青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「最初~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

書生~ 書籍~ 書類~ 曹操~ 曾~ ~最も 最も~ ~最中 最中~ ~最初
最初~
~最大 最大~ ~最後 最後~ ~最早 最早~ 最近~ 最高~ 會~ ~月

「最初~」 12438, 129ppm, 820位

▼ 最初~ (5069, 40.8%)

194 うちは 26 ものは, 日から 22 間は 18 日の 17 日は 16 うちこそ, 人は 15 日に 14 もので, 中は, 内は, 印象は, 時は, 欲望の 12 ほどは, ものと 11 時から, 目的は, 言葉を 10 ものである, 夜の, 瞬間から 9 ように, 人である, 時の, 晩は, 言葉だった 8 そして最後, ものが, 一年は, 動機は, 目的を 7 一撃で, 一言を, 人で, 大地震, 記憶は

6 [12件] うちの, 一瞥で, 印象が, 徴候は, 接吻を, 時であった, 晩から, 男が, 考えは, 試みを, 部分は, 頁に

5 [27件] ころの, ものだった, ものであった, ような, 一と, 一人は, 人が, 人の, 光を, 印象を, 問ひ, 声を, 子音の, 手紙が, 手紙に, 晩に, 晩の, 発見者が, 発見者たる, 考えでは, 言葉が, 言葉で, 言葉は, 計画では, 計画を, 論文を, 足代に

4 [39件] あいだは, ものを, ミサを, 一句は, 一撃を, 一瞬間に, 一節を, 事件は, 五百年は, 人だ, 冬は, 冷たい言葉, 嘘を, 報告を, 夜から, 夜に, 夜は, 年の, 恋を, 手紙を, 接吻の, 日と, 日には, 時に, 目的が, 短篇集, 私の, 稽古を, 約束に, 経験であった, 経験は, 者が, 言葉, 計画は, 試みであった, 試みに, 階段を, 頁を, 頃は

3 [73件] ことで, ことであった, ころから, ときの, は, もの, ものだ, ものであり, ものな, 一つの, 一つは, 一人が, 一分間を, 一回は, 一夜を, 一撃が, 一杯を, 一発で, 一瞬に, 一週間が, 事は, 事を, 二つの, 二三日は, 人であった, 仕事を, 会見の, 会見は, 作, 光が, 具体的な, 動機から, 印象で, 印象の, 問は, 夜私は, 家の, 希望を, 形で, 形を, 心に, 意味は, 感じは, 方に, 方の, 星が, 時と, 時には, 最大の, 朝の, 歌は, 状態に, 発作に, 発見者である, 目的の, 瞬間の, 程は, 約束を, 経験である, 考えの, 船で, 花を, 解決は, 言葉であった, 計畫, 訪問の, 詩は, 講義は, 部分の, 頁から, 頃の, 駆落ち, 駭き

2 [335件] あれほど, うちだけ, うちに, うち少から, うち彼は, お弟子さん, お手紙, がそれ, ことかも, ことである, ことばだった, ことばを, ことを, ころは, そしておそらくは, そして最も, その日, それへは, ときと, ときに, ときは, ところで, ねむりを, は大人, ひとりと, ひと言で, ものであります, ものとして, ものの, やうに, タッタ一粒の, ダンネベルグ事件から, ドイツの, プランを, ペエジを, モデル台に, レコードを, 一二回は, 一二年は, 一人として, 一口を, 一句から, 一太刀を, 一字の, 一年間は, 一撃に, 一日の, 一日は, 一時間は, 一杯だけは, 一歩は, 一滴を, 一番は, 一発が, 一発しか, 一発は, 一目では, 一瞥から, 一章を, 一節が, 一葉に, 一行から, 一言で, 一週間ほどは, 一部分, 一頁を, 三つの, 三年間は, 不幸は, 不思議な, 主の, 主催者である, 事件で, 二つは, 二つを, 二三回は, 二三小節で, 二三枚は, 二人が, 二人は, 二十五年で, 二年間は, 二言三言で, 交渉は, 人, 人々の, 人では, 人でも, 人と, 人に, 人を, 人生を, 人間が, 人間と, 仕事な, 仕事は, 会合を, 会長には, 位置が, 位置に, 作品は, 兆候は, 光は, 光りが, 内に, 内閣役割案には, 冬の, 処に, 出が, 出会の, 出版は, 出発点である, 出発点に, 判断に, 創作集は, 勝利の, 十年間は, 午の, 半月ほどの, 印象であった, 危機には, 危機を, 原因が, 反省が, 哲学の, 哲学書である, 問題だ, 問題と, 問題に, 問題の, 問題は, 喧嘩の, 嘆願書の, 塾生と, 塾生に, 声であった, 声である, 夜であった, 大プリマドンナ, 大学が, 夫, 女が, 女である, 女性の, 好い印象, 妻は, 姿は, 姿を, 子を, 子供が, 子供の, 定義は, 実践者に, 射撃を, 小さな焔, 小節を, 小説を, 希望は, 年であった, 年に, 年は, 幼時を, 弟子と, 弟子は, 形である, 形式の, 形式を, 形態を, 彼の, 得意と, 御來園, 御手紙, 徳利をからに, 思出が, 悪魔の, 悲哀の, 意味が, 意気が, 意気込みが, 意見だった, 感傷を, 感動が, 感情生活の, 態度を, 戦争から, 戦闘の, 手掛りは, 手柄話で, 手段として, 手段は, 手紙で, 手紙は, 挨拶だった, 挨拶の, 授業の, 接触に, 提案を, 教師, 敬意を, 文化の, 文句を, 文学的熱情を, 文明を, 文章, 方は, 方針を, 旅行だった, 日, 日が, 日である, 日曜の, 日本の, 日本司教マルチネスが, 時代には, 時期に, 晩, 晩が, 晩なかば眠りに, 晩を, 晩ホテルの, 書簡は, 最後で, 月の, 月給を, 本の, 枝に, 校正刷りを, 機会が, 機会であった, 機会に, 歌が, 歌劇, 段階に, 段階は, 洪水の, 満員電車に, 溜り水を, 火を, 無罪宣告の, 燕ぞ, 現れは, 現われ, 現われは, 現象に, 理想的大隈内閣は, 生命の, 用役を, 申込みを, 男性, 留学生で, 発見者は, 登山と, 目標を, 目的通夫人と, 目録が, 真実であり, 瞥見である, 瞬間には, 知己で, 短篇小説が, 石の, 神と, 移民が, 種と, 立案を, 第一回, 筍を, 米国領事ハリスが, 精神変調が, 約束は, 素足の, 細君の, 経験では, 結婚の, 經驗で, 緊張の, 練習を, 縁は, 罪は, 罪を, 考えを, 者の, 聖体拝受の, 脱盟者, 脳溢血を, 興味を, 良人の, 血潮が, 行動は, 解決より, 記念の, 記憶が, 記憶である, 記憶に, 記録であろう, 訪問は, 設定の, 試みが, 試みにおいて, 試みは, 試作なりき, 詩を, 話を, 課程で, 講演を, 趣意が, 軽微な, 通りに, 部分, 部分が, 部分である, 部分を, 部屋は, 長州征伐は, 長篇小説, 関係を, 関所で, 雛菊を, 電車に, 靈魂の, 音, 音が, 頁の, 頃かも, 頃その, 頃には, 願ひ, 願書は, 願書を, 顫え, 食事が, 首領は, 駕に, 驚きの, 魂の

1 [3176件 抜粋] あいさつだった, あの新鮮, うちしどろもどろな, うちテナルディエ夫婦は, うち夢うつつに, うち朝倉先生に対する, うち額に, おぼろげな, お客な, お茶を, から破っ, が謙遜, ことによって, ごあいさつ, じぶん, そして恐らく, その一句, それかも, たった一つ, ときにこそ, ところへ, どよめきが, はまだ, ひとが, ひと束が, ほうは, まとまった論文, ものたり, ものという, やらはれ人百合, アフリカ横断であります, イデーは, カラ一枚で, ギョッと, ケドキすなわち, サラセン侵入を, スケッチから, タンドル・コネサンス, ニルヤは, パン屋の, フランス式に, ベエゼを, ホッブズの, ポルトガル人の, メロンが, モノが, リズミカルな, ロマンチズムを, 一つなどは, 一センテンスを, 一二作は, 一人だったろう, 一分さ, 一匹から, 一問一答の, 一回だけは, 一字を, 一年ほどは, 一念を, 一手九四歩は, 一日から, 一月は, 一本突きさえ, 一枚の, 一歩で, 一滑りを, 一皮を, 一瞬間だけ, 一筆から, 一行が, 一転機が, 一閃が, 七年間は, 三冊も, 三四年間は, 三月二十七日日付の, 上京で, 上演における, 下宿の, 不運いわば, 中かなり, 主人公である, 主観化の, 九月は, 予定を, 予想ほどには, 事である, 事實は, 二つが, 二三分間は, 二三日を, 二三枚位を, 二冊を, 二千五百年の, 二年間という, 二晩は, 二通を, 五両以来返金する, 五字は, 五百年即ち, 交通, 亭主とは, 人であり, 人生教訓の, 人間を, 仏教が, 代表者が, 企てだ, 休暇であった, 会員名簿には, 会頭に, 住民の, 佛は, 作を, 作品として, 使いと, 來訪の, 依頼者を, 保護國統治者たる, 修行場, 値段では, 傾向が, 元日である, 先生は, 入学試験, 公許の, 六時間には, 共産党事件暁民共産党事件に, 冒険が, 写経は, 凜と, 出奔は, 出版である, 出発点で, 出立を, 切り穴から, 利が, 刺戟僞り, 割には, 劇的面会は, 功臣開田二郎の, 勇気も, 動機などは, 動物は, 勢いにも, 勧告とでも, 十五分を, 千七百二十米の, 卒業生で, 印を, 印象でも, 印象記は, 卷に, 原子爆弾で, 原稿では, 又は最後, 友達であり, 取り調べの, 口言葉では, 叫び声を, 同志浪人の, 君に, 命令とともに, 咎, 唐鍬を, 問答に, 喚問者として, 器物を, 四半期は, 四重奏曲や, 困難は, 土台から, 地圖である, 地震によ, 執筆当時の, 場で, 場面に, 声油蝉も, 夕立が, 外国語学校教授に, 夜より, 夜慣れない, 大きい地震, 大仏の, 大政治家, 大砲の, 大言に, 天皇, 夫であった, 夫婦連れが, 奇怪な, 女, 女優に, 女御で, 女性は, 好結果, 妻, 妻奈保子の, 姿が, 婦人の, 嫌疑者である, 孔が, 存在地に, 守護の, 実物創作だ, 客恨めし, 室に, 家出から, 宿場で, 寫しは, 對象と, 小休止, 小説である, 就職が, 屍体の, 山陽が, 川に, 市議選挙演説会である, 師でござる, 幕, 平次の, 年には, 幻滅の, 店では, 廊下へ, 建設者を, 弟子で, 弱い部分, 形であった, 形成は, 御仏飯, 御業, 徳である, 心得, 心積りだ, 思いつきを, 思想と, 怪しい音, 恋人と, 恐怖が, 恩寵の, 悲しみが, 悲鳴と, 想像が, 意味を, 意気盛んな, 意氣が, 愛であり, 愛撫の, 感想を, 憧れ言, 戦争に, 戦死者に, 戯曲に, 扉は, 手引きには, 手懸りと, 手紙と, 手配りを, 批評家だった, 折檻が, 持参金だけは, 挨拶は, 授業を, 探偵恐怖劇興行者兼現代稀有の, 接吻をでも, 提出といふ, 揺れと共に, 支那學者である, 放心状態が, 救いと, 敬義学校の, 数滴は, 数語は, 文化現象を, 文字と, 文学士で, 文献だ, 斧を, 新憲法, 方法として, 旅客機墜落の, 日々に, 日からの, 日とともに, 日曜は, 日本人であった, 日白状し, 日集まった, 時でも, 時よりも, 時分の, 晩ごはんの, 晩にも, 晩僕は, 晩餐会の, 曲が, 書簡において, 最後であった, 最高の, 月給は, 朝どんな, 朝湯は, 木曜日に, 李朝陶磁展を, 束縛から, 東京監獄の, 格好な, 植民地サン・ミゲルな, 概念に, 構想の, 横断太平洋定期就航船は, 機会だった, 機械を, 欧羅巴人として, 歌劇の, 歓ばしい出会い, 歩みと, 段から, 母いざ, 民藝展が, 気色とは, 江戸案が, 沢を, 治安維持法制定の, 法王なれ, 洋式船舶建造の, 活字聖書は, 海水浴ノンキだ, 清教徒移民は, 準備は, 漁獲の, 火に, 火花の, 無作法な, 煎じ出し, 熱中し, 爆発から, 爾雅よりも, 物に, 特色は, 犠牲者だった, 犧牲とともに, 状態の, 独奏会に, 独立的な, 狼火を, 王が, 王福は, 現場發見者の, 理知的な, 産物は, 用途, 男な, 番号, 疑問に, 発作の, 発病が, 発表は, 発見者へ, 発足から, 登山者は, 百万に, 盃が, 目標は, 目的である, 目的へ, 目的通り伝通院へ, 相手に, 真実の, 着実な, 瞬間な, 瞬間作戦の, 知らせが, 短文の, 石橋を, 砲火である, 礼儀正しい, 祈願の, 神ピチーの, 禍を, 科学者の, 種子を, 空襲の, 立場を, 競技は, 第一行, 筋道として, 簡樸な, 約が, 約束の, 紙には, 組立て人だ, 経験, 経験を, 結婚に, 給費生中で, 經驗などは, 編が, 縁談の, 缶を, 美なぞ, 老人の, 考へに, 者である, 聖地巡礼に, 職人であった, 脣づけ, 自分の, 自烈度, 自由宗教的牧師で, 舎利三千粒も, 船旅は, 花枝に, 若い巨人, 茫洋たる, 葉が, 蒭霊を, 薬は, 血で, 行は, 行動に, 衝動は, 表現では, 裏では, 製作と, 要求に, 見得, 視線が, 親英藩, 角に, 触鍵, 言葉でした, 計画どおり大軍を, 記事であった, 記憶から, 記録としては, 訪問については, 診察最初の, 試みとして, 詩である, 詩集だ, 話の, 認識の, 説教を, 読者いやいや, 調子の, 論文で, 謁見の, 講義を, 議會の, 豫定通り遠く, 貧乏な, 質問だった, 起りは, 趣意では, 足場とも, 踊りを, 軌道へ, 輪郭を, 辭令が, 追憶的舞台である, 通り四方の, 連合教練な, 道へ, 遺言状を, 邪想に, 部分即ち, 都市における, 酵母を, 重大なあやまち, 金属の, 鉱毒事件演説会が, 鎖の, 鑑定と, 長州征伐について, 長篇小説であり, 門番こそ, 開発は, 間である, 間彼は, 間雑誌では, 関門です, 陽気な, 隨筆集である, 雨の, 雲や, 電話は, 面白い記録, 音楽会で, 頁と, 項に, 頭領は, 風向では, 飛行機で, 首に, 駅へ, 驚異に, 髮の, 鶏鳴で

