青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「書物~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

書かれ~ ~書かれた 書かれた~ ~書き 書き~ ~書く 書く~ ~書斎 書斎~ ~書物
書物~
書生~ 書籍~ 書類~ 曹操~ 曾~ ~最も 最も~ ~最中 最中~ ~最初

「書物~」 5034, 52ppm, 2227位

▼ 書物~ (1595, 31.7%)

92 読んで 34 手に 23 開いて 19 持って 16 読んだり 12 見て, 読むの 11 読むこと 10 して, 読んだ 9 持つて, 読んでも, 買って 8 読みながら, 読むよう, 買ふ 7 借りて, 出版する, 抱えて, 書いて, 見ると 6 出して, 読む, 読めば 5 ひらいて, 伏せて, 出した, 取り上げた, 取り出して, 姫の, 見ても, 読むと, 讀んで, 送って

4 [14件] もって, 二冊も, 伏せた, 取って, 取り上げて, 披い, 措いて, 書いた, 置いて, 膝の, 著わ, 読もうと, 諸賢に, 貸して

3 [20件] みると, 伏せると, 入れて, 山の, 愛して, 投げ出して, 書く事, 机の, 残して, 見ますと, 読むに, 読む力, 読めと, 調べて, 買うこと, 買込んで, 閉じて, 閉ぢて, 開いたり, 開けて

2 [92件] かかえて, くれました, さがしに, そこに, ぱたりと, ひッ, もつて, 一冊も, 一冊持っ, 信ずること, 借りに, 倫理の, 出すこと, 出版したい, 前に, 包んで, 印刷し, 取りに, 取り上げたの, 取り出した, 取り出しては, 取上げて, 受け取って, 受け取ると, 売って, 展げて, 床の, 廃めて, 得ること, 御覧に, 恭しく卓上, 投り出し, 拡げて, 拡げながら, 探した, 日向に, 書いたり, 枕元に, 機械的に, 理解できない, 用意する, 盗み出した, 研究し, 研究する, 示して, 編みあげねば, 繙いて, 耽読した, 脇へ, 膝に, 自分の, 著して, 著わし, 見た, 見たり, 見ながら, 見ること, 見るとも, 見るの, 見れば, 訳して, 詰めた無, 読ませたり, 読まなければ, 読まねば, 読みその, 読みつづけて, 読みます, 読みまた, 読み或は, 読むでも, 読むという, 読むにも, 読むよりも, 読んだこと, 読んだ方, 読んだ時, 読んでは, 調べたり, 諸賢の, 譯した, 讀むの, 讀んだ, 買いに, 買うの, 買うのに, 買う事, 買った, 運んで, 閉じた, 閉じながら, 開いた

1 [902件 抜粋] あけて, あてがい手先, あまり読ん, あまり読んだ, あれか, いじくってるきり, いちいち見, いっそう賛美, いつしん, いらいらした, おしいただくが, お持ちでしたら, かかえると, かきました, かねて, ぎゅうぎゅう詰め込む, こしらえて, こそこそ弄りだした, こっそりと, こぺんは, こんな所, ご存じでしょう, さがしたが, さがしました, ささえた私, さし置く, さながら土用干, しまい込んだ, しまひ, すこしやられた, すっかり焼き棄て, すみからすみ, する書斎, そのま, その上, それからそれ, そんなに沢山どうするだろう, たくさんに, たくさん読んだ, たくわえは, たたんで, たんと読み過さなかつた, ちがった時, つみ重ねた上, つめた行李, とりだして, とりに, とり上げた, とり寄せ体操, とり片づけた, どうしても見せなかった, どし, どんなにか, なるべく早く, ねじ込みながら, のぞいて, はじめ手荷物の, ひそかに, ひつ掴ん, ひとかかえ, ひもどいて, ひらきつぎ, ひらくや, ひろげて, ひろげました, ひろげ小さな, ふせるよう, ほかへ, ぽつりぽつりと, また一方, みせて, みても, むさぼり読んで, めくつて, めくるひそやかな, もう一度読みなおす, もっとよく調べ, もてあそんで, もとの, ゆっくり落ち付い, ゆッくり読む, よく読ん, よく讀ん, よみ書きぬきを, よむの, よむ人, よんだり, れいれいと殊更人, クリストフのと, ドタリと, ネフェルカプターの, ベンチの, 一々批評, 一つ一つ取り上げ, 一つ拵えた, 一二册借り, 一冊づつ取り出し, 一冊上げます, 一冊出し, 一冊取り出し, 一冊売った, 一冊小わきに, 一冊机の, 一冊買う, 一冊送, 一応ながめた, 一緒に, 一読すれ, 七八册ね, 下へ, 世に発表, 両脇, 並べて, 並べ直したり, 並べ立て用, 丹念に, 二つ三つ読んだ, 二三冊貸そう, 二三頁読み返し, 二冊私の, 二十八部印行した, 二度読ん, 五万二千冊それも, 人に, 他の, 伏せたり, 伏せた膝, 伯爵夫人に, 何に, 何千回も, 何気なく読ん, 何等か, 作ったもの, 作っても, 作ること, 使つてゐるせゐ, 係の, 借さ, 借りたり, 借り出して, 借るため, 偶然棚の, 元気よく, 全く膝, 公刊し, 共に見おろし, 兵卒の, 几に, 出させ太郎右衛門, 出しては, 出しまして, 出しまた, 出そうという, 出版し, 初めから, 初めて読んだ, 利用する, 勃凸が, 十冊も, 去年巴里で, 参考し, 友として, 取りあげて, 取りだして, 取り上げれや, 取り上げ手, 取り入れた事, 取り戻しに, 取上げられて, 取出し一頁, 取戻す為, 取扱ったもの, 受取った時, 受取りながら, 叩きつけて, 各個に, 同じ調子, 君は, 味う, 土間に, 声読する, 声高に, 声高らかに, 売り払ったり, 売払, 外套の, 多く読ん, 夢を, 大切に, 大正十四年の, 女に, 好むであろう, 好む者, 始める時, 学ばせるため, 害するヤツ, 寄贈された, 対手に, 尊重する, 少いけれど, 少しも, 届けて, 展いた, 山積し, 己れ, 幾册も, 広く読んだ, 広めるため, 座蒲團で, 引っくら, 引つたくるやう, 引出して, 引照し, 引裂いた, 当てが, 彼は, 待たせて, 得られぬの, 御叮嚀, 御返却旁, 忠實に, 恭, 悉く学ぶ, 悉く棄て, 悲愴な, 愛する人々, 愛書家は, 懐中し, 或いは過去, 手あたり次第に, 手任せ, 手当り次第に, 手当次第に, 手放したこと, 手渡した, 手許に, 投げすて, 投げつけ合, 投げ出したの, 投げ出し寝台, 抛り出して, 抛擲し, 披く, 披くだけ, 抱え出して, 抱え私有財産, 抱へ, 抵当に, 押収し, 拝借しまし, 拾って, 持たなくても, 持ちその, 持ち出したの, 持ったままぼんやり, 持出した, 指すの, 指定し, 指定しない, 挙げると, 捗つて, 捜せば, 探さずとも, 探しに, 探し廻ろうとは, 提供する, 携えずに, 携へて, 携帯するであらう, 擲却し, 教えたが, 数えて, 数回間を, 數へ, 断念しよう, 日本の, 時折この, 書いたが, 書いた時, 書かないでは, 書きまとめた, 書き有名, 書き終った, 書くのみ, 書く人, 書く間, 書架から, 机に, 枕に, 枕の, 校刊し, 校正する, 検べ, 検閲した, 楽しんで, 次から, 殊に洋書, 毎日新聞を, 比較的多く, 気を, 汚損した, 沢山持っ, 注文したら, 渉猟し, 渡し合った, 漁り始めた, 澄まして, 無条件に, 無闇に, 焼いて, 焼くもの, 熱心に, 片づけて, 片付けて, 片付けながら, 猟って, 用いた, 用達てた, 甲州の, 男の, 発見する, 白雲は, 盗んで, 眞ン中から, 眺めたり, 眺めやって, 睨んで, 知り傍ら, 石の, 確か十二度も, 示す, 私は, 積んで, 笹村に, 筆太に, 箔美し, 系統的に, 紹介した, 編むに, 縁側へ, 縦横に, 繙き始めた, 繰りひろげて, 繰り擴げ, 置き易, 置き苦し, 習ぶという, 翻訳する, 耽読し, 胸に, 能く, 腕に, 自分に, 落した, 著し一六三二年, 著し顕微鏡, 著す者, 著わして, 虐殺の, 蠹害する, 裏返して, 西洋間へ, 見かつ, 見せたとて, 見せましたらことに, 見せられた, 見たこと, 見たとて, 見たま, 見た人, 見つけその, 見つけて, 見つけ出しては, 見てを, 見るか, 見るも, 見る人, 見廻すと, 覗いて, 覗こうと, 親元が, 解釈し, 詰めた小さな, 詰め込んだ, 読まして, 読ませて, 読ませまいと, 読まないから, 読まない人達, 読まなかった彼女, 読まなくても, 読まぬ事, 読みああ, 読みかけては, 読みたい, 読みたい気持, 読みたが, 読みたがる, 読みつ, 読みはじめた, 読みはじめる, 読みほとんど, 読み上げる事, 読み出すと, 読み始めて, 読み彼ら, 読み文, 読み種々, 読み終わるごと, 読み耽った, 読み耽るぐらいの, 読み覚える頃, 読み進んで, 読むか, 読むくらいの, 読むだけ, 読むだけが, 読むだけの, 読むとき何, 読むならむしろ, 読むのに, 読むばかり, 読むべきかと, 読む奴, 読む慣習, 読む時, 読む習慣, 読む者, 読む階級, 読もうとしても, 読んだが, 読んだの, 読んだもの, 読んだらウエバー, 読んだ人, 読んだ際, 読んでるとき, 読んでるなんて, 読んでる内, 読破する, 調べながら, 調べるという, 調べるより, 請求した, 讀み出して, 讀み種々, 讀むこと, 讀むにも, 讀む前, 讀んだり, 貪り読んだ, 貰は, 貰わぬでも, 買いたいからなどと, 買い求めたり, 買い込むの, 買う, 買うため, 買うだけの, 買うに, 買ったり, 買った時, 買つた時の, 買つて読だ, 買ひ, 買ひ込ん, 買ふこ, 買わなければ, 買込み高々, 賣れるを, 載せた, 載せる見台, 返した, 返しに, 返すとき, 送つて, 遣らして, 選ばしめる, 選ぶがい, 選んだとき, 部屋の, 金に, 閉じると, 閉じ帙, 閉じ机, 開いたま, 開いた恰好, 開きながら, 開けた, 開けては, 開らき, 随分読んだ, 集めた, 集めること, 離れて, 頂くたび, 預けた本屋, 預る度, 頻りにこのごろ, 食べる虫

