青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「横浜~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

樣子~ 権~ ~権利 権利~ 権力~ ~権威 権威~ ~横 横~ 横たわっ~
横浜~
横町~ ~横顔 横顔~ ~樹 樹~ ~樹木 樹木~ 樽~ ~橋 橋~

「横浜~」 1808, 20ppm, 5879位

▼ 横浜~ (427, 23.6%)

9 方へ 4 バンド, 桟橋に, 港が 3 埠頭に, 山手に, 或る, 港に, 親類へ

2 [22件] ように, 亜米利加人へ, 会社に, 叔母さん所へ, 国枝さんの, 土を, 外国商館に, 女学校の, 家へ, 市長なら, 彼の, 怪しい家, 方で, 方に, 検事局に, 波止場で, 海岸通りで, 海岸通りに, 町を, 税関まで, 空襲で, 蓑沢に

1 [347件] ある会社, ある芸妓屋, ある貿易商, ええ叔母, お得意先, お父さんが, かういふ所, きたない旅館, さきの, さる労務関係, ですから, ときより, とても好い, どこかの, どこだ, どこに, どんな学校, はなくなった, へいち, ほうが, ほうに, ほうへ, ぼくの, みやげを, ものか, もので, アドレスで, アベ商店に, アメリカン, イギリス公使パークスの, イギリス埠頭場へ, イギリス系オリエンタル, オ月ドン荏原郡矢口村の, キャバレエを, キャバレーが, グランドホテルから, グランドホテルに, ケリイという, サンタ, ジェームス, セミナリイの, ダンシング・ホールと, チャブ屋の, ドイツ人経営の, ドクタア・エルドリッジ及び, ドーリングとかいう, ニューグランドまで, ビクター実演大会, フェリス女学校に, フエリス女学校, ペルメルに, ホテルで, ホテルとの, ホテルの, ホリ辰の, マッカネルと, メリケン波戸場の, メールや, ラシャ屋へ, ロシアの, 一会社が, 一点に, 三渓園に, 三渓園へ, 三都市は, 不良で, 不良少年で, 中学を, 久保山で, 事務所で, 人が, 人の, 人達です, 人間は, 人魂騒ぎ, 仕入れものは, 仲仕ほど, 住民は, 住民二十万は, 佐伯藤之助氏が, 何処とかへと, 倉庫に, 停車場に, 停車場の, 先の, 免状を, 入口神奈川の, 八十九番へ, 公園の, 内港, 匂いが, 北東を, 医師の, 十五番へ, 十字街を, 千歳町に, 午砲, 午砲を, 南京町で, 南十八マイルの, 博奕宿へ, 友人たちのうへに, 友達の, 叔母の, 叔父の, 取引外国人との, 号外を, 商人か, 商人と, 商会に, 商会の, 商売も, 商館に, 商館へ, 商館番頭で, 喫茶店に, 園芸会社へ, 土地から, 地理が, 地理も, 埠頭から, 埠頭で, 埠頭と, 埠頭へ, 埠頭を, 埠頭場まで, 埠頭胸おどらせ, 場合は, 外人たちは, 外人の, 外人を, 外人植民地は, 外国人中にも, 外国商人が, 外国商館を, 外字新聞に, 夜は, 大惨害, 天洋ホテルで, 太田初音町の, 奉行を, 女と, 女医ドクトル・シモンズの, 女学校を, 女学校出の, 奴等に, 子が, 子ども達は, 宅で, 宅に, 守備を, 宝来町の, 実家へ, 実業家上郎清助氏の, 家で, 家の, 家を, 宿屋へ, 富田屋さんの, 富豪原富太郎氏を, 寿町に, 将来を, 尾上町です, 居留地が, 居留地に, 居留地漸く, 屑糸取引の, 山の手という, 山の手な, 山ノ手らしい, 山下町で, 山口正憲と, 山手で, 山手の, 山手を, 岩亀楼の, 崩れた屋根瓦, 工場から, 工場に, 市場訪問は, 市街は, 市街へ, 市街を, 市街横浜の, 市長が, 市長などを, 市長を, 広々と, 店を, 建物は, 弗相場で, 彫辰, 怪屋で, 惨状も, 懇意な, 或亜米利加人, 或英吉利人, 戦争は, 手前の, 支店創立百年に, 支店長から, 支店長の, 支店長も, 支社で, 支那人町の, 敏行さんに, 教育界に, 敦子おばさまの, 敦子さまにも, 敦子さまの, 敦子さま御, 敦子小母さまの, 新仏が, 新富亭と, 新聞紙にも, 方から, 方の, 方へは, 方まで, 方角換言すれ, 旅宿に, 日本亜細亜協会で, 日本商人および, 日米聖書株式会社と, 時計屋を, 有名な, 朝靄を, 本店に, 本牧東神奈川辺で, 本牧海岸さては, 某氏が, 根岸の, 桟橋まで, 比に, 毛唐を, 水上署の, 沖は, 波止場へ, 波止場まで, 洋館で, 洋館です, 浜育ちという, 海岸で, 海岸に, 海岸の, 海岸近くに, 海岸通りを, 清水さんが, 港と, 港の, 港内が, 火光であろう, 焼討を, 焼跡へ, 煙だった, 熱閙を, 父が, 特殊な, 生まれで, 生糸検査所へ, 町で, 異人屋敷から, 異人屋敷へ, 相当な, 真上と, 知人の, 知合の, 磯子の, 磯子まで, 税関試写室へ, 税関長を, 空も, 空気が, 空気を, 空襲の, 米人輸出商が, 米国人から, 米国人が, 米国領事館で, 糸商人を, 聖ヨセフ学院の, 自宅に, 臼杵先生が, 臼杵病院に, 臼杵病院を, 興行主が, 興行師が, 興行師で, 航空機の, 船会社の, 船渠会社であった, 英人が, 英公使ジョン, 英公使館に, 英国駐屯軍は, 茂木などが, 茂木生糸の, 荒鷲町の, 薬種屋の, 街はずれの, 西洋人の, 親戚へ, 親類の, 言はれた, 記念会館まで, 話なんぞは, 話は, 話を, 諸方に, 警官で, 警察の, 警察は, 警察屯所にも, 警察署へ, 豪商の, 貧民窟に, 貿易に, 貿易商が, 貿易商で, 足立家の, 車夫帝国ホテルの, 軍需工場で, 近江屋, 近頃なんて, 進駐軍に, 進駐軍の, 進駐軍関係の, 遊女屋には, 選挙と, 選挙は, 選挙を, 郊外の, 郵船会社の, 野毛あたりに, 野沢屋さんの, 銀座と, 銭湯に, 開港場の, 間に, 関税収入を, 際を, 集金先へ, 非常に, 風俗画を, 駅から, 高島嘉右衛門に, 魚屋から

