青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「樣子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

様子~ 様式~ 樂~ ~標準 標準~ ~模様 模様~ ~樣 樣~ ~樣子
樣子~
権~ ~権利 権利~ 権力~ ~権威 権威~ ~横 横~ 横たわっ~ 横浜~

「樣子~」 2257, 24ppm, 4780位

▼ 樣子~ (552, 24.5%)

84 見て 62 して 31 見ると 27 見に 8 見せて 5 うか, うかが, する, 覗いて 4 念入りに, 聞くと, 聽い, 見てを, 見るが, 見ること, 見張つて, 話して, 詳しく話し 3 眺めて, 聽きたい, 見せた, 見ながら, 見れば, 詳しく聽

2 [26件] きいて, した, ちらと, もし知つて, 丁寧に, 報じて, 感じ出して, 探つて, 朋輩の, 目のあたり見る, 窺うて, 窺つた, 窺つてゐた, 窺ふ, 聞いて, 見せなかつた, 見ただけでも, 見たり, 見て取ると, 見ました, 見ようと, 見ようとして, 見るに, 見るん, 訊くと, 驚いたやう

1 [214件] あらまし語り終る, お話なさいました, き, ききに, きき耳, きくだけに, こちらは, さかりの, さぐりに, されは, したかの, したが, したの, したり, した中年男, した娘, した栗毛, じろりと見, すると, だまつて見, ぢつと, つくらうて, とくと見定め, ぼつぼつと, みに, みると, もう少し調べ, もって, 一と, 一瞥する, 一見し, 三日續けて, 不思議が, 人に, 今の, 伺つてから, 伺ひたいと, 伺ひながら, 伺ひに, 伺ひ奉るに, 伺ひ見るに, 俺の, 傍觀し, 初めて兄, 取りもどし出しさ, 呑込む, 姉に, 察して, 實地に, 尋ねて, 尋ねるなどは, 少々變, 彼は, 御覽, 心配した, 思ひ浮べて, 思出し, 悉く見られる, 想像し, 憎しみを, 探つた, 探り乍ら川上源左衞門, 探ると, 探れば, 搜つた上金次の, 搜つてる, 搜つて來て, 既に察し, 書いて, 此方から, 殘らず, 比べて, 物蔭から, 狙ひ, 獨りで, 現して, 現し出した, 異にし, 發見し得ない, 看守し, 看破した, 眺めたの, 眺めてを, 眺めました, 眺めましたが, 瞶めて, 知つてゐる, 知つて居, 知らして, 知らせるん, 知らないから, 知らない人達, 知らぬ諸君, 知りたくな, 知りて, 知ること, 硝子窓越に, 示しそれ, 示した, 示して, 示しながら, 私かに, 私自身まで, 窺った, 窺って, 窺つてから, 窺つてゐる, 窺つて居る, 窺ひ, 窺ひななら, 窺ふた, 簡單に, 細やかに, 義男は, 義雄が, 考へさせようと, 考へた, 考へて, 考へると, 耻ぢる, 聞くため, 聞けば, 聽いた, 聽か, 聽き, 聽き取りました, 聽く, 胸に, 見おろして, 見ずに, 見せたので, 見せても, 見せながら, 見せましたが, 見せます, 見せようと, 見せら, 見せる, 見せるの, 見せるやうぢ, 見せ乍ら, 見た, 見たいが, 見たがるから, 見たの, 見たばかり, 見たらば, 見た上, 見た上金三郎, 見つめて, 見てからね, 見なきや, 見ませうか, 見やって, 見よう, 見ようぢ, 見るがい, 見るだけ, 見るの, 見るのに, 見るまでも, 見る事, 見る外, 見る度, 見る氣, 見る積り, 見ろ, 見定めた上, 見廻して, 見廻つて, 見張ること, 見慣れて, 見毛利, 見渡しそれ, 見物する, 見直して, 見窮め娘, 見詰めて, 見詰めるばかり, 視に, 覗いたと, 覗いてるところ, 覗きに, 覗き幾度, 覗く爲, 覗つたのです, 覗つて殺す, 覺つたのは, 覺つて目配せしました, 覺つて逐ひ, 觀てを, 觀察した, 觀察しました, 觀察し始めました, 言つて見る, 訊かうと, 訊きましたが, 訊くん, 訊ねて, 訊ねますが, 詠むといふ, 詳しく伺ひたい, 詳しく聞いた, 詳しく訊きたい, 詳しく調べ, 調べました, 警戒し, 變り果てた, 踏み外して, 踏むと, 身に, 面白がり, 面白く聞いた, 首の

