青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「植~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~棚 棚~ 棟~ ~森 森~ 森林~ 棺~ 椀~ ~椅子 椅子~
植~
植木~ ~植物 植物~ 検事~ 検査~ 椿~ ~業 業~ 楯~ ~極

「植~」 1652, 18ppm, 6403位

▼ 植~ (314, 19.0%)

30 の中 23 の間 13 の陰 12 の蔭 8 の影 7 の方 5 の下, の木立 4 があり, の茂み, を隔て 3 の梢

2 [24件] からしつ, から出, から泉水, があっ, がこんもり, に蜩, に隔てられ, のかげ, のなか, の上, の向う, の向う側, の外, の多い, の松, の枝, の樹, の緑, の繁み, の闇, をぬけ, を前, を抜け, を覗い

1 [148件] からその, からぬっと, から先, から向う, から母屋, から縁, から見上げる, があった, があつ, がある, が出来た, が十四五本, が数本, が深い, が生い茂ってる, が真中, が繁く, が置い, が茂っ, その右手, で初秋, で木立, で森, となし得る, とに電車, と三重, と塀越し, などは荒れ, にこんもり, にさし込む, にはきり島, には樹木, には萩, には西, にもう, にも警護, に一筋, に出, に匿, に吸, に囲まれ, に彼, に所嫌はず西洋種, に捨てた, に斜, に槙, に水, に躑躅, に這入りこん, に遠く, に遮, に降る, に隠れ, に雀, に面した, のある, のそば, のつつじ, のところ, のない, の一ばん奥, の一叢, の一部, の下枝, の両側, の冷, の処, の南天, の奥深い, の小松, の常磐木, の庭, の庭木, の彼方, の径, の敷石, の新緑, の暗い, の木の葉, の木下, の木隱, の松の木, の枝下, の枝影, の枯枝, の根元, の模様, の湿っぽい, の湿つぼい, の眞上, の空, の突当り, の立木, の竹群, の笠松, の萩, の落葉樹, の葉, の葉影, の躑躅, の辺, の邊, の開けた, の間々, の高い, は言, は雜然, へかけ, へ抛り込ん, へ脅えた, へ飛び込んだ, までし, も, もかなり, もよかつ, も多く, も実に何とも, も見ず, や砂利, や置石, や配石, らしく木, を, をうろつきまわっ, をく, をすかし, をぬける, をも物柔, を出, を取かこんだ, を廻つて, を搜, を洗, を潜れ, を濃く, を眺めた, を茂らせ, を見, を見る, を透し, を通う, を通して池, を通して玄関, を遙, を頬杖, 及び奥山, 後一面座敷, 深き間

▼ 植ゑつ~ (58, 3.5%)

8 けられて 3 けること 2 けその, けてある, けられた

1 [41件] くるもよ, けこつ, けてあつ, けておかなけれ, けてまだ, けてやつ, けてゆく, けてゐる, けて大きく, けて欲しい, けて置いた, けて置かう, けなく, けなけれ, けなどに色々, けられたもの, けられた傷心, けられた印象, けられた同情, けられた小, けられた或は, けられた私, けられた稚い, けられた結果, けられた話, けられないうち, けられること, けられ日本, けられ激しい, ける, けるといふ, けるの, けるのに, けるふるさと, けるほどの, ける五本, ける或は, ける時, け方, つ, るなり

▼ 植~ (57, 3.5%)

6 込んで 3 付けられて 2 に来た, 付けたやう, 付けた苗木

1 [42件] たり, たりほんの, たり叡山苔, たり常に, たり種子, たり種種様様, たり蟻, 並べて, 付けたから, 付けて, 付けますが, 付ける前, 始めたもの, 寄せられて, 少しくマングハ, 居りこの, 或ひ, 招いたり, 新吉原, 替へたり, 残した田, 直されると, 直す指図, 立てるについては, 終りたるか, 終りて, 置かんに, 置きけり, 置きしもの, 育つれば, 蒔きし梅, 試みつ, 込まれた蜜柑畑, 込まれる時代, 込めば, 込んだ大きな, 込んだ跡, 退く, 連ねた門構, 附けたばかりの, 附けて, 附けまで

▼ 植って~ (43, 2.6%)

7 いて 5 いた 3 いる 2 います, 居る

1 [24件] ある彼, いずただ, いたと, いたという, いたのに, いない庭, いるお, いるかしら, いるが, いるし, いるという, いるペエヴメント, いる何とか, いる堤, いる大通り, いる柿, いる桜, いる母屋, せま苦しい扇形, ゐるが, 小さな筍, 居て, 柳の, 離れの

