青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「樂~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

構造~ ~槍 槍~ ~様 様~ ~様々 様々~ ~様子 様子~ 様式~
樂~
~標準 標準~ ~模様 模様~ ~樣 樣~ ~樣子 樣子~ 権~ ~権利

「樂~」 2688, 29ppm, 4034位

▼ 樂~ (373, 13.9%)

19 清吉は 18 清吉が, 清吉の 11 清吉に 9 清吉を 8 爲に 5 やうな, やうに 4 清吉でした, 茶店に 3 拍節と, 清吉, 生活を, 銀の, 音 2 ことを, メロヂイが, 味を, 清吉です, 清掻や, 聲は

1 [245件] お好き, くすぐりを, ことに, ごときは, すずろぎ, ために, ない獨, ない百兵衞, ぽろ, やむひま, ゆふ, より部分的, メロヂイばかりが, レコードを, 一つの, 一小節を, 一致, 中で, 交替が, 亭主だつた, 亭主で御座います, 人形は, 仕方と, 何たるかが, 何だい, 作曲を, 作曲家とを, 作曲法, 作者, 作者が, 修業が, 傳授などは, 傳授之は, 兄哥が, 兄哥そいつは, 兄哥ちよつと, 兄哥に, 兄哥を, 兄哥何んだ, 先生といふ, 光の, 冬である, 列で, 前で, 力ある, 南土を, 原因たる, 取亂, 口から, 口説よりは, 古假面, 名家巨匠の, 味噌が, 器に, 囃を, 園に, 園にも, 基を, 基礎は, 場から, 場合は, 場所は, 境地是を, 壺が, 外に, 夢を, 天才であり, 太夫であり, 太鼓早, 奉納とに, 女教師, 如き個人的, 如くいみ, 如く心の, 如く我耳, 如く流れひろがり, 妙手に, 始原は, 姿は, 娯しみの, 存在を, 宮, 家で, 密接な, 專門家と, 對象が, 對象に, 小屋の, 小屋へ, 展開する, 巫女の, 師に, 席に, 常に盛, 強さ, 彼に, 律動の, 後添, 御繪掛地, 御身分, 心像, 心像と, 心像とは, 心變り, 快速調の, 情想であり, 感情のみ, 感覺によ, 感覺を, 成分のみを, 手から, 手の, 手は, 手前極りが, 拍節が, 指南を, 操と, 改良曰く勞働者の, 教師が, 教師は, 方に, 旅には, 旋律, 旋律から, 日に, 日また, 春である, 是認等々に, 時に, 時の, 曲を, 末が, 杯を, 植木の, 樂を, 歌, 歌でございます, 歌曲, 死體を, 水茶屋が, 泉と, 活人形とは, 活人形の, 活人形は, 活人形を, 流弊であるなら, 海も, 海浮ぶ, 涅槃あり, 清七, 清吉お, 清吉そして, 清吉その他夥しい, 清吉だ, 清吉だらう, 清吉とかいふ, 清吉とは, 清吉と共に, 清吉などに, 清吉も, 清吉兄哥も, 清吉始め多勢の, 清吉朝つ, 激しいせゐ, 爲めに, 獅子の, 生人形, 男太夫に, 留守を, 皇帝の, 直接な, 眞似, 短かき, 祕傳を, 空氣といふ, 空氣の, 笛を, 第一, 節は, 素盞嗚尊の, 絶間なく, 繪の, 群に, 群を, 者が, 聖母の, 聲, 聲おもしろ, 聲人の, 聲聞ゆ, 聲響き來ぬ, 能の, 自分には, 色音は, 芝居の, 花と, 茶屋へ, 茶店の, 茶店へ, 裡に, 要求を, 見せて, 見世物の, 見物勝手だ, 評價に, 誘ひに, 説に, 調が, 調は, 調べには, 調律と, 調節を, 論を, 譜の, 讃美に, 趣味が, 遊に, 道化役にも, 達成に, 部, 野郎あつし, 野郎が, 阿魔, 際に, 露を, 面などを, 面も, 鞠を, 音が, 音に, 音や, 音慕は, 音籠もる, 音聞ゆる, 響きを, 響き漂ふ, 響と, 響に, 響も, 響騷然雜然業に, 願かけて, 風を, 馬鹿, 骨格に, 體を

▼ 樂しみ~ (259, 9.6%)

45 にし 4 があつ, の一つ 3 がある, だ, だつた, にした

2 [17件] がない, さ, であつ, であらう, である, により, に思, に脇目, に轅棒, のため, の初, はない, もあつ, もない, も望み, をし, を樂

