青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「朝廷~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~望み 望み~ ~望む 望む~ ~望ん 望ん~ ~朝 朝~ 朝倉~ 朝夕~
朝廷~
朝日~ 朝飯~ 朝鮮~ 期~ ~期待 期待~ 期間~ ~木 木~ 木の葉~

「朝廷~」 1483, 15ppm, 7308位

▼ 朝廷~ (441, 29.7%)

7 ために 4 勢力が 3 命を, 御為, 為に

2 [14件] 伴造の, 儀式にも, 名を, 外に, 大嘗, 御名を, 御稜威を, 御衰微, 恩賞に, 海外交通を, 百官を, 系譜を, 重臣が, 重臣たる

1 [393件] あいてと, うちこの, おうごき, おさしず, おため, おとが, おぼしめしも, おん大事, おん文筥は, お企て, お使, お催し, お公卿様, お内輪, お姿, お心, お考え, お薬, かたちは, こと治者の, この式微, ころ大勢を, ご嘉賞, ご威光, ご威厳, ご存亡, ご宸襟, ご急援, ご恩, ご意見, ご用が, さしず, しごと, すべての, すべても, ためだ, ためにも, ためまた, と名, どういうもの, はうで, ほうで, ほかの, もとに, やれ政所, ゆるしは, よろこびは, トモノキミなどの, 一切の, 一武官たる, 一被官で, 一門で, 三輪の, 上下に, 下なる, 不安も, 不斷, 不見識朝令暮改の, 両立なら, 中でも, 中枢に, 久我, 事務とは, 人たちは, 人どもは, 人の, 人は, 仏教御, 仕官に, 代弁者として, 令でも, 令に, 任命した, 伴造や, 伶人, 位耳には, 体裁装飾でなく, 何ごとも, 佛教に, 使命を, 使者が, 使軍の, 例が, 供御欠乏の, 保護から, 健康と, 側としては, 儀容も, 儀式に, 儀式を, 儀式等で, 儀礼と, 元老として, 先祖と, 全権を, 公事全体を, 公卿たちが, 公卿百官は, 兵である, 兵を, 兵馬, 典刑を, 内々の, 内さ, 内そとに, 内で, 内における, 内事が, 内外が, 内外ともに, 内深く, 内記が, 内部も, 処置に, 出仕から, 力が, 力を, 勅裁を, 勢力の, 勢威の, 勢威も, 南庭に, 危急に際して, 危殆が, 厚い思召, 反省を, 召しに, 名も, 名器居き, 君臣には, 告文と, 味方に, 命として, 命なる, 命令で, 命令に, 命令を, 回復に, 国栖の, 土地を, 基礎も, 基礎を, 墾田帳にも, 大内へ, 大号令, 大命の, 大官が, 大官たちが, 大官で, 大官に, 大官は, 大官を, 大害, 大新嘗の, 大礼若く, 大禮, 大臣だ, 大臣で, 大臣以下諸, 大臣高, 大覚寺統も, 天孫民族にも, 天文太史院は, 奉公人を, 奥に, 女官として, 好尚の, 