▼ 書物~ (884, 17.6%)

47 中に 30 上に 25 中で 15 頁を 13 なかに 12 中の, 間に 10 上の 9 上で, 中から, 中には 7 なかで, 包を 6 なかから, 名を 5 うちに, 中にも, 中へ, 内容は, 頁の 4 ような, ように, ページを, 上から, 上では, 上を, 表紙を

3 [12件] ペエジを, ページに, ページの, 上へ, 中では, 二十八ページ, 数は, 方に, 海, 背の, 話が, 題を

2 [52件] ある事, うちから, おかげで, ことは, ことを, どの頁, 一読を, 上には, 中を, 価値は, 借覧という, 値段が, 側には, 内に, 内容の, 内容を, 出版は, 匂ひ, 包と, 包をば, 原稿に, 口絵に, 名は, 名前を, 売店を, 小口に, 山を, 形は, 影響を, 挿絵を, 数を, 数頁を, 整理も, 方は, 明細な, 目録を, 知識が, 紙を, 背には, 背を, 背皮を, 著者が, 著者及び, 表紙に, 装幀などには, 装幀や, 裏表紙などに, 言葉は, 記載を, 配置も, 間から, 間には

1 [474件] あいだから, あつた, あの邊, ありがた味が, あるところ, あるの, ある処, ある物, いっぱいつまった, うしろに, うず高く, うちこれほど, うちで, うちにて, うちには, うちにも, うちの, うちまだ, えも, お話を, きらいな, ぎつしりつめてある本箱とが, くちゃくちゃに, ことであろう, ことです, こととか, ことなどを, こと承知しました, この手回り品, さし絵それも, さし絵として, さし絵を, そうした観念, そのままの, その最後, ために, つぎはぎ, ところへ, とびら, とりちらかされたテーブル, どこかに, ない時期, なかった, なかでは, なかの, なかも, はじめの, ふろしき包みと, ほうに, ほうは, ほかに, ほかの, まずい想像力, まだ見ぬ, まわりに, やうに, ようだ, ようです, ステイルが, セリュローズを, ノート代りといふ, パンチヤタントラを, ペエジが, ページが, ページと, リストも, 一つであった, 一つであったらしい, 一つとして, 一ペエジごとに, 一ページを, 一冊の, 一冊は, 一冊を, 一冊一冊を, 一章が, 一章に, 一節において, 一節を, 一行一行を, 一部を, 一頁を, 丁づけ, 丁を, 三分の一も, 三道楽に, 上, 上だけで, 上だけの, 上でこそ, 上にて, 下から, 下に, 不思議な, 世界に, 世界の, 並べ方蒲団の, 中でしか, 中においても, 主題と, 事で, 事なら, 事に, 事ばかり, 事より, 事を, 事男といふ, 他に, 他の, 代として, 代りに, 代わりに, 代を, 代価だけでも, 仮荷造り, 体裁としては, 何であった, 作者, 作者が, 例では, 価値とは, 価値について, 借主側において, 値段は, 値段札が, 倫理は, 入って, 入手し, 入手も, 全部が, 内その, 内容から, 内容が, 内容で, 内容とは, 内容な, 内容に, 内容も, 写本が, 出来栄えで, 出版が, 出版である, 出版の, 出版を, 出版当時に, 出版所に, 出版費を, 分量を, 分類も, 分類を, 初めの, 前に, 前の, 包みだ, 包みを, 印刷と, 厚味ばかりを, 原形を, 原文の, 取り調べを, 取纒め, 古い樟腦, 古話, 名が, 名とさえ, 名などを, 名に, 名も, 名前か, 名前自身が, 向うに, 品位が, 問題について, 土手が, 型には, 型に従って, 埃が, 堆高く積まれた, 場合である, 墓守と, 売高で, 外で, 外に, 外には, 外は, 外形が, 多くの, 多くは, 大きい価値, 大きさ, 如きは, 如く, 如な, 始めに, 始末だ, 字を, 存在した, 存在を, 学問だけ, 室目まぐるしい, 害虫と, 寸法を, 小包が, 山が, 山に, 山の, 山積と, 巣を, 差入れは, 巻頭で, 帳面づけ, 広告文, 序と, 序の, 庫に, 廉い, 形で, 形に, 形を, 影が, 影を, 影響の, 影響は, 後に, 後半に, 思想内容は, 思想趣味文体すべてアンリ・ベイルの, 性格も, 性質を, 性質上故意の, 性質上當然とは, 意味は, 意義が, 意義を, 感化を, 憐れな, 或る, 戦争, 所へ, 所有に, 手ざはりや匂ひ, 手伝いを, 手入れを, 手入を, 抜萃が, 持ち主は, 持つ生命, 挿し絵に, 挿画として, 挿画を, 挿絵に, 插絵に, 教え通りに, 数々と共に, 数に, 数も, 整理が, 整理な, 整理やら, 整理を, 文化政策, 文字に, 文字の, 文字や, 文字を, 方へ, 春の, 時代や, 書き方が, 書始めらしく, 最後の, 最終の, 本質の, 板木を, 校合, 校合などは, 校合を, 格言気取りを, 梗概さえ, 梗概などを, 棚が, 検討を, 標題が, 標題などには, 標題は, 標題や, 権威, 欄外に, 歴史, 歴史とか, 歴史を, 氾濫につれて, 汚れみたいに, 汚損を, 沢山ある, 注解であり, 注釈書が, 洪水の, 浄写を, 消息文の, 消毒に, 渉猟も, 漢字假名が, 澤山ある, 火刑という, 灰を, 無限の, 熱心なる, 版権を, 特性を, 狂気の, 珍しかった, 甚だ僅少, 用紙として, 由つて來る, 発行書店の, 百冊や, 目ぼしい, 真中と, 知恵の, 知識から, 知識も, 知識を, 研究とか, 神聖な, 私的擅有, 種々なる, 種類に, 種類に従って, 種類は, 積み上げて, 積上げて, 空きケースの, 競売が, 競売の, 第一卷目, 第一義的存在理由で, 第一頁, 第十五章, 筈である, 箱を, 精神力もしくはなお, 紙葉を, 紙魚と共に, 紹介では, 紹介も, 続きを, 編輯には, 編述せられた, 縁を, 總解題といふ, 置いて, 置き場所が, 