青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「新鮮~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

新しく~ ~新た 新た~ 新劇~ 新吉~ 新子~ 新田~ ~新聞 新聞~ 新聞紙~
新鮮~
斷~ ~方 方~ ~方々 方々~ ~方向 方向~ ~方法 方法~ ~方角

「新鮮~」 1452, 14ppm, 7734位

▼ 新鮮~ (922, 63.5%)

34 空気を 12 空気が 9 魅力を 8 ものを, 空気の 7 朝の, 美しさ 6 印象を, 空気と, 空気に 5 ものは, 喜びを, 感じの

4 [14件] ところが, のである, ものが, もので, ものに, 力を, 山の, 感じに, 感じを, 感動を, 水を, 活力を, 色を, 血の

3 [13件] のが, のを, 力の, 心の, 感じで, 感受性を, 果実の, 果物の, 気が, 色彩の, 野菜を, 風景を, 魚が

2 [64件] うちに, たのしさ, のだ, のは, みづみづしい愛, ものであった, ものと, ものの, ものほど, ように, カキの, ペンキの, レタスが, 刺戟を, 力は, 卵を, 味覚を, 唾の, 問題を, 大気を, 女性の, 姿で, 嵐と, 思想だ, 感じだった, 感情を, 感覚で, 明白さの, 果実を, 果物を, 歓びを, 活気の, 牛乳を, 生命に, 生命を, 真理を, 空気, 空氣の, 空氣を, 竹の, 緑に, 肉の, 自然の, 興味を, 花, 菊の, 蜘蛛の, 表現に, 角度から, 言葉を, 言論が, 読物の, 透明な, 野菜美しい, 青い樹木, 韮の, 風味を, 食慾を, 食餌と, 驚きであった, 魅力に, 魚の, 魚は, 魚類を