1 [160件] から金, か知れない, か知れなかつた, があり, がありませう, があるだらう, がねえ, がめぐまれ, が樂, その習慣, だつたさうだね, だつたの, だつたもの, だつたらう, だつて, だと, だなどと, つついつも, つつ生, つつ自己, つつ送る, てし, て勞作, て見る, で, であること, でこそこんな, でございました, です, ですね, ですわね, で一杯, で好い, で御座いませう, で暇さ, と, といふもの, といへ, としてゐた, としてゐる, とでも云, とのこしたら, とひとり恍, とも云, と同, と心, と悦び, と蛙聽, と言, と言つた, と金, と雲, ながらゆく, ながら午, ながら書かね, ながら漸く, ながら考へ, なもの, なもんぢ, なやう, なん, な事, な心, に, にここ, にしてる, にしました, にする, にするだらう, にて相, になる, にまさる, に一杯, に下手物, に來, に僅か, に働い, に全, に出るらしく, に彦兵衞, に待つ, に思つた, に捉, に染, に此, に矢張り出, に耽らう, に致し, に裏木戸番, に轉, に餅, ね, の中, の方, の歌, の飽く, はお, はこの, はす, はそば, はまた, はめづら, はわれら貧乏人, は乏しき, は妻子, は後ろ, は得られない, は心, は成育, は晝寢めざむる枕, は生活そのもの, は神, は種々, は童墨, は草, は豐富, は酒, もあれ, もなく, もねエと言, も亦, も少く, も市川, も深い, も無い, も無ささうです, も知らぬ, よあゝ, を, をぢ, をつながれ, をもつ, をもつた, をも苦しみ, をわれ今, を享, を享受, を味, を思ふ, を抱かせた, を捨てなかつた, を求めし, を求める, を現, を空, を誰, を謠, を重ね, ヴァイオリンの, 居しに, 居りしに, 心の, 我は, 方が, 方なりが, 日々夜々に, 稿料を, 老人は, 豈大, 過した空想

▼ 樂~ (225, 8.4%)

5 聽く 3 して, 聽き, 與ふる

2 [19件] きくとき, しようと, 奏して, 寫さむとするときはエピクウル, 引く, 得ること, 得ん, 捨てて, 教へ, 欣こぶ, 求むるとき, 求むる人, 犧牲に, 聞き, 聽い, 覺え, 覺えた, 言つて居ります, 言ふ

1 [173件] おやり, きかぬオペラ, きく氣, させようと, さへ, しなかつたやう, しなければ, しようが, すすめに, するか, するならするで凡て, せうといふ, そそぎ風, それで代用, たぐへ, たのしむ人, つくる, ともにし, ともにした, なすこと, ほしいまま, まだ堪能, もてわが, やって, よそひ, ダンテに, 並べ出す, 主と, 二度目の, 享く, 享くべき, 享受する, 伴ふも, 伴れ込んだ, 停止する, 停止せられる, 共にし, 共にしうる, 共に分つ, 具し, 凌駕し, 分たざるを, 創造すべく, 助けて, 助長し, 取上げて, 受く, 受用し, 叩き直して, 可能に, 同うする, 同じ家根, 吹くとき, 味ひたりし, 味へ, 唱へて, 囘護へ, 奏した, 奏しながら, 奏しはじむる, 奏し或, 奏する, 奏するを, 奏する仲間, 奏せぬ, 奪はれ, 奬勵したい, 好まれ, 妨げて, 始めたと, 始めたんで, 始めて, 始めるやうぢ, 始めんとて, 始め年上の, 寫さむとしたらましかば, 少し封じ, 廢する, 弄んだり, 引取つて少し, 得, 得ず, 得せしむる力, 得せしめん, 得むがためである, 得ようとして, 得ると, 得るもの, 思つた, 思ひ之, 思ふ心, 恣に, 愛し音樂, 感じて, 感ずること, 感ぜしめるほどの, 感謝し, 憶ひ, 托して, 招んで, 持たない人人, 持つて, 採拾, 控へる, 擲つも, 數へる, 斥けて, 斷ち, 最も高尚, 棄つるべし, 棄てたるがため廣大, 棚に, 極彩色に, 樂しく, 樂しみ, 止さなきや, 殆ん, 殺した時, 殺す動機, 求め生, 添へたり, 滿す, 理解する, 用ひた, 發見し, 白状し, 盡し, 目的として, 相手に, 看板に, 知らない音樂家, 立て, 節奏し, 紡げる醉, 習ふ, 考へての, 考へるとき, 耳に, 聞いたあと, 聞いて, 聞きたい, 聞き之, 聞くの, 聞く耳, 胸に, 舞は, 舞ひ奉りませう, 苦に, 血の, 要しないの, 要求する, 見て, 見出す, 覺える, 觀や, 誰か, 論ずると, 證せず, 貪らうと, 貪りつ, 踊つてその, 踊らねば, 蹤けて, 追うもの, 追ひ出せ, 追ひ求める, 追ふ, 追ふため, 連れ込むの, 重んぜぬなどと, 離れたる人, 非と, 鳴らして

▼ 樂~ (188, 7.0%)

