青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「望み~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

有名~ ~有様 有様~ 有難い~ ~服 服~ ~服装 服装~ 望~ ~望み
望み~
~望む 望む~ ~望ん 望ん~ ~朝 朝~ 朝倉~ 朝夕~ 朝廷~ 朝日~

「望み~」 3717, 38ppm, 3007位

▼ 望み~ (748, 20.1%)

43 かけて 18 かなえて, 持って 17 つないで 15 抱いて 13 叶えて 12 もって 7 失って 6 かけた, 嘱し 5 絶って, 繋いで 4 掛けて

3 [13件] かけたの, かけられて, かなへ, 嘱され, 持つこと, 持つて, 果させて, 滿足させる, 聞いて, 起して, 達して, 達すること, 達する日

2 [34件] いだいて, いだきながら, いれて, かけた一人息子, かけた工事, かけながら, かけら, かけるの, かけ大丈夫, もつもの, 云へば, 叶へ, 失える, 失った, 失ったよう, 奪われ金, 妨げたの, 容れて, 得た, 持ちながら, 持ったの, 持つよう, 捨てなかった, 放棄した, 断って, 果すこと, 汝に, 満足させる, 繋いだ, 諦めて, 遂げさして, 遂げること, 遂げると, 遂げる事

1 [472件] あなたたちが, あなたに, あらは, あらはせるもの, いうが, いだきはじめた, いだく, いだく子一人, いだけるが, いだけるのみにて, いって, いつまでも, いま果たさん, いれるのほか, うしないませんでした, うちくだきも, おかけなさらぬ, おかなえ下さい, おこして, お与えなさる, お云, お起こし, お起し, かく失ふ, かけきびしい, かけすぎて, かけそこそこ, かけたが, かけたり, かけたる事, かけた同門, かけた百姓たち, かけての, かけては, かけないだけ, かけない老婆, かけなかった, かけなかったが, かけなくっちゃ, かけましたの, かけもし, かけられたあの, かけられたほどの, かけること, かけるでしょう科学, かけるな, かける一つ, かける事, かける大望, かける点, かけ中央, かけ天晴れ名誉, かけ得られないこと, かけ温順, かけ自分, かたうせよ, かなえさせて, かなえさせるぞ, かなえやろうと, かなえようという, かの夜, かれに, きいて, きっとかなえ, このこと, この花, さそふ天, すっかり見抜い, すつかり, すてかねて, すてずあくまで, すては, すてませんでした, すて切れない未, する娘, そのご, その上, それとなく叔母, それらの, たたき壊しながら, たちまちまた, たち碌ろ, だれも, つないだが, つないでは, つなぐ, とげたか, とげたらオレ, とげて, とげない浮藻, とげようため, とげようと, とげること, とげるその, とっさに, とんでもない, どうかし, どうともし, なくしました, なしうべき時代, なして, なしとげた上, なすべく如何, なすべく左右, なんでも, のべました, はたさず安元二年, はたすため, ば, ひとつお, ひらいて, ふり捨てて, へし折って, ほのめかしたらそういう, みたされぬ自分, むちゅうで語りあった, もたずには, もたぬ心境, もったの, もってない人たち, もつこと, もつて, もつにも, もつの, もつ女, もて己, もらして, わけも, エリザベスは, 一ぱいに, 一人一人云う, 七内らの, 三分でも, 不正の, 与えない, 中原に, 事実に, 云ふ, 今夜見事に, 他に, 伝えて, 伝え戸板, 充たさむとて, 入道が, 全うする, 出したッ, 力づけたが, 助けて, 励まして, 包む, 協え, 卻けて, 又この, 友だちに, 取りあげようと, 取り次ごうと, 叶えさ, 叶えさせて, 叶えずには, 叶えては, 叶えること, 叶えるの, 叶える力, 叶え太子殿下, 叶へまゐ, 叶へる, 呉主, 呼び起して, 嘱すべき, 嘱すれ, 嘱せられて, 囑しゐ, 囑しゐたる, 囑せり, 囑せる, 外された政枝, 大きく育て, 失い, 失いやけくそ, 失いカイロ, 失いベッド, 失い一日いっぱい溜息, 失い実に, 失い結局, 失うこと, 失うと, 失うよう, 失して, 失するには, 失ったこと, 失ったの, 失った彼, 失った悪鬼, 失った無期囚徒, 失ってたのに, 失つた彼に, 失つておしまいに, 失ひて, 失ひても, 失ふこと, 失へり, 失へる, 失わざるのみ, 失わなかったの, 奏上しよう, 女だてら娘なる, 姉の, 姫君の, 官場に, 実現する, 実践に, 容れました, 容れようとして, 容易に, 寄する, 寄せて, 寄せる者, 察する, 尋ねて, 少年時代から, 属し, 属したる人, 属して, 屬し, 屬したる, 幸い試み, 強うする, 強奪し, 彼は, 得て, 徳として, 心に, 忍ばせて, 忘れること, 思いだして, 思へ, 懐くこと, 懷い, 懸けて, 成し遂げるは, 成就する, 我に, 打ちあけて, 打ち壊して, 打ち明けたところ, 打ち明けたの, 打ち明けて, 打ち明けても, 打ち明けました, 承るもの, 投げうって, 抛て, 披瀝し, 抱いた, 抱いたこと, 抱いたの, 抱いたまま, 抱きはじめたの, 抱き九段富士見町, 抱く, 抱くの, 抱くもの, 抱くよう, 抱く時, 抱こう, 押えること, 押し通さなければ, 持たせて, 持たせました子, 持たせるやう, 持たぬは, 持たぬ気, 持ちますもの, 持ち始めた時, 持ち続けて, 持った人たち, 持つ, 持つに, 持つべきもの, 持つもの, 持つん, 持つ人, 持つ人間, 持つ家庭, 持つ男, 持つ者, 持てないと, 持てないの, 持出して, 捨つる能はず知己は, 捨てきれなかったの, 捨てたの, 捨てては, 捨てなかった無電装置, 捨てなければ, 捨てもはや, 捨てよ, 捨てること, 捨てるよう, 捨てんと, 捨て兼ねて, 捨て切っては, 捨て切れなかった, 掛けた, 措いて, 握り潰さねば, 斬り落して, 断っては, 断つべくも, 断わり続けるの, 断念した, 斷わり續ける, 日本人の, 明かに, 晴らせよ, 書いた紙, 最初の, 最後の, 有す, 有するの, 有せしむる, 果させる為, 果したら生きて, 果して, 果し度いもの, 果すため, 果すに, 果す日, 果す機会, 果そうと, 果たさなかった, 果たしたで報恩, 棄てたがらなかつた, 棄てたもの, 棄てて, 棄てないで, 棄てよ, 棄てようとは, 止めて, 残したの, 残して, 殺して, 殺すより, 永久に, 江戸の, 決してシン, 洩したおり私, 洩らしたこと, 洩らして, 満そう, 満たさしめず人事意, 満たさんため, 満たすこと, 滿足させん, 潰滅させた, 理解し, 甚太郎そなた, 生に, 申しあげます, 申して, 申し入れて, 申し出でました, 申そうなら三つ, 男に, 知って, 禁じられたの, 私たちは, 秋の, 突っ返しましたが, 笑いながら, 築くが, 絶たず現に, 絶たれし, 絶たれしのみ, 絶ちたるなるべければ, 絶ちひたすら, 絶ち給わざりしこと, 絶った, 絶ったの, 絶つかとさえ, 絶つた, 絶つた時, 絶つて, 絶つに, 絶とうと, 繋いだの, 繋ぐ御身, 繋けて, 置いて, 聞かなくちゃあ, 聴き知ったの, 背負って, 胸の, 胸中より, 腹一杯に, 與へ, 蔭に, 裏切って, 見た, 見て, 見事に, 見出した彼女, 言いあらわしたが, 言い出せるよう, 言うが, 言えば, 言って, 訊いて, 託すという, 許したという, 許したの, 許すこと, 許せば, 語りあったこと, 読み取ろうと, 諾し, 象徴的に, 負ひ, 貫かんと, 賭けて, 起こしたこと, 起こしたとき, 起こしたの, 起こしたので, 起こして, 起こすの, 起さしむべき言葉, 起さしめ, 起さずに, 起させたから, 起させないよう, 起させなかつたもの, 起さなくなれば, 起されたらこまるから, 起したお父つぁん, 起したの, 起したもの, 起した理由, 起し自ら, 起すには, 起す八五郎, 述べ始めた, 追うに, 遂ぐることが, 遂ぐる時節も, 遂げさせたいと, 遂げしめん, 遂げその, 遂げた, 遂げたいからさ, 遂げたほどの, 遂げて, 遂げなさるまで, 遂げませぬうち, 遂げようと, 遂げるため, 遂げれば, 遂げ得られると, 達しさして, 達したから, 達したの, 達しない時, 達し得ざるのみ, 達するため, 達せしめんと, 達せずに, 達せず実は, 達せん, 邪魔する, 阻止する, 養うべき目的, 魯の

