青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「構~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~楽 楽~ 楽しい~ ~楽しみ 楽しみ~ 楽屋~ ~概念 概念~ 榮~ ~構
構~
~構え 構え~ ~構成 構成~ 構造~ ~槍 槍~ ~様 様~ ~様々

「構~」 2472, 27ppm, 4365位

▼ 構~ (460, 18.6%)

64 ない 31 ないで 28 ないが 25 ないから 15 ないと 14 ないの 13 ないよ, ぬ, ねえが 12 ぬと 11 ないとも 8 ないぢ 7 ないといふ, ないやう, ないん, ねえから 6 ないだらうな 5 ないわ 4 ないわけ, ぬが 3 ないそれ, ないので, なくな, んさ

2 [15件] ないけれど, ないこと, ないとしても, ないもの, ないやつ, ない兎, ない手当り次第, ない方, なかつた, なくなつ, ぬといふ, ぬの, ぬ聲, ねえん, 縁が

1 [124件] さして大きく, せん充分顔, たいへんものすごい, ちゃんとなあ, ないあれ, ないかね, ないけど, ないさ, ないし, ないただ, ないだらうか, ないだらうとも, ないだらうね, ないだらうネ, ないちよ, ないつて気持, ないでも, ないとして, ないとな, ないどかり, ないなら, ないなら取, ないなら持つ, ないなりを, ないに, ないね, ないのさ, ないのよ, ないふう, ないもん, ないやっち, ないより, ないわね, ない一人殘ら, ない上, ない事, ない何かしら, ない出かけよう, ない助け, ない印半纏, ない只, ない唯手, ない外, ない大きく取, ない大切, ない妾, ない実際, ない已む, ない平次, ない性質, ない断る, ない景色, ない木, ない棒, ない気持, ない派手, ない相手ぢ, ない腐れ女, ない自分, ない苦学, ない要は, ない記録, ない逃げ出す, ない釣, なか, なかった, なかつたが, なかつたさ, なかつたの, なかつたん, なからう, なかりしと, なくつて, なくなる事, なくなる程, なければ, なささうぢ, ぬから, ぬた, ぬただ, ぬで, ぬなどといふ, ぬはのう, ぬトントン何, ぬ三日, ぬ何ん, ぬ傍若無人, ぬ出せ, ぬ取亂, ぬ如何にも, ぬ姿, ぬ庚さる, ぬ拗切りやう, ぬ画面, ぬ自由, ぬ許すから, ぬ誰, ぬ譯, ぬ金, ぬ馬券, ねえだ, ねえだらうな, ねえてばよ, ねえで, ねえではやく, ねえとして, ねえとも, ねえの, ねえチヨイ, ねえ外, ねえ縛り上げて, ばこそ, ふとせず, んよ, 件の, 依然としてこの, 南へ, 大い, 想像した, 日本間が, 村の, 無い, 病院であった, 門構だ

▼ 構~ (311, 12.6%)

2216 たやう 9 ました 7 たの, たま 6 です 5 である 4 たが, 家造りを, 込んで 3 して, たので, たもの, た時, でした, ですが, ます, られて 2 こんで, たるもの, た水兵等, なしに, ましたが, んか, 方を, 込むやう

