青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「様~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~構 構~ ~構え 構え~ ~構成 構成~ 構造~ ~槍 槍~ ~様
様~
~様々 様々~ ~様子 様子~ 様式~ 樂~ ~標準 標準~ ~模様 模様~

「様~」 51392, 555ppm, 169位

▼ 様~ (11377, 22.1%)

457 して 405 なつた 238 なつて 183 なって 89 なった 82 見える 68 見えた 60 なる 50 なりました 48 なると 44 云った 40 思って 34 なったの, 思われた 32 なつたの, 思はれる 29 なるの, 云って 26 言つた 25 見えて 24 お目, 思はれた 22 思われる, 感じた 21 思われて 20 した, 思ふ 18 云つた, 成って, 見えるが 17 するの, 見えるの 16 なれば, 私の 15 思はれて, 感じて, 手を, 目を, 自分の 14 出来て, 千世子は, 思った, 注意し, 見えます 13 笑った 12 お眼, 思われます 11 向って, 声を, 思えた, 私は, 考へて, 身を

10 [13件] する, それを, なってから, 似て, 口を, 彼の, 彼は, 気を, 考へられて, 聞いて, 見えました, 見て, 言ふ

9 [12件] いった, お目通り, しても, なっては, なつたらしい, なります, 出て, 思つた, 書いて, 眼を, 私を, 頭を

8 なっても, なりまして, 何か, 来て, 消えて, 見えたの

7 [15件] お目にかかって, お願, これを, こんな事, せねば, 心を, 思う, 思うの, 思われるの, 感じられた, 私が, 聞えて, 話して, 頼んで, 顔を

6 [23件] あなたの, おかれましては, お頼み, お願いし, お願い申し, したの, だまって, 代助, 千世子の, 唇を, 御相談, 思いつつ, 思うて, 思えて, 感じながら, 浮んで, 立って, 答えた, 見せて, 響いて, 願います, 願って, 首を

5 [40件] お目にかかること, お礼を, さへ, してからが, しなければ, そこに, なったが, なったと, なったので, なる事, 云う, 云うの, 仕えて, 会って, 何の, 余の, 力めた, 命じて, 妙に, 御厄介, 御挨拶, 心の, 思ったの, 急に, 感じられて, 感ぜられて, 持って, 眉を, 考えて, 聞えた, 聞える, 自分自身を, 覚えて, 言つて, 身体を, 輝いて, 音も, 響く, 顔の, 黙つて

4 [76件] あなたを, いいました, いうて, おかれても, お目にかかりたいと, お祈りを, お詣り, き, こんなこと, ござります, ござりまする, しては, じっとし, するから, すること, すると, する事, すれば, そこへ, それが, なったもの, なり遂に, なるまでには, 人が, 仕て, 代って, 何にも, 動いて, 取れた, 咲いて, 奇麗に, 存じます, 小声で, 彼女の, 御目, 御迷惑, 心得て, 思いながら, 思います, 思うが, 思つてる, 思はれます, 思ひます, 思われました, 成つた, 木の, 次から, 深い溜息, 無邪気に, 燃えて, 父の, 申して, 申しわけが, 申し上げて, 申訳が, 私には, 立派な, 答へ, 精神的に, 綺麗に, 縦横に, 至るまで, 致して, 見えるもの, 見せかけて, 見られて, 親切な, 言った, 言って, 進んで, 違いない, 部屋の, 部屋を, 青ざめて, 静かに, 願を

3 [155件] あたりを, いって, いつまでも, おつけ申しあげた, お会い, お別れ, お参りを, お手渡し, お目にかかった時, お目にかかりたいの, お茶を, お詫びを, お願いが, きいて, さっきの, されて, した方, するが, そっぽを, その辺, それに, ちがいない, ついて, なったん, なりましたが, なり更に, なり私, なるに, なるので, なるん, もしもの, よろしく, キチンと, ツて, ハッキリした, ホッと, 丁寧に, 万一の, 上げて, 両手で, 両手を, 二人は, 云うて, 云うと, 云うは, 云ったが, 仙二は, 任せて, 会いに, 会わせて, 体を, 何も, 依っては, 俺の, 僕は, 光って, 凝って, 出来るだけ, 前に, 力を, 努めて, 動いた, 向うの, 固まって, 多くの, 奇怪な, 女の, 姿を, 室の, 室を, 寝て, 彼も, 彼等の, 御奉公, 心が, 心に, 思う事, 思える, 思ったけれど, 思つてゐた, 思はれるが, 思ふの, 思へる, 思われるが, 怪我アさせ, 息を, 感じたの, 感ぜられた, 手に, 抱かれて, 暫くは, 枝を, 柔かな, 歩いた, 水を, 海の, 深い息, 澄んで, 熱くて, 用心し, 申し上げます, 男の, 白かった, 皺だ, 目の, 着いて, 祈って, 祈ります, 秀子の, 私たちの, 立ち上って, 笑って, 笠を, 結んで, 罪を, 美くしい, 美くしく, 考へ, 考へるの, 耳を, 聞こえた, 聳えて, 肩を, 脇目からは, 自分が, 自分で, 自分に, 落ちて, 血の, 行って, 見える事, 見せ掛けて, 見受けられる, 解釈し, 言いつけて, 記して, 話を, 説いて, 走って, 透明な, 金は, 鉄の, 開いて, 間を, 限って, 限っては, 隠して, 静かで, 静かな, 頭の, 頼まれて, 鳴りわたる鐘, 麓の, 黙って, 黙り込んで

2 [580件 抜粋] あまり興味, いいつけて, いくらか, いたして, いつもの, いろいろと, いろいろの, うつくしい五色, うつむいて, うなだれて, おかれては, おかれましても, おことわり, おし黙って, おすがり, おすがり申して, おなりに, おね, おわびを, お世話に, お乳, お任せし, お会わせする, お思い, お怪我, お暇, お目にかかった上, お祝儀, お縋り申す, お願い致します, お龍, かぎって, かすれた声, かつては, きこえる, ぐうっと鳴り, この絵, これは, これも, こんなところ, こんな波, ご挨拶, さ, ささやいた, させて, さは, しずかに, したいもの, したかった, したかつた, したが, したって, しないと, しながら, しろと, しんみりしない, すぐ問題, すべし, するからと, するには, そういっ, そう言っ, そこの, そっくりだ, そのこと, その事, そんなこと, た, ただ日本人, だとて, ぢき, つけて, とれる, どんよりと, なくなって, なさいよ, なったか, なったから, なったつもり, なったり, なった所, なった時, なった時代, なっちゃあ, なってからは, なつたら, ならなければ, ならねば, なりそう, なりそして, なりたいと, なりましたな, なりましたの, なりましてから, なりますから, なり又, なり後, なるかも, なるであらう, なるでしょう, なるよ, なる前, なる時, なる資格, のらくら遊んでる, のろのろと, ぼんやりと, まざまざと, もつれあって, よく肖た, よろこんで, よろしく御, よんで, わきを, わけて, コロッと, ゴロゴロと, スケッチが, スーッと, ソーッと, タラタラと, チラチラと, パタパタと, ピチピチと, ボンヤリと, 一つの, 一人の, 一人身なら, 一処に, 一度も, 一日も, 一種の, 一種異様の, 一足横へ, 下って, 不思議な, 不気味に, 並んで, 之を, 事情を, 二両や, 二人の, 二人を, 二重もしくは, 云いながら, 云うた, 云う者, 云ひ, 互に顔, 人々の, 人々は, 人を, 人間の, 仕よう, 仕組まれて, 仕組んで, 仕込まれて, 仰言って, 会いたいため, 会いたいと, 会った話, 伝へられて, 似た人, 似た顔, 何でも, 何を, 何時までも, 何時拘引される, 余に, 余を, 作り上げられたとは, 併し, 使われて, 供えに, 依れば, 依怙贔屓の, 倭文子の, 僅かの, 働らき, 元気に, 元気を, 先手を, 先生が, 先生の, 光君の, 入口の, 其処を, 冴, 冷い, 出世を, 出来ない, 刀を, 分けて, 分れて, 力の, 助けられて, 助けられまして, 動かない, 動かなかつた, 動き始めた, 勝手から, 勝手に, 勧めた, 北川氏の, 千世子も, 半分つぶやく, 単純なる, 厳かに, 厳重に, 又し, 反対の, 受取られる, 口の, 叫び, 叫んだ, 可愛がっ, 叱る様, 右の, 吉野の, 向いて, 向かって, 吹いて, 周囲を, 咽喉を通して, 唯一の, 唾を, 問いかけました, 喜んで, 囁きました, 執拗に, 堅実な, 変な, 変に, 多大の, 奉公し, 女は, 威力ある, 嫂に, 嬉しがっ, 子供の, 家の, 寐ながら, 少しの, 就いて, 局部に, 岐れ, 嵐の, 差し上げて, 差し上げます, 差し上げようと, 差上げて, 平たく見えた, 座って, 強く打っ, 彼が, 彼女は, 往生し, 後には, 後へ, 御したて, 御無沙汰いたせ, 御目通り, 心懸くべし, 心掛た, 必要が, 念が, 思いました, 思いましたが, 思いますが, 思ったが, 思ったり, 思つて居た, 思はれたが, 思へた, 思われたの, 思われたり, 思われますが, 恋を, 恍惚として, 想いを, 想像し, 想像せられ, 感じる, 感じる程, 感ずる事, 感ぜられる整頓, 成ったと, 成らねば, 成りました, 成りましたが, 成ると, 我々は, 或る, 扇を, 手の, 手紙を, 抱えて, 拝んで, 拡がって, 拵えられて, 挨拶を, 振りながら, 捨てる様, 揺れて, 文学の, 斯う, 新らしい, 旅の, 旋転し, 日が, 日参を, 旨く輪廓, 明るい, 昔の, 普通の, 暈された眼, 暗い所, 暗闇の, 書斎から, 束縛する, 柔らかに, 様々の, 歌に, 歌の, 正面から, 此の, 歩いて, 歯を, 死んで, 母親は, 毒を, 比べて, 気が, 気の, 気楽に, 注意した, 洋卓の, 浮上って, 海を, 消えた, 涙が, 溜息を, 濫用した, 為って, 無邪気である, 熟語を, 物を, 猫が, 甚く, 生えて, 生れついて, 生写し, 申しあげて, 留めて, 痛み出した, 白い, 白い手巾, 白くなった, 皆に, 盛んに, 相成りまして, 相手次第で, 相談し, 真白だ, 真赤に, 真青な, 眺められた, 知らせたや, 知れなば, 石塊で, 祭り上げるなんて, 私に, 空に, 立つて, 立派に, 竪に, 笑いながら, 笑い出した, 笑う声, 答える, 簡単に, 精神の, 組み合って, 結って, 続いて, 縄を, 置いて, 美しい, 美しいが, 美しい併, 美しい様子, 義理が, 考えた, 考えられて, 考へられる, 考へられ出したの, 考へる, 聞かれる, 聞こえたの, 聞こえる, 聴えた, 肱掛椅子に, 背を, 胡麻を, 胸が, 胸に, 胸を, 脊髄から, 腫れ上がる, 自然に, 致しました, 色々な, 色濃くな, 落ち付いて, 蒲団を, 藁店を, 行かないかも, 表の, 装って, 西の, 見えたが, 見えたので, 見えますが, 見えますとも, 見えるから, 見えるけれども, 見える場所, 見える所, 見える泡鳴, 見つめて, 見傚, 見入って, 見立てて, 覚申候, 親しく往来, 解せられる, 解せられる所, 言いわけ, 言うて, 言つてゐる, 言ふと, 記念の, 記憶えて, 記憶し, 記憶する, 話した, 誓いを, 説明した, 説明を, 読んで, 調子に, 調子の, 調子を, 谷川の, 買って, 赤い顔, 赤くなっ, 起って, 足が, 足を, 躊躇ふこ, 身が, 身ぶるいを, 身体が, 身分を, 軒から, 軽くは, 近藤様, 迫って, 述べて, 退屈を, 逃げ帰って, 逢いに, 逢って, 違いありません, 酒を, 重い水, 重かった, 野本氏の, 鎮まつて, 門を, 降った, 降って, 随身の, 障子を, 頗る異, 頭から, 頭は, 頼んだ, 顔に, 風を, 飛び出して, 飛んで, 飲みながら, 馳け, 驚いて, 高い天井, 魂を, 鼻の, 鼻を

1 [6193件 抜粋]  ― ―― ― ―― ―  ン, あげる, あてはめて, あの男, ありますが, あんまりべっぴん, いうた古, いそ, いつもド, いらぬこと, うかぶかお, うそを, うなる大, おいでを, おしらせする, おつう七目題目, おぼろげに, おれに, お会いでき, お前は, お嘆き成さった, お尋ね申し, お懐しゅう, お気が, お目にかかったの, お目通, お米, お見せ申す, お貸し, お附き纏い, かういふこと, かく事, かたまつて, かるい風, きっと眼, くどくどと, こう云っ, こっちの, この土地, この発見, こびり付いた猜疑, こんな物, ご苦労ばかり, ささやかな, さとす様, さわぎ廻って, したくて, した上半身, してさえ, しなさい, しましょう其様, しょっちゅう持ち, しろ隻眼隻腕, し絶えて, すぎて, すつかり, すやすやとね, するん, せしめるに, そうでない, そそり立って, そのままの, その可能性, その新芽, その着物, その頃, そろそろと, たおれて, たどたどしいもの, だるい, ちゃんと操, ついて行くの, つっぷして, つめより, では, となえるん, とんぼ返り, どの百姓, なさる気, なったという, なったら部屋中机, なった口元, なった時分, なった自分, なってる筈, なつて以後, ならねいでも, なりかわりまして, なりついぞ, なりましたし, なりますで, なり乃至, なり喜劇的, なり悄然, なり民謡, なるお方, なるだろうと, なるべ, なる者, にらめて, のどかな, はてしなかった池, ひざまずいて, ひらいて, ふるまいました, ぺこりと, ぼくの, まかれた砂石, また中, まっしかく, みえるの, むれた風通し, もとの, やつれて, ゆれアセチリン瓦斯, よく似た, よろこばれるか, わきに, ウットリと, キッパリキッパリ書い, クルリクルリと, シパシパの, スッカリお, ソッケなく, ドキンドキンと, ネジを, パスを, ピカピカする, フフフフと, ベチャクチャ喋れる, ポイポイ出歩く, リボンを, 一ぷく, 一切を, 一寸時計, 一時は, 一皮ずつ, 一身を, 三七日の, 上げる事, 下った白い小さい, 不定なる, 不自然に, 両国橋から, 中好う, 乗り移って, 乾風が, 二人まで, 云いましたけど, 云うたけれど, 云ったと, 云つて顔を, 云放つ, 亡ぼされ, 人生の, 今一つ古い, 仏法の, 仕向けて, 代え頭, 仰有りましたが, 会う前, 会つても, 伴なわれ, 伺っても, 低級な, 何と, 何処からか, 作が, 使い分け槍, 供えそれから, 信じて, 候はやく, 催促し, 働らい, 元々通り, 先に, 光ったかと, 入り浸って, 六カ月間分らな, 其の手, 内へ, 再生を, 冷たく澄んだ, 出あるけなかったもん, 出来上ったらそれ, 分たれるという, 切迫した, 前を, 加勢を, 助けられ御, 動かす事, 勧め猶, 区別すべし, 単純ながら, 原子爆弾は, 又は女, 又鈴木氏, 取あえずと, 取り計って, 受け取られる部分, 古代において, 叫んだが, 可愛がられまして, 叱られるの, 合鍵を, 向いお, 向つて私, 吸い付いた人間, 呟いて, 呼ばれること, 命じ長照, 咳を, 唯無感覚, 啼てる, 噂を, 四肢を, 固くなってる, 土間の, 坂を, 執念深くつけ廻, 墨を, 変へて, 多数者の, 大きい赤い塊, 大きな額, 大小さまざまな, 天井の, 夫人にとって, 奉納物の, 女王は, 如何にも楽し, 威張り返って, 嫌ふ, 子供達は, 完全に, 室内へ, 家業を, 寒い, 専門的に, 小さい両手, 小栗土葬, 少しまし, 尠く, 居住ひ, 屹立し, 左に, 差し上げる手紙, 希望と, 平に柄杓, 年を, 広い額, 座った, 廻転し, 引っくり, 張って, 弾いて, 当寺, 彼らが, 後で迷惑, 従容と, 御出, 御意見, 御立腹, 微塵も, 心懸け, 忌み嫌うた仏徒, 怒つたので, 思いこまされて, 思いませんが, 思い眸, 思うだ, 思し出らん, 思つたのである, 思はれましてネ, 思ひましたから, 思ふて, 思われそして, 思われるばかり, 思われ出した, 性急に, 恐しい勢, 恨まれるよう, 悪意を, 想はれ, 意思を, 感じた暫く, 感じられる書き方, 感謝しろ, 憐れな, 成ったので, 成られるとは, 成るよう, 戦いて, 手向いなぞを, 打ちあけなかったかと, 承知し, 抱いて, 押絵の, 持出して, 挨拶も, 捕えられたじゃ, 推重り, 摺れ違うところ, 故, 教育せられなけれ, 文字どおり闇黒雲な, 断わらずに, 新しくて, 於ても, 日焼けを, 明い庭, 明るく成った, 是非とも, 普通五分位飛び出, 暖かく黄味, 暮らして, 書かなくっちゃあ, 書の, 朝起きる, 未練を, 来た, 東北には, 柔かいし, 棄つる, 検査官や, 構図し, 機関庫主任を, 歓喜した, 此印象が, 歩き廻った, 死ぬなら笑って, 段々下, 毎年一定の, 民族性が, 気絶する, 水分を, 汚れて, 沼の, 泣入っ, 泳ぎ渡り, 浅瀬を, 海面に, 涙ぐんで, 深くなっ, 清澄の, 済まねえ何, 温雅な, 漂う髪の毛, 濃化粧, 烈しく恋, 無暗に, 焼付いた, 照らされ嬉し, 熱した礫, 爾し, 物足らなかつた, 独りで, 獣類屠殺の, 現実も, 生え易く, 生活し, 由つては, 申しわけがねえ, 申すで, 男女関係を, 疎々しい, 病気を, 発育させる, 白い爪, 白湯を, 皆の, 目前に, 直訴を, 相見え, 真正直, 真黒な, 眼の, 矢張り向うを, 短刀を, 破格の, 祖父は, 祟りが, 私如き, 積つてゐた, 空腹を, 突然停止, 立ちあがって, 立ち昇って, 立開った, 笑はれたる, 答え一緒, 粧うて, 純然たる, 細い炎, 終わるだろう余, 結婚でも, 続けた, 線路のむ, 繊巧で無く, 置かれ畑仕事, 美しい花氷, 羨しい, 考え, 考え込んで, 考へられるが, 耳朶まで, 聞え堯, 聞く言葉, 肇は, 育てられお蔭, 脆く崩れ, 腹巻いで, 自分を, 至急の, 舟が, 芝生に, 若い雄, 苦情も, 草の, 落ちついたの, 蒼白い豹一, 薫じて, 蝋燭が, 行かないで, 行つたのだ, 衰へて, 補助学科として, 見えたに, 見えては, 見えますね, 見えるでしょう, 見える満開, 見ごとな, 見せる山草, 見とれて, 見ゆる小, 見る間, 見守って, 見詰めて, 覚えた, 親父は, 言い切って, 言ったらいい, 言はれ, 言葉と共に, 訓める, 証歌を, 話し合って, 語って, 説く通人考証家, 誰かに, 諸方で, 譬え様も, 負けない徳行, 賊の, 走ったり, 足拍子を, 踴って, 身体は, 軍師じゃねえ, 輝いた美しい, 迅速な, 迫りお腹, 送っては, 逐使われる, 造り直しました, 逢は, 遊ばしても, 達して, 遣って, 部分, 重い沈んだ, 重みの, 金の, 鋭く並ん, 長い橋, 閃いて, 闘志を, 限ったこと, 隅の, 隣家では, 雪が, 震わせて, 青く頬, 静まり返ったが, 面白いの, 預りまして, 頼まれたこと, 顔だち, 願がけを, 風の, 飛立て戸, 飼ひならされ, 馬鹿馬鹿しいほど, 騒ぎ廻る, 高いの, 高島田の, 鳩が, 黄暗い, 黙して

▼ 様~ (7956, 15.5%)

81 お屋敷 75 ように 63 ような 50 ために 47 ことを 43 ところへ 39 お手 37 お邸, お顔 34 前で 33 前に 32 お心 30 前へ 28 御家来 23 ものを 22 お姿, お耳, お言葉 20 お名前, お部屋, 所へ, 方へ 19 事を 18 御恩, 顔を 17 お祭り 16 ことは 15 お声, お父様, やうに, 方が 14 お下屋敷, お堂, お宅, お身の上, ものが, 御病気, 手に, 方から, 方で 13 お墓, お帰り, ほうへ, もので, 思召し, 方は, 方を 12 おことば, お目, お眼, お身, ことで, 前を, 御顔 11 お使い, ほかには, 御機嫌 10 お供を, お命, お蔭で, お通り, お館, やうな, 手を, 許へ 9 おやしき, ことも, 御好意, 御様子, 話を

8 [17件] あとを, おいい, おため, お側に, お望み, ことが, ことだ, ことでございます, ものに, アンニャの, 中に, 口から, 姿が, 姿を, 御言葉, 身を, 面を

7 [24件] あのお, お住居, お口, お家の, お居間, お情け, お膝元, お船, お話を, ところに, 処へ, 前だ, 名を, 奥様が, 家へ, 居間へ, 後を, 御身体, 方の, 書は, 細道じゃ, 絵を, 罰が, 足を

6 [43件] おっしゃる通り, おとも, お世話に, お写真, お力で, お名, お嬢様が, お家に, お庭, お引合せ, お志, お思召, お指図, お気に, お相手, お考え, こと, ことばかり, ためにも, ほうが, ものの, 上に, 事は, 傍に, 像を, 兇器で, 前には, 唄, 御家中, 御意に, 御異見, 御眼, 御通行, 心が, 悪口を, 手が, 手紙を, 方に, 物を, 胸に, 言うこと, 身に, 首を

5 [44件] おっしゃること, おゆるし, お傍, お力に, お城, お宮の, お宿, お手紙, お為, お生命, お社, お話に, お長屋, ご家来, ところまで, ものは, 前の, 境内を, 声を, 天下を, 家に, 家の, 居所を, 屋敷の, 御人数, 御像, 御厄介, 御威光, 御手, 御次男様, 御親切, 御迷惑, 意味が, 所に, 森の, 様に, 目の, 眼から, 眼の, 眼を, 罰だ, 肩を, 行方を, 許に

4 [89件] いるところ, うちで, おいでに, おそば, お上屋敷, お亡くなり, お体, お友達, お噂, お好み, お嬢様で, お嬢様と, お学友, お宮へ, お心持, お慈悲, お札を, お父上, お絹, お美しい, お計らい, お話は, お連れ, ことに, ご様子, ところから, ほうを, ほかに, もとへ, ものであった, 下で, 中で, 事に, 代りに, 傍へ, 前です, 名前を, 境内に, 声は, 奥様に, 奥様の, 家は, 家来で, 帯が, 建物が, 弟御, 影が, 御一行, 御側, 御利益で, 御前で, 御力, 御名によって, 御命令, 御姫様, 御姿, 御威勢, 御屋敷, 御心, 御息女, 御次男, 御用を, 御祐筆, 御耳, 心を, 感情を, 手から, 手で, 手の, 敵を, 様な, 横顔を, 眼は, 祭礼に, 縁日に, 縁日の, 美しさ, 膝に, 裏の, 解釈が, 言葉が, 言葉は, 身辺に, 部屋へ, 金を, 頭を, 顔が, 顔に, 鳥居が

3 [144件] おかげで, おつ, およろこび, お使, お兄様, お口添え, お召し, お嬢様の, お子, お孫, お守を, お家へ, お家を, お尻, お屋敷内, お弟子, お役宅, お情, お手元, お手許, お智恵, お母様の, お祠, お薬, お裁き, お言いつけ, お詞, お話が, お諭し, お遺骨, お顔色, お駕籠, ことです, ことばかりを, ことよ, ごき, ご都合, するよう, ための, つもりに, とこへ, ところで, ほうで, ほうは, まえで, まえに, まへに, まわりには, み魂を, ものと, ようだ, 世話を, 事が, 事業の, 仕事を, 代に, 仰せに, 供養を, 光りを, 光を, 写真を, 処に, 前まで, 口を, 名は, 境内へ, 変化を, 外には, 大切な, 好きな, 姿の, 姿は, 娘で, 娘御, 家で, 寮へ, 屋敷に, 弟の, 御主人, 御利益だ, 御加護, 御命日, 御城下, 御堂を, 御威徳, 御子息, 御家の, 御居所, 御心配, 御意の, 御支配, 御文, 御決心, 御注文, 御無念, 御符, 御縁日, 御苦労を, 御邸, 意味で, 意味に, 態度が, 所から, 所で, 持って, 教えを, 書の, 木像を, 森へ, 楽毅論, 横に, 次第で, 涙は, 為に, 物で, 申し子である, 画像の, 眼が, 眼に, 眼には, 石置き場の, 祠が, 祠を, 縁の, 背後に, 血を, 裏手の, 言葉を, 話が, 身の, 運動を, 邸へ, 金の, 門の, 領土の, 頭に, 頭の, 顔の, 顔は, 顔も, 食事の, 首が, 魂の, 鳥居と

2 [466件] あの御, あの祈祷所, ありがたさ, あること, いいつけ, いうこと, いらっしゃる所, いわゆる, うしろに, うしろ姿を, うちの, おあと, おか, おかげだ, おこころ, おすがた, おっしゃるには, おつかさ, おはなし, おみやげは, おめし, おもて, お世話は, お作, お側へ, お像, お内, お出まし, お前に, お勤め, お告げが, お喜び, お嘆き, お堂の前, お妾, お媒妁, お嬢さんの, お嬢さんは, お嬢様には, お嬢様は, お嬢様を, お室, お宮は, お家は, お寺が, お寺でございます, お局, お屋敷奉公, お帽子, お庇, お座敷へ, お従兄恵美, お御籤, お心持ち, お息子, お悲しみ, お教え, お時計, お歌を, お死骸, お母様は, お気に入りで, お為め, お申出で, お留守, お祭だ, お胸, お腕, お腹に, お腹ん中に, お膝, お膝許, お落胤, お葬式, お蔭様で, お袴, お見舞い, お説教, お調べ, お迎えに, お金を, お附, お面, お頼み, お首, お馬, お骨, お骨折, くせに, ここに, こころを, こしらえたの, ことであります, ことである, ご前, ご子息, ご家中, ご性質, ご懇意, ご機嫌, ご次男, ご注意, ご病気, ご舎弟, ご証文, さして, して, せいです, その日, そばへ, そばを, ため, ためでございます, ためと, ためには, たもとを, ときも, ところには, ところへでも, ところまでも, ない程, なさること, ひとり言を, ほうから, まわりに, もてなしに, ものでございます, ようじゃ, ようで, ようです, スフィンクスには, スフィンクスは, マネを, 一人で, 一人娘が, 一慶和尚は, 三白眼で, 下に, 下屋敷の, 世に, 中では, 中には, 中へ, 事で, 事な, 事ばかり, 事をも, 二条の, 云うこと, 云う事, 人格の, 仇を, 今日の, 仏蘭西芸術の, 仕事の, 仰せを, 任さるれば, 位所は, 体を, 何とかの, 何に, 側へ, 傍を, 像が, 儀は, 兵が, 兵隊を, 内へ, 出開帳だ, 前から, 前だけ, 前でだけは, 前では, 前でも, 前へは, 剣に, 力を, 勘当を, 包みを, 化身でも, 化身の, 収納の, 口は, 古いの, 台石の, 名で, 周囲に, 命に, 土塀に, 坐って, 場合には, 境内から, 境内と, 声が, 声で, 声でありました, 声に, 外に, 夢の, 夢を, 大事な, 大気にて, 大難に, 天の, 太刀先を, 奉公人同様に, 奥さまに, 奥方が, 奥様で, 奥様にも, 如きは, 妻と, 姫君で, 子に, 字を, 宛名に, 実家, 家から, 家来でございます, 家来に, 寮で, 対岸へ, 尼さんだ, 居場所を, 居所が, 屋敷へ, 屋敷を, 川崎家の, 帯を, 帳面前, 広場へ, 庭で, 庵室へ, 形相, 影を, 後へ, 後ろに, 御かげ, 御めめ, 御下向, 御下問日, 御丹精, 御了見, 御亭主, 御人徳, 御伴, 御信念, 御健康, 御光明, 御写真, 御出, 御出まし, 御出世, 御別荘, 御利益に, 御利益は, 御加減, 御勘気, 御同勢, 御名は, 御名を, 御名前, 御名声, 御堂に, 御堂の, 御墓所, 御声, 御妃, 御安否, 御安心, 御宝蔵, 御家来原丹治, 御家臣, 御容体, 御容態, 御居間, 御帰, 御幸福, 御廟, 御影, 御思召, 御悲歎, 御意見, 御慈悲, 御教訓, 御料簡, 御旗, 御本宅, 御本尊, 御本陣, 御権威, 御気分, 御気嫌, 御生涯, 御用が, 御用で, 御目, 御祭礼, 御秘蔵, 御立腹, 御簾中, 御縁談, 御罰, 御胤, 御腹立, 御落胤, 御血脈, 御行状, 御親類, 御親類筋, 御議論, 御身の丈, 御返事が, 御遺志, 御遺言, 御遺骸, 御部屋, 御降嫁, 御陣, 心では, 心に, 心の, 心持の, 怖ろ, 思し召, 思召に, 思想が, 怨霊が, 悪い人, 悪口でも, 悪口なんぞを, 悪口なんて, 意味を, 懐中に, 我を, 所へは, 所思をも, 扉を, 手へ, 手前お, 手箱の, 手紙の, 手紙も, 指図で, 挙動を, 数を, 敵で, 方にも, 方へと, 方へは, 方へも, 方も, 旨を, 昔から, 時から, 時代と, 時代には, 時代の, 時分から, 曖昧な, 曲解御, 書かれた本, 有難味が, 本堂は, 来たま, 来るの, 森が, 極印が, 横手の, 橋の, 橋を, 歴史の, 死は, 死体は, 殿様に, 気の, 気高い美しい頼母, 水茶屋へ, 池には, 池の, 池を, 海鼠壁には, 為にも, 為めに, 無い有様, 父なる, 父の, 物が, 物に, 生死を, 申し子の, 男女の, 画を, 画像を, 番を, 目を, 真似を, 知己の, 社が, 社の, 祟りだ, 福分徳分未曾有の, 笑顔が, 笹藪の, 系統を, 組だ, 絵が, 縁日だ, 縁日で, 縁日へ, 縫直して, 罰でも, 耳には, 耳を, 胎内に, 腹立てら, 膚の, 膝の, 臨終の, 興味を, 藩中でございまし, 行列を, 行動を, 行方は, 衣を, 袖の, 裏手に, 見あるを, 見て, 見識に, 親切な, 解釈を, 言葉には, 許嫁だった, 証文を, 説明を, 講莚に, 讃が, 足が, 足は, 跡で, 跡を, 身が, 身は, 身も, 車が, 軍勢と, 近くに, 追窮が, 遊興費に, 道でございます, 部屋の, 部屋を, 関係に, 音が, 頭巾を, 頸に, 顔から, 首, 首じゃ, 首に, 首は, 馬と, 駕籠に, 高さ, 鳥居前へ

1 [4049件 抜粋] あたたかい御, あの大, あまりにも, あんまり曲っ, いかめし型, いちばん仲の, いひつけ通り, いらっしゃる夜, いらッし, いる約束, うちだった, おいいつけだった, おいのち, おかしな御, おさ, おっしゃるところ, おつれあい, おへや, おめぐみ, おんためをも, おん言葉は, お上り, お二方, お仲間, お作りに, お供え物, お便りが, お側近く使われ, お内方, お出発ちなされた, お力にて, お厚情, お召を, お告げだ, お国自慢, お声がかり, お姉上, お嫁御寮, お嬢様に, お宝な, お宮じゃ, お察し, お尋ねなさる, お山の, お座も, お弟子たち, お微行, お恨み, お戻り, お手違い, お掛地, お書付, お極, お気に入りでした, お泊り, お父さま, お申し付け, お着き, お神行, お祭も, お立寄遊ばした, お考え違い, お膝下が, お草鞋, お蔭にて, お行列, お見舞, お許し無, お話しは, お語, お踏み, お迎い, お達者, お里方, お集会, お鼓, かたまりが, きつい御, こころは, ことじゃあ, ことと, ことの, こと懸念の, この頃, ころには, ご一行, ご利益と, ご定紋, ご恩, ご最期, ご浪人, ご用と, ご藩士, ご配慮, さくら狩, したよりも, する事, そのお, それの, たっての所望, つもりも, ですよ, ところにも, と違った, ないの, ない感, ない状態, なき今日, のであった, びんぼうゆすりだ, ほうからも, ほかお, まえでは, まねなんか, もとの, ものとだけが, もの御, やらるること, よいよう, ような懸, わすれがたみ, を聞きましょう, エライ品物は, タタリを, ホラアナと, レンズ装置を, 一代記時に, 一子勇之, 一点張り, 一語一語を, 三の, 上った方, 下では, 下屋敷前へ, 不必要, 世界が, 世話にも, 中川様に, 乗った前, 了見方が, 事ゆえあれなる, 事正気で仰しやります, 云われた通り, 人が, 人生への, 仁情が, 介抱活計の, 仕業か, 他に, 代名詞である, 仰しゃる, 仰せには, 仰の, 企らみです, 伝書を, 位牌に対しても, 体温に, 何の, 使だ, 侍医でした, 保守主義の, 信用を, 値うちが, 催促が, 像の, 兄様で, 光は, 全身の, 内儀さんよりも, 再来の, 処から, 出戻りなど, 刃で, 別あり, 刻印が, 前へでも, 剣幕で, 力は, 勇ましいお, 勤労者の, 北の方と, 千蛾老人の, 即位式が, 厨子が, 友人の, 口が, 古島雛と, 召上り物に, 可愛さ加減, 同一孫児, 名代として, 周りを, 命を, 唇に, 善政を, 噂一々, 土地は, 地口行灯を, 堂が, 塩梅の, 境内とか, 墓ア磨け, 声でねえ, 外なし, 夜歩きも, 大きなお, 大宝元年に, 天下, 天領で, 奉納絵を, 奥床しい御, 奥様と, 女中お, 女房に, 如き尊い, 妹君が, 始末で, 姿だ, 姿気分動きは, 媒妁が, 嬢さんも, 子では, 子供衆を, 存在は, 学説について, 安寧幸福を, 実際の, 家が, 家中も, 家来同様に, 密使でしょう, 寝た縮緬, 寮の, 尊敬する, 小作だ, 小間使の, 居り場所どこ, 居間は, 屋敷は, 屋根に, 左肩に, 市の, 帯も, 常の, 年代記の, 幾代目かの, 庫裏より, 弓矢も, 弟です, 強靭な, 役だ, 往来とは, 後姿を, 御, 御一子万太郎君, 御不自由, 御事でございます, 御他界, 御位牌, 御兄弟, 御内意, 御利益かな, 御前では, 御勤, 御召馬で, 御命, 御在, 御夢想, 御奉公, 御嬢様, 御宇に, 御家中でございましょう, 御家来黒川孝藏様, 御封印付, 御希望, 御影で, 御心痛, 御情, 御愛情, 御手の者, 御指図, 御散歩, 御易面, 御本山, 御殿へ, 御父上, 御用とは, 御留守, 御直筆, 御知行, 御紋, 御繁昌, 御膝, 御葬い, 御蝋, 御見解, 御評のり, 御諭, 御起草, 御身上, 御通過, 御遺骨, 御陣屋, 御領内, 御高恩, 心としては, 心地せらる, 心理は, 念が, 思いすごしよ, 思し召しのほど, 思召で, 急の, 怪魅と, 恨を, 悪い様, 悪智慧, 情緒を, 意義を, 愛情に, 慈悲を, 憂き事, 我為に, 所作を, 手と, 手入れ及び, 手垢父の, 手紙は, 才能を, 括弧形を, 持地でございまし, 挨拶でも, 掌が, 推進器を, 政事団体も, 教科書は, 敷き石, 文法形態が, 新植民地, 方法をのみ, 日に, 旧臣藩士の, 是ほどの, 時代から, 時分には, 智慧の, 書き遺したお, 書風すなわち, 有難がりたまひ, 木像から, 本体を, 札が, 条あり, 松山の, 柔かい塊, 梅干は, 植民地へ, 様子で, 権幕は, 樹かげの, 次第であります, 歌は, 此の, 死骸を, 殿様が, 氏子たちは, 気に, 気持ちは, 池です, 泣き声が, 流れは, 涙です, 清廉潔白の, 火薬は, 烱眼が, 無惨な, 煮方, 父である, 父藤原の, 版木は, 物らしい, 犠牲だ, 狭山九郎太氏と, 玉子かも, 瑞祥であろう, 生態を, 産れ, 用地だ, 申し子であった, 画像飾っ, 異った, 痕跡が, 白き小波, 皇后が, 目的だったら, 直轄の, 真似な, 眼力の, 知って, 短尺なんぞ, 石門も, 社な, 祝福を, 神木で, 祟りで, 祭の, 祭礼を, 秘書として, 穴に, 立ち姿が, 笑い声に, 策略は, 紅矢が, 紙位牌を, 経緯を, 絵図こちらが, 縁に, 縁起棚の, 繻子の, 罰で, 美しい人格, 義弟足利又, 考えを, 耳に, 聟君を, 肋を, 肥って, 胆吹王国の, 背戸畑で, 胸の, 脇を, 腕の, 腹から, 臍繰, 興味あり, 良人の, 花嫁, 若奥様, 若様は, 英語訳解が, 菅笠の, 蔭身に, 藩中で, 血だけが, 行啓中だ, 袂へ, 袿の, 裏窓の, 要素を, 見方によって, 視線は, 親御様へ, 言いつけだだからこうして, 言伝てを, 言葉薔薇の, 記事中酒屋云々徳利云々は, 許可を, 話です, 語を, 誰人に, 譬えが, 貞夫を, 賽銭盗みが, 足です, 足骨を, 身には, 身体を, 車は, 軸が, 近所に, 逃避所に, 遊んで, 道に, 道順を, 避暑に, 邸内の, 部屋には, 配下に, 金さえ, 銀行に, 鎮守様が, 長屋に, 門前お, 関心を, 障子が, 電文も, 面から, 靴は, 頬に, 頭脳いっぱいに, 顎タンを, 顔と, 風景を, 首かも, 馬が, 驚くまいこと, 髯を, 鰐に, 鳩や, 黒塀と

▼ 様~ (7713, 15.0%)

