青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「権~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

様式~ 樂~ ~標準 標準~ ~模様 模様~ ~樣 樣~ ~樣子 樣子~
権~
~権利 権利~ 権力~ ~権威 権威~ ~横 横~ 横たわっ~ 横浜~ 横町~

「権~」 4083, 44ppm, 2624位

▼ 権~ (744, 18.2%)

24 もって 19 持って 11 握って, 有して 8 得て, 有つ 7 主張し 6 有って 5 与えて, 奪われて, 放棄し 4 とって, にぎって, もつこと, 主張する, 保護する, 放棄した, 有す, 有するもの, 獲得した

3 [11件] 中心に, 侵害し, 侵害した, 完全に, 得ようと, 持つて, 濫用し, 行使し, 行使した, 要求し, 認めて

2 [42件] して, もつて, もつ立場, 一ドルで, 与えた, 与えたの, 与えないと, 与えられた, 与えられたよう, 与えられる, 与えられること, 与えること, 保護し, 削弱し, 剥奪し, 助けよう, 執る事, 奪うこと, 奪われたの, 尊重し, 得た, 得たの, 得たよう, 得ても, 把握する, 持ってるん, 掌握する, 握られて, 握るよう, 握れば, 支持する, 有た, 求めたとき, 犯して, 獲得し, 産れ, 確立した, 笠に, 自分の, 行使する, 要求する, 道徳的に

1 [482件] いっさい投げうっ, いっそう強固, うち倒せ, おこなう権利, おのずから握っ, おびて, おびやかすこの, おびやかすよう, おゆだねある, お持ち, お譲り下, かたく持, かっぱらわれて, かりて, きかせて, くらべうる者, けずったり, この委員会, さを, しっついした, すて富士男, そういう人たち, そそのかして, その士族, そッくり握っ, ただみたい, つよめて, となえこれ, とらしむ, とらしむるが, とられた, とりあげたの, とるかという, とれるという, ないがしろに, なだめ遂に, ならべて, にぎり出ては, にぎり後宮, にぎるよう, にんじんが, はじめ母公喬国老など, はったと睨めつけ, ふるいえ, ふるい無礼姑息, ふるったり, ほしいまま, みずから侮辱し, みとめられて, みとめるも, もたないで, もたないでも, もたれて, もったお, もったもの, もってるあらゆる, もつと, もつという, もつといふ, もつの, もつべきもの, もつもの, もつ吏務, もつ団長, もつ子供たち, もつ存在, もつ用紙割当事務庁, もつ頃, もてばこそ, もて争, もて限, ゆずる場合, わたくしに, オプションに, コロンビア大学に, ジャックリーヌにたいして, ソヴエットとか, ロシアの, 一手に, 与うるくらいの, 与うる事, 与えいわゆる, 与えきるという, 与えざるの, 与えたとき, 与えないという, 与えながら, 与えなければ, 与えよ, 与えようと, 与えられたるは, 与えられたる今日, 与えられた第, 与えられる婦人, 与えるかの, 与えるその, 与えるため, 与えるという, 与えるや, 与え俳優, 与へられたと, 与へられないでしまつた, 与へること, 与次郎に, 並立せしめ, 主張した, 主張してやろう, 主張すべき, 主張せね, 之に, 之れ, 争いしもの, 争い人の, 争い寵, 争い小, 争うて, 争ったの, 争って, 云々し, 享けて, 享受しなけれ, 享有する, 享有せし, 仏教から, 他へ, 他人に, 他店に, 仮さずして, 仮て, 何かの, 使うより, 依頼したい, 侮辱する, 侵さる, 侵す態, 侵害された, 侵害される, 侵害する, 侵害せる, 保った勲功, 保証せん, 信じこんで, 信ずるのみ, 借て, 借りること, 僕の, 僧侶の, 僭有する, 償うに, 先取し, 全国民, 兵卒の, 分配せん, 削られましたので, 剥ぎ富豪, 剥奪された, 加えた後光, 十分に, 博文館に, 占めさせじと, 及ぼして, 双手に, 収めて, 取ったも, 取って, 取つたとき, 取つたもの, 取りあわよくば, 取ろうと, 取ッ, 各自の, 喪失した, 喪失する, 喪失すれ, 嘲笑せり, 回って, 回復した, 地元に, 坪幾何の, 執って, 執るもの, 執る世, 声に, 売って, 売つて, 売買するなら, 外国に, 大国主は, 天皇が, 失い歯舞, 失うが, 失うこと, 失うよう, 失ったこと, 失ったもの, 失った場合, 失って, 奪い, 奪うという, 奪うにも, 奪うも, 奪おうとして, 奪おうなどと, 奪ったこと, 奪って, 奪はう, 奪り回す, 奪わば, 奪われた, 奪われること, 奮ったの, 奮って, 始め諸, 媒と, 守るため, 守れ, 安く買い取りました, 安全に, 完全し, 定める規則, 実現した, 容認する, 寧王に, 封じられ死ぬまで, 専らに, 尊び威厳, 嵩に, 干犯する, 廃すること, 張り威を, 彼に, 彼の, 彼は, 彼らに, 得せしむる, 得せしむる者, 得たでありましょうが, 得たという, 得たに, 得たもの, 得たり, 得たるもの, 得た二千余万, 得た日, 得た第, 得てから, 得ば, 得ること, 得るの後, 得山, 御司り遊ばす, 急に, 恢復し, 戟に, 手に, 托される前, 扶けて, 承認せし, 抑えて, 投げすてさせられて, 投げやりて, 抛ち保吉, 抛ち去つて, 抛棄しない, 拡張し, 持たずその, 持たず家長, 持たない, 持たないという, 持たない事, 持たない連中, 持たなかったし, 持ちすなわち, 持ち半, 持ち得る事, 持ち階級的差別, 持つかの, 持つが, 持つの, 持つほどの, 持つよう, 持つ精, 持つ者, 持つ資格, 持張し, 挙げて, 振う所, 振う間, 振って, 振つたあの, 振り廻す, 振るい議会, 捕えること, 捨てた罪, 捨てて, 掌握し, 掌握し尽す, 握ったという, 握ったり, 握ったわけ, 握ったん, 握った社会層, 握った階級, 握っても, 握つたら愉快, 握つて, 握つて四海, 握らんと, 握りその, 握りながら, 握り当主, 握ること, 握るべきチーフ・ジャスティス, 握るほか, 握る人物, 握る身, 握れり, 握れるはたかれ神聖, 揮うよう, 擁護した, 擁護する, 擒に, 支那人に, 放任したる, 放棄せざるべからず, 政府に, 教えて, 敢然と主張, 施して, 旧主の, 是認する, 最後まで, 有したる法曹, 有してると, 有しない, 有し下院, 有し読書講究, 有すと, 有する, 有するお, 有するだけ, 有するだけの, 有すると, 有するなり, 有するに, 有するにも, 有するの, 有するので, 有するは, 有するや, 有する人々, 有する国民各層, 有する土地所有者, 有する婦人, 有する普魯西, 有する男子たち, 有する資格, 有す訓導, 有せざれども, 有せしめ以, 有せず, 有せむとするの人, 有たず, 有つてゐない, 有償で, 束縛し, 林に, 林の, 柱と, 楯に, 極めて好条件, 極めて強力, 権田に, 殺ぎその, 殺ぎ公家一統, 毀損し, 民主的たら, 求めた, 求めるまで, 求め婦人, 没収した, 渡すか, 漸くに, 無視した, 独占し, 独占した, 独占する, 狭められて, 獲得しなけれ, 獲得しよう, 獲得する, 玩ぶため, 用いて, 発動し, 登録せし, 皇帝の, 破りたる者, 確保し, 確保する, 確立しよう, 確立する, 確認した, 示しての, 示すため, 社会自身が, 私へ, 移すよう, 粗末に, 統御ある, 絶叫し, 継ぐなら自分, 継続し, 維持せん, 総攬し, 縛って, 考えて, 背景として, 背負うて, 自分達の, 自己政党の, 興行者が, 舟へ, 英国に, 落とすに, 藉さなけれ, 行うに, 行なわんと, 行ひつ, 行ふ, 行使しない, 行使し得る, 行政権から, 行政権や, 補佐する, 襲ったの, 要求されなかった, 要求しなけれ, 要求す, 見よ, 見ると, 討虜将軍会稽の, 設定さして, 許されざるの, 許した各州, 証明する, 誇って, 誇示し, 認むると否とに, 認めたこと, 認めたとき, 認めたに, 認めないもの, 認めますから, 認められ一九一八年, 認めるなら単なる, 認め小さい, 説き周瑜, 説き蘭方医, 譲り受けた方, 負い才力, 買い戻すこと, 買ったという, 買わせようと, 買収しよう, 買戻すこと, 賜いて, 賦与された, 賦与される, 贈った, 蹂躙し, 軽ん, 遂に植物, 重んじそして, 重んずるとかいう, 闘いとるべく前進, 附すること, 除外した, 集中し, 預かって, 顧みて, 高くかざした, 鬻ぐもの

