青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「模様~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

様~ ~様々 様々~ ~様子 様子~ 様式~ 樂~ ~標準 標準~ ~模様
模様~
~樣 樣~ ~樣子 樣子~ 権~ ~権利 権利~ 権力~ ~権威 権威~

「模様~」 3447, 37ppm, 3111位

▼ 模様~ (929, 27.0%)

30 ように 15 ような 10 中に 9 着物を 6 やうに, メリンスの, 上に, 帯を 5 ついて 4 あるメリンス, ある着物, うちに, 古風な, 振袖を, 派手な, 羽織を 3 なかに, 上を, 単衣, 変化は, 浴衣を, 海を, 羽織の

2 [54件] あるの, ある布, ある文久銭, ある羽織, ついた浴衣, ついた着物, ついた紙, ついた錦紗, ものに, ようである, プラトークを, 一重帯を, 中の, 出て, 地味な, 壁に, 壁紙で, 夜です, 布を, 帯は, 振袖に, 掛蒲団が, 描いて, 服を, 染色の, 浴衣が, 浴衣に, 着物だ, 着物に, 着物の, 空が, 空の, 縁に, 縁を, 縮緬の, 繍が, 織目の, 美しきも, 膝に, 蒲団の, 蒲団を, 衣裳が, 衣裳を, 被布を, 襖の, 襦袢に, 銘仙の, 錦紗の, 錦紗縮緬の, 長襦袢を, 雲が, 青い絨氈, 青い蛇の目傘, 類は

1 [679件 抜粋] あいだと, あったその, あるいわゆる, あるお, あるおぼろ月, あるすばらしい, あるもの, あるオゥガンジ, あるカーテン, あるクロオス, あるコツプ, あるゴム, あるサラファン, あるパリパリ, あるモスリン, あるリノリューム, ある一枚, ある中形, ある丸い, ある低い, ある入り口, ある切地, ある単, ある厚い, ある和蘭もの, ある垂布, ある大きな, ある女生徒, ある小, ある帯, ある提灯, ある新調, ある日, ある服, ある木版刷り, ある櫛, ある淡紅色, ある濃, ある瀬戸物, ある物, ある玉子色, ある石, ある筒袖, ある紅梅色, ある紙片, ある絨毯, ある綿, ある緞子, ある肉体, ある腕, ある腰巻, ある茣蓙, ある衣, ある表, ある被布, ある襖, ある襟, ある襟飾り, ある質実, ある赤地錦, ある軽い, ある青, ある黒, ある鼠色更紗, あんばいが, いいの, うき出た壁紙, おかれて, おべべ, お揃い, お汁碗, かさを, ぐるぐる回り, けっこうや, ことなどに, こまかい縞, ごくいき, ごとく美化, しゃれた襟, その完璧化, ためでしょう, ために, ため学校は, ちがったの, ちがった座蒲団, ちらちらと, ついたけち, ついたそろいの, ついたやつ, ついたコーヒー茶碗, ついたシャツ, ついたタフタ, ついたネクタイ, ついたワンピース, ついた壁紙, ついた夜具, ついた大形, ついた座蒲団, ついた手筥, ついた日, ついた服, ついた渋い好い, ついた立派, ついた細君, ついた絨毯, ついた絹, ついた緞子, ついた菅, ついた衣服, ついた赤い, ついた鉄, ついた鞄一つ, ついた鳥, ついた黒い, ついてる象牙, つながる中, でき方, とおり熱傷を, ないこと, ない派手, ない落, なごやかな様子は, はいってるの, はん袴の, ふり袖を, まがいもの, めざむるばかりにあでやかな長着緋縮緬の, めりん, ものばかり, ものを, ゆかたを, ようで, ようにしか, イブニングで, カアテンを, カーテンが, ガラス窓にも, キャラコの, クレープの, コーヒー茶わんでも, ゴム製エプロンを, ゴルフズボン, サラファンの, シャツを, ショールを, ジャケットを, ジャケツの, ジョーゼットの, スカアフと, スーツ, ズボンを, ソアレを, チャンチャンが, テーブル, ネガチブを, ネクタイを, バックが, パンツ一つで, ピアノの, フカフカする, フンワリと, ペルシヤの, モザイックの, リズミカルな, レタアペイパには, レッテルポスタア新聞広告など, ワンピースを, 一つが, 一つに, 一部だ, 一部を, 一部分と, 七珍の, 七糸の, 三枚襲なども, 