青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「日曜日~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

既に~ ~日 日~ ~日々 日々~ ~日光 日光~ 日向~ 日常~ 日曜~
日曜日~
~日本 日本~ ~日本人 日本人~ 日本橋~ ~日本語 日本語~ ~日記 日記~ 日間~

「日曜日~」 1021, 10ppm, 10569位

▼ 日曜日~ (311, 30.5%)

13 朝の 7 午後の, 朝は 4 ことだった, 午後に, 夜に 3 ことであった, ことでした, 午前に, 午前の, 午前は, 夕方に, 夜の, 晩に, 朝から

2 [19件] こととて, ほかに, ほかは, ビイナスよ, 九時以後に, 事不, 午前で, 午後である, 午後でも, 午後には, 午後を, 午後四時に, 大失策, 寂しさ, 新聞を, 晩には, 晴れ着を, 朝であった, 次の

1 [207件] あさ目, あどけなさ, いそいそと, うちでは, おいしいごちそう, お天気, お説教, きょうだった, けさは, ことで, ことな, ことまた, ことゆえ朝食も, ことを, こと時男さんが, こと自転車の, ために, ひる近く, ような, アリバイについての, テーマは, 一日を, 丁度ひる, 不利, 世界とは, 並木道は, 丸善, 九時には, 事で, 事とて, 事件では, 休息を, 休業を, 会にも, 公園の, 冷い, 割合閑散な, 労作を, 十五分間のね, 午前か, 午前中から, 午前中は, 午前九時に, 午前十時から, 午後その, 午後だ, 午後で, 午後などには, 午後なま, 午後は, 午後も, 午後わたしは, 午後ジャーヴィス・ロリー氏は, 午後ハイド・パアクは, 午後一時小林少年は, 午後一時頃だった, 午後三人は, 午後三時から, 午後三時ごろ一人の, 午後二時ごろ武は, 午後人の, 午後八時, 午後山下町の, 午後彼は, 午後晩く, 午後東の, 午後民科総会に, 午後私は, 午後紐育中央公園の, 午後遅く, 午過ぎまで, 半日を, 告解などに, 夕ぐれ矢代は, 夕刊と, 夕方かの, 夕方の, 夕方わたしたち残らず, 夕方パンポルで, 夕方近くに, 夕方食後月の, 夕暮れ詩人外より, 夜々赤い, 夜は, 夜まで, 夜私は, 夜開けられる, 夜陛下の, 大使館は, 大変事, 大散歩, 大闘牛, 子供会で, 宵, 寝だめ, 小遣を, 度毎に, 弥撒に, 弥撒の, 弥撒ティ・ダンスサパァ・ダンス運動競技福引と, 後ペテロパヴロフスクの, 御ミサ, 教会の, 教会ゆきに, 教室, 散歩を, 日に, 日の, 日向で, 日暮れである, 早朝です, 昼あるいは, 昼下りという, 昼興行に, 昼飯は, 晝, 晩が, 晩だけは, 晩ブライドは, 晩メグは, 晩夜店の, 晩市郎は, 晩食に, 晴れた朝, 晴着と, 晴着を, 月謝の, 朝お稽古に, 朝かれ, 朝が, 朝で, 朝でした, 朝な, 朝などに, 朝などは, 朝に, 朝にぎやかな, 朝にでも, 朝には, 朝ひょっくり, 朝ぼくの, 朝みんなそろっ, 朝わたしが, 朝わたしは, 朝タイタニック号の, 朝マリーが, 朝九時, 朝九時ごろに, 朝十時頃に, 朝南条己未, 朝向島へ, 朝夫人は, 朝彼女と, 朝散歩し, 朝日に, 朝早く, 朝早くから, 朝毎に, 朝渋谷の, 朝病人の, 朝白宮殿の, 朝皆が, 朝礼を, 朝素子が, 朝船が, 朝行つて見る, 朝表向きは, 朝詩人は, 朝顕著な, 朝高鳥真作は, 本町の, 来るの, 森に, 正午過ぎ, 此の, 歯痛で, 毎週朝九時からは, 水っぽいチョコレート, 渡り廊下, 準備であったらしく思われる, 準備の, 演壇に, 生活は, 真夜中に, 稽古や, 空は, 約束し, 聖書講義に, 自分は, 自由を, 行われた一九〇五年, 裁判の, 詩, 講演会を, 讃美歌も, 速力で, 遊び場の, 都合は, 開演時刻に, 防空演習に, 集会の, 雑沓を, 雨裏の, 音楽会が, 音楽会は, 風景の, 食事は

▼ 日曜日~ (200, 19.6%)

