青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「描き~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

揃~ ~揃え 揃え~ ~揃っ 揃っ~ ~描い 描い~ ~描いた 描いた~ 描かれ~
描き~
~描く 描く~ ~描写 描写~ ~提げ 提げ~ ~提供 ~提出 提出~ ~提灯

「描き~」 1048, 10ppm, 10608位

▼ 描きながら~ (162, 15.5%)

2 その日, それを, 一人の, 急いで, 私は, 舞って

1 [150件] いいました, ぐるぐる旋回, この匂, この猛烈, この立木, この興味, この舞台, これを, さりげなく, しかも注意, しかも浴室, すこしでも, そしてここかしこ, その一瞬, その人体, その姿, その往日そこ, その日記, その話し, その頃流行, たえずいっ, だらだら坂, どこかの, ばかばかしく声, ひたすらに, ふと思っ, ふと頭, ぼんやりと, まだ一度, むしろ離れた, めいめい鳴き叫び草を, ゆっくりと, ゆるやかに, よく零し, ガラッ八, グルグルと, ゴールデンバットだけは, スケッチ板と, セッセと, ハラリハラリみな二つに, パール, 一は, 一刷毛も, 一貫し, 一面に, 三十年前に, 上って, 下くちびる, 下の, 両者ともに, 中江の, 二人の, 二十マイルばかり, 伝書鳩の, 伸子の, 低く翔ける, 低声, 克明に, 再び村, 冷やかすやう, 出入りも, 別にテント, 口から, 呟いた, 唄の, 喬介の, 四町ほども, 坂を, 垂れさがってる顔, 夢中に, 太陽の, 女に, 娘の, 孝行息子が, 少しも, 尚白烏, 巧みに, 己も, 巻いて, 帳場格子の, 幾十年前の, 彼は, 彼女は, 徐々と, 徐々にもと, 思わず涎, 性急な, 房一は, 数分間じっと, 日課の, 早瀬の, 明るい箱, 曲りはじめた, 木の葉を, 未来を, 杜詩専門の, 来る春, 東南へと, 東南東へ, 歩いて, 死にたいの, 毎日は, 汽車を, 流れては, 消えて, 消え去って, 淡い詩情, 燈皿の, 現は, 現実の, 現實, 生れて, 男の, 登って, 登つて行つた, 白いゴム, 白い虹, 眠った, 眠る, 硝子扉を, 細川家へ, 終日ゆらゆら, 繊細な, 續け, 美禰子と, 老人に対しても, 自分の, 自然の, 舞いあがって, 花壇の, 荒涼たる月世界, 行くの, 行った自, 言った, 走って, 走つて, 身を, 近くで, 追ひ立て, 進んで, 運ぶから, 運ぶので, 運行する, 部屋の, 闇夜の, 降って, 青空に, 飛びめぐっているらしいのがその, 飛騨守の, 高氏は

▼ 描き~ (78, 7.4%)

3 であつ 2 にも徳川時代文学, の中, の変遷, をし, をする

1 [65件] あるいは恋愛, がある, があんまり, がへた, が世俗的, が私, だけである, であった, であらう, であり静的, である, でなくては, でなし, ではある, ではない, で一貫, で据え, で画い, で舊石器時代, で行ける, とかさ, としては随分, と共に外国, などの方, などはほとんど, など作者, など誰, にし, についてはいささか, についてはさ, について学ぶ, にどれ, には何, によい, に似た, に少時足, に新しい, に画家諸君, に類型性, のもの, のコツ, の矛盾, の魅力, はいかにも, はやはり, はやわらかく, は古い, は婦人, は絶対, ばかりが眼, もする, も尋常一様, も滑らか, や水流, や科学的幾何学的, をした, をとつ, をやつ, を仲間, を会得, を体得, を巧妙, を排, を教わった, を見た

▼ 描き~ (69, 6.6%)

4 なって 3 なるの, 来たん 2 なる, なること, なるん, 行くの

1 [51件] いくこと, いった真ん中, おいでに, かかったの, かかります, きてと, なったきり, なったこれ, なったという, なったの, なったもの, なった其写生, なった方, なった絵, なつた, ならないの, ならなくちゃ, ならなけりゃ, なりそこ, なりました, なりましたもの, なりますか, なりますね, なりますよう, なりませんか, なると, なるよう, なる時, なる貴方, なれば, ゆきました, 一羽の, 來た, 來たんだ, 出かけたもの, 出た, 出たいと, 出るやう, 描かせて, 描き次第に, 来たので, 来ますよ, 来ると, 来るのに, 来るもの, 相手に, 確実な, 胡麻摺俳諧師藝人藝者, 行かは, 行ったの, 行つたと