▼ 横浜~ (232, 12.8%)

8 住んで 7 来て 5 着いた, 行って 4 着いて 3 上陸し, 出て, 到着し

2 [15件] ある外国船, いた, いて, 一泊し, 上陸する, 人を, 入港する, 到着した, 向けて, 帰航する, 店を, 本拠を, 着くこと, 碇泊し, 輸入された

1 [164件] あつた, ありては, あり互に, あると, あるの, ある居留民, ある関係上, いたこと, いたごろつき, いたので, いたんや, いたフランス, いた時分, いちゃ, いった最初, いなくって, いると, いるん, いる二日, いる人, いる兄, いる原田勘七郎たけ子, いる時, いる松枝, おいでに, お住いな, お出でなさる, お出でに, きて, ござった葛原, ちゃんとこしらえ, ついてからの, つきました, つぎに, できた外国人商館八十五, どれほどの, なって, ふた晩, まさるあらめ, ゆき生糸王国, ゐた建築家, ゐた英人, ア爾, ビールの, ユニオン教会を, 一緒に, 上て, 上陸した, 二年間ゐた, 今の, 今は, 仕入れの, 伯父の, 住みついて, 住み老, 住む峠勇, 住める高利貸, 何か, 停泊し, 停船を, 入る, 入る予定, 入港し, 出で, 出動する, 到着直ちに, 参りまして, 名高かった, 向いて, 向いました, 向った, 向ったと, 在る貴下, 外国人が, 嫁いだ妻, 字書などを, 宿って, 寄港した, 富貴楼の, 居たって, 居たフロラ, 居ついて, 居て, 居る, 居ること, 居る人, 帰た, 広まって, 往った, 戻るには, 投錨した, 持って, 支店を, 早くから, 暮して, 来た, 来たけれども, 来たに, 来たり, 来た仕事, 来た所, 洋服地を, 流れて, 流浪三年半二十七歳と, 浅野備前守と, 用が, 用事が, 発行された, 着いたが, 着いたの, 着いたばかりという, 着いてから, 着きて, 着きました, 着くといふ, 着くの, 着くまでに, 着くまでの, 着くん, 着く前, 着く四日前, 着く迄に, 着す, 着すると, 着直ちに, 着船した, 移転し, 空襲が, 立ち退くこと, 置くなら宜, 置去りに, 至る東海道, 興行中で, 英吉利の, 行かぬかという, 行く, 行くの, 行く商人, 行た, 行ったあと, 行ったが, 行ったと, 行ったの, 行った事, 行て, 行ッてる, 見物に, 見送りに, 貿易店を, 走りこんだ時, 赴きあるいは, 赴き外艦, 起こったよう, 近々支店, 近いだけ, 近くなる, 通じて, 連れて, 遊びに, 酒屋を, 長く, 開かれたの, 駐剳, 高橋という

