青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「検事~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

森~ 森林~ 棺~ 椀~ ~椅子 椅子~ 植~ 植木~ ~植物 植物~
検事~
検査~ 椿~ ~業 業~ 楯~ ~極 極~ ~極めて 極めて~ 極度~

「検事~」 2564, 28ppm, 4208位

▼ 検事~ (718, 28.0%)

9 それを 6 そういっ 5 目を, 眼を 4 パイプを, 顔を, 首を 3 亀之, 云った, 呆れたよう, 法水の, 相変らず, 莨の

2 [44件] いった, うなずいた, うなった, こういうこと, こう云っ, さすがに, そう云っ, そこで, その声, その言葉, ちょっと皮肉, 何も, 何度も, 俄に, 博士の, 周囲の, 声を, 夢から, 小卓子, 屍体の, 山本医師の, 帆村の, 彼の, 彼女の, 悲痛な, 慌てて, 扉の, 手を, 時計を, 椅子から, 無言の, 皮肉な, 直ぐに, 相手の, 眩惑された, 笑った, 腕を, 苦が, 苦笑し, 警部に, 警部の, 部下を, 静かに, 驚いて

1 [575件 抜粋] あいかわらずがんばる, あきれて, あとの, あのわれわれ, ある手段, あれで, あわてて, いい加減上気, いい気, いかにも真, いささか元気, いっこうに解せぬ, いったいどういう, いったい何ん, いったが, いって, いつの間にか昂奮, いつも大江山課長, いまいましそう, いまいまし相, いや寺, いよいよくさらない, いよいよ驚いたらしく, いわれて, うつむいたまま, おしとめ, おだやかな, おっかぶせるよう, おどろいて, おどろきの, おやじの, かたわらの, かつてベルトラン, かれこれ弁解, きいた, きゅうに, くいさがる, こういう, こう云つて朝日, こう云つて駿三, ここぞと, ここまでは, こっちへ, このふしぎ, この局面, この欠伸, この男, この重要, こんどは, こんな場合, さっきから, さっそく付近, さも忌々し, さらに続けた, しきりと, しきりに小首, しだいに夢, しばらく考え, しょっちゅう顔出し, しょんぼりと, じりじりと, すぐに, すぐ警官, すぐ顔, すこし硬く, すこし駭きの色, すっかりつり込まれ, するどい目つき, ずんずん核心, そういう調べ, そうして遭難, そう言い置い, そこに, そこまで, そのあと, そのこと, そのとき, そのまま席, その一言, その前, その報告, その当時, その柄, その辺, その間立った, その頁, それごらんと, それでもちらりと, それと, それに, それ以上の, たじたじとうしろへ, たずねた, たまらなくなった, たまりかねて, ちょうど戸, ちょうど芸術家, ちょっと言葉, ちょっと首, つぎの, とくにあなた, とっさに, どういうつもり, どうしていい, どこで, どこまでも, なかなか疑い深く, なかば呆れ, にやにやし, にやにや笑った, のべた, はじめて声, はじめて白い, びっくりし, びっくりした, びっしょりと, ふしぎで, ほくそ笑んで, ほっとした, ほとんど口, ぽんと, まず事実, まず雲龍寺, まだ犯人, まるで, まんぞくそうに, みなの, むきだしに, むしろ呆れた, もういい加減この, もどかしさ, もはや自分, やさしくいった, やはりこの, やや苦笑, やり込めるよう, ようやく判った, ようようの, よく蜂矢, われに, ウーンと, カオルと, カオルの, キョトンと, ソバケーヴィッチの, チラと, ニコリと, ハンカチで, パイプから, パチ, ピストルの, ブルッと, ブルブル慄, ペンを, ポケットから, ポンと, ヨロヨロと, 一世一代の, 一伍一什を, 一応の, 一息つい, 一息ついた, 一枚お, 三度瓦房店の, 不審そうに, 不審を, 不思議そうに, 不意に, 不承げな, 不満の, 不良青年数名に, 予ね, 事の, 事件を, 二三回ばたばた, 二人の, 二言三言で, 今いきなり, 今は, 今星田代二, 以上の, 任務から, 伊達に, 似非史家法水の, 何か, 何だか一生懸命, 何と, 何と答え, 何故か, 依然として無言, 依然として鬼, 倒れて, 側を, 僕に, 僕は, 