▼ 望み~ (394, 10.6%)

30 ない 5 ないと, 無い 4 ありません, ある, さうし, ないか 3 しなかった, ないの, 自分の

2 [18件] あるの, すっかり棄て, とうていない, どうかし, ないかと, ないが, ないもの, ないよう, なかった, 永久に, 無いから, 無理に, 絶えて, 絶ちしより, 絶対に, 薄いであろう, 足りるの, 高いほど

1 [293件] あったに, あっても, あなたには, あふるれど, あまりに広漠, ありしを, ありますまい, ありますわ, ありませんよ, あるぞ, あるなるほど第, あるよ, あるん, いかにたやすい, いくらか遂げられた, いつのまにか遂げられ, いつまで, いまそれしか, いろ, おろか一命すらも, おろか会わない, かなえて, かなえられたの, かなった, かなったわけ, かなわずして, かれが, きかれよそながら, きっと実現, きわめて少なかろ, この内, この時, これなる, こんな落ち着かぬ, ございません, ござりませぬ, ござんせん, しょせん考えられない, じゅうぶんある, すこしも残っ, すっかり消え, すべてこの, せず云おうとも, せっかくの, そうした大願, そう大きい, その目的, それに, それ以外の, そんなところ, ただ一ツ, ただ悔悟, ちがう, ちとちがう, つないで, とうとう遂げられず, どうしても捨て, どんな憎悪, ないかも, ないから, ないけれど, ないけれども, ないこと, ないせめて, ないであろう, ないでも, ないとは, ないとばかり, ないので, ないゆえに, ないらしいです, ないん, ない先刻, ない残念, ない私, なかろうと, なくそして, なくても, なくなった, なくなったが, なくなったの, なくなり恐怖, なくなるわけ, なく虐殺, なく逃げましては, なさそう, なにか食べたい, なんでも, ねえお前さん, ねえ世の中, ねえ此処, ねえ腕ずく, はしなくお父さん, はっきりわかっ, ばったりと, ばら模様の, ほんのちょっと, まことに少ない, まず御, まず薄い, まったくなくなっ, みたされる見込み, もうどうで, もう一度倉地, もう死ぬ, もう無い, もう達せられた, もたぬ, もちません, もっと大きい, もつこと, もとの, もとよりアイルランド総督, やっぱりお, キッと, キリストに, スペインとの, ソクラテスの, ナポレオンの, プロレタリア解放運動の, 一廉の, 一般青年の, 世界中の, 丸潰れだ, 之に, 九分どおり確実である, 今と, 今の, 今度の, 今遂げられた, 仏弟子に, 何かと訊ねたかつた, 何でござろう, 何でも, 何なり, 何も, 何處か, 依然として保証, 充たされなかつた, 充分ある, 全くなくなる, 全く無い, 全く絶え, 全く絶望, 全然ない, 初めは, 到底持ち得ざる, 到底無, 到頭実現, 十何年か, 十分だ, 十分に, 十指の, 千日かかる, 史進に, 叶えるべくも, 叶ったぞ, 叶は, 叶わないと, 名の, 君が, 命を, 和歌子からの, 唯一ツ天晴十兵衞汝が, 嘱され, 城中の, 壊されて, 外に, 外れて, 夜もうすこし, 大きい, 大きい方, 大きく一生旅廻り, 夫の, 失いませんでしたが, 失くなッ, 失せる, 失ひませんでしたが, 奥州軍北畠顕家の, 子の, 完全に, 実にここ, 容れられたので, 容易に, 寝室の, 寿命の, 小さくない, 少いであろう, 少し変っ, 建築物にか, 引ッ込んだ, 弱気に, 強いて, 当分達せられ, 彼が, 彼女等の, 必ず遂げん, 忘れない, 快く聞き届けられた, 思ひ絶つ其麻衣ひき, 急いで, 愛または, 手がけた倉庫, 持って, 挫折し, 捨てて, 播磨へ, 教員に, 断って, 断て, 早くあの, 春日山を, 更にそれ, 更に少なかっ, 有りそう, 望んで, 本意が, 果されず今日, 果してあげなけれ, 果して叶うだろう, 棄てない, 棄てなかつたで, 検校でございます, 極めて困難, 檢校でございます, 止しに, 殆ど見えない, 殆ん, 残されて, 気弱い, 永久来ない, 汝に, 決してなかっ, 法皇の, 海賊どもを, 消えて, 消さないで, 深刻な, 満ちあふれるほど, 満足せね, 無い様, 無い費, 無え旨, 無きなり, 無しと, 熱いの, 理想な, 生涯また, 知れて, 破られて, 私に, 私の, 空しいもの, 空しくなった, 空に, 素より遂げられる, 絶えたぞと, 絶えたという, 絶え露軍, 美と, 美事に, 聞いて, 自分には, 薄いぞ, 藩校主宰たる, 許されなかった, 起こっては, 起さない, 起さないで, 起らなかったばかりか, 起るまいし, 逸民の, 遂げさせなくては, 遂げず次に, 遂げたはず, 遂げた筈, 遂げられずに, 遂げられないもの, 遂げられますまい, 遂げられるの, 遂に空しき, 達しられた, 達せられたと, 達せられない, 達せられないこと, 遠くまた, 遠しされど, 金じゃ, 錢形の, 長くつづかなかった, 閑散な, 阿波公方足利義栄を, 高くせよ