上下は, 上衣の, 下に, 中で, 中へ, 中形の, 中心と, 丸ボヤの, 亀甲形の, 二匹の, 五布の, 付いた物々しい, 付いた香箱, 伊達巻を, 使い古したジュータン, 例は, 便箋を, 倭衣を, 光が, 入ったもの, 入った支那, 入った絨毯, 入って, 円柱に, 冠頂が, 冷い, 出た唐紙, 出た瀬戸焼き, 出来ごとであろう, 出来て, 分岐の, 切嵌, 刺繍眼を, 前垂がけです, 南京繻子で, 単純さを, 単衣物が, 単衣物に, 単衣物を, 厚い毛氈, 厚司を, 友染の, 取合せを, 古いの, 各種の, 向革, 周囲に, 和服の, 品ばかり, 唐更紗の, 商標は, 善し悪しは, 四布風呂敷に, 塩瀬の, 壁が, 壁掛けな, 壁画の, 壁紙, 壁紙には, 壁紙や, 壁紙牧場の, 壁飾りの, 変らないもの, 変化を, 夏帯とで, 夕方キャラコさんが, 夕暮であった, 夜具が, 夜着とが, 大きな布, 大半を, 大振袖, 大部分, 天候でも, 天気だった, 天鵞絨クッションを, 女鞄, 如きは, 如き見返すと, 如く, 如く般若, 媚かしい, 寝床の, 寝間着の, 対の, 小さい扉, 小浜の, 尖が, 尽きて, 布が, 布団の, 帯に, 帷が, 帷子に, 幅の, 広袖浴衣を, 床の, 床セセッションまがいの, 床深々, 床石が, 座蒲団の, 廊下の, 急須を, 恋人同志が, 想像は, 意匠の, 憂慮し, 成因については, 成因如何という, 手ぬぐいか, 手拭と, 振りそでの, 振袖で, 揃いを, 揃った札, 描かれた祖母, 提灯の, 数が, 敷布を, 敷蒲団の, 文身の, 新工夫, 方が, 日々が, 日が, 日だった, 時化模様土用としては, 普段着の, 景色でした, 曇った日, 曙染二人そろう, 更紗の, 書割だ, 最も暗い, 服装を, 朝だった, 木格子の, 木綿蒲団に, 本体が, 机掛けを, 枠の, 染め出された地, 染付の, 森林には, 様に, 欝陶しい, 気くばり次第で, 水差の, 水浅葱はでな, 油障子を, 泉を, 洋装で, 浮いた四つ, 浮出した紫檀贋い, 浴衣いちまい, 浴衣がけで, 浴衣こそ, 浴衣と, 浴衣の, 海の, 海は, 海面に, 渋い壁紙, 湯巻だった, 湯衣を, 烏帽子を, 煙草入れも, 片袖, 獣皮の, 琴の, 発生などの, 白い花, 白っぽい壁布, 白リボンに, 白地の, 皺を, 真岡の, 真髄を, 着いた永楽, 着物そして, 着物で, 着物と, 着物手に, 着物著た, 短い衣裳, 短冊に, 石の, 破風を, 硝子の, 秋の, 空から, 空からは, 空も, 窓掛で, 立派な, 竪ネクタイ金剛石の, 簡素に, 粗末な, 精神は, 紅と, 紋付紅葉を, 紙を, 細かい方, 紺博多結城の, 結び目を, 絣は, 絨段を, 絨毯の, 絨緞を, 絵に, 絵画に, 絵羽の, 継承である, 綸子の, 綿入れ胴衣を, 緑がかった, 緑の, 線が, 練絹の, 縁どりが, 縞の, 繍を, 織り出された厚い, 織物ジェルサレムの, 羅紗で, 羊毛段通が, 美しい上半身, 美しい紙, 美しい衣, 羽織が, 羽織であった, 羽織と, 翻が, 考案者については, 肩当てを, 肱掛椅子の, 腹を, 臙脂色の, 色卓上に, 色硝子を, 花が, 花を, 花文字で, 茶壺旅行鞄銀貨の, 荒いハッキリ, 華やかな, 華美な, 蔓と, 薄曇, 藍が, 衣裳の, 衣類を, 袂が, 袂や, 袖に, 袖は, 袖口を, 裡に, 裲襠を, 裾を, 襖が, 襖に, 襟を, 襟飾り, 襦袢, 見えて, 見事さ, 角が, 赤いスエーター, 赤い絹, 赤い羽織, 赤と, 赤前垂素足に, 赤黒も, 透かしの, 透しを通して, 道服を, 違った衣装, 部分を, 部屋着を, 部屋靴が, 重たげな, 金巾の, 金箔は, 金粉も, 金紗の, 金蒔絵であっ, 金魚も, 鉄の, 鉄扉と, 鉄骨の, 銀ギセルが, 銀メダルが, 銀細工絨毯碧と, 銀鍍金の, 銅格子ご, 銘仙を, 長い裾, 長崎毛氈を, 長繻絆一つ, 長襦袢だけ, 長襦袢姿に, 間に, 関門も, 附いた毛氈, 陶器, 隠し戸みたいな, 雨が, 雨越しに, 雪輪が, 青と, 青の, 音楽堂などを, 風呂敷から, 風呂敷に, 風呂敷包が, 風呂敷包みであった, 飾瓶などを, 高価な, 高貴な, 鮮かに, 鮮麗な, 黄いろいユトレヒト, 黒の, 鼓を