置き換えなどを, 置き方, 置場に, 置場三畳が, 習慣が, 翻訳から, 翻訳を, 耳学問で, 聚散し, 背文字に, 自由に, 舶載せられ, 良いか, 良否といふ, 良否についての, 良否に対する, 良否の, 良否を, 荷が, 荷造を, 荷重に, 著わ, 著作年代を, 著者である, 著者では, 著者に, 著者は, 著者達が, 著者達は, 蒐集を, 蔭で, 蔭に, 虫に, 虫を, 蠧と, 蠧に, 蠧魚に, 行間に, 表紙などには, 表紙やら, 表題, 表題に, 表題も, 装幀が, 装幀として, 装釘が, 裝幀, 西施舌, 解説といふ, 解釋の, 言葉が, 言葉の, 計画は, 訓み, 記事によって, 記事を, 記載も, 記述を, 評論の, 評論を, 話と, 話を, 誤が, 誤で自分, 誤と, 説明に, 読めないには, 読めぬの, 読書力は, 読者にも, 課題だけでも, 論ずる範囲, 講義ばかり, 講義を, 講釈から, 豊富に, 貯蔵や, 貴さ, 買えるところ, 買入れを, 貸借などは, 貸借なども, 貸借に関する, 貸借は, 貸借関係, 貸借関係という, 購買に, 足りない分, 跋と, 載って, 載つて, 退蔵の, 選び方は, 選択から, 郵送を, 重さ, 重みで, 間で, 間へ, 隙間に, 難解な, 面白さ, 面見る, 音を, 頁から, 頁が, 頁数である, 領分を, 領布を, 題すなわち, 題と, 題としては, 題号である, 題名は, 題字を, 題簽までを, 類は, 類も, 飜訳だった, 飜譯などを, 飜譯や

▼ 書物~ (424, 8.4%)

33 書いて 18 出て 12 眼を 11 よると 7 なって 5 して, 親しんで 4 ある, 書かれて 3 かいて, すること, よれば, 就いて, 於て, 纏めて, 見入って, 記されて

2 [24件] あること, なると, まとめて, まとめる時, むかって, 似て, 卜筮に関し, 向って, 對し, 就て, 於ける装幀, 次の, 残る古代史, 気を, 相違ない, 興味を, 落して, 見えて, 見え出して, 親しんでも, 記載し, 読み耽つて, 載せて, 載せられて

1 [253件] あった森, あっては, あっても, あつた, あつて, あまりに依頼, あるいは潜ん, あるから, あるの, あるほどの, あるよう, あるん, ある一面, ある八田, ある天香百合, いい批評, かういふ譬, かじりついた, かなり詳しく, からまる心労, こういう言, この八重咲品, これを, ございましたが, さへ, したいと, しても, しるして, し本郷, すっかり書い, すべてこういう, するつもり, するの, する時, する際, それが, それに, たくさん出, たちまち愛想, ついには, つかつて, つきて, つくられたの, でてを, どうしたらめぐり会える, なったという, なつて, なにものも, なり得るよう, なり雑誌, なるだけの, なるやう, なるゆえ, なるよう, なるん, はいらなかった, はさんだ, ぶつかって, へばりついてる毒つて, また次, まとまりし最初, まとめると, みえて, みな栗を, むかう気持, もしか優良, ゆずる, よく書い, よく目, よったの, よまれて, よみふけつて, よりますと, わざわい, カビが, ジャガイモに対し, トウナと, ナマケモノという, ユズリハを, ラヂオに, 一生懸命に, 九州の, 予言され, 二つある, 交じって, 代用される, 何か, 依ったの, 依って, 依て, 依らねば, 倦いた, 僅かに, 其痕跡が, 再会する, 再版は, 出くわさなけりゃならねえ, 出たはじめ, 出た図, 出はじめたの, 化けながら, 十分敬意を, 収録しない, 収録する, 取つた, 取られたか, 古くから, 名附けた, 向いまして, 向うこと, 向けた注意, 含まれて, 喰ひ付い, 嚔す, 囚われて, 在る, 埋って, 埋まった書斎, 埋もれた結果, 変って, 多くあらわれ, 多く類例, 天之, 太陽暦の, 奈良以前の, 妾が, 對しまし, 就ての, 屈んだまま, 山犬の, 山男を, 巨人の, 師と, 廣く通じ, 引きつけられた母親, 引用された, 彼はも, 心惹かれ, 念を, 怪談として, 感激した, 憂鬱性フーテンという, 所謂, 所謂悟道を, 手を, 打ち込んで, 押しつけそんな, 探ったが, 接したとき, 接しても, 接すること, 掲げられて, 放尿する, 文鏡祕府論と, 断片的な, 於いて, 於ける用語例, 於ける研究方法, 於てのみ, 於ては, 旋花一名鼓子花別名打碗花等が, 書いたり, 書いた滑稽, 書いた通り, 書いても, 書かれたこと, 書かれてる怪物, 書きでも, 書き誌, 書き顕, 書て, 最も心, 標題し, 殆ど見るべき, 残って, 残つた多くは, 残つてゐる, 沒頭し, 注がず口, 海松の, 深く心, 湯と, 満ちた下宿, 溺れようと, 滿ちた, 物から, 特色と, 現はれ, 現れた学者先覚者, 現れた霊的, 現われた内容上形式上, 田畑が, 由っては, 由來する, 疊見すれ, 疲れた眼, 発表され, 直接ぶつつ, 示された実例, 絡んだいろんな, 縁の, 纏めたの, 纏めますから, 肝臓の, 脂滑だ, 至つては, 興味が, 著は, 著者寺石正路氏が, 蜜蜂が, 見えた筋, 見えます, 見える, 見える初期, 見入つて, 親しみ得るは, 親しむといふ, 親しむ機会, 親しむ者, 触れること, 記かれる, 記録され, 詳しく書かれ, 誤謬の, 説かれて, 説明し, 読みふけって, 読みふけってるの, 読みふけるもの, 読み耽ったり, 読み耽ってること, 読み耽るらしく手垢, 費して, 赤麻の, 越すもの, 跋として, 載せら, 載せられたの, 載って, 載つて, 輯めて, 通じて, 逢って, 遠ざかって, 遺つて, 重きを, 金を, 限つて言へば, 離魂病という, 頼ること, 顔を, 飢えて, 首が

