青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「楼~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~業 業~ 楯~ ~極 極~ ~極めて 極めて~ 極度~ ~極端 極端~
楼~
~楽 楽~ 楽しい~ ~楽しみ 楽しみ~ 楽屋~ ~概念 概念~ 榮~ ~構

「楼~」 1721, 19ppm, 6178位

▼ 楼~ (431, 25.0%)

8 若いおかみさん 7 上から 4 おかみさん, 上に, 窓から 3 主人が, 主人は, 二階から, 前に, 前を, 名を, 妓に, 門を

2 [29件] うえから, やきそば, ハゲ頭は, 上で, 上へ, 下から, 下の, 主が, 主人と, 二階で, 亭主は, 前まで, 大広間に, 小太夫, 広間で, 庭前に, 後ろの, 支那料理を, 方へ, 方へと, 明月に, 東雲の, 梯子を, 欄に, 欄干に, 獅顔火鉢を, 茶の間には, 茶の間の, 階を

1 [322件] あたりは, あたりまで, あとも, あるところ, ある三つ, ある尾蔵寺坂, ある廓町, いわゆる実母, うえに, うえの, うちや, おかみさんに, おすみ, おなじ名前, お使い, お倉さん, お内儀さん, お神, お職女郎, お花見, お菊, お鯉, じゃあねえ, すぐ前, その娘分, はしたない遊女, ひきつけで, ひよ子さんの, ほか唯, ほか寺田彦太郎平岡浩太郎平岡万次郎江島久米雄小松喜平次秋保親兼高岡忠郷花井卓蔵の, まづい, みどりの, もとであふ, ものも, やきめし, やけあとにも, ように, アパートメントでも, ガマ六と, テッパツチーカイと, ドロドロの, ホテルに, マネエジャ来り, 一人として, 一夕には, 一室に, 一番コックだった, 一端から, 一角を, 一部が, 一間は, 丁字花魁では, 上からも, 上がり框から, 上では, 上より, 上を, 上銀河は, 下に, 下には, 下まで, 下を, 中で, 中に, 中へ, 中心に, 中華料理を, 主に, 主人, 主人の, 主人甚十郎兵衛こそ, 主人甚十郎兵衛と, 二枚目を, 二階に, 二階の, 二階座敷に, 二階折から, 五目めしと, 五目めし一杯味気なく食った, 亭主が, 亭主も, 亭主を, 亭主得右衛門は, 亭号を, 人々は, 人の, 人以外には, 人達は, 今いる, 今日の, 仰月台, 会の, 住居と, 何だか捕え, 傍に, 先生も, 全形が, 全部の, 六階に, 内で, 内に, 内には, 内へ, 内を, 内緒も, 内芸者, 内部を, 冬子ねえさんは, 冷房部屋で, 初午の, 初花, 初花太夫, 前から, 前が, 前で, 前には, 前の, 前へ, 前も, 勘定書を, 北, 台上を, 名や, 味は, 喜遊という, 四分の一の, 在り場所, 城門を, 塗格子や, 壁に, 多いの, 大一, 大屋根, 太夫初, 太夫職に, 太鼓が, 太鼓を, 奥へ, 女から, 女じゃねえ, 女中大さわぎ, 女将あとの, 女将が, 女将と, 女将に, 女達に, 女達の, 女達も, 女郎で, 妓衆たちから, 妓風を, 姉娘が, 娘だ, 娼女洋銀三枚の, 娼妓で, 娼妓小万男と共に, 娼妓盛糸と, 子飼いの, 守りを, 安支那料理食, 宙天に, 定食ま, 宴に, 宴会にて, 家格を, 寂しさ, 寮の, 小提灯, 小秀, 屋上に, 屋台骨を, 屋根だの, 屋根に, 岸に, 帳場でも, 帳場へ, 幕の, 広い二階, 床下から, 店の, 店へ, 店先などを, 店前に, 座敷に, 座敷の, 座敷へ, 庭へ, 廊下から, 張見世を, 影は, 役場を, 御夫婦, 快い華やか, 恐ろしさ宛がら天魔, 息子が, 感じが, 懇親会に, 扁額を, 抱が, 擡頭に, 支那そば, 支那の, 支那料理食っ, 数寄は, 料理二つとっ, 新作落語集を, 方からは, 日の出, 日本化された, 旧址は, 時計台が, 晩餐に, 普請でさ, 普請を, 暁ドーンパチ, 暖簾に, 暖簾には, 暖簾の, 暖簾を, 書画会に, 最中の, 月を, 朝八時起き, 本棚には, 本番口の, 村役場の, 東, 東雲は, 柱の, 桃太郎さんに, 桟敷が, 桟敷に, 梅の, 楼上楼下にかけ, 楼主, 楼主は, 楼台に, 様式も, 檐に, 櫓に, 正面の, 段梯子を, 浴室, 灯は, 焼け落つる音, 犬が, 玄関は, 瓦が, 瓦八十八門の, 甘納豆藤村の, 生活よ, 男と, 白妙さんが, 白妙さんは, 百畳敷で, 睨み合つた落付など, 石の, 石垣の, 社の, 祖筵は, 秋影は, 秋影東山に, 秋色が, 窓は, 系統を, 緑酒にのみ, 羽織袴は, 者で, 者は, 聳えるあり長江, 背後で, 興味や, 芝居, 花魁にまで, 花魁の, 芸妓と, 芸妓な, 芸風が, 茶の間にも, 華奢な, 蔭あたりで, 蔵移しの, 表通りが, 裁縫師が, 裁縫師であり, 裏口から, 裏手に, 裏手より, 裏門口に, 見世先へ, 規模は, 詩に, 詩の, 赤きを, 跡のみ, 跡は, 軒下に, 近所を, 遊女が, 遊女であっ, 遊女の, 遥かに, 野戦病院も, 量線から, 鐘, 長い石段, 門まで, 門口に, 間毎に, 階上の, 階下に, 階段が, 隠居の, 雁木に, 雛窓太夫を, 雨傘を, 電話を, 音頭の, 風景だけを, 馴染と, 高い部屋, 鴇手と

