青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「植物~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~森 森~ 森林~ 棺~ 椀~ ~椅子 椅子~ 植~ 植木~ ~植物
植物~
検事~ 検査~ 椿~ ~業 業~ 楯~ ~極 極~ ~極めて 極めて~

「植物~」 3171, 34ppm, 3416位

▼ 植物~ (734, 23.1%)

13 ように 11 研究に 9 ような 8 研究を 7 名を, 進化した 5 好きな, 根を, 種を 4 名は, 花の, 葉の

3 [13件] うちに, ようだ, 一つに, 事を, 名も, 採集を, 時間の, 根の, 標本を, 生命を, 知識が, 種子を, 種類が

2 [63件] ことが, ことなど, ことに, どこかに, においに, やうな, 一つと, 一種の, 上に, 世界だ, 中から, 事に, 分類の, 分類を, 名では, 名として, 名の, 図を, 多くは, 如く実に, 姿が, 姿を, 学でした, 宝庫である, 幹が, 形が, 愛人として, 採集にも, 採集の, 採集分類が, 教師の, 数を, 方は, 方を, 日影にな, 書物を, 本が, 本を, 枝に, 根に, 標本いじりを, 標本なども, 標本も, 機巧は, 牧野サン, 生長, 生長の, 研究が, 研究にばかり, 研究の, 種子が, 種子の, 絵が, 繁茂の, 美しさ, 色が, 花が, 茎や, 葉が, 蔓が, 蔓を, 豊富な, 間から

1 [487件] あいだを, あつまり, あること, あるの, ある植木屋, いろいろの, うちで, うち三種を, うち千五百種以上の, うち岩の, お花畑も, かすかな, くさぐさ, ことである, ことであろう, ことなどは, ことなら, ことなんか, ことにも, ことを, しげって, それには, たぐいこそ, ためぢや, ために, ため取押えられ, つづきの, においが, にほひ, ほうで, まはり, もつとも, もつ美, やうに, ような褪せた, ガクアジサイを, コロニーが, タネが, ツシタマも, ハエトリ草は, ブシの, 一つだ, 一つで, 一つであったろう, 一つである, 一つも, 一つ一つに, 一で, 一なる, 一なれ, 一に, 一分科を, 一枚の, 一枝である, 一種で, 一種である, 一種でも, 一種小さい, 一鉢である, 三界を, 上には, 下を, 世界にも, 世界の, 世界は, 世界みたいだ, 世界星辰の, 中で, 中では, 中でも, 中にだって, 中にも, 中の, 中へ, 丸木の, 事が, 事については, 事には, 交精時に, 人工群落が, 例に, 信仰とが, 先天的命數の, 先生を, 光景も, 全く枯れ, 内部に, 凍死する, 分化の, 分布と, 分布の, 分布を, 分布存続でも, 分布状態から, 分類, 分類に, 分類に関する, 分類法の, 列を, 刺戟強い, 匂いが, 匂いを, 匂で, 化生物や, 化石では, 化石と, 区別さえ, 卵が, 厚みや, 原産も, 叢だちで, 可完全化性, 可憐し, 可憐な, 各鑑定書, 同化作用によって, 名, 名か, 名が, 名で, 名に, 名前で, 名前なら知らない, 名前まで, 名前を, 名称, 名称なら, 味との, 味の, 命名法は, 和名を, 唄, 営みも, 図や, 地理分布種類などを, 埋没した, 培養に, 場合では, 変化と, 変型の, 変態, 変種に関する, 変種の, 外には, 多いの, 多様な, 多様性と, 夜はくに, 大きい森林, 大きな束, 大きな蒐集, 大ぶりな, 大先達伊藤圭介先生, 大多数, 大家族, 大穹窿, 天才が, 奇品を, 奇蹟を, 女王なるべし, 奴は, 如き, 如きが, 如き存在, 如き感, 如く地上, 如く生き, 如く長生しない, 始末を, 姿は, 姿態が, 威圧と, 存在を, 季題で, 季題でも, 学名の, 学問に, 学問は, 学者が, 学者は, 宝庫を, 実と, 実の, 実を, 実物について, 実物を, 害虫を, 容れ物, 専門家が, 専門家に, 小花, 少い州では, 常套特徴を, 干茎, 弘い分布とりわけ, 形を, 形態や, 形状及び, 形状特質より, 彼女が, 彼方に, 御蔭で, 徳大なる, 急激な, 情緒や, 感情, 感覺について, 成長などが, 成長の, 成長を, 戦慄と, 手入が, 批評的観察を, 拡がるの, 持つて, 振り出しを, 採集と, 採集なんかに, 採集に, 採集も, 採集会が, 採集家として, 教師, 教師などと, 散立, 新品種, 新鮮な, 方だけ, 方に, 方の, 方へ, 方言には, 方言は, 方面から, 日本名すなわち, 日本名は, 旺盛な, 時は, 暗い蔭, 曲って, 書籍近き, 最大産地, 有らゆる種類, 本でも, 本に, 本には, 本にも, 本性に, 本能にも, 本能の, 朽ちた匂い, 朽ちて, 果実の, 枝, 枝には, 枝は, 枝や, 枝を, 枝椰子の, 枯れた外皮, 枯死に関する, 根が, 根とに, 根元を, 根塊である, 根本調査の, 栽培に, 栽培不可能なり, 植え込みに, 植込花壇が, 標品と, 標品に, 標品も, 標品を, 標本で, 標本なら, 標本や, 模範品多く生ぜる, 樣に, 歓声も, 歴史に, 歴史の, 毒の, 気品と, 汁液が, 消化不良も, 淡い春, 温室に, 溶液を, 濃く強き緑色, 濃緑の, 煮汁によって, 燃えるよう, 片方だ, 特に葉, 特徴であったろう, 特色などまで, 状態の, 球根は, 生い茂って, 生い茂るに, 生えて, 生の, 生命という, 生存の, 生態などを, 生態を, 生殖の, 生殖器を, 生活, 生活の, 生理の, 生理的作用は, 生理的必然の, 生育せざる, 生育に, 生育には, 生長が, 生長に, 生長や, 産する, 産地として, 畝が, 異名が, 異常な, 疣である, 発育は, 発育を, 発芽を, 發育の, 白い脈, 皮である, 皮なる, 皮の, 皮又は, 皮或は, 着色図説に, 知識でも, 知識と, 知識の, 知識を, 研究, 研究と, 研究者が, 祖先も, 神秘に, 科名は, 移住定着が, 種とは, 種子です, 種子な, 種子のみ, 種子は, 種属は, 種類などにも, 種類に, 種類の, 種類は, 種類を, 穂ある, 穂先が, 立場が, 精である, 精神一冊を, 細胞の, 細胞や, 細菌類それから, 緑で, 緑は, 線緯等にて, 繁多な, 繁殖し, 繁殖力の, 繁茂が, 繁茂し始めた, 繁茂する, 繁茂に, 繊毛に, 繊維から, 繊維で, 繊維ばかりで, 繊美な, 美を, 美的特徴を, 美観は, 美麗は, 群落を, 肌いっ, 肥料試驗法を, 自治生活については, 自然の, 自然生北限という, 色は, 色を, 色素カロチンが, 芋の, 花だ, 花だった, 花で, 花と, 花とは, 花などよりも, 花に, 花にすら, 花については, 花むれ咲き, 花をも, 花粉は, 芽や, 芽を, 苗, 苗根に, 若芽や, 茂って, 茂みを, 茂れる, 茎の, 茎は, 草原に, 草本帶が, 萠芽の, 葉から, 葉という, 葉としか, 葉とは, 葉なぞの, 葉なれ, 葉に, 葉には, 葉を, 葉書に, 葉脈の, 葉色素研究の, 蒐集に関して, 蔓に, 補給が, 褐色の, 解剖図ばっかり, 記事などを, 記載文を, 話である, 話に, 話は, 話を, 話等は, 誇りでも, 誇り秋田ブキ, 説明が, 谷の, 豊富と, 豊富なる, 豊饒, 豪奢な, 赤い汁, 踊子卯木で, 辛夷では, 運命と, 道路に, 配置や, 醋葉を, 針金状の, 鉢が, 鉢植えの, 鉢植えを, 鉢植が, 鉢植の, 鉢植ゑの, 鉢植ゑを, 開花ま, 間に, 陰翳を, 障碍の, 雄蕋雌蕋, 雑誌を, 霜害に関する, 青い厚い葉蔭, 青縞, 項についても, 領分が, 類が, 食物は, 養分と, 香, 香が, 髄の, 體内の, 魔法の

