青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「書~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~曲 曲~ 曲線~ ~曲者 曲者~ 更~ 更け~ ~更に 更に~ ~書
書~
~書い 書い~ ~書いた 書いた~ ~書かれ 書かれ~ ~書かれた 書かれた~ ~書き 書き~

「書~」 11582, 120ppm, 880位

▼ 書~ (3230, 27.9%)

71 読んで 41 持って 34 出して 32 書いて 26 見て 23 寄せて 22 手に 21 読むこと 19 送って 16 して 15 もって, 読んだ 14 持つて, 読む 13 かいて 12 見ると, 読むと 11 作って, 書いた, 読んだり 10 得て, 発表し, 著は, 読むに, 送った 9 提出し, 著して, 著わし, 蘭軒に 8 したためて, たずさえて, 見るに, 認めて 7 取り出して, 提出した, 提出する, 見ながら, 読みて, 讀んで, 貸して 6 与えて, 取って, 取出して, 善くした, 寄せた, 添えて, 著わ, 裁し, 裁した, 見せて 5 よんで, 出した, 取りて, 茶山に, 読むの, 読めば, 載せて, 開いて, 飛ばして

4 [24件] つけて, 上りて, 作つた, 作りて, 作ること, 作製し, 出すと, 引いて, 持たせて, 渉猟し, 発表した, 編纂し, 繙いて, 置いて, 能くするもの, 見たこと, 見れば, 認めた, 読むもの, 読むよう, 讀むこと, 贈りて, 送ったん, 集めて

3 [48件] かいたり, したため, つくって, のこして, ふところに, よくし, ポケットに, 余の, 作った, 借りて, 入れて, 公に, 出したが, 出す, 出すの, 出そうと, 前に, 受取って, 封じて, 懐に, 捜して, 書くもの, 検し, 求めて, 添へて, 発して, 発見した, 発見する, 發表し, 眺めて, 私の, 自分の, 著わして, 蔵し, 袂から, 裁する, 見るの, 読まねば, 読む事, 調べて, 講じた, 讀みながら, 讀めば, 貰って, 返して, 送つて, 送られて, 送る

2 [201件] お書き, かかえて, さがして, さし出した, したためた, したり, しや, たよりに, だして, とって, とつて, とられて, とりあげて, とり出して, まわして, みて, もたらして, もとに, もらって, よこして, わが君, パタリと, 一読した, 上って, 下に, 与えた, 世に公, 予に, 交した, 代筆し, 伊藤首相に, 伏せた, 作ったり, 作つたのは, 作つて置い, 作りこれ, 信ずれば, 信ぜば, 借りたこと, 借りようと, 偽造し, 公方に, 写して, 出さなければ, 出したこと, 出しました, 出すこと, 出すという, 出版し, 出版する, 刊し, 刊行した, 参考し, 参考に, 取らせたが, 取られたか, 取られるか, 取りに, 取り出し, 名山に, 呈し, 呈して, 和蘭に, 善くし, 国会集会の, 売って, 売りつけて, 太左衞門, 学ぶと, 完成した, 寄す, 寄せしかば, 寄せまた, 専門に, 左院に, 差し出した, 差し出して, 差出す, 幕府に, 彼の, 後れて, 得た, 御読み, 必要と, 懐中に, 我に, 手にとって, 手交し, 披け, 按ずるに, 探して, 提出させ, 提示し, 携えて, 携へて, 昌作に, 書いたの, 書いたり, 書かせて, 書きあげて, 書く, 書くから, 書くの, 書く事, 朗読し, 校し, 棠軒に, 残して, 求む, 江戸に, 渉獵し, 渡した, 渡して, 焚きに, 焚き儒, 照らして, 父に, 獲た, 発した, 示さぬでは, 私が, 稿し, 積みし机二つ, 繙いたり, 繰って, 翻して, 著した, 著すに, 著述する, 蒐める, 見せた, 見せると, 見た時, 見てから, 見ても, 見ること, 証拠に, 詮衡し, 誌し, 読て, 読で, 読まない, 読まんと, 読み, 読みあるいは, 読みその, 読みました, 読み夕, 読み夜, 読み終った時, 読み耽って, 読み英語, 読むが, 読むという, 読むとか, 読むは, 読むも, 読むを, 読む方, 読む時, 読む気, 読め, 読んだこと, 読んだの, 読んだ後, 読んだ時代, 読破し, 調べたり, 請求する, 講義し, 議会へ, 讀みて, 讀み學, 讀むと, 讀むに, 讀むには, 讀むの, 讀むよりも, 讀む氣, 讀んでも, 貪り読んで, 貰ひ, 買い込んで, 買うて, 買って, 起草し, 軽蔑する, 送りて, 送付し, 通ずること, 通読し, 道人の, 選ぶべきか, 選定し, 遺した, 遺して, 除く外, 集めたもの, 頼んだ事, 飜訳し, 飜讀し

