青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「樹~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~権威 権威~ ~横 横~ 横たわっ~ 横浜~ 横町~ ~横顔 横顔~ ~樹
樹~
~樹木 樹木~ 樽~ ~橋 橋~ ~機 機~ ~機会 機会~ ~機嫌

「樹~」 7498, 81ppm, 1377位

▼ 樹~ (2430, 32.4%)

120 下に 54 枝に 48 下を 41 幹に 38 間を 37 上に 33 下で 31 間から 29 下へ 27 葉の, 間に 26 下の, 根に 24 枝を 23 葉が, 蔭に 20 幹の 17 上から, 梢に 16 枝の 15 上の, 影が, 枝が, 皮を 14 かげに, 枝から, 梢を 13 実を, 梢が 12 上で, 下には, 根の 11 上へ, 中に, 葉は, 間の 10 蔭から 9 ない村, 枝は, 根元へ, 蔭で 8 ように, 下から, 幹へ, 幹を, 根もとに, 梢から, 茂みの, 葉を 7 上を, 幹が, 影を, 枝, 根を, 梢の, 間が 6 つづく路, もとに, 下は, 蔭を, 陰に

5 [11件] 並木が, 中から, 前に, 影に, 影の, 林の, 枝で, 根元に, 梢へ, 色が, 間には

4 [22件] あいだに, あるの, ところに, ような, ステッキを, 下, 側に, 周囲を, 大森林, 姿が, 小枝, 幹から, 幹や, 枝へ, 枝や, 根や, 梢は, 股に, 花は, 葉に, 間で, 陰から

3 [50件] ある所, かげの, かげを, ことを, したに, そばに, そばの, ないところ, なかに, ほとりに, もと, 一本も, 上には, 下蔭, 中の, 傍に, 切り口の, 切株の, 名を, 大木が, 如きもの, 姿を, 実の, 枝と, 枝には, 枯れざるは, 株の, 根から, 根が, 根もとから, 根元の, 梢で, 樹, 皮に, 種類の, 細かい葉一つ, 緑が, 繁みの, 美しさ, 肌に, 花を, 芽を, 茂みに, 葉つ, 葉で, 葉と, 蔭の, 間より, 香が, 髓を

2 [108件] あいだから, あいだを, ある内, ある家, ある竹山, うしろに, かげ, かげが, かげで, さらさらと, しげれる, すがた, すくすくとならべる, ために, ところで, ところには, なかから, なかで, まわりを, ものは, やうな, 一尋余りな, 下あたりに, 下だ, 下だった, 下などに, 下にすらと, 下店の, 下草の, 下道を, 並木を, 中で, 中では, 中には, 中を, 何の, 列が, 匂といふばかり, 名は, 垣に, 大きさ, 大な, 姿や, 守護の, 実が, 密生した, 實を, 小さきと, 幹をよ, 影は, 影も, 手入れを, 折れた姿, 方が, 方へ, 木の, 材は, 林, 果とを, 枝かげに, 枝ぶりが, 枝も, 根へ, 根方には, 桜が, 梢にも, 梢も, 森々と, 森の, 森も, 植込みの, 様に, 樹下闇を, 樹空の, 状枝の, 生えて, 生命は, 祟りであつ, 空に, 緑の, 緑蝉の, 繁茂せる, 肌が, 肌を, 股の, 色は, 花, 花でも, 花の, 若葉仄かに, 茂って, 菩提樹の, 落ちず枯れざる, 葉ご, 蔭からでも, 蔭も, 蔭より, 虚の, 遠望汽船目懸け, 鈴懸, 間は, 間へ, 間を通して, 間越しに, 陰には, 青い生命, 頂きを, 頂上に

1 [847件 抜粋] あたりから, あたりに, あたりを, あった家, あるお寺, あるところ, ある前, ある文明市街, ある枯れた枝, ある牧場, いくぶん落葉, いりくんだ枝, いろの, うえに, うしろあたりから, うしろを, うつれる, うつろで歌っ, うつろの, うれに, おぼこらしい, かげから, かげからは, かげすなわち, かげと, かげ地物, かなたに, かば類, きれるを, こ, こずえから, こと, ことごと芽ぐみ, こんもり葉, ごとし在, さきが, さや, しげみの, しげみを, しずくの, したみち, しみたつ比叡, すぐ上, すゞかけが, そばで, そばへ, そらなる, ぞうぞう揺れる, ただふたつ, つぼみが, てっぺんには, てつぺんを, ところへ, ところを, どれか, ない反射光線, ない山, ない石, ない芝生, なかの, はしば, はやし, は掌, ふかい古い町, ふかい心, ほそ枝, まばらな, まわりに, まわりや, もつ性格気品, もと小心, もと暗く, もみじが, やみから, ゆれて, ようでありました, イマメの, インドワタノキ, トンネルを, プラタナスの, マロニエの, マロニエや, 一本は, 一枝に, 一枝を, 一株に, 上か, 上からは, 上でし, 上な, 上にて, 上にや, 上まで, 上より, 上枝に, 下あたりから, 下かげ迄, 下が, 下にな, 下へは, 下や, 下影, 下枝へ, 下涼しい, 下路を, 下露に, 両側に, 並んだ一筋, 並んだ通路, 並木道を, 中にも, 中深く, 丸く膨らんだ, 丸木舟の, 事で, 五六尺上まで, 亭き, 今は, 伐除かれた後朽廃, 伝説によって, 住むあたり, 体上には, 何処かで, 倒されたの, 倒れる音響, 傍へ, 傍まで, 傘下に, 光も, 全体である, 全部を, 内に, 内部では, 再身, 冬姿には, 凡てが, 処々に, 出生以来, 切り倒されたの, 切り株を, 切れ離れが, 切株や, 列に, 列を, 割れ目から, 化物などと, 化身です, 卓や, 原生林は, 原産地は, 反映で, 取留めも, 各部分こと, 名から, 名さえ, 名の, 名前が, 名木も, 向うに, 周りに, 周囲に, 嘆かひに, 図が, 土地に, 土堤下に, 在るならば, 垂れさ, 堅實と, 塊り, 声か, 外には, 多いの, 多いほど, 多い南勾配, 多い小山, 多い山の手, 多い方角, 多い村落, 多い部落, 大いなるその葉, 大きくて, 大さ十囲, 大なる, 大樹が, 天然林と, 天然林には, 天辺に, 奇しき根, 奥に, 如きのみ, 如くに, 如く自ら敵, 如し, 妻を, 姿と, 姿に, 姿は, 娘, 嫩葉あはれとも, 孔の, 存在が, 存在は, 実あっ, 実であった, 実と, 実といふ, 実にある, 実は爾, 実や, 家さ, 實でも, 寫生に, 小さなる, 少い所からは, 尖端から, 尖端が, 島に, 工人は, 左側から, 年輪は, 幹だけが, 幹で, 幹と, 幹にも, 幹は, 幹やを, 幽霊が, 底に, 弟休甫を, 影から, 影やうねの, 影朝日に, 後ろに, 御言葉, 心地よい香, 必要を, 息づかいであろう, 悲鳴建物の, 意志か, 成立を, 所へ, 所在を, 折枝が, 揺れる音, 摧け, 支柱へ, 散り残った葉, 数と, 数を, 數, 數百を, 新緑西洋桜の, 新葉, 日てり, 昇羃列が, 春の, 暮れてか, 最も私達, 有る処, 木だ, 木影には, 木蔭で, 末枯れた葉, 本当の, 本来の, 材で, 村椿の, 杖で, 杭に, 松に, 板に, 林には, 果実なりとも, 果饒に, 枝さし入れたる, 枝などに, 枝などへ, 枝などを, 枝にかけて, 枝にまで, 枝にも, 枝へでも, 枝より, 枝をな, 枝下へ, 枝女の, 枝岩角谷間に, 枝打ち交わしたる, 枝朝の, 枝高く, 枯れ果てた秋, 枯葉が, 柩の, 柳が, 柳を, 柿が, 栂も, 株と, 株三度目の, 根か, 根がたに, 根と, 根には, 根にも, 根もとが, 根もとの, 根もとまで, 根元から, 根元には, 根元は, 根刺の, 根巌の, 根方から, 根方に, 根方へ, 根本から, 根本に, 桃の, 梅林, 梔の, 梢などに, 梢や, 梢より, 梢越しに, 森へ, 森林が, 森林であった, 植つてゐる, 植わった裏通り, 植わった通り, 植木鉢の, 楚を, 様で, 樣に, 横顔が, 樹林などが, 櫻が, 水茎は, 汁滴る, 汁肉多き, 洞でない, 海が, 海の, 深い中, 深い呼吸, 深林を, 漆が, 濃い影, 燃えたつ青葉, 父である, 特徴が, 生い育った小高い, 生えた山, 生え茂って, 生ひ, 生垣を, 生長は, 画が, 瘤の, 白い樹幹, 白い花, 白樺が, 白色で, 皮で, 皮などを, 皮は, 皮裂き, 真黒な, 眼は, 睡つた, 碧空を, 禁制の, 種だ, 種類によって, 空いて, 空で, 空観も, 立ち並んだ黒黒, 立ち姿の, 立ってるあたり, 端に, 箱など, 精だった, 精根でが, 精霊時の, 紅葉は, 細根は, 続いた土手, 続いた砂, 緑に, 緑色に, 緑色も, 縁は, 繁った花, 繁って, 繁りその間, 美に, 群が, 群れも, 翠俯け, 肌から, 肌であった, 背後の, 脂を, 自ら僵れ, 色で, 花が, 花では, 花序, 芽が, 若芽が, 若葉の, 茂ったところ, 茂った山, 茂った岸, 茂った斜面, 茂った空地, 茂った高い, 茂つた村で, 茂つた細い, 茂みで, 茂りが, 茂りの, 茂りを, 茂る如き勝れたる国土, 落葉さえ, 落葉でない, 落葉の, 葉か, 葉から, 葉っぱを, 葉へも, 葉窒素を, 葉蔭で, 葉蔭の, 蓊鬱たるを, 蔭だ, 蔭では, 蔭などが, 蔭には, 蔭は, 蔭華饒く, 虫取りも, 蜜の, 蝉時雨の, 表面は, 裸の, 裾が, 解説が, 許から, 許に, 赤くぽつぽつ, 赤銅いろ, 遅速を, 配置を, 鉢植が, 鉢植の, 銀杏の, 銀杏を, 長い並木, 長き枝, 間, 間々には, 間や, 間よも, 間漏る, 間過ぎ行く, 間隠れに, 陰の, 陰までも, 隈を, 隙間から, 際より, 隧道花時思いやらる, 雀の, 雄樹と, 雨を, 霊でも, 青さ, 青っぽい蔭, 青葉に, 青葉は, 非常に, 頂が, 頂や, 額形の, 類は, 風の, 風情も, 養成と, 香りが, 骨傘は, 髄蟹や, 高い処, 高い枝, 高からぬ, 高き枝, 高根に, 黄いろくな, 黒い塊

▼ 樹明君~ (576, 7.7%)

1916 を訪ね 14 を訪ねる 13 から来信 12 がやつ 8 が来, も来, を学校 7 と, もやつ 6 といつ, に招かれ 5 を招待 4 が朝, が来た, に逢, の手紙, は来, を招い 3 がき, が帰つて, が帰宅, が持つ, が酒, が酔, と話し, を待つ

2 [33件] から来書, から来状, から胃, がお, がまた, がバリカン, が夕方, が宿直, が寄つて, が昨夜, が見舞, と二人, と同道, と敬君, と枕, に二句, に会, に托し, に案内, のお, の友情, の来, は学校, は家, は魚, もいつ, よお, を宿直室, を徃訪, を待ち, を訪, を訪問, を送