1 [581件 抜粋] あるいはよどんだ, いいお, いのちの, いわゆる風雲児, お若, お茶を, かぐはしい微風, かにの, くだものを, ことったら, さかなが, すがすがしい健康, すぎな, そして気持, そして氣持, その感触, それだけで, という, にほひ, のです, のに, のに気, のをと, ほどそれ, ま, またたき, また強烈, みづみづしさにある今, ものだ, ものであり, ものであるなら, ものでした, ものな, ものも, もんだ, やつを, りんごを, われらの, んだ, アスパラガスや, エネルギーの, クリームが, クリーム二合と, サラダが, サラダの, シベリア風景だ, ショックを, ソヴェト社会生活を, ソヴェートを, トオンを, トマトの, バタは, バタを, ピチピチした, フィルムの, メロディーを, モラルの, ヤスミンの, 一つの, 一念な, 一枚の, 一物として, 一種の, 上着の, 世界が, 乾草を, 亢奮が, 人数が, 人民的階級文化の, 人間の, 人間性や, 今年の, 仔羊の, 仕事が, 任務を, 企画である, 何物かを, 何物も, 作物を, 信仰に, 信者を, 修辞学やを, 個性新鮮な, 健康すらも, 偶然ほど, 働きがいを, 元気で, 先生を, 光と, 光の, 八百屋が, 内容を以て, 再生の, 写真だった, 冷い, 冷たい空気, 凉し, 処に, 刺戟が, 刺戟である, 刺戟に, 刺激文学的亢奮は, 創作の, 創造力を, 劇的霊感を, 力で, 力であった, 力と, 効果を, 動きとの, 動きとは, 動きに, 動きを, 勢で, 勢の, 匂いに, 匂いを, 匂ひと味ひ, 化けもの達である, 十代の, 印象と, 印象によって, 印象野性と, 叙景の, 古典味と, 味いとともに, 味が, 味を, 味覚, 味覚とを, 呼吸を, 喜びが, 国も, 土の, 土地の, 圧力ある, 地被, 場所で, 塩水, 変化に, 外気にあたっても, 夜明けの, 夜気は, 大地が, 大地の, 大根おろしを, 大根を, 大根以外に, 大気とに, 大気の, 大衆の, 太陽が, 女として, 女の, 好奇心を, 娘で, 子供の, 子供めく疼き, 存在が, 実に珍, 実感で, 実感を, 室内楽が, 寫眞だつた, 小群島, 小魚料理, 小麦色を, 少年の, 屍体を, 山里らしい, 常識から, 平衡を, 幻影を, 建築の, 建設の, 形を, 心地が, 心持で, 心理表現の, 快い雰囲気, 快樂, 思いつきだ, 思いに, 恋が, 息づかいが, 患者たちが, 患者達が, 悦びで, 情感だけで, 情景が, 情熱に, 情熱を, 想像が, 想念の, 意図が, 意志の, 意気と, 意識を, 愛情の, 愛情は, 感じが, 感じだろう, 感じであった, 感すら, 感を, 感動, 感動だった, 感動によって, 感動の, 感動や, 感動同時に, 感受力から, 感受性である, 感受性に, 感受性によって, 感性の, 感情と, 感情の, 感想を, 感能まで, 感興を, 感覚でした, 感覚と, 感覚とに, 感覚なら, 感覚によ, 感触を, 我々の, 手触りが, 抒情味と, 持論でも, 推進力の, 描写である, 描出を, 政治の, 教義が, 文化, 文化の, 文化的芽生えは, 文学の, 文学を, 料理が, 料理の, 新ソヴェト気質, 方が, 日光が, 日光の, 明るい光, 明白さを, 映像に, 景色が, 晴々と, 暗示を, 月曜日を, 朗かな, 朗らかな, 朝という, 木もれ陽が, 未知の, 本体論も, 杉菜に, 李の, 材料本来の, 林檎だ, 林檎の, 果実, 果実が, 果実に, 果実や, 栄螺だった, 桃色の, 構圖が, 権威ある, 機会の, 機運が, 歌で, 母親を, 毛織である, 気を, 気分に, 気分を, 気持ちで, 気象も, 氣の, 氣持, 水が, 水垢が, 水蜜桃が, 沃野が, 泉をも, 波, 波の, 洋学の, 活, 活力と, 活力は, 活気が, 活気を, 活気熱烈な, 海水が, 海産物でも, 海老や, 涙の, 涼しげな, 温泉地で, 溌剌と, 潤いの, 潮風を, 火花を, 炭酸水の, 点が, 点は, 牧場大きな, 状態に, 独創的な, 献身への, 率直な, 玉子が, 玉子を, 現れの, 現識, 理解と, 瓦斯が, 生々と, 生き方は, 生な, 生命よりの, 生命群の, 生気あふれる, 生気も, 生氣, 生活は, 生活力が, 生産力, 生野菜, 生魚でも, 産毛を, 男たちに, 町に, 疲れだ, 白い素肌, 白菜を, 目を以て, 眞珠母色の, 真正直, 眺めに, 眺望では, 眼付だらう, 瞼である, 社会と, 私の, 秩序と, 空想な, 空気にあたって, 空気や, 空気脈打つ, 空氣, 空氣ひろびろ, 第一夜, 筆触は, 精神若い, 紅さ, 緑にも, 緑を, 緑色が, 緑色を, 緑葉を, 美を, 美観が, 聯想を, 肉からは, 肉と, 肉を, 肉体に, 胡瓜を, 能力に, 能力も, 脈うちで, 自尊心を, 自我を, 自由の, 興味が, 興味で, 舞台は, 舞台様式を, 舞台的生命を, 色彩が, 色彩だ, 色彩感を, 色情すらも, 色情を, 色感と, 芋殻を, 花が, 花で, 花の, 花を, 花音楽の, 芸術を, 若い共和国, 若い女, 若い女性, 若い知能, 若さ, 若葉と, 若葉を, 英文で, 茎を, 茹卵それから, 草や, 蔬菜を, 薄い緑色, 藍と, 蘇生の, 虫喰い, 蟹や, 血球を, 衝撃として, 衣装を, 衣裳の, 表情でした, 裸体を, 覇気とは, 観察とを, 言葉の, 記憶が, 設題と, 詩的情趣が, 誘ない, 誠意とで, 赤ペンキの, 足首だ, 躯つきだつた, 軽い味, 軽い油, 近代の, 道徳は, 酸素の, 重りを, 野の, 野山の, 野菜, 野菜に, 野菜ばかりを, 野菜や, 野菜よりも, 野菜物が, 野菜穀物の, 閃めき, 闇が, 闘志は, 階級的な, 雰囲気に, 青々と, 青さ, 青春かく, 青物を, 面白味を, 音である, 音に, 頬の, 顔つきで, 顔つきを, 顔を, 風が, 風がさつと, 風と, 風を, 風景だった, 風穴が, 飛鳥の, 食べものは, 食料とで, 食餌とを以て, 餌に, 香りが, 香りの, 香りを, 香り高い, 驚きだった, 驚きを, 驚異を, 魂が, 魅力が, 魅力だつた, 魅力と, 魅力として, 魅力の, 魅力は, 魚だ, 魚であった, 魚を, 魚介も, 魚介や, 魚肉よりも, 魚鱗も, 鮎を, 鰹や, 麦藁帽子気軽に, 黎明の

▼ 新鮮~ (146, 10.1%)

