青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「払い~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~打ち 打ち~ ~打っ 打っ~ ~打った 打った~ ~打つ 打つ~ ~払 払~
払い~
~払っ 払っ~ 扱~ 扱い~ ~批判 批判~ ~批評 批評~ 承~ ~承知

「払い~」 1043, 10ppm, 10977位

▼ 払いながら~ (131, 12.6%)

3 云った, 答えた, 訊いた 2 いった, これも, 立って

1 [116件] あとから, うず堆く, かまきりの, きびしい調子, こう尋ねる, このよう, これまた, さっそうとし, さてこれからどう, そこの, その長屋, その間の, それでも指, それと, それによって, たとえどの, どうにかこうにか, どっと焔, のっそり立ち上った, ひどく落ち着かぬ, ほんの一部, またあの, やってきて, わたしは, カッと, テーブルに, 上の空で, 争闘の, 二階の, 促しました, 停車場まで, 八千四百万の, 冴え渡る十三日, 半七, 半分は, 又言った, 及び腰に, 向うの, 呟いた, 堀部君は, 大丈夫やれる, 大胆にも, 太い声, 太刀を, 女に, 実験せられ, 寝具と, 小さく見物, 小さな咳払い, 小六, 山吹の, 床几に, 彫刻師たちも, 彼女は, 彼等が, 悩ましい悲鳴, 愛想よく, 戸塚の, 戻って, 拙話, 早くも, 書物の, 朝餉を, 本当に釣れる, 桂子は, 案内した, 権あにいに, 権右衛門は, 歌った, 歩みます私, 決然として, 沢庵は, 潮の, 無心に, 玄関に, 目の, 盲目的に, 眼を, 私の, 私達の, 立ち上がって, 立ち上りました, 立上った, 立上り出口から, 笑った, 答えたの, 築山を, 終夜馳け, 老人は, 耐え忍んで, 苦い顔, 苦笑いを, 苦闘と, 草から, 薄暗い階段, 行くほども, 表紙の, 親身の, 言った, 貝十郎は, 起き上った, 起ちあがると, 起立った, 跡へ, 軒下に, 退屈男は, 逼らぬ, 部屋の, 采女と, 鉛筆を, 門を, 雪の, 静かに, 顫える, 黙って, 鼻の

▼ 払い~ (120, 11.5%)

18 して 4 したと 3 した, すると, 済まして 2 かけた, したの, したよう, すまして, するという, 取りに, 逃げまわって

1 [75件] いたしました, お願えすれ, かけて, ききに, くれ力任せ, させる気, したこと, したつもり, したという, したところ, したらしい, したらそれこれ, したり, した気持, しないで, しないので, しながら, しなければ, しませんと, しようて, すましたり, すますまで, すませて, すませるよう, する, するため, するの, するのに, するもの, するよう, する気, すれば, そこでゆっくり, ためあるいは, とりに, どうしたら, ふれ出して, まだいただい, やったッ, やり給え, よろこんだよう, キチンキチン, キリ, 働く奴, 兼て, 助けて, 喜んだの, 始めて, 始末する, 幾分か, 延ばして, 延期すれ, 引うける, 当てに, 快諾した, 殆ん, 気に, 済したら好, 済した後, 済ましたよう, 済ましまして, 済ませて, 済ませても, 準備し出した, 百金戴き, 立て人民, 胸算用し, 致す者, 触れ出した, 踏み倒すか, 追い廻したり, 遣り升, 開始し, 附けなければ, 飲んで

▼ 払い~ (92, 8.8%)

3 して 2 なって, なるの, なれば, 困って, 行ったり, 行って

1 [77件] いった, かかるを, こちらへ, したり, し良人, せよと, そして私, つけ直した酒, なったじゃ, なったって, なったでは, なったの, なったもの, なった後, なった方, なった様子, ならず私, ならないと, ならなくては, なりさえ, なるに, なるよう, なるん, なる事ゆえ, なる目算, ひと泡吹かし, やっても, ゆく, パチン, 三日の, 上がりますからって, 不自由した, 二三合程, 仕方が, 使い学生専門, 使い都合, 使う特別, 使ったの, 使って, 備えて, 兄主水之, 出たの, 出ます事, 出盛る人数, 参ったの, 参るの, 困らねば, 困るよう, 大変いい, 幾日でも, 当てるため, 当て貯金, 快適で, 我輩の, 払いのけると, 払い捨てた, 日本の, 来たもの, 来た竹, 消えて, 焼酎を, 相手を, 突っ放された, 窮し早川老人からの, 精一杯で, 至るまで, 蒙る仮面, 薙ぎつける, 薙ぎ返した, 行きそこで, 行ったの, 行長の, 追われだした, 追われて, 遊ばすよう, 顔を, 風にでも