▼ 望み~ (366, 9.8%)

23 ある 14 ないと 10 ない 8 あるん 6 あるの 5 あった, あって, あれば 4 ありそう, あると, ないの, なかった 3 あったの, あるか, あるという, かなって, ございます, ないから, 叶って, 湧いて

2 [20件] あったから, ありますか, あるから, あること, あるならば, あるもの, あるよう, ないでも, ないやう, ないよう, ないわけ, なくて, なければ, 出て, 叶いまして, 如何に, 実現し, 残って, 生じ心, 遂げられたの

1 [210件] あったが, あったればこそ, あっての, あっても, あつた, あつて, あり, ありさうに, ありまして, ありましょう, あります, ありますかね, ありますからな, ありますが, ありますゆえ, ありませんや, あり好き, あり盛り返せるかも, あるかと, あるからこそ, あるじゃ, あるであろう, あるでございます, あるならなお, あるならもうすが, あるなら云いなさい, あるなら今, あるなら何, あるなら曹操, あるなら追って, あるやう, あるやに, あるわけ, ある場合, いえぬならわし, いたる所, かけられた, かないましたから, かないますれば, かないませんでした, かない同棲, かなえば, かなえられた満足, かなえられて, かなえられるの, かなったけれど, かなったと, かなつてあの, かなふ, かのうた, けし飛ぶの, この世の中, ございますその, しょせん望ん, その時, だんだん小さく, つぎつぎと, できて, とげられないじゃ, とても遂げられない, どちらも, ないこと, ないし, ないだろう, ないとも, ないので, ないばかり, ないふう, ないらしい, ないん, ない場合, ない新刀, なかったら, なかつたと, なくなったので, なくなった彼女, なくなる, なさそう, はたされるもの, はたして自分, ふたたび訪れた, ほとんどまたは, まあ果せた, まじって, まだ十分, まだ残っ, まちまちである, まったく無い, まるでない, みんな浄められ, もう全く活力, もっとも強かっ, もてたわけ, もてるん, わきあがって, フイにな, 一つある, 三之丞には, 今こ, 何もかも不思議, 何故に, 何時も斯, 充たされたばかり, 全くない, 出来て, 動いて, 動機だった, 動物的な, 十分に, 協って, 叶い今朝, 叶うて, 叶うと, 叶うの, 叶えたいばかりじゃ, 叶えて, 叶えば, 叶えられて, 叶えられなかった, 叶ったかと, 叶ったぞ, 叶ったん, 叶った上, 叶つて仕官の, 叶つて嬉しい, 叶わなければ, 合うたおまえ, 外れたほう, 多い, 多いかと, 多くある, 多くなつ, 大きくなっ, 大きすぎ, 大きすぎました, 大き過ぎた, 大き過ぎました, 大それた, 大に, 太いで, 女にも, 孝之進の, 宗教生活を, 実現される, 実現できない, 容れられない場合, 宿って, 少いの, 少しで, 少しでも, 少なくとももう全然ない, 少なそう, 御一代, 御座いましょう, 御座います, 心から突き上げ, 心に, 成るか, 抑へ, 持てさ, 持てたん, 持てるよう, 最もある, 有るから, 村松金之助を, 果されるで, 残されて, 残ろうぞ, 気に, 湧いたわけ, 湧き上って, 満たさるる時, 満ち足りました, 満足に, 激しくあります, 濃くなっ, 灰の, 烈々たる, 無いから, 無いよう, 無い以上, 無かろうで, 無くなると, 無くなるやう, 眼の, 私の, 糸の, 絶えたと, 絶えたわい, 絶えました立って, 絶対に, 繋がれて, 薄いと, 薄かった, 起こり元服, 遂げられた, 遂げられた時, 遂げられぬだから, 遂げられます, 遂げられるん, 遂げ難い, 達した様, 達した樣, 達しられた今日, 達せられ大村, 還って, 隠れて, 頭の, 高まったとき, 高過ぎた

▼ 望み~ (354, 9.5%)

14 ないこと 9 ように 8 ものを 7 物を 6 通りに 5 ところへ, 方は 4 ところを, ない身体, ままに, 綱も 3 ために, とおりに, ないもの, 下に, 織手

2 [19件] ある人, ことは, ない事, ない山, ない男, ない私, ま, ものが, ような, 事を, 品は, 対象をば, 方が, 時その, 時に, 物が, 約するもの, 通り返し, 雪の

1 [231件] ありそう, あるつながり, あるところ, あるよう, あるわけア, ある手掛り, ある詩, ある身, お方は, お話も, かたは, かないます御, かなったこと, かなった今, かなわないもの, かなわぬこと, ことな, ことも, ごとく文治六年二月十六日弘川寺, ごとく浮名, すくない話, すぐれて, すべてだった, その心, ためこの, ためばかりに, とおりの, とおりみんな背嚢の, とおり皇帝陛下の, ところに, とほり, どんな作品, ないあきらめ, ないと, ないシドニー, ない世, ない世の中, ない人, ない人間, ない仕事, ない体, ない夢, ない密林, ない彼, ない思い, ない思ひ, ない患者, ない憐れ, ない或, ない戦争, ない日本色里, ない昏睡状態, ない深淵, ない無駄, ない父, ない癈人, ない空想, ない訳, ない試み, ない運命, ない野郎, ない阻隔状態, なかつた男, なくなったこと, なくなって, なくなる教育法, なさそう, ほ, ほうが, ほかお目にかかっ, ほかは, ままここを, ままぞ, ままだ, ままの, まま出来る, まま打て, ものをな, やうに, ようだ, ようでした, ようにも, ダイヤモンドなら, ヴァイオリンを, 一つだけは, 一人を, 一少, 一端が, 中道どころか, 事は, 人は, 人工心臓発明の, 仕事です, 仮面は, 件は, 何なりや, 値段は, 充満し, 光りを, 全部を, 兵を, 内容と, 判事試驗に, 前には, 十分の一を, 千石とは, 半分だけが, 半分にも, 半分を, 卑しさ, 叶うよう, 叶えられよう道理, 叶ふも, 叶へ, 君よ, 咲耶子とやら, 品が, 品だ, 品という, 品を, 品物を, 唄を, 四半分も, 国の, 土地の, 地も, 報にて, 場合いつでも, 声が, 夢を, 大きいこと, 大きさ次第, 大グマ三匹, 太助を, 女を, 好敵手だつた, 如くウェストミンスターに, 如く何時かは, 如く物を, 娘が, 存する旨, 存する限り, 学校が, 学校には, 定義を, 実現した, 実行だった, 寸法だけ, 専門学校を, 小なる, 少ないこと, 島に, 形に, 影さえ, 影を, 役人は, 御様子, 御馳走を, 恐しさ, 所へ, 手引きを, 手紙である, 持てるよう, 持てる言葉一つ, 数だけ, 方から, 方だけに, 方には, 方向に, 日取, 時刻を, 時機に, 期日までに, 本や, 本を, 果敢さを, 極, 極に, 楼閣が, 楽隠居で, 残糸が, 母の, 汝に, 法律研究を, 活泉なり, 流れを, 為めに, 無いこと, 無い人, 無い戦, 片影をすら, 牛だ, 物と, 猿は, 町へ, 皇子, 目が, 目的が, 目的を, 秋山図です, 種類の, 竹生島も, 筋を, 糸も, 終極なる, 結婚は, 結晶が, 絶えた救われない人間, 綱といふ, 綱に, 綸旨も, 者には, 者は, 芽, 茶を, 褒美を, 計画でした, 譬えに, 通りかなり, 通りこの, 通り二十年加え, 通り実行させ, 通り寺社の, 通り搦められました, 達しられないもの, 金が, 金は, 金額を, 間ずっと, 集まる所, 飛汁は