1 [1883件 抜粋] あけて, あさり史實を, あつめ和洋, あの机, あわせ見れば, いじくり散らして, いれるべく心得て, うけては, おかきに, お取次, お目, お贈り遊ばし, かいたと, かくして, かたっぱしから, かりて, くさしつけたり, くれた公使, くれるん, こしらえて, ことごとく翻訳, ごま化し, さしあげてよ, さずけた, さらさらと, したがるもの, したりばかり, した君, した跡, しはじめる, すぐとられる, すべての, するなどという, する文, そこへ, その友某, その父, たずさえ取って, たんねんに, つい忘れ, つき出したり, つくつて, つくり, つくる仕事, つけた素晴, つける位, とおして, とられる, とりいだすに, とりかわすという, とりに, どう處置, なして, のこらずひっくるめ, のぞく外満足, はずかしく感ずる, ひっさげて, ひもとかば, ひもとくまでも, ひもどき呉用, ひらきて, ほうり出したまま机, また写し, まだ一ページ, みたこと, めくる音, もたない人, もたらすとも, もとめては, やかきと, やつの, やるには, よくする, よこした, よみ合唱, よみ朝, わざわざ一緒, われに, オランダ議会に, タイプライターで, デンマークより, ブリッジへ, ポルトガルに, 一つ一つ見, 一二冊手に, 一冊置い, 一所に, 一目見た, 一紙の, 一覧する, 一通清書し, 三倉や, 上す, 上野介は, 下せり, 与え, 与へて, 両手の, 並べた露店式, 丹念に, 主張する, 予等に, 二册置い, 云うと, 五十万円で, 亡父に, 交わして, 今川槐庵に, 代わりに, 以後の, 伴と, 何進の, 作つた文政十一年の, 作つてゐる, 作らしめずブオソ死, 作りてを, 作り上げその, 作り後藤象二郎, 作るため, 作るに, 作る人, 作る際, 作成した, 併せ考, 信じなかった, 信用した, 借りるため, 借ること, 備付くる, 兄の, 入れた本箱, 全國的, 公けに, 六波羅の, 其父に, 内蔵助に, 写すもの, 出させて, 出し, 出したまえ, 出した由, 出し彼, 出すころ, 出すよ, 出す間ぎわになって, 出版業者の, 列挙し, 利用し, 前こごみ, 加えて, 勉強し, 十数冊集め, 博覧し, 印行せし, 参考した, 參考と, 反復熟読し, 取った被告, 取て, 取られ厳しき, 取りにも, 取り上げて, 取り出でぬ, 取り調べたいてい, 取上げました, 取出し張松, 受けた当人, 受け取ったとき, 受け取ること, 受取るや, 可成沢山, 同封いたします, 名残りと, 呈したという, 呈す, 呈出させ, 呼びに, 唯見たつ, 善く書く, 喜んでは, 国の, 在外外交家及び, 城代まで, 売り出せり, 売る本屋, 多く出さん, 大事に, 大学に, 奉じて, 奉る, 奉納した, 奪い取り書かれた中身, 如何に, 始め唐韓, 学ばざるもの, 学ぶ, 学んだが, 學ばんと, 守ると, 寄すべきである, 寄せたこと, 寄せ物, 封筒に, 将軍に, 少年は, 左に, 差し出し因州, 差出すこと, 差出せば, 帯びて, 幾枚か, 広島より, 序文に, 廻すこと, 引きて, 引き裂いて, 引っぱり出す迄も, 引出すの, 彼に, 得ざる時, 得た今, 得るだけ, 御書き遊ばし, 徴発され, 思い出し思わず, 思ひ立ちしは, 恐れるという, 惜まざる, 愛し學問, 愛好する, 愛重する, 成しても, 我文界に, 戦場において, 手渡したりも, 払うと, 抄した, 投げつけた, 投函せり, 抜きに, 抱け, 抽出し来っ, 拈轉つて料理店を, 拵える時, 拾いあげると, 持たせられて, 