▼ 楼~ (172, 10.0%)

3 で碁 2 から小田原包囲, で催され, で森岩雄氏, に訣別, に迎え, の一粲, の人, の欄, の白楊画会評, へあがっ

1 [149件] からこの, から女子供, から山下, から底辺, から浜離宮, から見, から見た, から見下ろし, から遠く, が先生, が隆太郎, であった, でしずか, では, ではじめて, でアメリカ, で三味線, で二つ, で切腹, で平六, で放言, で日本食, で春一, で昼飯, で最初, で朝野, で楽器, で烏天狗, で狂人, で私達, で老, で蛾, で遊興, で開かれた, で開かれました, で隆太郎, などにはいつも, なる編輯室, にあり, にある, にあるいは, にあるで, にいた, にいる, において午餐, にかかっ, にくつろい, にこう, にたたずん, にて, にてありき, にて南半球周遊, にて徃年統計恊会, にて恰も, にのぼり, には夥多, には我, には秀英, には緊急村会, には釈迦, には静か, にひかれぬ, にひらいた, にまい下りた, に一つ, に一夜, に上った, に九年間, に今宵, に代議士総会, に休ん, に再興, に卓, に去年除幕式, に唯一人, に夕雲, に夜, に客, に寓, に導き, に居たれ, に引かれぬ, に招き, に捜査本部, に枯川, に琴, に病, に登っ, に皮子, に立つ, に籠つて日夜, に組合員臨時会, に臥し, に西班牙風, に起臥, に送別会, に通う, に違い, に酔語, に開かる, に開催, に集めた, に集会, のムーラン・ルージュ, のレストラン, の一角, の京都芸術クラブ, の会合, の会議室, の合奏, の四有三君送別句会, の声, の大殿, の大衆, の太鼓打ち, の夫人, の室内, の慶雲, の捜査会議, の接客室, の数点, の木欄, の灯光, の燈, の男, の部屋, の間, の食堂, へは来なかった, へ出, へ呼び出された, へ呼び出した, へ往, へ泊り込んだ, へ登っ, へ神田君, へ積みおく, へ行つて, へ通っ, へ黒い, まで絃歌, よりひそ, より俯瞰, より百本杭, より築地, より聴, を夜, 又は十軒店, 無状