▼ 権~ (362, 8.9%)

5 彼の 4 手を

2 [14件] ここに, これを, ない, 一片の, 与えられて, 全く自己, 呉の, 彼に, 思った, 急に, 現在保護期間中な, 眼を, 諸将, 首を

1 [325件] あたしに, あって, あつく葬った, あらゆる礼遇, ありのままつぶさに話した, あるん, ある程度習慣, いきなり立っ, いたく傷つけられた, いち早く, いつも政党政派, いつも頭痛, いつ女, いよいよ一国対一国, いよいよ蔑み, いよいよ黙りこむ, いらない, いるか, いろいろの, おののく手, おもしろくない, かさねて, かなしんで, かならず呼応, けずられ政府, こころよげ, こちらでも, この宿老, この戦果, この時, この甥, これあるまじく, これによって, ございません, さぞかし臣民ども, さっそく訊ねた, しばらくじっとし, じっと聞い, すぐ周瑜, すぐ妹, すぐ政閣, すぐ横, すぐ覚った, すっかり自信, すばやく内ぶところ, そう聞く, そう観察, そのまま当方, その剣, その地方, その後改心した, その気, その範囲, その顔, そばに, それが, それつきり遂, それに, それも, そんな事情, たいしたもの, たしかにあなた, ただ命令, ただ契約, ただ老母, たちまち心, ちょっと色, ついに老母, どうした, どうなっ, どう勘, ないしかし, ないと, ないん, なお唇, なお囲み, なかった, なくまた, なア, にわかに眼, ねぎらう, ねっちりした, はや筆墨, ひと口に, ひと息に, ひどくがっかり, ひよつこり酒場, ふたたび孔明, ふり向いて, ぷっと怒りを, まずいった, まず張昭, またその, また建業, また諸, まだ会社, まだ決しかね, まだ若かっ, まったく我々青年, まれに, みなこっちへ, もうその, もう大, もう心, もし漢中, もたないけれど, もたらされたもの, もちろんこの, もとより孝心, もとより政治, もと約束, やがて諸員, やっぱりほんとう, ゆるした, よろこんで, わしが, わりに大き, われと, カンヌキを, ナイフを, ロバアト・セシルの, 一同の, 一夜煩悶した, 一方には, 一気に刀, 一種の, 一言を, 不確実, 世代的な, 予の, 云った, 仆れ, 今廊下, 伯母が, 体験少なく, 何んにも, 信二の, 俺に, 兄弟の, 先ず主人, 先に, 先天的の, 全く親方, 公卿の, 公正で, 公然法律, 内閣に, 出征の, 刀百口絹千匹を, 初めて確信, 初めて蘇生, 削らずして, 削除され, 力づよい跫音を, 努めて, 動かされた, 博文館が, 占領の, 原作者の, 及ばないその, 及ばないの, 及びません, 叔父御, 口から, 口を, 古怪, 可憐な, 各藩, 合法的な, 合法的事実であり, 同島を, 君位と, 君位君権に, 呂蒙, 周泰の, 哄笑した, 喪に, 嘲笑ったが, 国外の, 地の利を, 堅固に, 声を, 夢でも, 大なり, 天皇にのみ, 如何にも善い, 威儀を, 孔明に, 孔明の, 完全に, 宰相一人に, 宿年の, 寄手の, 屈せず面, 山手の, 左右を, 市民議会に, 市町村等自治体の, 帰する, 広島の, 建業の, 当時内閣の, 当然金菱銀行, 当然駐満, 役夫, 彼を, 後でいった, 忌み皐, 思わずああと, 急遽荊州, 急遽諸員, 悲痛な, 悲鳴に, 意中を, 意味あり, 態度を, 憲法上に, 憲法上内閣に, 我が警視総監以上, 所持人の, 承知した, 招いて, 政治それ自身が, 敗軍を, 教会に, 教正に, 文学という, 文学上の, 断じて他, 早くも, 易々とは, 最も確実, 最終的には, 有して, 木蔭から, 朱塗の, 杯を, 歓んで, 武士に, 歩隲の, 死んでも, 気がついたものの, 気圧の, 沈黙し, 泣きはらした眼, 涙しながら, 渇望の, 満二十五歳以上, 漢人に, 然るべし, 爪を, 父兄の, 片耳な, 犯され教育, 狼狽し, 猴に, 王帯を, 現時点, 甚だ気色, 病人の, 登録其の, 直ちに賈華, 相手に, 眼ざし, 破牢する, 確定しない, 私が, 秣陵へ, 立法の, 簾を, 約三十万, 素早く廊下, 素直に, 細心に, 群臣と共に, 群臣を, 翌る, 老母の, 聴許せず, 背中で, 自身宮門まで, 舟べりを, 色を, 若松署長によって, 苦りきって, 苦笑し, 英仏の, 荊州戦の, 荊州攻略の, 莞爾と, 華欽という, 著者一代限り如何なる, 薄くなる, 藤作にとっては, 蜀の, 血に, 衆臣の, 行使しない, 袂を, 言下に, 許されない形, 認めても, 語を, 諸葛瑾, 赫怒し, 軽く笑った, 近頃呉の, 逃げる途中, 逃げ走って, 重きを, 金持ちや, 長男に, 離さじと, 難渋した, 非常に, 面に, 面を, 飽くまでもこれ, 馬と共に, 馬忠に, 驚いて, 魏に, 魯粛に, 鷹揚に, 黙然と首

▼ 権~ (351, 8.6%)

6 問題が 5 独立 4 ために 3 問題は, 理論は

2 [24件] あるもの, 争いが, 事実と, 前に, 問題で, 問題なぞも, 大部分, 妹を, 妹君を, 実在した, 所有者です, 拡大を, 独立が, 独立は, 独立を, 理論と, 甥にあたる, 破棄と, 確立の, 脅威から, 贄は, 重い者, 面に, 顔を