▼ 植うる~ (42, 2.5%)

3 ことを, に若く 2 と神代振り, 菊の

1 [32件] かぎりが, が如く, ことである, ことに, と云つて, なり, においてをや, には当, に於, に至つて, の人, ほどの間, を以て多く肥料, を以て迂闊, を例, 事一千三百里と, 人に, 人の, 俗の, 其事は, 初瀬の, 前に, 如他部は, 日ぞ, 曩の, 様に, 滝菜水引草など, 田も, 田植笠早や, 白き衣, 等みなわが, 處牡丹もと紫今は

▼ 植~ (37, 2.2%)

2 二学会に

1 [35件] ほうから, ものも, 一命は, 両索引, 中心と, 各種族, 官職を, 小さな鉢物, 従事官を, 手に, 手を, 早い遅いは, 明応何年かに, 梅あり, 沓の, 爲に, 牒文を, 物死し, 相談であった, 竹でも, 繁った中, 考証の, 花々しい儀式, 菊を, 詩は, 諸科, 謀計を, 軍を, 軍務ぶりに, 運命の, 鉢が, 鉢も, 鉢を, 鋭い視線, 鋭い顔

▼ 植~ (35, 2.1%)

9 の嫁 5 の隠居 2 のお, の方

1 [17件] いこうか, という父, と出, などへ礼まわり, にいた, にいっ, にいる, の人達, の家, の庭, の忙しい, はお, へ来る, へ片, へ遊び, や鶴さん, を出

▼ 植ゑて~ (33, 2.0%)

2 涼しい風, 置いた

1 [29件] ある或, その錆びた, 仕たてること, 仕立てる者, 作る田地, 去りぬ, 居ます, 居ると, 居る最中, 思ひ乱れぬ女郎花浮き世, 既に久し, 来し病めるわが, 植えて, 楽しむ, 流れ去つた, 置いたの, 置いたもの, 置いたら花, 置く, 置くと, 置く心がけ, 行かれ夕方, 行きました, 見し花, 見た, 見たが, 見て, 見ると, 見度

▼ 植~ (31, 1.9%)

8 の親爺 4 の女房 2 の離屋

1 [17件] が出入り, が号令, に居なさる, の唇, の庭, の手伝いみたい, の返事, の面目, はお, は大地, は救われた, は早く, は植木, は母屋, は離屋, へ帰っ, 何となく一徹

▼ 植~ (31, 1.9%)

5 である 4 なる哉, の精神 2 といふの, の一, の事, の工夫, の結果 1 といふ事, とは何, と云, の事例, の作業, の庇陰, の説, をうる

▼ 植~ (25, 1.5%)

4 の庭 2 の家

1 [19件] が群集, というの, という者, の人達, の家付近, の店先, の方, の横手, の爺, の職人, の離れ, の鼻, はお, は会心, は厭, は大, へ云った, へ住, やその

▼ 植疱瘡~ (25, 1.5%)

3 と云っ

1 [22件] して, すること, ですか, では無理, ということ, なぞには反対, については乳母, の一件, の噂, の錦絵, はなん, もお流れ, をさせる, をした, をする, をすれ, をたしかに, を信じない, を信用, を始めました, を始める, を嫌う

▼ 植~ (22, 1.3%)

1 [22件] すでに早打ち, その声, たちどころに一詩, つて居, にわかになつかしく, ひと目見, むしろよろこん, わざと鄭泰, われを, 傷害のかど, 咸く, 城門を, 壁へ, 官を, 心燃え, 思わず伸び上がっ, 恐れわななきながら, 海内の, 無念な, 華奢で, 貴公の, 身の

▼ 植つて~ (18, 1.1%)

4 ゐる 2 居る

1 [12件] はゐません, もう花, ゐずただ, ゐたが, ゐたの, ゐた時代, ゐた汁粉屋, ゐるもの, ゐる古い大きい, ゐる商店街, ゐる美しい, 居たと

▼ 植~ (17, 1.0%)

2 の前, の言

1 [13件] が弟子, ではない, の心境, の方, の母, はその, は位官, は八十, は宜, は実際, は毎, は関白, も泉州

▼ 植~ (16, 1.0%)