428 気が 186 事を 98 顔を 72 事は 71 気持に 69 事が 64 ものを 60 気持で 58 ことは 54 もので 53 声で 50 ものが 48 ことを 44 ことが 41 ものだ 38 調子で 37 声を 33 気持が 30 ものである 28 口調で, 様子を 27 事に 26 ものは, 事も, 感じが 25 気も 23 事で, 心持が, 気の 22 ことも 21 ものに 19 気に, 目に 18 者を 17 のが, 形に, 者で 16 人が, 人は, 姿を, 心持で, 感じを, 音が 15 のを, 形を 14 のは, 物を, 音を 13 ものも, 話を, 風を 12 ことに, 妙な, 者だ, 調子に 11 かおを, 場合には, 物が, 目つきを, 者が, 訳で 10 もの, ものです, もんだ, んです, 不思議な, 場合に, 女の, 心持に, 眼を 9 ものの, 人だ, 姿に, 恰好を, 所が, 所に, 目を

8 [16件] いやな, ことで, んだ, 位置に, 声が, 形で, 心地が, 方法で, 時に, 生活を, 異様な, 立派な, 色に, 表情を, 言葉を, 訳です

7 [14件] のです, 勢で, 変な, 意味の, 感じの, 態度を, 時には, 気で, 気持を, 男の, 種類の, 者は, 風で, 風に

6 [24件] の, のだ, のも, ものだった, ものであった, 一種の, 事の, 事情が, 具合に, 処が, 場合が, 形が, 意味で, 所で, 月が, 涙が, 物の, 笑い方を, 笑ひ, 美くし, 美くしい, 者に, 言葉が, 言葉で

5 [26件] ので, 二つの, 人に, 人の, 場合でも, 境遇に, 女が, 奴が, 心に, 恐しい, 所を, 手を, 文句が, 日に, 有様で, 様子で, 次第で, 此の, 男が, 眼で, 自分の, 色を, 花を, 調子が, 返事を, 静かな

4 [56件] ことです, ことの, のである, もんです, 一つの, 一種異様の, 事と, 事なら, 事件が, 事柄に, 人では, 人も, 仕組みに, 低い声, 体を, 光が, 処へ, 処も, 力が, 奴は, 家の, 工合に, 形の, 心の, 性質の, 恰好で, 意気地なし, 所へ, 手紙を, 日が, 気分が, 気分に, 気持だ, 気持の, 海の, 状態に, 理由は, 男だ, 男だった, 疑いを, 目つきで, 眼付を, 着物を, 空な, 素振りを, 綺麗な, 美しさ, 考えを, 者の, 自分を, 花の, 話が, 話で, 身分の, 顔に, 風が

3 [119件] お話を, のであった, のでございました, のでございます, のどかな, ものであります, ものでございます, ものでなく, ものな, ものばかり, もんで, 不安な, 事にでも, 事には, 事ばかり, 事や, 事柄は, 五色の, 人には, 人間が, 体裁で, 例も, 具合で, 冷気, 処を, 卑劣な, 反省らしい, 口ぶりを, 口を, 口調に, 叫声を, 哀れな, 唇を, 問題も, 場合の, 声だ, 変てこな, 夏の, 大声で, 大胆な, 女だ, 女に, 女は, 家に, 尋常な, 巧みな, 心を, 心地で, 心地に, 心持を, 心細さ, 思いを, 思想が, 恨みが, 悪い事, 悪戯を, 感じで, 態度で, 或る, 所は, 手段が, 振りを, 日である, 早さ, 時は, 服装の, 服装を, 杉の, 染め漿の, 格好で, 様子が, 気さえ, 気は, 気を, 気分で, 気持だった, 気持ちから, 気持な, 気持にな, 汗を, 滑稽な, 点が, 物で, 物に, 物も, 特殊な, 男を, 疑いが, 病的な, 目付を, 私の, 私は, 窮屈な, 筈は, 細い声, 考は, 者です, 自由な, 色が, 若い女, 言葉は, 記事が, 話に, 話も, 調子, 調子を, 質問を, 足調で, 途方も, 部分が, 鋭声, 非常な, 面を, 響きが, 顔で, 顔も, 顔付を, 香が, 髪を

2 [378件] おだやかな, お久美さん, けちな, ことじゃ, ことと, ことには, ことばかり, ことばが, せかせかした, それで, それでいてどこ, つもりで, つもりに, ところが, と形容, なりを, のか, ので子供, のとは, ほほ笑みを, ものから, ものさ, ものじゃ, ものであっ, ものでありました, ものでした, ものや, わけで, んで, んでございます, ツンと, 一種異様な, 上に, 下等人種の, 不安が, 世の中に, 中に, 主人の, 主人を, 事だけ, 事であった, 事でございまし, 事でございます, 事です, 事でも, 事まで, 事件でも, 事件を, 事実を, 事柄が, 事柄も, 人で, 人であった, 人でした, 人と, 人を, 人間に, 人間界の, 人面獣心の, 仕事を, 会が, 会話が, 伸を, 位置には, 体の, 何とも, 余計な, 作品を, 併し, 傷が, 元気は, 光を, 光景である, 児であった, 其の様, 写実風な, 冷い, 冷たさ, 処で, 処に, 出来事が, 切ない様, 刺の, 刺激を, 力を, 卑怯な, 危険が, 厭な, 又話し, 反対の, 反物を, 口元を, 口吻で, 古文体, 史実或は, 合図を, 合理論に, 名だ, 呑気の, 品物は, 唄を, 唸り声が, 問題が, 地の, 報知を, 場合にも, 場合は, 場合を, 場所が, 塩梅で, 境遇で, 夜の, 夢を, 大きな声, 大事件, 大人は, 夫婦関係は, 奇妙な, 女では, 女を, 奴を, 好い男, 妥協は, 姿が, 姿で, 姿と, 威力を, 子を, 字を, 家を, 容子を, 寂寞に, 寒さ, 小説じみた, 小説を, 少しも, 山中に, 崖の, 工夫を, 平たいもの, 平凡な, 幻像を, 幾つかの, 当座の, 形は, 形容詞は, 形式を, 形恰を, 影を, 彼の, 御話しでした, 微笑を, 心は, 心もちが, 心地だ, 心地の, 心持ちが, 心持ちを, 応対が, 快さ, 快感を, 思いが, 思想を, 急坂を, 性質な, 恋を, 恐ろしい様, 悪事に, 悪人でも, 悪戯者が, 悪鳥, 悲しい様, 悲鳴が, 悲鳴を, 情の, 想いが, 愉しい様, 意味に, 意味にも, 意味を, 意義に, 意見が, 愚にも, 愛です, 愛着を, 感が, 感じだった, 感じである, 感情を, 所の, 所も, 手の, 手加減を, 批評が, 批評は, 批評を, 拍手が, 拳を, 文句を, 斯う思っ, 方が, 方で, 方法は, 日だった, 普通の, 暇人から, 暗い心, 暮しを, 有様だ, 有様であります, 服を, 柔い, 柔いそし, 横着な, 横長の, 樫の, 次第です, 歌である, 歌を, 歓びを, 気には, 気にも, 気候である, 気勢が, 気合が, 気味で, 気持と, 気持にさえ, 気持も, 気色が, 気質の, 水で, 水を, 沈黙が, 沈黙を, 海浜の, 涙を, 淋しい気持, 滑かな, 漠と, 火の, 点から, 為事を, 無い様, 無数の, 無理な, 無礼な, 無躾, 無駄口を, 物は, 物足らない, 物音が, 特別の, 状態だ, 状態で, 独身者に, 現象が, 甘い文彩, 男である, 男に, 男は, 痛みを, 発想を, 発明は, 目の, 目は, 目附を, 直接な, 真似を, 眼つきを, 眼に, 着物の, 社会が, 神経には, 私が, 秘密が, 秘密の, 秘密を, 空の, 空気の, 立場に, 笑い声で, 笑みを, 笑顔を, 節々が, 約束が, 純粋な, 素足を, 結果に, 結論に, 美しい声, 美しい女, 美しい方, 美人が, 考えで, 考えに, 考へは, 考へも, 考へを, 者だろう, 者である, 自分が, 自由と, 色々な, 芝居が, 芝生の, 花が, 若い芽, 苦しみを, 苦痛を, 落葉樹の, 蔓は, 薄弱な, 虫の, 血が, 血の, 表情で, 表情の, 表現を, 装置を, 覚えは, 言ひ, 言葉の, 記事を, 訣らぬ, 訳であります, 訳には, 証拠は, 詞を, 詩語に, 詫を, 話だ, 話の, 話は, 語が, 語気で, 語調で, 説を, 調子であった, 谷を, 豪奢な, 貧乏人の, 贋物が, 趣きの, 足取りで, 身体の, 迷信を, 造型美術家な, 道を, 遠い空, 部屋の, 野蛮時代に, 錯覚の, 間の, 関係に, 陰翳を, 隙間も, 雨が, 雪が, 青葉の, 非業の, 面白い事, 面白い噺, 音だ, 音だった, 音調で, 響が, 頭を, 顔が, 顔した, 顔であった, 顔は, 風だ, 風の, 風采の, 騒ぎが, 驚きを, 骨骼と

1 [3463件 抜粋] あいまいな, あの細い, あんな若旦那ア, いきさつに, いやあな心地, うそに, えぞ, おっとりした, おぼろ月谷向うの, お嬢様も, お花, お関, かがやかしさ, からりと, きたならしい座布団, けだるいリズム, ことして, ことにも, こと思つた, この女, こんな上出来, さりとて足, すきだらけな, すばらしい歌, その匂い, その物体, それは, そんな弱い, そんな苦しみ, ためしは, つまらない事, ところで, ところへ, どよめきそうした, なつかしい気分, に悪い, のであろう, ので振りかえる, のと, のよ, はしたないそぶり, ふくら脛が, へんてこな, まだ身体, みつとも, ものか, ものだけを, ものでございますけれ, ものなれ, もののどうせ, ものばかりに, もも引を, やくざ女を, ゆるい傾斜, んだい, イキサツである, カタカタと, ガラクタを, ゴリゴリという, スランプの, トランクを, ハメに, ポカンと, ヤレヤレと, ワンステップ風の, 一家を, 一番辛い, 丁稚姿の, 三階建の, 下役に, 不孝者は, 不心得者の, 不景気が, 不気味さを以て, 不良少年であった, 不都合な, 世相から, 両脚に, 中途半端な, 久見崎に, 了見を, 事々を, 事し, 事にな, 事云う, 事情は, 事許りする, 二重の, 京子の, 人お, 人でなけれ, 人力では, 人物が, 人達が, 人間関係の, 仕儀に, 仕立て下しの, 仲に, 伝説も, 体格の, 何とも形容, 何ンとも, 作り方でした, 侮辱を, 信仰組織を, 個所と共に, 傷でも, 傾斜の, 優しげ, 光は, 光線を, 公認賭博的な, 其筆尖, 内容を, 冷たい人間, 冷酷で, 処である, 処置は, 初夏の, 別れ方で, 制限が, 劇しい, 力無げな, 動作を, 勿体を, 千世子に対しての, 単純さを, 危い, 原因を, 又は処女, 又我々, 収入に, 口元の, 口調が, 句法を, 可愛い, 合は, 名刺その他の, 名称が, 否はしたなく, 味で, 咆哮を, 品物に, 商才が, 善い格好, 噂が, 団体が, 国の, 土焼の, 地位を, 執念が, 場合と, 場所である, 塩梅, 境遇を, 声である, 声人の, 夏を, 夜が, 大い, 大きな布, 大きな野郎, 大人物に, 大家庭小説, 大時化, 大甘, 大邸宅, 天塩川の, 失敬な, 奇体な, 女, 女や, 奴には, 好い風, 始末, 姿です, 娘でない, 婦人の, 子だ, 子供を, 安息の, 宝石が, 実例を, 実際具体的, 宵が, 家へでも, 容体であろう, 寂しい春, 寒い日, 小さいもの, 小さな物, 小問題, 小田の, 小高い峠, 屋賃で, 山道を, 岩山の, 巡航汽船が, 巨大な, 希望と, 常磐木の, 平から, 年下の, 幽静, 店の, 弱い者, 強さ, 形であった, 形まで, 形式に, 彫像に, 役人が, 律文に, 御病体, 微妙で, 心ち, 心地, 心地を, 心持, 心持は, 心配である, 応用的の, 怜悧で, 思想に, 急しい, 怨めしい調子, 怪物の, 恐い顔, 恐ろしい叫び声, 恐ろしい所, 恐ろしい経験, 恥かし, 恰好に, 悪人が, 悪党の, 悪運つづき, 悲哀が, 悲観気分が, 情熱を, 惰け, 意匠の, 意外なら, 愚痴, 感じ致候, 感情は, 感謝に, 態度に, 憂欝が, 懐しい胸, 我々人民の, 戦争出来ません, 戸を, 所でも, 所作も, 手早さ, 手荒な, 打撲傷や, 折詰の, 挙動や, 推理が, 支柱を, 教育の, 数多の, 文句でも, 文学の, 文章を, 断末魔が, 新工夫, 方にも, 方面に, 日光を, 旨い思い, 明るい笑声, 星の, 時にも, 時代に, 普通私たち, 暖かい様, 暢達な, 曠野が, 書は, 月光が, 有様でした, 望みでも, 朦乎した, 未来の, 朱欒の, 村の, 柄でした, 校庭で, 桶の, 椰子類の, 楽しみとも, 様子さ中, 様子の, 権力を, 機会に, 欠点が, 次第皆様この, 歓びが, 此歌の, 歴史を, 殊勝気な, 毒蜘蛛が, 気にさえ, 気分は, 気持がの, 気持にも, 気違いめいた, 水平線の, 水道の, 汚ない, 沢道を, 沼の, 泣声, 洪水を, 流暢な, 浅薄な, 海と, 涙の, 淋しさ, 深い処, 深い穴, 混乱した, 渓あいに, 準備を, 演説屋の, 濃厚な, 濶達な, 火炎が, 烈しいから, 無信仰, 無暗, 無規則, 煙草の, 熱心さで, 爽かな, 物に対して, 物憂い目, 特別な, 犯罪の, 状態が, 独逸では, 猛修行, 玩具の, 珠玉だろう, 理屈を, 理由による, 甘い温か, 生半な, 生活は, 田舎に, 男で無い, 男の子イヤ是は, 画は, 疑いの, 病人が, 痕跡の, 痴呆と, 発明を, 白っぽい両, 白雲が, 皮膚の, 目つきやしまった, 目も, 直径二里足らずの, 真暗な, 眼だ, 眼色で, 矛盾した, 短刀であった, 石山新家を, 破綻を, 確証を, 神秘的な, 秋の, 種々様々の, 穏和な, 空々しい偽り, 空想では, 立場の, 笑声を, 答申を, 簡単な, 精密な, 約束は, 純粋の, 素振だ, 素質を, 細かい双子縞, 結綿の, 緋羅紗である, 編笠を, 美しいところ, 美しい着物, 美女の, 羽叩きを, 考えと, 者か, 者なりなど, 者話し, 肉声も, 能役者である, 腰を, 自暴自棄な, 自責を, 至極要領, 色だ, 色は, 艶が, 芝草に, 花束を, 芸当を, 若い娘, 若者を, 苦涙の, 茫然した, 草葉の, 菰田に対して, 著述を, 蕪雑な, 薬品が, 蝋燭を, 血腥い光景, 街路が, 表現に, 装置に, 要素で, 視線で, 親切を, 角において, 言い方では, 訓が, 訣の, 訳でありました, 訳の, 証明や, 詮議も, 話をネ, 語に, 語感を, 調子の, 謎々に, 豊艶多肉な, 貧乏人ばかり, 賛を, 質屋めいた, 赤児の, 足つきで, 距離は, 身上の, 身震いを, 輝きを, 辛いこと, 近代的経営方法が, 速さ, 連珠に, 道が, 違ひ, 部族の, 醜いそして, 重い気持, 金で, 鈍い泣声, 鋭い響, 錯覚を, 長年の, 門構えで, 間違が, 闇一文無しの, 陰気な, 際にも, 雄であった, 雑木山に, 雨だれの, 電燈の, 青くまっ, 静かさが, 静寂だった, 非常事態も, 面差しに, 音であった, 響である, 頬の, 頭の, 頼りない, 顔する, 顔では, 顔形の, 類型の, 風も, 風潮に, 香気が, 馬鹿野郎を, 驚喜の, 高さ百尺, 髭が, 鮮かさで, 黄金の, 黴とが

▼ 様~ (4183, 8.1%)

26 それを 16 まだお, 私の 12 どこに, 御自分, 竜之, 自分の 10 急に 8 お君, 私を 7 どうした, どこへ, 正三君の, 私が, 笑って, 頭を 6 あわてて, お高, どうだ, ほんとうに, わたしの, 何を, 磯五の 5 あなたを, そこに, その時, それに, わたくしの, 妾の, 自分が, 顔を

4 [37件] あのお, あの時, あの通り, いつまでも, おめ, お城, ここに, こちらに, この時, これを, その人, それが, どうお, どちらに, にこにこし, もうお, わたしを, 人の, 今の, 今も, 何と, 何も, 先に, 冷然として, 大喜び, 手に, 手を, 朝日に, 正三君を, 此の, 目を, 眼を, 私と, 私に, 立って, 非常に, 黙って

3 [45件] あなたの, いつでも, うそを, おらの, お人, お匿, お気の毒, お留守, こちらの, すぐに, そんなこと, どちらから, どちらの, どなたでございます, どなた様でございます, どんなにか, のろまは, 世の, 云われました, 人を, 今どこに, 今日は, 何か, 何事も, 出て, 叱るよう, 大そう, 女の, 弟御, 御無事, 御病気, 心配し, 怖ろ, 日本に, 机竜之, 毎日の, 泣いて, 男の, 白い蛇, 相変らず, 立派な, 米友の, 行燈の, 言葉を, 首を

2 [229件] あたかも名医, あなたに, あれから, あれが, あれで, いったいどこ, いつに, いつもの, えらいお方, おどろいて, おられました, お一人, お亡くなり遊ばした, お医者様, お可哀そう, お客さまが, お帰り, お気が, お玄関, お美しい, お若い, お逝去, お須美, きれいに, こうも, こう仰有っ, こう言った, ここへ, こっちの, このお, この深い, この辺, これからどちら, これに, こわい顔, ご上人様, さすがに, さぞ泣き, しとやかな, じっと立っ, すました者, そういうこと, そのお, そのま, そのまま曼陀羅, そのよう, その子供, その老人, その花, それで, それは, そんな事, だまって, つくれど, どういうお方, どうしたろう, どうしてそんな, どうしよう, どうじゃ, どうなされました, どう御, どう遊ばした, ない, なおそこ, なんだ, ほんとにお, またし, まだおいで, まだ何, まだ子供, まだ御, まだ御存じ, まるで別人, まるで真珠, もうこの, もう私, もっとお, やはり今, わたくしどもの, わたくしを, エラかった, クルクルと, ビックリし, フラフラと, 一と, 一体どうした, 一向それ, 一度に, 一緒に, 下総の, 不意に, 世間の, 両手を, 中, 二人の, 京都へ, 人々の, 人間を, 今まで, 今日も, 仲麿の, 伝教大師の, 何し, 何の, 例の, 俗用に, 傍で, 僕が, 元康が, 兄の, 先生の, 其処に, 冷, 冷やかな, 初めから, 可哀そうだ, 右の, 合点, 否定した, 命拾いを, 嘘を, 壁の, 外の, 多くの, 大きな下駄, 大した御, 大へん, 大事な, 大切の, 大層お, 夫人の, 如何にも古典派, 如意自在男は, 妾を, 姦淫する, 定めし憎い, 宛も, 小供, 小羊, 帰って, 帰るに, 幸内の, 幸内を, 幾度も, 庭の, 弁信という, 弁信の, 弁信を, 強いて, 彼の, 彼を, 得意だった, 御存じない, 御承知, 御病身, 御発明, 御身分柄, 御養子, 心の, 忘れられない, 怒らする仕事, 恥かしい, 悪女の, 想像せぬで, 斯う, 新聞を, 日本の, 日本一の, 日頃から, 昔から, 智慧者でござる, 曲馬団を, 最初から, 月ごろか, 机の, 村の, 極楽の, 楽な, 横目で, 此処に, 汝ごとき, 江戸の, 決してそんな, 洗われたよう, 浦安かれ, 火を, 父の, 独言を, 玉の, 甲州の, 甲府の, 申すまでも, 百合の, 目に, 眼が, 知らぬと, 確かに, 磯五と, 神尾の, 私一人可愛い, 空に, 笑いながら, 笑い出した, 笑を, 筆を, 糸を, 紫の, 紫袱紗を, 絶えず憤っ, 腹を, 膝を, 花の, 覆面の, 見ものであります, 言いようも, 読んで, 誰の, 起きて, 足を, 辮子が, 逃げて, 道理にも, 鎌倉の, 陰弁慶だ, 随心院へ, 静かに, 面白い人, 額に, 魅込まれ

1 [3186件 抜粋] ああおっしゃる, あけすけに, あっけに, あなたでございましょう, あのやう, あの女, あの業悪, あはれげで, あらゆる角度, ある女房, あわてません, あんまりな, いかがでいらっしゃいます, いかに左大弁様, いくらでも, いたしませぬ, いっそうみじめ, いったい何番だい, いつごろこちらへ, いつのまに用意, いつもに, いつも程よく, いまさら驚く, いま何人の, いよいよ竜, いる, うっかりそれ, おいで, おからだに, おじぎを, おっしゃいましょう, おっしゃるの, おなじ名代, おめでたと, お一方, お亡, お仲よし, お兄様, お出でが, お前を, お千絵様, お喜び, お寺が, お弱く, お思いつき, お歿, お民, お活発, お笑, お義理, お血統, お角母子, お部屋, お雪ちゃんと, かえって妙, からかいなすっ, きっとそうお, きつと, こういうお, こうおっしゃる, こう云っ, ここで, こちらへ, このごろ吉原へ, この仮装, この四五日前, この子供, この少納言, この日, この洞, この間十何年の, こらえきれなくなったから, これにかけて, こわしという, こんな時, ございません浜町, ご仕官, ご養子, さきにも, さぞ若い, さっそく釣り竿, さらに大きな, しばらく見くらべた, じっと磯五, すこしも御, すっかり本気, すなわち長男, ずっと控え目, そうでない, そこでホッ, そのいわれ, そのチクリ, その写真, その周囲, その好き, その後ろ, その日, その木ぶり, その源三郎, その眼, その肉片, その血, それから, それほどでなく, そんなに尊貴, そんな記事, たいへんな, たしか技師, ただもう, ただ怖, たった一人, だれにも, ちっとも外出, ちょうど女兵隊, ついにいずれ, つかつかと, つまらなくて, ですから時々, とうとう気, ところどころヒビ, ともあれ蒲生, どういう世評, どうか遊ばしまし, どうしてまあ髪上げ, どうして何, どうでしょう, どうなすったでございましょう, どこ, どこ迄, どなたさまで, どの宗旨, どんな事, どんな顔, なおかつ江戸ッ児, なおやめず, なくとも, なつかしく艶, なにげなく受けた, なんか劇薬, なんと申し, ねじられた腕, はじめてオヤ, ひとりおられる, ひよつこり帰つて, ふしぎそうに, ほかの, ほほと, ほんとに面白い, まさしく琵琶, まず矜羯羅童子, またどこ, また当, また笑っ, また那古井, まだお越し, まだ世帯, まだ知らない, まもなくご, まるで他人, まるで荒波, みんなツジツマが, めッた, もうずっと離れた, もう四十過ぎ, もう忘れ, もう組みつい, もう長安寺山, もしや私, もとお姫様, やがて又, やっと思い出したらしく, やっぱり窓, やはりそれ, やはり御, やや長い, ゆめ天下人, ようこそあれ, ようようお, よく御, よっぽどエライ公方様, よろめき始めた, わが眼, わたくしどもが, わたしにとっては, イライラし, キッパリと, ギロッと, ジッと, ゾッと怖, チャント心構えを, ニコニコし, ブルブルと, マアどんな, ヤツト一つ呑みこんだ, 一すじに, 一人も, 一向に見受け申さず, 一尺引き上げ, 一座の, 一晩寝る, 一番の, 一計を, 一面霊人他面魔物に, 三十の, 三斎様与一郎様へ, 上方へ, 下駄履きで, 不審に, 不承知の, 世界中の, 中村から, 丹下の, 乗込みの, 亀山の, 二年前から, 云ったもの, 五兵衛さんと, 亡くなりましたけれども, 人さえ, 人間扱いに, 今さらくやし, 今どうして, 今日から, 今晩も, 今頃日本の, 以前の, 仰せられた, 仰言った, 会社の, 低声, 何かを, 何とおっしゃいました, 何と云, 何にも, 何んと, 何処で, 何日お, 何時頃帰りましょう, 余り大和の, 使い慣れたその, 信用しない, 健気にも, 優しく待遇, 兄弟などと, 先君の, 先頃別所で, 八つから, 其の夜, 其後何処へ, 内藤君を, 冗談が, 冷笑し, 切った時, 初開業, 別段それ, 刺繍台を, 前住者, 力んで, 動かない, 勝負事に, 十六の, 十津川から, 卑怯な, 印度に, 厠から, 又また, 反って, 口の, 古金銀, 台湾の, 吉原の, 君子は, 呉服太物の, 品が, 商売の, 喜田川志津子さんと, 囚人で, 国民に, 地上を, 堅え, 変つてゐる, 夜おそく, 夢の, 大きなお, 大の字なりに, 大嘗祭の, 大層喜ん, 大籬, 大願成就と, 天上の, 太古から, 奇なりと, 奨励した, 女は, 好い人, 姚家巷の, 嫉むよう, 子供衆で, 学校からの, 安彦様が, 宜く斬った, 実に涙ぐましい, 実際その, 宿へ, 寺を, 小さな尼, 小栗様勝様は, 少しも, 少し嫌, 尺八を, 屈託気に, 屹度あの, 崇めても, 己ア家の, 帰つて来ないだらう, 平手造酒さまでございましょう, 幼いころ, 床を, 廊下を, 引裂いた紙, 強い声, 当年お, 彼な, 後へ, 得易から, 御一緒, 御仏, 御勇気, 御大家, 御寺, 御文, 御機嫌宜しゅう, 御用で, 御病死, 御羽織, 御腹立たし, 御贔屓様, 御隠, 心ゆくばかり, 心配そうな, 忘れて, 忽ち平静, 思い出したよう, 急いで, 恐ろしい眼付, 恩師五郎左衛門先生へ, 悪魔の, 想像する, 感心した, 慥に, 憤激しました, 我を, 戻ったかね, 手がかりを, 手術が, 投げ出すよう, 押しかぶせて, 捕まって, 故中納言殿, 敵を, 断念し, 方言です, 日本中の, 旦那様らしくし, 早くも, 明るいところ, 昔臼井竹若, 昼の, 晩方お, 智勇兼備の, 書を, 最後にも, 有難い勿体ない, 木曽家の, 本当に深い深い, 材の, 東京で, 松平様へ, 柚子を, 格別の, 椿の, 横っ倒し, 次に何, 正三君に, 此処へ, 武家の, 歯を, 死に持った考え, 毎年初春に, 気が, 気を, 気障だ, 水指を, 永久に, 池の, 決して気がかり, 泣きの, 泰軒に, 活動写真を, 浜村屋の, 清人さんの, 湯船へ, 火柱が, 灼熱の, 無二無三に, 焼絵玻璃で, 煮湯, 父や, 牧様の, 物事が, 物語りに, 狼イナリと, 現在青森県知事を, 生来の, 甲賀家の, 町人の, 畳の, 疾くに, 癇癖が, 白髪小僧の, 皆し, 目から, 直ちに金山寺屋, 相撲なら, 真剣に, 眠剤を, 睡って, 知らぬ顔を, 石好きで, 磯五を, 神の, 神通力だ, 私へ, 私達の, 穏かに, 突然こういう, 立ち上って, 童子の, 笠置山の, 籠を, 約束どおり勉強した, 細川の, 継しい中, 縁結びに, 織田様の, 美しく笑った, 翌年の, 耳に, 肺病だ, 腑に, 腹が, 自分用の, 舌を, 芝生の, 若くなっ, 苦労人でいらっしゃる, 華尾の, 落伍者私は, 薄笑いと, 蘇生なされました, 行きちがうと, 袂から, 西条様な, 見たくも, 見透しじゃ, 親しく近い, 言って, 話して, 誠に見もの, 誰一人味方の, 貴方に, 質屋さんで, 越後信州東京の, 身支度を, 農村の, 逆だった, 進んで, 道草だ, 邸を, 醋は, 針の, 銀行から, 鐘巻自, 間の, 関ヶ原合戦の, 附け加えて, 随分他人, 離れで, 霜より, 面を, 鞠を, 風景の, 飛び起きて, 食国の, 馬の足は, 騒がしいくらい, 高台でございます, 魚を, 鶯や, 黒くおなり

▼ 様~ (3705, 7.2%)

27 おいでに 25 お帰り 23 出て 20 ない, 来て 15 お見え 12 ある, それを 11 お亡くなり 10 おいで 9 なかった, 御病気, 私の 8 おかくれ, お通り, きいた, 持って 7 お越しに 6 いった, 何か, 待って, 御家督, 御帰り, 手を, 私に, 立って

5 [11件] あって, いらっしゃいました, お出でに, ここへ, ないの, 帰って, 御自分, 私を, 見える, 言いました, 附いて

4 [15件] あるの, いって, いらっしゃる, お召し, お怒り, お気の毒, お聞き, ここに, こちらへ, ないで, またお, 何と, 書いて, 江戸へ, 自分の

3 [61件] あそこに, あった, あなたの, あまりにも, ありました, あります, あるか, いつに, いら, いらっしゃるん, いらつし, おっしゃいました, おなくなり, お可哀そう, お呼びです, お居, お案じ, お生れ, お立ちに, お迎えに, これを, そういっ, そう言った, その場, それに, たが, たしなめた, ないから, まだ宮廷, 事を, 云ったこと, 今度は, 付いて, 仰せに, 何だ, 何の, 内から, 妾の, 御本望, 御秘蔵, 心配し, 森の, 気が, 無い, 無いの, 現われて, 病気だ, 眼を, 知って, 祀って, 立つて, 笑った, 聞いて, 能く, 自分で, 見えました, 見て, 貴方の, 連れて, 馬に, 黙って

2 [220件] ああおっしゃる, あちらを, あつた, ありません, ありまた, あるから, あるが, あると, あれほどに, いうと, いうには, いじめられないよう, いた, いつて, いつもの, いて, いらあ, いらっしゃらないと, いらっしゃるから, いらッ, いるお, いるという, うそを, おあがりなさる, おかわいそう, おっしゃった, おみえ, おろそかに, お一人, お乗り, お亡, お亡くなりなすっ, お出, お前を, お勝ち, お可哀想, お嫌い, お客様と, お庭, お待ちかねでございます, お怪我, お悪い, お手ずから, お授け, お控え, お歿, お母様に, お気に, お泊り, お着き, お立ち遊ばした, お脳気, お負かし, お逃げ, お逝去, お銭を, お驚き, こう言っ, ここで, この土地, この娘, これへ, ございません, ごらんに, ご秘蔵, そうお, そう云った, そこに, そのよう, その時, それ馴染の, ちょいと, ついて, どうしてまた, どこに, どんなにお, どんなに苦労, ないと, なぐさめた, のぼって, はいって, はなさない, ふと気, ほんとうに, ほんとうの, またこれ, よいよう, わたくしの, ニコニコと, 三人村の, 三笠の, 不意に, 主に, 京都の, 人も, 人を, 人助けに, 人間に, 今まで, 仰せられました, 何という, 何を, 倒れて, 僕を, 先に, 先刻から, 入っしゃいました, 兵部大輔の, 出来たの, 出来ましたね, 刀を, 危い, 反映し, 可愛想, 右の, 同情し, 名古屋へ, 呼びとめた, 呼んで, 嘘を, 変死なされた, 夜の, 大いに愉快, 大の, 天照大神の, 奥様に, 好きな, 妾な, 妾を, 寝て, 寝室の, 山を, 左様な, 帰ってから, 弩に, 強いので, 彼程に, 御一緒, 御丈夫, 御丹誠, 御入院, 御危篤, 御存じで, 御心配, 御意の, 御所から, 御承知, 御結婚, 御自身, 御覧に, 御親切, 御訪問, 御迷惑, 恨めしい尊い上人様, 悪いの, 想像される, 憤って, 戻って, 手づか, 手に, 承知しねえ, 拵えて, 斯う, 昔の, 景三周鱗の, 書を, 朝鮮征伐の, 来るでなあ, 東の, 東京から, 東京へ, 案内を, 歌を, 死んで, 殺されて, 気を, 江戸に, 活きて, 消えると, 焼かれると, 熱海から, 牛に, 玄関まで, 玉依, 生きて, 申しました, 盛岡から, 目付かった, 眺められた, 眼に, 眼の, 磯五の, 祭って, 福岡の, 積りを, 笑いながら, 笑いました, 笑って, 第一, 答えた, 置いて, 腰元を, 腹を, 興味を, 蔭身に, 行って, 見えるの, 見れば, 許して, 説明しました, 身を, 近いうち, 返事を, 途中で, 通り掛って, 道場を, 都の, 頭を, 首を, 高御座で

1 [2678件 抜粋] ああいう, あきれて, あったそう, あなたと, あのご, あの婦人, あの正面, あの論争, あぶながっ, あらゆる神, ありましたぜ, ありますよ, ありません嘸, あるところ, あるわけ, ある意味, あれ仏様, あんなにおなり, あんな幽霊, いいって, いかに逆上, いたのよ, いったん約束, いつの間にかお, いない故, いはれるには, いよいよいけない, いらして, いらっしゃったから, いらっしゃるそう, いられるので, いるところ, いれて, うちの, うらと, おあわてなさる, おいらの, おこった, おそろいで離宮, おっしゃいました筈, おっしゃったの, おとめに, おまえと, おやり, おるとか, お一人ぎめをあそばしたからだとこれを, お乗り出し, お会い, お倉, お出ましの, お匿, お可哀がり, お噂, お壊しなされた, お姿, お家の, お居間, お弾き, お待ち兼ねでございましょう, お怨みなさるべき, お拾い, お断りなさいました, お歌を, お泣きなさるでございましょう, お無事, お産み, お目, お社, お立ち寄りの, お耳, お肚, お裏庭, お訪ね下さる, お豪い, お跣足, お酒, お開け, お静か, かくれて, かような, きいて, きのう御, くだすった, こうしてお銭, こう今日日, ここを, こっそりお, このご, この十五日, この夏上京, この姪, この拙者, この私, この馬市, これで, こわやという, こんなもの, こんな汚い, ござらっしゃる, ご三家の, ご存じでしょう, ご覧に, さうお, さそった, さっきいらし, しじゅう弾い, しようがない, すぐお目にかかる, すぐ見つかる, すめらみこ, せっかく親切, そうおっしゃいました, そうである, そそうを, そのこと, その事, その四ツ本, その明日, その疎開先, その総, それだけ授け, そんなに怒り出した, そんな悪い, たいへん大事, たたって, たちどまった, たとの, たわたくし, ちかごろ道場, ちゃんとこの, ちょっと口, つきそって, つるぎ山から, とうとうすっかり腹, どういう拗ね, どうしてお, どうして弁信一人, どうだ, どことも, どれほど御, どんなに豪い, ないという, ない若し, なくて, なさる様, なんでこんな, にこにこ笑っ, のぞかれる, はっきり返事, ばと, ひどいので, ふとこの, ほっと熱い, まえよりも, また, また例, また言われた, まだ二十, まだ月々, みじめでならなく, もうきょうあす, もう野菜, やって来て, やはり店, ゆつくり, よくし, よく分った, よろしからずとは, わしの, わたくしを, わたしを, ウロタエさっし, コロンブスを, ソッと, ニッコリお笑い, ヒダの, ボーナスを, ルルと, 一つせっせと, 一人おられ, 一人に, 一体ある, 一度お, 一望の, 一目見れ, 七曜の, 三四百年経っ, 上々の, 上手に, 不便がっ, 不浄が, 両手で, 中村の, 主人ぶりに, 久野さんや, 乞食する, 二人だ, 二度目に, 二階へ, 云つては, 井戸の, 亡くなられたのに, 亡母さんの, 人肌に, 今は, 今夜宿直を, 今日で, 今死んだ, 仔細を, 代わって, 仰しゃっても矢, 仰せられて, 仰つし, 伊勢の, 佐々木君や, 何だか鳥渡, 何とかいふ, 何も, 何んだって, 何故不思議, 余りにも, 供も, 信仰で, 倅の, 僕あかさんで, 元の, 充分には, 先頭に, 入っしゃったからよく, 入らツ, 八月の, 内外共に, 写経の, 凝と, 出なくちゃあ, 出る夜, 出来ても, 出為, 初の, 初春に, 前を, 助け上げたの, 動いた, 十兵衞来い, 千年の, 即座に, 参られた, 又お, 又御, 受けられ本日, 只で, 召上った, 可愛が, 叱った, 吉良上野介を, 同志の, 君の, 呼びかけた, 命を, 唯た, 喰うかね, 四ツ本などと, 国語の, 地獄耳を, 坊様に, 堪えられなくなったといった, 変り時, 多いよう, 夢の, 大丈夫ツて, 大勢の, 大変お, 大好きでございます, 大怪我, 大風に, 天奏饗応役を, 奇観であり, 女であった, 好きだった, 如何なされた, 姉ちゃんと, 姫君が, 嫉むなら嫉まして, 嬉しい飲まし, 存外落着い, 学監室の, 安斉先生の, 実際あった, 寂然と, 寝たから, 専らお, 小供, 少しお, 尺八を, 居なくッ, 居るの, 山賊の, 嵯峨に, 巻煙草の, 帰ってからに, 帰れと, 平生愛国者振る, 幽霊に, 庇ったので, 座って, 引きうけて, 強って, 影も, 後から, 御不自由, 御亡, 御出, 御到着, 御同宿, 御学問好き, 御帰京, 御役目, 御拝謁, 御東下, 御無理, 御登城, 御臨終, 御謙遜, 御重体, 心太を, 必ず水戸さん, 念を, 思いこめ, 思うまま, 急の, 恋しくて, 悪いん, 悪かった, 悲鳴を, 感じられた, 憎めない, 憑移らし, 我を, 手にかけて, 手本だ, 払子を, 折檻うけました, 押えようという, 拝めるぞ, 指導的だった, 捧げて, 描いて, 放埒の, 敢然古, 斃された, 新吉, 旗本を, 旦那様です, 明るくて, 映りそう, 時どきお, 曝されず神隠し, 更に記録, 最低, 有りましょうか, 望まるるをも, 木村丈八郎へ, 本郷の, 村の, 来たと, 来る, 来合せて, 東京区裁判所に, 格子を, 橋の, 欲しい, 止めた, 正親町天皇天正年間に, 此処を, 武蔵と, 歩行かつしやる, 死にます時, 死んだので, 殺されました伊東甲子太郎先生, 母様の, 毒殺された, 気に入って, 気絶を, 水戸から, 江島屋の, 沈んで, 泊まって, 泣き出しそう, 洋橙を, 流行って, 浮かばれませぬ, 涼しそう, 湯へ, 演奏壇の, 烈しく怒っ, 無かつ, 無情な, 無理を, 焼け残ったと, 熊野方面に, 父と, 物怪で, 犬の, 王宮に, 琴曲の, 生きかえるわけ, 用いて, 甲州城を, 申しまするには, 町から, 病気で, 白い雲, 皆様を, 盗人に, 目を, 相手だ, 真実の, 着物を, 知らせて, 石月様の, 示した父, 私たちには, 私財を, 突然七八歳, 立ちあがった, 立ち上りました, 競馬で, 笑いますから, 筆を, 米友が, 紀州御, 素通りしたら, 継母の, 縁結び, 繕うて, 羽を, 肩が, 脳天へ, 臍で, 自分も, 舞い込んで, 若い奥様, 苦しまれたの, 茹蛸の, 落ちて, 蒼い月光, 行くから, 行を, 被来いました, 西美濃の, 見えた様子, 見えました時, 見えられたとか, 見さしつた, 見られた, 見巡った時, 見違, 言い聞かせたか, 言ふんです, 訪ねて, 詳しく教, 読めば, 誰より, 議長に, 負けた, 貴方を, 赤い切, 足早に, 身うけし, 輸入された, 近寄られると, 退屈なすっ, 逃げ出す準備, 途方に, 逢いたくないよう, 遊びに, 道中姿で, 遠いむこう, 遠眼を, 邪魔を, 金吾様の, 鉄と, 鎌倉時代において, 長い刀, 間もなく訪ね, 附てる, 陸軍へ, 隠し妻の, 集りました, 雨が, 露路へ, 頗る荒っぽい, 顔を, 食事を, 馬上の, 駈けだした, 高いところ, 鳴って, 鶴嘴で, 黒い雲