1 [282件] あつた, あとを, ありそう, ありたけ, ある処, ある所, ある日本, ある者, ある言葉, いる閣, うごくこと, うしろを, うつ向いて, お旨, お金を, かわること, ことから, ことが, ことなどが, ことを, ごときは, ご名代, すがた, ついてるもの, つくり, ときと, ないお客, ねぐらを, ほうから, ほうからも, ほうが, もとに, ゆるしを, ように, ファッショ化, 一件にゃ, 下に, 下へ, 与えられた四月十日, 与えられて, 世では, 世界なれ, 中軍へ, 主たる目的物, 主体とを, 主体は, 主張, 争議で, 事かね, 事で, 人相を, 付与や, 侮辱民間の, 侵害である, 侵害の, 侵害は, 侵害事件が, 保全と, 僥倖と, 優越を, 公正の, 再譲渡, 出座を, 分配の, 別名と, 制限を, 制限をも, 前へ, 勢いは, 匕首が, 協定を, 原則的とりきめ, 参の, 及ばざること, 及ばぬを, 叔父孫静が, 名代として, 命を, 問題でからが, 問題とは, 問題にまで, 問題の, 問題を, 問題をめぐって, 回復を, 地で, 地方移譲九年制の, 堕落だ, 塀墻あり, 壁が, 多い人々, 多少より, 大将凌操という, 失はれたる後, 失われたる後, 如きは, 如く胴長, 妹にあたる, 妻子一族は, 妻子一族を, 始末を, 委譲を, 娘の, 字お前さんも, 字だから, 字私は, 字膝を, 存在あり, 存在は, 存在を, 安全な, 官位も, 実在と, 実行を, 室に, 家の, 対象に, 尊重すべき, 小手を, 少い婦人, 尤もらし, 居所は, 左右から, 帝位登極の, 帰したる事情, 幕賓たり, 平等父権と, 座を, 座下に, 座壇を, 廻符は, 弟孫瑜が, 弟孫翊は, 強大なる, 心を, 怒りは, 怒り方が, 急場を, 怨み, 恩恵の, 悪漢だって, 悲嘆は, 態度も, 所在なども, 所在を, 所有によっても, 所有者から, 所有者を, 手を, 手下だった, 手下五人が, 手兵である, 手紙を, 拡充を, 拡張せず, 拡張に, 拡張を, 指揮を, 振わ, 掌握と, 放棄と, 方で, 方へ, 日本に, 暴力を以て, 暴意を, 最も大切, 最も盛ん, 最も覚束, 最も隆盛, 望みは, 期間とは, 本局たるべし, 本軍は, 本陣からも, 条件が, 槍玉に, 母たる, 母公呉夫人であった, 気分, 活動家たちは, 流行する, 消滅する, 深慮に, 満悦呉軍全体の, 濫用によって, 為めに, 無いこと, 無いもの, 特に意義, 特別的保護即ち, 特等席を, 状態が, 独占は, 独立し, 独立と, 独立の, 独立完全ならざる, 獲得から, 獲得だ, 獲得と, 理が, 理論, 理論を, 理論租税の, 甥の, 男子への, 発動と, 発動によって, 発動を, 登録申請を, 目的物と, 直属として, 直書を, 真似上手だ, 眸は, 着物よ, 確立と, 確立なども, 確立を, 確立外交の, 神聖兵役の, 移動を, 移転の, 等差が, 精神は, 素姓を, 継続等が, 維持を, 維持者と, 考えから, 耳にも, 耳へ, 肚は, 腹中に, 自由に, 自由を, 落した刀, 行使という, 行使に, 行使によ, 行使を, 行使者である, 衛門に, 表現として, 裏に, 要求も, 要求を, 観念が, 許へも, 訴訟が, 話に, 誇示でない, 諫めを, 諮問に, 譲受に関し, 譲受人が, 譲渡の, 譲渡は, 譲渡を, 豪さ, 賛成論者として, 質なりと, 蹂躙である, 蹂躙を, 身は, 身を, 身体は, 身何事も, 軽忽, 運動を, 過去の, 道徳的な, 道徳的面目を, 野郎に, 野郎は, 陣へ, 頭が, 頭と, 高い老中, 高い老女, 鬱憤は

▼ 権~ (325, 8.0%)

86 助は 60 助の 27 助が 24 助も 17 助と 8 助に 6 兵衛が, 助から, 助を, 助坂 5 助, 助へ 4 助という 3 助なる 2 兵衛と, 兵衛の, 助である, 助とは, 助どので, 助にも

1 [50件] 丞という, 丞は, 丞榧野五助鳥飼四郎大夫山岸監物など, 丞様の, 丞様を, 介, 介という, 介とは, 介どのの, 介の, 介は, 介よ, 介様恨みある, 兵衛じゃ, 兵衛に, 兵衛にも, 兵衛へ, 兵衛両, 助からも, 助がさ, 助さん, 助さんは, 助さんも, 助だ, 助っ, 助で, 助であった, 助では, 助とが, 助との, 助にとっても, 助には, 助はよう, 助や, 助より, 助をも, 助ガ嫁, 助ヘオレガ掛合ッテ百両, 助今なんと, 助今戸の, 助以上, 助左団次仲蔵半四郎翫雀ら出勤す, 助後に, 助朝日新聞社古, 助権之, 助殿, 助立女形は, 助阪, 助雲十郎等七人の, 衛門森五六郎佐野竹之

▼ 権~ (176, 4.3%)

4 あるという 3 ないの

2 [13件] あって, あるかの, あるわけ, 与えられた, 与えられました, 二百万円に, 京都から, 他人に, 刀を, 含まれて, 無くとも, 認められた, 魏に

1 [143件] あった, あったから, あったに, あったので, あつて, あり過ぎて, ある, あるか, あるから, あるが, あること, あるぞ, あると, あるとは, あるの, あるよう, あるん, ある気に入らぬ奴, あんどん, いうと, いうには, いかに心強く, いけないという, いそいそ浮かれ, いつのまにかかく, うごくか, こう大呼, この国, この夏期清算日, これを以て, しきりと, すなわちそれ, その姿, たのみと, どこに, ない, なか, なくとも, なく従って, ひとたび奪われたら, ひどい白色テロ, ふたたび沈吟, ほぼ握られる, また諫め, みじんも, みとめて, もりかえされて, わずかな, ブータンに, 一般政務の, 不安である, 不確実, 与えられたとき, 与えられ有権者, 与えられ民主日本, 九十九年に, 予を, 何し, 何人の, 侍史によって, 信長秀吉家康と, 個人的企業家に, 僕から, 出て, 切り出して, 勝利を, 取消され競争者, 可愛がっ, 否定された, 呉王に, 喪われて, 坂田省吾という, 売れ始める, 大敗した, 女装を, 如何とか, 如何に, 存在し, 完全でなけれ, 帰着すべき, 干犯されない, 強くなっ, 当主に, 待って, 後の, 憲法で, 成瀬君から, 戯れに, 手兵を, 投げられたこと, 捕えられたと, 握られて, 教会としての, 既に消滅, 日本では, 日本の, 時の, 曹操を, 有って, 来だ, 殆ん, 残されて, 母の, 消滅し, 漢中の, 濫用されない, 無い, 特に不肖, 特に与えられ, 犯されて, 玄徳の, 王と, 生じるだけさ, 生れる, 登極し, 確定し, 私事に, 租税により, 移って, 移るの, 統一的に, 統一確立され, 継続し, 脅威せらるる, 自分の, 舞いこむからね, 若い娘, 行使され, 訊くと, 設定されるなら, 認められたイギリス, 認められてから, 認められなければ, 谷とは, 費, 重臣そして, 長江を, 関羽を, 附着する, 降るよう, 隷属的に, 馬を, 高い

▼ 権~ (137, 3.4%)

2 がそれ, という二人, の手, の細君, は

1 [127件] か, かき, から云いふくめられ, が, がある, がいう, がいわれる, がすぐ, が一膝前, が切り込んだ, が声, が手, が攻略, が本名, が歩み出し, が登城, が舟, が起つなら, じゃ, じゃの, すらも顔, そのあり, だな, ちかく賤ヶ岳, であった, であったか, でありました, で小僧さん, という, というの, とか林佐渡, とであった, とに縋った, とはさすが, とは負けず劣らず, と共に捕われ, と名乗った, と小僧, と小姓, と林佐渡, と申し, と美作, どうじゃ, どう考え, どのなら, などの観察, なの, なんだか酒, にしてやる, にてある, に召使, のほか, の兵千人, の嗄れた, の如き, の密談, の旗本, の癩病, の着物, の神尾, の船, の親爺様, の討死, の足腰, の輩, の金ピカ趣味, の顔, の首すじ, はいった, はお, はお流れ, はここ, はこの, はすぐ, はそこ, はそれ, はまだ, はゆんべ夜中, は主膳, は佐和山, は城内, は大, は少しく, は思わず, は悲鳴, は書状, は権六, は気, は病死, は私, は筧, は自殺, は苦い, は落ち, は身, は長押, は陣, は頬, は顔, は黙った, は鼠, へ, へいった, へささやいた, まだまだ汝, もこそこそ, もっときつく, も云い足した, も供, も喧嘩, も小僧, も春, も本家, も無, や岩石ヶ城, や林美作, よいか, をうつ, を一槍, を失った, を小脇, を抱えた, を昔, を見返った, 参れ, 拭いて, 解ったか