▼ 模様~ (720, 20.9%)

26 見て 9 描いて 7 見ると 6 話して 5 聞いて, 見た 4 尋ねて, 知らせて, 見るため 3 かいて, つけて, ながめて, なして, 刺繍した, 映して, 眺めて, 見に, 語って

2 [44件] おいた著, お知らせしよう, かえて, しらべて, そこの, つまびらかに, われらに, 伝えて, 内通致し, 妹は, 工夫し, 探りに, 描いた, 描き出した, 描き同じ, 書いたもの, 有つべき, 決して殺し, 浮き上らせて, 現わし, 白く染め出した, 眺めながら, 眺め出したが, 知って, 私に, 窺って, 織り出して, 置くこと, 考えて, 聞いた, 聞き取って, 聞こうと, 聴取した, 胸高に, 見せて, 見よ多く, 見物に, 覗いて, 覚えて, 訊くと, 話すと, 詳しく話した, 詳細に, 青い中

1 [535件 抜粋] あからさまに, あしらったモダーン趣味, あまり根, あらためるため, あらわすには, ありのままに, いうと, いっぱいに, いつも寝, いろいろと, うかがうこと, うかがって, うち出した止金, うまく拾っ, えがいて, おいたよう, おいた壁紙, おいた手巾, おいた灌木, おいた麻衣, おいて, お伺い, お話しさせ, お話しする, お話しましょう, お話し下さい, お話し下さいませんでしょう, かいた粗末, かいつまんで, かきいれました, かきつづけた, かきました, かく, きいた, きかして, きかれたが, きき翌日, きざんだアーチ, くっきりと, くわしく兄さん, くわしく新聞紙, ぐるりと, こう記し, こさえこむ, こしらえて, こっそりと, この伯母さん, これも, こわごわ覗き, ごらんに, さぐった上, さす, ざっと書い, ざっと語った, した貝殻, して, しらす, しらべなお, じっと見入っ, じろ, すこし記し, すっかり調べ, すらすらと, すらりと, そう聞い, たった一つ, たんとかい, ちょっと説明, ちらし真白, ついに独立, つくって, つくりただ, つくり美しく, つけた, つけてるよう, つけながら, つけられて, つけられる頃, つける, つけ野趣, とったり, とった屋台車, のぞかせて, はかり若し, はしゃいで, ほのかに, ほりつけた江戸時代, ほんのりと, ぼんやり眺め, また仔細, みつめて, みとめたので, みると, み銀, もう少しくわしく, やって, ややくわしく, よく知つて, よく説明, よそながら見, われわれは, ズラリと, ボンヤリ見詰め, ラザレフは, 一つかじっ, 一応見物, 一見した, 一通り拝見すれ, 乱すまいとして, 交ぜて, 人から, 今一度聞い, 仔細にわたって, 付けた物, 伝えるだけに, 伺いますのに, 何かと訊く, 何かと話しつづける, 何くれと, 余念なく, 作ってか, 作る, 作るの, 保つて, 僕よりは, 入れたの, 入れたり, 入れた羽二重, 入れること, 入れる襟巾, 全身に, 兼ねたおもむきが, 内に, 写し出したもの, 写生し, 写真する, 出したあの, 出した帯, 出した粗末, 出して, 出します, 出すこと, 出来るだけ, 切りつけたもの, 初めて知る, 判断しよう, 刻みはじめた, 刻んだ物, 前に, 割り出して, 加えること, 動揺参差任放, 単純に, 参観いたしたい, 叔父に, 取って, 取り出して, 取り調べた人々, 含んだ無とも, 呈する, 告げた, 告げて, 告げても, 告げる, 咲かせて, 問い, 問いあわせると, 問うたに対し, 問はむ, 問はれた, 喋って, 喋舌りました, 嗅いで, 図案し, 国の, 地に, 地上に, 埃の, 報告し, 報知し, 報道し, 塗たくる, 塗りコクッタリ, 塗り付けられは, 壁面に, 変えたり, 変えねば, 変えるとか, 変え又, 変え右半身, 夕刊へ, 多少は, 多少誇張, 大柄に, 大自慢, 太い綿糸, 好む点, 始めから, 委しく探り, 委しく聞く, 宿直の, 察し急いで, 尋ねても, 小紫, 少し書かう, 少し申し, 巨細に, 巾広く, 形づくつて, 彫り込むの, 彫れと, 彫んだ広い, 彫刻した, 彼女は, 後の, 御記憶, 忘れて, 忘れない処, 念入に, 念入りに, 思い出そうとしても, 悉しく尋ねた, 想像した, 意匠し, 手に, 手のひらに, 手紙に, 批評する, 承知しました, 投げて, 抜いた羽二重, 抜き去られるもの, 抜くだけ, 択んで, 持った花火, 指した, 捜そうと, 捺し出して, 探って, 探つて, 探らせかつ, 探るため, 探る手, 描いたの, 描いたカーテン, 描いた丼, 描いた包み紙, 描いた大きな, 描いた巨大, 描いた帯, 描かなくなったの, 描きながら, 描きます, 描き出して, 描く, 描くこと, 描くそう, 描くその, 描くに, 描くの, 描く場合, 描く絵工, 描けるの, 描写した, 提灯の, 敏くも, 散らした炬燵布団, 新乗物町, 新聞は, 新規の, 明かに, 時時あ, 晩め定価を, 暈す上, 暫くうかがっ, 書いた手紙, 書きこんだの, 書きしるせしもの, 書き何とか, 書て, 書簡と共に, 最もよく知っ, 有しその, 朝鮮語で, 染めた浴衣, 染めた真丸, 染めた腹合せ, 染めた裲襠, 染めだした着物, 染めて, 染め付けられた国, 染め出した厚い, 染め出した着物, 染め出した青い, 染め出して, 根ほり葉掘り尋ねました, 根掘り, 検べ, 検査する, 次に引用, 此所まで, 此所迄, 残した襖, 毎日克明に, 気づかったり, 気づかって, 永く見, 沁, 注進する, 流行させた, 浮かしたチョコレート色, 浮かした重, 浮かした鍋島, 浮かべたたえて, 浮き出したショール, 浮べた刺繍織物, 浮出さした凉しげ, 浮彫の, 浮立たせて, 添えた, 済んだあと, 滔々と, 無線電話によって, 焼附け, 照らして, 父母に, 物語りました序, 物語り冒険, 現した立派, 現じ, 理解し, 生むよう, 生む力, 用いるから, 画いたの, 画いたのに, 略, 畫い, 発表する, 発見した, 白く残した, 白く置い, 盛んに, 目撃せし, 眺めます, 眺めるか, 眺めると, 眺める時, 着せるもの, 着た奥さん, 知った様, 知らせたとき, 知らない伸子, 知ること, 知る上, 研究し, 研究する, 硝子戸越しに, 確と, 示す, 示すもの, 私は, 空中に, 窺うと, 窺ふ, 竪縞の, 素子に, 細かに, 経過の, 統計的に, 絵刳り, 総体に, 編みだして, 編んで, 縦横に, 縫い赤地, 縫った羽織, 繍い出し, 織った薄紫, 織りだして, 織り出したテエブル掛, 織り出した事, 織り出した支那産, 織り出した派手, 織り出した草, 織り出しました, 織出したガウン, 置いた, 置いたもの, 置いた丈, 置いた壁掛け, 置いた紙, 置いた縁, 置いて, 置き上げ金, 置くの, 習得せしめよ, 考える, 考え合わせて, 考へては, 聞いては, 聞かせよと, 聞きたいと, 聞きたかった, 聞きたがるの, 聞きとって, 聞きながら, 聞き取った, 聞くこと, 聴取すべく, 背景に, 背負って, 胴に, 自分から, 舞はせ, 船頭連中に, 藍で, 表に, 製作する, 見かけますが, 見せたの, 見せながら, 見たの, 見つめて, 見てから, 見ては, 見とどけたかった, 見とどけて, 見ないと, 見ながら, 見まして, 見ようと, 見られよ, 見る, 見ること, 見るさえ, 見るに, 見るの, 見るよう, 見れば, 見ろ, 見届け置くべし, 見極めて, 見物し, 見知らない, 見詰めて, 規則正しく数十個, 訊いて, 訊かうとして, 訊きゃあ, 記した書物, 訪ね聞く気持ち, 話されるところ, 話した, 話したら大方, 話せと, 詳しく知る, 詳しく聞いた, 詳しく述べる, 詳しく陳述, 詳しく雁八, 誇張し, 語した, 語った, 語つた, 語らねば, 語りきかせ, 語る, 語るところ, 語ろうと, 説明した, 誰彼と, 調べたり, 調べる序, 調和分析に, 調査する, 談し, 論ずるの, 質すと, 述べましょう, 透して, 逐一よどみ, 逐一吟味, 逐一暗記, 通信し, 造って, 都合よく, 重要視する, 銀摺りした, 鏑木さんに, 開いたとき, 阿呆みたいに, 附けて, 隠密に, 雪子に, 飾った茶, 験すること, 高く浮き出させた, 高く盛り上げる, 高空から

