青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「樣~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

様々~ ~様子 様子~ 様式~ 樂~ ~標準 標準~ ~模様 模様~ ~樣
樣~
~樣子 樣子~ 権~ ~権利 権利~ 権力~ ~権威 権威~ ~横 横~

「樣~」 11400, 123ppm, 857位

▼ 樣~ (2717, 23.8%)

106 なつた 93 して 35 なつて 27 見える 18 思はれる, 思ふ 16 見えた 13 なる 12 なると 11 思つた 10 した, 思はれて 9 なりました, 感じた 8 落ちて, 顏を 7 云ふ, 何の, 目を 6 いつた, お目, お願, なれば, 思はれた, 手を, 言つた, 言ふ 5 それを, なるの, 出來, 御目, 私は, 聲を, 迷惑を

4 [14件] お辭儀, すると, なつたら, 人々の, 感じて, 成つた, 振つて, 此の, 照らされて, 聞いて, 自分の, 見えて, 覺えた, 言つて

3 [26件] お詣り, しては, しても, する, なるかも, 二人の, 云うて, 云つた, 人の, 似て, 何か, 依りて, 口を, 對し, 思つてる, 怨を, 想はれる, 氣が, 渠の, 燃えて, 考へて, 見て, 見做, 親切に, 輝いて, 逢は

2 [136件] あるいて, いつて, いへば, うなされて, おかれて, おつけ申しあげた, お備, お屆, お燈明, お目通り, お花, からりと, この事件, さは, してを, しなければ, するの, する事, すれば, とりまく山々, なつたま, なつてる, ならば, なりまして, なります, なり度, なるか, なるから, やつて, よく似, 一種の, 一處に, 上へ, 云ひ, 人が, 仰向, 何が, 何を, 使はれ, 催促し, 働いて, 働かされて, 入口の, 兩親を, 其處に, 凝つて, 分け與, 加つて來た, 努めて, 動いて, 勝つて, 吉野の, 周圍を, 命じて, 哀れな, 嚴かに, 塚に, 妙に, 妾に, 家事の, 彼の, 御家督, 御覽, 心が, 心に, 心を, 忙しく聲, 思つて居た, 思はれるが, 思はれるの, 思ひなされて, 思ふ人, 思へて, 思へる, 怨まれる覺, 憐れな, 成りましたれど, 我が國, 手紙を, 揃つて見える, 於て, 暗くなり, 書いて, 村の, 枝を, 水を, 浮んで, 深い息, 照され, 照し, 燦か, 生氣, 皺だ, 私には, 移る如何, 立つて, 笑つた, 笠を, 答へ, 答へて, 縱横に, 義雄は, 羽音を, 考へる, 聞える, 聞えるかも, 胸を, 脇目からは, 自分に, 自分自身を, 色濃くな, 見えるが, 見えるの, 見ながら, 解せられる所, 訊いて, 詩の, 躊躇ふこ, 身が, 身を, 身體を, 追はれ, 違いない, 鎭まつ, 間違ひ, 露に, 青みわ, 靜かで, 頼まれて, 頼んだ, 飛んで, 體を, 鮮かな, 鳴りわたる鐘, 麓の, 默し

1 [1804件 抜粋] あくびを, あちこちに, あの時, あらずされば, ある, あれ見よ, いきなり横, いはれる事, いへなかつた, いろ, おこたへ, おとなしいん, おほ, おれを, お先煙草を, お加奈樣, お怨み, お渡し, お詣りする, お預けし, かういつた, かくして居つた, かのユダヤ人, がんばつて, きびしく支配, きれいな, こ, この, この河水, これを, こんなこと, さうし, さきへ, さへな, されて, したいの, した恰好, しつ, してやらうと, しますからな, しんと靜まつ, する金, せずとも, その女, その時期, その落葉, それに, そわ, た, だつて, だるい, ちらばつ, つい大きな, つらく當つて, どの樣, なった時, ならなくては, なられたかと, なりその, なりつ, なりましたが, なり一生日蔭者, なり又, なり更に, なり自分, なるからと, なるとも, なるべければ, なる圖, ねだつて, のたくる, はまゐ, ひきつつ, ひつかける, ふつたり, ぼう, ぽち, また針, むしろかん高, もてなし, やられるもの, ゆくより, よろしくお, わからないの, ガバと, ギラつかせ, ゴーゴー唸, ジャン・コクトオは, トルストイに, ヌッと, ピクピク顏の, ブラリと, ブラ下つて町内中の, ホホヽヽと, ポンポン呉れ, ロシア人諸君も, 一つ一つセツセと, 一個の, 一年は, 一時を, 一言も, 一週三時間で, 丁度好から, 三度, 上げた菓子, 下を, 不眠症にか, 世界創造の, 並び立つた上, 主張する, 二つの, 二人まで, 二十而冠と, 云つて下り口の, 云つて顏を, 云へる, 井戸の, 人々はぞ, 人間其他を, 仄かに, 今日一日を, 仕向けること, 仰せられるには, 伴ひもしたら, 似るべくも, 佐久間の, 何ものかを, 何十萬臺分も, 何處とも, 作が, 使つて頂かう, 使用し, 供へ, 依つて裝飾, 俄かに, 俯向い, 候, 假に, 傾いて, 働きたいと, 僻んで, 先づ息, 先刻の, 光り充ちた騷, 全くの, 全然息, 兩眼を, 八月一日に, 其の夜塒, 其扉を, 其眼球を, 冷い, 冷たくな, 凍つて, 出すの, 出入りの, 別れて, 前も, 力めて, 努めた時代, 動かない, 勘次には, 勢づい, 北上川の, 十弗以上も, 占領させ, 原子なる, 又いつた, 反射し, 取入, 受動的でなく, 叩きまくると, 叫んで, 可愛がられる, 合羽を, 吊ること, 同意する, 向島まで, 吸殼を, 呆れ返らずには, 呷つて, 命じた, 唯無, 啼いたり, 喜び, 喜色を, 喰ひ込ん, 嚴重な, 四方から, 國家の, 地獄に, 坐つて, 塗り潰されて, 墮ちる, 壞れ, 多年の, 大きな建物, 大切な, 大戸が, 奉公に, 女の, 好人物の, 娘の, 嬉しくな, 宇宙意思なる, 宜しくと, 家族と, 富江は, 寢床の, 尊敬しなけれ, 對する, 小さい藤野さん, 小さな瀬, 小走りに, 少しは, 尖つて, 居住ひ, 屈んだ彼等, 川向ふ, 左に, 市場に, 常に聞, 平らである, 年々に, 度々音信, 廻つて嚴島に, 弓の, 引つ張りだした, 弟の, 張守節も, 彩色した, 彼に, 往來へ, 得意に, 御取次, 御新造の, 御禮申, 微塵も, 心得た時玄關, 心細くなり, 忘れて, 念を, 怖な, 思つてみのるは, 思つて居る, 思はれそれに, 思はれます, 思はれるのみ, 思ひて, 思ひましたが, 思ふかも, 思ふは, 急が, 怨まれること, 恁う囁いた, 恐入, 悄然と, 情なく友朋輩, 想像される, 意見を, 愛想つき, 感じても, 感じられて, 感ずるの, 感ぜられた, 慘ましく, 應用せられる, 成し有りしならん, 成つて, 成つて居る, 成りて, 成績が, 我ま, 戸外に, 手古奈も, 手桶を, 打たれたんでさ, 打ち亂, 扱ひます, 折目の, 抽象的である, 拳を, 指を, 振舞へるらしく見えた, 掛りました, 描きわけた恐ろしく, 損害の, 擬ふ, 改良すべき, 散つて了つて, 數分の, 斯う, 新坊, 方言蒐集の, 日本に, 日毎に, 明るかつ, 映ります, 時々呼ん, 晴れ上つて, 暫らく騷いだ, 曇つた, 書いてなかつたから, 書き卸して, 有名に, 有機體に, 未だ世界輿地圖, 東の, 果が, 格子さきを, 棚曳いた, 椰子の, 構想し, 機關名と, 正寫, 此所等に, 此頃御, 歸る, 死んで, 段々と, 毎日お, 氣を, 江戸へ, 沈んだ夜, 沼の, 泣いた, 注意し, 流れた, 消えて, 深夜宿直室へ, 渡すやう, 溜息を, 澤山乘つては, 濟まねえ, 焔の, 然しまた辯解, 煙草が, 熱つて恐ろしく, 父さん母さんを, 物哀れに, 獻りました, 現は, 生れ付いてるん, 田舍にばかり, 申されました, 申し上げる言葉, 畢竟は, 當時の, 疵の, 痩せること, 發音致しました, 白い脚, 白くも, 白色の, 盛で, 目立ちます, 直き, 相成模樣, 眉を, 眞白で, 眞赤に, 眤と, 眼に, 着け同じ, 瞰みつけ, 知れやうもの, 石像の, 破格の, 祖母の, 神經質の, 私が, 私自身の, 程よい軟かさ, 空で, 突いた, 突つ立つた, 立すくむ, 立ち止つてはればれ, 立小便し, 竪穴散在す, 笑ふ, 簑龜を, 粗朶に, 純粹, 細く打つた, 經籍志と, 緊張した, 編纂せね, 繰り返された, 纏つて顏を, 置かれて, 美容院など, 義男の, 老人の, 考へら, 考へられる, 考へ從つて其人, 聞えた樣, 聞かされて, 聳えて, 聽えます, 肩から, 胸が, 腹を, 臣下が, 自分は, 自省自戒の, 致しますから, 良い人, 若しこれから旦那, 若葉の, 茶屋の, 華やかな, 落ち殘つた枯葉, 葉を, 薄い脣, 薄暮の, 行かぬかも, 街の, 袴など, 褪めか, 見えます, 見えるね, 見える頃, 見せかけて, 見せ掛ける爲, 見へる之, 見ゆれど, 見れば, 見受けたから, 見染められる氣, 親御の, 解せられるさ, 言つてまだ, 言つて山内は, 言つて眤と, 言はれた, 言ひ捨てた, 言葉が, 記憶します, 訴へたり, 試驗委員に, 誓つて申します, 説り, 論じて, 讀み覺, 變へ, 谷中の, 貧しい友人, 貼られて, 赤くなつた, 赫いた, 足を, 身に, 軍閥や, 輝く, 輝く眼差し, 轟かせたもの, 近づきでも, 追ひ, 送金は, 途で, 連れられて, 進んで, 遇は, 違ひあるまい, 選んで, 酒の, 醉つ, 野村と, 金持ちなら, 鋭かつ, 鎌首を, 長く御, 開けた儘, 闃乎と, 關係の, 陰慘なる, 雀色に, 離縁を, 震へ, 露敷く, 靜まり返つた, 頓死しろ, 頭痛もちの, 頼んで, 願ひたくない, 飛ばれさうに, 食つた, 食慾を, 餅同, 馬鹿に, 騷いで, 騷動する, 驚いた, 高き梯, 髮を, 鳴くの, 鹽を, 黒く輝き

▼ 樣~ (1997, 17.5%)

118 氣が 39 ことを 26 事を, 顏を 20 ことは 17 ものが, もので 14 聲で 13 ものを 12 事は, 聲を 11 ことが 10 事が 9 ものである, 氣も 8 ものだ, 話を 7 ものは, 事も, 心持が, 心持で, 笑ひ 6 ものも, 人が, 心地が, 感じが, 氣持に, 調子で, 譯で

5 [13件] ことで, ことに, もの, ものに, 事に, 人を, 妙な, 所が, 氣に, 氣にな, 氣持で, 者は, 音を

4 [13件] ことも, のが, のも, んだ, んです, 位置に, 女の, 姿を, 心配は, 態度を, 目を, 眼を, 聲が

3 [20件] のだ, のである, もんで, 不眞面目, 人で, 人は, 具合に, 喜びを, 心の, 感じを, 態度で, 氣で, 氣分に, 火の, 物が, 考を, 色を, 靜かな, 風が, 點が

2 [112件] ことばかり, この頃, ところが, ところで, の, のとは, のには, のは, のを, ほんに心, ものぢや, ものです, ものの, もんだ, もんぢや, 一つの, 不運の, 事には, 事まで, 人も, 仕事を, 何とも云, 作物を, 假小屋的でなく, 傾斜の, 光景に, 冷氣, 切ない樣, 力が, 勢で, 印象を, 反省らしい, 口が, 口ぶりを, 史實或は, 名だ, 名稱, 味ひ, 境遇に, 夏の, 失禮な, 家の, 容子を, 寂しさ, 寒さ, 寫實風な, 店先へ, 形に, 心に, 心地で, 心地である, 心安さ, 心持ちが, 心持にな, 恰好で, 意義に, 感じです, 戀なる, 染め漿の, 樂しい, 次第で, 次第である, 歌を, 氣にも, 氣の, 氣勢が, 氣持が, 氣持ちから, 氣持ちが, 氣持ちで, 氣持である, 氣持を, 涙が, 狹い, 男で, 目に, 目附を, 眞似, 眞面目な, 眼で, 空氣を, 立派な, 紅の, 經驗を, 緊張した, 美しい模樣, 考へを, 腕を, 自由な, 色々の, 處を, 行を, 言葉に, 話が, 話である, 調子, 調子に, 足取で, 身體の, 連中の, 鋭聲, 錯覺の, 雲が, 露軍の, 靜けさを, 響が, 頭を, 顏つきを, 顏で, 風で, 風を, 驚きを