▼ 望み~ (207, 5.6%)

5 絶えて 4 ありません, ない 3 しない

2 [18件] あった, ある, あるが, かなえて, しないの, しなければ, ないし, ないと, ない老, なかった, なくなって, なくはじめ, なしやれ, ねえ丹下左膳, 恐れも, 持って, 遂に遂げられず, 達して

1 [155件] あきらめて, あったわけ, あった奴, あってとか, ありは, ありませぬけれども, ありませんが, ありません何, あり万人, あるし, あるだろう, あると, あるん, ある絶望, いくらか遂げられた, かけた, かけられない, かなうか, かなうわけ, かなつたと, かのうた, ぐらつき出した位, ございましょうが, ございません, ござなく候, されないてんやわんや, した, して, しないもの, しない文人, しなかったこと, しなかったし, しまいし, すっかり裏切られ, すてた, すてて, すて以前, せぬ孤独, そな, それで, そろそろ断念, だめだ, とう, とげねえその, ないから, ないからな, ないこと, ないその, ないで, ないやつ, ないよう, ない世の中, ない人, ない人間, ない位, ない文学, ない村松金之助, ない楽しみ, ない母子, ない私, ない虚弱, なき身, なくただ, なくな, なくなったと, なくなったのに, なくなつた, なくなりますどうか, なく命, なく唯二十四, なく失われ, なく彼, なく残っ, なく疼き, なく終焉, なく閉ざされた, なく限り, なく震え, なければ, なげうつて, なしやれやれ, まるまる無い, もたず運命論者, もって, もっとよく聞い, よう伺っ, わしと, フイに, 一ツに, 一通りな, 何う, 何も, 余は, 光明も, 全く失われた, 十が, 危ういもの, 同時に終った, 多い娘, 大きく決して, 大方は, 失った, 実業家たるに, 実現されない, 容れましょうが, 寄せた, 廻るであろう, 彼れ, 得ない幸福, 得まいが, 微笑みも, 手伝って, 抱いて, 持たないよう, 持たなかったけれども, 持つて, 持つては, 持てぬ, 捨て, 捨てない, 斷たれ, 日一日と, 果さずに, 楽しみも, 樂み, 殆どない, 水の泡でございます, 消えて, 無いと, 無くなって, 画餅に, 確かめた上, 稍達せられた, 空しくなっ, 空しくなら, 空しく終り, 空しく若き友忠利, 空と, 絶えた, 絶えたと, 絶えたとき, 絶えたよう, 絶えながら, 絶え今, 絶つた親たち, 興味も, 覚えなかった, 覚束ない, 貫徹されず, 起こさずに, 起こって, 起させたん, 遂げさ, 難くは, 首尾よく

▼ 望み~ (190, 5.1%)

14 まかせて 9 任せて 6 なるの 4 なって, 燃えて 3 して, 応じて, 牛馬の 2 なったの, なるかも, なること, まかせる, やぶれた青年, 任して, 任せそれこれ, 反すること, 破れた人間, 破れて

1 [124件] あったればこそ, あやさる, あらず, いっそう叶う, かられて, この帝都有数, ございまする, したがって, すがりつきました, すぎないの, すぎないもの, そむいたこと, そむくもの, たびたび二階, たよりながら, とうとう我, なったに, なった相手, なつた, ならなかったの, ならぬところ, ならぬよう, なられた筈, なりましたから, なります, なりますと, なる, なるつて, なるであろうか, なるひま, なる事, なれないで, なればと, はござりますが, まかすぞ, まかすぞよ, まかせてや, まかせよう, まかせるわけ, まかせわたくし, まかせ佐殿, まかせ取り次いで, まかせ彼, まかせ拾うて, まつたく奪, みちた巨大, もう足, もえて, 任すとまでの, 任すべしとて, 任するであろう, 任せするぞと, 任せた内密, 任せる, 依って, 依つて, 依り試合, 侵さるこれら, 候間近, 充ちたやう, 出たの, 出た事, 副ふ, 加えて, 動かされて, 反き, 反きよう, 反く, 取らせるぞ, 変って, 外見上だけでもか, 夢を, 妾奉公を, 委すべし, 委ねた, 就ての, 従うより, 従おうと, 従つて艶物を, 從ふ, 心空に, 応じかねるの, 応じたの, 応じてとは, 応じまして, 応じようとも, 応じる用意, 応ずること, 応ずるという, 惹かされて, 憑かれるの, 應じ, 拍車を, 推され推されて, 日々胸ふくらませ, 明かしても, 望みたり, 望む所, 望める絶頂, 未練を, 死を, 添う義理, 添えるよう, 添はんと, 渾身この, 満ちた未来, 燃えながら, 狂ったつまらない, 生きて, 由り愈々, 疲れにんじん, 私は, 緑の, 耽って, 耽っとるならそりゃ, 背き愈, 行った, 近い約定, 近づいたか, 迷ひ, 違ひなく, 關し, 随つてカトリツクの, 非ず

▼ 望み~ (105, 2.8%)

25 あれば 23 あらば 2 いえども, いえば, して, するところ, 寂しさ

1 [47件] あきらむる, あって, ありますれば, ありゃあ, ありゃ千両束, あるなら味, あれや, いうを, いったらよい, ございましたらダンス, すべき楽しみよろこびの, それを, つり合いの, なった, ならパン, なら肝腎かなめ, なら詳しく, なりそれ, なり少なくとも, よしない煩悶, クレムリン宮殿の, 云へば, 云へる, 云わば, 仰有るに, 便宜に, 力とを, 同様に, 夢は, 思ひ違えた心, 恐れとで, 打算で, 抱妓を, 期待とを, 案じて, 深い表現, 現代の, 申したではござりませぬか, 申しましても, 疑いの, 答う, 結び附く, 言ったら土地, 言わば, 言われた大願, 言われるなら私, 諸氏の

▼ 望みなら~ (92, 2.5%)