▼ 植物~ (227, 7.2%)

6 好きであった 4 生えて 3 ある, 好きで, 生育し, 繁茂し, 花を

2 [16件] あった, あると, あるので, もうよほど炭化, 多い, 多いから, 好きである, 日光の, 枯れて, 盛んに, 芽を, 茂って, 見ても, 變つて行く, 青々と, 青苔

1 [170件] あたりを, あって, あるから, あること, あるに, あるもの, あるん, あんなに踊っ, いい勢, いっぱいはえ, いつの, いばって, うごきまわるん, うつすらと, うら枯れて, うんと生え, お互同志, この日本, こんもりと, さきつ, さまざまに, しかも実に, しげって, すこし生えた, すでに知られ, そこに, そこらに, そだつて, それです, それ等の, ちがい三本五本, ちらほら咲きはじめ, つつましい花, とても好き, とぼしくて, どんどん生長, ないなら, なかった, はえて, ふと風, ふんだんにある, ほんのわずか, またたく間に, まるで動物, よほど好き, シンメトリックな, シンメトリツクな, 一つは, 一つも, 一番よく, 万物を, 中国には, 亭々と, 人生と, 今や全く花盛り, 他の, 何だ, 何よりも, 何科の, 使われて, 備えて, 全山, 出で, 出来秋に, 分布した, 別に, 動物の, 十一種載っ, 卯名手, 原子バクダンに, 可愛く生え, 可憐な, 吹き募る東南, 咲いて, 咲きます, 咲き乱れたり, 咲き乱れて, 喰いついて, 地上に, 多いので, 大きな鉢, 大事そうに, 大嫌ひで, 太陽に, 好きだった, 好きです, 好きな, 好んで, 実に見渡す, 家々の, 家畜と, 富岡には, 山の, 左右に, 干からびたよう, 幾つかの, 幾つも, 幾らも, 怪獣の, 意識し, 成長し, 或る, 房さり, 旅行家を, 日本に, 日本の, 明らかと, 有つて, 東方列島の, 東洋と, 果して此, 枯れる, 柔い, 栽培され, 植えて, 楽しくこれ, 毎年三四株自生し, 比較的盛岡方面, 水際に, 沢山出, 治めて, 温度の, 漸時系統を, 火星を, 点じて, 無かったなら, 無くては, 爛漫と, 現われて, 現われ次に, 生い繁っ, 生えたかを, 生えてる大理石, 生える, 生れ出るに, 生存し, 生物である, 生長する, 眼に, 知覚力を, 私の, 私を, 秋田県の, 移植され, 続々高山, 繁り生物, 繁殖し, 纔に, 美しい庭園, 美しく咲き乱れ, 自分の, 茂るまま, 菜園に, 華さく, 華さくように, 葉を, 見つかるという, 解説し, 詠みこまれて, 載って, 這い回って, 這って, 連作を, 進化し, 隊列を, 青く透き通っ, 非常に, 領分の, 食べものに, 高い文化

▼ 植物~ (223, 7.0%)

6 採集し, 研究し 5 研究する 3 採集した

2 [15件] もって, 主題に, 入れたる, 呼んで, 持って, 採取する, 混合し, 発見した, 知って, 知るには, 見ると, 覚えた, 観察し, 輪に, 集めて

