青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「構え~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

楽しい~ ~楽しみ 楽しみ~ 楽屋~ ~概念 概念~ 榮~ ~構 構~ ~構え
構え~
~構成 構成~ 構造~ ~槍 槍~ ~様 様~ ~様々 様々~ ~様子

「構え~」 1961, 21ppm, 5426位

▼ 構え~ (823, 42.0%)

53 いた 39 いる 23 いるの 14 いたの, いて, いると 10 住んで 8 いたが, いるが, いるので 6 いたもの 5 いるよう 4 いるところ, いる人, おります, ゐた, 待って 3 いては, いました, います, いるその, いるもの, いるわけ, いるん, いる刀, いる男, 敵を

2 [27件] いたから, いたこと, いたと, いたもん, いたり, いたん, いた一人, いた後, いながら, いようとは, いるうち, いるか, いるから, いること, いるだけ, いるという, いる雨龍太郎, いれば, そこに, みると, 今も, 何か, 八郎太の, 焦らして, 矢を, 自分の, 黒い頭

1 [517件 抜粋] あって, あっぱれ公爵令嬢であった, あつた, あとで, あまたの, あわてまいぞ, いかに罵詈讒謗, いず細君, いたい方, いたし, いたそこ, いたって, いたところ, いたとしても, いたはず, いたわたくしたち, いた三人, いた二, いた二人, いた六尺棒, いた刀, いた匕首, いた夜具蒲団, いた実業上, いた小女, いた小机源八郎, いた弁信, いた手, いた文珠屋佐吉, いた新撰組, いた新聞記者, いた旗下八万騎, いた旗本八万騎, いた時分, いた木剣, いた杖, いた槍, いた母, いた渡辺刑事, いた煙草屋九兵衛, いた田沼刑事, いた男, いた石山本願寺, いた竹童, いた者, いた荒玉梟帥奴, いた証拠, いた貴婦人, いた鉄砲, いた頃, いた頼母, いた饂飩屋小僧, いた高野弥兵衛一派, いた黐棹, いっその, いても, いない, いないだけに, いなさる, いまして, いますと, いま辻斬の, いま飛びかかろう, いやあしねえ, いやがる, いよう, いようとしても, いようとも, いらっしゃるから, いらっしゃるの, いられたの, いられないらしいの, いるかと, いるさま, いるじゃ, いるたぶん, いるでは, いるとは, いるなあ, いるならかえって, いるのに, いるらしい, いるんでが, いるドレッチャー, いるペリカン, いる一城, いる中, いる但馬守, いる侍, いる僕, いる六百五十石取り, いる写真, いる処, いる別所長治, いる前田賢三郎, いる博徒, いる同じ, いる名人右門, いる向う, いる場合, いる女郎買い, いる姿勢, いる子供達, いる幾軒, いる形, いる態度, いる技巧, いる捕手, いる柴田三郎兵衛, いる正勝, いる渋川伊織助, いる石屋, いる筈, いる紋也, いる胆剌, いる脇田一松斎, いる茅野雄, いる調子, いる金主, いる銃手, いる頼母, いろ, えが, おっては, おられました, おられる, おりつねに, おりました, おりましたが, おりましたの, おりまして, おりましてな, おりますと, おりまする某, おります春日重蔵, おり運命, おる, おるが, おる様子, お十夜, お案じ下さるまい, お近づき, お銀様, お静さん, かたわらの, かっとにらみつけた, くわっと相手, こう呼ばわり阻める, こう透かし, ここは, こちらから, こつねんと前, この一間, この廊下, この腸, この鋭い, この首, さしうつむいて, しかも老人子供, しかも躁, しきりに桶, しきりに短, しまったの, じっと川手氏, じっと相手, じりっと, するすると, ずんずん通る, せり詰め, そなえて, そのふたり, その上, その人々, その切っ先, その向っ, その砲台, その縄張内, その討論, その貉, その飢え, それに, そんなこと, ちっとも動かず, ちと勝手, ちびちび酒, ともに住む, どこから, どちらかと, どなりました, なくたって, はおられない, はおられませぬ, ぶんと, ほんとうに, まあ好き, まんまと江戸, みずから智に, みせた, みせる, みた, みたが, みだりに兵, みましたが, みましたけれど, みようかという, みる気, わたしを, ゐたが, ゐた自分, ゐやう, ゐる, ゐる己, ゐる目, イザと, エイッと, エイッとネ, カーテンの, ガチャガチャと, キチンと, ゴーンと, ストンと, ツツと, バタシー公園へと, フレー, ヤトナの, 