2 ば, 何でも, 山吹色の

1 [86件] あなたの, いい蔵経家, いくらでも, いつでも, えーえーいくら, お亡くなり, お嫁, お酒, ここで, これからは, ご伝授, すぐそうします, そうし, そのとき, そのま, その証文, その首, そりゃお, それを, ちと伝授, できるだけそれ, はっきりした, ばきっと, ばその, ばそれ, ばわし, ばわたし, ば一杯, ば三田, ば何, ば何時, ば信長公, ば分析, ば御, ば愚老, ば政府, ば新聞社, ば月, ば柳生兵庫様, ば聞かせよう, ば要求, ば貴殿, ば連雀町, ば進上, ば頼朝, ば餘, また寄越し, まだ露骨, むには, むりなことでもやってくれるだろうが名誉職の, もう一つ何, もう一遍占, んと, ボートに, 一ダースでも, 一晩看病を, 三人ほど, 今から, 仕方が, 何一つ, 先づ大概は, 公開し, 利仁が, 力ずくで, 四月中旬以後五月上旬迄に, 天子の, 幾時間でも, 強さ, 強そう, 後で, 掌を, 控室へ, 永久に, 海岸へ, 無理な, 王が, 相手に, 私が, 窓を, 聖降誕祭の, 舷を, 荷主に, 袁紹の, 説明し, 贈呈する, 部屋の

▼ 望み~ (74, 2.0%)

4 人々は 2 あつた, ござります, ござりまする, 人の, 平次は, 本宅へ

1 [58件] お前は, かがやき頬, この激しい, ござりますれ, さへ, じつさい, その文銭五十円, な, なすったの, むさし屋, わたしは, セエラは, 三浦三崎の, 主人を, 二字に, 仕方ンない, 会いたいの, 何んと, 俺は, 免状を, 名が, 地面を, 大学病院で, 娶ったって, 子を, 小学校へ, 小屋は, 影日向心を, 彼は, 御貰いなさった, 微笑し, 斯んな, 是非お, 暮すの, 暴風の, 木賃を, 来たの, 来て, 正月は, 母親にも, 比較的富裕, 玉の輿という, 生きてるの, 生家へ, 男の子は, 直接に, 砧村の, 私も, 胸を, 能勢弁護士も, 莊太郎の, 貰った最初, 貰われたお, 貰われただけ, 貰われたの, 貰われた事, 貰われて, 養子助十郎へ

▼ 望み通り~ (73, 2.0%)

4 になる 3 のこと, のもの, の金 2 この道場, にした, の仕事, の馬

1 [52件] かなふた, きっぱり話, でもなかつた, でよかろ, なもの, にこなし, にこの, にし, にしたい, にしてやったら, にします, にする, になった, になれます, にやる, にカフエ, にミディネット, に五百両, に利用, に吹い, に小, に必ず, に早々, に暮し, に極楽, に江戸, に真言秘密, に精神科学, に縛る, に若い美しい, に茶色, に藩費, に運転手, に金, のところ, の人, の価格, の凶事, の型, の學問, の氣分, の状態, の獨身者ぢ, の生活, の結果, の美しい, の金魚, 今にやがて息の根, 叶えて, 大學卒業, 教えて, 驚いて

▼ 望みどおり~ (67, 1.8%)

3 にする, のもの 2 に, にしてやる, に私, のこと, 殺して

1 [51件] お由, だ, だあの, だとは, です, な衣裳, にいたしましょう, にさせ, にし, にしてやりなさい, にすべて, にそれ, になっ, にならない, になります, にはできない, にはゆかなかった, にゆけ, にフランス, に剣, に剣山, に動い, に女三, に妹, に尼, に差し向ける, に持仏堂, に殺し, に皆, に縁切り状, に赤ちゃん, に進む, に都, の二賢人, の人, の力, の匂い, の品, の怖, の方, の機会, の熱い, の答, の結果, の薬種, の身分, の雪, 放して, 死んで, 立合ったが, 第十室

▼ 望み~ (62, 1.7%)

6 焦る 2 よみたる一首, 前進しつ, 北走す, 反つて大

1 [48件] いかばかりの, き, そのいと, その華表, やまざるか, わが心, わが心衷, われは, 一吟す, 三一及び, 下ること, 丘の, 他の, 伯父なる, 余念なく, 作歌一首, 作歌并反歌, 十字軍時代に, 千載歴史上の, 単に長期, 喜べり, 單に, 堤防に, 夕暮に, 帰る, 彼の, 彼を, 彼蒼の, 御用の, 心の, 所感の, 投げたるが, 星を, 時に違, 曰く真理は, 止まず候, 氣競の, 永久の, 泣くはげ, 燕に, 玉虫は, 程なく彼マサニエルロ, 詠ずる歌并反歌, 走り去るべきに, 遠近の, 風月を, 鶏犬の, 黎元を

▼ 望みながら~ (61, 1.6%)

2 云った

1 [59件] いいました, お雪, この橋, さもなければ兎, それに, それを, たえず二条方面, どうにも手, のんきな, はるか異国の, また彼, やがて半蔵, ゆっくり歩い, わしたち庶民の, イギリスの, 今私が, 供へ, 僕は, 共に駒, 兵庫路へ, 同僚の, 大きな魚, 実は或, 実際においては, 家根へ, 帰って, 幼い姫, 徐々に接岸, 悠然と御, 惜しくも彼, 惡意を, 意を, 日本橋倶楽部の, 明日は, 暢気に, 朝霧の, 松林の, 格子を, 歩いて, 永久に, 独り云った, 神さまに, 私は, 秘かに, 秘密の, 立って, 竹橋を, 篠山まで, 胸を, 自分は, 蜜柑山の, 行くこと三里, 訊いた, 誘わるるごとくひきよせられて, 足軽たちは, 道も, 道臣は, 都は, 騎旅を

▼ 望み~ (36, 1.0%)

6 のだ 4 のである, のです 3 のか, んだ 2 のかね, のでした, んです 1 から, さそうに, のだろう, のでございます, ば悟らん, ものを, んじゃ, んださう, んで, んでしょう

▼ 望みなき~ (32, 0.9%)

2 こと明白なり, 叫びを

1 [28件] あの男, がゆえに, ことと, では, ところに, にあらず, にもあらずだ, ものと, ものに, をお, を悲觀, を覚りし, リムボに, 世に, 事を, 地獄の, 憂ひはた, 瀧口今更, 生を, 生命を, 維盛が, 者多き, 落人故の, 裸なる, 身と, 身ながらも, 身なれ, 願ひ

▼ 望み次第~ (29, 0.8%)

3 の褒美 2 じゃ, 取らせる

1 [22件] いつ何時, だ, だという, つかみ次第, であると, です, とあり, ということ, というの, とし, と大きく, なのに, のどれ, のほう美, のもの, のデパート式, の金子, よ, 与えるほどに, 出した記事, 出すが, 突き刺して

▼ 望み~ (27, 0.7%)

