樽天王~ (2, 0.1%)

1 のま, を見

▼ 樽~ (2, 0.1%)

1 という京, の死後路頭

▼ 樽床几~ (2, 0.1%)

1 にこしかけ, を宙

▼ 樽~ (2, 0.1%)

1 になっ, のよう

▼ 樽廻船~ (2, 0.1%)

1 と云った, は船

▼ 樽~ (2, 0.1%)

1 ひの, ひを

▼ 樽~ (2, 0.1%)

1 の寳, を燃燒す

▼ 樽緑酒~ (2, 0.1%)

2 とも云

▼ 樽~ (2, 0.1%)

1 を父利安, を賜わる

▼ 樽船長~ (2, 0.1%)

1 は威儀, は此時私

▼ 樽詰め~ (2, 0.1%)

1 にし, の不

▼ 樽買っ~ (2, 0.1%)

1 て引栓, て来た

▼ 樽餓死~ (2, 0.1%)

2 した子供何名

▼ 樽麦酒~ (2, 0.1%)

1 だね, の祝杯

▼1* [152件]

あけてみる, 樽父上に, 樽かう倒に, 樽かげを, 樽かの葡萄酒と, 樽からの手紙じゃ, 樽からはなれなかった, 樽くらいかと思ってると, 樽ぐらゐ黒く塗り, 樽ぐらゐな座頭の首, 樽こそ海底戰鬪艇の, 樽こちらの樽, 樽これがあらかた, 樽ころがしてゐる, 樽こ先生といふあだ名, 樽ずつ用意し, 樽その代金九両也狐皮五十枚その, 樽それに酒二樽, 樽それから極めてわずかの, 樽だったがそれ, 樽ちふ仇名ぢや, 樽やア, 樽つけて男子, 樽づめのお酒を誰, 樽であるがこれ, 樽ではないお前さん, 樽とか壁とかに, 樽とががたがたいう, 樽としておかう例, 樽とって主, 樽とともに海の, 樽との混血児の, 樽とは大樽, 樽などをして, 樽について知って, 樽については話して, 樽にのつて次の, 樽ばかり船に, 樽ひろひあれ, 樽ひろいでもその, 樽へでも手を, 樽ほどを車に, 樽まで買いこんだ, 樽までを一巡見まわした, 樽てえ, 樽が憎らしい, 樽もの希臘葡萄酒が, 樽もはや相届き, 樽ようの物, 樽顔の, 樽をばお持たせという, 樽をもさげて, 樽コ先生ではない, 樽ソワカにても差し支えなき, 樽ダマスク絹にポルトガル, 樽ペンキの剥げた, 樽ロケットごとうまく中, 樽ロケット今日は海, 樽挙ゲテ以テ相属ス蜉蝣ヲ, 樽一ぱいに拡がりました, 樽一万円の酒樽, 樽一個硫酸の壜, 樽一挺とは豪勢, 樽一本三十銭は明治中世, 樽一本近くだ, 樽一杯にしよう, 樽一箇分以上の飲物, 樽一荷を祝っ, 樽万歳だ, 樽三つも置い, 樽三百箇入り梅干二樽を食っ, 樽三荷と多く, 樽の葡萄, 樽二十一石入りの大, 樽二挺の鏡, 樽二週の間, 樽代壱円仲間入のシルシ, 樽以上に上等の, 樽以来の乾児格, 樽以来三十七日間の苦闘, 樽以来二週間に達した, 樽以来苦闘に苦闘, 樽の大, 樽か埋め, 樽入れ笊転がし, 樽は明治四十二年, 樽十担問屋の専売権, 樽を訪れ, 樽つて置き, 樽同様とならね, 樽問屋へ売っ, 樽四十円であつ, 樽国道と札幌千歳間, 樽が解説, 樽シ, 樽天堂左又宮田, 樽小作料減免を歎願, 樽屋さんお蔭で贋金造り, 樽床几土間には八, 樽の者たち, 樽をやった, 樽打抜いたでちっとも惜気, 樽拾ひまでに尽力せり, 樽持参で来, 樽支那茶を吸い込む, 樽曲った古レール, 樽の交叉, 樽来りぬ払ひ, 樽の安全, 樽板一枚を取去り, 樽棒材赤いガラス, 樽が戲書, 樽次こと茨木春朔とやはり, 樽残してもてか, 樽もの桶, 樽漬け物一樽それに酒二樽, 樽炭俵下駄箱上げ板薪雑多な木屑等, 樽炭俵下駄箱上げ板薪雜多な木屑等, 樽焼酎の瓶, 樽煉瓦石材木の端片, 樽余臘酒, 樽箕輪最も不, 樽糟漬の魴十尾, 樽という缶, 樽置き上に, 樽の肉五十斤, 樽船廻しにて富士, 樽蓋上に白獣, 樽て酔, 樽買おうと思います, 樽買ったら言分あるまい, 樽賭けまいか飲む, 樽贈ってくれた, 樽赤く焼けて, 樽越しに彼, 樽の新た, 樽酒四樽の紛失, 樽酔いがした, 樽野さん何して, 樽野のはそれだけ, 樽野一人を呼び込む, 樽野一途に興奮, 樽野唯ひとりであつ, 樽野夫妻を残し, 樽野家の酒樽, 樽野自身が其処, 樽鉄道開通三日目と云, 樽鋪石に隠されてる, 樽開けてみた, 樽駒岡の諸, 樽鮮やかな朱, 樽鰯十俵薪五十六束という記録