▼ 書物~ (378, 7.5%)

9 ある 7 あって 5 出て 4 あった, あるから, 並んで, 出來 3 あります, あるが, あると

2 [21件] ありまして, ありますが, たくさんある, のって, 一杯並ん, 今日では, 何の, 俺に, 出版され, 出版された, 大きな字, 好きで, 有る, 欲しい, 積み重ねて, 置いて, 蓄へ, 載せて, 載って, 載つて, 開いて

1 [290件] あけて, あったけれど, あったという, あったん, あつた, あつたつ, あつて, あまりに多い, あらわれて, ありふれたもの, ありました, ありますよ, あり一段と, あり三木家, あるか, あるかと, あるからと, あるそう, あるだけ, あるでしょう, あるという, あるなあ, あるならば, あるによって, あるの, あるのに, あるん, ある事, ある種々, あろうはず, いくらでも, いっさい不用に, いっぱいつまっ, いっぱい積ん, いつも変らない, いつも彼, いつも手もと, いる印璽, ぎっしり並ん, ぎっしり書棚, ぎっしり詰っ, ぎつしり書棚に, くづれた煉瓦, ことごとくそういう, このよう, この紙, こんなに露出, ごたごた並べ, さつと一度, すこしある, すこしでも, ずいぶん厄介, ずらりと列ん, その後日, その道を, それな, たくさん並ん, たしかに湿っ, つまって, できて, ですか, では, どっさり入荷, どんなに並ん, ない, ないか, なかったら, なかつたの, なくなつ, なければ, なぜわからない, はいって, はたして作られた, ひらかれたまま, ひろげて, ほしくて, まだ何, みな一学の, みんなテエブルの, めちゃくちゃに, もし売, もっと欲しい, もつと, ようやく世, ギッシリ詰まっ, コーランと, シナで, パサリと, フィルムの, ページを, 一々違った, 一つあった, 一つも, 一冊, 一冊ずつ, 一冊でも, 一冊も, 一冊やはり, 一冊翻つてゐる, 一杯です, 一杯に, 三万や, 与える知識, 世に, 世の中で, 並べられて, 丸でない, 二三冊あった, 二三冊きちんと, 二冊見え出した, 二階の, 五ツの, 五六冊畳の, 伏せて, 伝えられこれ, 伝わりこれ, 何, 何であろう, 何ものでも, 作られ刊行, 作り上げら, 使はれ, 來なく, 偶然にも, 傍に, 僕の, 充満し, 共鳴し, 再び燦然, 出た, 出ました, 出るの, 出来て, 出来ましたら私, 出来ようと, 出来る, 出来るだらう, 出来るまでに, 出来る時一緒, 出来上るであろうが, 出版される, 出版せられ, 出版せられた, 分りませんから, 初めであっ, 到着する, 各方面, 吉左衛門の, 唐代で, 唯一の, 四隅に, 埃に, 堆積し, 塵の, 売れるという, 多いの, 多いので, 多くなり, 大いに行なわれ, 大切だ, 大半黴び, 大変価値の, 好きな, 好きなら, 好である, 好ましかった, 学問の, 宋元, 完備し, 宝の, 少々詰め, 少しある, 少なくない, 尠から, 尽きない前, 山を, 巻物の, 幾らあった, 幾冊か, 広い世界, 引いて, 影を, 彼女の, 御飯より, 忙しいから, 思ひ出せなかつた, 所構わず積ん, 手に, 採った分け方, 教へる, 散らばって, 散乱し, 数冊などで, 整うという, 整然と整理, 昨年パリ, 是とも, 時々本郷通, 普通の, 書いて, 書棚の, 最初は, 有つた, 有りましたか, 未だ他, 本箱の, 来たら著者, 来て, 果して出来た, 正式に, 死物に, 殖えるに従って, 沢山あります, 沢山ある, 沢山積ん, 沢山詰まっ, 消毒室から, 満州事変以後再び, 滑り落ちるまで, 澤山ある, 無いばかり, 無くなったら辞職, 無く作家独自, 特にめだっ, 特に右近丸, 珍らしい, 疾くに, 発行せられた, 目の, 研究資料として, 示さんと, 私たちの, 私の, 積み重り新聞, 積んで, 竜の, 竝んで, 紛失した, 紺に, 絵ばかり, 繁簡の, 置かれて, 美しい背皮, 美しく並べられ, 翻訳され, 耐久性から, 自分で, 自分の, 自由自在に, 與へる, 落ちて, 蓆の, 西洋には, 親の, 解らないの, 詩という, 詰って, 詰まつてる, 詰めて, 読まれること, 読みたいという, 読みたくなる, 読めたッ, 読めて, 読めない代り, 読めるよう, 読める羨ましい, 読めれば, 誰かの, 象牙の, 貴いとか, 買いたいと, 買えなかった, 載つかつ, 輸入される, 近頃流行, 送って, 遂に完結, 道徳上芸術上学問上立派な, 開いたまま下, 開かれて, 開けて, 限られて, 雑居し, 雑然と並ん, 雑然と置かれ, 面白かった, 音を, 順序も, 風に

▼ 書物~ (362, 7.2%)

5 私の 3 私が, 読んで

2 [20件] その性質上序文, それでも詰まり切らない, どれも, ないかと, ノタで, 一冊も, 今から, 今でも, 他人の, 僕の, 僕を, 出て, 女主人が, 幾冊も, 感じが, 次の, 西日の, 難有, 難解である, 香炉の