持ちて, 持ち廻つて四郎, 持つた時代, 持參する, 挙げること, 捜すと, 捧呈した, 授けて, 探し求めて, 推稱せる, 掴むや, 提出これが, 握って, 握りたるまま, 播いてから, 擲ちたり, 改修する, 教えそれから, 散らした机, 新平の, 日没処の, 暗誦じ, 書いたこと, 書いたもの, 書いといたら文句, 書かされたと, 書かしめたの, 書かせると, 書きさしたまま, 書き上げるべく二階, 書き初めたんだ, 書き直して, 書き終わる, 書くだん, 書くよう, 書く時, 書けるはず, 書寫し, 有しない, 朗読させ, 未だ見ない, 東京で, 松莚子に, 某に, 桂首相に, 検する労, 槐庵に, 次から, 残したかの, 水戸齊昭に, 求めた, 求めると, 求め一晩, 河内国の, 活かすべし, 海中へ, 添え申出られたし, 渉猟つ, 渡しながら, 漁つた時に, 漢訳した, 焚くといふ, 焼いたの, 焼却した, 熟覽あら, 燒かしむるが, 物に, 猟渉したら, 獲たるならん, 現は, 生むには, 疑って, 発すること, 発表する, 皆写す, 盗んだであろうかすめたであろうと, 盜んだ, 相副, 眺めた, 瞶めて, 研究する, 示さなければ, 示し彼, 禁ぜざるは, 私に, 秘めた錦, 稱した, 突きだすこと, 窺い有形, 筆記させ, 精密に, 索めに, 給わって, 綺麗に, 編纂す, 縁側の, 繙きその, 繙けば, 繰るふり, 羅門と, 習う機会, 翻け, 聖ヨハネの, 聞いた, 膝に, 自身の, 草し, 草し宗教改革, 落す, 著ししが, 著したばかり, 著した作者, 著し題して, 著すを, 著はし末章に, 蒐集する, 蔵すといった, 藏する, 蘭語に, 袖に, 襄陽へ, 見せたらその, 見せるん, 見たとき, 見たら前, 見たわけ, 見た所, 見た途端, 見つけられるかね, 見ない此方, 見ば, 見よ, 見るでも, 見る事能はず, 見出して, 見詰めて, 覚え書, 解すること, 託し置き直ぐ, 訳しながら, 註釈し, 認むの, 認めるもの, 認め終ると, 説きけるが, 読まうとか, 読まざるを, 読ましむる, 読まずして, 読ませ日本, 読まなくては, 読まれるならば, 読みおわって, 読みしかも, 読みたきは, 読みちらしたり, 読みつつ, 読みながら, 読みはじめて, 読みもて, 読み且つ, 読み十三歳, 読み外, 読み天下, 読み字, 読み思索, 読み易, 読み渋茶, 読み理義, 読み精力衆, 読み終日独坐, 読み習わんこと, 読み茶, 読み返して, 読むか, 読むさえも, 読むにも, 読むべし, 読む一方, 読む処, 読む寒さ哉, 読む男, 読む風采, 読めり, 読もうとして, 読んだであろう窓, 読んだならあるいは, 読んだ平次, 読んでるうち, 読破したら, 調べさせると, 調べる際, 謄寫し, 講じたの, 講ずるの, 講ぜむことを, 譲渡し, 讀ましむる, 讀みきかせればよ, 讀みても, 讀み千萬字, 讀み文, 讀み畫, 讀む, 讀むとは, 讀めりとお, 貪るやう, 貰つたのである, 貴ま, 買いました, 買う, 買ったり, 買つて研鑽の, 貸すにも, 賞玩し, 購ふ, 贈つて先方, 贈り, 贈り如何なる, 起稿し, 身に, 輟めず, 辨慶讀み, 近頃見た, 送ったの, 送つたところ, 送りなど, 送り且つ, 送り雑文, 送るよう, 通ずと, 速記し, 過信し, 遣った, 遣らなかつたわび, 部下に, 重そう, 金十銭で, 鉛筆で, 鑑定し, 閉ぢて, 開き大, 開けて, 開封させる, 閣下の, 閲すれば, 集むるを以て, 離れるの, 面白しと, 頒布し, 頼んで, 飛し, 飛ばし激越, 駿河半紙二切り六枚綴の

