青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「朝倉~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

服装~ 望~ ~望み 望み~ ~望む 望む~ ~望ん 望ん~ ~朝 朝~
朝倉~
朝夕~ 朝廷~ 朝日~ 朝飯~ 朝鮮~ 期~ ~期待 期待~ 期間~ ~木

「朝倉~」 1198, 12ppm, 8842位

▼ 朝倉先生~ (707, 59.0%)

15 の問題 12 の顔, はしかし 11 はそう 9 の言葉 8 をお 7 が, のこと, のほう, は微笑 6 のよう, はしばらく, はその, はちょっと, は何, は次郎, は眼 5 が言った, と次郎, の, のため, の声, の家, の留任, の退職, の送別式, をたずね 4 のお, の眼, の言われた, の辞職, はそれ

3 [14件] がいつも, に報告, の人格, の教え子, の方, の話, の門, の険しい, は, はいつも, はすぐ, もそれ, を失った, を見送っ

2 [54件] がこれ, がなぜ, が言われた, だけだった, だった, といっしょ, と三人, と二人, と俊亮, と小関氏, と恭一, にきいた, にこんな, にはきっと, に恥, に訓戒, のあと, のうち, のそんな, のつぎ, の前, の口, の教え, の机, の澄んだ, の答え, の言った, はかつて, はかなり, はけげんそう, はこれ, はさびしく, はたたみかけ, はただ, はにこにこ, はみんな, はもう, はわざと, は俊亮, は夫人, は奥さん, は彼, は生徒, は相手, は組んだ, は腰, もさすが, も何, も次郎, や小川先生, を侮辱, を慕う, を慕っ, を見つめ

1 [350件] から聞かされた, があらためて, がいい, がいつの間に, がいられなく, がお, がおもむろに, がお呼び, がかつて, がこの, がこんなに, がしんみり, がそっと, がその, がそれ, がそんな, がどんな, がふしぎ, がやって来, がやめられたら, がやめられる, が一つ, が一番, が五・一五事件, が人力車, が冗談, が別れぎわ, が去った, が反対, が君ら, が壇, が学校, が学生時代, が小関氏, が待っ, が心, が心配, が急, が惜しい, が我校, が敗北主義者, が最後, が極力, が次, が歩きだす, が歩みより, が永く, が沈黙, が生徒監, が生徒監主任, が眼, が空林庵, が立ち上る, が立とう, が笑い, が答えた, が考えろ, が荒田老, が説明, が開塾最初, が青年塾, が駅, ぐらいな, こそは実に, それでは先生, そんなこと, だけがお前たち, だけがまだ, だけだ, だけでなく, だって多分, だと, です, とあいさつ, とお, ときい, としても次郎, とともに指導的立場, とのつながり, との間, とはどうしてこう, と何, と共に, と共にゆっくり, と同じ, と大河, と夫人, と宝鏡先生, と直接, にあてた, にいろいろ, にお, にお願い, にし, にすっかり, にすまない, にそう, にその, にたずね, にだって誰, にはじめて, にはまだ, には室崎, には朝倉先生, には気の毒, には私, には秘密, にもしばらく, に一刻, に代っ, に出し, に出した, に励まされる, に協力, に反対, に叱られ, に向かっ, に学び得た, に対してはごく, に対して済まない, に対する僕たち, に対する心酔ぶり, に対する忠勤, に対する感謝, に対する正面, に対する気持, に対する気持ち, に対する生徒間, に対する真実, に対する讃美, に小声, に師事, に意外, に接した, に提出, に敬礼, に現在以上, に相談, に私語, に秘密, に紹介, に結びつけ, に背く, に言いつけた, に言った, に言われた, に話し, に話す, に説き伏せられた, のあれ, のいろいろ, のいわゆる, のお世話, のご, のすわっ, のそうした, のもっとも, の一使徒, の二人, の五・一五事件批判, の住居, の合い, の名誉, の崇高, の式辞, の後継者, の御, の微笑, の心, の抱い, の指導, の提案どおり, の書斎, の最後, の東京, の横, の横顔, の気持, の注意, の深く, の玄関, の理想どおり, の立っ, の考え, の自己慰安, の裸姿, の調子, の講義, の豹変ぶり, の踊り, の辞令, の辞任, の近く, の送別会, の運命, の開塾式, の青年塾, はあっけ, はいつ, はうそ, はうなずい, はうれし, はおさえつける, はおどろいた, はお前たち, はかるく, はかんかん帽, はきびしい, はくそ, はこの, はさぐる, はさっき, はしごく, はしずか, はしだいに, はしんみり, はすこし, はする, はそこで, はそこでまた, はその間, はそれから, はそれっきり口, はそれ以上, はどんぶり, はなだめる, はにっこり, はべつ, はべつに, はほんの, はまじまじ, はまた, はまだ, はもっと, はやさしく, はやっと, はやっぱり, はやはり, はコップ, は一通り案, は不審そう, は人格, は僕, は凉, は右翼, は名簿, は塾生たち, は大きく, は室ごと, は尊敬, は小田先生, は小関氏, は少し, は居間, は帰っ, は座, は思い出した, は思っ, は急, は愉快そう, は手, は手紙, は暴力, は机, は柿, は校長, は櫟, は正しかっ, は毛氈, は沈痛, は注意, は渡り廊下, は無言, は猿股一つ, は白鳥会, は空, は立ち上っ, は箸, は考え, は考えぶ, は自分, は薪小屋整理班, は袴, は言いかけ, は話し, は説明, は調子, は軽く, は近づい, は酒量, は青山, は靴, は飯島, ほどのまじめ, ほどの教育者, もかみ, もすぐ, もそう, もその, もちゃんと, もっと何, もつづけ, もひょっと, もまじめ, もまた, もむろん, も今日, も君, も夫人, も急, も恭一, も真顔, も笑った, も腕組, や俊亮, や次郎, や白鳥会, らしくない詭弁, をかえりみ, をそんな, をたずねた, をたずねる, をのぞい, をはじめ皆さん, をほめあげた, をまん中, をむかえ, をやっと, を中心, を人格的, を仰ぐ, を公衆, を失う, を奪った, を尊敬, を彼, を想像, を我校, を暴力, を権力, を横目, を独占, を知った, を知る, を見おくった, を見た, を見つめた, を訪ね, を訪ねた, を説いた