▼ 樣子~ (455, 20.2%)

32 あつた 12 顏を 4 そのま, 平次を, 斯う 3 そつと, 口を, 平次の

2 [16件] なか, ウロウロし, ガラツ八と, 何を, 元の, 八五郎の, 家の, 平次に, 彼方此方を, 最後の, 木戸を, 肩を, 自分の, 言つた, 言ふ, 迎へて

1 [358件] あちこちの, あつしを, あのお客さん, あわて, いきなりその, いつもの, いろ, うれしくて, お仙は, お信, お客さんの, お登世, お百合さん, お秀, お茶道具, お話しなさい, お靜, かへつて來, きりぎりすの, この平次, この強情, この若い, この頃, これだけの, さうし, さう言, さつ, さらにまた, しかも大森あたり, しかも面白, しぶしぶみんな, せうかと, そこから, そそくさと, その懷中, その枕元, その邊, その金, その露骨, それでもほ, それは, それを, そんな話, たいへん評判, つつ込ん, つぶやきながら, とんとん梯子段, どさん, どた, どちらも, どつ, のろ, ひどく平次, ぺッたり, ぼんやり二人の, まだ床, もじもじし, やがて二番目, やつて, やにわに腰, ゆうべも, よくわかります, よく話し, よく話します, ウフ, カアルソンは, ガクリと, キメつけます, グイと, サツサと, スタスタと, スルリと, チヨロチヨロと, テエブルを, ナターリヤ・ヴァシーリエヴナが, ニヤニヤし, ニヤリニヤリと, バタバタと, パツパし, パーヴェル・パーヴロヴィチは, ヒヨイヒヨイと, ピヨイピヨイと, ピヨコリと, フラフラと, ペツペツと, ポツポと, モヂモヂし, 一と, 一二度そんな, 一刀を, 一向驚く, 一存坊といふ, 一時に, 三人を, 三人娘の, 三尺の, 三廻りも, 三田の, 上を, 中空に, 主人の, 事件が, 二た, 二人を, 二度も, 二月ほど, 二階へ, 人々は, 今まで, 介抱し, 他の, 佐太郎が, 何か, 何かと忠告, 何んか, 佛樣の, 例の, 兎に, 兔に, 兩の, 冷然と, 凝と, 出かけたん, 出たり, 切出しました, 博文館の, 又入, 友は, 取つて, 叫んだ, 叱り附けも, 吾等の, 味噌汁を, 問ひ, 喜三郎大人氣なく, 囁くやう, 四方を, 土が, 報告も, 場所柄も, 塀の, 外に, 外へ, 大きな欠伸, 大抵宵, 大福帳を, 大變, 夫の, 夫要を, 奧から, 女主人の, 女房の, 姐さん冠り, 客が, 家に, 密と, 小刻みに, 小女を, 小聲, 少し顏, 屹と, 市五郎は, 希望を以て, 師匠は, 帶の, 平次と, 幸ひ, 幻影の, 床の, 店先へ, 座布團の, 庭から, 庭木戸から, 廊下から, 引下がりました, 往來の, 後から, 後ろの, 後を, 御主人, 御料理, 御新造さんと, 忠實な, 念入りに, 思はず居住, 思はず深々, 急に, 愚圖, 感謝の, 憑かれたもの, 憤, 戻つて來, 承知する, 持つて, 挨拶も, 振り仰ぐと, 振り返りました, 振り返りましたが, 摺れちが, 支配人の, 救ひ, 敷居の, 斯う囁きます, 新しいゆ, 旅支度の, 早く早く, 明り先に, 明神下の, 明神下へ, 昨夜お, 昨夜宵の, 時々此家, 時々與田先生, 時々親子, 暫く立つ, 暫らくは, 暫らく見えませんでした, 曲り角から, 書き役, 有髮, 朝から, 朝田屋の, 朧ながらも, 板の間に, 林彦三郎默, 枯れか, 格子が, 案外ペラ, 棺の, 横から, 横つ飛び, 歌聲を, 此方へ, 此日も, 歩いて, 歩き廻つて, 歸つ, 歸つた, 歸つて來た, 歸り, 死骸の, 母さんは, 母家へ, 毎晩召し上がる, 毛程も, 水兵共や, 漸く打ち開ける, 漸く長, 父に, 父親の, 物珍らし, 物蔭から, 物音も, 狹い, 珊五郎の, 現われたと, 甘えた調子, 産婆は, 留吉の, 疊の, 白い紅皿, 白い顏, 白山に, 皆んなより, 相變ら, 眉も, 眉を, 眞赤な, 眺め乍ら倉賀屋の, 瞼を, 碁盤を, 私が, 私は, 私も, 私共が, 稍暫く, 突つ立ちました, 立ち上りました, 立ち止りました, 立ち縮みます, 立つて, 立去る番頭, 立止る, 竹光で, 笑ひ, 答へ, 素足に, 縱横無, 續け, 老主人, 耳を, 聞いて, 聲を, 腰を, 膝の, 膝を, 膝行り寄る, 自分で, 苦い笑, 薄暗い部屋, 行つた, 裏木戸を, 見て, 見ても, 見ると, 見事に, 覺つたのさ, 解るだらう, 話したの, 話の, 話を, 話題を, 語り進めました, 讀み取れた, 讀者の, 賑やかな, 足を, 踊り進む, 身を, 身動きも, 迎へ, 迎へる, 迷つて居る, 逃げるやう, 逆さ屏風の, 途中から, 這ふ, 逡巡すれ, 遠慮も, 部屋の, 重三郎の, 金五郎の, 金壺眼を, 鈕を, 錢形平次の, 鍬を, 鍵の, 鐵でない, 門口を, 階下からも, 障子の, 障子を, 隣の, 靜かに, 靜かに二人に, 順を, 頬冠り, 頬杖を, 頼み込むの, 顎や, 飛び散つた戸板, 飛んで, 飛出して, 饒舌る, 首だけ, 首を, 默禮しました, 鼻唄を