▼ 楼~ (159, 9.2%)

4 登って 3 満つ, 行った 2 上って, 上りて, 上る貧乏, 似て, 宿せし, 招き関八州, 満つる, 爛酔する

1 [133件] あがって, あった情死, ありしもの, あるの, いたと, いたの, いた姉, いながらでも, いなました薄, いましたが, いること, おぼつかない灯, おりますので, しげ, してんか, しろ歌笑, ちなんだ彼, ついたの, ついで, ついで稍格式, とって, なったり, のぼって, ひとりよって, ふさわしい白孔雀, 一夜を, 一泊した, 上がって, 上り城壁, 上り満月花魁, 上り谷風, 上る, 上るが, 上るべき梯, 上れば, 下る坂, 下る急, 下ろしてから, 両党その他同志, 九重の, 人は, 仮寓の, 住まんと, 住んで, 依り房, 係る詳細, 借宅し, 催される演説会, 入る, 入ると, 出て, 別れを, 勝田鹿谷の, 南蛮製の, 博多の, 向った, 呼ばれて, 土の, 在つた情死, 在りし明子, 在り座上一客, 坐して, 大宴, 宮本武蔵様が, 小式部太夫, 居られるって, 居るだけ, 居るん, 届けて, 帰った, 帰れた義理, 引込んで, 往ったら, 懸け並べた弩弓, 投じたの, 投宿し, 押し上り芸妓末社, 於て, 昇って, 昇りて, 春江, 朱の, 橘八郎先生歓迎の, 泊った余, 泊めて, 泊れる, 満つる涼風, 満つ雲一色, 満月という, 灯は, 無数の, 状元以下の, 病人を, 痩せた気味, 登った客, 登つた, 登りし時, 登り一酌, 登り給, 登ると, 登るの, 登る機会, 登れば, 登臨せり, 相違ない, 移したり, 程近い, 立って, 立つ自分, 籠もった, 納涼の, 組みその, 育てられて, 臣下を, 蒼然として, 行かなくても, 行く, 行つ, 親しく先生, 訪れけるに, 赴いた, 踏みとどまって, 踏み留まった道庵, 身を, 車を, 通すの, 造られたきわめて, 達し他, 酒を, 限ったこと, 陳玉と, 非ざる, 駈けのぼって

▼ 楼~ (88, 5.1%)

3 行く, 行くと, 行って 2 来て, 行くこと

1 [75件] うまくなかった, おいでなさる, つれて, つれ込まれた, のぼって, はいったの, ひょっくりやって来たら, またやって来, もどった, ゆくこと, ゆくと, ゆくには, ギッシリ詰めかけた, コロムビアに, サンデー毎日の, ダイヤモンド社の, 三円の, 上って, 上る幅, 二度泊っ, 人と, 入った, 冨勇を, 出かける, 出て, 出ること, 出御を, 十吾と, 参りし事, 宝塚から, 寄って, 帰ってから, 帰れ, 引き寄せられて, 引っ越しました, 弾丸を, 往きて, 押し出そうかという, 招かれては, 招かれ食, 接近し, 支那食し, 救いを, 来ても, 来ると, 来る度, 案内し, 案内した, 楼主に, 燃えて, 用足しに, 疑惑の, 登った, 登ッても, 登楼し, 百人も, 直接談判を, 移して, 聞きあわせると, 行き柳, 行くの, 行くん, 行った, 行った帰り途, 行つた由だ, 褄を, 踏み込むこと, 送られて, 送りこむと, 這入って, 通ひし, 週刊朝日の, 遁げこんだ, 遊びに, 電話を