妲己である, 威信を, 威容シナの, 學問であります, 學問は, 宗廟たり, 官人の, 官吏で, 官吏とも, 官吏の, 官職を, 官船奉行と, 宝器である, 実力を, 宰相や, 宴楽台に, 密詔を, 密謀は, 寵臣高, 封戸を, 尊い御, 尊きを, 少壮武官に, 帷幕に, 庶流が, 廩倉院に, 建章殿の, 式微は, 式微を, 役人は, 御主旨, 御事を, 御事業, 御任命, 御保証, 御信任, 御処置, 御名を以て, 御命, 御威光, 御威厳, 御宣言, 御宴, 御式微, 御後見, 御恩, 御感は, 御採用, 御料を, 御料地が, 御料地の, 御楯, 御機嫌, 御民, 御沙汰に, 御沙汰に従って, 御沙汰の, 御用の, 御目標, 御稜威と, 御稜威は, 御経済, 御膝下, 御衰微今, 御覺, 思し召しは, 思召にも, 急務と, 恩典に, 恩命が, 恩賞審議の, 意を, 意向も, 意見を, 慣例で, 或る, 手に, 持つて, 指揮を, 掌故に, 措置に, 攘夷は, 攘夷派と, 支配下である, 政廟で, 政治的威力と, 故事を, 敵であった, 新嘗祭と, 新政治, 方が, 方は, 方へ, 方へは, 旗を, 旧臣ばかりが, 時々の, 時代まで, 有様が, 朝臣だ, 本則だった, 柱石たる, 極力避, 権力者の, 権力者や, 権臣蔡大臣の, 機関を, 歌に, 武人や, 武威が, 決裁による, 沙汰を, 治下に, 浮沈も, 浮沈を, 滅亡趾を, 燕を, 爲め國家の, 狼狽は, 玉璽でございます, 王畿なるべき, 珍本の, 用に, 由緒の, 疲弊しきった, 百官からも, 百官は, 皇居, 盛大を, 監視下に, 相撲召合は, 破壊者と, 神は, 神事を, 神楽歌に, 祭祀を, 禁軍ならで, 禁軍に, 禄一ト粒食った, 稜威は, 積弊や, 空名などを, 第一臣, 紀綱が, 紀綱立たず, 累卵の, 経済に, 経済も, 統一事業と共に, 絶対権威は, 綱紀が, 編纂として, 罪人視する, 者から, 腐敗悪政その, 臣から, 臣その, 臣だ, 臣である, 臣として, 臣は, 臣ばかり, 臣まで, 臣も, 臣下, 臣下である, 臣越騎校尉の, 自尊には, 蔡大臣の, 藏書は, 藏書を, 藩屏たる, 處分を, 行事に, 衰微を, 補佐たちは, 補佐たちへも, 西園寺久我などの, 親衛軍と, 親衛軍興良親王の, 触手が, 記録と, 記録所も, 許しを, 語部は, 調停によって, 諸大臣, 諸臣, 謀反人と, 議も, 財でも, 貴族も, 貴族や, 貴族大官あたりに, 貴紳ばかり, 賑恤も, 賜餐には, 趣が, 車の, 軍たる, 軍であろう, 軍に, 軍功調査の, 軍馬です, 辞が, 近い處, 近くの, 逆臣を, 遊部又は, 都開封東京へ, 配慮が, 重んずるところ, 重臣かつは, 重臣である, 重臣とも, 鋳工, 長期方針など, 門に, 関与する, 難しさ, 難題を, 音楽の, 顕官が, 顧問と, 食膳を, 高官は