1 [187件] あの白々し, あり, おのれは, かも, がくづれたら家内安全, くづをれて, この役, この陰, これに, こんだが, させられたま, させられてな, させる事, させ月, ざる, し, したり, しつつ, しところ, しながら, しました, しもの, し折, する時, ず互に, その前置き, それに, たか, たこと, たその, ただ一, たとか, たところ, たのも恐く, たまま, たまま息, たらしいこと, たるギヨオテは, たる神仙の, たる風姿と, たれば, たアンドリウ, たポント打ち, た人々, た仕出し屋, た代, た口実, た四文錢, た地方, た大, た天満山, た太い, た奧玄關, た奴等, た定, た寺奴, た小, た後, た御, た恰好, た易者, た桟敷, た様, た潦, た物, た白梅屋敷, た私, た群衆, た腹, た船頭, た芥川, た観客席, た部下, た銃, た阿星右, た隠れ里, た騎馬隊, だ, だつた, だと, だな, だ行乞山頭火, つ, つけること, てるだらう義弟新婚, てるん, てる医者, であります, であるが, でしたが, で立, とるが, ない, なし果, なり, なりしに, なり作効果, なり効果, にさ, ぬる数千, ぬ小さき, ぬ羞恥, のが, はきま, ようと, らしいもの, られしもの, られし静止, られたる一, られたる形, られた旅舎, られるの, られる様, んと, んや, んやろ, タフトの, 一に, 丁度春陽堂, 三味線の, 下なる, 下婢と, 世々五十俵の, 世の, 今は, 修験法印或は, 其れ, 別に仲間, 千状萬態一卷に, 又幼神養育, 召し使ひなどもたくさん, 唯美主義に, 土俵が, 声を, 妹八千代とともに, 学究歌道に, 守つて明軍を, 安穏に, 寸毫の, 対峙する, 小砂利, 屏居し, 屡々猿飴, 岩の, 幾人かの, 広く法界, 店を, 店員を, 弟は, 往来の, 息子への, 成した所, 成すもの, 或は學者, 持つた徳次, 敵を, 方は, 時を, 様々の, 樣, 機会を, 此の, 気を, 為て, 狙ひ, 町人の, 百壽園と, 目を, 相變ら, 稲荷は, 綺麗首を, 義盛以下の, 自由に, 茶烟輕く, 萱の, 複雑なる, 見たいに, 誤字を, 足利氏を, 込んだところ, 遣り過し或は, 配下の, 門の, 頤, 馴, 高木の, 龍馬は

▼ 構へて~ (259, 10.5%)

13 ゐた 8 ゐる, ゐるの 7 ゐたやう 4 ゐたので, 居たが, 居た蘇我臣, 居る, 居るの 3 ゐるところ, ゐるやう, 居たの, 居たやう, 居た樣子 2 やつた, ゐたが, ゐたといふ, ゐたの, ゐた時, 容易に, 居た, 居るらしい, 部下の

1 [170件] ある, あるので, いい氣, お茶よ, かみ入, がらんがらんと, さう, さる心, そこの, そつと, その成業, その燃えたつ, その鳥, それを, ふとを, やるから, ゆつ, ゐたさ, ゐたところ, ゐたらしい様子, ゐたらしく勝手, ゐたアツシユ, ゐた主人, ゐた二人, ゐた學生等, ゐた日本人, ゐた村田, ゐた様, ゐた樣, ゐた無数, ゐた福田氏, ゐた群衆, ゐた者, ゐた若, ゐた茂作, ゐた警部, ゐて, ゐてこそ, ゐても, ゐなければ, ゐなさる, ゐぬ時, ゐました, ゐましたが, ゐます, ゐますと, ゐられるだ, ゐること, ゐると, ゐるといふ, ゐるので, ゐるのに, ゐるよ, ゐるチタニア妃, ゐるパリ, ゐる一室, ゐる仲居頭, ゐる作家, ゐる向, ゐる徒, ゐる村人達, ゐる総長, ゐる間, ズブリと, ソッと, ヂリ, ヌツと, 一跳び, 中りを, 中山を, 之を, 乗つた像, 二度見奉, 二日二夜すごしました, 人々に, 人を, 他を, 以来約, 住んで, 何が, 偉さうに, 僕は, 兩手を, 其上を, 出掛けて, 出没自在の, 前を, 前後左右から, 動かなかったので, 南部家に, 取掛りたくも, 口に, 啼きくさるだろヨ, 嘲み, 回転が, 大名の, 大祝賀會, 妓楼が, 妖術を, 學校に, 小唄か, 居たお, 居たこと, 居たと, 居たところ, 居たらしい兩手, 居た劉邦, 居た塾頭, 居た彼, 居て, 居られず, 居りました, 居るから, 居るが, 居るさ, 居るだけの, 居ると, 居るので, 居るん, 居る卓子, 居る地主, 居れば, 山伏し, 左の, 布を, 席に, 帰るの, 広大なる, 引き返して, 彼は, 彼方此方から, 往来も, 待たせし心, 我を, 所故に, 朋友と, 柿の, 波子の, 洋盃の, 浅田氏と, 火蓋を, 然し顏, 狙ひ, 狹い, 甲高い声, 男ばかりの, 目玉を, 眼を, 矢張小さい, 私は, 空高き, 立ちあがらうとして, 立つて, 竿を, 行くの, 行つた, 見ると, 見るん, 謹慎する, 讒する者, 足法乱さず, 身分ある, 近づくる事勿, 追手を, 通るほどの, 造花の, 長柄の, 門には, 頬被りの, 鼻の