11 して 6 なつた 4 身を 3 しても, 學問を 2 あるか, くらして, なると, 動けない性質, 學問する, 於ても, 耳を, 近いもの

1 [145件] いかなるもの, おましてんと, このポツポ, したの, すらすらと, すらすら讀める, その三重, つきしは, つけば, つれて, なった, なったの, なつたかみさんと, なつたと, なつち, なりました, なりましたが, なりましたね, なりやしたか, なる, なるかも, なるであらうと, なるといふ, なるらしい, なる世の中, ねられさうな, はたへられない, はなつたやう, ふだんの, ほひ, やる, 乘越せるだらう, 伴れ, 似たる聲音, 住する, 住せん, 來られる, 依つて, 入る, 六, 凝つて稼業, 出るけれど, 出來, 出入りが, 切りぬけるだけの, 切れるぜ, 切拔け, 合せて, 向く國情, 呆れるよりも, 問へ, 喩へる, 坐つてる事, 埃と, 堪へ得る旺盛, 外せて, 外れるやう, 大量に, 大騷ぎをして, 寢られ, 寧ろ喜, 對は, 尺八の, 差し上げられるし, 巴里へ, 往生する, 忍び込めるわけ, 惹きつけようと, 意識を, 愛想を, 應じ, 戸が, 手足を, 扱へ, 持つやう, 掛けても, 掛つて歌ふ, 掛らない, 掛らぬやう, 掛りませぬの, 掛るだけの, 掛るやう, 接近する, 據らむとする自然の, 收容しうる, 於ける狂言, 於ては, 暮さうさ, 暮して, 暮すやう, 暮らさして, 替ふるて, 會うて, 梁に, 機械を, 欺かれて, 死なせて, 死なせると, 死ぬ氣, 比して, 浮身を, 淺く, 渡り上ること, 滿ちた, 無比の, 特に最初, 眠られさ, 移る頃, 第二號, 筆が, 等しい心慰, 耽つて, 耽るは, 耽る場合, 耽る者容易, 聞きほれて, 聽く, 興味を, 落せるやう, 行きました時, 行く事, 行ける, 親しまなくなつ, 親しんだこと, 話しかけました, 誘はれて, 誘はれること, 變る, 越せるぢ, 越せるよ, 趣味少い, 足を, 跳越せた, 近い, 迷はず道心堅固なる, 迷ひ, 送つて, 逃げられた筈, 過ぎないならば, 重きを, 開いて, 間違へ, 關する, 雨戸を, 非ずして

▼ 樂しい~ (144, 5.4%)

5 もので 3 氣持に

2 [11件] ことか, ことだ, とも悲しい, のであらう, のは, 心を, 心持を, 旅の, 樣な, 秋の, 道を

1 [114件] お家が, お家の, お祝ひ日, お酒, ことが, ことだらう, ことで, ことでございます, ことに, ことの, ことよりも, といはれ, といふ, とかいふ語, ところだ, ところで, ところの, としてもそれ, とも一言, とも思, ので私, ばかりで, ものが, ものであり, ものに, ものの, ものを, やうな, 一日を, 三夜を, 世界へ, 事だ, 事で, 事も, 休暇を, 倶樂部乃至, 再會, 半日で, 叢書を, 囁きと, 囘想で, 夏の, 夏を, 夕食も, 夢想を, 夢明るい, 嬉れしい, 子供の, 宗教が, 將來を, 對談が, 小徑, 御休處, 心持で, 心持にな, 心持は, 思い出の, 新生活, 旅は, 旅行でも, 旅行を, 日で, 日を, 日課の, 昨日は, 時が, 時だつた, 時でした, 時先生の, 時期だらう, 晩秋の, 晩餐を, 暮らしも, 月と, 欲でした, 正月を, 氣持で, 波の, 温泉宿に, 火を, 灯を, 爐邊の, 生活の, 田園の, 疲勞を, 癖である, 相手では, 祭の, 空想の, 空想も, 笑聲は, 第一, 繪でも, 美しいところ, 膳に, 自然の, 自由な, 觀ものである, 記憶に, 記憶は, 話に, 調和に, 豫想は, 賑やかな, 近代的めし屋出で, 逢引の, 遊び, 郊外散歩などが, 酒宴の, 靜かな, 靜坐, 面白いこと, 面白い酒宴, 食事の

▼ 樂~ (118, 4.4%)

11 さを 10 げに, さう 75 さは 4 て居る 3 いもの, さうで, さに, 氣に 2 さが, さと, そうに, てゐる, やさ

1 [49件] くして, くしながら, くもあり, くも久しく, げにて, さうです, さうな笑, さうな花やか, さうに世間話を, さうに晴々と, さうに書い, さうに歌ふみだらな, さうに歸國し, さうに睦じさう, さうに紙包を, さうに育ち卑しき, さうに見, さうに見える, さうに話す, さうに踊つて居た, さだ, さとを, さの, さをば, てその, てゐたらしい, て之, て居た, て居りました, て已, といふ, とおも, とも, と思ふ, と見る, と觀ずる, ながら腹, まず, まず快き, また八百萬, みといは, むがいゝや, むといふことは出來難い, むといふのもちよつと趣が, むなんざよく, むのであつた, むものゝやうにお里は, むものゝやうにひとりで, 氣な

▼ 樂~ (90, 3.3%)