▼ 書~ (1419, 12.3%)

49 中に 26 ような 12 内容を 11 中で 10 中には 9 ことを 8 内容は 7 ように, 上に, 中から, 中の 6 一つである, 著者は 5 うちに, ために, 事に, 名を, 如きは, 如きもの, 方が

4 [11件] あること, あるもの, 事を, 内容が, 大部分, 如きも, 方は, 方を, 趣きが, 間に, 類を

3 [21件] ことで, ことは, なかに, やうな, 世に, 中にも, 中より, 体裁は, 作製を, 序文に, 文が, 文句を, 最後の, 棚の, 第一巻, 經籍志に, 翻訳を, 草稿を, 著者に, 講義を, 軸が

2 [87件] うち, ごときは, ごときも, して, たぐい, とおりその, はうが, はじに, ほかに, まま発表する, カタログを, 一つだ, 一つで, 一つであった, 一である, 一方は, 一本の, 一節である, 一節に, 一読を, 一部でも, 三巻を, 上では, 上へ, 上手な, 下に, 中でも, 中へ, 付録として, 全文を, 内に, 内容の, 冒頭に, 出版が, 出版は, 出版を, 前に, 包みを, 品数と, 場所を, 御内容, 志は, 恩恵を, 手本を, 整理を, 文体に, 文字を, 文案を, 文章は, 方に, 旨い人, 時に, 最後に, 有無に, 末尾に, 比では, 法を, 注文を, 略なり, 目録にも, 目録は, 研究に, 簡単極, 粗末で, 紙片が, 經籍志であります, 經籍志と, 經籍志にも, 經籍志までは, 經籍志を, 続きに, 自由に, 草稿は, 著述の, 藝文志には, 藝文志にも, 處は, 言葉を, 記する, 記事は, 記載は, 趣意は, 載する所, 通りに, 道を, 類ひ, 風と