一人の, 一体どういう, 一切政治の, 一息つい, 一打ちに, 一本一万三千円という, 一間余りの, 丁々発止と, 三人目四人目の, 三成公を, 上を, 下士には, 世を, 丸い無愛嬌, 争うなどは, 二人と, 云い放った, 云わば, 人に対する, 人情自然の, 今にも血腥き, 仕事の, 仕懸けて, 以来約, 仲間の, 伊丹城に, 住むをえずとの規定の, 住わして, 何とかいう, 信長の, 全身の, 円い眼, 冬の, 出づ, 出掛けて, 刀に, 分立した, 別に差, 別段抗議, 別荘を, 前に, 前には, 前進し, 力一杯に, 動きそう, 収めて, 取り上げるな, 口金商を, 台所の, 同じよう, 同伴者たる, 吐いた嘘, 呶鳴った, 喝す, 営業する, 四杯も, 坐って, 堡塁から, 大きく二重, 大きな眼玉, 大先生, 大切まで, 大喝一声, 大奥御用呉服所と, 天地と, 天狗流の, 太刀を, 妾を, 委員会の, 姿勢を, 安全第, 定紋打った, 実家を, 宿泊する, 寄せ手を, 対審訊問を, 対峙した, 小料理なんぞも, 居た, 居たかの, 居たが, 居たこと, 居た一同, 居た若き, 居た身, 居て, 居りました, 居る, 居るだけの, 居る人, 居る余, 居る八千五百石, 居る質, 居る頃, 居る風, 山内の, 崩さないところ, 左様な, 布を, 師弟の, 帳面を, 平山熊谷討取れ, 平民倶楽部と, 当るところ, 当分新, 彫刻を, 彼が, 彼の, 彼を, 彼方此方から, 待ちかけ皆殺し, 待ち伏せいたす京極家, 待の, 御米, 心の, 必要の, 忘れて, 急ぐこと, 怨みと, 惑わず法, 意匠の, 愚図愚図しぶっ, 戦われること, 戦闘準備を, 戸口を, 手を, 打つばかりに, 押し進む, 持つの, 指を, 指臂を, 掛声もろとも, 敬ちゃん御遊びなという, 新に, 新古取交ぜ, 新吉にばかり, 新夫人, 旅川周馬五六寸ほど, 日本領土を, 早々国元, 明智の, 時刻までは, 晴れた空, 有為の, 有福に, 朝は, 木々の, 木戸を, 本拠と, 来たの, 来ました, 杯を, 柴田を, 柵を, 横行闊歩し, 橋に, 欠勤し, 欠席したら, 歌口を, 武具馬具の, 毅然と, 毫も自分, 気分は, 永遠に, 決裁した, 浮世雑談の, 涙が, 深谷夫人と, 滝口の, 滝川の, 炬の, 無駄な, 焦心っ, 煙草の, 煙草取り出せ, 父と, 父を, 犬千代どのを, 犯人逮捕の, 狭い廊下, 狭間から, 猫背の, 献立に, 王者を, 用心し, 田畑に, 甲斐武者の, 町内では, 皆が, 相手に, 眼の, 眼ばかりは, 眼を, 睨み合って, 睨合った, 磐石の, 祭壇に, 秀吉は, 秀次ほどの, 私を, 秦王に, 稍半空を, 突き進んだ, 立ちはだかったの, 立ちはだかる, 立ち騒ぐ, 立った頼母, 立止まった, 精いっぱい呼び止めた, 紋也は, 絶えずこつこつと, 絶間なく, 続いて, 美々しゅうは, 耳と, 能事終れり, 腹の, 自分に, 自分を, 自分自身に, 芯から, 若い女中, 若党ひとりを, 落ちつきはじめた, 蓄蔵し, 蓉子が, 裕福に, 補給薬も, 西に, 要地を, 見せて, 見れば, 見張りの, 親方と, 語り出した, 読んで, 誰を, 誰何した, 諸仏を, 諸大名がた, 諸方へ, 責を, 賊に, 走って, 足を, 路上へ, 踏止まる, 身を, 軒並の, 転がって, 追いかけようとも, 追い流し追い流ししました, 逃げられたの, 逆上せた顔色, 通行人に, 速記の, 遠くは, 遠く離れ, 郷家へ, 釣って, 釣を, 隙を, 隠居所を, 雑貨店主, 雷電を, 青年は, 静まり返り今度, 食いしんぼうな, 首府の, 馬車の, 駆寄ると, 駕籠屋共に, 鷹揚に, 黄河から, 黒死館には