1 [173件] あらわし終り, いろいろと, うえたの, うんと食べる, かじるくらい, かつぎ出すが, かわいがらない植木屋, このむよう, このクロバイ, そのままには, その三人, その生長, その異同, たいそうつよい, たべるあの, たべること, だしに, ちょん切っ, できるだけ大切, とり動物, ながめなかんずく, のせたまま浮島, のせて, ひっくるめて, まるで動物, みんなとっ, もてあそんで, もてはやして, ボーッと, メハジキと, リュウキュウアイと, 今でも, 今日の, 代表し, 何千本も, 作ったん, 保存する, 保護する, 元気づけて, 充てて, 其の劇詩, 其儘用ゐ, 写す場合, 切りたおすこと, 利用する, 利用の, 剥ぎとつ, 取扱うかを, 取除けにか, 含んで, 呼ぶよう, 喰う獣, 喰べたり, 埋め殺して, 培養し, 培養する, 売りに, 売る男, 夏よりも, 大切に, 好かなかったよう, 好くので, 尋ねて, 山の, 山中に, 己れ, 庇うよう, 役立たぬ樹, 征服し, 意味し, 愛した事, 愛すること, 愛する人たち, 愛好する, 扱う商売, 折取る, 指す場合, 指差し, 採ったり, 採って, 採集する, 採集に, 探し出したの, 摘み火口原, 撫でて, 擦り砕くため, 教え夫人, 数えて, 書く必要, 最もよく生長, 木芙蓉と, 束ねたもの, 枯死せしめる, 根絶する, 栽培し, 植えかけて, 植えなくなったという, 植えるの, 植ゑて各種の, 植物学上で, 極めて精密, 歐洲に, 殆ど網羅し, 求め帰り道, 沢山採集, 流用する, 浮に, 海藻と, 浸して, 浸せば, 点綴した, 煮出して, 片端から, 犠牲に, 理解し, 生じた不健全, 生育す, 生育する, 生育繁茂せし, 田の, 病養の, 発表した, 発見け, 発見し, 眺め初夏, 眺め艶, 知つてそれに, 知つてそれを, 知らないの, 知らぬ学者, 研究した, 神様だ, 秘めて, 移して, 移植し, 第一, 繁榮せし, 繁茂させ, 肩に, 育てあげる場所, 背景に, 自分の, 自由に, 蒐集する, 見た, 見たが, 見たこと, 見つけ其の, 見に, 見無数, 覚えて, 覚えるの, 観日本倶楽部, 観賞しよう, 言うの, 評する如く, 認める, 買った, 資源と, 賞讃した, 遠慮する, 鉢も, 門口に, 陳列し, 集めしが, 食って, 食ふと, 食べます, 食べるとき, 食物に, 飾つた山が, 飾ること, 駆逐し

▼ 植物~ (180, 5.7%)

6 へ行っ 4 の森, へ行く 3 にちかく, に至る, の中, の近く

2 [13件] にゆく, に於, に行く, に近い, の方, の緑, の鐘, の長い, の門, へ連れ, へ遊び, や動物園, を拵え

1 [128件] かと思いました, からこの, から豆府地蔵, か動物園, があっ, が一番静か, が何, たり, だったか, であつ, ではあるまい, ではこの, ではじめて, では仏桑花, では非常, で一日, で団栗, で妹, で散々遊び, で植物, ということ, とか大学, とさえ云え, として保存, として大して, とだ, ととなり合わせ, となる, との間, とへ廻り, とほぼ, などに沿っ, などは之, などへも大学, などへ水彩画, なんかに連れ出し, にあっ, にいる, にて, にでもご, にはもとより, には中井誠太郎, には作っ, には昔, には柏, にもあるべし, にスケッチ, に下車, に出掛ける, に在る, に拵え直す, に散策, に新た, に日, に比すれ, に沿, に沿っ, に消, に移っ, に縁, に遊ぶ, のこと, のそば, のなか, のむさくるしい, のもろ木々, の一角, の低い, の傍, の前, の北隣, の参観, の園丁, の園長さん, の巖, の月明, の松崎直枝君, の楡, の横, の櫻, の畑, の白萩, の空気, の竹藪, の茴香, の葉, の葉鶏頭, の薬草花壇, の裏手, の近傍, の近所, の通り, の黄昏, はイタリー, は如何にも, は川, は涼しい, へいった, へはいった, へはいる, へゆきましょう, へ写生, へ追放, みたよう, も観覧料, や上野公園, や公園, や円山公園, や淋しい, らしかった, をしのぐ, をひとり, を一覧, を作つてる, を出, を散歩, を歩, を背, を見せ, を見た, を見学, を見物, を通覧, を通観, を造っ, を開いた, ヲ有, ヲ設置スルヲ以テ切要トスベシ既ニ園

▼ 植物~ (163, 5.1%)

3 人間から 2 アオノクマタケラン, 他の, 赤味が

1 [154件] うら枯れて, うんと生え, かのいわゆるチャンチン, きれいな, この半島, この建築内部, この点, すでにそれ以前, すべてと, すべて思う存分, そうとうしげっ, その土地, その民族, その皮, それに, どこまで, なくとも, はたして幸福, ひ弱い他, ほこりを, ほとんどない, またひとかた, また沖縄, また飛燕, まだ見知らず, まるで生える, みな同じ, もとより少なく, もとより金峰山, もと狼, よさう, われわれの, インドの, ジェリコの, ノオルウエイよりも, フランスでは, 一つの, 一つも, 一の, 一年生であり, 丁度こんな, 三百種の, 不活溌, 世界に, 互に縺れこんぐらかっ, 人爲に, 人間が, 人間を, 今いう, 今は, 他に, 伸びず醜, 何が, 何にも, 僕には, 元来圃に, 先ずこんな, 光を, 全く動かない, 全体が, 別にあるらしい, 前述の, 動物みたいに, 動物より, 北米の, 地球の, 地球上で, 地球人類を, 売れ残りで, 大半滅亡する, 大略チングルマ大, 太陽の, 奇花を, 姑く, 婆楼那が, 宜しく日本名, 実らない, 山地の, 常に其の, 年々稀少に, 幹と, 広い砂漠, 強いあくどい油, 影さえも, 得られる, 復努力し, 急激に, 意欲す, 意欲する, 採集する, 探したら無い, 支柱なし, 日光に, 春夏秋冬わが, 果して何ん, 植物として, 植物学上イシモチソウ科に, 樹木をも, 毎年色々な, 毎度毎度神に, 水に, 決してだれ, 決して誰, 沢山ある, 深山の, 満州朝鮮と, 漸, 漸く矮小, 灰浮石等噴出物落下の, 熱帯になんか, 理想的に, 生えて, 生えないはず, 生長する, 白くて, 白馬岳や, 盛りを, 稀薄である, 種子を, 第五氷河期襲来前, 節から, 紙の, 絶えず發達, 絶滅した, 絶滅する, 繁茂し, 背が, 自分で, 自分には, 自然の, 至って稀, 芽出度ずくめの, 茎の, 草である, 草花也, 萩が, 落葉の, 見たところ内地, 見られること, 這ひ, 造物主の, 里近, 重なるもの, 野生の, 鑛物に, 陸のとは, 随分沢山ある, 集って, 雌雄異, 養液と, 餘り, 香を, 馬鈴薯類に, 馬鈴薯黒麦その他少数の

▼ 植物~ (148, 4.7%)