▼ 権~ (83, 2.0%)

2 一服盛った

1 [81件] あらず宇宙, あること, かい土民輩, かかる一方, かたく告げおけ, かって酷い, からまる絶え間, ささげて, しても, すえて, ぞくするもの, とびかかるの, まぎれも, まみえありのまま, まみえさせた, まみえた, まみえて, むかっては, ものを, ゆだねて, 一服盛りや, 上申し, 与かる, 云った, 仕えて, 仕えてから, 伴って, 何かの, 何を, 依って, 依存する, 俟つ, 免じて, 制限を, 十四歳を以て, 及ぼす勢力, 反抗し, 叙爵昇官の, 召された周善, 向って, 固有専属す, 執着してる, 基づいて, 報じられる, 奪られ, 媚びず世に, 就いて, 就いては, 屈せずあっぱれ, 屈従しない, 属するもの, 干渉し, 干渉する, 復命した, 恩命を, 意識的に, 拝賀を, 捧げなお, 推薦した, 支配され, 於ての, 暇を, 束縛され, 歯止めの, 献じると, 献じ今後, 留意し, 紊る, 自信を, 被て, 見出されて, 解決を, 謁し給え, 譲った, 資すべきはず, 身の上を, 重きを, 関係します, 関心は, 顔を, 驕って

▼ 権叔父~ (82, 2.0%)

3

1 [79件] おぬ, がこう, がその, が口, が呻く, が応対, が故郷, が歩い, が骨, すら度, っ, っ止めるでない, ですら, で何, とお, とがお, とがため, とともに追いつい, とはどっ, とも死, と呼ばれた, と朱実, と肩, などは祖先伝来, にもすぐ, のからだ, のす, のそば, の二人, の体, の前, の姿, の死んだ, の白骨, の耳, の背なか, の遺骨, の霊, の駈け, の骨, は, はこんな, はその, はまた, はもう, は元, は先, は大きく, は思う, は独り, は答え, は老体, は蛤茶屋, は見る, へ告げ, へ渡し, までが旅先, もそば, もほどにした, もやがて, も五十, も交じっ, も同時に, も手, も掌, も旅, も次に, も隠居, やお, よた, よっ, よっ何, よ一太刀, よ抜かるまい, をさし措い, を叱咤, を抱き寄せ, を肱, 大したもの

▼ 権~ (78, 1.9%)

18 と助 2 の眼, は急, は油壺, は美

1 [52件] から取り上げた, がまっ黒, が奥, じゃねえ, だ, だった, であったの, でございますが, という香具師, といわれ, と人相見, と共に城内, と出会った, と名乗れ, には変, に危害, のこと, のほか, の取調べ, の成れ, の手, の手下, の手首, の異名, の言葉, の訴え, の頬, の額, の顔, の首, はお, はふるえ上がらず, は一歩, は六波羅割符, は千早, は半分泣き面, は地, は水分, は腹巻, は黒羽二重, ばかりは助けよう, へ言った, へ話し, もずんぐり, も大蔵, りやす, り升, わかるか, をねむらせ, を取り巻きました, 出よう, 寝ころべよ

▼ 権~ (76, 1.9%)

3 と松, と権六, も権六 2 が勘定奉行, の顔

1 [63件] か曲者, がそれ, が一旦, が互に, が今, が無闇, が肩, が言った, が軽々しく, で, であるか, でした, です, でほか, というの, という三下野郎, という悪党, という若者, とを呼んだ, と申す, と陣立て, どのそ, にも娘, に命じました, のお, のこしらえた, の声, の潮吹顔, の癖, の群, の脳天, の膝, の言った, の言葉, の話, の饒舌, はお, は何遍, は坊主, は夢, は尚, は岩, は幸い, は慰めよう, は手, は暗然, は案外, は洩した, は満足, は畚, は立去った, は笑った, は綽名, は裾, は辞退, は飛, は首, ひとりでも, もいった, も思わず, をかき退ける, を案内, を殺し

▼ 権~ (75, 1.8%)

3 被選挙権も

1 [72件] ある, ある選挙権, お喜乃, さすが鮮やか, したがって高価, すでに世, すべて一手に, そう聞い, そのまま容れ, その一つ, その技, それに, ついに肚, ないこと, ないの, ないはず, なかった, また, またゆるさぬ, また功, また家族的生活, また当初, また進み出, まだ寝, みんな三田銀行が, やや自分, オレに, 今と, 他の, 偽唖, 入城しない, 八も, 共に哄笑, 具眼の, 切れたそう, 利害関係も, 剣を, 司法権も, 失ったかたち, 寝耳に, 当然認められ, 彼の, 急激に, 性来気の, 愛で惜しむの, 握つて, 支配統制権も, 敢て, 断乎たる, 暖簾も, 来たな, 気づいて, 決して動かない, 泣きます仄聞, 涙を, 漁業権も, 漸く動き出し, 狼狽し, 理に, 甚だしく心配, 畏敬の, 絶大な, 考えた, 行政権も, 認められたとき, 諸人も, 賛成し, 軍事権も, 遠く魏蜀の, 遺憾として, 隣境の, 領政も

▼ 権~ (59, 1.4%)

3 僕の 2 云ふも, 分離し, 被選挙権とを, 青痣の

1 [48件] あらゆる探索, いうが, いさぎよく一戦, いふので, いわゆる三分鼎立, いわれる高利貸, お会い, この二つ, なったの, なって, わたしの, プラチナ山の, 両立し, 云うよう, 云う観念, 元家, 兵役強制法の, 剣槍を, 劉巴だけが, 労働とを, 北の, 口紅との, 同じよう, 同じ工場, 周瑜との, 土地財産とを, 執行権を, 実とが, 密談する, 感ずるところ, 書いて, 曹操を, 未来の, 松乃とは, 玄徳とは, 碁を, 租税とによる, 称せられる法律, 経済上の, 統帥権とを, 著作権とが, 謀を以て, 警察権とが, 警察権の, 財とに, 貿易権を, 頑愚なる, 駒を

▼ 権田原先生~ (56, 1.4%)

2 の教え, の眼, はそう, は次郎, は自分

1 [46件] が, がたずね, がたずねた, がまた, が何, が出勤, が宿直室, が待ってる, だけだった, だけは正木, だった, とならん, と教員室, にそう, に劣らず, に対すると同じ, に教わっ, のよう, の家, の教え子, の注意, の調子, の顔, はおりおり, はしばらく, はそこで, はちょっと, はまた, はわざわざ, は例, は如何にも, は彼, は思い出した, は急, は校庭, は次, は相, は考え考え部屋, もしばらく, もその, もそれ以上, も間もなく, も默, より少し, を中心, を先頭

▼ 権~ (55, 1.3%)

2 となる, の立場

1 [51件] から告訴, から権利, がこの, が偽作者, が原始的著作権者, が所有者, が日影者, だから, であつ, であらしめ, である, であること, である船頭, ではなかっ, としてただ, としてとどまる, として臨みかけ, として重大, となりたる, と信じ, と見, と認め, に召し抱えられる, に媚び, に対して著作権, に指定, に渡す, に適用, のみに限局, のよう, の一切, の再来, の場合, の大方便, の意味, の策, の鎧甲, は, はいくら, はただ, は何, は国際法上, は法王, は誰, は軍, もただ, もまた, を包含, を化し, を変え, を逐落

▼ 権~ (44, 1.1%)

2 [13件] という中間, という古道具屋, とおいね, とわかった, に供, の主従関係, の名, はいよいよ, はそこ, は女房, は小才, は店, もさすが

1 [18件] か堀, が物語った, が言, そんなもの, で此, というもの, という五十, に別れ, に取寄せ, に見せる, の帰つて, の顔, は三十一歳, は先代, は再び, は卅一歳, や主, を温泉宿

▼ 権九郎~ (40, 1.0%)