1 [333件] ありがたい, ありがたう, ありがたう敬治君, ありがたう私, おとなしく帰る, お互に, から, からそして, からの手紙, からの来書, からの贈物, からの通信, からの電話, からも白米, からも誘はれた, からキヤベツ, からサクラ到来, から五十銭, から借りた, から半分, から古い, から呼び, から呼び出し, から嫌, から態, から或, から手紙, から招待, から昨夜, から最後通牒みたい, から澄太君, から白米, から米代, から聞い, から袷, から貰つた, から貰つたハム, から酒, から雑草, から頂戴, から饅頭, があやし, がいつか, がいろ, がおくれた, がおとなしく, がきた, がきまり, がさ, がしほ, がすこし, がせか, がどう, がひよ, がひよつこり, がふら, がめづらし, がハム, が七面鳥, が下物, が不, が五時頃, が人間, が今夜, が今晩, が介抱, が何, が何だか, が例, が保管, が健康, が到来, が吉野さん, が四日ぶり来庵, が奢る, が奮発, が女, が好き, が学校, が実習生四五人, が彼, が待ちきれなく, が待つ, が後, が御飯, が御馳走, が心易立, が悪酔姿, が手, が手伝, が掃除, が敬治君, が新, が昨日, が来る, が植ゑてくれた, が死に, が牛肉, が生, が畑, が留守, が病状見舞, が痛む, が知合, が立ち寄, が立ち寄る, が約束, が約束通り夕方来庵, が胡瓜, が色紙代, が苗, が袖, が訪ね, が豆腐, が負担, が買う, が車座, が送つ, が酒井さん, が酒井教諭, が長靴, が陰惨, が雲隠れ, が魚, が鯨肉, さうでしたか, さうですか, そして, だけだ, だつた, だ忙しい, だ電球, つ, でなければ, とう, とがやつ, とが朝, とても多分おなじ, との人物, との人間的感応, とは, とも出逢, とビール, と一時間, と一杯, と三人, と会し, と共に下関, と合し, と暮羊君, と磯部君, と立ち寄つたお, と約束, と話す, と酒, と関門日, と飲む, と飲んだ, どうです, にあげる, にお嬢さん, にした, につい, にのみ対し, にはわざと, にもすまなかつた, にも来, にも逢, によばれ, に一書, に三度, に事情, に会し, に何と, に催促, に八句, に出くわした, に叱られる, に合せる, に奢, に対していや, に対しても, に対して何となく, に対して礼, に帰庵, に感謝, に教, に泣きつかない, に煽動, に苦い, に誘われ, に謝, に踉, に途中, に逢う, に逢つて与太, に連れられ, に邂逅, に銭, に頼まれ, のおかげ, のお伴, のお嬢さん, のむし, のニホヒ, の事, の側, の即吟, の場合, の妻君, の幼馴染, の意, の来信, の案内, の気分, の盲腸, の説, の贈物, の足音, の近作, の酒, の酔態, の顔, はあまり, はいつ, はうな, はそこら, はその, はたしかに, はちやん, はとう, はどう, はどんな, はもう, はやつ, はよかつ, は九時頃帰宅, は二時, は人情的, は出張不在, は夕方, は夜, は夜明け, は婚礼, は宿直, は山口出張, は当面, は忙しく, は情, は敬君徃訪, は新, は日曜, は日頃, は早々, は早くから, は早朝出勤, は暮れきらない, は朝, は来客, は熱, は病床, は病気, は腫れ, は腰, は腹工合, は良い, は苦労人, は風邪気味, へそして, へよろこび, へ与へる, へ告白, へ手紙, まことにありがたう, もう歩き, もおとな, もき, もゐなく, も一生, も出, も同様, も多分, も妙, も帰る, も待つ, も持つ, も敬治君, も暮羊君, も来ない, も来なけれ, も来会, も来訪, も私, も酔, やつて, やら敬治君, や誰か, よい御機嫌, よく帰りました, よしつかりし, よ奥さん, よ独り, をよんだ, をわかれ道, を尋ね, を引き留める, を待つた, を怒らした, を招く, を案内, を留め, を見つける, を見舞, を訪ねた, を訪ねたかつた, を訪ねたら, を訪れる, を誘う, を送つ, を送り出す, を途中, を通して, を通して敬治君, を駅, を驚かした, 何となく憔悴, 喜んで, 大出来, 新悪友, 早く帰る, 来て, 泊る, 約を

▼ 樹~ (553, 7.4%)

15 あって 11 あった 9 立って 8 並んで, 生えて 7 あつた 6 茂って 5 ある, 一本ある, 立つて, 聳えて 4 あつて, 多い, 繁って 3 ありその, くれに, こんもりと, 立ち並んで, 緑の, 芽を, 見えて

2 [27件] ありました, あるから, あるが, あるの, しげって, たくさん生え, なかった, なくなって, なさ過ぎた, 一杯生え, 一面に, 多かった, 大きく葉扇, 山の端に, 影を, 折れる戸外, 枯れずに, 植わって, 次いで家々, 生長し, 目に, 矗, 見える, 非常に, 風に, 飛, 高く見える

1 [382件] あお白い花, あちこちに, あったが, あったと, あったに, あったらのぼっても, ありましたが, ありましたっけ, ありましょう, ありますが, ありやがる, あり地上十フィート, あり日, あるきり, あるここ, あるし, あるそれ, あるだけで, あるだろう, あるって, あるでしょう, あると, あるよう, あるらしい, ある小柄, あれば, あろうかと, あツ, いうには, いっぱいに, いよいよ繁っ, うっそう, おのずから枝, おもにそだち, おんみの言葉を, かすかな, かぶさって, かりに化身, くっきりと, くりに, くれの, ぐるりと, こけ出して, ことごとく鳴る, このため, この南北, これは, さあと, さわさわと, ざわざわ鳴っ, しげった渓谷, しつとり, しんしんと, すがれかかった黄葉, すく, すくすくと茂りそびえ, すっかり白い, そう云った, その夜, その子ども, その年, その広い, その後勢いよく, その葉, その適材, その間に, そびえ山裾, そびえ立って, それぞれの, そろって, たくさん目に, ただ一本立っ, たまたま相, たわんで, だいぶいじめられた, だんだん緑, ちらほら残っ, ちらほら生え, どういう意味合い, どうなった, どこかの, どちらから, どんぐりを, なくなり墓, ぬれる, のどかに, のびすぎて, はえて, ばらばらに, ひどく寂しい梢, ふかぶかとした, ふとした出, ぼさぼさと, ぼつさり, ぽつねんと孤立, また密生, まっ先に紅葉, まばらに, みなまっ白に, みな古く, みんな芽を, むやみに, もさ, もさも, ゆっさり動いた, ゆつさり動いた, よく斬れた, よく茂ってる, よろめくやう, わたしの, われわれの, ガタガタ震える, クリスマスの, ゴウッ, ザワザワと, ロンドンじゅうで, 一二本ばかり, 一叢一里塚の, 一日に, 一本あっ, 一本あった, 一本く, 一本その, 一本で, 一本其の, 一本手水鉢に, 一本折れた, 一本時雨榎とかいふので, 一本肉の, 一本茂る, 一本長い, 一本門前に, 一株あり, 一株古, 七八本彼方此方に, 七重に, 三本切り倒され, 三本隣の, 並木みたいに, 主として渓流, 乏しい土質, 乏しい粗朶, 二三木立つて八角金盤が, 二三本それから, 二三本それは, 二三本よろよろ, 二三本残っ, 二十本あまりも, 二本あ, 二本繁っ, 二本轟然と, 互いに手まね身ぶり, 五六本ひょろひょろ, 五六本教室の, 五六本河原を, 五六本立っ, 五本立ち並んでる, 五株まで, 仆れる, 今を, 伸びを, 低い土手, 低くその, 何か, 何である, 何れも, 何回目かの, 作る筋違骨, 倒されたら腰, 倒れかけた擁壁, 倒れて, 倒れるなんか, 倒れるよう, 其の舟, 円い月, 冬に, 出て, 出来て, 列植され, 到る処, 勢の, 匂い山, 南天竺に, 厚い緑葉, 参差交錯し, 叢生し, 同じく縦横, 喚いた, 四五本ありまし, 四五本重なり合っ, 塔の, 増すと共に, 夕空に, 外国の, 多いから, 多いが, 多くなった, 多くなり出した, 多く奥, 多く茂っ, 多く針葉樹, 多ければ, 多少は, 大きなみずみずし, 大分に, 天然記念物に, 奥暗く, 存すると, 密生し, 對に, 小さいから, 少しと, 少しも, 少ないので, 屋敷うちに, 屋敷を, 屋根の, 山から, 岩の, 嵐に, 川に, 平庭, 幹に, 幾本も, 広く枝, 御釈迦様, 性向と, 惜しいこと, 意外に, 感覺が, 戀慕に, 戦ぐ, 截られてない, 所々暖たかく, 折からの, 押被さった, 掩ひかぶさつ, 描かれて, 揺いで, 揺れて, 收穫, 数十本も, 数首の, 断続し, 日に, 日本の, 昔の, 昨年一昨年乃至, 暗く枝葉, 有って, 有つて, 有るそう, 有ると, 林を, 根こぎに, 根元から, 根瘤を, 梢を, 植えて, 植って, 植つてゐた, 横に, 樹に, 欝蒼として, 毎夜泣く, 毛虫で, 水に, 水の上から, 沢山あつ, 沢山かたまつ, 沢山に, 沢山生え, 海の, 海底の, 深い蔭, 深緑の, 清泉の, 減って, 澤山に, 濫伐された, 点々と, 点在する, 無い河, 焼かれないこと, 燃えるよう, 物々しく影, 物すごく騒ぎ立てる, 生えその, 生えるなら原, 生憎枯れ, 生育する, 疎らに, 白く光つて, 百日鬘の, 皆白銀の, 盛りの, 盤居つ, 直ぐ障子, 真赤な, 眼の, 眼下に, 眼路の, 矮小だ, 祟ったの, 秋に, 立ち鮮, 立並んで, 簇生し, 累なり, 終天の, 繁つてそれが, 繁つてゐる, 繁りあって, 繁り花, 繁茂し, 繁茂する, 續い, 缺乏し, 美しい林間, 美しく紅葉, 群立し, 羨しい, 育って, 花の, 花を, 若葉が, 茂つてゐる, 茂つて向うに, 茂り合って, 茂り町, 茨の, 萎え凋んで, 葉に, 葉を, 蔽うた岨, 蔽ひかぶさる, 蔽ふた, 行儀よく, 街路樹である, 街路樹と, 裸かに, 覆いかぶさる, 見えその, 見えるの, 見える部屋, 見え雨戸, 見られたり, 見られる, 諸州に, 負って, 路の, 車まわし, 軟らかな, 農家らしく立つ, 近年に, 近来山形県下などで, 道に, 道の, 違う, 遠くから, 邪魔に, 鉢に, 附近の, 雑草の, 雫する, 電線の, 青い穿いた, 頭髪を, 風で, 馴染の, 高え, 高くつて, 高くて, 高大に, 鬱蒼と, 鮮かに, 鮮やかな, 鳴って, 黄や, 黄色い葉, 黒, 黒い

▼ 樹~ (430, 5.7%)

5 見ても 4 植えて 3 御覧と, 植うる, 見て

2 [24件] めぐり, 仕立つ, 伐ったの, 伐つて, 伐る狐, 分けて, 割りて, 愛する心, 抱いて, 指して, 栽え, 栽える, 植ゑることにしてゐる, 潜って, 目がけて, 相手に, 眺むれ, 見るごと, 見ると, 見るよう, 見上げて, 遠近と, 降りると, 鳴らした