2 さう, 恐る

1 [86件] あつた, いかに我憂, お菊, かういふうち, この二つ, これきりか, すつかり, そのモチイフ, ないに, なかつたの, はつきり地平線の, はや果てし後, ひどいやう, まだわれわれ, もう澤山, わからないと, わが魂, ガラツ八が, キリキリと, ツイ耻も, ドスンと, 一切樂中に, 今や性急, 今日なほ形ばかりは, 他の, 何時の間にやら, 其の中, 十月の, 即ちおどけたる, 即ち樂, 君に, 大嫌ひで, 大體, 天地の, 失はれたけれども, 始まりたり, 娘の, 嫌いなんて, 小さく兩手, 少も, 市中ながら, 平次の, 強いが, 心細きまで, 恐ろしいよ, 感覺の, 我等が, 房州生れの, 日本國民の, 是非共學生にも, 普及し, 暫しの, 最も健全, 有ります, 樂ね, 次男三男の, 止まない, 決して宗教家, 泣いて, 消極的で, 漸く二錢, 漸く涙, 烟草丈である, 無かつ, 無上に, 特異な, 現在の, 畢りぬ, 畢竟南朝, 畢竟性慾, 相變ら, 眞つ, 私は, 積極的である, 聲を, 自分の, 見事な, 言ふまで, 遙に, 釣だけ, 限りが, 隱れ, 音樂家にと, 頗る共同的, 顏を, 飛出しました

▼ 樂~ (86, 3.2%)

14 にし 5 にした 2 もない, を父さん

1 [63件] があります, があれ, が七分, が得られる, が湧く, さては優にやさしき, その中, それ等は, て, て日, て此一團, て聞き, て自他, て鄙劣, で, であつ, でせう, でもあつ, で堪らない, で好いだ, とし, とした, としました, にいたし, にしました, にする, には代, にもし, にもなるし, に思ひました, に換, に暮らし, に殘, に知る, に遊學, に醉うた, に頼り, のかず夜, の半分, は, はないだらう, は五十八年來, は其昔, は得られなかつた, また其間, も無く, も籠つて, をさ, をなし, を全う, を味, を奪, を想像, を望ん, を極めて, を求めない, を與, 作者と共に, 其單純な, 居候, 待てり, 給へ, 聽けり

▼ 樂しん~ (81, 3.0%)

13 でゐる 11 でゐた 96 で居る 4 で來, で居ります 2 だと, でね, では撫で, で居りました

1 [26件] だが, だという, だの, だもの, だり喜ん, でかかる, でしかも, ではならぬ, でもゆける, でやらう, でるかの, でゐたらしい, でゐるらしい, でをりました, でをります, で主人, で博物館, で學校, で居つた, で居らる, で樹木, で無精煙草, で眺める, で行かう, で讀む, で讀ん

▼ 樂しむ~ (77, 2.9%)

9 ことが 4 ことも, ことを 3 やうに, 者は 2 ことの, ために, といふこと, のが, 事が

1 [44件] からで, ことによ, ことは, しんねこ趣味の, ための, つつましき文藝愛好者, といふやう, といふ事, といふ方便, とか味わおう, とだけで, とでも申し, には害, には生活, のであらう, のである, のでなく, のでなけれ, のは, のも, ばかりです, をいふ, 事, 人々が, 何ぞ須, 僕達の, 名題の, 喜びである, 女は, 工夫を, 彼等は, 所の, 所志す, 日が, 氣持に, 習ありき, 者その, 者でなけれ, 者のみ, 自分を, 處あり, 見物には, 風も, 餘裕が

▼ 樂~ (69, 2.6%)

3 嵩じて, 強くて 2 あつた, あるか, させたいと, ひどいから, 出來, 過ぎて

1 [51件] あらう, ある, あるの, いかにうま, し度い, それ自ら形體の, ない, ひどい主人, ひどくて, ひどく親類, やつと, 主で, 仲人に, 何か, 僕に, 内の, 化物娘といふほど, 單なる, 喰へねえ, 奏でられる若い, 好きで, 始まつて來, 始まりは, 始まると, 嫌ひなら妙な, 容易に, 強く下女端女, 強く金, 彼の, 昂じて, 止まないに, 殺されて, 演奏され, 狹い, 着ると, 神の, 祟つてひどい, 立たうとも, 聞えたり, 聞える, 聞え踊り子たち, 聽きたかつた, 自分を, 行はれ, 解らう其苦, 過ぎたやう, 過ぎましてね, 過ぎるといふだけで, 過ぎるので, 非常に, 高じて

▼ 樂~ (65, 2.4%)

2 平穩とを

1 [63件] いふ, いふと, いやしない, お吉, お樂, お角, するから, する譯, せりと, せる懷かし, なしき, なす, なすといふ, なすべく意識, なつた, なつて, ならむとやすらむ, なり劇, なり解脱, なる時速, もし目的, 不樂, 之れ, 云ふ, 云ふこ, 云ふも, 人道主義との, 仁輪加を, 來た, 倶に, 力と, 勝負事が, 合せて, 同じく, 同じ情想, 同じ韻律形式, 同化させた, 夜會音樂と, 夢みる香爐, 大平穩とを, 天才音樂と, 希望との, 思へた夢, 悲哀と, 横文字, 洒落つ氣, 源助を, 爲し, 爲すべか, 申します幇間, 異つた特殊, 眞つ, 稍關聯し, 縁の, 花環音樂と, 見えるなどは, 言うの, 言つた時代から, 評する, 贅澤とに, 贅美な, 金もうけの, 鐵火で

▼ 樂しく~ (51, 1.9%)