3 の死骸

1 [37件] か, が合槌, が手綱, という人, とである, とで菰, とは少し, と小, に云っ, の姿, の方, の様子, の突落, の背中, の鞭, の骨, は, はちょい, はむやみ, はニタリ, はヒョロヒョロ, は体, は口, は叫び, は唇, は唸り出した, は嘲笑った, は城下, は多四郎, は手綱, は振り返った, は次第, は自棄, は舌なめずり, は雪, も続い, を睨み付け

▼ 権~ (38, 0.9%)

3 の二人

1 [35件] が他, が入っ, が酒, だった, つきあわねえか, であった, とは一旦, と呼ばれる, にとっては陸, に洩らした, のそば, の七人, の六人, の大漁着, の娘, の愕, の船, の顔, の驚いた, は, はまったく, は一人, は午, は和尚, は喚いた, は少し, は押し返した, は渇いた, は焼酎, は生, は眼, は醤油, は陸, もつい, も迷っ

▼ 権~ (36, 0.9%)

2 の科白

1 [34件] が召捕, こそいない, しっかりしろ, という奴, といふはい, といふ小, とやら, なんにも当り, により, に善太, に限り, の利き腕, の右, の性質, の悪, の方, の粉本, の肩, の背, の苦心, は, はやや, は善心, は大和国下市村, は左, は已に, は朱刺, は純粋, は舞台, は菊五郎, ももどり, も一所, も釣込まれ, を粉本

▼ 権~ (36, 0.9%)

1 [36件] がある, ぐせが, だけは捨て, だけを取っ, だね, です, で其の, で茶壺, で門限, などありがたく, に至っ, のたかい, の高, の高い, ばかり高く, ぶったもの, ぶらないざっくばらん, も生活力, を与えられ, を以て寝, を保ち得られた, を保っ, を出し, を取っ, を取らし, を張っ, を持ちゃ, を持ち得る, を捨てたくなかつた, を見せる, 張らなけりゃあいけないの, 張らなければ, 張らなさ, 張るならおいて, 振って, 高いという

▼ 権~ (32, 0.8%)

3 ノ局の 2 ノ局が, ノ局も

1 [25件] と三位, ノお, ノ局, ノ局とは, 僧都, 僧都では, 僧都に, 僧都経賢が, 僧都阿, 参事と, 参事に, 参事にな, 参事の, 参事兼公議人となり大学本校少, 参事小林信近, 宮司の, 属で, 属に, 属帰庁の, 属白井守人氏は, 属石原樸氏も, 属藤野漸氏は, 書記官の, 書記官矢野文雄大蔵大, 磐石時代に

▼ 権太夫~ (31, 0.8%)

3 と用人 2 もぎょっと

1 [26件] がうやうやしく, がお迎え, そういっ, で, というの, というもの, という人, といつ, と河豚内, と称す, にまでも進めり, に来, の屋敷, の弟子, の役儀大切, は, はどこ, は伝内, は何事, は怖, は眉, は葭簀, は見, も呆れました, をよん, を訪れ

▼ 権~ (26, 0.6%)

2 の中

1 [24件] および出版権法, というもの, と同様, にふれ, に基く, に準じ, に通じた, の保護, の審議, の種本, の第, の精神, の規定, の起草者, は主として, は新しい, は極めて, もなけれ, を一日, を更に, 及び条約, 第一条, 第二〇条, 第四十四条

▼ 権~ (25, 0.6%)

2 を伸

1 [23件] あり, あるのみ, あれば, と思い, と言う, と記し, なくし, においては厘毛, において異なる, において許すべからざる, に係る, の理, の発達, の舞台, を主張, を妨ぐべからず, を妨ぐる, を妨げざれ, を害する, を恢復, を講じ, を逞し, を達し

▼ 権~ (23, 0.6%)

2 の家, の手

1 [19件] が十畳, ではない, にあつ, にうつり, に無い, の事件, の住居, の体, はぎょっと, はぱっと, はろくに, は両わき, は四肢, は土蔵部屋, は夜叉権, は大きな, は彼, は火, を甘く

▼ 権~ (22, 0.5%)

3 なり

1 [19件] いずく, がない, すなわち威力, とか名, とに敵対, なれども, に公私, に至り, のある, の中, の異同, は腕力, をば吝, をもっ, を全う, を害する, を異に, を重んぜざる, 舞うて

▼ 権中納言~ (19, 0.5%)

2 に昇り

1 [17件] がそれ, が独身, とが御前, と右衛門督, などという内大臣, などの独身時代, になった, になり, に任, に任じ, に就き, の娘, はいっそう, は后, は本院, は選んだ, 実世

▼ 権~ (18, 0.4%)

1 [18件] 僧都, 参事で, 参事に, 参事の, 参事を, 参事村上半蔵の, 参事村上半蔵より, 史として, 史にまで, 属が, 属に, 属の, 書記官に, 村上, 村上氏より, 輔に, 輔頼易に, 都の

▼ 権田原~ (18, 0.4%)

2 の方

1 [16件] で取り押さえた, という字, につづく, に近き, のまん中, の借家, の奥方, の崖, の広い, の方角, の木戸, の林, の榛, は広い, を抜け, を経

▼ 権という~ (16, 0.4%)

2 ものが

1 [14件] のは, のを, ものは, ものを, ような, わたしの, 不思議な, 事を, 名を, 大泥棒, 大賊に, 字を, 泥棒奥様の, 盗賊この

▼ 権六勝家~ (16, 0.4%)

1 [16件] が厳重, が江州長光寺, が間者, ともある, と申され, などの重臣, などは喜び勇ん, のことば, の姿, の気概, の腹心, の頭, はうなずい, は眼, は足, は那古屋城

▼ 権大納言~ (15, 0.4%)

2 となった, になった

1 [11件] たること, になり, にのぼり, に子重盛, に昇った, に昇り, に昇任, の叙任, の死, も兼ねる, 正二位

▼ 権~ (15, 0.4%)

2 の勢威, の娘

1 [11件] が実権, が或, としての地位, との関係, に婿君, に帰した, の婿, はいかに, はどこ, は皆, へ立入り

▼ 権問題~ (14, 0.3%)

2 ではなく

1 [12件] がビート, が一日, で行き悩ん, にかん, について言いました, にては訴願中紛擾, に就, のもつれ, の生じた, の目的, の運動, は数年前

▼ 権から~ (12, 0.3%)

1 [12件] お使い, 一書が, 利用権への, 区別する, 完全に, 早馬が, 来るところ, 独立させよう, 直々に, 荊州へ, 見舞の, 錦の

▼ 権をも~ (12, 0.3%)

2 認容した 1 ここで, 与え家庭, 回復せん, 土地所有権をも, 失うこと, 当然に, 把握し, 持って, 疑われずに, 脅そうと

▼ 権ある~ (11, 0.3%)

3 男子の 1 が故に, のみこれ, ゆえんの, 不動産として, 二十貫男むかし三段目の, 者は, 者を, 限りこの

▼ 権~ (11, 0.3%)

1 [11件] 下尅上, 付属地行政警察権は, 召使を, 土地の, 川の, 指導権の, 立法権から, 花柳病男子排斥案を, 被選挙権を, 重傷者は, 饅頭虎なんかより

▼ 権侵害~ (11, 0.3%)

2 である 1 だけは法律, による告訴, に関する明文, に関する法律上, の告訴, の抗告, の訴訟, を声援, を蒙

▼ 権とを~ (10, 0.2%)

2 もって 1 にぎり人民, よく表し, 保維する, 持った女, 数世紀の, 画する全て, 結びつけて, 軍の

▼ 権~ (10, 0.2%)

2 次の 1 ありのままお, 上す, 何か, 叫んだ, 告げた者, 贈ったのみ, 降伏した, 驃騎将軍南昌侯の

▼ 権~ (10, 0.2%)

1 から手紙, であります, という名, と呼ばれる, と呼ぶ, と木村, に送り, の古い, はあなた, は私

▼ 権~ (10, 0.2%)

1 が来, だの片桐助作, であった, という奴, と大谷, なども, のふたり, の妻, の走っ, も居る

▼ 権まく~ (9, 0.2%)