▼ 横浜~ (208, 11.5%)

13 行って 7 帰って 4 出て, 往って 3 来て

2 [13件] 出かけて, 帰ってから, 帰ると, 往くの, 移住奨励の, 稼ぎに, 行きたい, 行きました, 行くと, 行くわ, 行て, 連れて, 遊びに

1 [151件] あんたさんの, お出, かけての, きてからの, すぐ帰る, ついたの, ついたばかり, ついたら病院, つくまで, つくよう, つとめて, はいるはず, はこんで, まいります前日, まわる客船, みよりの, ドライブした, ロッパ・ガールスが, 上陸し, 上陸した, 上陸する, 京都へ, 伸すの, 入った, 入るまでに, 入港した, 入荷した, 凱旋する, 出かけるので, 出かけ留守中, 出さうと, 出して, 出ようと, 出張し, 出張った時, 出稼ぎに, 到着した, 参るには, 同行しましょう, 向かいある, 向かった, 向けて, 向った, 向って, 向つた, 呼び寄せようとして, 回航したい, 売りに, 家を, 寄港した, 届けて, 帰ったので, 帰ったら私, 帰つた, 帰りつける予定, 帰り男, 帰る, 帰るであろうと, 帰るの, 帰る途中, 帰れやしないぜ, 帰港し, 廻って, 引き上げるため最後, 引き揚げたという, 引き移って, 引き返すこと, 引き返そうと, 引っ越して, 引っ返して, 往きたいの, 往き儲かると, 御案内, 態, 戻って, 戻つた後, 持って, 散歩に, 明治年間に, 来たの, 来たら支那料理, 来た大官, 来てから, 来る時, 汽船が, 泊ったの, 流れたとき, 流れて, 流れ込んで, 現れて, 直航が, 着いた, 着いたら快, 着いた日, 着いた最初, 着いて, 着いてからの, 着くという, 着くの, 着くの三十日, 着くまで, 突っこんで, 立つという, 立つ事, 端書を, 荷役に, 落ちて, 行かうと, 行かずに, 行かなくては, 行かれて, 行きそれから, 行きましたが, 行きます, 行きも, 行き一軒, 行き夕食, 行き外人墓地, 行き明後日, 行き芸者, 行くから, 行くこと, 行くつもり, 行くの, 行こうという, 行こうとして, 行ったこと, 行ったという, 行ったとか, 行ったの, 行ったん, 行った留守, 行っても, 行つた帰りに, 行つてしまつてよ, 行つてそして, 行つて遊ん, 見送りに, 貿易屋とかの, 赤ン坊を, 辞表を, 迎えに, 送られると, 逃げ世帯, 通って, 進んで, 釣りを, 降りるなり, 電話を, 飛んで, 馳け

▼ 横浜から~ (103, 5.7%)