1 [1150件 抜粋] あくびだ, あんこにでも, いきさつで, うら淋しい離別, おほや, お菓子を, か弱い感傷, きたない商, ぎごちない, けだるさ, ことから, ことで御座います, ことには, ことの, このみのる, しかし臆病, そして祕密, その古木, その柔かなし, それで, そんな惡いも, たちの, づぼらのものには器量や, ところも, とても氣, ねえ, のであつ, のでいよ, ので富んだ, ので自分, はげしい眞, またこちら, また分らない, みじめさだ, むら氣が, ものでなけらね, ものなら, ものの全部, ものや, もツ, やり方です, ゆるみが, わけで, ウェーヴは, シヤリ, ハイカラ記者にく, 一文なし, 一流の, 七卿の, 三種の, 上から, 上達は, 不安な, 不安を, 不快を, 不調和な, 世に, 世界は, 中年男に, 亂暴は, 事から, 事だ, 事ばかり, 事や, 事件は, 事或は, 交通の, 人お, 人がらに, 人でなしに, 人に, 人心の, 人物でなく, 人物も, 人間です, 今更な, 仕掛けで, 他の, 位置にまで, 何が, 何だか少しも, 作り笑ひ, 例は, 俗吏の, 信仰を, 偉大な, 傾向に, 優しさ, 兇暴なる, 光景私は, 兒に, 内部の, 冷たい感じ, 凄じい, 別れ方で, 前の, 力の, 功名心も, 加速度で, 勢ひで昌作に, 匂ひ, 午後で, 印象が, 原理に, 厭は, 双眸の, 受働的消極的無, 口も, 口吻が, 口調で, 古いあ, 古典より, 叫び聲が, 名が, 名僧の, 向に, 呑氣な, 呼氣を, 咲き亂れた, 哀な, 唸りを, 問題で, 喧騷に, 器物の, 國では, 國民を, 地質地形の, 場合に, 場合にも, 場所にのみ, 境界を, 壁畫を, 夢から, 大きな古木, 大きな粗末, 大時化, 天地の, 天鹽川の, 夫婦神の, 奇怪な, 女たらしに, 女らしい氣安さ, 奴, 好い聲, 好都合の, 姫達中にも, 姿態を, 子細あれ, 存在を, 學生を, 學者は, 安ツ, 客が, 家は, 家持ち, 容態が, 寄るべない, 寛仁の, 實に, 小さい家, 小さなこと, 小屋が, 小説は, 小魚, 屍體で, 山が, 山寺の, 岩である, 崖の, 川, 工合に, 工風は, 希望を, 幸福を, 幻影だ, 幻惑が, 幾つかの, 廣いところの, 建物の, 弱いもの, 張合の, 形で, 形勢にな, 形相に, 影を, 御冠, 復讐の, 微技, 徹底的の, 心や, 心地だ, 心地と, 心地も, 心境に, 心持ちだ, 心持ちには, 心持とに, 心躍り, 快感に, 念佛の, 思想も, 急しい, 性格と, 性質の, 怪物が, 恐怖が, 恰好に, 悔辱を, 悦びが, 悲哀が, 惡ど, 惡辣者を, 愉快を, 意味に, 意味を, 意見を, 愛嬌が, 感じで, 感情で, 感覺に, 態度が, 慘めな, 憎らしい樣, 懷しい, 戀愛神聖論者では, 我執を, 或る, 所で, 手で, 手紙を, 扮裝で, 技藝に, 挨拶だ, 擬人神の, 支柱を, 支那人の, 政略的卑劣の, 文人畫や, 文句を, 文學は, 斯うし, 新らしい, 新開地では, 斷崖で, 斷橋で, 方へ, 方面を, 旅費の, 日に, 日光の, 昇の, 明るさ, 時は, 景色が, 暑苦しさ, 暗い一つ, 曉の, 書き振りを, 會は, 有名な, 服を, 望遠鏡で, 朝夕をずつと, 木の, 本なんぞ, 本屋や, 東の, 松蝉の, 林が, 枝すさん, 枝を, 柔和な, 格だらう, 格好を, 桃の, 梢が, 榮え, 構造を, 樣だ, 樣子も, 樹が, 機密材料は, 次第でございまし, 歌には, 歡待が, 此舊城の, 死骸を, 毒藥を, 氣にもな, 氣分だ, 氣味の, 氣持ぢや, 氣持も, 氣色が, 氣遣の, 氣魂しい, 水道の, 決着は, 沈默の, 泣聲, 浪の, 淡白な, 深酷, 淺黄の, 清冽な, 温雅かな, 滿足の, 澁い, 澤は, 濃紫の, 焔が, 無法な, 無鐵砲, 然も, 熱い涙, 爆音が, 爺さまも, 牛臥山を, 物を, 物言ひ, 物音に, 特色の, 状態なる, 状態を, 現代語に, 現象を, 環境が, 生活は, 田圃と, 男だ, 男でも, 男らしい凛と, 異な, 當の, 疑惑が, 疲れの, 病氣の, 痛みを, 痴愚に, 癩病患者を, 白つ, 白雲が, 百圓札の, 目から, 目つきを, 盲目の, 眞實に, 眞新しい, 眺めの, 眼附を, 瞼を, 知己を, 短册, 石器土器を, 研究を, 神經的の, 種類では, 空想を, 空氣だ, 笑が, 笑聲で, 第二, 箇處は, 簡單な, 粘着力と, 紙を, 細い入口, 組織と, 結構な, 經過を, 緊張を, 編笠を, 繪が, 繼母の, 美しい藝術, 美人が, 羞恥と, 義雄は, 翌る, 考が, 考へで, 者その, 者更に, 聖人を, 聲あつ, 聲に, 聲も, 職業を, 肉聲を, 腕から, 腹を, 自らの, 自己の, 自我と, 自由に, 自矜, 舞踏が, 色彩を, 芝山で, 花瓣を, 若い胸, 若旦那の, 苦しさ, 苦心ぶりを, 茶が, 草いきれと, 華やかさに, 葉書を, 薄馬鹿らしい, 藥などを, 處と, 處も, 蟲の, 街路を, 表情とに, 裝束に, 見せ物に, 見苦しい顏, 覺悟で, 觀念は, 言動を, 言葉は, 計畫, 訥辯は, 詞を, 詩な, 話は, 誤りは, 説に, 誰にも, 調和が, 談判を, 謂は, 證據は, 譯であります, 譯で御座いまし, 議論も, 變な, 變化を, 象頭の, 貧乏人は, 賑やかに, 赤い小, 赤ん坊の, 赤土が, 足取りで, 身の上でない, 身よりも, 身的状態を, 身體を, 輕佻な, 輕薄に, 輝きを, 農家の, 返事を, 追ふ, 連繋は, 運動が, 道の, 道理が, 遠くに, 部屋で, 酷い住居, 醜き腕, 金の, 鋭どい, 閃めき, 闇である, 陋劣な, 隨喜の, 雨聲は, 雲で, 青年の, 青葉の, 非凡の, 面白さ, 響と共に, 頭にな, 顏してる, 顏付きで, 顫へ, 風も, 飮み, 飾りや, 餘裕が, 香氣と, 馬鹿な, 駄洒落歌を, 騷ぎに, 驚愕を以て, 體格にな, 高ぶつ, 高樹が, 髯を, 鬚が, 魅力です, 鮮さが, 鳥も, 黒い不, 點を

▼ 樣~ (1688, 14.8%)

39 やうな 17 やうに 14 前で 12 前に 10 ところへ 7 ことを, ところに, 前へ, 裏の 6 お屋敷, ものを, 臺座の 5 お相手, お腹から, 事を, 境内へ, 惡口を, 意味に, 所に, 額の

4 [18件] お孃さん, お心, ことが, ないもの, ないやう, もので, 中に, 前だ, 前を, 境内で, 境内に, 外には, 方が, 方は, 樣な, 物を, 罰が, 膝の

3 [23件] お下屋敷, お墓, お孃樣, お心ぢ, お歸, お部屋, お銀, ない野郎, ものに, ヤマト姫の, 事が, 境内から, 御機嫌, 御聲, 御顏, 思召し, 森が, 森に, 森の, 草鞋の, 處へ, 裏に, 變化を

2 [135件] あと追, あるもの, いくたりかを, うちに, おそば, お使, お供で, お側に, お名前, お土産, お堂, お堂の前, お姿, お從兄惠美, お手, お手當, お指圖, お氣, お祭り, お腹に, お袴, お言葉, お詣り, お話は, お顏, ことも, さす方, ためにも, ない奴, み魂を, ものが, ものである, やうだ, やうです, ような, 下で, 世話を, 事情に, 事態が, 仕掛けで, 仕業に, 仰し, 伽を, 作られたもの, 像は, 判斷を, 前では, 取扱を, 命を, 四角な, 坊つ, 堂の, 堂を, 境遇に, 大事と, 奉納の, 屋敷は, 屋敷へ, 帶を, 待遇を, 御云, 御伴, 御側, 御像, 御内儀, 御味方, 御城下, 御墓, 御壽命, 御孃樣, 御容子, 御心, 御怒り, 御意に, 御慈悲, 御指圖, 御次男, 御歌の, 御脈, 御舍弟, 御葬, 御覽, 御言葉, 御身の上, 御邸, 御門と, 心躍り, 性根なし, 意見を, 懷まで, 批評を, 救癩愛國切手の, 敵は, 方の, 日が, 有馬之, 格子に, 格子の, 森から, 樂毅論, 樣に, 歸り, 死骸が, 派手な, 漢人といふ, 火が, 無い男, 状態と, 獨り, 獸は, 現象を, 理由によ, 甥の, 着物を, 祭禮に, 端正し, 糸脈を, 統一である, 縁日で, 罰で, 聲に, 臺石の, 處思が, 行事が, 袖に, 褒めもの, 言ふ, 話を, 身の, 身代りにな, 近くに, 運命に, 門の, 關係である, 顏を

1 [1099件 抜粋] あらうもの, あるの, ある事, ある大藏院, ある机掛, ある欄干, ある羽織, ある茶色, うちでも, うんと物好き, おいでに, おかくれ, おつれ, お世話を, お仕事, お佩き, お使姫, お側には, お傳言, お出懸, お取, お可愛, お君さん, お墓參, お好み, お妹, お宅, お客樣と, お庇, お心持, お惠, お手落ちぢ, お月代, お札では, お渡り, お白洲, お着き, お祭お祭と, お耳, お胤, お腰元お玉, お膳, お蔭か, お言葉ぢ, お講義, お通り, お邸ゆゑ, お金を, かつぎ給, こ, ことで, ことは, こと有之, ごむ人形, そんなふざけた, ために, ついたの, ついた布, ついた素燒, ところには, ないくら, ないさ, ないとこ, ないやつ, ない婆アぢ, ない徳次郎親分, ない日, ない時, ない猫, ない道樂者, なかに, なさ, はさみの, ひと粒種で, ものまたは, やうで, やうにも, ように, イヒトヨの, バラツク住ひ, 一つ, 一人娘お, 一件から, 一番目娘で, 下の, 下を, 不合理な, 不機嫌, 世話萬端から, 乞食あり, 事で, 事に, 事は, 事件が, 二の舞にて, 云ひまはしの, 五重塔と, 人には, 人物と, 人達は, 介抱活計の, 仕打ちが, 仕業で, 代理で, 仰せを, 仲です, 伜の, 何だ, 何處が, 佩刀彦四郎貞宗とやら, 來る, 例が, 侍醫の, 保護を, 假髮の, 側へ, 傳へが, 傾向を, 像が, 價値を以て, 光で, 入口の, 内儀さんより, 内部である, 出る前, 別あり, 前, 前である, 前の, 前をも, 劍に, 助十郎を, 勘當を, 化身, 化身の, 十次郎は, 千兩が, 危險に, 厄介に, 原語が, 取扱方を, 口にや, 古鎖, 史實を, 名, 名は, 名前の, 君主で, 命令に, 和服に, 問題である, 單衣を, 噂に, 噴井戸から, 圍ひ, 堂だ, 堪へ難い, 塀へ, 境内です, 境内なら, 境内まで, 境内淺草寺本願寺寄りを, 墓穴に, 壁紙の, 外に, 夜具の, 夜店へ, 大喧嘩, 大恩, 大紋の, 奉公人であるべき, 奧方だらう, 奧樣は, 女の, 女體, 妻に, 妾に, 妾を, 始末だ, 始末も, 姿で, 娘さんが, 娘などに, 娘を, 嬶樣で, 子だ, 子の, 子供衆の, 安心の, 宵祭か, 家中に, 密書を, 實踐的態度が, 寶物は, 尋常でない, 小夜子さんへ, 小癪だ, 屆か, 屋敷に, 屋敷を, 屋根を, 山とは, 工合で, 差料に, 幾列かの, 弟で, 彌八郎樣, 形式を, 形状を, 役人が, 徃つて入らつ, 徑路を, 御一門, 御下屋敷跡, 御世話, 御仲, 御便り, 御入府, 御利益かも, 御前に, 御力, 御參考, 御召を, 御叱り, 御名の, 御命令, 御堂が, 御堂の, 御墨附, 御孃樣百枝樣, 御容體, 御屋敷, 御師匠番, 御引合せ, 御心配それ, 御手, 御支配, 御書, 御期待, 御札を, 御爲, 御用人, 御相談相手, 御神馬, 御縁日, 御考, 御聲掛り, 御腹立, 御苦勞, 御行状, 御覺, 御話, 御跡, 御身分, 御通り, 御遺骸, 御開帳, 御陵は, 御隱居屋敷, 徳利を, 心持も, 心理状態に, 忘れ形見だ, 怒りに, 思召しでございました, 思召よ, 思想で, 性情が, 怨みを, 恐ろしい粘彩畫, 恰好は, 悲しみは, 惡事を, 惡戯が, 惡業の, 意匠を, 意氣込で, 意識によつ, 感じを, 感情と, 感情を, 懷に, 懺悔状を, 我れ, 戒名より, 所には, 所へは, 手を, 手前を, 手拭に, 手紙を, 扱ひ, 押花型が, 拓本五六百種で, 持ちで, 按察の, 据り, 掟を, 援助を, 效力が, 敵が, 數馬とは, 文字ある, 文藝的内容を, 方から, 方に, 方へは, 方向に, 方法によ, 方針は, 日の, 晝夜の, 景色を, 暢達自由な, 書を, 書物で, 最期の, 有效成分, 服裝で, 本が, 本當, 杜で, 枕元には, 林太郎だつ, 染井鬼三郎が, 概念が, 模型あり, 権力を, 權力を, 次第故, 歎聲我を, 歳の市には, 死にやう, 死體の, 母皇太后の, 母親で, 氣に, 水が, 水茶屋へ, 汚名は, 法にて, 海軍旗を, 涙を, 湯殿の, 潔白の, 火山彈と, 無い惡黨, 無念は, 無理難題である, 煙が, 煙草入が, 熊手の, 燒繪を, 爲には, 牛に, 物ぢやあ無い, 物塵一つ取りません, 特色が, 状態に, 獸の, 獻立に, 理由で, 生れた年代, 生活を, 用人牛込見付外に, 田舍者と, 申子の, 番頭を, 疵は, 病氣の, 痕跡を, 盜人でない, 相似たる, 相手を, 眞似, 眼の, 眼を, 着物は, 石芋安, 社で, 祕藏娘で, 祠を, 福之助と, 私が, 稚拙な, 空が, 空を, 答は, 粗末な, 紅顏を, 素振りに, 細工は, 結果を, 統一を, 統治が, 經驗を, 綜合を, 縁故の, 縁日の, 繩ぢや, 繪が, 缺陷をも, 罰だ, 罰といふ, 罰は, 美しい色, 美徳を, 習之進樣に, 考へ方, 耳の, 聖名を, 聲である, 肌に, 肩を, 背中に, 胤を, 腹切道具に, 臭を, 臺所に, 舊主は, 良いの, 良秀を, 若旦那樣が, 若樣數馬樣, 茶店まで, 落した人相書, 落胤と, 藤を, 虫だ, 血筋でも, 行方不知にな, 衣物どう, 裏と, 裏まで, 裏手に, 製造に, 見えた時, 覺召に, 觀あり, 角までは, 言文一致で, 言葉と, 記述を, 許に, 許嫁で, 評議にて, 詩に, 誇らしい自, 説明が, 誰かの, 諸要素, 謠の, 變つた幾つかの, 財産を, 貧しい暮し, 賤民に, 賭場で, 趣が, 足腰なんか, 身にもな, 輓で, 農村が, 近所と, 造りで, 遊ばされ方, 運命と, 過誤を, 道具を, 遠い甥, 部屋に, 部屋へ, 酒宴を, 野蠻人種が, 銀鍍金の, 鎧ぢや, 鑑札は, 門に, 門前で, 間拔けな, 間違でも, 關係で, 陶を, 隣りの, 難題を, 青い着物, 面が, 革命と, 音を, 頃は, 頭を, 額から, 顏の, 類も, 風の, 風景に, 風習が, 飛脚の, 駕籠で御座います, 鬱陶しい日, 鶴松樣が