3 に驚い 1 にお, にも屈せず, に驚いた, に驚かしめる, ね, を顔

▼ 権五郎~ (9, 0.2%)

1 が来, が目, が眼, といふ人物, の主人, の眼, の魂, は暫く, へ持つ

▼ 権中将~ (8, 0.2%)

1 から再び, であった, であったが, でこれ, になっ, に昇す, の昇進, を経

▼ 権判事~ (8, 0.2%)

2 がかわり 1 が村, としての土屋総蔵, として在任, として来た, に転任, を地境

▼ 権~ (7, 0.2%)

1 侵害シテ第, 失ウモノ算ナクシテ町村, 失フモノ算ナクシテ町村, 奪却シテ, 棄タルナリ, 藉リ謹テ次件ヲ, 附与スルヲ拒テ裁判局ヲ

▼ 権太丞~ (7, 0.2%)

1 がその, が信徒, の注文通り温和, はそれら, は右, も頗る, を案内

▼ 権理通義~ (7, 0.2%)

1 とは人々, の四字, をもっ, をも枉ぐべきもののよう, を妨ぐる, を許す, を逞しゅう

▼ 権運動~ (7, 0.2%)

1 が大いに, に関して非常, の一群, の市川房枝女史, をしない, を例, 或は憲法撤廃

▼ 権なき~ (6, 0.1%)

1 こと憲法にも, なり漁郎天人, 事, 太子妃の, 者を, 農奴より

▼ 権に対する~ (6, 0.1%)

1 不安も, 執行権の, 大敵である, 懐疑から, 懐疑が, 興味の

▼ 権を以て~ (6, 0.1%)

1 すること, すれば, その上段, 其敵を, 現象以外の, 自然の

▼ 権中主典~ (6, 0.1%)

1 たる鈴木隆助, の兵頭なにがし, はうしろ, はもう, は棟, を招いた

▼ 権~ (6, 0.1%)

1 が家, と申します, の家, の無駄口, はピシヤリ, は嬶

▼ 権審査会~ (6, 0.1%)

1 だという, と全く, なるもの, に就い, の構成, も文芸懇話会

▼ 権論者~ (6, 0.1%)

1 などが王政主義者, のみならず, の新, はいづれ, は大久保参議, をガッカリ

▼ 権ちゃん~ (5, 0.1%)

1 があれ, が顕, に持っ, に背後, の引込んだ

▼ 権などの~ (5, 0.1%)

1 ことを, ような, 問題の, 噂に, 条項が

▼ 権なり~ (5, 0.1%)

1 とあっ, 乱暴, 公事訴訟を, 盗賊を, 私の

▼ 権~ (5, 0.1%)

1 さあこの, そなた, 切って, 早くここ, 権よ

▼ 権~ (5, 0.1%)

3 頭は 1 侵害ヲ, 頭の

▼ 権三郎~ (5, 0.1%)

1 がおろした, が前, という人, と云つて, を引掛

▼ 権僧正~ (5, 0.1%)

1 である弟, の地位, の某, の葬式, は

▼ 権~ (5, 0.1%)

2 の才 1 に禍, に遭い, を弄

▼ 権宮司さん~ (5, 0.1%)

1 がいう, と門辺, など影ちりぢ, の説明, は指さし

▼ 権干犯~ (5, 0.1%)

1 というよう, などにはならぬ, については反駁, に関する或, の事実

▼ 権擁護~ (5, 0.1%)

2 のため 1 という, と一つ, の動き

▼ 権~ (5, 0.1%)

1 があっ, が実に, で話題, の高い, は大して

▼ 権~ (4, 0.1%)

1 からそれ, な, のを, よ

▼ 権などは~ (4, 0.1%)

1 与えられないと, 人を, 持ってないの, 要らないその

▼ 権にも~ (4, 0.1%)

1 あえて屈しよう, 一男あり, 事の, 幕権にも

▼ 権によって~ (4, 0.1%)

1 たとい自分, 剣も, 妨げられては, 所有し

▼ 権~ (4, 0.1%)

1 属としての, 属の, 属時代に, 属本山盛徳とは

▼ 権~ (4, 0.1%)

1 そうは, ちょっと来ねえ, 拝むぜ, 苦しいか

▼ 権作老爺~ (4, 0.1%)

1 さ頼まね, に頼ん, の荷馬車, の許

▼ 権~ (4, 0.1%)

1 などを顧み, の両親, の横顔, は頭

▼ 権判官~ (4, 0.1%)

1 の一行, はこちら, はオロシャ, や政府

▼ 権及び~ (4, 0.1%)

1 相続権は, 租税の, 被選挙権すら, 被選挙権は

▼ 権~ (4, 0.1%)

1 その六部, は意外, ばかりでなく, 何だい

▼ 権太楼君~ (4, 0.1%)

1 が独立, と故, と駒形, は記憶喪失症

▼ 権少将~ (4, 0.1%)

1 にせられた, になった, に任, に進み

▼ 権左衛門~ (4, 0.1%)

1 といふ男, と云, なんて世界中, は一膝前

▼ 権独立~ (4, 0.1%)

1 の危機, はドイツ, は最上, も日露戦争

▼ 権獲得~ (4, 0.1%)

1 と婦人, に関する運動, のため, の機

▼ 権~ (4, 0.1%)

1 として或, にし, のため, を事

▼ 権赫々~ (4, 0.1%)

1 たると, たる役目, たる御, たる時

▼ 権あり~ (3, 0.1%)

1 これを, とする, 国教宗にては

▼ 権さえも~ (3, 0.1%)

1 ついに誕生, 却って厄介, 持たなかった

▼ 権すら~ (3, 0.1%)

1 主張が, 有名無実に, 稀薄に

▼ 権といふ~ (3, 0.1%)

1 ものに, ものは, 意味に

▼ 権とが~ (3, 0.1%)

1 古代の, 喰い違い, 飽くまで

▼ 権とは~ (3, 0.1%)

1 今心から, 畑について, 赤壁以来の

▼ 権について~ (3, 0.1%)

1 日本の, 論ずること, 追求する

▼ 権には~ (3, 0.1%)

1 お手ずから, はやくより, 先頃から

▼ 権に関する~ (3, 0.1%)

1 懸案が, 留保が, 話を

▼ 権よりも~ (3, 0.1%)

1 その妹, もっといや, 藷を

▼ 権~ (3, 0.1%)

1 て来る, に人間らしい, に和議

▼ 権中納言師輔~ (3, 0.1%)

1 などの姿, にまかせきっ, の邸宅

▼ 権之進~ (3, 0.1%)

2 と云 1 はどう

▼ 権九郎達~ (3, 0.1%)

1 の一団, の赤提燈, は無言

▼ 権~ (3, 0.1%)

1 に任じ, を兼, を兼ね

▼ 権六どの~ (3, 0.1%)

1 と申し合わせた, のお腰, はどう

▼ 権六勝敏~ (3, 0.1%)

1 おなじく勝豊, だった, へ背

▼ 権太原~ (3, 0.1%)

1 から始まっ, で麻布三軒家, の夏草

▼ 権~ (3, 0.1%)

2 は仲謀 1 は公衡

▼ 権完全~ (3, 0.1%)

2 の政治 1 ならざれば

▼ 権宮司~ (3, 0.1%)

1 から聞き得た, の田島仲康氏, の田島氏

▼ 権~ (3, 0.1%)

1 でさえ博多近辺, にした, に任じ

▼ 権~ (3, 0.1%)

2 に反対 1 はついに

▼ 権殿~ (3, 0.1%)

1 のいわれる, はお, へお

▼ 権~ (3, 0.1%)

2 栄達の 1 な人

▼ 権阿弥~ (3, 0.1%)

1 という者, と他, をし

▼ 権~ (3, 0.1%)

1 いわゆる朝野, が最期, 及び元老院幹事等

▼ 権高い~ (3, 0.1%)

1 令夫人ぶりであった, 言いがかりと, 貴婦人という

▼ 権および~ (2, 0.0%)