3 の語, 浅解 1 であった, なる訳字, なる訳語, の字, ノ域内ニ, ノ義ニシテ, ヲ以テ, ヲ修ムルノ主旨ハ則チ何ニ, ヲ修ムル所以, 第二書

▼ 植へる~ (15, 0.9%)

6 と云 1 ことに, ことを, それを, のが, のには, のを, 利根の, 後とが, 或は地方縣令

▼ 植~ (14, 0.8%)

1 [14件] から大倉氏, があった, でござい, で蕎麦, とて名高き, にて夜, に投宿, に至り, の奥まった, の小屋, の屋根, の浴室, は旅宿, へいっ

▼ 植~ (12, 0.7%)

1 [12件] ができる, が済みました, が終っ, が終る, し桜, だ, だけを強調, だ植付, にかかり, に急, を濟, を為さしめたる

▼ 植~ (11, 0.7%)

2 二分し 1 おとしいれた黄門左豊, きは, して, なし永く, 嫌う風盛ん, 官に, 封じて, 研究した, 遂ぐ猴は

▼ 植~ (11, 0.7%)

3 のかみさん 2 の主人, の庭 1 と云う, の曲者, へ行つて植惣, を害め

▼ 植~ (10, 0.6%)

1 ありました, あるいわゆる, あるから, ある幾株, ある畠, まづにくむ荻, みたいわ, 下されと, 繞らす, 見たり

▼ 植った~ (9, 0.5%)

2 家の 1 ところは, 庭園の, 格子を, 桜の, 植木だけが, 玄関まで, 陰地を

▼ 植~ (9, 0.5%)

2 の家 1 がお, では副, に出入り, のおっ, の峰吉, の親方, へかけ

▼ 植~ (8, 0.5%)

1 いうには, 作るの, 初めて築いた, 占居蕃殖せる, 同姓に, 早く立去れ, 率直に, 申されますが

▼ 植~ (8, 0.5%)

2 南瓜畑だ 1 があの, といふ, ように, 數の, 田圃で, 青々した

▼ 植~ (8, 0.5%)

1 が如し, ことを, ということ, な, には好, を制止, 時掘らな, 時街の

▼ 植~ (8, 0.5%)

3 へ押し掛け 1 でも驚く, の門口, へたずね, へ立ち廻った, へ預けられた

▼ 植通公~ (7, 0.4%)

1 が, だけはこの, の若い, は, は京, は当時, を訪うた

▼ 植~ (7, 0.4%)

1 と云, はもう, は天津教, や草取, をし, を終る, を見破る

▼ 植~ (6, 0.4%)

2 海棠の 1 と下り立つ, と人, と折れたる, 而し

▼ 植~ (6, 0.4%)

1 たら出來るだろう, てない, ましても, ろと, 付けた學者, 付けて

▼ 植ゆる~ (6, 0.4%)

1 ことでありました, とか又, なりと申され, に如かず, は徳, 籬または

▼ 植ゑた~ (6, 0.4%)

1 どうか枯れない, ばかりのヒヨロヒヨロ, ばかりの田, やんがて, 厚いが, 戯れに

▼ 植ゑる~ (6, 0.4%)

1 おもて, この価五銭, この秋, どうぞつい, どうもあぶない, に由るなるべし

▼ 植ゑ初め~ (6, 0.4%)

4 の田 1 から植ゑ了, なすつたり

▼ 植ゑ木~ (6, 0.4%)

4 の梢 1 の成長, の風高み

▼ 植将軍~ (6, 0.4%)

1 ですって, に昵近, のほう, は自分, を奉じ, を檻車

▼ 植木鋏~ (6, 0.4%)

2 で突き 1 が一挺, で喉, で葡萄, を當座

▼ 植~ (5, 0.3%)

3 てある 1 ている, て一群

▼ 植ゑつけた~ (5, 0.3%)

1 かの樣, が一本, といふこと, と考へられた, と聽

▼ 植~ (5, 0.3%)

2 の若 1 が司馬道場, の弟子, の親方

▼ 植込ん~ (5, 0.3%)

1 であっ, である, である築山, で一方, で有り

▼ 植附け~ (5, 0.3%)

1 たり試験管, に着手, の時期, はどう, は田畑

▼ 植つけ~ (4, 0.2%)

1 てある, に困ります, の不能, の最中

▼ 植はつ~ (4, 0.2%)

1 た水, た狭い暗い, た砂丘, た縞笹

▼ 植込まれ~ (4, 0.2%)