1 [364件] あしらってまで, いかに描い, いぢめ, うち, えらぶ, おどして, お化けでは, かざって, きる如きひ, くらつと, この池, ごしり, さいて, さがせ, さして歩き出す, ざわざわと, しきりに睨ん, しるべに, すべり落ちるなり, そのまんま門, その左右, それぞれ一人に, たてに, たんと見受けます, ちょっと見あげ, つくるの, つたつて地上へ, つつくと, のぞくと, のぼる蛇, はなれ, はなれた瞬間, はなれない一本, ば伐り倒す, ひさぐ植木屋, むざむざと, もって, もて額, ゆすって, ゆすぶったり, ゆすぶって, ゆすぶり, ゆすぶるの, ゆするので, ゆするやう, ゆすれども, ゆれど, よく知らず, わりて, ゴンズイと, チャンチンというの, ハゼノキと, ホルトノキ, ミズメとも, モリ, 一度見ないで, 一斉に, 一望する, 一本伐られた, 一本校内に, 上りつつ, 下に, 下りましたが, 両腕, 中央に, 二三本通り越し, 五本と, 五株六株, 交えた密林, 交えた針葉樹, 仆した, 仰いだ, 仰いだり, 伐った, 伐ったこと, 伐ったり, 伐らうず, 伐らさなかったろう, 伐らせそれ, 伐らせよって, 伐らせると, 伐り, 伐りしに, 伐りて, 伐りながら, 伐りに, 伐りはじめしばらく, 伐りまさに, 伐りまた, 伐り仆, 伐り倒し, 伐り倒し株, 伐り倒すこと, 伐り倒すという, 伐り出した, 伐り出したところ, 伐り出して, 伐り分け毎, 伐り囿, 伐り竹, 伐り雪, 伐ること, 伐るつもり, 伐るとて, 伐るの, 伐る勿, 伐る斧, 伐る音, 伐れば, 伐れる罪, 伝うならわけなくこられるの, 伝うの, 伝って, 伝聞し, 低く池, 何故もと, 侵略し, 保存すべき, 倒し土砂, 倒すといふ, 全部伐り倒した, 全部切った, 写したもの, 写したる, 写したるが, 出ますと, 切つて船に, 切りて, 切りました, 切り伏せて, 切り倒して, 切るの, 切れば, 刈らず伐らずして, 利用し, 前に, 力に, 動かすよう, 動す, 北海辺に, 取り出して, 取り巻きながら, 吹き折りイボチチ, 吹き折り上, 吹く, 吹く風, 吾, 呼んで, 喰つてしまつたのを, 囁かせかぜ, 囲むなまこ塀, 培養し, 培養成長せし, 多く植えある, 大事がり, 大問題, 大量に, 好まぬので, 実際に, 左右に, 巻かせて, 帯びその, 帶びて巖を, 幾たびか, 廂に, 廻り行くを, 引き倒すぞ, 引き抜いて, 後に, 得ようとしても, 愛すること, 愛で, 戻すには, 戻せと, 打ち折るを, 打った, 打つならいい, 払い橋, 折るん, 折る音, 抜いて, 抜き屋, 択むであらうと想像する, 抱いた半纏, 抱えて, 招ぶ, 持ち運ばうとも, 持って, 指さした, 指さしたという, 指し示したり, 振被って, 挽き倒すぞ, 挾んで, 捨て河辺, 据ゑたればなり, 排して, 探しまわるの, 掴みながら, 掴む巨木, 掻き分け攀じ登ったの, 描いて, 描くに, 揺ったの, 搖ぶる, 搜が, 撓はめやう, 撫でて, 撫でるの, 撫でる如く, 撰び飛び行くまた, 撼かさう, 擁して, 散生した針葉樹, 斫って, 斫らし, 斫り倒す, 斬罪に, 日の, 日本から, 昔の, 有して, 有すると, 望みみると, 枝から, 枝を, 枯し, 枯す, 枯らしやがて, 根や, 根抜きに, 植えさせたの, 植えしかも, 植えその, 植えたくないに, 植えたの, 植えたり, 植えた泥壁, 植えならべて, 植えぬ, 植えること, 植え換えて, 植え込んで, 植ゆる, 植ゑざる花王樹は, 植ゑた, 植ゑたこと, 植ゑたる以上必ず, 植ゑた人の, 植ゑた所も, 植ゑて福惠を, 植ゑられし由見え, 植ゑ付けた, 植ゑ新, 植付けたい, 楯と, 楯に, 楯にとって, 槁らすの, 歌ってるフィロメール, 歌に, 母として, 洩れる日光, 混じた大, 混じて, 渡って, 滑降り, 濫り, 灼きなむ, 焚けば, 照し, 照らし樹, 片つ, 特産物と, 献じぬ, 献上し, 生じ十二樹, 生じ果, 生じ茎葉花果, 生ず, 留むるばかりとなった, 発見した, 発見する, 目当てに, 目標に, 真面目腐った, 眺む, 眺め, 眺めた, 眺めて, 眺めながら, 眺めるその, 眺め鳥, 着た大, 移しても, 種うる, 種ゑて居る, 穿って, 窺ひ, 絆ぎ居る, 縛る麻縄, 縫って, 縫つて, 肩に, 背景として, 茂らせて, 茂らせ花, 荒らすと, 蔽ふ, 藪中に, 被らず, 裂いた己, 裂き枝, 装飾的に, 見, 見あげながら, 見あげるやう, 見あげるよう, 見かけるが, 見た, 見たい, 見たりや, 見たろうが, 見つくる事, 見つけた, 見つけたうれし, 見つめて, 見てか, 見まわして, 見るなり, 見る剣, 見れば, 見ろ戦々兢々, 見上げたとき, 見上げた途端, 見上げました, 見上げ矢代, 見当に, 覗つて飛ん, 覘い, 誘った, 讃嘆する, 買い取りました, 走り上り, 起す作業, 辷つた雪, 辷り降りて, 辿りて, 通って, 連ねた三角形, 運ばせては, 過ぎて, 遶る, 選ぼうと, 除いて, 隔て, 集めて, 飛び廻る事, 食いしによりて, 食害する, 馬鹿に, 駈けあがりかけ下りたり, 鳴し, 黄櫨と

▼ 樹~ (394, 5.3%)

6 のぼって, 登って 3 とまって, なって, 来て, 腰を, 首を

2 [25件] かけて, して, つないで, なったの, なるか, のこる昼, ぶっつけて, まじって, よりかかって, 低れ, 住んで, 凭れて, 囲まれて, 実が, 柳を, 梅の, 止って, 満つ, 焔が, 登りました, 結えられて, 繋がれて, 雀が, 雪が, 鶯が

1 [317件] あたって, あらざるなり, あるよ, いたるとき, いた毛虫, いちいち愛想, いちばん早く, いつかベニイを, いつのまにか玉枝, いる場合, うごき廻って, かえって来, かかる三日, かきつくよう, かけし提灯一つ師走, かけました, かけ上った飛び下りたの, かこまれた丸太づくり, かこまれた大きい, かこまれた美しい, かこまれた馴染, かこまれて, かじりつき土塀, からまってるところ, くっついたり, くっついて, こもった闇, さえずって, ささえて, さまよった, さわ, しっかりと, しようと, すがるつたかつら, その左, その長い, たれ, ちかく寄っ, ちかづけるに, ちげエねえ, つかまりて, つつまれた山, つないだまま一晩, つながれた, つまずいて, つるす行事, とまってる, とまらぬやう, とまり, どこから, なかば朽ち, なったまま, なったもの, なつた, ならして, ならなくては, なり度, なり枝葉, なるかは, なるので, ねむる精, のぼったり, のぼっては, のぼり枝, のぼろうと, はいのぼっ, ふるる風の音さ, ふれて, ぶっつかりましたので, ぶっつかりヒョロヒョロ, ぶつかって, ぶつからないよう, ぶつかるまでの, ぶらさげて, まさる, まつはり花, むかって, めぐまれて, めぐり会, もたれ何, ものを, やせこけた一本, ようやくつかまった, よく鷲, よりかかりながら, イソクソキが, ギラギラと, クビを, クルクルと, コスリ付けながら, プラタヌスを, 一枚の, 一羽の, 七兵衛の, 万歳の, 三方を, 三日ほど, 上って, 上りて, 上り天を, 上り宿する, 上り清波月, 上り銃を, 上るとて, 上るは, 上る景色, 不自由は, 与えた威厳, 乘り, 二つ三つ赤い, 二頭の, 交って, 似たもの, 住める鷺, 何となく生気, 來て, 依ること, 倚りかかっ, 元気が, 光る, 典雅な, 凍え, 凭りかかった, 劣ッてる, 包まれて, 包まれ兇漢, 匕首を, 及びその, 取り囲まれた郷里, 取り巻かれた家, 取り巻かれた田家, 取り巻かれた陰気, 吊して, 向って, 向つて, 吹きつけられた雪, 吼え窓, 咲きて, 咲くが, 啼き移つて, 啼く梟, 啼く烏, 嘗て数百数千, 囲まれた家, 囲まれた寂しい, 囲まれた小川, 囲まれた町内, 囲まれた農家, 圍まれて, 垣に, 塩を, 声々の, 寄って, 寄りかかって, 寄添へ, 富めるを以て, 小便を, 尾の, 居た虫, 居らずば, 居るの, 屬する, 巻きつけ高粱畠, 帰って, 引掛け, 憑って, 懸って, 成って, 手を, 打ち込む樵夫, 打着り, 拂れ, 括り付けられて, 捉まる, 接して, 接吻し, 掲げまする, 掴まって, 搦んだ, 摺り付け堅め, 摺り堅め, 攀じて, 攀じ昇り畑中, 攀じ登った, 於けるが, 日は, 昇り睡る, 昇ると, 映えて, 暴行を, 曝し者, 枕するも, 枝に, 染めた錦葉, 栖り哭く, 梟けられる, 梯子掛けたれ, 棺を, 樗という, 止り損ね隣, 残って, 比すべからず, 気を, 油蝉が, 洗濯物を, 深々と, 満ち樹, 滴り竹, 灌ぎ石に, 燃え移る焔, 片脚, 特別の, 生あたたかい風, 生え広がって, 生ったのよ, 生った果物, 留った体, 留まって, 登った, 登らせその, 登り尾もて, 登り蜜, 登る, 登る景色, 登る猛犬稻妻, 目を, 眠ったの, 眠って, 眼を, 移つたとき, 移るとき, 積る, 突き当っても, 窓を, 立てかけて, 笑われて, 篠懸, 紅きあぶら, 紅葉を, 細引で, 細引を, 結びつけた, 結びつけたテント, 絡まったあけび, 絡みついて, 絡んで, 縁が, 縁って, 縋り付いて, 縋る, 縛られたまま, 縛られて, 縛りつけた, 縛りつけられて, 繋いで, 繋いでとかとか, 繋ぎ墓内, 繩を, 纏ひつかせなどす, 老人の, 聚繖花序の, 背を, 腰かけて, 至りその, 至ると, 花が, 花なんか, 荊の, 莖に, 落つる迄, 蔽われた堤防, 蔽われ苔, 蛇多く, 蝉の, 衣を, 覆はれて, 覆われた四方, 見えます, 見ら, 触らなかった, 赤い小粒, 身を, 軒燈の, 近い処, 近く来る, 近づくこと, 近寄りますと, 逐い登らして, 這ひつい, 這ひつた, 通ひはじめる, 遊び暫く, 邪魔され, 長さ二寸, 降りかかる雨, 降りては, 限った有名, 限って, 限つた, 限らず他, 限り住み, 随う, 隠れたり, 隠れた時, 隱れ, 隱れた, 雀の, 雄木, 離れた猿, 雨が, 風が, 飛んで, 馬を, 駆け登って, 駒を, 體を, 鳴く蝉時雨

▼ 樹~ (323, 4.3%)