▼ 楼~ (71, 4.1%)

3 食事 2 情死を

1 [66件] お玉を, この世の, さよう, それよく, はねときどき, また賑, やきそば, ロイドに, 一度会った, 一晩泊った, 一酌を, 三方を, 上海一の, 中食を, 今度は, 会って, 会津肥後守の, 何百畳といふ, 催された, 催した, 催したの, 初会見, 刻の, 古風な, 句会会者九人私の, 名弘, 名弘めの, 告げる卯, 土地の, 大分酒を, 大勢の, 安蘇郡の, 宴会が, 密会した, 射ちてえところ, 崖に, 幼な, 廓内の, 心中が, 慰労会が, 懇親会を, 打合せする, 支那料理三つ四つビールを, 支那物食っ, 新曲開きを, 段通織, 浅井挙曄に, 発会する, 硯友社の, 簡単に, 花魁を, 芸者数名を, 見たあの, 見た時, 赤木本城諸氏から, 逢った以来儂, 逢った蘭亭さん, 酒を, 銀子を, 開かれた, 開かれた書画会, 青山の, 食事かにの, 食事し, 食事八宝全, 食事支那わりに

▼ 楼~ (71, 4.1%)

5 出て 2 下りて, 出たの

1 [62件] あちこち尋ねまわった, えらんで, おりて, こえて, さして行こう, つくつて, つつむ軍幕, なんの, ふり仰ぐと, ゆるがして, 一団の, 下って, 下りつ, 下りると, 仰ぎながら, 借りて, 出で, 出るの, 出元来, 出発した, 動かないよう, 去った, 名乗って, 和助にも, 守るため, 家と, 建て幇, 建て度いが, 建造したい, 思い出させる, 探して, 描き廻廊, 昇りその, 構えたり, 構えて, 構築し始めた, 歎く, 火の, 目的に, 知らないの, 砕き人, 築かしめた, 簫の, 組ませて, 組みあげその, 組んで, 繞り, 落すには, 見たる東安市場, 見るべからず, 観潮楼, 訪ねたの, 訪ふ, 訪れて, 調べて, 買わせようと, 迎へて, 連ね奥, 過ぎると, 金鳳と, 降り埠桟, 馳け

▼ 楼~ (50, 2.9%)

2 いうので, いって, 云うの, 云ふ, 美しい住家

1 [40件] いえば, いったり, いふに, よばれさびれて, 云うあまり, 云う割烹店, 云う家, 云う宿屋, 云う芸者, 云っても, 云ふお, 代る彼, 先代正蔵が, 号し, 号す, 名づけたその, 名づけた由来, 名づける大, 名付けそこ, 名付けられたの, 名付けられた筈, 呼ばれるこの, 呼べるは, 呼べる湯宿, 大自然, 巨躯の, 橘平楼を, 歌笑を, 申します, 異つて, 私とのみに, 義絶し, 舎利殿が, 見える, 言うやはり, 言う家, 言う赤煉瓦, 言えば, 題する次, 高瀬実乗迄

▼ 楼~ (45, 2.6%)

2 重に

1 [43件] あたしの, ええと笹屋, この家, この通り, それ一つを, たしか八畳, どちらでした, もはや昔日, よく知っ, 一流とは, 五彩に, 京都でなく, 今は, 今後も, 今第, 何れも, 俄かに, 兵隊落語小, 出演不可能と, 割烹店の, 四畳と, 売出し以前下, 夕陽を, 女の, 幾たびも, 懸崖の, 文人画伯の, 料理店松金で, 本籍を, 林標に, 浅草雷門の, 湖中の島な, 濃厚な, 眼の, 石階狭し, 第一流, 粉砕された, 若い時, 近頃渋, 鎌倉時代の, 闇と, 類焼した, 鬼斧の

▼ 楼~ (36, 2.1%)