2 ている 1 てい, て美々し

▼ 植うべき~ (3, 0.2%)

1 力無し, 春は, 樹木を

▼ 植ごみ~ (3, 0.2%)

1 があっ, の横, をまわっ

▼ 植という~ (3, 0.2%)

1 その若い, のは, 人物が

▼ 植~ (3, 0.2%)

1 べきは, べし, 実に建久元年

▼ 植ゑむ~ (3, 0.2%)

2 と福寿草霜 1 秋の

▼ 植ゑ添~ (3, 0.2%)

1 へたり, へて四五輪, へられた

▼ 植ゑ竝め~ (3, 0.2%)

2 てみどり 1 ぬ道

▼ 植~ (3, 0.2%)

1 などではない, の方, や藤助

▼ 植先生~ (3, 0.2%)

1 が囚われ, について初めて, は官

▼ 植器物~ (3, 0.2%)

2 に對 1 の愛すべく

▼ 植込んだ~ (3, 0.2%)

1 植木が, 樹木が, 畑では

▼ 植金石~ (3, 0.2%)

2 さては風俗 1 の和漢名

▼ 植うれ~ (2, 0.1%)

1 ばその, ば他

▼ 植こみ~ (2, 0.1%)

1 その間を, のかなた

▼ 植され~ (2, 0.1%)

1 ていた, ている

▼ 植せられ~ (2, 0.1%)

1 てある, ている

▼ 植つた~ (2, 0.1%)

1 かと云, 小ぢんまりと

▼ 植てて~ (2, 0.1%)

1 故跡, 舞立つ

▼ 植とを~ (2, 0.1%)

1 一鏈繋し, 俟って

▼ 植~ (2, 0.1%)

1 与えた, 力を

▼ 植へて~ (2, 0.1%)

1 あるかと, あるん

▼ 植~ (2, 0.1%)

1 せぬ, われに

▼ 植~ (2, 0.1%)

1 ばよく, ば米

▼ 植わたし~ (2, 0.1%)

2 たれば

▼ 植ゑし~ (2, 0.1%)

1 小庭, 黒き綿羊

▼ 植ゑし水~ (2, 0.1%)

2 の田

▼ 植ゑし白菊~ (2, 0.1%)

2

▼ 植ゑたそれ~ (2, 0.1%)

2 が校門

▼ 植ゑたと云つて~ (2, 0.1%)

2 ゐるが

▼ 植ゑたの~ (2, 0.1%)

2 である

▼ 植ゑたのが~ (2, 0.1%)

1 あの時, この柳原

▼ 植ゑたやうに~ (2, 0.1%)

1 咲くの, 物凄い刄先

▼ 植ゑた小松~ (2, 0.1%)

1 の枝振り, はもう

▼ 植ゑた校門~ (2, 0.1%)

1 の辺, の邊

▼ 植ゑた田~ (2, 0.1%)

1 だ, をま

▼ 植ゑた畑~ (2, 0.1%)

1 の畝間, を一

▼ 植ゑた薔薇~ (2, 0.1%)

1 なれば, の花

▼ 植ゑてある木~ (2, 0.1%)

1 に當, は平常

▼ 植ゑてうつりよろしき秦皮~ (2, 0.1%)

2 の若葉

▼ 植ゑて元~ (2, 0.1%)

1 の森, の通り

▼ 植ゑて樂~ (2, 0.1%)

1 しむ, とせり

▼ 植ゑて眺めむ福寿草~ (2, 0.1%)

2 のはな

▼ 植ゑて肥~ (2, 0.1%)

2 やる茄子

▼ 植ゑて霜~ (2, 0.1%)

2 に傲

▼ 植ゑば秋~ (2, 0.1%)

2 なき時

▼ 植ゑました~ (2, 0.1%)

1 と朝, 朝顏を

▼ 植ゑられたる福~ (2, 0.1%)

1 は時々刻々, は甚だ

▼ 植ゑられた一丈位~ (2, 0.1%)

2 の柘榴

▼ 植ゑられて~ (2, 0.1%)

1 その下, その幾千萬株

▼ 植ゑる事~ (2, 0.1%)

1 でも植林, を忘れなかつた

▼ 植ゑる場所~ (2, 0.1%)

1 もありません, や何

▼ 植ゑる時~ (2, 0.1%)

2 にもう一度

▼ 植ゑる豆~ (2, 0.1%)

2 を自分

▼ 植ゑ七株八株~ (2, 0.1%)