▼ 樣~ (816, 7.2%)

31 ない 12 ないと 10 ないな, 無い 8 おまへん, ないん, ねえな 7 ない奴, なかつた 6 あるまい, ないから, 無いから 5 お歸, なかつたの 4 あります, ないぢ, ないの, ないやう, 來て, 良秀の, 見て

3 [15件] あつて, ありません, ありませんね, あるまいと, あるまいよ, あるめ, おいでに, ないけれど, ないので, ないわ, 惡い, 無かつ, 自分の, 見えて, 見える

2 [51件] あります物, ありませんから, ありませんが, あるまいが, あんめえ, いらつし, おかくれ, おざりました, お怪我, お留守, お立ち遊ばした, お組, お聞き, お見舞, つけて, ないが, ないのね, まだお, まだ宮廷, よく分る, 亡くなつた時, 亡くなつて, 人手にか, 人殺しを, 何だ, 何を, 兄が, 兵部大輔の, 出ずば, 助けて, 可愛が, 可愛くて, 喜んで, 嫌なり, 岡つ, 御座いません, 手づか, 盛岡から, 祀つて, 私の, 腑に, 自分に, 自分を, 行くか, 被來, 見えなくな, 遠慮し, 附いて, 雲が, 頭を, 顏を

1 [512件 抜粋] あせん私, あたしを, あつたかい, あつたり, あなたを, あの騷ぎ, あやしい, ありませうけれども, ありませんでした, ありませんよ, ある, あるまい天井裏, あるもの, あるやう, あれへん, いくら我, いざ短刀, いないこと, いふが, いらしつたから, うるさいから, お二人, お亡くなり, お好き, お好み, お嫁, お孃さん, お役目, お悔み, お教えなさいました, お止め, お病沒, お百合, お立歸, お糸さん, お聞, お見え, お見えなさらない, お達者, きつと, ここにも, このボオイさん, この女性崇拜者, この娘, この折, これが, こんなこと, こんな刀, ごぞんじ, ご承知, さう仰し, しつかり給金, して, そういう御大家, そこに, そこを, そつと, そのわけ, その戀人, その日, その水, それから, それを, たいへんお, た御, ついた大きい, ついて, つけられて, でると, どうした, どうして殺される, どうも唯, どんな魂膽, ないこと, ないさ, ないさかい, ないさかいな, ないそれぢ, ないだらう, ないで, ないといふ, ないとは, ないどんどん, ないなら, ないなんて, ないに, ないねえ, ないのよ, ないまま, ないもん, ないや, ないやぼ助, ないよ, ないんで, ないんでね, ない事, ない實, ない師匠, ない樣子, ない此頃, ない身體, なかった, なかつたけれど, なかつたもん, なかつたら, なかつたん, なかつた樣子, なからう, なくて, なくな, なくなると, なくなるの, なければ, なつて, なる程あれ, ねえじゃ, ねえんでさ, ひどく私, まだいくらか殘つて, まともな, むづかるので玩具を, やかましく申します, やつて, よくわかつた, よくわかります, よく解りまし, よく言つて, よろしくつて, わかる而, わけが, わざ, わざわざおい, わたしたちを, ゐた, ゐたの, ゐたよ, ゐないと, ゐら, ゐるん, 一人も, 一入墓地, 一刀を, 一度見廻ります, 一朝に, 一生懸命なんださう, 一緒なら, 上の, 上手だ, 下さらねばと, 下に, 下手人とは, 不氣味, 世間へ, 並んや, 中間部屋の, 丸くなりきらない, 之を, 乘り出し, 乘出し, 乘込んで, 二三日前から, 二階で, 二階へ, 五反五畝五歩の, 亡くなつたこと, 亡くなつた後, 亡くなられてからは, 亡くなるの, 人の, 人を, 人形として, 人肌に, 今日あそび, 今日で, 他への, 付いて, 代の, 仰しやつ, 仰しやる, 伊之助と, 伜の, 低い所, 住んで, 何かの, 何とかいふ, 何となく忙, 何んか, 何時までも, 作つてお, 來た, 來ます, 側近く召される, 僕及び, 儘に, 先でも, 入つて來, 八角の, 公儀御, 其儘の, 其寫眞を, 其處まで, 冷たくな, 出たので, 出たらお, 出て, 出なくな, 出來, 刀の, 刄物を, 刻まれて, 十七に, 卑しい女, 危ないあれツ, 又一段と, 反射される, 取なし, 口ど, 可哀想だ, 吹けば, 呑んだこと, 呑込んで, 呼吸の, 唯事でない, 坐しその, 坐らなきや, 夕立に, 多い中, 多分持つてらしつた, 夜の, 夜中に, 夜遊びに, 大分來た, 大好き疳癪が, 大層お腹立, 天に, 好きにて, 如何に, 如何にも意外, 始末を, 委しく解る, 姦通なり, 娘の, 娘を, 娵に, 守口で, 宗教裁判に, 宰領を, 家の, 家事不, 寛大で, 察せられる, 封印を, 射し込んで, 小麥色, 少しばかり, 少し汚れた, 少し遲いや, 居ります, 展開する, 山や, 山下で, 山城を, 左足が, 巫山戲て, 平安京を, 年を, 床に, 度た, 庭の, 建て, 彼奴の, 御供を, 御冗談, 御出, 御勤務役, 御口, 御墨附, 御存じで, 御宴, 御意に, 御手ずから, 御災難, 御自分, 御見え, 御親切, 御辭義, 御酒を, 心を, 怖い顏, 急變, 怪しいから, 怪しいとでも, 怪しかつ, 怪しくつて, 怪しくなつた, 悉く天平物, 悲想なお, 惜しんで, 惡か, 惡く, 惡計それお, 想像せられた, 想像せられる, 愉しげ, 我々に, 我ま, 戰爭した, 扇の, 手でも, 手に, 手代の, 托鉢し, 拂子を, 授けて, 撃つたんぢ, 擴がり, 政治家として, 日本へ, 旦那樣の, 明けなすつた, 明神下の, 映つて, 昨夜は, 昨夜平, 時々夜中, 時々泣い, 時代, 晝の, 晩の, 暗く寒々, 暮し向の, 曲者に, 最初に, 最初石見銀山の, 朝鮮半島を, 本多右馬之, 板倉屋から, 柏の, 柔和の, 格子を, 植字工で, 極めて規則正しい, 樂に, 横山町の, 正にそれ, 正氣, 此家へ, 此方へ, 此處へ, 死ぬと, 死ぬ時遺言, 死んださびし, 死んだの, 死んだんで, 殺されて, 殺されましたが, 母屋の, 毎晩一人で, 毎朝暖められ, 水の, 氷柱などの, 江島屋の, 江戸へ, 河内の, 泊り込んで, 海水を, 火の, 無いが, 無いし, 無いぢ, 無いね, 無いねえ, 無いの, 無いので, 無いのね, 無いもん, 無いよ, 無いん, 無い喃, 無い樣子, 無法な, 然う, 片膝, 現はれ, 生きて, 生前そつと, 田島屋に, 申しますんで, 町内の, 番頭さんの, 當時矜の, 痛いほど, 癆症に, 目が, 目に, 目の, 直々お, 直々御, 眼に, 眼の, 碁を, 祀られて, 私に, 私共へまで, 私共を, 立たれた後, 立つた後, 笑ふてゐ, 節儉し, 綺麗です, 考へ, 聞いても, 聟の, 聽い, 肩を, 脱出した, 腹を, 膝を, 自分から, 自由に, 與へ, 良秀と, 色々に, 若, 若しおれ, 苦しみ出した時, 苦しみ出して, 苦笑なす, 茶店に, 莊園は, 落ちて, 落ちるところ, 融通し, 血だらけにな, 行方不明だ, 行方不知に, 行方知れず, 表向だけ, 裁いて, 襤褸を, 見えたの, 見えないから, 見えるぢ, 見え下, 見付けて, 見巡つた時, 見染めて, 言つて下す, 言ふんだ, 記録に, 許しちや下さらない, 許して, 話したこと, 誰かに, 誰方の, 變だ, 變つて風でも, 變る, 豫想され, 貧しくなるでしよう, 貸しても, 足らぬと, 踊り出したとでも, 踏臺を, 蹴られて, 車を, 近頃和蘭舶來, 迷惑な, 透く, 透して, 通りか, 通用門から, 連れて, 連れに, 道破した, 遺言状を, 部屋の, 郷里の, 金を, 金貸を, 陽炎を, 隣りの, 隱れる, 隱居を, 雲から, 非常に, 預つた, 頭痛が, 顏負けの, 飛んだ間違ひで, 駈け付けて, 驅けて, 驚いて, 驚ろく, 高い所, 高くのぼっ, 高力左近太夫樣で, 髭く, 魔物を, 黒や

▼ 樣~ (544, 4.8%)

5 私の 3 ことの, 一と, 何處に

2 [23件] あの通り, こちらに, そのま, ない, なか, 一人で, 二年前から, 何だ, 何と, 先代の, 大變, 如何にも古典派, 實に, 急に, 想像せぬで, 手前店へ, 昔から, 月ごろか, 江戸の, 無駄には, 腹を, 自分の, 言は