▼ 構~ (156, 6.3%)

34 しません 29 しない 7 しないよ, しないわ 6 アしません 4 しないさ, アしない 3 しないと, しないわよ, しませんか, しませんよ 2 しないじゃ, しないや, しないん, しませんが, しませんわねエ, アしませぬ

1 [41件] あしません, しないあたしみんな, しないあんな, しないが, しないけれど, しないし, しないしかし, しないだろう, しないのよ, しないやという, しないわね, しない一緒, しない事, しない屹度, しない火葬場, しない親, しない親分, しねえ, しねえが, しねえぞ, しませんあんた, しませんから, しませんがと, しませんそんな, しませんて, しませんで, しませんとも, しません大丈夫, しません明日, しません灰洗, しません相手, しません私, しません私一人, しまへんどうせ, へんけれどな, へんな, アしねえ, ア仕ません, 差矢前, 鵜のみに, 黒い塀

▼ 構はず~ (133, 5.4%)

43 にお, に置い 2 にや置かれぬ, にゐました, に置く, に自分, に表現, 入つて, 張り上げるの, 思ふ通り

1 [107件] いきなり自分, うんと喰, お芳, お越, かの女, こんな女, ずん, その次に, その裝, その釘, ですから, と戸, どうぞなんか, にこんな, にし, にしまふ, にずんずん, にぶら, にやらす, にゐ, にゐた, にゐる, にスタスタ沓脱, にポオル叔父さん, にマツチ, に三度, に云, に云つて, に令嬢, に使, に卯女子, に口, に奧さん, に女, に引き離し, に彼等, に後ろ, に急い, に持ちあげる, に掻き出す, に斯, に昔, に武裝, に歩き出した, に毎夜集つて無礼講, に滿更戲談, に燃える, に理想, に知らず, に絡み, に置け, に耕した, に茶番狂言, に衣物, に話し, に進行, に遣る, に長靴, に集ります, に饒舌, はねま, はら, ふざけ通した慶事, やるとよか, グングン問, ボロ服, 仕れ, 何やら冬仕度, 何やら考, 働く事, 出かけて, 出て, 又どなる, 向ふ, 大方臨終, 大跨, 寝たの, 寝て, 帰り給, 引つく, 張り上げました, 張り上げます, 怒鳴るの, 急ぎ造り, 恐ろしく念入り, 戻つて來い, 打捨ておくかと, 押しのけるやう, 振り撒いて, 掘り出しました, 早く逃げ, 時には轍, 欲しくなっ, 為るさ, 置くです, 行きなさるが, 語り續, 讀む者, 貴樣, 赤い手筐, 開けて, 隣りの, 面白さうに笑, 響き渡ります, 駈出したら可, 高い声, 高い読物

▼ 構へを~ (69, 2.8%)

9 した 7 して 4 する

1 [49件] したの, したり, した支那風, しないこと, しながら, しました, するなと, するひとつ, する隙, そのま, たてな, とれば, なくした心, なくして, もつて, われわれが, 作り秘か, 作ること, 保たなければ, 入つたところ一二歩, 名人は, 執り直したが, 変へ, 変へよう, 忘れない平次, 忘れなかつたが, 思はせる, 悠久に, 打ち砕きました, 抱いた, 持たねば, 持つたいかめしい, 持つた下宿屋, 捨てなかつたと, 捨てろ, 改めかつ, 改めてジロ, 改めて真に日本人, 時折見掛ける, 生じ易い, 直すと, 知らず識ら, 破る方法, 示して, 示す結果, 聞かせろと, 見たこと, 見ただけ, 見るが