元の, 先ず自分, 先を, 先刻とは, 兜の, 入口に, 入口の, 全身が, 公判廷から, 再びみじめ, 再び寂光庵, 再び未亡人, 再び法水, 冗談でない, 冷たくなった, 冷やかに, 出て, 初めてうなずいた, 初めの, 判ったよう, 別室に, 前から, 前の, 前方の, 十八日一通り皆を, 半ば敗勢を, 卓子を, 博士が, 博士に, 厳として, 厳粛な, 又も, 反抗する, 口で, 口を, 召喚した, 合点が, 同氏特有の, 君は, 呆れて, 呻った, 唆られ, 問題に, 四つ折に, 四十歳前後の, 困ったよう, 困惑を, 型の, 執拗な, 塩田先生殺しに, 外に, 夙に令名, 多年刑事裁判に, 大いに心, 大きく目玉, 大きな吐息, 大寺警部に, 大江山との, 大江山の, 大江山課長の, 大股で, 大通りの, 失敗った, 失望し, 失格する, 奇問に, 妙な, 始めて, 子供の, 子爵が, 孔雀の, 学生の, 孫の, 宙に, 実刑二年を, 家政婦の, 寒々と, 対座し, 小さく肯い, 小塚氏弁護人は, 小声で, 小田清三夫妻に対する, 少し言い淀み, 少女の, 局内で, 屍体を, 山本医師を, 島田の, 巧みに, 帆村荘六が, 帰って, 年こそ, 広島の, 広瀬氏を, 弁論の, 弁護士に対して, 引続き軽く, 強く弁明, 強く洋酒, 当惑の, 当時所謂バリバリ, 役所へ, 従来捜査の, 御存知の, 心に, 心得て, 必ず控訴, 忌々しそう, 忘れて, 思わずも, 思わず叫んだ, 思わず度, 思わず息, 思わず莨, 思わず開いた, 思わず頓狂, 急いで, 急迫した, 恐ろしさ, 息を, 悦びの, 悪いこと, 惑乱した, 惑乱気味に, 愛用の, 感嘆した, 慄然と, 憤激の, 懐疑的な, 指に, 指を, 控帳の, 掻い摘まんで, 改まった顔, 新事実, 既に起訴, 旧の, 早速その, 早速取調べ, 昂奮の, 昔ながらに, 暗黒の, 更に頸, 書見を, 書記を, 書類を, 最後に, 最後の, 未だに半信半疑, 林の, 果して恐るべき, 格別失望の, 案外平気, 椅子に, 椅子を, 横から, 正木署長たちが, 此の方法を, 此処ぞと, 歩きだして, 毎週の, 求刑する, 沈黙した, 法水が, 法水に, 法水を, 注意深そう, 洋室の, 浮かぬ顔, 深く顎, 溜らなく汗, 濃厚な, 灰皿を, 点けたばかりの, 無言で, 無雑作, 煙草の, 煙草も, 熊城と, 熊城らしくない, 熊城を, 熱心な, 片唾, 特使に, 猛烈な, 率直に, 現場に, 現場を, 瓦房店警察署長以下十三名を, 男の, 男を, 異様に, 異議を, 疑義を, 病院の, 痛烈な, 皮肉に, 直ちに論告, 相手が, 眉を, 真蒼, 真面目な, 神経的に, 私に, 私の, 秋川家で, 穏かに, 窓の, 立ちあがって, 立派に, 笑って, 筆を, 答えられなかったが, 素直に, 組んだ手, 署長に, 署長を, 考えた, 考えて, 考えれば, 耐らず, 聴くだけでも, 職権を, 肯きながら, 胸苦しくなった, 脳天まで, 腐れ溜った, 腑に, 腕ぐみを, 腹立たし気, 腿を, 自分が, 自分の, 自問自答した, 自暴自棄という, 色を, 苦り切って, 草川巡査の, 莨を, 落着いた, 落胆した, 薄気味悪くなった, 蜂矢を, 蜂矢探偵に, 血相を, 被告は, 被疑者の, 裁判長とともに, 要点を, 覗き穴から, 親し気, 親切に, 言った, 言葉を, 訊いた, 訊かざるを, 警官に, 警官の, 警視庁から, 警部を, 貴様の, 賢明な, 起訴出来るでしょう, 足を, 身体を, 軽く一蹴, 軽く肯いた, 近眼鏡に, 返事の, 逡ろぐ気色も, 連れて, 部下たちに, 部下の, 部屋の, 醒ますよう, 醜く膏, 重大なる, 野村という, 釘づけられる, 鉄梯子を, 鉛筆を, 鋭い声, 鑑識課へ, 間もなく帰っ, 間接に, 陪審員らに, 電話の, 青年記者の, 青年記者を, 非難し, 頭の, 頷いたが, 頷いた池内, 頸の, 頸筋の, 顔の, 首うなだれた, 魂の, 鯉坂君の, 鴨下ドクトルが, 鶴代を, 鷹揚に, 黙って, 鼠の, MCCを

▼ 検事~ (424, 16.5%)

12 顔を 8 前に, 方へ 5 方は 4 ところへ, ような, 一行が, 取調べが, 方を, 耳に, 言葉に, 言葉を 3 一行は, 一行を, 前で, 命令で, 声に, 言葉が, 訊問に, 論告の, 顔は