2 [14件] さこそ, もう影, もちろんの, 中ぞ, 久しき以前, 人の, 喬木で, 天頂の, 孕み女, 家の, 巨人の, 枝も, 殆ん, 青く枝

1 [295件] ありとても, ありません, あるが, あるや, あるん, ある日, いかに深く, いくらでもある, いずれも, いたづら, いつか持つ, いつも同じ, いまにも, いまも, いま緑に, いや繁り, おおむね闊葉樹, おのづか, お前大, お屋敷, かうして, かたまって, くるしげ, この夏, この由緒, この辺, この邊, この震撼的愛撫, さうし, じっと坐し, すぐなくなっ, すっかり萌黄, すでに暗, すでに朽ち, すやすやと, そう一方, そこに, その匝, その存在, その樹皮, その生活状態, その老いぼれ, その肉体, その葉, そもいかが, それが, そろそろめぐみ, ただ新開, たちまち怪老人, たんとあるまい, ちょうど土佐派, つくりもの, つめたく去り行けり, ときいろの, とても大事, どうして呉れるだ, どうだ, どこまでも, ないのね, なかった, なかなか人気, なくて, なく大, なさそう, なにさきけり, なほ葱色を, ひろびろと, ほんた, まさしく千手観音菩薩, まだ半ば緑葉, まだ和助, まだ小, まだ日, まるで天, みな厚ぼったい, みな精神に, みな雌本で, もうみんな葉, もう次ぎ, もう紅葉, もう老いた, もちろん一本, もはや八分どおり, やうやく, ゆさゆさと, よく根元, よろしくリュウキュウハゼ一名ロウノキ一名トウロウ, オリーブの, ポリドーロスが, マツ科に, 一つ, 一つに, 一つの, 一庭の, 一本も, 一瞬の, 丁度眼, 万年に, 丘, 中国の, 之を, 乏しくない, 二つに, 二本とも, 二株も, 人間に, 今どこへ, 今は, 今やま, 何ともみすぼらしく, 何の, 何れも, 何を, 個性を, 傷む顔, 元の, 元来が, 先ず頭, 其の人, 其切口から, 刈られ焼かれて, 前にも, 北を, 古塚, 可哀想だ, 同地に, 名前を, 嘘を, 四十雀が, 多い, 多く年, 多く流れ, 大きくは, 大切に, 大学付属の, 大抵年代, 大概楓であった, 天の, 太い鉛筆, 太陽の, 女の, 妙に, 嫩葉を以て, 存在する, 小さいが, 小喬木, 小木で, 少い, 嵐の, 川楊である, 常に同じ, 平地に, 年々に, 幹にも, 座上において, 庭園の, 役立った, 彼の, 彼等の, 得るところ, 忘られた, 急に, 愉快な, 慥に, 我先祖の, 截らる, 手の, 推し倒し猟夫, 描かれようしかし, 支那の, 斧に, 日々花を, 日本には, 日本の, 昔から, 昔を, 昔日本へは, 普通の, 暖国でなく, 最早すっかり葉, 最近虫害の, 最近蟲害の, 来らず, 東京では, 枕橋より, 林立した, 枝が, 枝ぶりに, 枝を, 枝葉の, 枝葉を, 枯る, 枯れかかってるから, 枯れて, 柳檜桃楡その他チベットの, 梅雨期に, 椎樫松梅ゆすら, 樹じゃ, 次第に大きく, 次第に少なく, 次第に稀, 武蔵野の, 気持よく, 水っぽいの, 沈んで, 沙羅双樹であっ, 波の, 波紋に, 流るる, 浅いみどり, 滅亡の, 滑かで, 漸く太く, 濁らない美しい, 火星の, 炎と, 烟の, 無い, 無いか, 無心です, 焼かずに, 甚だ稀, 生えて, 生の, 生ひ, 生茂り熊笹, 男の, 疲れて, 痩地にも, 白い實, 皆揃いも, 皆落葉し, 相交互循環, 確かに, 稀なれ, 紅葉し, 紅葉の, 紫褐色の, 絶えず成長, 緑の, 繁り, 美しく枝ぶり, 翌日一日つぶし, 老人くさい, 老衰の, 肺病を, 背が, 胴から, 自分が, 自分で, 自然物としての, 舟の, 良質の, 花ざかりだ, 花ばかりの, 若葉が, 苦き果, 茂って, 蒼くても, 蒼空の, 薪に, 虫歯の, 街路に, 裂かれたまま, 見えませぬ, 見わたしたところ一番, 言ひ合せた, 認め得られぬの, 諸州に, 足かけ八年の, 遂に遠, 遠く種, 還元によって, 重さ, 金の, 針の, 陰々として, 雨の, 霊木じゃ, 青い, 青いし, 青春を, 青黒く冷たく見えた, 静かだった, 静かに, 風の, 風土相応の, 高くなっ, 高く深くしげっ, 高さ三フィート, 高大な, 鷹が, 黄ろく, 黒い姿, 黒苺の

▼ 樹~ (186, 2.5%)

4 に身, に隠れ, の椅子 3 のやう, のベンチ

2 [14件] にかくれ, に何かしら一種特別, に腰, に隱, の下, の加減, の小路, の水槽, も何, も見えぬ, より顕れ, をつくっ, を作る, を行く

1 [140件] からいい, からも, からツト人影, からテニス服, から一団, から女, から小声, から猟師, から現れ出た, から現場, から白壁みたい, から躍り出, から飛出し, か彼, がある, がなくなる, が多い, が多く, が帽子, だつた, だの橋, でしばしば, でそっと, では歩兵一箇中隊, でよく, で何事, で呼ぶ, で坊主頭, で最前, で草, で親子四人, で読書, で電車, で鹿, といふもの, などへ一枚, なる崖, に, にあぐら, におよぎ, にかくるる, にた, にただ, にたち, にでも居る, にはあした, にはその, には不幸, にひと, によい, に一人, に一艘, に吸い込まれ, に在る, に大きな, に小さき, に彼女, に息む, に憩, に憩う, に掩, に朱塗, に来, に殘つた四五人, に沈んだ, に潜ん, に立ち, に立ち寄りたくなる, に立っ, に立つ, に筵, に置, に翠影, に聞き, に臥, に自分, に船, に花, に茶店, に蜑, に軒, に逃げ込んでしまつた, に這いずっ, に連れ, に陰, に隠れた, に雨, に静, に黄色い, の, のみどり, のよう, の一際, の三階, の低い, の徑, の涼し, の白い, の石, の細道, の芝生, の草叢, の貧しき, の路, の近く, の道, はさすが, は奥, は奧, は深い, へかくれ, へころ, へたずさえ, へ来ました, へ歩み寄っ, へ立っ, へ行っ, へ走り, へ跳び下りた, までは響かない, もある, も浅い, やまた, や草原, をいでず, をそこここ, をなし, をぬけ出し, をぶらぶら, をスコッチ, をベンチ, を伝う, を慕, を曲がっ, を歩い, を歩き, を行き, を足, を通る, を静か

▼ 樹~ (152, 2.0%)

10 草も 3 ある, ない, なければ, 人も 2 あった, ありました, 一部落を, 富家の, 屋根も, 岸の, 建物も, 月も, 爛れるかと, 鳥籠も

1 [110件] あいまいな, あって, あつた, あらぬ野, ありそう, ありて, ありゃしない, あり大きな, あるし, あれば, いろ, うもう可哀相, えいで, かなりに, しんとして, すっかり黒, ずいぶん多い, その恵, それぞれに, だんだん真赤, ないのに, ない暗い狭い街, ない歩道, ない街, なかつたの, なくそこ, なくにる, なくば, なく草, なしあの, なし天窓, また多し, また感じ, また數顆數十顆, みなにたにた, ゆらいで, 一本の, 上半の, 丘も, 亦古人, 今日本, 何だか暑, 何の, 兎角に, 全く同じ, 分らない, 動かない, 同じくホルトガル, 名ばかりだ, 向うの, 堪忍袋の, 声振り絞, 声振り絞っ, 多い, 多くて, 大方定まり, 太くなった, 女には, 実も, 家々の, 家も, 小さいし, 小さな灌木, 小鳥の, 少なくなっ, 岩も, 川も, 庭木も, 彼の, 後年の, 思ったより, 悒せく濡れ, 教育家の, 春に, 時には, 枝ぶりが, 格式通りに, 森も, 植えず一本, 沢山に, 浅く山, 混ツた, 滅びた, 生えて, 疲れぬ故, 皆水の, 睡って, 立つて, 緑だ, 縄を, 老いて, 育たぬ, 色を, 花であり, 花ものを, 芽を, 苔も, 表の, 見えないが, 見えなかった, 見ごとに, 見納めだつた, 語らず闇, 赤い果実, 雪に, 電線も, 青くて, 静まり返って, 顫え, 黄葉し

▼ 樹~ (121, 1.6%)

8 樹の 5 樹との 2 いう, 名の, 家々とを, 寺院と, 水の, 鉄の, 麺麭樹とが

1 [94件] いい如何にも, いうかと, いうものの, いえるかな, いったとの, いって, いっては, いわれる, おんなじよう, きれいな, その下, その樹, それに, なった, なったという, なりたるまでは, なる, なれ, ゆうか, オリーブが, ポプラとが, 一つに, 一つにな, 三ツともに, 三倍ずつで, 両方が, 二字認め, 云うもの, 云う樹, 云ふ, 交じり合って, 交番だ, 今日の, 入り交って, 反対の, 同じ丈, 同じ名, 呼んで, 塀とに, 子供の, 屋根瓦を, 山と, 巌が, 巌と, 幾年か, 庭に, 思ふあたり, 押しっくら, 暗黒の, 書いて, 松の, 枯れ茅枯れ草, 柿の, 栗の, 桑の, 梅と, 棗が, 椴松の, 楓に, 樹と, 樹とは, 水なく, 沼とを, 泌みつく, 生命を, 異って, 相打っ, 真黒に, 称する, 称するが, 称するの, 種類が, 稲妻との, 立樹の, 竹藪に, 草と, 草との, 草とを, 街路樹の, 西洋からの, 言えないほど, 言は, 訳して, 調子を, 還元後の, 重り合つた黒い, 鉄柵との, 間違えられたそれ, 闇とが, 隣の, 雪を, 霧と, 風では, 飛びや

▼ 樹~ (104, 1.4%)

3 に隠見 2 に, に仄めく, の幽, の白い, の道, をかける, を渡る

1 [87件] からさし込ん, からはや, からわずか, から不意, から日, から早く, から洩れ, から雨, がきらきら, にある, にかけた, にこだま, にた, にちらつい, にちらつく, にはだちょう, には古, には庁舎, には極楽鳥, には蛍, には重たい, にひらめい, にまた, にみえる, に反響, に可憐, に呼び交う, に大, に小さく, に小屋, に幾つ, に洋人, に白雲, に笹絹, に美しく, に翔っ, に聳え, に読書, に象眼, に躍る, に近く海, に逃惑うさ, に透け, に隠顕, の人, の寝床, の山道, の広場, の暗い高い, の村屋, の灯籠, の空, の草道, の蝉声, の路, の雪, の黄色, はせまり, はほの暗い, へ走りこみ, や, より, よりも暖か, をいろどれる, をくぐっ, をくぐった, をくぐり, をこめる, をさま, をとおし, をとおる, をぬけ, をもる, をもれ, をチラチラ, を彷徨, を洩れ, を洩れる, を流れる, を立ち騰る, を絡, を逍遙, を透かし, を通して外, を通して泄, 始めて, 或は湿地

▼ 樹から~ (79, 1.1%)