▼ 構え~ (160, 8.2%)

4 中へ, 家が, 屋敷が 3 うちに, 中に, 内へ, 家の 2 なかに, ようだ, 下に, 中には, 家は, 苔の

1 [124件] あったころ, ある筈, いい武家屋敷, うちには, うちらしく, お茶屋へ, かなりな, こちらに, ご大層, さす手, しもたや, とある屋敷, ない構え, なかは, ままさっきから, まま声を, ものでした, ように, りっぱな, ヘッピリ腰で, 一つに, 一つ脇構えに, 一宇の, 一棟を, 一部分に, 上に, 下の, 不思議であった, 中だった, 中での, 中でも, 中の, 估券に, 位に, 住まいの, 住宅が, 住宅は, 内から, 向うに, 垣の, 墻を, 変った親爺, 外であるらしく, 外には, 外へ, 外を, 外大鼠山の, 多いここらあたり, 大きい, 大きいわり, 大きい割, 大きい方, 大きな門, 大屋敷漆喰塗の, 奥近く, 如何に, 妙味ちょっとした, 姿勢を, 姿態美は, 家々, 家から, 家だった, 家であった, 家であり, 家でした, 家では, 家を, 宿屋が, 寂しい町, 小さな家, 崩れたところ, 広大な, 店が, 店を, 廃工場へとは, 建物が, 建物の, 建築を, 建築物の, 所作も, 整わない先, 文法形態の, 料理店の, 方は, 旅籠屋である, 旅館が, 旧さ, 朽ちつくした僕, 朽ち腐れた建物, 格子先に, 様子を, 横の, 母屋が, 油断な, 洒落て, 瀟洒な, 玄関を, 生徒が, 相青眼, 程も, 空屋に, 窓先な, 第宅, 荒井の, 菓子屋で, 裏口から, 裏手に, 身は, 農家が, 道場が, 道場であった, 道場を, 遥か向こう, 邸宅が, 酒場の, 門の, 門内へ, 門前に, 隣家との, 青眼に, 青眼堅固に, 静かな, 面影を, 高い癖

▼ 構え~ (146, 7.4%)

12 して 7 見て 4 した, 持って 3 つけたまま 2 くずして, しながら, つけて, 備えて

1 [108件] あごを, いいつけたので, うち見守って, くずさず容易, くずさず白い, しかけたせつな, したいろいろ, したこの, した吹抜亭, した家, した本式, した農家, し次, し遁身, じっと眺め, じっと睨ん, する, せっせと洗っ, せねば, たしかに構え, ちらと, つくって, つけたが, つけた鶏, つけながらも, つけ澄ます, つけ甚内, つけ相手, とった, とって, とらぬ敵, とられると, とりながら, とり気息, とること, どうしても破る, なおして, はじめから, ひらいたの, まず立てね, みただけでも, もち土塀, もって, やつて, ゆるめた, ゆるめて, 一層益, 一目見る, 中段に, 体から, 作って, 作り出したよう, 作るの, 内から, 出ると, 前方に, 割りつけて, 反対に, 取ったかは, 取ったもの, 取った銃先, 取りながら, 取り違えたと, 可能に, 吟味した, 呼吸を, 嗤って, 堅固に, 変え機, 変化させ, 多少手強く, 失って, 崩して, 彼は, 手前に, 打ちやぶった, 打ち破り清左衛門め, 持し, 持ち直せば, 持出しました, 改めてジロジロ見まわし, 断然斥, 有馬喜兵衛は, 止めた, 正した, 武蔵に, 白い眼, 真似て, 睨んだ, 睨んだが, 知らすため, 砕いて, 破り得るもの, 破るより, 示して, 突き崩す, 窺いました, 立て存分, 立て直さないわけ, 立て直します, 要した, 見せた, 見せるかと, 見ただけ, 見つけたな, 違えて, 釘づけ, 長年守っ

▼ 構え~ (84, 4.3%)