▼ 朝倉夫人~ (81, 6.8%)

5 と次郎 3 のほう, はもう 2 はしばらく, は何度, は微笑, も笑い

1 [62件] があと, がいかにも, がすでに, がたずねた, がたびたび, がどうして, がはいっ, がやって来た, が不安, が座ぶとん, が廊下, が涙声, が炊事場, が独り出迎え, が玄関口, が言った, が食卓, だけはいつも, とを相手, と二人, と二人きり, と小川先生, にお, によそっ, に報告, に対する抗議, に慰め, に指さされた, に朝倉先生, に言った, のあと, のしなやか, のそんな, のスリッパ, の三人, の声, の方, の言葉, は, はいかにも, はさびしく, はしんみり, はそう, はその, はやはり, は手振り, は涙ぐん, は淋しく, は炊事, は眼, は第, は行事, は話, は読書会, は電車, もこんな, も今度, も次郎, も笑い声, も間もなく, や次, を紹介

▼ 朝倉~ (58, 4.8%)

4 の家中 2 の客臣

1 [52件] からものべつ, が存立, が相撲, こそは, こそはお, であり当主, では翌日, でも厄介者, で細川藤孝, とか徳川家, とは仲, とは祖先以来, と呼応, と旧交, と浅井家, などへも機, などを唯一, について, には元, に仕官, に依頼, に客, に寄寓, に対する御, に居る, に投ぜ, に於, に身, に随身, のうち, の中, の内争, の内情, の内紛, の城下, の家臣, の富有, の将たち, の本城一乗谷, の根拠地, の猛, の禄, の粟, の領内, の領分, へ一札, へ来, へ献策, へ着いた, へ随身, を思い, 亡んでも

▼ 朝倉~ (48, 4.0%)