3 しても, 学名を, 心を, 關する

2 [11件] して, 似て, 於て, 杜若という, 水を, 熱心な, 至っては, 親しんだもの, 触れて, 趣味を, 関心を

1 [114件] あつて, あてはめて, あるもの, いろんな種類, お精しい, きまった, きまって, この水, しろ動物, すっかり考えこん, そういう名, そそぐ時雨, たとえるの, つきまず, つき書物, つつまれた瘤, どんな用, なった, なって, なりは, なります, はぐくまれちょうど, はって, よると, ヘゴマルハチという, 不適当, 中国名の, 付て, 仰いで, 似たやつ, 似た可憐, 似ちゃ, 作用する, 例えて, 充てられし漢名, 充分の, 出会ったり, 助けられて, 化けたの, 取り囲まれて, 取ると, 同化させる, 同化された, 向こうて, 吸収せられ, 呪力が, 圍まれて, 変化する, 変化せし, 変形する, 大変熱心な, 害を, 宿るもの, 就いての, 就いては, 就て, 属する季, 属する花, 心から親しみ, 必要と, 必要な, 志す由言, 思考力が, 恵みある光りを, 愛を, 感謝せよ, 憧れること, 成育する, 我国植物界で, 新たに, 於ては, 於てを, 施したる, 暮れて, 比して, 混じて, 清冽の, 漢名の, 用うる, 眼を, 知識ある, 石菖類の, 硫黄の, 美しくない, 至るまで, 色どられ, 蔽われて, 見えるの, 見るやう, 親しきこと, 親しませるに, 親しみ採集などに, 親しむこと, 触れること, 言及し, 詳しい人, 譲らなければ, 豊富で, 躓かれたからの, 転じた, 近いやう, 通じて, 通じないから, 通じる生命, 通ずる途, 通ずる道路, 進みます, 遭おうとは, 関係した, 関聯した, 限らず一国, 限定する, 非ず, 高い木

▼ 植物~ (121, 3.8%)

4 の語 3 の教授, の書物, の知識, の著書, の進歩 2 の主任教授松村博士, の全部, の大家, の書, の理論, の研究, を勉強, を専攻, を教える

1 [84件] か天文学, がそれ, が主要, が今, が使われる, が次第に, である, です, ではおきなぐ, ではこんな, では下位子房, では以前, では便利, では花茎, では距, で今世紀最大, という学問, という訳語, との間, とはつねに, とは全然別途, とやらの名前, と動物学, と本草学, と訳した, などやつ, なり地質学, なんていふ, にくわしく, にたずさわる, について口, にとって損失, にも皆それぞれ隠語, に対して私見, に志す, に携わっ, に用いる, に精進, に興味, に通じ, に逢っ, に非常, のこと, のなか, のよう, の上, の先生, の内, の問題, の地味, の場合, の実験, の教科書中, の教鞭, の方, の方面, の本, の某, の種々, の記述, の訳書, の試験, の講演, は個人, は十分, は無用, への貢献, まで引合, や物理, をやっ, を主, を修め, を受け持っ, を学び, を学んだ, を指し, を独習, を研究, を解説, を記載, を通俗的, を青年, ノ教室ニ, ヲ修スルノ輩ハ其延袤

▼ 植物~ (87, 2.7%)

5 なって 3 動物に 2 いえば, 云ふ, 人間とを, 動物との

1 [71件] いうよりも, いっても, いつしよ, きて, これらの, その本, その祖先一, どういうふう, なり一, なるべき微生物, なるべき豆粒, にらめくら, もみへる生物, よく似通った, イタリイで, 乾燥地に, 云うの, 云うより, 人生, 人生これは, 人生とは, 人生の, 人間の, 偃松とが, 動物と, 動物とが, 動物においては, 動物の, 動物へ, 半々だ, 反対に, 同じく四季, 同じく常に開花, 同じく集合花, 同じやう, 同様に, 呼ばれる一切, 呼んで, 四季との, 土佐の, 地球人類とは, 宗教, 尽天地を, 建築との, 心中する, 心中を, 押葉の, 文学との, 斜めに, 暗闇だけ, 最下等動物とは, 残雪との, 異った, 異らない, 相撲を, 称える, 約半々, 考えて, 考へて, 落葉松の, 虐待欠乏の, 見るより, 解して, 言うもの, 言ふも, 農作物とを, 違つて自己の, 間違えたの, 雄大な, 非理性的動物においては, 鶴亀鳩獅子犬象竜の

▼ 植物学者~ (69, 2.2%)

2 でありました, ではない, はこの, は極めて

1 [61件] あるいは学者, かあるいは, から聴い, がおらん, がおりませぬ, がき, がこれ, がさう, がなん, が今, が大変, が大抵, が実に, が植物, が考えだした, が花, が路傍, だったり, だって, だと, でおとなしい, ではある, でツンベルグ, で一八二四年, といつ, として有名, として知られ, と物理学者, にきい, に会った, に出来ぬ, に聞いたら分る, に頭, の, のある, のカロチ, のフェルディナンド・コーン, のマキシモヴィッチ氏, の描いた, の方, の田代安定君, の目, の矢田部教授, の著, の見分け得る, の記述, の資格, はこれ, はそんな, はみずから花, はキアイ, はトチシバ, はホングウシダ, は余り, は日本語, は無愛想, は眼, は知りませんでした, は通常葉面, や進化論者, 自ラ図ヲ製スル能ハザル者ハ毎ニ他人

▼ 植物~ (50, 1.6%)

8 動物も 3 ある

1 [39件] あって, ある睡る植物, いっしょに, かがやかしい芽, ここを, ことごとく凋み, これを, たまに, なければ, ほとんど産, みな自治生活を, みんな死ん, もとは, 乏しくない, 人間と, 動くという, 原始地球の, 同様である, 含めて, 如来である, 少なくない, 平地と, 性を, 新しい資材, 未だ芽, 樹相が, 澤山群つて生える, 無言の, 生えて, 生きて, 生物も, 生育し, 発見した, 皆目的的, 盛んに, 繁茂し, 鉱物も, 陸の, 非常に

▼ 植物~ (46, 1.5%)

5 のもの 3 の蝋燭 2 の物

1 [36件] であっても, といい, とでも云, との違, にした, に屬, ねえ, の匂い, の存在, の昂奮剤, の柔かい痛, の柔軟, の毒物, の油, の物質, の異臭, の白, の白い, の脂肪, の脂肪分, の薫り, の贄, の青い, の青年, の静か, の食, の食餌, の香気, の香水, の麻布綿布, の黒い, は榮養, もあろう, を帯び, を超越, 大戦車

▼ 植物~ (37, 1.2%)