▼ 樣子~ (218, 9.7%)

49 ありません 9 ない 5 なかつたの, なく 4 ないの, ないのに, なかつた 3 ありませんが 2 ないだらう, なくそれ, なくガラツ八, なければ, なし, 出た樣子, 無い, 知らされずに, 見えざりき, 見えません

1 [115件] ありませんし, ありませんぜ, ございません, ございませんが, ないから, ないこと, ないし, ないと, ないので, ない八五郎, ない平次, ない顏, なかつたが, なかつたやう, なかりし, なくいきなり, なくいつも, なくお, なくこの, なくこんな, なくすらすら, なくせか, なくそこ, なくそして, なくその, なくそのうち, なくなにこれ, なくにじり, なくほんの, なくわざと, なくわたし, なくカラカラ, なくニヤニヤ, なくニヤリニヤリ, なくノソリ, なく一人, なく一向, なく一度, なく中, なく二人, なく云, なく他殺, なく何ん, なく傷, なく其邊, なく半年, なく唯, なく問, なく家中搜, なく小僧, なく小机, なく少し, なく平次, なく床, なく店先, なく御用聞, なく指, なく斯, なく日頃兩親隱居夫婦, なく昔榮, なく暫らく, なく植木, なく椽側, なく淺間, なく火消し, なく無, なく煙管, なく爪立ちし, なく相, なく眞, なく神妙, なく第, なく續, なく聽, なく肝腎, なく自分, なく見, なく身, なく閑々, なく雇人, なく雨戸, なく靜, なく顏, なく首, また二者, よくない, よく判ります, わかりませんが, 一種の, 内から, 彦兵衞の, 怪しきに, 掃除した, 決して人, 無いから, 無いくせ, 無いと, 無いところ, 無いな, 無いの, 無いのに, 無い餘程, 無く歸, 町人か, 紅筆などを, 聞き知りたかつた, 聲も, 若々しかつ, 苦しんだ樣子, 見えなかつたが, 見せず待合室, 見せぬ, 見染五郎以下, 變だ, 間違ひもなく