2 また更に

▼ 植ゑ二株植ゑ移し植ゑ七株八株~ (2, 0.1%)

2 また更に

▼ 植ゑ付け~ (2, 0.1%)

1 たりと聞く, たる外

▼ 植ゑ後~ (2, 0.1%)

1 の円い, の碑

▼ 植ゑ水~ (2, 0.1%)

1 やりて, を灑ぎ草

▼ 植ゑ移し植ゑ七株八株~ (2, 0.1%)

2 また更に

▼ 植ゑ竝めし葱~ (2, 0.1%)

2 の秀

▼ 植ゑ西洋草花~ (2, 0.1%)

2 を培養

▼ 植付ける~ (2, 0.1%)

1 ことの, ものは

▼ 植~ (2, 0.1%)

1 でございます, の女房

▼ 植学者タル~ (2, 0.1%)

2 ヲ得

▼ 植崔益鉉柳麟湯~ (2, 0.1%)

2 の輩

▼ 植弟君~ (2, 0.1%)

1 が口, にある

▼ 植~ (2, 0.1%)

1 では東南西, などでも見られる

▼ 植替えた~ (2, 0.1%)

1 のかね, ような

▼ 植村土佐守~ (2, 0.1%)

1 がお, 遠乘

▼ 植~ (2, 0.1%)

1 でございます, という植木屋

▼ 植~ (2, 0.1%)

1 から灰会所の, があっ

▼ 植~ (2, 0.1%)

1 と我, はもし

▼ 植緑園~ (2, 0.1%)

1 に催された, の詩会

▼ 植~ (2, 0.1%)

1 の寮, の本家

▼ 植込まれた~ (2, 0.1%)

1 ところ, 楓が

▼ 植込越し~ (2, 0.1%)

1 に見る, に隣

▼ 植鉱物~ (2, 0.1%)

2 に限らず

▼1* [454件]