4 船に 3 帰って, 来る途中 2 お出でに, 五キロほど, 出る船, 同じ船, 新橋迄の, 東京の, 箏を

1 [79件] あなたの, おなじ柄, きたこと, きたの, きたァ, こちらへ, また船, やってきて, やって来るという, やつて, よく遠足, ゐる座員, エムプレス, ナタリーの, マルセイユを, 三五郎が, 三菱会社の, 上京した, 上海へ, 上海行の, 不意に, 乗って, 乗船した, 二十分ぐらい, 二週間で, 何の, 例の, 先は, 先浦賀三崎館山外房或は, 兵庫に, 出て, 出る電車, 出帆する, 南米行の, 取り寄せて, 取寄せ大, 土産に, 夢之, 大阪まで, 奥村が, 室蘭への, 室蘭へは, 尋ねて, 小樽国境安別真岡本, 川崎方面に, 帰た, 帰て, 帰るとき, 新橋へ, 新橋まで, 来たばかり, 来ると, 来る領事, 東京に, 東京への, 東京までを, 横須賀へ, 毎日曜毎に, 江戸に, 汽車が, 汽車で, 法人さんが, 父の, 男の子連れの, 真直に, 神戸へ, 神戸までの, 舞い戻った私, 舟に, 船客に, 蝙蝠を, 訪れて, 買ったヤンキイ好み, 輸入する, 邸まで, 郵船会社の, 金は, 鎌倉へ, 電報で

▼ 横浜~ (90, 5.0%)

2 焼けた幹さん

1 [88件] あったか, あると, かなりの, ございます, そう云い出した, その勾当さん, ないこと, ふいと, まず行方不明者, もと誘導, やった時, やるべきでは, ケーブル氏が, チーハーに, テエプを, ペスト劇を, 下りた子供連れ, 下りて, 下車し, 乗換える時, 二隻神戸で, 何某の, 保険金詐取の, 倉地の, 出逢ってから, 印度綿花と, 受取たい, 唯十銭持つ, 唱うやくそく, 商館の, 売って, 売込商, 外国商館の, 女学校の, 女給を, 居留地かぎり通用という, 屈指と, 幕府の, 彼等は, 懇意に, 或人, 戦災に, 手びろくやっ, 捕えられたとき, 捕われたの, 有名な, 東野らの, 正月も, 正月を, 死んだ女, 死者, 殺したもの, 泊ること, 無人の, 焼けだされて, 焼け出されてな, 生糸の, 病いに, 発行された, 省線に, 省線の, 私は, 積込んだ時, 空襲に, 聴いたお前, 育ち大阪, 自由労働者に, 興行する, 舟に, 船乗たちに, 芸者に, 行われて, 西洋人に, 観測された, 講釈を, 豆腐を, 買うと, 買おうとして, 買った沢山, 買って, 費した時間, 貿易商を, 赤隊, 逢ったばかりの, 降りて, 降りる時, 震死した, 露西亜人の

▼ 横浜~ (78, 4.3%)

6 出帆し, 出帆する 4 出て 3 出てから, 出帆した 2 あとに, 出航し, 過ぎる頃

1 [50件] さる六百九十一マイル, すぎさらに, すぎて, とおりすぎるころ, のそのそ歩い, まさに出帆, オサラバに, 中心に, 主張し, 今夜の, 例の, 出た時, 出る数々, 出る船, 出る貨物船清見丸, 出港す, 出発んだ, 北へ, 宗として, 引き上げるについては, 思い比べ牡丹屋, 打上げて, 抜錨し, 焼いた焔, 発ってから, 発つの, 発つ二三日前, 知らないでは, 立ち蝦夷, 立ち退くこと, 立ったかを, 立つた, 立つとき, 立つ前, 立つ時, 襲撃する, 襲撃せん, 見に, 見ると, 解纜する, 諭吉は, 過ぎた, 過ぎて, 過ぎると, 過ぎる時分, 開港場として, 離るる, 離れてた方, 離れると, 離れる時

▼ 横浜まで~ (57, 3.2%)

3 出かけて 2 ドライブしたら, 歩いて

1 [50件] あと一週間という, お送りいただきました, お逢いしなかった, だ, つれ出すには, ゆくのに, わずかに, ドライヴ, 一度も, 伸して, 八四七〇浬, 出かけかえり寿江子, 出て, 出むいて, 出向いてまで, 出迎えて, 出迎えに, 出迎える, 刑事二人と, 回航できるだろう, 届くの, 往って, 持って, 来て, 来てるん, 来る時, 歩くこと, 泳いで, 海ばかり, 船が, 荷物を, 行くの, 行く電車, 行けば, 行つて見よう, 裸で, 買物に, 走らせながら, 足延ばし, 送って, 送つて行つたの, 送られるん, 送りに, 送るため, 送るつもり, 送ると, 通したので, 逢ひ, 遠征し, 電報で