5 なると 4 彼は 3 当って

2 [13件] それを, なりまして, 一緒に, 僕は, 妻と, 彼の, 思い切って, 教会へ, 東京の, 湯河原へ, 私は, 開きたる憲政, 限って

1 [162件] あそびに, あの洋琴, あるならん, いよいよ食道楽会, いろいろな, おろしたて, お姉さん, お客が, お寺へ, お葉, かさねて三浦老人, きめたの, きめられた, ここへ, このごろ知りあいに, この鳥, して, その傷口, その結末, その色, たのめるよう, だれかの, ちょうど休暇, ときどき見舞い, なったとき, なって, ならば, なりました, なりますとね, はね世田ヶ谷, ひとつの, ふさわしい好, また出かけ, また碧梧桐, やつた, ゆけるでしょうとの, よくうけつけた, わざわざ片づけなけりゃあいけない, わざわざ田舎, わたしは, オトし, クリストフは, スチルリング氏の, セーヌ河の, テレツファロス教会で, ハドソン河畔を, バーグレーヴ夫人は, ファラデーが, フリードリヒは, ホテルへ, ホボーケンで, ホボーケンの, ロベエル君昼飯を, ロリー氏は, 一度だ, 一郎君に, 上総の, 上野へ, 二人が, 二度つ, 二度も, 人びとは, 休まずに, 休むとか, 休むの, 休刊し, 会って, 伸子は, 佐藤さんが, 何を, 來る, 働かなければ, 僕達を, 先生に, 六十九歳をもって, 内海達郎は, 再び騒ぎ, 冬宮の前で, 出かけること, 出かけると, 出来た者, 労働者の, 又行っ, 吉野川まで, 向嶋, 喜代子は, 四回つづき, 城南へ, 大勢が, 大喧嘩, 大学内の, 大工が, 天気であれ, 妻子を, 子供も, 子供を, 孫達に, 宮本に, 寿江子が, 巖本さんと, 川へ, 己達は, 市の, 帰ったらええ, 引きつづいて, 弟が, 弥撒か, 当たるの, 当つて夜学校, 彼等を, 徒歩競爭行はる, 必ず教会, 思いめぐらすと, 急に, 持つて, 教会に, 旧友の, 暇を, 書いた手紙, 最初の, 本牧の, 本郷から, 村に, 村の, 東京へ, 檜物町に, 母と, 江之島へ, 泣くと, 渡しますと, 牡蠣を, 物見遊山に, 生れたもの, 生れたる子, 生んだの, 画像を, 着る着物, 礼拝の, 素子が, 緩やかに, 肥後と, 蜂谷は, 行かれましたかしら, 行く, 行くところ, 行って, 行われたの, 行われ毎回四つ, 表に, 諸店, 車で, 返事を, 遊びに, 選りぬきの, 金使いも, 金澤から, 電車へ, 靜かな, 頂きました, 食事に, 駿介は, 高が

▼ 日曜日には~ (94, 9.2%)

3 彼は 2 彼女は

1 [89件] あそこへ, いつでも, いつもあそこ, いつもの, いつも同じ, うめられた, お互に, きまって, ごく遠い, すべてが, ときおりアントアネット, ときどき風, どこかへ, どんな突発事, ひるも, ひろく人民たち, ほとんどすべて, もうその, ゆかりある, よく私, わが家として, エリーザの, キツと, プロス嬢は, ミサの, ユニフォームを, 一切勝負遊びを, 一日じゅう部屋に, 上方風に, 二ひきの, 休みという, 六歳と, 写生図板を, 半数以上着物に, 可成り, 地下室で, 坂の, 大抵浅草公園, 天明の, 女優や, 子供が, 子供たちが, 客が, 家族と, 家族を, 寺院へ, 少し早い, 少年へ, 市から, 廣い, 彼が, 御機嫌伺いと, 必ず低唱弥撒, 必ず半日, 必ず草鞋, 忘れないやう, 教会にて, 教会の, 教会堂で, 教会堂へ, 教會から, 早朝の, 時々かうした, 朝早く, 朝早くから, 欠かさずミサ, 殆ど外出しない, 殊更に, 無い, 猫が, 病を, 立てなかったのよ, 縁側から, 聖書の, 聖書を, 職工も, 自殺を, 舟を, 花やかな, 荻生君が, 菩提樹の, 蠣殻町の, 裁判が, 貴族も, 遊びに, 開廷されません, 音楽会へ, 風も, 馬車に

▼ 日曜日~ (53, 5.2%)