1 [938件 抜粋] あたりを, あらゆるもの, あると, ある古風, ある所, いかなるもの, いふところ, うちなる, うちには, うち医学に関する, うまい人, えらいこと, おかれ, おしまいの, お使者番, お蔭だ, かげで, ことか, ことであった, ことなどは, こと承知いたしました, こと死亡届の, さきを, さし絵の, すべての, せいかも, それと, たった一行, ためである, ついたソーダ水, できるの, どこかを, どの箇条, ない薬品, なかで, なかの, ねらって, はじめに, ひとくだり, ぶらさげて, ほうは, ほうを, ほかは, ほとんどすべて, やうに, やりとりを, ようなれ, エハガキが, ジャンルだ, リストの, 一つと, 一つなる, 一つは, 一つを, 一ページをも, 一冊ずつが, 一切を, 一名と, 一帖も, 一条もし, 一番おしまいの, 一目的には, 一種に, 一筆の, 一般的研究に, 一變を, 一部が, 一部分なる, 一頁を, 七八枚は, 上の, 上書を, 下書きを, 下書として, 下賜を, 不当を, 両偈, 両端を, 中, 中にまで, 中堅を, 中心を, 主なる, 主リットン卿, 主人公を, 主人公レオナドダヴィンチの, 主張に, 主旨は, 主要点であり, 事だけに, 事項を, 云いまわし, 云う所, 五部と, 交換が, 交換は, 人として, 人間の, 他に, 代筆などをも, 代筆を, 仮名に, 件数しめて, 会に, 伝ふる, 伝記が, 体たるや, 体裁と, 余の, 余白に, 佚亡である, 作者, 作者は, 価値が, 価値を, 保護を, 信用を, 俤を, 借用を, 僞作された, 優れたる力, 入った封筒, 全体は, 全文も, 全部を, 公刊を, 六ノ, 具体的記述は, 内容だけは, 内容である, 内容において, 内容には, 再び出, 再刊を, 写しだけを, 写しを, 処置を, 出づるを, 出るの, 出來る, 出来た貞享五年頃, 出版に, 出版前に, 分量だ, 刊行された, 刊行を, 刊行前すなわち, 列傳に, 初版が, 初編より, 到る処, 副本は, 功徳を, 効能が, 勉め詩文, 十九頁にも, 半折, 印を, 印刷も, 印税としては, 原書のみ, 原稿や, 双方を, 取り柄が, 口まねを, 古本を, 古紙で, 史実的価値は, 各項目, 名の, 名人も, 名声と, 吏である, 周公に, 味が, 品格仮りに, 問孔篇及迷庵師の, 問題ば, 嗜好あり, 図版の, 執筆に, 基礎の, 堆積に, 堯典の, 場合においては, 声ねむた, 外に, 外何にも, 多きこと, 多くは, 多く永樂大典, 大半は, 如きを, 如き署名, 如くに, 如く遺憾, 妙味が, 始て, 始末を, 子とが, 存否を, 存在理由が, 學問に, 宛名の, 宰相世系表は, 寄贈を, 密なる, 寛保二年錦橋八歳は, 封筒には, 尊いという, 小口, 小口の, 尽く信ずべから, 展覧を, 山を, 山岳高度表で, 巧拙や, 巻二に, 巻物に, 帝王本紀又は, 帝紀を, 幅を, 幾十の, 広告が, 広告文, 序文だけを, 序文にも, 序跋中に, 廻った品, 張出しには, 形に, 形式を, 役には, 後を, 後半より, 後立山に, 御返事の, 復舊を, 微温的な, 必要などは, 志でなく, 志類は, 思想の, 性質である, 悪い絵, 意味で, 意味を, 成るに当たって, 或る説, 所伝が, 所謂氣といふ, 手紙, 抜き書きが, 抜萃に, 指南を, 掟を, 掲げられて, 提供を, 提出にあたって, 提示を, 支那訳書の, 政治的無, 教うる, 教へを, 教育的価値を, 数だけは, 数字の, 整理が, 文といふ, 文に, 文句も, 文字が, 文字までを, 文字變る, 文言を, 斉, 断片などが, 断片の, 断片中より, 新刊の, 方から, 方の, 方眼紙に, 日は, 日附け見たら分る, 時までは, 時刻書院の, 書かれたもの, 書体は, 書棚を, 最も好き註脚, 最初に, 最大の, 最後まで, 最終曲は, 有様から, 有無が, 朗読が, 末に, 末段に, 本代に, 杜撰, 束と, 束に, 条件守らん, 来るの, 板額に, 校正の, 校訂を, 格は, 棒杭を, 標題には, 標題は, 欄に, 欠点は, 次は, 正確な, 残りを, 殘闕を, 殼である, 氣運が, 決定権を, 法と, 注意を, 洪水では, 洪範其他殷に, 流行は, 流行唄かと, 淵源を, 渡来が, 漢訳など, 点検を, 焼失は, 版本を, 物語の, 物語るの, 特徴の, 特色という, 猿蟹合戦に, 王會解並びに, 甚多い, 由つて來る, 画を, 異名とは, 異名の, 病がない, 痕をさえ, 発行などが, 発表を, 皆載する, 目的と, 目的は, 目録である, 目録も, 相異なる, 眞價は, 眼目は, 知識から, 砂地に, 研究と, 研究の, 研究上大切なる, 研究者註釋者甚だ, 神味を, 禹貢周禮の, 程度を, 種類まで, 稿の, 空の, 立ち読みを, 端に, 競売に, 第一篇, 第七巻, 第三章, 第二巻目, 第十四章, 筆を, 筆者安積源太夫なる, 答えを, 粂次郎この, 精神は, 精読という, 紙が, 紙に, 紙面に, 紹介を, 終りには, 終りは, 経である, 結論として, 結論の, 統計を, 經籍志で, 經籍志とか, 經籍志などに, 經籍志は, 經籍志及び, 經籍志尤も, 続篇と, 綜合芸術である, 総計だ, 編纂, 編者回護の, 編輯に, 編輯者が, 總類, 置かれて, 署名が, 翻刻に, 翻訳が, 翻訳なぞは, 翻訳に, 翻訳に対して, 翻訳刊行を, 翻読や, 翻譯やら, 耽読でありました, 脊革の, 自署に, 至る毎, 英文を, 草案を, 落款を, 葉書の, 著作を, 著者, 著者ダーヰンより, 藝文志とか, 藝文志に, 藝文志は, 虫みたいに, 行われた結果, 表題は, 装幀に, 裏には, 製作せられた, 要求される, 規則に, 解説や, 解読や, 言葉だ, 言葉の, 記す時代, 記事からも, 記事の, 記者の, 記載も, 記述や, 訳者は, 註脚である, 詞を, 話が, 話ばかりを, 語る声, 説から, 説くところ, 説は, 説太極図説先天図などの, 説明を, 読書だ, 読者の, 諸志, 謂ふ, 講義は, 講釈までも, 讃を, 貼つけて, 赤い手触り, 起稿を, 起草に, 趣味も, 趣味をば, 趣承知との, 趣旨通り与力格を, 追記は, 道とは, 邊を, 部分を, 部類の, 部類を, 配布網について, 長所を, 開封に, 間で, 間には, 陳んで, 集散が, 難文を, 頁を, 題は, 題名を, 顕晦存亡は, 類なら, 類は, 首に, 驚くべき文句, 高を, 魂は, 黄いろな