7 を上っ 4 の下 3 を上った, を下り 2 のところ, を上つて

1 [15件] から上っ, から落ち, につかまっ, の下あたり, の欄, を上つた, を上つて行, を下りた, を下りる, を昇る, を登っ, を踏む, を降り, を馳, を駆下り

▼ 楼という~ (32, 1.9%)

4 のは 2 料理屋が

1 [26件] あれを, その土地, のが, のです, のに, 人の, 内の, 名を, 名代の, 大きい支那料理, 大きな店, 字の, 家が, 家で, 家へ, 宿屋から, 小田原の, 建物は, 待合の, 料理屋も, 料理店へ, 旅館に, 旅館兼料理屋へと, 西洋料理屋へ, 陽花植物を, 飯館で

▼ 楼桑村~ (31, 1.8%)

1 [31件] から, から出た, で多少, という地名, に住ん, に名族, に来, に永らく, に着く, の住人, の住民, の内, の劉備どの, の彼, の桃園, の水呑百姓, の生れ, の百姓, の私, の者, の茅屋, の草莽, の附近, は戸数二, へお, へそっと, へゆけ, へ帰りゃ, までは百里, まで馬, も例

▼ 楼~ (27, 1.6%)

2 落語界の

1 [25件] あった, あって, あつた, あり盥漱所, あり駒込追分, ある, あるし, かつては, わが国現代文芸の, インドの, ダンゼン他を, 一曲うたいやむ, 付いて, 出して, 出来上った時, 利かぬと, 完成した, 此処から, 美しい姿勢, 聳えて, 落せられた, 見えて, 見える, 軒を, 非常に

▼ 楼~ (23, 1.3%)

1 [23件] からありがたい, から桂子さん, が独立, が突然, とに旅費その他, と同伴, と同道, と故, と逢, と駒形, なり金馬君, には報知講堂, に感謝, の, の全盛, の句, の心, の温情, はその, は私, は記憶喪失症, を訪ねる, 入雲洞君

▼ 楼から~ (16, 0.9%)

1 [16件] お師匠さま, たえず全, のぞいたが, ひかれて, 下の, 下知した, 今しがた出, 先刻通つて来た, 号令した, 四五丁位の, 左右に, 斜かいに, 火の手を, 聞かされた, 見えるほど, 起して

▼ 楼~ (14, 0.8%)

1 [14件] あったが, あれば, なく宝樹, また師匠, めっきり寂び, よろしくという, 取潰し, 取調べられたが, 同じく潰れ, 大入叶うである, 大分左前に, 年とともに, 自店, 軒を

▼ 楼~ (14, 0.8%)

1 [14件] ぐらの下の, それに, 三亀松が, 二州楼という, 二州楼といふ, 伊志井寛も, 戦後高齢で, 断腸亭や, 月波楼へ, 歌笑に, 歌笑は, 艫に, 門造りなど, 風月などを

▼ 楼~ (13, 0.8%)

1 [13件] にあらね, にかけつらねられ, には晩餐, に臥したる, に集まる, の刑場, の左右, の町, の石畳, の記念, は陋しき一室, は雛壇, へ降行き

▼ 楼でも~ (12, 0.7%)

1 [12件] あるまいから, お玉を, きのう今日の, ふだんから, 一挙の, 乃至興華川菜館, 妓達の, 客が, 寝て, 承知の, 気がつかねえで, 羽ぶりがよ

▼ 楼では~ (8, 0.5%)

1 ありそこ, お職株, ない六畳, またし, 喰逃げが, 宋江が, 死者の, 車を

▼ 楼といふ~ (8, 0.5%)

1 チャチ支那料理へ, 家へ, 宿屋へ, 感じの, 料理屋も, 料理店へ, 牛肉屋に, 貸座敷が

▼ 楼には~ (8, 0.5%)

1 ほとんど船体, もう大勢, 九重は, 二十張の, 弩弓を, 戦捷の, 柏屋油屋備前屋杉本屋など, 知人も

▼ 楼まで~ (8, 0.5%)