▼ 模様~ (395, 11.5%)

21 ついて 11 ある 7 あって 6 変って 5 えを, なかった, 描かれて 4 あります 3 あるの, できる, ないので, 消えて, 目に, 違って

2 [27件] ありありと, ありません, ありませんでした, えが, えに, ない, はいって, ふっくらと, 一変し, 仄かに, 出て, 変わって, 天狗の, 委しく書い, 彫刻し, 悪くなっ, 手に, 描いて, 日本の, 気に, 私が, 細工し, 置かれて, 見えた, 見えて, 見られる機会, 違う

1 [259件] あかるい, あきらかに, あしらって, あったこと, あったそう, あったら念, あったり, あまり細か, あやしくなり, ありこれ, ありその, ありそれ, ありの, あり帯, あり油, あり紫, あり絵模様, あるから, あるだけ, あると, あるよう, あんまり唐突, いかにもでたらめ, いかに移り, いま三千夫の, いよいよ悪く, え, えは, おもしろい, かいて, かえって主役, かわって, きらめきます, こう流行る, ござりました, じぶん, すっかり判る, その極, その鉄格子, たくみに, ちらッ, ついたたけ, ついた浅, つくよう, つぶつぶで, できその, できるこれ, できる事, どこか, どんよりと, ないの, ないばかり, ないばかりか, ない意味, なくて, はっきりします, はっきり手, はっきり見えた, はつきりしない, ひときわ光っ, べったり附い, ほかのと, まだ十分, よくない, よくなり, よく説明, わからなかったが, わかりましたならば, ガラリと, チットモわからない, チラチラし, ドス黒い, ベタ一面に, ペルシャの, ランプの, 一つ一つコスモスの, 一つ一つ変っ, 一番よく, 一面に, 他の, 付きますから, 付されても, 以前と, 伝つてゐ, 似て, 何だか支那, 何である, 作の, 作られて, 僕の, 入口の, 全くわからなくなった, 写せないもの, 出来る, 出来上って, 分るだろうと, 分ろう筈, 切りぬかれ花, 切り込んで, 切嵌, 判然見えた, 前方に, 十本描かれ, 収まらなかつた, 古くから, 古びて, 和製の, 地図に, 変った, 変ったため, 変ったな, 変ったので, 変つた, 変です, 変りましたもの, 変わったため, 外に, 多いの, 大きいネエ, 大体見当が, 大変女の子らしい, 大波を, 好いよう, 好きだ, 如何なる条件, 如何にも変っ, 如何にも怪しい, 威嚇的である, 家並低く, 察しられる, 少しづつ, 岩倉と, 工藝にとって, 左の, 巧緻な, 巨大な, 幾らか変, 彫って, 彫りつけて, 忙しく流れだした, 急使を, 怪しかった, 悪いから, 悪いので, 悪くな, 想像された, 慣れたもの, 懐しい百人一首, 打ち出して, 拝めようか, 描きかけて, 揺れ漂い, 撥ねて, 散らばって, 施して, 明らかに, 映る, 映画などを通じて, 春めいて, 昨日の, 時には微笑, 時候と, 普通に, 暗中の, 更にない, 更に明, 書いて, 書かれる, 朦朧と, 染まります, 染めて, 染められて, 欠け崩れ, 次々に, 歩くの, 歪形に, 残つてゐる, 毒々しくこの, 気に入った, 派手だ, 派手であれ, 浮きだし裾, 浮き出して, 消えかかって, 消え失せて, 涙の, 潮の, 灯に, 無ので, 熔岩流によって, 熨斗目の, 現われて, 現われる, 現われると, 現われる事, 画かれしばしば, 白く絞り出され, 目も, 相撲に, 眠っても, 眼の, 眼も, 知りたかった, 知れた, 知れる, 窺はれない, 窺われます, 簡素である, 紅葉を, 結晶し, 絡んで, 続きますと, 緑色で, 縫いとりされ, 縫ひかけ, 縫取で出来, 繍いとりされ, 織られその, 置いて, 置けるよう, 美しく見えた, 聞いて, 能く, 舞台一ぱいに, 舞妓の, 良き筆者, 菊と, 菱形を, 薄く泛びでてゐて, 薄墨色で, 蝶々の, 衣服に, 表わして, 要求される, 見えないで, 見えないのに, 見えます, 見えません, 見える, 見えるの, 見えるばかりか, 見えるよう, 見える手, 見たいもの, 見透かされた, 詳しく訊ねられ, 誂向きと, 象眼の, 近頃流行んだ, 述べて, 透いて, 透し彫り, 違うので, 違ふかも, 金と, 青紫色の, 面白いの, 面白くない, 黒

▼ 模様~ (197, 5.7%)

5 ありません 3 ない, 見えませんでした 2 がらりと, なかった, 前の, 新聞にも, 無いの

1 [176件] あたかも私自身, あの北方磁州系統, あまり管, あるいは竹, あるいは草, ある人々, ある木, いかがで, いかがであった, いかがに, いかに客種, いくらか変っ, いずれも, いったいなん, いつか拝見させ, いつもより, おなじころ, おなじ頃, おろか建物の, か弱いセンティメンタリズム, こうして極, このかきつけ, この木版画, ございません, さしてその, すこぶる優美, すでに変わっ, その貧しい, それに, ちょっと分らなかった, ともかくとして, どうか, どうかと, どうしても知る, どうだい, どうなりました, どこにも, ないという, ないといふ, なくて, なく一種, なく洗い浚い店, なんの, はっきりとは, ぶちであった, ます, まず以上, また雪, まだよく分らない, もしや, もとよりその, やがて一同, よき調子, よくは, よく調べ, わかって, わかる金屏, わたくしも, コッテリし, ヒメの, 一層美しい, 一種の, 一輪の, 上掲の, 二日も, 五の, 人々の, 似合うな, 何うだ, 何だろう, 何と, 依然として変らぬ, 個人的作における, 僕が, 先年横浜に, 其当時と, 凡て絣で, 分りようが, 別な, 前に, 前便の, 古くから, 古代に, 唐人船では, 唐草で, 変えること, 変った, 外国の, 大きかった, 大きな花, 大概次の, 大略次の, 大胆に, 好くない, 好んで, 如何で, 妙に, 妻の, 嫌いだ, 宝づくしで, 実に派手, 実際と, 容易に, 察しられます, 左の, 常に単純, 常に均等, 常に接し, 平凡だ, 廓大した, 強く全体, 当時の, 後便で, 従来見なれた, 得体の, 必ずしもなく, 思い出せない, 急変しました, 我々のとは, 手に, 描くと, 新神, 新聞で, 早くも, 暗黒い井桁模様, 暫く緞帳, 更になく, 更に分らなかった, 更に見えません, 有職風の, 朝から, 松竹梅だ, 染違, 桜の, 梟の, 極めて綿密, 波や, 消えて, 潜望テレビジョンで, 火の, 用を, 甲を, 異っ, 白である, 皆もとの, 知ること, 確と, 竹であった, 繭の, 羽根に, 自然そのまま, 自然の, 自然美の, 色々あっ, 花で, 蒼白い光, 蔦の, 蔭で, 蕗の, 薄き黄, 蜂の, 蝦夷人の, 見えないが, 見えないの, 見えないますます, 見えなかった, 見えなかったかって, 見えませぬ, 見えません, 見るべき待人, 言う迄も, 農夫の, 錦襴から, 鎮まった, 霞むかと, 麻の葉だ