1 司法権の, 被選挙権を

▼ 権~ (2, 0.0%)

1 ある, 来ない来ない

▼ 権からの~ (2, 0.0%)

1 一書を, 早馬が

▼ 権さえ~ (2, 0.0%)

1 与えられないの, 有って

▼ 権だけ~ (2, 0.0%)

1 では, で人間

▼ 権だけは~ (2, 0.0%)

1 留保する, 自分の

▼ 権だけを~ (2, 0.0%)

1 この名古屋, 譲り渡されたと

▼ 権だの~ (2, 0.0%)

1 お別れ, 王政だの

▼ 権ちゃん贔屓~ (2, 0.0%)

1 であったの, は大

▼ 権であり~ (2, 0.0%)

1 友人同士の, 夢想郷への

▼ 権とかいう~ (2, 0.0%)

1 悪戯小僧じゃ, 水もぐりの

▼ 権として~ (2, 0.0%)

1 其れ, 敬虔真実な

▼ 権としては~ (2, 0.0%)

1 この出願公告, 玄徳を

▼ 権とて~ (2, 0.0%)

1 それを, 十七世紀まで

▼ 権との~ (2, 0.0%)

1 提携を, 決戦を

▼ 権~ (2, 0.0%)

1 のである, のでじ

▼ 権など~ (2, 0.0%)

1 いろいろの, 全然無用

▼ 権などよりも~ (2, 0.0%)

1 やすいお, やすい藷

▼ 権についての~ (2, 0.0%)

1 政府の, 根深い感情

▼ 権のみ~ (2, 0.0%)

1 であって, ゆるしは

▼ 権への~ (2, 0.0%)

1 保障も, 推移

▼ 権まくで~ (2, 0.0%)

1 お杉ばば, 手を

▼ 権よりは~ (2, 0.0%)

1 やすい薯, 年上だ

▼ 権七はか~ (2, 0.0%)

2 の事件以来

▼ 権七夫婦~ (2, 0.0%)

2 が求め

▼ 権万能主義~ (2, 0.0%)

1 の宣示, を崇敬

▼ 権三てめえ~ (2, 0.0%)

1 はここ, はまだ

▼ 権~ (2, 0.0%)

1 の理解, の雄藩

▼ 権~ (2, 0.0%)

1 に移る無く, に置く

▼ 権中納言敦忠~ (2, 0.0%)

1 が母, が西坂本

▼ 権中納言殿~ (2, 0.0%)

2 の役人

▼ 権主義~ (2, 0.0%)

1 のもの, は存在

▼ 権五郎景政~ (2, 0.0%)

1 は遠く信州, も鳥海弥三郎

▼ 権~ (2, 0.0%)

1 の名, の富岡敬明

▼ 権以外~ (2, 0.0%)

1 に立つ, に超然

▼ 権~ (2, 0.0%)

1 に就く, は有っ

▼ 権~ (2, 0.0%)

1 がある, といい

▼ 権六貴様~ (2, 0.0%)

1 は知ってるだろう, も根っから

▼ 権共に~ (2, 0.0%)

1 一般の, 公儀人の

▼ 権十郎~ (2, 0.0%)

1 の書いた, を引き立てる

▼ 権参事~ (2, 0.0%)

1 には大久保某, は大洲人

▼ 権~ (2, 0.0%)

1 を正, を法定

▼ 権大会~ (2, 0.0%)

1 からの招待, に出席

▼ 権大夫隆信~ (2, 0.0%)

1 の子左京大夫信実朝臣, も深く

▼ 権大納言さま~ (2, 0.0%)

1 にお, は仙洞御所

▼ 権太さん~ (2, 0.0%)

1 かういふ体, の兄弟

▼ 権太夫様~ (2, 0.0%)

1 が名代, のお

▼ 権太栗毛~ (2, 0.0%)

1 の手綱, は自慢

▼ 権~ (2, 0.0%)

1 として彼ら, に設けられたるなり

▼ 権左エ門~ (2, 0.0%)

1 が集め来しなれ, の眼双

▼ 権平氏~ (2, 0.0%)

1 が居た, の女婿乃ち龍馬

▼ 権平等~ (2, 0.0%)

1 の親権, を座敷

▼ 権或は~ (2, 0.0%)

1 公民権は, 登録権を

▼ 権政治~ (2, 0.0%)

1 が相, を支持

▼ 権~ (2, 0.0%)

1 の意, を真実教

▼ 権~ (2, 0.0%)

1 を享受, を好み

▼ 権~ (2, 0.0%)

1 が輝, のやう

▼ 権次さん~ (2, 0.0%)

1 と来た, 黙って

▼ 権次権六~ (2, 0.0%)

2 という二人

▼ 権次郎~ (2, 0.0%)

2 元鼎

▼ 権獲得同盟~ (2, 0.0%)

1 というの, の会長さん

▼ 権理者~ (2, 0.0%)

1 と義務者, にし

▼ 権~ (2, 0.0%)

1 にある, の格式

▼ 権自身~ (2, 0.0%)

1 であった, もまた

▼ 権被選挙権~ (2, 0.0%)

1 を与えられぬ, を剥奪

▼ 権高く~ (2, 0.0%)

2 なって

▼1* [391件]

