青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「望~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

有力~ ~有名 有名~ ~有様 有様~ 有難い~ ~服 服~ ~服装 服装~
望~
~望み 望み~ ~望む 望む~ ~望ん 望ん~ ~朝 朝~ 朝倉~ 朝夕~

「望~」 1128, 12ppm, 9327位

▼ 望~ (238, 21.1%)

10 かけて 8 抱いて 4 もって, 利用し, 属して, 持って 3 嘱し, 失ひて, 繋いで

2 [17件] かなへ, なすべく左右, 嘱した, 屬し, 抱いたの, 抱て, 掛けて, 掛け互に, 有するのみ, 有せざれば, 朝廷に, 煽るため, 絶ちて, 絶つて, 繋ぐこと, 繋ぐに, 視れば

1 [161件] おこした, おこし愛を, お話し, かけたの, かけた水戸派, かけは, かけめぐる, かけようと, かけ天晴名誉, かなえて, かれに, さては, さへ, そそって, そねむ鼠輩, そのままに, つないで, つなぐ余地, とげたと, とげること, もたう, ゆすぶつて, われ故に, 一っ, 一身に, 之に, 交友より, 便りに, 保たせて, 傷ける, 充たす為, 写生しぬい, 加えて, 加えんと, 協え, 取復すほどの, 叶えて, 叶へて, 叶へる, 各自が, 君に, 告ぐる法音か, 嘱され, 嘱する, 嘱するといった, 器械の, 囑し得られたらう, 回復し, 固め得たの, 大事に, 失うもの, 失った色, 失って, 失つ, 失ない, 失はざるなりき, 失ひ永祿三年, 失へる, 失わず善, 好いといふ, 将来に, 属されて, 属すと, 属するなかれ, 属せられし所, 屬す, 引いて, 忘れなかった, 恋愛に, 感ぜしめることはず, 懐いて, 懐き積極的行動, 懸く, 抱いたこと, 抱いた津田, 抱かせた, 抱きつ, 抱きつつ, 抱き共に, 抱き通して, 持たれて, 持った数十人, 持つこと, 持つて, 持つもの, 持つやう, 捨てずご, 捨てた, 捨てて, 捨てない, 捨てよ, 捨てること, 捨て一切, 捨て既, 掛けそんな, 掛けただけ, 掛けては, 擁しその, 政界に, 断ち海, 有されたり, 有して, 未来に, 果し得なかつた腑甲斐, 満す, 現わし, 碎かれたもの, 神に, 第二紙, 納めんと, 絶えさせること, 絶たざらむ, 絶たず一五四五年五月, 絶たれて, 絶たれ將來, 絶ちその道, 絶ちたりと, 絶ち給う, 絶ったもの, 絶つに, 繋いだ, 繋いでは, 繋くる, 繋けたものであろう, 繋げる学者, 置き過ぎられては, 置くわが, 考定する, 自分の, 荷って, 裏切らず敵陣中, 言い表わして, 言えッ, 許さん, 負い他方, 貫かんこと, 貫徹させる, 起したの, 起すが, 起すこと, 起すには, 追ふ, 遂ぐるに, 遂ぐる事能は, 遂げ, 遂げさせましやう, 遂げたの, 遂げたり, 遂げぬ, 遂げましたかな, 遂げようと, 遂げること, 遂げるため, 遂させ, 過ごした月, 達したいこと, 達し得て, 達し面目, 達するの, 達せむ, 達せようと

▼ 望~ (111, 9.8%)

10 夜の 3 綱が 2 力に, 夜近い, 山奥にて, 山続きに

1 [90件] あした持ち, あるもの, ある事, ある動物, ある樣, ある清左衛門, ある自分, かかる所, ごとく美, だから耶蘇, ないもの, ない事, ない仰, ない男, ない雀, ほかに, ものを, 一人だった, 中に, 事に, 二度予め, 光り愛, 前の, 叶った嬉し, 叶ふべき, 叶わないと, 唄は, 坡を, 報告に, 墓の, 夜は, 夜戌の, 太甚しけれ, 失われたこと, 如し, 字が, 家の, 少い事, 山に, 幸に, 影を, 念に, 恩に, 感あり, 成就の, 才を, 日に, 旧例に, 星の, 書いたもの, 月東山の, 根拠でも, 潮の, 為に, 無い姿, 物を, 生ける泉, 百姓どもに, 盡きた, 破操, 確と, 空く寥々たる, 糸に, 糸は, 糸を, 絶えたる彼, 絶えたる者, 綱は, 繋る樣, 翌々日に, 者に, 色の, 苑光の, 草を, 蛸の, 見当が, 詩あり, 詩に, 谿間に, 足りないこと, 軍は, 通り立たせる, 通り船乗りに, 達し得られないこと, 達せらるる, 達せられぬ間, 酒を, 間に, 麓上閉伊郡の, 黒百合の