▼ 払い~ (71, 6.8%)

2 お呪い, つもりで, 俥に

1 [65件] いい思いやり, お祈りを, お見事, きたね, こして, ことが, ことも, ために, できぬゆえ荷物, なおしを, やうに, ように, わるいよう, 一番がけを, 事, 事も, 俄か, 勘定日で, 単なるウワゴト, 危険地帯であった, 名人チビの, 名刀, 呪文, 呪文の, 報酬を, 場合にも, 声だ, 売出しだの, 外に, 夜であった, 小切手という, 少し以前, 強談を, 恰好は, 悪い奴, 払子上衣も, 支度を, 方は, 方へも, 方も, 日の, 時もし, 時刻を, 月賦で, 期限を, 殺剣, 清涼剤を, 滞りなども, 火元に, 用意に, 督促や, 禊という, 算用を, 終るあいだ, 継立てが, 継立てそして, 継立てに, 背打ちの, 行事を, 親分が, 言葉と, 足しに, 金を, 金六十両を, 駕籠訴訟に

▼ 払い~ (48, 4.6%)

5 出来そう 2 すむと, たまって

1 [39件] あったので, あると, あるわけ, いくらいくら, いくらいくら酒屋, おくれると, ここを, ざっと十二三両, したかったの, すみませんでした, たかりしある日, できるわけ, どんな与太, はいって, わるい, モミ手でも, 不足する, 二人い, 出来たと, 出来なかった, 出来ますか, 出来ますかな, 出来るかな, 出来るやも, 利いて, 多くなる, 天から, 届いて, 嵩みすぎて, 心細いの, 悪いから, 極めてよろしい, 溜って, 滞り滞りして, 終ったとき, 聞えた, 足りなくなるかも, 通りかかる, 遅れるだけ

▼ 払い~ (30, 2.9%)

2 いつでも, おめ, しない

1 [24件] いつかは, いつも庸三, けちだった, させられて, それだけでも, それによって, できねえや, どこへ, ゆうべまだ, ボーナスが, ボーナスで, 僕が, 出来ようかと, 出来るが, 女中へ, 当然の, 後でいい, 手前ども兄弟に, 払ったが, 月二円二十銭で, 済んで, 現米一升, 胴巻の, 虚に

▼ 払い~ (30, 2.9%)

2 そこそこに, たまった

1 [26件] あえずに, あえず磔柱, あえぬ後れ毛, きちんきちんと現金, しなかったの, するん, せず, せずに, せず千段巻, せず脅すという, できぬほど, できませぬわたくし方, ないせい, まだ滞っ, 二月ばかり, 今すませた, 今は, 尽きたので, 心細い, 掛けも, 満足に, 溜り借りも, 滞って, 眼八が, 自分が, 馬券に

▼ 払い~ (27, 2.6%)

2 その内

1 [25件] いた者, うつくしき人, くるりと, くれた, くれましたろう, しまっちゃ, 下車の, 品性高き, 尽きたり, 居らす, 山東の, 悪き味, 慎ましげ, 手もとに, 揃えて, 揃へて, 樹木の, 次の間の, 残り二千百五十円行方不明石磴石燈籠手水鉢等は, 水仙たちまち, 煙管を, 縁台に, 通るぜ, 雨ようやく, 馬士にも

▼ 払い~ (14, 1.3%)

1 [14件] ここまで, ちゃんと払わなけれ, ならここ, みるみる消えた, スッテンコロリン, 医者へ, 取って, 子供の, 廿円を, 手金など, 買い取ろうと, 買入れた女乗, 軽く済みました, 野口を

▼ 払いつつ~ (13, 1.2%)

2 行く

1 [11件] ただ懸命, 先に, 又起き上った, 左膳は, 弛んだ帯, 或る, 時季を, 水の, 泣き笑いの, 渋面つくり, 謙虚に

▼ 払い~ (13, 1.2%)