▼ 描きつつ~ (34, 3.2%)

1 [34件] あった, あつた, ある, あるの, ある女, ある様, おのずから笑殺, この問題, しばしその, し嬉し, そういうよう, そこから, そのこと, その円い, その行方, どことも, はけ道の, 上がって, 主人公野田その他の, 喋る, 場内を, 実は主として, 寄せては, 巨大な, 年毎に, 最後に, 決して女性, 流転し, 消えゆくとぞ, 窓に, 自が, 農村を, 逆に, 運命が

▼ 描き~ (32, 3.1%)

3 やうな 2 人の

1 [27件] だるまは, ような, 仕事と, 代筆代作だ, 仲間は, 名人で, 大作の, 女な, 女の, 女郎蜘蛛, 手に, 手を, 拵へ, 月の, 月渓など, 模様を, 法に, 溝口さんは, 画よりも, 真似を, 真似事を, 絵や, 職人にな, 船の, 落書が, 風景魚族の, 飛天女観音菩薩像など

▼ 描き~ (29, 2.8%)

2 全部は

1 [27件] ありたり, ありて, おみな子, これに, しかも筆端, ゐに, ゐる, 上りまた下りん, 人の, 倦まざりしのみ, 倦まざりしは, 傲顔に, 出色なる, 呉れよ夕べ姉樣, 図の, 嬉し顔, 悲痛を以て, 斑に, 暗夜に, 母をや, 甚よし, 白帆を, 眺め賞し, 知人兄弟親戚友人僕婢妻さえも, 自然物を, 見よ, 見渡され候

▼ 描きその~ (28, 2.7%)

4 上に

1 [24件] ことで, つぎの, また上に, 一生懸命さが, 上の空一面をば, 上装釘も, 中に, 人間的成長の, 冷やかな, 前景には, 半分を, 周囲に, 売上げを, 悪徳を, 扇面に, 末に, 杵の, 横に, 次が, 漁師の, 発展の, 絵が, 縁に, 鳥居の

▼ 描き~ (14, 1.3%)

7 わして 3 わした 2 わされないであろう 1 わすの, わすもの

▼ 描き菊石~ (12, 1.1%)

6 の東作 2 だ, と綽名 1 を洗っ, を洗つて

▼ 描きかた~ (11, 1.0%)

1 [11件] が目, である, では画面, などの上, においても語っ, にしろ, に反撥, の深, はこの, は感銘的, は第

▼ 描き~ (11, 1.0%)

1 [11件] した上, して, つくづく見れ, はれる畫, へて, やって, 始めた, 始めるの, 持つて, 眺めて, 試みまして

▼ 描きそれ~ (10, 1.0%)

1 が最後, が茶褐色, と共に, に一つ, に七人, に惑溺, に詩, を現今, を藍甕, を見

▼ 描き~ (10, 1.0%)

2 自分の 1 するが, それで一ころ, つてトクマン円でも, とても面白い, 余程前, 太陽に, 江戸中に, 食ひ

▼ 描き~ (10, 1.0%)

2 となった 1 がわからない, が若い, であったケーテ・コルヴィッツ, としての婦人作家, にふさ, に固有, に選ばれ, を楽しませる

▼ 描きまた~ (9, 0.9%)

1 ある時, これに, それが, それを, 介の, 大いに文章, 役者絵も, 明日も, 論じて

▼ 描き~ (8, 0.8%)

2 して 1 いくらでも, 一番幸福で御座いました, 佇んで, 始まつたの, 発見したら, 隣の

▼ 描きこれ~ (6, 0.6%)

1 によつて錦絵摺物等, に四季, に飴釉, は, は大きい, を関東

▼ 描きそう~ (6, 0.6%)

1 して, な形勢, な景色, な橋, な野球試合鳥瞰図, になった

▼ 描き~ (6, 0.6%)

1 した, しないで, しなければ, 描いたとしみ, 羽織りが, 若描き

▼ 描き~ (6, 0.6%)

2 へた 1 へてゐた, へて古い, へられ, へられた

▼ 描ききつ~ (5, 0.5%)

3 てゐる 1 てしまふだらう, て物質

▼ 描き~ (5, 0.5%)

3 へすれ 2 んもっと

▼ 描きさし~ (5, 0.5%)

1 のセント・セバスチアン, の画, の絵, の絵絹, を見

▼ 描き~ (5, 0.5%)

1 ぐつた物が, ぐつてあつた松の, ぐつてしまはなければもつ, ぐつてゐたが安藤弥生の, つた海の

▼ 描きにくい~ (5, 0.5%)