1 [484件] あくまで吾助, あたかも王, あの娘, あばたで, あまりの, いかにも愛情, いらつし, いろ, おかみさん, おさびしいでせうになあ, おち, おやさしい, おれを, お一人, お前だけ, お前の, お前達に, お加減, お名, お嫌ひで, お孃樣, お客樣ぢやあない, お役所, お忍びで, お怒り, お思ひ遊ばした, お歸, お氣, お眼, お耳, お聞き, お腹が, お隣り, かう云つて, かう仰有, かけまじと, こ, この, この事, この平次, この店, この御, この春, この歌, この蔀半四郎, こらへても, これは, これまで, ございません, さう申しては, さすがの, さぞ武術, さつきから, さも面白, ざつと五六十貫一人や, しかし冬, すつかり, すべる時屹度人, そのおつもり, その癖, その腕飾, その雜草, その黒子, そりや, それは, そんなこと, そんな事, そんな氣, たいていありません, たいてい繩, たしかに歸, ちよいと, ちよつ, ぢつと, とてもふとつて, とても感謝, どうかと, どうし, どうした, どうしてそれ, どうして靜夫樣, どうなす, どうなるでせう, どう云, どこから, どこだ, どなたで, どの位, どんな惡, どんな模樣, ないけれども, なかつたが, なさけなくも, なにか文壇史, なれぬと, のらくらと, ぶちで, ほぼ想像, ほんの立ちがけ, まことに壯觀, また酒, まだお, まだほんの, まだ入棺, まだ息, まだ歸つてら, まだ母屋, まだ若い, まつたく壯觀, まづ日本, まるで良秀, まん, もうお, もうお出まし, もう七十, もう入棺, もう前, もう四十過ぎ, もう御, もう晝飯, もう松原, もつと, もとが, やかましい方, ゆかぬ, よくそんな, よく出, よく判然, ゐるの, インドとやらの, ウマシアシカビヒコヂの, エス樣だろう, カムムスビの, クニノトコタチの, タカミムスビの, ブルツと, ヤシマジヌミの, 一刀流の, 一切の, 一日も, 一緒に, 丁度太陽, 三十の, 三年もの, 三年前十八歳で, 三年越の, 三度口を, 上方者です, 上樣の, 上野のも, 下總, 不思議にも, 不明である, 中毒どちらも, 中氣, 二十五で, 二千五百の, 二年前に, 二度目の, 五つ家の, 五十を, 五百兩の, 亡くなつた先, 人が, 人な, 人に, 人品骨柄が, 人橋を, 人身象頭で, 今から, 今に, 今は, 今までの, 今年二十七細面で, 今日でも, 今日も, 仔細あり, 何うかと, 何うし, 何という, 何んと, 何方かと, 何日お, 何時お, 何時から, 何時もお, 何時引取れる, 何時頃御, 何者か, 何處の, 佞奸邪智で, 信ずる者, 俺について, 僕を, 儒家とは, 元は, 兄を, 先月末の, 兎も, 六十五に, 其後の, 其樣に, 切腹仰せ付けられる, 別に大, 勘定方私の, 十二に, 十六七貫目あり, 十四といふ, 南の, 去年亡くなつた, 又ピュー, 又言, 取り逃したが, 古くから, 只當, 合槌を, 同族石崎平馬の, 名題の, 向う向きに, 向ひ, 吾ながら, 哀れんで, 唯今何方に, 善いお方, 善國寺の, 喧嘩を, 單純で, 嘆きの, 四十がらみの, 四角な, 土器時代から, 地方によ, 地方の, 地獄の, 埋火, 塀を, 夜半には, 夢中に, 大公儀, 大分仲が, 大層蚊, 大抵天地, 大石の, 大笑, 天からの, 天然と, 天皇が, 天竺の, 天竺皆渡來物だ, 奈何思つて, 奧方樣の, 女の, 女王樣だ, 如何だ, 妙に, 嫌ひでせう, 子に, 安兵衞樣と, 定まつ, 家にも, 容易に, 小祿, 小身ながら, 少しも, 少し取, 少し嫌, 尾張の, 屹度御, 崩御にな, 川崎に, 左樣な, 己が, 巴屋の, 師匠と, 帳尻には, 帽子と, 平常は, 年を, 幸ひ, 幾百十年の, 引受けましたが, 引受けません, 彼の, 待ちきれなくて, 待つて, 御在國, 御家と, 御年百歳, 御役勤め, 御心配, 御浪人, 御病死, 御病氣, 御病身, 御約束通り, 御自分, 御言葉, 御酒を, 御顏, 忠誠の, 思ひ切つた離縁沙汰, 思ひ遣られて, 怨みません, 怨んで, 恐しき者, 恰も名, 恰も彗星, 恰も逃げ, 恰も鏡, 恰も雜踏, 想像し, 感じな, 感覺の, 戀愛などは, 成吉思汗の, 我日本に, 手に, 才物だ, 拙く意匠, 拜めねえ, 放つては, 文武の, 旗本何萬人と, 既にお, 日中も, 日本で, 日本橋から, 旦那と, 早くからお, 明日の, 昨夜の, 昨夜一と, 昨夜人手に, 昨夜何處へ, 是か, 時々お, 時代の, 暫く默つて, 最も人間, 木像も, 本尊の, 本心では, 本町へ, 板橋の, 森の, 構想力の, 槍術名譽の, 歐文書類を, 正氣, 正直親切善行を, 此お, 此方で, 此方の, 此處に, 武家育ちで, 武藝などを, 歩いて, 殆ん, 殿樣だけに, 殿樣日頃の, 母上樣の, 母樣は, 毎晩の, 氣狂ひ, 水死織江樣は, 永の, 江戸一番の, 洋服の, 洗ひきよめ, 浪人者の, 海賊の, 淺黄の, 湯屋で, 滅多な, 無いが, 無からう, 無禮, 無邪氣, 無駄光りだ, 煙たくて, 煙草盆を, 犬の, 猿蟹の, 生意氣云, 用人として, 用人を, 申すに, 當時の, 疑も, 病人では, 病死續い, 白と, 皆お, 相討といふ, 眞實の, 眞實見, 眼も, 矢張りお, 矢張り二階で, 石崎求馬樣と, 私に, 私よりずつと, 私を, 突然良秀, 窓に, 笹野樣とは, 精密く, 結合の, 結婚以前に, 綺麗過ぎた, 緊く, 繁, 繪圖面だけ, 繪畫を, 罪人だ, 肺病だ, 能く, 自分へ, 舞子白拍子の, 良い旦那樣, 良い男, 花見船で, 苗字帶刀を, 若樣, 英吉利人の, 荻堂などと, 莊嚴で, 萩と, 葡萄が, 薄くとも, 藻拔けの, 蟲の, 行かぬ, 行かぬまでも, 行方知れず, 表裏の, 被蔽, 見通しで, 見通しでございます, 親御も, 親御樣と, 言ひ, 許嫁の, 誤魔化せない血, 誰だ, 誰の, 諫め兼ね, 變りさうにも, 豪い人, 豪傑だ, 豪士で, 貴方樣の, 赤色の, 足が, 跣足だ, 身にも, 身の毛も, 身を, 身持が, 近頃年が, 近頃本妻, 退去に, 遁れる, 運動會の, 遲く, 邪魔だ, 釉を, 重態です, 鉛の, 銀行の, 錢形の, 陰鬱に, 隅の, 階下の, 隱居した, 霍亂とやらで, 青山が, 非道の, 面白いの, 面白いめぐりあひをおつくりになるものだと, 馬鹿だ, 高知市の, 黒木長者の, 黒雲の

▼ 樣~ (479, 4.2%)

14 見て 10 變へ 7 連れて 5 して, 怨んで 4 抱いて 3 乘せ, 傳へて, 害めた, 拜んで, 記して, 變へて

2 [27件] おいた著, お呪, しなければ, だしに, つけたもの, 一と, 出たの, 呈した, 呼んで, 圖した, 察知する, 怨む者, 想像し, 手に, 抱いたま, 描いたの, 敍し, 敍せり, 救ひ出す, 案内し, 畫き, 眺めて, 置いて, 見る如く, 述べて, 集めて, 馬鹿に

1 [362件] あきらかに, あざむくよう, あらはさんため, いろ, おんぶし, お助け下さいまし, お勝たせ, お呼びし, お呼びする, お尋ねに, お待ちいたしかね, お怨み, お抱き遊ばし, お祀り, お納めした, お願, お騙しする, お騷, ことわるい, こんな風, さへ, されるの, しきりに調べ, したこと, したの, したので, しないとも, しばらくやすん, しますが, しらべた, じつにまざまざと, すると, せむと, たぐへざる, ただ見つめ, だん, ちりばめたごてごて, ぢろり, つかまえようと, つけ, つけた支那, つけた日本風, つけた鏡, つけ其儘, つれて, ときを, どうした, どうぞ内ら, どう思ふ, はじめ臣下たちも, はじめ自分の, ば目に, ひどく怨ん, まざまざと, まともに, まねびて, やんやと, よそながら立ち, わたくしが, コキ使つ, モデル的に, 一つ一つ病的な, 一個の, 一度も, 一目に, 三田に, 下へ, 下手人に, 中坂下まで, 中心に, 主として描かん, 亡きもの, 亡き者, 今にも御, 付ける少々, 何とか見つる, 信向する, 信心し, 傳へ, 克明に, 出した白地, 初め二三の, 初め村長樣も, 前に, 助けると, 勘定し, 勘當し, 取るなんて, 取除けると, 叙し, 口説き廻したらう太, 口説く方, 古開, 叱り飛ばしたり, 名づけて, 告ぐ, 問は, 嗅いで, 土藏から, 地主の, 基として, 外へ, 夢に, 太平無事として, 奧方不義の, 始末させ, 守護し, 家督に, 察して, 寢か, 寫さうと, 寫して, 射るつもり, 小堀樣お, 屋敷内に, 庇は, 引揚げる, 弟に, 彼女は, 御崇敬, 御手もと, 御留め下さい, 御見かけ, 念入りに, 思つた, 思つてゐた, 思ひ出したらしく大きく, 思ひ浮べると, 思ふの, 思ふやう, 怨む張合ひも, 怪しいと, 想像した, 想像する, 想見する, 感ぜられ候, 慕つておばあ, 憎み通せましやう, 憚かつて, 手玉に, 手當を, 抱かせたり, 拜ま, 拜まし, 拜まして, 拜みました, 拜みません, 拜むこ, 拜むのとは全く, 拜む身分血の, 拜めといふ, 拜んだら, 拜んでからに, 持つた琥珀色, 持つた花火, 持つて, 持込んで, 捨て, 捻るの, 描いたもの, 描いたり, 描いた美しい, 描きて, 描き其上, 描き自ら, 搜し出し, 搜し出す, 摘發し, 撲り殺した夢, 擔ぎ, 敍した, 敍述した, 斯うう, 日高凉臺が, 明に, 映寫して, 暖めて, 書いたんで, 東京へ, 染めたる小, 染めた腹合せ, 染め出した, 極めてゐる, 極めて人格, 横取りした, 横取りする, 横目に, 檢べ, 歌ふ, 此始末は, 此所迄, 此處へ, 殺さうと, 殺したの, 殺した下手人, 殺した現場, 殺した相手, 殺して, 殺す氣, 氣の, 江戸へ, 浮かせて, 爲した, 片手拜み, 物語らうと, 物語り冐險, 犬みたいに, 玩弄に, 現すなど, 現は, 現出する, 瓦器に, 生んで, 産み今, 申しました, 申し上げました, 申すの, 申上げ, 申立て, 申述べよう, 畫い, 異にし, 疑つて, 疑ひ福島樣, 疑ふと, 疑ふ譯, 皆に, 目撃し, 眺めてを, 着たり, 知つて居なさる, 知らぬの, 示したもの, 示して, 示しぬ, 示す, 示せ, 祀つて, 祭つてある, 祭るとかいふ, 私は, 空想に, 突いて, 窘め出すこと, 窺はんと, 笑いました, 笑は, 篤と納得, 精しく今日, 紋所に, 絞め殺した後, 綜合的統一において, 縛つた, 縛つて來る, 縛るやう, 織りたる丈, 織り出したシート, 織り出した絨毯, 織る, 織込んだの, 繰返して, 罪に, 置いた縮緬地, 置いた部屋, 置くと, 考ふ, 考へ, 考へて, 考へると, 聞いた時, 脅かしたり, 脱漏も, 腹に, 興味か, 良人に, 落したらう, 落馬させ, 表現する, 褒めて, 見ざりしなり, 見せつけられ到頭, 見せて, 見た, 見たが, 見たつて, 見たらば, 見たら念佛, 見てね, 見ては, 見ても, 見ない樣, 見に, 見む, 見ようと, 見られて, 見る, 見ると, 見るに, 見るもの哉, 見るより, 見るん, 見る事, 見る氣, 見れば, 見ろ, 見下して, 見兼ねました, 見屆, 見詰めつ, 見詰めて, 覗いてるじゃ, 觀て, 討つたので, 記したもの, 許して, 許すと, 訴へる, 詠まんと, 話した, 詳に, 認めたる松島海軍大佐, 誘つて上げなかつた, 誘つて花見船に, 誘ひ出したんぢ, 語りました, 語ること, 誰が, 調べました, 識別した, 變へでは, 貼付けた上から, 賞めて, 起して, 起しに, 返すとは, 述べたもの, 追ひ出さう, 通り越して, 造り出して, 遂げてからは, 遠く眺め, 遠矢に, 釉の, 金助町に, 釣り上げたの, 銘々の, 隣の, 隱した, 隱したら, 雜司ヶ谷の, 青白く照, 音も, 預り乍ら, 飾りに, 養育した, 餘所ながら, 騙し討ちに, 騙し討に, 騙すやう, 騷が, 髣髴たらし, 鮮かに

▼ 樣~ (348, 3.1%)

67 あつた 10 あつて 4 あらうと, さへ 3 あらう, せう, 實は, 御座りませう 2 あつたの, あつたらう, いらつし, こちと, しよう, せうな, 實に, 有らう, 自分だけには