1 [13件] いうが, いって, おして来た, きまった尾張大納言, きまってるん, すべし, なるなどは, 名づけて, 正確な打ち返し, 煙草を, 称して, 茶代とを, 間違えられたん

▼ 払いという~ (8, 0.8%)

1 あたりへ, ことであった, ことに, のから, のは, ような, ように, 意味で

▼ 払いします~ (7, 0.7%)

21 から, からそい, からね, から当, よお

▼ 払い~ (7, 0.7%)

1 あちこちの, なにかで, なにかに, 何か, 小泥棒, 村の, 病院の

▼ 払いでも~ (6, 0.6%)

2 して, するよう 1 ええ, した顔

▼ 払いその~ (5, 0.5%)

1 一つ一つに, 冷か, 文筆活動を通して, 結果三度の, 面白くない

▼ 払い~ (5, 0.5%)

1 から, というつまり, とか葬式, と見え, ね

▼ 払いには~ (5, 0.5%)

1 先ず頃合, 又と, 困らぬ, 断じてなり下がる, 焼石に

▼ 払いする~ (4, 0.4%)

1 なんて失礼, ように, 手が, 目当ては

▼ 払いとは~ (4, 0.4%)

1 それに, 今暫く, 暫く待っ, 違って

▼ 払いにも~ (4, 0.4%)

1 さしつかえること, なること, 困るよう, 金が

▼ 払いまた~ (4, 0.4%)

1 一人を, 一歩前進した, 舳に, 訓練を

▼ 払い~ (4, 0.4%)

1 に薙い, に躱し, の山路, の横町

▼ 払い退け~ (4, 0.4%)

1 そうに, て, ながら, やうと

▼ 払いさえ~ (3, 0.3%)

1 すれば, 出来ません, 済ませば

▼ 払い~ (3, 0.3%)

2 んだ 1 代を

▼ 払いながらも~ (3, 0.3%)

1 いわゆる部落民, だんだん犬, 漱石氏から

▼ 払いなど~ (3, 0.3%)

1 して, しながらも, 勘定し

▼ 払い払い~ (3, 0.3%)

1 する手, をため, 深い若葉

▼ 払い~ (3, 0.3%)

1 が少ない, が手練, でしたから

▼ 払い落し~ (3, 0.3%)

1 せっかくこちら, にかかる, はしない

▼ 払い~ (3, 0.3%)

1 と大, などを取り, など取り

▼ 払いうち~ (2, 0.2%)

1 下し振りまわし如何, 払い背後

▼ 払いこの~ (2, 0.2%)

1 店を, 日の

▼ 払いざま~ (2, 0.2%)

1 におそった, に数馬

▼ 払いしとうございます~ (2, 0.2%)

2 から

▼ 払いたり~ (2, 0.2%)

1 して, 荷づなを

▼ 払いだけでも~ (2, 0.2%)

1 七十円ばかり, 二千両は

▼ 払いなどを~ (2, 0.2%)

1 考え出すと, 食ったが

▼ 払いなら~ (2, 0.2%)

1 こちらは, 楽だろう

▼ 払い~ (2, 0.2%)

1 こだ, こっていう

▼ 払いまで~ (2, 0.2%)

1 して, 一度も

▼ 払いよう~ (2, 0.2%)

1 がなかっ, がなくなっ

▼ 払い一つ~ (2, 0.2%)

1 ねえ, ろくに知らない

▼ 払い~ (2, 0.2%)

1 せぬ土, る間

▼ 払い~ (2, 0.2%)

1 の一切, の人

▼ 払い~ (2, 0.2%)

2 を出した

▼ 払い~ (2, 0.2%)

1 か言ッ, も不都合

▼ 払い元金~ (2, 0.2%)

1 も返し, を幾分

▼ 払い~ (2, 0.2%)

1 を受取っ, を地

▼ 払い~ (2, 0.2%)

1 仕候, 笑や

▼ 払い専門~ (2, 0.2%)

1 になっ, の警察医

▼ 払い~ (2, 0.2%)

1 につきあたっ, の汚い

▼ 払い更に~ (2, 0.2%)

1 余分に, 小な

▼ 払い殊に~ (2, 0.2%)

1 女には, 最近三カ月以来は

▼ 払い~ (2, 0.2%)