▼ 最初~ (2090, 16.8%)

22 発見した 17 して 14 出て 13 それを 11 口を 8 目に, 私の, 見つけたの 7 眼に, 私が, 自分の, 見た時 6 彼の, 手に, 手を, 私は 5 これを, 書いて, 目撃した, 訪ねて

4 [11件] まずこの, 問題に, 於て, 死骸を, 発見された, 私に, 自分が, 見たの, 見付けたの, 足を, 述べたよう

3 [16件] ちらと, 二人の, 僕は, 出來, 受けた印象, 声を, 彼は, 彼を, 彼女を, 持って, 眼を, 知って, 結婚した, 行ったの, 読んだの, 頭に

2 [112件] あげた小林氏, あげて, あの女, あれを, いったよう, おかるべき, おことわり, ここに, ここを, この子, ころげ込んだ穴, したこと, そして原始的, それに, たまの, つれて, なされねば, ぶつかって, もどして, わたしが, 云ったよう, 人間の, 何か, 信者と, 僕が, 入って, 入られたの, 其みことを, 出たの, 出た河津氏, 出来たの, 出現した, 口火を, 右の, 吐きだされた片言, 君の, 吾輩に, 善後策を, 四歳に, 執つて, 女を, 姿を, 子供を, 彼に, 彼れ, 彼女の, 思い出したの, 感じた, 感じたの, 打った, 掲げて, 提出した, 提唱した, 敵の, 断って, 断わって, 日本現代語の, 會つたのは, 案内し, 橋を, 此の, 死骸の, 気づいたの, 気の, 氣の, 汝めが, 江戸へ, 決めて, 沈黙を, 法螺忠を, 注意された, 注意すべき, 現われたの, 申しましたとおり, 申す通り路, 疑問を, 発見し, 登った山, 登った高山, 登場する, 白馬に, 目を, 目星を, 私を, 立ったの, 聞いたの, 聞くべき位地, 自己を, 若干の, 落ちた穴, 見えたの, 見えて, 見かけた河童, 見せられた時, 見た通り, 見る處, 覚えこんだ言葉, 言って, 記して, 認めたか, 認めたの, 認めた火, 近寄って, 述べた, 述べて, 述べねば, 連れて, 階段を, 首の, 騒ぎ出したの, 驅け, 髮を

1 [1601件 抜粋] ああいう, あげた, あたしが, あって, あなたの, あの寺, あまり良き, あらわれたお, あるの, ある劉向, ある秦, いいだせば, いった如くカント, おあいした, おすがを, おぼえた, おや, お城, お宅, お教, お松を, お目にかかった時, お藤, お迎い, お願いし, かう云, かかって, かけつけた釧路丸, かれの, がんりきは, きみが, くだらない嘘, くれぐれもお, こうしよう, こう疑っ, ことわって, このぼろ, この世の, この室, この捨て子, この特權, この石, この記録, この魚類, こんな問, ごらんに, さされたの, ざっと見, したり, しめした試合掟, そう呼ぶ, そしてもうどう, その事, その婆さん, その時計, その滑稽, その種, その製造業, それが, それ始めた私, だれに, ちらりと見た, つくつた日本文字, できた線, とめの, とりあげられて, どうしてその, なぐったの, なすべきはずの, はいった工兵, はね巡査, ひきあげたの, ひと眼水, ぶつかった敵, ほかの, まずゲーテ, まず晴, まず自分, まず黒ずんだ, みえたあたり, もう到底沢子, もって, やったの, やった時, やって来たばかりの, やっと舟, やや神秘的, やられた方, ゆっくりと, よせば, わたくしの, アタリを, アララットの, カットグラスを, グラチアが, サマリヤへ, ショーペンハウエルについて, スタティウス中に, トゥリニダッドが, ドンと, ニライスクから, ヒューマニティーや, フォォル夫人に, フロイスの, ベシン皿へ, ボタリと, マルグリットの, ラマ教徒の, ロシヤ語を, ロック氏液を, 一〇〇〇〇という, 一ぺん水に, 一度河原へ, 一掬いの, 一目見た, 一般に, 三本あとから, 上京した, 上洛行動の, 下等七級へ, 不滅問題を, 世に, 両親と, 主張した, 久恋の, 予想した, 事情を, 二川の, 云えば, 云った巨頭連中, 云っても, 云われただけの, 五十円の, 井戸掘り, 京都から, 人工雪の, 人間同志逢つてゐたら, 仕えた主人土岐政頼, 企てたの, 伊平を, 会ったが, 会った教授, 会つたのは, 住んだの, 何が, 何んの, 作ったあの, 使ったと, 來た, 保平さまが, 俺が, 僕に, 兄が, 先ず明らか, 先ず鳩, 先生は, 入りたる中, 入れたより, 全校の, 公開した, 写真を, 出された話, 出した保釈願, 出たので, 出た小姓頭, 出るあの, 出会ったの, 出会った日本人, 出会って, 出會つた巡査, 出来た人造人間, 出来るだけ, 出産した, 出迎えたの, 刑法訴訟法などの, 別荘地として, 創り, 力強くそれ, 勘八という, 匕首の, 十五両二度目に, 半蔵らが, 占有されるであろう, 反抗し始めた, 取ったきり, 取り上げられるもの, 取寄せたもの, 受けた消し難き, 受けるシヨツク, 受け取つた意見, 叱られて, 吉本が, 同じ現象, 同棲した, 向き合った二つ, 吾, 呼んで, 咽喉を, 唆った, 唖聾を, 問題と, 嗅ぎつけたの, 四百万円あとから, 国定忠治を, 地下から, 地図を, 城内に, 塩山から, 売物, 外套を, 大きい破片, 大泉という, 大音響, 天然記念物として, 太腿の, 夫を, 失格し, 奈良を, 女と, 女隠居, 妾を, 婿入りの, 學術的に, 完全に, 定義したごとく, 宣揚された, 容易に, 密接な, 審理すべき, 尋ねた言葉, 小学校設置の, 小石の, 少しく無理算段, 少なくとも一個, 居間の, 山に, 島を, 左大臣が, 己の, 帰った時, 幕の, 床下を, 建てた小舎, 引き出したの, 強い関心, 弾いた曲, 彼らしい, 彼等の, 征服致しましょう, 得られた重要, 御約束, 復活した, 心を, 必要な, 思いうかべて, 思ひました, 怪談に, 悟浄が, 想像した, 感じたもの, 懸って, 我来也を, 戸口より, 戻りまして, 手當り, 投げつけた言葉, 折れるか, 抵抗力を, 抽象し, 招聘しよう, 指を, 挙げた, 挙げた学問概念, 捕まえたの, 掘ったとき, 探し出したという, 接した谷, 推量いたしました, 掲げた寫眞, 描かれた女性, 握つたステッキ, 撞出された, 支那民衆の, 教会へ, 数式化される, 文献に, 断然と謝絶, 新進作家の, 日本の, 日本民族に, 映写した, 晶子の, 暴風に, 書いたもの, 書かれたの, 最も直接, 月, 朝廷へ, 本の, 李を, 来たもの, 来た巡査, 来た質問, 来るもの, 来る子音, 松虫草を, 根岸庵の, 森源に, 植民地を, 機縁を, 歌われて, 此墓へ, 死んだ, 殿に, 民主的文学が, 気にと, 氣付く, 水死人を, 永遠の, 決めた通り, 泊った向う側, 洪範を, 流行った型, 深い理解, 深川の, 済ました, 渡來した, 演説した, 烏賊の, 熊を, 父の, 片附け, 物陰から, 狙うとは, 玉子と, 現れた事實, 現わし, 現われた男, 現場を, 生えて, 生れた男の子, 産む子供, 用いられた大砲, 申したこと, 申した我々, 申し上げたあの, 申し上げなければ, 申上げた, 畑で, 疑いを, 発した一言, 発する言葉, 発射した, 発見する, 登山した, 發明した, 發見せられた, 白鷹先生に, 皆様に, 目ざめ最後, 眺めた時, 着くは, 矢代を, 知られたの, 石に, 石段の, 硫酸マグネシウムだ, 神の, 私などの, 穴を, 空襲が, 立ちかえって, 立つて, 笑い過ぎた傾向, 算出した, 米友を, 紅茶の, 紙片を, 経営を, 絵で, 網に, 編集部から, 置いたの, 置くこと, 習った, 老人と, 考えたの, 考えた事, 考え附いたこと, 考へねば, 聞いた真夜中, 聞きしは, 聯隊に, 肉親の, 胸に, 脳髄を, 自分で, 自分も, 致命的の, 船長を, 芸術的に, 茶の, 菅君を, 著者は, 蜂は, 行う人, 行き逢った人猿, 行って, 行われた四月初旬, 表現したかつた, 製作せられた, 見えた時, 見え出したの, 見たい演じたい監督, 見たもの, 見た二匹, 見た水, 見た螢, 見つけたという, 見つけた雑草, 見つけ出しました, 見られた斎藤先生, 見付けて, 見届けた人々, 見破ったの, 視線を, 覚えた歌, 親分の, 解つた, 触れたよう, 言いたいこと, 言い出したこと, 言い出した人, 言うとて, 言った通り, 言及した, 計画を, 記した, 訪れた劇場, 許したの, 試みたもの, 試験を, 話したグレシア人, 該国民が, 語らなければ, 説明しなけれ, 読んだ探偵小説, 誰によって, 謂が, 警察に, 讀墨に, 豫定した, 貰った家内, 貼った地図, 購ったの, 起こること, 越さなくては, 踏込んだ麹町署, 転がったほう, 辞書に, 迎へて, 述べたごとく主として, 述べた或, 述べましたよう, 追っかけて, 這入った小屋, 通った動物, 造った者, 逢った男, 逢つた時の, 連動すべき, 逸速く, 道教といふ, 選び出された, 還らざりしそ, 郵送した, 醜悪と, 重明さんの, 金持の, 銀を, 鍵を, 長谷川濤涯君次に, 開いたドア, 陣地を, 隠れたの, 雪と, 静止し, 順に並べ, 頼まれたん, 顔を, 飛び込んだの, 飜譯した, 食べそして, 食物皿から, 馬に, 駆け附けたの, 高代という, 鶏の, 黒磨料を, 鼠が