2 海の

1 [35件] あまり問題, これから紅色, こんな工夫, それが, ただ中国, どうやっ, どんな性質, グラニルと, チングルマの, 一方は, 中国には, 中国の, 其袋を, 外來種である, 山野に, 常緑の, 必ずしも単に一種, 日本では, 染めたところ, 染め方, 根元に, 毎年蒔い, 絶滅する, 繍って, 花の, 茎は, 葺いたもの, 蔓を, 蔽われて, 蕪大根と, 襲重, 覆はれて, 言ふと, 赤い幹, 雄木

▼ 植物~ (34, 1.1%)

3 動物が 2 動物の, 昆虫の

1 [27件] 下等動物に, 人間の, 動物と, 動物は, 動物も, 動物を, 地理に, 宇宙の, 家畜に, 富士植物が, 幾多の, 新聞紙や, 昆虫に, 昆虫や, 生物を, 畜禽を, 百年以上生きる, 石などの, 羊歯が, 美しい虫, 花の, 鉱物が, 鉱物さえ, 鉱物によ, 鉱物は, 飼育動物は, 鰐駝鳥山羊鹿斑馬象獅子その他どれ程の

▼ 植物~ (34, 1.1%)

2 の天然

1 [32件] ではこれ, ではそういう, では一つ, では一般に, では楓, でも極めて, で婆羅門参, で用い来, で著者自身, にはこれ, には心理, にも動物界, に於, に東亜, に生まれ, に立ち入った, に至る, の, のいろいろ, のこと, の事実, の人々, の多様性, の現象, の騒動, はどんなに, は動物界, は南国, は隠, への注意, を脅かす, 広しと

▼ 植物学上~ (32, 1.0%)

9 では 4 でいう

1 [19件] からいえ, から考察, から観まし, から言う, でいう覆, でいえ, でもまた, で果実, で頭状花, にいわゆる, にてこれ, にては新しき, の事実, の名前, の実験, の所属, の語, 大いなる収穫, 実は萼片

▼ 植物には~ (30, 0.9%)

2 百千年の

1 [28件] かく刺, その外, それを, どれを, ないから, ないの, なにゆえに, よい空気, 一向それ, 上に, 世界に, 世界の, 乏しいが, 人体が, 力を, 情感の, 意識が, 持合わせが, 普通に, 榎や, 特に同じ, 真水を, 紅白紫黄色とりどりの, 能動的な, 腐肉の, 花が, 花の, 薄青い

▼ 植物学教室~ (30, 0.9%)

3 に勤務 2 にオ暇乞い, の職員達, へ通っ

1 [21件] から今度, では何十年以来植物, で当時私, で講師, にいた, には松村任三, に出入, に勤め, に行き, に行つて, のただ, の出入り, の助手, の大久保三郎君, の学生, の小泉源一博士, の教授, は当時俗, へ見えなかった, を卒業, を去る

▼ 植物でも~ (25, 0.8%)

2 およそ生き, 動物でも

1 [21件] こういうもの, これは, ずっと下等, そうして死, その所生, それが, ないだろう, または根, 人間でも, 動くもの, 地球よか, 季節の, 少しいじめない, 日本アルプス一万尺の, 更にこれ, 自家受精すなわち, 自由に, 鉱物でも, 長く同, 長く水, 食う

▼ 植物~ (22, 0.7%)

4 そうで 3 のが

1 [15件] からきいた, から下, から大丈夫, から情心, かわからない, か知りたい, がこれ, つた麻の, とかいっ, とて鳥獣, と云う, と仮定, と或, と考え, アミーバーを

▼ 植物にも~ (22, 0.7%)

2 及ばないの

1 [20件] ある, あるに, きっとそれ, こたえる山東菜, こんな公称, ちゃんと生命, 人間の, 動物にも, 動物の, 及んで, 当てはまるよう, 感覚が, 感覚と, 栗も, 極く短い, 湿地を, 紹介された, 花は, 見られる普通, 魂が

▼ 植物である~ (20, 0.6%)

3 ことは

1 [17件] かどう, からいつの代, からマコモ, から最早, から植物, か牛, がゆえに, ことを, それからこの, というの, とのこと, と申す, のかと, のかは, のは, 五十餘年の, 馬鈴薯では

▼ 植物採集~ (20, 0.6%)

2 のため

1 [18件] に出かけ, に出かけた, に出かける, に出掛け, に持っ, に逍遙, のため同国幡多郡佐賀村大字拳ノ川, の旅, の旅行費, の胴乱, の興味, の話, は始め, は身体, をさせます, をやっ, を指導, を試みた

▼ 植物学界~ (19, 0.6%)

4 のため

1 [15件] および薬物学界, ではある, ではこの, ではその, ではスミレ, では北海道, では支那, では花, では黒松, に貢献, の人々, の国宝的存在牧野富太郎博士, の権威, の至宝, の重鎮

▼ 植物では~ (18, 0.6%)

3 ない 2 あるが

1 [13件] あらう, ある, おしべが, ないから, ないよう, なかった, なかつたの, なかろうかとも, なくそれ, なくて, なく是, 立山は, 草動物では

▼ 植物との~ (17, 0.5%)

3 間には 2 間に

1 [12件] ために, 不自然なる, 境界が, 夫, 楽園とも, 相違は, 装飾画的配合は, 関係に, 関係は, 關係も, 限界が, 黒色の

▼ 植物研究~ (15, 0.5%)

2 に入っ, の第一歩

1 [11件] に一境地, に毎日毎夜従事, に身, の五十年, の土台, の如何, の栞, の真髄, の第一人者たる, の舞台, はここ

▼ 植物から~ (14, 0.4%)

2 進化した

1 [12件] つくったとかいう, 出た動物, 取るこの, 始める, 採った材料, 採らなければ, 採るの, 生じたもの, 発散し, 目を, 種々様々, 製せられたクラーレ

▼ 植物として~ (14, 0.4%)

1 [14件] こうした町近く, この木, でなく正に, ゐた, 一時この, 動物は, 多くの, 植ゑてもゐます, 潮の, 現代の, 私の, 蓼藍菘藍の, 見る, 記載し

▼ 植物~ (14, 0.4%)

3 を出版 2 すなわちフロラ 1 が必要, というもの, として先鞭, の図, の大著, を世, を作っ, を作る, を続けね

▼ 植物について~ (13, 0.4%)

1 [13件] これほどの, その微妙, われわれの, 一考し, 三つの, 今日の, 動物について, 特別に, 研究した, 考へて, 調べて, 述べる, 頭を

▼ 植物~ (13, 0.4%)