1 になった, はひど

▼ 払い~ (2, 0.2%)

1 づくろい, の廻り

▼ 払い~ (2, 0.2%)

1 を窓ガラス, を見合わせ

▼1* [311件]

払いあちらへ払いしなけれ, 払いあとは三月後, 払いある木の, 払いあるいは傭役に, 払いあわよくば彼と, 払いいきなり主人の, 払いいそぎ足に下屋敷, 払いいろいろ肉体的精神的の, 払い其にも, 払いおしまいの三ヶ月, 払いかえって小さな個人商店等, 払いかたではないでしょう, 払いかた相済み三千貫は残りもの, 払いかと思ッたら, 払いかの水中の, 払いからの再転で, 払いかるさんの, 払いがいがあるであろう, 払いがたくて惜しい, 払いがたんとある, 払いがとどこうっ, 払いきちんと賃貸借の, 払いぎりぎりにいためつけ, 払いぐらいで済むかも, 払いここまで来れ, 払いこそ泥誘拐を働かせ, 払いこれだけ借り, 払いま静, 払いさえも出来なくなった, 払いさげをやる, 払いさげ堂内の百観音, 払いしたお金は, 払いしたがって地位を, 払いしばし乾雲丸の, 払いしも一八八〇年に, 払いじゃありませんよ, 払いだれが, 払いすぐ汗拭き, 払いすっと立って, 払いすべての専門部, 払いする分と相殺勘定に, 払いそうして直ぐに, 払いそこへ茶器, 払いそして出発する, 払いその他生活の様子, 払いそれが千五百円, 払いそれからぐいと顎, 払いたちどころに典獄の, 払いたまえと木刀, 払いだけを済しそれ, 払いだの泥棒, 払いちょうど牛若, 払いっぷりがよかっ, 払いついには鋸, 払いつぎにくも, 払いであったがいつも, 払いである二晩泊っ, 払いですから安全, 払いとか江戸構えと, 払いとととっと大, 払いどう工面し, 払いどこへやら姿, 払いどころか事が, 払いどしどし実行すべきである, 払いなどはそのままの, 払いなよ十八文じゃ, 払いなんて危険な, 払いにたいして不満を, 払いにでもして, 払いねがうことに, 払いのっそりと出, 払いのほど伏して, 払いふたをし, 払いふたたび義元の, 払いぶりがさ, 払いほころびを縫い, 払いまたは努力を, 払いまっさ, 払いまっ先に天野が, 払いまんがな, 払いもしくは新しい退屈事, 払いやすい傾向が, 払いやなんかすべてこの, 払いよりもオシャベリに, 払いをと旅包みを, 払いアンナの町, 払いオレの耳, 払いガラスの器物, 払いキリストの墳墓, 払いクロース食器掛紙紙袋等何かしら私たちの気持, 払いゲルマン国の国債, 払いコゼットの手, 払いサッと風の, 払いザックリのぶかく掬い切った, 払いスタンドを布巾, 払いチャブ台をひっくりかえし, 払いチャリンと払った, 払いツイ眼下に小波, 払いトツカワと戸外, 払いドイツ語の詩, 払いペンキの禿げた, 払いホホとその, 払いメリイゴオランドの木馬, 払い一ツ目橋のほう, 払い一分で米, 払い一家相伝の技術, 払い一方味方を, 払い一日も早く, 払い一時にたくさん, 払い一本ずつやっと, 払い一歩一歩に力, 払い一流人と雖, 払い七兵衛が来たら切らぬ, 払い丈助の横腹, 払い三人が町, 払い三枚に下ろし, 払い上士は下士, 払い上段の人, 払い不浄を避, 払い世界に大きな, 払いへ入っ, 払い九十郎は踏み込み踏み込ん, 払い互いに熱涙を, 払い五体の健康, 払い五円二十銭の古, 払い亡父の法事, 払いの足, 払いを石垣, 払い仰せ出されて, 払いをピッタリ, 払い何とかして, 払いに仕えた如く, 払いのごとく, 払い僕はつッ立ちあがり, 払い僕自身をとりもどす, 払いへ府内, 払いの中, 払いでたる秋風, 払いに接吻, 払い初めたらしく眼, 