1 [233件] あつて助け, あらうか, あらう校内一, あらう校内一流, あツ, いきなりぐつと胸倉, うちの, うれしい, お勝手, お皆, ことに出雲, この四五日, この奴隷, この通り, これは, ごあん, ごあんすゝ, ござります, さ, さすがの, せうとも, せうよ, せうドクトル, せう確か, せう自身, せえ, その不, その席, その戀, その日, その間に, その頃, とつつきの, どうする, なか, な風, ね, ねあれ, ひどく蒸暑い, また惡, まだしも岩見重太郎, もう愈, もとは, よからう, わたし達の, アね, ア宛然俺に, スペイン人が, スーッと, ツイと, ニヤ, フラ, ホッと, モウ手も, 一二年の, 一生の, 一言も, 一面温和な, 三日前お, 不憫だ, 不都合なれ, 中, 中國, 丸屋の, 二十圓呉れた, 二年前からの, 二階に, 今では, 今日迄の, 今更外の, 他ぢ, 仰向, 何しろ誰袖華魁, 何と, 何といふ, 何となく體, 何も, 何を, 何色とも, 信吾の, 傷の, 僅かに, 僅か五分間許, 元祿以前, 先刻御, 兩軍の, 六つ半と, 六疊は, 其のひどい, 其位に, 其實少し, 其急峻な, 其遣方は, 内容が, 出入りには, 出羽の, 前篇は, 力こぶを, 半ズボン, 印刷も, 厭味で, 右の, 否將來, 呆然として, 唯少し女, 因幡石見にも, 國手の, 土に, 地方から, 塀の, 多忙以上の, 夜は, 大した勢, 大した怪我, 大繁昌, 大藩の, 天候を, 夫婦も, 室に, 察する, 實用に, 尠から, 居て, 屏風にも, 島の, 川音が, 平安朝末までも, 平次と, 幽靈, 幾分往昔, 床は, 底が, 彼は, 往來も, 從つて現代の, 御勘辨, 御在, 御座りまし, 快かつ, 思ひ出したが, 急に, 惚れて, 意外の, 態度も, 掴まりましたから, 支那に, 改革論者の, 敵を, 數馬樣と, 斑で, 日を, 日本の, 早々引き上げね, 春秋に, 昨夜店に, 時時氣まぐれ, 普通に, 暗い暗い深い深い底, 暫しは, 更に六つかしく, 有つた, 有るが, 有るに, 朝から, 校長の, 棒の, 横書ながら, 檢屍前の, 欠陷を, 歐米方面の, 此は, 歴史的には, 歸りました, 歸る, 毎晩の, 氣が, 決して一人ぢ, 流連を, 海原に, 無事に, 然しそれ, 物置へ, 珠江の, 理由の, 甚だ落ちつき, 甲板の, 登美子の, 目の, 盲人の, 相談相手で, 神樣が, 私が, 私は, 竟には, 紅に, 細かく十二, 綺麗である, 罪な, 習との, 聲の, 聲高に, 腰かけ方, 腰が, 自分ながら, 自分の, 自分も, 蒸風呂は, 薄つ, 薪形に, 裏の, 裏路傳ひ, 襟元は, 解る, 言が, 言ひ, 誘拐された, 誰も, 賣れ殘つた, 跡部滿十郎が, 身だしなみの, 身動も, 辻へ, 這入りたくない, 通つてゐる, 通つて居る, 道中を, 陪臣乍ら大した, 雨に, 面白くも, 飛んだこと, 飾られて, 鱈腹呑む, 麻の葉の

▼ 樣~ (219, 1.9%)

4 お母樣, 私の 3 ことの, ない

2 [16件] さう, したら離縁, 一晩も, 佛樣も, 兄樣も, 嫌や, 御存じだ, 御機嫌よう此次には, 御機嫌よく, 御母樣, 御用人, 息子の, 此處に, 母樣も, 見えず, 誰れ

1 [173件] ああお, あらうが, ありませんし, あり手拭, あり議員, あるし巡査, あるでせう, あるの, あれば, いくらか腹, いるし, お元氣, お喜び, お姫樣, お歸省, お氣, お醫者樣, お銀さん, かくこそ, これからさぞ御, ございます, ございません, さうお, さだめしいろ, そうむごい, そのお, その話, そりや, だん, ついて, つい面倒臭, どうか早く, どんなにか, ないこと, ないじゃ, ないぢ, ないで, ないので, ないもの, ない次第, ない清い面貌, ない訣故, なかつた, なき大, なく, なく且, なく伏目, なく途方, なさり方, ならず雪, ならぬもの, のんびり照らし, はつきりいたしません, また人たち, まだお, まだ歸ら, まつたくお, まのあたり, みて, やくざの, ゆるして, ゐられた, クラブの, グリーナーが, スペイドの, ツと, トツケも, マリヤ樣も, 一朝一夕には, 一見したく, 上總屋の, 中央の, 予の, 五年前この, 人が, 仰しやつ, 仰つし, 何んにも, 何處やら, 來て, 來ては, 全く御存じ, 其他村の, 其外の, 其處が, 内儀さんも, 决し, 分らず又, 分別も, 半分くらゐ, 又のち, 吾人には, 團子の, 大あばた, 大奧樣, 大層お, 奧方も, 奧樣も, 守つて居る, 定めし和歌, 定めて, 宜敷, 寒いから, 寢た, 尋常で, 少からず, 幟も, 床の, 後悔し, 御一所, 御出掛遊ばす, 御大病, 御奉行樣, 御存じの, 御居合, 御承知, 御覽, 御近所, 御達者, 心の, 心配し, 怪しいといふ, 惜福の, 我を, 打越樣も, 日本人だ, 早くよい奧さん, 明かに, 時々は, 最初は, 有難いもの, 格別である, 此の, 死る, 決て, 流石に, 浮ばれないといふ, 浮ぶ瀬, 濶達で, 無い, 無くこの, 無し, 無駄光りだ, 猫には, 申します, 町内の, 番頭さんも, 異樣, 知らぬと, 禪録にも, 禿げた浴衣, 私が, 私とは, 聊か御機嫌, 至極御, 良秀と, 花やぎたる薄, 若旦那樣の, 若樣, 被來, 襖一重で, 見えず胸, 見なかつた平次, 見放したん, 解らなくな, 言ひ得る, 許しては, 諦めを, 變つて飛んだ, 變るだらう, 飛んだもの, 飮ま, 飮めよ

▼ 樣~ (217, 1.9%)

9 仰し 6 なつた 4 一緒に, 仰しやつ 3 なつて, 言は

2 [18件] お三どん, お孃樣, お組, お袖さん, お銀さん, すつぽん, 云ふ, 仲違ひなすつ, 噂する, 奧樣の, 書いたを, 申しますと, 私の, 私は, 聲を, 荒物屋の, 言つても, 言ふ

1 [152件] あの妹娘, いつも竝ん, いはねば, いはれる格, いひヴィナス, いひ辨天樣, いへば, いや降る, いろ, おんなじだ, お二人, お仲, お前樣ばかりが, お女中, お孃さん, お屋敷, お年が, お歌いに, お江野, お逢, お部屋樣, お配偶, お醫者樣, お靜さん, この夜, これは, しそれ, した, したが, しもう, すれば, そのお, その從順, それから孫井筒屋さん, たつた二人, ちやあんと, なきぬ, なりたるが, なる, なる時, 一しよ, 一所に, 一緒でした, 二人で, 二人暮し, 云うと, 云つてゐる, 云ふも, 京都の, 今の, 何にか, 佛樣の, 來ちや苦手だ, 傳通院の, 兩方に, 其を, 取るべきもの, 古風なる, 吉住樣で, 同じだ, 同じやう, 同じ札, 名の, 呼びお, 呼べり, 呼んで, 喧嘩し, 夕映と, 多世里さん, 大に, 大垣樣の, 大瀧樣は, 奧方の, 女中との, 姉樣の, 娘の, 家に, 小き, 小さき聲, 小森屋さんとは, 少しも, 崇め新婦, 引換へに, 御ねん, 御一緒, 御側, 御兄上, 御對顏, 御新造樣に, 御知りなす, 心得て, 志賀内匠樣と, 思うて, 思つて居る, 思ふからさ, 慕ひ寄れ, 成りしもの, 打越樣が, 掛け合, 映つたので, 果し合, 歐米に, 熱心に, 申して, 申し上げる方, 申すこと, 申込み三十兩, 男爵樣の, 番頭の, 異形の, 白井の, 直々の, 相替, 相談した, 矢並樣御先代は, 知つて居りまする, 祝言いたさせたい, 私と, 綱田屋さんは, 縁談が, 考へて, 考へられたの, 聖天樣とを, 聞くと, 背中合せに, 自分で, 自分達は, 若侍, 若旦那樣と, 見たの, 見た來客, 親分方が, 言つた, 言はれない, 言はれるだらう, 言ひ, 言へば, 許嫁の, 話も, 認めたい, 認めねば, 議論し, 議論した, 賭を, 隙かさず呼び, 雨戸を, 鞘當くらゐはやり兼ねません, 願は, 首つ, 鬼の, 麻井大, 鼈ほどの

▼ 樣~ (180, 1.6%)

87 つたのです 65 が, と思, よ 4 といふ 3 から, がね, ぞ

2 [11件] が實, が本, が然し, が藕絲曼陀羅, が非常, とききました, と思ひ出した, と言, ねえ, ナ, 今頃は

1 [109件] えそれ, かそれ, からかうし, からださうだ, からなえ, からコチとら, から屋敷内, から左, から常陸帶同樣, から御, から必, から畜生なんぼ, から當人, から義雄, から花敷温泉, から見, から誰, があの, があら, がおんなじ, がかう, がこんな, がそれ, がどうもさ, がまあだ, が一定, が下, が世界輿地圖, が何, が兎, が千兩箱, が博物館そば, が同じ, が和菓子, が困つた, が實行, が實際怎, が戰爭, が武藝, が毎年三十萬内外, が自分, が船乘人, が近頃, が餘, が鷲野飛燕, けれどそれ, けれどモウ腹, けれど男, こと, しまた, し内儀, し洋酒瓶, つけが, つけな, つけよ, つた, つたが, つてあの, つてあんな, つてお, つて信じ, つて勉強し, つて勝頼樣だ, つて惚れ, つて此樣な, つて面食らつて臍は, つて默つ, といつた, といふ柿, といふ顏附, とか文化, とか皇族, とて徹頭徹尾, ともいふ, と分る, と問う, と思ふ, と斯, と私却つて濟, と稱, と答, と義雄, と言つた事, と言つて一同, なようし, なシ, なッ, ね何, ね兄さん, べ, べアすか, もの判らない, よと教え, よと答, わ, んべな, ツ, ネ此處, 何しろおちつかぬ, 刺身は, 奧州盛岡で, 彼ん, 惡く, 昨日は, 比, 相手の, 私の, 粗相の, 魚の

▼ 樣~ (97, 0.9%)

15 お詣り 6 お詣りし, 朝詣り 3 お參 2 おまゐり, お詣, お詫びを

1 [61件] お参詣, お廻り, お母さんの, お目見得ぢや, お線香, お詣りした, お詣りしよう, お詫, お返しする, お附合, お願, とうは, ねり込んで, よろしく, 七日間の, 上げること, 上つてお, 上つて夕方まで, 久し振りで, 仕ふるもの, 何度お, 使を, 來る, 出かけた樣, 出す料理, 出す食物, 參ります, 名乘つて, 嚴重な, 失禮だ, 奉公に, 寄附し, 屆け, 廻つて歸る, 御免な, 御取次, 忍んで, 挨拶を, 捧げる油, 日歸り, 曉方の, 歸りませう, 渡さなかつたよ, 申上げませう, 直々の, 直の, 知らせること, 縁付かれた百枝樣, 藤を, 行きます, 行つたのさ, 行つてを, 行つて同じ, 行つて喜太郎を, 行つて境内に, 行つて江戸に, 見世物向きに, 詣りました, 連れて, 雨乞ひ, 顏が

▼ 樣です~ (94, 0.8%)

1312872 から

1 [52件] から勿論, から困り, から平次, から慣れ, から江鳥屋さん, から注射, から百松, から私, から詈, か御老, か私, がいづれ, がさすが, がその, がそれ, がそれでも, がもと, が三日, が主人, が何となく次第に, が使ひで, が元日一日, が先づ一月, が商, が必ず, が日本, が昔, が染吉, が決して, が漱石晩年, が男女二體, が私, が私共, けねえ, けれど, けれども其人, し, し矢張風呂敷, それで今年, な, なあ, ねまア, ね親分, もの, よお前さん, よと圓タクの, よ妙, よ親分, わ, 第一, 若し, 赤鰯の

▼ 樣にな~ (92, 0.8%)

8 つてから 7 つたのは 6 つたのである, つて來た 5 つてゐた 3 つてし 2 つたのも, つても, つて來て, つて居, つて居た, つて居まする, つて悲鳴を, つて行つた

1 [41件] つたさ, つたな, つたのかも, つたのが, つたのであります, つたのを, つた上移つた當時多少, つた事も, つた唯, つた年の, つた日本が, つてからの, つてからは, つてこそ, つてしまつ, つてそれを, つてゐ, つてゐます, つてを, つて二人の, つて來ました, つて來ます, つて來る, つて假名で, つて呼吸が, つて大勢と, つて天井も, つて寢て, つて居りました, つて朝詣り, つて款待された, つて歸り, つて浮れ, つて眼前から, つて行く, つて跡取, つて道場の, つて風は, つて鯖と, つて黒い, ツて

▼ 樣である~ (76, 0.7%)

5 が此 2 が未だ, が然し, とか或

1 [65件] かと運動, かどう, からである, から云はず, から兵主神社, から私ども, から第, から雨天, から首里以前舜天氏時代, か知れません, が, がその, が一定, が今度, が今日傳, が他, が何分, が光緒四年, が其の, が取分け, が只, が司法部, が司馬貞, が四國, が孔子, が實際, が後, が我が, が書風, が狂言, が私, が結局一切, が釀酒, けれども後, けれど鎌倉時代, ことを, これは, しかし因幡, し又, し旁, だから支那, で軍司令官, といふ, といふ感じ, とか云, と思ひます, と考へる, どうかこれ, どうか諸君色々, にか, に係らず, ので, のに一二時間前, のに今更, 事は, 何故食, 即彼等, 古河市兵衞に, 山陽道に, 然るに唯それ, 然るに宗教, 筈は, 莊, 證跡が, 農商務省に

▼ 樣にも~ (71, 0.6%)