2 [26件] いうこと, この言葉, ために, 傍へ, 前へ, 取調べの, 口から, 問に対して, 声は, 後を, 手が, 手を, 方で, 求刑は, 激励の, 神経に, 第一回訊問, 胸を, 腕を, 訊問が, 説を, 論告と, 論告は, 追及も, 雁金浩三氏だった, 顔に

1 [280件] あとを, あの時, あんな物静か, いうよう, いる扉際, うしろに, うちで, うちの, うちを, うち取調べに, おうち, お心づくし, くせに, このことば, この訊問, この論告, ごとき威容, すごい皮肉, そでを, そばへ, であって, とりしらべの, ひとと, ひろ子に対する, ほうが, ほうへ, むすめ, むっつりと, もとへ, ように, わきばらを, オーバーと, テエブルの, ハルトアン小父様から, ハルトアン氏と, ベルグランド・ハルトアン小父様に, ロングウェル氏に, 一代の, 一団だった, 一行も, 三人組と, 上に, 上告で, 不当な, 不法取調べという, 主観的考察に, 乗って, 二人が, 云うと, 人が, 人権蹂躙問題が, 令状を, 任命に, 会見と, 信用を, 偽証罪現行逮捕という, 催眠術に, 働きかけによって, 先に, 再三の, 処へ, 出したケース, 到着が, 前では, 前でも, 前の, 前まで, 前も, 反対らしい, 取り調べの, 取調べに, 取調べに対して, 取調べ方に, 口調が, 口調では, 口調に, 叩きつけるよう, 召喚を, 同意を, 名前は, 味方が, 命には, 問いに, 問は, 固執は, 声だった, 声である, 声とは, 声らしい, 外二三名が, 大きな肖像写真, 好諧謔, 妻と, 威信に関する, 家で, 家の, 家宅捜索に, 尋問に, 小父様, 屈託の, 峻烈な, 峻酷な, 巧妙さを, 巧妙流麗な, 希望が, 席に, 役を, 役目に, 役目を, 待って, 後には, 後の, 後姿を, 後身である, 心は, 心証を, 急死だの, 意見なども, 意見を, 態度が, 態度は, 態度も, 所でも, 手に, 手によって, 手柄に, 手足として, 抗議にも, 指す方, 指す血痕, 捜査法と, 控訴で, 推理だ, 提議によって, 方が, 方針が, 時計も, 最大の, 服の, 机の, 村松氏に, 来る迄に, 来着を, 来訪を, 柴碩文君が, 格で, 案内で, 椅子は, 殺人事件の, 毒々しい軽蔑, 決心は, 決意は, 法官達鑑定人として, 温情に, 無罪説を, 物の, 犯行でない, 理智的な, 理解に, 申し入れを, 留置され, 疑問には, 疑念に, 痛打, 痛烈な, 皮肉に, 皮肉極まる, 監視の, 目が, 目は, 眉の, 眼が, 眼には, 眼を, 瞳に, 示した椅子, 私宅が, 突飛な, 立場, 立場も, 笑いを, 答えは, 答に, 箇条質問書に, 簡単な, 緊張した, 署名の, 考えさ, 耳にも, 聴許を, 職を, 職分を以て, 職務を, 背後へ, 胴に, 脅迫の, 腕利きといふ, 臨検は, 自由裁量に, 舌端は, 苦悶も, 葬式だ, 表情を, 視線と, 視線とが, 視線は, 親友だった, 親友として, 言い分にも, 言った次, 言に, 言により, 言葉は, 計略に, 計略によって, 訊問という, 訊問とか, 訊問などにも, 訊問ぶりや, 許しを, 誉高き, 説明に, 調べが, 調べにも, 調べぶりや, 調べを, 調室に, 談として, 論告あり, 論告いかに, 論告です, 論告とが, 論告に, 論告や, 論告よりも, 論告を, 論告其他だけ, 論告弁護士の, 論告私の, 論旨を, 警察巡回制度を, 賞讃を, 質問が, 質問には, 質問に対して, 質問は, 起訴する, 起訴後で, 起訴理由には, 起訴理由を, 身体が, 身近くに, 近づくの, 追及は, 退屈さうな, 通性として, 部下たちの, 部下の, 部下は, 部屋で, 長谷川劉が, 隣の, 雁金さんに, 面を, 面上に, 頭の, 頭より, 頭脳を, 頼みによって, 顔が, 顔と, 顔には, 顔も, 顔色は, 顔色を, 馬車で, 馬車を, 馭者は, 髯押丁等の, 鼻さきに

▼ 検事~ (291, 11.3%)