▼ 最初から~ (1531, 12.3%)

14 最後まで 8 それを, 私は 7 して, 知って 6 これを, 私が, 覚悟し 5 きめて, それが, では, やり直しだ, 一つの, 睨んで, 見て, 順序を 4 あつた, ここへ, しても, その覚悟, なかった, 少しも, 此の, 私を, 終いまで

3 [16件] お前の, さう, それに, はじめよう, 今日の, 僕を, 女の, 彼女の, 火を, 知れて, 私の, 終りまで, 読み直して, 読んで, 貴方を, 関係し

2 [95件] あきらめて, あなたと, あの番頭, あらゆる種類, お筆さん, お糸, かしこまって, この, この事件, この家, この男, この通り, そういうこと, そこへ, そなた, そんな金, どこまでも, はっきりと, むずかしいと, やり直し何, わかって, わかりきって, わかり切って, わたしは, 一人の, 事件の, 事実を, 二本の, 人の, 他の, 何か, 何も, 俺は, 兜を, 出て, 刃物を, 分って, 判って, 口を, 君の, 問題では, 問題に, 問題の, 坐るひま, 多くは, 天候の, 客観的に, 弄んで, 彼の, 心中など, 念頭に, 思って, 怪しいとは, 惹いて, 意味し, 手を, 批評的に, 数えて, 敵と, 新詩社, 日本の, 最後までを, 本当の, 次郎を, 殺意が, 気が, 気がついて, 洋服で, 深くも, 疑いを, 疑って, 相手の, 相手を, 眼を, 筋を, 筋を通して, 米友が, 素直に, 腹を, 自分の, 自分も, 自分を, 興味を, 良い役付, 色彩の, 角の, 言えば, 言って, 話さなきや, 話して, 話の, 通り一ぺんの, 非常に, 頭に, 馬が

1 [1155件 抜粋] あからさまに, あけっ放し, あったものの, あって, あなたが, あのテセウス, あの事件, あの奧方, あの日吉, あまり勇敢, あまり気, ありゃせん, あんなつれない, いすかの, いつもの, おとき, およし, おれの, お前たちの, お前様の, お受合い, お断わり申し, お話しした, お馴染, きちんきちん返す, ぐんぐん思い通りに, こういう対称, こういう極彩色, こういう間, こうした予感, こう云う, ここに, ここらに, こちらの, このなん, このホテル, この世に, この句, この子, この寺, この恋, この村田, この柱, この狂言, この節供, この繩, この語, この野郎, これに, これらの, こんなこと, こんなふうに松永氏, こんな沢, さういふ方式, さほど苦勞, ざっくばらんに, しまいまでに, すでに彼, すべての, ずっとお話, そいつが, そういう無, そうおっしゃれ, そうした青年心理, そうだ, そう切り出した, そう思われ, そこに, その人, その仕返し, その心得, その木像, その気持, その積り, その船, その計算, その長い, それなる, それほどの, それ以外の, そんなに吝, そんなよう, そんな処, そんな気, たくさんの, たった一人, ちっとも違っ, ちゃんと見抜い, つねに精神, ですもの, でなく時, とりかかって, どうして気付かなかった, どうすれ, どっちでも, ないの, なかつたの, なくある程度, なにか辻褄, なんとなく太郎左衛門, にせものつくりの, はっきりきまっ, べつべつの, ほとんど無言, ぼくの, まだ劃一, みんなわ, むつかしい構図, もう一度説明, もう名乗つて, もう岸本, もしこれ, もっと違った, やって, やり直さなければ, よく分つ, よろめいて, わかつて, わかりきったはめ手, わたさなくて, ア, ウンザリした, ガラクタの, コンナ仕事に, ザラ紙党に, ストライキを, タカを, チャント解かり切っ, ト書に, パンへ, ブウルヴァアルに, 一すじ縄で, 一二を, 一切の, 一定の, 一応撤回, 一時に, 一枚ぐらい, 一知に対して, 一致し, 丁寧で, 七回目であった, 三日位かかります, 上等品を, 不服な, 不相応な, 世間に, 丹念に, 乱れて, 予想し, 予期し, 事実がらない, 二三十秒間で, 二人の, 二十六回と, 二度も, 二者の, 云い出さねば, 云えば, 京都で, 人心の, 人物なら, 今まで, 仕入れませぬが, 仕組んだこと, 他人の, 仰向, 体を, 何となく見た, 何にも, 作られた品物, 例の, 信じ切って, 借りない工夫, 倭文子さん一人な, 偶然ばかり, 僕が, 僕に, 僕自身が, 兇暴な, 先生には, 先生わたしも, 先駆なぞを, 全体として, 全部の, 公家武家の, 其の人, 内と, 内外へ, 冷淡で, 出席した, 出版記念とか, 分かつて, 分つて, 判つた, 判つてゐる, 判明って, 別れて, 到底勝てない, 前に, 割れ返るよう, 助けて, 動物性の, 勝つこと, 匙を, 半分しか, 半蔵の, 危虞の, 即興詩であった, 友鶯の, 反対した, 取り合わない方, 取次業者を, 受け続けて, 只今まで, 各地の, 吉原へ, 同様な, 君と, 否認した, 吾輩の, 商売の, 喜三郎と, 嗜きな, 噴き出した, 国法に, 国際性を, 圧迫的な, 変な, 多いの, 多少の, 多少萌さない, 夢の, 大きい事業, 大学や, 大尾まで, 大津の, 大胆直截に, 天照大御神と, 失恋し, 失敗しない, 女は, 女性が, 好きで, 好奇心を, 好意を, 妥協的に, 妻子を, 威圧的な, 嫌つてゐた, 嫌疑の, 子供の, 存じて, 存在しなかった, 宋家に, 宗家に, 家内の, 密教的で, 寿司に, 小児を, 小林君と, 小生の, 少し変, 尾い, 尾州家では, 居眠りを, 屑よし, 岩見銀山を, 左樣に, 巻の, 年限を, 庄五郎を, 庭の, 廷珸は, 強いもの, 当てに, 彼に, 彼らは, 彼女を, 彼奴をこそ, 待って, 御同胞, 御家人喜六の, 御詫, 徳川にとっては, 徼幸者を以て, 心の, 心得て, 必ずしも同じ, 怒るの, 怖ろ, 思い泛, 思ひきつ, 思慕した, 怪しいと, 恐れて, 想ひ出し, 意中に, 意義の, 愛嬌を, 感じて, 慈善の, 憂鬱に, 我々が, 我々の, 扉を, 手當り, 承知し, 承認する, 抵抗する, 持って, 按摩の, 捲いて, 採証的, 推量し, 政治なんぞに, 教師などを, 数えると, 断念され, 斯う, 新劇を, 旗色を, 日若, 明らかに, 明治の, 星を, 映画的表現を, 最も大きな, 朗読した, 朝まで, 本題に, 果して板屋, 桂子を, 棄身に, 極めてゐた, 極端に, 概して田舎, 横たわって, 次郎の, 正妻といふ, 此を, 此研究所で, 武蔵も, 死ぬ覚悟, 死者の, 殺る気, 殺気立って, 気に, 気の, 気晴らしに, 気附い, 水の, 江戸の, 決まって, 沈黙を, 法科を, 泥棒を, 洋服に, 活き通し, 海の, 深く法然, 深く覚悟, 渋谷だの, 湖に, 満面に, 滅入って, 火の番の, 無かった, 無理な, 無論に, 無関心, 熱心に, 片影も, 犯人の, 狂女と, 独りで, 現われて, 現在まで, 理想を, 理論で, 瓶に, 生一本だ, 生活難の, 用意を, 申しきかせた通り, 申しませう, 画面に, 疑ひの, 疑わしいと, 百物語に, 皇室の, 目あてと, 目を, 目星も, 相川の, 相当の, 真実が, 着て, 知ってると, 知れ切った事, 硬軟の, 神の, 私と, 私には, 私共に対して, 秘密が, 稀に, 穏かでは, 空へ, 窒息させる, 立派に, 笑いが, 第十番目, 筋道を, 筑波山には, 米へ, 精神的な, 納豆の, 細君に, 終まで, 組合の, 結びつけられて, 結果を, 給金も, 総て偽りであった, 縄付の, 繩付の, 羽山は, 考えるに, 考察に, 耳も, 聡明で, 胡散な, 胸一杯に, 腕組を, 自作品, 自分と, 自分一つの, 自己の, 自然に, 自由劇場の, 興味の, 船に, 船頭どもが, 芸者稼業が, 若い者たち, 苦しい欠乏, 蓋だけ, 蛇の, 血が, 行かない方, 表向きに, 袴を, 覆面の, 見事に, 見物人と, 見透して, 親殺しの, 解り切って, 計画し, 討幕を, 註文した, 試験しない, 話さねば, 話そう, 認めたところ, 誘はなければよ, 語原論を, 誤りであった, 調べを, 警戒しいしい, 變だ, 負けてか, 貴方の, 贅沢品を, 赤シャツは, 路, 辻斬りの, 逃げ出さなきや, 連れて, 過って, 道庵先生と, 醤油を, 金助の, 錠を, 長官の, 間違ひだらけ, 関係も, 阪崎先生や, 隙を, 頓着しない, 頼りない, 食われるため, 食物に, 飾物で, 餓えぬ代り今, 駒井船長が, 驚喜した, 高らかに, 鶴子を

▼ 最初~ (1387, 11.2%)

10 それを 8 自分の 7 誰も 4 何の 3 さすがに, シラを, 何か, 女の, 容易に, 強い火, 藤本さん藤本さんと

2 [80件] いい加減な, お前が, お孃さん, これを, さう, そうです, そう思っ, その意味, その黒い, それが, それは, それも, どこの, なんの, まるで串戯, ドギマギし, 三村屋を, 二の足を, 二人を, 二本の, 二目の, 伴三郎と, 何も, 何んの, 先月の, 半信半疑で, 右の, 吾, 唯の, 土中冢中などから, 堅く秘し, 多少警戒的, 大分閉口したらしい, 女中が, 常に天下, 平次の, 幾つも, 店先喧嘩が, 当時の, 彼の, 後を, 怖れ, 思って, 手が, 手の, 拒絶した, 捨さんだけ, 撰んだが, 支那の, 散々に, 普通の, 月に, 本郷丸山町の, 正月と, 殆ん, 気にも, 気位の, 水の, 猿を, 相当の, 眼に, 矢文は, 神を, 私に, 私は, 紙面が, 結構な, 縦令どんな, 考えて, 考えましたが, 花の, 誰が, 誰でも, 謡曲に, 超然主義を, 逃げ出した用心棒, 金を, 隠して, 非常に, 鰻裂き