▼ 様~ (1963, 3.8%)

48 見て 27 して 19 見ると 11 連れて 10 お連れ, 想像し 9 呼んで 8 見るに 7 つかまえて, 抱いて, 拝んで, 眺めて 6 信心し, 見ては 5 した, しながら, つれて, 亡き者, 呈して, 大事に, 尋ねて, 持って, 自分の, 見せて

4 [15件] かえて, ここへ, したの, たずねて, 大切に, 慕って, 拝みに, 探して, 殺したの, 殺して, 祀って, 見た時, 見ながら, 訪ねて, 迎えに

3 [23件] お殺し, お迎えに, お頼み, する, するの, そそのかして, たぶらかして, もって, 中心に, 初め御, 助けて, 奥様に, 思って, 恋して, 描いて, 現わし, 相手に, 知って, 背負って, 見たの, 見れば, 見下して, 逃がしたの

2 [107件] あちらへ, いいよう, おいて, おかえ, おぢい様, おろそかに, お世嗣, お出し, お助け下さいまし, お呪, お守りなさるでございましょう, お慕いし, お慕い申し, お招き, お持ち, かえるの, ごらん, ご招待, するもの, だまして, だますため, つけて, ながめて, はじめとして, はじめ奉り, はなれて, ジッと, 下に, 下手人に, 世に出, 中に, 仏様と, 仰ぎ尊, 信仰し, 信心すれ, 僕が, 内へ, 写して, 呈した, 呼びに, 図した, 妾の, 始め奉り, 存じ上げました頃, 尊敬する, 屋敷内に, 山に, 彫って, 御信心, 御信用申, 御助け, 御存じ, 怖れ, 思い私め, 恋しがっ, 悪く言った, 愛して, 感ぜられ候, 戸波へ, 手捕り, 抱えて, 拝みました, 拝むこと, 拝んでから, 捜して, 探しに, 描きしもの, 描くの, 擁立し, 救って, 未亡人に, 本堂へ, 死なしては, 殺しました, 殺そうと, 焼いて, 狙って, 珍しく見た, 現して, 目付けに, 眺めわたしますと, 眼に, 眼の, 示して, 祀ること, 祭って, 私が, 私は, 立てて, 肩と, 胸に, 自分も, 苦しめるよう, 蔑ろに, 見すえて, 見るの, 見ろ, 見殺しに, 詠まんと, 詠むもの, 認めた時, 説いて, 送って, 鉄砲で, 頭に, 頼って, 鮮かに

1 [1388件 抜粋] あおぎながら, あざむいて, あなどる風, あふい, あわれに, い, いじめて, いただきたいと, いたわるよう, いつわって, いひ又, うたがわないし, うらやましがり, おいては, おすすめに, おたづ, おたぶらかし申す, おだまし, おびき出したという, おやり, お一人, お乳, お伴れ申し, お側に, お助, お助けしよう, お呪い, お呼び寄せなされ, お失いいたしまし, お威し, お嫌いなさる, お尻, お彫り, お待ち申し, お思い, お恨みし, お悩ませ申した, お慰め, お抱え同様に, お救, お早く, お案じ申, お江戸, お泊め申せ, お祀り, お立てなさるだ, お育て申した, お落し, お見上げし, お見上げ遊ばせ, お討ち, お訪ねすれ, お許しなさろう, お護り申しあげ, お迎えさせる, お送りした, お送り申しな, お通し申し, お預り, お駕籠, かえられて, かえ奈良, かついで, きざんで, くはせる, こ, ここに, こっちへ, この世で, この急場, この某, こんなこと, こんな所, ごまかして, ごらんなさい, ご案内, さがしたの, させたの, さらった駕籠, された, したこと, したと, した心棒, した雪, しなけりゃならねえ理由, しんから, じっと見た, すてたから, すりかえて, するよ, する新, そそのかし色仕掛け, そのうしろだて, そんなこと, たずね当てるん, たづねて山へま, たぶらかしつづけて, だまかすの, だまそうて, ついひょんな, つきはなした, つけ, でございますか, とくと見, とりこに, どうして忘れる, どうで, どこかの, どこへなと, ながめるのみで, なして, なす馬, なんでも, のせた二挺, のぞきながら, はじめ一同道場に, はじめ友人一同にも, はじめ家老用人勘定方から, はじめ楯岡などの, はじめ皆様に, はじめ重臣方が, はやく捜したい, ひとつお, ひどいめ, ふきださせて, ふり切るよう, ほんとに信じ, まず第, まつりまして, みつけたから, みると, むかえそして, もうすぐ演戯, もてなす役, もらうん, ゆすぶって, よう知っ, よむの, わたしだ, エラがらせる, カルカッタの, ケナす, バカな, 一つお, 一と, 一同謹んで, 一番愛し, 一目見たい, 一緒に, 七日の, 三度救った, 不便が, 与兵衛さんと, 世話で, 丸め直すこと, 乗せた一輌, 乗せ群像, 二三人まじえた, 亡くなして, 京都から, 人質にと, 今も, 介抱し, 仕止めようと, 仮令殺されよう, 伴いちょっと, 佐々木殿と, 何かは, 何でその, 作し, 作るのに, 保つて, 保護し, 信じようと, 信仰する, 信心な, 俺に, 偲ばうと, 兄の, 入れる, 写すと, 出して, 出て, 初めお寺様の, 初め二三人の, 初江戸でも, 刺すつもり, 刻んで, 助けながら, 動かして, 勘当し, 化えさせられ, 単に女, 取って, 取り換えて, 取り返すこと, 取扱うよう, 叙述する, 口説き落して, 叩きますので, 叱りつけて, 合祀し, 呈しては, 呪って, 呼びとめたの, 呼んだの, 唱うよう, 喰殺すか取殺した, 嗾か, 囲繞し, 埋めた棺桶, 墜し入れよう, 変る事, 夢にも怨ん, 大変信仰し, 太守として, 失錯り, 奪いつれ, 女房に, 好い人, 妾達仲間の, 始めとして, 始め御内方, 始め皆様, 委しく記し, 存じあげて, 存じませんでな, 存じ上げまして, 守護する, 安置し, 実演した, 射て, 尋ねるとき, 小町塚の, 山尼が, 崇めて, 巡りさえ, 幕府方の, 床へ, 座敷牢などに, 引っぱりこむ, 引ッ掠っ, 弟に, 当てに, 彫れば, 征服する, 待ち遠しげ, 後添, 後見し, 御介抱, 御尋ね申した, 御恨めしく, 御案内, 御相続, 御育, 御覧下さい, 御起し下さいまし, 御馳走する, 心細い状態, 忘れるなんて, 念じて, 怒らせて, 思いかけたる庭, 思い出さない事, 思い出すこと, 思い忘れしこと, 思うさえ, 思う心, 思ひ描いて, 思ひ返し乍ら, 怨もうとは, 怪しむ貌, 恋ひ慕う, 恨むという, 悪くあなた, 悪人と, 想い見る人, 想像した, 想見し, 愛し崇め, 愛撫した, 慰めて, 憤らして, 懐かしく思っ, 懐中に, 戴いて, 手前が, 手頼っ, 打仰ぎ, 投げ込もうと, 抱えながら, 抱き込まなけあならねえか, 担いで, 担ぎ出して, 拝ませようという, 拝まつし, 拝みましょうよ, 拝み庫裡, 拝むの, 拝めば, 拝んだ, 拝借したい, 拵えて, 持ちまして, 持った奥さん, 持て来た時植木屋, 指さして, 指すので, 振廻しちゃあ, 捉えて, 捕まえようと, 捜しに, 捨てても, 掘り出したん, 探し歩いて, 措いて, 掻摘で, 描き何となく, 描こうと, 放したかと, 放二, 救いだして, 救うこと, 文章に, 斬った日本左衛門, 斬殺し, 日夜淫酒に, 明けて, 暗殺に, 最後に, 望まれたのに, 本式に, 来させないやう, 染め出して, 案外冷然, 横っちょの, 歌うには, 此処へ, 武門の, 殺させようと, 殺したなんて, 殺した上, 殺した人, 殺した祟りで山棟蛇, 殺しましたの, 殺し金, 殺すツモリ, 殺そうとは, 毒害しよう, 比較する, 気取るよう, 汚なそう, 決して他, 泊めたの, 洩らしは, 浮世画に, 満足げに, 演じる隼人, 焚きつけて, 無二無三に, 焼いては, 煙に, 煽がせたと, 父と, 片意地の, 片目を, 物珍らし, 独り占に, 生んだが, 生徒に, 用うる, 畜生とは, 疑いは, 百姓は, 目がけて, 目撃した, 目撃せり, 眺めしも, 眺めたり, 眺めようとして, 眼も, 睨んだ, 知ってるの, 知らないの, 知らねえでか, 知りませんでした, 示すばかり, 示せるは, 祀った真光寺, 祈って, 神の, 神様たちが, 祭つてある, 私たちの, 称し又, 窺いて, 立たせて, 立てること, 笑うどころ, 箱根の, 粧ひ, 素晴らしい魅力, 継いで, 総領事館へ, 縛ったもの, 縛め取るため, 縫いつけるの, 置いて, 考えその, 考へそれから, 肩に, 脊負つてる, 自分から, 良人に, 苦しめて, 茶室に, 萩乃さまの, 蓄えました, 蔭身に, 蝶々に, 表したの, 装いただ, 装うこと, 褒めてばかり, 見あげる, 見が, 見せました実に, 見せる事, 見たいん, 見たも, 見たる喜左衛門, 見た井上五郎兵衛, 見た迄は, 見てから, 見ば, 見ました事, 見よ, 見ること, 見るのみ, 見んとて, 見上げて, 見兼ねたか, 見届けての, 見張るにも, 見懸けての, 見棄てて, 見舞いその, 見較べながら, 覗がった, 覗け, 観ようと, 討たさせ申そう, 討ち取ろうと, 記して, 記憶すべく, 訪ね国事, 訪問した, 証言した, 詠みたるも, 試しましょう, 誘つて上げなかつた, 誘拐した, 説いた, 説伏せて, 誰が, 諭して, 謳うたり, 護る軍人, 責めあるいは, 買って, 賺し申し此婚姻相延申候よう決行, 起してよ, 蹴殺して, 迎えるといった, 返して, 返討に, 迷わしたは, 追って海辺, 追懐した, 連れ出した奴, 連れ出すこと, 運び上げる事, 遠く想像, 避けなければ, 釣って, 鉄の, 長く質子, 閻魔様の, 離れるほど, 青馬に, 頼まんけりゃ成るまい, 願います, 食堂へ, 養うよりも, 首に, 馬鹿と, 駕籠に, 騙すよう, 驚かしたのみ, 鶴吉殿へ

▼ 様~ (1402, 2.7%)

22 いって 20 一緒に 14 同じよう 13 御一緒 11 おっしゃるの, 正三君は, 私との 10 いえば, お美夜ちゃん, 二人で 9 呼んで 8 書いて 7 ご一緒, 私と, 私とが, 私とは, 言ふ 6 いっしょに, お二人, した, 云うの, 云って, 呼ばれて, 私の 5 お角さん, したの, して, なって 4 いえども, おっしゃって, 仰しゃる, 伯母様は, 叫びながら, 思って

3 [26件] いうと, おっしゃいます, おっしゃるお方, おっしゃる方, お君, お父様, お角, お話を, すると, するの, 一しょに, 一所に, 丹波が, 二人し, 仰っしゃるお方, 奥様が, 歌子は, 照常様は, 申します, 知って, 磯五と, 私が, 私は, 称えて, 言って, 話して

2 [73件] あたしは, いいました, いへば, おっしゃるかた, お別れ, お呼び申す, お話し, お駒ちゃん, お高, きた日, きては, したが, した事, しない, すっかり仲よし, する事, その子, たった二人, なるの, やがて私, よぶの, よんで, 三匹の, 丹波の, 二人ぐらしは, 云うお, 云う御, 云えば, 仰しゃいましたな, 仰しゃるお方, 仰せられました, 仰ッ, 仰有る方, 何の, 俊斎様と, 初の, 同じ学校, 同じ様, 名の, 呼ばれたり, 呼ぶ烏, 呼んだ, 奥様の, 妾の, 崇めて, 崇められて, 御二人, 御夫婦, 御懇意, 思うの, 思わない人間, 改めたの, 書くの, 書く事, 毫も異なる, 父様と, 申して, 申しまして, 申し上げて, 申すは, 申せば, 相対し, 知らすれば, 磯五の, 神様と, 私とを, 私ばかり, 称して, 言いました, 言うの, 言わないと, 記して, 違って

1 [908件 抜粋] ああいう, あがめるの, あそこで, あっては, あなたにとっては, あなた様との, あの盲目, あるに, ある湖, あろう方, あんまりお話, いいまして, いい四肢, いい殿, いい龍造寺さま, いうので, いずれかに, いっしょになるんだってえじゃあねえか, いったらひいひいと, いったら可笑しい, いったら福ちゃん, いはれまする, いやア, いわれて, おっしゃいますお方, おっしゃいますその, おっしゃいます方, おっしゃったよう, おっしゃりは, おっしゃるおかたが, おっしゃるおさむらい様, おっしゃる大奥, おっしゃる尼様, おっしゃる親御様, おはなし中, おんなじこと, おんなじであろう, お久美さん, お会いなされた, お前は, お医者様, お名乗り, お國さん, お女郎, お客に, お引換えなさる, お打ち合わせ, お揃いで御, お松と, お柳, お母様とが, お母様とに, お物語りでした, お目にかかった時, お立合い, お綱さん, お見合, お話ししましょう, お話しに, お近付き, お逢いしたくない, お連れ, お雛様との, お風呂, きくと, きたひには, きまったお方, こういった, このまま, この妾, ごいっしょ, ご婚約, さしむかい, したそして又, した力強い, した女物, した達, しばらく話, し顔, す, するに, する人民, する努力, する女, する拍子, する文学, する気, する父親, する者, する願望, すれば, そうし, そして松平, そのこと, その事, その家来, その徳, その知恵, それからお松どの, そんないや, たくさんお話し, ただ一言我, ただ二人真白な, たんだ, ちがいますか, つけて, つとめて長い, とてもお話, どうもふしぎ, どちらが, なつた, ならいいって, ならちょうど, ならんで, なりその他, なるを, なれそめまして, なれば, ふざけふざけて, ほぼ同, めぐり会いひと, もう御, やらいうお前さま, やらいう町家, やらから, よく申しました, よぶ, わかると, わたくしとの, アベコベである, オモヨさんの, シビリゼイションを, スッポン以上の, ミミは, モウ七歳に, 一つ所に, 一夕の, 一緒でござった, 万太郎様は, 三つを, 下手にばっかり, 不義私通ゆえに, 丑紅の, 世間体を, 並べて書き, 並んだ名高い, 主なる, 久米之, 争うなどと, 二人きり白い, 二人だけ, 二人で居よう, 二人も, 云いなさい, 云う, 云うから, 云うと, 云うもの, 云う天下, 云う女隠居, 云う手習, 云う文字, 云う若殿様, 云う貴方, 云おうが, 云ってね, 云っても, 云はる, 云ふ, 云われるの, 云われる筈, 亡き姉, 亡くなった父親宛, 京都の, 人目を, 今晩の, 他巳吉様, 代が, 仮定する, 仰し, 仰しゃいます, 仰しゃいませんか, 仰しゃるのは, 仰しやりました坊様, 仰せられて, 仰せられます方, 仰せられるお方, 仰っしゃいます, 仰っしゃるお人, 仰っしゃるのは, 仰有る事, 仰言って, 仲よしです, 伊勢の, 会わせお, 伯母様が, 伯母様の, 何う, 何か, 余りお, 信雄卿の, 俺とでは, 倶に, 僕を, 兄上とは, 兄様姉様お揃いで, 光春とは, 入込みで, 兵を, 出会し剣術自慢, 出来たの, 切支丹は, 別れた後, 別れること, 別所へ, 力を, 勝安房様と, 北山の, 千ちゃんと, 千様の, 南町奉行大岡越前守様御, 南部様の, 叔母が, 口走って, 召使い達だ, 合点し, 吉之助様と, 同じお作り, 同じく二体, 同じこしらえ, 同じだ, 同じに, 同じ世界, 同じ仕事, 同じ姿, 同じ年配, 同じ御, 同じ心, 同じ方, 同じ神, 同じ隊, 同国じゃの, 同国ぢや, 同居させる, 同様である, 同資格, 名づけて, 向う正面, 呉井嬢次様と, 呼て, 呼ばせるくらい, 呼ばるるさえ, 呼ばれた若い気高い, 呼ばれるもの, 呼ばれ琴台先生, 呼びかけられて, 呼びかけるのに, 呼びつ, 呼ぶ, 呼ぶほど, 呼ぶよう, 呼ぶ侍, 呼んだこと, 呼んだろう, 和泉屋だ, 唱えお上, 喘る, 嚊アが, 園女様, 地蔵様とに, 声を, 変わりぬ, 大きく書いた, 大同小異だ, 大宮の, 大岡越前守の, 大男とを, 夫婦に, 奥さまと, 奥様と, 奥様とを, 女の, 妾と, 妾とも, 婚礼の, 嫁入, 嬢次様母子の, 子供衆の, 存じますが, 宮様は, 家来とが, 家達公, 宿屋の, 対面あるだろう, 尊敬し, 小さい尼, 小一郎は, 小坊主ばかり, 小松甲斐守殿と, 小栗様と, 尾張家とは, 岩間角兵衛様とを, 峰丹波は, 市長殿とは, 平気で, 幾度媾曳を, 弁信は, 弥生さまと, 弥生さまとが, 当て名が, 彼女は, 御いっしょ, 御一処, 御一所, 御先祖, 御大師様とは, 御婚約, 御新造様が, 御新造様と, 御来客様方, 御父上, 御約束, 心中した, 心配致す, 忠相と, 思いまして, 思ううち, 思う事, 思えば, 思ったほど, 思つて黒い, 思ひますまつたくうまく, 思詰め, 恐れ囁く, 愚楽は, 懇した, 拙者とが, 拝殿の, 摩利支天様とへ, 旅さきで, 旅に, 日々御機嫌を, 明神様の, 星が, 書いただけで, 書こうと, 朝夕心に, 本格扱いです, 来たらそれ, 来ちゃあ, 来ては, 来る事, 松と, 果し合いが, 楽しいくらし, 様付けに, 檻の, 歌子を, 正三君の, 正三君を, 死に, 殿の, 母上様とで, 比べましたらこれ, 毛唐とが, 江戸へ, 泥酔した, 泥鼈だ, 浅井家の, 深いおなじみ, 深く云い交し, 添いたいという, 添わせて, 添遂げる, 無造作に, 焦った新, 照常様だった, 照常様には, 熊野神明の, 特に名, 狂信する, 猿田彦を, 王子様へ, 甚三さんと, 甚内様が, 生き, 申されますの, 申されるふたご, 申した方, 申しました方, 申しましても, 申しますのに, 申しまするお方, 申し上げるの, 申すお, 申すの, 申す人, 申す御方, 申そうよりも, 申上げ, 申上げた, 申上げる, 病人が, 白井の, 百姓の, 皆が, 目を, 相乗りという, 相撲を, 相談し, 相談づく, 真剣の, 知った, 知らず掛かりましたが, 知るや, 知れる, 短い間, 碩寿翁とは, 磯五であった, 磯見様との, 神尾とは, 神田へ, 私たちとは, 私だけの, 私とによって, 私等が, 立てられたもの, 竜之, 筋を, 米の, 米友様の, 細君を, 結びつけられようと, 結婚した, 綾子様とが, 縁繋がりの, 群臣との, 老爺の, 考うべき, 聞いた境内, 聞かば, 聞くより, 肥後の, 背中合せに, 能登様と, 臣です, 自分の, 至急の, 良人とは, 良正様とは, 色彩とを, 花子様とを, 芳子ちやんとについて, 若ぎみの, 若旦那様と, 萩乃が, 萩乃の, 蔭では, 蠣殻町の, 行動を, 袖を, 見えたの, 見える二十歳前後, 見られた人, 見れば, 見做, 見立てるん, 親しく交, 言うこと, 言う美人, 言ったところ, 言った御, 言つた, 言へば, 言われたの, 言われて, 言われる御方, 話を, 誓ったこと, 諸共に, 豐玉姫様は, 貞夫は, 近藤様と, 逢う, 連れ立って, 遊ぶこと, 醜美, 重蔵様お, 長く話し, 間違えて, 陣十郎殿とが, 離し給, 青天井以外に, 頬摺りする, 顔を, 首っ引きに, 馴染みに, 駒井との, 鬼瓦を, 黒門の

▼ 様~ (1146, 2.2%)

5 奥様も 4 ことの, ございません, それを, なかった, 私も

3 [12件] おいでに, お母様も, お逝去, これを, それに, ない, またその, 今では, 御一緒, 御存じで, 父の, 貴方の

2 [71件] ありました, あるの, あるもの, あれは, いい心持, いやとは, おまえの, お前さんが, お前様も, お加減, お喜び, お困りで, お師匠様, お帰り, お気の毒, お父様, お留守居, お許しに, お達者, お高, ここに, この分, この頃, これに, これには, ございませんが, さすがに, そこに, ないので, なかつた, ねえのに, また傍, 一緒に, 世を, 主に, 今の, 今度は, 他の, 他人の, 仰有る通り行きすぎ, 何か, 何も, 呆れて, 嘸案じ, 大吃驚, 奥様を, 女子と, 嬉しかろ, 定めし肝, 平民様も, 待って, 御存じの, 御心配, 御承知, 御病気, 御迷惑, 手伝って, 早くお, 最う大分地獄, 来て, 為右衛門様も, 照常様も, 爲右衞門様も, 私の, 笑って, 胆を, 血気に, 見えた, 見えないで, 見た, 随分御

1 [943件 抜粋] あきれ返りよし, あそこに, あたりの, あったもの, あなたの, あなた様も, あのよう, あの伊織, あの御老年, あの晩, あの風態, ありがたいには, ありましょうが, ありません, ありゃア, あり議員, あるし巡査, あるん, あろうに, あんなお, あんまり酷い, いいところ, いいよう, いい男, いかつい事, いっしょに, いつかそう, いとゆたか, いらしたわね, いらっしゃいます, いろいろで, いろいろ強, うがい, うちまもった, うとうとと, お, おいしそう, おいとしいでは, おかわり, おこころ, おこるの, おしゃべりの, おすそ分けに, おたしなみでございます, おっか, おっしゃったん, おどろいたご, おなつかしゅう, およそ面倒くさい, おられる, おりんさんも, おんなじです, お二人, お代がわりに, お内緒, お前より, お医者様, お取り上げ, お口添下, お召を, お君, お喜びでござりましょう, お土産, お変りございません, お姉様, お宜しい, お尋ねに, お帰省, お年を, お待ちかねでございましょう, お恨み, お持ちな, お断りなさいました, お気が, お気を, お浮き, お片づきです, お義姉様, お腹は, お艶ゆえ, お行方, お話を, お近い, お逢いあそばせない, お連れ, お雪ちゃんも, お驚き, かなり抵抗, かれこれ言わない, きっと一緒, きまった様, きらいだ, くれた, こうしてそれとなく, このとおり, この世界, この人, この女, これからズンズン, これだけは, これ無き, これ軽輩上り, ごいっしょ, ございますが, ございませぬ, ございませんさぞ, ございません何, ござえません, ござらぬが, ご一緒, ご執心, ご存知でございます, ご承知, さき程から, さだめて, さまざまに, しかと安綱, しばらくの, すぐのんびりした, すこしもお変り, ずゐぶん, ぜひなく, そうです, そう云っ, そこもとも, そちの, その事, その巫子, その御, その旗本, その熱情, その面影, それから, それこの, それには, それ以上は, そんなこと, そんなにおっしゃいます, たくさんに, だいぶある, ちと注意, ちょうどこの, ちょっと手綱, つつがなくまずはよう, とうとうお, とうの, とりもつ, どうか早く, どうしてそうおいら, どうぞ素直, どこかで, どのくらい, どんなにか, ないから, ないが, ないで, ないほど, ない事故, ない光, ない日影色, ない残酷, ない狂気, ない程, ない窮迫, なかったであろう, なかなか繁昌, なかりき, なくうろうろ, なくひたすら, なく色, なく静か, なし況や, なにかやらない, なみでは, なんでもかでも, はたと琴, ひどいよ, びっくりした, ふたたび元, ほんとに御, まさかに後, またお, またそう, またなに, また使用人, また女, また最初, また滝川, また芸州様, また馬鹿, まだ尋ね, まだ御, まだ若い, まま見かけられた, みな揃う, みんな見えます, むごたらしいが, もうおやすみ, もうこの, もう二三年, もう都, やっと御, やっぱり人間, やっぱり悪い, やっぱり酷い, やはり御多分, やらっせえ, ゆく, よくよくご, よく御存じ, よく農業, よろこんで, わざわざ君, わたくしも, わたしを, わっし, ゐられないまさに, エラい海土蔵様, ガッチリ無類で, ツンと, ハッと, ベッドに, ムクチ王子も, 一両日中に, 一人の, 一家が, 一所に, 七ツ八ツの, 三つ半, 三四日是非来い, 不思議に, 不本意ながら, 世間の, 中, 中津の, 久しく王政, 了つた人なれ, 二人が, 二度と来よう, 亡くなった, 亡くなって, 交ってよ, 亦はじめて, 京訛りで, 今は, 今年は, 今度ばかりは, 今時の, 仕合せで, 以後謙さんへ, 仰しゃいませんように, 仰せられぬでございましょうに, 伊豆守様其の, 伝説稗史に, 佐助どんに対しては, 何の, 何やかやと, 何処やら, 例を, 俄なる, 俊斎様も, 俺から, 健三の, 元気でいなさる, 先祖様も, 全く旅, 六分は, 共に犬, 其の場, 其の翌日, 内々は, 写る, 凡て陣頭に, 出て, 出入りの, 分らねえと, 利用する, 到頭お, 前より, 半分位は, 参つてしまつ, 又それ, 又武士, 反って, 叙し, 叙べ, 古く知り, 可笑い, 同じよう, 同じ御, 同様歩ん, 名所の, 吾が失敗, 唖私も, 商売は, 喜んで, 噂を, 国を, 土の, 土州様も, 堪えて, 壮観であります, 変りました, 夕方まで, 夜は, 大きくなったら, 大もうけは, 大変心配し, 大弱りで, 大阪に, 奥山さんも, 女に, 女の, 好い加減に, 妙に, 妾を, 嬢様も, 子供と, 存外落着いた, 宇津木兵馬も, 安田画伯の, 定めし御, 定めて, 実は御, 宮様が, 家康公も, 将文様も, 小屋の, 小笠原様も, 小高いところ, 少しは, 少ない, 居つた相, 山口様も, 島田が, 常にあの, 幸内を, 幾度か, 幾度は, 弱ってるぢ, 彼の, 往くん, 待たれましたとな, 後を, 御不承知, 御主君, 御切腹, 御可哀そう, 御城下, 御存じ, 御存じだ, 御居合, 御扶持, 御決心, 御満足, 御照覧, 御用を, 御繁多, 御苦労を, 御言持である, 御都合, 御障なく, 心配なすつた, 必要が, 快く駕籠, 怖くなった, 思い出され二疋, 思案を, 急に, 恙なく, 息子の, 患ったの, 感心し, 感心した, 憤慨し, 我ももの, 扇を, 手に, 手控えする, 抜け目なく, 控えて, 故意と, 敵なら, 斯くや, 新選組の, 日々の, 日本一な, 旦那様じゃ, 早うこの, 早腰, 明神様お, 昔の, 映画の, 是非に, 晩年は, 有りません, 有志も, 木から, 木場の, 本当に今日, 本当に親切, 村松様も, 来ぬよう, 松吉も, 根から悪い, 梅も, 楊貴妃様も, 此の, 此人の, 此様式の, 死る, 残らず強盗, 段々繁昌, 殿の, 殿様以上に, 母親様も, 気がついたには, 気がつくと, 永い苦行, 消費経済とかいう, 湯壺から, 濡れますこの, 災難で御座んした, 無い事, 無かった, 無類の, 然う, 煩く終, 爾う, 犬に, 珠運様余りに, 現在では, 瓦解に, 生前より, 由雄さん見た, 甲府へ, 癇に, 皆々様御, 目を, 真実に, 眼に, 眼前に, 矢張流行感冐に, 知らないし, 知らぬと, 知らぬ遠い, 知り台所, 碁を, 神尾の, 私が, 私は, 穴守様も, 立ちゆく訳, 竜之, 笑つてゐる, 精神病患者でない, 組みついたまま濠, 綾麿の, 耳を, 聞こえませぬ, 能勢の, 自らわざとらしく, 良秀と, 若い時, 華族も, 薩州様も, 行ったの, 表な, 見えませぬし, 見え町, 見え透きて, 見て, 見れば, 見惚れます, 覚える次第, 言ったじゃ, 認めました, 貴女の, 跣足です, 跣足の, 近々の, 近頃は, 通って, 遂に廬, 郷里では, 金びかりなら, 銀之丞様だ, 鎮守の, 間に合わなかった, 閻魔が, 阿波よりは, 随分助かる, 雨の, 非人の, 面白そう, 飴屋も, 駆けつけて, 驚いた様子, 驚きましたが, 驚くこと

▼ 様~ (1026, 2.0%)

40 あつた 23 ござります 20 はある, はございません 19 はない 17 もあり 12 いらっしゃいますか, はありません, もない 9 ござりました, もある, もお 7 は, はございませぬ 5 いらっしゃいます, ござりましょう, はござりませぬか 4 いらつし, ござりまする, 私の

3 [13件] いて, おいで, ごぜえます, さえお, でも, はあります, はなく, は有る, もあります, ゐら, 中, 実は重大, 居て

2 [42件] あらうが, い, いながら, いらっしゃいましたか, ごぜえました, さえも御, さへ, すけれ共, ついお, はあれ, はござりますまいか, はねえ, は何, は実際, は御, は御座いませぬ, は無い, は自分, もあの, もその, も何, も大, も奥様, も神様, も隠し, 今日は, 何でも, 何の, 却て, 又面倒, 可笑しいな, 右の, 少しも, 御座りやす, 御気の毒, 有ったが, 洗いものを, 私も, 米を, 自分だけには, 言葉を, 通って

1 [660件 抜粋] あそう, あちらこちらへ, あつた室, あつて, あなたは, あらっしゃります, あられたの, あられるの, いいけれ, いいん, いい気持, いけないからと, いばって, いやがって, いやだった, いやです, いやに, いらせられますか, いらっしゃいましたが, いらっしゃいまして, いらっしゃいましょうか, いらっしゃいますよ, いられましょう, いられやしょうかに, うッ, ええ目, えらい高, おいでに, おいでまつせん, おいらが, おわせられますか, おんなじよう, お使い, お前を, お小遣金, お引留, お珍しい, お目ざめ, お豊, お賑やか, かたちばかりの, がさお, がすよ, きちんと澄まし, けぎらいの千世子, げした, ここん, この方, この病院, この館, これは, こんな事, ごあんすゝ, ござりまし, ござりやす, ごわす, ごわり, ご同情, さえあまり, さえかく, さえが玄関, さえどうにもこう, さえも拝見, さえも百姓, さえ三十円, さへが, さ胸気, せうか, せんも, そのお, そのま, その味, その器用, その隣, それが, それでは鳥渡一走り御免, それで青菜甘藍, そんなこと, たまらなかった, ちょっと休まし, とっつきの, ともすれば見失い, とんだ所, どうして, どうして喰える, どうでも, どうやら助, どっちかと, なかなか気, なげやりな口調, なに不自由の, なるたけそば, ねた, はあった, はありました, はありませぬ, はあるまい, はいかに, はいらっしゃいません, はおしまい, はお家, はお母さん, はございましたろう, はございませんでした, はござらぬ, はござりませぬかと, はござんすまい, はさうな, はじめて見ました, はその, はそれ, はないない, はなおさら, はなかっ, はなかつた, はならない, はのう, はほんとう, はまるで, はもしや, はよろしく, は何だか, は余, は俺, は合点, は困ります, は困る, は大変, は平生, は彼, は明日退陣, は有ったけれ, は有るけれ, は無けれ, は猫, は百五十金, は私, は納まり, は縦し, は能率, は鎧櫃, は高, は鬼, ひと山前に, ひょろひょろし, へい, まあボツボツねえ, まごつき易い, まず帰り, みんなご, みんな特徴が, みんな賛成を, もあつ, もあばた様, もありし, もありません, もあれ以上, もあろう, もいい, もいらしった, もうっかり, もおなじ, もかっきり, もきつとお, もご, もございません, もさだめし, もすて, もただ, もどうか, もどなた, もないでしょう, もなかっ, もなく, もふ, もまた, もよく, も一眼, も一瞥, も不, も今夜一晩, も今日, も仲, も但し, も住吉様, も何様, も元, も公方様, も其俤, も其効力, も出, も初太刀, も剣, も同じ, も命, も天魔, も妾奉公, も姥神, も年, も後, も御, も思はれた, も情婦, も抜目, も指一本, も敵, も最早, も有馬, も気が付かん, も活かし, も流派, も痛く, も眺め, も着, も祝儀, も細川様, も結局, も聞き捨て, も藩, も行きたい, も見つけた, も誠に, も誰, も身柄, も閻魔大王, も顔, も飽くまで, も黒須先生, やはりハッキリ分らなかった, ようこそお立ち寄りくださいました, よかった, よかつ, よくお出で, わたくし共へも, わたしなんぞは, わっし, をかしい, を喰, を喰わす, アね, イケない, イヤどうも, ゲス, ゾッとする, チャント分っ, ツイと, ネエ, ネト云つて, ハイシイドウドウと, フラ, フラフラと, ベタクサした, メンチボーなら, モウ手も, 一つの, 一向迫っ, 一度として, 一所だ, 一歩進め, 一番末の, 一言も, 丁子風呂の, 七年の, 丈夫よ, 不思議と, 与八とは, 世の中を, 世を, 中村半次郎様と, 二三度お, 二十円呉れた, 人に, 人の, 人間出世は, 今度も, 今旦那, 仕様が, 佐渡屋さんも, 体全体の, 何う, 何となく不調和, 何となく薄気味悪く, 何よりと, 何色とも, 余は, 余を, 候の, 借りて, 倭文子は, 偶然でない, 僅か五分間許, 僕は, 先刻から, 光って, 入らつし, 八代目団十郎様の, 六十位の, 其前は, 其極端な, 切角主婦が, 別室へ, 前へ, 助かりました, 助かります女一人, 助り, 勇美子と, 却って楽, 却つて楽な, 又いかにも, 又何, 取廻しの, 同地の, 名高い神社, 吾れ知らず飛び込みたくなる, 呆然として, 命びろいをいたしました, 命拾いを, 哀れな, 嘸お, 四月の, 四角いこと, 土に, 外の, 大きなもの, 大助かりだつた, 大動員, 大変い, 大津の, 大笑, 大願成就の, 夫人という, 女狂ひ, 妾は, 媒介が, 宇和島様だった, 安心が, 実は新吉, 実は金目, 実際よくもあんなにたべられた, 実際人, 室に, 家を, 家族又は, 寝ころんでも, 察する, 小さい眼, 少将は, 居ながら, 居心地が, 川音が, 左様なら, 己が, 常世の, 年は, 幾値が, 彼の, 彼は, 彼女は, 従ってこの, 御わす, 御座り, 御座ります, 御座りませう, 御座居ます, 御懇意, 心では, 心配で, 忘られない, 急いで, 急に, 怪しげに, 悪いの, 悲しい声, 悲しくなる, 意味が, 意味の, 慥に, 戸を, 所望する, 扉を, 手を, 承りましょう大きに, 折から, 探偵の, 施餓鬼を, 旅費の, 是は, 普通には, 暗い暗い深い深い底, 暫しは, 暮すの, 暮らして, 有ったと, 有ったろう, 有った併, 有りながら, 有名な, 朝夕南無妙法蓮華経と, 木曜日が, 札を, 札ビラを, 杯盤の, 校長の, 止めも, 此世に, 歯痒くって, 歯痒くつて, 段々かお, 毎年旧の, 毎晩の, 毛の, 気が, 気の, 気の毒すぎ, 気恥しくも, 水上飛行機が, 永久に, 永禪さんと, 治まるだろう, 沼の, 波は, 浅間山の, 涙が, 淡い気持, 源三郎を, 滝沢様とか, 災難を, 無けり, 無事に, 無論そんな, 然う, 然かも金属, 父も, 狐に, 瑛子様と, 瓦斯エンヂンだけは, 田楽祭りと, 田沼侯の, 申そう様も, 男の子は, 盛衰記と, 目の, 目を, 真面目すぎる, 私えれ, 私は, 私達は, 私驚きました, 種々の, 篤を, 納まって, 終にゃ, 結局, 罪な, 習との, 聞く耳, 聴いて, 育って, 腹を, 腹圧への, 自分の, 花火の, 若し幸運, 茱萸と, 草葉の, 菊屋橋の, 葛西の, 薄気味が, 薔薇の, 藤野屋様で, 血の, 衛門督で, 裏路伝ひ, 襟元は, 西洋人が, 西蔵境の, 見て, 親子も, 解る, 訳が, 謡曲の, 警官の, 讒訴に, 貴方に, 足跡の, 踏込が, 這って, 道は, 酒こそ, 酒の, 階段を, 随分陰険冷酷, 非常に, 頭が, 頭の, 顔を, 馬鹿でない, 駆け降りて, 高岩の, 黄金を

▼ 様~ (724, 1.4%)

12 お詣り, 行って 9 御参詣 7 お参りし 6 お参りに, 参詣を 5 お参りを, お目通り, 参詣し, 向って, 持って 4 お百度, 参詣の, 御厄介, 御奉公, 願を

3 [14件] お出入, お目, このお, つれて, 上げて, 参詣した, 参詣する, 参詣に, 対して, 日参を, 線香を, 花供げろ, 行く道, 行ったら行儀よう