▼ 朝廷~ (251, 16.9%)

7 仕えて 5 おかれても, 仕へて 4 奏請し 3 勢力を, 返上し

2 [17件] あっては, おかれては, 仕へ, 出入りする, 参向ふ, 參り, 召されて, 向って, 地位を, 奏請した, 於ては, 有するが, 有すると, 権力を, 歸服する, 背いて, 請うて

1 [190件] あつて神事その他, あらず諸侯, いて, おかせられて, おかせられては, おわしたので, お仕えつかまつりたい, お出, お返しした, かえしました, ささげますると, しばしば叛, せまり追討, せよ太政大臣家, そのおしたく, そのゆるし, その姿, たてを, できて, とどめおき別に, とり入れられたシナ, まねかれ後醍醐, よせ若, よろこびが, 一大事件が, 上がった日, 上がって, 上って, 上り遅く, 上るの使, 上表し, 下諸侯, 並びなき高, 人なく, 人も, 仕える一信長, 仕える若い, 仕える身, 仕える部族, 仕え館閣, 仕へた, 代つた, 代るほど, 伝えられたもの, 伝はり, 伝わって, 伴って, 何か, 使いしたスペイン人クラヴィホ, 來貢した, 入つた, 内通せる, 処し浮浪, 出て, 出仕した, 出頭し, 分配したる, 功が, 功も, 効したい, 十五万俵を, 参内も, 參つて御返事申し上げました, 參りました, 反いたこ, 反く, 収め生れて, 取り持ちて, 取上げること, 召されその, 向かって, 向けて, 嗷訴し, 報ゆる, 奉じる禅家一般, 奉ずるところ, 奉ずる念, 奉って, 奉つて, 奉ること, 奉仕した, 奉還した, 奏しかの, 奏した, 奏して, 奏し陳登, 奏上した, 奏上せり, 奏聞し, 奏聞する, 奏聞せり, 媚びへつらう公卿仲間, 官職を, 容れられた, 對し, 對する, 尽くしその, 尽すとかという, 岩倉三位が, 差し出すこと, 希望する, 帰したの, 帰すこと, 帰一する, 帰順の, 幕府討伐の, 弁疏する, 当つること, 御使者, 御心暴, 復して, 忠なる, 忠義を, 忠誠を, 恪勤を, 恭順の, 扶植し得, 招かれて, 拝し, 捧げたの, 採用され, 採用された, 接し下, 收められ, 敵対し奉る, 敵意を, 於ける中央文化圈, 於ける編纂, 於て, 時めく高, 最も勢力, 最も縁故, 歴仕した, 歸服した, 汝等が, 潔からざる, 献じた, 献じたの, 献じた兵, 献上いたしました, 献上し, 獻じた, 用いられまた, 用ゐられ, 申し上げて, 申し上げました, 申上げ, 登庸され, 白銀三千枚を, 直接に, 祈って, 祕密の, 租税を, 立って, 立つて, 立とうとは, 策動し, 結ぼうと, 繁多の, 聞えも, 職人を, 表を, 諫鼓という, 謀反などを, 謝罪恭順し, 議奏の, 讒言した, 財も, 貢ぎした, 貢ぎを, 貢した, 輸送された, 輸送せられた, 返して, 返し奉る王政復古, 返上すべき, 送るに, 送呈し, 還し奉るもの, 還つて御返事, 都合よく, 鐘を, 間接に, 關する, 随せ奉り, 集まるあらゆる, 願い出た, 願って, 類い, 飛ぶ鳥

▼ 朝廷~ (87, 5.9%)

4 擁して 2 上に, 中心として, 繞る

1 [77件] あがめ忠誠, いただいて, うけいれずに, うやまい丞相, おどろかせたの, おもんぜられる楠木殿, おろそかに, お護りし奉れ, かさに, こえ世, して, そう恐がる, そそのかして, たてうるなどは, どうしよう, ないがしろに, はじめとして, はなれての, ひかえ抗するもの, みれば, めざして, わが手, わすれて, われらの, 代表し, 仰ぎそして, 仰ぎ奉るの, 仰ぐにも, 出て, 出以後数代, 切って, 北朝と, 大事と, 威嚇せん, 安ん, 定められて, 尊び朝廷, 尊ぶべき大義, 尊崇し, 忘れず朝廷, 思う一途, 憤怨し人心瓦解, 戴いて, 手こずらせもし, 担ぎて, 推尊し, 擁し大藩, 擁し関東, 擁する公卿, 支へる, 攻め後鳥羽, 敵と, 日本の, 本国へ, 栄花の, 深く畏れ, 無視し, 疑い奉る, 監視する, 相手ど, 破却, 確立する, 立ち退き身, 粛清する, 置かれた御, 脅かすもの, 認めずに, 誣いて, 誣罔する, 警衛せしめ, 護り支えて, 軽しめ奉る者, 輔佐し奉り, 輔翼し奉る, 遍歴する, 離れて, 骨ヌキに

▼ 朝廷から~ (77, 5.2%)