▼ 模様~ (168, 4.9%)

16 なって 2 さまざまの, そっくりである, 中, 加つて来た, 実物剥製の, 拝され, 染め上げた絞縮緬, 眼を, 身を

1 [134件] ありそう, あんな小さな舟, いたっては, いよいよ面, いろどられた深海魚, かけちゃ, きまって, こなされて, したこの, したやう, した風変り, して, しても, しろ色, じっと瞳, すぎない下絵, ところどころ赤い, とれるが, ない雪, なった, なったその, なっただけ, なったな, なったり, なった様子, なった海, なった潮鳴り, なった織り方, なった胸, なつた, なりかかったところ, なり不機嫌, なる, なると, なるという, なるよう, ひきかえて, やや心, よっちゃあ, よると, よるとの, わずかな, 一八郎は, 仔細らしく, 似たしなやか, 何だか見, 依っては, 八葉の, 凍てつき鉄物, 出した着物, 出任せに, 刹那の, 刺繍され, 加って, 参右衛門夫婦の, 取囲まれて, 同の, 名残を, 因りましては, 塗られた木, 塗りかえさ, 変って, 変りは, 変りました, 変るか, 宝石を, 就ては, 崩した五六輪, 崩した草花, 広がること, 当つて, 当ても, 応用せられたる, 成って, 成り切って, 拙い才, 拝された, 描き直された, 提琴横笛竪琴喇叭六弦琴その, 散りかかる花, 敷かれて, 斉しき快感を, 曇つた空へ, 朝顔が, 染た, 染めたらば, 染め分けて, 業を, 気を, 注意した, 注意を, 活きて, 流れて, 流れ周, 申し分が, 異状を, 白エプロンの, 真赤な, 眺め入ったなり, 眺め入る, 瞠目しつ, 石が, 禿げわ, 移り饗宴, 竹の, 紛れて, 紛れるよう, 編んだ栞, 縁取られた, 置いた手提, 翻れ梅, 自然の, 至っては, 至ては, 船は, 落ちて, 見えた, 見えましょう, 見とれたり, 見受けられます, 見立てたき心, 触れるとき, 貼って, 輝いて, 進ませたり, 重なり合って, 金の, 金襴の, 錦葉を, 附けた陶器, 限りない, 随分と, 隠れながら, 雪も

▼ 模様~ (133, 3.9%)

5 なかった 4 ない 3 何も 2 ありません, ないの, なくむしろ, 原料に, 昆虫である, 見えなかった, 見えません, 見えませんでした, 雨の

1 [103件] あった, いっしょに, いつか消え, いつと, ことごとく分明, この通り春, これが, さだかならぬ, したがって単純, しっとりと, すでに半ば, その下, その筆致, だいぶ知れた, どうあろう, ないと, ないので, ないのに, ない事, ない刑事, ない真白, ない石持, なかりけり, なく, なくいわば, なくただ, なくただ力, なくどこ, なく入口, なく台所, なく屋敷, なく時々, なく毎日毎日大学, なく立会, なく背中, なく道, なし米友, なるたけ千世子, なんとなくへん, はっきりしません, ひと渡り見, へちまも, また多種, もうすっかり様子, よくない, よく見えた, わかって, 一つの, 一つ一つ織り目が, 下絵なし, 世さまざま人さまざま種々, 何か, 何んにも, 何日か, 余りなく, 全くちがった, 全く同様, 分らなくなった風呂敷, 分らぬ着物, 千鳥に, 即刻に, 四位のとは, 変って, 大和風を, 大年増, 宝づくしで御座います, 対とは, 形も, 彼らの, 彼等の, 怪奇性を, 想像出来る, 描かれて, 文字も, 明るい色の, 本箱の, 極めて纔, 極めて自由, 活, 無かつ, 目には, 真四角で, 知れたから, 聞きたうご, 聞きとうご, 聞こうし, 自由に, 色も, 色合も, 薄くなりました, 見えないこと, 見えないの, 見えます, 見えませぬが, 覗いて, 許されない, 語らなかった, 谷へ, 醜悪に, 銀座節も, 錯雑さを, 靄, 飾り棚の

▼ 模様~ (94, 2.7%)

8 あつた 3 ござります, 見ると 2 いたくこの, ござりました, まるで吾

1 [74件] ありん, おかしな話, かばい立て, きまって, ここの, それに, それも, それ以上どこまで, だれも, つくられて, ふちどられた鏡, まあ分る, また伺, みると, もって, 一つの, 井上安五郎や, 今思い出し, 今日は, 今日大学病院に, 何度か, 先方の, 入り中, 出血として, 厶ります, 唐草風を, 囲まれて, 埋まって, 埋り余地, 大阪の, 夫の, 察する, 小花の, 形は, 彼の, 我国の, 所狭き, 推察されます, 揃えて, 描いて, 春が, 時々暴雨, 時々気まぐれ, 時には立花, 松原へ, 染って, 概略の, 模様ならざる, 毎日グラグラ, 法則に, 焼も, 現にかなりあと, 現わし, 白雲が, 縁取っ, 自ら会見室迄, 自分を, 船の, 色々の, 蒸暑かった, 蔽いかくして, 薔薇の, 装飾する, 金五郎と, 降りだしたが, 風は, 風雨が, 食傷し, 飾られた, 飾られた表紙, 飾られて, 飾りながら, 飾り出した, 黒い雨雲