▼ 書~ (852, 7.4%)

18 よると, 書いて 17 して, 見えて 12 曰く 9 就いて 8 よれば 7 なって, 出て 6 目を, 署名を 5 よりて, 拠るに, 拠れば, 眼を, 記されて 4 あるが, しても, 依って, 於て, 署名する, 記して, 載せて

3 [11件] 対すれば, 徴する, 心を, 捺印した, 接す, 散見する, 次の, 答へ, 署名した, 而は, 關する

2 [33件] あるよう, かう云つて, これを, しるして, ついて, なるの, 伝が, 作りて, 例の, 對する, 就ては, 徴し, 拠ったもの, 接するや, 散見し, 書き添, 残つてゐる, 添えて, 異同が, 答ふる, 署名し, 至って, 見えぬが, 見える, 見ゆ, 親しむの, 認めて, 調印する, 調印せしめ, 調印を, 載するところ, 載って, 過ぎない

1 [575件 抜粋] あきぬ碁, あったが, あって, あつた, あなたが, あの失踪, あらずして, あらずやと, あらず希望, あらゆる讃辞, あらわれて, ありましたが, あり勝, ある, あるいは作詩, あるから, あるやう, ある制裁, ある条項, ある熟, ある神経図, ある稀有元素, ある蜃氣, ある質量, いう災火, いかにも切実, いくらか似た, いたりては, いたるまで, いつの間にか猛毒ケリヤムグイン, いづるもの, いわくと, いわゆる単一, うちこんで, かいて, かかれて, かじりついて, かれニーノ, こう書い, この事, この人, この名, こめた彼ら, こんな文句, さへ, しあるいは, したいとか, したためたもの, したり, したる白金布, してあつ, しばしば大, しばしば引用, しばしば見る, しばしば見受ける, しばしば記した, しるされて, すぎずそれ, すくいを, すると, せよ絵, そのよう, その価格, その図説, その渦路, その精図, その解, それほど影響, たずねて, ただ一つ, つきて, つけて, つつむ, とどまって, どうして自分, ないという, なった, なつて, ならざるを, ならない限り, なるかと, なるであろうと, なると, なれば, のって, はっと打たれた, ふれる機会, ほかならぬ, まいって, まさる読み物, まとめるこころ, まとめる計画, もし山陽, もし約束, ものを, よったもの, よったらいい, アーロンの, サインを, トンと, ニュウオーレヤンスの, ハンコおさんなり, 一として, 一寸見當らぬ, 一箇条, 一貫した, 一通り眼を, 上り養子霧渓, 不自由な, 不足を, 乏し, 乏しくない, 云う, 云く, 云はれ, 五日の, 交じって, 人の, 人間が, 人間の, 人面中鼻を, 今一倍気品が, 付け添えたくらい, 伝えて, 伝わって, 伝わる名人巨匠, 伝聞の, 似たりと, 似た何, 似た型, 似て, 似ること, 体は, 何, 何か, 何らか, 何等の, 例を, 依つたもの, 依つて, 依つて目録, 依りますと, 依り日, 依ると, 依れば, 俊良食べ, 信者の, 倦みたる春, 倦むと, 偽りが, 傳が, 先輩の, 全く未開, 八郎という, 凝って, 凝つて, 処女の, 出たルマニア, 出づ, 出会っても, 初めて接した, 初めて見え, 判を, 則ってる者, 加ふる, 動も, 勝る所以, 十円といふ, 十分な, 千古の, 半分の, 卯飲の, 印を, 印刷され, 即ちエッヂンボルフ王子, 厭世哲学を, 厮殺した, 及びさらに, 反映する, 収むるところは自分が, 収めたエレン・ケイ, 収めた二篇, 収めた作品, 取り附いて, 名づけられたこと, 名の, 名を, 名前を, 向った, 和解せる, 咸淳十年と, 噛り付かね, 在らず, 在る大, 埋り清貧, 基いて, 基づき日本軍隊, 士人たる, 変更を, 多い釈尊, 多く出, 多く見え, 大勢の, 大急ぎで, 大食國は, 天水場と, 天照大神が, 天鶏星動け, 夫や, 失はれたこと, 如くもの, 婦人の, 安和の, 宝田とは, 