青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「極端~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

椿~ ~業 業~ 楯~ ~極 極~ ~極めて 極めて~ 極度~ ~極端
極端~
楼~ ~楽 楽~ 楽しい~ ~楽しみ 楽しみ~ 楽屋~ ~概念 概念~ 榮~

「極端~」 1618, 17ppm, 6530位

▼ 極端~ (688, 42.5%)

24 云えば 15 いえば 10 なると 8 言えば 7 いへば, 云へば 5 走って 4 いうと, なって, 至ると 3 なつて, 嫌ひ, 言へば, 走つて, 達して

2 [36件] これを, して, なっては, 云うと, 内気な, 分裂し, 制限し, 同情し, 吝嗇である, 吝嗇な, 大きくて, 失して, 奔放である, 嫌いながら, 嫌う仏教徒, 嫌って, 嫌ふ, 小さくした, 徹底し, 恐れて, 意地が, 持って, 気が, 現はれ, 発達した, 簡素な, 脅えて, 行き過ぎると, 西洋臭い, 誇張し, 警戒し, 警戒性の, 貴族的な, 走らせるの, 走りやすい, 趨る

1 [513件 抜粋] あげた象限電位計, あった, あっても, あらわれて, あるが, あるスペイン人, ある科学者, いぢめ, いふと, いふならば, いやがり半ごろ, いやな, いらいらした, えらい人, おしすすめられたもの, おそれた, おそれたり, おそれるの, かたより過ぎると, きたない狹, きらいな, きらって, このいずれ, この時代的陰鬱, こんどは, さかのぼってだけ, さけて, しすぎるので, した, したの, じみな, そうであった, そぐわぬもの, その人形, その名, その意味, それに, たとへれば, ちがったもの, つましくした, とれなかった, どつ, ないから, なった場合, なりいま, なりがち, なりますと, なる, なるもの, なれば, のん気, はしりて, ばかげた話, ばかな, ぱちぱちさせ, ひどいの, ひろげて, ほそい小さな, みすぼらしいナリ, みすぼらしい姿, みすぼらしい樣子, むら気な, めぐまれて, やさしい職務上, やすいこと, やって, ゆく傾向, ゆるがされて, わかりが, デリケートな, ヒステリックに, ヒステリーみたいな, マチエールを, 一致させられた, 丁寧な, 下つた, 不均衡, 不安定な, 不潔に, 不良で, 与えようと, 乏しいの, 云って, 云ひすぎます, 京と, 人みしり, 人工的の, 人格化された如き, 人目を, 人間の, 仲の, 伸し描写性, 位する二種, 低下せしめ, 住民を, 佐久気質を, 何も, 俯いて, 個人の, 倫理的な, 倹約で, 倹約吝嗇の, 偏らせる彼, 偏執的である, 健康である, 働いて, 億劫がる, 元気そうには, 公生活のみが, 内気で, 冥罰や, 冷静で, 凡そ売色, 出て, 出るし, 分れて, 分離する, 切りつめて, 切り詰められ皆顔, 利己的である, 刺戟し, 力を, 力説せられ, 劣悪に, 助からないといふ, 助長させ, 勘定高かった, 単純な, 単純素朴な, 厚いもの, 厳粛な, 厳重に, 反対な, 口下手であった, 右の, 同情の, 君主独裁的な, 吝嗇で, 呪詛し, 味わうところ, 味覚の, 唯物主義的である, 商売姿を, 單純に, 回避し, 困つて, 困難です, 困難な, 図々しい女, 固定させ, 土地の, 堪えがたい事, 変わった代理役, 変化させたら, 変化した, 外国語を, 大きいこと, 大衆的に, 太陽光線ばかりを, 失しはなはだしく, 失するに, 失すれば, 奔った, 奔つて危険を, 奔らざるを, 奔られない, 奔り, 奔れ, 奢侈を, 奴隷的の, 好んで, 嫉妬の, 嫌いました, 嫌う氏, 嫌ひである, 嫌ひな事である, 嫌われるよう, 嫌悪した, 子供を, 学校生活という, 安い原稿料, 官僚的な, 実行した, 実行する, 家と, 尊ばれて, 對する, 導いて, 小さい経済的基礎, 小さく見える, 小遣を, 少ないという, 少ないの, 少なかった, 少年の, 履き違, 崩れたの, 巧妙な, 常軌を, 