1 [13件] がない, という彩色版入り, と銅版, などというもの, の重い, の銅版, はぱったり, はもう, をはじめて, をもはやらせよう, を書いた, を読み出した, ヲ作ルヲ素志トナシ我身命

▼ 植物標本~ (12, 0.4%)

2 を見た 1 としての蒲, と古い, と紙ばさみ, などもあった, のよう, のスケッチ, の保存, やいろいろ, をかける, を持ち込ん

▼ 植物~ (11, 0.3%)

3 のだ 2 のか, んだ, んです 1 のである, んでしょう

▼ 植物~ (10, 0.3%)

1 が八つ, でも無く, でも無けれ, と牴触, について手紙, には皆漢名, の呼び, の方言, を屡々, を訂正

▼ 植物図鑑~ (10, 0.3%)

2 による 1 で捜し, などと引き合わせ, なり百科事典, のほか, をゆるゆる, をポケット, を入れ, を携え

▼ 植物たち~ (9, 0.3%)

1 が小声, が温室, にとっては窮屈, にとって大空, のなか, の中, は彼女, は熱帯地方, もその

▼ 植物に対して~ (9, 0.3%)

2 ただ他愛 1 多少でも, 必ずあり得べき, 最少し, 漢名の, 現在土地土地で, 用いたいと, 適切な

▼ 植物及び~ (8, 0.3%)

2 動物の 1 これは, 動物について, 動物は, 染色の, 非理性的動物の, 食物の

▼ 植物~ (8, 0.3%)

3 のもの 1 かさえもわからない, のアルカロイド, の原料, の器具, を消化

▼ 植物です~ (7, 0.2%)

2 がしかし 1 か, か小さな, が強い, じゃこっち, 緑色に

▼ 植物に関する~ (7, 0.2%)

1 ことである, ものなれ, ものは, 全三巻, 彼の, 研究を, 講演会の

▼ 植物圖鑑~ (7, 0.2%)

1 が現れ, ではすいば, として稀, には多く, の刊行, の如く, も二三

▼ 植物性食物~ (7, 0.2%)

1 からなる, でありかつ, に含まれ, のない, の目録, をとる, をも有せし

▼ 植物研究所~ (7, 0.2%)

2 とすべきであった, の名, をつくられた 1 というの

▼ 植物であっ~ (6, 0.2%)

1 てしかも, て宜しかろ, て山地, て我邦, て神, て集中

▼ 植物という~ (6, 0.2%)

1 ことを, さんご, ものを, 方が, 概念と, 補助の

▼ 植物動物~ (6, 0.2%)

1 しかして最後, のよう, の二性, の二魂, の自然, は物

▼ 植物採集会~ (6, 0.2%)

1 があっ, が催された, で古い, に招かる, に招かれ, に臨まれた

▼ 植物教科書~ (6, 0.2%)

2 を書く 1 などを書いた, には皆, の検定委員, を出版

▼ 植物などが~ (5, 0.2%)

1 ある, その辺, 丁度これから元気, 繁茂した, 美しく咲い

▼ 植物博士~ (5, 0.2%)

2 の怠慢 1 のコンタン, の肩, の頭

▼ 植物学的~ (5, 0.2%)

1 なん, にいえ, には無論, の事柄, の分類

▼ 植物~ (5, 0.2%)

1 とは何, のお話, の話, をつぎ, を水平的

▼ 植物~ (5, 0.2%)

2 な部分 1 である, なものう, な匂やかさ

▼ 植物~ (5, 0.2%)

1 で出来, の製造, の調製物, をつくり, を塗る

▼ 植物辞典~ (5, 0.2%)

1 があるなら, には出, にふれない, もかね, をみ

▼ 植物~ (4, 0.1%)

1 すなわちそれ, 何かの, 何かを, 鉱物か

▼ 植物とは~ (4, 0.1%)

1 一見し, 大に, 思えない姿, 違つて表皮を

▼ 植物分類~ (4, 0.1%)

1 に専念, の世界的権威, の学者, の研究

▼ 植物~ (4, 0.1%)

3 して 1 せしめたと

▼ 植物園内~ (4, 0.1%)

1 に高く, の区域, の大, の池

▼ 植物実験室~ (4, 0.1%)

1 のなか, の中, の南側, の時

▼ 植物實驗室~ (4, 0.1%)

1 のなか, の中, の南側, の時

▼ 植物~ (4, 0.1%)

1 からいう, の上, の景観, を考察

▼ 植物~ (4, 0.1%)

1 と動物式, に囚われた, の囚われ, の生活

▼ 植物景観~ (4, 0.1%)

1 が関東平野, と其風光, の多様性, の相違

▼ 植物知識~ (4, 0.1%)

1 が欠け, の集積, をふやす, を得られたなら

▼ 植物精霊信仰~ (4, 0.1%)

1 に至り, の遺跡, は精霊信仰, は自然精霊信仰

▼ 植物系統~ (4, 0.1%)

2 の生物 1 に属する, は何

▼ 植物~ (4, 0.1%)

1 が丈, が無限, の, の広葉

▼ 植物すなわち~ (3, 0.1%)

1 イワヂシャ一名タキヂシャの, ジンチョウゲ科の, 草木が

▼ 植物でない~ (3, 0.1%)

1 から何, ものが, 事は

▼ 植物ども~ (3, 0.1%)

1 の吐息, の営み, は急

▼ 植物などは~ (3, 0.1%)

1 いろいろな, 古くは, 毎晩邪魔し

▼ 植物などを~ (3, 0.1%)

1 いろいろと, ぶらさげて, 入口の

▼ 植物につき~ (3, 0.1%)

1 いろいろな, 利用厚生の, 大沼君の

▼ 植物ばかり~ (3, 0.1%)

1 でなく他, では, 集めた庭

▼ 植物~ (3, 0.1%)

2 学名を 1 吸のみから

▼ 植物よりも~ (3, 0.1%)

1 もっと有用, 大残雪, 無自覚に

▼ 植物ホルモン~ (3, 0.1%)

2 をあたえる 1 がうまく

▼ 植物人間~ (3, 0.1%)

1 だなどとは, などという奇妙, はまだ

▼ 植物~ (3, 0.1%)

1 のあらわ, の生命, の蔓

▼ 植物分類学~ (3, 0.1%)

1 の創設者, の始祖, を学んだ

▼ 植物分類学者~ (3, 0.1%)

1 で牧野博士, の大, を始め

▼ 植物図譜~ (3, 0.1%)

2 を作る 1 にも公認

▼ 植物園動物園~ (3, 0.1%)