▼ 構への~ (65, 2.6%)

5 家が, 家に 3 中に 2 一個処に, 一個處に, 家の

1 [46件] あつて, ところ許りだつた, ない人, なかに, ま, やうに, 上からは, 上での, 並々ならぬ, 中を, 人が, 体裁お, 出來ない, 前に, 割には, 医者を, 外には, 大きい, 大きい作家, 大きい浪宅, 大きな建もの, 姿勢を, 家で, 家である, 家や, 家を, 家屋の, 屋敷に, 店が, 張りは, 彼所の, 感じられる強, 方が, 旧式な, 法を, 狂ひから起つた, 直下に, 相違からも, 石段が, 秋色を, 立派な, 見上げるやう, 貧弱さは, 農家風の, 鉄砲に, WCの

▼ 構~ (63, 2.5%)

3 内に 2 家が, 家に, 家へ, 見えるの

1 [52件] ところで, 一番奧東向の, 一癖あるべく, 不思議な, 中です, 中は, 事件である, 先生らしい, 内, 前には, 前を, 可慎, 四十男で, 土工事に際して, 地続, 夕餉の, 大から, 大きい地位, 大きな家, 如くに, 宅に, 宅地を, 家などが, 家にだけは, 家も, 家を, 寺や, 小綺麗な, 屋敷が, 帯を, 悪い嘴, 料理屋なども, 料理店の, 旅館の, 橋が, 癖に, 百姓家は, 秘さず明らさま, 總體が, 者決心の, 親分を, 警戒網を, 貸家が, 跡は, 邸の, 金眼鏡の, 門に, 門へ, 門口へ, 間を, 顔色を, 黒い書箱

▼ 構ひません~ (57, 2.3%)

1863 とも 2 からも少し, が

1 [26件] え少し, お乘, かね, からどうぞ, か親分, がね, がねその, が主人, が無駄骨, が私, けど, けれど, けれど度々, し戸, とも早速, とも行きませう, とも親分, と物靜, と言, どうか御, のどうせ, よ兄さん, よ藤波龍之進, よ親分, わ何, 毎日の

▼ 構へで~ (55, 2.2%)

6 あつた 2 娘共にと

1 [47件] あつて, あの芝居, あらうとも, いきなりグワン, かうたづねた, そのくせ中, その一番, その入口, その暮し, それを, ちやんと, ほかの, やりとりした, フランス語で, 一生を, 二階座敷が, 云ふ, 今時分鮎が, 何んと, 厳かな, 呟きを, 四邊を, 土蔵と, 大戸を, 好さ, 宇佐美家の, 宙を, 実質的に, 小さい大名, 帷に, 庭さきに, 數寄を, 木口や, 死者ぐるひ, 浪人の, 町人の, 界隈を, 留守は, 石畳がずつと, 破風造りの, 而かも, 肩で, 膝を, 誰れ, 軽々と横抱き, 逢つて話し, 頬笑ん

▼ 構~ (52, 2.1%)

10 して 3 した 2 した時, した農夫, 崩して, 残すため

1 [31件] おもふと, したと, したとき, したの, したので, した男, しました, しましたが, するそれ, するだけの, する者, する薙刀, とられると, なして, 入れか, 取った, 固めるの, 好む彼, 少しも, 忘れては, 思ひ浮べるより, 打ちくつろがせるやう, 指差した, 施すには, 有すべき宿命, 直して, 直そうと, 考へて, 見た, 見に, 覚えさせたさ

▼ 構へる~ (44, 1.8%)

4 といふ, やうに 2 と其男

1 [34件] かといふことに, が為, こと, ことに, ところに, とこんな, となる, とにじみ出る, とは不思議, と前, と同時に, と川, と矢張, と矢張平気, と雷鳴, に楯, のであつ, のです, のも, やうな, 三千五百石の, 事の, 例も, 動作などを, 必要が, 性の, 手の, 様に, 様子だつた, 樣子も, 猟師が, 病人が, 術も, 間も