4 軍を 3 両家は 2 抑えとして

1 [39件] ことから, 一族を, 両家とも, 両軍, 主将たちは, 兵は, 兵を, 外援を, 大軍が, 大軍と, 妻からの, 宮, 宮とは, 宮に, 家来真柄十郎左衛門が, 尽力に, 帰に, 平定を, 徒, 戸口を, 援兵を, 援軍に, 攻撃が, 方から, 来援を, 残党その他の, 残党や, 滅亡伝統破壊者の, 真柄直隆に, 聯合軍一万八千の, 親戚に, 車夫であろう, 軍の, 軍は, 軍勢は, 間に, 関係は, 陣容は, 陸軍病院を

▼ 朝倉~ (33, 2.8%)

6 の寮 4 の倅 3 の三五兵衛 2 の内儀, の方

1 [16件] に入っ, に引返しました, に着い, の丁稚, の主人, の主人三五兵衛, の内儀殺し, の息子, の竜吉, の露地, はいつ, は朝倉屋, へ引返す, へ行き, へ行っ, より取り寄せ置きし

▼ 朝倉先生夫妻~ (29, 2.4%)

2 をはじめ

1 [27件] がその, が空林庵, だけには十分納得, だけを空林庵, とともに空林庵, とゆっくり, と俊亮, と小関氏, と次郎, に対してもいくぶん, のほか, の三人, の助手, の注意, の眼, の話題, はこれ, は翌日, は耳, もしん, もむろん, も俊亮, も塾庭, も次郎, や俊亮, を中心, を二階

▼ 朝倉~ (20, 1.7%)

2 は三田村

1 [18件] が姉川, が山越え, が追撃, すわいくさ, にとっては可, に勝色, に対するもの, に裏切り組, の側面, の加勢, の弱, の討たれる, はその, も亦, を大寄山, を引き受け, 乱れ立ち全, 漸く浮き足立った

▼ 朝倉~ (13, 1.1%)

1 [13件] むすび叡山その他, 一つに, 一味し, 一時和を, 云う北国, 云う家, 協力した, 協力を, 江北の, 織田は, 足利公方との, 通じたり, 通謀し

▼ 朝倉義景~ (13, 1.1%)

1 [13件] が二万, とむすび, にたより, にも仕え, の一族, の大軍, の領, は, はこの, はそれ, へ相談, へ身, もこの

▼ 朝倉~ (9, 0.8%)

1 たよって, やりつけて, 亡ぼし更に, 初め叡山をも, 制圧する, 取って, 滅ぼして, 討滅し, 退治した

▼ 朝倉石見守~ (8, 0.7%)

2 が老中 1 が代替り, の手, の智恵袋, の智惠嚢, は与力筆頭笹野新三郎, は與力筆頭笹野新三郎

▼ 朝倉~ (7, 0.6%)

1 三好三党に, 信長の, 好きな, 宗家の, 当然の, 浅井家と, 逆臣の

▼ 朝倉~ (6, 0.5%)

1 亡んだの, 兵二騎味方の, 必然江北から, 江北の, 聯合し, 討滅され

▼ 朝倉~ (6, 0.5%)

1 では, の一将, の大将, は大将自身出馬, は黒坂備中守, もやった

▼ 朝倉殿~ (6, 0.5%)

1 こそは唯一, には織田, には遠, の内政, もあの, をおい

▼ 朝倉~ (5, 0.4%)

1 なります, 上杉に, 勝ったので, 山門の, 来しは

▼ 朝倉教諭~ (5, 0.4%)

1 がりっぱ, には全然, に辞表提出, のこと, の思想

▼ 朝倉文夫氏~ (5, 0.4%)

2 のアトリヱ 1 からも氏, の令孃, は梅

▼ 朝倉~ (4, 0.3%)

1 すべてそうだった, そんな悠長, 三方ヶ原の, 同時に立つ

▼ 朝倉一五〇~ (4, 0.3%)

3 の提灯 1 とし

▼ 朝倉忠左衛門~ (4, 0.3%)

1 と一緒, はまだ, は火事, は頑として

▼ 朝倉景健~ (4, 0.3%)

1 の幕営, の本陣, も, もそう

▼ 朝倉石見守様~ (4, 0.3%)

1 から厳, の手前, は申す, へ直々

▼ 朝倉石見守樣~ (4, 0.3%)