平和的な, 幼稚拙劣な, 広げられました, 延長した, 弊害の, 引延ばすなら, 弱りきって, 強烈な, 強硬だ, 強調され, 弾圧され, 形式的に, 役者の, 徹底される, 忌んだの, 忌んだニル・アドミラリ, 忌避する, 怖れる, 怖ろ, 急激に, 性質を, 恐れた父君, 恐れも, 恐れる, 恐れわなないた, 恐れ遠慮, 恐れ避けながら, 恐怖し, 悪いことずくめ, 悪いころ, 悪い代り, 悪く云, 悪く或, 悪魔的でありうる, 悲ま, 悲観的な, 惨めな, 想像し, 意味を, 愛すると, 慇懃である, 憂欝そうな, 憎むこと, 憎んだ, 應用した, 我々が, 払底な, 抑えた所, 投げやりな, 押えられた食物, 押しつめれば, 拙者を, 排撃しました, 排撃する, 排斥し, 排斥した, 排斥する, 掛り合ひ, 推して, 推論せられ, 描くこと, 揺すぶられて, 摸倣し, 攻撃を, 放縦無, 放縱, 數理の, 新しがり, 於て, 日本的な, 昂まった, 昔を, 暑気の, 曲げられ或は, 最後の, 東京の, 根本的である, 武を, 残忍な, 残虐だった, 気に, 気短かな, 求むる所, 治安を, 派手に, 流れたる近世, 流れると, 流れ任意, 流れ易く, 流行ふうな, 涙もろく, 淫猥な, 淫蕩だった, 深刻強烈に, 混濁した, 清浄を, 減らして, 減少し, 潔癖な, 激しく生死, 激昂し, 激昂した, 激越に, 灰色を, 無口に, 無智, 無頓着な, 煽り立てて, 燃えて, 物足らない, 独り歩きを, 狭いもの, 狹隘なる, 現された人, 現した二例, 現れ二十四五, 現実主義で, 現状を, 生かすこと, 生命を, 生活を, 用いたり, 用いて, 用ひられる, 用ゐ, 申しますと, 申せば, 男尊女卑の, 異常な, 痩せ細った男, 発展させ, 発揮し, 発揮した, 発達させる, 發動した, 發達し, 皮相的な, 皮肉に, 目立つて, 相反した, 省略された, 短いばかり, 短い人, 短い形, 短い彼, 短い裾, 短くな, 神秘的な, 神経質だ, 神経過敏に, 神聖な, 神聖視し, 窮し, 立たせられ観念, 簡単に, 粗野な, 粗雑に, 精巧を, 糠味噌くさい, 純潔だった, 純粋な, 紛乱し, 細かい区分, 綺麗に, 緊張した, 緊縮されてる, 緩徐に, 縮めながら, 縮小した, 罵倒し, 考えるの, 考えれば, 考へたい気持, 考へ過ぎたらば, 聞えようが, 肉的な, 肉食者を, 脅かされた, 臆病である, 自分の, 自分を, 自己を, 自然に, 自然物の, 自由で, 自説を, 至って答え, 至らざるも, 至らば, 至り一は, 至る跳躍, 苦しい立場, 荒されて, 落ちること, 著実に, 蓄音機の, 薄くしない, 薄れて, 虐待し, 行くと, 行けば, 行ったもの, 行はれ, 行はれた, 行ふ, 表すとしましても, 衰弱し, 被告の, 西洋流の, 要求される, 親密な, 解釈すれ, 言うけれど, 言うと, 言へ, 詮じつめれ, 誇張された, 誇張した, 誇張する, 説けば, 論じつめなくつて, 論ずれば, 警戒する, 議論を, 貧く, 貧乏し, 貧乏だった, 貧困化し, 貧窮である, 貪慾なる, 賤しんだ, 質素な, 走らないこと, 走りたりき, 走り易い, 走るお, 走ると, 走るに, 走るの, 走るは, 走る人, 走れり, 起こって, 軽蔑さえ, 軽蔑した, 軽蔑する, 軽視された, 近い一種, 近い山, 近く実際, 追究する, 進める前, 進んで, 遂行した, 過ぎて, 過ぎると, 道具を, 達したもの, 達したる時, 達した時利他主義, 達せしもの, 違つて孤寂を, 遠慮深い, 遠方からという, 遵奉し, 避けよう, 避ける形, 醜い男, 醜くかった, 重くみる, 重んじて, 重んずるから, 重んずる大名華族, 重大に, 野蛮人と, 金兵衛を, 鋭敏な, 長い人, 開放的であった, 防遏しよう, 陥らなかったため, 陥りましょう, 陰気な, 離れた常識家, 静かであった, 静まり返って, 靜かで, 非生活的人, 面倒ぐさがった, 頑迷な, 類型化した, 食ったり, 食つ, 食は, 食わなかったり, 馳する, 馳せ遂に, 駆り去るほどに, 高調した, 高調すれ, 髪や