2 行くと, 行って 1 ゆくと, 出かけて, 来たまえ, 来た時

▼ 楼馬楽~ (8, 0.5%)

1 が引き抜き, が現, が谷中浄名院, なぞはこの, になっ, の会, の名声, や大庭

▼ 楼~ (7, 0.4%)

1 が来た, が浮彫, だけあっ, にて遊客, のよう, の屋形, を漕げ

▼ 楼主人~ (6, 0.3%)

1 に逢, の, は縦横策, を訪, 之嘱, 在り

▼ 楼~ (6, 0.3%)

1 だの回乞, であること, という土耳古族, に向った, を中心, を起点

▼ 楼とか~ (5, 0.3%)

1 いうので, 云う家, 何とかいうべきある, 相川楼などと, 風流な

▼ 楼~ (5, 0.3%)

1 には一寸目, に三十銭, に案内, を介し, を相手

▼ 楼~ (5, 0.3%)

2 とを時 1 が破損, の屋根, は炎

▼ 楼歌会~ (5, 0.3%)

2 があつ 1 といわれる, のあった, は一

▼ 楼~ (5, 0.3%)

1 がある, と言, と言う, に往, の出入

▼ 楼あたり~ (4, 0.2%)

1 へドンナもの, へ持ち込まれた, へ通われた, よりはい

▼ 楼とは~ (4, 0.2%)

1 どこだ, どんなもの, 反対の, 場所も

▼ 楼にて~ (4, 0.2%)

1 一枝会下ざらひあり, 怪異を, 観, 食事

▼ 楼にも~ (4, 0.2%)

1 すまなかつたそれ, 冨勇の, 大分の, 甲板にも

▼ 楼より~ (4, 0.2%)

1 蘇の, 連れ来れ, 降り事済み, 高等なる

▼ 楼公爵~ (4, 0.2%)

1 というの, の, の家, の末娘美留女姫

▼ 楼劇団~ (4, 0.2%)

1 が出てる, といふの, を千秋楽, を見

▼ 楼~ (4, 0.2%)

1 かも知れない, だ, だと, の中

▼ 楼~ (4, 0.2%)

2 があっ, の窓

▼ 楼~ (4, 0.2%)

2 があっ, の前

▼ 楼~ (4, 0.2%)

1 があっ, があった, にはいった, も庭園

▼ 楼~ (3, 0.2%)

1 きくは, きく金瓶楼今紫は, 倉有明楼お

▼ 楼について~ (3, 0.2%)

2 実地に 1 当時招ばれた

▼ 楼上楼下~ (3, 0.2%)

1 にかけつらねられ, に集まる, は雛壇

▼ 楼~ (3, 0.2%)

1 にはしばしば, のもの, の評判

▼ 楼~ (3, 0.2%)

1 から右, の掘割, の緑

▼ 楼~ (3, 0.2%)

1 三治, 三治君が, 文治山陽三亀松かうなら

▼ 楼尾張屋~ (3, 0.2%)

2 の主人 1 の楼主

▼ 楼~ (3, 0.2%)

2 は市内 1 へ柳家

▼ 楼焉馬~ (3, 0.2%)

1 が判者, が認めた, など

▼ 楼~ (3, 0.2%)

1 の下, を昇り, を降り

▼ 楼あり~ (2, 0.1%)

1 また江岸, 涼風を

▼ 楼~ (2, 0.1%)

1 どこかで, 楼は

▼ 楼かで~ (2, 0.1%)

1 一挺だけ, 頭山満翁が

▼ 楼さん~ (2, 0.1%)

1 に縁, は

▼ 楼だの~ (2, 0.1%)

1 四馬路の, 酒桟だの

▼ 楼~ (2, 0.1%)

1 ので, のへ

▼ 楼での~ (2, 0.1%)

1 くず代という, 冨子との

▼ 楼などで~ (2, 0.1%)

1 先輩から, 支那料理を

▼ 楼などと~ (2, 0.1%)

