青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「様式~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

構成~ 構造~ ~槍 槍~ ~様 様~ ~様々 様々~ ~様子 様子~
様式~
樂~ ~標準 標準~ ~模様 模様~ ~樣 樣~ ~樣子 樣子~ 権~

「様式~」 1498, 16ppm, 6987位

▼ 様式~ (303, 20.2%)

7 下に 6 中に 4 ものである, ものは, 上に 3 もので, 変化は

2 [11件] うちの, 中では, 伝統が, 問題に, 如くに, 文体である, 方が, 最奥の, 派出を, 美しさ, 芸術が

1 [250件] ある物, いかんに, が書かれる, ことは, ごときは, すべてが, ためな, ための, ちがいが, なかに, は御免, ほかに, まれびとの, もとに, ものが, ものだつた, ものを, よかれあしかれこの, ギリシア化と, ジャンルを, スペクタクルです, 一つであっ, 一つであり, 一つとして, 一つとしての, 一つに, 一つの, 一内容と, 一内容としても, 一部分として, 上からは, 上においても, 上には, 上にも, 上ばかり, 上り段と, 下においては, 不可避的結果と, 不統一, 中で, 中の, 中へ, 中間色を, 以前に, 会話体を, 伝統を, 何たるかの, 傑作が, 共同湯が, 共通が, 共通性と, 典型を, 内で, 内に, 内容として, 内部において, 冗漫な, 分析は, 分類に, 創造が, 十分に, 単純化日常生活の, 原型は, 原型を, 反復に, 反省などといふ, 反逆を, 古いカテドラル, 台頭の, 同様な, 名によって, 名称を, 咀嚼が, 哲理を, 唯一の, 問題だけ, 問題は, 噴水は, 困難が, 固定化という, 城壁ある, 基準を, 基礎にも, 基礎的な, 変った如来, 変った慣習, 変化で, 変化とか, 変化に, 変化において, 変化によって, 変化を, 変化多く, 変態などと, 変遷と, 変遷とか, 変遷は, 変遷を, 変革が, 大変動, 奇に, 女の, 如何に, 威厳に, 学校や, 完成された, 室の, 宮廷に, 家を, 差を, 差別を, 差違から, 帽子は, 底に, 建物で, 建築でも, 建築として, 形である, 形は, 形骸に, 役割は, 忠実な, 意味です, 意味でも, 意義を, 所謂文化住宅の, 扉にも, 掃き集めと, 推移につれて, 推移は, 推移上これらよりも, 推移段階が, 描写が, 描写を, 改造即ち, 教育が, 数寄を, 整備せられた, 文化住宅も, 文学が, 新旧に, 方に, 日本化が, 最も著しい, 最後の, 本質的特徴を, 根幹を, 根本精神に, 根柢には, 概念を, 機構を, 欲する処, 歌謡, 比較が, 法治的表現に, 流れを, 流行あ, 浸透を, 混乱と, 混合で, 混合を, 混用は, 演劇が, 激変に, 為にも, 無電装置を, 熱心な, 版画, 物的制限の, 特殊な, 特殊性と, 特質も, 特質を, 独自さ職業的偏見若干の, 独自な, 理解な, 理解の, 生活が, 生活を, 由来不明, 由来変遷を, 画を, 異なった新, 発展という, 発展段階に, 発生期に, 相当に, 相異, 相違から, 相違では, 相違と, 相違について, 相違についても, 相違にも, 相違より, 矛盾が, 石造の, 確立が, 社な, 社会機構は, 神社が, 程度は, 種類分けに, 立派な, 第二, 箱を, 純粋な, 純粋化あるいは, 純粋性を, 紹介も, 経済上又, 統一にたいして, 統一社会制度の, 絵であっ, 総合的研究を, 美, 美の, 美は, 美術が, 聡明な, 背後に, 脚本を, 自由な暮し, 舞台化から, 芸術で, 芸術の, 芸術的表現全般を, 苗代の, 草花の, 華やかさやかまし, 著しい一例, 著しく現われ, 融合した, 語りてといふ, 調和を, 論, 趣味や, 遺つて, 遺存, 酷似に, 醇化と, 醜さ, 鐘楼が, 間に, 関係も, 陣輿を, 音楽の, 類似から, 風貌を以て, 高貴を