▼ 極端~ (552, 34.1%)

12 例を 11 場合を 8 ものは 6 例は, 場合には 5 ことを, のは, もので, 場合に, 場合の, 場合は 4 例である, 例に, 言ひ 3 ものに, 例で, 反感を, 場合である, 形で, 言い方を

2 [20件] ところを, ものでなく, んです, エゴイストに, 一つの, 不自由の, 例だ, 例では, 個人主義の, 反感に, 場合が, 形に, 憎悪と, 戯画に, 潔癖家だ, 無一物であり, 結論に, 言論抑止と, 誤解を, 革命的方法と

1 [409件] あらわれの, いじめ方を, くらい不自然, ことが, ことには, ことは, だけだ, だんまりや, つき合いの, ですから政府, ときにはむしろ複雑微妙, ところまで, のが, のだ, のです, ので彼, ので男子, ので遂に, のになる, のも, はにかみ屋が, はにかみ屋の, ほどで, ほど堅固, ほど病気, までに偶像化, までに舞台上, までに行われ, までの距離差, までの迷信, ものだ, ものであった, ものまで, ものも, ようです, る説を, んだろう, アブノーマル, イーゴイストである, エゴイスティックな, エロ, コントラストが, タイプが, ドイツ式な, ニヒリストにも, ヒステリックな, プロ式武人政治を, ボヘミアニズムを, マンネリズムが, リアリストが, ルーズさという, ルーズさといふ, 一例である, 一例と, 一例は, 一例を, 不幸, 不思議が, 不自由と, 不養生を, 世界を, 中毒状態には, 主観論である, 乱暴さで, 事でなく, 事は, 事を, 二つの, 二重人格の, 享楽児で, 人工的の, 人情本を, 人殺しの, 人間であった, 人間中心主義で, 仕打ちに, 代表物が, 例から, 例さえ, 例であっ, 例です, 例でだけ, 例として, 例としては, 例としても, 例の, 例外を, 供物の, 保守主義と, 保守主義の, 保護政策を, 信者と, 個人主義に, 個人主義を, 個人主義的思想が, 倹約を, 偏執が, 傲慢さと, 傾向が, 傾向を, 党派心を, 共産的制度が, 写実を, 写実主義者, 冷淡さを, 凡ての, 処に, 処置を, 利己主義と, 利己心に, 制限, 制限の, 刺戟を, 労働嫌いの, 厚かましさ, 反僧侶主義者, 反動政治を, 反動的偏見を, 反動的政治を, 反意語を, 反感が, 反抗の, 反撥が, 取り合わせを, 取越苦労の, 古いもの, 和洋折衷の, 唯心的名人生活や, 唯物主義的な, 唯物的人生觀に, 唯物論者であった, 問題で, 国家主義, 国家主義とから, 国家主義専制的な, 国民皆兵主義の, 國家主義と, 圧迫を, 場合で, 場合であった, 場合です, 場合でなく, 場合として, 場合としては, 場合にのみ, 場合をも, 変人である, 変化が, 変化を, 夢想家で, 夢想家に, 夢想家にこそ, 大戦争, 女郎に関する, 娼婦型の, 嫉妬と, 嫌悪を, 嬌態に, 学派が, 実例を, 実際的限界, 宣言まで, 家族制度の, 寒さ, 實例です, 實例を, 対比であった, 対比というかも, 対照, 対照の, 対照を, 対象を, 専門化都会と, 尊攘派で, 對比が, 小市民性, 小心者な, 小男で, 