2 [31件] いいつけて, おいで, お取次, お嫁ぎ, お暇, お渡し, お線香, お茶を, お詫びを, お賽銭, お預け申した, お願い申し, するの, 出かけて, 参って, 喧嘩を, 奉公に, 御心配, 御挨拶, 手紙を, 朝参り, 来て, 献上し, 申しあげます, 申し上げます, 申し上げ候ところ, 直ぐお, 詣って, 進上, 願がけに, 願掛を

1 [523件 抜粋] あがった時, あがって, あげた手紙, あげる分, あの独楽, いかれた御, いって, いつても, いらっしゃいました, いらっしゃること, いらっしゃるという, いらっしゃれば, いらつし, うかがったとき, うかがったん, おさとし, おっしゃいました, おつかわし下さいませ, おまいり, おまいりし, お上がり, お下げに, お会いさせ申す, お会いし, お会い遊ばす, お伝えあれ, お伝えなされた, お伝わりし, お伺い, お使い, お供物, お光り, お出入り, お前の, お参, お参りが, お参りしたい, お参りながら, お参りなさるなら, お参ン, お参詣, お召抱えに, お告げし, お告げ申し, お味方, お呼ばれなすった, お命じなさらなく, お宛て, お宮参り, お尋ねいたしまする, お尽くしなすっ, お尽し, お届け, お引継, お心遣い, お抱えに, お暇乞, お札を, お歳暮, お湯を, お父さんそこに, お目にかかっても, お目にかかりたい者, お目にかかりまして, お目見得を, お着き, お知らせしろ, お知らせに, お知らせ申し上げ, お礼に, お礼を, お礼言上に, お移り遊ばされ, お米, お納め申す, お経, お縁附, お縋り, お縋りし, お縋りした, お茶をば, お茶湯を, お見せ下さいましたでしょう, お言伝, お訊ね致します, お詣, お詣りし, お詣りした, お詣りしよう, お詣りする, お詫びに, お話が, お話した, お負わせ, お越し, お近づきいたします, お返し申上私事は, お送りいたす, お還し申し上げなけれ, お附合, お預けに, お頼み, お頼みし, お願, お願いいたします, お願いし, お願いしてる, お願いする, お願いなすっ, かかって, くれて, こちらから, このよう, この媼, この花瓶, この通り, これを, ごく密, ご献上, さう申し上げて, さしあげ候事, さし上げ, さんざん不服, しらせて, すぐご, すまないと, そういうよう, その御沙汰, その由, それくらい, ただちに申しあげる, だよ, つぶも, でえだらぼっちが, でえだらぼつ, でかけて, でございますよ, どなたが, なにとぞわし, なら, なら自分, ねり込んで, ひとつお越しのほどを, ほんのお, まいりました時, まるでからかい半分, むかって, ゆくと, よう頼ん, よく御, よろしくお礼, よろしくお願い, わざわざ嘘, わたくしが, わたしが, わたしも, カウモリを, キラリと, サ, 一つ鬼子母神様と, 一寸廻る, 一旦ご, 一生懸命に, 一輪お, 三月五日に, 上々吉の, 上げては, 上げべ, 上げる, 上げるという, 上げるの, 上げろと, 上って, 上つてお, 上つて夕方まで, 上りました当季, 上りましてから, 上り込んで, 上れば, 上手に, 不都合に, 九谷の, 二つお, 二三日お, 二人で, 云ったもの, 京都の, 人足を, 今この, 今は, 今日は, 他所様へと, 仰せられて, 伝えるでございましょう, 伺いを, 伺ひましたでございませうか, 何か, 何とでも, 供へ, 便りを, 兄の, 入って, 入りました, 入りますと, 入り込みますこと, 入口で, 公子様へ, 出かけました, 出ても, 出ましたわけ, 出入が, 出入の, 初もうでに, 加様の, 即刻お, 参りましたが, 参りましたそう, 参りますと, 参るので, 参る材木, 参る路, 参る身の上, 参る途中, 参拝した, 参詣させられる, 参詣しなくなった, 参詣しねえ, 参詣なさい, 参詣は, 又お参り, 取り入ったんだい, 取り入って, 取り入ろうと, 取り次ぎましたでございましょうか, 取り立てを, 取入って, 取次いで, 取次ぎますよ, 口上を, 召され切りです, 合図を, 同情を, 向いては, 向かって, 告げて, 告げねば, 呼ばれる私罪, 回向を, 墓参りに, 外敵打払いを, 天の, 夫婦お揃いで, 奉幣の, 奉納という, 姫君の, 婆ア様達を, 嫁ぎとうございます, 嫁く, 嫁つ, 孝と, 宛て詫証文, 宜しくお礼, 宜奉, 宜御, 宜敷, 実情を, 家事不, 密告しよう, 寝た, 小使に, 小鬢を, 少々伺います, 届けて, 届けると, 岩沼子爵家従田原栄作と, 差し上げて, 差し上げましょう, 差し上げるよう, 差上げようと, 差上げるお, 差上候よう両人, 帰って, 帰参が, 常磐よりと, 干鯛一折奉, 年に, 年忘れの, 廻りまして, 引いて, 引っ返して, 強いるわけ, 強くお知らせ, 強く強く強く強く印象づけたい, 往くの, 往こう, 往って, 往復し, 従えば, 御つれ, 御世話, 御供養, 御備被下置候, 御初穂, 御参りに, 御参りを, 御喜捨, 御奉納, 御披露, 御拝領, 御普請, 御機嫌うかがい, 御機嫌伺いに, 御無礼, 御用十手が, 御百度を, 御目通, 御礼に, 御詣, 御通い, 御都合, 御願い, 御願まで, 御願を, 御願掛を, 心を, 心願が, 心願を, 忍んで, 志保より, 念を, 急の, 或時, 手向けを, 手渡すよう, 抜け参りを, 抱えられた柳生様, 抱え込まれずるずるべったり, 持ちます真心, 据えられました, 掛合いに, 攀じ上った, 教えて, 敬意を, 斬りかかった時, 日参まで, 時偶は, 書かう, 書く手紙, 月詣り, 朝詣り, 来たデカ者, 染, 此の, 殿様を, 毎日お, 毎朝宗七の, 気を, 永世六千石下賜趣右為御, 泣いて, 流鏑馬の, 深まるとも, 済まねえから, 済みませんよ, 無情くあれ, 無礼の, 熱心な, 片袖, 献げた此の, 献じて, 献上した, 献上してやろう, 献上仕り, 琵琶の, 琵琶を, 生涯抱切り, 用向きが, 甲府の, 申しあげる前, 申し上げて, 申し上げましょう, 申し上げますわたくし, 申し児, 申し訳が, 申すので, 申上げ, 申上げる, 申訳が, 登るの, 白刃を, 直々でなけれ, 直々の, 直接に, 眼くばせ, 眼の, 眼を, 知らせに, 知らせねえだ粂どん, 知らせるという, 祈って, 禁った, 私の, 私も, 秘密な, 笑いかけて, 紋也様紋也様紋也様ばかりを, 納めさ, 納めさて, 納めたもの, 納めて, 納めなければ, 納めようと, 納めること, 納める五千両, 納める代り, 納め物を, 素直に, 紹介け, 結び付けようと, 縁附こう, 義理が, 羽を, 耳こすりした, 聞えましたから, 背を, 自分の, 舟で, 茂, 茶の湯の, 葬りに, 行きましょうよ, 行きませう, 行くなどと, 行く方, 行く馬方, 行た, 行った時, 行つて見る, 行らっしゃいました, 行らつ, 視線を, 親方からの, 親父の, 言入れる, 託して, 詣つて, 詣でた一年一度, 詣でる青葉, 詣りますので, 詣ると, 詣るも, 詫びて, 話しかけて, 話したかしら, 誓紙か, 諸国から, 譲らせ申そうという, 護摩を, 財宝の, 賽銭に, 贈ったの, 赤紙が, 近づいたの, 送りました, 逃込んだ, 這入ります, 通い番頭を, 通るは, 通る操, 遊びに, 達して, 酒を, 金を, 鉄砲を, 銀側時計の, 長い橋, 雪女よりとして, 面を, 預けるから, 預け先生, 頼みに, 頼んだか, 頼んだら泊めて, 頼んで, 額を, 願い出たん, 願え新, 願かけに, 願が, 願がけを, 願ったん, 願懸け, 願掛けに, 願掛けを, 飛びかかろうと, 飛びかかろうとして, 食い付きました, 養子に, 養子を, 駈けて, 駈込んだ処

▼ 様~ (546, 1.1%)

19 ね, よ 13985 が此 4 がね, と思う, ねえ, のと

3 [13件] から, がそれ, が実は, けれどその, ということ, といっ, と云, と思, と思っ, と極めた, と聞い, の, もの

2 [34件] あね, か, から僕, から序, から断ります, がこの, が実際, が御前, が概して, が決して, が私, が藕糸曼陀羅, こと, そうだ, そうで, っけ, と, という, といふ, とかお, とする, とそう, とて汝, と云う, と云っ, と心得, と思い, と思え, と思った, わ, ッ, ナ, 併し, 活仏だ

1 [350件] あすは, あそこと, あな, あななあ, あよ, あんな奴, いくら自分, お夏, お師匠さ, お節は, かそれとも, かね, からあげ, からあと, からあなた, からいい, からお, からきん, からこいつ, からこの, からそれ, からつら, からでございます, からというところ, からともいえ, からと云う, からと友人, からどうしても, からどこ, からな, からねましょう, からふたり, からまア, からよもぎ, からりっぱ, からイタリー, から一々, から一緒, から久, から仕方, から多分, から大方, から妾狂い, から屋敷内, から御, から怪しい, から恥, から日, から早速, から書く, から此処, から永禪和尚, から油断, から知れ, から神, から私, から花敷温泉, から行つて, から話, から話頭, から連れ, から除けませう, から香炉, から馬大尽, から鷹揚, かわからない, か何さま, か何仏, か存じません, か彦, か忘れ, か誰, があの, があら, がお前私, がお盆, がかうすれ, がここ, がことわざ, がこんな, がさ, がさうな, がそう, がその, がどう, がどうして, がどうぞ, がどこ, がまあ, がまア, がもしせ, がよした, がネ誰, がホッキ, が世界的, が五両, が仁徳天皇, が今, が何, が何ん, が俺, が其, が其実, が内, が北方特産, が却, が古く, が呪術, が團十郎, が外出, が女, が実際然, が左様, が平地, が当時, が形式問題, が彼, が後者, が御, が心, が忘れた, が愉快, が成年戒, が或は, が昔, が本来, が梅, が此二者, が此村, が段々, が沖縄, が泥坊, が涙香, が生れ, が生殖器, が相手, が祭り, が私一人, が考え, が能動的, が色葉字類抄, が誰, が調子, が醜い, が金, が長屋, けど, けどあんた, けれどそれ, けれどそんな, けれども業平, けれども若手, けれども諦め, けれどモウ腹, けれど余, けれど円髷, けれど少し, けれど猶, けれど男, けれど益々, けれど遠から, これは, し, しかし二十年位, しかたが, しそれ, したいそう, し其境涯, し又, し或は, し琉球本島, し用語, し田地, そうで御座います, そう云う, そこが, その魂胆, それ程こん, そんな事, ぞ若し, っけ昔, つたのだ, つたのねえ, つて先生先生より, つて幸福の, つて文学上の, て, といいました, といいましょう, といいます, というで, というもん, という人, という気持, という者, という返事, という連雀町, といった時, といつ, とおっしゃる, とかいうお方, とかいうこと, とかいうもの, とかいう口, とかいう破落戸, とか何ん, とか癪, とか観音様, とさとれる, として同じ, とただ今, とたまらない, とつい, とて不思議, とて悪い, とは俺ら夢, とばかり思っ, ともいえる, とも言いかねる, とよウ, とよ地獄, とわかった, とヌエ, と云ってる, と人, と信じ, と厨子王, と吹聴, と囁きあった, と多く, と寂しく, と思いました, と思い詰め, と思つたの, と思つて, と思われた, と怪しん, と有難がっ, と申, と申しました, と申します, と申し上げまし, と皆, と私却, と穀物, と笑った, と考え, と見え, と解ったら, と言う, と言っ, と言つた事, と言つて一同, と評した, と赤蜻蛉, と身, と近所, と隣席, と骨, ど, なあ, などう, などと戯謔つて, ななにか, なんかと云う, なんていう, なんてまるで, なんて仰る, なんて神様, なア, な今, な手前, ねえ兼ちゃん此, ねお前さん, ねその, ねだが, ねと云っ, ねと云つて, ねと曖昧, ねなんて, のが, のにおかしい, のにどんな, のに家, のを, べ, べアすか, またいつか, まアどう, ものです, もの日本を, もの綺麗な, よう, よと声, よ妙, よ武蔵様, わね鼓, ァね, アア時計の, ア之が, ア私等が, イッ, オヽ寒い, キリスト御, シテ見る, ゾ, ワ, 一つが, 一文なし, 三十一万石だ, 三十五万石だ, 事, 人間が, 人間じゃ, 位の, 何うし, 何処だ, 先へ, 先生だ, 其の代り, 名主役をも, 土左衛門だ, 壬生の, 大いによかろ, 大きな建物, 大屋様だって, 天神様の, 妖精の, 子, 実に不思議, 寺の, 小路の, 常に落著, 弦之, 待ちな, 恋しては, 恐ろしい君子, 曲淵様の, 松谷嬢は, 権田, 此奴ア旨え, 海老茶袴を, 無学の, 爾し, 猫の, 磯五の, 神様の, 私は, 等と, 若しや

▼ 様には~ (461, 0.9%)

2 [20件] お二人, こなれて, その巨大, それが, それを, ほんとうに, 何かの, 何が, 何の, 初めてお, 厳重に, 夢の, 太政官の, 始めて, 山尼の, 得て, 御変り, 断じてお, 済まないが, 追

1 [421件] あなた様の, あの食い逃げ娘, あやまりなく, あらでただ, あれから, あんなに優しかっ, あ逝かれ, いかぬ, いつも厚い, いつ頃, いひ解きたま, いろいろと, えらい失礼, おえいどんと, おおせられて, おかかり, おって居た, おりっぱ, おん憤り, お仕事, お会いする, お八重殿, お取り上げ, お可哀そう, お変りも, お帰り, お心, お念仏, お気に, お気の毒, お眠, お眼, お眼通り, お笑草, お考え中, お茶器, お許婚, お話し申し上げません, お頼り, お館様, お首, かえってこの, かかわりの, かばって, きいても, くわしいこと, こうした変った, ここ四五日うちに, このうさん, このところ, この和歌, この度, この期, この隠居所, これが, これより, これ以上の, ごようす, ご不在, ご両親, ご在宅, ご存知です, ご老中筆頭, ご迷惑, ご逼塞, さぞこの, さらにお, さらにさらにもっともっと神様, して, しねえ, すぐに, すこしも用, すっかい, すばらしいお, そういう理由, そちまでと, そのうち関東, その余地, その品物, その後の, その次第, その目的, その辺, その黄金, それと, それのみが, それは, それほどにまで, そんなこと, たいてい石, ただ今何, ただ無言, たった一人, たとえ何, たまらない肉, ちっともない, ついにお, つい今し方, つけず電車, つらいめ, できなかった, ときふせて, とにかくわっし, どうしてお, どうしてもなりたくない, どうしても良人, どうも多少武術, どうやら骨抜き, どう頤, どこかで, どこで, どこよりも, どなたも, どんなにお世話, どんなに可愛, どんなに御, どんな御, なかなかまだこれ, なくまた, なぜ最初, なったが, ならなかったろう, なりませぬ, なるに, なれないけれど, なん匹いる, はやお立ち, はや御, はや鎌倉, ひどく私, まして説明, まずまず潜伏, また逢う, まだお話, まだこの, まだ大きな, まだ月江様, まだ満足, まだ申し上げませんでした, まだ知己, まだ近づいた, めずらしく蝋燭, もうお, もうものいう, もとより御, もはやお, もはや幸内, やかましい方式, やはり夜, ゆかないで, ゆかないの, よいお, よくそんな, わからなかったよう, わからなくなって, わからねえで, わが殿, わたくし達を, アッと, 一々逢われ, 一人で, 一度雨戸, 一方ならず, 一時遁がれの, 一風変った, 一騎当千の, 丁儀丁, 丁度三十年前に, 上庸に, 不可思議な, 不孝で, 不適当, 二人の, 二十四日の, 二股大根お, 云うけれど, 云へ, 云わぬ方, 亡くなられ平太郎様, 京師ふうの, 今し方作事場を, 今日は, 今日越前勢が, 以前から, 伝説として, 何か, 何ぞと, 何でも, 何とかし, 何とか御, 何ともわたくしめ, 何も, 何もかも, 何ものよりも, 何程御, 何者より, 何角御, 候へども, 元康が, 充分の, 先ごろより, 先づ何と, 先年亡くなられ, 入らっしゃらなかったでございましょう, 六人男どもが, 内しよで, 内密で, 再三家臣, 処女だ, 出来て, 出来ないので, 出来なかった, 分りませんでしたが, 分るでしょうが, 切っても, 初めてで, 初孫の, 別に御礼, 別段に, 前日御, 勤めなかつたらうと, 十年前六波羅へ, 厳かに, 参られようとも, 取計, 只今長の, 可愛がられて, 可笑しかった, 合点の, 同じところ, 君も, 命い助けられ, 固く辞し, 変わった所, 大なる, 大乗り気, 大恩, 大慶斜めならず, 大笑, 天津日継の, 天魔が, 太刀打ちできねえ, 奉書の, 奥様を, 女が, 女子が, 妾が, 始終御, 子供が, 子供達の, 孝行と, 実の, 密かに, 寸毫でも, 小一郎が, 少しも, 少し華美, 居られませんヘエ, 左の, 常日頃親しみ, 廻りませんから, 当城, 当家に, 役目と, 径六尺の, 後々へ, 後指さすが, 御催促, 御兄弟, 御出馬, 御子息様, 御存じで, 御存じない, 御家督, 御息女, 御機嫌よろしく, 御着, 御自ら, 御覚えなき, 御迷惑, 御電話, 心おきなく, 心服し, 必し, 忠義だ, 忠誠丹心まことの, 思うか, 思うけれど, 思えない, 思えなかった, 思へない, 思われて, 急が, 怨みも, 恋愛なんかから, 恩に, 恵まれて, 悪いと, 想像しない, 成ましたが, 成らんとも, 我の, 或る, 戦いの, 捕虜として, 支配の, 敢え, 散々仇を, 敵が, 敵わ, 断られても, 方方の, 旅立ちの, 日本最初の, 早く参りません, 昨夜私の, 昨晩から, 是が, 暗殺者の, 更に見当, 最近に, 木曽より, 本国大和の, 本当に申しわけ, 東大寺行幸の, 東屋の, 森右近丸様の, 止められて, 此年頃大方, 武士道と, 歯が, 毒殺された, 江府第, 江戸へ, 決して御, 油揚の, 油揚を, 浅井家に, 海山の, 淀屋の, 済みませんが, 源次郎様の, 然やう, 照彦様の, 熊襲及び, 特におすすめ, 生れつい, 甥だ, 用が, 申し上げては, 申し伝えに, 発見した, 直ぐに, 直ぐにも, 相成るまじくと, 眼の, 眼も, 知れませんが, 神様の, 私の, 私も, 秘密に, 種々御, 種々頂戴物, 稲葉山を, 窮屈だったろう, 答えなかったでしょう, 精密に, 継母である, 考えられなかった, 聞えぬ, 聞かされて, 聞かして, 聞きますけれど, 脅かされるゆうべ, 腋の下に, 腕が, 腕に, 腹痛の, 自分から, 自分の, 自身御, 茶と, 蒟蒻を, 薄情な, 薪を, 行かないで, 行かないもの, 行かない様, 行かなかった, 行かなかつた, 見えて, 見えないの, 見えなかつた, 親しく御, 解かれて, 解らないの, 解らないわ, 言いにくい, 話したこと, 話せない, 誠に何, 貞夫もはや, 贅沢に, 身近に, 輿の, 近頃よそ, 返事を, 逃げられる, 通じ候, 違えねエ, 邸内の, 門の, 附が, 随分乱行, 非るべし, 非常に, 面目なく, 顔の, 飛騨などという, 鷺山の

▼ 様にも~ (461, 0.9%)

19 なつた 12 見える 8 見えた 5 思はれた, 思われる 4 思われた 3 なつたの, なる, なるの, 奥様にも, 思う, 思った, 思はれる

2 [25件] おめにかかりました, お世話に, お目通り, お詫, して, なつて, 会って, 似て, 出来ると, 取れた, 幾重にもつながれ, 御あいさつ, 思つた, 思われて, 思われるが, 恥かしく第, 感じられた, 感ぜられる, 真底からは, 考へさせられだした, 聞えた, 見えて, 見えなかった, 見えるが, 誰にも

1 [337件] あつて, あります, あり又, ある, あるけれ共, あるし, あるので, ある通り, あれど, いかばかりお, いたく御, いつかこんどの, いつしかお, いつまで, いつも心配, いふて, いよいよお, いろいろである, いろいろ御, いろいろ王事, うちの, うつって, おかわり, おめ, おも, お世話を, お会いなされた, お依みする, お前にも, お変りも, お待ちかね, お心当り, お心添え, お手当, お断りし, お明かし, お気の毒, お気の毒様, お目, お目にかからせて, お目にかかりません, お目にかかり勘十郎信行様, お目にかかり度, お礼を, お祈りを, お見覚え, お話合を, お迎えに, お逢いあそばす, お願いいたします, お願いします, お駒, かうするの, かくまで, かねて, きおい立って, きこえ又, くれぐれよしなに, こういう人, こうし, こうしておい, このこと, この光景, この意味, これまでと, ご機嫌よう, ご苦労が, ご苦労千万まず, ご都合, さきに, さぞ, さだめしお, しようから, すすめてね, すまないよう, すまなえつて, ぜひひとつ, そうそう隠し, そう云う, その不都合, その干柿, その後は, その心持, それからこの, そろそろ御, そんなお方, たッ, ちょっとわからない, とれます, どうぞまち, どうぞ宜しく, どれほどお待ち, どんな失礼, なかった, なったり, なって, ならうか, なります, なり女人, なる年頃, なる次第の, なんらの, まずは御, またたのむ, また彼, むろん供物, もはや大勢, やはり女子, よい教師, よく御存じ, よもやおん, よるじゃあ, よろしくお願い, よろしく御, よろしく願います, ろくに診, わからない, わしも, ッて, ドス黒い, 一かさね, 一かたならず, 一つの, 一度, 一度挨拶, 一度立て, 一日お, 一腰真雄へ, 丁寧に, 不孝な, 主水様, 事実一方, 二人の, 二十年来御, 二条の, 云は, 云わない, 京都へ, 今し方小倉を, 仕よう, 仰し, 会っては, 似合わしからぬとりちらかして, 何か, 何にも, 何やらご, 借金まで, 働くこと, 入っしゃるように今日, 其の愚, 内々に, 出来るが, 切り抜いて, 勝る剣士, 千載の, 即日赤穂へ, 又ね, 又何となく, 又馬鹿馬鹿しい, 取扱はれてるらしい, 合わす顔, 合理化し, 同様筑前の, 大いにその, 大事と, 失礼な, 奥方様にも, 好かれますまた, 妾にも, 宇内の, 左様云, 差上げまする, 常にお, 幻想せしめる, 御なり, 御出陣, 御存じは, 御存知の, 御当惑, 御恩返し, 御懇意, 御目, 御苦労相掛け, 御覚悟, 御覧なせ, 御都合, 御願を, 復命し, 徳川殿へも, 心なさりませ, 必定敵の, 快く思われまい, 思い, 思うという, 思うの, 思えた, 思えたり, 思えて, 思えました, 思ったけれ共, 思って, 思つて仕方なし, 思はれたが, 思はれて, 思はれますので, 思はれよう, 思はれるので, 思はれる極めて, 思はれ出した, 思ふ, 思へますが, 思へるし, 思へる不思議, 思わなかったのに, 思われたけれど, 思われぬが, 思われます, 思われるし, 思われるの, 思われるので, 思われる而, 恥ずかしい, 悪しかろうに, 情合を, 想われるが, 愛されて, 感じられたので, 感じを, 感じ無く, 懇, 成らじ物, 手の, 折を, 拙者身体の, 敵に, 日々の, 日本は, 日野資朝卿と共に, 早, 早速おい, 明けても, 明後日様にも, 昔の, 最早重要, 有らねば, 有世智賢く, 木村様にも, 本尊様にも, 松平元康どのにも, 根掘り, 次ぐ位, 此の, 武士の, 決して粗末, 泣いて, 深い図り, 清さんにも, 済まないから, 済みませんから, 為右衛門様にも, 無い, 無かろうと, 無之, 爲右衞門様にも, 甚だしいお, 由ない, 申しわけが, 申し上げず見え隠れ, 異議が, 病名は, 相変らず, 相済まない, 相談しよう, 真実を, 禁門へ, 私は, 種々御, 義理が, 考えて, 考えられないこと, 考えられます, 考えられるが, 考へます依て, 考へられて, 考へられぬでも, 聞えて, 聞えましょうが, 聞えますから, 聞きませんが, 聞こえますが, 聞こえる, 聞こえ今, 臍が, 致されようから, 致しますが, 若くから, 行く道, 見えたこと, 見えたであろうか, 見えなかった筈, 見えなかつた, 見えます, 見えまた, 見えるけれど, 見えるであろう, 見えると, 見える人, 見え何, 見せずに, 見ゆる, 見受けますれば, 見請候得共, 覚えて, 覚える, 親しくお目にかかっ, 解って, 言はれ, 記憶致します, 診て, 詫を, 話して, 説けよう, 諦めの, 諸所の, 豆買いでも, 賤まれません, 身代が, 軽快な, 返り車, 逃げられぬこの, 通知します, 進め参らせ候, 鎌倉を, 隆景様にも, 隠して, 願を, 黒田様にも

▼ 様から~ (417, 0.8%)

7 お金を 6 お手紙 4 お使い 3 お電話, 拝領した, 故障が, 離れて

2 [16件] いた, お使, お許しが, お釣りを, こう言われた, 五重塔建てい, 借りて, 出て, 大事な, 大概は, 探索が, 私が, 聞いて, 貰って, 金を, 頼まれて

1 [356件] あいつに, あなたに, あなたによ, あなたの, あの六人, あらましは, いい訳, いかにも思い余った, いくぶんその, いただいたお, いただいた大切, いただいた百両, いただきましたので, いろいろお菓子, いろいろと, いろいろの, おあずかり, おあつらえ, おいで, おいでに, おことば, おぞましい悪事, おっしゃるの, お伺いいたしました, お使者, お借り申す, お先へ, お内緒, お出で, お前さまへ, お前を, お叱り, お呼びか, お声, お届出, お差し紙, お年玉を, お抱えに, お捕り, お洒落が, お流れ頂戴お, お直々, お知らせが, お祝いの, お稽古, お約束, お線香, お習い, お聞き, お聞きした, お聞きなら, お聴き, お菓子の, お見舞い, お言い付け, お託, お話を, お迎えは, お返し, お金さえ, お隠匿, お頼まれし, かえり, きいたこと, きかされたところ, きたの, きたもの, きた飛脚, きっと堀家, ぎんは, くれぐれもお, くれぐれも頼まれた, こういう物, ここに, こつそりどこぞ, このよう, この勧進帳, この告白, この妾, この言葉, この通り飛脚, これだけは, これを, ごらんにな, ご依頼, ご書面, ご注文, して, じゅんじゅんと, せがまれて, そう言われ, そこに, そっと出た, そっと永徳, そのお許し, そのお願い, そのこと, それとなくお, で, でございますか, どうぞ悪しからず, どこか, どのよう, どんな憎しみ, なにか話, なにも, なんの, ぬけ出して, ひと言さ, ぼんやり帰っ, また殿様, みごと返り討ちを, もう一通, もう不用, もう消化, もらった箱, よくそういっ, よろしくお, わざわざの, 一切お, 一切の, 一献申し上げます, 三人前へ, 三日の, 三番目に, 下さるといふ, 下さるもの, 下された縁切り, 下すった, 下界へ, 不意に, 与えられた金子, 久しくお, 二番目の, 云われなくとも, 今にも涙, 今夕御, 仰せが, 仰せ聞けられ, 仰っしゃっていただきとうぞんじます, 仲間仁平が, 伝手が, 伝書を, 伺いやした, 伺ったこと, 伺ったん, 伺わなければ, 位を, 何か, 何ぞお, 何やら有難い, 使いが, 兵を, 再三の, 写真の, 冷かされても, 冷然として, 出たさ, 出るの, 分に, 初めて飛脚, 加様に, 厳い, 去って, 参られて, 参りましたお, 反問され, 反問的に, 取れるもの, 受取りに, 口止めされ, 名前を, 名氏を, 名馬書写山を, 吸い取って, 味噌も, 呼ばれた言葉, 呼ばれるその, 園子様の, 外出を, 外輪に, 多分に, 大商人方, 大坂表へ, 大小何口と, 大殿が, 大福ほどな, 天狗の, 奏聞なさる, 奥様へは, 妾に, 威嚇され, 嫁とり戦ひ, 存じがけも, 存分な, 宜しくお詫び, 宜しく御, 宮様の, 家主喜左衛門へ, 尋ねられて, 小言を, 少し御, 少し暇, 屡, 左り, 引き離して, 弟の, 御声, 御家来, 御密書, 御意見, 御所有地, 御扶持, 御拝領, 御本, 御相談, 御祝い物なんか, 御祝儀, 御覧下され, 御返事が, 御鐘愛, 念を, 急に, 急用を, 恩給を, 愛想を, 懇ろに, 戴えた, 戻りに, 手渡されたので, 手紙が, 手紙を, 手酷く拒絶, 承って, 承わりました, 拒絶られ, 招かれても, 拝借した, 拝領いたしました, 拝領しなました, 拝領の, 持出された縁談, 指示された, 授けられた子, 改まって, 改めて, 改めて聞かれる, 教えられて, 教へて, 数十人の, 斯うい, 斯様, 早速差し上げなさらなけれ, 明日は, 昔話を, 時々は, 時々小遣, 暫時の, 曲淵甲斐守様へ, 最初ご, 最早トック, 月々の, 来いと, 来たお, 正式に, 武蔵様の, 死骸引取りの, 残って, 殺生を, 毎日手紙を, 毛唐の, 沙汰の, 浅草の, 浅草寺の, 清左衛門様へ, 渡されたので, 渡された王庁, 熊, 特にお, 甥の, 用心棒としての, 申されて, 申しつかって, 畳みかけられて, 癒っても, 百姓の, 皆んなきい, 盗み出した古島雛, 盗み出して, 目ざして, 直々に, 直接に, 着物の, 督促状が, 知らされるくらい, 確と, 禁じられて, 禄を, 私に, 私の, 私への, 秘巻を, 突き戻して, 罰を, 聞いたこと, 聞いたところ, 聞いたビョルゲ邸事件, 聞いた話, 聞かされでも, 能勢の, 花魁に, 茶の, 落着くべき, 蓮生という, 薔薇色を, 融通を, 表向きの, 西南に, 見たらどちら, 見ては, 見れば, 言われたこと, 言われて, 言付かって, 話して, 貰ったお, 貴方を, 貸して, 辻駕籠に, 迫られた色男, 追込みに, 遅れた桜, 遊意を, 都の, 金座の, 隠居芸者と, 離れた姿, 離れないよう, 離れられないよう, 電話と, 鞍馬へ, 頂いた御, 頂いた睡眠薬, 頂きます, 頂戴した, 順々に, 預かった財布, 預かった額, 預って, 頼まれたからって, 頼まれた大事, 頼むよう, 館林様が, 騙し奪ったもの, 骨折賃に, 髪衣裳下座一式の

▼ 様~ (303, 0.6%)

14 兄様お 7 兄様 5 一人で, 諏訪様いっしょに 4 姉様

2 [15件] ひとりを, みえに, 一人しか, 上り, 上屋敷の, 吉様の, 好みの, 帰り, 帰り遊ばしませ, 手ずから, 手づか, 手紙を, 聞かせ申す話, 身を, 電話でございます

1 [238件] あぶのうございまする, ありなさらぬかも, いそがしいなか, かへり, からだを, きき済みに, ことばに, さよどのへ, しのびで, すこやかに, すごしな, たっしゃでおいでなさればよいが, たのみ申しますよい, ついでに, つかれでございましょう, なくなりあそばすと, ねえ様, はいり下さいまし, ひとつ, ひとりああ, ひとりな, びんずる様並みに, ふたりとも, ふたりは, ふた方お, やかた様, ゆるし下さいお, ゆるし下さいませ, よろこびでしょう, コックリ様, テーブルが, 一つ, 一人の, 一方が, 一方で, 一方の, 一杯頂戴いたしましょう, 不自由な, 世辞の, 両方とも, 久しぶりで, 久しぶりでございまする, 久し振りね, 久美様お, 乗出しと, 二かたの, 二人が, 二人を, 二方の, 亡くなりに, 亡れ, 人形が, 代替りの, 企ての, 企てを, 伊勢様と, 休みでございます, 休みなさいオー, 会いしとう, 体を, 使の, 使者おいでに, 偽りで, 兄さま, 兄上が, 兄様によ, 兄様の, 兄様妾もろとも, 兄様花田先生この, 入り以来次第に, 八重様と, 出と, 出下さるやう, 出合いに, 別れ申します, 助け下さい, 助け下され, 包み致しましょう, 十夜様, 千代は, 千絵様常木様万吉様, 叩きなさらぬが, 名を, 名残り惜しゅう, 国帰りは, 園は, 土産を, 地蔵様は, 坊ちゃ, 堀割の, 墨附並びに, 声がかりと, 声がかりの, 夏様, 大切に, 天守の, 姉様あなたは, 姉様な, 姉様何も, 姉様私は, 姉様節だけ, 安くない, 宿は, 寒くなり, 寝み遊ばしまし, 寝れないと, 察し下さい, 屋敷の, 屋敷へ, 屋敷を, 屋敷奉公に, 履物は, 師匠様, 師匠様を, 師匠様私には, 帰りがけに, 帰りなさいまし, 帰り遊ばせ, 帰宅なから, 引き遊ばせ, 役所向きは, 待ちかねにござりましょうから, 待ち兼ねで, 後を, 心に, 忘れ物の, 恥かしい, 情の, 慈悲でございます, 戯れにも, 手が, 手を, 手近じゃ, 手近ぢや, 払下げの, 持ちの, 持に, 探しして, 支度は, 有りがたう, 杯を, 果てなされ候次第, 染様あなたは, 梅はんと, 武家様, 気づかれましたか, 江戸まで, 泊, 泊まりの, 渡り, 渡りで, 珊の, 珍しい, 琴は, 留守で, 留守居屋敷上弁七十人, 目ざめでござりますか, 目に, 目代として, 目出たう, 目附の, 直々に, 相手, 相手を, 着が, 知己なら聞かっし, 石場番所の, 祖母様母妹等は, 祖父様, 秋が, 筆の, 簪は, 米さん, 絹さまで, 美夜ちゃんチョビ安の, 考え違いでございましょう, 聞きくだされ二日, 聞き下さいませ原口作左衛門, 聞き下さい宇都, 聞き遊ばせよ, 聴に, 腰の物は, 膝元が, 自ら出馬遊ばされました, 舟にて, 船頭弁当箱の, 荷物な持つ, 薬の, 血筋なんと, 血筋二なき, 褒めくだされ有難い, 見かけ申し, 見のがし下されませ, 見事で, 角宇治山田の, 言葉の, 言葉を, 諏訪様が, 諏訪様ちょい, 買い上げの, 賤は, 身の, 身も, 身体に, 身体を, 近日私し, 逃げなさりませ, 通さんね, 通は, 通りの, 通りや, 通り下さいまし, 逢ひしたき, 遊びに, 邪魔いたし, 邪魔に, 酌を, 酒の, 鈴様から, 長屋の, 開帳, 関所には, 雪の, 頼み申します, 願え申しますよ, 願します, 願で御座います, 願は, 願ひ, 風呂が, 風呂に, 馴染に, 駒は, 驚きあそばし, 高は, 鳥様と, 鶴は, 鶴はなんて

▼ 様という~ (246, 0.5%)

24 のは 11 ものは 10 のが 6 ような, 人は 5 ものの, ものを 4 ものが, 人が, 方が 3 ことに, ものに, 女の, 方の

2 [21件] お大尽, お方が, お方も, こと, のだ, のです, のも, のを, ものには, んでしょう, 人と, 人の, 人も, 人を, 名を, 女に, 字の, 方は, 殿様の, 者が, 者を

1 [113件] あだ名の, あて名まで, あまっこ, お人, お侍さん, お名前, お大名, お嬢様を, お局, お役人, お役目, お方に, お方の, お方は, お方はなあ, お方気の, お旗下, お旗本, お末, お武家様, お比丘尼様, お部屋様, しょうべえはやめられねえや, すてきも, そうである, た女, ところでした, のの, のはね, のへ, ふうに, ものにも, ようだ, わけで, ニックネームで, 一世の, 事さ, 事も, 二十七軒の, 人に, 人にばかりは, 人はな, 仁は, 偉い易者, 僕の, 前の, 勤王家の, 名は, 名前の, 名前も, 名前を, 名高いお, 坊さまが, 声が, 変態な, 大へん, 大名は, 奇抜な, 奥方風の, 女, 女が, 女だ, 女は, 女乗物の, 女性を, 奴の, 子は, 宛名の, 宛名を, 封建時代の, 強い力, 御家中が, 御用人, 御養子, 心に, 恋人が, 感じで, 敬称を, 方々は, 方な, 旗本の, 旧家へ, 昔から, 暴女王の, 有難い御, 栄達に, 格で, 横網の, 正式の, 正月十四日の, 武士は, 流行神で, 深い深い恋仲, 物の, 生活を, 生活自体が, 石の, 神主様も, 神様が, 神様の, 祭の, 竜の, 美しいお, 美しい一人娘, 美人が, 色男が, 若い御, 英主が, 表現と, 言葉に, 訳です, 郷士様の, 隻眼隻腕の

▼ 様~ (212, 0.4%)