▼ 模様~ (52, 1.5%)

2 その模様, なった, なって, なる, 同じよう

1 [42件] いいそれ, この女, したり, すこしも変っ, その同じ場所, その山川, それからその, それが, なったの, なったので, なつた, なり, なりましたので, なり白霧数里, なるうち, なる場面, 一緒に, 云うの, 云った方, 似通って, 同じであり, 同一の, 大議一決, 家紋を, 小袖の, 性慾の, 新夫婦, 暮しの, 来て, 松の, 気の, 称される華美, 色とに, 色の, 色合とは, 色調とが, 色調との, 見えたもの, 赤い文字, 赤色で, 長い袖口, 鳥の

▼ 模様~ (44, 1.3%)

2 何でも, 庭の, 靴の

1 [38件] こまかい更紗, さかい今日明日, それから, ボカシ入れや, マホガニー材の, 一度も, 丸卓子の, 傅彩は, 匹田鹿の子の, 場取りを, 壊れた石垣, 奇怪な, 女の, 字様の, 少し立ち入っ, 心棒, 暗かった, 欄間の, 王の, 真夏の, 種々な, 絵詞見立ての, 緒, 線を, 縞の, 縞や, 縞模様である, 色が, 色は, 色を, 色彩で, 色彩によって, 色調は, 華美な, 道子と, 隣りに, 鬱金色の, 黄ろい

▼ 模様~ (35, 1.0%)

3 が, な 2

1 [27件] かある, からこの, からちょっと, からってこれ, かわからない, か文字, か鬼, があの, がそれら, が京ぼん, が国民, が時日, が最後, が軍方面, けれど私, し南蛮勢, ぞ, という, というでしょう, とかまた, とねちぢみ, とのこと, と御, と思われる, なと例, わ, ん

▼ 模様から~ (32, 0.9%)

2 して, 察する, 考えると, 見て, 鏤めて

1 [22件] かんがえると, きっとあなた, さっすると, そういう断定, カーテンの, 何から, 判断し, 察して, 彼は, 思いついた, 推すだけ, 推すと, 推量する, 植物の, 説明する, 起ったと, 途中の, 通夜の, 配石の, 離れた法水, 髑髏の, 鼻息の

▼ 模様では~ (25, 0.7%)

2 なかった, 京の, 古美術, 明日の

1 [17件] ありませんか, いい子, ここの, すべてが, とても五時, どのよう, ほとんど織田勢, 一ぱしの, 万事円満に, 今回の, 今日は, 大変いい, 明日は, 晩秋の, 浅い, 病院らしく, 銅山の

▼ 模様ある~ (24, 0.7%)

4

1 [20件] あっさりと, オールクローズ, メリンス布が, 友禅モスリン地, 友禅モスリン地と, 友禅モスリン地より, 友禅モスリン地片側は, 式服を, 打掛, 故そこい, 毛の, 毛織の, 紫縮緬の, 綿入に, 置物台, 衣を, 襖, 襖は, 軍人の, 革製の

▼ 模様でも~ (15, 0.4%)

1 [15件] あったの, ある公爵, さっぱりと, よくわかる, ジジムサイのだ, 変るよう, 急に, 悪いの, 書いたよう, 月の, 滝の, 知って, 窺はれた, 見たん, 見るよう

▼ 模様など~ (15, 0.4%)

1 [15件] いずれとも, いろいろと, すこしもねえ, 一つも, 一切自分には, 凡て眼新らしい, 名目は, 大変大変ゆたかな, 熱心に, 考えて, 聞いたばかりで, 見るとも, 訊こうと, 話しつづけた, 話は

▼ 模様などを~ (15, 0.4%)

1 [15件] あしらった型染, きいた町人風, ここで, それ相当の, 一応取り調べ, 仔細らしく調べ, 図解入りで, 描写する, 総合し, 聞きながら, 見かけます, 訊ねました, 話しました, 詳しく訊いた, 詳しく語った

▼ 模様~ (14, 0.4%)

2 のである, んでしょう, んです 1 のです, ので冬, ので見合せる, わけでしょう, んざたまらねえ, んだ, んだらう, セセッション全盛の

▼ 模様~ (13, 0.4%)

2 の美しい

1 [11件] なる人物, なる布置構図, なる美術, な様式化, にし, に描いた, に書いた, に結んだ, に飾ります, の美術, の背景

▼ 模様である~ (12, 0.3%)

1 [12件] から賊, があの, がしかし, がその, が本社, が気の毒, ことも, という, といふ以外, と思った, もう土用, 我儘な

▼ 模様まで~ (12, 0.3%)

1 [12件] あれは, いろいろある, つくづくと, つけて, 一巻数十尺の, 固定し, 恐ろしく念入り, 手に, 昭然, 細かく話し, 詳しく記し, 身に

▼ 模様~ (12, 0.3%)

1 [12件] されたもの, された世界, された蝙蝠, された裏面, されて, したよう, したる処古雅, した強いて, した素晴, して, せられ理想化, を助ける

▼ 模様によって~ (11, 0.3%)

1 [11件] もう一度判断, もし御, やめようと, 判定した, 呼込んで, 変化の, 庄兵衛は, 所を, 第二, 美しい効果, 被害者を

▼ 模様には~ (10, 0.3%)

1 やや手頃, ライラックの, 一目では, 一茎の, 少し掛念, 菱形と, 見受けませんでした, 長さ, 雑である, 頓着なく

▼ 模様入り~ (10, 0.3%)

1 でしかも, にし, のへり, のガラス扉, の人造革, の曇り, の白麻, の考古学的, の長靴下, の靴下

▼ 模様~ (10, 0.3%)

2 が染め付け, は自分 1 が自然, になる, に見立て, のある, みたよう, をほり付け

▼ 模様であった~ (9, 0.3%)

1 が, がくわしい, がしかし, が日, しかし社中, のを, 天候は, 空が, 空は

▼ 模様なら~ (9, 0.3%)