工夫を, 帝国主義日本を, 平和主義を, 弊害を, 弱さ, 強さ, 強圧を, 形が, 形式主義を, 形式的孝行は, 形態の, 御馳走の, 微行は, 徹底と, 心理遺伝, 忠告をも, 怒りの, 性格も, 性欲或いは, 性的の, 性質で, 怪しい写真, 恋歌ばっかり, 恐怖と, 恐怖の, 悪性を, 悪戯好きの, 悪魔的な, 悲しみが, 悲惨は, 想像とから, 想像を, 意見です, 愛撫に, 愛欲の, 感情を, 憂鬱であった, 憂鬱の, 憎悪を, 戯画的な, 所まで, 手本を, 抑圧の, 指導者の, 放逸さに, 整理案でありました, 文化文学上の, 文化破壊と, 文化運動つまり一人よがり, 文字が, 新しいもの, 新傾向, 新學心醉者, 新運動, 方針が, 明るさ, 明察力を, 暴圧と, 月並調ばかりの, 服従を, 服装の, 望みは, 束縛と, 柔順さの, 楠公崇拝の, 様式化が, 様式化と, 機械説な, 機械説の, 欠乏から, 欠乏に, 欧化主義への, 欧化主義者の, 欺瞞は, 武権政治が, 死の, 死滅論者で, 殺人状態の, 殺人的操法を, 比率は, 民族尊重の, 気持が, 気持に, 江戸ッ子保護と, 注意と, 洋学嫌いであった, 活躍の, 派手ずくめの, 浮気性という, 深度の, 清廉潔白と, 満員, 演説口調は, 漢学崇拝者でありました, 潔癖から, 潔癖の, 潔癖は, 潔癖屋だった, 無口と, 無常観や, 無抵抗主義が, 無抵抗主義に, 無政府主義者, 無智, 無理解, 無神論の, 無神論者で, 無神論者である, 無邪気は, 父の, 物交によって, 狂信ぶりで, 狂暴さで, 猜疑心などが, 猜疑心を, 現はれ, 現れな, 現実的観念を, 生命の, 異常な, 異本である, 疑惑と, 疲労を, 痛罵冷笑の, 癇癖は, 癖が, 発達は, 盲目沙汰だ, 省略, 眞似, 社交性と, 社会主義, 社会愛国主義者とさえ, 神経の, 私刑を, 科学研究熱に関して, 程度から, 程度にまで, 積極へと, 空想であっ, 窮乏によって, 窮状飢餓と, 窮迫に, 筆法では, 筋を, 筋肉の, 答であった, 節約家の, 節酒家である, 節食は, 簡易生活を, 粗食, 粘着力の, 精神を, 絵を, 絶望を, 緊張の, 緊縮政策を, 罵詈讒謗を, 考えだ, 考えを以て, 考へを, 腎臓病に, 臆病さとが, 自己卑下の, 自殺未遂行為を, 自然本位の, 自然科学的唯物論者に, 自由思想をでも, 色盲であっ, 芝居では, 苦悩であり, 荒い事, 菜食主義者と, 落着きに, 蔑視を, 虚無主義者だ, 融通性を, 行いを, 行動の, 行動は, 表情の, 表現の, 表現を, 表現派の, 西洋崇拝に, 西鶴の, 見方の, 覚悟が, 解放と, 解釈は, 言い分かは, 言葉さえ, 言葉で, 言葉を, 言語を, 話で, 話である, 話に, 説を, 論も, 謙遜で, 謙遜も, 謡い嫌いに, 議論だ, 議論に, 議論も, 議論を, 貧しさ, 貧乏嫌ひだつた, 貧乏生活には, 貧窮不幸により, 貧窮状態に, 貧血と, 質素簡易な, 軍国主義か, 軍国主義に, 辛辣さが, 近代人の, 迷信家に, 進歩主義を, 遠慮さの, 遠慮といふ, 錯覚すなわち, 門閥と, 附和雷同性と, 陋劣な, 隠遁生活を, 静けさを, 靜けさを, 頑固な