1 [84件] いたの, いる附近, うす陽, おおわれて, おどしつけた博徒姿, これは, さへも, したがっていきなり, じっと動かず, すらあった, すらない, その家, それこそ, それを, まばらに, もって, アウチ風の, ジリジリと, ヤッと, 一切の, 他人に, 先に, 入口の, 全身から, 前には, 動かない, 午すぎの, 取次は, 向って, 商品らしい, 啓吉が, 四方に, 坂の, 売店を, 外交する, 大通寺の, 夫人が, 宙を, 小娘の, 少数の, 広い入り口, 広い植木, 店土蔵と, 庭に, 応対され, 意気揚々と, 扉は, 手狭であった, 掛金を, 数寄を, 敷地も, 旋廻し, 木の根っ子を, 木刀を, 柄の, 柳営御用槍師と, 格子戸を, 棟の, 死んどるもん, 水面を, 泡を, 燈火が, 男たちが, 痴情裏切りの, 白樺や, 真の, 真ん中に, 睨んで, 知れた, 私たちは, 立って, 筧の, 紀久子を, 縁へ, 蔦代の, 話の, 誰へでも, 通し庭が, 通りから, 長い瞑想, 門柱には, 障子の, 非常に, 駒の

▼ 構え~ (82, 4.2%)

9 なって 4 して 3 なる 2 構えて, 隙が

1 [62件] おる柳生, すぎない, するから, そっくりで, そもどういう, つけたまま, できて, ならざるを, なり混雑, なると, なるなど, なるの, はいろうと, ふさわしくない, よらないのでね, 一寸の, 一毛の, 不思議な, 主人の, 久しく立つ, 人の, 似げ, 似て, 何となく緩み, 出たの, 取った時, 取って, 変った, 変ったから, 変って, 大きな違い, 強いて, 徐に弦, 心覚えは, 怯んだ訳, 成って, 手に, 拠って, 振りかぶった戒刀, 於ては, 昼食する, 本気で, 来て, 案内し, 構えしばらく, 正しく屹, 油断な, 直しいつも, 直って, 矢交え, 破れが, 移ったと, 結びつけて, 見受けられた, 読みとると, 身を, 転じて, 金三郎を, 銃を, 隙を, 首級を, 驚かされた

▼ 構え~ (69, 3.5%)

2 小さいが

1 [67件] あけっぱなし, あの刀, ありは, いわゆる八面鉄壁, こぎたないが, さながら二の丸, さほど広く, して, すぐ鉄壁, そのよう, その人間, ただ, てえしたもの, ともかく高利貸, どうした, どう変化, どんな体裁, なかな, なく貧乏御家人, ねえよ, ひと筋な, 一軒も, 三日三晩の, 中くらい, 中段を, 他所と, 何と云おう, 何流にも, 作ったが, 依然として中段, 先ず免許皆伝, 先に, 全く崩れ, 刀法の, 動かば, 十分に, 反対な, 同じ中段, 呉氏の, 噂に, 堂々たる書院造り, 大きな土豪, 少しも, 平家建の, 平青眼, 広そう, 技芸だけ, 押し潰したよう, 暗さ, 止めなかった, 武芸者の, 洋風だ, 浪人者親子三人に, 測ること, 片手青眼の, 町人に, 疾走する, 発明した, 真っ向大上段足を, 禁められ出した, 粋であり, 茶店の, 要らぬこと, 見ぬ世, 赤樫三尺の, 野球の, 鰐足に

▼ 構え~ (68, 3.5%)

3 ある, できて 2 あった, あって, あるから

1 [56件] ありまた, あること, あればこそ, おごそかでも, おのずからそうなっ, それである, それを, それ程とは, たじたじと, だんだん上, ちっとも崩れない, ちょっと右門, ついた, できるまでの, とっくにその, ととのえられて, どうのこうのと, どこやらに, なくては, なければ, ぱっと硝煙, まつたく冗談事, まるで変, みなぎって, ドッシリと, 仄見える, 今どきでなく, 出来て, 出来るその, 出来上って, 堂々と, 変るという, 大きい, 大きいだけ, 大きいと, 大きくて, 宏壮という, 小さくて, 崩れあの, 崩れたならば, 崩れた一刹那, 崩れ両足, 幾軒も, 柞の, 武蔵野の, 灰屋どのの, 無類じゃ, 特に独特, 男の, 直らぬ間, 相当に, 箱崎縞に, 要るもの, 見える, 逆に, 遅かった

▼ 構えながら~ (38, 1.9%)