2 つたらしい

1 [25件] からお, から仕方, がどう, がな太郎, が一向, が水装束, そうである, つたかも, つたから, つたのか, つたので, つたのです, ということ, というだろう, とお尋ね, と云う, と云った, と云つて, と思い捨て, な窮屈, よ, 四千余石の, 気障, 熱いの, 相で

▼ 望み難い~ (20, 0.5%)

3 のである 2 ことでありましょう, ことである

1 [13件] からです, ことが, ことを, だろう, であらう, であろうが, のみならず, ものであった, ものに, ものの, 仕事である, 望みを, 色を

▼ 望み~ (16, 0.4%)

3 があるなら, があれ 1 があっ, があつ, というは毎月六七十円, はあった, はたくさん, はない, は降る, もあら, もなく, も少なく

▼ 望みでも~ (14, 0.4%)

1 [14件] あった, あったこと, あったの, あらるるか, あるか, あるならその, ある以上, かなえて, かなへて, ない, やっぱり容れられ, 叶えさせて, 構いませんでしょうか, 法性寺の

▼ 望みだった~ (13, 0.3%)

3 のである 2 のです 1 かもわかりません, が大池, と諦める, のだ, のでしょう, のを, 家が, 長崎では

▼ 望みつつ~ (13, 0.3%)

1 [13件] あり, へんぽんと, アフリカ回航に, 信仰を, 南進す, 崖道の, 左の, 徐に雪, 数多くの, 生くる, 自己の, 著述に, 進んで

▼ 望みです~ (13, 0.3%)

431 から, からあの, さかいに大, とのこと, ねリード伯母さま, よ殆ど

▼ 望みという~ (13, 0.3%)

2 のは

1 [11件] ことを, たら非常な, ほかは, ものが, ものは, ものを, 不死の, 事を, 望みを, 条件で, 者あれ

▼ 望みなし~ (13, 0.3%)

2 との事, と謂 1 じゃ, その失明, です, といった, といひ, とすれ, とせん, と二十, 助力の

▼ 望み~ (11, 0.3%)

2 不平が 1 その他いろいろ, 世の中の, 交友の, 喜びを, 気苦労も, 空想が, 空想を, 計画を, 願いを

▼ 望みある~ (10, 0.3%)

2 に於, 者でございます 1 が故に, ひは, 方様や, 水の, 道筋を, 間は

▼ 望みである~ (10, 0.3%)

2 ことを 1 から見せ, があの, けど科, この森厳, そうな, と云, と考え, のだ

▼ 望みでは~ (10, 0.3%)

1 あるが, あるけれど, あるの, ございませぬ, ございません, どんなの, ない, ないか, ないまでも, 御座いません此

▼ 望みから~ (8, 0.2%)

2 であった 1 だと, 出たもの, 出た窮策, 言えば, 重體, 闇黒な

▼ 望みたり~ (8, 0.2%)

2 しは, 之れ 1 しならん, しを, し者, 時は

▼ 望みであった~ (8, 0.2%)

1 かのよう, かを知っ, が道楽肌, このうえ, という, のである, はずであろう, ように

▼ 望み~ (8, 0.2%)

4 ほりに 1 ほりな, ほりの, ほり出来上つた, ほり彼女は

▼ 望みまた~ (8, 0.2%)

2 女郎屋の 1 かの盜人, 感じて, 慎慮, 慕われて, 私に, 聖オノフリイ寺の

▼ 望み次第に~ (8, 0.2%)

1 いくらでも, 付けて, 実演させ, 客を, 撃ち貫いて, 武蔵の, 致します, 若い男性

▼ 望みでしたら~ (7, 0.2%)

1 さっそくいたします, まだ残っ, まだ若, やっぱり寝られる, 今此所, 御後見, 毎日でも

▼ 望み~ (7, 0.2%)

1 て人, て心, て忽ち, て旅人われ, て禍難, て鬨, ながらその

▼ 望みさえ~ (6, 0.2%)

1 かなえば, すてて, すれば, なくただ, 取上げられて, 見せて

▼ 望みとは~ (6, 0.2%)

1 そんな易々, 吉川元春に, 思うの, 手を, 未來の, 違うはず

▼ 望みない~ (6, 0.2%)

1 から話, ことである, ことです, だけが劣る, ものと, 方へ

▼ 望みには~ (6, 0.2%)

2 従わなければ 1 おのおのの, ならないでしょう, 恐れるから, 新に

▼ 望みによって~ (6, 0.2%)

1 はじめて弟, 作曲した, 全体命づけられる, 家庭の, 年とった, 武子さんの

▼ 望み一方~ (6, 0.2%)

1 には円い, には親しい, に都, の浅い, は屈辱, は無意識

▼ 望みしか~ (5, 0.1%)

2 抱いて 1 もたない人間, 持たない彼ら, 持って

▼ 望みその~ (5, 0.1%)

1 ために, 中腹に, 挫けた気持, 日を, 色石と

▼ 望みであり~ (5, 0.1%)

1 古本屋で, 悪企みであった, 慰安でも, 楽しみであった, 目的である

▼ 望みなく~ (5, 0.1%)

2 この世は 1 なつた, 私は, 雲さへも

▼ 望み多い~ (5, 0.1%)

2 未来を 1 からだ, 半生をも, 将来に対して

▼ 望み少ない~ (5, 0.1%)

1 かはよく, ものかという, ものであった, ものである, 世の中を

▼ 望み放題~ (5, 0.1%)

1 と来, なんか当っ, なんと来た, の結婚, はいい

▼ 望み難き~ (5, 0.1%)

1 がゆゑに, ところである, ところです, 所なれ, 現代劇など

▼ 望み~ (4, 0.1%)

1 それともこの, それとも御, それは, 存じませんが

▼ 望みかつ~ (4, 0.1%)

2 信ぜざらん 1 信ずる, 信ずるや

▼ 望みがたい~ (4, 0.1%)

1 が少なくとも, ことである, ことに, ものと

▼ 望みしだい~ (4, 0.1%)

1 だ, と向田, に売りますじゃ, の褒美

▼ 望みそれ~ (4, 0.1%)

1 が主人, が明日, は筑波, を得た

▼ 望み~ (4, 0.1%)

1 や, やない, やなし, やね

▼ 望みなどは~ (4, 0.1%)

2 もう思い 1 たいして持ちません, なかつたの

▼ 望みにも~ (4, 0.1%)

1 あらず気高き, ございますれば, 燃えも, 裏切られて

▼ 望み~ (4, 0.1%)

1 はざりしか, ひし御身, ふとは, ふな

▼ 望み~ (4, 0.1%)

3 して 1 かも個々

▼ 望み難く~ (4, 0.1%)

1 去年までは, 小型機は, 次第に女あるじ, 見え已む

▼ 望みあり~ (3, 0.1%)

1 げに, と許す, 幸いに

▼ 望みあれ~ (3, 0.1%)

1 ども縁遠し, ば, ばなり

▼ 望みこそ~ (3, 0.1%)

1 すれ嫌い, 失せても, 彼の

▼ 望みそして~ (3, 0.1%)