▼ 極端なる~ (76, 4.7%)

2 ものは, 個人主義を, 写実の, 殆ど無, 法治主義に

1 [66件] が如くなれ, むしろ病的, もので, わが日本, を笑, ジャズバンドの, ローマン主義の, 一例は, 一言の, 不自由を, 侮辱の, 保守反動思想と, 個人主義に, 個人主義利己主義唯物主義拝金主義に, 個人主義刹那主義を, 個人主義放任主義或, 克己の, 公羊の, 共和主義なり, 再建説を, 利己主義に, 利己主義者と, 副詞である, 労働階級の, 厳正批判と, 国際主義, 場合には, 変態心理が, 天然神話説を, 奉公を, 実際派, 弱蟲卑怯者佞人惡人, 急進説と, 恐迫觀念, 愛國的態度は, 懷疑の, 拙劣さは, 旧思想, 樂境に, 此二人の, 申やうにも, 画風は, 異常事件の, 矛盾を, 社会愛国主義的立場を, 社會主義者幸徳傳次郎外數十名は, 神権政治を, 神權政治を, 禁欲生活を, 簡易生活に, 自己肯定の, 芸術を, 苦境から, 苦痛は, 英雄豪傑聖人善人と, 虚想派を, 行動といふ, 行為は, 誇張である, 資本家階級の, 軽べつに, 軽侮圧迫を, 近藤讃美から, 通貨收縮を, 部分的の, 非文章論

▼ 極端~ (46, 2.8%)

2 例で, 例では, 例を, 俗語を, 保守主義を

1 [36件] ところだけ, ところに, ものを, ゆえに, リンショクにも, 一例でありまし, 一致で, 不自由なし, 事を, 例である, 例に, 例の, 出来事を, 反感を, 和算主義者は, 喜怒は, 場合に, 場合は, 宗教信者と, 宗教嫌いの, 對照を, 悲哀かくの, 悲観論を, 悲觀論を, 感懐秋風に, 極端の, 空論に, 米國崇拜と, 苦痛に, 苦辛に, 覚悟を, 言葉を, 説である, 譬だ, 間に, 間を

▼ 極端まで~ (37, 2.3%)

1 [37件] ずうと, その力, ちがった個性, もって, やるので, ゆくこと, 上昇する, 中核に, 主張する, 変化し, 妥協を, 左右に, 強調され, 應用した, 押されて, 押しすすめられた完全, 押して, 押しやりそれら, 押し詰め徹頭徹尾, 押詰めた, 持って, 推し及ぼすと, 描が, 来て, 発展させた, 窘縮させよう, 緊張した, 脂肪分に, 行かなければ, 行くと, 行くん, 誇張し, 誇張せられ, 辿って, 追い詰めた事, 邪推を, 駆られ恐ろしき

▼ 極端にまで~ (25, 1.5%)

1 [25件] いたれば, すっぽんの, なって, やって, やる事, 人間的な, 使用した, 切り詰め省略, 厭うべき文字, 実行を, 押しすすめた表現, 押しつめて, 押し進めたの, 押し進めて, 持って, 攀ぢ登り, 無視され, 立ちいたる時, 結晶せしめた, 行くと, 行われる可能性, 行われる場合, 表現しよう, 走るかも, 進みては

▼ 極端から~ (24, 1.5%)

5 極端へ 4 極端へと 3 他の, 極端への 2 極端に, 極端まで 1 ほぼ等しい, わずか十二秒, 云えば, 極端や, 極端を

▼ 極端~ (18, 1.1%)