1 [38件] あごを, あちらに, いいました, お綱, かくも, ここぞとばかり, その男, まるで私, めりやす, クックックッと, ノソノソと, 一方栄三郎, 一本脚で, 一段と声, 主水, 乗ろうと, 二万四千石ここに, 二里ばかり, 云い放った, 冷やかに, 凜, 同じく蝋燭, 喘ぐよう, 塀外へ, 威嚇した, 山毛欅の, 性の, 息を, 持って, 枕屏風を, 気張って, 立て膝, 苦笑する, 葉子を, 薄暮の, 西洋大判罫紙の, 門前雀羅を, 青ざめた微笑

▼ 構え~ (25, 1.3%)

2 せずツツ

1 [23件] しなかった, すてて, つけず颯と, ない小さな, なかなか手広い, なくノコノコ, なく兵, 一戸二戸は, 付けず横, 厳しいという, 厳重だ, 同じこと, 大きい, 大きく広やか, 小ぢんまりし, 屁ったくれ, 平常の, 広いので, 広重の, 悉く破られ, 立派で, 自ずと崩れた, 陥ちて

▼ 構え~ (20, 1.0%)

1 [20件] いい調度類, いっても, ちがう黒い, なし東, なって, なる, なると, 云い不愉快, 云い狙い, 云うの, 全く一致, 口癖を, 明いて, 昔の, 澄み切った気息, 百数十の, 称われる, 組織は, 言われるよう, 雲泥の差が

▼ 構えては~ (16, 0.8%)

3 いるけれど 2 いたが

1 [11件] いた, いたけれども, いないの, いなかった, いられないはず, いられなくなった, いるが, おりましたものの, 全然勝味, 彼の, 忠臣義士を

▼ 構えから~ (14, 0.7%)

2 見て

1 [12件] いうと, いきなり身, この人, しっかりし, して, してに, 兄の, 忘れて, 構えへ, 瞬間背を, 見ても, 起き上ること

▼ 構え込ん~ (12, 0.6%)

5 でいた 3 でいる 1 でさて, で動かん, で朝飯, で苦笑い

▼ 構え~ (10, 0.5%)

3 のだ 2 んです 1 その暗い, のかも, のであった, のであります, のです

▼ 構えである~ (9, 0.5%)

1 かなん, かは知る, から謙信, がしかも, がその, が実は, ということ, にすぎない, のに

▼ 構えでは~ (9, 0.5%)

1 あるけれども, あるまいかしら, お前も, ない, ないか, ないが, なかった, 末始終が, 無く物置

▼ 構え~ (8, 0.4%)

1 が大きな, が広い, そうだ, ということ, と知った, と見て取りました, ね, 下段八双

▼ 構え~ (8, 0.4%)

1 お差し支えなく, が恐ろしく, で黒布, に一点, はわれわれ, は木下流, は舌, を咄嗟

▼ 構えたり~ (7, 0.4%)

2 するの 1 事を, 徒に, 或は屡々, 此者目科を, 腹を

▼ 構えであった~ (7, 0.4%)

1 がそれ, がとにかく, が忍ぶ, が私達, が道具, に過ぎない, ように

▼ 構えという~ (7, 0.4%)

2 のが 1 のに, ものが, ものは, ような, 一手を

▼ 構えても~ (5, 0.3%)

1 いられませんからね, いられる, 滅多に, 町人に, 謀叛心は

▼ 構え~ (5, 0.3%)

2 を見まわっ 1 の林, へ飛び込んだ, を警護

▼ 構えこんだ~ (4, 0.2%)

1 のだ, ペップに, ペツプに, 与八小屋が

▼ 構えその~ (4, 0.2%)

1 中に, 位取りその, 落ち葉の, 足までを

▼ 構えでも~ (4, 0.2%)

2 なかった 1 なく文学, なし全く

▼ 構えには~ (4, 0.2%)

1 うの毛で, なって, まだ何ら不安, 変わりは

▼ 構えにも~ (4, 0.2%)

1 これほど, 似て, 隙が, 鬼気が

▼ 構えこん~ (3, 0.2%)

2 でいる 1 でしまう

▼ 構えたま~ (3, 0.2%)

1 まで動かない, まで動かなかった, まで後

▼ 構え~ (3, 0.2%)

1 よじれた鉄欄, 地形のみ, 様式化に

▼ 構え込んだ~ (3, 0.2%)

1 がすなわち, 態度に, 様子で

▼ 構え~ (2, 0.1%)