1 あり, を一覧, を兼設

▼ 植物学教授~ (3, 0.1%)

2 の矢田部良吉博士 1 の矢田部教授

▼ 植物学雑誌~ (3, 0.1%)

1 に植物名, に琉球, 第廿二号

▼ 植物學者~ (3, 0.1%)

1 が植物, の所謂, の所謂鞭藻

▼ 植物~ (3, 0.1%)

1 に向う, の植物, は多分

▼ 植物志図篇~ (3, 0.1%)

1 と定めた, の書, を続

▼ 植物方言~ (3, 0.1%)

1 の蒐集, の調査研究, を蒐め

▼ 植物~ (3, 0.1%)

2 にも転 1 が出来

▼ 植物研究者~ (3, 0.1%)

2 のマキシモヴィッチ氏 1 は能

▼ 植物精霊~ (3, 0.1%)

2 の信仰 1 を以て神話思想

▼ 植物繊維~ (3, 0.1%)

1 には温度, らしい, を織った

▼ 植物纖維~ (3, 0.1%)

2 を原料 1 を製紙

▼ 植物~ (3, 0.1%)

1 とて昔欧州, とは羊歯, を見し

▼ 植物~ (3, 0.1%)

1 が毒々しい, に対抗, の本能イズム

▼ 植物説話~ (3, 0.1%)

2 に於 1 に就

▼ 植物鉱物~ (3, 0.1%)

1 など皆, の三王国, の三種

▼ 植物かと~ (2, 0.1%)

1 いえば, 言えば

▼ 植物じゃ~ (2, 0.1%)

1 ありませんか, ないか

▼ 植物だけ~ (2, 0.1%)

2 で時

▼ 植物だの~ (2, 0.1%)

1 一本参百円なんて, 動物だ

▼ 植物であり~ (2, 0.1%)

1 処女林の, 動物は

▼ 植物とか~ (2, 0.1%)

1 無生物とかの, 謂って

▼ 植物とが~ (2, 0.1%)

1 一団又, 人間の

▼ 植物としての~ (2, 0.1%)

1 仙人掌は, 煙草の

▼ 植物としては~ (2, 0.1%)

1 葉の, 顧みられないで

▼ 植物とでも~ (2, 0.1%)

1 いうの, いうべきだろう

▼ 植物とに~ (2, 0.1%)

1 侵された大きな, 調和し

▼ 植物とを~ (2, 0.1%)

1 殺すの, 比べても

▼ 植物などの~ (2, 0.1%)

1 年々少なく, 薬草を

▼ 植物なる~ (2, 0.1%)

1 ものが, ゆえに

▼ 植物においても~ (2, 0.1%)

1 かくの, 限界が

▼ 植物については~ (2, 0.1%)

1 一向知らない, 其の性状

▼ 植物にと~ (2, 0.1%)

1 つては, つても

▼ 植物にのみ~ (2, 0.1%)

2 熱中し

▼ 植物に対する~ (2, 0.1%)

1 興味が, 興味は

▼ 植物への~ (2, 0.1%)

1 関心を, 限りない

▼ 植物ほど~ (2, 0.1%)

1 人生と, 人生に

▼ 植物までも~ (2, 0.1%)

1 のせて, 引き受けて

▼ 植物より~ (2, 0.1%)

1 受ける過酷, 弱虫である

▼ 植物らしい~ (2, 0.1%)

1 という予断, と言

▼ 植物~ (2, 0.1%)

2 全璧セン

▼ 植物~ (2, 0.1%)

1 の現象, の知識

▼ 植物人事時候~ (2, 0.1%)

1 から各, 各二句宛

▼ 植物~ (2, 0.1%)

1 には普通, の美

▼ 植物保護~ (2, 0.1%)

1 に付一言, のため

▼ 植物分類研究者~ (2, 0.1%)

2 の手

▼ 植物同好会~ (2, 0.1%)

1 が生まれた, のよう

▼ 植物名彙~ (2, 0.1%)

1 の例, 小藤氏等

▼ 植物図志~ (2, 0.1%)

1 を著すべき, ヲ著

▼ 植物固有~ (2, 0.1%)

1 の所生, の美的表示

▼ 植物園事務室~ (2, 0.1%)

2 より出

▼ 植物園門前~ (2, 0.1%)

1 の小石川, の細流

▼ 植物地帯~ (2, 0.1%)

1 へ次第に, らしいもの

▼ 植物学上果実~ (2, 0.1%)

2 の分類

▼ 植物学的探究張出窓~ (2, 0.1%)

2 での百合花

▼ 植物学科~ (2, 0.1%)

2 は矢田部良吉先生

▼ 植物学者以外~ (2, 0.1%)

1 の人々, はこの

▼ 植物学者流~ (2, 0.1%)

1 のいう, の称

▼ 植物学訳語~ (2, 0.1%)

2 の二

▼ 植物學上~ (2, 0.1%)

1 では, または林業上

▼ 植物実地指導~ (2, 0.1%)

1 のため, のため安芸

▼ 植物~ (2, 0.1%)

1 でそこ, では春

▼ 植物性食品~ (2, 0.1%)

1 の消化率, はどう

▼ 植物採集箱~ (2, 0.1%)

1 や包, や袋

▼ 植物書中~ (2, 0.1%)

2 の最も

▼ 植物殊に~ (2, 0.1%)

1 一千二三百メートルから, 可動植物は

▼ 植物生理的~ (2, 0.1%)

2 な理由

▼ 植物~ (2, 0.1%)

1 を卒業, を受持っ

▼ 植物精霊説話~ (2, 0.1%)

1 と称す, をその

▼ 植物自身~ (2, 0.1%)

1 ができ, が生理作用

▼ 植物趣味~ (2, 0.1%)

1 を感じ, を感ぜられ

▼ 植物~ (2, 0.1%)

1 の人, らしいが

▼ 植物養料~ (2, 0.1%)

2 がずうっ

▼1* [240件]