1 書いた文字, 言うの

▼ 楼などの~ (2, 0.1%)

1 吉本爆笑大会など, 比では

▼ 楼などへ~ (2, 0.1%)

1 おいで, 行って

▼ 楼なども~ (2, 0.1%)

1 あった, 信長の

▼ 楼なる~ (2, 0.1%)

1 ものが, 見識を

▼ 楼にとっては~ (2, 0.1%)

1 大きな事件, 真夜中であるべき

▼ 楼のや~ (2, 0.1%)

1 ぐらの, ぐら柱にも

▼ 楼へは~ (2, 0.1%)

1 もどったが, 菊人形の

▼ 楼今紫~ (2, 0.1%)

1 が名高い, は明治

▼ 楼以上~ (2, 0.1%)

1 でございますなと, です座敷

▼ 楼何と~ (2, 0.1%)

2 典麗な

▼ 楼~ (2, 0.1%)

1 が躁, の花子

▼ 楼~ (2, 0.1%)

1 え, は何

▼ 楼~ (2, 0.1%)

2 も早くから

▼ 楼外楼~ (2, 0.1%)

1 という飯館, の下

▼ 楼小さん師匠~ (2, 0.1%)

1 からうち, の門人

▼ 楼~ (2, 0.1%)

1 に挾, に挾まれ

▼ 楼差し~ (2, 0.1%)

1 てやって来た, て進ん

▼ 楼燕枝~ (2, 0.1%)

1 であるとか, の弟子

▼ 楼玉輔~ (2, 0.1%)

1 が人形町, の自作人情噺

▼ 楼~ (2, 0.1%)

1 は廓中屈指, へひそか

▼ 楼蘭征戍~ (2, 0.1%)

2 の児

▼ 楼詩鈔~ (2, 0.1%)

1 を読む, を読ん

▼ 楼~ (2, 0.1%)

1 が天界, の弁

▼1* [194件]