2 任命された, 出たの, 恩赦の

1 [71件] あずかった三軍, いただいたの, お召し, お帰り, お許しが, お許しなされた, お退がり, くだって, この指令, さがって, その時々, どんなおと, 下賜あらせられた, 不逞な, 丹書鉄券が, 任ぜ, 何を, 使いを, 保護を, 再度の, 到来すべき, 口宣を, 各地へ, 命じ出された, 命ぜられたもの, 命ぜられて, 土州への, 天孫に, 官爵を, 官符を, 密詔を, 封ぜられたの, 差遣せられ, 平等に, 廃藩置県という, 従四位下参議に, 従四位下弾正少弼に, 御使者, 御嘉賞, 御禁令, 恩爵を, 慰撫の, 憎まれたと, 授けられたもの, 授与され, 新律綱領, 曹操へ, 派遣する, 爵位を, 発せられた楮幣, 神に, 神社として, 秀吉に, 立派な, 節刀を, 綸旨が, 罪を, 老後の, 良い待遇, 許されない貿易, 詰問使が, 貰つた者は, 賜わったと, 賜わるもの, 退がって, 退出し, 退出した, 酷烈に, 鎌倉表へも, 隋へ, 頼みを

▼ 朝廷~ (70, 4.7%)

2 対して, 提出した, 献上し, 表を

1 [62件] お仕え, お帰り, こんな始末, さし出した, さし立て, すすめて, たてまつる彼, つき出しそれ, 上がる時, 上表し, 何ほど, 來る, 出すべき租税, 参内する, 口入を, 召されて, 告げていう, 嗷訴する, 報告した, 奉らなかったの, 奉る使, 奉る本, 奉る荷前, 奉還する, 奏するに, 奏問に, 奏請し, 奏請した, 対しても, 差遣する, 帰降, 帰順し, 帰順した, 帰順の, 弓を, 御取, 御帰順, 御献上, 復命された, 戦いの, 推し寄せぬ間, 毎年お納めし, 済まない気, 献る, 献上した, 直接に, 直訴と, 納付せよ, 置いて, 襲って, 貢物し, 貢進する, 返上した, 返上する, 返進, 迫ったもの, 迫って, 迫ろう, 送つて, 送る職名, 願い出て, 飛ばして

▼ 朝廷~ (40, 2.7%)

2 彼の, 朝廷として

1 [36件] あっても, ありと, おどろきに, このとき, この時, この議, これらの, ごった返した, さきごろ押, その本来, その秋, それを, でたらめ, とりあへず李如松, まえから, ゆるさず六波羅, 人の, 今は, 元々和談, 再度辛毘, 吉野にばかり, 四国公使との, 多忙だった, 実にいつも遠き, 怨嗟の, 文正二年三月五日に, 楠木正成に, 特に彼, 特使を, 発表した, 神代の, 空閣の, 簡単な, 義貞を, 虚器であり, 覊囚の

▼ 朝廷~ (39, 2.6%)

4 幕府の 3 幕府との

1 [32件] そのまわり, 上皇との, 争って, 公卿は, 古え, 国々との, 密着し, 尊氏と, 幕府でも, 幕府とが, 幕府とへ, 幕府とを, 武家という, 武家といふ, 武門の, 民との, 江戸幕府との, 燕と, 異ならぬ有, 神仏に関する, 群臣の, 臣子の, 臣民は, 藤原氏は, 解釋され, 言つても, 諸侯とに, 諸侯とは, 院とに, 隙あらん, 魏朝廷との, 鳥羽上皇の

▼ 朝廷では~ (37, 2.5%)

1 [37件] あまねくこんど, この人, これにたいして, これを, その屍体, それぞれ処分せられ, それと, はるか越前, むやみに, 万一この, 人が, 其の印, 単に義経, 外国に対する, 天子の, 尊氏, 幕府の, 彼に, 彼の, 後鳥羽天皇の, 文淵閣に, 既に此期, 最高の, 極く低い, 毎年七月に, 玄蕃の, 田の, 田沼侯の, 皇叔外に, 皇太子さまの, 空位である, 群臣を, 討幕の, 諸大寺, 重臣中の, 閑雅で, 韓曁を