1 [18件] あゆみて, 予想する, 好まない, 好む女, 寄せて, 恐れて, 想像し, 想像す, 想像する, 意味する, 現して, 現わし, 行わんと, 覚悟し, 言い表すため, 言って, 論ずれば, 越えて

▼ 極端~ (15, 0.9%)

3 拙の 2 極端の 1 なったこと, なったよう, なつて, なり到底, 思はれる程, 極端だ, 極端とが, 極端とは, 極端とを, 難ぜられたほどに

▼ 極端~ (13, 0.8%)

1 [13件] あつた, こうした政治的活動, しかも習慣的, どうかする, はありません, はある, はなかっ, はなかつたらう, は困る, 最大級の, 百合子が, 而も, 肉が

▼ 極端~ (9, 0.6%)

1 これまた, ございます, ないとて, 京人形だ, 全く同じ, 創作即, 多くの, 己れ, 相接触

▼ 極端~ (8, 0.5%)

1 し彼等, とか世中, としても教育者, とは云, と云, と人, 両立すべき, 第一

▼ 極端~ (6, 0.4%)

1 彼を, 態度を, 氷の, 移り変わって, 走った, 馳せて

▼ 極端へと~ (6, 0.4%)

1 代わる代わる移って, 移って, 移りゆき全的信仰, 移り変わって, 走った, 走りやすい

▼ 極端~ (5, 0.3%)

1 往々に, 相合う, 相接する, 華厳の, 食肉であるなら

▼ 極端である~ (4, 0.2%)

1 が弁当, にも拘らず, 真宗とは, 禅宗と

▼ 極端として~ (4, 0.2%)

2 平岡と, 父子絶縁の

▼ 極端とは~ (4, 0.2%)

3 毫も紛 1 又尤も

▼ 極端には~ (4, 0.2%)

1 スリルが, 更に優れた, 混雑しない, 考へないで

▼ 極端にも~ (4, 0.2%)

1 のしたるも, のしたるもの, 厳格枯淡偏狭単一なる, 耐へ

▼ 極端~ (4, 0.2%)

1 されると, されるの, したもの, するの

▼ 極端です~ (3, 0.2%)

1 から木, けれど, ね

▼ 極端への~ (3, 0.2%)

1 この振幅, 気分の, 飛躍の

▼ 極端より~ (3, 0.2%)

1 他の, 極端に, 生ずる慰藉

▼ 極端であっ~ (2, 0.1%)

1 てはならない, て人間

▼ 極端でありません~ (2, 0.1%)

2

▼ 極端であろう~ (2, 0.1%)

2 と思われる

▼ 極端でない~ (2, 0.1%)

1 までも実際, 限り家元として

▼ 極端な思ひ~ (2, 0.1%)

1 つきに, 入れの

▼ 極端な遣繰り~ (2, 0.1%)

2 をし

▼ 極端~ (2, 0.1%)

1 なあ, 過激が

▼ 極端~ (2, 0.1%)

2 を制馭

▼ 極端論者~ (2, 0.1%)

1 の誇張, の説

▼1* [39件]

極端かというと, 極端かとも思われる, 極端かも知れませんが, 極端で言っ, 極端でありあまりにも, 極端でなれない人は, 極端でも許されると, 極端で活きている, 極端というものは, 極端とが偶然に, 極端としか私には, 極端とを対照する, 極端なうたぐりと感傷, 極端なおびえから極端, 極端なふざけたやうな, 極端ならしめて人類, 極端なりというべきである, 極端なるべしとは夢, 極端な云い分では, 極端な叱りをうけた, 極端な片寄りと文字, 極端な行詰りを投げやり, 極端について見れば, 極端にわたるのを, 極端に対する好みを, 極端この間は, 極端内股デ, 極端不法であること, 極端兇暴で有るに, 極端奇抜な心理遺伝, 極端でおどろかした, 極端押して行かう, 極端も月, 極端は忘れない, 極端追ひ詰めた, 極端過ぎたかも知れん, 極端過ぎますね, 極端過ぎるのも, 極端過激なる議論