5 生を 3 期待する 2 ないは, なつた, 懷しい, 日を, 語り合つてゐる

1 [33件] そして其, て, ないほどな, なつたの, またもうこ, 共に舞, 又哀, 同時に, 夏を, 夢の, 嬉しい事, 心安かれとおも, 快くかつ, 恍惚と, 晴やかな, 森行け, 歴々と, 滿悦し, 照し, 笑ひ, 算數を, 聽く, 若しその, 見え悲しき, 見え給へ, 語りあつ, 語り且つ, 語り合つた事の, 身輕き, 送りに, 醉つ, 長命した, 麗は

▼ 樂~ (44, 1.6%)

6 あつた 2 あつて, 言へば

1 [34件] あつたなら, こいつは, この外, ごわすから, さへも, すし苦勞が, せう, せうにさ, なくして, ほかには, もつて, やつて, わけても, 三人組の, 住する, 出來, 勘當に, 取繞, 家が, 御鞍打師, 手の, 書くくら, 殺せるわけ, 潰し昔馴染, 灘の, 煮直した味噌汁, 私が, 給金を, 貧乏し, 費ひ, 金山を, 集めた品, 集めた骨董品, 面目次第も

▼ 樂~ (38, 1.4%)

6 仕事では 2 ことは, 廣, 氣持で

1 [26件] ことで, しぐさでは, だけの理由, ところな, のは, もの, ものさ, ものぢや, もので, ものです, もんさ, やうだ, 仕事ぢや, 仕事を, 位に, 作業では, 因業者の, 奉公から, 奉公を, 幸福人に, 心持を, 暮しも, 暮しを, 森へ, 琴棋書畫的な, 路ばかりを

▼ 樂~ (27, 1.0%)

1 [27件] あったもの, ありますが, あること, すつかり, すべて慰戲, するやう, とんで, どんな美しい, 丁度こんな, 上演脚本も, 亦墨家, 伯次さんで, 印度には, 唐代は, 土にかへ, 地獄も, 外でばかりや, 小説も, 投げ棄てた豪膽, 捨て電車, 濟んだ, 無い, 皆んなフイに, 知らない變人, 移り行くもの, 程々に, 遊女崇拜から

▼ 樂~ (23, 0.9%)

10 やない 9 やありません 1 やある, やあるまい, やないとお, や三年

▼ 樂しか~ (21, 0.8%)

9 つた 2 つたのである 1 つたか, つたと, つたのう, つたもの, つたわけ, つた事が, つた寄宿舍時代に, つた戀の, つた沖繩の, 彼は

▼ 樂する~ (20, 0.7%)

3 やうに 2 ことが

1 [15件] ことである, と言つた肌合, にも器物, のだ, のでした, もの, ものと, 事が, 人は, 場合も, 徒と, 心持に, 心持は, 所なり, 日を

▼ 樂椅子~ (20, 0.7%)

3 のうえ

1 [17件] その上, で寢, におかけ, にごろりと, になさい, にのうのう, に倚, に戻った, に横ん, に身, のうしろ, のすぐ, のちょうど, のクッション, の話, をすすめる, を指した

▼ 樂~ (17, 0.6%)

2

1 [15件] か解らねえ, し且, ぜ, つたのだ, つたのです, つた日を, つて氣の, と出かかる, と思ふ, と知つた惡智慧, なと私, ね, ねなんて, わ, ネお前さん生物

▼ 樂~ (17, 0.6%)

2 意義を

1 [15件] いふけど, お靜, 優雅のみを, 功や, 勝負事の, 文學などの, 極めて淡く, 永徳文人畫の, 洒落ぢや, 皿の, 繪畫を以て, 美術や, 贅澤にも, 身體の, 館前を

▼ 樂なり~ (16, 0.6%)

2 何なり

1 [14件] 一切苦の, 世に沙門, 信の, 僧衆の, 凡愚を, 和合衆の, 婆羅門の, 慧を, 正法を, 滿足は, 父性ある, 猶ほ, 福は, 諸惡不作

▼ 樂んで~ (15, 0.6%)

1 [15件] ゐられさ, ゐると, ゐるの, ゐるので, ゐるもの, ゐる一客, ゐる作家, 來た, 居ると, 居るといふ, 居るに, 待つて, 時の, 求めること, 行かうといふ

▼ 樂~ (14, 0.5%)

2 だ, でゐた 1 だのに, だもの, できたふうさ, でをります, で居た, で居つた, で居りました, で居れ, で後, で行く

▼ 樂では~ (13, 0.5%)

3 ありません 1 あるが, ございませんが, ない, ないぞなど, なかつた, なく絶えざる苦心, 出來, 無いから, 無いに, 無かつ

▼ 樂しき~ (12, 0.4%)

1 [12件] うまし世に, ところあらず, はうらぶれ, はなし, は今, は谷底, ものに, ものには, 初憶, 思ひいかに, 思ひに, 追懷

▼ 樂~ (12, 0.4%)

1 [12件] こんな事, 確に, 福の, 行かうといふ, 行き一旦, 行く氣, 行く途中, 行けねえ人間, 行ける心掛けぢ, 行つたも, 行つて慈善家が, 行つて見た

▼ 樂~ (12, 0.4%)