1 その二つ, それを, 自身の

▼ 望みだけは~ (3, 0.1%)

1 うんと持とう, 巴里の, 決して失わなかった

▼ 望みだつた~ (3, 0.1%)

1 からと園, ことと, んだ

▼ 望みって~ (3, 0.1%)

1 えの, 罪の, 言いましたら節ちゃん

▼ 望みとも~ (3, 0.1%)

1 に信, に愛, 聞える

▼ 望みとを~ (3, 0.1%)

1 つぶさに話した, もちて, 犇と

▼ 望みながらも~ (3, 0.1%)

1 それでもまだ, 何の, 帰る気

▼ 望みなれ~ (3, 0.1%)

1 ばお, ば代, ば順に

▼ 望みにて~ (3, 0.1%)

1 搆はず貰ひ受けたる, 時々こむずかしき, 滿足する

▼ 望みに従って~ (3, 0.1%)

1 時日の, 結婚した, 艶物を

▼ 望みばかり~ (3, 0.1%)

1 でありました, のこされた, 固持し

▼ 望みをも~ (3, 0.1%)

1 失いまだ, 幾分か, 持たずに

▼ 望み~ (3, 0.1%)

2 に偽り 1 に承諾

▼ 望み通りお前~ (3, 0.1%)

2 は助かるまい 1 の形

▼ 望みあるいは~ (2, 0.1%)

1 アウステルリッツの, 往来へ

▼ 望みかと~ (2, 0.1%)

1 問うと, 訊いた

▼ 望みかの~ (2, 0.1%)

1 うてこのほど叔父, 果樹園を

▼ 望みこの~ (2, 0.1%)

1 士馬精鋭を, 愛を

▼ 望み~ (2, 0.1%)

1 へするなら, へすれ

▼ 望みさえも~ (2, 0.1%)

1 失った, 捨てなかった

▼ 望みじゃ~ (2, 0.1%)

1 ねえが, 幾日なりと

▼ 望みする~ (2, 0.1%)

2 のは

▼ 望みだけ~ (2, 0.1%)

1 差しあげます, 金は

▼ 望みだけが~ (2, 0.1%)

1 あなたを, 占めて

▼ 望みだに~ (2, 0.1%)

1 かのうなれ, 得協は

▼ 望みては~ (2, 0.1%)

1 さすがに, 此橄欖の

▼ 望みでしょう~ (2, 0.1%)

1 お怒り, か

▼ 望みでない~ (2, 0.1%)

1 ことは, のでございましたら

▼ 望みなる~ (2, 0.1%)

1 ものも, 吉野も

▼ 望みによ~ (2, 0.1%)

1 つて分配された, つて近くの

▼ 望みにより~ (2, 0.1%)

1 三十餘年も, 名誉ある

▼ 望みのね~ (2, 0.1%)

1 え亡者, え女

▼ 望み~ (2, 0.1%)

1 情熱を, 辿りつき得た大きな

▼ 望みよりも~ (2, 0.1%)

1 あなたの, もっと果敢ない

▼ 望み一つ~ (2, 0.1%)

1 のため, は史家

▼ 望み且つ~ (2, 0.1%)

1 信じて, 待つて

▼ 望み~ (2, 0.1%)

1 をしよう, を目的

▼ 望み~ (2, 0.1%)

1 に多摩川, の舟人

▼ 望み~ (2, 0.1%)

1 には三角形なすジブラルタル, に間近く

▼ 望み~ (2, 0.1%)

1 が自ら, の生活

▼ 望み既に~ (2, 0.1%)

1 なしと, 離れて

▼ 望み最後~ (2, 0.1%)

1 にはその, のみごと

▼ 望み~ (2, 0.1%)

1 はば喜楽可, ふならば

▼ 望み申し上げた~ (2, 0.1%)

1 つもりであった, 場合には

▼ 望み~ (2, 0.1%)

1 に合せん, や仏

▼ 望み~ (2, 0.1%)

1 の呪法, は年寄

▼ 望み西~ (2, 0.1%)

1 に斗満, は富士秩父

▼ 望み誠意誠心~ (2, 0.1%)

2 を以てこ

▼ 望み請ふところ~ (2, 0.1%)

1 が許されず, を許され

▼ 望み通りここ~ (2, 0.1%)

1 へ皆んな, へ落ちつける

▼ 望み通り二人~ (2, 0.1%)

1 は養子, 連れ立って

▼ 望み通り東京~ (2, 0.1%)

1 から少しく, の學校

▼ 望み通り眼~ (2, 0.1%)

2 の玉

▼ 望み通り竹刀~ (2, 0.1%)

1 を一本, を貸し

▼ 望み通り車~ (2, 0.1%)

2 に火

▼ 望み遂げ~ (2, 0.1%)

1 難し売買利, 難し賣

▼1* [327件]