1 [1177件 抜粋] ああいふ, あいた口, あたり近所の, あつしも, あの怖, あの真綿, あの音, あまり予期, あやぶんで, ありの, いいかげんな, いくぶん作為, いたって, いつも茂太郎, いろいろと, うっかりその, おかしく思った, おそらくは是, おとなしい馬, おばけの, おれの, お思い, お母さんの, お糸, お萬, かえってほっとする, かくべつ気, きまつ, くさくて, くやしいと, こいさんを, ここだ, このツェレリナ, この時, この美しい, この苺, この靴跡, これによって, こんなこと, さうでなかつたの, さだ子に対すると, しきりにとめた, しばしば長崎, じいさんが, ずいぶん暴れました, そういうおせっかい, そう思う, そう考えた, そのつもり, その二人, その傷, その全部, その声色, その皮, その蝋燭, その通り, それに, それ以外の, そんな考, たいした悪気, たしかに美風, ただそこ, ただの, ただ何, ただ小児等, ただ思いがけなく, ただ我々, ただ昔, ただ泣き入る, ただ物珍らし, ただ首, たとい彼, だれ一人, ちょっと, ちらちらと, とても有望, とにかく構はず, どういふ, どう考え, どの学生, どんな主人, なかなか覚えない, なつかしいバルブレン, なにか夕焼, なるべく木炭, なんだか角, なんとも, はにかんで, ひどく油断, ひよつと, びっくりなさる, ほとんど皆民間, ほんとうに, ほんとに石, ほんの二, ぽつぽつに, まさかと, まずおだやか, まだ半分足, まだ評判, まったく上下, まづ門前払, むしろ穂高, もちろん中, もちろん慾, もっぱら祈願, ものが, やはりこの, やはりただ, やはり刃物, やはり標山中, ゆっくりし, よもやに, わからないの, わかり兼ねた, わたくしさむ, わたしには, アイヌと, アブラハムの, オペラシンガーだった, ガンガンという, グラーツの, サラダ油で, ジタバタし, テナーか, ネチネチと, フランス数学書の, プリプリし, ベートーヴェンの, マラリアだ, ミミと, モウ岩石に, ヤマフヽキと, ロシアから, 一ヶ所で, 一人と, 一匹つづい, 一同遠慮を, 一夫一妻であった, 一日恋愛の, 一枝ものと, 一番怪しい, 一番簡單の, 一笑に, 丁度この, 七十年とか, 三人の, 上品な, 上村源左衞門と, 下手の, 不似合, 不完全で, 不承不承に, 不馴れと, 中国である, 中國浪人, 主として英米, 主人敬三郎の, 乗馬に, 九州の, 事もなげに, 二三人の, 二十九名の, 二枚落だつた, 二階だ, 五六度失敗りました, 五左衞門も, 五里霧中だつた, 亡くなつた父, 人を, 今いった, 今度こそ, 今申した, 仏画のみ, 仕方が, 伊賀屋の, 何かと取りつくろっ, 何とか挨拶, 何となく重々しく, 何やら薄暗い, 何を, 何事も, 何等批評, 例の, 保子を, 俺らと, 傷跡が, 僕は, 兄に, 充分の, 先ず心, 全くキモ, 全然予想, 兩刀を, 六人居った, 冷淡だ, 凡そ十グラムほど, 分量が, 切符を, 別になんとも思わなかった, 別段何, 利用者が, 前ビザンテン帝国, 副詞の, 劇しい, 動坂で, 勿論インタレスト, 化物の, 医者も, 十一月二十五日の, 十二三人であった, 十日間と, 十郎の, 半年か, 単純に, 卷藁それから, 双方とも, 反感を, 口で, 口早に, 只夫, 台所次は, 吉原の, 同じ事情, 同居人の, 向ひ, 君の, 周囲の, 哲学という, 唖然として, 唯新, 善心であった, 嘘の, 囃したり, 四人の, 四六版の, 国枝史郎氏論という, 園の, 土地か, 土瓶を, 地の, 地震かと, 夕方の, 外人といふ, 多分三時前後, 多寡を, 多少尊敬, 夜中に, 大したこと, 大八車か, 大騒ぎも, 天文も, 天皇が, 奈良朝の, 奥羽本線敷設の, 奧方樣の, 女学生との, 女権拡張論ぐらい, 女記者それから, 奴隷經濟で, 如何し, 妖怪変化では, 妾に, 威勢が, 娘も, 子安の, 学問の, 宇佐美一族の, 宗教的な, 定かには, 家には, 家宰の, 寝台に, 小さい所, 小さなもの, 小学校の, 小説の, 少しく唸りました, 少しも, 少し高, 居眠りし, 屍体を, 山羊だろう, 岩屋の, 川向うの, 工学者に, 左近倉平の, 市内の, 帝王の, 師匠にも, 帽子をか, 平次も, 底の, 弁信さんかと, 弱さ, 強ひ, 強情を, 当日極めて, 御宮笥であり, 徳田秋声さんの, 心にも, 必ずこの, 志賀高原戸隠山野尻湖なんぞと, 思いましたが, 思つた, 怠業から, 急所急所の, 恍然と, 恐らく背長椅子, 恐怖の, 愉快で, 意外な, 愚民を, 我々仲間の, 或る, 手を, 打ち殺すつもり, 抵抗する, 接吻し, 敍事詩で, 散々文句を, 数十人の, 文学者その, 断ったが, 新しい時世, 方々で, 方面を, 日本語で, 明治二十九年の, 春雨を, 是だ, 晋代の, 暗い階段, 曲者は, 書写し, 望みに, 朝鮮を通じて, 木炭を, 本所から, 本館の, 来て, 果して私, 桟敷の, 棒を, 極く弱い, 極めて緩やか, 極めて臆病, 横物に, 歌比丘尼の, 正面から, 正體, 此女の, 死の, 殷中也だけ, 母と, 母親の, 毎日平均二三十円の, 民事訴訟じゃ, 気の毒に, 気分だけで, 水を, 江戸の, 決して下品, 河獺であろう, 泣いてばかり, 浅瀬を, 涼しいところ, 清吉を, 温泉風呂などと, 漠然とした, 濠洲へ, 炊事当番で, 無理ない, 無論使い手, 熊五郎ぢや, 父は, 父母の, 片手それから, 物柔かに, 犯罪者の, 狐狸かとも, 独逸語で, 猟師さんの, 王を以て, 甚く, 生れて, 生類御, 用心し, 町, 異常な, 疑がったが, 疑ってでも, 痒くやがて, 百二十両を, 皆んな顏を, 盛んに, 相手に, 真面目で, 眼を, 矢張り毘沙門の, 知らぬ存ぜぬで頑張つた相, 短い滯在, 硫酸製造を, 神尾の, 神社仏閣の, 私が, 秘書といふ, 空井戸の, 窓の, 窮屈だった, 笑い後, 筆の, 算哲の, 築城試合でございます, 約束を, 紙を, 素知らぬ顔, 細き谷川, 組成分に, 絶望しかけた, 緩, 罵り中途, 老子自, 耳を, 聞き流し, 胸を, 腕を, 腹から, 自分たちが, 自分で, 自分は, 自然の, 自由黨の, 興福寺を, 船著の, 良い酒, 花葛, 英語を, 茂太郎の, 菅平へ, 葵が, 行って, 衛生試験所を, 裳裾が, 見ませんでした, 見当が, 見馴れた私, 親しみにくかっ, 解らないかの, 訳が, 誤った観察, 誰だ, 謎であった, 謡いにくく, 財産權に, 質素高徳であった, 赤味を, 躍起と, 身体が, 軟い, 輕業の, 迷惑そうに, 途切れ, 連衡の, 道庵も, 道綱も, 遠慮がちで, 遠慮し, 酒を, 野を, 金品の, 鉄三郎を, 銀之助の, 錯覚かと, 鐵三郎を, 長さ三, 関東震災の, 随分不自由, 随意に, 難破し, 電光の, 霊界との, 静物を, 非常の, 面倒でも, 面白半分, 音名の, 音楽学校の, 頑張って, 風邪でも, 飛騨山脈のみに, 飽くまで知らぬ, 騷, 驚き縮んだ, 高さ六インチ, 魚の, 鶴子を, 麻雀という, 黒い歯, 黙礼を

▼ 最初からの~ (111, 0.9%)

2 いきさつを, 事を, 大切な, 必須条件でない, 思惑通り彼女が, 手筈で, 目的である, 約束で, 計画に

1 [93件] いい伝え, ことだ, ことでした, しかも正直者, すべての, たくらみなの, ものである, ものとは, やうです, やり直しに, マガリャンスの, 一種異様な, 一行一行を, 主張だった, 予定である, 予定の, 予想通り名ばかりの, 事である, 事情は, 事情を, 人は, 係り合ひでガラツ八もつれ, 俳道の, 六年間の, 出かたが, 力も, 勤王並に, 口伝の, 口吻では, 同じ位地, 同類でも, 名とは, 呪いの, 呼び方, 問題であった, 嘆願を, 女人が, 存在を, 宣言を, 常識では, 平和論者, 引っかかりで柳沢, 弟子の, 彼の, 必須條件でない, 必須條件では, 意味では, 手筈では, 改造を, 新聞を, 新聞記事を, 日附を, 条約励行主唱者で, 様子を, 段取りじゃ, 民間の, 決心を, 注文どおりさ, 無関心以外, 特徴であった, 理由であった, 申合せで, 番人だ, 目的であった, 目的であるなら, 目的でも, 目的な, 相談ずくそこ迄, 相談相手で, 私自身が, 約束が, 約束だ, 約束では, 約束でも, 経過を, 縁でも, 考えが, 考えでも, 肚だった, 茶屋を通して, 行きがかりを, 要件であった, 視点, 覚悟でございました, 註文で, 話だった, 軽い戯れ, 辛苦を, 道連れででも, 違いが, 間諜である, 関係者として, 闖入者では

▼ 最初には~ (86, 0.7%)

1 [86件] あの啼声, ある近い, おかみさん, おそらく双方, この虫, これが, これら諸, さわやかに, しがき, それが, たしなめた池田良斎, つとめて笑顔, なにを, ほんの仮想, まず今日難解, まず根の国, まだ課せられ, まつて, まるでどの, やはり遠く, エディンバラ大学に, ネジの, 一流の, 三二〇〇〇〇の, 上へ, 予の, 予めの, 人間の, 何と, 何よりも, 何処の, 労働者の, 卑しい心, 博物の, 右の, 同じ一つ, 国家の, 土工を, 地丸左陣めの, 地方の, 多少好奇的, 夫れ, 実践的性質の, 実際この, 實踐的性質の, 屡, 帯から, 彼女が, 必ずしも問題, 思ったが, 思想に対するに, 掲揚され, 既にあつ, 時計の, 最もみじめ, 最も強硬, 梟の, 標準語として, 欲しいもの, 氷点下二度という, 海から, 消費を, 演題を, 物質あり, 珍客に, 理想の, 甲州筋から, 疑われたもの, 知らなかった我忠勇, 硝子が, 私と, 立ちおくれ, 背を, 自分の, 茶の間の, 茶を, 蟻塚から, 製鉄所が, 謙遜と, 踊子らの, 透きと, 酔覚の, 銅板の, 霧立つ, 青山という, 黄いろいこと

▼ 最初~ (70, 0.6%)

2 が蜜蝋, の頭, は, はこの, はその, を発見

1 [58件] がここ, がこの, がした, がそれ, がひとり, がクラム, がスキー, が上陸, が大, が此, が申し込んだ, が美人座, が行った, にあたえられた, になんと, にはただ, に向っ, に妾, のステッキ, の前, の子, の独力, の理想, の眼分量, はある, はすべて, はそう, はそれ, はひどく, はレヴェズ様, は一日, は今夜, は個人作家, は備忘録, は同君, は同心, は四畳半, は夢, は太郎, は姉, は工場, は工藝, は彼女, は提灯, は木立, は極, は歴史物, は浩一郎さん, は私, は自分自身, は馬, をお呼び, をこの, を後宮, を断つた, を日本, を見, 共に千歳村

▼ 最初~ (64, 0.5%)

10 あつた 6 あらう 4 また最後 3 それからは 2 しまいには, 最後の

1 [37件] あつたらう, この肉, しかも最後, しかも相当, すらまた, そうこうする, そして最後, その頃綾麿, それから, それからこの, それから小学校, それから景帝, それから次第に, それから茶屋新四郎, メンデルスゾーンは, 七歳の, 五十八哩の, 人物を, 全部の, 其より, 向島が, 実は上郎清助氏, 将門の, 書いたよう, 最後かも, 最後だ, 最後だろう, 最後である, 最後のです, 次は, 水平線の, 漸く本意, 結末は, 興奮初めて, 言明し, 際限も, 面倒に

▼ 最初より~ (57, 0.5%)

2 入閣を, 政府に, 期するところ, 物質は, 立憲政治を

1 [47件] いたずらに閑人, お代の, この規則, これに, これを, して, それを, わが物, 一定せず, 一度も, 之を, 予の, 今日迄の, 他の, 個人という, 其の話, 切手を, 古物たる, 大人と, 学校に, 彼を, 憲政党内閣の, 憲政黨内閣の, 掲げたる妖怪迷信中, 損亡を, 政府へ, 日本を, 期せしところ, 氏を, 無之, 無条件提携を, 無條件提携, 父の, 牙彫りを, 祭壇の, 第九集, 終始一貫理路整然, 胸中に, 艷書と, 茫然として, 處士と, 虚子氏の, 覚悟しおら, 親しく交際, 註文致置候処いまだに, 鉱業停止を, 静粛で

▼ 最初この~ (46, 0.4%)

3 家の 2 事を, 家に

1 [39件] お三人, 一篇に, 事件に, 事件の, 人たちの, 人を, 作品は, 償金は, 児捕われた, 原本を, 問答を, 問題では, 嗣二は, 国に, 土地で, 妖怪, 客を, 家へ, 寺に, 山へ, 山を, 急報を, 日野を, 木の芽の, 町に, 発見で, 目に, 窯の, 結婚を, 舟が, 船へ, 言葉を, 話が, 話を, 踊りを, 部屋を, 附近の, 飛行機の, 館に

▼ 最初その~ (34, 0.3%)

3 女を 2 男達の, 自動車が, 足音を

1 [25件] 争いは, 効能を, 場所を, 声を, 女が, 子は, 小切手が, 席を, 御真影と, 森田と, 横顔を, 男を, 相談が, 祈祷を, 繊維を, 葉書を, 藏書志を, 言葉を, 計画は, 辺に, 部屋の, 青バスに, 頃では, 類の, 黒い水滴

▼ 最初それ~ (32, 0.3%)