6 あつた 2 晴れて

1 [45件] うちは, この天気, しまって, すらもパンポル, ちょうど仙台教会, でも, どうかと, まる一日, もしやと, ゆくこと, わたしが, わたしたちにも, わたしは, セレエヌは, 下宿料や, 久々に, 人々は, 人気ない広い, 会社が, 列車は, 又うち, 国男も, 客車の, 小山君も, 工合わるい, 役人も, 彼の, 恰度工場が, 数万の, 日蝕が, 春雄にも, 昼過ぎまで, 朝から, 来年の, 校長も, 洞穴に, 目黒の, 石田の, 社長も, 神聖な, 私たちとしては, 私は, 空っ風の, 自分の, 通い女中

▼ 日曜日~ (47, 4.6%)

1 [47件] かなりの, すなわち野呂, その空地, それでもどうしても, それ等の, たいてい私, たのしげ, たのしみです, ほかに, もうあした, わが, わるく過ごされた, われ等に, 一年に, 一般に, 七五三の, 休みたるため, 休みである, 休日であった, 余り早く, 作業の, 例日より, 保育園は, 俺の, 全くの, 全協, 十五セントで, 午前九時に, 受持医が, 四月始めの, 家に, 家の, 寿の, 心身の, 慘めな, 時間が, 朝から, 栄さん本間さんの, 殊に朝寝, 特別の, 珍しく在宅, 空青々, 花の, 近頃に, 陰って, 陰鬱な, 面白い日

▼ 日曜日~ (29, 2.8%)

2 一そう美しく

1 [27件] いかにし, うかがって, つ, のぞいては, むかえるという, よく遊び, 一日遊ん, 仕組んだポベドノスツェフ, 他の, 休みに, 僕なぞ, 兵隊は, 利用し, 守ること, 守る習慣, 小半日も, 彼は, 待ちかねて, 待ち佗びるように, 措いて, 日ざし, 楽しんで, 父親と, 祝福する, 羽生の, 過ごす, 面會日に

▼ 日曜日~ (20, 2.0%)

2 という

1 [18件] おまけに, からお母さん, からすぐ, から僕, から御子さん, が今夜, けれどもラジオ, けれど早く, し, し二日, し広島, し時間, ぜ, つたこの, つたと, つてうつかりした, つて滅多な, ということ

▼ 日曜日ごと~ (19, 1.9%)

2 にお前, に会おう, に自分

1 [13件] に, にお祈り, にゴルフ, に一, に古い, に天気, に昼食, に朝, に腕, に蜷川, に行く, に規則正しく, に麦酒亭

▼ 日曜日~ (18, 1.8%)

4 来た

1 [14件] ある十三日, お休み, まわって, 不適当, 入って, 台なし, 来ても, 来ると, 来るまでは, 来る度, 来る毎, 花の, 誠に待ち, 雨で

▼ 日曜日~ (14, 1.4%)

2 祭日に

1 [12件] いうと, いえば, いへば, おぼえて, なって, メー・デーとを, 云えば, 同じに, 月曜日とは, 祭日だけは, 祭日とが, 記憶し

▼ 日曜日~ (12, 1.2%)

1 [12件] のでぼくら, ので一夜, ので世田谷, ので僕, ので博士, ので寺, ので庭, のねえつい, のを, もんです, んだ, んで私

▼ 日曜日でも~ (10, 1.0%)

2 ないのに 1 お産だけは, ないので, もう深夜, 休まなかった, 少と, 書物を, 稽古三味線の, 雑沓し

▼ 日曜日である~ (7, 0.7%)

1 から仕事, から混雑, ため廊下には, というの, と思う, にもかかはらず, 事にも

▼ 日曜日~ (7, 0.7%)

1 あつた, きっと参ります, 作業が, 午後おそく, 同じこと, 平日の, 朝の

▼ 日曜日から~ (6, 0.6%)

2 次の 1 かきたいと, 六日のちの, 取りかかって, 子供たちが

▼ 日曜日だった~ (6, 0.6%)

1 からもう, この事件, と気がついた, のです, のでやめる, ので姉さん

▼ 日曜日であった~ (6, 0.6%)

1 からみな, から実に, がワリニャーニ, が起きる, にもかかわらず, ので小

▼ 日曜日など~ (5, 0.5%)

1 お重箱, 女の, 愉しさ, 朝寝坊したい, 藤吉の

▼ 日曜日です~ (4, 0.4%)

21 けどねえ, って

▼ 日曜日では~ (4, 0.4%)

1 あったが, ない, ないから, なかった

▼ 日曜日にも~ (4, 0.4%)

1 あらず大, たいてい宿直室, 用事が, 行き度

▼ 日曜日などには~ (3, 0.3%)

1 その弟, よく釣り, 花田を

▼ 日曜日にかけて~ (3, 0.3%)

1 どこか, 比叡山へ, 汽車で

▼ 日曜日にだけ~ (3, 0.3%)

1 お定, すること, 商売する

▼ 日曜日~ (3, 0.3%)