うべく余りに勿体なく, 植うるいとなみありて秋, 植うるつるぎに, 植うるなるおくつきも, 植うるも愛らしい, 植ぇでも成長らなぃ処, 植えっちまア, 植えと大変, 植かへを愉しん, 植からつけて, 植し得た南嶽の, 植すれば剣, 植せずにこれ, 植そめし神にて, 植や, 植ってる何の, 植つけた病根に, 植つけられてあった, 植つけると大徳寺境内, 植つけ時にこれ, 植つけ等を分, 植つた家の中, 植つるに至, 植てかひの, 植てもかくれなきもの中村, 植てられる頃より, 植ぼつぼつ咲い, 植でも楢の, 植鑛とを, 植と, 植はらない到底七千六百町, 植へた九千六百圓で拂, 植ゆ年經る大樹鬱蒼, 植よといふ, 植られてある, 植られた桃の, 植られるとすれ, 植ゑおき靴の尖もて, 植ゑおけるが夕毎に三四人づゝおりたちて砂, 植ゑかたも育ち工合, 植ゑかへて枯らすの, 植ゑかへるとあの素晴らしい匂, 植ゑかへるときにも山に木, 植ゑけむ人のた, 植ゑこれが三度目の, 植ゑこんだのではないその土地根生, 植ゑこんでまん中に水道, 植ゑさせてみたのですがどうで, 植ゑさせなかつた程だ, 植ゑさせるやら白孔雀を何羽, 植ゑさせる事にした, 植ゑざるに勝ること, 植ゑざる可からず, 植ゑざる花王樹は何, 植ゑしが如き鬚, 植ゑしくれなゐの花を今年, 植ゑしその心誰に見せ, 植ゑしよそゞめのいやいつくしき丹の頬, 植ゑしよりいく年経たる山吹, 植ゑし世の七百里, 植ゑし大輪の白薔薇, 植ゑし小松も苔生, 植ゑし屋前の石竹咲き, 植ゑし庭の葉鷄頭, 植ゑし桐のおち, 植ゑし植ゑば秋なき時, 植ゑし楊彼れ, 植ゑし竹の子のおの, 植ゑし花の日々, 植ゑし藤浪いま咲きにけり, 植ゑし頂は, 植ゑず三萬五千町以上の地面, 植ゑそめたものは一頻り私, 植ゑそめて山田の畔, 植ゑたいくらゐに思ふ, 植ゑたいといふのが皆の心, 植ゑたいろいろの木や草, 植ゑたくらゐでは大鹽, 植ゑたことである, 植ゑたしの心配りや気配り, 植ゑたてたのよ去年はそん, 植ゑたといふものは少ないので, 植ゑたところが萎びて, 植ゑたと言はれる, 植ゑたのかひとりでに生えた, 植ゑたのが今は鬱蒼, 植ゑたのだから其を完全, 植ゑたのであつたらうとも思つた, 植ゑたのでは雌蕋のある, 植ゑたのなどが其れだ, 植ゑたのは斎藤氏の家, 植ゑたのも一昨年二三本植ゑたのも一齊に今年, 植ゑたのも一齊に今年, 植ゑたのを贈つて, 植ゑたものでなく國の肇め, 植ゑたものばかりの庭をながめ, 植ゑたものもあるやうで現在は三百二十八本, 植ゑたやうな桑畑の乾燥, 植ゑたら廃んだ庭, 植ゑたらいいだらうと母が言つて, 植ゑたらそだつにしたがひ様子がかはつ, 植ゑたらどうかと思ふの, 植ゑたりき其処の灰, 植ゑたりと稱する一株, 植ゑたりやとも見ゆる口髭, 植ゑたり水田を試作, 植ゑたり田竝びの友, 植ゑたり麦を刈, 植ゑたるありけふ, 植ゑたるがその花, 植ゑたるに就き二説, 植ゑたるには田平子の札, 植ゑたるは面白き思付き也, 植ゑたるは狗尾續貂の觀, 植ゑたる以上必ず其の, 植ゑたる庭の垣際, 植ゑたる柿の木のうまし, 植ゑたる狹き庭, 植ゑたる百合数株惜気もなく, 植ゑたる頂に, 植ゑたイヤハヤ忙しい事, 植ゑたキャベヂが萎れ, 植ゑたゴムの樹, 植ゑたトマトへ支, 植ゑた一パイの五寸釘, 植ゑた中山越を上下, 植ゑた丹波栗が見事, 植ゑた人の惠, 植ゑた佳人です, 植ゑた傾斜を上つて, 植ゑた儘で土, 植ゑた口を開い, 植ゑた大和民族の言葉, 植ゑた孟宗竹を見, 植ゑた忍び返しは天, 植ゑた所もある, 植ゑた拙宅の庭木, 植ゑた改良の大葉, 植ゑた斜面から玉川沿, 植ゑた日また逢う, 植ゑた時其一株を踏まれ, 植ゑた木は元気, 植ゑた木犀はまだ, 植ゑた木犀山茶花もつこく等, 植ゑた杉苗がもう, 植ゑた桐の木, 植ゑた業平竹が今年, 植ゑた櫻の枯木, 植ゑた欅は小, 植ゑた煉瓦塀の外, 植ゑた畠猶近づく, 植ゑた百日紅を見, 