9 口を 4 言った 3 いった, 合槌を, 声を, 書記を, 立って, 驚いて

2 [13件] おどろいて, 不審そうに, 代って, 入って, 叫んだ, 吃驚し, 問い返すと, 彼の, 思わず嘆声, 愕い, 抑えて, 真先に, 真犯人也と

1 [234件] あきれ顔, あの作品, あの恐るべき蠅男, ありクールフェーラック, いい出した, いがみ掛った, いそいそとして, いそいで, いつもの, いわれるの, おかしそう, お会いしたい, お目にかかり度, かく語っ, かけつけ怪魔, きいた, きく, きたところ, きた新聞記者, きびきびと, きょうの, こういう, こう云った, ここを, このよう, この点, これを, こんなところ, しきりに眼, すぐ目, すぐ進ん, すぐ飛ん, すこぶる思いつき, そういっ, そういったの, その声, その時, そばについて, そばの, それほどこの, それを, そんな調子, たずねた, たずねて, ついて, つづけた, とびだして, とんきょう, にこにこ顔で, のりこんで, ひきいる捜査隊, ひきと, ぼくを, まずやさしい, またにこやか, また口, もう一度発言, もしバルブレン, やっと口, やっと目, やつて, アウチボルド・ボドキン卿弁護人は, ウーンと, ゴルフ, タバコの, パリーに, ルキーンの, 一七名増加された, 一寸顔色, 一番苦手だ, 一私人として, 一言を, 不当な, 不意に, 事件を, 云うと, 云うの, 云ったが, 云ったこと, 云つた, 今度の, 今総監室, 何を, 例の, 保釈を, 傍から, 全文お, 公訴を, 再び混乱, 出て, 初めそう, 勢い込むの, 勢い込んで, 博士の, 叫んで, 司法主任へ, 同意した, 呟いた, 呼んだ, 唖然と, 喘ぐよう, 嘆息とも, 嘲ったバドミントン叢書, 固唾を, 坐つて, 声高く, 外套を, 夢から, 大兵肥満で, 大寺警部を, 大芝居, 奥の, 好い質問, 家人を, 家族を, 少年の, 尤もらしく呟く, 帆村の, 席を, 帰って, 弁明した, 弄んで, 強調した, 後の, 御自身, 応じた, 怒った例, 思い出したよう, 思わず反問, 思わず眼, 思わず膝, 悲鳴に, 感心し, 慰めた, 懸命に, 我慢しきれず, 招かれたので, 指差した, 捜査課長の, 文学作品を, 既に先着, 暗然と, 書き終った覚書, 書記と, 最初に, 朝日を, 未亡人と, 未亡人に, 本格的に, 来たとき私, 来たん, 来て, 東京地検の, 果してこの, 極端に, 横合から, 横谷外山清水宮原伊藤田代の, 機嫌を, 次第にゆううつ, 歩み寄って, 殺ったとしか, 殺人罪に, 気がついて, 気の毒そうに, 法水に, 法水を, 無茶を, 燿子から, 片膝, 特にこうした, 現れて, 現場に, 理詰で, 疑問一覧表の, 病人の, 登場し, 皮肉たっぷりの, 皮肉って, 相槌を, 着席する, 私の, 突然口, 突然椅子, 突然立ち止った, 笑いも, 絶えず法水, 絶えず片, 綱から, 緊張した, 縛られて, 署長に, 老人の, 耳に, 聞いた, 聴き咎めた, 聴き咎めて, 臨検せられる, 自説を, 舌打ちを, 苦笑した, 茫然と, 莨を, 蠅男だ, 衝いた, 被告を, 見えて, 見えましたから, 覚書を, 解った様, 言い終わると, 訊いた, 訊ねるとも, 読み終った時, 調べに, 諭すよう, 警察医を, 警部に, 質問した, 追究する, 違法だ, 針目博士に, 鋭く問い返した, 間もなく到着, 附添っ, 隣席の, 電話で, 鞄をか, 頓狂な, 頤を, 頻々と, 顔を, 驚いたよう, 黒田刑事を, 鼻に

▼ 検事~ (182, 7.1%)

3 に廻され, に送る, の人々, の宿直室, へ電話

2 [11件] では微罪, にい, に報告, に来, に送られる, の方, へ, へ呼び出され, へ送った, へ送られた, へ送る

1 [145件] かに属する, からすぐ, からで, からの諮問, からは奥山検事, からは雁金検事, から出版, から呼ばれ, から呼び出し, から呼出, から山井検事, から未決監, から検視, から監獄, から著作権侵害, から詰めかけ, がこの, がよく, が調べ, が警視庁, が起訴, じゃ賭博罪, それから警視総監, だろうが, でその, では, ではお, ではその, では地団太, でもその, でも私, でも絶対秘密, でホテリング, で僕等, で八日間, で判決, で怪しまれ, で略式, で訊問, という所, といずれ, とそれから, と協力, と新聞社, と書いた, と稲妻みたい, と警察以外, と警視庁, なるもの, にあわて, にいる, にはいりこむ, にま, にも幾度, によって起訴, にカンベン, に何, に出頭, に向け, に告発, に平田次席検事, に引っぱられ, に恐れ, に投書, に押送, に於ける, に残っ, に登場, に相対, に身, に転嫁, に送っ, に送られ, に送られた, のあらゆる, の一室, の人, の係検事, の前, の取調べ中, の召喚, の呼出し, の命令, の圧力, の堂々たる, の弟, の態度, の拘置所, の控室, の摘撥, の検事, の検事三四名, の構内, の求める, の猪俣検事正, の薄暗い, の見込み, の調室, の論告, の責任編集, の連中, の長戸検事, の鳴尾検事, は, はあれ, はお, はそれ, はどこ, はやっぱり, は再, は告発, は大, は拘置所, は教授, は職業柄, は起訴猶予, へそれ, への手続, へも報告, へやられたら, へよばれた, へ入院手当, へ召, へ届け, へ廻された, へ廻し, へ引っぱられた, へ引っぱられる, へ行き, へ行き給え, へ送られ, へ送られる, まで取り, まで呼びだされた, もまるで, も感動, も正義党, や伊勢佐木警察署, や裁判所, や警察, よりは新進明察, をし, を裁判所, を訪ねよう, 或いは予審廷