4 がある, をもっ 3

2 [13件] がなく, だった, というもの, と未亡人, に戦き, に目, に驚く, を失い, を失った, を失わない, を寄与, を持っ, を齎し

1 [109件] から來, から日本, があった, があつ, があり, がそれ, がどんなに, がなけれ, が匂っ, が失, が失はれ, が失われ, が失われる, が感じられた, が漂, が興味, が薄らぐ, この清らかさ, さえ醜い, そして新鮮, たっぷりさ, でありそして, です, でせう, でそれぞれ, でよみがえっ, でローザ, で人, で歯, で異様, で突発, で笑, といふ点, とから来, とが身, ときっぱり, とを取り返し, とを持った, と可憐さ, と国際的, と気品, と甘酸味, と雄々し, と香, において玄人, には戯曲形式, にみちた, に伊沢, に刺戟, に彼, に浄め, に狂喜, に眼, に身ぶるい, に駭ろか, のない, の内, の失われた, の感じられる, の足りない, はあらわれます, はなかっ, はなかつた, はもうこ, はもちろん, は一つ, は不死鳥的, は信濃, は全く, は到る, は忘れ, は既に, は日本, は枝, は桃山時代, まかせて, もさる, もそれら, も失われた, も子ども子ども, をあら, をうしなっ, をうしなわない, をかんじ, をただよわせ, をみる, を云い表わす, を出し, を味, を回復, を夢, を失いかけ, を失っ, を失つて, を失はない, を失ふ, を寧ろ, を感じさせる, を感じました, を感じる, を放散, を添え, を澁面, を発揮, を発見, を秀吉, を缺, 結構の, 若さ

▼ 新鮮~ (108, 7.4%)

5 あつた 4 はない 3 清潔で 2 そして深い, はある, 君の, 好ましかった, 美味な, 豊かな

1 [84件] あらゆる小児, いい匂い, いつか余程, きつい雪, こだわりなく, しこしこし, すがすがしい感動, だれの, はあり得なかったろう, は無い, また幽邃, みずみずしいが, もういちど結婚, ゆたかな, よくやっ, エネルギッシュな, パノラマを, ピチピチした, 人柄や, 伸子を, 何等かの, 健全らしい, 健康で, 健康な, 初々しい, 初々しいもの, 力強くて, 印象深かったろう, 厳粛な, 可愛らしい, 味も, 変化に, 安い, 強力な, 彼の, 徐々に女優, 情愛の, 愉快です, 感覚的で, 掛軸の, 明朗で, 晴やかな, 朝日の, 朝露が, 本当に桜, 横浜東京間の, 気持よく, 氣持ちが, 水, 求道に, 沈殿し, 活, 活気を, 濃いよう, 濃情な草樹, 爽快過ぎる, 特殊な, 独創的な, 独特な, 率直な, 生活感を, 用意は, 画面は, 百年かわる, 的確な, 皮膚が, 真面目で, 私が, 美しい物語, 美味なる, 自分の, 自由で, 色が, 若々しくこれ, 若々しく青年的, 要領の, 親愛の, 誇張修飾を, 透明で, 鋭い印象, 閑静な, 闊い, 面白いの, 面白く感じられた

▼ 新鮮~ (89, 6.1%)

11 して 4 なって 3 そして簡素 2 感じた, 感じて, 感じられた, 慄える, 色づいて, 見出した

1 [59件] いきいきと, うつもの, かぎると, されきのう, されて, されるよろこびを, します, し豊富, すぎるとき, すること, するため, する第, そこの, そして亦, なった, なったよう, なった伸子, なる, なれる, ふとり, みえた, よろこばしく映っ, ブレークの, 充実し, 凍って, 勝る美味, 喚起される, 嬌めかしく感じられた, 子供っぽく, 思えた, 思われた, 感じられる, 感覚に, 揺らめいて, 整理されね, 新鮮にと, 映じ新鮮, 映るとき, 楽しく生き, 泣いたの, 流れ出して, 深い感動, 瑞々しく曠野, 生きて, 空気を, 緊張せる, 育てて, 胸に, 自分の, 萠え, 見えて, 見える, 見え折, 見せるの, 話した, 諷詠する, 軽快に, 酔ひうるであらう, 食らい過ぎるくらいに

▼ 新鮮なる~ (33, 2.3%)

2 景情を, 空気を

1 [29件] を以て食物中毒等, を希う, バタの, 修業は, 大根を, 姿を, 存在を, 屍臭と, 彼女達の, 恐怖を, 意匠を, 意外の, 感化には, 感情と, 戀愛の, 湖魚を, 生気を以て, 空気とを, 空氣は, 興味が, 蔬菜海草野生草木の, 血を, 血液の, 裸身は, 詩と, 豕の, 道義心に, 零細の, 食慾を