2 が美奈子, を彼, を茶の間

1 [26件] がなん, が口惜しい, が自分, と気附, と類推, に反対, に気, はまだ, は不動尊像, は何, を云, を口, を嬉しく, を容易, を平たい, を感じた, を拒んだ, を旌旗, を炬火, を知った, を知らなかつた, を考えた, を見つけた, を見る, を見付, を読んだ

▼ 最初~ (28, 0.2%)

5 する

1 [23件] いわれる歌舞伎, いわれる道照荼毘, すべし, するから, するたしか, 全く違わなかった, 同じこと, 同じよう, 同じ掘, 同じ銀座鋪道, 同じ音程, 変つてゐた, 変りませんでした, 少しも, 思います, 最後とで, 最後とでは, 最後との, 最終の, 次の, 申しましても, 言ふ, 認められて

▼ 最初~ (25, 0.2%)

1 [25件] ききに, しら神系統の, もてを, 京と, 内儀さんが, 北の, 千鶴は, 喜代さんを, 喜代を, 姿を, 嫁さんを, 島が, 浜が, 濱が, 照が, 目にか, 秋を, 聞に, 角さんが, 辰の, 通を, 釋迦さんの, 銀を, 銀様の, 雪伯母が

▼ 最初~ (25, 0.2%)

1 [25件] あんなふう, かんじんです, こうである, この, やかましいもの, シューマン夫人次が, 三十一歳なら, 並木, 京都系次が, 処分の, 分らなかった, 初期で, 大仏の, 富永の, 小さい方, 小さい白鱚, 旗太郎さ, 最もよ, 木乃伊親爺その, 渡辺龍聖先生次が, 生存競争の, 科学的文化知識的の, 茂才公だ, 質的で, 鯛の

▼ 最初~ (24, 0.2%)

1 [24件] がフォルシュヴィル夫人, が島, が戦士, が泣き出す, が王滝, が石油, にとつて幻滅, に名古屋, に向かっ, に話しかけられた, の中, の晩年, の食事, はすべて, はただ, は二, は其, は堪えられなかった, は相手, は茫然, は足下, を文壇, を欺, を見舞つた時

▼ 最初見た~ (19, 0.2%)

2 ときには, ときふと, 時は

1 [13件] とおりに, ときあつ, ときに, ときよりも, ばかりで, ものより, パリーの, 時から, 時と, 時には, 目の, 神を, 通り弁証法は

▼ 最初あの~ (17, 0.1%)

1 [17件] 人が, 人の, 取り乱れた足跡, 女は, 委員達の, 子供が, 家に, 房枝の, 扱帶で, 方と, 方の, 窓の, 絵を, 脚本を, 自動車に, 護符が, 部屋の

▼ 最初自分~ (16, 0.1%)

2 の心

1 [14件] がこの, が企てた, が夢遊病者, には勧誘, の企て, の名, の思, の息子, の息子たち, の注意, の箸, の考え, の飼鳥, は生まれ

▼ 最初~ (15, 0.1%)

2 といつ, といふ

1 [11件] からなあ, から多少, でね, ということ, というの, という話, とした, と思う, と思ふ, と聞いた, 富山へ

▼ 最初~ (15, 0.1%)

1 [15件] からいなかった, からきれる, からそういう, からなぜ, からの固い, から俺, から僕たち, から注意, から睨ん, から臓腑, から船長, から蛇, から解っ, から言っ, から間違っ

▼ 最初である~ (14, 0.1%)

1 [14件] からこれ, から一念其処, がその, が二銭, が伝来, が実際, が忘れ, という事, とする, と同時に, と思います, と思ふ, と言つて, と言わなけれ

▼ 最初~ (14, 0.1%)

2 一つ奇麗に

1 [12件] そろしく馬鹿丁寧, なすもの, 如何にと, 想像させる, 書く必要, 知らねば, 知りたかつた, 示すの, 考えて, 見よ, 見ると, 試み度

▼ 最初彼女~ (13, 0.1%)

2 はそれ

1 [11件] が何, が和蘭屋敷, と友人, に与えた, に起った, の小麦色, はクリストフ, はテオデュール, は或, は手短, は耳

▼ 最初であり~ (12, 0.1%)

2 また最後 1 かつその, この時, そして最後, また同時に, 又最後, 当時としては, 旅行者としての, 最後だった, 最後で, 県令閣下を

▼ 最初にも~ (12, 0.1%)

1 [12件] あったが, また最後, 云つたと, 増した烈しい, 書いた, 最後にも, 申したと, 述べたやう, 述べたよう, 述べた様, 述べた通り, 述べましたよう

▼ 最初では~ (11, 0.1%)

3 ないかと 1 ありませんでしたので, あるまいか, ない, ないか, ないだらうかといふ, なかった, なかったであろう, なかったろうか

▼ 最初日本~ (10, 0.1%)

1 から歸つた留學生, では片目, に導いた, の兵士, の劇, の咸臨丸, の常民, より豪州, を去る, を訪れた

▼ 最初これ~ (9, 0.1%)

2 に気がついた 1 があて, が待合, に住まつた, も国際結婚, を一巻, を丸髷, を非常

▼ 最初来た~ (9, 0.1%)

2 時から, 時に 1 か伊達夫婦, ときの, のから, 時には, 時は

▼ 最初ここ~ (8, 0.1%)

3 へ来た 1 に来た, へ参った, へ帰った, へ駈けつけられた, を離れた

▼ 最初こそ~ (8, 0.1%)

1 あんなで, あんなでございました, 三人の, 二足も, 子規氏が, 朝鮮や, 相手にも, 陶然と

▼ 最初だった~ (8, 0.1%)

1 がどう, ことでしょう, しそれ, そうです, のである, のでやき, ものだ, んです

▼ 最初として~ (8, 0.1%)

1 その後今日まで, また最後, 之又続々, 今晩たずね, 定期に, 申しますと, 置く, 認めたの

▼ 最初~ (7, 0.1%)

2 の状態 1 が宗教文化, に感興, のうち, の全鐵製ハンドプレス, の蒸汽船

▼ 最初あなた~ (6, 0.0%)

1 がおっしゃったで, が漠然, と喧嘩, に出した, に手紙, の発作

▼ 最初であった~ (6, 0.0%)

1 か, がこの, と思う, と言っ, に相違, ような

▼ 最初~ (6, 0.0%)

2 のです 1 のお, のだ, のである, ので下田歌子

▼ 最初~ (6, 0.0%)

1 かその, か見知らぬ, がどう, が見つけました, だか, だッ

▼ 最初~ (5, 0.0%)

1 からお, からやり直し, から下手人, から俺, から石

▼ 最初どうして~ (5, 0.0%)

1 このよう, も帰らぬ, 作られどんな, 來たらう, 親分は

▼ 最初ほど~ (5, 0.0%)

1 な弓勢, むきに, ビク, 強くは, 鮮明な

▼ 最初彼ら~ (5, 0.0%)

1 の頭上, は不思議そう, は細い, は自分たち, は革命

▼ 最初~ (5, 0.0%)

1 でよく, にとられた, に入った, を著, を鍵盤

▼ 最初~ (5, 0.0%)

1 が犯人, が自分, に, に就い, はこれ

▼ 最初~ (5, 0.0%)

2 に受けた 1 をまっか, を見合せた, を赤らめ

▼ 最初そんな~ (4, 0.0%)

1 ものに, 愚かな, 蔓草に, 風に

▼ 最初ちょっと~ (4, 0.0%)

1 なめて, 二人の, 遅疑した, 雪の

▼ 最初とは~ (4, 0.0%)

1 しない, 多少変ったらしい, 明らかに, 見まごうばかり

▼ 最初ほどの~ (4, 0.0%)

1 同情は, 強烈さは, 景気は, 熱意が

▼ 最初まず~ (4, 0.0%)

1 千島ラショワ島に, 如何に, 開国問題に関して, 雌の

▼ 最初一度~ (4, 0.0%)

1 は上洛, は竜頭蛇尾, 読んで, 負けたところ

▼ 最初~ (4, 0.0%)

1 かの木, か自信, がなし, の事

▼ 最初~ (4, 0.0%)

1 した十四郎, についた, に見えた, をつぶっ

▼ 最初~ (4, 0.0%)

1 から上, から上がっ, に乗る, の中

▼ 最初ある~ (3, 0.0%)

1 ひがみから, 大名の, 金屬に

▼ 最初あれ~ (3, 0.0%)

1 の考え, は和蘭人, を聞いた

▼ 最初お前~ (3, 0.0%)

1 が言った, が言つた通り佐吉, にその

▼ 最初~ (3, 0.0%)

1 どうかは, 一寸おぼえ, 分らぬ最近

▼ 最初であっ~ (3, 0.0%)

2 てまた 1 てそして

▼ 最初であろう~ (3, 0.0%)

1 といわれ, と考えます, と露伴先生

▼ 最初にと~ (3, 0.0%)

1 いふ, まつた旅館, 思って

▼ 最初はね~ (3, 0.0%)

1 お父さま, そのくらい, 誰でも

▼ 最初わたし~ (3, 0.0%)

1 が入りこんだ, の上った, は彼

▼ 最初一人~ (3, 0.0%)

1 で考へ, で行った, の人物

▼ 最初一瞥~ (3, 0.0%)

2 して 1 したとたん

▼ 最初~ (3, 0.0%)

2 を取り上げた 1 を掲げた

▼ 最初二三日~ (3, 0.0%)

1 というところ, の間, まだ店

▼ 最初二人~ (3, 0.0%)

1 がそこ, で行った, の婦人

▼ 最初人形~ (3, 0.0%)

1 が窓際, を祭った, を置く

▼ 最初~ (3, 0.0%)

1 に逢, は又吉, は浪人者

▼ 最初~ (3, 0.0%)

1 の注意, はこの, を訪ね

▼ 最初冷静~ (3, 0.0%)

1 だった夫人, だつた夫人, に見

▼ 最初出発~ (3, 0.0%)

1 した, した時, の時

▼ 最初~ (3, 0.0%)

1 に入れた, をきいた, を極めて

▼ 最初~ (3, 0.0%)

1 がアパート, に向き, は山上

▼ 最初~ (3, 0.0%)

1 喜びで, 寮長で, 手術を

▼ 最初~ (3, 0.0%)

1 に恋, の無邪気, の誤り

▼ 最初少し~ (3, 0.0%)

1 ばかり入れ, も知りませんでした, 弱いの

▼ 最初平次~ (3, 0.0%)

2 の眼 1 を引張り出した

▼ 最初思った~ (3, 0.0%)

2 通りに 1 よりはこの

▼ 最初想像~ (3, 0.0%)

1 したとおり, したよう, するほど

▼ 最初朝鮮~ (3, 0.0%)

1 から教わったろう, が清朝, へ行つた時

▼ 最初東京~ (3, 0.0%)

1 にはいっ, に居, を出発

▼ 最初法水~ (3, 0.0%)

1 が防堤, は極めて, を見

▼ 最初~ (3, 0.0%)

2 鼎の 1 斎を

▼ 最初~ (3, 0.0%)

1 についた, につき, に止った

▼ 最初~ (3, 0.0%)

1 に扮, の名, の御

▼ 最初~ (3, 0.0%)

1 で大, の中, の端

▼ 最初いった~ (2, 0.0%)

1 子供が, 言葉尻と

▼ 最初いひ出し~ (2, 0.0%)

2 時にや

▼ 最初いや~ (2, 0.0%)

1 だと, なもの

▼ 最初かと~ (2, 0.0%)

1 いうと, 存ぜられます

▼ 最初からが~ (2, 0.0%)

1 その機会, 違った

▼ 最初こういう~ (2, 0.0%)

1 ことに, 一夜を

▼ 最初これら~ (2, 0.0%)

1 の村, の武士

▼ 最初こんな~ (2, 0.0%)

1 ものを, 風に

▼ 最初~ (2, 0.0%)

1 主人と, 注意した

▼ 最初ごく~ (2, 0.0%)

1 わづかしか, 自然に

▼ 最初そう~ (2, 0.0%)

1 言われた時, 訊ねたに

▼ 最初だけ~ (2, 0.0%)

1 であ, 珍らしい

▼ 最初だけの~ (2, 0.0%)

1 感じであっ, 話です

▼ 最初でした~ (2, 0.0%)

1 がその, ね

▼ 最初でも~ (2, 0.0%)

1 あった, ない

▼ 最初どう~ (2, 0.0%)

1 いふ風に, でも好い

▼ 最初どうしても~ (2, 0.0%)

1 信じられなかつたそして, 兵隊では

▼ 最初どの~ (2, 0.0%)

1 ような, 方面から

▼ 最初なら~ (2, 0.0%)