実際と, 富んで, 審である, 専らなる, 對し, 少からず見え, 就いては, 就きて, 就き世評, 就き人, 尺八を, 帰って, 常泉寺の, 幾分の, 序し, 序するを, 序する文, 度々引用, 引いた他, 引き較べて, 引用され, 引用された, 引用する, 当って, 当つて, 影響し, 役人や, 後鳥羽帝の, 従うこと, 従ったの, 徴するも, 志を, 怨, 悪女怨気を, 惹きつけられるよう, 意思なる, 愛想を, 慣れたる眼, 慰められて, 憑據し, 成績と, 所見多く, 所謂, 手を, 打込んで, 批評した, 拠らねば, 拠る, 拳銃の, 挟める犢皮, 捺印させよう, 採用され, 採録された, 採録せられた, 接した, 接して, 接しなければ, 接すること, 接近し, 描きあらわして, 據つた, 據つたのである, 據つて書い, 散見したる, 散見す, 文字として, 新らしい, 於ては, 於ても, 旅行の, 既に我が国, 既に録, 日本朝鮮の, 明瞭である, 星印が, 曰, 曰く少小, 曰く西越後の, 曰わく彼, 書いた, 書いたこと, 書いた手紙, 書いてないから, 書かれて, 書き入る, 書き添えたの, 書上げられ, 未だお, 本づい, 板の間共同を, 楷書を, 横ものの, 橋本経亮の, 止まること, 正保二年の, 此の, 此句に, 死亡時刻を, 殘つてゐる, 殘る, 母子草の, 比して, 比べて, 民衆の, 気に入られ楊志, 沼澄, 法律上の, 波響だけが, 注ぐ聖靈, 注して, 添へ, 渉つての, 溢れたもの, 滿つる愛の, 滿腔の, 漏らせるもの一, 漏れたれば, 無かつ, 無効な, 無花果の, 熊野忍隅命と, 熱中する, 特に機関説, 狼恭し, 獲得させた, 現われたシナ民族, 理解の, 甘に, 甥も, 由って, 由つて証する, 由れば, 申の, 町人百姓の, 留め記載, 當時蝦夷に, 発せざれば, 発表し, 盛られて, 盛りつけて, 相当数の, 相違あるまい, 相違ない, 着目し, 示された学説, 私淑し, 移って, 種々に, 種々の, 種々伝えられ, 端緒を, 筆した, 筆する, 答えた内容, 答える者, 粗漏, 納めた, 素直に, 結末らしい, 綴りて, 線を, 編成する, 纏めて, 署名捺印した, 老勇, 耽つたが, 耽り画, 耽るもの, 職務上の, 肱つき, 自分などが, 至っては, 至つてそれを, 至りては, 至るまで, 著したもの, 著わ, 藉り, 被害民の, 見えしが, 見えたるラーマ王物語, 見えたる九十六年, 見えた佐渡, 見えない名, 見えぬやう, 見えぬよう, 見えぬ事, 見えました, 見えるもの, 見えるよう, 見え候ものには, 見え天斑馬, 見た, 見たこと, 見ゆるが如き下問, 見ゆる引文, 見ゆる氣, 見るとき, 見るよう, 見る楽しみ, 見る海蛇, 親しまむ少年, 親しみ興味, 親しむとき, 親しむの秋, 親しむ機会, 親しむ都門, 親しむ間, 親しめぬと, 親しんで, 親むべ, 親んだ, 角ある, 触れたもの故, 触れたり, 記されたこの, 記された患者, 記されんこと, 記したの, 記し或は, 記すもの, 記述された, 記録せぬ, 詳らかである, 詳記し, 語りつがれて, 誤りが, 説いて, 読まないで, 読まれて, 読み耽って, 読み耽つて, 調印し, 調印せしむ, 調印せず, 調印せる, 諸葛亮, 譬喩的に, 譲つて略する, 譲りたいと, 譲りましょう, 譲るけれども, 譲るほか, 足の, 跡で, 載せあるかと, 載せたよう, 載せてないの, 載せられを, 載った贓品, 載れる神, 輟耕の, 輯めた, 近い時期, 近づく必要, 返事を, 述べたところ, 追加した, 通じて, 通じてるの, 通じ芸道, 連帯の, 進んで, 過ぎないと, 過ぎぬ, 過ぎぬよう, 違いない, 違ふと, 選まれたる, 遺されて, 録さる, 録し, 鑑眼の, 關し, 附いて, 限って, 限らず, 限り読む, 陶侃荊州の, 集められた文章, 順ひ, 頼久太郎の, 題して, 類し西周末, 類すること, 馬虎を