1 [311件] あっても, あながち一般, あまりに輸入, ありながら, ありませぬか, ある程度日本, いくらでも, いたく彼, いつの間にか姿, いままでの, いろ, いろいろあっ, いろんな空想, うす暗いランプ, お前に, お寺に, お部屋, かつて類例, かなり出, きらいで, こういう場合, この事件, この二冊以外, この国, この境遇, これを, ございます, さいわい小屋, さうさ, さし当り絶版ものでしょう, さはる, すぐに, すべて藩の, そういった意味, そっくり押収, そのよう, その特種, その額堂, それが, それほど多い, それを, たくさん持っ, たくさん讀まなく, ただ, ただいま著述中, ただ一冊, だいたい受驗準備書, だから僕, ちやんと, ちょうどこれから少し後, つねに有益, とても光子, どうしても読み得ない, どうなっ, どこです, どことなくイギリス, どこの, どこへ, どの室, どれほど, どんな初歩, ない, ないかい, ないかね, ないから, ないが, ないもの, なかなか値打, なかなか見当りませんでした, なし不安恐懼, なし昼夜時, まがう方, まだ之, まだ他, まだ出, まだ日本, みなセラの, みな大臣の, みな支那式だ, みな難しく, みんなある, むやみに, もういつ, もうどこ, もう伏せました, もう少しで, もとよりその, もとより新聞, やさしく讀める, やはり嘘, やはり見慣れない, よく売れる, よく悪漢, よごれるし, よしませう, カントの, ショペンハウエルの, フッサールの, ブハーリンの, モルガンの, モーギューて, モーギユーて, ラ・ロシフコオの, ラーンスロット・キャニング卿の, ヴォルネーの, 一つも, 一二に, 一五四三年に, 一冊の, 一切無駄でした, 一寸目を, 一生の, 一種も, 一等きびし, 上下二巻美濃紙摺六十頁草書体交り, 上方の, 不変であっ, 不気味な, 世間の, 並べ放しに, 中世に, 中断や, 二三冊に, 今日の, 今日失くな, 今朝お, 仕事, 他にも, 何かと尋ねた, 何であろう, 何といつ, 何ゆえか, 何其の, 何時の間にか姿, 何物である, 修養の, 借りて, 借りるもの, 傑作であった, 備って, 元來印度, 全くそれ, 全くの, 全く読めない, 全体として, 全部の, 共に写本, 写本で, 冷ややかで, 凸凹字に, 出来る丈, 出版配給の, 分析する, 刊行せられた, 刑務所備えつけ, 初歩から, 勿論の, 十七世紀の, 十九世紀の, 卑俗な, 単に読者, 厳重に, 友人から, 反れて, 取りに, 古来いくらも, 可なり, 同時に二冊, 同氏も, 和蘭印刷文字の, 唯, 唯一册, 商買道具で, 善い書物, 嚴禁され, 固より, 地震直後に, 売らなかったが, 売れちゃったと, 外国にも, 多く此間, 大抵が, 大抵伊波館長時代, 大抵外国, 大抵学校, 大方彼, 好んで, 学者に, 学者の, 學問に, 実に恐ろしい, 寫眞で, 専門的の, 将来問題に, 小さな遺伝学書, 少くとも, 少しは, 少しも, 少し偏っ, 少なくも現代, 幾らも, 幾冊あり, 店頭で, 廻り廻っ, 彼には, 彼を, 御覧か, 心の, 思つたよりは, 恐らく細川家, 悲しげ, 感想集や, 戦闘ほどの, 手の, 持って, 数は, 斉彬から, 断片の, 新しくて, 日本に, 日本にも, 日本人などの, 旧版の, 昔の, 昔は, 星の, 書斎に, 書物であった, 朝も, 机の, 東北帝大の, 某教育家, 根こそぎ奪われ, 格別持たず, 棚の, 極僅, 此の, 歴史哲学で, 歴史哲學で, 殆ど參考する, 殆ど見, 残して, 残って, 江戸時代から, 決して, 決して彼, 沢山は, 沢山読む, 津田といふ, 漢字で, 火を, 無いが, 無いと, 無いの, 無くなり着物, 特に我々, 独立した, 現代日本に, 瓦であり, 生前この, 畢竟平凡, 皆こしらえ, 皆ネパールに, 相当丹念, 矢張りヒルゼルや, 矢張り岡つ, 碌に, 確かに, 神田か, 禁止せられた, 私にとっては, 積り積つて何百册かにな, 究竟者そのものを, 立ち停つて, 第一章, 精神の, 素晴らしく足, 綴が, 総ての, 緩やかに, 縁の, 美しいもの, 翻訳の, 聖書だった, 背革の, 萬葉集が, 西田先生の, 要るが, 計画的に, 認識論の, 読まないでも, 読まるべきである, 読まれた, 読むべきもの, 読む者, 読る, 讀み易い, 讀んでしまつたから, 貴重に, 軍事年報だけに, 逸すること, 過去一年余りの, 長い間, 限定せられた, 隙間から, 難解を, 飛んで, 驚くほど, 高い立派, 高く付く, 鵜呑に

▼ 書物~ (131, 2.6%)

4 十露盤も 3 手に, 紙も 2 あった, あり, ある, できて, なかった, 家も, 床に, 標本も, 次第に堙滅, 自由に

1 [101件] あったし, あって, あつた, あるから, あるの, あるやう, あれば, おそらく無益, このごろは, これを, ご覧の, さあ僕, しまい両手, ずいぶんあるだろう, ずぶ濕れ, ずぶ濡れに, その通り, それから, たくさんある, たくさん出, たくさん出した, たしか先生, とじふせて, どの書物, ない, ないやう, なくな, なくまたは, なくアメリカ, なく妻, まだそのまま残っ, よく旅行, よく読めます, 並べて, 乏しかった, 交って, 亦是, 人間と, 今に, 今ほど, 何も, 兄に, 凡て下手の, 出版され, 勿論好き, 同じく奉納, 同様で, 和書の, 嘘や, 売るん, 多い, 多かつ, 大分に, 存し, 少ない, 履物も, 後に, 必要でしょう, 所有せず, 持って, 掛の, 散らばって, 時々教わった, 格別溜つてゐなからう, 標品も, 段々殘ら, 決してお, 沢山チベット語, 無い家, 無かった, 父は, 現在に, 知らない, 立場の, 見つかったが, 言葉や, 読まずただ, 読まずに, 読まず仕事, 読まず立ったり, 読まず筆, 読まない, 読まなければ, 読みつくした歌, 読みました, 読み商売, 読む気, 読めたであろうが, 読めなくなりますね, 読めるという, 貰った事, 買えず勉強, 買えぬので, 買って, 買ひたく, 買へ, 遠く足, 隨分出版に, 集まったです, 食器も, 高く並ん

▼ 書物~ (111, 2.2%)

4 あつた, 読んだこと 3 読んだり, 読んだ事 2 あつて, 埋まって, 蔽うて, 読んで

1 [89件] いきなり顔, いっぱいに, いま一つは, しかも単に, その学名, その懐, それに彼自身, それを, それ以来ラテン語希臘語ヘブリウ語と, ちつとも, でも, なかでもその, なした以上, はち切れるよう, まづ正確, まにあわせること, よくわかるでしょう, ドレリンコートも, バビロニアだ, 一杯に, 一頁五十錢位の, 三十年十一月まで, 二人の, 云って, 云つたなら, 人生を, 人間精神の, 其様な, 分る, 利助という, 国際的な, 埋つて, 城壁を, 売るの, 委しく書い, 字引きにも, 学んだこと, 学んだところ, 学問を, 小さな文庫, 幾世紀もの, 手に, 挙げられた思想家, 教えられた筋道どおり正直, 教へ, 数学パズルの, 數學パヅルの, 日本語を, 有名に, 海外の, 物いつ, 狭められて, 用を, 目星しい, 盲目が, 知っただけの, 福田博士は, 私は, 美人の, 自然と, 蔽われて, 表紙には, 見たこと, 見たり, 見た時, 見た通り, 見て, 見ましたが, 見られるもの, 見るよりも, 見る古い, 詰まつて, 説いて, 説明した, 読みましたが, 読むの, 読んだか, 読んだけれども, 読んだ唐時代, 読んだ小説, 読んでから, 讀んだばかり, 速記術とか, 過去に, 重くなった, 隙間なく, 青年の, 頭まで, 黄河を

▼ 書物~ (103, 2.0%)