1 大きな祭日, 祭日に, 聖徒祭日には

▼ 日曜日一日~ (3, 0.3%)

2 を過す 1 を思ふ

▼ 日曜日~ (3, 0.3%)

1 が寄宿舍, が寄宿舎, には日曜

▼ 日曜日お前たち~ (2, 0.2%)

1 が讃美歌, が讚美歌

▼ 日曜日~ (2, 0.2%)

1 何かの, 月曜と

▼ 日曜日だけ~ (2, 0.2%)

1 その仕事, なので

▼ 日曜日だけは~ (2, 0.2%)

1 商売を, 夕方近くまで

▼ 日曜日だって~ (2, 0.2%)

1 大勢お客様が, 朝刊が

▼ 日曜日でした~ (2, 0.2%)

1 から誰, がその

▼ 日曜日でない~ (2, 0.2%)

1 せいか, 平日でも

▼ 日曜日との~ (2, 0.2%)

1 晩だけ, 鞭打の

▼ 日曜日などは~ (2, 0.2%)

2 殊に混雑

▼ 日曜日まで~ (2, 0.2%)

1 とうとうお, 辛抱した

▼ 日曜日までより~ (2, 0.2%)

2 長いあいだ

▼ 日曜日よりも~ (2, 0.2%)

1 いっそうけち, もっと何かしら

▼ 日曜日らしく~ (2, 0.2%)

1 お汁粉, 混雑し

▼ 日曜日休み~ (2, 0.2%)

2 ではない

▼ 日曜日~ (2, 0.2%)

2 の命令

▼ 日曜日教会~ (2, 0.2%)

1 でさまざま, のおかえり

▼ 日曜日風景~ (2, 0.2%)

2 である

▼1* [93件]

日曜日あたりを望ん, 日曜日あるいは日曜日の, 日曜日いや日曜以外の, 日曜日お母さん用事ができた, 日曜日からでも冬の, 日曜日きょうの午後, 日曜日くらいは妾と, 日曜日そして休みの, 日曜日その士盛装し, 日曜日だけしか遊べない, 日曜日だけに限って, 日曜日だつたのでそれ, 日曜日だの暑中休暇だ, 日曜日であり端午の, 日曜日でありしことよ, 日曜日でさえ相変らず, 日曜日ということに, 日曜日といふ其の前, 日曜日とにはきっとおいで, 日曜日どこかへ行きませう, 日曜日などにしても, 日曜日などの汽車の, 日曜日ならどこの, 日曜日なるを知る, 日曜日なんかには目白の, 日曜日なんかは植木屋みたいに, 日曜日におけるエセックスと, 日曜日にっていうやつさ, 日曜日にでも尋ねて, 日曜日ばかりはイエニーと, 日曜日ふたりは東京郊外, 日曜日またしても, 日曜日やなんか比較的朝, 日曜日らしさが, 日曜日らしい寛ろいだ, 日曜日わが来て, 日曜日アッタスン氏がエンフィールド氏, 日曜日オウオソ町の基督教会, 日曜日オリンピック村を見物, 日曜日パーティに来ません, 日曜日ペンネンネンネンネン・ネネムは三十人, 日曜日ミサ子は下宿, 日曜日三時半に四条河原町, 日曜日人々が会堂, 日曜日以外はいつも, 日曜日例えばメーデーの, 日曜日先生も御用, 日曜日八日は晴れ, 日曜日出帆入港にて休日フイ, 日曜日十月七日私はやむ, 日曜日午前九時から第, 日曜日午後帰って, 日曜日午後一時から第, 日曜日半日は宗教, 日曜日博物館により, 日曜日友田は約束, 日曜日墓地の内, 日曜日夏季大學, 日曜日夕方の五時, 日曜日大祭日なぞには朝, 日曜日大雨の中, 日曜日天野勇一君はお, 日曜日安子とお仙, 日曜日の弁当, 日曜日小学校六年の島田君, 日曜日幸いひまだった, 日曜日引越すと云っ, 日曜日彼らの主人達, 日曜日従って三月二十二日から, 日曜日明日早速, 日曜日日曜日に一度, 日曜日晴れた春の, 日曜日有楽街の人出, 日曜日から素子, 日曜日朝日に照らされる, 日曜日東京の各駅, 日曜日の月曜, 日曜日歴史の上, 日曜日のまわり, 日曜日生れてはじめ, 日曜日田舍の新聞, 日曜日田舎の新聞, 日曜日発行に間, 日曜日真鶴岬の突端, 日曜日祭日などは一時間, 日曜日よく晴れ, 日曜日突かけよろし, 日曜日線路にそう, 日曜日若い新聞記者が, 日曜日読了へた, 日曜日讀み了へ, 日曜日面会いたしました, 日曜日な編輯