10 樹へ 4 出て 3 樹を 2 いきなり飛び下り, 樹に, 落ちて

1 [56件] うるしの, うんと実, ここへ, それを, つぎの, はなしてどたりと, ぽたぽた雨, もぐと, トンと, ブランと, 一日に, 一面に, 下りた音, 下ろして, 人間は, 出るの, 動かないこと, 四五碼もの, 垂れ下がって, 堕ちるの, 墜ちたこと, 墜ちて, 手を, 時が, 木へ, 本堂まで, 東の, 柳の, 樹へと, 次には, 海へ, 湧こうが, 滴りが, 目を, 繋がりの, 聞えなかった, 胸毛の, 落ちたもの, 落ちたよう, 落ちた何とか, 落ちるが, 落ちるの, 落ちる林檎, 落ちる譬え, 虫か, 見下して, 起った村, 逃げ出したの, 降りかかりました, 降りその, 隣りの, 離れそれ, 離れて, 静かな, 飛んで, 飛降

▼ 樹~ (77, 1.0%)

4 に三色 2 に棲ん, の名, の怪人, の鳥

1 [65件] からばらりと, から彼, から樹下, から目, から鉄砲, から降り, から飛びつい, で二回花, で囀つ, で怒号, なりと, にあっ, にある, にいた, にいる, におる, にかすか, にのぼった, にはその, によぢ, に住む, に吊し, に墜ち, に夜, に宿す, に弓矢鉄砲, に来, に棲み, に永く, に消え失せる, に熊, に狙い, に登っ, に群集攅簇, に胸, に花, に跳, に逃げ上る, に題す, のふたり, の二人, の人夫, の士卒, の家, の居場所, の巣, の影, の彼等, の微風, の忍剣, の怪山伏, の栗鼠, の梨, の物見, の生活, の番小屋, の畸形児, の鋏樹下, より飛び下りる, より鼠下り, をあおぐ, を渡る, を見あげた, を見上げる, 単梗花

▼ 樹~ (66, 0.9%)

3 はその 2 は思った, は苦笑

1 [59件] があつ, が世話, が狂文, が若菜屋, が言った, が訊いた, で果蔬, という, という植木屋, との競作, と云う, と戯作渡世, と自分, にゆづりて幕吏, に今, の, の主人, の会った, の方, の本来, の許, の門, の頭, はこう, はことごとく, はこの, はすこし, はそう, はそこ, はそのままそっと, はそれ, はちょっと, ははじめ, はふと, はもう, は三馬, は下, は切り出した, は同時に, は喫驚, は大変, は失望, は得意満面, は悪い, は慨嘆, は戯作者, は敵討ち, は昂然, は明らか, は気がついた, は皮肉, は立っ, は誰, は雀躍, は面, は面白, も焼き, やは君, を視察

▼ 樹~ (61, 0.8%)

3 啼いて 2 あらうと, その葉, 擦りむく位

1 [52件] あつたの, あつたらう, あらうか, かこんだ四つ, こなら, ござりまする, さへ, その中, その島国, それが, それに, それを, つつむ, どこが, ひとつづつの, 丁度二階の, 今日でも, 作った紙切りナイフ, 作つた櫛を, 取廻して, 吾らは, 呼んだ, 囲まれた村, 囲まれた樽野, 囲まれて, 囲繞され, 大きな油蝉, 大変です, 小うるさく擬装, 小さな珊瑚珠みたい, 弓を, 我邦で, 扇の, 拵えたの, 断えて, 有名である, 梢の, 深々と, 珊瑚の, 神の, 縁取った, 縊死した, 自宅辺に, 蔽われその, 蔽われた突兀, 蝉が, 見た, 象徴さし, 豪勢な, 面白い事, 飾られて, 鴉が

▼ 樹~ (60, 0.8%)

4 草の 2 レモンや, 灌木の, 石の, 花が, 谷を

1 [46件] えに, かためられて, こんもりした, で谷, ポプラの, ポプラを, 土に, 夜ひらく, 大きな川, 寺の, 小鳥は, 川や, 幹が, 廂の, 影の, 春に, 杏の, 松の, 枝の, 柿の木や, 楊柳も, 橡の, 欅や, 泉の, 珊瑚樹の, 石を, 石塚の, 空気や, 納屋の, 紫色を, 芝生が, 花や, 苔の, 草と, 草などより, 草を, 草花の, 落葉樹で, 蔓椒に, 藪が, 観音に, 通行人が, 銀色の, 雑木やが, 馬鳴, 鳥の

▼ 樹~ (57, 0.8%)

3 の間, を利用 2 の結晶

1 [49件] からぶら下がる, がある, が付いた, が付く, が揺れ騒ぎだした, である, で縊死, ともいうべき, と称する, などと共にぎっしり, などの場合, になった, に一尺, に一葉, に坐し, に小さい, に映っ, に溢れ, に近い, に過ぎず, に遮られ, のついた, の一例, の一部, の中, の分れ目, の垣, の小暗い, の底, の影, の時, の枝, の痕跡, は五十七糎, は前述, は西洋, または角板, や岩組み, や斎串, を伐り, を其儘, を必要, を捉え進み移る, を插, を揺っ, を画く, を発達, を雷光, を騒がし

▼ 樹~ (55, 0.7%)

2 なかった

1 [53件] かたを, これを, させて, しが, そうし, そしてその, たかったん, たきものよ, たくは, たらうけれども, たるや, て植えつけて, なくては, ましたが, ましょう, ましょうよ, まわして, みずからの, むとするにはあらず, ろと, 並べた外国風, 中二年, 中央集權的文化の, 九月に, 仙台の, 兩者の, 其上端を, 又其, 地方博物館としての, 学校も, 店員奨励, 得ない事情, 得よう, 得ようと, 得られると, 教權を, 整列せる, 江戸下谷は, 物と, 異人五人和人五人を, 直さねば, 直しが, 直しといふ, 直しとは, 直すこと, 第一, 終った, 給いながら, 続けの, 芸術の, 藝術の, 貴重な, 都内各

▼ 樹~ (54, 0.7%)

17 来庵 42 を見出した

1 [31件] おくるところ, から層雲九月号, がくれた, さうらう, そして夜, そして私, だ, だから酔う, つ, のし, の酒八合, はいびき, はやつぱり樹明, はメシヤ, は手, は泥酔, は竹格子, は酔, も来車, よく, らしいふたりいつ, をである, を思ひつ, を発見, を祝福, を見せ, を訪ね, 不来, 居夏, 来らず私一人, 遂に来らず

▼ 樹かげ~ (47, 0.6%)

2 にたたずん, に身, の石

1 [41件] からあらわれ, からで, から庭, から生垣, から縁先, から聞えた, から聞える, から脊, であそぶ, で大野, と長い, に, にかたまっ, にちら, にみえ, にチラチラ, に例, に帰っ, に漂っ, に父, に立つ, に立てた, に行き, に裁縫通, の, のキューピッド, の多い, の村, の深い, の繁華, の茶店, の見捨てられた, の谿流, へ坐り, や大地, や家, をうけ, をぬけ, をはなれゆき, をガラス戸, を行き

▼ 樹~ (44, 0.6%)

2 持って

1 [42件] かかっても, しがみつき両手, そしてついに, とび移って, のぼって, のぼり出した, のぼるの, のろのろと, むかつて, よじ上り敵, ブラ下つても, 下って, 低くとんだ, 小刀を, 帰って, 幕を, 打附けられ, 捲きつけて, 来る烏, 樹上りを, 滑りあるき, 無數, 移るこの, 紐を, 索を, 縛って, 縛っても, 縛つた證據ぢや, 繋いで, 草へ, 行こ, 行こ樹, 近づいて, 近づく遑, 遁げたその, 隠れるの, 飛びうつるの, 飛び渡れるよう, 飛ぶと, 飛ぶ翼, 飛んで, 高い樹

▼ 樹明兄~ (44, 0.6%)

1 [44件] からは米, から五十銭銀貨三枚, から午後一時庵, から珍味到来, から米, から約束, がいはれる, がいる, がき, がカルピス, が一升, が乏しい, が借し, が冬村, が山口, が待つ, が敷い, そのほか同人諸兄姉, だつた, に, に招かれ, に昼食, に私, に連れられ, のおかげ, の人柄, の友人, の奥さん, の知人, はしばらく, は一気呵成, は喜ん, は私, は自宅, は間違, も共に, も愉快さ, も感心, も来, を往訪, を見送つ, を訪ね, 再度来, 突然顔

▼ 樹てる~ (42, 0.6%)

3 ことが 2 のである, 思想は

1 [35件] かといふこと, かも, こと, ことです, ことな, ことは, こともとより, ことを, こと書物にも, ための, という, といふこと, といふやう, といふ性質, とき間違え, ところは, と共に彼, と折角, と神, と魂, についてひとつ, にも及ぶまい, に入用, に寄与, のかと, のも, までもなく, やうに, を任せん, 宿命を, 工夫も, 意味でなく, 所の, 方法が, 為では

▼ 樹木の間~ (39, 0.5%)

1 [39件] からお, からそびえ立っ, から一株二株, から三吉, から木曾川, から現し, から白壁, から碧瓦, から花やか, から蒼い, から見える, から見下す, から起った, から遠く, にこの, にすっかり, にはところどころ, には新しい, には黒い, に冷たい蒼白, に出, に太陽, に奏し, に彼等, に春, に突き込む, に立つ, に背, に見え, に見え隠れ, に見え隠れた, に隱見, の茅戸, も平地, より江戸城, をうろついてる, をよく, を歩い, を通して夜

▼ 樹枝状~ (38, 0.5%)

10 の結晶 5 の枝 3 のもの 2 になる, の模様

1 [16件] が得られた, というの, とかなり, とが多かっ, との両, との中間, に発達, の一番簡単, の六花, の場合, の小, の縞, の雪, をし, をなした, 及び広幅

▼ 樹てた~ (35, 0.5%)

2 がその, のである, 原則に

1 [29件] あちこちの, がこの, がたいてい, くらいの人, つもりに, と稱, に過ぎない, のが, のだ, のであります, のであろう, のです, のは, ばかりにこんな, みたいに, もので, ものに, ような, 事が, 原則に従って, 学統から, 後の, 招代から, 時殆ん, 武家や, 理論によっても, 竿の, 自説で, 鯉幟の

▼ 樹てて~ (28, 0.4%)

2 いるの

1 [26件] いた, いたと, いたの, いた頑冥, いったかという, いつも何, いないの, いますねん, くれること, みようと, みる, みれば, ゐるといふ, 午前三時に, 古風な, 廻折式変調受信機を, 御者帽を, 日ごとに, 日朝両, 歩く露西亜文学, 為家を, 無双の, 王城の, 聖道門に, 行った, 貰うべしである

▼ 樹明さん~ (26, 0.3%)

1 [26件] からの贈物, からよばれた, からポケツトマネー, が出勤途上, が吉野さん, が待つ, が鮒, が黒鯛持参, と冬村君, と夕飯, と武波さん, と逢, にすまない, に招かれ, のおかげ, の労働姿, の厚意, の父君, の紹介, はどう, はどんな, は少し, は来, は私, を訪ねる, 再度来訪

▼ 樹には~ (25, 0.3%)

2 いつでも, 今は

1 [21件] ありしを, いっぱいの, きっと天狗, 二本の, 何の, 六本の, 刺枝が, 古いと, 声ある, 彼が, 望まれない美観, 枝が, 棲まずという, 潮の, 無数の, 精が, 老人が, 花が, 軽い微風, 雀の, 飾燈の

▼ 樹~ (23, 0.3%)

1 [23件] がやや, が手, が框, にはそれ, に移った, の事, の御, はただ, はほとんど, はハッ, はバッ, は学校, は巻莨, は心得, は既に, は歌, は肩, は背戸畑, は腰, は血, は謝礼, は赤門寺, は静

▼ 樹~ (22, 0.3%)