▼ 様式~ (244, 16.3%)

6 もって 4 異にし 3 とって, 把握し行く, 持って, 規範的に

2 [13件] とつて, 一つに, 多分に, 守る集団, 意味する, 把握する, 採用する, 暗示する, 様式と, 示して, 踏襲し, 造り出しこの, 選んで

1 [196件] ある程度統一, おさせ申した, くずさず愛女, この文昭院, この本山日蓮宗八品派, この際, さえも, して, すっかり打ち直す, そのままかり, そのままに, ちゃんと写し, つかわれて, つくりつつ, つくること, つみ重ねたもの, ととのえて, とらなければ, とり入れて, なして, ひろげて, まち, まる, もちません, もつやう, もつ国, より的確, わざ, わりにたやすく, ハイカラに, 一軒づつ別に, 与えるもの, 与え伸子, 予言出来ない, 今後に, 代表する, 以って, 伝えたの, 伝えたもの, 伴わなくても, 作りそれ, 作り出して, 作り出してる不思議, 例に, 保存し, 保育し, 備えて, 先ず見よう, 其の儘肯定, 具へて, 再現する, 利用し, 創案し, 創造し, 創造した, 力説し, 北海道に, 原理として, 厳格に, 反映し, 取って, 取り入れたもの, 取り入れて, 取り入れるため, 取り入れ得るに, 取るもの, 取入れるに, 同じゅうするものは存, 呑み込んで, 国民生活に, 基調と, 堅めた, 墨守し, 墨守する, 変えた珍しい, 変えなかった, 変化させた, 多くとりいれ, 多くとり込ん, 多量に, 天上にも, 好みましょう, 学んだよう, 学んだ日本人, 学んだ為, 学んで, 守って, 守る下駄, 定め日本, 実現した, 宮殿として, 左右する, 巧みに, 形づくつた, 復興しよう, 必要と, 念仏踊りは, 思い浮ばせる形式, 急変する, 悉く人, 想像させる, 想定せず, 意味し, 成長せしめた, 我々の, 所有し, 拡大する, 持つたもの, 持つて, 持続し, 挙げること, 採り入れて, 採り容れた創作, 採用し, 探つて, 推古様式より, 推移させ, 描写報告する, 改めようと, 整えて, 文の, 是非する, 有った方法, 有って, 有つ, 有つべき, 服飾, 案出した, 棄て兼ねて, 正うし, 残した珍, 残して, 永い間, 決定した, 獲得した, 現わし, 理想と, 理解し, 理解出来ない, 生かせて, 生み出しそこ, 生み出したと共に, 生むだろうと, 生むまでに, 生活を, 産出し得ない, 用いたもの, 用いつつ, 男の, 略一つ, 略述した, 異にする, 発明した, 発生せしめる, 発見し, 発見するであらう, 盛って, 直ぐに, 知つてゐるで, 知らず知らずの, 知らないもの, 知るという, 研究すべき, 破壊し, 破壊する, 硬化させ, 確立する, 示しつつ, 示すもの, 示す以外, 示す語, 立てさせた, 繁殖さし, 色変りの, 芸術の, 襲用する, 見出して, 見出す事, 見学させ, 規定した, 規矩する, 言い現, 詩劇と, 詳しく調べ, 論じ比較研究, 論ずるに, 超えて, 踏んで, 踏襲した, 輸入した, 通過させた, 道徳的標準として, 選ばずに, 重量ある, 長歌が, 集めたカタログ

▼ 様式~ (154, 10.3%)