7 降嫁の 5 夫婦の 4 自身の 3 一統の, 移り下され, 自身が, 自身も 2 下向の, 不快為御, 移り下され御, 自分で, 降嫁当時の, 頼可被

1 [172件] おぼえも, さし宿仕, すすめ可被, たずね申したきこと, 一人だけは, 一人どう, 一代に, 一代には, 一名は, 一家が, 一家の, 一家は, 一疋で, 一緒に, 一行は, 一身について, 三十五日御, 上京, 上洛の, 不例に, 不例御座遊ばされ, 不快被, 両親に, 主筋の, 他界この, 他界で, 付きの, 使の, 供奉被, 傍に, 先代が, 免職, 入国前からの, 入府以来です, 入来に, 入浴を, 全快に, 内儀が, 内政様, 内政様へ, 出勤の, 出発の, 分別なされ, 勘考さ違わねえ, 医師谷村玄, 危篤との, 参詣は, 取計, 叙爵に, 同列様御, 同道で, 同道にて, 名代の, 四十九日御, 在世のみ, 壮健の, 夫妻の, 夫婦も, 夫婦や, 女子御両, 姫様私が, 安心遊ばし, 安祥に, 家中たちへも, 家来小倉亘妹縁談願之, 家老, 宿所, 宿舎という, 寄りに, 寒うご, 寵愛の, 工夫の, 師範の, 帰り間宮, 帰国待入, 帰省なされ, 年紀また, 幼名は, 庵主, 弟御, 当主様は, 後室様と, 心底は, 心配いらない, 心配なさいます, 心配なさる, 惣領の, 慈愛の, 成人の, 所存に, 手を, 手筋を, 承知の, 掛り合で, 推量なされ, 推量を, 支配じゃ, 支配領内百姓一統引い, 旗の, 旗下様御, 旗本の, 最期の, 案内仕ります, 案内申上候に, 死去に, 気が, 渡りで, 滞在中の, 無用で, 煙草銭として, 用心被, 申渡被, 病中不, 病中出精相勤候に, 病気の, 病気も, 登城に, 相続の, 相談の, 看病之, 秘蔵の, 移り下されと, 移り下され回りて下され, 素読御, 腕に, 自らお, 自ら総帥として, 自作の, 自慢の, 自身この, 自身で, 自身でも, 自身に, 自身は, 自身はよ, 自身出向い, 著之上, 行方の, 西遊お, 親切が, 親戚の, 親政が, 親政の, 親類筋に, 言いつけにござりますゆえ, 試合たまわるなれ, 誕生日に, 越しの, 返じ何, 通行の, 逝去の, 逝去之, 逝去後御, 造営奉行に, 運つよき, 遺訓にも, 遺訓通りじゃ, 邸には, 邸へ, 金蔵に, 降嫁と, 降嫁以来の, 降嫁以来帝と, 降嫁以来道幅は, 隠居様, 集久しぶりに, 電話でございます, 非業の, 領分の, 額直御, 食事じゃ, 首尾大に

▼ 様です~ (202, 0.4%)

231610765 ねえ, わ 4 がそれ, が今 3 こと, もの 2 からね, があれ, がそう, が私, けれど, けれどその, って, な硝子戸, わね

1 [98件] あちらに, かあなた様, かい, かね, から, からお, からお願い, からこれ, からちゃんと, からでも, からどんな, からはっきり, からもうすこし, から万一, から御, から此の分, から申します, から西洋室, から誰, から躊躇, か存じません, か銀蔵さん, がお, がこの, がそこン処, がその, がどちら, がまさか, がナアニ, が主人, が事実, が五年, が今日, が他人, が何, が何等, が併, が例えば, が先生, が出雲人, が唯今, が多分, が夫, が失, が実は, が山人, が山野氏, が明日, が概して, が此, が此称, が湿度, が猛烈, が私共, が自分, が薩摩, が近代, が開港当時, けど, けど此度, けど私, けれどもそれ, けれど何だか, けれど兎, けれど私, けれど穿い, けれど花束, ことねエ, し, し矢張風呂敷, ぜ, って君, でも, という, といったその後, とネ御, なあ, なと云う, なア, ねと細君, ねどうか, ね何, の, のね, のねネ, ばい, ものを, もの痛い, もんな, もんねえ, よその, よほんとう, わいい, アレを, ナ, 如何です, 灯火を, 随分困難

▼ 様~ (202, 0.4%)

3 お嬢様の, 丑紅の 2 お姉様, お星様, お祖母様, 先祖伝来の, 御姫様, 照常様の, 神様が, 芳子ちやんに

1 [180件] あなた様から, あるいは天下, あーい, お内緒, お前さんの, お坊ちゃん, お坊様, お奉行様, お女中様, お姫様として, お姫様なども, お姫様方を, お嬢様と, お嬢様に, お子たち, お慈悲, お母様に, お母様の, お父様, お祖師様, お美しい, お花畠を, お部屋様方, こんなご, すべての, そのご, その他の, その和子たち, たぐり上げ方, と云, と多く, なにかには, ほかの, まりや, わっし, オセキ婆さんや, シモン遠藤様と, ホテルの, 一ペンでも, 七福神の, 丹波は, 乙姫様の, 乳母に, 乳母や, 予言者殿の, 五十嵐様に, 井上様いつも, 人家の, 仙人などを, 伯母様方に, 佐久間様と, 何かとおんなじ, 何大将軍とかも, 俊斎様に, 俊斎様へ, 僕等は, 元春様へ, 出方の, 分家の, 勘平の, 勝様が, 北条の, 北条美作様を, 北王子妙子にとっては, 千代紙を, 千鶴子さんは, 又は家来, 友さんや, 叔母様に対しても, 叔母様の, 叔父様叔母様の, 和子様方まで, 土方様や, 大公使, 大勢の, 大和の, 大鷲神社の, 天部の, 太閤様の, 奥さんの, 奥様あはれな, 奥様がよ, 奥様に対して, 奥様を, 妙法様の, 妹の, 妾が, 妾と, 妾の, 妾遊びにも, 姉の, 姉様も, 姉様や, 嬢様の, 子供衆の, 宅の, 山本槇太郎様という, 峰丹波は, 峰丹波を, 島津様の, 左近将監様から, 平野国臣様が, 康頼様が, 御両親たち, 御新造様の, 御身アすいたらしい, 戸部の, 政治家や, 新聞記者で, 新選組の, 日輪様には, 明石掃部様や, 明神様に, 桐野様や, 植田様まで, 欄間の, 歩き振りを, 母上様が, 母上様は, 氏郷様の, 水天宮の, 水天宮様を, 池内大学様や, 泰軒が, 浦島太郎熊鹿猪や, 灯一つ, 牛や, 物の, 王様と, 町人の, 病床の, 皇族の, 真田幸村様や, 石田三成様が, 祖父様の, 私を, 節ちやんは, 篠原様が, 米友が, 米国大使様方と, 精霊の, 継母さんは, 美作様は, 聖母様を, 胤正様の, 芳子ちやん, 芳子ちやんの, 苔むした古い, 若宮様には, 荒神様の, 萩乃の, 葉の, 藩士の, 表はし様, 袖摺稲荷の, 親類すじから, 観音様が, 観音様に, 観音様南無, 諸国の, 警察に, 貧乏山なんぞも, 貴方ア安田さまじゃ, 赤鬼青鬼や, 金持衆へ, 釘勘とは, 釘勘の, 鎮守様八幡様も, 長政の, 長盛様, 門前の, 関様などと, 阿波ノ, 露ちゃんに, 鞘の, 馬頭観世音の, 鯉淵要人佐野竹之, 鴻山様に, 鷹司家諸, 龍興様の

▼ 様とは~ (118, 0.2%)

3 思いも 2 仲が, 将来を, 打って

1 [109件] あの牧, あんなもの, いえ金銭, いったいどんな, いったい何者, いつの, いわずに, お家が, お話が, かように, こもごもに, ご親戚, しないで, しないの, そこまで, その翌日, そんな関係, どうした, どこか, どなた様な, どんなお方, どんな人, ほぼ御, まったく別, むかしむかしの, イデオロギーを, 一体これ, 一体どういう, 一通りならぬ, 丸で, 人目うるさい, 今晩限りお, 似も, 何か, 何だか不思議, 何の, 何人ぞ, 何者か, 余りにも, 兄弟もしくは, 兼ねがね, 切る捨てること, 別の, 別れたの, 前からの, 前大納言, 十二違いの, 合いませぬ, 呼びませんでした, 変らぬ, 夢にも思っ, 夢にも思わなかった, 大の, 大変な, 大池の, 大津の, 太刀打ちが, 太郎の, 奇しき御, 奥様の, 好一対, 存じませぬが, 存ぜず不調法, 安土の, 実業界に, 少しも, 年月の, 年来の, 幾久しき, 御違い, 心細いが, 思いませんでしたの, 思ひませぬ, 情けなや, 意見を, 提灯に, 数年の, 昨夜逢った, 書いて, 格別お, 桂屋に, 気がつかずぞんざい, 無関係で, 珍らしい, 真実の, 知らず先ほど, 知る辺, 碁や, 私の, 義兄弟の, 船が, 血縁の, 行くべき道筋, 表向き世間を, 親類づきあい渋茶を, 言いながら, 言わないばかりの, 誓ったこと, 誰な, 身分や, 逢うこと, 違いますかねえ, 違うのよ, 違って, 違ひまし, 限らない眼, 雑賀屋の, 驚きましたよ, 黄匪に

▼ 様でございます~ (110, 0.2%)

36843 かな 2 が金, ね, 難有

1 [53件] かえ, かお, かさいぜん, かさっぱり, かつてお, からお通夜, からどう, からなあ, から世間知らず, から伯母さん, から何, から内聞, から只, から御, から泊る, から親父, かわたくし, か今し方, か何, か妾, か有難う, か申し上げます, か番頭どん, か藤堂様, が, がこれ, がどうも, が何分, が何卒, が生憎, が皆様, が頓, けれど, けれども, こういう書類, こと, しお座敷, しもう, それで姉弟, たいへんに, とも, どうか, なあ, ねえ, ねと一言念, わねえ, ッて, 事昼でさえも, 佐賀の, 只今明けます, 四月から, 有難う御座います, 貴殿は

▼ 様~ (109, 0.2%)

4 のお 3 の御 2 にお, のよう, はお, もよく

1 [94件] あ今お昼, おさよどの, かへつて, からは立派, があり, があんまり, がいろいろ, がお, がここ, がどうのこうの, が久能山道, が作っ, が泊, が箱根, が隠した, こそ司祭, で, でその, でのうて, とお, とお話, としてあります, として出しちゃった, と一緒, と同じ, と御, と明瞭, にお目にかかりたい, には恐らくどう, にもお, にもぜひ, にもたいそう, にゃあ, にわずか, に伏し, に内通, に勤め居り, に御, に腕, のお話, の人格, の住まっし, の分, の勿体なく, の只今, の守り神, の宴会, の生命, の祖父君南家太政大臣, の金山奉行, はあの, はいずれ, はいつもそう, はこの, はどう, はどうか, はどちら, はみんな水泳, は亡者, は何, は前, は御, は日の出三十分前, は町奉行, は紀州様, は通, は釣夜具, へお, へおねがい申上げおき, へし, へ下女, へ対し奉り, へ縁, までどんなに, もお気, もこれから, もご, もご存知, も佐野屋, も大丈夫, も御, も御覧, をい, をお仕置, を中, を他, を初め, を尊崇, を手込, を拝ん, を頼む, 今此, 即ち文学者, 斬って

▼ 様である~ (97, 0.2%)

3 が, が此 2 がそれ, がもと, が実は, が昔, ことは, ことを, と

1 [77件] かお示し下さい, からと思っ, からどう, から充分, から動かぬ, から少しく, から日本, から盆, から私, から這般, がかうした, がさ, がともかく, がどうしても, がやはり, が万葉巻五, が不, が人, が他, が仮に, が余分, が併, が元, が努め, が単に, が反対, が古く, が吾, が実力, が形式, が彼ら, が彼処, が才, が日本人, が次第に, が此話, が残る, が特に, が私たち, が自分, けれど少し, ことも, しする, それでも吾, ぞ粗相, だけになおさら, といふ, とお, とおなじく, ところの, とそれ, と一生懸命, と云った, と承りました, と末摘花, と申し, と考へる, ので一名, のに中世, のを, の地蔵様の, はずが, ゆえ新聞が, アア秀子は, グーの, 上に, 以上礼儀深く, 余の, 其の顔色, 勿論破る, 太閤の, 女王の, 従っていざ, 東照権現の, 秀子, 誰だろう, 鞍置かせ

▼ 様にと~ (97, 0.2%)

3 書いても 2 いって, どれだけ, 云う事, 後から, 念じて, 念を, 焦慮つてる, 祈って, 私は, 言訳を

1 [74件] ありましたが, ある, いうて, うけひ給うたら栗, おっしゃいます, お願いした, しょっちゅうその, すすめた, すすめて, するもの, そればかり, つて何者だつた, つて何者でも, つとめそう, どんなに毎日気, フチにも, 一頃は, 云うの, 云うふう, 云うよう, 云えば, 云って, 云つた, 云われるまま, 今度は, 具体的に, 冷しすぎたもの, 努力した, 命名された, 夕の, 大に, 如斯御座候今少相, 屹度板倉佐渡守兼ね, 平田氏は, 往還に, 御骨折り, 心がけて, 心懸け, 心掛けて, 忠言する, 思う, 思う傍ら, 思って, 思つたのです, 思ふので, 思ふ野, 手紙を, 教えて, 日中に, 望みます, 望んで, 気を, 涙まじり, 火薬を, 父親が, 猶予を, 申されました, 申しましたが, 申しましても, 祈るの, 祝ぎする, 神に, 神信心を, 私が, 精, 藤太と, 見守つて, 言った, 言ったら番頭, 言つた, 言ふ, 註文し, 諭した, 願って

▼ 様より~ (90, 0.2%)

4 ほかに 2 下された御, 今度の, 他に, 火の

1 [78件] あとに, あなたへと, お使い, お礼の, お言葉, お預かり申し, お飾りの, お館様, こっちよりの, この俺たち, この私, これこれの, すれば, ずっと古い, その髻, たよりが, また横柄, まだまだわたし, めづらしき, ズットお, 一同へ, 一家の, 上に, 下しおかれました, 下渡された, 二つ上だ, 二十も, 二十七代に, 五つ半および, 仰せ渡しでも, 伯父, 先か, 六尺四面買取り申す, 兵隊へ, 午後一時電話と, 博労の, 厚く御, 厳命を, 参れとの, 可恐しく, 増だ, 外に, 外には, 多助さんの, 妓の, 家老へ, 屋敷は, 後藤庄次郎こと早々, 御使者, 御取調べ, 御定, 御感状下され, 御拝領, 御朱印を, 御派遣, 御譴, 御足, 御辺, 心ばかりの, 更に臆病, 此方が, 歳は, 漱石の, 生きて, 皆々様へ, 私の, 穢多の, 美しい, 老媼に, 術の, 被仰, 西町の, 詫を, 諸国を, 身に, 遠方だ, 長松へ, 離し給

▼ 様宮田~ (81, 0.2%)

5 の心 2 のところ, はほんとに, は何とも, は自分

1 [68件] が二度目, が実に, が町, が着物, だとても, でへ, という綽名, にとってはこの上ない, に借用証文, の, のあの, のこと, のその, の丁寧, の前, の努力, の目, の肩, の胡麻塩, の臆病, の許し, は, はあんな, はいつも, はうっとり, はきっと, はこの, はさっき, はすぐ, はすっかり, はそういう, はちっとも, はつい, はとある, はまるで, はもう, はジイッ, は一種, は人, は何, は先ず, は字, は寄り集り者, は年貢, は広場, は思わず, は急, は振り上げた, は気, は海老屋, は珍しい, は番頭, は穢, は至って, は若者, は行きたくなかった, は責任, は近所, は途方, は部屋, は黙然, もまた, ももう, をどの, を上, を対照, を振り返った, を珍

▼ 様~ (76, 0.1%)

63 ぶりに, 存じませんが 2 存じませぬが

1 [62件] ありゃ江戸, お侍様, お吉, お嬢様かという, こんなうす汚い, ご助勢忝, ご子息, そうでなけれ, そこへ, それは, どうか, どなた様かは, なし, なし未だ, なにか, なにかが, なんか三十一文字, ぶり, ぶりを, また何, もう一人, よう申されました, わからぬよう, イヤ捕えた, 乙姫の, 今日は, 何か, 何かが, 何かへ, 其とも, 取り乱して, 喉を, 天皇の, 奥様に, 小町かと, 差配様は, 弁天様か, 御支配様あたり, 母様アの, 潟の, 目が, 知らないが, 知らねえが, 知らん小さな, 知ら御, 神様か, 神様です, 等と, 素晴らしい料物, 耆婆, 肥田様か, 胤正様の, 草香君と, 菩薩でなけれ, 観音様か, 観音様の, 貴君は, 違ったお, 金比羅様か, 雪娘か, 飛んだ目, 駒井能登守様か

▼ 様~ (75, 0.1%)

2 はお, はその, は真赤

1 [69件] い一つお願い, い給金, があなた, がひとつ, が会堂, が出まする, が引受けます, が御, が御迎え, が若し, が薬, さつきへん, そういうつもり, どうしてこうも, にとって全く, にはお, にもこんな, に御用, に教え, に限らず, のため, の前身, の嘘, の愛用, の新体詩, の目, の頭, は, はこれ, はこれから, はこんなに, はさいぜん, はそんな, はどう, はどうしても, はどうにも, はほんとに, はめしい, は一人, は三度, は不運, は乗り込んだ, は今, は何だか, は何処, は余計, は元, は口紅, は回教徒, は基督様, は彼女, は思う, は我慢, は昨夜, は昨日, は棺, は涙, は私, は身不肖, は静か, ふぜ, も何, も賓客, をお, をどう, を助ける, を曾孫, を裏, を証人

▼ 様たち~ (70, 0.1%)

72 のお, の御, は矢

1 [57件] お幾人, お経, がお, がこの, がはいっ, が一生涯浮沈, が仏参, が女, が懺悔, が掛声, が食事拵え, だけでさっさと, だけで死ね, でさえ生きん, では入れさせられない, で皆, とは根本的, と一しょ, と一緒, と拝見, ならなんずら, にだまっ, にとって大切, には解らなかったらしく, にゃ危, によろしく, に私, に遊び, のご, の学習院, の家人方, の役目, の所, の方, の楽し, の立ち際, の精神, の話, の輪, の階級, はこちら, はどう, はどちら, は下谷, は帰っ, は悦ん, は笛, は食事, もお, も大笑い, や, や姉様たち, をお誘い, をぼった, を六波羅, を物色, を読者

▼ 様とも~ (63, 0.1%)

3 あるお方 2 あろうお方, しないで

1 [56件] あまり久しから, あるもの, ある武門, あろう方, いい薩摩, いうべきお, いう寺, いう者, いって, えたいの, お姫様とも, お目にかかること, お雛様を, しなかった, しなくなった, すかそうとも, せず, せず平気, せぬ, どんぶ, また書いた, よくよく御, よぶ屋敷, ろともに, 云はず云は, 仕な, 仰ぎ来, 何とも, 別れるの, 同じ理由, 呼ばるる御, 園江さんとも, 天下晴れ, 夫婦に, 存じませず無調法, 小牧で, 御一緒, 思われぬ中, 松飾も, 極懇意, 申しあわせ御身, 相談し, 相談の, 矢張り大和の, 知れぬ固定, 私あ, 虚無僧にまで, 解せられるが, 言いたい姿, 言や, 談合し, 途中で, 金太郎様とも, 鎌倉殿には, 離れられないこう, 飛び立つよう

▼ 様なら~ (60, 0.1%)

2 ここに, ハートの, 僕は

1 [54件] あの帷幕, あんなこと, おらたちの, お母様も, お父様, この宿, これに, ずっと以前, その小説屋さん, それを, そんなにいや, とうの, どんなにか, なお結構, ば, ばきのう店, ばもう, ば一遍, ば如何, ば宜, ば少しく, ば我, ば高等官三四等, まだお, もう田, よろしいご, わしあやまる, タダで, 不足の, 二人一度に, 仔細は, 何も, 何故私, 全く姿, 内情に, 又これから, 只今同役が, 夫にでも, 娘を, 宵の口に, 寧そ輪田夏子の, 寮の, 木曾路で, 松江侯すなわち, 洋学も, 犯人の, 猫イラズは, 申し分ござん, 眉ひとつ動かさず, 礼手紙を, 私たちとも, 藤枝様とは, 近郷近在に, 顔は

▼ 様じゃ~ (59, 0.1%)

9 ございませんか 8 ありませんか 4 ないか 2 ねえか, アございません

1 [34件] ありませんよ, あるまいし, おつきは, お約束通り証文, かないません, こう一筋, こと, ございませんよ, ござんせんよ, さ騒ぐ, ぞ, で喜多八さん, な, なあ, ない, ないかね, ないので, ないもの, ないよう, ないん, ねえかね, ねえですか, まあまあこんなに御, まず御, また近頃, アありません, アお前さんは, アない, アねえ, アねえか, ポロニャス殿, 万吉は, 何んにも, 無えやっぱり

▼ 様からの~ (56, 0.1%)

3 お使い, お言葉 2 結婚の

1 [48件] おいい, おくだされ, おそれおおい仰せ言, お使いで, お使者, お出戻り, お引合せ, お心, お手当, お申込み, お神使, お言いつけ, お言伝てには, お譲りもの, お電話, お預り人, お頼み, これは, ものである, 使いが, 使いで, 使いです, 使者であった, 借物で, 名で, 命令であった, 大事な, 帰りであった, 御内達, 御手紙, 御沙汰を, 御状箱, 御紹介状, 御身請の, 御達し, 急な, 手紙, 手紙では, 手紙は, 文初めで, 早打が, 申し込みを, 紹介状であった, 言伝が, 財宝を, 贈物を, 電報は, 頼みという

▼ 様あなた~ (54, 0.1%)

4 のお 2 の御

1 [48件] お一人, お精進, がお気, が一緒, が坊, が廃せ, が築地, こそ先頃, でございますの, と酷似, なんぞはどう, には花籠, にもご, に三蔵みたい, のため, の方, の殿様, の逗留, はあの, はいかが, はお, はご存知, はすんで, はそこ, はそれ, はちゃんと, はほんとう, はやっぱり, はわたし, はマアどこ, は何, は友人, は大阪, は天童谷, は斬死, は田舎, は男, は賞め, は銀杏加藤, までが, もう, もごらん, もどうか, も何, も御, よりもわたくし, を覘, 見て

▼ 様なる~ (54, 0.1%)

4 人は 3 ものを 2 ものの, 結構の

1 [43件] お前さん, がさすが, が青木令嬢, ことも, こと度かさなりぬ, この水音, にこれ, ものには, ものは, ものも, を植え, 不実意, 事で, 事を, 云甲斐なき, 其味を, 処なれ, 処に, 千蛾老人は, 塩梅に, 声にて, 大時代の, 怪物を, 恋の, 意地悪き, 所にて, 文学上の, 方と, 本者一冊といへ, 正道潔白なる, 淋しき夜, 満足を, 物が, 目を, 美しき人, 考にて, 者が, 者と, 者の, 自然の, 荘厳の, 角帯せる, 証拠でも

▼ 様との~ (53, 0.1%)

5 間に 2 間が

1 [46件] あいだは, いきさつが, おつき合い, お二人, お命, お約束, お話も, かたいお, この五人, ご婚約, ご情合, ささやかな, 事の, 仲は, 仲を, 会話を, 区別が, 取り引きを通して, 問答が, 喧しい口伝, 対局は, 御不和, 御乱行, 御再婚, 御婚儀, 御婚約, 御結婚, 恋が, 恋は, 恋三昧を, 悲しい恋, 想い合った仲, 早晩まぬかれ, 深い関係, 理由ない, 生活の, 縁は, 縁続, 話が, 間がらなら, 間くらい, 間には, 間は, 関係は, 関係を, 隔ての

▼ 様だって~ (52, 0.1%)

2 いうじゃ, 何だって

1 [48件] あらかじめ御存じ, ありゃせん, あんなキナ, えの, え噂, おいや, おらが, お前さんと, ことが, ことを, これ生身を, ご存じねえです, ずいぶんお, その日, それは, そン, ただの, だれもが, どうしてです, なにも, なるべく浪士, はじめっ, まっ青な, みんなあたしを, やっぱり会わせた, アプレの, 不動院の, 云って, 何も, 何を, 南蛮船から, 参観に, 同じです, 同じ人, 大喜び, 威張りくさったって, 彼の, 御奉行所, 御存じあるまい, 数の, 決して違う, 痩我慢で, 神様の, 罪の, 草昧の, 遠慮はねえ, 面喰っ, 黙っちゃ

▼ 様~ (47, 0.1%)

2 か存じません, をおっしゃる

1 [43件] うし, うした, うでござんした, かいった, かお, かよりももっと, か参りました, か取り込み, か召, か召上がりません, か封建的, か尋ね, か御, か御用, か心得, か有つてらツ, か鍋, がいい, がよう, してる, してるお, でも結構, といっ, とやらん, なの, なら露, にも見えませぬ, にも隠す, の用事, ぼなん, も彼, も海, も聞く, も聞こえ, をあなた, をおっしゃいました, をし, をそんなにそわそわ, をなさいます, を仰しやる, を召, を疑, を考え込ん

▼ 様石置き場~ (47, 0.1%)

46 の空屋敷 1 へ上がる

▼ 様この~ (44, 0.1%)

2 お室, ねえさんが

1 [40件] うえは, お墓, お方に, お綱, お部屋, かたまだかつて, ように, 上どの, 上に, 下に, 人が, 人は, 仇を, 倍の, 前は, 土地は, 夜中に, 大役は, 女の, 年に, 御恩, 御簾を, 念いを, 技術水準に, 新しいつづら笠, 日の, 日私は, 時きつ, 梯子を, 様子じゃ, 湯の谷の, 社の, 肺病という, 苦しみは, 辺でございました, 辺を, 里では, 雪ふりに, 頃に, 馬へ

▼ 様でした~ (44, 0.1%)

1032 が, がその, が今, よ

1 [23件] かええ, かこれ, かしら, から, がそのまま, がそれ以上何, がどういう, がネ基督, が一月はじめ, が二日目, が人, が後, が知らん顔, そういう感動, っけ, と礼, な, のうと兄, のアヽ此処, わね, わもう, ワねエ, 流石に

▼ 様として~ (44, 0.1%)

2 居る, 筆を

1 [40件] ある, お残り, さもあり, そこへ, その下, その品物, でなくほんとう, なにやら紙きれ, ほんとに云い知れぬ, よる, 世間は, 何を, 信ぜられる様, 先生を, 出るにも, 十分貞節を, 名のられた, 大事に, 大切に, 妾の, 尊崇され, 居たの, 居るが, 居るの, 居る若者, 心からの, 恁, 押しだすすべ, 捨て得ない, 敬し, 栄華を, 珠の, 生活が, 祭られて, 空想し, 竜宮界を, 納まって, 置いて, 賤しみ, 躯を

▼ 様への~ (42, 0.1%)

2 御恩返し

1 [40件] あなたの, いひわけ, お使, お参りに, お宛名, お手紙, お暇乞い, お約束, お詣り, お詫びに, つきない興味, もう一通, サービスだ, 参詣に, 参詣は, 奉仕であった, 安産の, 帰り路美しい, 御奉公, 御挨拶, 御機嫌, 忠義の, 怨みも, 手紙には, 敬意を, 朝参り, 深夜の, 火急な, 申訳が, 百両は, 礼儀人情じゃ, 義理, 聴え, 言い訳や, 詫び言と, 請求書, 近道に, 道立たじ, 願かけゆえ向う三十日の, 願果たし

▼ 様でございました~ (41, 0.1%)

103 か御免 2 かねえ, ね

1 [24件] かあの, かしら, かな, かなお, かなるほどなるほどご, かひどい, かよい, から私, か三助, か夜分, か昨日, か面目次第, が, がこのごろ, が九時頃私, が私, とお礼, な, なあ, ねさあ, ね徽典館, ので, ので早速, よ

▼ 様まで~ (38, 0.1%)

1 [38件] いろんな階級, うち興じた, この段, どうした, ならそんなに, また駈けつけ, シャキッと, 一つも, 一緒に, 人の, 十手捕縄を, 参りまして, 参詣する, 変って, 大急ぎで, 御三人, 御泣き, 御無理, 御頼申置, 戦死され, 抵当に, 改めて申し上げます, 日参り, 横から, 申し上げまする, 登りに, 粂之助が, 胸に, 色々の, 行くこと, 行って, 誰が, 連想として, 鏖殺に, 隠れて, 願い出ようという, 飛んで, 騒がせるの

▼ 様がた~ (37, 0.1%)

3 のお 2

1 [32件] が御, が来る, だけが四人おいで, だけは院, にいろいろ, にお告げ, にからかわれた, にし, にはかなわない, にもあやまち, にもそうした, にももちろん, にも飽かれぬ, のお世話, のまね, の中, の方, はお, はだいぶ, はどなた, はよくよく, は男女六人, は私, もお, もずいぶん, もよろしく, も内藤, も大人, も常に, をお, をびっくり, を鏡

▼ 様それ~ (37, 0.1%)

2 でござんす

1 [35件] から松平周防守様, がやられる, が何, が実験的方法, が民衆, が理論, こそはよう御存じ, じゃお, じゃア私, じゃ一つ佃, だから, で怒った, とは変っ, については一つ, にの鷺, にはみんな銭, には訳, に追従, はあべこべ, はあんまり, はお, はどなた, はもう, は夢, は本当, は波止場乞食, は無理, は識別, へ出, もまだ, やこれ, よりも御, を伺っ, を裁ち直す, を覚え

▼ 様どう~ (37, 0.1%)

3 なさいました 2 した, したの, なさりました

1 [28件] あそばしたので, お思い, かお, かお目を, かごゆっくり, か少し, したら誉らりょう, した仁右衛門, して, しましたえ, だった, でござんした, で担いだ, なさいます, なさいますか, なさる気, なされたので, なすッ, なって, なりとも, なるん, まちがっても, 思います, 思う, 思って, 申したらよろしゅう, 遊ばしました, 遊ばし候

▼ 様あの~ (36, 0.1%)

3 門は 2 お方を, お歌を, お邸

1 [27件] お医者, お寺に, お手紙, ことを, 丹下左膳とやらは, 丹波などに, 乞食の, 人今どう, 何が, 先程から, 化粧函を, 婦人が, 子が, 常坊, 徒と, 提燈が, 森へは, 沢庵坊主ね, 男は, 筮竹を, 花が, 花売娘の, 花屋の, 茶屋町の, 薄暗い尼寺, 虹の, 関久米之

▼ 様とか~ (36, 0.1%)

2 云って

1 [34件] あのよう, あれは, おっしゃいましたが, おっしゃるだんな, お出家様, お姫様とか, お附, かみなり様, ご示験, そういうもの, つけるべきもの, で今度, 云われる人, 云われる身の上, 仰有, 何とかいう, 先生とか, 地蔵様とか, 大黒様とか, 妹とかという, 尼様とか, 或はまた尾張守, 旦那様とか, 書物の, 殿という, 殿とかいふ, 神様という, 称したの, 聞きました, 言いましたね, 言うよう, 言って, 道祖神とかを, 隋様とか

▼ 様その~ (34, 0.1%)

4 人の 2 御婦人

1 [28件] お方は, お積り, お骨折り, ことを, また先輩, ようでございましょう, ような, 上に, 事堅く, 人だ, 召しました両方, 娘を, 心意で, 手を, 手段に, 日を, 次が, 次は, 気持を, 爺の, 猫がね, 甲比丹の, 目つきその, 者を, 話なら, 重箱を, 頃は, 頭に

▼ 様からも~ (33, 0.1%)

1 [33件] おすすめ下さいました, おついで, おとりなし, おはなし, お使い, お扶持, お迎えの, お離れ, お雪ちゃんからも, くれぐれもよろしくと, ご来状, さらにお, しょっちゅう伺っ, それとなく非業, どうぞおすすめ, もてて, ゆっくりお, よくお父さん, 五六千人繰り出しました, 五十金才覚し, 伺いその, 何とか御, 何とぞ, 六波羅衆からも, 卑怯者として, 厳命だ, 平民からも, 御心付, 御書状, 御贈りでござろう, 懇, 手軽に, 母上へ

▼ 様へは~ (33, 0.1%)

2 お出入り, どう行きます, 容易に

1 [27件] いずれ日を, お父様, ここから, このこと内緒, これこの, たびたびその, どう遊す, ねえ, よろしゅうお伝え, わたくしも, 一通りの, 乍憚御, 伺って, 内緒ね, 勿論旦那, 御同意, 時おり参詣, 月参りを, 申しませんから, 申し上げました, 直接お目にかかった, 真実の, 知らせて, 行かねば, 誰方も, 領地を, 顔が

▼ 様に対して~ (31, 0.1%)

2 済まないから

1 [29件] いま絶対服従の, おこらない, お恥, けっしてさよう, こういっ, ちょっと愉快げ, どんな風, なりませぬ, もう亡くなっ, ボウトクだ, 九兵衛は, 俺が, 十分の好意を, 寿言を, 御想像, 御新造様がな, 愛想づかし, 新らしい, 深い罪, 無暗, 申しわけの, 申訳ありません, 申訳ない, 相済まない, 相済まぬ, 腹を, 色々西洋, 誰と, 非常の

▼ 様こそ~ (30, 0.1%)

3 藤原の

1 [27件] お嬢様の, お疲労, どうか, どうしてここ, どうして丸田屋, どちらへ, ばかな, よくございません, エラク早起きで, 何かの, 何でお, 何とも申上げよう, 何を, 即座に, 只今の, 夢の, 大切の, 実に実にお年, 御相続, 心もとない, 旅籠に, 殺生な, 法体に, 異人館へ, 私の, 見たけれなど, 間違いなく

▼ 様これ~ (30, 0.1%)

2 でお, なく候, をお, を見

1 [22件] があの, がな, がわたくしども, が月, が私, で, でもう, で安心, で苦め, なく家来ども七百戸三千七百余人, はどちら, はね先代様, は一体どう, は先生, は又, は死人, は皆, は順番, は飛ん, へお, より先, を

▼ 様だった~ (30, 0.1%)

3 のです 2

1 [25件] お町, から, からでございます, が, が相助, が私, けれどそれ, ということ, という方, とその, と思われ, と言われた, な, などという事, のだ, のである, のでございます, のに, のよ, んだ, 大岡忠相でした, 女中がネ, 実の, 男は, 自分が

▼ 様であった~ (28, 0.1%)

2 がその, が其儘四日後

1 [24件] かなその, があんまり, がこの, が僕, が年, が手早く, が為朝, が軈て, が香椎, ことが, ことに, そうな, ということ, と承っ, と気, にし, のう, のであります, のです, のでわたし, 事を, 彼の, 父は, 筈だ

▼ 様とが~ (27, 0.1%)

2 抜き身を, 聞いても

1 [23件] おられましたという, お住いでした, お友達, お寝, お親しく, こうして一つ屋根, こうして相, このよう, どちらも, 仇敵の, 住んで, 別れの, 取り分け違っ, 合わないん, 庭で, 御相談, 恋人同志の, 想像される, 浮かんで, 熱海において, 目新しく映った, 競争者で, 飛び出して

▼ 様へも~ (27, 0.1%)

1 [27件] うつりますぞ, お供えに, お知らせし, お話し申し, お返事, お願いしよう, ご伝授, すぐ指図, そう申し, ちっとあがっ, 一寸御, 一応の, 伺ひませうかといふは, 供えるの, 参詣し, 奉公になぞ, 宜敷, 御坊から, 御挨拶, 御目, 晴々しく, 武田様にも, 無断で, 申訳ない, 祈願を, 立ちよらずに, 話イし

▼ 様~ (26, 0.1%)

2 一緒に, 秘蔵の

1 [22件] 入府時代の, 分家の, 同勢, 在宅で, 外出でござる, 嫡男同姓市之丞様に, 帰藩中で, 建造の, 得心が, 恩を, 書状です, 来客だ, 来客でございます, 次男様お, 気分は, 無事で, 無事に, 病気でござる, 自身の, 舎弟森帯刀様へは, 都合よく, 隠居様夜に

▼ 様でも~ (25, 0.0%)

6 あった 2 来て

1 [17件] あったが, あったし, あれど, いやに, ばかばかしくても, 勘づいて, 呼んで, 大事ない, 大事の, 拝むん, 有った, 有ったので, 江戸へ, 淋しいかっこう, 草津の, 頼んで, 飼っては

▼ 様どうぞ~ (25, 0.0%)

3 こちらへ

1 [22件] あのかわいそう, おきいち, お上がり下さいまし, お恵, これへ, これを, なおして, ゆるすと, 一とおりお, 人の, 助けて, 孫兵衛を, 御からだ, 旦那様へ, 殺して, 殿様の, 泥棒した, 私に, 私にも, 聞いて, 若様の, 饑えた

▼ 様ばかり~ (25, 0.0%)

3 だ, では 2 です, なので

1 [15件] あっては, そう崇拝, だから, だそう, で, でございます, でした, ですから, でなくいま, でなくおまえ, でなくそれ, でなく他, でなく昔, 御苦労なさっ, 見て

▼ 様~ (24, 0.0%)

1 [24件] あおいにくさ, うすれ, う思つて, そして懐炉, ちょっとも, へそれ, へ御存じ, へ手, へ日本人, へ東京, やうなら, アここへ, チャセゴに, ハハハハ, 上げるの, 不思議はねえ, 大釣鐘, 奥御殿の, 指でも, 教えましょう, 狩衣を, 私と, 行くなら下, 行って

▼ 様さえ~ (23, 0.0%)

1 [23件] お乗せ申せ, お差支え, お恙, この豪雨, じつの, ただ今申, なければ, 一度お, 下馬し, 亡き者, 好くやっ, 打ち込んだらこっち, 早く帰っ, 最初の, 本当に頼り, 毎月の, 生きて, 素直に, 襲われたという, 西征の, 見えて, 見つけて, 頭の

▼ 様~ (23, 0.0%)

2 は後

1 [21件] あ畳, が忍び, が揃っ, が楽し, といろんな, とそっくり, と興福寺, には馳走なぞ, に御馳走, のお, の乗った, の想像, の無理強い, の結婚時代, の耳, は仲, は何処, まで拾っ, もうそんな, も他, を聘

▼ 様などは~ (22, 0.0%)

1 [22件] うすうす御, お地味, お閑, かう云, こんな時, それは, とかくけち, まだいい, 人間が, 仕たこと, 女の, 女子の, 子供三人おばあさんその他小さい, 座蒲団の, 御無理, 恨んで, 慶喜が, 東京を, 狐鼠泥相手に, 結構でいらっしゃいます, 見ものであります, 見る者

▼ 様にて~ (22, 0.0%)

1 [22件] あまり心地よき, うち守りぬ, おかしい程, お糸様, かるかるや, その出来, そよとも, そろりそろりめぐりある, ゆうべ見し, わたらせ給, 候, 多少の, 奥さま扱かひ, 好し, 心済まね, 書を, 死しおれる, 物を, 独手を, 神様の, 私方下男など, 立ちゐる

▼ 様よりも~ (22, 0.0%)

1 [22件] お奉行様, お祖母様, ずっと前, その方, わたしの, わたしを, 体を, 六七ヶ月後に, 前から, 奥様が, 御帰が一日二日, 御様子, 愛念の, 新撰組と, 明石夫人という, 更に美しかっ, 火事運の, 美しいという, 美しい娘, 腕の, 自信を, 頼もしく思われます

▼ 様~ (22, 0.0%)

4

1 [18件] あるそれ, お何歳, お母ア, くわねえか, して, でも気, の様, もうトック, もう一つ名古屋, よーオー, 云ったか, 忘れも, 悦んで, 憎いたって, 殺された事, 見やがれ, 見やがれオイ, 見ろッ

▼ 様だの~ (21, 0.0%)

2 東照公だ

1 [19件] あれは, ご連枝様, し, それ七面様だ, つてエライ方々が, エ時々, 人大勢の, 何だ, 何だの, 何様だ, 千万長者の, 大臣さんだ, 島田様だの, 御神木, 浮田秀家様だの, 紀三井寺だの, 置き物だの, 観音様だの, 関ヶ原から

▼ 様など~ (21, 0.0%)