▼ 望~ (73, 6.5%)

3 ない 2 もう絶え果て, 尚ほ, 未だ甚だ言, 無いから, 終に消えず, 西に, 足りるの

1 [56件] あながち河, あります, ありますか, ありませう, ありません, ある, あるまいかね, これである, これを, しばらく駿州, そらだの, だん, どうあらう, どの範囲, ないのね, ない書, なく, ほとんど無謀, まずあるまい, まずない, まだ実現, 一の, 今では, 何も, 全然不可能, 到底みたされ, 単純なる, 向うが, 單純なる, 基督に, 少くも, 少なくなる, 幻影の, 持たねェ, 新しい家, 此に, 死, 死なり, 無いと, 無いの, 當然の, 眩を, 私が, 私の, 空しくなる, 絶えて, 繋けながらも, 自分は, 落ちて, 蓋し長子, 起さねえ, 遂げられなかった, 達せられずしては, 開展せられ, 高くせよ, 鮮かに

▼ 望~ (67, 5.9%)

4 あるの, ないと 3 ある 2 あったの

1 [54件] あった, あったって, あつた, ありましょうか, あるから, あるため, あると, あるよう, ある惜, おあり遊ばした, おりやるか, かないました, かなう日, この事, ございますが, しきりに起った, どうしてあろう, ない, ないでも, ない人々, ない様, なかつたら, なくなって, なくなつた, ほとんど達し得られる, 不圖胸, 僕の, 前の, 叶うその, 叶うて, 叶たんだ, 叶つた上は, 叶は, 叶ふ, 多少あつ, 大きすぎ, 妻の, 少ない, 強かった, 成就し, 漢文で, 無い, 無いの, 無かつ, 目で, 絶えて, 萌した, 起るから, 足らない種, 遂げなん, 達せられて, 附帯し, 隠然として, 頓に

▼ 望~ (50, 4.4%)

2 の東, を廻り, を迂回

1 [44件] がどこ, だと, である, で見た, とモオリシアス, なの, なり, にあらずし, に入った, に入港, に向う, に寄った, に直航, に達し, に達した, に達する, のあたり, のあちら, のテーブル山, の一角, の上, の停船, の兵, の岬, の廻航, の暮煙, の近く, の険濤, まで, まで八百十二マイル, よりここ, よりロンドン, より南米, を, をひとたび, を去り, を守っ, を廻っ, を経由, を解纜, を辞し, を迂, を通り, 迂囘

▼ 望~ (43, 3.8%)

4 任せて 3 茸を 2 して

1 [34件] あらざること, ただ一度出仕したい, ひかされて, 交れる如く, 任か, 候はんま, 充ちた声, 副つた, 反して, 因りて, 大きな誤差, 奨励され, 寄食しよう, 対うべ, 心を, 応じて, 応ずべしと, 応ずる事, 憂き身を, 掴まえられて, 春三郎は, 欲に, 添うほどの, 添ふこ, 照れるその, 燃えて, 現世の, 背き外, 負かざらん, 過ぎぬこと, 酬いんこと, 關心を, 離れし我心, 驅り立てられ

▼ 望~ (39, 3.5%)

2 まだまだ前途, 持って

1 [35件] あらず, ありません, ある願ひも, かなうし, たえたりと, ないが, ない幸い, ない私, なくなったという, なく心ならずも, なく進ん, よろこびも, わが欲, 今は, 出て, 叶う, 叶わねえ訳, 持たんの, 持つて, 有之, 比較には, 消えうせつ, 消えて, 無くなりました, 無くまして, 無く怖るる, 絶えたので, 絶えたも, 絶えた其方, 絶えた年頃, 絶えた私, 興味も, 落胆も, 身の, 近い望

▼ 望~ (20, 1.8%)

12 の術 3 の事 2 の法 1 の望, の祕, の道

▼ 望~ (19, 1.7%)