3 あって 2 あった, ある, あるの, それに, 変化し, 発見され

1 [139件] あいぬ, あっての, ありその, あり観念, あるよう, あるらしい, いかなる影響, いかにも日本, いかに直観, いつまでも, いろいろの, きわめて多, ここに, この三室, この上, この事実, しきたりとして, すつぽ, すべて此土の, そのまま日本, その特殊, ちがう, ちがうの, ちがって, できあがった, できたの, どういう道筋, どうしても単調, どうして発生, どうせさう, はじめられた事, ほとんど決定的, ほとんど顧みられ, また唐, また明白, まだ統一, より自然, プロパガンダ, 一変し, 一時に, 一種の, 七夕節供や, 与えた輪郭, 与える賜, 世間に, 主と, 今いった, 今の, 他に, 他の, 伝わったの, 伝来した, 伺われるだけでも, 何人かの, 内容を, 出来て, 出来も, 出現した, 出現する, 分化し, 初めて創造, 初期の, 創造されなけれ, 厭な, 可能でも, 君臨する, 唐の, 唐より, 在来の, 変ったため, 変つ, 変りましたから, 変化する, 多く伝統, 大学の, 好きな, 始まって, 始まるの, 定まったの, 将来の, 将来生れ得る, 少しずつ, 少しゆがん, 少し変っ, 彼の, 徳川末期の, 意識せられる, 成立する, 或る, 把握せられる, 採り入れられたの, 改善された, 改変され, 文学的であっ, 日本語の, 易つて来る, 時を, 最も単純, 月々四五十枚の, 果して所謂飛鳥式, 根本から, 概念的知識の, 決定される, 法隆寺金堂そのものの, 流行った時代, 無言の, 現代の, 生まれそれ, 生まれるはず, 生れた本来, 甫めて, 異つて, 異る, 発展を, 発達し, 直接に, 知能に, 祓の, 神の, 種々雑多, 突発する, 精神的かと, 結婚後の, 統計的だ, 繰返される, 考へられたこと, 著しく旧, 複雑多様で, 西域より, 見えるの, 規定され, 認識手段乃至, 象徴と, 貧弱な, 這入つて, 非創造的, 非生産的, 驚嘆すべき, 麦積山に

▼ 様式~ (103, 6.9%)

2 好奇心を, 帰因する, 於て, 特殊な, 興味を, 規定された, 達して

1 [89件] あこがれたよう, あこがれ自分, ある様, いくらか新し, かかわらずその, かぎる, この手段, したがって, すぎないこと, すぎないの, ぞくする浮動, なったからと, なった拱心石, なってるの, なると, ひどく似, みちて, ドイツの, 不案内の, 交つて古い, 人知れぬ, 今人, 似て, 作られて, 作りか, 作り上げたもの, 依つて, 分かれよく, 分ける事, 分類される, 切った紙, 到らないの, 基づきつつ, 変りは, 変化し, 変化を, 変遷する, 多少の, 大きな光明, 大変化, 対応し, 就いて, 就て, 展開した, 属すること, 属するとも, 属するもの, 差の, 従つて各自にのみ, 心惹かれる, 慣れて, 憧れる妹, 支配され, 改つて行つたのが, 於ける函数的クラシズム, 於ける意匠, 於ける技術, 於ては, 未練を, 様々常態では, 止まって, 比して, 比較し, 為立てあげ, 照応する, 特別な, 生じた変化, 盛り整えた, 相応ふ, 移るには, 種々の, 立脚し, 結びつくとしても, 統一され, 見るべきもの, 言及する, 認めて, 較べて, 近づいて, 過ぎなかったこと, 酷似し, 鉄筋コンクリートが, 関係が, 限って, 限られない処, 順応し, 飾りたてその, 驚異した, 魂を

▼ 様式~ (94, 6.3%)

2 それも, 時代の, 現れて, 複雑であり

1 [86件] あれは, いつも夫, いわゆる, かかる天才, この後, この要求, さても, すなわち推古, その発達, それで, それ自身ある, だから交互, どこに, なお盛ん, わが国にも, クラシズムから, バジリカ風で, フェノロサの, ヨオロッパに, ランスアミアンシャルトル等の, 云わば, 京都や, 今に, 今後の, 今日の, 今日も, 似ても, 何も, 全く能, 六朝様式に, 凡延喜式の, 初期の, 前にも, 勿論の, 原則として, 古くも, 同一であり, 同棲生活を, 和洋折衷と, 和風であっ, 唯記号的, 変遷し, 外国から, 大体に, 宋元, 宗教, 実際吾, 少し異様, 少なからず, 希臘から, 広汎に, 必ず過去, 整ひはじめた, 方形なる, 日本海海岸式で, 早速に, 昔の, 服装の, 未だ十分の発達, 材料を, 東洋に, 極めて短い, 構造の, 次第にくずれ, 歌舞伎の, 殆ど, 消えて, 満州事変以来軍部の, 漢代からの, 瓦解した, 生まれ得ぬであろうか, 産業革命によって, 発達しきらない, 百済観音や, 皆これが, 知って, 破壊される, 神明造千木が, 神話が, 移動できない, 結局シナで, 衣食住の, 表現派でなけれ, 詩とか, 通例初, 避けて