▼ 朝廷~ (35, 2.4%)

1 [35件] あって, あつた, あつて, えらんだ人, かかる不徹底, これまでの, その全, たてられたの, わが北条氏, わの, わや長州藩などに, クダラ, 一つの, 之を, 九州地方と, 二派に, 亡んだ翌年, 何である, 北畠顕家の, 匪賊に, 吉野へ, 妄りに, 尊氏討伐を, 幕府を, 改まつ, 旧幕領を, 朝廷を, 東国東北の, 海外と, 直接支那と, 直接軍令を, 衰えたとも, 衰へ, 護良の, 顧念なされる

▼ 朝廷~ (25, 1.7%)

1 [25件] あとから, あわてたかという, ここは, ご安心, ない, また例, みとめ世間, ようやくその, 世間の, 中央の, 信じては, 動揺せざる, 将軍も, 崇めまた, 御自反御自責, 徳川氏に対して, 必ず寛宥, 憚らず, 最初より, 洛内も, 稍これを, 自國, 藤原氏も, 裁決に, 遂にその

▼ 朝廷でも~ (23, 1.6%)

2 それを

1 [21件] いまは, ここを, これを, それらの, ついに彼, なにか事, なみならぬ, 一ばいお, 今少し, 内々この, 再か, 大いに負, 天下の, 太政官でも, 幕府をは, 態, 捨ておかれず詔, 改元, 王政一新などを, 私の, 非常に

▼ 朝廷~ (22, 1.5%)

1 [22件] あつたの, いうなら恒例臨時, さういふやう, やつた, 下大夫, 事の, 作られた後, 写させたの, 右大臣にまで, 大嘗会, 女を, 宛て行うであろう, 引き受ける, 引き受ける事, 收めて, 改暦の, 没収し, 細々と, 自ら記録を, 調法がられた, 諸大夫, 送別の

▼ 朝廷への~ (16, 1.1%)

2 御奉公

1 [14件] お疑い, 加担確実な, 報効だ, 崇敬が, 帰参を, 忠勤には, 忠勤を, 忠節である, 忠誠の, 用を, 申し入れは, 税として, 絶好な, 貢ぎもの

▼ 朝廷より~ (14, 0.9%)

1 [14件] 仰せいだされるについては, 先ヅ神州を, 免職する, 十分の, 受くる, 吉彌侯部の, 将門を, 幕府へ, 彼にたいして, 御召という, 御沙汰ある, 放免の, 正貨と, 貿易に

▼ 朝廷~ (14, 0.9%)

2 とは国際法上

1 [12件] か, からワケ, から先, では殿, に降伏, に降伏規約, のきびしい, のもの, の御名, は期し, へお, を粉砕

▼ 朝廷からの~ (12, 0.8%)

1 [12件] お心遣い, ご催促, 使者は, 保護が, 命令で, 命令の, 幕吏への, 御沙汰に, 御言ひ附け, 援軍も, 特命で, 追討軍を

▼ 朝廷からは~ (11, 0.7%)

1 [11件] おびただしい金帛, 典薬頭の, 北畠親房が, 将軍家茂公に, 平東将軍, 忠文以下に, 数度に, 松山征討の, 義貞へ, 良兼, 譴責を

▼ 朝廷との~ (11, 0.7%)

1 [11件] いずれが, 対決を, 御交通, 縁は, 長き争乱, 間に, 間の, 間を, 関係は, 関係を, 関係浅から

▼ 朝廷には~ (11, 0.7%)

1 [11件] しっかりした, まだまだ股肱, 七十人の, 二つ議論が, 今そんな, 位を, 悲運また, 新しい伴造, 諸藩, 費用が, 關係の

▼ 朝廷~ (11, 0.7%)