望みあらばあえて, 望みあるなら私の, 望みいかなる国とも, 望みうすなの, 望みおりてわが, 望みかいの, 望みかつまたこれが, 望みかなう扉か, 望みかなえさせては下さりませぬ, 望みかも知れんが, 望みきょうはわたくしたち, 望みざりませぬ, 望みさてわが球, 望みさらになきを, 望みさゑすりや男の意, 望みしかしいかに努め, 望みしかもその謝罪, 望みじゃほどにきっぱり思い切っ, 望みすべて遂げまた, 望みすらないところ, 望みそれから岸の上の, 望みそれからまた第二, 望みたちまち愕然として, 望みたまふもの, 望みだけのお金を, 望みだけをつないで, 望みだってかなえて, 望みだろうか, 望みつつも彼は, 望みてをり, 望みであったですがこれ, 望みでありましたので伺いました, 望みであれば人民, 望みであろう一応は, 望みでございますの, 望みでして時機, 望みでしたらもどって来い, 望みでしたら喜んでヘイ, 望みでしょう分りましたシテ見る, 望みというはせっかく人, 望みとして頼まれれば, 望みとしてはそのくらいの, 望みとともに黙って, 望みとの間に, 望みとのみ思はれぬ一ツ, 望みどおりいつまでも死なない, 望みどおりここで典膳, 望みどおりしびれをきらし, 望みどおりそこで放し, 望みどおり一ノ関を仕止めた, 望みどおり世間からちょっと, 望みどおり丹波よりも源三郎, 望みどおり信長の本軍, 望みどおり僕は譲歩, 望みどおり円満に収まれ, 望みどおり出世したら私, 望みどおり吉良殿の死, 望みどおり同盟の好誼, 望みどおり外征を起し, 望みどおり夫婦にはなれなく, 望みどおり徐晃を味方, 望みどおり手術をし, 望みどおり果し合って, 望みどおり蜀軍の先鋒, 望みどおり透明になった, 望みどおり鳶ヶ巣への奇襲, 望みどこぞ他, 望みなおのことないよう, 望みなかったという, 望みなかるべからず望みあらざれば世, 望みなかろうか, 望みなき深傷の, 望みなしいざやしづかに死を, 望みなぞ嘘みたいに, 望みなぞは毛頭ないわ, 望みなど致すから, 望みなどが先生たちを, 望みなどとうていないし, 望みなどについて一言も, 望みなどを夢みるなんて, 望みならいって聞かそう, 望みなら上らせてやろう, 望みなら出して上げましょう, 望みなら分けてやろう, 望みなら彫ってあげ, 望みなら据えてあげましょう, 望みなら浴びている, 望みなら申しますがね, 望みなら話してやる, 望みなら譲つて進ぜませう, 望みなら逢わせてやっ, 望みなり御不満, 望みなんかも知れないの, 望みなんぞなにも, 望みなんぞを起さずに, 望みにだけ耳を, 望みにでも応じます, 望みにのみ生きて, 望みによっては程近き, 望みに対して好意を, 望みに従いお浦, 望みのほどを口添え申す, 望みはかへつて, 望みはね一〇一号を, 望みばかりは全くわからぬ, 望みひとりは山影, 望みほしがるの, 望みまでいれて, 望みもしくは枯柳の, 望みもだしがたしとてついに, 望みものだの, 望みもはや絶え果てて, 望みようのない, 望みよりはこれは, 望みをかくるを, 望みをかなへること, 望みをばこの高き, 望みナポレオン・ボナパルトがそれ, 望みピューと殴る, 望みボケの花, 望みの大いなる, 望み一道にすく, 望み三たび歎じて, 望み三聯隊裏と青山墓地, 望み上流の空遥, 望み丘陵の彼方, 望みにもヨーロッパ, 望み中村屋が諸君, 望み乍らも途, 望み九十九島に対する明麗, 望み二陣の前, 望み亜細亜号英船に会す, 望みの口, 望みもあろう, 望み人さへあつ, 望み人里離れた深山, 望み今日はなん, 望みの三方, 望み他人をそう, 望み以上に幸福, 望み会社側もまた, 望み何心なく喋り, 望み充分なれば, 望み光栄の望み, 望みも角, 望み兵船の, 望み其偉観に驚嘆, 望み出た作戦は, 望みを慕う, 望みにい, 望み十三歳になった, 望み千曲川を望む, 望み既に達せられし, 望み半ば恐れたごとく, 望み半輪を下辺, 望み博浪の鉄椎, 望み即ち下界に, 望み恐れたこと, 望みに出し, 望みに觀音崎, 望み右手に電信處, 望み右方に屹立, 望みはせられざりし, 望みふ, 望み吾嬬はやと三たび嘆, 望みに晩照, 望みに入り, 望み夜色の幽, 望みにし, 望み大いに怪しみ急ぎ, 望み奉り候昧死謹言, 望み孔亮の使い, 望み実母もまた, 望み尊氏の一大事, 望みなにな, 望み少い生命にとっての, 望み少きものに, 望みの皺, 望み山本書店主に勧め, 望み山気に包まれた, 望みに利根川, 望み左岸にティエラ・デル・フエゴ州, 望み左方に小, 望み已に離れ敗亡, 望み年來むねに描きし, 望みり義, 望みに琅, 望みならじ, 望み御座無く候儘, 望み復活祭の週, 望みを以て誘い, 望みの後れ, 望み或は芸術を, 望み房州の山, 望み承諾さへなしくれな, 望み押し強くも, 望み換言すれば, 望みの篝, 望みらしい世界, 望み昔國王はこ, 望み春草の, 望み時としてはめずらしく明るく, 望み更に八ヶ嶽の, 望み有りてか有らず, 望み木魚と鐘, 望み松原に寄, 望み松風を聴き, 望み楽園を得れ, 望み榛名山と小野子山, 望みみさては優に, 望み次には書物, 望み次第ぢや, 望み次第京鎌倉でも江戸大阪, 望み次第何んでも, 望み次第町方与力から繰り出す, 望み次第葬儀改典勝手たるべしの, 望み次第遠慮なしに, 望み母様も叶, 望み水源探検の目的殆ど爰, 望み永久の死, 望み求むるものあればアポロンの喜び, 望み江戸に於, 望み泰助を見る, 望み浜子もその, 望み湯漬けなどのもてなし, 望み漁歌相答へ名, 望み炊煙の立ちのぼる, 望み父母放たざるを, 望み独り声を揚げ, 望み獄裏に囚人, 望み現代の国民的文学者, 望み現在のよう, 望み生きての望み, 望み生命を感じた, 望み生活意志神の美, 望み申したのは, 望み白脛紅織るが, 望み皆爭ひて, 望み相似たり, 望みる方嚮, 望み破風から出, 望みなるか, 望みると, 望み給ふらんそは又, 望みのうなり, 望み聖旨に勝つ, 望み自家の極致, 望み自由党が閣下, 望み自由黨が閣下, 望み船首に荻, 望みを視, 望みと咲いた, 望み若しくは誰よりも, 望みときまる, 望み薄くなるにつれて, 望み虚無僧が竹刀, 望み西北の寒風, 望み見たわけである, 望み言葉の美しい, 望みふ調庸二年, 望みを以てケレスティヌス, 望み豆太郎を使っ, 望み豊穣な穀物, 望み身穢れ髮亂れかしこ, 望み鳴と共に, 望み近き西には, 望み近く破浪, 望み通りわしが言いきかし, 望み通りウマく行く, 望み通りキッドの編上, 望み通りロンドンの市中, 望み通り一族の師範, 望み通り三日の間, 望み通り主人の幸七, 望み通り今日一杯はもつ, 望み通り代議士または市会議員, 望み通り伊東へ伺ひたい, 望み通り何んでも, 望み通り僕のヴァイオリン談, 望み通り即刻許可を与え, 望み通り和泉守にしてやった, 望み通り大学卒業までやっ, 望み通り姫君の枕もと, 望み通り安全に逃がし, 望み通り実を結ぶ, 望み通り引移らせぬ, 望み通り当選無効となっ, 望み通り彼は今, 望み通り彼の世へやっ, 望み通り急に娘, 望み通り政治家になれた, 望み通り敵を滅ぼし, 望み通り日本人であったという, 望み通り此女菩薩果報めでたくなり, 望み通り此處へ皆, 望み通り気味のい, 望み通り汝の用意, 望み通り沢井へ行っ, 望み通り法王に上書, 望み通り皆が皆, 望み通り自由自在に何, 望み通り與へられて, 望み通り荷物の発送, 望み通り西洋料理屋なり音樂會, 望み通り足が軽く, 望み通り近日京中引き廻しの上, 望み通り造作なく成功, 望み通り配當をしてやる, 望み通り順調に運ん, 望み遊ばしたものを, 望み達し心安んず, 望み遠く松島の群島, 望み部下の砲員, 望み金箔の円柱, 望み刄の, 望み閑静なる一間, 望み間数は多し, 望み合いを, 望みの声, 望み雁影を数, 望みかるべし, 望み難かった, 望み雪仕度して, 望みを低う, 望み風白髭の森, 望み香住では岡見公園, 望み駒ヶ岳の雲際