2 む長き

▼ 最初なる~ (2, 0.0%)

1 は多く, ものが

▼ 最初において~ (2, 0.0%)

1 この事, 正しかった

▼ 最初ほか~ (2, 0.0%)

2 のもの

▼ 最初よりの~ (2, 0.0%)

1 言に, 顛覆党に

▼ 最初よりも~ (2, 0.0%)

1 沢山です, 狂いが

▼ 最初わが~ (2, 0.0%)

1 方を, 軍が

▼ 最初クリストフ~ (2, 0.0%)

1 にたいして完璧, は彼ら

▼ 最初バルーン~ (2, 0.0%)

1 を降す, を降ろす

▼ 最初一つ~ (2, 0.0%)

1 の共同湯, の自然発生的

▼ 最初一丁~ (2, 0.0%)

2 が程

▼ 最初一年~ (2, 0.0%)

1 が間, ほどい

▼ 最初一日二日~ (2, 0.0%)

1 の間, は態と

▼ 最初一目~ (2, 0.0%)

1 見た時, 見るが

▼ 最初三面主任~ (2, 0.0%)

2 と云

▼ 最初上陸~ (2, 0.0%)

1 したの, した附近

▼ 最初主人~ (2, 0.0%)

1 が刄物, が立ち去る

▼ 最初云った~ (2, 0.0%)

1 事とは, 言葉を

▼ 最初五分~ (2, 0.0%)

1 ばかりに残った, ほどそっと

▼ 最初亭主~ (2, 0.0%)

1 にもの, の家

▼ 最初~ (2, 0.0%)

1 はこの, を介し

▼ 最初今度~ (2, 0.0%)

1 の軍役, はまさか

▼ 最初伯爵~ (2, 0.0%)

1 がなに, の話

▼ 最初何事~ (2, 0.0%)

1 だろうと, を訊ねられ

▼ 最初~ (2, 0.0%)

1 から交渉, が大正五年九月十一日

▼ 最初僕ら~ (2, 0.0%)

1 が弥次, をつまみ出せ

▼ 最初先ず~ (2, 0.0%)

1 それは, 三島から

▼ 最初先生~ (2, 0.0%)

1 からあん, の不可思議

▼ 最初入っ~ (2, 0.0%)

1 てもいや, て来た

▼ 最初~ (2, 0.0%)

2 が唱

▼ 最初前髪~ (2, 0.0%)

2 を左右

▼ 最初勝平~ (2, 0.0%)

1 はさ, はそう

▼ 最初半年~ (2, 0.0%)

1 は, ばかりは社中

▼ 最初各人~ (2, 0.0%)

2 が指

▼ 最初地方町~ (2, 0.0%)

2 の小学校

▼ 最初~ (2, 0.0%)

1 を乗越し, を乘越

▼ 最初~ (2, 0.0%)

1 でよく, で揉ん

▼ 最初外国~ (2, 0.0%)

1 から似寄った, にあった

▼ 最初太田~ (2, 0.0%)

2 はそれ

▼ 最初~ (2, 0.0%)

1 の病中, をもっ

▼ 最初夫人~ (2, 0.0%)

1 の名前, の証言

▼ 最初奥様~ (2, 0.0%)

1 とサン, はお

▼ 最初~ (2, 0.0%)

1 に誓, に誓い

▼ 最初~ (2, 0.0%)

1 の初子さん, は商事会社

▼ 最初姫君~ (2, 0.0%)

1 として嫁いだであろう, のいる

▼ 最初~ (2, 0.0%)

1 と柳吉, のお玉

▼ 最初家出~ (2, 0.0%)

1 のとき, の時

▼ 最初少から~ (2, 0.0%)

2 ず富江

▼ 最初~ (2, 0.0%)

1 の宿, の尾

▼ 最初幕府~ (2, 0.0%)

1 から向けられた, の昌平塾

▼ 最初幻覚~ (2, 0.0%)

2 を多く

▼ 最初幾つ~ (2, 0.0%)

2 かの注意

▼ 最初徐ろ~ (2, 0.0%)

2 にそれ

▼ 最初~ (2, 0.0%)

1 れられたやう, れられたよう

▼ 最初憂慮~ (2, 0.0%)

2 の面持ち

▼ 最初懐中電燈~ (2, 0.0%)

1 の光, を持っ

▼ 最初支那~ (2, 0.0%)

1 で發明, の中

▼ 最初文学~ (2, 0.0%)

1 に志し, の世界

▼ 最初昆布~ (2, 0.0%)

1 と鰹節, を入れ

▼ 最初朝晩~ (2, 0.0%)

1 の礼拝, の禮拜

▼ 最初横浜~ (2, 0.0%)

1 で保険金詐取, において出版

▼ 最初横蔵~ (2, 0.0%)

1 に発し, の鏡

▼ 最初~ (2, 0.0%)

1 の学校, の町

▼ 最初此家~ (2, 0.0%)

1 に来た, を乘取つて仙

▼ 最初歩三つ~ (2, 0.0%)

1 が一日, が一月

▼ 最初殺した~ (2, 0.0%)

1 覚えは, 覺え

▼ 最初~ (2, 0.0%)

1 が沸, で

▼ 最初江戸~ (2, 0.0%)

1 から京都, にて事

▼ 最初海岸~ (2, 0.0%)

1 から運河, に沿う

▼ 最初~ (2, 0.0%)

1 落款であった, 関心に

▼ 最初~ (2, 0.0%)

1 を一国民, を怕

▼ 最初甚だしい~ (2, 0.0%)

2 貧家に

▼ 最初~ (2, 0.0%)

1 が咳, が暗に

▼ 最初白丁~ (2, 0.0%)

2 に豆烏帽子

▼ 最初着いた~ (2, 0.0%)

1 時の, 時分には

▼ 最初瞥見~ (2, 0.0%)

2 したとき

▼ 最初知合~ (2, 0.0%)

1 の郡視学, ひの

▼ 最初禊ぎ~ (2, 0.0%)

2 の地域

▼ 最初私共~ (2, 0.0%)

1 が蘭学, は小石川老松町

▼ 最初立派~ (2, 0.0%)

1 な紋服, に成功

▼ 最初~ (2, 0.0%)

1 一に, 三章を

▼ 最初~ (2, 0.0%)

2 の友だち

▼ 最初考へた~ (2, 0.0%)

1 が如く, 六略の

▼ 最初~ (2, 0.0%)

2 赤く興奮

▼ 最初蝦夷松椴松~ (2, 0.0%)

2 の翠

▼ 最初行った~ (2, 0.0%)

1 のが, 時に

▼ 最初~ (2, 0.0%)

1 てつまらなく, てとった

▼ 最初見つけた~ (2, 0.0%)

1 とき彼の, 時に

▼ 最初見覚え~ (2, 0.0%)

2 がある

▼ 最初計画~ (2, 0.0%)

1 した事丈, した小説

▼ 最初説教~ (2, 0.0%)

1 した大きい, をきい

▼ 最初読んだ~ (2, 0.0%)

1 時に, 頃は

▼ 最初踏んだ~ (2, 0.0%)

1 本館に, 石を

▼ 最初車台~ (2, 0.0%)

2 が海

▼ 最初述べた~ (2, 0.0%)

1 ものから, 量の

▼ 最初遠く~ (2, 0.0%)

1 に見えた, 離れた並行線

▼ 最初遠慮~ (2, 0.0%)

1 して, するよう

▼ 最初金博士~ (2, 0.0%)

1 はこの, は三つ

▼ 最初~ (2, 0.0%)

2 かニッケル

▼ 最初間借~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 最初随分~ (2, 0.0%)

1 危険で, 性急に

▼ 最初青年~ (2, 0.0%)

2 に対して口

▼ 最初頑強~ (2, 0.0%)

2

▼ 最初~ (2, 0.0%)

1 り先生, り彼女

▼ 最初驚かされた~ (2, 0.0%)

1 ほどのこと, 幻の

▼ 最初~ (2, 0.0%)

1 がよわ, の強い

▼1* [1089件]