▼ 検事~ (121, 4.7%)

6 向って 3 尋ねた 2 なったり, 報告した, 突き付けた, 面会し

1 [104件] くわしく話しました, こう云っ, しては, すがりつく, せつかれて, そういっ, そういわれ, そう思われ, そのこと, その夜, それを, たのまれてね, ちょっともらした, つきそって, つげた, つげ男, つたえた, とりすがって, なって, なってから, なにかあの, ならって, なり重要, なるか, なるべく意地, ひどいめ, わたしが, ソッと, 一人は, 世話に, 事情を, 云った, 云つた, 云つた通りさ, 云われたよう, 云われて, 今入った, 今日の, 他意ない, 伝えて, 何か, 依って, 先生の, 判ったの, 単独犯行を, 叱り飛ばされたという, 向い, 命じて, 命令しました, 囁いた, 報告された, 報告する, 塩田先生殺しの, 声を, 差図する, 引渡し次いで, 当る者, 微笑で, 思想係が, 手渡した, 手配を, 挨拶し, 挨拶を, 最後に, 朝野なにがしという, 次の, 法水は, 注意する, 洋装の, 深刻な, 特有な, 申し出ました, 発声を, 知らせたの, 示しながら, 礼を, 耳うちした, 耳うちを, 聞かせて, 背中を, 脱帽し, 裁判所の, 裁判長, 見よとばかりに, 言わすれば, 訴えは, 証拠を, 話されたところ, 話しかけた, 話しかける, 誘われて, 説明を, 贈る, 赤, 軽く礼, 述べたが, 述べたこと, 隠れ衣を, 電話が, 電話する, 非常な, 預けて, 頼んだので, 頼んで

▼ 検事~ (112, 4.4%)

13 熊城は 6 熊城には 4 署長とは 3 熊城が, 熊城に, 警部の 2 司法警察官との, 大江山捜査課長とが, 帆村の, 熊城を, 相談し, 課長とは, 警部は

1 [66件] いえども, いっしょに, いわれた元, おかあさんだけは, この女, すみやかな合い, ちゃんと身柄, なり警官, ばったり出逢った, ウルリーケを, ルキーンは, 一緒に, 一閲の, 中条未亡人が, 二人で, 二人に, 何事かを, 全く反対, 判事が, 判事と, 判事に, 十人ばかりの, 博士を, 古我予審判事, 古木書記とが, 同じ質問, 同意見, 大江山捜査課長とは, 対立する, 帆村探偵は, 帆村荘六の, 弁護士と, 弁護士とに, 弁護士の, 志免警部の, 拓務省に, 捜査部長を, 握手した, 新聞記者は, 村井記者は, 松本は, 正木署長が, 正木署長の, 河口捜査課長とに, 渡辺警部によって, 熊城捜査局長が, 熊城捜査局長立会の, 獣の, 私に, 署長とが, 署長は, 育ちつつ, 腕を, 藤枝の, 藤枝は, 蜂矢探偵の, 被告側と, 視線を, 覚しき一人, 話さねば, 課長は, 警官が, 警官とに, 警官の, 警部との, 鯉坂君との

▼ 検事~ (107, 4.2%)

15 熊城も 4 判事も 3 署長も, 警部も 2 それを, 弁護士も, 苦笑し, 藤枝も, 警部の

1 [72件] あいた口, いそいで, いた, いった, いつの間にか蜂矢, ここに, ことごとく私, この場, この青年記者, これには, その位置, その点, その道にかけて, それに, だれも, ふたりの, また来, みんな怒鳴りました, やはり津多子夫人, よろこんだが, ウッカリ断定が, ウルリーケも, チチコフも, バマタボア氏も, ブルッと, ホップ噛む, メフィストの, 一遍に, 世馴れた大人同士, 中, 了解する, 予審判事も, 云うの, 亦そこ, 仰天し, 俄かに, 俺同様の, 刑事も, 加わって, 口ぞ, 口を, 司法主任も, 同情し, 同意した, 呆れた面持, 唖然と, 大寺警部も, 大江山課長も, 嬢も, 引き返さずには, 復誦した, 心を, 心持ち微笑を, 怪訝そうに, 悲壮に, 憲兵も, 本当に怒っ, 激しく卓子, 痩せまた, 私の, 空しく戻っ, 肩の, 腹立たしげ, 自由の, 西一郎も, 警官も, 警官隊の, 賛成の, 陪席判事も, 非常に, 面喰らった, 首を