2 幕府の 1 この国, 京都の, 将軍の, 尊皇攘夷論者は, 曹操にばかり, 皇帝を, 良人の, 藤原氏や, 都の

▼ 朝廷において~ (9, 0.6%)

1 お取り扱い, これが, これを, ご教育, ご聴許, そんな卑劣, 一時の, 作られたもの, 皇室の

▼ 朝廷にも~ (8, 0.5%)

1 ずいぶんあります, ぢいて, 奏して, 往かずに, 採用され, 重用され, 金銀は, 院にも

▼ 朝廷~ (8, 0.5%)

1 では大阪, につい, には一人, には郡県制, のやり口, の名だたる, の策士ら, の音楽

▼ 朝廷に対する~ (7, 0.5%)

1 公務を, 尊崇の, 態度は, 用弁を, 精神は, 藩の, 訴願などにも

▼ 朝廷へは~ (7, 0.5%)

1 できるだけ譲っ, わしから, 使いを, 十分に, 常に出仕, 我軍大いに, 抗したくないが

▼ 朝廷に対して~ (5, 0.3%)

1 嫌疑を, 念仏宗の, 悪逆を, 異心, 違勅の

▼ 朝廷という~ (4, 0.3%)

1 ものが, ものハ国よりも, 名において, 御中心

▼ 朝廷としても~ (4, 0.3%)

1 ここまで, ご粗略, 以後お, 捨て置かるるわけ

▼ 朝廷における~ (4, 0.3%)

1 中心の, 大海人, 権力者の, 過激な

▼ 朝廷へも~ (4, 0.3%)

1 六波羅へも, 同じ縁起, 届け出ずただ, 恭順の

▼ 朝廷及び~ (4, 0.3%)

2 その周囲 1 世上へ, 藤原氏等の

▼ 朝廷に対し~ (3, 0.2%)

1 奉って, 奉る御, 奉る恭順

▼ 朝廷を以て~ (3, 0.2%)

2 古え 1 その延長

▼ 朝廷~ (3, 0.2%)

1 から主張, だけがひとり悪党, の前

▼ 朝廷~ (3, 0.2%)

1 で尊氏, の異分子, の臣

▼ 朝廷~ (3, 0.2%)

2 の王 1 の王四柱

▼ 朝廷~ (3, 0.2%)

1 のお, やまた, よろしくお

▼ 朝廷守護~ (3, 0.2%)

1 の列藩, の名, の藩主ら

▼ 朝廷尊崇~ (3, 0.2%)

1 の大義, は幕府, をもて

▼ 朝廷直々~ (3, 0.2%)

1 の令, の掃討軍, の綸旨

▼ 朝廷貴族~ (3, 0.2%)

1 にうらみ, の裏面, や後宮

▼ 朝廷ある~ (2, 0.1%)

2 ことを

▼ 朝廷~ (2, 0.1%)

1 幕府か, 幕府かと

▼ 朝廷からも~ (2, 0.1%)

1 重い待遇, 高麗の

▼ 朝廷がた~ (2, 0.1%)

1 の息, の西郷吉之助

▼ 朝廷~ (2, 0.1%)

1 自体, 自体が

▼ 朝廷だった~ (2, 0.1%)

1 ことを, のでしょう

▼ 朝廷での~ (2, 0.1%)

1 朝儀は, 調べでは

▼ 朝廷とか~ (2, 0.1%)

1 主なる, 臣道とかの

▼ 朝廷として~ (2, 0.1%)

1 あがめおくの, あがめて

▼ 朝廷としては~ (2, 0.1%)

1 四国の, 崇文總目に

▼ 朝廷においても~ (2, 0.1%)

1 久しい間, 公卿百官も

▼ 朝廷にとって~ (2, 0.1%)

1 一大敵国の, 古来から

▼ 朝廷によって~ (2, 0.1%)

1 ようやく弾正, 征夷大将軍に

▼ 朝廷に対しても~ (2, 0.1%)

1 おそれあること, 済まぬと

▼ 朝廷のみ~ (2, 0.1%)