2 いえば, なって, なりました, 一所に, 云えば, 青い傘, 首っぴきだ

1 [89件] いうより, いっしょに, いって, いっては, いつたつ, いつたらいつから, この二冊, したもの, するに, そして静か, その内容, それから, てこ, なし世界, なつて, なりて, なり読み返すこと, なると, アルミの, カバンいろんな, カバンだけを, カバンは, カバンも, ガボリオーの, 一着の, 一緒に, 乱雑に, 云つては, 云つてもね, 云わねば, 人に, 他の, 何か, 別れるの, 別れる気, 卑俗な, 原稿だ, 原稿用紙とに, 又聞, 古雑誌, 古雜誌, 同じやう, 名の, 器械だけ, 器械と, 図面の, 実物とを, 寝床と, 対蹠的の, 少しも異, 思想とを, 思索の, 手提ランプを, 日本の, 日記帳とを, 書き損じの, 書き物とから, 書物の, 机と, 来ると, 植木であった, 武器と, 比べて, 汚れた白壁, 独立した, 疾視競した, 直接取組ん, 睨めくら, 知性から, 素人の, 続編とは, 自分が, 自分の, 自然に, 衣類と, 見える, 言ったの, 詩の, 読む者, 連関した, 雑誌から, 雑誌の, 離れダリュシカ, 離れダリユシカ, 鞭と, 順々に, 首っ引きを, 首ツ引かひ, 黒いトランク

▼ 書物~ (94, 1.9%)

4 雑誌を 3 雑誌の 2 帳面を, 紙の, 論文を

1 [81件] さう, それ等の, ノートを, マリヤさまの, 一通り身の, 人の, 伝承などから, 作品が, 切抜きが, 原稿の, 又現象, 又聞, 口授から, 古い会計, 古履, 古文書やが, 古絵図類, 器具など, 地図について, 壁にか, 好事家の, 妄想に, 学理や, 宝物を, 寝台や, 少数の, 庭の, 役者などに, 心理学の, 掛物の, 文字の, 文房の, 文献や, 文章の, 新聞の, 新聞を, 書きかけの, 書きなぐつた紙, 書式や, 書類と共に, 机から, 楽器が, 標品を, 活動の, 測量に, 湯呑や, 画を, 画筆や, 目ぼしい, 神秘的の, 空つ, 筆を, 筆記帳に, 筆記類を, 紙ばさみや, 絵で, 絵や, 絵を, 絵具などを, 美食や, 色々な, 芸術的作品なんかが, 荷物は, 衣類を, 記念品などを, 論文が, 論説などを, 講義の, 貴重品などが, 資料の, 辞書類を, 遊び道具が, 道具を, 道具類は, 雑記帳と, 雑誌などが, 雑誌などに, 雑誌などの, 雑誌にたいして, 雑誌も, 雜誌の

▼ 書物から~ (80, 1.6%)

16 眼を 4 目を 3 離れて 2 来たもの, 顔を

1 [53件] いろんな毒, して, しよつちゆう自分, すべてを, ちよつと, でなく自然, では, はなして, 一寸の, 人間から, 人間の, 他に, 借用する, 出た瘠せ女, 印税が, 厖大な, 取って, 受けた印象, 受けた譴責, 吸収しよう, 外すと, 大変な, 始まったの, 學べる事, 専門家が, 引き出した教訓, 得たもの, 得た知識, 得る凡て, 才能の, 抽出し来っ, 採集する, 教えられまた, 敵が, 断片的な, 新たに, 斷片的に, 書物へ, 来る美しい, 毎日の, 獲た智識, 眸を, 知り得た多く, 立ちのぼる苛辣, 見た研究, 訳して, 詩という, 諸問題, 転載した, 離した眼, 静かに, 顏を, 飜訳なすった

▼ 書物には~ (67, 1.3%)

2 書いて

1 [65件] かういつた上品, この事件, この蘭, すでに出, その持ち主, それが, それぞれ書入が, それぞれ書入れが, たいてい短歌, なんにも書いてなかつた, まるで興味, みな一つとして, やはり困った, よく, ペッサリーを, 一切書いてない, 一見無駄, 写し出されて, 動物として, 十月と, 善人は, 多く紅絵, 大人に, 大抵この, 妾が, 少しの, 山礬を, 悉く明記, 意地悪く, 救いと, 教育の, 文化出版売り出しは, 旭岳よりも, 明かに, 春夏秋冬の, 書いてない新, 本当に自分, 村に, 植物として, 決して再版, 洋式の, 津軽家の, 無いそう, 男女の, 登山記の, 白髪小僧様と, 皆そう, 私の, 秋海棠を, 筑波町より, 継川とも, 縷々と, 自然遠ざかっ, 見えない, 見えないから, 解義も, 記されて, 豊後の, 身毒の, 通常左の, 野宿などとも, 金で, 限らず総て, 頻々たる, 麺麭の

▼ 書物にも~ (55, 1.1%)

5 出て 4 書いて 2 記されて

1 [44件] あるでしょう家, こういう話, これを, そう書い, その両者, その聞書, それが, そんな話, なって, なってるほど, ぶつかつ, よく書い, わしも, コステルの, フキを, 仏典にも, 何も, 余計接する, 医療が, 吉事, 土佐の, 妾を, 完全に, 少しは, 巾着切の, 日本の, 書いてないよう, 書いてない多く, 書かれたこと, 書架の, 此名を, 現われて, 病人の, 科学書にも, 紗の, 見えては, 見えますが, 見つけ出せない, 記して, 詳ならず, 誤は, 載せられて, 載って, 録せられず人

▼ 書物でも~ (38, 0.8%)

2 すぐ誨淫, 借りて, 読んで, 返しに

1 [30件] あけて, ありは, あるなら買つて, お取出し, お心, くるん, けっして机, ご覧に, それが, ほしいと, みなオタフクグルミすなわち, やはりヨーヨー, 一つ一つ人生が, 一度眼, 何でも, 売って, 構わなかった, 決してタメ, 熟読しよう, 珍本稀覯書豪華版と, 現われると, 衣服でも, 見せろといった, 見たこと, 見つかったら, 読む時, 読めるよう, 読んだこと, 読んだ憶えが, 雑誌でも

▼ 書物~ (28, 0.6%)

4 と思っ 2

1 [22件] からここ, からさ, から汗, が, がいくらか, が不幸, が今それ, が今日, が尽く, ということ, とおっしゃり, とか答えた, と云わね, と思ふ, なんて広告, のが, のと, のを, 今晩一読を, 参考の, 是非一つ借り, 男子でも

▼ 書物ばかり~ (27, 0.5%)

10 読んで 2 積んで, 読み耽って

1 [13件] だい, でしたのに, でない, でなく自然科学上, で重かっ, 与えるな, 見て, 見とるぢ, 読まないで, 読みつづけた, 讀んで, 買うの, 食って

▼ 書物では~ (26, 0.5%)

4 あるが 3 ない 2 これが

1 [17件] あったけれど, ありたいと, ありませんでした, その時分, できない, ないかと, なかつたらうか, ミスプリントが, 伊藤圭介賀来飛霞の, 何と, 四千年前バビロニア國の, 大橋圖書館に, 知って, 石井勇義君の, 言葉の, 訣らなく, 読んで

▼ 書物など~ (23, 0.5%)

2 読んで

1 [21件] いくら読ん, かかえこんで, ひもどい, 全く眼中, 売払つて, 宣教師らしい, 持ちて, 持って, 暇に, 書いた人, 繙いて, 見るの, 註文したおぼえ, 読まうと, 読みながら, 読み耽るもの, 読むこと, 読んだこと, 賣拂つて, 送って, 飾りたてて

▼ 書物によって~ (18, 0.4%)

1 [18件] かれの, 再び不幸, 周知の, 唯物論的に, 多少の, 始めて学んだ, 学ぶの, 年代や, 得られた幸福, 心理試験の, 愈々切実, 教えられた養蚕, 私の, 置換えられた, 聖賢の, 自分は, 解決され得る, 証明が

▼ 書物などを~ (16, 0.3%)

2 相手に

1 [14件] いじくって, お著, お著わし, ひっくり返して, 売って, 容れべきもの, 眺める気, 研究し, 繙いた, 読み耽って, 読む事, 読んで, 讀んでも, 賣つて