1 ことだろう, ために, のです, ので少し, ものである

▼ 描きさえ~ (4, 0.4%)

4 すれば

▼ 描きそれに~ (4, 0.4%)

1 よつて胸, 一歩々々近づく, 呉州や, 漢陰園味と

▼ 描きなど~ (4, 0.4%)

3 して 1 下手な

▼ 描き~ (4, 0.4%)

2 で嗅い 1 はすべて単純, を描き

▼ 描きあるいは~ (3, 0.3%)

1 余情綿々たる, 山国海辺あるいは, 風の

▼ 描きさん~ (3, 0.3%)

1 がよく, だなあ, なの

▼ 描きそこ~ (3, 0.3%)

1 から来た, へ私, を縫う

▼ 描きたり~ (3, 0.3%)

1 この図, しが, 幽かなる

▼ 描きでも~ (3, 0.3%)

1 する時, アンな, 私のは

▼ 描きながらも~ (3, 0.3%)

1 同志小林自身の, 或る, 腕の

▼ 描きにな~ (3, 0.3%)

1 つた橋が, つて, つてゐた

▼ 描き同じ~ (3, 0.3%)

2 釉掛けを 1 ような

▼ 描き~ (3, 0.3%)

1 うございます, うございます絵の具, かつた

▼ 描き或は~ (3, 0.3%)

2 紅の 1 故郷に

▼ 描き最後~ (3, 0.3%)

2 の二重丸 1 に一級

▼ 描き~ (3, 0.3%)

2 のよう 1 にいたっ

▼ 描き~ (3, 0.3%)

1 は書いた, をも描い, を描きつづけ

▼ 描き自分~ (3, 0.3%)

1 の家, は果して, も忘れ

▼ 描き~ (2, 0.2%)

2 へられたの

▼ 描きさらに~ (2, 0.2%)

1 図に, 生活する

▼ 描きしもの~ (2, 0.2%)

1 尠から, 枚挙に

▼ 描きそれから~ (2, 0.2%)

1 いかににも, 糸毯の

▼ 描きたま~ (2, 0.2%)

2

▼ 描きついで~ (2, 0.2%)

1 あの印度, 路地の

▼ 描きづらい~ (2, 0.2%)

1 と見える, ものであるらしい

▼ 描きてとして~ (2, 0.2%)

1 あらわれて, 自分と

▼ 描きなどが~ (2, 0.2%)

2 画を

▼ 描きなどは~ (2, 0.2%)

2 出したくないの

▼ 描きにくく~ (2, 0.2%)

2 て困る

▼ 描きには~ (2, 0.2%)

1 どうしてこたえます, 通うて

▼ 描きぶり~ (2, 0.2%)

1 で女, の特徴

▼ 描きまたは~ (2, 0.2%)

1 桜の, 讀書の

▼ 描き~ (2, 0.2%)

1 アいい, 描きかけの

▼ 描きやすい~ (2, 0.2%)

1 方法に, 習慣で

▼ 描きよい~ (2, 0.2%)

1 かもしれません, です

▼ 描きよう~ (2, 0.2%)

1 がある, がない

▼ 描き~ (2, 0.2%)

1 に, 景を

▼ 描き乍ら~ (2, 0.2%)

1 話した, 飛んで

▼ 描き~ (2, 0.2%)

1 はちがった, は全く

▼ 描き何となく~ (2, 0.2%)

1 をかし, 晩秋暮鐘の

▼ 描き~ (2, 0.2%)

1 むる事, めしが

▼ 描き~ (2, 0.2%)

1 へたい, へるの

▼ 描き~ (2, 0.2%)

1 後半では, 悪いこと

▼ 描き女神~ (2, 0.2%)

2 を描き

▼ 描き女給~ (2, 0.2%)

2 を生み

▼ 描き~ (2, 0.2%)

1 をかき, を書い

▼ 描き宮川長春これ~ (2, 0.2%)

2 に対して肉筆美人画

▼ 描き家庭~ (2, 0.2%)

1 における父, に対するだいたい

▼ 描き~ (2, 0.2%)

1 の眠り, を強調

▼ 描き改めて~ (2, 0.2%)

1 自ら滿足する, 貰わねば

▼ 描き文章~ (2, 0.2%)

1 に達し, をつづり

▼ 描き早く~ (2, 0.2%)

2 画く時

▼ 描き渦動~ (2, 0.2%)

2 を重ねる

▼ 描き眉毛~ (2, 0.2%)

1 で夜中螢澤, も濃い

▼ 描き西洋~ (2, 0.2%)