▼ 新鮮~ (15, 1.0%)

2 感じが, 気を

1 [11件] にほ, ものおよび, クリームを, 品で, 生気を, 空気が, 空気の, 空気を, 美が, 色が, 風に

▼ 新鮮~ (13, 0.9%)

1 [13件] あぢ, 与えて, 与え青色, 保ち沈滞, 味つた, 味ひました, 失うよう, 失わないよう, 尊ぶこと, 思はせたにも, 感じあたり, 感じるの, 求めて

▼ 新鮮~ (12, 0.8%)

1 [12件] から, からいい, からである, から非常, がはねのけ切る, し又, し色つや, つた, という感じ, と云う, と断言, のと

▼ 新鮮~ (10, 0.7%)

2 自由とは 1 云っただけ, 名づけて, 快活と, 神経の, 自負と, 芳烈とを, 表現の, 驚異を

▼ 新鮮~ (5, 0.3%)

1 あるとも, いいという, よいので, 与えられより, 美味いと

▼ 新鮮であり~ (5, 0.3%)

2 新聞紙や 1 そのリーズニング, 作家としての, 死相を

▼ 新鮮である~ (4, 0.3%)

1 かも知れない, と同時に, のは, 者の

▼ 新鮮でない~ (3, 0.2%)

1 ために, のです, 熱気に

▼ 新鮮でなく~ (3, 0.2%)

2 てはいけない 1 綾の

▼ 新鮮なら~ (3, 0.2%)

1 しむる者, ば新鮮, んと

▼ 新鮮らしい~ (3, 0.2%)

1 のを, 女性が, 感を

▼ 新鮮そのもの~ (2, 0.1%)

1 の怪談, を感じた

▼ 新鮮とは~ (2, 0.1%)

1 云えない, 珊瑚の

▼ 新鮮なるべき~ (2, 0.1%)

1 もので, ものな

▼ 新鮮な閃き~ (2, 0.1%)

1 があった, をつたえた

▼ 新鮮~ (2, 0.1%)

1 といふもの, を私

▼ 新鮮溌剌~ (2, 0.1%)

1 な気息, 最も滋味

▼ 新鮮無比~ (2, 0.1%)

1 なあなた, な宇宙的感覚

▼ 新鮮無類~ (2, 0.1%)

1 な魚族, の

▼1* [62件]

新鮮のは, 新鮮かを見分けること, 新鮮さそのものだけですでに, 新鮮さ不断の進歩, 新鮮さ多様さでこの, 新鮮さ眼や頬, 新鮮さ私は世界一, 新鮮さ頼りふかい印象, 新鮮すぎてい, 新鮮すぎたので諸, 新鮮だったことなぞも, 新鮮であったのである, 新鮮でありうるだらうが由来, 新鮮であり得るので, 新鮮であるならばなん, 新鮮でしょうね, 新鮮ですな, 新鮮でなく黙し難いで, 新鮮でなければならぬ, 新鮮でも腐敗する, 新鮮で光る白い雲, 新鮮で生きている, 新鮮とか革新とかいう, 新鮮なおくりものを, 新鮮なおどろきに似た, 新鮮なおどろきで突然矢代, 新鮮なおののきを何事, 新鮮なかがやきを, 新鮮なひびきをもってかれ, 新鮮なよろこびが湧き立てられます, 新鮮なる貢ぎ物即ち, 新鮮な光りを出し, 新鮮な動く芸術の, 新鮮な張り切つた氣持で, 新鮮な息づきを忍ばせ, 新鮮な澄んだような, 新鮮な熟れた果実を, 新鮮な燃える感覚, 新鮮にとたとえば女子, 新鮮にも感ぜられなかった, 新鮮も感じません, 新鮮山野の, 新鮮を以て頭腦の, 新鮮空気卜豊カナ日光トヲ得ル目的ヲ, 新鮮且つ重厚な, 新鮮健康なるべき第, 新鮮優良でも料理, 新鮮入手に努力, 新鮮旺盛にめざめた, 新鮮極まるものだった, 新鮮活溌な風, 新鮮溌溂な民主的社会, 新鮮潔白な絹衣, 新鮮無比健康にし, 新鮮爽快な色気, 新鮮爽快青春朝の穏やか, 新鮮真面目な努力, 新鮮空気の必用, 新鮮素朴簡美であろうかと, 新鮮に溢れ, 新鮮赫奕鋭利沈痛なるは, 新鮮過ぎるほどの陽光