払いがとり入れられた, 払いへのめる, 払い卓抜果敢な方策, 払いへ切れ込んだ, 払い南北に追い廻した, 払い原稿紙に向っ, 払い世間の, 払い双方床を蹴っ, 払い受取をとっ, 払い古い帽子は, 払い台所口からサッサ, 払い右手にて採る, 払い命令を取り出した, 払い品物はちゃんと, 払い営業して, 払い嗜みを保っ, 払い因幡但馬播磨備前の四州, 払い土産の折, 払いを除かん, 払い垣根越しに屋敷, 払い夕べに佳酒, 払いの諸, 払い大きく三歩とん, 払い大同に廻る, 払い大小の抜け, 払い大衆支持の盛況, 払いの星, 払い失脚者の孝行息子, 払い奇麗にする, 払い奉仕につとめなく, 払い奉公人も置き, 払いのもと, 払い子分はまた, 払いも貸し, 払い家人に夏, 払い曹の, 払い期限を, 払い山崎へ向った, 払い巨額の資金, 払いをひっぱっ, 払い年数を調べ, 払い之介, 払い幾分平生と, 払い幾百万の血, 払い広く世人を, 払いを経営, 払いに立つ, 払い当座の路銀, 払いに頼んだ, 払い彼女が優しい, 払い往来に突っ, 払いはひとり, 払い得難き性質, 払い御飯を食べさせ, 払いを清めるよす, 払い応急の器什, 払い悠々奥へ, 払い懊悩し而, 払い懐剣に身, 払いを石泉, 払い手鼻をかん, 払い払い台所口からサッサ, 払い払い娘のもと, 払い払い隣室へ逃げた, 払い掛け声もなく, 払い支持して, 払い方々への少し, 払い早くも笠, 払い時代を清め, 払い時日を費した, 払い時間を定め, 払い暑気大いに減ずる, 払い暫くの間, 払い書物と寝床, 払い楠木とは年来, 払い極度に怒り, 払い横浜までの二十二円五十銭, 払いはすべて, 払いを浄め, 払い次第きっとここ, 払い死後遺産を譲れ, 払い残りがあった, 払い残り五円で花束, 払い気持のよい, 払い気骨の折れる, 払いを使わず, 払いねえ, 払い汚くなりがち, 払い法衣を飾る, 払い泥酔した足どり, 払い活動に支障, 払い浜松城に帰っ, 払いを拭き, 払い深い若葉の, 払い渡してくれれ, 払い濡縁の上, 払い火箸であしらい, 払い炭火を入れれ, 払い無事浜松へ守っ, 払い物凄い抜身を, 払い献身を敢えて, 払い生活を根本的, 払い申しますんでどうか, 払い相手の顔, 払い相棒たちと一, 払い眉間に当て, 払いをぎらぎら, 払い神妙剣の小太刀, 払い神妙剣左右八双に身, 払いを招く, 払いの荷物, 払い窓際へ行っ, 払い簀戸を開け払っ, 払い紋也の顔, 払い納めすたすた坊主, 払い終つてもまだ, 払い給仕に一スー, 払い罪名は何, 払い羽織を着直し, 払い翻然斜めに, 払いを払い, 払いを紙, 払い背後さがりに, 払い自分で傷, 払い自由に行動, 払い自身池田専右衛門の首, 払い興味以外の同情, 払いを手向け, 払いも暇, 払い若し其の小, 払い荷物を託し, 払い落し服装から姿態, 払い落し頭の毛, 払い虚空を斬る, 払いを口, 払い衣紋をなおした, 払いの雪, 払いを払った, 払い証文を受取った, 払い誘拐しぐらい, 払い諄々として説法, 払い神に, 払い貴様には唯, 払い足早に走っ, 払いのけこみへ, 払い車賃も払い, 払い近日中にも洲股城, 払い近辺へ店振舞, 払い退けた中には, 払い遁出でむとするにその術, 払い遠く追い全く, 払い遠山近嶺, 払い重吉は荷物, 払い銀五郎の頬, 払いを受取っ, 払い門口の気勢, 払いを敵, 払い隣室へ逃げた, 払い雑巾をかけ, 払いを遁, 払い難からん, 払い露国の公債, 払いを払い, 払い頭髪のやや, 払いに吼え, 払い飛ばした毒虫は, 払いは水口, 払い馬車を返し, 払いをなおし, 払い鬱憤を発散, 払いというの