1 [21件] お変え, たった一打ち手間暇, なかま, みえるの, 何れも, 唱え鮫, 変へ, 夜の, 御らん, 御門下衆を, 想いあわせると, 折ふし御, 数えたらまだ, 江戸以来の, 窺って, 絵よりも, 縁も, 見え渡り, 見るからに, 言い山中, 言ふ

▼ 様だけ~ (20, 0.0%)

6 れ共 2 です

1 [12件] お待ちねがいます, お返しし, だから, でございます, でございますか, でございますン, ですから, では, で人, 一人連れ, 下松で, 天才の

▼ 様だけは~ (20, 0.0%)

2 長いきさせ

1 [18件] おそこなわれ, この世に, とにかく照正様, どういう人, どうする, まんざらきらい, よう信心した, 別扱い, 割引なし, 打ち沈んだ表情, 昔の, 本道を, 立派に, 笑われずに, 花岡さんで, 迂かつ, 都合の, 駄目だ

▼ 様もう~ (20, 0.0%)

1 [20件] あれは, お上がり, お出ましの, お帰り, お顔, これぎりなの, これ布子から, ビールを, 一人の, 夜も, 帰りましょう, 是限な, 朝の, 沢山は, 浮ぶ瀬, 約束済です, 誰にも, 起きまつしねえ, 運の, 駄目でございます

▼ 様屋敷~ (20, 0.0%)

2 の物語り

1 [18件] だ, に悪い, に此, のあの, の側, の前, の因果, の真相, の話, へさぐり, へな, へやって来た, へ取り, へ忍び込んだ, へ行く, へ行っ, へ飛び込んだ, もさる

▼ 様かと~ (19, 0.0%)

2 思って, 思はれるあて人

1 [15件] お話しし, しきりに思案, まちがえそう, 云う熱心, 云っても, 受取られるところ, 存じましたらあなた, 存じまするが, 宣り合う時, 思いました, 思つた, 思つてゐる, 思われるあて人, 思案し, 考へた

▼ 様いふ~ (18, 0.0%)

1 [18件] ことに, ことを, のが, ものか, ものばかり, ものを, やうな, 娘も, 弱い身体, 御話, 性質です, 性質の, 悪い風潮, 本を, 気象の, 異分子が, 良い教師, 調子で

▼ 様どうか~ (18, 0.0%)

2 お婆さんを, 憎むこと, 私が

1 [12件] あなた様に, おきいち, おっしゃって, お引とり, して, なさいましたか, なすったの, ひとつ御, 一寸着物と, 今夜は, 何を, 教えて

▼ 様~ (17, 0.0%)

4 やありません 3 やない 1 や, やいらつ, やと, やといふ, や何殿, や余り, や大した, や御座いません, や無い, や貴女方自分

▼ 様としては~ (17, 0.0%)

1 [17件] あの気象, お父様, お角, こと珍しい, このまま, ごもっとも, それに, 文夫様にも, 最初から, 月江様ひとりを, 極めて虚心平気, 無理の, 絶対に, 美しいだけに, 自分で, 若建王, 躊躇し

▼ 様みたい~ (17, 0.0%)

2 なもの, な方

1 [13件] じゃない, だから, なお方, なもん, な伜, な分別臭い, な剣法, な彼ア, な顎, になっ, に拝まれた, に撫で, に火水

▼ 様今日~ (17, 0.0%)

2 は, はお前

1 [13件] でもう, のヒューマニズム, はお, はどちら, はひどく, はまあ, はゆっくり, は屹度お客様, は彼, は急ぎ, は手製, は生徒さんたち, 思いがけなくお互い

▼ 様~ (16, 0.0%)

1 [16件] ておろおろ, てくれ, ても温順, てフウフウ, て世間, て人, て寝, て居た, て徒歩つて, て戸口, て来れり, て独り, て町, て私語, て黙つ, に御

▼ 様であろう~ (16, 0.0%)

2 とお, とご

1 [12件] か, があるまい, がそんなに, ことを, そこに, とこの, とそんな, とも公卿さま, と直感, と竹腰様, と語る, 妻沼の

▼ 様どこ~ (16, 0.0%)

2 さ行かっしゃ

1 [14件] かの御宮, かへお送り, かへ当分, か旅, が限り, に, にある, へ, へいらっしゃる, へこの, へ消えた, へ行かれます, まで, を廻つた手蔓

▼ 様らしい~ (16, 0.0%)

1 [16件] お方が, お方と, お気持, ぜ, と言わなけれ, ものが, ものに, ものも, よそながら恋愛談, 人の, 人影は, 切髪の, 宮様である, 宮様という, 御返事でございました, 御返事でございます

▼ 様ここ~ (15, 0.0%)

1 [15件] あけて, が板橋, ですよ, ではね, で待っ, で拝見, で腹拵え, におります, にも一人, はただ, は誰, は閑静, へお, まで送っ, を真直ぐ

▼ 様だったら~ (15, 0.0%)

1 [15件] おれの, その事, どうしよう, もう占めた, 一つ登っ, 主任を, 何にも, 何の, 先生は, 医者を, 却って死んだ, 去年あたりの, 又改めて, 君が, 私は

▼ 様といふ~ (15, 0.0%)

4 のは 2 ものある 1 お友達, お子, やうに, 呼掛けから, 声も, 折の, 条り, 綽名が, 綽名は

▼ 様~ (15, 0.0%)

2 はいず

1 [13件] いったよう, から草鞋, この船, となっ, に吉野太夫, の住居, の娘, の所謂官員さま, までどおり, 仰った事, 初めて私, 思い出しましたが, 申した私

▼ 様そんな~ (14, 0.0%)

4 ことを 2 ことは, 事を 1 ことおもい, ね酔う, 事で, 事まで, 方じゃ, 約束なんか

▼ 様だけが~ (14, 0.0%)

1 [14件] あの方, いて, お一人, ただの, どうも苦手, 俗世界の, 抜けて, 捕まらないので, 改めて弥勒堂後壁, 斯様に, 痛快に, 相も, 知って, 長い手紙

▼ 様にとっては~ (14, 0.0%)

1 [14件] この, このたび, この囃子, ついぞ見た, まさしく叛逆, わずかの, 一式小一郎の, 一番お, 単に文字, 命の, 恰も前庭, 故郷も, 殺された左太松, 生命を

▼ 様にまで~ (14, 0.0%)

1 [14件] いちいち幣帛, して, そう云う, なった, なって, なりまする, はっきり思い浮ばれ, ばかに, 吠えました, 思った夫, 思って, 成り上がろうと, 濡れ衣を, 身分を

▼ 様また~ (14, 0.0%)

1 [14件] いつもの, いぶかしい品, お占い, お客様よ, なき御, 一疋兎が, 会いましょうね, 小さい和子様たち, 弦之, 江戸表でも, 痛いか, 皆様がたにも, 難有, 黙って

▼ 様をも~ (14, 0.0%)

2 動かさんもの

1 [12件] お手放し, こんな風, それとは, ないがしろに, 加えられて, 同様に, 巧に, 巧みに, 思ふ事, 恨みました, 自分の, 見つづいて

▼ 様自身~ (14, 0.0%)

1 [14件] がかく, がよく, が吹聴, が生れつき跛, が神, が算木筮竹, が荒っぽく, にもお, の心, の用意, は事毎, は弁信, は故郷, よりもたまり兼ねた

▼ 様~ (13, 0.0%)

3 見やがれ 1 おつきん, だには, ねえこんな, ばば様あ, またえらい, 御存じな, 朝夕泣きの, 死んで, 訴人を, 餅ばかり

▼ 様からは~ (13, 0.0%)

1 [13件] その話, どのお子様, よく頂戴物, 何んの, 厳重に, 多年貢がれ, 届けられて, 愛しい妹聟, 流言を, 義兄, 見放されるしでね, 護られて, 遠いところ

▼ 様なり~ (13, 0.0%)

2 奥様なりに, 母様なりの 1 あの急ごしらえ, お声聞くも, そのお座敷, て少しく, また, 兄上なり, 彼の, 紀州様なりに, 継母の

▼ 様によっては~ (13, 0.0%)

1 [13件] この植物, その筋, どちらにも, なんでも, 偶然聴衆の, 名古屋へ, 彼女は, 心臓にこそ, 物は, 甚だ妥当, 苦笑し, 親父の, 話しよう

▼ 様のは~ (13, 0.0%)

1 [13件] きょくたんだ, 一二年だった, 口で, 大学数授何殿も, 実物と, 弁護士さん, 日本銀行の, 狐色と, 生まないという, 留学中で, 礼状です, 衆議院議員冬田様のは, 陸軍中尉蓮池様のは

▼ 様にでも~ (12, 0.0%)

1 [12件] お願いし, このよう, なったつもり, なれば, 女の, 思はれるかして, 恥かしゅうてなりませぬがわたくしの, 成らねば, 打たれた方, 桜の, 私は, 貴方の

▼ 様以外~ (12, 0.0%)

2 のもの 1 そう心, にお, にはございません, にはその, にはない, に四人, に明君, に神明巫女, のお方, の一人

▼ 様あれ~ (11, 0.0%)

21 からどんな, にわたくしども, に辻堂, はあっし, は仙太郎さん, は何ん, は古田さん, をお, 見ねえあの

▼ 様そう~ (11, 0.0%)

1 [11件] おっしゃいますでございますよ, お堅い, お急ぎにならずともよろしうございます, なの, は云っ, は行かぬらしい, は行かぬらしかった, 前へ, 取りつめて, 申されました, 言ったもの

▼ 様だろう~ (11, 0.0%)

1 [11件] がというところ, がなん, ということ, という返事, とは夢にも, と思う, と恐れ, と百万石, ね, 人面白く, 何の

▼ 様って~ (11, 0.0%)

1 [11件] いうこと, いうな, いうの, え人, そりゃ何だい, どうも不思議, どんなお, どんなもの, のを, ばよう, 何だか知っ

▼ 様であり~ (11, 0.0%)

1 [11件] ある物, その関係, ながらこんな, ながら不愉快, ながら実に, ひいきを, 乍ら出雲国造神賀詞は, 口が, 発想は, 相手は, 籠から

▼ 様でなけれ~ (11, 0.0%)

2 ばならない 1 ばなりませぬ, ばやれない, ばよい, ば人格, ば分らない, ば毛利様, ば芸, ば音松, ば駄目

▼ 様とて~ (11, 0.0%)

1 [11件] あなた様とて, きょうの, はっきりお答え, まえども, まんざらの, 分厘, 受領まで, 宮方の, 御婚礼, 旦那は, 毛利家に

▼ 様どうして~ (11, 0.0%)

1 [11件] あそびましょうネー千代, あの手紙, このよう, こんな辺鄙, それを, そんな事, そんな首形, 昨夜は, 此の, 貴方, 貴方は

▼ 様などを~ (11, 0.0%)

1 [11件] さし置いて, それからそれ, どこか, 今に, 元祖と, 咒しつ, 思うて, 手中に, 眺めると, 表現しよう, 見ても

▼ 様なんか~ (11, 0.0%)

1 [11件] いいかげんな, いろいろの, ここの, なかなか話せる, 何が, 動いて, 引合いに, 彫って, 拝んでるん, 知らないの, 飛越しっちまう

▼ 様~ (11, 0.0%)

2 妾の 1 何故泣く, 優婆塞様を, 又お, 妾は, 幸恵は, 役, 慈悲深い, 枝も, 私は

▼ 様わたくし~ (11, 0.0%)

1 [11件] がこれ, でございます七兵衛, と鶴江, には何もかも, の難儀, はいつも, はちょうど, はときどき, は怪しい, は罪, は自分

▼ 様わたし~ (11, 0.0%)

1 [11件] どうしたら, の名, はおまえさま, はこんな, はそれ前, はどんなに, はもうこ, は久助, は平一郎様, を殺し, 苦しいん

▼ 様誠に~ (11, 0.0%)

1 [11件] おめでとうござります, まア結構, 何うも, 御機嫌よろしゅう, 御無沙汰致しました, 日々お, 有難いこと, 済まない事, 申訳も, 相済みません, 貴方いつも

▼ 様~ (10, 0.0%)

1 こんな事, のう, 今日は, 何か, 先年之通申上候所に, 敵討え, 火を, 礼を, 私の, 組合目録を

▼ 様でございましょう~ (10, 0.0%)

2 が, な 1 おとぼけ, か, かお, がな, なあ, な加賀屋

▼ 様とかいう~ (10, 0.0%)

1 お侍さん, お女, 人の, 別嬪を, 名まえ, 四十島田は, 奴が, 小さいお, 暖簾を, 色きちが

▼ 様とを~ (10, 0.0%)

1 おおよそ示さん, お探ししましょう, こ, 対立し, 是非とも, 秤にかけて, 舁き載せよ, 見たが, 見て, 除いて

▼ 様などが~ (10, 0.0%)

1 いいお手本さ, いて, そこへ, それだ, どうしてそう楽々と, まだ目, 一代に, 手分けし, 目に, 訪ねて

▼ 様などの~ (10, 0.0%)

1 ような, 一軍が, 噂に, 後方を, 御身分, 御軍勢, 所へ, 言ふ, 話に, 非常な

▼ 様なれ~ (10, 0.0%)

1 どさ, どその, どもその, ど一歩, ばこそこれ, ばこそこんなに, ばこそでございます, ばこそ知っ, ば寄らねえ, ば文壇

▼ 様にさえ~ (10, 0.0%)

2 感じられた 1 すんだ輝き, なった, 思う, 思えて, 思えますねえ, 思った, 手を, 私には

▼ 様に対する~ (10, 0.0%)

1 お気持, 不破の, 冒涜でも, 天下の, 憎悪の, 敬慕の, 欝忿晴らし, 水戸藩一派の, 監視の, 磯五の

▼ 様よく~ (10, 0.0%)

2 知って 1 あの幟, おっしゃって, お気が, ご精, わかって, 御存じの, 御存じのと, 見つかりましたこと

▼ 様一人~ (10, 0.0%)

1 がいい, が特に, が留守居, では, でも手, で来なすった, にゆっくり, のお方, の舞台, 行って

▼ 様じゃあ~ (9, 0.0%)

2 ありませんか 1 たまらないん, どうにも, どっちが, ないの, なく何, 八幡様の, 歳祝いと

▼ 様であります~ (9, 0.0%)

1 からまず, から師匠, から私, が主, が何故, が女, が愛敬, が決して, けれどもち

▼ 様としても~ (9, 0.0%)

1 いまさら指一本, さすがに, そのあと, それを, にげられない因果, 多年左様な, 我を, 止まらない胴震い, 私が

▼ 様なき~ (9, 0.0%)

2 後は 1 を様, 人非人此の, 北欧の, 家来の, 悲痛の, 歿分暁漢言語同断と, 荘厳味を

▼ 様について~ (9, 0.0%)

1 こっちへ, こんなお話, 一党数十名で, 七日ほど, 出陣し, 奥州より, 来た, 考へて, 説明を

▼ 様にとの~ (9, 0.0%)

1 事でした, 仰せゆえ至急取りに, 希望を, 御内沙汰を, 注意を, 用意と, 約束で, 考へ, 考へから

▼ 様ほどの~ (9, 0.0%)

2 お方が 1 人が, 人物が, 女が, 年頃で, 役者は, 慧眼にも, 物識りが

▼ 様まだ~ (9, 0.0%)

1 いけません, おやすみです, お手形, かね, 他にも, 夜明けには, 確乎し, 角帽召しませし, 驚かすつもり

▼ 様もし~ (9, 0.0%)

1 あなたが, お兄様, お武家様, このたま, 何か, 旦那つてば, 旦那様, 衛生係りの, 貴方何と

▼ 様~ (9, 0.0%)

2 ところに 1 とこに, とこほかどこへも, ところでおれ, ところばかりが, ところへ, ところを, なったら汽車代

▼ 様以来~ (9, 0.0%)

1 お縫様憂鬱, の上様, の家名, の甲賀家, まずない, 夙に尊王, 破れぬお家, 蓄えた莫大, 貯えられた黄金

▼ 様~ (9, 0.0%)

2 出来也 1 そうせかせかします, に御, へん御, 喜びで, 愉快の, 旦那と, 旦那様

▼ 様奥様~ (9, 0.0%)

1 からこれ, が大変, しっかりなすっ, でなに一つ碌, になっ, の家庭, の御, は花, まで

▼ 様おいで~ (8, 0.0%)

2 なさい 1 が眼, でございましょうか, でしたかね, なさいまし, なさりませ, になった

▼ 様お前~ (8, 0.0%)

1 が是, にも一つ頼み, の羽織, はし, は出家, は手出し, は絵, も唄

▼ 様こんな~ (8, 0.0%)

1 ところへ, 厄介な, 所で, 所は, 爺に, 物騒な, 谷底で, 遅くまで

▼ 様であっ~ (8, 0.0%)

1 たりする, てそこ, てその, てはならぬ, てまた, てもあの, ても大別一系列, ても心

▼ 様でなく~ (8, 0.0%)

1 ちゃというよう, てはならぬ, ては生, ても或は, て柳田さん, て誰, 他の, 後から

▼ 様なんぞは~ (8, 0.0%)

2 平生苦労を 1 このごろ六百万両という, 人物が, 大方は, 御気楽, 煙草を, 立派な

▼ 様なんて~ (8, 0.0%)

1 いうもの, そんな者, のは, 名を, 御前の, 暮しの, 被入り, 馬が

▼ 様にとって~ (8, 0.0%)

1 このうえない, どうしても先天的, 何でも, 何の, 別段綺麗, 唯一の, 思いがけない自己違算, 意外の

▼ 様にな~ (8, 0.0%)

1 さもさ, つたのである, つたのは, つてとりに, つてゐた, つて只, つて来ました, つて薬の

▼ 様にゃ~ (8, 0.0%)

1 あ代えられまし, どれほど, わしから, アあんまりな, ア何うして, 御奉公, 指一本ささせる, 逢えやしないよ

▼ 様によって~ (8, 0.0%)

1 おそらくあて身, 先刻承知の, 口火を, 命を, 死んで, 甲府の, 邪魔を, 集められた人材

▼ 様までが~ (8, 0.0%)

2 ああ可哀想 1 この十兵衛, 何を, 師匠を, 此十兵衞の, 目に, 詮議を

▼ 様~ (8, 0.0%)

2 てえ, てえだ 1 てえな, てえな人間, てえな面, ハートに

▼ 様やら~ (8, 0.0%)

2 主じゃ, 朝日に 1 両国の, 池田様やらの, 狭い勝手口, 重衡様

▼ 様よりは~ (8, 0.0%)

1 いっそう由緒, 一段勝っ, 位が, 切実に, 平地が, 立派な, 追い上納二度, 道場の

▼ 様~ (8, 0.0%)

1 体系知デ, 呼吸, 喉カラ出ルンデゴザイマスヨ, 子供ヘ, 御引移リノ時, 手ノオ痛ミノコトガ話ニ出タ, 足ハ霊験アラタカナモノデ佛様ガ歩行スル時ハ足ハ地ヲ, 足ヲ

▼ 様~ (8, 0.0%)

1 とあるまじき, 丹下備前守様御, 何日か, 前後します, 御意なされ, 産土神様を, 男性では, 皇孫命様の

▼ 様大変~ (8, 0.0%)

2 でございます 1 でございますよ, ですよ, なこと, な事, な人, な木戸

▼ 様~ (8, 0.0%)

2 の頃 1 のお, のお方, の場, の手際, の笊, の頭巾

▼ 様あなた様~ (7, 0.0%)

1 から何, にお客, のお, はあなた様, はあの, は末, もお

▼ 様いかが~ (7, 0.0%)

3 でございますか 1 で, でございました, でした, 御左右

▼ 様かも~ (7, 0.0%)

2 知れぬと, 知れねえ 1 知れない, 知れないぜ, 知れませんが

▼ 様だつた~ (7, 0.0%)

1 が下げ, が賑やか, が軈て, ことを, その鮮美, ので引返し, ので眼皮

▼ 様づけ~ (7, 0.0%)

2 を忘れた 1 にする, に呼ぶ, に呼ぶだろう, の御, も多分

▼ 様どうも~ (7, 0.0%)

1 その中, 夜中に, 有り難う, 済まないこと, 申しわけない, 苦しゅうございます, 重々の

▼ 様などと~ (7, 0.0%)

1 こっそり人気, ご一緒, 云う考え, 人から, 四五度も, 敬称される, 称して

▼ 様なども~ (7, 0.0%)

1 どうかすると, もしかする, 加えられ御, 安土の, 想像される, 清澄から, 連想に

▼ 様~ (7, 0.0%)

1 いいや, こ, ここん, それあの, まあ御, 一ツは, 島さん

▼ 様へでも~ (7, 0.0%)

1 どなたへでも, 何でも, 何んで, 参ります, 行くかな, 行くの, 願って

▼ 様もの~ (7, 0.0%)

1 くれぐれ武蔵, なら午頭馬頭, なら忽ち, を, をさ, を脊, 祖父殿の

▼ 様~ (7, 0.0%)

1 お恨み, しっかり召されっ, てあっしゃ言いました, てありませんでした, てお, て狐, 斬って

▼ 様一つ~ (7, 0.0%)

1 さ, でございます, では人様, で出, によつて救, のもの, を赤き

▼ 様~ (7, 0.0%)

1 が研究, を同, を科学, 事にて, 事も, 以状御, 御陣

▼ 様二人~ (7, 0.0%)

1 でかね, でしょうとは, で為, にもちゃんと, の仲, の者, の間

▼ 様~ (7, 0.0%)

3 りに 1 の花嫁中腰, りという, りの, りを

▼ 様~ (7, 0.0%)

1 でご, の素性, は嫌い, は浪江, もう一度貴, も是非, を粗末

▼ 様~ (7, 0.0%)

5 の桧 1 の, の中

▼ 様御免~ (7, 0.0%)

1 なさいし, なさいまし, なすって, なせえまし, なせえましと, の相撲場, 下さいまし

▼ 様旦那様~ (7, 0.0%)

1 がお, ちょっとお, っ, と奥様, の前, の御, は旦那様

▼ 様~ (7, 0.0%)

2 老の 1 嬢には, 嬢も, 老が, 郎様にとりましては, 郎様もね

▼ 様貴方~ (7, 0.0%)

21 のお, は今, は昼, も伝染ら, 御考え

▼ 様あり~ (6, 0.0%)

1 ていずれ, とすれ, と思し, と裏手, 三千の, 田圃組の

▼ 様お願い~ (6, 0.0%)

2 でご 1 いたしました二品, いたします, がございます, 申します

▼ 様ざま~ (6, 0.0%)

1 な尊い, な意外, の催し物, の声, の音楽, の魔術

▼ 様そっくり~ (6, 0.0%)

1 でいなさりやす, なの, なんてえ, のもの, の人相, の塚

▼ 様ちょっと~ (6, 0.0%)

1 お待ちなすっ, お目, 学監室へ, 拝見の, 来て, 食後の

▼ 様てえ~ (6, 0.0%)

1 事が, 人を, 名奉行, 奴は, 寺で, 方で

▼ 様では~ (6, 0.0%)

1 あるが, いらっしゃいませぬか, お前様その, お支度, わたしの, わたしも

▼ 様とても~ (6, 0.0%)

1 この意外, 何も, 同じこと, 株券を, 許しませぬぞ, 読む気

▼ 様とやら~ (6, 0.0%)

1 あんたは, おっしゃいましたな, おっしゃったその, お前は, これは, 御心配

▼ 様どちら~ (6, 0.0%)

2 へ参られます 1 でお, の方, へ, へおいで

▼ 様にだけ~ (6, 0.0%)

1 ある妙法丸, いわれて, お話しいたしました, かるく挨拶, 打ち明けたいと, 捧げて

▼ 様にばかり~ (6, 0.0%)

1 させて, とって, 何でも, 気を, 考えるから, 聞かれるもの

▼ 様のみ~ (6, 0.0%)

1 かお父上も, ならず手前共, 先へ, 名によって, 嬉しいにつけ, 御承知

▼ 様はと~ (6, 0.0%)

1 いえば, さう思ふ時, そう思う, 云うと, 申しますと, 見返ると

▼ 様ばかりを~ (6, 0.0%)

2 讃めて 1 お疑い, 大切に, 庵へ, 見て

▼ 様ひとり~ (6, 0.0%)

1 がそれ, だけの姿, の変, をこの世, を頼り, 残らずお

▼ 様ほど~ (6, 0.0%)

1 お美しい, かれの, な人物, 尊敬される, 御運, 金持で

▼ 様ほんとに~ (6, 0.0%)

1 お連れ下さいまし, 人の, 伊賀の, 勝手な, 口惜しくって, 親しく何

▼ 様をば~ (6, 0.0%)

1 お助け下さいまし, そのよう, 前に, 御一族中, 我れ, 良い処

▼ 様今晩~ (6, 0.0%)

31 はと挨拶, は仕入れた, は萩原様

▼ 様~ (6, 0.0%)

1 とお, にし, になれたら, のお, の居候, の腰元中

▼ 様~ (6, 0.0%)

3 の半 1 がある, を描き, を相関

▼ 様早く~ (6, 0.0%)

1 お帰り, お豊, こちらへ, 睨んで, 行って, 逃げましょうぐずぐず

▼ 様~ (6, 0.0%)

1 さっし, さる通り二十八方仏子柑, てごらん, て御覧, な肥後, ゆ

▼ 様遊び~ (6, 0.0%)

2 に出します 1 に伴う, に行かう, に行こう, の姉さま

▼ 様あたり~ (5, 0.0%)

1 がその間, だと, のお, の手, へ売り込ん

▼ 様いっしょ~ (5, 0.0%)

5 に遊びましょう

▼ 様いつ~ (5, 0.0%)

1 までこう, までそう, までも私, まで九ツ, 親父様の

▼ 様がね~ (5, 0.0%)

1 あの方, お雪ちゃんに, これからは, それはね, 野州桜町の

▼ 様しっかり~ (5, 0.0%)

2 なすって 1 しな, なさりましと, ね

▼ 様そこ~ (5, 0.0%)

1 ではお, では見えませぬ, においで, のママさん, まで行ける

▼ 様それでは~ (5, 0.0%)

1 いけません, 出かけましょうと, 平次の, 明晩まで, 止めましょうね

▼ 様だい~ (5, 0.0%)

5 に様

▼ 様だつたら~ (5, 0.0%)

1 おれの, お寺に, 何にも, 医者を, 溜つた

▼ 様でしたら~ (5, 0.0%)

1 どうか, ほんの一時間, 差支えござんすまい, 御遠慮なく, 救護員として

▼ 様でない~ (5, 0.0%)

1 ことは, とは誰, と云っ, のが, 様な

▼ 様といった~ (5, 0.0%)

2 ような 1 ようだ, 地方の, 風に

▼ 様とに~ (5, 0.0%)

1 お詣り, お詣りする, はさまれて, 彼の, 貴方の

▼ 様と共に~ (5, 0.0%)

1 あけ暮した者, その未だ, 戸を, 新たに, 留まって

▼ 様なし~ (5, 0.0%)

1 かるが, て都, では, とて又, には誘惑

▼ 様などという~ (5, 0.0%)

1 ことに, ものが, ものは, 勤王の, 清洲越十九人衆の

▼ 様などに~ (5, 0.0%)

1 なりますと, よくある, 出入りし, 御承諾, 憧れ心地

▼ 様なんぞ~ (5, 0.0%)

1 とっくの, どうでも, 命惜くば, 有っても, 追払ってよ

▼ 様な光り~ (5, 0.0%)

1 が巨大, の有る, をもっ, を見, を見つけた

▼ 様な考へ~ (5, 0.0%)

2 方が, 方に 1 方は

▼ 様に対しては~ (5, 0.0%)

1 うっかり冗談, 一目も, 反逆でございます, 御在位, 急に

▼ 様はね~ (5, 0.0%)

1 いつまでも, どこが, 君目が, 此の, 青い空

▼ 様まあ~ (5, 0.0%)

1 お敷きなさいまし, お聞きなすっ, ここに, このお, そんな

▼ 様よりの~ (5, 0.0%)

1 お手紙, お沙汰, お言葉, 御詫, 返事には

▼ 様らしく~ (5, 0.0%)

1 てお, もない, 始末を, 深い山, 精

▼ 様わし~ (5, 0.0%)

1 あはあもう, でもなかなか, は今, は今日, を侍

▼ 様付き~ (5, 0.0%)

2 の藩士 1 で禄, のお, の腰元

▼ 様何とか~ (5, 0.0%)

1 して, と声, 御判断, 知恵は, 遊ばして

▼ 様先生~ (5, 0.0%)

2 はねそれ 1 の御, は気, もずるい

▼ 様其の~ (5, 0.0%)

1 中は, 外の, 色いまも, 采を, 鉄砲を

▼ 様~ (5, 0.0%)

1 からもう少し, の砂利, の自身番, へ戸, を突っ切る

▼ 様大丈夫~ (5, 0.0%)

1 でご, でございます, でごわす, ですか, ですよ

▼ 様~ (5, 0.0%)

5 之丞様

▼ 様後生~ (5, 0.0%)

3 だから 1 だわ, でございます可哀相

▼ 様御存じ~ (5, 0.0%)

3 なの 1 でございましょ, なしな

▼ 様御意~ (5, 0.0%)

4 なされ候 1 遊ばす

▼ 様御用~ (5, 0.0%)

2 の提灯 1 と札, の持田家, の船大工

▼ 様有難う~ (5, 0.0%)

1 ございます, ございますあの, 何う, 存じます, 存じます私共

▼ 様直々~ (5, 0.0%)

1 にお, にこの, のお, のオサトシ, のタタリ

▼ 様~ (5, 0.0%)

1 仰付, 仰出候, 存候え, 成可給候, 申付候未

▼ 様貴女~ (5, 0.0%)

21 が御, に少, の事

▼ 様ああ~ (4, 0.0%)

1 いう偉い, 何も, 純様恋しき恋しき, 貴方は

▼ 様ありがとう~ (4, 0.0%)

2 ございます 1 と言っ, 存じます

▼ 様いろいろ~ (4, 0.0%)

1 お話し合い, お話も, と焚き, なもの

▼ 様えお~ (4, 0.0%)

2 はいりなすって 1 買いなすって, 馬に

▼ 様えらい~ (4, 0.0%)

1 ことが, ことでございます, 博識な, 者を

▼ 様かの~ (4, 0.0%)

1 それが, 同時代, 変化の, 種類を

▼ 様こちら~ (4, 0.0%)

1 とても用, にお待ち, の御, へいらし

▼ 様これから~ (4, 0.0%)

1 お故郷元, の商売, 毎日お, 緩り

▼ 様さあ~ (4, 0.0%)

1 これで, やる銭, 七十日がな, 早く大海幸

▼ 様さぞ~ (4, 0.0%)

1 おいそ, お友達, お楽しみ, 泣いたでございましょうねえ

▼ 様しばらく~ (4, 0.0%)

1 お待ちください, お止り, この平次, 三宅氏を

▼ 様~ (4, 0.0%)

1 ゃあるめえし人聞きの, ゃごぜえませんか, やござりませぬ, ょうだんに違いない

▼ 様すなわち~ (4, 0.0%)

1 富士講で, 眼一つの, 隠居宗円を, 鶴嘴様に

▼ 様だけに~ (4, 0.0%)

1 お呑込み, 座ぶとんを, 気丈夫だ, 許されたと

▼ 様だけを~ (4, 0.0%)

1 お力として, この会堂, ほかには, 何とかし

▼ 様~ (4, 0.0%)

1 お師匠様ア, もしッ, わたくし今夜は, 旦那様っ

▼ 様づき~ (4, 0.0%)

1 としてこの, のお側女中, の侍女, の小間使

▼ 様~ (4, 0.0%)

1 ふ祠, んで, 御しん, 軍人さんが

▼ 様でありました~ (4, 0.0%)

1 から機嫌, から私, が忽ち, とは

▼ 様でしょう~ (4, 0.0%)

1 か, かお松さん, かな, か鬼

▼ 様で御座います~ (4, 0.0%)

21 がモウ二, ツてね

▼ 様とやらの~ (4, 0.0%)

1 ご覧と, なされた法事, 命を, 真似を

▼ 様なく~ (4, 0.0%)

1 も生き, 仕事が, 困りきつて逃亡, 愉快ッた

▼ 様などとは~ (4, 0.0%)

1 あんまり思っ, 以ての外正真正銘の, 夢にも思わなかった, 違って

▼ 様などへ~ (4, 0.0%)

1 お伝えいたし, 一同宜, 一同宜奉願上候, 粗相が

▼ 様ならびに~ (4, 0.0%)

1 お子様の, 京極家の, 伊都丸殿では, 同妃宮様の

▼ 様にだって~ (4, 0.0%)

1 お目, わかりっこ, 嫉かれ, 負けないぞ

▼ 様にといふ~ (4, 0.0%)

1 寿詞の, 意味のとなへ, 目的から, 目的を

▼ 様に対しても~ (4, 0.0%)

1 また武男君, 国民に対しても, 土下座しない, 肩身の

▼ 様はじめ~ (4, 0.0%)

1 お侍さんたち, 奉り市野津軽, 小さい菊ちゃん, 当の主人

▼ 様ばかりは~ (4, 0.0%)

1 おっしゃいますはず, 余りと, 本当にし, 親御に

▼ 様~ (4, 0.0%)

4 でより

▼ 様ほんとう~ (4, 0.0%)

1 にここ, にそう, に久しぶり, の話

▼ 様または~ (4, 0.0%)

1 オウシ様と, オクナイ様という, 奥女中風の, 嫁が

▼ 様までも~ (4, 0.0%)

1 御同席, 父に, 皆お, 腹を

▼ 様みた~ (4, 0.0%)

2 ようだ, ような

▼ 様ゆえ~ (4, 0.0%)

1 いずれ菖蒲, お泊り, その稻垣さま, 別して御

▼ 様わっ~ (4, 0.0%)

3 しは 1 しも密貿易船

▼ 様~ (4, 0.0%)

1 のこと, の前, は木村様, 一統様へ

▼ 様以下~ (4, 0.0%)

1 お味方, という値段, の人, の諸侯

▼ 様~ (4, 0.0%)

1 ちょっと田沢さんところ, です, の下宿, はいい

▼ 様兄様~ (4, 0.0%)

1 っ, と声, と小さき, もう起きまつしねえ

▼ 様同様~ (4, 0.0%)

1 どうしても御門, なお, にほとんど, に可愛

▼ 様堪忍~ (4, 0.0%)

3 して 1 なさいませ

▼ 様~ (4, 0.0%)

2 願上候 1 希候, 希候以上

▼ 様~ (4, 0.0%)

1 くいらっしゃいましたお母さん御馳走, くいらっしゃいましたアノお母さん, く来て, 敷御

▼ 様~ (4, 0.0%)

1 と考, の因習, は由来, は重大

▼ 様御機嫌~ (4, 0.0%)

1 よろしゅう, よろしゅう承れ, 宜しゅう, 宜しゅう何

▼ 様明日~ (4, 0.0%)

1 になさいませ, のお, はお, を楽しみ

▼ 様時代~ (4, 0.0%)

1 からその, に加藤屋敷, に持っ, の通り

▼ 様母子~ (4, 0.0%)

1 と私, にそんな, の貴方, をなぐさめよう

▼ 様~ (4, 0.0%)

1 の学問性, 福田が, 箇に, 緑の

▼ 様確か~ (4, 0.0%)

2 りおし 1 りして, り遣って

▼ 様街道~ (4, 0.0%)

1 といわれた, といわれる, と呼ぶ, を東

▼ 様見た~ (4, 0.0%)

1 ばかりじゃ訳, ばかりぢ, ような, 様に

▼ 様親子~ (4, 0.0%)

1 からひと目, がご, はこの, を殺した

▼ 様~ (4, 0.0%)

1 か柵, が其, のこと, も追いかけ

▼ 様貴下~ (4, 0.0%)

1 が桔梗, はこちら, は可愛い, も御

▼ 様~ (4, 0.0%)

2 はるる, 捕の

▼ 様~ (4, 0.0%)

1 が降っ, の如き, 之丞, 降って

▼ 様あそこ~ (3, 0.0%)

1 だよ, に滝, の百姓

▼ 様いずれ~ (3, 0.0%)

1 へおい, へも御無沙汰, またゆるり

▼ 様いふ風~ (3, 0.0%)

1 ですから, に平素壮健, に考へる

▼ 様いま~ (3, 0.0%)

2 に皆 1 に可愛い

▼ 様うち~ (3, 0.0%)

1 の御新造様, の息子, の親玉

▼ 様おっしゃる~ (3, 0.0%)

1 ことやら, やら途方途轍, 通りわたしは

▼ 様おめでとう~ (3, 0.0%)

1 ございます, 存じます, 存じますお

▼ 様お前様~ (3, 0.0%)

1 の仕業, はあの, もこれ

▼ 様お嬢様~ (3, 0.0%)

1 お休み遊ばせ, が飛んだ, はきれい

▼ 様お待ち~ (3, 0.0%)

1 でご, なすって, 申して

▼ 様お気~ (3, 0.0%)

1 に入りました, をなおし, を悪く

▼ 様お許し~ (3, 0.0%)

1 なすって, 下さいませ, 下されたく候

▼ 様かは~ (3, 0.0%)

1 存じませぬが, 存じませんが, 知らぬが

▼ 様こう~ (3, 0.0%)

1 して, なったからには, んな

▼ 様こそは~ (3, 0.0%)

1 かかる時代, サイキーを, 関ヶ原の

▼ 様さま~ (3, 0.0%)

1 と奉る, と来ら, に思い悩ん

▼ 様した~ (3, 0.0%)

1 のや, ものだ, 状態を

▼ 様じゃが~ (3, 0.0%)

1 夏休みに, 辛抱さっし, 道ならぬ

▼ 様そいつ~ (3, 0.0%)

1 あうっかり, の家, を斬っ

▼ 様そういう~ (3, 0.0%)

1 もので, 方々によって, 結び合せの

▼ 様そうして~ (3, 0.0%)

1 お置きあそばせ, 泣きたくなった時, 見だのしゃ

▼ 様そのもの~ (3, 0.0%)

2 のよう 1 は恋すべき

▼ 様その後~ (3, 0.0%)

1 とんとごぶさた, の出来事, を追って

▼ 様そん~ (3, 0.0%)

1 じゃア人, ならこの, なら此儘

▼ 様だけの~ (3, 0.0%)

1 ものに, 志願であっ, 静かさと

▼ 様だっても~ (3, 0.0%)

1 お大尽, ときどきは, 関白様だっても

▼ 様だらう~ (3, 0.0%)

1 あの連中, こんな好い, と思案

▼ 様ちょい~ (3, 0.0%)

1 と出, と御, と此処

▼ 様つまり~ (3, 0.0%)

1 この両方, この障子, 一番宮様らしい

▼ 様であったなら~ (3, 0.0%)

1 なにも, ば今, ば埋葬

▼ 様としての~ (3, 0.0%)

1 仰せ言が, 威力が, 威力の

▼ 様とでも~ (3, 0.0%)

1 すれば, 思ったの, 申すん

▼ 様とともに~ (3, 0.0%)

1 これも, 安土へ, 当分ご

▼ 様とね~ (3, 0.0%)

1 そいから, そんなら, まだ結婚

▼ 様とやらが~ (3, 0.0%)