1 城の, 長屋門の

▼ 構えかた~ (2, 0.1%)

1 にもあらわれ, にスケール

▼ 構えこの~ (2, 0.1%)

1 時ホッ, 様子を

▼ 構えこれ~ (2, 0.1%)

1 はただ, も最初

▼ 構えした~ (2, 0.1%)

1 が犬, 事である

▼ 構えそして~ (2, 0.1%)

1 一番普通の, 退屈男の

▼ 構えそれ~ (2, 0.1%)

1 が恰も, に依っ

▼ 構えたる~ (2, 0.1%)

1 従者を, 重太郎は

▼ 構えだった~ (2, 0.1%)

1 が大場, のが

▼ 構えつつ~ (2, 0.1%)

1 今し, 全体が

▼ 構えてから~ (2, 0.1%)

1 まだ一月, 既に足かけ四年

▼ 構えてばかりも~ (2, 0.1%)

2 いられない時

▼ 構えであっ~ (2, 0.1%)

1 て構え, て母屋

▼ 構えであり~ (2, 0.1%)

1 その外, 花の

▼ 構えでした~ (2, 0.1%)

1 から右門, がしかし

▼ 構えとして~ (2, 0.1%)

1 独立の, 職工たち自身の

▼ 構えなく~ (2, 0.1%)

1 ッたっ, 乱入に

▼ 構えなども~ (2, 0.1%)

1 あった, そのあたり

▼ 構えによって~ (2, 0.1%)

1 その構え, 奴らの

▼ 構えぶり~ (2, 0.1%)

1 が一層, に抑揚

▼ 構えまで~ (2, 0.1%)

1 一瞬の, 豪奢風流の

▼ 構えより~ (2, 0.1%)

1 奔出し, 敵の

▼ 構え一面~ (2, 0.1%)

2 に格子

▼ 構え~ (2, 0.1%)

1 い取り, でやる

▼ 構え召使い~ (2, 0.1%)

1 などの有様, なども至って

▼ 構え~ (2, 0.1%)

1 商人衆や, 成道の

▼ 構え武蔵~ (2, 0.1%)

1 の片手, へは尻

▼ 構え自分~ (2, 0.1%)

2 でも苦労人

▼ 構え~ (2, 0.1%)

1 の大地, を通して相手

▼1* [239件]