1 から嚴, の手前, は申す, へ直々

▼ 朝倉~ (4, 0.3%)

1 が展開, が湖北, と南北, は冬季

▼ 朝倉~ (3, 0.3%)

1 三好三党の, 京都の, 叡山などが

▼ 朝倉先生自身~ (3, 0.3%)

1 すでにそうした, としてもまだ, のほか

▼ 朝倉塾長~ (3, 0.3%)

1 とは古く, の青年教育, は

▼ 朝倉景恒~ (3, 0.3%)

1 が踏みとどまっ, と会っ, は一乗谷

▼ 朝倉~ (3, 0.3%)

1 が起つ, の特色, はもと

▼ 朝倉浅井~ (3, 0.3%)

1 がいる, との衝突, の争い

▼ 朝倉男爵~ (3, 0.3%)

1 が戸, の手品会, は通人

▼ 朝倉さん~ (2, 0.2%)

1 の家族, はまだ

▼ 朝倉などの~ (2, 0.2%)

1 大軍と, 徒を

▼ 朝倉に対する~ (2, 0.2%)

1 夏の, 義理から

▼ 朝倉先生送別~ (2, 0.2%)

1 の方法, の辞

▼ 朝倉孫三郎景健~ (2, 0.2%)

1 に面会, を主将

▼ 朝倉星雲先生~ (2, 0.2%)

1 が郷土, にお

▼ 朝倉星雲氏~ (2, 0.2%)

1 のお, の手

▼ 朝倉景行~ (2, 0.2%)

1 の陣, は一乗谷

▼ 朝倉退治~ (2, 0.2%)

1 のため, の時神祖

▼ 朝倉連隊~ (2, 0.2%)

1 に往く, へ往く

▼ 朝倉~ (2, 0.2%)

1 に, の造酒屋

▼1* [68件]

朝倉あたりとは相手, 朝倉さんあんたはせっせと, 朝倉いと一手, 朝倉だけで神楽, 朝倉であれ世の, 朝倉ででもあったよう, 朝倉での行違を, 朝倉とが合体し, 朝倉とは代々昵懇の, 朝倉とも事端を, 朝倉どのをお, 朝倉などがあつて, 朝倉にては三田村合戦と, 朝倉に対しても絶えず圧迫, 朝倉また彼の, 朝倉より雨を, 朝倉一族をほろぼし, 朝倉佐々木六角浅井の諸家, 朝倉僧兵の聯合勢, 朝倉先生あての手紙, 朝倉先生どころでは, 朝倉先生今の意見, 朝倉先生夫婦も俊亮, 朝倉先生留任運動の美名, 朝倉先生訪問私服刑事馬田とのにらみ合い, 朝倉先生送別会のこと, 朝倉勢これを左岸, 朝倉勢左岸に迫らん, 朝倉の前, 朝倉塾長朝倉夫人の三人, 朝倉にお移り, 朝倉宮近くであるから, 朝倉家譜代の者, 朝倉小川の三先生, 朝倉尾張の織田氏ら, 朝倉屋三五兵衛の寮, 朝倉屋拙者立花久三郎は立花久三郎, 朝倉の崖, 朝倉左衛門尉義景十八人の侍大将, 朝倉征伐に行った, 朝倉忠左衛門以下幾人かの尊い, 朝倉忠左衛門最後まで踏み止っ, 朝倉攻めの遠征, 朝倉敏景も注目, 朝倉教諭退職の理由, 朝倉教諭退職発令の直後, 朝倉文夫が, 朝倉方戦前の軍議, 朝倉景澄この時秘か, 朝倉景澄等の腹心, 朝倉景行どのでしょう, 朝倉景鏡に大野城, 朝倉景雅のふたり, 朝倉村黒崎に近い, 朝倉の御, 朝倉武田北畠などの使者, 朝倉江州の浅井, 朝倉浅井上杉毛利信長と兄弟分, 朝倉義景どのと合し, 朝倉義景公だった, 朝倉義景斎藤義龍西に佐々木, 朝倉義景江北の浅井長政, 朝倉越後の上杉, 朝倉軍狼狽して, 朝倉道三郎先生が突如, 朝倉郡小石原村から来っ, 朝倉附近にある, 朝倉には兵