最初小太郎に, 最初あたりの, 最初あつしと鍛冶町, 最初あてずっぽうにはいった, 最初あの真暗闇の, 最初あまりい, 最初あやしいと思った, 最初あらゆる心痛を, 最初あんなに気が, 最初いかなる事情から, 最初いかにもよく察知し, 最初いきなり出たとき, 最初いたづらを, 最初いっこうその当こすり, 最初いっしょに来た, 最初いまだ立派でなかった, 最初いらして下, 最初いろいろとお, 最初うかんだのは, 最初うまくやれば, 最初おいて行った, 最初おふくろが迎, 最初おまえが知慧, 最初お代先生の両親, 最初お嬢さんの方, 最初お宮を呼んだ, 最初お父さんの首っ玉, 最初お目にかかった時に, 最初お見舞に行つた時, 最初お雪ちゃんの警告, 最初かういふ風な, 最初かういふことに, 最初かついえ公は, 最初かもしれない, 最初からも後々にも, 最初きた道を, 最初きまって無我夢中に, 最初きわめて小さかった, 最初こいさんに遊戯, 最初こう順序を, 最初こそは燈籠の, 最初こちらへ参った, 最初う訊ねた, 最初さういふ唯一の, 最初しかけて行った, 最初しかるべき逃げ場を, 最初しきりに何か, 最初しでかしたたった一つ, 最初しめたと思った, 最初じゃないあの, 最初すこしもそれを, 最初せきせいいんこ, 最初そういう事情で, 最初そこから低い, 最初それで大きい方, 最初ただあの女, 最初ただびつくりし恐がりながら, 最初ただ小説の大体, 最初たった一人が, 最初たどって来た, 最初たよって来た, 最初たるを以て樽川, 最初たわむれて言った, 最初だらうと言, 最初ちょっとした岩場が, 最初ちよいと見た, 最初つけたときに, 最初ての閨秀作家号に, 最初であったろうと思う, 最初でありまして, 最初でございますか, 最初ですか, 最初でないことたまらぬ, 最初で無かったのだ, 最初どこで發見, 最初ながしの空巣狙い, 最初などはお鳥, 最初なにかと弁解, 最初なんか児鯨ほどの, 最初なんともいえない不快, 最初においてはトーキー撮影と, 最初における十一分三秒プラスという, 最初にかけて来たの, 最初にかはした印象, 最初にしか用いられないとか, 最初にわかに速力を, 最初のぞきこんだ場所から, 最初のですっかり疲れ, 最初はけば, 最初はげしく争ったこと, 最初はじめたのは, 最初はな内証で, 最初はなはだ簡単な, 最初はにぎはやひの命で, 最初ひたがくし, 最初ひどく心を, 最初びくびくもので, 最初びっくりなさるかも, 最初ふとした偶然から, 最初ぶつかったんです, 最初ほどは検事が, 最初ぼくを見た, 最初づ我等は, 最初まあそんなもの, 最初まごついて彼, 最初まだ何にも, 最初まったく同時であった, 最初まつ暗でした, 最初まつりの日, 最初みたのが, 最初みんなが来た, 最初二返, 最初もくろまれたのは, 最初ものうそうに, 最初もやもやした丸い, 最初やってみ, 最初やって来てね, 最初やって来たときと, 最初ゆめうつつの, 最初よくして, 最初よりずつと一定し, 最初よりはよほど見直した, 最初らしいが開墾者, 最初れいになく, 最初わからなかったがようやく, 最初わしがわざと, 最初われら人間と同形, 最初われわれの前, 最初アナワク高原へ乗り込んだ, 最初アフリカの南端, 最初アブラハムの良友, 最初アメリカ合衆国政府がパナマ共和国, 最初アラビア哲学者の労作, 最初アリストテレースの研究, 最初アルブケルケがマラッカ, 最初アレキサンドリアあたりへ輸入, 最初イワン・フョードロヴィッチがこの, 最初エリパズの責むる所, 最初エレベーターで出会った, 最初オシラ神あるいはオシラ様, 最初オヤとは生み, 最初オート三輪車を使用, 最初カギ形の木, 最初カラ彼女ニ一目置クヨウナ素振ヲ, 最初ガスケル家に雇われる, 最初キリスト教を世に, 最初クイックステップを二三回, 最初グッと一杯, 最初グルグルと左, 最初ゲーム取りで来た, 最初サルタン珍事を好む, 最初サンドを嫌い抜い, 最初シェイクスピアを非常, 最初シェストフ的な, 最初シャビエルが足跡, 最初スクリンいっぱいに疾走中, 最初スクルージは精霊, 最初チュガ公のした如く, 最初チョット思い出せなかつたが, 最初からお前さん, 最初からおれ, 最初テンピの中, 最初ディグスビイを挙げた, 最初デパートの食堂, 最初デビーに手紙, 最初トラックが抵当, 最初ドーソン号のダンセラー, 最初ドード鳥は一, 最初ナイフでその, 最初埋メラレタ場所ニ, 最初ニモ述ベタガ要スルニ直線運動ト曲線運動トノ比較ニナル, 最初ニルヤから渡っ, 最初ニ左腕ヲ下, 最初ニ訪ウタノハイツノコトデアッタカ殆ド記憶ガナイ, 最初数滴ヲ, 最初ハイドンはマリア, 最初ハホントウニ寝テイタラシイガ, 最初ハ全体トシテ二重ニ見エ, 最初ハ朝夕十五分間グライソノ上ニ寝グリンソン氏式シュリンゲト称スルモノ, 最初バターとお, 最初バットの門, 最初パリには長く, 最初パン屋でありましたので, 最初パヴローヴァの, 最初ビックリしましたわ, 最初ピヤノの伴奏, 最初フィーユ・デュ・カルヴェール街へ行った, 最初フランシュ・コンテにのがれ, 最初ブラウンは妻, 最初プスリと穴, 最初プラトンによって形, 最初プラーゲがどんな, 最初ベッタリ植字し, 最初ペンを取った, 最初ボンス・ライブラリの訳, 最初ポチツとした, 最初マリーが家, 最初モクモクと泡立つ, 最初モスクワに行き, 最初ライプチヒのシュッツ社, 最初リッケルトの弟子, 最初レヴェズが奥, 最初ロスアンゼルスから送っ, 最初ロンドンにて田舎行き, 最初ワシリは部落, 最初ワリニャーニが入学, 最初ワルシャワを煤煙, 最初ヴァランタンが耳, 最初ヴァヰオリンを習っ, 最初ヴアヰオリンを習つて音樂家, 最初ヴェネチアに滯在, 最初の非望, 最初一カ所で撒かれた, 最初一両日は換刑, 最初一二回は鈎先, 最初一二年は良沢, 最初一個の代り, 最初一八三七年に書きあげられた, 最初一回飛び損なっても, 最初一声叫んで, 最初一寸触れて, 最初一寸口をつけた, 最初一年生に法律, 最初一度唇の先, 最初一揆の集団, 最初一撃を喰らう, 最初一時間半ばかりはお客, 最初一泊二圓の四疊半, 最初一知に疑い, 最初一見したとき, 最初一通り概念を話し, 最初一週間は重病室, 最初七兵衛おやじの影, 最初三つになる, 最初三人の娘, 最初三人称でこの, 最初三分の一ばかりの部分, 最初三千子さんの机, 最初三味線を弾き出す, 最初三四枚すらすらと, 最初三崎丸の話, 最初三度ほどもよく, 最初三百円と云い, 最初三目置いたが, 最初三頭のりつぱな種豚, 最初上った頃から, 最初上向きになった, 最初上帝が賜わった, 最初上意と名乗りかけ, 最初上海から乗った, 最初上演の時, 最初上等のだし昆布, 最初上野国高崎をさして, 最初へ入れ, 最初下り松にて吉岡方, 最初下剤をかけ, 最初下手人はお前, 最初不承知であったらしいん, 最初不明なりき, 最初不死の報, 最初不良少年かと思つた, 最初不覚の状態, 最初与へられる数字が, 最初世の中を見る, 最初世話をしかけた, 最初世間の物議, 最初中村から, 最初主人大事に奉公, 最初主張したとおり, 最初久助君は宝蔵倉, 最初久高島に到着, 最初九郎右衛門が足, 最初乾板を拾い, 最初乾雲丸といっしょ, 最初の一番, 最初予ガ何ノ目的, 最初予定した船, 最初予約の証拠金, 最初争いをひき起した, 最初事件が起こった, 最初事実がっただけ, 最初ひら三, 最初二つ三つばかりの白い, 最初二三ヶ月の間, 最初二三度は彼, 最初二三度ふり返った時, 最初二十ばかりのことば, 最初二十六日に所謂蹶起部隊, 最初二枚を指した, 最初云ひたいだけのこと, 最初の精神的結合, 最初五六日に一度, 最初五六遍失敗って覚え込む, 最初五十三パーセントと報告, 最初五百の手負, 最初井谷がいつも, 最初京都などから運ん, 最初人々は本気, 最初人壺辺に来る, 最初人形浄瑠璃の為, 最初人形芝居が一つ, 最初人身御供として神, 最初仁清に理解, 最初仁清ふうを作らん, 最初の佛教, 最初仏者などから教わったろう, 最初他人をし, 最初代数学についてそれから, 最初以前にある, 最初以前自分が母, 最初以来甲州から武州, 最初仮りに前座見習, 最初仰せになりました, 最初仰向けだったもの, 最初伊勢の国, 最初伏見鳥羽の戦い, 最初会つたのは随分, 最初会社側では相場, 最初会見の当時, 最初伝説学に考察, 最初伯父から話, 最初伸子の注意, 最初を佐, 最初住吉詣の, 最初何だか譯が, 最初何とも云えずばつ, 最初何もかも隠さず打ち明けて, 最初何んとも云えず, 最初何人の企て, 最初何気なさそうに, 最初何気なく眺めて, 最初何物をも欲しなかつた, 最初何者の手, 最初余義なき金策, 最初作者によってどういう, 最初使者をし, 最初の来た, 最初係長は技師, 最初俺達は敵, 最初倉持との恋愛, 最初倒れた際に, 最初借りて来, 最初倫敦と紐育, 最初停車場構内の飲食店, 最初僅かな人, 最初働いていた, 最初僕たちはその, 最初を誘い出す, 最初兄ぎみのこ, 最初先づ云はれたこと, 最初先づ漬け物の重し石, 最初先方から自分, 最初入った貴方がた三人以外に, 最初入学した専門学校, 最初全く任意に, 最初八つ打ったの, 最初公表したの, 最初六ぴきはたしかに, 最初其のめがねで, 最初其カスレた声, 最初内使を立てた, 最初内侍所の御, 最初内金五両お下げ渡しありたる後, 最初冷淡にみ, 最初凡人大衆の群, 最初出した羽織が, 最初出来るだけ牛, 最初出版契約の際, 最初出現した, 最初出立する時, 最初出逢ッた時, 最初を縦, 最初刄物を持つ, 最初れた所, 最初分らなかつたので例, 最初分割して, 最初分解して, 最初刊行の新, 最初刑事が足跡, 最初判断力が働かず, 最初別々に印刷, 最初剃髪した原駅, 最初の土手, 最初力添へをした, 最初助ける時は, 最初勘定に入れ, 最初へいっ, 最初北条方の考, 最初北鮮に侵入, 最初北鮮側が南鮮, 最初医学校に入れられた, 最初十二月の臘, 最初十人の兵士, 最初十円だけ渡さう, 最初千両当るに, 最初千歳村に来, 最初半信半疑であったこと, 最初半蔵にはこの, 最初南アフリカに滞在, 最初南京豆の厚皮, 最初南島のニルヤ・カナヤ, 最初博覧会というもの, 最初原料を入れ, 最初厨子扉に映った, 最初去年の夏, 最初及び本書の, 最初友松は丹波, 最初太陽説の, 最初反対して, 最初叔母が藤村家, 最初受ける感じは, 最初口笛が聞こえ, 最初古賀がその, 最初叫ばれた文芸復興という, 最初叫んだものが, 最初召使に導かれ, 最初台所の次の間, 最初台湾行の命令, 最初右舷の遥か前方, 最初吃驚させられたの, 最初吉五郎に目, 最初吉左衛門や金兵衛, 最初同じ商売に, 最初同格であった近習たち, 最初同氏が造, 最初同郷人の服部嘉陳氏, 最初名乗りをあげた, 最初名誉教授と間違えられた, 最初向かっていた, 最初吸血鬼は痣蟹, 最初呉楽を家業, 最初周公に關, 最初周平の耳, 最初呼ばれた図書掛りの, 最初呼んでみる, 最初命ぜられた仕事は, 最初和田英作君などの洋画界, 最初の周囲, 最初噺家になる, 最初四十万にも達した, 最初四日間軍隊を動かさず, 最初四辺の景色, 最初四隻のラガー, 最初図面を引いた, 最初国元から預かっ, 最初国経が御簾, 最初国貞と共に役者似顔, 最初土人街のネパール女, 最初土地の住民, 最初土手を下り, 最初土方になった, 最初圭介は楢雄, 最初地上に生れ出でた, 最初地下室に忍びこんだ, 最初地精の札, 最初地震で表, 最初垣根越しに相対, 最初の奇襲, 最初堀割の船, 最初堂々たる方法で, 最初塩化鉄で練り固めた, 最初壁布を一枚, 最初に入れた, 最初売ったときから, 最初売り出した時には, 最初変った着物を, 最初変事を発見, 最初夕顔の花, 最初多勢が一緒, 最初夜具の上, 最初夢想した様, 最初夢遊病を発見, 最初大きく振れるが, 最初大杉と山口, 最初大沢が半ば冗談, 最初大河につぎ, 最初大深に初恋, 最初大阪で医者, 最初より地, 最初天下に実物教育, 最初天井からさがっ, 最初天武帝がその, 最初失望して, 最初奥さんに西洋鍋, 最初女の子に手, 最初好い加減に切っ, 最初如何なる形を, 最初妖怪研究に着手, 最初な色眼鏡, 最初からつけられ, 最初妻恋坂へ寄る, 最初妾たちがあった, 最初婆さん鶏が鶏小屋, 最初婦人は彼, 最初媚態かと思っ, 最初嫁いで行き, 最初嫁いだ先は, 最初嫌疑をかけた, 最初嬉野温泉でだいぶ, 最初子どもらしい大人, 最初子供に覚え, 最初子爵と懇意, 最初宇宙の極限, 最初安里と識, 最初定めた船賃に, 最初宝塚ホテルで糸子, 最初実に見窶, 最初実家の父, 最初をとった, 最初客観的にどんなに, 最初宣告をする, 最初を借りた, 最初家屋をこし, 最初家庭教育の事, 最初寒い内は, 最初察したように, 最初損じても, 最初将棋の歩み, 最初尋常の手段, 最初小池助手が探り出した, 