植物あるいはまた滑稽人形の, 植物いや生命を, 植物およびことに書物, 植物かとも見える, 植物かなんかの彼方に, 植物からも動物からも, 植物さながらの閑寂, 植物さわるとやけど, 植物しか生えて, 植物なは, 植物その者です, 植物そのものの性質, 植物その他のもの, 植物それより生え出でる, 植物それぞれの所生, 植物たらしめたいと思っ, 植物だけにその育ち, 植物だけは勇猛に, 植物だって運動を, 植物だろうと私, 植物ってなかなかしん, 植物であったとしたら, 植物でありますが昔, 植物であろうか植物, 植物といふ風に, 植物とかは其種族は, 植物とも動物とも, 植物どこ迄伸び, 植物なぞはどうか出来ない, 植物などにも一花内の, 植物などまで調べた人, 植物などもあるよう, 植物ならほんとうに, 植物なり動物なりを, 植物なりから分れて, 植物なればこそ火星人, 植物における葉と, 植物についての研究も, 植物にでも運不運は, 植物にとって非常に, 植物によって支配せられ, 植物に対してだってそれを, 植物に関し伊藤が, 植物のみ食う, 植物はとほくけぶる外輪山, 植物ばかりはいくら親しみ, 植物または食わず梨, 植物みたいに雫, 植物もかあいそう, 植物やら昆虫類の, 植物らしき物の, 植物をも書いたホッタイン, 植物を以て耳を, 植物を通じていふ, 植物ニ付テハ他日再述ブルコトアルベシ, 植物散布ヲ調ブル時ノ, 植物微ナリト雖モ性, 植物ハ元来吾国ニハナク遠ク渡リ来ル水鳥ガ時, 植物一般は人間, 植物をまず, 植物世界ヲ講究スルノ学ナリ, 植物のいわゆる, 植物中特異の状貌, 植物二三について読ん, 植物二卷に分れた, 植物人事などの分類, 植物以上に生々, 植物以外の天体, 植物であって, 植物保護拝借地である, 植物保護指定地になっ, 植物僻地と都市, 植物分布の状態, 植物分布区系を仔細, 植物分類書エングラー監修のかの, 植物利用の防盗策, 植物動物奇岩昆虫等一切を愛護, 植物動物式の性格, 植物動物氣象天文の科學的事實, 植物動物等の如く, 植物医師の例, 植物協会の会長, 植物即ち別々な, 植物叡智の表現, 植物に似, 植物各種を極めて, 植物同好者数百名は直接間接, 植物同然の始末, 植物名実図考など最も, 植物転性みたいに, 植物咒力信仰の形跡, 植物は悉く, 植物図説一と二, 植物園そこへ行った, 植物園みたいなところ, 植物園一帯の高地, 植物園三越本願寺動物園なんて試験, 植物園事務所の西側, 植物園内博物館に剥製, 植物園大小公園水晶宮等いちいち記, 植物園帝国図書館まるでもう無我夢中, 植物園等を巡覧, 植物園等ロンドンに次ぎ, 植物園裏の松田さん, 植物園観音様郊外の野原, 植物園門外の小径, 植物園附近のエコノミツク・ガアデン, 植物多きを伐り尽し, 植物妖異の世界, 植物嫌いというマニア, 植物学そのものとしては動物学, 植物学ぶ人から, 植物学ニ有ス数学文章学ハ更ニ論ヲ俟ザルナリ, 植物学上イシモチソウ科に属する, 植物学上誤りのない, 植物学会にはまだ, 植物学全体への興味, 植物学全集を完成, 植物学兵学などが輸入, 植物学動物学その他の一般的科学, 植物学医学などの広い, 植物学大家ジュシューいわくいわゆる植物羔, 植物学教室等の諸君, 植物学教授松村任三博士は余り, 植物学教科書などを覘, 植物学生理学に関係, 植物学的漫談はそれ, 植物学研究の真髄, 植物学研究室へ御, 植物学研究所なの, 植物学者カロチは立ち上っ, 植物学者シュミット氏がそれ, 植物学者ダールの姓, 植物学者バンジャメン・アッケンの胴色, 植物学者ブラウンの物好き, 植物学者マキシモヴィッチ氏へ標品, 植物学者ヤコブスの如き, 植物学者仲間に於, 植物学者伊藤博士に就, 植物学者流教育者流のいう, 植物学者白井光太郎博士はトリカブト毒研究, 植物学鉱物学の三部, 植物の雜誌, 植物學界の權威者, 植物家らにし, 植物家道具衣服等々の細か, 植物専攻の青年学徒, 植物専用の中国名, 植物専門の博士, 植物帝国への侵入, 植物帶取り調べにはこれら, 植物建築など渋く, 植物志編成の急務, 植物性動物性精神性の三つ, 植物性染料を用いた, 植物性毒と迷信, 植物性物質の醋酸醗酵, 植物性生産物は羊歯, 植物性神経と云う, 植物性繊維紙はこうして, 植物性蛋白や脂肪, 植物性農業を主, 植物性食物原料及び貝類, 植物性食物採集の爲, 植物性食餌の吾人, 植物愛護のこと, 植物採取すべからずと, 植物採集標品製作は一, 植物採集用のどう, 植物採集談であるが, 植物教室の大久保三郎氏, 植物方言全集を完成, 植物昆虫に至る, 植物月光と露, 植物本来の名, 植物染料に勝った, 植物栽培に熱中, 植物標品を有っ, 植物標本蒐集の急務, 植物標本褪色調査の件, 植物だろうと, 植物毒剤と呼ぶ, 植物を加, 植物油野菜などの大膳寮用, 植物渡来と共に日本, 植物漢字典を作っ, 植物漢字名の謬, 植物牡蠣が岩, 植物特にそれが, 植物特有の, 植物のもの, 植物生態学動物生態学というつづけ, 植物生理学の領域, 植物生理的機能を学ん, 植物産地を同君, 植物界全体の代表者, 植物界見物は実に, 植物略図を手, 植物的機能を知る, 植物的生活がやってくる, 植物的神経などと云う, 植物的親愛の聖, 植物の大, 植物社会に著しい, 植物社会学者にでもこれ, 植物神話の一つ, 植物育ち難い, 植物種類の研究, 植物もまた, 植物線緯なる事, 植物に本邦自生, 植物羊歯陶器石器その他を蒐集, 植物臭いもの又, 植物興産局の当事者, 植物から鑛物色, 植物蛋白を殆, 植物蜥蜴甲虫足の早い, 植物衞生に害, 植物見本としてご, 植物見本園設置の急務, 植物解剖学を専攻, 植物試作場附近の木立, 植物誌のはした, 植物誌中の銅版, 植物の教師, 植物調査の急務, 植物講習会が開かれ, 植物譲葉の類, 植物質器具は食物其他, 植物質器具考説を見よ, 植物質脂肪蛋白澱粉甘酸辛鹹という風, 植物鉱物動物どもの雑, 植物鉱物地理歴史化学のごとき, 植物鑑定の立場, 植物を自由, 植物関係の人, 植物陳列館設置の急務, 植物雑誌の, 植物類等にも發光, 植物黴菌か何