植ゑた短刀を拔, 植ゑた秋田蕗である自然生, 植ゑた稻が全く, 植ゑた結果なの, 植ゑた罌粟の花, 植ゑた謂ゆる, 植ゑた賢明な施設, 植ゑた農家の垣根, 植ゑた遊歩地のよう, 植ゑた邸宅の如き, 植ゑた青田があつ, 植ゑた黄色や赤, 植ゑちらしてゐたものであつたなどと云ふこと, 植ゑつけたいと念じた, 植ゑつけたことがある, 植ゑつけたのである, 植ゑつけた事は大変, 植ゑつけた偉大な功績, 植ゑつけた古来の文明観, 植ゑつけた神で人間神, 植ゑつけた記録による外, 植ゑつめられし蝦夷菊, 植ゑつらねし土墻, 植ゑてあげて御恩, 植ゑてあつた若い並木, 植ゑてあつたり遠くには高い, 植ゑてあつて小さな二つ, 植ゑてあつてその中に木札, 植ゑてあつて春になる, 植ゑてあり熱い夏, 植ゑてありその間には紫陽花, 植ゑてあり門前の道, 植ゑてある大きな顎, 植ゑてあるといふよりも樹木の中, 植ゑてあるのが見えた, 植ゑてあるのも単に面白い, 植ゑてあるものは慥に七草, 植ゑてあるやうなそんなひどく, 植ゑてあるサツキ見た梢, 植ゑてあるヒヨロヒヨロの桃, 植ゑてある日向の家, 植ゑてある畠の間, 植ゑてある石竹の花, 植ゑてある葵が紅, 植ゑてある處迄來ると, 植ゑてある鈴を下げた, 植ゑてお置きなさい, 植ゑておいたところがいつの間にかあの, 植ゑておいた木を見, 植ゑておいた鳳仙花の種, 植ゑておく今日から松, 植ゑておく義務はあらう, 植ゑてからまだ幾年もた, 植ゑてからよく見て, 植ゑてきた苗を渡つ, 植ゑてくれた片ぱし, 植ゑてくれたこれで茄子, 植ゑてくれた黎坊に報告, 植ゑてくれてるのであるありがたし, 植ゑてこそ見れ, 植ゑてそれが段々に殖ゑてこんなに茂つたの, 植ゑてだに見ん女郎花, 植ゑてなあな清けおもしろ雪, 植ゑてながめむ庭の七ところ, 植ゑてみたがこれは開墾地, 植ゑてもそのまゝでは實はなりません, 植ゑてもよく育ちません, 植ゑてやつた之も町娘, 植ゑてゐた金龍の若芽三葉, 植ゑてゐませんからその半分, 植ゑてゐるが並木としてのアカシヤ, 植ゑてゐる少年の手つき, 植ゑてゐる田植は農家, 植ゑてゐる老人の影, 植ゑてゐる苗の成長, 植ゑて上にみんな蕈, 植ゑて二三匁の收, 植ゑて何を聞く聞く, 植ゑて其を家桜, 植ゑて剥寺を變, 植ゑて十五ヶ月位たつと, 植ゑて各種の養分, 植ゑて夜冷えする庭, 植ゑて奧深く住, 植ゑて幽かなる花咲きたる, 植ゑて床の間に置いた, 植ゑて庭を造り楽しむ, 植ゑて庭暖き冬, 植ゑて後の林, 植ゑて心を至, 植ゑて感あり, 植ゑて收穫を, 植ゑて日曜は来る, 植ゑて林を造るべき, 植ゑて枳に変ずる, 植ゑて柵にした, 植ゑて森林の感じ, 植ゑて直に立ち, 植ゑて福惠を來者, 植ゑて竹四五本の嵐, 植ゑて萩寺と稱, 植ゑて行つてゐる百姓達, 植ゑて鈴菜とある, 植ゑて間もない, 植ゑとくさを石, 植ゑとくのもうちきりだが葉櫻時分になる, 植ゑとく家はいくら, 植ゑないで開けひろげて, 植ゑない方がい, 植ゑなくともいゝ筈である, 植ゑなどしてお庭, 植ゑなべていまだ苗なる山茶花, 植ゑなめて目にもみどり, 植ゑにけりさうし, 植ゑぬ宗佐かな, 植ゑのこした百合と薔薇, 植ゑはなしになりたるが数多ければ, 植ゑはなしになりたるが數多ければ, 植ゑますな, 植ゑも植ゑたり, 植ゑやれ雛罌粟を, 植ゑようかと存じます, 植ゑようといふ都合の良い, 植ゑようとするよりも貧血した手脚, 植ゑようとは思はない, 植ゑよひと本のしだれ柳, 植ゑよ唐黍の毛, 植ゑらるべき時機であると, 植ゑらるれば復自ら移動する能, 植ゑられ小さい株, 植ゑられし由見えたり, 植ゑられたと云ふ史實, 植ゑられたものと私は観じ, 植ゑられた木槿の木, 植ゑられた植木殊に自分, 植ゑられた櫻の木, 植ゑられた田から漸次, 植ゑられた色々な種類, 植ゑられた茶園の間道, 植ゑられた蝋人形や人間, 植ゑられた要求を以つて, 植ゑられた許りの, 