▼ 検事~ (86, 3.4%)

11 して 3 振り向いて 2 かえりみて, 一人呼びました, 顧みた

1 [66件] かえりみた, きめつけてから, だましたの, つけて, なぐさめた, にらみすえた, はじめその他の, はじめ同僚や, まじまじと, まったく昏迷, やって, ニコリとも, 不審がらせた, 中央に, 中心に, 乗せた自動車, 促した, 信じる他, 信ずること, 先に, 入るる事, 凝然と, 初めとして, 初め係官一同の, 制して, 前に, 力づけすぐさま, 助けて, 勘違いした, 務めて, 勤めただけ, 勤めた昔, 勤めて, 向うに, 呆気に, 呼びだして, 呼びに, 呼び集めて, 呼ぶよう, 呼べ又は, 呼んで, 壁の, 尻眼にかけて, 廊下づたいに玉屋総一郎の, 後に, 志望し, 思うじゃろうか, 憎むの, 指名し, 振り仰いで, 振り返って, 救い出す手, 救う手, 欺こうと, 殺人容疑者として, 永らく勤め, 満足させる, 玄関に, 能弁なる, 苦しめるため, 裁判所に, 見た, 見上げた, 訪ねて, 随え, 驚かせて

▼ 検事さん~ (66, 2.6%)

2 と弁護士, のお, の前

1 [60件] かあるいは, からの届け物, から大きな, が, がこの, が一人, が一番, が怒鳴った, が提示, が聞かれる, が読ん, が調べる, この休憩時間, この娘, この鼠, だってう, ちょっとみ, でした, でしょう痩せこけた上役, ですか, とかいうのよ, と合議, にいった, にお話, にしとく, にも聞い, に差上げます, に申, に説明, のお許し, のところ, の予定, の取調べ, の後, の所, の方, の申請, の答え, の調べた, はこの, はこれ, はこれからどう, はこんなに, はご, はとうとう, はやっき, は八月十五日ごろ, は少しイライラ, また後で, もこのごろ大分修業, もごらん, も前, も古田, も帆村君, も悲鳴, や平山検事さん, をうらむ, を呼びかけた, 待って, 見たいな事

▼ 検事総長~ (37, 1.4%)

7 の椅子 2 と打合わせた, の任命

1 [26件] から懐刀, が, が到着, が犯人, と一弁護士, になった, になる, によろしく, に任命, に命じ, に成れる, に違い, の, の兄弟, の処, の名, の小山さん, の職, の部屋, の高官, はこう, は当局, は繰り返した, を威嚇, を訪い, を辞し

▼ 検事たち~ (31, 1.2%)

2 の一行, の前

1 [27件] から彼, から聞く, があるいは, がかけつけ, がき, がきょう, がその, であること, と一緒, と共に確か, に需め, の出廷, の困惑, の姿, の思い, の方, の顔, はまだ, は大声, は帆村, は愕, は目, も強い, も来, も気がついた, を悦ばせ, を追いだす

▼ 検事~ (28, 1.1%)

2 予審判事の, 大江山捜査課長などの, 警部に

1 [22件] その他要路の, なんか, アイネス嬢は, 予審判事が, 予審判事は, 予審判事や, 刑事部長などを, 大江山捜査課長を, 捜査課の, 探偵連中が, 河口捜査課長の, 法務省の, 熊城でさえも, 犠牲者等の, 署長などが, 署長などは, 署長の, 裁判所長と, 警察官に, 警部という, 警部なんか, 警部は

▼ 検事から~ (17, 0.7%)

2 電話が

1 [15件] あずかって, この言葉, そういわれた, ひと通り聞いた, ほめられたが, 万事指揮を, 事情を, 受けとった, 呼び出したの, 審問が, 島原へ, 殺人という, 聞いたビョルゲ邸事件, 詳しい説明, 説諭されちゃった

▼ 検事長閣下~ (13, 0.5%)

2

1 [11件] がさっき, がストライヴァー氏, が弁論, が絞首索, はこの, はジャーヴィス・ロリー氏, はバーサッド, は極力, は腰, は陪審官, は順々

▼ 検事~ (12, 0.5%)

1 [12件] がそんなに, が言う, なる人, に宛て, に返付, のロングウェル氏, の論告, は弁護士, は死刑執行人, は血色, への報告, も日本人

▼ 検事には~ (11, 0.4%)