32 なア

1 [17件] かも分からない, から従, かわかる, か神木, ちとも, ちのかげへ, ちのなかに, ちの幹の, つたかも, つたで, つたと, とおもったらう, とわかり, と思っ, のが, 桑で, 森々と

▼ 樹立ち~ (22, 0.3%)

2 の蔭

1 [20件] がちらつい, がふかい, が黒焦げ, にからん, に反響, に囲まれ, に薄暗い, のある, のなか, のトンネル, の上, の中, の薄れた, は互いに, へはいった, へ一歩, もほこり, も大抵, を洩れ, を覗い

▼ 樹にも~ (21, 0.3%)

3 たれて 2 たれ柵

1 [16件] お辞儀を, この世の, たれた, たれながら, 以前は, 会ったの, 土にも, 大分関係あるらしい, 天狗が, 心が, 成らず酒, 登る山坂, 立ち聞きせられる, 草にも, 虫が, 見られれば

▼ 樹~ (21, 0.3%)

2 を染め

1 [19件] からも建築, で鳴い, などは見え, には蝉, に低く, に懸れる, に暁鶯, に群聚, に翻っ, に腰, に飛ん, の方, を伝, を払っ, を掠め, を揺, を湿す, を漏り, を鳴らす

▼ 樹明来~ (19, 0.3%)

2 お土産

1 [17件] おとなしくすぐ, さつ, さびしい顔, しんみりと, そして敬坊来, そして敬治来, そして私, つ, の予告, ほがら, めづらしくまじめ, もう夜, よい酒, 南無アルコール大明神来, 落ちついた樹明, 連れ立つて, 飲み歩いたいけなかつたおなじ

▼ 樹という~ (17, 0.2%)

2 樹の, 樹は

1 [13件] のは, もので, ものの, 友だちが, 名を, 名前と, 木の下に, 樹が, 樹に, 樹建物の, 絶滅種では, 街路樹の, 風が

▼ 樹でも~ (16, 0.2%)

1 [16件] あれば, いけないかい, する, それが, どんな小さな草, ない何, 一向差支, 一抱えぐらいに, 同じ色, 早や, 樹枝に, 田の, 真先に, 艸でも, 花でも, 見て

▼ 樹~ (16, 0.2%)

1 [16件] ううタ, から滴り, のことごと, のまわり, の向う, の影, の末枯れた, の枝, の梢, の緑, の間, はつめたく, は静か, もみな, も花, を囁かせ

▼ 樹~ (15, 0.2%)

1 [15件] が赤錆色, が路上, に唾, に覆い隠され, の, の凋落, の紋, の辺り, の間, は敷き詰めた, や花, をからさん, を分け, を吹き去り, を染め

▼ 樹明居~ (14, 0.2%)

1 [14件] から頂戴, だいつも, で朝飯, の一夜, の厄介, の記, は好き, へは遠慮, へ出かける, へ因縁, へ御馳走, へ押しかけ, へ推参, を往訪

▼ 樹あり~ (12, 0.2%)

1 [12件] あかあかと, その樹, てその, て之, て交わり, て立つ, という, 二人樹下において, 土小屋五六其額に, 沙羅雙樹といふといふ, 盤屈三千里上に, 竹林に

▼ 樹てられ~ (12, 0.2%)

3 てゐた 1 さうもない, その上, その枝, たるを, ていた, ている, てゐる, て静か, 其木綿とり垂でた

▼ 樹てられる~ (12, 0.2%)

1 [12件] かにより様々, ことによ, ことも, ころだ, に違, 事とは, 事に, 二種の, 初春と, 時と, 筈だから, 自発性の

▼ 樹では~ (12, 0.2%)

3 ない 1 ないか, なかつた, なくその, なく我邦, なく樹, なく草, 無いので, 無い日々夜々, 鷽の

▼ 樹より~ (12, 0.2%)

2 弾を通して 1 いづ, した, 下り賊, 人間の, 冬枯れの, 多く植え, 大なる, 残らなかつた一本, 細幹とでも, 降りて

▼ 樹明君来庵~ (12, 0.2%)

1 [12件] お土産, さしつさ, さつ, すぐ帰宅, すぐ酒屋, つ, なが, ほがらかな顔, まづ一杯, 何だか形勢おだやか, 御持参, 誘はれて

▼ 樹~ (12, 0.2%)

21 に倒れ, に縋った, に縋り, に腰, の皮, へ投げ, を枕, を洗, を蹈, 怪しく蟠り

▼ 樹~ (12, 0.2%)

2 に啼く, に懸かる, の花 1 にある, に在り, に嵐, に懸る, の原, 之花

▼ 樹である~ (10, 0.1%)

1 かがほぼ, かという, かは物, からである, から日本, がしかし, ことは, と考える, と評せられ, のか

▼ 樹として~ (10, 0.1%)

1 そしてこの, 中国式な, 伐り棄て次第, 典型的な, 理解する, 生長し, 知ること, 立派な, 非常に, 香花を

▼ 樹~ (10, 0.1%)

1 のだ, のである, のでしょう, ので好く好く, ので母親, ので遥, のね, のよ, はや見る, んだ

▼ 樹~ (10, 0.1%)

1 がすべすべ, が擦りむけ, には真っ赤, の二抱, の剥けた, の山桜, は汗ばみ, を喙, を持っ, 白く鳶色

▼ 樹てられた~ (9, 0.1%)

1 ことと, ときすでに, と仮定, ものであり, ようである, 一つの, 写実主義の, 新植民地, 計画は

▼ 樹との~ (9, 0.1%)

2 間に 1 二色ぐらいか, 爲めに, 間が, 間には, 間へ, 間を, 類似を

▼ 樹です~ (8, 0.1%)

1 か, から決して, かデオン, がここ, が檜, な, よ, 棕櫚に

▼ 樹~ (8, 0.1%)

21 が, に罪, も帰る, も敬君, も来なかつた, を自動車

▼ 樹~ (7, 0.1%)

1 あ, なにかで, なんかが, わかりませんけども, 知らないが, 草か, 陽樹かによ

▼ 樹とが~ (7, 0.1%)

1 いづれも, こちらを, ただならぬ光景, まばらに, 五里六里離れ, 歩き進むにつれ, 蔽い冠さって

▼ 樹とも~ (7, 0.1%)

1 いわれる, ろ共に, 垣根の, 書く, 無憂樹, 知れずばらばら, 称する有名

▼ 樹などの~ (7, 0.1%)

1 亜熱帯植物が, 南国的な, 漢薬の, 苗を, 葉蔭に, 蔭を, 雑わるは

▼ 樹に対して~ (7, 0.1%)

1 かれの, たけだけしい勢い, 利用した, 太息する, 比較にさえも, 現わし, 私は

▼ 樹~ (7, 0.1%)

2 の家 1 に居, に飛ばした, の借家, の問題, の彼

▼ 樹~ (7, 0.1%)

42 にや 1

▼ 樹菩薩~ (7, 0.1%)

1 が現われ, の, の化影, の大論, は, は寛平, も在俗

▼ 樹といふ~ (6, 0.1%)

3 のが 1 ものが, 勿れ, 樹さへ

▼ 樹とは~ (6, 0.1%)

1 ちがうぞ, 必らず異なつ, 忽ち跡, 思へないだらう, 物言ひ, 讃むべき

▼ 樹など~ (6, 0.1%)

1 しづかに, その惨状, 伐り仆, 惜しむに, 枯れも, 野生したる

▼ 樹によって~ (6, 0.1%)

1 それぞれ違う, 代表される, 基督は, 枝ぶりが, 染め分けたるが, 欺かれ熊

▼ 樹~ (6, 0.1%)

2 アンモラ樹よ 1 くるほしき, これも, これらも, 汝は

▼ 樹~ (6, 0.1%)

1 が起ちました, の正体, の風, はこう, は小さい, は気取った

▼ 樹~ (6, 0.1%)

1 といわれた, の仙臺, はたいへん, もまた, や火人, を正しく

▼ 樹~ (6, 0.1%)

1 がまばら, にあさ, にし, のしげき, はみな, は深く

▼ 樹~ (5, 0.1%)

1 ういふ, へつら, へなく, へも云, へ悲しも

▼ 樹~ (5, 0.1%)

1 ことが, ものほど, 思想文化を, 所の, 新日本諸学

▼ 樹つる~ (5, 0.1%)

1 ことを, なり, にある, に及ぼう, のほか

▼ 樹てよう~ (5, 0.1%)

1 とした, とし始める, とする, とすれ, とは平次

▼ 樹ばかり~ (5, 0.1%)

1 であつ, である, では, で騷ぐ, 見て

▼ 樹~ (5, 0.1%)

1 だ, に蔽われた, に身, のよう, の中

▼ 樹~ (5, 0.1%)

2 を書いた 1 だろうが, に親しん, も追放

▼ 樹~ (5, 0.1%)

2 に感じた 1 が哭く, に光り, までが鮮ら

▼ 樹明君来庵酒~ (5, 0.1%)

1 がなく, と肉, と豆腐, と魚, を持つ

▼ 樹~ (5, 0.1%)

1 にふさわしい, の三分の二, の蟲, や樹皮, を斂め

▼ 樹~ (5, 0.1%)

1 ではさっき言つた, のさ, の定命, は一千年, もわからぬ

▼ 樹ある~ (4, 0.1%)

1 の山, は何, を以つて, を尚

▼ 樹からは~ (4, 0.1%)

1 あんなに遠く, 巽の, 熟した果実, 蜂蜜が

▼ 樹だけは~ (4, 0.1%)

1 いいわね, 出なかった, 夢に, 幽鬱

▼ 樹だった~ (4, 0.1%)

1 か大きな, と告げました, のだ, のだろう

▼ 樹だの~ (4, 0.1%)

2 水だの 1 桂だの, 鳥だ

▼ 樹って~ (4, 0.1%)

2 いたが 1 いる, いる一本松

▼ 樹てり~ (4, 0.1%)

1 ほかに, 何をか, 尼たちが, 柿の

▼ 樹などが~ (4, 0.1%)

1 その上, 生繁っ, 空も, 落着いた

▼ 樹にでも~ (4, 0.1%)

2 石にでも 1 あるもの, 北の方に

▼ 樹のぼり~ (4, 0.1%)

1 がすき, が上手, に妙, 上手と

▼ 樹ぶり~ (4, 0.1%)

1 から枝ぶり, が実に, が悪い, が皆

▼ 樹まで~ (4, 0.1%)

1 さしわたし五十間, 出かけて, 十メートルを, 持って

▼ 樹~ (4, 0.1%)

1 に上陸, に帰りし, に帰れ, へ帰りぬ

▼ 樹~ (4, 0.1%)

1 が整然, と針葉樹帯, の層, の葉

▼ 樹~ (4, 0.1%)

1 と私, の姿, はその, は見すぼらしい

▼ 樹庵次郎蔵~ (4, 0.1%)

1 であった, の間借部屋, は大きく高く, は約

▼ 樹明冬村~ (4, 0.1%)

2 の二君来庵 1 の二兄来庵, の二君

▼ 樹枝状発達~ (4, 0.1%)

2 をした 1 をする, を生ずる

▼ 樹深く~ (4, 0.1%)

1 ことに遠野分, して, 奇石あり, 山深く

▼ 樹~ (4, 0.1%)

2 のよう 1 に囲まれた, に沿っ

▼ 樹~ (4, 0.1%)

3 の作品 1 のよう

▼ 樹~ (4, 0.1%)

1 が全然, をなし, を形づくる, を見せる

▼ 樹~ (4, 0.1%)

1 の性格, の種類, 多きに, 少なきに

▼ 樹かと~ (3, 0.0%)

1 思ふが, 見まがう松, 言うと

▼ 樹すなわち~ (3, 0.0%)