あらば婦人, 権あらましは彼, 権ありし時は, 権あるいは遺産に関する, 権あれとソヴェト, 権いい人だ, 権からもくれぐれよろしく申されました, 権こそ争って, 権この野郎は, 権これらは物, 権領主様に, 権ごときは比肩, 権ごと全部売って, 権さんに後で, 権さんお前大坂へ帰るなら, 権さん今日は来なかつた, 権さん工場やめて, 権しかなかった, 権しきのある, 権すこぶる盛んな, 権すなわち専有を, 権そう励まされなくても, 権その遺産を, 権その他市民としての政治力, 権そんなことは, 権彼は, 権がいに, 権たりといえど, 権だけでも六つも, 権ふ制法, 権今は, 権であるこという, 権ですつて, 権でなくてはならぬ, 権といったような, 権とか森の, 権とかのことで, 権とだけに専属する, 権とては儒教の, 権とでもいうよう, 権とに二分され, 権とやらは宮の, 権どの手綱を持て, 権なしのね, 権などが認めら, 権などには換えられない大切, 権などを与へて, 権なるものを, 権なんかもったいない, 権なんて在りゃしねえぞ, 権にあたり上下一体と, 権にかけても後楯と, 権にたいするクリストフの, 権についてはファラデーは, 権につき登録が, 権にとって甥の, 権にまで利用した, 権による欲望の, 権に対し怒りも, 権に対して勝手な, 権に対してさえ不許可, 権に関して修道院内の人を, 権に関してはこれを, 権はくだつの第一歩, 権ふたつを専ら, 権ぶったもの四角張った, 権ぺいに吩咐けがまし, 権まくだったが彼, 権まくですからぜひ, 権まくで坐りこむのじゃ, 権または発行権を, 権まったく年寄の, 権まで握ろうと, 権までを賜わって, 権みずから周泰陳武徐盛董襲なんどの雄, 権を待ち迎えおる, 権もっとも強盛, 権やが教えるもの, 権やの打建てた, 権より来る困難厄介, 権りるのである, 権われを捨つる, 権をさえ有って, 権をしか持たない, 権をはねっかえすだけの, 権ク爰ニ仮肆, 権ストライキ権が憲法, 権自カラ国民ニ帰シ, 権一坪平均千円として二十六万円, 権七ぢやない, 権七どのに三両, 権三たちが群, 権三めを先, 権三今日はひょんな, 権三四十そこそこの浪人者, 権三御用だぞ, 権三虎穴ニ入ラズンバ虎児, 権三郎団子三田八などが出演, 権ふたつながらしかし, 権中主典鈴木隆助は充血, 権中将三河守家康は強健, 権中将蔵人兵衛佐などは初め, 権中将蔵人頭に進み, 権中納言九条師輔は弟, 権中納言二十七で従二位中宮太夫, 権中納言具行の手, 権中納言参議かの常磐, 権中納言参議妻の時子, 権中納言参議蔵人などすべて堂上人, 権中納言右大弁そ, 権中納言宗春と連れ, 権中納言時鐘の子, 権中納言経房の, 権中納言長良の嫡男, 権乃至は不動産, 権九いやさ権九郎何んと俺様, 権九ここを見る, 権九そうじゃねえ, 権九郎たちの一行, 権九郎何んと俺様, 権九郎奥方幼名を贈らる, 権九郎宗重熊谷小五八照賢, 権九郎手に手, 権九郎版で出した, 権九郎輩下の者共, 権云々に関して堀口剛太, 権五郎家の主人, 権似漢繍衣, 権は院, 権るべし, 権介伊介の十一人, 権介源任が府舎, 権介結城七郎千葉平兵衛尉葛西十郎筑後六郎和田三郎土肥先二郎佐原太郎多多良, 権他人の手, 権令林左門が笠松県出仕, 権令永山盛輝の名, 権以上の勢力, 権以上彼に傾倒, 権以下の諸, 権以下中軍の旗本七百, 権以前に重, 権伸張と教界粛清, 権伸張策だった, 権佐清長は美濃大垣, 権佐豊房は清閑寺家, 権作ア此老年になるだ, 権作爺は幾度, 権作老人と立ち, 権侵害常習犯の観, 権侵害者になった, 権が来られた, 権保持のため, 権保持者の存在, 権保護の実, 権僧正光覚は融通, 権僧正覚宗の談, 権兄さんのお, 権全くおちたるよう, 権八郎君との関係上, 権八郎氏に後, 権八鈴ヶ森の段稽古はじむ, 権の真理, 権公使に任, 権六これが身共, 権六さか, 権六そち達も悪あがき, 権六ついでに結ん, 権六はじめ供の者ども, 権六グルミが二顆, 権六乾干しに, 権六勝家林美作などという常に, 権六勝家森三左衛門の手兵, 権六勝敏様なども加えられ, 権六四人を乗せた, 権六常陸右門思わず, 権六弓を持て参れ, 権六忘八の猪太郎, 権六性根を据え, 権六捉らえて意見, 権六林佐渡その他の旗本たち, 権六林佐渡通勝池田勝三郎信輝佐久間大学森可成, 権六林美作などはかえって, 権六枯木を集め, 権六森可成, 権六様をあなた様, 権六氏粉砕さる, 権六汝に問う, 権衝か, 権内木曽伯耆山村七郎馬場半左衛門, 権刑務所の経営, 権制度の改造, 権剥奪に等しい, 権力づけるというの, 権北方に曹操, 権区長の職, 権十ッ案内しろ, 権十飯の支度, 権協会の代理人, 権印度公債の利権賦与, 権又は版権を, 権叔父忌も一度, 権叔父本位田家のご, 権取戻しに関する争議, 権右お前たちゃ頭領, 権右そいつの得物, 権右奴の肩, 権右街門の眼尻, 権御持参, 権決定権をさえ, 権その渠首五人, 権問題協議会の成立, 権喪失に就い, 権団体交渉権ストライキ権が憲法, 権国会に偏倚, 権売買といふの, 権変百出能く一時, 権大乗と実, 権大夫にもおなり, 権大夫入道と中納言阿闍梨尋玄, 権大夫義時は御剣, 権大夫隆信朝臣に仰せつけられ, 権大将周泰のお, 権大納言三月六日にいた, 権大納言三月左近衛大将十月内大臣十二月右大臣に昇り, 権大納言光継と二, 権大納言公継を重き罪, 権大納言典侍いわゆる贈, 権大納言右近衛大将に任, 権大納言坊門信清さまの御, 権大納言師重の子, 権大納言長家の, 権大輔となり, 権大輔菅原公輔の男, 権太これを見, 権太どの何うろてえる, 権太びつくりし, 権太丞一行がまず, 権太丞始め我々の藩吏, 権太何食わぬ顔, 権太化して, 権太夫あれを遣ろう, 権太夫こと公用多繁, 権太夫たちの列, 権太夫伝兵衛の下, 権太夫弘訓の勧, 権太夫殿から受取つた潤筆, 権太左衛門に母親, 権太怪我をする, 権太楼がかつて, 権太楼先生ギャフンとまいった, 権太楼夫人が戦後, 権太楼春日清鶴今の玉川勝太郎, 権太楼浪曲を唸ったら, 権太法界坊お嬢吉三, 権太苦笑をなし, 権太輔両人遠島の命, 権であれば, 権を誅し, 権威力をもつ, 権守時広の嫡男, 権守時方朝臣の所, 権宗臣を過, 権官らの躍る, 権の法門, 権実両教の, 権審査会員や文芸懇話会, 権審査会官制の実施, 権専有を主張, 権少主典田中なにがしが, 権左ヱ門氏の提案, 権左次が木村, 権干犯問題には触れない, 権平が答えて, 権平ニハ見せられぬ事, 権平大谷平馬, 権平氏兄弟及その令息, 権平石田佐吉糟屋助右衛門など七, 権平脇坂甚内等の勇士, 権平脇坂甚内糟屋助右衛門片桐助作桜井佐吉伊木半七, 権平長泰が声, 権建議案が初めて, 権弁事の職, 権式ぶりだった, 権式張りではどう, 権律師寛雅という人, 権律師禅栄というの, 権律師胤舜どのが宝蔵院流, 権復光の尻押し, 権復興の尻押し, 権徳輿の晩渡揚子江, 権成者たる剛柔流, 権戸長を凌ぐ, 権所有のこれ, 権所有者の利益擁護組織, 権所有者組合の横暴, 権手ずから剣を, 権打倒御新政謳歌, 権承認に立ち, 権抛棄の特点指摘, 権拡張を主張, 権拡張論があります, 権れしは, 権改正の仕事, 権政争の事, 権政府案を貴族院, 権がいくら, 権といっ, 権時代の事実, 権書記じゃ, 権有り下に, 権は善人, 権案反対を決議, 権をたすける, 権次さまかね, 権次さんお前さんは相, 権次命の棄て, 権次権六そち達も悪あがき, 権殿遙拝所の十八建築, 権母権を発揮, 権民権の反対, 権を襲はず, 権法中改正法律案の修正案, 権法中教科書の無断採録, 権法実施に備える, 権法律的独立人格の承認, 権法改正案に対し文芸家協会案, 権法改正運動に使用, 権法案はこの, 権法解説には好都合, 権法註釈四五三頁ゴールドバウムの著作権法及ベルヌ条約註釈三〇八頁参照, 権に対して明らか, 権烈しく他し, 権と二人, 権獲得期成同盟会が成立, 権獲得次では生存, 権獲得運動がどう, 権獲得運動者でもあり得ない, 権現前へよび出し, 権理義務の関係, 権理道義の等しき, 権甚だ強過れ, 権田原先生竜一という順序, 権田原心中の浮き名, 権田原松の片側並木, 権略反間苦肉有ゆる辣手段, 権略的の性質, 権と見られう, 権畧家朝野渡といへるが, 権な表情, 権盛んなるに, 権の蠅, 権確立のため, 権確認訴訟の訴状, 権を食わせられる, 権突くと顎, 権には何ら, 権にもとづく, 権義上の新説, 権義道理の消長, 権の拡大, 権こんなこと, 権者対興行者の問題, 権者霊清よく, 権聯盟に対しプラーゲ, 権自主的生活の不, 権自身狼藉者をうしろ, 権の当て字, 権藤四郎五郎左衛門はなるほど, 権行政権および司法権, 権震撼者が, 権の地位, 権要求運動の下, 権解老喩老の諸, 権設定の例, 権に等し, 権証券が焼失, 権詐吾を死地, 権詐詭奪の手段, 権によるギマン, 権警察権をもつ, 権譲渡の承諾書, 権賛成議員が多く, 権赫灼たる時, 権通過離婚の自由, 権運動史があからさま, 権運動者たちは報国貯金, 権鎌倉の府, 権頭兼房というよう, 権頭頼茂さまなども京, 権颯とばかりに引き退いた, 権饅頭虎曾根少佐西山教頭馬田そうした人たち