▼ 構~ (34, 1.4%)

1 [34件] あつた, せいろの, せう, せうそれ, ね, ふら, ヒゲを, 一気に此, 両眼, 主人徳右衞門は, 会釈を, 初めて其の, 卓子の, 大分懇に, 庭から, 当時は, 掛け並べて, 椽側に, 極く, 段々を, 水際は, 畑へ, 石の, 私は, 空々しく鳥, 続いて, 脚の, 脚を, 蔚然たる, 転が, 辛くも花やか, 電話が, 顔を, 高い土塀

▼ 構へが~ (32, 1.3%)

4 整うて, 替つて

1 [24件] ありありと, い, つまり勝負本来, つまり寫樂繪, ほんの僅か, 凡てひとつの, 動く, 夕立に, 大黒屋の, 子供の, 彼の, 必要だ, 必要で, 教師にも, 既にでき, 突然変つて, 自分にとって, 要すると, 要る, 見られるの, 解りつこないから, 過去に, 違つてゐる, 錺職田屋三郎兵衞の

▼ 構へは~ (26, 1.1%)

4 禁められ出した

1 [22件] いかにもそれ, いかにもひつそり閑, いつも必ら, さすがに, しもたや, なか, もつて, もと水戸侯の, われわれの, 全くこれ, 噂に, 嚴重の, 地主の, 大町人, 崩れを, 微塵も, 東京の, 横山町の, 煉瓦造りの, 町人に, 色黒く, 菩薩に

▼ 構~ (22, 0.9%)

2 ある, 有名な

1 [18件] あり隣, つかないわよ, つくと, つくまいと, どうも物足りなく, どれ程, 可笑しいやう, 変つてゐた, 崩れて, 幾分か, 拵えられて, 村の, 見える, 見られ巨大, 見当らないの, 評判の, 通りを, 違ふ

▼ 構~ (22, 0.9%)

2 なつて, 心を

1 [18件] なつたり, なりそれ, なる, なるの, 三人は, 乳母の, 似氣, 倒れて, 反するところ, 取って, 差し出した両, 庭も, 比較し, 火鉢を, 見えるだらうが, 見惚れたわ, 驚きまして, 高くセメント

▼ 構~ (21, 0.8%)

4 手が 3 はしない, はない 2 は無い 1 にはならぬ, に親爺, の曲り角, の無, はせぬ, は地面, をいたしません, をし, 手の

▼ 構ふも~ (21, 0.8%)

15 のか 2 のかと, のかといふ 1 ので, のです

▼ 構つて~ (18, 0.7%)

1 [18件] はゐなかつた, はゐられなかつた, は居られない, は居られなかつた, やしない, ゐては, ゐよう, ゐられないところ, ゐられないよ, ゐられない持前, ゐられなかつた, ゐられるもん, ゐる方, 下さるな, 居たから, 居られるもの, 居られる筈, 居ること

▼ 構ふこ~ (18, 0.7%)

5 とはない, とはねえ 2 とは無い 1 とでもなかつた, となく, とはねえと澄まし, とはねえや, とはねエ存分, ツちや無い

▼ 構ひな~ (17, 0.7%)

10 しに 2 しで, しと 1 さらずとも, しです, しよ

▼ 構へと~ (16, 0.6%)

2 いふもの, 方法

1 [12件] いつた風, いふところ, して, すること, 定見を, 居つき地主の, 方法とから, 方法とが, 構へで, 相俟つて, 解せられた, 起てば

▼ 構へに~ (16, 0.6%)

4 於て 2 なつて 1 ある覚悟, して, なつた, なります, なる, なるの, 力が, 叱, 当てつけたワケ, 鳥打に

▼ 構はん~ (15, 0.6%)

3 のぢ 2 によつて 1 から手, がね, それにしても早う, て言ふん, です, ですか, ですけれど, で下さい, で下され, とでも思つて

▼ 構~ (13, 0.5%)