▼ 様式~ (75, 5.0%)

2 し自ら, なつて, なるという, 天平様式との, 比較し

1 [65件] いうべきもの, するという, するよう, する人々, その使用法, その刺戟, その影響, その進化, どう関係, なった, なって, なっても, なり売買, なる, なるの, なるもの, アメリカの, イオニア様式の, 之とは, 云っても, 作法と, 作用とは, 優しい心づかい, 優雅で, 共にかかる, 内容とを, 内容の, 又序で, 叙述様式, 古典様式との, 合一し, 同じくヂレツタント, 同一角度からの, 変ったもの, 定義され, 展覧会の, 思想的あるいは, 性質が, 推古様式との, 操作, 教養とを, 文化を, 文化意識とが, 機智と, 洋風の, 漢代の, 生活内容で, 異り, 研究手段, 礼儀作法の, 礼拝とを, 程度との, 競うて, 考えられがち, 考えられるならば, 考えるならば, 能とは, 色彩とを, 装飾を, 見て, 見られるの, 見ること, 観らるべき, 謂つた姿を, 違った目標

▼ 様式~ (54, 3.6%)

5 されて, して 2 したもの

1 [42件] がダイアローグ, が問題, が教養, が求められた, が見られる, されたブルジョアジー, された山, された技術, されてさえ, されながら, され図式化, され洗煉, され装飾化, しすぎた大名菓子, したまんま, したスタンド, した人間群, した演壇, しては, しなかつたか, し生きて, すること, せられたという, せられた感じ, せられた驚愕, せられて, であったろう, と人物, と構成派風, にならず, には問題, による舞台, による観念的演出, に出発, に応じ, に押し進める, に走, のなか, は彼, をし, を創め, を認める

▼ 様式~ (41, 2.7%)

2 着物の

1 [39件] あつた, あとは, あらう, あり得るの, かくの, すべて支配され, でも, どちらかを, ひとつこの, ゴブラン織の, 不易に, 之と, 六朝時代の, 天子の, 庭園を, 彼らが, 待ちくたびれさせた, 復活した, 整理し, 方塔が, 最高の, 村や, 殊にその, 然し仔細, 片附け, 特色し, 猿の, 町から, 発想される, 登場した, 統一し, 英国材の, 行く考え, 行なわれて, 設けられる, 説明したら, 説明する, 造られた本箱, 遺伝された

▼ 様式として~ (28, 1.9%)

2 一つの, 存在の

1 [24件] あらゆる文学的規範, かなり高く, このファルス, これも, 人間学的な, 初めて映画固有, 取扱ふ, 大いに意味, 大国主命の, 存在し, 完成され, 強いて, 役立つため, 心持が, 成立した, 既に存在, 現われて, 穹窿形を, 考え得られる時, 見た場合, 見れば, 見過して, 認められ出した王朝末, 通用する

▼ 様式~ (27, 1.8%)

2 これから先, 古臭く旧式

1 [23件] あらゆる肉感的, あるの, いつの, いろいろある, なかった, はなはだモダン, 三つながら, 世に, 世界文学に, 世界的規格統一が, 予め研究様式, 便利で, 内容も, 取入れられた, 叙述様式も, 岩野清子の, 常に弁証法的論理, 従来の, 昔から, 残って, 相通じた, 美しさ, 自然で

▼ 様式~ (18, 1.2%)

2 社会組織の

1 [16件] から見る, その中, その習慣, 中インド様式と, 住み方, 信条を, 境遇は, 家の, 性格の, 我が国で, 我国で, 樹木の, 気分が, 流行で, 経済上の, 考へ方

▼ 様式から~ (17, 1.1%)

2 云えば

1 [15件] いって, いへば, 云って, 云へば, 他の, 個人の, 出た名, 出た種子, 天平様式への, 来た信仰, 来るの, 琉歌様式に, 生れる精神的, 結果する, 見て

▼ 様式である~ (15, 1.0%)

2

1 [13件] からこれ, から慰藉料請求, ことそれから, という以外, ところの, とした, のである, 処から, 処の, 和歌の, 唯環境, 文芸の, 限りそういう