▼ 横浜~ (25, 1.4%)

3 東京の 2 いえば, 東京と

1 [18件] あつちこつ, なれば, 云うの, 云うもの, 云ふ, 印度の, 取引関係の, 新橋との, 来ると, 東京, 東京で, 東京とに, 東横へ, 横須賀の, 神戸と, 神戸とに, 神戸は, 逐次つくられ

▼ 横浜~ (24, 1.3%)

1 [24件] いやだ, それから, たいそうな, どうだ, どうなろう, どんなに壮快, 再建する, 勿論江戸, 南京町の, 地域も, 明日有, 昨今開港百年祭の, 来たる六月二日, 正しく開けた, 水夫ら火夫らの, 江戸よりも, 焼けましたか, 神奈川より, 私にとって, 西洋臭し, 見えねえな, 遠い沖, 野毛通りの, 金が

▼ 横浜には~ (20, 1.1%)

2 いると

1 [18件] あるわよ, いつた, そんな種類, また戻っ, まだ市街, もう外国, もう用, ギリギリに, 勤務した, 午後に, 商人派と, 外国人相手の, 島田の, 既に弟, 船長も, 輸入される, 釣りを, 靴屋洋服屋その他の

▼ 横浜貿易~ (15, 0.8%)

1 [15件] から帰っ, があの, がこの, でうんと, でもうけた, で一万両, というもの, と言え, のこと, の事情, の取りざた, の始まった, の盛ん, の貿易品, を共に

▼ 横浜~ (13, 0.7%)

1 [13件] に移住, の不利益, の利益, の北, の宮崎町, の市境線, の猛, の聖書会社, の薬舗平安堂主人, はあの, は二人, より引き移りし, 実際の

▼ 横浜~ (13, 0.7%)

2 の鉄道利権

1 [11件] の, の定期船, の建設, の汽車, の鉄道, の鉄道建築, のNYK, は三日, は電化, やその, を除い

▼ 横浜~ (12, 0.7%)

1 [12件] いっとき見おさめだ, いや知った, さびしいところ, さびしかった, さみしかった, 一日の, 去年の, 波止場や, 海岸へ, 知らん者, 見ちがえるよう, 鴉の

▼ 横浜埋立事件~ (12, 0.7%)

2 に関して星氏, を以て星氏, 起るや 1 に就, に関係, の如き, の如く驚く, の真相, は極めて

▼ 横浜あたり~ (11, 0.6%)

2 にいる, のチャブ屋 1 から乗り込ん, でどうにか, で乗車, で逢った, の人間, を通っ, を遊び歩い

▼ 横浜にも~ (11, 0.6%)

1 [11件] あつて, ちょっと来た, 一ヶ所事務所を, 写真師という, 増して, 大阪にも, 店を, 此の, 神戸にも, 立派な, 藪入りは

▼ 横浜~ (11, 0.6%)

1 [11件] と思われる, と東海道, にはいれる, に入港, の光景, の方, の明るい, へ, へ著船, まで出かけ, より鹿島丸

▼ 横浜~ (10, 0.6%)

1 あるし, ぐんぐん復興, こんな騒ぎ, 上手で, 大きくなり, 日の出の, 港として, 盛んだ, 興味深かった, 近いん

▼ 横浜見物~ (10, 0.6%)

1 が出来る, ではなく, ということ, に出向い, に来い, に行った, のみやげ話, の帰り道, も一つ, をし

▼ 横浜までの~ (9, 0.5%)

2 切符を 1 たつた, 二十二円五十銭の, 二等切符を, 五十分は, 旅費さえ, 積りで, 船賃なら残っ

▼ 横浜~ (9, 0.5%)

1 から大江橋, から税関, から自動電話, で傷, に向った, に来い, に着いた, のプラットホーム, のホーム

▼ 横浜税関~ (8, 0.4%)

2 の差押物件, の検閲係 1 の二号倉庫, の免状, の監視部, の車

▼ 横浜開港~ (8, 0.4%)

1 いらい八年, でもうけた, などにも関係, に目, の当時, の影響, の時, をどう

▼ 横浜では~ (7, 0.4%)

1 その頃, フイに, 地面が, 売り出しの, 船長に, 荷を, 警察でも

▼ 横浜~ (7, 0.4%)

1 函館で, 函館の, 湘南地方の, 神戸に, 神戸の, 神戸大阪あたりから, 茅ヶ崎は

▼ 横浜からの~ (6, 0.3%)