1 ゴンズイだ, 斑枝花, 眼を

▼ 樹つて~ (3, 0.0%)

1 ゐますね, ゐる, をり

▼ 樹つるこ~ (3, 0.0%)

3 と深厚

▼ 樹なら~ (3, 0.0%)

1 ば金屬, 丈夫だ, 朽木人間なら

▼ 樹のみは~ (3, 0.0%)

1 もう真白, わざわざ持ち運ばせる, 晩秋から

▼ 樹へと~ (3, 0.0%)

1 次第に望み, 銑さんの, 隠れて

▼ 樹また~ (3, 0.0%)

1 藪の, 道の, 遠山の

▼ 樹よりも~ (3, 0.0%)

1 もっと本物, 草そして, 高く鐘楼

▼ 樹らしい~ (3, 0.0%)

1 なとそつ, また欅, 若葉が

▼ 樹~ (3, 0.0%)

1 抱イテ号ブ, 生ズ, 遶ッテ箭ヲ

▼ 樹上り~ (3, 0.0%)

1 をし, をした, をする

▼ 樹~ (3, 0.0%)

1 を照, を越え, 何となく内密さ

▼ 樹多く~ (3, 0.0%)

1 また菜畦, 目下落葉最中なり, 落葉樹少なし

▼ 樹姿~ (3, 0.0%)

1 とを見, の人工的, を大きな

▼ 樹婆叉~ (3, 0.0%)

1 というの, の話, を知らない

▼ 樹~ (3, 0.0%)

1 の数, の漂着地, の産地

▼ 樹~ (3, 0.0%)

1 が横拡, の節くれだっ, は円錘状

▼ 樹明君宿直~ (3, 0.0%)

1 である例, といふさ, なので

▼ 樹明君来訪~ (3, 0.0%)

1 しんみり飲ん, つ, まことによい

▼ 樹明来酒~ (3, 0.0%)

1 と肴, と魚, はのみたし

▼ 樹枝型~ (3, 0.0%)

1 となる, のもの, の雪

▼ 樹枝状結晶~ (3, 0.0%)

1 が平面, が水蒸気, に小

▼ 樹~ (3, 0.0%)

1 で醗酵, のほう, のまえ

▼ 樹~ (3, 0.0%)

1 あり歳初め人, だらうか, を祭った

▼ 樹~ (3, 0.0%)

1 であるから, とが分る, は異なるであろう

▼ 樹~ (3, 0.0%)

2 の空 1 に舞

▼ 樹~ (3, 0.0%)

1 の幹, の絶えた, を刈り取ったらしい

▼ 樹茂り~ (3, 0.0%)

1 て水, 人の, 葎蔽い

▼ 樹~ (3, 0.0%)

1 で裸, にある, を一人

▼ 樹ありそがう~ (2, 0.0%)

2 しろ

▼ 樹あれ~ (2, 0.0%)

1 か双, ども紅葉

▼ 樹うる~ (2, 0.0%)

1 とかあらゆる, にその

▼ 樹こそ~ (2, 0.0%)

1 あれ, 自分の

▼ 樹さえ~ (2, 0.0%)

1 感動する, 生えない城東

▼ 樹さては~ (2, 0.0%)

1 処嫌はず無遠慮に, 処嫌わず

▼ 樹さん君~ (2, 0.0%)

1 と私, のお父さん

▼ 樹じゃ~ (2, 0.0%)

1 ないでしょうか, ろうがの

▼ 樹その~ (2, 0.0%)

1 ヴァイオリンそれから, 実を

▼ 樹そのもの~ (2, 0.0%)

1 の怒鳴する, は弱り

▼ 樹それ~ (2, 0.0%)

1 は山桜, を植えた

▼ 樹だらう~ (2, 0.0%)

1 か今日警視庁, が

▼ 樹~ (2, 0.0%)

1 て浜風, 王始め群臣の

▼ 樹てねば~ (2, 0.0%)

1 うち樹てねば, ならぬと

▼ 樹であっ~ (2, 0.0%)

1 てたいてい, ても紅

▼ 樹であった~ (2, 0.0%)

1 ためたぶん, 殊に茶席

▼ 樹であり~ (2, 0.0%)

1 それ故にまた, トンキンでは

▼ 樹としては~ (2, 0.0%)

1 大きくなりました, 桃は

▼ 樹とともに~ (2, 0.0%)

1 同所に, 支那風景の

▼ 樹とを~ (2, 0.0%)

1 もって, 持って

▼ 樹と共に~ (2, 0.0%)

1 ここかしこに, 矮い

▼ 樹ながら~ (2, 0.0%)

2 山を

▼ 樹なく~ (2, 0.0%)

1 一根の, 草も

▼ 樹などで~ (2, 0.0%)

1 下手な, 鳴く事

▼ 樹などに~ (2, 0.0%)

1 上つて居る, 来たところ

▼ 樹なども~ (2, 0.0%)

1 描いて, 随分その間

▼ 樹などを~ (2, 0.0%)

1 切って, 植えたり

▼ 樹なんか~ (2, 0.0%)

1 どこにだって, 歓ぶも

▼ 樹により~ (2, 0.0%)

1 かからずには, 多く心を

▼ 樹ばかりの~ (2, 0.0%)

1 木下闇も, 桑の

▼ 樹までが~ (2, 0.0%)

1 うれしさうに, 常陸ッ木下総ッ木と

▼ 樹を以て~ (2, 0.0%)

1 其背骨と, 蓋はれ

▼ 樹~ (2, 0.0%)

2 依テ生ズ

▼ 樹~ (2, 0.0%)

1 時折燃エントスルアリ, 根ニ

▼ 樹ハ女人~ (2, 0.0%)

2 之レニ

▼ 樹保存~ (2, 0.0%)

2 の札

▼ 樹園大人~ (2, 0.0%)

1 は小伝馬町, を訪れた

▼ 樹園石川雅望~ (2, 0.0%)

1 がこの, はこのごろ

▼ 樹居士~ (2, 0.0%)

1 と云, のやさし

▼ 樹~ (2, 0.0%)

1 といふ人, の

▼ 樹敬山~ (2, 0.0%)

1 そしてちいちやん, の三重奏

▼ 樹斜め~ (2, 0.0%)

2 に生

▼ 樹明再来~ (2, 0.0%)

1 だなと, つ

▼ 樹明君やう~ (2, 0.0%)

1 やく来, やく起きて

▼ 樹明君和~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 樹明君来庵テル坊~ (2, 0.0%)

1 も, も来

▼ 樹明君来庵私~ (2, 0.0%)

1 が落ちつい, の不

▼ 樹明君私~ (2, 0.0%)

1 のため, はあなた

▼ 樹明君酔~ (2, 0.0%)

1 つぱらつてころげこんだ, つぱらつて来訪

▼ 樹明来ハム~ (2, 0.0%)

2 を持つ

▼ 樹明来久しぶり~ (2, 0.0%)

1 に一杯, に飲む

▼ 樹明老~ (2, 0.0%)

1 がやつ, は

▼ 樹~ (2, 0.0%)

1 に金鶏, わかるる光

▼ 樹樵來~ (2, 0.0%)

2 るな

▼ 樹~ (2, 0.0%)

1 と新村氏, などが生徒代表者

▼ 樹泥棒~ (2, 0.0%)

1 だった, であり誣告人

▼ 樹洩れ~ (2, 0.0%)

1 日の, 陽は

▼ 樹疎ら~ (2, 0.0%)

1 なる處, な街燈

▼ 樹登り~ (2, 0.0%)

2 をし

▼ 樹~ (2, 0.0%)

1 の雲畑, を動盪

▼ 樹~ (2, 0.0%)

1 のところ, を囲

▼ 樹~ (2, 0.0%)

1 夫村, 比丘の

▼ 樹~ (2, 0.0%)

1 は何れ, を曝

▼ 樹~ (2, 0.0%)

1 を向う, を通っ

▼ 樹~ (2, 0.0%)

1 がある, には狸

▼ 樹雷雨~ (2, 0.0%)

2 の空

▼1* [503件]