3 思はれて, 思はれる 2 奧樣にも, 思はれたが, 見えた

1 [59件] あつて, ありますが, あるべくよし, いろ, お別れ, お執, お見せできる, せねば, たれて, とれる, なく與, ならうが, ならぬもの, みせて, よくし, よろしく, 一日お, 不思議は, 二十年來御奉公申し, 優るほどの, 内證, 分ち得て, 努力し, 勘藏にも, 勝つて, 及びません持藥, 往々ある, 御異存, 御迷惑, 思うたが, 思はる, 思はれた, 思はれない, 思はれるので, 思ふ, 思へた, 感じて, 感ぜら, 感ぜられた, 是非お, 流行廢りで, 考へられる, 考へられるが, 聞える, 聞えるが, 聞ゆる, 聞ゆれ, 至極御, 褒められましたが, 見えたので, 見えて, 見える, 見えるが, 見ゆるが, 言ひきれません, 計らふ道, 負けないやう, 遠慮が, 降伏も

▼ 樣から~ (59, 0.5%)

3 格別の 2 お使

1 [54件] いた, おつか, お布令, お手紙, お金を, たつてと, ぼんやり歸つて來, みると, ソフィーつて呼ばれ, 一寸お話を, 三十年も, 下さるといふ, 下された凉庵先生祕藏, 下は, 二万兩の, 今年の, 信用を, 冬支度の, 出して, 出たと, 嚴い, 地獄繪を, 奧方附として, 存分な, 少しでも, 平次殿の, 御下賜, 御同情, 御褒美, 怨まれるやう, 怨みなどを, 承つた平次殿, 折入, 拜領し, 拜領した, 拜領の, 歸つて來た, 死骸引取りの, 毎日手紙を, 水兵は, 泥棒の, 申されました, 直々に, 直ぐ來, 聽いた, 褒美が, 評判の, 起きて, 辨天樣に, 頂いた菊, 頂いて, 頂戴した, 預つた, 預るか

▼ 樣いふ~ (58, 0.5%)

4 もので 3 ことを, やうに 2 ことに, 傳説が, 場合には

1 [42件] ことかと, ことが, ことである, ことは, ところで, ところの, のである, のは, ものかと, ものは, ものを, やうな, んだ, 下婢と, 俗氣俗意を, 價値無き, 味噌汁を, 場合で, 場所へ, 境地に, 大切な, 女と, 小さな製作, 感情を, 擧動を, 次第では, 次第を, 牝牛が, 種々の, 精神の, 結果に, 肩の, 草餅の, 言葉は, 譯で, 貴い努力, 路地を, 過不足が, 過失や, 道具を, 道理も, 間柄に

▼ 樣では~ (57, 0.5%)

6 ないか 4 ない 3 無い 2 あるが, ないが, 無かつ

1 [38件] ありながら, ありませぬ, ありませんが, これで, さうだ, それが, それを, そんな事, つまらんから, ないと, ないの, ないやう, ない天地之性, なかつたの, なく父母, もう駄目ぢ, 一日も, 今夜は, 到底動かせない, 到底東洋, 大丈夫です, 大層な, 始めて行幸, 年に, 所屬以外の, 所謂學者の, 手の, 既に電報線, 無いです, 無けれど, 熱病患者肺病患者には, 申譯が, 男爵が, 祝言が, 秋から, 脈が, 駄目だ, 黒雲五人男と

▼ 樣には~ (57, 0.5%)

2 言へ

1 [55件] いかぬ, いよ, うれしい事, お氣, お許しを, お詫びの, して, つきり御, なれないと, ふさは, よくしてやる, よく申, わからないの, 一ヶ月程, 三田も, 二三日中に, 今夜の, 今日漢文が, 仰せ憎く, 何の, 何んの, 先々代樣から, 先アづと來る, 再度雜司ヶ谷, 化物が, 去廿三日晝九ツ時, 參らず, 參りかねる, 又雜司ヶ谷, 子供が, 御先代, 御心配, 御病中, 御隱居, 恐ろしい疑, 成らんとも, 指も, 本當, 決つて大塚御, 濟ま, 無論往かない, 私達二人の, 罪は, 考へられない, 腹違ひ, 行かぬが, 行かんものぢ, 見えない, 見えなかつた, 見えぬ, 解らんの, 言は, 論ぜられないの, 迷惑は, 飛んだ供養

▼ 樣~ (50, 0.4%)

2 もふて居, 出と, 怨み申します, 母樣今夜の

1 [42件] さびしうございませうがと飾る, はしますほどはと, もふて下さる, 一人だけ, 一人で, 一人へ, 下屋敷裏に, 下屋敷隣の, 二人は, 出下さるやう, 出迎ひまで, 助け下さいまし外, 厭か, 孃樣板垣樣の, 屋敷へ, 屋敷内に, 役所向は, 怒りに, 怨を, 怪我は, 手に, 手間は, 揃ひです, 歸ん, 氣の, 濠だ, 父樣, 直の, 着きと, 考へ, 聞辛いで, 聲掛りで, 聲掛りの, 膝元へ, 若いが, 變りなされました, 身扮は, 遺骸は, 部屋へ, 願ひ, 願ひで御座います, 鷹狩の

▼ 樣なる~ (46, 0.4%)

3 ことを 2 ことは, 手續を

1 [39件] こと度かさなりぬ, とまた, と未練, にかかはらず, のであ, のみならず, は低き, は抑何故, ものは, も大勢, も知るべからず, を得むや, 上着を, 人に, 人影現, 入道も, 危險な, 問題を, 學士と, 實在には, 形の, 彼の, 意味に, 淋しき夜, 無邪氣, 物の, 物出づ其れ, 物狂ほしき, 理由が, 理由である, 石像噴水など, 社會を, 結果に, 能は, 自動冐險車が, 謬見に, 譯である, 議論といふ, 限なき

▼ 樣~ (35, 0.3%)

2 斯く

1 [33件] お孃さん, お配偶, そのおなじ庭, ボカシ入や, 佛樣が, 偉い人, 喜三郎さんだ, 奉公人達が, 奧樣を, 好みなども, 姉樣と, 寫生的でない, 小姉樣, 居たま, 幽閑, 形などを, 御兄樣, 御新造樣が, 手法と, 故人の, 文字が, 斯く打たれし, 暴風による, 村の, 檣上に, 死んだお父さん, 母樣に, 母樣や, 父樣や, 産婆が, 私の, 紋を, 觀音樣が

▼ 樣~ (32, 0.3%)

8 やない 5 やありません 42 やなく

1 [13件] やあるまい, やが, やございません, やなかつた, やねえ, や世柄, や其肥料, や口惜しく, や手, や本ぶり, や筋違, や貴女方自分, や餘

▼ 樣~ (30, 0.3%)

3 それは

1 [27件] お孃さん, お銀, それで齡, それとも, そんな病氣, では申, ぶりに, よくわかりません, 何か, 何かを, 何にかが, 佛樣の, 入りやんしたか, 分らないといふ, 大名の, 姉さんに, 己い, 御用人樣直, 殿樣か, 知ら, 知らない, 知らぬ, 知らぬが, 確と, 私は, 縞を, 金之丞樣といふ

▼ 樣でも~ (29, 0.3%)

2 なきや, 草津の

1 [25件] あつた, あるが, あるし, あるまい, お一人子, お狐, ない, ない泣く, ない限り, よいと, 何れも, 助けやう, 動いて, 大事の, 嫁入り先き, 宜いと詰らぬ, 役高が, 手つ取, 明石の, 海上の, 狹い, 相客を, 眺めて, 縛つて行つ, 閣下は

▼ 樣といふ~ (29, 0.3%)

6 のは 3 のが 2 ことに, 字の, 折の

1 [14件] それは, のです, のと, ものが, 二十二に, 人の, 惡者の, 敬稱を, 方に, 旗本が, 稚な, 縁起を, 親しい人, 論理の

▼ 樣なら~ (29, 0.3%)

2 と言つて立, ば宜

1 [25件] しむること能, では夜, とか云つて, とて頭, と帽子, にしませう, ばと挨拶, ばを跡, ば參, また途中, よくお, を云つて, を繰り返し, を語るでせう, 俺も, 又今度, 大玄關, 左樣なら, 御自由, 拜みませう, 明日も, 明日又, 皆さま, 私ン處の, 貰つて置く

▼ 樣~ (27, 0.2%)

2 ても氣

1 [25件] てそんなに, ても一致, ても以上, ても其の, ても好き, ても嫌, ても嫌ひだ, ても現存墨子, ても自己, て人, て其學成就, て孔明, て家, て容易, て寢, て心, て心會體得, て改めよう, て民, て氣, て水, て自ら, て自己, て興, て走り

▼ 樣とは~ (22, 0.2%)

1 [22件] ごく御, 今夜の, 何といふ, 信じられなかつた, 前からの, 大の, 御同藩, 御懇意, 御眤懇, 思はぬが, 思はれない事, 昔から, 昔からの, 桂屋に, 無二の, 申されますまい, 眤懇に, 繼しい, 義理ある, 考へられません, 親子の, 遊んだ事

▼ 樣にと~ (20, 0.2%)

2 書いても, 頼み込んで

1 [16件] その妻, た, 努めて, 勸めて, 呉, 命じたの, 希望候儀に, 心懸け, 氷峰に, 深切に, 細心に, 註文し, 誰れ, 長崎氏の, 頻りに辯解, 頼んで

▼ 樣でございます~ (18, 0.2%)

6

1 [12件] かと引返す, から値, がこれ, が決してさ, けれど, けれども, て, ねえ, よ, 九つや, 昨夜まで, 此夏頃から

▼ 樣まで~ (15, 0.1%)

1 [15件] で滯在, 二度も, 來る, 外神田一圓と, 害められ, 廻つて, 強請るふとい, 抵當に, 掛け合つた樣子, 眞似, 聽えた, 萬六波羅樣を, 行つて見る, 見ること, 騙す氣

▼ 樣とも~ (14, 0.1%)

1 [14件] いひやう, せぬ, 云つてゐました, 云ふ, 佛樣とも, 判らぬま, 眺められる, 考ふべき, 言は, 言はずに, 言ふ, 言ふべき, 言や, 金太郎樣とも

▼ 樣こと~ (12, 0.1%)

8 なしに 2 の外 1 もなく, 寄せて

▼ 樣への~ (12, 0.1%)

1 [12件] お參, お祭り, 世辭も, 傳言といふ, 御給仕, 愛想の, 抑へとして, 敬意を, 朝參り, 申澤も, 聞えも, 聽え

▼ 樣~ (12, 0.1%)

2 母樣察し, 母樣私は 1 受可仕, 大事に, 妹樣から, 屋敷に, 年輩御, 心持一々, 心配を, 隱居と

▼ 樣~ (11, 0.1%)

1 [11件] うすれ, う仰, う言つた方々四五人, へあつ, へお前さん, へよけり, へパツ, へ亡くなれ, へ救, ア此處へ, 一旦は

▼ 樣~ (11, 0.1%)

2 は不運 1 と云, にもそれ, の指, は君, は氣, は私, は螢, は金, も不思議

▼ 樣でない~ (10, 0.1%)

1 か, けれども支那研究, ことは, しかし其の, であらう, と云, と思ふ, のだろう, 山そのものの, 此獸は

▼ 樣のね~ (10, 0.1%)

8 え野郎 2 え奴

▼ 樣であります~ (9, 0.1%)

1 からま, から之, から矢張り地主, が只, が此方の, が現在, が近代, と革命, のにこれ

▼ 樣でした~ (9, 0.1%)

1 から火伏, がいきなり, がお, が義理, が間もなく, が面白く, しかも私, よ, 私は

▼ 樣など~ (9, 0.1%)

1 いふ出過ぎた, お出で下され, しりと, はたとへ, 今も, 例も, 名目は, 平次は, 餘程貧し

▼ 樣にて~ (9, 0.1%)

2 奧さま扱かひ 1 わが推せし, 何が, 多少の, 火事の, 物を, 研究材料豐富なる, 至極御

▼ 樣それ~ (8, 0.1%)

2 は私 1 から四年以前, が實, に棟梁, に淺草下谷, はなりません, は大

▼ 樣たち~ (8, 0.1%)

1 が天, が相談, とは身分, に好き正月, に馴れ, のあ, の御存じ, は自分

▼ 樣なれ~ (8, 0.1%)

1 ど姫, ば今, ば其やう, ば我, ば此機, ば破れかぶれ, ば私, ば隨時

▼ 樣によ~ (8, 0.1%)

6 つては 1 つて物すさまじい, つて生れた

▼ 樣かと~ (7, 0.1%)

2 思はれるあて人, 思ふと 1 云つたなり, 思ふ人, 見た

▼ 樣こそ~ (7, 0.1%)

2 藤原の 1 すれと, 何處に, 入つて, 小僧の, 耻知らずだ

▼ 樣この~ (7, 0.1%)

2 時計を 1 北海道が, 娘を, 歌は, 永續的貧乏, 混亂を

▼ 樣これ~ (7, 0.1%)

2 にも有 1 で勘定, と懷中, は一體, は靈魂, ほどの水甕

▼ 樣として~ (7, 0.1%)

1 よる, ゐた, 恁, 最も古い, 椅子に, 祀られる程, 祀ること

▼ 樣との~ (7, 0.1%)

1 ことは, 事から, 事に, 仲は, 御許婚, 橋渡しを, 縁起で

▼ 樣より~ (7, 0.1%)

1 ほかない, 一と, 外に, 少い筈, 年は, 手近に, 江戸神田小柳町において

▼ 樣人形~ (7, 0.1%)

4 のやう 2 と麻の葉 1 は下さる

▼ 樣その~ (6, 0.1%)

1 ように, 上兄の, 勘定が, 國の, 彩色したる, 野郎は

▼ 樣だつた~ (6, 0.1%)