植ゑられてさやさや風にゆらぎ, 植ゑられてもう芽ぐんで, 植ゑられてゐたたうもろこしは大へん立派, 植ゑられてゐて年々歳晩にはたわわ, 植ゑられてゐるがあとは葛の葉, 植ゑられてゐるものとは考へて, 植ゑられてゐる光景は日本, 植ゑられて樹なほ小に十四町, 植ゑられて石の上, 植ゑられることが近年めつきりえて, 植ゑられることには驚かないが, 植ゑられる水田蛙なく, 植ゑられる花ぢやない, 植ゑられヨワン榎とよばれ, 植ゑられ屋敷と屋敷, 植ゑられ木製のきれい, 植ゑられ玉蜀黍落花生甘藷などがつくられ, 植ゑられ米は産せず, 植ゑられ菜の花猶咲殘, 植ゑるからと女形も頻, 植ゑることなるほど言葉, 植ゑることが出来て, 植ゑることが必要です, 植ゑることを嘲笑ったもの, 植ゑるそこへ哀しい, 植ゑるために鍬とシャベル, 植ゑるつて話を聞いた, 植ゑるとき根を束ねる, 植ゑると云ふ事, 植ゑると云つてゐられたけれど, 植ゑると土から上, 植ゑると枯松までが急, 植ゑるには植ゑて見たが, 植ゑるやうに何時か長男, 植ゑるやうに土を耕し, 植ゑるよりも斑に七八本づつ, 植ゑるより胡瓜の虫, 植ゑるより蜂が蝶々, 植ゑる事其毎年の收, 植ゑる五月処女を選定, 植ゑる五本生えたが, 植ゑる仕事は樂, 植ゑる句も二つ拾つた, 植ゑる土には濃厚, 植ゑる孫も泥, 植ゑる形をし, 植ゑる木は特別, 植ゑる樹木等の萬事, 植ゑる爲めに患者, 植ゑる穴を掘りはじめました, 植ゑる者がある, 植ゑる花でもない, 植ゑればやがて葉が出, 植ゑれば樂みにも, 植ゑろと云ふに, 植ゑベンチを設け, 植ゑ一軒の家, 植ゑ了ふまでの, 植ゑ付けんとの大胆, 植ゑ付け時代に迷, 植ゑ君待つ家, 植ゑ唐辛苗を植ゑ, 植ゑ孫娘の嫁入道具, 植ゑ守殿十二間につくり, 植ゑ島より陸地, 植ゑ悠々として余生, 植ゑ我れの, 植ゑ方を説い, 植ゑ月見草を植ゑた, 植ゑ木槲を植ゑ躑躅, 植ゑ木草花が何処, 植ゑ梅を詠ず, 植ゑ歌を詠んだ, 植ゑ殘されて, 植ゑ独活を分け, 植ゑ畢つた時には畦畔, 植ゑ秋にいた, 植ゑ種生薑を植ゑ, 植ゑ終へて繩, 植ゑ給ひお, 植ゑ蓼を海棠, 植ゑ躑躅を植ゑなどして, 植をもことごとく捕縛, 植と欲せ, 植エテ向フ仙壇, 植エテ梵家ニ到ル, 植スベシ道家之レ, 植化石アルヲ, 植故ニ人, 植ユベシ若シ天, 植ル法毎ニ糯米飯, 植界を, 植の生地, 植交えた生垣が, 植付時から九月, 植付期とか収穫期, 植付苅入れをし, 植付頃に一度, 植信乃桜十本とある, 植列ねたる下道の, 植厚朴参川口善光寺途看于花戸, 植向仙壇上早晩移植到梵家, 植は総体, 植を為さん, 植がひとりまろ, 植女舟で来る, 植始めのこと, 植学トハ植物世界ヲ講究スルノ学ナリ, 植学ニ在テモ資, 植学ニ関係スル学科ハ皆学ブヲ要, 植学ハ之ヲ五等ニ別ツ一ヲストリクチュラル, 植学名の末, 植学名マグノリア和名ほほの, 植学者窮理之一端也弁物者植学之門墻也, 植の印絆纒, 植とが使, 植幸大事なこと, 植廻した小家との, 植惣なんど黎明より客足, 植の牡丹見物, 植方其他蠶種に至, 植昆虫学者おとなしい男, 植だから, 植もされた, 植替えて枯らし, 植替えようかと言う, 植替えるなんてとても, 植村土佐守家來吉住求馬と申す, 植村土佐守家來柴田文内と吉住求馬, 植杭機を案出, 植東叡王府所賜之梅, 植されて, 植栽地を開始, 植桜之碑には堤上桜樹, 植梨数十株今有梨坂, 植棄てた長方形の, 植をお, 植漸く衰萎する, 植移したのでその, 植して, 植の蔭, 植終ると子供たち, 植絵巻などという奈良京都, 植継ぎて画期的, 植義澄の代, 植徳本の, 植に加勢, 植辰文七友吉六助夫妻, 植込おしろいの花, 植込一段高くな, 植込同様春夏秋冬緑葉青々たる一, 植込花壇ができ, 植通公一人頑として拒否, 植通玖山公といわれた, 植でございます, 植鑛物を始め, 植附ける時にも, 植駢べたやうな粗, 植駢べた艸花立樹なぞが詫, 植騒ぎが起る