あたかも活惚坊主が, 楼ある船の, 楼かにいる遊女, 楼からの荷物は, 楼からも見えた, 楼ことごとく一火と, 楼この四つの, 楼じゃ今朝っ, 楼じゃあ構わなかったっけか, 楼そのものが野戦病院, 楼それと向かい合った, 楼二階よりか, 楼よ, 楼だったら面白かったら, 楼てんで食事し, 楼であるが木材, 楼でと云うと, 楼というはその頃区長, 楼といった料理屋に, 楼とかにおるの, 楼とが竜宮の, 楼としてある, 楼としては輿論を, 楼とて旅店と, 楼とも名づけて, 楼どころだろう, 楼ので階段, 楼などといふことも, 楼などはお歯ぐろ溝, 楼なら知っている, 楼なり場所柄なり, 楼において在京長野県人の, 楼にての始末を, 楼に対するお役人衆, 楼のうめぼしくらい, 楼へでも行って, 楼また同じころ, 楼よりは歌笑の, 楼よりも眺めは, 楼の横暴, 楼カフエ・パウリスタ比良恵軒雑居屋共遊軒, 楼ていう家, 楼て云, 楼ト称スル者今其ノ二三, 楼ト謂フ可キモ亦カノ, 楼在ツテ客, 楼ニシテ三快ヲ鬻グ者ハ, 楼ニ接シテ数箇ノ小, 楼ニ独リ古キ櫃ドモ取出, 楼ニ革メ又吉野屋ニ革ム, 楼営ム, 楼一元楼などはお, 楼一楼に組み, 楼一番のお, 楼万国博覧会の層楼, 楼万龍といふ仇名, 楼上ふりさけ見たる夏, 楼上ニハ常ニ二隊, 楼上三階の端, 楼上合同五氏展を観る, 楼上月徘徊す, 楼上正面には朱, 楼上簾を捲く, 楼中把酒看, 楼九輪空に輝きし, 楼九龍池などの林泉, 楼二代目小さん先代の談洲楼燕枝, 楼云う支那料理屋知っ, 楼五重の塔など甲州, 楼の正蔵, 楼以前に僕, 楼偶記を読み, 楼備前屋の前, 楼先生ギャフンとまいった, 楼全体の自分, 楼公爵様となり, 楼内士女填咽, 楼内寂として音, 楼処処欲衝天通宵不断電車響残夜猶驚孤客眠, 楼韻得麻, 楼は前, 楼劇団旗挙をのぞく, 楼北楼を連ね, 楼十歩に一閣, 楼十門を繞, 楼千年の柏, 楼千閣は一時, 楼全境, 楼同心園という表, 楼君以外はてんで, 楼君大辻司郎君が十日間出演, 楼君都影君江畔老緑平老, 楼和井内ホテルの御, 楼四重五重六重と上, 楼国貞筆勝頼に扮, 楼土壁土塁土孔土房土窓築くに従って, 楼に佇む, 楼尽く覆る, 楼城門諸官衙, 楼多く壁色は, 楼深猶, 楼夢中の人, 楼大吉川口花屋などという意気筋, 楼大街の如き, 楼夫人が戦後, 楼を重ね, 楼の結構, 楼宮門の址, 楼小さんのたぐい, 楼小さんさんの前, 楼小勝が落語協会, 楼小春團治九里丸とあんた, 楼尾張へ行った, 楼尾張佐野槌芸人では五代目菊五郎, 楼へ自, 楼と申し, 楼山の上に立っ, 楼崇蘭館宝素堂等の所蔵, 楼帆船にはベット, 楼広くして, 楼広重の絵, 楼庭園の数寄, 楼もほとんど, 楼弄筆寄幽娯, 楼当時新進のホヤホヤ, 楼の女, 楼旅館の息子, 楼早めに自分, 楼昇龍斎貞丈尺八の加藤渓水, 楼の屋, 楼映画の愚劣さ, 楼春日清鶴今の玉川勝太郎, 楼曰ク三木楼等維們最モ群, 楼曰ク姿楼曰ク三木楼等維們最モ群, 楼曰ク常盤楼曰ク姿楼曰ク三木楼等維們最モ群, 楼書感を岩波文庫本, 楼本丸二の丸三の丸にわたる無数, 楼本金楼等は廓中屈指, 楼東大街の北, 楼柳光亭も近く, 楼森脇襄治大林古垣鉄郎, 楼橘平楼に係る, 楼櫛比舞埃城狭路電車縦, 楼欄ニ憑ツテ之ヲ観ルニ, 楼欄外大湖開, 楼殿舎碧閣ことごとく火, 楼に天王像, 楼波川ながしと共に, 楼浪曲を唸ったら, 楼渓水と後, 楼漫筆に依れ, 楼煙火を見し, 楼燕枝蔵前の師匠, 楼玉輔春風亭柳枝入船米蔵がある, 楼生気のない, 楼甲子楼本金楼等は廓中屈指, 楼画学斎その他の号, 楼界隈の米沢町, 楼百圓の三人会, 楼盛糸がこと, 楼起する, 楼矢倉隙間もなく, 楼矢狭間が諸, 楼秋影似東山, 楼程度に未来, 楼笑名と号, 楼一の, 楼等々まだまだその, 楼等維們最モ群, 楼簾裡に黯淡たる, 楼紫殿玉の欄干金, 楼船海に浮ん, 楼菊屋に往, 楼と記, 楼薬庫山池泉石尤具す, 楼蚊蠅絶てなし, 楼のあの, 楼観音寺唐絵と云はん, 楼詩集の著者, 楼躑躅が崎, 楼行き久々, 楼といえ, 楼酔書を始め唐韓, 楼金語楼小三治, 楼金馬現下の正蔵, 楼銀馬の需, 楼長屋のいら, 楼閣悉ク銀映緑彩, 楼闌敦煌というよう, 楼隆恩門に我が, 楼集一巻である, 楼の旗, 楼高きところ, 楼高閣の俗境