9 事は 1 な, なと一言, 事アねえ, 人ぢや

▼ 構ふもん~ (13, 0.5%)

41 かいたと, かこつち, かといふ訳, かといふ譯, かと呟い, かと彼, かなど, かのたれ死にした, か入らう

▼ 構へも~ (13, 0.5%)

1 [13件] しないと, 亦これ, 他の, 大きく室数, 大名邸ほどの, 木口も, 無に, 略同じ, 目に, 立派板塀に, 自然に, 逞ましく, 野戦軍の

▼ 構ふる~ (12, 0.5%)

1 [12件] ことに, こと字には, にぞ, に足るべき, に適する, の時, をおそる, 全然に, 必要無けれ, 時貴婦人の, 杖の, 者の

▼ 構~ (11, 0.4%)

2 風采も 1 これにて, なき姿, なくまた, なく今, なく仕舞屋風, 店さきが, 庭園も, 極めて円滑, 行灯に

▼ 構~ (10, 0.4%)

2 へん, へんけど, へん構め 1 へんねん, へんわ, へん思う, へん放っといたら

▼ 構~ (9, 0.4%)

6 ねえ 1 ねえで, ねえんで, 事あ

▼ 構~ (8, 0.3%)

2 てくれない 1 ちやくれない, ちや居られ, ちや居られない, ちや居られません, ている, てくれなく

▼ 構~ (7, 0.3%)

1 きびきびした, バラバラに, 云う名, 云つたら, 技術が, 舌の, 設備では

▼ 構ひなく~ (7, 0.3%)

1 お勝手の, さう, 大負, 嬢様に, 此等の, 私は, 飛だ

▼ 構へながら~ (7, 0.3%)

1 まともに, 一本の, 僕の, 志す一本勝負, 無造作に, 程なく寝殿, 言分らしく

▼ 構~ (6, 0.2%)

1 が目潰吃, たるほどこそ, て來, て光沢, て起ち, 給へ

▼ 構へにも~ (6, 0.2%)

4 屋敷の 1 なんとなく心, 親しみが

▼ 構へや~ (6, 0.2%)

1 がつて, その傍, 努力だけ, 工夫の, 格に, 要領に

▼ 構では~ (5, 0.2%)

1 ありません, ない, ないか, 歩けないこと, 無い

▼ 構でも~ (5, 0.2%)

1 あるよう, あんな運動, するよう, 内へ, 知れる

▼ 構~ (5, 0.2%)

1 人は, 例では, 小鼻を, 待合の, 軍刀等で

▼ 構はず平次~ (5, 0.2%)

1 はもう, はもう一度, は尚, は清三郎, をつかまへ

▼ 構はず續~ (5, 0.2%)

2 けました 1 きます, けます, けるの

▼ 構やあ~ (5, 0.2%)

3 しない 1 しないのど, しないん

▼ 構あねえ~ (4, 0.2%)

1 ぞ, で出, で置け, で見

▼ 構~ (4, 0.2%)

1 から十八九, が潜門, つたに, なこの間

▼ 構ひも~ (4, 0.2%)

1 しなかつた, しなかつたの, 出来なかつたまことに, 無く三味線

▼ 構ふもんです~ (4, 0.2%)

4

▼ 構はず八五郎~ (3, 0.1%)

1 に喰つて, の袂, は報告

▼ 構はれた~ (3, 0.1%)

1 も同, んださうです, 事が

▼ 構へだけは~ (3, 0.1%)

1 できて, 堂々と, 大きい浪宅

▼ 構へてでも~ (3, 0.1%)

1 あなたに, 居た様, 居た樣

▼ 構へでも~ (3, 0.1%)

1 ある, なく古びた, 至つて風態から

▼ 構へん~ (3, 0.1%)

1 かったらなんと, ぜしゃ, わい放うりこんだら

▼ 構~ (3, 0.1%)

1 はずに, はない, へて

▼ 構~ (2, 0.1%)

2 遠島にでも

▼ 構それ~ (2, 0.1%)

1 に續, はさつき

▼ 構つた~ (2, 0.1%)