1 まだしも多く, もう少し不平, 今にきっと晴れる, 今は, 今日一日位は, 何でも元禄, 少々延ばそう, 往来にて, 東京から

▼ 模様~ (8, 0.2%)

3 何かの 1 これは, なにかの, 何かに, 何かを, 御存じありますまい

▼ 模様だった~ (8, 0.2%)

2 がやがて 1 か, が, がある, ところから, と図, ので一層

▼ 模様です~ (8, 0.2%)

21 から私, がそれ, が役所, が玉音, ぐらいは聞い, ね

▼ 模様変え~ (7, 0.2%)

2 になっ 1 なんかありません, になった, もあそばされず, をした, をしたい

▼ 模様じゃ~ (6, 0.2%)

1 あぶないな, ありませんぜ, ござんせんか, ばらの, ひと通りの, 泥合戦は

▼ 模様なども~ (6, 0.2%)

1 なく見た, 同一時刻, 巧なり, 成るべく上品, 昔は, 目に

▼ 模様によっては~ (6, 0.2%)

1 こっちから, 十倍増しでも, 慌てない方, 更に加勢, 直義も, 肉から

▼ 模様次第~ (6, 0.2%)

2 だから 1 では行ける, で張り込ん, で普通, として其日

▼ 模様という~ (5, 0.1%)

1 ものは, 一つの, 云いかた, 工合に, 暗号で

▼ 模様として~ (5, 0.1%)

1 きめられて, 彼の, 応用得べき, 既に古典的, 綴られて

▼ 模様などは~ (5, 0.1%)

1 何が, 別に拠り所, 実に立派, 皆妾の, 見えませんでした

▼ 模様について~ (5, 0.1%)

1 あまりにも, 考えるべき点, 訊問を, 話し出した, 述べた

▼ 模様もの~ (5, 0.1%)

1 の下絵, の和服, を着, 上々品ばかり, 着た夫人

▼ 模様をも~ (5, 0.1%)

1 十分に, 増すこと, 棄てて, 語った, 調べました

▼ 模様~ (5, 0.1%)

1 が好き, の, のカシミヤ, の半切, の茶

▼ 模様~ (5, 0.1%)

1 えし, えだ, えなどを, えに, と相成

▼ 模様~ (5, 0.1%)

2 や友禅 1 で推察, もかなり, を左右

▼ 模様だの~ (4, 0.1%)

1 それだけ, 唐桑らしく, 社会的出来事だ, 頭の

▼ 模様なり~ (4, 0.1%)

1 しなり佐太郎, しに, しにぞ, 考うる

▼ 模様において~ (4, 0.1%)

1 これを, 皆沖縄の, 自然の, 色合いにおいて

▼ 模様にも~ (4, 0.1%)

1 影響した, 等しい定まった, 陽が, 頗る目新しい

▼ 模様みたい~ (4, 0.1%)

1 であつ, なもの, に木, に頭尾相

▼ 模様やら~ (4, 0.1%)

1 いろいろの, それに, 夫だけに, 色やら

▼ 模様レース~ (4, 0.1%)

1 が流れはじめる, が流れ出し, を心, を思い出した

▼ 模様換え~ (4, 0.1%)

1 という, になっ, になった, をした

▼ 模様それ~ (3, 0.1%)

2 も素朴 1 に音楽

▼ 模様とかが~ (3, 0.1%)

1 以前に, 民藝に, 用の

▼ 模様とは~ (3, 0.1%)

1 云うも, 実に立派, 時勢の

▼ 模様などに~ (3, 0.1%)

1 その色, 至りては, 鎌の

▼ 模様なる~ (3, 0.1%)

1 が右取調続行, も狭山課長, 空の

▼ 模様については~ (3, 0.1%)

1 その都度井汲君, 噂が, 知る人

▼ 模様にな~ (3, 0.1%)

2 つてゐた 1 つて記憶の

▼ 模様に従って~ (3, 0.1%)

1 歩き廻り, 縁を, 適当に

▼ 模様~ (3, 0.1%)

1 な取り扱い方, に平, に美しく

▼ 模様~ (3, 0.1%)

1 が書かれ, である, よりし

▼ 模様かと~ (2, 0.1%)

1 思われるほど, 見た

▼ 模様がへ~ (2, 0.1%)

1 した, 北村の

▼ 模様がへを~ (2, 0.1%)

1 した, して

▼ 模様さえ~ (2, 0.1%)

1 まだわかっ, よければ

▼ 模様それら~ (2, 0.1%)

2 が全く

▼ 模様だけが~ (2, 0.1%)

1 単独に, 薄く見える

▼ 模様だけを~ (2, 0.1%)

1 不透明に, 白ぬきに

▼ 模様だつた~ (2, 0.1%)

1 が守吉, ので私

▼ 模様であり~ (2, 0.1%)

1 両者を, 魅力ある

▼ 模様でございまし~ (2, 0.1%)

1 て, て草双紙

▼ 模様でございました~ (2, 0.1%)

2 のでその

▼ 模様でした~ (2, 0.1%)

1 から薬, が水車

▼ 模様としての~ (2, 0.1%)

1 美しい鷹, 鷹は

▼ 模様としては~ (2, 0.1%)

1 デザインが, 元禄ぶりの

▼ 模様との~ (2, 0.1%)

1 裂き得ぬ結縁, 間には

▼ 模様とも~ (2, 0.1%)

1 いふべき印象的, 判らない

▼ 模様とを~ (2, 0.1%)

1 君は, 等分に

▼ 模様なぞ~ (2, 0.1%)

1 つけた女, 見て

▼ 模様などから~ (2, 0.1%)

1 して, 暗示を

▼ 模様なれ~ (2, 0.1%)

1 ばわれ, ば枯

▼ 模様なんか~ (2, 0.1%)

1 どうだって, 売り出させてさ

▼ 模様にて~ (2, 0.1%)

1 ぽんと, 空晴れず

▼ 模様によ~ (2, 0.1%)

1 つてすぐ, つては

▼ 模様による~ (2, 0.1%)

1 犯人鑑別が, 鑑定である

▼ 模様~ (2, 0.1%)

1 あれお父様, 梅の

▼ 模様はと~ (2, 0.1%)

1 お仰せ, 問いただせば

▼ 模様への~ (2, 0.1%)