1 [11件] このこと, すでに言葉, そこから, それによって, 一人の, 不十分かも, 云われなかつたので, 被告人が, 親の, 遠慮がちに, 鎮子の

▼ 検事一行~ (10, 0.4%)

1 がここ, が三台, が博士, が針目博士邸, の七名, は被害者, は静粛, や大寺警部たち, を案内, 突如

▼ 検事殿~ (10, 0.4%)

1 がきめる, がやって来た, が見えました, には満更, に此, は保釈願, は私, は頭, より上告, 御都合

▼ 検事~ (9, 0.4%)

2 の主張 1 から出, でも一旦, にも被告側, に有利, の威嚇, の被疑者, の証人

▼ 検事という~ (8, 0.3%)

1 あだなを, ものは, 人物の, 名で, 専門家を, 恐ろしい職業意識, 職務の, 職業は

▼ 検事~ (8, 0.3%)

1 が三鷹事件, の偽証罪, の公判, の証拠, の道義的憤怒, はこの, は第, を召集

▼ 検事代理~ (7, 0.3%)

1 というのかい, なる村越欣弥, のため, の色, の請求, はようやく, を見る

▼ 検事~ (7, 0.3%)

2 と予審廷 1 でも予審, で言っ, と公判廷, に於, や予審廷

▼ 検事として~ (5, 0.2%)

1 いうべきこと, ききずて, その体験, でなく個人, 刑事等に

▼ 検事にも~ (5, 0.2%)

1 これを, 伝染した, 似合しからぬ, 判事にも, 警部にも

▼ 検事~ (4, 0.2%)

1 みなが, 居た頃, 昔の, 額が

▼ 検事であり~ (4, 0.2%)

1 今は, 今弁護士, 有明海で, 私は

▼ 検事によって~ (4, 0.2%)

1 このまま首, 取り調べられ次, 破られた, 起訴状が

▼ 検事に対して~ (4, 0.2%)

1 こんどは, はじめてこう云, 必死の, 試みた

▼ 検事次長~ (4, 0.2%)

2 の椅子 1 には君, をとでもおっしゃる

▼ 検事~ (3, 0.1%)

1 判事みた, 誰かを, 警察署長に

▼ 検事だけは~ (3, 0.1%)

1 こわい目, ひとり残っ, 心を

▼ 検事であった~ (3, 0.1%)

1 とは, 田中検事ほか泉川平山富田木村屋代磯山の, 私が

▼ 検事でも~ (3, 0.1%)

1 どうする, なければ, 予審判事でも

▼ 検事とが~ (3, 0.1%)

1 はいって, 左右から, 立会で

▼ 検事としては~ (3, 0.1%)

1 このうえ, 異例な, 罪人を

▼ 検事との~ (3, 0.1%)

1 一問一答の, 間に, 顔を

▼ 検事どの~ (3, 0.1%)

1 からお, でございますか, に申

▼ 検事~ (3, 0.1%)

1 の, んじゃ, んだ

▼ 検事~ (3, 0.1%)

1 しからぬ返事, とともにあっ, と絞首台

▼ 検事以下~ (3, 0.1%)

1 の全員, の検察当局, の警官たち

▼ 検事局思想部~ (3, 0.1%)

1 の掛札, の統制, の露骨

▼ 検事拘留~ (3, 0.1%)

1 で一月三十日, で巣鴨拘置所, のまま巣鴨拘置所

▼ 検事~ (3, 0.1%)

1 の方, の臨検, は間もなく

▼ 検事からの~ (2, 0.1%)

1 お指図, 電話と

▼ 検事さんあれ~ (2, 0.1%)

1 がありません, は気

▼ 検事~ (2, 0.1%)

1 からという, から自然話

▼ 検事だの~ (2, 0.1%)

1 刑事だの, 市に

▼ 検事である~ (2, 0.1%)

1 その所長, 二木検事の

▼ 検事とか~ (2, 0.1%)

1 云う連中, 判事とかの

▼ 検事とは~ (2, 0.1%)

1 喋って, 目だけで

▼ 検事に対しても~ (2, 0.1%)

1 ノズドゥリョフは, 仕事の

▼ 検事~ (2, 0.1%)

1 急報せられた, 飛ばした三つ目

▼ 検事みたい~ (2, 0.1%)

1 な悪臭, に威張っ

▼ 検事判事司法主任~ (2, 0.1%)

1 の三人, を招き寄せた

▼ 検事及び~ (2, 0.1%)

1 予審判事が, 係りの

▼ 検事安藤竜太郎~ (2, 0.1%)

1 と刷り込ん, はその

▼ 検事局検事局~ (2, 0.1%)

1 から未決監, から監獄

▼ 検事局的~ (2, 0.1%)

1 な匂い, に歪曲

▼ 検事~ (2, 0.1%)

1 の後ろ, へ上った

▼ 検事時代~ (2, 0.1%)

1 にいろんな, の経験

▼ 検事殿あなた~ (2, 0.1%)