1 ご利発, 御贔屓, 見つからぬうち

▼ 様とやらに~ (3, 0.0%)

1 いったいお嬢さん, お怪我, なりすまして

▼ 様どんな~ (3, 0.0%)

1 御用, 意趣かは, 物をも

▼ 様なあり~ (3, 0.0%)

1 さまです, 様である, 様に

▼ 様ない~ (3, 0.0%)

1 ぢらしい, の, 人非人め

▼ 様ながら~ (3, 0.0%)

1 ちょと, わたしの, 紙屑拾い

▼ 様なぞは~ (3, 0.0%)

1 たしかにそれ, 以前は, 此方様の

▼ 様ならず~ (3, 0.0%)

1 互に異同, 家の, 朝鮮の

▼ 様なんぞが~ (3, 0.0%)

2 皆で 1 お世継

▼ 様な思ひ~ (3, 0.0%)

1 に乱れ, もした, もしない

▼ 様な見~ (3, 0.0%)

1 っともない, てはならない, 崩れ人種が

▼ 様にしか~ (3, 0.0%)

2 取れない 1 出来ないの

▼ 様についての~ (3, 0.0%)

1 ふしぎな, 御息所の, 遺言を

▼ 様になどと~ (3, 0.0%)

1 云うの, 云って, 戯談らしく書きそえた

▼ 様のみは~ (3, 0.0%)

1 これで, 忘られかね, 朝夕の

▼ 様はな~ (3, 0.0%)

1 何でも, 強い男, 駒形の

▼ 様はの~ (3, 0.0%)

1 たまひぬ, どのところ, 大蔵殿の

▼ 様まことに~ (3, 0.0%)

1 ご迷惑, 私の, 素人臭いでき

▼ 様もね~ (3, 0.0%)

1 もうね, 当前, 高尚に

▼ 様やっと~ (3, 0.0%)

1 お目, 奉行所から, 目っけて

▼ 様ようこそ~ (3, 0.0%)

2 おいで 1 おいで下さいました

▼ 様よと~ (3, 0.0%)

2 口に 1 軽蔑す

▼ 様をこそ~ (3, 0.0%)

1 お跡目, 主人とも, 傅り育て

▼ 様をさえ~ (3, 0.0%)

1 描写しよう, 気とも, 軽くあしらっ

▼ 様を通じて~ (3, 0.0%)

1 だいぶ前, もっともっと大きな, 前に

▼ 様~ (3, 0.0%)

1 仰セデハアルガ, 御好ミノ物ヲ買ッテ上ゲテクレロト云ウカラ, 御泊リニナルカラ

▼ 様~ (3, 0.0%)

1 と訴ニ付, なり候方ハ, 仕ルベキ旨

▼ 様~ (3, 0.0%)

1 キタ剣術遣, 対シ慮外致スマイト云ウ書附ヲ, 行カシャルト言ッタラ一人カケ出シテ行キオッタガ程ナク中村親子ガ迎エニ来タカラオレガ駕籠カラ顔ヲ

▼ 様三様~ (3, 0.0%)

1 の心理, の意味, の感想

▼ 様~ (3, 0.0%)

1 に御, に隣国, の会費

▼ 様丹波~ (3, 0.0%)

2 の一党 1 をはじめ道場

▼ 様~ (3, 0.0%)

1 の光子様, へまでお, へ上ろう

▼ 様今お~ (3, 0.0%)

1 一人の, 帰りです, 酢でも

▼ 様今夜~ (3, 0.0%)

1 はちょっと, は又, は愛吉

▼ 様何と~ (3, 0.0%)

1 いたしましょう, なされたな, やら物質的

▼ 様何ん~ (3, 0.0%)

1 とも思っ, と申, と申し

▼ 様何故~ (3, 0.0%)

1 このお, 活動なんかが, 遣った

▼ 様~ (3, 0.0%)

1 が手, に集まっ, のいろいろ

▼ 様~ (3, 0.0%)

1 てきやれ, て来る, 淵様村田様みなお待ちかねでございました

▼ 様助け~ (3, 0.0%)

1 ておく, て下さいませ, て下せえ

▼ 様即ち~ (3, 0.0%)

1 あなたに, お銀様, 烈公の

▼ 様叔母様~ (3, 0.0%)

1 には御, のほか, の朗らか

▼ 様問題~ (3, 0.0%)

2 になる 1 とならざる

▼ 様~ (3, 0.0%)

1 な事, へて仁和寺, へ命計り

▼ 様~ (3, 0.0%)

1 には何, へ出, 御婦人

▼ 様大きな~ (3, 0.0%)

1 ものでございます, ものです, 岐道が

▼ 様失礼~ (3, 0.0%)

1 いたしました, しやす, ながら大分御酒

▼ 様~ (3, 0.0%)

1 の死霊, は淡島様, を淡島様

▼ 様如何~ (3, 0.0%)

1 ですか, にある, に非常識

▼ 様実に~ (3, 0.0%)

1 小甥, 目に, 驚きましたよ

▼ 様実は~ (3, 0.0%)

1 そのこと, 延命地蔵尊の, 社会科学の

▼ 様尊い~ (3, 0.0%)

3 姉御が

▼ 様少し~ (3, 0.0%)

1 お待ちなすっ, も上界, 落ちつきたまへて

▼ 様~ (3, 0.0%)

1 が嫁さん, の号外, の性根

▼ 様当麻~ (3, 0.0%)

3 に御

▼ 様御飯~ (3, 0.0%)

1 ができました, が出来ました, と遣っ

▼ 様思い~ (3, 0.0%)

1 だから, でございますから, のうおっ

▼ 様~ (3, 0.0%)

2 の体 1 年中は

▼ 様~ (3, 0.0%)

1 からこの, の宿場, は密男拐帯

▼ 様昨夜~ (3, 0.0%)

1 はどういう, は夜祭, より風邪

▼ 様此処~ (3, 0.0%)

1 が, な処, を下り

▼ 様殺し~ (3, 0.0%)

1 の怪事件, の目的, を白状

▼ 様殿様~ (3, 0.0%)

1 が入, のお, はいつもこう

▼ 様~ (3, 0.0%)

1 と呼ん, をフト失念, を浴せられ

▼ 様決して~ (3, 0.0%)

1 あなた勿体ない, いらっしゃっちゃ, お驚き

▼ 様~ (3, 0.0%)

1 とした見上げる, として美味, と坐り込んでる

▼ 様父様~ (3, 0.0%)

1 が居ない, に輸血, は死んだ

▼ 様~ (3, 0.0%)

1 としてあなた以上, の所, へ嫁

▼ 様~ (3, 0.0%)

1 の見えない, もくらみ, を閉じ

▼ 様知っ~ (3, 0.0%)

1 ている, てらした, て居る

▼ 様神様~ (3, 0.0%)

1 はあの, は私, ほとけ様

▼ 様~ (3, 0.0%)

1 とは誰, の名, の策謀

▼ 様~ (3, 0.0%)

2 へ込ん 1 へ込む

▼ 様行っ~ (3, 0.0%)

1 てお, て参ります, て見ましょう

▼ 様見る~ (3, 0.0%)

1 は可え, や眠く, 眼も

▼ 様~ (3, 0.0%)

1 が吹い, の字, は新

▼ 様飛ん~ (3, 0.0%)

1 でもない, でもねえ, で行った

▼ 様あすこ~ (2, 0.0%)

1 にある, に坐っ

▼ 様あっ~ (2, 0.0%)

1 ての伊勢, て知識

▼ 様ある~ (2, 0.0%)

1 が拙者, 卓子の

▼ 様あんた~ (2, 0.0%)

1 がきまり, 泣いてるな

▼ 様あんなに~ (2, 0.0%)

1 おっしゃいますから, ごりっぱ

▼ 様あんまり~ (2, 0.0%)

1 でございます, なお諦めじゃございません

▼ 様いい~ (2, 0.0%)

1 処へ, 思いつきだ

▼ 様いえ~ (2, 0.0%)

1 お姫様用でも, さ先生

▼ 様いたく~ (2, 0.0%)

1 喜びたまひ, 気遣ひた

▼ 様いったい~ (2, 0.0%)

1 この女, 本当でございましょう

▼ 様いつか~ (2, 0.0%)

1 きっとお話, 教えて

▼ 様いつも~ (2, 0.0%)

1 お強い, ながらお

▼ 様いふ人~ (2, 0.0%)

1 を捨てる, を穢多

▼ 様いよいよ~ (2, 0.0%)

1 あなた様も, 御世継

▼ 様うっかり~ (2, 0.0%)

1 なさらんよう, 夜も

▼ 様お客様~ (2, 0.0%)

1 でございます, でございます山下

▼ 様お早う~ (2, 0.0%)

2 ございます

▼ 様お母様~ (2, 0.0%)

1 がお呼び, に連れられ

▼ 様お迎え~ (2, 0.0%)

1 の同勢, 御同勢

▼ 様かわり~ (2, 0.0%)

1 のういつも, 一種邪宗らしき

▼ 様がと~ (2, 0.0%)

1 云ひさし, 思って

▼ 様がな~ (2, 0.0%)

1 きつい日蓮信者ゆえ, 何うも

▼ 様がは~ (2, 0.0%)

1 いつて, はあでは

▼ 様がよ~ (2, 0.0%)

1 ッく, 打ち掛け姿で

▼ 様きょう~ (2, 0.0%)

1 は婆, は思い切っ

▼ 様くさい~ (2, 0.0%)

1 ことを, と云っ

▼ 様くらいの~ (2, 0.0%)

1 ものでございましょう, 愛は

▼ 様~ (2, 0.0%)

2 ちとら

▼ 様こっち~ (2, 0.0%)

2

▼ 様こと菱田新太郎様~ (2, 0.0%)

1 でおい, を存じ

▼ 様この世~ (2, 0.0%)

1 に生き, の名残り

▼ 様ご存じ~ (2, 0.0%)

1 でえ, のこと

▼ 様さえも~ (2, 0.0%)

1 宮様が, 来て

▼ 様さながら~ (2, 0.0%)

1 浮き世の, 足利家の

▼ 様さよう~ (2, 0.0%)

1 でございます, では

▼ 様する~ (2, 0.0%)

1 のかと, 事に

▼ 様ずいぶん~ (2, 0.0%)

1 お久しぶり, 日に

▼ 様そして~ (2, 0.0%)

1 万見, 三人の

▼ 様その他~ (2, 0.0%)

1 のご, の志士

▼ 様それから~ (2, 0.0%)

1 旦那が, 生の

▼ 様それで~ (2, 0.0%)

1 すっかりよろしい, 怒つたの

▼ 様それでも~ (2, 0.0%)

2 感心に

▼ 様そろそろ~ (2, 0.0%)

1 参ると, 近づきました

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 恥の, 笠の

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 アおいらだ, 大変でございます

▼ 様たしか~ (2, 0.0%)

1 この笄, そういったと

▼ 様ただいま~ (2, 0.0%)

1 あなた様方に, 何を

▼ 様ただ今~ (2, 0.0%)

1 はご, 帰りました

▼ 様たち姉様たち~ (2, 0.0%)

1 は, は帰っ

▼ 様たとえ~ (2, 0.0%)

1 体が, 十兵衛気が

▼ 様たる~ (2, 0.0%)

1 神様に, 芭蕉と

▼ 様だったけれ~ (2, 0.0%)

1 共その, 共何か

▼ 様ちょうど~ (2, 0.0%)

1 よい駕, 三つ違いの

▼ 様ついで~ (2, 0.0%)

1 にお, にちょっと

▼ 様であったけれ~ (2, 0.0%)

1 共仮りにも, 共重

▼ 様でいらっしゃる~ (2, 0.0%)

1 わけです, 伊太夫様の

▼ 様でございまし~ (2, 0.0%)

1 て, てな

▼ 様でございましたら~ (2, 0.0%)

1 お供を, しばらくお

▼ 様でござん~ (2, 0.0%)

1 す, すね

▼ 様ですつ~ (2, 0.0%)

1 て, て君

▼ 様でたまりかね~ (2, 0.0%)

2 て荷

▼ 様でねえ~ (2, 0.0%)

1 がな, しか

▼ 様でやす~ (2, 0.0%)

2

▼ 様で御座いました~ (2, 0.0%)

1 かさあ, がネ奥様

▼ 様とかが~ (2, 0.0%)

1 預かって, 預かつて

▼ 様とこ~ (2, 0.0%)

1 から來, なつと

▼ 様とで~ (2, 0.0%)

1 別荘を, 御出

▼ 様とばかり~ (2, 0.0%)

1 いって, 信じて

▼ 様ともども光明峰寺~ (2, 0.0%)

2 へそれぞれ

▼ 様とんでも~ (2, 0.0%)

2 ないこと

▼ 様どういう~ (2, 0.0%)

1 ことを, 訳だ

▼ 様なお~ (2, 0.0%)

1 叱りの, 死に様

▼ 様なかなか~ (2, 0.0%)

1 凄腕です, 源助は

▼ 様なこえ~ (2, 0.0%)

1 がひびい, で云った

▼ 様なぜ~ (2, 0.0%)

1 でございましょう, に其麼

▼ 様なぞ~ (2, 0.0%)

1 お目, 大岡殿を

▼ 様なぞも~ (2, 0.0%)

1 この頃, さだめしこんなにおなり

▼ 様などでも~ (2, 0.0%)

1 沢山に, 誰も

▼ 様なりし~ (2, 0.0%)

1 が贋金, ものが

▼ 様なりの~ (2, 0.0%)

2 魂が

▼ 様なんかに~ (2, 0.0%)

1 なりたくは, 見せつけて

▼ 様なんかは~ (2, 0.0%)

1 その家庭教師, まるで何

▼ 様なんぞの~ (2, 0.0%)

2 お耳

▼ 様なんだか~ (2, 0.0%)

1 悲しくなっちまった, 私も

▼ 様なんで~ (2, 0.0%)

1 お綱, 主命を

▼ 様なんぼ~ (2, 0.0%)

1 なんでも, 馬鹿だ

▼ 様な仕~ (2, 0.0%)

1 かけを, 義で

▼ 様な呻き~ (2, 0.0%)

2 声を

▼ 様な変った~ (2, 0.0%)

1 お祭の, 品物は

▼ 様な振~ (2, 0.0%)

1 をし, をする

▼ 様な詰らぬ~ (2, 0.0%)

1 事は, 事を

▼ 様な話し~ (2, 0.0%)

1 さでも, 許り

▼ 様な頻~ (2, 0.0%)

2 に現れる

▼ 様にか~ (2, 0.0%)

1 それとも又, 阿母さん

▼ 様にかけても~ (2, 0.0%)

1 だ, 可愛がるの

▼ 様にが~ (2, 0.0%)

1 つかりした, むしゃに

▼ 様にすら~ (2, 0.0%)

1 考へられた, 見える

▼ 様にぞ~ (2, 0.0%)

1 ありし, 聞えける

▼ 様にては~ (2, 0.0%)

1 何を以て, 生ひ立ち

▼ 様にても~ (2, 0.0%)

1 兄弟内には, 助りたく思ふ

▼ 様にとりましては~ (2, 0.0%)

1 お父上様, 全くあの

▼ 様によ~ (2, 0.0%)

1 うくお礼, つて存在し

▼ 様に対し~ (2, 0.0%)

1 ますると, よう

▼ 様に対しまして~ (2, 0.0%)

1 ですこの, 私ども申し訳が

▼ 様のが~ (2, 0.0%)

1 丁度それ, 欲しいもの

▼ 様のといふ~ (2, 0.0%)

1 ことは, のは

▼ 様のね~ (2, 0.0%)

1 えお葬い, え親不孝

▼ 様のみが~ (2, 0.0%)

1 御承知, 生憎と

▼ 様はじめお歴々~ (2, 0.0%)

1 がお, の方

▼ 様はや~ (2, 0.0%)

1 柳生の, 柳生源

▼ 様はよ~ (2, 0.0%)

1 情ないこの, 情無い

▼ 様ばかりが~ (2, 0.0%)

1 ここに, 御承知

▼ 様ばかりじゃ~ (2, 0.0%)

1 ありません, ござんせんわい

▼ 様ばかりに~ (2, 0.0%)

1 なったから, なって

▼ 様ばん~ (2, 0.0%)

1 ざい, ざアいっ

▼ 様ひとつ~ (2, 0.0%)

1 で立派, 何とかいっ

▼ 様ふでより~ (2, 0.0%)

2 という

▼ 様へだけ~ (2, 0.0%)

1 内密に, 御膳を

▼ 様まあどう~ (2, 0.0%)

1 したという, しよう

▼ 様まず~ (2, 0.0%)

1 その生活, 以て

▼ 様まア~ (2, 0.0%)

1 ね藪, 暫く

▼ 様もっと~ (2, 0.0%)

1 新しく女優, 細かいお

▼ 様やったら~ (2, 0.0%)

1 私早う, 随分何

▼ 様やっぱり~ (2, 0.0%)

1 先で, 法学博士で

▼ 様よう~ (2, 0.0%)

1 入っしゃいました, 聞いて

▼ 様ようおい~ (2, 0.0%)

1 でくだされました, でなされました

▼ 様よりか~ (2, 0.0%)

1 いつそ, 他人の

▼ 様よろしゅう~ (2, 0.0%)

1 よくマア, 貴方が

▼ 様らしかった~ (2, 0.0%)

1 が, っていう

▼ 様らしくなられ~ (2, 0.0%)

1 候て, 候に

▼ 様をと~ (2, 0.0%)

1 云ったからには, 内々殿様

▼ 様を以て~ (2, 0.0%)

1 する, 上々なる

▼ 様ア大事~ (2, 0.0%)

1 にし, にしなえ

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 パッション消, 事ニナルト困

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 御帰リニナルソウダカラ, 御自分

▼ 様一党~ (2, 0.0%)

1 に対してがんばっ, の行動

▼ 様一大事~ (2, 0.0%)

1 が出来いたしました, でご

▼ 様一家~ (2, 0.0%)

1 が一月二月, にどの

▼ 様一生~ (2, 0.0%)

1 に一度, の大

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 令郎は, 袖を

▼ 様並びに~ (2, 0.0%)

1 一ツ橋様お, 諸々の

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 から確か, へ入っ

▼ 様乱暴~ (2, 0.0%)

1 しようとは, な人物

▼ 様人形~ (2, 0.0%)

1 が入っ, に生命

▼ 様今度~ (2, 0.0%)

1 の先生, は続け

▼ 様以前~ (2, 0.0%)

1 にセント・エルモ, より苗字帯刀

▼ 様仰含められ~ (2, 0.0%)

1 相役と, 相役横田清兵衛と

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 でがん, の御子様

▼ 様何で~ (2, 0.0%)

1 ございますあの, ございますまア

▼ 様何処~ (2, 0.0%)

1 さ行かつ, へいらっしゃいます

▼ 様何卒~ (2, 0.0%)

1 私がな, 純一の

▼ 様使~ (2, 0.0%)

1 ひを, を立てる

▼ 様信仰~ (2, 0.0%)

1 せよとの, で毎晩

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 がこの, にはわからぬ

▼ 様俺等~ (2, 0.0%)

1 が産神, もそれ位

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 の処, より御覧

▼ 様元気~ (2, 0.0%)

2 づき再び

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 すこぶる解し, に尽力可

▼ 様兵助~ (2, 0.0%)

1 が年, はおとなしく

▼ 様其処~ (2, 0.0%)

1 は道, をがらり

▼ 様其衣~ (2, 0.0%)

2 は誰

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 おすみどの, か

▼ 様別して~ (2, 0.0%)

2 のお

▼ 様別れた~ (2, 0.0%)

2 後の

▼ 様南無~ (2, 0.0%)

1 八幡大, 麗人族様

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 のう御座います, のがす嬢様

▼ 様参り~ (2, 0.0%)

1 は折々, 一所に

▼ 様只管~ (2, 0.0%)

1 に寒毛樹立, に謝罪

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 哀いい, 被相達候

▼ 様同じ~ (2, 0.0%)

1 に行かない, 八万騎の

▼ 様向う~ (2, 0.0%)

1 から人, の一軒

▼ 様呼ん~ (2, 0.0%)

1 で何, で来

▼ 様唯今~ (2, 0.0%)

1 ではござりません, の御

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 お力落し, ぞ無念

▼ 様塩梅~ (2, 0.0%)

1 が悪う, 悪いだ

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 は熱, を掛ける

▼ 様外交官~ (2, 0.0%)

2 や軍人抔

▼ 様大切~ (2, 0.0%)

1 といった恰好, と思い詰め

▼ 様大衆~ (2, 0.0%)

1 が一切, だとは

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 のよう, の神様

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 が司法吏道, の消極性

▼ 様姉様~ (2, 0.0%)

1 お揃いで, の首

▼ 様始め~ (2, 0.0%)

1 御本家, 御諦め

▼ 様姿~ (2, 0.0%)

1 をした, を隠匿

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 はかわいうございました, は中肉

▼ 様子供~ (2, 0.0%)

1 を助けたい, を抱え

▼ 様学校~ (2, 0.0%)

1 で体操, の先生様

▼ 様宋人~ (2, 0.0%)

2 の虚字

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 にいと, にお

▼ 様宜しく~ (2, 0.0%)

1 お嬢様先程申しました, 入らせられ大寿至極恐悦

▼ 様~ (2, 0.0%)

2 に着いたで

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 せえ, 鮒鰌に

▼ 様小僧~ (2, 0.0%)

1 の倉松, の胸

▼ 様山野辺~ (2, 0.0%)

1 の寮, も楯岡

▼ 様峰丹波~ (2, 0.0%)

1 など以前, の一派

▼ 様崩御~ (2, 0.0%)

2 の後

▼ 様帰っ~ (2, 0.0%)

1 て来ました, て逢わっせえ

▼ 様帳場~ (2, 0.0%)

1 でもあの, には一

▼ 様引き上げられね~ (2, 0.0%)

2 ばならぬ

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 からは何, のあと

▼ 様彼女~ (2, 0.0%)

1 の両親, は私

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 で御, を追う

▼ 様御事~ (2, 0.0%)

1 を思死, 去る五日福山表御発船被遊

▼ 様御前~ (2, 0.0%)

1 で見せい, に

▼ 様御前様~ (2, 0.0%)

1 に御, より被

▼ 様御機嫌様~ (2, 0.0%)

1 よろしゅうよく, 宜しくお嬢様先程

▼ 様御船ニテ~ (2, 0.0%)

2 被遣

▼ 様御覧~ (2, 0.0%)

1 になつ, 下さいまし

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 に暗き, 懸の

▼ 様心得~ (2, 0.0%)

1 ております, 違えを

▼ 様思召~ (2, 0.0%)

1 で, より手緩く手緩く

▼ 様思想~ (2, 0.0%)

1 の典拠, の表現物

▼ 様悪い~ (2, 0.0%)

1 女の, 道ね

▼ 様愉快~ (2, 0.0%)

2 いもの

▼ 様~ (2, 0.0%)

2 欝に

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 に出たら, はおもしろう

▼ 様旦那~ (2, 0.0%)

1 どう致しましょう, に伺う

▼ 様昨夕~ (2, 0.0%)

1 の敵, の火事

▼ 様晴れ~ (2, 0.0%)

2 て居る

▼ 様本位~ (2, 0.0%)

1 ですね, にくわしく

▼ 様本当に~ (2, 0.0%)

1 御苦労さま, 恐れ入りますでございますね

▼ 様本町~ (2, 0.0%)

2 の藤勘様

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 たりたまいぬ, ておくれよ

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 にサツ, に払

▼ 様次第~ (2, 0.0%)

1 でございます, では蝶

▼ 様此方~ (2, 0.0%)

1 の方, へ帰っ

▼ 様此時~ (2, 0.0%)

2 より遙

▼ 様~ (2, 0.0%)

2 行きながら

▼ 様母様~ (2, 0.0%)

1 がなさる, も少し

▼ 様江戸~ (2, 0.0%)

1 の様, までお供

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 を取つ, を取る

▼ 様注意~ (2, 0.0%)

1 を奪われる, を配り

▼ 様火急~ (2, 0.0%)

1 のお, の御用

▼ 様灯火~ (2, 0.0%)

2 を点けましょう

▼ 様為右衛門様~ (2, 0.0%)

1 から五重塔, の御

▼ 様爲右衞門様~ (2, 0.0%)

1 から五重塔, の御

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 のあった, を考へさせる

▼ 様特有~ (2, 0.0%)

1 なフニャフニャ, の神秘力

▼ 様狐狗狸様~ (2, 0.0%)

2 御移り下され

▼ 様独得~ (2, 0.0%)

2 のスフィンクス

▼ 様玉屋神父様~ (2, 0.0%)

1 が同じ, 並びに諸々

▼ 様生活~ (2, 0.0%)

1 こそダンテ, を行なわん

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 でもない, の紋章

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 には盆さま, に祭る

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 が見えねえで, 配せして

▼ 様石置き場空屋敷~ (2, 0.0%)

1 とやらで, なの

▼ 様私ども~ (2, 0.0%)

1 が明日, の婚礼

▼ 様程の~ (2, 0.0%)

1 ご舎弟ゆえ, 御人

▼ 様種々~ (2, 0.0%)

1 と若衆たち, なる意味

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 には掛金, の外

▼ 様立派~ (2, 0.0%)

1 なご, な額

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 一に, 二の

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 だけ知っ, にかけて謡

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 の止め, を解き初めた

▼ 様結構~ (2, 0.0%)

1 でございますこと, なこの

▼ 様~ (2, 0.0%)

2 で示し

▼ 様美しい~ (2, 0.0%)

1 夢ね, 貴婦人達など

▼ 様聞い~ (2, 0.0%)

1 ておく, て下され

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 から下ろし, が立たない

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 の中将, を前

▼ 様自分~ (2, 0.0%)

1 で名, の着

▼ 様臭く~ (2, 0.0%)

2 なって

▼ 様~ (2, 0.0%)

2 の児

▼ 様著者~ (2, 0.0%)

1 という字体, と毛筆

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 と称された, 御同朋衆

▼ 様見たい~ (2, 0.0%)

1 な位, な顔つき

▼ 様見事~ (2, 0.0%)

1 であると, に働きました

▼ 様親子連~ (2, 0.0%)

1 の巡礼, の順礼

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 はう, ひますし

▼ 様言つて~ (2, 0.0%)

1 下さる, 置き乍ら

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 へ被, りで

▼ 様詣り~ (2, 0.0%)

2 のついで

▼ 様誰方~ (2, 0.0%)

1 か一寸, にも見せ

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 の落ち口, の落口

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 い洗って, が大分

▼ 様連れ~ (2, 0.0%)

2 て川

▼ 様遠方~ (2, 0.0%)

2 でご

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 というの, 元富豪邸

▼ 様~ (2, 0.0%)

2 及び顳

▼ 様銅板~ (2, 0.0%)

1 の絵図面, は盗まれ

▼ 様長吉~ (2, 0.0%)

2 は温順

▼ 様~ (2, 0.0%)

2 の腰元

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 は止ん, よりは大きい

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 なんぞはもと, れて

▼ 様頗る~ (2, 0.0%)

1 古色あり, 見識が

▼ 様~ (2, 0.0%)

1 の道理, は知りません

▼ 様風呂~ (2, 0.0%)

1 へ参ります, をお召

▼ 様首尾~ (2, 0.0%)

1 よくゆうべ, よく何もかも

▼ 様駕籠~ (2, 0.0%)

1 が閉じ, に付い

▼1* [1932件]