1 が, が下げ, が國家, が賑やか, が軈て, ので引返し

▼ 樣で御座います~ (6, 0.1%)

2 か, からとて幾度斷 1 お部屋樣御銀, 親分

▼ 樣なお~ (6, 0.1%)

2 ほ瀧 1 それが, ぢけが出た, 人物に, 辰が

▼ 樣などが~ (6, 0.1%)

1 つけて, 其の眼, 右を, 地方, 歩いて, 知らぬ事

▼ 樣へも~ (6, 0.1%)

2 何卒宜しく, 御遣し 1 何よりの, 御不孝

▼ 樣いふ人~ (5, 0.0%)

1 だと, であつ, は自ら, も有る, を強

▼ 樣ならざる~ (5, 0.0%)

1 に似, に似た, やを我, をダンテ, を明

▼ 樣な思ひ~ (5, 0.0%)

1 に亂, に閉ざされ, もしない, も湧く, を味

▼ 樣ばかり~ (5, 0.0%)

1 で, では, で跡, 方々に, 畫いてた

▼ 樣へは~ (5, 0.0%)

1 定吉と, 知らせて, 私から, 裏の, 諫言は

▼ 樣~ (5, 0.0%)

1 こそ, のもの, の知, はおっつけ, はそう

▼ 樣一つ~ (5, 0.0%)

1 で半襟, の教訓書, も取る, 知らぬ百姓共, 考へて

▼ 樣~ (5, 0.0%)

1 では最も, 必死の, 思ひ出しましたが, 死ぬ私, 殿樣は

▼ 樣~ (4, 0.0%)

2 今の 1 だには, 見ろ

▼ 樣いふ時~ (4, 0.0%)

1 が一度, には私, には私達, に都合

▼ 樣だらう~ (4, 0.0%)

1 お前に, と思つた, と思つて, ね

▼ 樣であり~ (4, 0.0%)

1 それに, ながらそれでも, ながら此被害人民, 釉である

▼ 樣でございました~ (4, 0.0%)

21 な, 一寸ランプ

▼ 樣とか~ (4, 0.0%)

2 何とか言ふた 1 何とかの, 或は其の

▼ 樣とて~ (4, 0.0%)

1 今夜御, 分厘, 蕃商が, 變り

▼ 樣などを~ (4, 0.0%)

1 眺めながら, 立ち聽きし, 見乍ら, 飽かず眺めて

▼ 樣にでも~ (4, 0.0%)

1 お願, なる心算, 思はれるかして, 聞えたら大

▼ 樣のみ~ (4, 0.0%)

1 いら, こころ夢おも, 胸の, 車は

▼ 樣よく~ (4, 0.0%)

1 は見えず, 出來, 御存じの, 遊ばしました

▼ 樣容易~ (4, 0.0%)

1 ならぬこと, ならぬもの, に出, に腐敗

▼ 樣思ふ~ (4, 0.0%)

2 事は 1 のかも, よ其土地土地

▼ 樣あり~ (3, 0.0%)

1 てこそ嬉しき, といふ騎馬, 東京の

▼ 樣あゝ~ (3, 0.0%)

2 何も 1 した場合

▼ 樣かなあ~ (3, 0.0%)

1 それでは矢張何, 吾家へ, 夫れで

▼ 樣かも~ (3, 0.0%)

1 知れないそれなら, 知れない夫, 知れぬ

▼ 樣からの~ (3, 0.0%)

1 お使ひで, お預り, お願ひで

▼ 樣からは~ (3, 0.0%)

1 お若, 土佐守樣へは, 評判の

▼ 樣する~ (3, 0.0%)

1 と手, のだ, 前に

▼ 樣そんな~ (3, 0.0%)

1 事も, 事を, 墨の

▼ 樣でありまし~ (3, 0.0%)

1 て平野神社, て御, て日本

▼ 樣でなく~ (3, 0.0%)

1 てはあの, てよかつ, 後から

▼ 樣でへ~ (3, 0.0%)

21 エへ

▼ 樣とやらが~ (3, 0.0%)

1 まだ御, 夢枕に, 江戸へ

▼ 樣ない~ (3, 0.0%)

1 けない, てくれ, でたち

▼ 樣なおも~ (3, 0.0%)

1 ひが, ひでさそん, ひを

▼ 樣などは~ (3, 0.0%)

1 かう云, なくその, 自然に

▼ 樣なに~ (3, 0.0%)

1 が笑, 困りきツ, 薄氣味惡

▼ 樣なるべき~ (3, 0.0%)

1 ものが, も夫, 筈なり

▼ 樣にとの~ (3, 0.0%)

2 事で 1 事にて

▼ 樣みたい~ (3, 0.0%)

1 なもの, な人, な者

▼ 樣一人~ (3, 0.0%)

1 で行つて謝, で釜, のお

▼ 樣仔細~ (3, 0.0%)

2 ありげ 1 を仰し

▼ 樣平次~ (3, 0.0%)

1 から御, の子分, の耳

▼ 樣御存じ~ (3, 0.0%)

1 だから, だつた, なの

▼ 樣有難う~ (3, 0.0%)

3 御座います

▼ 樣江戸~ (3, 0.0%)

2 御留守居 1 御入府前

▼ 樣見せ~ (3, 0.0%)

3

▼ 樣見たい~ (3, 0.0%)

1 なものぢ, な分別臭い, な素直

▼ 樣あつし~ (2, 0.0%)

1 が此處, の襟髮

▼ 樣あと~ (2, 0.0%)

1 の一軒, は馬子

▼ 樣あはれ~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 樣ありがたう~ (2, 0.0%)

1 エス樣ありがたう, エス樣エス樣エス樣ありがたう

▼ 樣ある~ (2, 0.0%)

1 のみ, 黒き布

▼ 樣いふ事~ (2, 0.0%)

1 は無い, を思ふ

▼ 樣いふ心~ (2, 0.0%)

1 だ, を起した

▼ 樣いへ~ (2, 0.0%)

2 ば植村樣

▼ 樣おし~ (2, 0.0%)

2 のびあるきの

▼ 樣お上~ (2, 0.0%)

1 の思召, んなさい

▼ 樣がねえと~ (2, 0.0%)

1 いふところ, 性根を

▼ 樣がよ~ (2, 0.0%)

1 かつた, かつたでせう

▼ 樣~ (2, 0.0%)

1 さへて, ひしかるべし何

▼ 樣さ馬車~ (2, 0.0%)

2 の代り

▼ 樣しましたら~ (2, 0.0%)

2 ば植村樣

▼ 樣すれ~ (2, 0.0%)

1 ばおの, ば氣

▼ 樣それでは~ (2, 0.0%)

1 お孃樣, 平次の

▼ 樣たつた~ (2, 0.0%)

1 お一人, 一人だ

▼ 樣だけ~ (2, 0.0%)

1 でありました, ですから

▼ 樣だけは~ (2, 0.0%)

1 まるで別人, 助かりました

▼ 樣つまらない~ (2, 0.0%)

2 事に

▼ 樣であれ~ (2, 0.0%)

1 ば博士, 海上の

▼ 樣でが~ (2, 0.0%)

1 した, したよ

▼ 樣で御座いませう~ (2, 0.0%)

1 か, ねえ

▼ 樣とを~ (2, 0.0%)

1 思ひ比べて, 混同した

▼ 樣なおち~ (2, 0.0%)

1 つきが, つきの

▼ 樣なこつた~ (2, 0.0%)

2 が獨活

▼ 樣なし~ (2, 0.0%)

1 などあやしき, みツ

▼ 樣なども~ (2, 0.0%)

1 同じもの, 裘即ち

▼ 樣ならず~ (2, 0.0%)

1 かくいひ, しかして最も忍耐

▼ 樣なんか~ (2, 0.0%)

1 そつちのけの, 穀つぶし見たいな

▼ 樣にといふ~ (2, 0.0%)

1 ことは, わけだ

▼ 樣にまで~ (2, 0.0%)

1 成つた, 濡れ衣を

▼ 樣ぬけ~ (2, 0.0%)

2 てはいけぬ

▼ 樣~ (2, 0.0%)

1 えなあ, え奴等

▼ 樣はおつ~ (2, 0.0%)

1 しやいました, しやつ

▼ 樣ばかりに~ (2, 0.0%)

1 ならずとも, 御覽

▼ 樣ほどの~ (2, 0.0%)

1 お奉行樣, 違ひ

▼ 樣~ (2, 0.0%)

1 てえな人間, てえな伜

▼ 樣もう~ (2, 0.0%)

1 ビールを, 六十以上の

▼ 樣もござります~ (2, 0.0%)

2 ほんに因果

▼ 樣やら~ (2, 0.0%)

1 佛教の, 斯樣やら

▼ 樣らしく~ (2, 0.0%)

1 あちこち寢返り, 始末を

▼ 樣わかれ~ (2, 0.0%)

1 ばもう, ば最う

▼ 樣をも~ (2, 0.0%)

1 つとめて幻妖, 見ること

▼ 樣エス樣~ (2, 0.0%)

1 ありがたう, がたいへん

▼ 樣一方~ (2, 0.0%)

1 に御, 國内では

▼ 樣一遍勇さん~ (2, 0.0%)

2 に逢

▼ 樣丁度~ (2, 0.0%)

1 い, 月見の

▼ 樣二十三~ (2, 0.0%)

1 になる, の瀧口

▼ 樣今夜~ (2, 0.0%)

2 の事

▼ 樣今日~ (2, 0.0%)

1 は屹度お客樣, は枕

▼ 樣仕度~ (2, 0.0%)

1 奉存候, 奉願上候

▼ 樣~ (2, 0.0%)

1 うなさいました, にも知りません

▼ 樣何分~ (2, 0.0%)

1 お頼み, の騷ぎ

▼ 樣使~ (2, 0.0%)

2 ひを

▼ 樣全く~ (2, 0.0%)

1 臆測に, 自分の

▼ 樣公儀~ (2, 0.0%)

1 に屆濟, の思惑

▼ 樣叔母~ (2, 0.0%)

2 御が

▼ 樣~ (2, 0.0%)

1 奧の, 愉快の

▼ 樣~ (2, 0.0%)

1 のお, は其母樣

▼ 樣察し~ (2, 0.0%)

2 て下さりませ

▼ 樣尊い~ (2, 0.0%)

2 姉御が

▼ 樣小僧~ (2, 0.0%)

1 になれ, になれつ

▼ 樣屋敷~ (2, 0.0%)

1 の側, の角

▼ 樣我身~ (2, 0.0%)

2 が嫁入り

▼ 樣承り~ (2, 0.0%)

1 候得共小網町に, 候間勤而醫師の

▼ 樣振り~ (2, 0.0%)

1 です, で噂

▼ 樣掃除~ (2, 0.0%)

2 にか

▼ 樣旦那樣~ (2, 0.0%)

1 からお, 一寸お

▼ 樣暫く~ (2, 0.0%)

1 御待ち, 立ち會

▼ 樣有り~ (2, 0.0%)

1 度いと, 度く無い

▼ 樣木賃泊り~ (2, 0.0%)

2 に居なさんす

▼ 樣次第~ (2, 0.0%)

1 と見る, にて委しく

▼ 樣~ (2, 0.0%)

1 の上, の娘

▼ 樣此姉樣~ (2, 0.0%)

1 が其寫眞, が死ぬ

▼ 樣殊に~ (2, 0.0%)

2 山の端に

▼ 樣殿樣~ (2, 0.0%)

1 の遠い, を御

▼ 樣男女兩體~ (2, 0.0%)

1 のうち, の二つ

▼ 樣當時~ (2, 0.0%)

1 の人間, は九州

▼ 樣當麻~ (2, 0.0%)

2 に御

▼ 樣結構~ (2, 0.0%)

2 なお天氣

▼ 樣~ (2, 0.0%)

2 ひつけ

▼ 樣~ (2, 0.0%)

1 の降る, を衝き

▼1* [559件]