▼ 書物という~ (12, 0.2%)

4 ものは 2 ものを 1 ことであれ, のは, ものの, ものも, 商品は, 書物が

▼ 書物とは~ (12, 0.2%)

2 縁の 1 いつたいどんな, くらべもの, ならなかつたよう, 亡き母, 人間と, 全く趣, 蔵にも, 見ざるを, 言いそう, 限らない

▼ 書物~ (12, 0.2%)

3 のなか 1 が据え, にのせ, のそば, の上, の外, の方, の蓋, はもうところどころ, へ近

▼ 書物である~ (11, 0.2%)

1 [11件] から今更, から學者, があの, がその, とかだから, とか日本, とか述べ, とそれ, と非常, のかも, 内容が

▼ 書物について~ (11, 0.2%)

1 [11件] ある僧侶, たえず自分, たずねに, ナハデンケンする, 一生を, 先生に, 吟味し, 批評界が, 書きながら, 自分は, 見て

▼ 書物に対する~ (11, 0.2%)

1 [11件] ノスタルジーである, 事が, 倫理である, 判断芸術における, 態度を, 所有欲は, 時ばかり, 眼が, 考え方を, 興味いわゆる, 著者の

▼ 書物だけ~ (10, 0.2%)

2 では 1 だ, だった, であったと, でこれ, はやく片づけよう, 恵むで, 戻して, 読んで

▼ 書物として~ (10, 0.2%)

1 さしあたりベルグソン, 一番古い, 出版され, 刊行され, 初めてこれ, 成立した, 投げ出すより, 有名であり, 殘された, 玩賞に

▼ 書物といふ~ (8, 0.2%)

1 ので, のは, ものが, ものには, ものに対する, ものは, ものも, ものを

▼ 書物~ (8, 0.2%)

1 伝は, 向った, 心を, 沈めて, 眼を, 矢鱈に, 細長い白紙, 落して

▼ 書物をも~ (8, 0.2%)

2 披見せしめぬ 1 いろいろ読んだ, 今日は, 少しは, 見ず頼み, 読まざるべからず, 鵜呑みに

▼ 書物~ (7, 0.1%)

2 衣類を 1 何か, 刺繍台の, 器物の, 民間の, 知らないが

▼ 書物からの~ (7, 0.1%)

1 場合は, 学問が, 思ひ出, 次の, 知識も, 章句を, 記憶か

▼ 書物とを~ (7, 0.1%)

2 一まとめに, 手に 1 まとめて, 愛したであろう, 持って

▼ 書物まで~ (7, 0.1%)

1 せつせと, 乱読しました, 何一ツふそく, 作ったその, 取るの, 引き破った上, 読まなくつちや

▼ 書物よりも~ (7, 0.1%)

1 いい, むしろ政治, もつと, わかり易い, シナの, 分量が, 自分の

▼ 書物~ (7, 0.1%)

1 があっ, が一脚, でその, の上, の中, の奥, の抽斗

▼ 書物だけは~ (6, 0.1%)

1 いつさい原型, いろんな人の, どんどん買, 可なり, 家に, 幾らか集まつ

▼ 書物などで~ (6, 0.1%)

4 太宰府ぎりに 1 眼に, 知って

▼ 書物なんか~ (6, 0.1%)

1 いらないから, 一冊も, 取って, 教えて, 書く気, 盗まれても

▼ 書物についても~ (6, 0.1%)

1 いわねば, その通り, なかなか知識, 先生の, 同じこと, 変りは

▼ 書物によ~ (6, 0.1%)

1 つては, つて幾らか, つて救癩事業の, つて更に, つて行く, つて見た

▼ 書物以外~ (6, 0.1%)

1 に似た, に踏みだし, の材料, の点, の獅子, を顧

▼ 書物好き~ (6, 0.1%)

1 であるらしく吹聴, でも勿論, とみえ, の一人, の友達, もない

▼ 書物~ (6, 0.1%)

2 うりいそぎを 1 が出, で見た, へ売っ, を探し

▼ 書物~ (6, 0.1%)

1 から両手, の書棚, は駒井甚三郎, へ入っ, へ急, へ案内

▼ 書物~ (6, 0.1%)

2 になっ 1 から唐守, から青い, へ思わず, を置い

▼ 書物です~ (5, 0.1%)

1 か, から金, けれども何と, つて, よ

▼ 書物とか~ (5, 0.1%)

1 いったよう, そんなよう, で知るのみ, 唯一無二の, 教養が

▼ 書物としては~ (5, 0.1%)

1 おそらくこれ, おどろくべき巧妙, 単に初学者, 著されてないよう, 題名を

▼ 書物などに~ (5, 0.1%)

1 かじりついて, 心当りの, 手を, 書かれて, 現われて

▼ 書物なら~ (5, 0.1%)

1 まだよかっ, 一度に, 全部大きく, 其處に, 滅多に

▼ 書物やら~ (5, 0.1%)

1 ネクタイやら, 原稿紙やら, 反古やら, 山絵図の, 手帳やらの

▼ 書物より~ (5, 0.1%)

1 他の, 伝わりたるに, 強く彼女, 後である, 軽く見る

▼ 書物全体~ (5, 0.1%)

1 が実は, の表題, の見方, の訳, を通じてかく

▼ 書物からは~ (4, 0.1%)

1 さらにこれ, なれたが, 惨殺麻酔魔薬妖女宗教, 知識の

▼ 書物からも~ (4, 0.1%)

1 得られる, 拾つてこ, 毎日の, 獲られるし

▼ 書物こそ~ (4, 0.1%)

1 つい前, 最良の, 自分が, 読者にとって

▼ 書物などは~ (4, 0.1%)

1 実生活には, 殆ん, 気を, 要らない智恵

▼ 書物なども~ (4, 0.1%)

1 すべてロシヤ語の, とりよせて, 乱脈に, 劉向

▼ 書物による~ (4, 0.1%)

2 知識の 1 ことに, もので

▼ 書物に対して~ (4, 0.1%)

1 いたましく感じた, 加うる, 多少の, 興味を

▼ 書物を通して~ (4, 0.1%)

1 そぞろに, 友達に, 未知の, 見た老子

▼ 書物~ (4, 0.1%)

1 か何, がありし, という言葉, といったの

▼ 書物くさい~ (3, 0.1%)

1 こしらえもの, ところが, ところさえ

▼ 書物~ (3, 0.1%)

1 へあつ, へ既に, へ読め

▼ 書物さえ~ (3, 0.1%)

1 あれば, 学術的な, 見れば

▼ 書物だけが~ (3, 0.1%)

1 この淋しい, 奇妙にも, 雑然と集められ

▼ 書物であっ~ (3, 0.1%)

1 てそれ, てほかの, ても別に

▼ 書物であった~ (3, 0.1%)

1 か若い, が山中, ことは

▼ 書物などが~ (3, 0.1%)

1 しまい込まれて, 室を, 忙が

▼ 書物などには~ (3, 0.1%)

1 こうしたいちばんわれら, 今日でも, 書いてないこと

▼ 書物などの~ (3, 0.1%)

1 お話も, なくなって, 影響から

▼ 書物なんかは~ (3, 0.1%)

1 もう皆片, 大概に, 少しも

▼ 書物において~ (3, 0.1%)

2 何か 1 あえて読まない

▼ 書物に対しては~ (3, 0.1%)

2 出版者が 1 単に受動的

▼ 書物のみ~ (3, 0.1%)

1 では, なりかかる, 書庫に

▼ 書物ばかりを~ (3, 0.1%)