2 伎倆と, 長所とを

1 [15件] あらば, なす, なりぬ, 云うは, 云者あなたも, 同じく雄大, 恐となり, 愛, 愛と, 戰つた, 欲とに, 歓喜, 素地とを, 蒼白な, 遺産を

▼ 望~ (12, 1.1%)

21 が古京遺文, の住んだ, を養, 三平懐之, 云, 品相應に, 女關比, 如冰凌之, 字は, 懐之が

▼ 望なき~ (11, 1.0%)

2 にあらず 1 が故に, にしも, よし答, を知り, 事なり, 人の, 回復を, 恋は, 望に

▼ 望する~ (9, 0.8%)

1 ところから, ところ自然の, とすぐ, と宛として, と東北, と筑波, と鉄兜, に蒼々, 無惨な

▼ 望東尼様~ (9, 0.8%)

1 が仰せ, でございました, に向かっ, のお, の惜別, の頭巾, はご, や平野国臣様, を警護

▼ 望~ (9, 0.8%)

1 が戻, とは朱, に一體如何, に向, は余等, は萬鍬, も不快, も小, も少から

▼ 望~ (7, 0.6%)

1 てそして, ても期望, ても満, てゐる, て全く, て居る, て止まない

▼ 望なら~ (7, 0.6%)

1 これを, それまでの, どれ附け, ば所蔵, ば所藏, 内から, 幾らでも

▼ 望~ (7, 0.6%)

3 に入る 2 に入らず 1 無一樹, 転春夏秋冬夢裏

▼ 望之の~ (7, 0.6%)

1 子は, 子を, 実子, 家は, 後は, 族たる, 養孫に

▼ 望~ (7, 0.6%)

1 にのぼつ, に出た, に立つ, のすぐ, のやう, の役人, もあつ

▼ 望ある~ (6, 0.5%)

2 ものなし 1 が如く, ものと, わが心, 作家

▼ 望~ (6, 0.5%)

1 です, の両面, の兵糧隊, の嶮, まで迫っ, をこえ

▼ 望岳亭~ (6, 0.5%)

1 からさがる, で御酒宴, という別殿, の地理, へ伺候, を出る

▼ 望~ (6, 0.5%)

1 か印度, まで五千四百浬以上, を, をあるいは, をめぐってインド洋, を迂回

▼ 望東尼~ (6, 0.5%)

1 といったよう, とか祇園, とは事, は尚, や明治, を仲介

▼ 望~ (5, 0.4%)

2 張詰めた心 1 あつた, 大層な, 就中希った

▼ 望富閣~ (5, 0.4%)

1 という名前, という葦簾, と叫び合っ, の食堂, を思い出した

▼ 望~ (5, 0.4%)

3 の歎 1 といふか要するに, の嘆

▼ 望した~ (4, 0.4%)

1 が舞臺, ことの, ために, 姿は

▼ 望~ (4, 0.4%)

1 からどうか, から望通, とは存じ, ね

▼ 望どおり~ (4, 0.4%)

1 にさせましょう, になった, に或, 突然とも

▼ 望なる~ (4, 0.4%)

1 かな, が汝思附, もの, 意味が

▼ 望むまゝに才~ (4, 0.4%)

4 を習

▼ 望~ (4, 0.4%)

2 新しい世界 1 そのほか, 疑や

▼ 望~ (4, 0.4%)

1 で黙測する孔明, デ其艶魂, デ已マナイノデアルガ, デ来

▼ 望勢力~ (4, 0.4%)

2 なき一介, に依り

▼ 望~ (4, 0.4%)

1 あり, の夢, へ移ろう, を中心

▼ 望小山~ (4, 0.4%)

1 とも云, に眺めたる, に見し, の裸

▼ 望~ (3, 0.3%)

1 あらず, あらむ, 達せざらむ

▼ 望~ (3, 0.3%)

2 まして 1 まする

▼ 望~ (3, 0.3%)

1 の, のか, ので東京

▼ 望より~ (3, 0.3%)

2 いへば 1 して

▼ 望を以て~ (3, 0.3%)

1 しても, するか, わが残生

▼ 望テレビジョン~ (3, 0.3%)

1 がつけてない, で海上, で目

▼ 望景詩~ (3, 0.3%)

1 に歌つたすべて, の後, は私

▼ 望東尼殿~ (3, 0.3%)

2 じゃ 1 も拙者

▼ 望通り~ (3, 0.3%)