構えあたりの風景, 構えあることであろう, 構えうちにある, 構えうち隅々まで隈, 構え見た事, 構えかなり距離を, 構えかも知れないという, 構えけだかくいまかなたの, 構えここにお, 構えこそ小さくは, 構えさあ来い来たれと, 構えさえお持ちでしたら, 構えさえもせずそれ, 構えさっさと語り出した, 構えて首, 構えしたがって資産も, 構えしばらく様子を, 構えじゃない, 構えじりじりと板の間, 構えすぐに刎, 構えずいぶん外交的手腕も, 構えずして天然, 構えそこから石段, 構えそこで毎晩爽, 構えその道の成功者, 構えそろそろとやらなけれ, 構えた阿星右太, 構えだけがそうで, 構えだけでもしたの, 構えだけの薄っぺらな, 構えだけは破れない, 構えちゃんとした商売, 構えちょうど岩の, 構えっぷりを見, 構えてからは遊んで, 構えてけつかるに, 構えてさえいれば, 構えてでもいたよう, 構えての上の, 構えですからあたり近所, 構えでとはいえ決して, 構えでないことぐらい, 構えとかいうものであり, 構えとって突如, 構えとも想像は, 構えとやらをどのよう, 構えどうやら貿易屋で, 構えどれお見せ, 構えどんな雄弁を, 構えなかなかに侮り, 構えながらももじもじし, 構えなぞ少しは, 構えなどかれの, 構えなどの組太刀の, 構えなどをよく考え, 構えなにしろ花やかに, 構えなるものが, 構えなんてあるはず, 構えについて塀の, 構えにとって意地悪く, 構えになんか来て, 構えに対して源三郎は, 構えに関する詳細は, 構えひと癖ありげ, 構えお秋, 構えほどでも, 構えまする内に, 構えまでがあの時, 構えみずから手兵数十騎を選び伴い, 構えもしくは人が, 構えよりは一筋の, 構えよりもすこしく左手, 構えるるの, 構えらしいものは, 構えわが生家の, 構えわざと厳しく, 構えコラント亭の三階, 構えヨシミノという二人, 構え一ついただけば, 構え一万五千の兵士, 構え一刀に討ち取ろう, 構え一大要塞としておもむろに, 構え一橋中納言においてもその, 構え一瞬にし, 構え七分の心力を一角, 構え七十郎は蜂谷, 構え三度まで嘘, 構え上げた人間の, 構え上品に愉快, 構え下婢と書生, 構え捨一用卍に, 構えには竹槍棍棒, 構え中宮御懐妊, 構え中段に付け, 構え中津人は俗物, 構え主として支那朝鮮内地に, 構え主君がお, 構え事務員の四五人, 構え二つの材料, 構え二三の将校, 構え京大阪の美人, 構え住むように, 構え佐久間盛重と織田玄蕃, 構えによって辻斬, 構え儀仗兵を付し, 構え充分の貫禄, 構え先ずもって, 構え先ず先ず京弥と, 構え共謀であろうと, 構え兵数四千に近い, 構え兵馬の眉間, 構え切っ先越しに部屋, 構え剣術の指南, 構え目的が, 構え動作の位取り, 構え十分になる, 構え刀半手の, 構え取ったと見る, 構え取りを改めて, 構え主孫権, 構え周瑜はその, 構え四方の勇士, 構え土蔵と店, 構え銃立射の, 構え堂々門戸を, 構え塞頭高らかに我楽, 構え夕方になる, 構え大いに驥足を, 構え大名高家も及ばぬ, 構え大息を吐き, 構え大敗し次いで, 構え天下を向う, 構え天保十二年には江戸堀留町, 構え奥歯を噛みしめ, 構え姿勢に揺るぎ, 構え婢妾を蓄え, 構え家具調度に贅, 構え家造りをした, 構え小一郎は備え, 構え小四郎の両足, 構え小宮山は古流, 構え少しは槍, 構え屈折した石段, 構え巡らした土塀, 構え左典の太極剣, 構え左将軍なん, 構え左足を踏み出し, 構え広い庭むしろ, 構え店員を使っ, 構えをやわらかく, 構え弟子の七, 構え弾丸のある, 構えまた幾, 構えから脱却, 構え必死に見えまし, 構え念仏を興行, 構え態勢です, 構え或いは案山子を, 構え戸籍に編入, 構え手拍子打ち扇, 構えを把, 構え放歌高唱し好んで, 構え数寄風流の道, 構え星野作左衛門の娘, 構え春日新九郎は一歩, 構え昼夜護摩を焚き, 構え暖簾から地所, 構え暗い中に, 構え暗中に相手, 構え暗号の飛来, 構え最初から現在, 構えの並木, 構え植え込みの中, 構え椰子の葉, 構え権現様よりもずっと, 構え毎日酒を飲ん, 構えも洩らさぬ, 構え海道筋を稼ぎ, 構え満天の風雪, 構えを環, 構え煙草の荷元, 構え燈影しずかな料理屋, 構え狙いすまして, 構え独立の生活, 構え玄妙極意の境地, 構え玄武三郎は鎗, 構え玄関附そういった武家風, 構え生活して, 構えの五人組衆, 構えを作っ, 構え番頭小僧召使三十有余人を一家, 構え白壁の長屋門, 構え白足袋の裏, 構えの配り, 構え直った天堂一角きっと, 構えの配り, 構え眼前を睨んだ, 構え砂金その他の豊富, 構え破らば破れッ, 構え立ち上がる間の, 構え立てをしなく, 構え紙帳から一間, 構え背中を主水, 構えをし, 構えを折り敷く, 構え膝頭で油紙, 構え自家用の馬, 構え船長は口, 構え茶舗を創め, 構えを敷き, 構えを造った, 構えが水, 構え虚勢を張っ, 構え西口には東横百貨店, 構えを破り, 構え道具や, 構え譜代外様の掩護, 構えのよう, 構え貞盛はそれ, 構えの配り, 構え込みそうだ, 構え近江の宿, 構え遊ばさねば困る, 構え遊ばし玉体を, 構え遊芸三昧に日, 構え遠方此方思わず眺め入りました, 構え部屋を飾る, 構え郷里の財産, 構え金磨きの高札, 構え鉄塁を築き, 構え鉄扇を立てず, 構え母と, 構え階下は五室, 構え電燈の花, 構え頼母と向かい合っ, 構えに屹, 構えによって北アルプス, 構え黒板塀がめぐらし, 構え鼻先めがけて