1 帰途例の, 汽車の, 路上の, 遣いものな, 郵便は, 飛脚船で

▼ 横浜より~ (6, 0.3%)

1 ここに, この港, ホンコンマニラ経由豪州メルボルンまで, マルセイユまでの, 呼び寄せて, 金起を

▼ 横浜入港~ (6, 0.3%)

1 ができる, が明日, のフランス, の阿蘇丸, はどの, も近く

▼ 横浜出帆~ (6, 0.3%)

1 の仏国郵船アンドレ, の信濃丸, の汽船, の筥崎丸, の郵船, 諸先輩

▼ 横浜方面~ (6, 0.3%)

2 で鉄 1 では異人館, の爆撃, の鉄道管理, へ去った

▼ 横浜との~ (5, 0.3%)

1 あいだを, 中央点に, 水上署の, 間に, 間の

▼ 横浜行き~ (5, 0.3%)

2 の省線 1 が今更, のうわさ, の列車

▼ 横浜からも~ (4, 0.2%)

1 その地, はるばる買い, 長崎からも, 鶴見からも

▼ 横浜でも~ (4, 0.2%)

1 ちっとは, 去年の, 少しばかり, 彼は

▼ 横浜へも~ (4, 0.2%)

1 アメリカの, 帰られない, 着き三百年, 行って

▼ 横浜埠頭~ (4, 0.2%)

1 でハマ, で葉子, へ出張, より乗船

▼ 横浜居留地~ (4, 0.2%)

1 に及ぶ, の一号地, の方, をさして

▼ 横浜~ (4, 0.2%)

1 の住民, の居留地, へ上陸, へ罷越し

▼ 横浜~ (4, 0.2%)

1 から横須賀, で歓迎船, に碇舶, の外国船

▼ 横浜~ (4, 0.2%)

1 すっ飛んだ, 三等船室に, 汽車で, 選挙の

▼ 横浜近く~ (4, 0.2%)

1 で終る, に住む, に来る, まで来た

▼ 横浜~ (3, 0.2%)

1 東京の, 神戸で, 神戸の

▼ 横浜じゃ~ (3, 0.2%)

1 できねえぜ, とてもだめ, 警察が

▼ 横浜において~ (3, 0.2%)

1 出版せられし, 合衆国の, 生育せりと

▼ 横浜までは~ (3, 0.2%)

1 一日の, 何も, 汽車で

▼ 横浜付近~ (3, 0.2%)

1 で得た, の誤謬記事, の野

▼ 横浜在留~ (3, 0.2%)

1 の外人, の外国人, の英国商人マアシャル

▼ 横浜市内~ (3, 0.2%)

1 にて人魂, には火の手, の道路工事

▼ 横浜本牧~ (3, 0.2%)

1 がよい, に住居, のチャブ屋

▼ 横浜正金銀行~ (3, 0.2%)

1 さして, と三井物産会社, の金庫裏

▼ 横浜港内~ (3, 0.2%)

1 の汽笛, を見晴らした, 深くはいっ

▼ 横浜神戸~ (3, 0.2%)

1 から乗合せた, から大船, など悪く

▼ 横浜~ (3, 0.2%)

3 の汽船

▼ 横浜解纜~ (3, 0.2%)

2 の際 1 の英国船

▼ 横浜貿易商~ (3, 0.2%)

1 で有名, の家, の店

▼ 横浜~ (3, 0.2%)

1 からもう, にいる, の商人夫婦

▼ 横浜くん~ (2, 0.1%)

1 だりへ入りこん, だりまで来

▼ 横浜さして~ (2, 0.1%)

1 の海上此景色, 乗り込んで

▼ 横浜じゅう~ (2, 0.1%)

1 の愚連隊, はロンドン市民

▼ 横浜その他~ (2, 0.1%)

1 で見る, の大

▼ 横浜~ (2, 0.1%)

1 とずゐ, よ

▼ 横浜での~ (2, 0.1%)

1 例で, 別れに

▼ 横浜という~ (2, 0.1%)

1 土地を, 所には

▼ 横浜へと~ (2, 0.1%)

1 こころざして, 進んだ

▼ 横浜への~ (2, 0.1%)

1 時の, 移住者が

▼ 横浜へは~ (2, 0.1%)