2 である 1 でないといふ, でなくむしろ, でまた, なへん, なもの, なデリケート, な文體, な活動, な生活, な餘裕

▼ 樂~ (10, 0.4%)

321 ないといふ, ばそれで, ば血行, る身, 自心

▼ 樂しげ~ (8, 0.3%)

2 なり 1 なその, なる人, なる少女, なれども, な眸, な面持ち

▼ 樂しませ~ (7, 0.3%)

2 てくれる 1 てこの, てゐる, て置け, 勵ます, 給へりといへる

▼ 樂息子~ (7, 0.3%)

1 が一人, で八五郎, には通じなかつた, の方, も眼, や嫁, や身投げ女

▼ 樂~ (6, 0.2%)

3 思ひました 1 愉快である, 暮し得るの, 暮せる

▼ 樂しまう~ (6, 0.2%)

3 とする 1 といふ氣もち, とした, としてゐる

▼ 樂します~ (6, 0.2%)

2 物に 1 ものに, 何物も, 汝の, 言を

▼ 樂として~ (6, 0.2%)

1 さほどの, ゐるでは, 一念これに, 先づアノ弓から, 感知される, 聽え

▼ 樂との~ (6, 0.2%)

1 あるところ, ほか私は, 區別を, 協力が, 外面形式に, 錯覺

▼ 樂とは~ (6, 0.2%)

1 分離し, 同一の, 同郷人であり, 喪中に, 本質的に, 言つても

▼ 樂とを~ (6, 0.2%)

1 常に錯覺混同, 得しめたま, 意味する, 捨て清涼, 簡淨なる, 與ふる

▼ 樂にも~ (6, 0.2%)

2 困つたもの 1 似たりけり, 及んだ, 注意せざる, 自然ならぬ

▼ 樂主義~ (6, 0.2%)

1 が支配, であるとは, に潛む憂鬱, の文學, は排斥, も限り

▼ 樂しからず~ (5, 0.2%)

1 つらき錦野, ば姑, や骸骨, 惡手を, 高野山に

▼ 樂である~ (5, 0.2%)

1 かも知れぬ, から音樂, が會場, とすれ, と共に着る

▼ 樂でも~ (5, 0.2%)

1 したといふ, ないと, 俗歌でも, 圍碁で, 地の

▼ 樂とか~ (5, 0.2%)

1 で大勢, 善とか, 四教とか, 悟道とか, 言ふさうです

▼ 樂には~ (5, 0.2%)

1 折り返し疊み, 殆ど無, 氣が, 申分ありません, 粉本の

▼ 樂~ (5, 0.2%)

1 が如くならずし, の仁者たる, の智者たる, は寡, 其の結構

▼ 樂~ (4, 0.1%)

1 へり聲, 本氣, 民衆に, 能く

▼ 樂から~ (4, 0.1%)

1 地獄, 書畫道樂普請道樂揚弓から, 狂言と, 長尾景虎への

▼ 樂~ (4, 0.1%)

1 よりか, 事曰はずただ, 夢を, 時節なりき

▼ 樂~ (4, 0.1%)

1 つ, て酒酣, に見え, に誰憚ら

▼ 樂しき日~ (4, 0.1%)

1 をこの, を送り, 少なからざりしならん, 悲しきは

▼ 樂しませる~ (4, 0.1%)

1 ことを, に足りる, 上に, 爲に

▼ 樂しめ~ (4, 0.1%)

2 理窟なし 1 といふ醫者, 處女マリアよ

▼ 樂しんだ~ (4, 0.1%)

1 あとで, 例は, 樣子ぢや, 跡と

▼ 樂だらう~ (4, 0.1%)

21 と思ひました, と思ふ

▼ 樂でない~ (4, 0.1%)

1 かもわかりません, ことは, ものが, 心の

▼ 樂といふ~ (4, 0.1%)

1 ことにつき, ものが, 意味から, 非行に

▼ 樂~ (4, 0.1%)

1 しむ, しめるやう, むと思ひぬ, んことを

▼ 樂催馬樂~ (4, 0.1%)

1 には折り返し疊, の體, はこの, は即ち

▼ 樂~ (4, 0.1%)

2 して 1 されるもの, したもの

▼ 樂~ (3, 0.1%)

1 又寂しい, 塲所でした, 爐邊には

▼ 樂~ (3, 0.1%)

1 吉彌助, 吉源吉ガラツ八と, 菊の

▼ 樂~ (3, 0.1%)

1 ういふ, へ内輪, もあります

▼ 樂さん~ (3, 0.1%)

1 の家, はわざ, を外

▼ 樂しい思ひ~ (3, 0.1%)

1 に滿, 出である, 出は

▼ 樂しかりし~ (3, 0.1%)

1 やを, 日なき, 日をのみ

▼ 樂しかる~ (3, 0.1%)

2 祭なれ 1 らむ

▼ 樂しかるべき~ (3, 0.1%)

1 をお, 事ぞと, 人の

▼ 樂しき時~ (3, 0.1%)

1 には何事, も語らふ, を過し

▼ 樂した~ (3, 0.1%)

2 まはむ 1 さまは

▼ 樂しまし~ (3, 0.1%)

1 てくれる, むるもの我に, めんと

▼ 樂しまれ~ (3, 0.1%)