▼ 様式~ (13, 0.9%)

3 に把握 2 に物 1 であるという, な想念喚起法, な意義, には短歌, に全く, に即ち, に実在, に生産的

▼ 様式としての~ (11, 0.7%)

1 [11件] ジャンルが, 価値を, 技能は, 技術が, 技術と, 技術などに, 技術乃至, 新詩形, 物質的技術にとって, 物質的技術の, 魅力を

▼ 様式にも~ (11, 0.7%)

1 [11件] いろいろあろう, かかわらずこの, それは, ないバラック的建築物, また同様, 共通の, 吸引を, 少しづつ変化, 歴史が, 段々の, 著しい変化

▼ 様式~ (11, 0.7%)

2 の相違 1 に非常, の問題, の模倣, の特徴, の考察, の考案, の近似, の連体状態, の進化

▼ 様式によって~ (10, 0.7%)

1 いるにも, おまえが, 主人の, 変わる, 定着され, 建てられた最もしっかり, 日本の, 焼失後本の, 直ちに写し出す, 風刺文学な

▼ 様式という~ (9, 0.6%)

2 ものが, ものは 1 ことが, すべての, ものでなけれ, ものを, 統一体の

▼ 様式との~ (9, 0.6%)

2 間に, 間には 1 原理的な, 巧妙な, 相違は, 結果を, 類似を

▼ 様式では~ (8, 0.5%)

1 ありますが, しばしば釘綴じ, ないやう, なお真に, なかった, なかつた, なくて, 家庭を

▼ 様式~ (8, 0.5%)

1 のだ, のだろう, のである, のでさっぱり, ので城, んです, 情熱の, 新しい街衢

▼ 様式について~ (8, 0.5%)

2 大いに研究, 私は 1 ちよつと, みれば, 言えるのみ, 語り合うこと

▼ 様式には~ (8, 0.5%)

1 ある定, とても詳しい, 二つの, 古風な, 日本人の, 村共同の, 違ひない, 順応し

▼ 様式に対する~ (8, 0.5%)

2 感覚は 1 可能性と, 安易な考へ, 愛慕の, 根本的な, 認識が, 限界の

▼ 様式などは~ (7, 0.5%)

1 三文雑誌にでも, 問う所, 外国の, 実に徹底的, 知れなくな, 考えられないという, 馴れないこと

▼ 様式~ (7, 0.5%)

1 から言, が交つて, として詳しく, によっても他, の興味, や表現方法, をもっ

▼ 様式とは~ (6, 0.4%)

1 一応全く別, 何か, 全然調和, 同じもの, 少からず, 違って

▼ 様式に対して~ (6, 0.4%)

1 まるで異郷人, 新しい革命的, 歌舞伎劇が, 眼鏡の, 私が, 私ほどに

▼ 様式としては~ (5, 0.3%)

1 まず成功, むしろ物語的, フェニキアに, 全然別, 第一次大戦後

▼ 様式において~ (5, 0.3%)

1 ベートーヴェンの, 一つの, 教祖への, 特に社会的, 過去の

▼ 様式とを~ (4, 0.3%)

1 もつて, 別々に, 異にした, 示さねば

▼ 様式における~ (4, 0.3%)

1 写実の, 理想化と, 表面的な, 製作過程である

▼ 様式より~ (4, 0.3%)

1 初唐様式, 天平様式への, 展開しいでた, 弘仁貞観様式への

▼ 様式こそ~ (3, 0.2%)

1 シナにおける, 昔ながらなれ, 違え共に

▼ 様式そのもの~ (3, 0.2%)

1 が本来さ, だという, ではなかっ

▼ 様式~ (3, 0.2%)

1 からに他, とか何, と考えたがる

▼ 様式だけは~ (3, 0.2%)

1 具えたもの, 北魏に, 完全な

▼ 様式でなけれ~ (3, 0.2%)

3 ばならない

▼ 様式でも~ (3, 0.2%)

1 あつた, ない, ないし

▼ 様式などの~ (3, 0.2%)

1 すべての, それ自体としては, 単一性に対して

▼ 様式によ~ (3, 0.2%)

1 つては, つて常, つて表明し

▼ 様式への~ (3, 0.2%)

1 展開は, 展開も, 推移において

▼ 様式かも~ (2, 0.1%)