あの者, 様ぁいま長浜に来, 様ああありがとうござりま, 様あいつを磯屋, 様あくことなく, 様あけっぱなしでなどと, 様あたいはお, 様あたかも老伯, 様あたしの声, 様あちらにはもう, 様あったとてかかる, 様あっちへ行っ, 様あっとおどろきの, 様あつたの, 様あてにお, 様あなたこれをごらん遊, 様あなたたちは人民, 様あなた賞めるため, 様あの世でどんなに, 様あはれなり, 様あぶなかったのし, 様あぶねえところだった, 様あやめお姉様, 様あらあらかしこだ, 様あらかじめ時間を, 様あらぬ流言蜚語を, 様あるじの君, 様あれ御挨拶を, 様あんた出で来, 様あんた私に礼, 様あんな処に, 様あゝ有り難うご, 様電話した, 様いかなければ不可, 様いかにもそのお, 様いくつ十三泣き面十四は頓死, 様いけましねえ, 様いざお切り, 様いじりなんか止し, 様いちばん重い罪, 様いってしまえ, 様いったものである, 様いつおもどりに, 様いつぞや訪ねた時, 様いつ帰ってらしった, 様いづれの御, 様いと珍らしく, 様いはん限りなし, 様いふ喀血が幾回, 様いふ病気に成る, 様いふ目に逢, 様いふ訳だし, 様いふ話を聴い, 様いふ話好きな人, 様いや辰一郎様でございました, 様いられたか, 様いわゆる名手に, 様うれしとほのぼの, 様ええありがとうござりまするどこ, 様え相尋申上候, 様おありがとうございます, 様おありがとうござります, 様おいで遊ばした, 様おお新九郎様に, 様おおせでっしゅ, 様おかあ様, 様おかかえ屋敷, 様おかしいでは, 様おしのびあるきの, 様おすすめ致します, 様おそろいでしかも騎馬, 様おたがいについ知らず識ら, 様おっ母様, 様おつきの侍, 様おととしお坊さん, 様おなじみも浅い, 様おふくろ様兄貴それから, 様おまえ様のお, 様おみ足がお, 様おやしきを, 様おやすみでございますか, 様おらあこの, 様おら達はなぜ, 様おりん小僕次郎, 様おれをぶちやがった, 様おんもとへ, 様おん物語にそれ, 様お上がんなさいナ, 様お世話と軽い, 様お伴をするだろう, 様お供で關善, 様お側御用神原五郎治様とかいう奴, 様お先供ではござりませぬ, 様お冷でも, 様お出ましなさいませお供, 様お初に, 様お前さんを私, 様お前今日はまあ少し, 様お前助太刀じゃア, 様お召しで, 様お変りの年, 様お姫様を以て自ら, 様お嬢様板垣様の叔母様, 様お家はんであって, 様お少えに其の, 様お昼の副, 様お有難うございます, 様お母さんは居りません, 様お母様のは御, 様お父さんと一角, 様お祖父さんはお, 様お祭中はいき, 様お立ちなれば, 様お腹も立とう, 様お茶でも上がっ, 様お返し致しますぞ, 様お金はふっ, 様お隣室が混み合いまし, 様かい貴方御免なさい, 様かなんぞのように, 様かに紹介状を, 様かねいらっしゃります, 様かへお目, 様からが一番注文が, 様からでも大納言様に, 様からとかいただいた小判, 様からね資本を, 様がかばつて, 様がっしりして, 様がねえまだ稲, 様がへソを, 様がまに合わない, 様がりゆきたまひいかに, 様きびしくいい渡して, 様きんが, 様ぎりかほかに誰, 様くずれの行書, 様くどいようでございます, 様くわしいお話は, 様ぐらいなお年頃, 様ぐらいの読書家は, 様ぐれえの年恰好, 様けれど最後の, 様こういうわけな, 様こうして日蔭に, 様こそのいひじらけに, 様こと致したの, 様このごろは根っから, 様このごろ都の盗賊, 様こりゃあきっとわたくし, 様これこれこういう風, 様これご覧じませ, 様これ粗末なもの, 様こんどもやはり, 様こん日はおめでとう, 様ござらっしゃるな, 様ごとの方言, 様ごらんあそばせまあ, 様ご存知ではござりませぬ, 様ご用がお, 様ご覧なさりませ, 様さあさあお過しな, 様さう致した方が, 様さがしに行つて, 様さがすべえ, 様さして悪しからずただ貧しき, 様さしもにひろき, 様さすがお目, 様さぞさぞ御大抵, 様さぞや寒からん, 様さてこのたび評判, 様さてはその筋, 様さね其方が, 様さほど暮らしには, 様さらばでございます私, 様さんた, 様しか残って, 様しきりに拝んで, 様しばりあげられてゐた, 様じみた美人である, 様じゃあがあせんか, 様じゃというて, 様腹ア出てる, 様すぎるからな, 様すぐ見付けましょう, 様すこし階段の, 様すべしと師匠教訓, 様すみませんでした, 様すらこんな贅沢, 様ずゐぶんお喋りを, 様せめては一本, 様そいつアどうも困りました, 様そうすると私は, 様そこらの呼吸, 様そぞろに二千年前, 様そっちじゃない, 様そのままにて一体, 様その他重臣方の御, 様そもじ小田村は, 様それだけの自, 様それではおそれながらお上の, 様それと重衡様なんど, 様それに二十一に, 様それ程のご, 様それ自身の本心, 様たいさう危険なる, 様たいへんなこと, 様たしかに幽霊屋敷です, 様ただ一言謀反やめる, 様たちゃ何処から, 様たちロンドンでいまごろ, 様たった一つの, 様たとへば題を, 様たらしめたるにおいてをや, 様たり御用商人たら, 様たんとじゃございません, 様だいじょうぶあなたがたのだいじな, 様だけで見ると, 様だけでも御無事, 様だけにでも洩らして, 様だけには人並みな, 様だし風が寒く, 様だそんでも怨み, 様だっか, 様だったら呼んであげましょう, 様だ存じている, 様だ生きた観音様だ, 様だ聞いたことが, 様ゅう長者が, 様ちうたら日本に, 様ちと可笑しくなりたれ, 様ちゃんと理の, 様ちょっとちょっとお待ちください, 様ちよつと, 様ったらなかった, 様ったらありませんや従って, 様ったらきかないんだ, 様っていう人に, 様ってばなぜ止めない, 様っ死なないで下さいっ, 様ついしか入った, 様ついぞ見たこと, 様つかまえて, 様つかんことを, 様つたら病気なんぞに, 様つづく一行は, 様つていふの, 様つてわけだね, 様つて言つたらそり, 様つまらない事に, 様つれなさよ, 様づくしなどは影, 様づくる程お腹, 様てば母様, 様であやまっている, 様でありたいものです, 様でありんすか, 様であるやらないやらは懸念, 様でいらっしゃいますか, 様でからもうお転婆でございまし, 様でがしょう, 様でげすなア, 様でございまさあね, 様でございまするか, 様でございますれば, 様でございませうか, 様でござって女高山, 様でござるゆえ浪江殿が, 様でござんしたかなあ, 様でござんすよ, 様でされば艶, 様でしてゐない, 様でしょう思い出せませんが, 様でたむつ神を, 様でと気の毒そうに, 様でなかったなら天一坊の, 様でなかったらぜひは, 様でなかつた事は, 様でなきゃ殺された重三郎でしょう, 様でのう邸は, 様でもがいた為ばかり, 様で借べえ, 様で坐に故郷, 様で威張つてゐた, 様で居らつしやいます, 様で彫込んだ狂歌に, 様で御座らつしやります, 様で御座んす, 様で歩いている, 様で無い天野君は, 様で眠られない相である, 様で食べるお米, 様というだけでお思い, 様といふはそれは, 様とうてみず, 様とうとう王庁の, 様とかからお電話, 様とかへお使い, 様とかを告げると, 様とこうならべて, 様とこそ思えあんなに, 様とさえいわれて, 様としましてはお父様, 様とだけはお睦, 様とだけを心あてに, 様とてもきっとお眼, 様とてもさすがに尽きぬ, 様となどそういうお, 様とのみよんで, 様とばあやさんが, 様とへ各一つ宛, 様ともどもわたくしの家, 様とやらにはまたいろいろ, 様とやらにも此旨御, 様とやらへ何う, 様とんだ粗忽を, 様ッちら, 様どうかもう一応お静まり下さいまし, 様どうしたらようがしょう, 様どうしても殺すの, 様どうせ日は, 様どうぞちょっとお待ちくださいまし, 様どうぞよく光つてこの, 様どうぞ一寸お繼, 様どうにか蚊帳も, 様どうやらこうやら, 様どころでは, 様どころかあの十層倍, 様どさくさして, 様どしたがえらう, 様どすよって今度, 様どっちとも云え, 様どなたかねえ, 様どれも首, 様どんなに不自由なく, 様なある様な, 様なおじた気持で, 様なおどけた様子を, 様なおもわせぶりな, 様なかおっつきを, 様なかたまったかおを, 様なかつがれてる様な, 様なからかわれている, 様ながらばかり描きた, 様なきどり方を, 様なきらひがある, 様なく懐しかつたであらう, 様なく懐しかったであろう, 様なけったるい声を, 様なければ果ては, 様なこけおどし風な, 様なこつたが独活, 様なことほぎの歌, 様なさずきともた, 様なさばけた様子を, 様なさめた様な, 様なさめたととのった影が, 様なしらべを欲する, 様なすなおな, 様なすんだ声と, 様なせめ折檻は, 様なぞが恐れて, 様なぞと一座で, 様なぞにもそういう風, 様なぞよりずっと私, 様なぞをして, 様なたのむ様な, 様なだしぬかれた気持に, 様なだだいっちゃア, 様なつかしかんべ, 様なつっつかれた気持で, 様なつまらぬ埋草は, 様なとうてむによるまじなひから, 様なとぼけた顔を, 様なとりとめもない, 様などから婿君にと, 様などといふものに, 様などとさえ思った事, 様などともいい客, 様などと共に天一坊に, 様などにはむやみには, 様などへも秀頼公から, 様などをも謡ふ, 様ななぐさめの言葉, 様ななげやりな調子だった, 様なにしに, 様なにとて曾孫の, 様なに揃ひやう, 様なひねくれた女は, 様なぶちまけを書く, 様なほがらかな, 様なほがらかな気持, 様なほつとした, 様なまがりっかどの, 様なまとまらない様子を, 様なもつと自由, 様ならず阿屋まりて, 様ならでは知る, 様ならぬ親方の, 様なら取ついで戴け, 様なら知っている, 様なら知らぬことです, 様なら読むだけ無益, 様なりに訴人を, 様なわからない様な, 様なわだかまりのない, 様なわめき声が, 様なんかにはどんなプレゼント, 様なんかを信ずるもの, 様なんぞこそその勤王, 様なんぞもお若い, 様なんとかおっしゃって, 様なんどの大将達, 様な乾いたところが, 様な云うに云われぬ, 様な信じられる考えの, 様な傷ついた患者ばかりが, 様な傾いた実家を, 様な光りと深さ, 様な凋んだ花を, 様な出るにも出られない, 様な叱られ方から, 様な名づけ方な, 様な唸声を, 様な嘲りでも甘受, 様な奥まった広い座敷, 様な容れものだ, 様な富みを与, 様な弛んだ顔に, 様な忌む可く, 様な思い切った変装手段は, 様な思は為ず, 様な思ひ切つた新らしい, 様な思わない様なとりとめ, 様な恐しい眼光を, 様な意気込んだ調子で, 様な憧れをよせた, 様な扱かい方に, 様な扱かひ方に, 様な探しものの, 様な散し髪では, 様な整うた姿に, 様な枯れて乾いた, 様な歩き方な, 様な汚れた奴を, 様な溜めておいた, 様な澄んだ青いかお, 様な濁つた泡が, 様な物語りばっかりすい, 様な田舎びた印象を, 様な目ざしで神様, 様な砕けてゐ, 様な笑いながらもフッ, 様な細りとした, 様な繰事を, 様な罵りが吹き出た, 様な肥ったの, 様な荒れ屋敷で, 様な荒れ果てた屋敷を, 様な落ついたつめたい笑, 様な衰えた身体を, 様な見開いた眼と, 様な解らねえものアね, 様な詰らな相な, 様な詰らない様な, 様な話しだったので私達, 様な話しなのです, 様な誓いが立てられます, 様な諦め様にも, 様な謂わば未曾有, 様な走尸行肉と, 様な足らん女子に, 様な近づき易き世の常, 様な遮りが有っ, 様な醒め際が, 様な隠し方が, 様な隠れる場所は, 様な飛ぶ様な, 様な馬鹿げた思いつきを, 様な馴れにくい獣, 様において残る方, 様にかけて大形の, 様にかけては名人だ, 様にかへてもつ, 様にきびどころか肝腎, 様にけづつてしまつた, 様にたいして妙な, 様にたいしてもそその, 様にだけでもお目にかかって, 様にだけはどうしてもお, 様についてはおんもとに, 様についてよ少し違った, 様につき従って, 様にでござりまする, 様にということでした, 様にとして居ても, 様にとってもよい見つけ, 様にとて口留めの, 様にととのへて, 様にとはしながら, 様にとり扱はれた, 様にとりまして何でも, 様になど言ふ, 様になんかと父親と, 様にね御亭主, 様にのみ養成せられ, 様にはてまえの, 様にはとにもかくにも, 様にばっかり限ったもの, 様にもと届けさせたの, 様にもなつて行つた, 様にもの言は, 様にやア相違御, 様にらむように, 様にるをうけ, 様に対してこそ妙に, 様に対しての敬意ばかり, 様に従って長い渡り廊下, 様に関して唯一人の, 様に関することどもは, 様ねられるように, 様のかと存じましたが, 様のてまえ妹, 様のなえ程心, 様のなんぞとは違って, 様のに間違いございません, 様のよりも泥だらけで, 様のるすの, 様はい其短銃は, 様はいってもよろしゅう, 様はおつ母様である, 様はかりそめなように, 様はしの党, 様はじめお婆さんお侍, 様はじめフチ達も皆々様, 様はじめ大事のお客, 様はじめ女子供たちそれの避難, 様はじめ御一同様おからだ, 様はじめ皆様の御, 様はじめ高位の方々, 様はずがない, 様はぞッと, 様はた春岳が, 様はちよつと地上, 様はとも尋ねて, 様はやくはいろう今おいら, 様はやくはやく私を, 様はやまを持っ, 様はナ奴等の, 様ばかしゃ面が, 様ばかばかしゅうござりませぬが, 様ばかりと申し上げたら, 様ばかりへこういう戯れ, 様ばば様堪忍なさいませ, 様ひでえ長患い, 様ひとへに吾, 様ひとりきりなん, 様ひどい目に, 様ひどく弱ったでねえが, 様びいきで, 様びっくりなされちゃ, 様ふたたび御成といふ, 様ふたりの熱望, 様ぶりといったよう, 様へえ誠に有難い, 様へこそ御無心, 様へとお断り申上げます, 様へというように, 様へもという工合で, 様ほかのお願い, 様ほどにしか見えなくなるくらいまで, 様ほんとのこと, 様ほんに相すまねえでやす, 様ほんの聊かではござりまする, 様ぼくきっと大統領, 様まあだ納屋を, 様まいる菊よりと, 様まかせそれで婚約, 様まことは実, 様まだもう一つ断っ, 様まちがいなくお出かけ, 様までにや稲刈が, 様までのお耳, 様まともに帰っ, 様まるで野原で, 様まれに殿, 様まアお目出度御座います, 様みえたら俺からも, 様みなお待ちかねでございましたが, 様みやこに上られ, 様むくれとなった, 様おかしき所業あて, 様めでたく大事を, 様もうこの辺, 様もうなんにも申しますまい, 様もうサッと家へ, 様もう一度会いたいと, 様もう少し詳しく腑, 様もう悠々とお話, 様もけなりが, 様もござりますほんに因果, 様もござりますまいに, 様もしやアしまい, 様もって如何, 様もったいのうございます誠に何, 様もてあまさぬ見かけにて, 様もねえ母様, 様やあに様, 様やがて立派な, 様やった上に, 様やといいは, 様やなんぞと違って, 様やらのお通り, 様ゆえ安心して, 様ゆくところまで, 様ゆるして下さい, 様ゆゑと口元まで現, 様よい酒が, 様ようちょッくら往ッて見, 様よう御存知で, 様よしんば殿様は, 様よなあお前も, 様よめる中に, 様よろこんで読ん, 様よろしくな, 様の身代百, 様らしくしている, 様らしくない将軍家だった, 様らちは若い衆, 様りっぱな旦那方, 様わかるよ, 様わざわざお運び, 様わたくしどもは深く, 様わたしめでご, 様わたしゆえに重ね重ね, 様わたし今晩は大, 様ゑゝありがたうござりまする何所に此様, 様をこそとこの方, 様をなでどういう, 様をまで殺すという, 様をようくよ, 様を通して若松屋さまを, 様如何だい, 様アいつお帰りでごぜエ, 様アお前様狐踊踊るづア, 様アアよオ, 様アカデミーそのものと思い誤, 様アノ面白い事, 様アノー大丸が美しき, 様アレクセイ尊者でございます, 様アーッと呼んだ, 様アーッ妾栞でご, 様ア丹波屋で飯ア, 様ア伴れて, 様ア先い出るとき, 様ア因果経というお, 様ア家は好い, 様ア斬殺されたという, 様ア斯う並ん, 様ア水車の心棒, 様ア江戸を見た, 様ア留守勝で家, 様ア確かりして, 様ア美和子も手伝わし, 様ア酔つたなツ, 様イデオロギーに結び付い, 様イヤそれより, 様ウチの親玉, 様エエ違った, 様エス様がたいへん, 様お助けくだ, 様ガアルトスレバ颯子ヲ措イテ, 様ガゼヒ地面ヘ来, 様ガ云ウニハ何モ持ッテキテガナイカラ何ニモイラヌト云ウカラ権之助, 様ガ歩行スル時ハ足ハ地ヲ離レルコト四寸, 様ガ薩州ヘ御, 様キャアでけつ, 様コイコイという, 様コレ無キヤ, 様ゴザイマセヌ以後ボクノ文章読マナイデ下サイ, 様ジャーナリズム自身の欠点, 様ジレッタそうな顔色, 様セレナ様貴方がたはたぶん, 様ソクラテスやプラトン, 様ソロオッと遣っ, 様ダッテイヽコトヲシテヤッタ感心ナ忰ダッテオ褒メニナルサ, 様ダトヌカシテ一人前払ッテオレハ蓮台デ越シ, 様チェウスの, 様チラリふり返った, 様チンダレオスがパルラス, 様ッここのとおり, 様ッ大変でございます, 様ッ悪人の刃, 様ツイかうと, 様今年モ大喜ビデ, 様トクリ返シマスト, 様ト思ウナラ直グニ寄加持ヲシテ, 様ト称スル神仏類似ノモノニ奉仕スル輩ノ中, 様ドン様連中も最早, 様ナレドモ身ハ人身ニ似テ畜身ナリ, 様ニシテ馬迄買ワシ, 様ニトテソレカラ一同ガオレニイロイロ機ゲン, 様ニト言上ノ処, 様ニモサセルカラト云ウ故宮川並ビニ深津金次郎トイウ者ト一所ニ兵庫ノトコロヘ行ッタ, 様ニヤけた頭ばかり下げ, 様ニ限リマセンオ歳ヲ召スト誰方モ喉ガ, 様ノオ眼ニ止マッテコンナ不孝ナ恥, 様ハイカラの智恵子さん, 様ハートへ, 様ハ三匁五分ト云ウカラ五分ノ損ダカラヨカッタソノ替リニハ, 様ハ世間ヲ広, 様ハ合戦ノ御負, 様ハ女難ノ相, 様フィロロギーのカリケチュア, 様フォン・ゾンというの, 様ブクブク肥えとる, 様ヘレネ様の, 様と太息, 様ボビチャマの音, 様マリユス様をお通し, 様ミスタ・サヤマに話し, 様モウ泣かないの, 様モツァルトのレコード, 様モナイ最早親父ガ死ンダカラ, 様モ何ト云ウ孝行ナ嫁女ダロウト, 様モ止観院様モ何ト云ウ孝行ナ嫁女ダロウト, 様ヨハナーンは此処, 様ヨーヨーは御座いません, 様ランチに引上げ, 様リザヴェータと申しますだ, 様リボンで飾った, 様一ついかがでございます, 様一つ書き取りをいたしましょう, 様一つ長左衛門様の魂魄, 様一也様はまだ, 様一体お千絵様, 様一切の科学, 様一味がその, 様一定の規律, 様一寸八分の御, 様一対の日月, 様一度っきり帰って, 様一廉の利もの, 様一式様あの森, 様一昨日の御召物, 様一曲お調べ, 様一服おあがり下さいませ, 様一本願いたいと, 様一枚脱いで, 様一空和尚につれられた, 様一般的な古典学, 様一行の行列, 様一言ぐらい仰しゃ, 様一週間ばかりお, 様一面に立つ, 様七兵衛が見えました, 様七福神達磨さん鍾馗大臣サンタクローズ桃太郎金太郎花咲爺乙姫様や浦島太郎, 様万事ゆっくりと, 様万吉が今日, 様万太郎様そいつを斬っ, 様万態ほとんど律すべからずで, 様けの歓楽, 様丈夫にて御, 様三つになる, 様三万二千石江戸より百六里, 様三井さんとお話し, 様三代めで代々養, 様三代目九蔵様の富樫様, 様三十五万七千石の鍋島様, 様三十六人の愛妾達, 様三千で下谷, 様三千石のお, 様三日も四日, 様三百六十四段南無身延様, 様三角形の冠, 様かがりの, 様上げませうか, 様上りの百姓政治家, 様下執事と書い, 様下女の宿下り, 様取締りと, 様不動様妙見様日珠様も御存じ, 様不変の軍律, 様不平等になっ, 様不思議の物の怪, 様不意に王, 様不慮のこと, 様不用心な家, 様不自由なん, 様不良ぬ輩, 様世の中はまま, 様並みに国公, 様並ビニ衣服又ハ髪形マデ, 様中小業者の対抗運動, 様中島神父様深堀宿老さんのご, 様中村家さんから電話, 様中納言様と下手, 様串戯ごとではあんめ, 様亀井様近くの華族, 様争いに争い, 様を云, 様事井上嘉門様に申し上げます, 様事東京女子師範学校中の高等女学校, 様にも千浪さま, 様二の宮さんに続い, 様二十八日は成田様, 様二十番目の姫満千姫君, 様二升お貸し, 様二合半坂の市蔵親分, 様二尺許り位置, 様二階にて大, 様云々の文, 様云わねえのか, 様五人が半, 様五人組の組内の人, 様五位鷺の船頭ぢ, 様五升お貸し, 様五年ぶりで逢っ, 様五日は水天宮様, 様五百両と申しました, 様五百円紛失の一件, 様五郎蔵一味大勢の者, 様井上大膳亮殿これらがみんな壺, 様亜細亜的現実とか東洋的現実, 様亭主が長, 様人々は社会的批評, 様人心の改革, 様人柄よろしからず, 様人民戦線を一くさり, 様人間は学問, 様仇敵を取りました, 様仇討に出立, 様今に馬の, 様今夜夜遊びをし, 様今日一日が無事, 様今朝ねお, 様かへし, 様仕ったという, 様仕出し椀だね, 様仕度如斯申上候へば先般天誅, 様仕方がねえせっせと, 様仕立思ふ事, 様付けにし, 様仙人の住処, 様代々長者の鶴谷喜十郎様, 様代りの男, 様代地様ちょっと来, 様令郎二位へ宜, 様以上の御前様, 様以下元春様にも隆景様, 様以下四十七人一人残らず無事, 様以下城とともに悉く, 様以下多くの尊い, 様以下奥方さま和子さま達までも火, 様以下小早川殿にせよ, 様以来伊達家だけにお許し, 様以来勤王の家, 様以来栄螺の蓋, 様以特別御取, 様仮令十兵衞気が, 様やつた, 様仰せられ候筆とり, 様仰せられたから其旨申, 様仰出でられ候は, 様仰有るが当り前, 様伊右衛門様の三人, 様伊藤様の両, 様伏在して, 様伝七郎様の二つ, 様伯母様アノー大丸が美しき, 様伯母様初枝ちゃん等皆々様にたく, 様伸子様と連名, 様佐藤様等の策謀, 様の歌也, 様体ぶりしまいには, 様何しろワッと, 様何ぞ御心配, 様何となく新帰朝, 様何ともはや誠に申兼ねまし, 様何やかや考えると, 様何やら書物の, 様何事にお, 様何分ともよろしく, 様何分よろしくお引き廻し, 様何日お帰り, 様何時先生を拘引, 様何言はつしやる, 様は警察医, 様余さず洩さず記せしもあり, 様余りにすげなき御, 様作家への忠告, 様使いを立てる, 様の問題, 様係りの店員, 様信孝様以下の諸侯, 様信州の彦太, 様信心がその後パッタリ, 様信澄様以下お味方, 様信玄公謙信公と同格, 様俺らは何, 様倉田新十郎様, 様個人の秘書, 様停車場前に旅籠屋, 様備前様を慰め, 様僕アルバイトやろうと, 様僕イヨイヨやります, 様儀婚姻には私方故障御座候, 様の養蟲園, 様兄弟何方も一年生, 様兄貴それから, 様はどう, 様先刻は失礼, 様先方に洞穴, 様先日令弟御入之所, 様先立ちては済みません, 様先立って死ぬ, 様先途を見届ける, 様光君と御, 様光悦屋敷とやらのこと, 様光瑞師は外国, 様兜町の米様, 様全く哀れげに, 様八十にもなっ, 様八十フランいただきましょう, 様八幡様もお, 様八年ぶりで貴方, 様八重子様と申す, 様より御, 様六代様と見えた, 様兵馬様を私, 様れは, 様其人の其際, 様其他の墓参等, 様其儘でご, 様其剣先に差し, 様内々の仰せ, 様内山様がお, 様内海様などが手分け, 様内藤君がちょっと, 様円道様が連れ, 様冗談じゃねえ, 様のお嬢さん, 様凶年にもない, 様出し人の名, 様出役だ, 様出来ません私どもは, 様出発し得られるよう, 様出雲守様ときたひ, 様刃傷の際, 様切籠持参は皆, 様刑罰を以てすべき, 様初め皆が時節柄, 様初め目上の人, 様初枝ちゃん等皆々様にたく, 様別ようにございます, 様別所様がお, 様到着なされました, 様前方に行っ, 様力持松茸背負女紙吹石さげたる裸体男, 様力限り脚で水, 様加多さんはじめをお, 様加藤郁子さんより御, 様助手に手伝わせ, 様勇美子が急, 様勉強家でご, 様動きなきお, 様動くのを, 様勘解由様と, 様勘違ひさつし, 様勘違いさっしゃるな, 様勝って, 様勝様は勝様, 様北イタリー特有の南風, 様北国御巡錫, 様医師を呼迎, 様十一月でさえ一月, 様十一月二十三日の御, 様十五年より宇多天皇様寛平六年, 様十号から慾, 様十歳武雄様が八歳, 様千歳の女将さん, 様南さんに昨日, 様南部領でオシラ様, 様即座にお, 様卿雲市野服部小山諸君へ御, 様奉蒙御, 様去年以来の御, 様参られ候, 様又は牧様と, 様又八さんでは, 様及び不破の, 様叔父に向い, 様叔父様と呼ん, 様拵申立候儀ハ都テ公儀ヲ, 様取れますか, 様があるで, 様下着と, 様古きを棄て, 様古今と続け, 様只今まで重々, 様上りますので, 様可哀そうな, 様可愛いお方は, 様右翼弾圧の意味, 様吃驚さつせえたらうが, 様合せなどから歌合せ, 様同士御一しょ, 様同志で鉢合せ, 様同月十三日三十人扶持被下置, 様同病あいあわれむでそんな, 様同腹で無きだけを, 様同道して, 様名残りの伏見桃山御殿, 様否定されたり, 様吹きさらしで張り番, 様呉れ呉れも申し諭し, 様呼び入れて参りました, 様命ずると先, 様和子様さ狩衣, 様なり, 様哲学それ自身の考察, 様唐人の化けの皮, 様唐様等を加味, 様唸る程黄金は, 様問答をおかしがり, 様善光寺へ駈けつけ, 様善光寺様と崇め, 様喇叭節を唄え, 様喜ぶ理由には, 様嘉吉めが今, 様をきく, 様をする, 様四方の山々, 様四様の才能, 様四肢を延し, 様団十郎の芸, 様図星でございますよ, 様国元役人共申越候に付, 様園女様ご無事, 様圓道様が連れ, 様土井様酒井様亀井様近くの華族, 様土人が売り, 様土地でも実, 様土方歳三様御宿所, 様在世中は時々, 様在来の類型, 様地主様いづれの, 様地球の終り, 様地蔵尊の一体建立, 様坊ちゃん方をはじめ, 様坊やは大きく, 様坐像でした, 様城太さんのこと, 様執事様何をあなた, 様堀口但馬守様からお, 様へ行っ, 様境内で喧嘩, 様を動かし, 様の子, 様を手近, 様変死の風聞, 様夏彦様果たし合いにお, 様夕飯をすます, 様外務大臣のハイベルグ様, 様外套のポケット, 様外部との交渉, 様多き内には, 様多勢に無勢, 様になりまし, 様大きいぞ刀, 様大事な御, 様大事ことを忘れ, 様大学の植物学教室, 様大層お精, 様大日様どうぞ泥棒, 様大目に御覧下, 様大目付殿お納戸頭, 様大砲固めにお, 様大笑いいたされ候, 様天下衆人之能存候罪状有之者, 様天井や縁, 様天国様を持っ, 様天窓から塩, 様太い材木を, 様太鼓をうち, 様夫人の片手, 様奉公人も十人, 様奉行衆どんなに勇気, 様の一ト間, 様奥さまありがとうございます, 様奥州仙台の陸奥守様, 様奥様これへお, 様女中が雨戸, 様女達を舟, 様好いあんばいなお, 様好き好んでこんな, 様でしょう, 様妙見様日珠様も御存じ, 様という呼び, 様妾もろとも陣十郎, 様妾一人でまいります, 様妾悪人ではございません, 様始めその後縁につながる, 様始め御大儀さまにご, 様始め志ある方々, 様始家内御一統, 様始終私が, 様やの目, 様婆様おびんずる様並み, 様婆様切籠持参は皆, 様婚礼の晩床入, 様嫁入りし給, 様かれるの, 様嬉しいじゃございません, 様の生み, 様子守唄拵えさ, 様字渾肥といふもの, 様存命中の出来事, 様孝ちゃんの家, 様孝行はけっこう, 様学問性を有, 様にて水泡先生, 様宅助には森啓之助様, 様安斉先生がお呼び, 様だが, 様宗応蔵主さまご一族, 様に売附け, 様官僚とは一寸, 様定めし御壮健, 様定家様唐様等を加味, 様宛てのお, 様を申せ, 様実弟にあたる谷中住居, 様実験の用具, 様家来に命じ, 様の米屋, 様富山稲荷町の加賀屋平六, 様富豪なぞいう, 様寛平六年迄二百八十八年, 様寝ましたきり食が, 様察して下さりませ, 様寺島兵庫様お側御用神原五郎治様とかいう奴, 様対外的な要求, 様対手が七六ヶ, 様封皮沢山に御, 様専用のもの, 様専門であったが, 様ぬるに, 様小名浜の網旦那, 様小堅果を偶然, 様小声にて説明, 様小宮山様さあさあお過し, 様小母様は孤独, 様小用が出ない, 様小笠原与八郎を先手, 様小麦が高く, 様少々此処を, 様少なくとも六尺くらいの, 様尤もと思召, 様高く頭, 様尼様の清心様, 様尽力被下度為国家, 様居ないんで, 様山口静子様と並べて, 様山城守様などと共に天一坊, 様山県大弐様のお, 様山県様へ紋也様, 様屹度屹度私はお, 様岡西玄亭を以及, 様岩間様には寸毫, 様島民一般に申渡置候処, 様っていう字, 様川島郷七族のため, 様工場へ電話, 様の方, 様左京の三人, 様左様な御, 様巧妙なる細工, 様差出がましき次第ながら, 様差出し申すべくまた, 様差出人は北村悦三, 様へお, 様希有でご, 様帝劇へ行, 様を興, 様つて, 様帰られては面倒, 様帰りがけに取違え, 様平手様ご都合, 様平様殿付け等の区別, 様はとりました, 様年の功という眼鏡, 様年末も年始, 様幾何学に思い及ぶであろう, 様幾度死のうかと, 様庄屋様斬りすて御免, 様庄次郎様はやはり, 様床の間に向っ, 様には電燈, 様いては, 様延子様にも御苦労相, 様弁信法師が参りました, 様弁財天布袋稲荷様等八百万の神, 様引きたたせ様と, 様引窓の紐, 様の身の上, 様弟様にたてまつり, 様弥左衛門としるし, 様張扇でお, 様当局との, 様彦左衛門のご, 様彩牋堂主人と知られた, 様をのびのび長々, 様彼処を安い, 様彼奴等は君, 様待って, 様得意の逃支度冗談, 様御不予によってという, 様御中屋敷に送っ, 様御事伊沢家へ御, 様御事禁庭様御首尾大, 様御免下ださ, 様御内御同姓備前守様御身寄, 様御初方々様方東京為御, 様御召藺金剛大和国長吏指上御扶持代物, 様御在寺なれ, 様御家は御, 様御家中の方, 様御家内皆々様には御, 様御宿と書きしたためた, 様御寝なれだ, 様御寝衣まで後で, 様御機嫌ようと乗, 様御歌会には旧, 様御沙汰有之候, 様御用聞に来る, 様御舟にて船島, 様御舟ニテ向島ニ可被遣, 様御苦労に存じます, 様御苦労様でご, 様御許へ, 様御身寄にご, 様徳川家のお, 様徳川家達公がいた, 様心底により, 様心理学的な空間表象, 様心配はありません, 様必ず神様への, 様忘れましたと大層, 様のうご, 様忠告したから, 様忽ちに動きが, 様うした, 様怒ってはいや, 様思いだしたように, 様思し召は, 様思ひめぐらし, 様思返して, 様急ぎましょうぞ, 様怪体なこと, 様恋しい日本左衛門さま恋恋恋恋恋恋恋, 様恋しき恋しき純様はやくはやく, 様恋しく逢い度, 様恐れ入りまする何, 様恥ずかしいが因, 様恨みがましい, 様恨みある妾の, 様恨む珠運旅路に, 様がつまります, 様恵比須様の御, 様悲しいお顔, 様情ない事に, 様想像出来るよう, 様意義分化の順序, 様愚老を側近くお呼び, 様愚考も述べたく, 様愛吉があんな, 様愛蔵の掛け物, 様感心して, 様慶応義塾病院に電話, 様からです, 様憂鬱になった, 様憶えていらし, 様程私, 様は兄貴, 様我々と同級, 様我が家にとっての福の神, 様我身が嫁入り, 様或いは甚内様と, 様戦場お持出し, 様戴くが嬉, 様戸外に駆け出し, 様戸表に待, 様所在の御地, 様のつけられぬ, 様手付きの者, 様扱いを受け, 様批評を思い浮べる, 様及候, 様承り候得共さるにても, 様承知したという, 様承知さっしゃりましねえだ, 様技術だとばかりも, 様も如何よう, 様入って, 様折ふし見え候半と推察, 様折り紙つきという一条, 様押しつけがましいことです, 様押しつけ様と仕始めた, 様担いで柳町, 様拙者万吉を召し連れまし, 様拙者共ヘ委任, 様拝みますもので, 様拝むとて, 様拝んで赤痢神, 様拝察致候得共常識より判断, 様たっせえて, 様持ってるぜ手, 様按摩佐の市, 様挙動エすれば, 様捜索隊長の高大, 様掃除にかかりたう, 様掛けさッさろ, 様鮓ばかり, 様支度にかかりまする, 様支配与力とかの衆, 様政江は身震い, 様政治上の自由主義, 様政治以来の久しい, 様政治的範疇とは考えられない, 様まだ品格, 様教育の, 様数限りなく沢山, 様の大将, 様文学の創作方法, 様文学的範疇だと, 様文芸に対する文学的, 様斬りすて御免の, 様断末魔そのものの如き, 様う, 様新しい生活を, 様新聞に出, 様新造様までも皆, 様新造盛りの事, 様方々様東京御引越, 様方どこへ泊る, 様方マリユス・ポンメルシー様へ, 様方一連を云, 様方刑事かね, 様方大勢お弟子, 様方小島という人, 様方小島様まいる, 様方東京為御引越午後, 様方様の下宿料, 様方風気同上足下之吉祥善事莫過, 様於辰もこれ, 様日本の異名, 様日本主義へ行かなけれ, 様日本左衛門を討つ, 様日本左衛門様恋しい日本左衛門さま, 様日珠様も御存じ, 様日頃より慈悲, 様旦那様トクリ返シマスト, 様旧来のお, 様がらし, 様早速人を, 様昇ろうかと考えた, 様に知れ, 様明石の尼様, 様にも逢わず, 様春の風の如く, 様卯上刻御, 様昨夕聢と考え, 様昨夜方そこの岩, 様昨晩大曲りで御, 様是処でも荒井様, 様是非お帰り, 様見た時, 様昼上りにせっせ, 様時事解説の政治的本質, 様時代人間が人間, 様時分に繁昌, 様景気や, 様を取っ, 様暗いところが, 様暗うございますよ, 様暫くお待ち下さいまし, 様暴れてやらう, 様曝しがございます, 様更に一九三〇年を, 様曾祖父様や祖父様, 様月夜の遠見, 様有つて見惚, 様有りもしねえ, 様有り難う存じました孝助, 様を脱がいん, 様服部小山市川あたり日日聚話可有, 様服部氏市川先生凡私を存候人々, 様望みが大き, 様朝田は何時, 様朝起感心仕候, 様朝長様その他のご, 様を揃, 様本人でしたよ, 様本田様なんどの大将達, 様本統に無かっ, 様本題に入った, 様朱塗の剥げた, 様杉苗だって大きく, 様のもと, 様村松金之助生まれて, 様村様と楽, 様村田様みなお待ちかねでございましたが, 様来って触るる, 様来やしたぜいよいよ, 様来年またお, 様は水薬, 様東京御引越, 様東浦賀の新井町, 様東海道を江戸, 様東西南北がわかる, 様松島様などの言, 様松平様に久松様, 様林様いかがでございますか, 様林様その他重臣方の御, 様果たし合いにお, 様柴田様勘解由様と, 様桂月様今お一人, 様の価, 様をつけ, 様の石段, 様森三左衛門どのの御, 様検死の手続き, 様楽しく過して, 様のお, 様で横っ腹, 様をあたうる, 様権現様信玄公謙信公と同格, 様権門に媚びず, 様横山の城, 様横田様御上京, 様をありがとう, 様よし, 様正客にし, 様正月に祭る, 様此の間はお, 様此君様などともいい, 様此地方ではハア, 様此長い間, 様此間お寺へ墓参り, 様此間柳原を通る, 様此際何とし, 様歩くところを, 様歳費をあて, 様歴史科学が客観的精神, 様死人とは知らぬ, 様死体に重り, 様殊に御名奉行と, 様段梯子を四段, 様殺害に関係, 様殿付け等の区別, 様殿方禁断の庭, 様殿様爺様婆様おびんずる様並み, 様あ様, 様母妹等は筥崎, 様母娘の悲しい, 様母様ッてお, 様民族主義になる, 様気づく処は, 様気取りですまし, 様気張ってくれ, 様気晴らしに面白い, 様水分の御, 様水屋でございますよ, 様水戸の老公, 様水木様本田様なんどの大将達, 様水臭いご心配, 様水門から出, 様の旅立ち, 様永護様という変態, 様永護霊神様といい, 様なくて, 様汚い形を, 様汚れた男に, 様汽車の窓, 様沢山でもござりませぬ, 様治りたり, 様治助の利腕, 様泊るならこっちへ, 様波羅伊曾の空, 様泣いた事は, 様泣くのであつ, 様注射をなさる, 様泰松寺にまた, 様津軽様御家は御, 様活如来の扱, 様浅木様のお, 様浅草午前中さらった丈, 様より帰る, 様浪江殿が可哀相, 様浴場へかけつけました, 様海軍の官房, 様淡海公弘法大師様の作られた, 様深い慈愛を, 様深堀宿老さんのご, 様深川八幡神田明神の三つ, 様混乱だと, 様清浄なる火, 様済まないが是, 様済まねえがお前, 様済みません私, 様済みましねえが仕事, 様済みませんがわたし, 様済みませんでございました失礼, 様渋谷へ家, 様渡してくだされ, 様湊屋へ泊んなさろう, 様湯治にご, 様滅多に怪我, 様滝之助は恍惚, 様漆桶の考え, 様と安心, 様漸くこれを, 様潮来の竹屋, 様濡れはせぬ, 様が見えます, 様火蓋を切った, 様御遺物金二百疋被成下候趣, 様を山の神, 様ケレバ必ズ曝サネバナラヌト云フコトモ無, 様無き顔を, 様無断で書斎, 様焼き方によって, 様照常様までシャキッ, 様照彦様は扁桃腺, 様煮かけては置いた, 様起が利きます, 様がおります, 様爰許御巡見有, 様父様家に居る, 様父親同行で郷里, 様片づく筈だった, 様片手で櫓, 様物臭太郎あたりでお待ち, 様物見高い見物人が, 様特別のお, 様も歩け, 様狂犬が飛び込みました, 様狐踊踊るづア, 様見たいな, 様に異ら, 様独断の順序, 様独楽にまつわる淀屋, 様独流の我儘, 様狷介なんかも兄貴, 様猛悪な心, 様猛然と出発を, 様も随分, 様玉屋神父様以下多くの尊い, 様現下の必要, 様現在国務をお, 様瓢箪池だって, 様瓦解の時分, 様甚だ優長には, 様不動の, 様生写で在, 様生前の慈悲, 様生命現象なの, 様田丸様加多さんはじめをお, 様申しあげてもよろしゅう, 様申しましょう婆あ, 様申しわけございません, 様申し上げますが私毎日々, 様申し越され候間早速, 様申す迄もなく, 様申上候哉と御, 様申出候, 様の者, 様町内のもの, 様画胡盧的の文人, 様疑うから事, 様疑られる惧れ, 様疲れはしねえ, 様病院いや帰る帰る, 様痛いよ, 様痛くはない, 様痩馬と牝豚, 様の手, 様発心のしどころ, 様というお, 様白い顔が, 様白山へ参ります, 様白萩様のお, 様百王治天の安危, 様がみな, 様皆吉などともその, 様皆様お揃ひで, 様御安泰, 様目がけてお, 様目印をつけ, 様目黒堀ノ内渋谷大久保この目黒辺, 様往って, 様直ぐに縊殺, 様相思の男, 様相成り候ゆえ西洋諸州いずれも, 様相成り候わば英国, 様相手かわれど, 様も綿頭巾, 様県立千葉病院に入院, 様眠りながらお, 様眺めのよい, 様矢代様の奥様, 様知ってるだね, 様知らずに, 様知らせてくれる, 様知らぬ山道を, 様知れねえについてで, 様短刀にて咽喉部, 様石井みち子あてに手紙, 様石段の前, 様石田様さえ襲われた, 様を拝借, 様とお, 様示現の術, 様社会に役に立つ, 様社会一般にまで永遠化すか, 様社会科学そのものの立場, 様社会観や政治思想, 様社会階級として記載, 様祈って結局運命, 様祈り居り候, 様祖師様のお, 様祖父殿は家, 様神山様の奥様, 様神灯しを, 様禁裏様にお, 様私ゃ飛んでも, 様私ア斬られました, 様私共はあなた様, 様私文句は知らない, 様私達とご, 様の黄昏, 様秋川殺人事件もどうやら, 様科学の方法論的, 様秘かに御, 様秘帖は万吉, 様忙しくは, 様程には秀麿の, 様穀物の神様, 様穿れ此処, 様穿換えの古, 様突き止め得られるとは限らない, 様突如つったちあがった, 様の中, 様立つて取らつ, 様立場が理論, 様竜神様又産土神様, 様を割つた, 様笑いながら仰云った, 様笛吹川の土手, 様もなかっ, 様等八百万の神, 様に乗っ, 様箱根へいらっしゃる, 様箱館討手被為, 様の上げ下ろし, 様範疇体系に考え及ぶ, 様米友七兵衛それぞれに贔屓, 様精様京の光子様, 様をかけた, 様紀州様という封建時代, 様約束されると, 様紋着なんか着, 様紙芝居とやらで, 様の御, 様で括った, 様はこの, 様結びついている, 様結び付くことが, 様結合して, 様統制だという, 様をかき, 様網旦那んとこ, 様綺麗だわ, 様縛って下さい, 様縛り鹿の, 様繁昌で紫, 様繊肉質は血, 様美様平様殿付け等の区別, 様義理も人情, 様羽柴様とその, 様老師様お願いでご, 様而髪五分以示勇猛状時或酔後夜行, 様耽つて舌, 様聖天様不動様妙見様日珠様も御存じ, 様聖徳太子様の硬, 様聚楽へ御成, 様て下され, 様聞くことを, 様聞こえますか, 様聴いて下さい, 様育たないのでございます, 様育ちのお, 様育てて先生, 様胆入りでそういう, 様の思い, 様腕ずくならこの, 様腹アすかっしゃったろうと, 様自らお調べ, 様自ら返辞した大, 様自動車は正面衝突, 様自然科学的物質即ち前, 様自由主義という哲学的理論, 様自身これへ迎え, 様自身わたしにはっきりそう, 様自身取締りのこと, 様自身毒をお, 様自身番へ参りまし, 様自身馬を先, 様臭いのは, 様致したいとの望み, 様致す仕掛に, 様致せばおとなしく, 様を止め, 様もない, 様艦隊を出動, 様の根, 様花田先生この御, 様芸妓に逢う, 様芸術的真理に迄媒介, 様松屋が, 様若いお娘, 様若し悪かったらどうし様などと, 様若衆様とお, 様苦い顔で, 様苦虫の親仁, 様にもう, 様ぶ台, 様草鞋様と蔭, 様之助様, 様蒔いて下さい, 様蒸気船二艘まいり石火矢打ち掛け, 様蓆戸の圧, 様近き要, 様へ参りましょう, 様蕎麦湯も, 様藤岡さんがお, 様藤枝蔵人様が三河屋, 様藤田様水木様本田様なんどの大将達, 様藤田様田丸様加多さんはじめをお, 様藩正義党の方達, 様の口, 様蜜柑をとの御意, 様蝋燭火の傍, 様を伴, 様行おうとすれ, 様行つて参ります, 様行動の党派性, 様行届きまへん処, 様街頭においてそのまま, 様で赤ちゃん, 様をし, 様製氷作業に着手, 様西の御殿, 様西岸の中部, 様西行の歌, 様西郷伊三郎と御, 様西野郷の馬大尽様, 様見えしかば余, 様見つかりませんか, 様見られた図で, 様見守りの役, 様見立てを動的, 様覚えておい, 様覚える方も, 様親切に世話, 様言論界のジャーナリズム, 様計りでは此, 様討とうの物音, 様記憶する, 様設立のデデイル会, 様許して下され, 様詣るだと言うだ, 様話す積りだ, 様語られしがさり, 様掛けたこの, 様読みたまふ, 様読者は哲学, 様誰それがき, 様誰彼とおっしゃる, 様誰方モ参リ被下度, 様論理的虚偽ではない, 様謝罪をし, 様謹しんでお, 様謹んで記録に, 様讃岐守様山城守様などと共に天一坊, 様谷中の長安寺, 様豊志賀さんが来, 様貧しい家でございます, 様貧乏人と山木様, 様責任と良心, 様貴方がたはたぶん, 様貴方確かりしねえでは, 様貴族や華族, 様贅沢禁制のお触れ, 様赤い鳥居の, 様赤痢が出た, 様越後屋の御, 様足許がお, 様足許近くに置い, 様踊り回ることが, 様踏んだればとてこんな, 様身の上につき御, 様を頂戴, 様軍艦乗り下り右碇泊いたし候アメリカ船, 様になっ, 様輸出の増大, 様農工商の上, 様入らせら, 様迄は譲歩せず, 様近くの華族, 様近親の者, 様返事をおしなさい, 様も御膳立て, 様退いたッ, 様送信機の方, 様逃げは致しませぬ, 様這い出してみた, 様這っておく, 様這入った奴は, 様通してもらえる, 様通りの辺り, 様逝去き今, 様造作はありません, 様逢阪のあんころ餅, 様にゃこういう, 様連中も最早, 様遁げ込んでなんか, 様かつた, 様遊ばしたがそん, 様遊興のお座敷, 様はここ, 様道中でお母様, 様道者衆で充満, 様道鬼山本勘助様ああいう, 様道鬼様道鬼山本勘助様ああいう, 様達ハ東京ニ置イトカレルト骨ニナッテカラモ始終アッチコッチヘ逃ゲ回ラナケレバナラナイ, 様達一里駆ッこ, 様達二人で仲直り, 様達在世の御, 様達大勢が面白, 様違ってるわねえ, 様違つてるわねえ, 様遣ってお, 様那児有不一様的様子, 様邪推深いだらう, 様郊外の野原, 様部屋とお, 様酒井様などへお, 様酒井様亀井様近くの華族, 様酔ッたが, 様酷くお腹が, 様す事, 様重々御願ひに, 様重役共より申, 様野々村三十郎様おふた方, 様野原の小母さん, 様野本さんから御, 様金銭名誉なんどは勿論, 様釣り上ったがなあ, 様鈴屋を呼ん, 様鉄路のほとり, 様銀五郎が一生, 様鋼青のことば, 様につつまれた, 様鍋島様に堀田様, 様鎮護料としてよろしい, 様右衛門様伊右衛門様の, 様長州風呂の中, 様めいて, 様開眼が済ん, 様御下向, 様閣下より一言, 様阿波のお, 様附きのお, 様降服の意志表示, 様陳べて鴫沢, 様も暮れます, 様階下へ降りましょう, 様随喜の涙, 様隣村に法事, 様が, 様雑談事じゃ御座いません, 様雲めがかくす, 様霊廟を戴く, 様霊魂不滅と申す, 様青い光が, 様青白き大佐だった, 様青砥様と仰っし, 様静かに抱き起しました, 様非常に元気, 様面倒だから, 様面目ない, 様順庵様までも御, 様へ疵, 様頼まれもせぬ, 様頼み入り候間私申し候, 様頼んます鎮守の, 様頼母様と可憐, 様風情で物, 様飛んだ長物語を, 様飯田様が御, 様餌さし三十四人え申渡, 様餠つきのお, 様馬鈴薯を取入れなく, 様の構内, 様駒井の殿様, 様駒鳥は可哀そう, 様騒ぎがもち, 様騙り者と召捕られ, 様驚いちゃいけません, 様驚きましたな, 様高い金出し, 様高木様などの後方, 様髪の毛でも引, 様が, 様魔術の如く, 様鳥居を上げ, 様鴇母様新造様までも皆, 様鶏血草などと申す, 様黙れと言う, 様鼠木綿の無地