2 てゐる 1 てゐた

▼ 樂しめる~ (3, 0.1%)

1 だけ樂, ものやき, 少女よ

▼ 樂でした~ (3, 0.1%)

1 が平次, よおや, 師匠の

▼ 樂なる~ (3, 0.1%)

1 もの幾ん, 者が, 處に

▼ 樂にな~ (3, 0.1%)

1 つた, つたけれども, つても

▼ 樂によ~ (3, 0.1%)

1 つて心の, つて苦に, つて起さる

▼ 樂まし~ (3, 0.1%)

1 むることを得るなり, むるのみならず亦, むる由を

▼ 樂より~ (3, 0.1%)

1 下れる, 憂を, 畏を

▼ 樂をば~ (3, 0.1%)

2 お爲 1 つゆ遺さずし

▼ 樂を以て~ (3, 0.1%)

1 其精神を, 苦勞を, 西洋の

▼ 樂大典~ (3, 0.1%)

1 であ, は當時, より數百部

▼ 樂強い~ (3, 0.1%)

1 と來, 方で, 若旦那の

▼ 樂ある~ (2, 0.1%)

1 のみ, や素より

▼ 樂しき聖顏~ (2, 0.1%)

1 の, のま

▼ 樂しく遊ん~ (2, 0.1%)

1 でおります, で居た

▼ 樂しけれ~ (2, 0.1%)

1 ばなり, 君を

▼ 樂しまざる~ (2, 0.1%)

1 あまりに吐かれたる, 人

▼ 樂しみ放逸~ (2, 0.1%)

2 を畏

▼ 樂しらしい~ (2, 0.1%)

2 身では

▼ 樂すべし~ (2, 0.1%)

1 これ俗人の, その強き

▼ 樂そのもの~ (2, 0.1%)

1 と誤解, に似

▼ 樂それ~ (2, 0.1%)

2 自體

▼ 樂であり~ (2, 0.1%)

1 より效果的, 問題は

▼ 樂です~ (2, 0.1%)

1 ね, ものねえ

▼ 樂とが~ (2, 0.1%)

1 律動的に, 頻りに思ひ出され

▼ 樂とも~ (2, 0.1%)

1 いふべく新, 見ら

▼ 樂なら~ (2, 0.1%)

2 主題と

▼ 樂なれ~ (2, 0.1%)

2 ば此樣

▼ 樂のみを~ (2, 0.1%)

1 要望するなら, 説いて

▼ 樂~ (2, 0.1%)

1 勿れ, 如來に

▼ 樂まう~ (2, 0.1%)

1 といふ手筈, とする

▼ 樂ませ~ (2, 0.1%)

1 給ふらん, 給へり

▼ 樂みたい~ (2, 0.1%)

1 といふやう, と思

▼ 樂みだ~ (2, 0.1%)

2 つた

▼ 樂みでした~ (2, 0.1%)

1 よ, わねえ

▼ 樂みと~ (2, 0.1%)

1 なし何, は言

▼ 樂みなもの~ (2, 0.1%)

1 ですよ, でせう

▼ 樂みの一つ~ (2, 0.1%)

1 で父さん, にし

▼ 樂みる~ (2, 0.1%)

2 やう裏に

▼ 樂むべ~ (2, 0.1%)

1 からざる, し

▼ 樂もの~ (2, 0.1%)

2 とは名

▼ 樂らしい~ (2, 0.1%)

1 ことは, よ

▼ 樂公主~ (2, 0.1%)

1 も, を詠じた

▼ 樂強く~ (2, 0.1%)

1 て勝負事, 借金だらけで

▼ 樂息子達~ (2, 0.1%)

1 に巨額, に誘はれ

▼ 樂指南番~ (2, 0.1%)

1 で七平, もやる

▼1* [232件]