1 に感謝, は私

▼ 検事自身~ (2, 0.1%)

1 が揶揄, は博士

▼ 検事~ (2, 0.1%)

1 に叙せられた, は天使

▼ 検事調書~ (2, 0.1%)

1 にも相川判事, による

▼ 検事~ (2, 0.1%)

1 に紹介, は自席

▼ 検事連中~ (2, 0.1%)

1 にない, の態度

▼1* [131件]

検事あるいは技術家商業家農業家工業家医師芸術家あるいは, 検事あれなの, 検事および被告弁護士の, 検事からは自由法曹団を, 検事がつつこむ, 検事さんこれはあなた, 検事さんらは, 検事さん兄は心臓麻痺, 検事さん達はホッ, 検事じゃないん, 検事だった私は, 検事だやれ裁判所長だ, 検事であって成功, 検事であろうと第一流, 検事でさえその愕, 検事でなくてもたまらない, 検事でなければ裁判官, 検事というくらいのところだ, 検事といふのに, 検事としての理性が, 検事とともに全速力で, 検事とも非常に, 検事と共にひとまず本署, 検事などが警察官と, 検事などという者は, 検事などはすぐそば, 検事などもまだ来着, 検事ならびに裁判長以下裁判官の, 検事なり署長なりから, 検事なんか何に, 検事なんぞはあんまり吃驚, 検事においては一日も, 検事にとつても, 検事にとってはよほど重大, 検事による取り調べも, 検事に対する部下の, 検事はじつとひろ子, 検事はじめ警官たちもその, 検事ばかりでなく一般, 検事ひとりだが, 検事ほか泉川平山富田木村屋代磯山の諸, 検事までも顔を, 検事より審問を, 検事よりも犯人の, 検事らしい口調に, 検事アンドリウスが次ぎ, 検事アンドリウスさんに直ぐ, 検事アンドリウス氏などが一時, 検事ヒューズ警部御ていねい, 検事一人である, 検事一体ということ, 検事一同とともに教授, 検事三四名が一カ月, 検事丘予審判事大江山捜査課長帯広警部をはじめ多数, 検事中河予審判事帆村探偵それから本庁, 検事中河予審判事等係官一行が急行, 検事中河判事大江山捜査課長の顔, 検事予審判事などが駆けつけた, 検事事務調査会なるもの, 検事代理村越欣弥は私情, 検事代理村越欣弥氏は実に, 検事以下十余名の同勢, 検事以下数名立会の上, 検事以外の者, 検事六条子爵がさ, 検事兼被告人という一人二役, 検事出張取調べの結果大体次, 検事出身の弁護士, 検事刑事部長を始め警察, 検事判事など十四五人, 検事判事署長と何事, 検事判事警察署長その他の有力者六十余名, 検事取調べの場合, 検事古木書記までも出かける, 検事只一人だったこと, 検事には書記, 検事在職当時取り扱われた被告人須山春一, 検事夫人らの神経, 検事始め余人は騙せました, 検事官舎の真夜中, 検事局そのものの末端, 検事局その他人民を抑圧, 検事局ヨリ被告人妻ユリニ対シ右罰金ノ納付方請求有, 検事局予審廷公判廷と言葉, 検事局内で起きた, 検事局憲兵のため, 検事局熱海弘雄検事は甲府予審判事平林書記, 検事局製の運動, 検事局送りになる, 検事局関係者警視庁特高関係のもの, 検事左枝はそう, 検事市川予審判事山口署長特高課員司法主任立会いの, 検事市川判事山口署長以下皆こうした犬田博士, 検事市川判事山口署長司法主任私服特高課員二名のほか, 検事弁護士から成る, 検事弁護士看守死刑執行人教誨師等は四十八時間熟睡, 検事拘留一ヵ年の一月, 検事控訴の二審, 検事書記弁護士及び各, 検事村松と傷つける, 検事柴碩文君に問い合わせ, 検事殿犯人はわかりました, 検事殿私は殺人犯人, 検事熱海予審判事警視庁の戸山, 検事特高課員司法主任の連中, 検事狭山課長等合計七名の一行, 検事はこんな, 検事竹内被告をのぞく, 検事は一段, 検事等々判検事の一団, 検事で鳴らした, 検事総長エドワアド・コオクの物狂おしい, 検事総長スワアート氏に会っ, 検事総長ツルアルリオールは特に, 検事総長貴方はあの, 検事蝋山教授に矢走千鳥, 検事裁判官裁判所を誹謗, 検事試補となり, 検事試験に及第, 検事調書其他の記録, 検事諸君こそまさに, 検事警官の一行, 検事辯護士なんぞも来るだらう, 検事退職後二年後の事, 検事鑑定人弁護士新聞記者等五十余人の一行, 検事長らに指令, 検事長代理はネクタイ, 検事長殿からの通牒, 検事関係者の間, 検事閣下がそれから, 検事高橋警部木沢野原両医師