▼ 樣子~ (211, 9.3%)

6 變だ 4 變な 3 あつた, ないので, 異つて, 見えて, 變つた

2 [16件] あります, ないと, なかつた, なかつたの, わかりませんので, 唯でない, 妙に, 手に, 殘つて居た, 自分の, 見えない, 見える, 見えるの, 見たい, 變つてゐる, 變つて來る

1 [154件] あの通り, あまり賢, あやしくな, あり, ありありと, ありさ, ありませんから, ありませんので, あり佐兵衞, あるの, あんまり眞劍, いかにもい, いかにも平, いかにも硬苦しい, いつまでも, お園, この芝居一つ, こんなよう, したので, すこし變, すつかり, その顏, それとは, ただの, ちよい, ちよつと, ちらりと見えた, つつまし過ぎ, どうも弟, どうも當, どう見, ない, なきや, はつきり浮ん, ひどくあわて, ひどく平次, へんに, また變, まるつ, みえるもん, わかつたと, わかりましたよ, わかるかも, わかるだけ, ソハソハし, フト平次の, ルリを, ヴェリチャーニノフの, 一と, 一層睦, 一瞬私たちの, 下から, 不思議でならなかつた, 不思議でなりません, 不意と, 井戸に, 人によ, 伺ひたさ, 何う, 何か, 何んと, 先程の, 内地のとは, 再び方向, 再鮮, 分つたらと, 分らないので, 分らないもん, 分ります, 分り兼, 分る, 判ります, 十分に, 去年の, 可愛らしいので, 呑み込めると, 唯事でない, 多少過激, 夢と, 大分變つてる, 大抵の, 如何にも古い, 宛然芝居の, 小憎らしくさ, 少しでも, 少し落ちつく, 巧みに, 平次の, 惡い, 想像されない, 感じられます, 戀愛問題で, 才藏か, 折から, 支那浪人と, 明らかに, 景子さんが, 有つて, 段々に, 氣に, 氣味が, 浮びます, 浮んで, 漏れて, 無いと, 癪に, 眼に, 知りたかつたから, 知りたかつたん, 知り度い, 社長らしく無い, 私には, 絹子の, 緊迫し, 義雄には, 耻かしくな, 聽こえる, 自分を, 苦笑を, 見えた, 見えたが, 見えたの, 見えぬ今, 見えましたので, 見えます, 見たいお前一人, 見たいと, 見たいの, 見たく成つたもん, 見たさ, 見られない, 誰れ, 調つて行つてゐる, 變だつた, 變つ, 變つてし, 變つてゐました, 變つて仕舞ふ, 變つて來た, 變つて來ました, 變つて居る, 變つて目を, 變で, 變でございます, 變にな, 變らな, 變り, 違つた, 違つても, 違ひ, 違ふ, 面憎く, 顏ばかり, 首の

▼ 樣子~ (208, 9.2%)

18 ありません 8 なかつた 7 ないの, 少しも 6 ない, なかつたの 3 ありませんね, ございません, たまらない 2 ありませんか, ありませんよ, ないよ, なくそれ, 五音の, 唯事ぢや, 此主人に, 無い, 無かつ, 絶對に