最初小田切家から逃げ出した, 最初小鐘が明朗, 最初少年と見, 最初少年ルパンものを狙っ, 最初少数の信者, 最初居住せられた所, 最初山奥から此動物, 最初山王下であつ, 最初の割目, 最初へ斬りおとした, 最初崎山は代議士, 最初の浜庇, 最初左側が清五郎, 最初左吉松が相棒, 最初巨大な青い, 最初差し出されたものよりも, 最初巴里につき, 最初市場に出した, 最初布教を許可, 最初希望した通り, 最初帰って来た, 最初帰らうと云, 最初帰ろうと言い出した, 最初公が, 最初があがる, 最初幡江がその, 最初幸田延子先生に教わり, 最初幾太郎と間違, 最初幾度も幾度, 最初幾松が臭い, 最初広く薄く彼を, 最初庄左衛門が脱, 最初を持つ, 最初にをい, 最初康子には一種, 最初延慶年間に撰集, 最初建築の方, 最初建造資金を寄附, 最初廻り道をし, 最初弁護士の話, 最初弘福寺と云ふた, 最初強風を予言, 最初弾いた経文歌の, 最初当然こちらから, 最初彼女達は畑, 最初彼等は海岸, 最初往來で摺れ, 最初往来で擦れ違った, 最初後藤市長の出した, 最初得道の時優陀夷, 最初御身の父, 最初微弱な勢力, 最初徳川家と戦った, 最初徳川直属の代官, 最初ざして, 最初必要とした, 最初志野陶土発見を某, 最初思い立ちいた小理窟, 最初思い邪なくこの, 最初思うた彼は, 最初思っていた, 最初思つた額から小刻み, 最初思つてゐた, 最初思ひかけぬ人情深い, 最初悪くして, 最初悪人だと, 最初悲鳴に驚い, 最初惡人に引, 最初意味のあった, 最初はわれ, 最初愛ちやんは下, 最初感情の動く, 最初慎みのため, 最初憂鬱になり, 最初成るべく学識経験の, 最初成ろうと目ざし, 最初我々の祖先, 最初る特殊, 最初戦線の正面, 最初戯曲家として出発, 最初戸口から跳び出した, 最初戸籍までひい, 最初房一の頭, 最初手持無沙汰の感じ, 最初投げ入れた場所に, 最初投石したること, 最初から遊び, 最初抱いていた, 最初抱いた恥辱の, 最初招かれて来た, 最初招きに応じ, 最初拵えたものへ, 最初拾円と大きく, 最初指先が肌, 最初挨拶した, 最初捨子だったという, 最初推定された人物, 最初描いてゐた, 最初揺り始めたとき自分は, 最初支那兵の一隊, 最初支配人の孫三郎, 最初改革の基本案, 最初救護所で鵜飼邦太郎, 最初へて貰つた一, 最初教会から新, 最初数分間に現われる, 最初敷物を弛ませ, 最初文句をつけ通し, 最初文芸委員会がファウスト, 最初断つたが仕舞, 最初断りましたの, 最初斯んないきさつ, 最初徴組が, 最初新しい内は, 最初新吉さんの乳母, 最初新聞のこと, 最初新聞記者がぴくっと興奮, 最初方法に対して対象, 最初方法概念は対象概念, 最初旅中鎭魂の作, 最初旅団が行進, 最初旗手であった, 最初日和見のもの, 最初日本人に親, 最初日本橋富沢町の大又, 最初旦那樣は私, 最初旨い食物を, 最初早坂勇君を疑った, 最初明智さんがい, 最初明治三十九年十二月原内相が出せし, 最初明治二十九年に伝次郎事件, 最初易介がすでに, 最初畫か, 最初春琴が夢, 最初是等の國, 最初時々背後の, 最初時事新報の紙上, 最初時分の二三人, 最初暫くはもつ, 最初暴力団か何, 最初書いたような, 最初書かれたのが, 最初書終つた時にも校, 最初服部書店国太郎君の懇請, 最初朝田が彼女, 最初期していた, 最初木村というお, 最初木槌で叩く, 最初末造の注意, 最初づりのきっかけで入っ, 最初本堂の中, 最初本家は子供, 最初本間久雄君によって平民労働者, 最初を渡す, 最初の前, 最初に手引, 最初村民が怖, 最初をここ, 最初に向かっ, 最初東京本郷の帝國, 最初東山に陣取った, 最初東野南次の意識, 最初松五郎じゃない, 最初松五郎ぢやない, 最初林房雄などを中心, 最初果し合ひ, 最初果してどういう衝撃, 最初果し合いに持出した, 最初果樹園に水, 最初の孔, 最初を下宿, 最初柳島で乗った, 最初栄三郎は変わり果てた, 最初校長に願っ, 最初案内に立つた, 最初桔梗の方, 最初検事の箇条質問書, 最初検事総長の任命, 最初楽しみに来た, 最初様子を見る, 最初権利なしで, 最初横浜行きのうわさ, 最初機関車が, 最初は翌, 最初欧人が伴, 最初正造のむさくるしい, 最初此処にやつ, 最初此女どもを皆財産, 最初此等の通信, 最初此細工を知らなかつた, 最初此自覚が己, 最初此處へ來, 最初此話は芝居話, 最初此鍵が大, 最初武家奉公は止そう, 最初死ぬ程辮髮を, 最初死体を検証, 最初死骸が発見, 最初死體を見た, 最初段別五升を収める, 最初殺人で死刑, 最初殿様は伊吹山, 最初母親らしい婦人, 最初毎晩二合の酒, 最初毛沼博士が暗黙, 最初気づいた時には, 最初気分を爽, 最初気管の左, 最初がつかなかつた, 最初水戸の学問, 最初水辺の蛇能, 最初水道の使用, 最初水面を鮠, 最初決めていた, 最初沢庵を将軍, 最初河床は乾い, 最初河水の汎濫, 最初立つ時アク, 最初沼津地方激震死傷數千云々といふ風, 最初の某, 最初泉橋病院の若い, 最初法螺を吹く, 最初泣くとも呻く, 最初泥棒に入られ, 最初洋画希望であ, 最初ひ髮, 最初洲崎の沖, 最初派遣を願い出でたる, 最初から上っ, 最初深山木の梢, 最初深林に踏み入った, 最初が氷峰, 最初へ入れ, 最初源三郎の一行, 最初源氏は思った, 最初準備行為が必要, 最初の近く, 最初滝人が背負っ, 最初演説した生徒, 最初瀬越さんは妙, 最初灰色がかりし, 最初の砦, 最初無常によって少しく, 最初無断で杉, 最初焼き捨てる気だった, 最初燃えるような, 最初爆発の火, 最初っ方, 最初の群れ, 最初牛乳の中, 最初牧師はスティヴン, 最初牧馬と野馬, 最初犠牲的社会奉仕をした, 最初も猫, 最初犬吠が乗り逃げ, 最初犯人が人形, 最初犯人自身が鳩舎, 最初きたりて, 最初猩々と呼んだ, 最初玄關に取次, 最初玉子を入れた, 最初珠太郎は顫えたい, 最初はれる, 最初理解しかねた, 最初甚だ愛ちやんを, 最初のまま, 最初生き帰って来た, 最初生牡蠣を乾いた, 最初田園の生活, 最初申しあげた通りこの, 最初男の子がこの, 最初男湯に強烈, 最初男色を小, 最初画因によって得た, 最初畑中へ農事, 最初當然と考へた, 最初病気かなと思いました, 最初発した言葉が, 最初発明した人, 最初発砲して, 最初発航した港, 最初発見の句集, 最初登りはダラダラ, 最初白い男を, 最初白兎を見た, 最初白色の壺, 最初百五十萬もあれ, 最初百観音が灰, 最初をつくります, 最初皆三に逢つた晩, 最初皺嗄声の男, 最初盗賊でも忍び込んだ, 最初目的の船, 最初直感的にその, 最初相当おびただしい飛行機, 最初相手の云った, 最初眞珠灣攻撃の報知, 最初真如の世界, 最初着衣より裸体像, 最初矢張り恥しくて, 最初知らぬ存ぜぬの一点張り, 最初が当, 最初石橋の旦那, 最初石畳の鋪, 最初石見銀山の毒死, 最初石郷さんは何ん, 最初社会的に全然, 最初社會主義者の陰謀, 最初神月がその, 最初神谷と榊, 最初に適ふたもの, 最初私たちは久しい, 最初私らは綿貫, 最初私達が下りた, 最初秋田を里, 最初鮮明な, 最初突然自分が, 最初がただ, 最初立ち上った時から, 最初立ち上つて法廷を出, 最初立ち止ったのは, 最初筆者が子供, 最初筑摩将監が発向, 最初答えた言葉は, 最初答えようとしなかった, 最初の先, 最初築いた時下手の, 最初篠原が乗り込ん, 最初篠田と山木, 最初簡単に岩, 最初糸目をおさへられ, 最初一万五千以上, 最初純金の細い, 最初紙帳の舞い上がった, 最初紳士は車室, 最初紹介された時, 最初組み出した時, 最初組合に踏込まれた, 最初組敷れて, 最初経済的自由主義として発生, 最初結び付ける高さ, 最初絵里子が二番め, 最初綿貫の材料, 最初編成されて, 最初据えられたまま, 最初置かれた境涯は, 最初美奈子が里, 最初美術ヂャーナリズムはまことに, 最初義郷は此, 最初羽織を着せた, 最初習慣を付けない, 最初医師は, 最初老人の首, 最初考えていた, 最初考えたときから, 最初考へてゐた, 最初聖フランシスの伝記, 最初聞いた時山田は, 最初肋膜をわずらい, 最初肥前の田浦出發, 最初背中を向け, 最初脇差を突き刺した, 最初脱出の時の, 最初腕調べとして御覧, 最初に刺さった, 最初づと微笑が, 最初自ら演劇の実験室, 最初自動書記の文字, 最初自動車というもの, 最初自己の微小, 最初自殺とあった, 最初興味とかいたずら気, 最初興味深さうに二人の, 最初を塩, 最初船長がそれ, 最初船頭を賺し, 最初良人の絵, 最初良沢に対して懐い, 最初花園まで行った, 最初芸者かと思った, 最初を出した, 最初樣の, 最初若い者の, 最初若旦那の柳吉, 最初苦い食物を, 最初苦しいばかりと思つた酒, 最初苦学をも辞さない, 最初英吉利の雑誌, 最初茂少年をおとり, 最初草木を原料, 最初荷物を置いた, 最初菊池の手, 最初菓子に毒, 最初菱沼さんから詳しく, 最初葉子の田舎, 最初著述した時, 最初に遺産相続, 最初蓮見一家のか, 最初蔵元屋の帳面調べ, 最初を採り, 最初は二日分, 最初藩閥思想の最も, 最初から棒, 最初に条紋, 最初の周り, 最初蜘蛛の巣, 最初蝶子に内緒, 最初の頭位, 最初が流されたら, 最初行きつけのお茶屋, 最初行つた時に羅漢寺, 最初衣川を怪しい, 最初表面に浮かんだ, 最初被害者は鋭利, 最初の広場, 最初西太后の信任, 最初西洋から渡つた武術, 最初西畔第二大食國, 最初介は, 最初見つかった日にゃ, 最初見初めたのは, 最初見習職工に志願, 最初覚醒運動を起した, 最初親父の死体, 最初観世様は妾, 最初のある, 最初触ったのは, 最初つたろ, 最初言おうと思, 最初言わせたのでその, 最初言われたとおりの, 最初言語に対する深い, 最初討手を仰せつけられた, 最初討論の議題, 最初訳す積で, 最初の概念, 最初話した死人の, 最初話し出したのが, 最初認めたあの不気味, 最初語ろうと思つた事がらを指, 最初読んで聞かされた, 最初読者になした, 最初誰かに脹満, 最初論語は終っ, 最初議会の作っ, 最初讀んだときから, 最初讀賣新聞へ寄せた, 最初谷将軍へ詰問, 最初買うた地所は, 最初買入れる時よく, 最初起つた時代は, 最初足音を聞いた, 最初踊り衣裳と思つたの, 最初がすくむ, 最初車夫をした, 最初車室にはいっ, 最初軍事的であるが, 最初軍艦の建造, 最初輸入された紙, 最初輸送船団の船長, 最初轉法輪の道場, 最初と一二分間それ, 最初辞退をした, 最初辿りはじめた左手の, 最初近いと聞いた, 最初逃げ隠れたお差控え候補, 最初透きとほ, 最初這入つた一室の, 最初通い出した時分は, 最初造られた銅器は, 最初逢った時から, 最初逢つた時から俺, 最初連盟に加わった, 最初遊猟か利得, 最初運動神経が痲痺, 最初遠慮がちに縁台, 最初遠目に見た, 最初遥かの行手, 最初選ぶのだ, 最初避難した九条村, 最初邂逅の涙, 最初都新聞に連載, 最初が私, 最初酒場の扉口, 最初釈迦堂まで来, 最初釋詁一篇が出, 最初野天が多かっ, 最初野津少将の第, 最初が無くなっ, 最初金六に逢つて, 最初金庫の側, 最初金沢藩の永原甚七郎, 最初鉛筆も左手, 最初鉱三を訪問, 最初鉱毒有無の証迹明了, 最初銀行の金, 最初銚子に開業, 最初を入れ, 最初の輪形, 最初鎌倉からし, 最初鎮子の口, 最初を磨く, 最初鑢目をつけ, 最初長女のジュリア, 最初長州侯の建議, 最初長州征伐のこと, 最初長老のところ, 最初長陵といふところ, 最初門前払いを喰った, 最初門松などの下, 最初開く時に, 最初開業当時に場内, 最初間違へて彼, 最初関係するところ, 最初閣下にお, 最初關係がなかつた, 最初關口の太助, 最初つてゐた, 最初陥っていた, 最初陸大で学生, 最初陸軍首脳部が宇垣絶対反対, 最初隨分危險であつ, 最初隨分性急に申込ん, 最初集まった二百人は, 最初雇われた時から, 最初雌型の木活字, 最初雌雄ともに黒い, 最初難解の言葉, 最初が積, 最初雪煙がさあっ, 最初雪解のした, 最初雷門から公園, 最初電車から飛び下り, 最初青山と石丸, 最初青木の興味, 最初音楽上の技巧, 最初音楽爆弾の言葉, 最初音響を確かめ, 最初順化の宮殿, 最初頬かむりをし, 最初を切, 最初頼んだ私の, 最初風呂へ入り, 最初飛んでもない, 最初食べ馴れない物を, 最初食用され中頃排斥, 最初飯塚さんはお雛様, 最初飲ませたのは, 最初養女に貰, 最初養子を迎へた, 最初がどういう, 最初が四足, 最初馬車で行っ, 最初馬鈴薯党で後, 最初馬鹿にし, 最初駐在所を訪ね, 最初駿河の久能山, 最初驚いて竿立ち, 最初驚いたのは, 最初驚かしそして長く, 最初の肉, 最初高商の秀才, 最初高橋の噂, 最初高橋五郎君のが出た, 最初鵜飼の腸綿, 最初黄金豹がとびこんだ, 最初黒沢商店の角, 最初黙って聞い, 最初だけをぴくり