1 だったとは, にならなくっ, になれる

▼ 望あり~ (2, 0.2%)

1 たとい, 豈いわんや旬朔

▼ 望~ (2, 0.2%)

1 宥し, 持ち帰りを

▼ 望けて~ (2, 0.2%)

1 大穴牟遲の, 弟王その

▼ 望さん~ (2, 0.2%)

1 の出迎, は以前

▼ 望じゃ~ (2, 0.2%)

1 ないが, ないの

▼ 望すれ~ (2, 0.2%)

1 ばその, ば腸断

▼ 望~ (2, 0.2%)

1 建つ, 遂に過

▼ 望でも~ (2, 0.2%)

1 かなうが, ほぼ互角

▼ 望とき~ (2, 0.2%)

1 は小倉内裏, は駅

▼ 望とを~ (2, 0.2%)

1 あらためて天下, 羅列した

▼ 望なく~ (2, 0.2%)

1 楽みなく, 金なく

▼ 望なし~ (2, 0.2%)

1 とは知り, 愼しむべし

▼ 望にて~ (2, 0.2%)

1 ありき, ありけり

▼ 望には~ (2, 0.2%)

1 及ばないと, 必ず村中

▼ 望まずし~ (2, 0.2%)

1 て化けた, て口

▼ 望一代~ (2, 0.2%)

2 に高き

▼ 望~ (2, 0.2%)

1 に見, 峯

▼ 望夫石~ (2, 0.2%)

1 がある, を納め

▼ 望往來船~ (2, 0.2%)

1 といふ, と改められ

▼ 望戦台~ (2, 0.2%)

1 から手, の丘

▼ 望朝野~ (2, 0.2%)

2 の間

▼ 望林氏~ (2, 0.2%)

2 の老獪

▼ 望次第に~ (2, 0.2%)

2 高きを

▼ 望甚だ~ (2, 0.2%)

1 広大なる如くなれ, 廣大なる如くなれ

▼ 望観する~ (2, 0.2%)

1 ところ或は, 者に

▼ 望足り~ (2, 0.2%)

2 て洋行

▼ 望軍氣~ (2, 0.2%)

1 の書六篇圖三卷, の術

▼ 望雲楼~ (2, 0.2%)

1 と題する, の詩

▼ 望鶏犬声相聞民至老死~ (2, 0.2%)

2 不相往来

▼1* [213件]