1 何度か, 汽車不通にて

▼ 横浜出稼ぎ~ (2, 0.1%)

1 ということ, についてはこれ

▼ 横浜土産~ (2, 0.1%)

1 の一つ, を置い

▼ 横浜~ (2, 0.1%)

1 の関村, 子安子安農園

▼ 横浜山手~ (2, 0.1%)

1 である筈, のある

▼ 横浜市長~ (2, 0.1%)

1 といふ名誉, を失脚

▼ 横浜支店~ (2, 0.1%)

1 にいた, に転任

▼ 横浜新橋間~ (2, 0.1%)

1 の瞥見, の窓外

▼ 横浜東京間~ (2, 0.1%)

1 で二十回位, の往復

▼ 横浜港外~ (2, 0.1%)

1 に明朝検疫, へ仮泊

▼ 横浜生まれ~ (2, 0.1%)

1 の女, らしい悪

▼ 横浜襲撃~ (2, 0.1%)

2 が諸

▼ 横浜警察~ (2, 0.1%)

1 の署長, をラジオ

▼ 横浜~ (2, 0.1%)

1 なる眼光, の紫紅兄

▼ 横浜郊外~ (2, 0.1%)

1 にある, の生麦

▼ 横浜関内~ (2, 0.1%)

1 の街, は一羽

▼ 横浜駅前~ (2, 0.1%)

1 の, のキャバレエ

▼1* [205件]