あたりに居る, 樣あつかふは我が, 樣あなたはお, 樣あらばさぞ, 樣あらせられたやうであります, 樣あられぬが世, 樣ありき六年前の, 樣あれは冬, 樣ぢらし, 樣いかにも言い, 樣いつて居た, 樣いづれの御, 樣いふ上乘の信, 樣いふ家の一つ, 樣いふ峠のしかも, 樣いふ影響を受, 樣いふ生動飛躍のところ, 樣いふ生活をした, 樣いふ町の中, 樣いふ路を取るなら, 樣いふ音樂の空氣, 樣いふ類の光輝, 樣いまさら外から, 樣いやそれより, 樣うすかつた, 樣えお目に, 樣え可申上尤私出帆まで, 樣おそれ多いこと, 樣おれを殺す, 樣お上手よ, 樣お前も知つて, 樣お前さまは眞實, 樣かう事件が, 樣かしらと見ちが, 樣かねどつちだ, 樣かはりて, 樣からがつかりして, 樣からといふ口上附で, 樣からも格別の, 樣かれこれ十二三年も, 樣がけふ表, 樣がたは男女六人, 樣がた姫君がたの御, 樣がちょうどまんまるになつてゐる頃あぢさ, 樣がねえさうだ死ん, 樣がへの處あり, 樣がをかしいほど, 樣くさくて私, 樣え, 樣けれど此時此鐵鎖が, 樣こき使はれ, 樣ここに自分, 樣こそとつとと, 樣こそは何とも思召, 樣こと面倒見べと, 樣これ粗末なもの, 樣こんどは何, 樣ごとにその, 樣さすがに遠路, 樣さぞ御心配, 樣さながらにアカイア, 樣さねえもう延ばす, 樣さア喜捨る錢金, 樣さ不幸な町, 樣さ惡い奴, 樣さ行つて來べと思つたつけ, 樣ざまの縞模樣, 樣しか御存じあるまい, 樣したのだ, 樣したいと云, 樣したらば自ら新, 樣じみし願ひも令孃が, 樣腹ア出てる, 樣すべて南支那に屬, 樣ツと, 樣ずゐぶん御無沙汰した, 樣えち, 樣そつちこつちから, 樣そつたらごと地主樣にでも聞えたら, 樣その他十六人の方々, 樣それからこれが, 樣それとそつくり同じ, 樣それなら私も, 樣ぞんざいな言葉, 樣たのむ木蔭の, 樣たゆげに, 樣たる周公の, 樣だいなぞと自ら笑つて, 樣だけが私の, 樣だけに見苦しい事, 樣だつてどう, 樣だつたら一杯で, 樣だつちつたつて親, 樣だろうと思いました, 樣ぢやあないかね, 樣ったらおわかり, 樣つう人は, 樣つたら先生の, 樣つていふん, 樣つて狐だべ, 樣え奴, 樣であろうと存じます, 樣でございますれば亡ぼすじ, 樣でしたら救護員として, 樣でなかつたことは, 樣でなきや殺された, 樣ではよくさう申します, 樣でをかしいお前, 樣で御座いましたか飛ん, 樣で御座んす, 樣で御座んしたもの海山三千年の, 樣で無い天野君は, 樣で無ければならぬ, 樣とかに學校の, 樣とで見ると, 樣とのみ心掛專ら槍劍術の, 樣とまでいきまいた, 樣とやらに御引合せ, 樣とやらは二三年江戸から, 樣とやらも書けば, 樣とり紊さぬ, 樣ぢ斗は, 樣どうなさいました, 樣どうか私を, 樣どこへなと行つて乞食, 樣どんな言ひ, 樣なあまえる樣な, 樣なおちつかぬ心を, 樣なかつがれてる樣な, 樣なかるべきをや, 樣なき不所存者左衞門が, 樣なき親しさを, 樣なくつろぎを以つて, 樣なけはひがし, 樣なせぬ樣な, 樣なぞはすこしなまめかし, 樣なたとへやう, 樣なちひさな, 樣なと笑は, 樣などと顏を, 樣などのことに, 樣なに悦しかツ, 樣なに愉快な事, 樣なに意固地なん, 樣なぬつとした, 樣なほつとした, 樣ならざる如く見ゆるは姿, 樣ならざれどもいづれ, 樣ならですから, 樣なら引き取らねえことも, 樣なりしならん, 樣なりしが忽ち, 樣なりますかネ此處, 樣なんかねえ年紀の, 樣なんかを無實, 樣なんぞは兄さんの, 樣なんてまだ一度, 樣な光りをその, 樣な咳きの發作, 樣な息づかひをした, 樣な捨て鉢な, 樣な殺し方が, 樣な濁つた泡が, 樣な疑もあり, 樣な痩せかたである, 樣な細りとした, 樣な羽ばたきが彼等, 樣な考へ方が, 樣な荒れ果てた古驛, 樣な見當を, 樣な見るからに好人物, 樣な詰らな相な, 樣な誤を罰する, 樣な誹笑を, 樣な讀むのも, 樣な近づき易い世の常, 樣な飛んでもない, 樣における統一統一における, 樣にかなふもの, 樣にかの女に, 樣にからだが, 樣にこそありたきもの, 樣にしかわかっては, 樣にぞツと, 樣にだけ内證, 樣にだって納得が, 樣についてゐる數十尺, 樣についての感想なども, 樣については詳しいこと, 樣につき各々一書を, 樣にては五月以來執筆せし, 樣にても可し, 樣にどもつては, 樣にはか取らないもの, 樣にばかり氣を, 樣にやアわりつき出た, 樣によりよくしよう, 樣による遺傳, 樣のせゐにし, 樣のちがつた, 樣のに間違ひ, 樣はじめお子樣, 樣はな何れも, 樣はなんていふ恩知らず, 樣はは樣と, 樣はまんまるくなる, 樣はやく亡なり, 樣はよくさう申し, 樣ばかりが頼りなれど, 樣ばつかり乘, 樣ひどく惶て, 樣へでもお詣り, 樣ほどにも思つ, 樣また始められる其日, 樣まだ御寢, 樣まつと耻かし, 樣までにや稻刈が, 樣までやつて來る, 樣もつ人もあります, 樣もはや自分の, 樣やつとうの, 樣よう姉樣お願, 樣よりと包ほどけ, 樣よりの推測是なり, 樣よりは利息も, 樣らしい聲を, 樣ら二人を牢屋, 樣わが儘一方で, 樣わたしは一生, 樣らつ, 樣をはツきり調査に, 樣をば我れ, 樣よーオー, 樣アお前樣狐踊踊るづア, 樣アのろまが大, 樣アカイア勢は一齊, 樣アノ面白い事, 樣アボーイぢやア, 樣ア水車の心棒, 樣ア醉つたなツ, 樣イヤ其球が頭, 樣エス樣エス樣ありがたう, 樣ガラツ八が逃げ出した, 樣サア御案内, 樣サツと浴びせる, 樣シモン遠甫樣その他十六人, 樣チュウチュウタコカイと勘定, 樣ッ厭やな, 樣トトトと前, 樣ナル脅威ヲ滿, 樣ヌヒ文樣から出た, 樣パアデレ・フランシスコ樣シモン遠甫樣その他十六人, 樣ピカリと來, 樣ママ樣と歐米, 樣一つ何うぞ, 樣一人のだよ, 樣一寸お目, 樣一寸外から眺めた, 樣一日も一刻, 樣一昨日の御召物, 樣一緒に, 樣七萬四千石の御, 樣三月も末, 樣三樣の變化, 樣三河御譜代, 樣三河屋の離室, 樣三河島と路, 樣三種の類型, 樣上げませうか, 樣下々の思ひ, 樣不安の状態, 樣不肖ながら此櫻木, 樣且つは海岸, 樣世界の新, 樣世襲制度は強力, 樣並びに若樣がた, 樣中でも一番先に, 樣丹塗の矢, 樣が何者, 樣乙松樣を金助町, 樣事實を距, 樣二十五の辰年, 樣二十五圓の月給, 樣二千二百石取の, 樣些事であるを, 樣に虚僞, 樣人形紫の矢絣, 樣今度は赤井左門, 樣今禍の方士, 樣仕立思ふ事, 樣以ての外の御, 樣以上の解釋, 樣伊勢守殿被仰, 樣伊豆屋の弟, 樣何とか遊ばして, 樣何卒私がな, 樣何卒もう少し御待ち, 樣何故俺を, 樣何等の差別, 樣佛樣の甥, 樣佛樣奧樣と日出雄樣, 樣て見なさい, 樣の一刀兩斷, 樣信じたればこそ築き込んだ, 樣修復改造にも恐ろしく, 樣修練が積まれ, 樣修繕を致さなけれ, 樣僅かの智識, 樣兄弟何方も一年生, 樣兜町の米樣, 樣入りで, 樣全身はびツ, 樣六朝派と云, 樣其本據の國, 樣其處に通され, 樣凄まじい血潮です, 樣出かけましたよ, 樣出動しましたが, 樣や鑿, 樣初めての如く, 樣初夏の, 樣別に刺戟も, 樣以御申上置可被, 樣努力しなくては, 樣動き出したのは, 樣勝拔きで最後, 樣十七年間忠勤を擢, 樣十次郎を伴, 樣十次郎樣織江樣は今, 樣十萬石の御, 樣半弓で射られ, 樣には松平伊賀守樣, 樣危急の御, 樣即ち地震は, 樣口さへ濡らさせ, 樣同じ句を, 樣同腹で無きだけを, 樣吾等が無上, 樣呆氣に取られ, 樣命じてその, 樣喉笛から右, 樣お友達, 樣地主樣いづれの, 樣に捉, 樣の上, 樣に見た, 樣多くの姉妹等, 樣夥しい金に, 樣大事な場合, 樣大事仲間の者, 樣大坂夏冬の陣, 樣大層醉つたな, 樣天神樣どうか私, 樣太い材木を, 樣奇怪凄慘, 樣奈何でも可, 樣奧庭の祠, 樣奧方は癇性, 樣奧方樣並びに若, 樣奧樣と日出雄樣, 樣女子の悲しみ, 樣女房にし, 樣如何ですか, 樣始め召仕共の歎, 樣始め拙者までも腹, 樣は娘, 樣宇宙の存在, 樣宛然一幅の畫圖, 樣宿にのみ引籠つて外, 樣寂しく待つて, 樣寧ろ始皇の, 樣小梅の寮, 樣少々物を, 樣少し老けたわね, 樣少なくも千兩です, 樣屹度ぞかし姉樣, 樣の中, 樣工藝技術ノ進歩發達等, 樣左樣結構なお, 樣市ヶ谷田町に繰り出され, 樣師資相承といふこと, 樣幾度も有るまい, 樣度々のお, 樣御朱印を盜, 樣御用聞に來, 樣御身はそ, 樣御馳走御役人樣御宿, 樣に餘裕, 樣忘れたつけべな, 樣思うたらば自己, 樣怪しいと睨んだ, 樣惡いものが參, 樣愚考も述べたく, 樣感心に何時, 樣憎しとは思はね, 樣懇意では, 樣成長ならば, 樣或は位置の, 樣手許に一つ, 樣手負ひの, 樣手配をされ, 樣も心得ぬ, 樣折ふしのお, 樣抽象的である, 樣拙者は檜木風之進, 樣排水用意がしてない, 樣掛け替のない, 樣放つて置きなす, 樣政府の禁令, 樣敷居も跨がせなかつた, 樣數年前から大, 樣う言, 樣旅劵を見せた, 樣旅籠屋も至つて粗末, 樣が暮れる, 樣日本の品, 樣日本人の無, 樣日本側の記録, 樣日頃の遊ばされ, 樣早くよくおなり, 樣早晩破産を脱, 樣明治三十年六月博文館發行の, 樣春日町へ下る, 樣春日邦之助樣を疑ふ, 樣昨夜は何處, 樣昨年十月一寸東京へ參つて, 樣時計を賣つたら, 樣晝過ぎに田熊丹後樣, 樣普通の諸道, 樣暗う御座いますよ, 樣暫らくこの平次, 樣曲者にお, 樣と肅, 樣有るべき理な, 樣木造の多い, 樣を祝福, 樣林太郎が行方, 樣林太郎樣は唯今何方, 樣根本問題である, 樣根治とはまあ, 樣構想力に屬, 樣檜板で二尺四方, 樣に唄つた音樂, 樣正に御遺言, 樣此地方ではハア, 樣殘念ながら西班牙, 樣死斬, 樣殺風景なところ, 樣母子で, 樣毒害を言, 樣江島屋の主人, 樣江戸表出立といふ騷ぎ, 樣は自分, 樣潔癖であんな, 樣火急の御召, 樣無謀には本船, 樣燦然として眩き, 樣膝屹と, 樣物凄く不氣味, 樣狐踊踊るづア, 樣狷介なんかも兄貴, 樣現にわたしの, 樣現代人といふ名, 樣生垣を越し, 樣生活上の必要, 樣用心棒と言つて, 樣由良之助は花道, 樣男子は兵役, 樣町内の本道, 樣畫師ぢやげに, 樣異常なる技法, 樣異性の間, 樣當年一杯に行, 樣をけしかけたろ, 樣直せとか言つて, 樣祈申候, 樣看守に注意, 樣眞箇に私, 樣の飛ん, 樣矢ッ張り催眠術, 樣に救助, 樣社會に向, 樣秀太郎樣と荒物屋, 樣私娼ではある, 樣私娼經營者の味方, 樣立派な方, 樣紛失とは關係, 樣細い刄物で, 樣織江樣は今, 樣きまして, 樣義雄は薄野, 樣を抑, 樣考へて居つた, 樣育ちの一遊蕩兒, 樣を切, 樣自主的でなければ, 樣自分を發見, 樣自動仕掛けの鐵檻, 樣自然親しくも, 樣自然法それ自身であるそれゆ, 樣自由に手, 樣樣にも, 樣若くば類似, 樣若旦那の喜三郎, 樣萬事母親讓りに, 樣行つても好い, 樣製造家の知り, 樣要素の共通, 樣ても茶人的, 樣見えますね, 樣見たいですよ惡, 樣見れば先, 樣見上ぐれば燈, 樣見苦しき事言はん方なし, 樣評判のい, 樣詣りの客, 樣讀者まで一緒, 樣な野郎, 樣貴女に少し, 樣赤痢が出た, 樣越後屋さんと大徳屋さん, 樣跋文を寄せ, 樣辮髮種族であるが, 樣近代主義の一つ, 樣近頃はトン, 樣返事を賜, 樣つても, 樣逃げはしません, 樣途切れてそのまま, 樣逸早く合點した, 樣かつたわねえ, 樣景も, 樣野郎だ, 樣金太郎樣一昨日の御召物, 樣金貸しには違げ, 樣鈴屋を呼ん, 樣錢形の親分さん, 樣鍋一つ釜一つの外, 樣鍛冶町の鍵屋勇, 樣はこの, 樣鑢一梃の根仕事, 樣長しなへに空, 樣長命は保證, 樣長崎奉行え被仰, 樣閉籠め窮屈の取扱無, 樣閑暇が必要, 樣附近でコリイ種, 樣限りなき人事, 樣陸地との交通, 樣と同一, 樣面目次第も御座いません, 樣の剃り, 樣頼むに足らない, 樣飛んだところで, 樣はれてを, 樣驚いてはいけません, 樣體裁は惡, 樣鶴松樣にこの, 樣黒助には給金