あたりの妓楼, 樹あってその, 樹あとは椎, 樹あり因ってその, 樹あり過ぎしころは, 樹いわく風がわれ, 樹ゑ往く, 樹ううタ魂魂, 樹て独り, 樹おなら大葉柏などの, 樹おばけのよう, 樹お寺などの書い, 樹かいの, 樹かく秀でその, 樹かげこまやかな谿谷, 樹かげすゞしく石, 樹かげ夢は花さく, 樹かげ樹かげにチラチラ, 樹かげ草の中, 樹かげ路からちらりと, 樹かげ道を歸, 樹かぞえなどと称し, 樹かとは何うし, 樹からとなく私, 樹からの図である, 樹がぞろっと, 樹けに坐って, 樹ごとに, 樹さんの所藏, 樹ざくらの天狗巣, 樹すべて葉をふるい落し, 樹せずして終る, 樹そのままのよう, 樹わ, 樹たちに会う, 樹たつ處, 樹たる資格を, 樹だけが残る傾向, 樹だけに壁の, 樹ださうだが校長, 樹ださうで柳原封疆の, 樹だちに包まれ, 樹ちこめて神々しき, 樹ちらちら見える家並, 樹ち直るのは, 樹やない, 樹った電柱の, 樹つづきの森林, 樹つといて, 樹つべき時では, 樹つる事を許した, 樹つる時に彼, 樹てたら傍目を, 樹てつつあるの, 樹ててから一般の, 樹ててもきっと失敗, 樹てながら君側の, 樹てに来るもの, 樹てよ個々誇りを, 樹てらるべきではありません, 樹てられし旗竿には, 樹てられたる前記の, 樹てられないことも, 樹てられなくてはなるまい, 樹てられなければならぬ, 樹てられるであろうか, 樹てるうへに甚だ, 樹であるならば撓める, 樹であるぶなの巨木, 樹であればこれ, 樹ででもあらう, 樹でない緑の, 樹でなければまだ, 樹とこはれか, 樹としての壮大さを, 樹とて稍にのみ, 樹とに対する両方の, 樹とばかり私は, 樹取っ換え, 樹ども夥多ありし中, 樹なぞのある, 樹なぞが詫し, 樹などとは比べものに, 樹などについて語って, 樹などにもありまたは, 樹などは面白いが, 樹なほたちつ, 樹なほ小に十四町, 樹なりがあるところ, 樹なるものは, 樹なれば春, 樹なんぞ揺ぶる, 樹なんど廊の柱, 樹におけるもしくはコレラ病, 樹についてすべて汝の, 樹についての注意を, 樹にどつと留まる, 樹になつた, 樹によつて染分けたるが, 樹によりかかつた, 樹に対するタマツバキの, 樹に関してのイキサツを, 樹のせゐかも知れません, 樹のみならずあらゆる, 樹のみとはなったが, 樹はかなしげに, 樹はと問うと, 樹はびこりて庭半ば, 樹振つて, 樹ばかりが多かつ, 樹ばかりぞ秀でたると, 樹ぶり枝ぶり山毛欅の老樹, 樹まじりに粟, 樹までも触手を, 樹みたいなもの, 樹みち水際には高い, 樹らしく幹の, 樹らしく落ちついた光沢の, 樹らしく見える部分へ, 樹者が, 樹ゑたやうに立つた, 樹ゑ諸侯は柏, 樹をめぐっておろおろしだした, 樹を通してはるか眼下に, 樹オレンヂ栽培等数へ挙げれ, 樹ト翻ヘス因果経ニ云ハク二月八日ニ夫人毘藍尼園ニ住ミ無憂華, 樹ナラザルハ無シ, 樹ニシテ能實ヲ結ベドモ, 樹ハ直径壱尺余ニシテ直聳シ喬木, 樹バルザツクの大, 樹メコン河の流れ, 樹一たび落ちて, 樹一もと障へ, 樹一人縁日の四辺, 樹一本切り又椰子一顆打, 樹一杯に咲きみちた, 樹一株隔てた中, 樹万樹を一望, 樹三四丁の列樹, 樹三郎服部武雄加納道之助毛内有之助, 樹上つて梢の閨, 樹上競争はこの, 樹下衆車苑に遊ぶ, 樹世にいでて, 樹三株を, 樹並木斯くは, 樹微言, 樹がながれた, 樹二三その前, 樹二十歳位とある, 樹五六本その一つ, 樹りに, 樹人君と交際, 樹人殿としてある, 樹今朝又零落, 樹の洞, 樹保護の名目, 樹個体に内在, 樹兄信州の妻, 樹兄福井市にゆき, 樹全体は勢いよく, 樹八株ずつを植え, 樹切るより如何, 樹制多等に帰依, 樹微躯聊期報国忠, 樹加茂川千鳥恋はなき, 樹千章雪裡今に春, 樹即ち樹木の, 樹參差として蔭闇, 樹叢中に彷徨, 樹香ト號ス, 樹古く陰欝として, 樹同然針金のやう, 樹名サカキに限らない, 樹名今のニワトコ, 樹君休伐, 樹四五本のあいだ, 樹四五本踏石を分けた, 樹國濟國師といふの, 樹園といつてもい, 樹園作酔放逸人画の六冊物, 樹園六樹園と自分, 樹園書屋に自分, 樹土堤から今度, 樹地中海の岸辺, 樹地獄や石斫地獄, 樹変じて二十四億, 樹天親支那の曇鸞, 樹天親曇鸞道綽善導源信源空の七祖, 樹姿それらのもの, 樹姿風致もよい, 樹と答えた, 樹の長大, 樹として片, 樹密接林の間, 樹の樹木, 樹に坐する, 樹をこえ, 樹峰茶屋心中なお夫人堂, 樹常に深紅の, 樹に水, 樹幾年この山, 樹建物の樋, 樹後庭花也載驚異, 樹に煉瓦色, 樹怪石後園に類, 樹怪石相連なり園中, 樹態枝勢ならびにその, 樹我がために, 樹折ったり転覆, 樹折花誤墜園中, 樹り, 樹は潔い, 樹敬等々君の如き, 樹数本をもって社, 樹數十章今を盛り, 樹方庵も控え, 樹既に夏を, 樹明さん冬村さんだけで, 樹明さん敬治さん冬村さん, 樹明両君に, 樹明兄さつそ, 樹明兄先夜写して, 樹明兄冬村兄の活動, 樹明兄敬治兄等の並々, 樹明兄来庵ちよんびり, 樹明兄来庵種子を貰, 樹明兄来庵章魚を持つ, 樹明兄来庵野菜をたくさん, 樹明兄来訪友達と二人, 樹明兄私の安否, 樹明冬村両君にお, 樹明冬村二君に過ぎつた, 樹明冬村共力して, 樹明君がちやんと, 樹明君さうらうとして, 樹明君ちよつと来談, 樹明君ひよつこりと, 樹明君ほんたうに, 樹明君ぼうぜん私はせいぜんと, 樹明君バリカン持参で来, 樹明君一枚のフトン, 樹明君不在それから歩いた歩いた, 樹明君久しぶりに逢うた, 樹明君二日酔のからだ, 樹明君再来何だか様子, 樹明君再来第六感を働ら, 樹明君午後来庵敬治君不来, 樹明君即製の灯火, 樹明君夜警から来, 樹明君宿直御馳走になつて, 樹明君帰宅よく飲み, 樹明君徃訪久しぶりの会合, 樹明君待ちあぐねて, 樹明君悄然として出勤, 樹明君招待酒は亀齢, 樹明君敬君が泊つて, 樹明君敬坊に与ふ, 樹明君敬治君と三人, 樹明君敬治君来庵酒と汽車辨当, 樹明君昨夜の酔態, 樹明君暮羊君を悩ました, 樹明君朝来訪昨夜のワヤ, 樹明君来庵ちりでほどよく, 樹明君来庵ひさしぶりに飲んだ, 樹明君来庵ほろ酔機嫌でニコ, 樹明君来庵ぼうばくとしてゐる, 樹明君来庵まじめな酔, 樹明君来庵ハムと餅, 樹明君来庵上機嫌だ塩昆布茶, 樹明君来庵久しぶりである, 樹明君来庵何か胸, 樹明君来庵例の揮毫料, 樹明君来庵例年の如く, 樹明君来庵午睡これから湯田, 樹明君来庵同道して, 樹明君来庵周二君も来, 樹明君来庵夕方まで話し, 樹明君来庵大村君を伴つて, 樹明君来庵宿酔の様子, 樹明君来庵幸に鮒, 樹明君来庵折よく御飯, 樹明君来庵散歩しようといふ, 樹明君来庵旦へ行かう, 樹明君来庵春風微笑風景を展開, 樹明君来庵気持よく飲ん, 樹明君来庵渋茶をすゝ, 樹明君来庵牛肉の鋤焼, 樹明君来庵茶をのん, 樹明君来庵豆腐と野菜, 樹明君来庵飯が食べたい, 樹明君来庵餅と輪飾, 樹明君来庵香煎をすゝ, 樹明君来庵魚と焼酎, 樹明君来訪三人でのんびり, 樹明君来訪二人の酔漢, 樹明君来訪例の如く酔う, 樹明君来訪停留所まで送る, 樹明君来訪積る話, 樹明君来訪豆腐と魚, 樹明君神妙に早, 樹明君要件を持つ, 樹明君近来の口癖, 樹明君違約して, 樹明大明神様々だ, 樹明大菩薩を同じ, 樹明夫人に, 樹明宿直なので, 樹明居徃訪を約し, 樹明居襲撃ができなく, 樹明山頭火の酒宴, 樹明帰宅敬坊と私, 樹明徃訪そして来訪, 樹明徃訪二十年振の, 樹明徃訪午後は樹明来訪, 樹明敬治二兄同道来庵酒魚鮨すべて持参だから, 樹明来おかげで三八九, 樹明来お茶とビスケツト, 樹明来かしわで飲む, 樹明来ふたりで飲ん, 樹明来やうやく一升捻出, 樹明来やつぱり昨夜は酔中彷徨, 樹明来サケとトウフ, 樹明来今日はどうしても, 樹明来信これで私, 樹明来信宿直だから, 樹明来同道して, 樹明来大に飲み, 樹明来宇部へ出張, 樹明来家庭の空気, 樹明来敬坊不来, 樹明来昨夜の酔態, 樹明来暫らく話してから, 樹明来暮羊来お土産, 樹明来珍品を持つ, 樹明来福神漬でお茶, 樹明来私が使者, 樹明来米持参この米, 樹明来胡瓜で一杯, 樹明来自分で飲みたい, 樹明来茶をすゝつて漫談, 樹明来蒲鉾一枚酒一本でとろ, 樹明来行商の話, 樹明来訪つ, 樹明来訪ちりで一杯, 樹明来釣竿突網釣道具餌そして辨当, 樹明来鰯で一杯, 樹明来鶏肉を持参, 樹明氏だけとても, 樹明泥酔して, 樹明白船せい二清恵澄太等等等春風いつもしゆう, 樹明百円札で山頭火, 樹明的手法で表現, 樹明直伝のもの, 樹明菩薩が控, 樹明赤ちやんに, 樹明酔来手のつけやう, 樹明酔来私を街, 樹昔葡萄にて有徳, 樹城雲, 樹時新入座但聞名, 樹およびそこ, 樹暗くして, 樹暗もあからむ眞夏日なか, 樹木の実を食べた, 樹木谷へ下る, 樹なれ根, 樹村大字五助谷字通り山美濃恵那郡静波村大字野志字通り沢越後南蒲原郡大崎村大字下保田字通坂常陸那珂郡勝田村大字三反田字道理山等も皆これ, 樹松浦の屋敷, 樹にあらず, 樹の, 樹枝その他の立体的, 樹枝状その他の平板結晶, 樹枝状六花結晶を底面, 樹枝状樹枝角板中間型角板角錐角柱側面付角柱の順, 樹枝状系統によく, 樹枝状紋とか言う, 樹枝結晶は直径一・五粍位, 樹枝結晶並に, 樹枝角板中間型となる, 樹枝角板中間型角板角錐角柱側面付角柱の順, 樹柏柊水松の古, 樹柞樹奇勝万千不遑応接, 樹に固着, 樹根岩角を飛, 樹根怒張して, 樹梢高らかに空, 樹に移さん, 樹梳って触る, 樹棕梠の樹, 樹高く立ちこめ, 樹植えられたり, 樹植ゑたりき其処の灰, 樹椿の樹, 樹楼波川ながしと共に, 樹樹樹ううタ, 樹の樹, 樹檳榔樹菩提樹が重なり合った, 樹武蔵の横, 樹に就い, 樹氏石川光次氏久保十三郎氏來り謝す, 樹で無事, 樹河沼小独立家屋, 樹にパチパチ, 樹深い中に, 樹深き山路を, 樹渡りするような, 樹漸く枯死する, 樹潺湲たる水, 樹爪哇竹などの多い, 樹甚だ高し, 樹生る樹を, 樹という野暮, 樹町十七番地の北園竜子, 樹異類の禽獸一, 樹のため, 樹なり之, 樹白樺に樹氷, 樹蒼古老, 樹石花草巧ニ景致ヲ成ス, 樹碧梧の梢, 樹科蟻塔科蔓菜科岩菜科花葱科などの様, 樹種はぶなですが, 樹立ちどころに断つ達ひそか, 樹立てるが怪しげ, 樹の小, 樹と比較, 樹等都会の公共造営物, 樹答えて言う, 樹簫索天霜を降らす, 樹精伝説と謂, 樹紅焔の広前, 樹紅紫の奇花, 樹緑林の影, 樹老いて材, 樹の断面, 樹の香, 樹胡人祀之, 樹をトラツク, 樹が出, 樹自然深, 樹自身の現象, 樹を一人, 樹船材にする, 樹少なく不毛故, 樹芒等を栽, 樹を帶, 樹花草の美, 樹芳香馥郁として万花繚乱, 樹茂密その上, 樹草泉石のえ, 樹草類を集め, 樹荒草に対していた, 樹葉それを二つ折り, 樹葉みなふるえた, 樹葉皆な下垂, 樹葉黄落の暁, 樹と云い, 樹蔭一つない稲田, 樹蕭索天霜を降らす, 樹蕾みて夏休み, 樹が叛旗, 樹をま, 樹裂くる声物凄, 樹見えずして薫, 樹を聞い, 樹越しに見えつ隠れつ, 樹を駈けぬけた, 樹日月影将, 樹郡小机村の郷士, 樹郡旭村大字駒岡村瓢簟山の東面部, 樹郡登戸の農, 樹針葉樹の林, 樹鋏みで切っ, 樹間断又連, 樹間起伏する草, 樹間隠れに見ゆる, 樹く之, 樹檀の, 樹院様の御用達, 樹りの, 樹雅趣を帯び, 樹雑草を刈り取っ, 樹といふ詩, 樹雲形花鳥人物鬼形仏像などを周り, 樹は青々, 樹靈廟に歸依, 樹青林見渡す森, 樹静かならん, 樹面白い熱帯植物の, 樹頭夜嵐三幕を訂, 樹頭夜嵐興行中始めて, 樹と草種, 樹を聞ぎてすなわち便, 樹のなめらかさ, 樹高く道の, 樹にあらず, 樹鮮紅に染められ, 樹の正体, 樹鳴り物凄き心地, 樹黄葉して, 樹齡二千年といはれ, 樹齡八百年と言