横浜あり東京あり, 横浜かなんぞにいて, 横浜からであらうアルヂェンチン, 横浜からよりは安全だ, 横浜ぐらいに繁華な, 横浜じゃあちっと懸け離れ過ぎ, 横浜それから日光, 横浜それから江戸へ, 横浜だったらなあ, 横浜だって小さくなっ, 横浜だのどこだ, 横浜ってところは, 横浜でしたかったことは, 横浜といふ予定だった, 横浜とか神戸とかにおける, 横浜とだけしか分りません, 横浜とで銀行員が, 横浜とはどんなところ, 横浜と共に太って, 横浜なぞへ出かけられる, 横浜などに進んだ女, 横浜などにて近日なす, 横浜などへ来る者, 横浜なる防空本部の, 横浜なんか歩かないで, 横浜なんかに泊る所, 横浜における組立工場で, 横浜にだってたんとありゃしない, 横浜にまでついて, 横浜へさえおとどけくだされ, 横浜へでも行って, 横浜へまゐりまして, 横浜までとも見ゆる扮装, 横浜ものの小, 横浜さらば, 横浜よりの汽車の, 横浜よりもにぎやかな, 横浜をも見て, 横浜ギャングの一人, 横浜ツ子で両親, 横浜ニ於て申立也, 横浜ハンケチ女の中, 横浜メーター計量株式会社としるし, 横浜通過スルマデニ一回熱海ヲ, 横浜七不思議のうち, 横浜上陸となった, 横浜港の, 横浜並びに湘南地方全滅, 横浜の大, 横浜乃至神戸から, 横浜交易なぞの声, 横浜交易所の検査役仁科伊吾, 横浜仕立の役者, 横浜仕込みだ, 横浜以来の古い, 横浜以来あなたに惚れ, 横浜以来姿が見えません, 横浜伊勢崎町の劇場, 横浜住居之おとし, 横浜何番館そうし, 横浜売り仕り前, 横浜入港六時検疫あり七時上陸, 横浜公演に赴いた, 横浜其他の富豪, 横浜出来の輸出向き, 横浜出港以来九月十四日ブラジル首府リオデジャネイロに着, 横浜出立の間際, 横浜出航以来夫人から葉子, 横浜出航以来食卓にワク, 横浜出航後の所見, 横浜函館の三港, 横浜刑務所に収容中, 横浜取引の唐物屋, 横浜名古屋京都大阪神戸の六大都市, 横浜名古屋大阪神戸それから紀州, 横浜名物とする, 横浜商人の西洋人, 横浜商人体の乗客, 横浜在留外人の意見, 横浜夕立は滅多, 横浜外交官の無線電信, 横浜外人中に一方, 横浜外人居留地の近く, 横浜大船間の丘陵起伏, 横浜大阪京都と云, 横浜大阪神戸などもことごとく, 横浜女学園と小学校, 横浜寄港船名表中に, 横浜富貴楼の女将, 横浜尋常高等石川小学校では例年, 横浜小田原なぞはほとんど, 横浜居留の外国人, 横浜居留民を保護, 横浜山下町一五二番地メーナード・エス・ジェソップ商会というの, 横浜山王山の私, 横浜岸壁あたりで訣別, 横浜川崎の三市, 横浜工事受負を某, 横浜市中で二十余軒, 横浜市元浜町三丁目の酢屋定七君, 横浜市外の渋戸材木倉庫, 横浜市常盤町に紙商小駒支店松井某方, 横浜市弁天通の丸善薬局, 横浜市横浜尋常高等石川小学校では例年, 横浜市民諸君に告ぐ, 横浜市港北区新治町中山となっ, 横浜市電の争議, 横浜帰航が大変, 横浜で一息, 横浜引き揚げ後にその, 横浜往復十二円の月末払い, 横浜出航以来御, 横浜応接館以東二十許町海岸絶危し人家, 横浜愚連隊は醜, 横浜成功者の多く, 横浜房総の大震災, 横浜攘夷について国臣はじめ西国志士, 横浜新田を眺めた, 横浜旗挙時代からの古い, 横浜有力者達から先生, 横浜本牧あたりで獲れた, 横浜本牧三ノ谷だと, 横浜本町で二人, 横浜東京鉄道諸機械, 横浜根岸競馬へは前後十八回, 横浜桜木町の幽霊沙汰, 横浜桜木町七丁目第十七号鉄道線路踏切, 横浜桟橋のショボショボ雨, 横浜植木の店, 横浜植物会であって, 横浜横須賀の隣接都市, 横浜横須賀なぞではたちまち, 横浜横須賀以下東京湾の入口, 横浜正月がフイ, 横浜正金から地中, 横浜毎日社員になった, 横浜沼津静岡浜松名古屋大阪神戸岡山広島から福岡へん, 横浜浦和大宮千葉八王子に至る, 横浜浦賀霞が関なんて毛唐, 横浜海岸に近い, 横浜海岸通りの波止場, 横浜海面埋立事件にも市街鉄道問題, 横浜海面埋立問題起りたる時, 横浜清水静岡浜松名古屋大阪といったグアイ, 横浜港崎町の辺, 横浜焼討は大老暗殺, 横浜熱海と遊び, 横浜生え抜きの落語家桃太郎, 横浜生れではある, 横浜で十四五, 横浜発イダホー丸にて至急, 横浜発行の朝刊新聞, 横浜真赤に天, 横浜着港と共にすぐ, 横浜短歌会席上の作, 横浜碇泊中にはやつら, 横浜碇泊日数をいれ, 横浜神奈川函館の三港, 横浜程ヶ谷までも知っ, 横浜税関倉庫ハ全壊シ着荷ハ三分ノ二以上損傷シタルモノト被存候, 横浜等々世界中の名, 横浜等通過出来なくなるところ, 横浜米人との間, 横浜米国領事ドルを従え, 横浜紅毛館洋妾の図, 横浜の初日, 横浜経由でのりこん, 横浜絵芳藤が手遊絵, 横浜総領事を通じてケリー・エンド・ウォルシ, 横浜羽衣座が各所に撒いたる, 横浜育ちの長谷川先生, 横浜興行のため, 横浜芸術である, 横浜英国領事裁判所で日本, 横浜へ積出させ, 横浜西戸部町六三五手紙は半紙, 横浜解纜箱根丸にて, 横浜調達庁のかね, 横浜警察署でもいわば, 横浜転任の命令, 横浜辺りでトロトロ, 横浜近辺か東京, 横浜へ向かった, 横浜郵便局長の話, 横浜野毛町に桂, 横浜鎌倉は上下動, 横浜鎖港の談判, 横浜長崎函館の三港, 横浜開港一周年の記念日, 横浜開港以前でしたもの, 横浜開港以来の影響, 横浜開港以来足掛け五年にもなる, 横浜開港場の空気, 横浜開港当時の経験, 横浜開港時に手, 横浜開港時代に土地開発, 横浜間二十二日横浜香港間七日横浜碇泊日数をいれ, 横浜附近の海, 横浜の佐伯, 横浜を粧う, 横浜と名, 横浜館内に幽霊, 横浜香港間七日横浜碇泊日数をいれ, 横浜鶴見の防波堤, 横浜鶴見品川大森の岩壁