2 知れない

▼ 様式たる~ (2, 0.1%)

1 実を, 戯曲の

▼ 様式だけ~ (2, 0.1%)

1 である, 扱ったの

▼ 様式だけを~ (2, 0.1%)

1 文学と, 論じて

▼ 様式であった~ (2, 0.1%)

1 と思う, のである

▼ 様式であり~ (2, 0.1%)

1 その様式, 思想そのものの

▼ 様式とか~ (2, 0.1%)

1 さまざまな, 技巧とか

▼ 様式とが~ (2, 0.1%)

1 前に, 相混じ

▼ 様式においては~ (2, 0.1%)

1 現在が, 種々なる

▼ 様式についての~ (2, 0.1%)

1 喜びも, 民族的本能から

▼ 様式にまで~ (2, 0.1%)

1 手を, 追い付かねば

▼ 様式による~ (2, 0.1%)

1 劇場の, 絵画の

▼ 様式ばかりを~ (2, 0.1%)

2 眺めて

▼ 様式を通じて~ (2, 0.1%)

1 その人, 仮にも

▼ 様式乃至~ (2, 0.1%)

1 は手法, 神秘的社会諷刺劇の

▼ 様式~ (2, 0.1%)

1 に於, の開展

▼ 様式即ち~ (2, 0.1%)

1 新劇を, 物の

▼ 様式及び~ (2, 0.1%)

1 価値について, 折衷式のみ

▼ 様式展開~ (2, 0.1%)

1 の必然性, を考察

▼ 様式或は~ (2, 0.1%)

1 其設備を, 場面の

▼ 様式~ (2, 0.1%)

1 に関しても精密, を相する

▼ 様式~ (2, 0.1%)

1 についても論ずる, に対する新

▼ 様式風俗習慣道徳宗教的信仰~ (2, 0.1%)

2 または一般的

▼1* [90件]

様式あるいは単にその, 様式いろいろの段階, 様式からだけ論じれば, 様式からの拘束が, 様式からのみ来るという, 様式ういふ, 様式されている, 様式すなわち直接に, 様式するのは, 様式そのままであっても, 様式その他文学方法論の問題, 様式だけが独立し, 様式ださうで特にまた, 様式だったのである, 様式だったらほとんど簡単, 様式だろうし演繹, 様式つまり現代日本人の, 様式でさえ描けば, 様式ですがそれ, 様式でないどころか極めて, 様式としてさえこの手段, 様式とに依存する, 様式なかんずく多数の, 様式なぞとはまったく異なっ, 様式などその代表的, 様式などに注意し, 様式なりがあると, 様式なりと仮定し, 様式なりにおいて上記の, 様式なりは時代によって, 様式なんかだってルイ時代の, 様式においてのみ可能であった, 様式においても自然である, 様式にしかすぎないの, 様式については南蛮屏風や, 様式についても超人的, 様式につき所信を, 様式によっては拘禁性精神病が, 様式に従って構成され, 様式に関する暗示を, 様式のみからいえば, 様式のみが伝統として, 様式のみに留まらず建築, 様式のみを墨守し, 様式ほど胸の, 様式また宗達画などの, 様式までも回教文学上に, 様式やのなかに, 様式をも意味し, 様式を以て旱魃の, 様式を通して小説の, 様式上同一の本質, 様式上形容動詞風にし, 様式にあっ, 様式の一景, 様式主義的傾向を示す, 様式伝統の束縛, 様式伝習の間, 様式例へば小説に, 様式全然殊なり, 様式化そこにある, 様式古典的舞踊と歌曲, 様式四囲の心理, 様式である, 様式図式の中, 様式変化して, 様式好もしい姿である, 様式建築が独逸, 様式が西方, 様式技術論のみをもっ, 様式文脈の応用, 様式方法の資格, 様式は勿論, 様式歌舞音曲にまであらわれ, 様式汚れた裏町安価な, 様式特性が定まる, 様式発展の媒介者, 様式的分類から云, 様式的特徴はリアリスティック, 様式的統一が完成, 様式的舞台表現に成功さ, 様式的運動である, 様式破綻から溢れ出る, 様式西欧の名著, 様式を説明, 様式趣味家族の年齢, 様式踏襲の間, 様式遵奉と模倣, 様式開展が日本, 様式離れのした