1 [127件] あつた, ありながら, あんめえ, いかにも悲し, いかにも絶望的, いつもと, いつもの, かなり半間, すつかり, それほど突き詰めた, どうだ, どうだつたい, どうだらう, どうでございました, どうも十手, どう考へ, どこにも, どんなな, ないか, ないから, ないが, ないし, ないぢ, ないで, ないといふ, なかつたが, なかつたぜ, なかつたらうか, なかつたらうな, なく, なく二人, なく八五郎, なく出て, なく反, なく唯, なく四方, なく寢たま, なく獨, なく竹, なく第, なく誰, なし, ほとんどなかつた, まさに, また少し, まるで三千兩, もとより殘つて, よくわかります, よく存じませぬ, よく察せられます, よく見えなかつた, よく見えます, わかつて, ツイ平次を, 一月か, 不思議な, 世にも不思議, 今でも, 今眼前, 仕事は, 伺ひましたが, 何となくさう, 何とも云, 傍から, 分らない, 列星の, 判りますが, 可愛らしくなかつた, 唯事でない, 唯事では, 天長節の, 女中達には, 察しられた, 尋常ぢや, 尋常で, 店の, 彼の, 御座いません, 恰好の, 感情を, 旅行案内で, 明らかに, 映つたので, 暢氣過ぎた, 格別凡人と, 此男から, 段々と, 油屋で, 注意深い忍足, 淺ましい, 無いで, 無いの, 無いばかり, 無い大急ぎ, 無く薄い錆, 無く靜, 物の, 物凄いほど, 狂暴な, 町かたの, 痛々しい程, 緊張が, 縊れて, 聞けど, 肉體的にも, 良いが, 西鶴の, 見えず若し, 見えなかつた, 見えません, 見せずさうかと, 見せなかつた, 見せなかつたの, 見せながら, 見たこと, 見られないの, 親を, 解つ, 變だつたさうです, 變ぢや, 變つて居なかつた, 變つて居ります, 郡長樣に, 醜さ, 間違ひもなく, 隱せません, 高さ

▼ 樣子です~ (93, 4.1%)

86 が平次 3 がそれでも, よ 2 がこれ, がその, が八五郎, が此處

1 [65件] からお, からこれ, からそれ, からまさに, があまり, がお, がお湯, がさ, がさすが, がさて, がそれ, がそれにしても, がそんな, がでも, がね振り向い, が一, が一年前, が事件, が他, が何やら, が何時, が何處, が佛, が併, が兎, が入口, が内匠, が半面血潮, が場合, が娘, が小僧, が平次さ, が御, が手代, が掛り人, が昔, が智惠, が月, が死に際, が流石, が浪人者, が溜める, が第, が結局誰, が聲, が聾, が菊次郎さん, が言葉, が訊い, が證據, が貧乏疲れ, が道, が顏, が騷ぎ, ぜ, ね行つて小僧, もの助かる, よ二階, よ親分, 主人彦四郎の, 又も, 外に, 小娘の, 歸り, 自分の

▼ 樣子~ (60, 2.7%)

4 氣が 3 變つた 2 お前さんお, 平次も, 氣を, 見えしが, 見えた, 變な

1 [41件] そのま, なった, なって, なつて, なりまさに, なりました, なります, なるの, ひどく上品, みえは, ヴェリチャーニノフは, 似ず妙, 別に變, 半之丞は, 吃驚し, 呆れると, 妥協的な, 少しも, 少なからず, 平次は, 彼は, 感付い, 感心しまし, 扨は, 業を, 構はず平次は, 比べると, 照らして, 目を, 素早く眼, 考は, 耳を, 自信が, 自分も, 見えたと, 見えなければ, 見えるに, 顏を, 首肯きつ, 驚き三百兩献納, 驚き呆れる長者

▼ 樣子~ (58, 2.6%)

4 が, つたから, ね 3 つた, つたのです 2 ね私, よ

1 [36件] あの娘, お前の, から, からいよ, からお茶, からこの, からその, からね, から僕たち, から可笑しい, から多分, から大方, から氣, から言, から逢引, がとぼけ, がよく, が人參牛蒡, が妙, が御, が熱, が誰, し下女, し橋, し河北新報社出版部, し石原, し雜誌, それが, つたのか, つたのに, と寢首, と彼奴, な, 何處の, 左右の, 後ろから

▼ 樣子でした~ (47, 2.1%)

73 がやがて, が平次, が私 2 がそれでも, が八五郎, よ

1 [25件] がお, がこの, がそんな, がね, が三人, が今更, が伽羅, が何ん, が何事, が内外, が到底, が娘, が思ひ直し, が暫らく, が暫らく經, が最後, が根, が氣, が盃, が翌, が親類達, が誰, が間もなく, が默つて八五郎, 前後の

▼ 樣子~ (45, 2.0%)