1 添足に, 驚きは

▼ 模様めいた~ (2, 0.1%)

1 ものを, 奇妙な

▼ 模様よき~ (2, 0.1%)

2 色彩を

▼ 模様よく~ (2, 0.1%)

1 存じて, 最早気

▼ 模様よろしく~ (2, 0.1%)

1 あったの, あって

▼ 模様一つ~ (2, 0.1%)

1 にでも新しい, にまで江戸人

▼ 模様器具~ (2, 0.1%)

2 の意匠

▼ 模様~ (2, 0.1%)

1 へし, れるは

▼ 模様~ (2, 0.1%)

1 をつける, をどっさり

▼ 模様彫刻~ (2, 0.1%)

1 のある, の刀法

▼ 模様果し~ (2, 0.1%)

2 もない

▼ 模様~ (2, 0.1%)

1 が一等船室, の褪めた

▼ 模様絨氈~ (2, 0.1%)

1 が敷き詰められ, の床上

▼ 模様~ (2, 0.1%)

1 の天蓋, を買っ

▼ 模様自己将来~ (2, 0.1%)

2 の希望

▼1* [188件]

模様あしらわれた二つの, 模様あらねば老婢, 模様ありて合掌, 模様あるいは縞模様物も, 模様いっぱいになった, 模様おなじ色あい同じ, 模様かてて加え, 模様かで充し, 模様かなんかで十字, 模様からが教育の, 模様からは何ものも, 模様がちがつて, 模様がへの処あり, 模様このごろの天候, 模様さながら古土佐, 模様さらに引き札, 模様さらぬだに口性ない, 模様しか見えなかったの, 模様したる鉢に, 模様そういったものの, 模様その後の人々, 模様そろいの小袖, 模様たしかに見覚, 模様ただならず, 模様だいすきだったわ, 模様だけお物語りしましょう, 模様だけでも部屋の, 模様だったり模様, 模様づけている, 模様づけられたのも, 模様でありますから手前ら, 模様でございますが手前共, 模様でござるわや, 模様でないことを, 模様でなく線模様を, 模様でなければ解らない, 模様といふものを, 模様とかその弟, 模様とかにその地方色, 模様ときたらよくもあれ, 模様とさえよかったら, 模様とても知らぬ唐松, 模様とに視線を, 模様とには離れ得ない結縁, 模様なき時は, 模様なくとも鋳造, 模様なぞの情の, 模様なぞはミジンも, 模様などからも証明せられる, 模様などが同様に, 模様などでけんらんと, 模様などにも苦心し, 模様などによる賢しい働き, 模様などの中に, 模様ならざる模様な, 模様なりが単純で, 模様なんかじゃありませんわ, 模様なんてどこにも, 模様にさえ嘗て安, 模様にだけ目を, 模様についても一つ一つ紹介するであろう, 模様にては軽典, 模様にでも染まった, 模様のみ際立ちて, 模様のよそれ, 模様ひとつは更紗, 模様視線を, 模様へんてこな総, 模様または朝顔類似の, 模様までを眼で, 模様みたような, 模様めがけて撃て, 模様らしいどうした, 模様らしきものや, 模様らしく一団の, 模様をはづして当局ま, 模様アラベスクの鎖, 模様ガラス扉をもっ, 模様トナシ或ハ陶器, 模様附イタポロシャツヲ着テ膝ノトコロマデノトレアドルパンツヲ穿イテイルノガ素晴ラシクスッキリト意気ニ見, 模様ノアルスリッパヲ穿イテイルガ佐々木ノ寝, 模様一つ位ひでは律しられぬ, 模様一式で飾った, 模様は割合, 模様折の, 模様には明, 模様丸紋手の単物, 模様二百十日前後らしい天候, 模様人体の黥, 模様今日の調べ, 模様へで待ち, 模様以上に自然, 模様だと, 模様健実な確か, 模様元禄袖などと一緒, 模様入り角板となる, 模様動物の心臓, 模様北山は雲, 模様午後になる, 模様印刷を眺め, 模様及び題字朱印検印ともに, 模様及金箔の装飾, 模様古代より伝わっ, 模様古代絹のみごと, 模様同じ色への, 模様名古屋音頭で市村宗助, 模様などで紐, 模様に相, 模様唐草によって包まれ, 模様の, 模様国男の自筆, 模様土用としては変, 模様についてる, 模様変えしてからの客種, 模様変えだよその, 模様変えでな, 模様変りとすれ, 模様大抵同じき, 模様大概記して, 模様大釜を据えるべき, 模様夫妻の間, 模様な形, 模様実に明かに, 模様寂しいことでございましょう, 模様対手方と挨拶, 模様小雨の色, 模様山民の生活, 模様広く全体, 模様平易なる形, 模様幸い横手は, 模様の言葉, 模様をした, 模様御存じであろう, 模様を貶す, 模様憂鬱なり, 模様承知仕候処, 模様も目, 模様描きの職人, 模様描くものは, 模様新版書冊之出来, 模様生徒の, 模様明日とのばし, 模様晒布で張り付け, 模様との意, 模様桜桃の光沢, 模様梅丸の梅模様, 模様殊に現在に, 模様の垂, 模様漢字等も見られる, 模様物珍らしきま, 模様特産の鳴海綾, 模様犯人の侵入不可能, 模様画それに綴り, 模様百合の花, 模様て引き立った, 模様空色縮緬の長襦袢, 模様に遅滞, 模様絹の, 模様のむすび, 模様絨毯がしかれ, 模様絹ゼノアやアランソン製, 模様絹友禅絹トゥール製の炎模様, 模様美しいお座布団, 模様耕地の分布, 模様職人なもの, 模様の並べ, 模様腰模様裾模様それに紋付, 模様褪めて, 模様色合誤りがあら, 模様色彩などがなんとなく, 模様色摺となし, 模様花壇がつくられ, 模様花毛氈を敷いた, 模様菖蒲紋そんな型おき, 模様落第の分, 模様血染御書, 模様裾模様それに紋付, 模様て御覧, 模様親たちの顔, 模様言葉の切れ目, 模様謎染の新形浴衣, 模様に引き締め, 模様逐一聞きたるのみにて, 模様違いの怪談話, 模様違い棚の真中, 模様で透, 模様陶板を張った, 模様や雪