1 の楽器, の画家

▼ 描き~ (2, 0.2%)

2 したばかり

▼ 描き~ (2, 0.2%)

1 の香, を切る

▼ 描き~ (2, 0.2%)

1 や鯉のぼり, を描き

▼1* [334件]

描きがつて, 描きあたかも盆中の, 描きあつた頃, 描きあとは画論, 描きあなたがその, 描きあの事件を, 描きあらためてようやく下絵が, 描きある時は, 描きいつもこういう更紗ばり, 描きいなご取りの群, 描きいよいよ爆発的な, 描きいわゆる蓮月焼を, 描きうるかがまず, 描きお下げ髪の少女みたい, 描きかいお前さんは, 描きかぎりない発展, 描きかたそこに載つ, 描きかた真実な心, 描きかつ躍り坂, 描きかへでもしたやう, 描きぐるりと紅, 描きここに光り, 描きさうな目を, 描きしかも人間の, 描きしきりに軍議を, 描きしの字を描い, 描きしまいには中心, 描きそれぞれにその, 描きためかきためした, 描きたりとて本篇に, 描きたるが如き, 描きだがその樹, 描きだってこっちに, 描きちょっと明けた戸, 描きつつも酒は, 描きてはあげまするが, 描き終って, 描きでなければ読書三昧に, 描きし石盤石筆, 描きというものの, 描きとかいじけたもの, 描きとして有名な, 描きとしても青二才だ, 描きどう刻もうと, 描きどういう機会に, 描きどれだけの変化, 描きなどにはなつて, 描きなどにはなって, 描きなんだな, 描きなんてえもの, 描きにさえ簡潔な, 描きにでも紙芝居にでも, 描きにも一冊, 描きはじめもしない, 描きはじめて筆を, 描きはでなスーツ, 描きふたたび我々は, 描きまだ世の中へ, 描きまったく人々の, 描きもしくは他の, 描きやうのない, 描きやがてこの, 描きわずかばかりの紙包み, 描きわたしに蘭, 描きわたしたちは別れしな, 描きわれわれの近く, 描きをもって書かれて, 描きアカデミー辞典のフランス語, 描きイギリスの砲列, 描きゲーテの哲学, 描きシューッと水, 描きジュレミアは天帝, 描きスミ夫人が赤とんぼ, 描きタタミ二枚ほどもある, 描きダイアナが計, 描きドイツ文学のリアリズム, 描きピッタリ塊まっ, 描きプロレタリアートの党, 描きリアルに描き, 描きローマ字で名前, 描き一つの彫像, 描き一ばん下ツ端の小, 描き一九一四年にいたる, 描き一事一物を記述, 描き一代の傑作, 描き一塊の雪, 描き一本の団扇, 描き一端から小刻み, 描き一筆描きしたやう, 描き一筋の捕り, 描き一茎の芒, 描き三枚続きにし, 描きつとらん, 描き上つてゐる三十号, 描き上京後は新聞社, 描き下流は繁吹, 描き下熱剤の薬袋, 描き中央へ大きく, 描き主として食器類を, 描き主人公上月が時に, 描き乍ら厩橋の発着所, 描き乍ら窓を一線, 描きを描き, 描き予想しもう, 描き二代目の国貞, 描き五日一石を描く, 描き五遍七遍の色版, 描きの夏, 描き人形を捻る, 描き人間性の本能, 描き今度はきゅう, 描き以上の人, 描き伯爵を通じてお納め, 描き伽香は青梅, 描き何もかも忘れて, 描き安く売りし, 描き個所によつて, 描き元成の妻, 描き元気よく山, 描きの力, 描きの届かぬ, 描き光子さんのは丁度, 描き入れや土坡, 描き全体として優雅, 描き其の上の空一面をば, 描き其上から釉, 描き其中に変体仮名, 描き其主人公は概ね, 描き円塔方柱の数々, 描き再読して, 描きださるべき一人, 描き出だしたるの語, 描き初められると, 描き初めていた, 描き初め眼鼻等の造作, 描きに小さい, 描き前代未聞の茶碗, 描き十五すでに簾裡, 描き半分しか見えざる, 描き古才, 描き反古までかくし, 描き受難求道して, 描き叡覧に供, 描きを描き, 描き口紅を濃く, 描き司馬父子の擡頭, 描き合掌する気持, 描き吉田さんがそれ, 描き同時に小説形式の, 描き名物大津絵などの文字, 描き周易活断績善堂加藤左伝次と記され, 描き和楽を描く, 