1 で御, ならず宇内

▼ 朝廷ばかり~ (2, 0.1%)

1 でなく各, でなく時代

▼ 朝廷よりは~ (2, 0.1%)

1 慶喜公を, 燕王の

▼ 朝廷~ (2, 0.1%)

1 参与を, 御様子及幕府ニ

▼ 朝廷~ (2, 0.1%)

1 危し, 新政以来の

▼ 朝廷武家対立~ (2, 0.1%)

2 の事情

▼ 朝廷無視~ (2, 0.1%)

1 の叛意, の暴状

▼ 朝廷~ (2, 0.1%)

1 に大きな, に異論百出

▼ 朝廷~ (2, 0.1%)

1 の中心, を御簾

▼1* [96件]

朝廷あっての公卿廷臣, 朝廷旗上げの, 朝廷おうれい候もの, 朝廷おんみずからやって, 朝廷がた尊氏がたその内部勢力, 朝廷これを嘉納, 朝廷すらも六波羅へ, 朝廷そのものであると, 朝廷ふとみ, 朝廷たりとも争覇, 朝廷だけは何か, 朝廷づくりのしたくであった, 朝廷であろうがな, 朝廷でさえもわが家を, 朝廷ですから有力, 朝廷でないことだけは, 朝廷でなくて曹操, 朝廷とが結ばれたの, 朝廷とてもその誠意, 朝廷とは何ものである, 朝廷などは念頭にも, 朝廷なんどにて御簾, 朝廷にさえ不遜な, 朝廷にては五月五日の, 朝廷にても有栖川宮熾仁親王を, 朝廷にとっては非常な, 朝廷にまで行はれた, 朝廷に関するとお眠り, 朝廷へとここで, 朝廷また建文を, 朝廷または寺院周囲の, 朝廷までを内部から, 朝廷むきの御, 朝廷よりのお触れの, 朝廷をすら意に, 朝廷をも動かす悪, 朝廷奉リ, 朝廷ニ可奉差上事, 朝廷ニ帰還し云, 朝廷ニ献貢シタリシモノナルベシ古歌ニモ, 朝廷三百年記念式のおこなわれる, 朝廷の官吏, 朝廷覇の, 朝廷に豪族, 朝廷交渉の帰結, 朝廷側要人らの陰謀, 朝廷僧文観も密教, 朝廷を罷, 朝廷内外のお, 朝廷公を, 朝廷及諸侯の国, 朝廷向きの御, 朝廷嘉賞して, 朝廷辞と, 朝廷大臣自ら全うするの, 朝廷孤立し奸臣志, 朝廷に帝, 朝廷崇信県君に封ず, 朝廷帖木児の道, 朝廷を索むること密, 朝廷幕府各藩, 朝廷幕府諸侯を連串, 朝廷幕府諸侯三位一体の権化, 朝廷度外などの不逞, 朝廷思ひの忠実心, 朝廷摂関家でも由々しき, 朝廷支持の声, 朝廷過の速, 朝廷数十万が財, 朝廷文武皆倶, 朝廷新政のみぎり, 朝廷方院方と分れ, 朝廷時代に地方地方, 朝廷最高の顕官蔡大臣, 朝廷朝廷と公卿, 朝廷朝臣もいま, 朝廷本位に議論, 朝廷歴代の文書庫, 朝廷治下の国家, 朝廷が徳川, 朝廷して, 朝廷王府の官員数千人, 朝廷生活をうるおし, 朝廷破壊の逆臣, 朝廷は當時, 朝廷若くは貴族, 朝廷覆没して, 朝廷臣を, 朝廷貴族といつても生活ぶり, 朝廷貴紳の寵児, 朝廷を守り, 朝廷重くなれば, 朝廷鎌倉への報告, 朝廷長久天下太平家門隆昌を祈っ, 朝廷開創以来雄略天皇の御代, 朝廷替綱紀崩擢