1 ことぢや, だらうか

▼ 構~ (2, 0.1%)

1 下女の, 梢葉その

▼ 構とが~ (2, 0.1%)

1 どれ程, またよく

▼ 構はずそれ~ (2, 0.1%)

1 こそ脱兎, を開く

▼ 構はず仕事~ (2, 0.1%)

1 にか, を進めました

▼ 構はず何ん~ (2, 0.1%)

1 か言, だつて佐野松さん

▼ 構はず店~ (2, 0.1%)

1 に居る, は番頭

▼ 構はず私~ (2, 0.1%)

1 に與, は私

▼ 構はん俺~ (2, 0.1%)

2 は医者

▼ 構ひした~ (2, 0.1%)

1 入口を, 通路を

▼ 構ひなさらない~ (2, 0.1%)

2 で下さいまし

▼ 構ひ申しません~ (2, 0.1%)

2

▼ 構へだの~ (2, 0.1%)

1 それらが, 便所の

▼ 構へても~ (2, 0.1%)

1 問屋筋の, 家居の

▼ 構へてを~ (2, 0.1%)

1 りました, るのに

▼ 構へとが~ (2, 0.1%)

1 はたらいて, ひとき

▼ 構へとして~ (2, 0.1%)

1 ふいくしよん, 日本の

▼ 構へについて~ (2, 0.1%)

1 であつ, 話した

▼ 構へには~ (2, 0.1%)

1 容易に, 小娘ながら

▼ 構へを以て~ (2, 0.1%)

1 せねば, 臨めば

▼ 構まっ~ (2, 0.1%)

1 てい, てはいられない

▼ 構まれ~ (2, 0.1%)

1 さア, た泉水

▼ 構~ (2, 0.1%)

1 一献進上候也, 置ク住家

▼1* [225件]