いたしあはれ, 望うすしの方, 望おこらば困窮, 望かなひかの, 望からも実隆に, 望けも宜いが, 望こと至て近, 望され易い, 望しいから, 望候に, 望せしめた勿来平潟の, 望せんか東天, 望そんなら, 望たる海の, 望ちふのは, 望ても叶べき, 望であることを, 望ですから連, 望というものを, 望とがある, 望ところ連山垣墻のごとく, 望としてある, 望とに狂ひ, 望とにおいて神を, 望との名を, 望とは大きなのぞみごと, 望とも見られぬべく今, 望ほりに, 望なければこの, 望なさつて下さい, 望などは少しも, 望なんぞという娑婆ッ気も, 望にもあれ身, 望によって自由に, 望はかなひさうも, 望はをりを, 望ほんとに神樣といふ, 望まざらるとに, 望まで弱く美しく生れ, 望むあたはでた, 望むがままにいつでもこの剰余を支配, 望むがままに手をあけ, 望むがまゝにして其の上, 望むがまゝに心を安んずる, 望むがまゝに手をあけ, 望むがゆゑにかく言へり, 望むでゐるわけのものぢやなしそれだけの, 望むところがなんであるにもせよあれだけの話, 望むところであつて仮りにどんな, 望むにきまッておりまする, 望むまゝにいろ, 望むまゝに一席の武勇談, 望むまゝに土地の女學校, 望むまゝに嫁にする, 望むまゝに完全なモデル, 望むまゝに爲せ, 望むまゝの人を選ぶ, 望むまゝ神の助, 望むものあらばそのもの即ち狂, 望めども見窮める, 望もしくは施設の, 望もだしがたしとて遂に, 望よく實を, 望れし事あり, 望をさえいだいたの, 望をと芝居も, 望をも帰し内, 望ニシテ兼テ又祖先代々, 望マズ領ハ武蔵相模ノ二国ニ限リ, 望ミナラサセテアゲマスト云ッテクレタ或ル待合, 望ミナラ墓地ヲオ分ケ致シマス浄土宗ト限ッタコトハアリマセン日蓮宗デモ結構デスッテ云ッテマシタガネ, 望ミ候得ども, 望ミ東ノカタ武昌ヲ望メバ, 望ミ給ワバ降ヲ乞ウテ, 望ミ舟ヲ門前, 望ミ通リ相手ニナッテヤロウト云ッタラ大竹ガクソヲ喰エトヌカシタカラ大竹ヨリ先ヘツキハナシテ出ヨウト思イ追ッカケタラ, 望ムガ往診ノ場合ハ週ニ三回ニシテ戴キタイ, 望ムニ非ズ, 望ムモノハ只奇激ナル行動及ビ言文ニ依リテ社会ヨリ注目セラレタシト云フ虚栄, 望ムラクハ聖明矜察ヲ垂レ給ワン事, 望ムラクハ陛下深仁, 望ム所ニ非ズト雖ドモ, 望メハ南ハ険シク北ヘ長, 望メバ山川相繆ヒ鬱乎トシテ蒼々タリ此レ孟徳ガ周郎ニ困メラレシトコロニアラズヤ, 望ヨハネの象徴, 望の流れ, 望一望すれば, 望一過波漸円, 望中夕照収星光波際見点点去来舟, 望之審定宋本, 望は近く, 望二十八日の登城, 望に色欲, 望なく鬼気肌, 望本願意, 望信任はたちどころに, 望候物別而難有, 望児山とも望小山, 望児山吹き曝らす風の風さき, 望凜乎犯すべからず, 望秋晴, 望南山となせ, 望南田畝平遠なり, 望莎径坦, 望しい話しましよう, 望を訪ねる, 望の感, 望と, 望城北と作, 望の峰ろ, 望多い日が, 望多き門出を, 望多しと, 望夫石論者の中山氏, 望なはば, 望失はば得意, 望に仕立てよう, 望の山, 望て海, 望不得登, 望岳家に取り, 望岳都として真に, 望峯経由で帰航, 望峯豪斯多辣理にはみな館, 望峰上のあかつき, 望峰出航以来毎日ただ白雲, 望峰州の住民, 望峰廻りを志し, 望峰廻り濠洲行きの主として, 望峰懐古の一首, 望峰狗頭猴下より来る, 望峰頭路行看草色新, 望と名, 望平橋と称する, 望当世に比, 望の月, 望に起り, 望悠悠月色潮声入客楼, 望の所, 望抱くとき, 望既に論壇を, 望に衰え, 望日清緋衣して, 望と伺居申候, 望時有月光窺客牀喜此波上甚静穏笑我閑中却多忙或説礦業, 望すれば, 望景詩集を贈りたい, 望て相模国何某, 望服度宮室を漢, 望材力も群, 望にいる, 望にはよく, 望楠書院で鳴らし, 望楠軒で講主, 望顧活色なく, 望次第と申候, 望次第云付さするから, 望次第海のもの, 望此書之快, 望氏最後に浦川子爵, 望気何雄竺海波高貿易風夕日沈時雲漸散, 望氣經もあれ, 望氣者流の所謂氣, 望の令, 望海龜の, 望湖堂に小, 望湖楼下にあらね, 望湖楼酔書を始め唐韓, 望滿ち足らひな, 望漸く高まった不, 望執有君存, 望独り高きが, 望殘る, 望り高き, 望玄二子を從, 望生一人を遣, 望田甚瀟灑矣先生有詩次韻賦呈, 望當世に比, 望相思不相見, 望眺めもよろしゅう, 望祭山にある, 望しかり, 望立ち去りも得, 望果てぬ, 望絶望しないで, 望美景を愛し, 望堪斷, 望から希望, 望苑駅の西, 望茫茫水遠村遥鉄路長, 望の或, 望裏送迎来去舟, 望のまま, 望診していた, 望話して頂戴, 望請令其供奉并置一法堂とある, 望は愛, 望赫々たる両, 望に遣っ, 望遂ぐる迄戰鬪續, 望銀世界の日, 望閣楼殿すべて焔と化した, 望母家, 望阿弥の筆名, 望陀方面でウシノスカッポ, 望陀郡真里公村なる天寧山真如寺, 望隆々武州有数の大, 望雲人といへるさすが, 望雲岡田徳夫河添原泉中耕斎玉置季吉があり, 望雲州与伯州, 望雲館へ出かけた, 望雲館大東館の不親切, 望と言