3 ないの 2 物々しさ

1 [40件] うちに, ないこと, なかつた母親, なかには, わからない神戸驛, ガラツ八を, ガラリと, 中に, 人間だ, 似たるにつか, 何といふ, 儘で, 元吉, 分つた運轉手, 只ならぬ, 可愛い事, 唯ならぬ, 嚴めし, 女が, 好い仲働, 如きをも, 尋常で, 年寄染みる, 方が, 無いこと, 無いところ, 無いの, 無い事, 男が, 男だつた, 男でした, 男らしい事, 聲と, 良い内儀, 變つた, 變な, 跡が, 違つた, 陰鬱な, 馬丁に

▼ 樣子では~ (37, 1.6%)

1 [37件] いかにも苦し, お前は, お北, お柳さん, お葬, お隣の, かなり荒, この方, ございません, さぞ諸方, てっきり士官學校, とてもこの, ない, まだ若, 人に, 使ひ込ん, 八五郎は, 其處まで, 夜中前の, 嫁に, 寅吉は, 新吉は, 曲者は, 槍らしい, 武家奉公を, 歳時記ど, 灯も, 相手の, 相當鋭利, 罪を, 聲をも, 親位殺し兼ねません, 辮髮の, 金が, 間違ひもなく, 餘程深い, 麻布か

▼ 樣子~ (21, 0.9%)

5 やない

1 [16件] やお, やが, やもう一度, やア, や一度, や三輪, や下手人, や二階, や佐野松, や俺, や前, や唯事ぢ, や幻, や杖, や柳原, や然

▼ 樣子~ (20, 0.9%)

3 んだ 2 のです, んです

1 [13件] のが, ので, のでこれ, のでほ, ので三田, ので實, ので彼, ので捨て置けない, ので狐, ので私, ので聲, ので跟, ので開け

▼ 樣子~ (18, 0.8%)

1 [18件] あの女, いろ, そのあと, たいした抵抗, 一生懸命な, 世間の, 主人孫右衞門の, 今度の, 八五郎が, 土の, 幾つか, 老婆の, 裏木戸の, 身體つきもつ, 輕捷な, 顏色から, 首に, 駒吉が

▼ 樣子~ (13, 0.6%)

1 [13件] いったら, いろ, それから犬, 丁度反, 今の, 兵三郎の, 少しも, 打つて, 突き詰めた人々, 聲の, 言つた, 變な, 身ぶりとが

▼ 樣子だつた~ (11, 0.5%)

2 か, んだ 1 がしばらく, がその, がソオル, が三田, が又, が心, けれど球江

▼ 樣子から~ (9, 0.4%)

2 見ると 1 して, その性質, ふと九鬼, 戸袋の, 漸く重大, 眞赤な, 考へて

▼ 樣子でも~ (9, 0.4%)

2 あつた 1 あります, ある, その場所, たれか, わかるが, 確かだ, 窺ふ

▼ 樣子には~ (8, 0.4%)

1 とうとう待ち構え, どこかしら, どことなく惡憎, 何んと, 何處か, 憎々しいと, 眼も, 腑に

▼ 樣子~ (5, 0.2%)

1 え, せめて一目, そつと, 孫を, 許婚の

▼ 樣子などは~ (5, 0.2%)

1 なかつたの, ホトヽギスや, 小僧の, 拭つた, 馴れた眼

▼ 樣子にも~ (5, 0.2%)

1 あらためてもう一ぺん特別, 似ずよく, 似ずツイ拳固, 變な, 顏にも

▼ 樣子がを~ (4, 0.2%)

2 かしいので 1 かしいと, かしくな

▼ 樣子など~ (4, 0.2%)

1 こいつは, 交, 全く只事, 念入りに

▼ 樣子である~ (3, 0.1%)

1 から卷末, がどうも, が用紙不足

▼ 樣子なら~ (3, 0.1%)

1 僕は, 小當, 晴れだ

▼ 樣子なり~ (3, 0.1%)

2 ま引移り 1 それほどまでには

▼ 樣子ばかり~ (3, 0.1%)

1 氣に, 眺めて, 見えるの

▼ 樣子まで~ (3, 0.1%)