描き片々たる, 描き四角なる布, 描き四隅に紅毛, 描き地球の円き, 描き声なき声を発し, 描き雅を, 描き大衆を描こう, 描き安心して, 描き宗教家が説教, 描き官民の疎隔, 描きにいる, 描きから寺, 描き小夜鳴鳥, 描き小栗風葉は鶴巻町辺, 描きを描き, 描き山影をかき, 描き左右に秋, 描きに室内, 描き巴山吹をからませ, 描き市井の, 描き常に新鮮なる, 描き年号を入れ, 描き広々したる水上, 描き度いという猛烈, 描き度いために違い, 描き廻廊を描き, 描き弓之助の方, 描きの内面, 描き当時のプロレタリア文学, 描きを描け, 描き彫刻をする, 描き彼等の心持, 描き白河法皇から, 描き後半は又, 描き後者は明治, 描き微笑を誘はれる, 描き徹頭徹尾人間に, 描き思量すること, 描き性慾の衝動, 描き恨めしそうな, 描き恰も蜃氣樓の, 描き悩ましく思いつめるよう, 描き想い翹望すること, 描きを描き, 描きのた, 描き戯曲を書き, 描き所々に鴈, 描き手足のみず, 描き才筆侮るべからずた, 描き掛け軸にした, 描き接吻さへも許された, 描き政治家は世相, 描き文調は重, 描き方人間の観方, 描き方形を形, 描き方許りを, 描き日本の力士, 描きの絵, 描きが一つ蒼々, 描きになる, 描き曲欄を描き, 描き更に日附と, 描き更紗もこんな, 描きをたくさん, 描きを読み, 描き松代の部下, 描きを交えた, 描き柳原の如く, 描きと椿, 描きを描き, 描きがない, 描き次に生物からの, 描き次第に大きくし, 描き此処では, 描き殊に動作を, 描き殺人者の一兵卒, 描き毎年同じやう, 描き毎日の如く仕事, 描き気質の逸作, 描きに躍る, 描き永久に人間, 描きの名手, 描き洋妾のやう, 描き洞穴に彫りつけた, 描き渾然たるメロデー, 描き湯島の天神, 描き炬燵によって美人, 描き点景として蝉, 描き無事平穏な日常生活, 描き無様に死ん, 描き版摺りもかなり, 描き版木屋が版木, 描き狩野博士がそれ, 描き独り楽しみいつとは, 描き狭い隙間から, 描き現実処理の方法, 描きにて陰陽, 描き毛を, 描き生活を描かなけれ, 描き田舎に身, 描きの隅, 描き痛い所を, 描きしたアダルベルト・シュティフテル, 描き盡すべからず, 描き眉かなつぼ眼, 描き真実を写さない, 描きは朱, 描きを描き, 描き眼尻を塗り, 描き睫毛は長く暗い, 描き瞬間的動の自由, 描きは澄ん, 描き神戸市長のやう, 描きの自然, 描き空想を生命, 描き節級冠の燕尾, 描き篠原梅甫の住い, 描き粘土彫刻屋は今夜, 描き細長き紙面を, 描きへて私, 描き終つてその絵, 描き終始その孤独, 描きへり, 描き給はんとなら, 描きの絹, 描き美妙なる花鳥風月, 描き美麗なる甲冑槍剣旌旗, 描き群衆が小銭若干, 描きして, 描きはざる, 描き自らも軍, 描き自然に意見, 描き興味があった, 描き舞台に靉靆, 描き良いのだ, 描きを描い, 描きかなる, 描き薄く色の, 描きのよう, 描きの字, 描きを流動, 描き街路は山の根, 描きにはジゴン, 描き西に向, 描きつめながら, 描き解剖したから, 描き詩歌に作った, 描き詳細無比の解説文, 描き財界政界の名士, 描き貧乏御家人と言つた顏觸, 描き資本主義社会に於ける, 描き賢者として描く, 描き赤鉛筆で道筋, 描きも心, 描き迂曲蛇行して, 描き近代的感覚を織り込んだ, 描き運筆の練習, 描き醒気を紙面, 描き醜悪を暴露, 描きを掛ける, 描き野原氏の, 描きと鎖, 描きどりを, 描き間髪をねらう, 描き陰鬱の雲, 描き雑誌の締め切日, 描き電光を以てこれ, 描き青く光って, 描き静寂な趣, 描き音楽化するところ, 描き須山計一さんと展覧会, 描きの薄らあばた, 描きは所々, 描き風俗を写し, 描き風習に従って動く, 描き香氣を描き, 描き骨董を品, 描き高い頂に, 描きが輪, 描き魔法典焚書を行っ, 描きをならべ, 描き黒子一つを顔