ありこれが, 樂いものはない, 樂おもふに, 樂お前のやう, 樂かも知れませんよ, 樂からばかり菜の花漬を, 樂かるべきぞなど繰返し, 樂きこえて紫雲, 樂きこしめしし時に, 樂さうに暮して, 樂さうに行水をつかつ, 樂させてくれる, 樂させるものである, 樂さや回想の懷, 樂しいか知れませんけれども, 樂しいといつてい, 樂しからうと思った, 樂しからざるなし, 樂しかりけり世の, 樂しかりしけふの山路, 樂しきひびの戯れ, 樂しき世を送らせん, 樂しき事のみおも, 樂しき半日かな, 樂しき四季移り被, 樂しき國舊き民, 樂しき園となり, 樂しき夢に見ん, 樂しき夢路をたどりえな, 樂しき天使なり, 樂しき市と美しき, 樂しき希望がある, 樂しき年を送る, 樂しき戀ならば, 樂しき春は老い, 樂しき時公務の餘暇, 樂しき時刻といふもの何日, 樂しき景色にはあらずや, 樂しき月日を送りぬ, 樂しき歌ならば, 樂しき此世を外, 樂しき生を得ん, 樂しき生活を斷, 樂しき的にむくる, 樂しき秋の歌, 樂しき群の中, 樂しき花ちりて, 樂しき談笑は此, 樂しき酒ならば, 樂しくするか公共, 樂しくとりいだす酒, 樂しくなくなり安ん, 樂しくなりながら見物, 樂しくもあるか, 樂しくもないことばかり, 樂しく富める人に, 樂しく思はせられたからだつた, 樂しく浮かれよと, 樂しく燃える蝋燭の, 樂しく生きて居る, 樂しく生きられる事を, 樂しく眺めてゐる, 樂しく聞いた時計の, 樂しく見せてゐた, 樂しく語りながら高原, 樂しく過した春秋を, 樂しく過し得た事を, 樂しさうな晝杜鵑, 樂してえちうもんだ, 樂しまなくては, 樂しまうではない, 樂しましめる所に, 樂しまず狂悖, 樂しませたのに違, 樂しませようとする, 樂しまない者は, 樂しまむがためにはよき現實, 樂しまれむことを望む, 樂しまれようとする, 樂しまれることであり, 樂しみあふことが, 樂しみきつてゐる, 樂しみさせて貰つた, 樂しみたいと思ふ, 樂しみなるべきか殘, 樂しみなんださうでいつでも, 樂しみ乍ら柱に凭れた, 樂しみ事にしろ, 樂しみ場で矢, 樂しみ始めたのは, 樂しみ將來を望み, 樂しみ悦ぶごときことに, 樂しみ憧憬れて, 樂しみ桑を染めし, 樂しみ極まる汝の, 樂しみ滿足しようと, 樂しみ續くかぎり, 樂しむ如く見えるが實, 樂しめた都會の, 樂しめますぜ, 樂しめり玉ふくむ, 樂しよとひと夜, 樂しようと思ふ, 樂可き, 樂すぎて勿體, 樂すぎる缺點が, 樂すべく私を, 樂せしむる場合も, 樂せんが爲, 樂その種の, 樂だけでは, 樂だけはこの村, 樂だつたが今, 樂つて地の中, 樂であれ苦であれ, 樂でなかつたことと, 樂でなければならない, 樂という人は, 樂とかいふ女は, 樂とかの源泉についての, 樂としては蚊ほどの, 樂とにまかして, 樂とのみ考へて, 樂と共に劇詩と, 樂どころでは, 樂なお白洲では, 樂なきため末代まで, 樂なぞの諸藝人, 樂など何か, 樂などでも後ろの, 樂などに阿行, 樂などの如く日本, 樂などへ行きさ, 樂などをして, 樂なりけり到底これ, 樂なりしやといふ事, 樂なりと雖も, 樂において眞の, 樂における私の, 樂について論じて, 樂にて我に, 樂により又宗教界, 樂のみに生きる生活, 樂恆に, 樂ふこと難し, 樂ふべし智者は, 樂を云, 樂へでも行つた氣にな, 樂へと心にや, 樂まざる所なり, 樂ましめ感ぜしめん, 樂ます甚しきは, 樂まずなりぬ, 樂ませた遊びです, 樂ませるには十分, 樂みあり實に, 樂みし弓馬の, 樂みたくなるやうな, 樂みであるのであらう, 樂みでねえことも, 樂みといふだけを能事, 樂みと體内の病苦, 樂みどころで無い道樂どころ, 樂みなくらゐである, 樂みなことはなかつた, 樂みや如何ならむ, 樂み好む者あら, 樂み居り候に, 樂むことを得よう, 樂むといふのでもなく其癖知らず識らずの, 樂むのであるが, 樂むの機會が乏しく, 樂む上からいつ, 樂む可く愛す可, 樂む場合は別, 樂む姿見る, 樂む時は先づ香, 樂む歌よみが多く, 樂もて我れ, 樂もと一なり, 樂もんでしてね, 樂やがてここに, 樂やら忙しい人達, 樂よの常ならず, 樂よりも邦樂の, 樂をかろんじ餘, 樂をのみ考へて, 樂クラブが專門家氣取り, 樂セシメントスルニ在リ, 樂ニ自由ナル人權ニ基キテ家庭的勞働ヲナシ, 樂之レ, 樂奪フコトモ止ムヲ得ザル人間生活ナリ, 樂一人だけ, 樂一座が南座, 樂一方の人間, 樂世智用心先見おまへは, 樂主義的な畫, 樂主義的功利主義的思想に對, 樂主義虚榮の是認, 樂八百万神諸, 樂人形の小屋, 樂住吉をどり, 樂同じやうな, 樂和爭善惡正邪信疑空有, 樂園藝などと各種, 樂太常とは表, 樂夫婦と親子, 樂好きの江戸, 樂に勇ましき, 樂希望平和の, 樂往生疑ひな, 樂必ず來る, 樂愉悦の夢, 樂揚弓から雜俳, 樂の王座, 樂日和に淺草, 樂明皇呼爲半仙戯とある, 樂普請道樂揚弓から雜俳, 樂歌舞伎藝者の手踊り, 樂狩獵の諸, 樂神經の詩, 樂秋氣は嚴, 樂三裝飾第, 樂紛れに壁, 樂美術の粹, 樂虎列拉避けの, 樂講習所の生徒, 樂謳歌の聲, 樂追及者達は, 樂造りにし, 樂過ぎたのと, 樂類似の扮裝行列