1 よくわかります, 度々の, 突つ込ん

▼ 樣子までが~ (3, 0.1%)

1 一時に, 平次に, 聽えて

▼ 樣子如何~ (3, 0.1%)

1 にと次ぎ, にと氣, にと耳

▼ 樣子~ (3, 0.1%)

1 に來, に戻る, 給ひし

▼ 樣子がち~ (2, 0.1%)

1 がつて, がふ

▼ 樣子こんな~ (2, 0.1%)

2 可愛い者さ

▼ 樣子~ (2, 0.1%)

1 へ現, へ見せる

▼ 樣子だけでも~ (2, 0.1%)

1 知りたうございます, 話して

▼ 樣子だった~ (2, 0.1%)

1 がその, けれど巖ちゃん

▼ 樣子でございます~ (2, 0.1%)

1 か, が

▼ 樣子とは~ (2, 0.1%)

1 うつて, かけはなれて

▼ 樣子などを~ (2, 0.1%)

1 何かと聞きた, 見て

▼ 樣子にて~ (2, 0.1%)

1 同行の, 我れ

▼ 樣子のみ~ (2, 0.1%)

2 ゆるに

▼ 樣子ましてや~ (2, 0.1%)

2 此大島田に

▼ 樣子わけても~ (2, 0.1%)

1 番頭の, 窓わくや

▼ 樣子父母~ (2, 0.1%)

2 の心

▼ 樣子迄も~ (2, 0.1%)

1 はつきり彼女等の, 想ひ出し

▼1* [89件]

樣子つて云ひかはせし, 樣子あらぬ方を, 樣子あり未だ知られざりし, 樣子からは想像も, 樣子がよかつたらしく, 樣子それと同時に, 樣子それから平次の, 樣子たじろぐ隙に, 樣子だ放つて置け, 樣子であれば愈, 樣子でさえいること, 樣子でへツへ, 樣子でもと思ひましたが, 樣子といふものは, 樣子ときたらとても御, 樣子とて四隣の, 樣子とで賊といふ, 樣子とを思ひ合せると, 樣子どうかしたか, 樣子ながら八五郎に, 樣子などが解つた, 樣子なりしがやがて, 樣子なりしもこぼてを, 樣子なんぞまったく目, 樣子にかへつた, 樣子にだけは隱岐は, 樣子になつたなア, 樣子はかうだつた, 樣子はかはつて居ました, 樣子ぶって彼女, 樣子をかへり見ると, 樣子をばかり見つめて, 樣子をも見られるやう, 樣子オヤ變だと, 樣子ハタからは全く, 樣子上役人や錢形平次, 樣子下手は下手, 樣子不意に日出雄少年, 樣子世上の噂, 樣子並びに衣服を, 樣子乍ら平次の日頃, 樣子乍ら逃げも隱, 樣子二人の内, 樣子うかしたか, 樣子何こにと疑はる, 樣子八五郎思はず飛出さうと, 樣子其邊を進行, 樣子冷酷無殘, 樣子から見, 樣子合ひでは若, 樣子四ツ谷の與吉, 樣子奧方のお, 樣子家庭の不遇, 樣子小人數乍らドツと笑, 樣子少しは知つて, 樣子巣鴨の夜, 樣子平次と八五郎, 樣子座蒲團の上, 樣子を呼ん, 樣子ならず見えけり, 樣子日お, 樣子手馴れた錢を, 樣子に就, 樣子振りから言葉つき, 樣子振返る所作が, 樣子支那の某地, 樣子故御案じ被, 樣子暮し向き養子の與茂吉, 樣子月見船の客, 樣子林彦三郎とお, 樣子此處までは聽, 樣子殺された番頭傳六の, 樣子毫髮も無, 樣子糺し食糧薪水等, 樣子知りたきもの今の, 樣子竹竿を持つ, 樣子聖天樣の入口, 樣子を拱い, 樣子若い女の, 樣子苦惱の色, 樣子助の, 樣子見ると貫六, 樣子近頃は益々, 樣子鑿胝の具合, 樣子間取りの具合, 樣子雇人の顏, 樣子非常の態, 樣子髮形ちなど, 樣子鬼一郎に逢