1 棚に, 読みたくなって, 読むよう

▼ 書物ほど~ (3, 0.1%)

1 あぶなっかしいもの, 悪い書物, 神の

▼ 書物よむ~ (3, 0.1%)

3 とて有し

▼ 書物らしい~ (3, 0.1%)

1 ものが, 書物なんか, 気が

▼ 書物~ (3, 0.1%)

1 でわたし, には算書, の写真

▼ 書物~ (3, 0.1%)

1 なもの, にもの, のほう

▼ 書物~ (3, 0.1%)

1 ではない, のよう, の工事

▼ 書物あるいは~ (2, 0.0%)

1 さッ, 人に

▼ 書物こそは~ (2, 0.0%)

1 僕の, 彼にとって

▼ 書物しか~ (2, 0.0%)

2 信じない人

▼ 書物そのもの~ (2, 0.0%)

1 が持つ, が最も

▼ 書物だろう~ (2, 0.0%)

1 というよう, と思います

▼ 書物であります~ (2, 0.0%)

2 がその

▼ 書物とが~ (2, 0.0%)

1 与えられて, 変な

▼ 書物とで~ (2, 0.0%)

1 名を, 竹行李が

▼ 書物とも~ (2, 0.0%)

1 いえる, なく私

▼ 書物と共に~ (2, 0.0%)

1 この庫, 違棚に

▼ 書物なぞを~ (2, 0.0%)

1 覗いて, 開けて

▼ 書物にか~ (2, 0.0%)

1 ぢりつい, ぢりつく

▼ 書物にでも~ (2, 0.0%)

1 あった話, まとめること

▼ 書物にな~ (2, 0.0%)

1 つて以後一四七八〇年頃からの, つて後百年以上經つてから

▼ 書物に対し~ (2, 0.0%)

2 なければ

▼ 書物をば~ (2, 0.0%)

1 たっと, 卓のうへに

▼ 書物をや~ (2, 0.0%)

1 披き, 開き給ふ

▼ 書物~ (2, 0.0%)

1 に小遣, を出す

▼ 書物~ (2, 0.0%)

1 はどう, は書け

▼ 書物依頼主義~ (2, 0.0%)

1 が横たわっ, にむしばまれる

▼ 書物~ (2, 0.0%)

1 あるいは文字共, を見

▼ 書物~ (2, 0.0%)

1 から立ちあがっ, の上

▼ 書物新聞美術品郵便物~ (2, 0.0%)

1 も, も此処

▼ 書物~ (2, 0.0%)

1 ですね, の意匠

▼ 書物標本~ (2, 0.0%)

2 を見せ

▼ 書物泥棒~ (2, 0.0%)

1 が更に, や下宿屋

▼ 書物~ (2, 0.0%)

2 のある

▼ 書物~ (2, 0.0%)

1 の出版, を見

▼ 書物雑誌~ (2, 0.0%)

1 などに目, をやたら

▼ 書物~ (2, 0.0%)

1 はすべて, もわづか賣

▼1* [163件]

書物ぁ倹約教へだ, 書物ぁ倹約教えだの, 書物あり机の, 書物からでもまだ何程, 書物からばかり知識の, 書物からよりも人間から, 書物ぎらいなジルノルマン嬢は低い, 書物こちらの隅, 書物それとはまた, 書物それ自体がある, 書物たしかに長久保の, 書物たとえば指紋の, 書物だけしか許されて, 書物だけで学ぼうと, 書物だけでもさし当たって, 書物だけにしても, 書物だけを抱えて, 書物だったのでしょう, 書物だつたが青年, 書物だの食物などを, 書物だらうといふ樣, 書物でありながら内容, 書物でありまして結局, 書物であろうとその, 書物でしたか, 書物でないのを, 書物でなくとも問題, 書物でなければならぬ, 書物としての形も, 書物とだけでとても, 書物とてここには, 書物とともに鞄の, 書物との比較によって, 書物のであります, 書物なぞ噛らう, 書物なぞにあるビーカー, 書物なぞはほんの閑潰, 書物などからこんな考え, 書物などでも見たこと, 書物などとは別な, 書物などや父が, 書物なら読んでみる, 書物なりかつは, 書物なりをお読み, 書物なるらん又, 書物なんかにかかわり度, 書物における仮名で, 書物にしか纏まらない程, 書物にだってそうです, 書物にのみ噛りつい, 書物によってのみ伝えられたの, 書物によっては拳法とも, 書物によっても明かである, 書物にをさめられて, 書物に対しての考へを, 書物に対しても鋭い独特, 書物に対しましてまず第, 書物に対すると同様先生の, 書物に関しては如何なる人, 書物に関するきわめて才能, 書物のみに限られるよう, 書物はからつきし出ませんね, 書物はといえば, 書物ばかし読んで, 書物ばかりで研究し, 書物ばかりとみえて, 書物ばかりに信頼する, 書物ばかりは売るもの, 書物ひらいて端座, 書物への期待が, 書物へは赤鉛筆や, 書物ほどにも思って, 書物までが出せなくなるの, 書物までも買って, 書物てえ, 書物やらに聴いて, 書物やらを取出して, 書物よりの影響は, 書物よりは酒に, 書物は書物ら自身, 書物らしくしてしまった, 書物ら自身の運命, 書物をか青嵐が, 書物をとほして, 書物をという気持が, 書物をよこに, 書物を通してしか自然を, 書物を通じてでなし, 書物見セテ身ノイマシメニスルガイイ, 書物一とつ供給ふ事, 書物一二卷と寫眞帖, 書物一二巻と写真帖, 書物一冊があった, 書物一冊手もとにはない, 書物一冊返しに来た, 書物三四册を抱, 書物の知識, 書物乃至一般に, 書物五六冊を出し, 書物代洋服代なぞが時々, 書物何冊かを翻訳, 書物の, 書物であった, 書物の鞄, 書物全部と論文, 書物共著者の手元, 書物冊子その他印刷に関係, 書物包みをくるみ始めた, 書物原稿用紙などをごてごて, 書物口碑に羊, 書物古い原稿戸棚や, 書物古紙あるいは衣類, 書物商酒屋乾物商葉茶屋などへ人, 書物外国の書物, 書物奉行九十人の伝記, 書物奉行兼帯渋川六蔵甲斐守家来本庄茂平次金座お金改役後藤三右衛門並びに中山法華経寺事件, 書物好みから遠ざか, 書物屋乞候故亡, 書物展望と二ところ, 書物展望版の方, 書物展望社の好意, 書物が筆, 書物御堂の中, 書物ひは, 書物或いはこの書物, 書物所有の関係, 書物手拭座蒲団から順々, 書物拡げて照, 書物持って来, 書物教師から言, 書物数巻とを置い, 書物文具箱吸い取り紙, 書物材料を集め, 書物無き世界, 書物片すみには彼, 書物特におもしろかった, 書物の老人, 書物は和紙, 書物なもの, 書物的文句をつけてる, 書物目利役某で鶴洲, 書物に当てない, 書物知恵もしくは聖なる, 書物私達を, 書物一巻の, 書物納戸から地底, 書物絵葉書ポスターレコード等の交換会, 書物美しき妻を, 書物臭くて堪らない, 書物至上主義でないまでも, 書物若しくは家財を, 書物若干の肖像, 書物読んで呉れ, 書物談話実例すべてが不足, 書物讀み弟子二十人計に, 書物買い入れやらで, 書物買入れまたは借入れ, 書物貸借の儀礼, 書物越しにマブーフ老人, 書物道楽のツン, 書物部屋から出, 書物雑誌類を少し, 書物のほか