あたり一軒も表, 構あななんて云つけ, 構あめえどうで, 構あらんことを, 構から人の, 構ぬ言葉, 構けだかく今かなたの, 構けはさせないやう, 構しか残って, 構しまへんがな, 構なくっちゃあ, 構にゐられる, 構たるに黄金丸, 構だけなん, 構だけをあゝいふ風, 構だったのです, 構だらうあきれたお調子者だ, 構つてはくりやがらない, 構であるから前面, 構ですがその, 構でなければ正月, 構でもが唐辛子を, 構というものを, 構とに集中し, 構どこか垣, 構なく建てて, 構なしに何, 構なすつたことは, 構などの刑に, 構ならあの町, 構なる地を, 構ねえで毎日飲ん, 構はずあたしは御, 構はずいま其家も閉めよう, 構はずすつかり自分, 構はずそこへ入れ, 構はずわれを引き行きぬ, 構はずクスリと笑, 構はずサツと向う, 構はず三本目の徳利, 構はず乘出さずには, 構はず乘物の中, 構はず二人でドンドン, 構はず二本の指先, 構はず二階へ上つて, 構はず云ひ爭, 構はず云つて聞かして, 構はず何処へでもふり, 構はず偶偶の日當, 構はず先を書い, 構はず六千兩の金, 構はず兵糧を使ひつ, 構はず其綱を斷つて, 構はず冥府の判官, 構はず助役は咳拂, 構はず問ひ進みました, 構はず四方の壁, 構はず墓の検分, 構はず夢中で梯子段, 構はず娘の身體, 構はず子分達を引き廻し, 構はず家の中, 構はず家中を走り, 構はず寐る工夫, 構はず屋に成る, 構はず左手をまず, 構はず市ヶ谷田町の上總屋, 構はず床の上, 構はず座敷の上, 構はず庭へ降り, 構はず建て列ねられて, 構はず念を押しました, 構はず思つた通りをどしどし, 構はず悲痛に顏, 構はず手を盡, 構はず手あたり次第に讀ん, 構はず手踊りの舞臺, 構はず探索の手, 構はず最後までからかひ, 構はず末廣町の自宅, 構はず林にはやはり, 構はず棺を持つ, 構はず椅子の脊, 構はず植木屋の庭, 構はず橋板の上, 構はず此方からちやほや, 構はず歸り給, 構はず死骸の側, 構はず毎日御神籤, 構はず氣丈な爺仁, 構はず氣永に進ん, 構はず水火かきわけて, 構はず派手に咲く, 構はず淀橋で一, 構はず渠の袂, 構はず無法な御, 構はず狎戯る妙, 構はず猿江町の甚三, 構はず用うる事, 構はず病人を一, 構はず相模屋の中, 構はず祖の日の本, 構はず素振に, 構はず素晴しい次高音, 構はず縁側まで抱, 構はず聲を張り上げます, 構はず腹の減つて, 構はず自分の一身, 構はず花街へ乗り出した, 構はず言葉を續, 構はず話を進め, 構はず誰が何と, 構はず調べを續, 構はず謡ひ続けるので, 構はず豆なり栗, 構はず躊躇する自分, 構はず進行して, 構はず酒と音楽, 構はず間の手澤山にこの, 構はず関係するなんて, 構はず頬摺をし, 構はず食へといふ, 構はず首を捻, 構はず駄夫が雀, 構はず鬼婆アのやう, 構はねえと大きな, 構はれるやうぢや, 構はんぢやない, 構はんのであります, 構はん人殺しがしたくなる, 構はん何でも人, 構はん兎に角作つて, 構はん其処へ行かう, 構はん女房の行衛, 構はん方がい, 構はん構はんそれにしても早う, 構はん理窟ぢや, 構ばかりである, 構ひごとはねえだ, 構ひつけてくれない, 構ひつけぬから勝手, 構ひで外部を覆はれ, 構ひなき事なれ, 構ひなければこれから, 構ひますまいな, 構ひませぬ當時の, 構ひやしないのよ, 構ひ下さいましては恐れ入りまする, 構ひ下さらぬやうに, 構ふかといきなり, 構ふこつてねえだ, 構ふてくれずともよい, 構ふと人は, 構ふまい私と, 構ふめえと思つて焚火, 構ふる如くいとあしき, 構ふる張りきらむずる立ちの, 構へからすれば, 構へけれど紳士は, 構へこそほんたう, 構へたりざまあみろといふ, 構へた一人の鎧武者, 構へた二人の戦争狂, 構へた家なり村, 構へた年の冬, 構へた車の力, 構へだけでなく心, 構へだけにさすがに, 構へだけにはめつたについて, 構へつつ一ツ二ツの, 構へての話しです, 構へては満身の, 構へではあるが, 構へといふ意味とは, 構へとか日本精神の, 構へとしてはやつぱり見物と, 構へとは甚だ違, 構へとを得たいと, 構へなどといつて, 構へにおいて百人, 構へまでなし之, 構へよと胴震ひし, 構へをとつてゐた, 構まうものか, 構まつてやる, 構まで進んで, 構めしませんけどあんた, 構めしません黙って光子さん, 構やせぬよ其, 構やせんぞ, 構ゆることに, 構ゆればおのずから, 構よりも意味あり, 構へ上げる, 構を以て蝉の, 構ねえ, 構ア事はなえ, 構ア事アねえ余り, 構ウモンカ予ハソウ思ッタガ困ッタコトニ, 構ウルハナオ拙ナリ, 構エシガ翌三年, 構エテイルセイカ颯子ハ殊更ソッケナクスル, 構て貰いたい, 構ヘルコトヲ原則トシテヰルノデアル, 構ワズサッサト隣室ヘ這入, 構ワズヴィタミンヲ射シタ, 構ワヌトイッタ故ソノ時ハオレガホホノ下ニハレ物ガ出テイテ, 構七寸程左肩六七寸, 構下さるな, 構低く傾いたのに, 構凛々しく肱立て, 構労働者連帯性について, 構口吻さて急, 構土藏と店, 構の下, 構奥深い邸の, 構も此邊, 構正しく張る弓, 構江戸構などの刑, 構が眼, 構茅葺の農家, 構込むで種々, 構込んで有らう, 構追放となった, 構の折戸片