▼ 書~ (733, 6.3%)

4 次の, 私の 3 つまらないもの, 下の, 彼が, 汝を

2 [18件] いって, この問題, これを, その後どう, ない, 一冊も, 一時の, 今なお, 今日に, 單に, 支那に, 文淵堂の, 漢の, 私を, 読まぬが, 誰が, 誰にも, 非常に

1 [677件 抜粋] あがって, あくる日白洲に, あのあの通り, あまり大部, ある, あるし, いかがです, いかにし, いくらかそんな, いずれも, いったい何でご, いつか夢中で, いつたいどんな, いつも何, いつも臺所, うそだ, お休み, お前さんに, お糸さん, かくまでに, かなり広範, きつと, こういう環境, こうである, ここで, こっそり全部読破, このよう, この結果, この類, これまでの, さすがに, さて措い, さる王族, しば, じつに惜しい, すぐに, すこし若書き, すこぶる数学教育界, すでに差し出された, すでに渡し, すべてこの, その一つ, その主旨, その二代目蜂谷源十郎, その内容, その女, その後展轉し, その理由, その考証, その言葉, その青春, それが, それで, それ自身の, たしかにコペンハアゲン, たしかに屋上屋みたい, たとい思想的, だれが, ちゃんと持っ, つぎの, できた, できるけれども, どういうひとたち, どうした, どうも六朝, どう考へ, どこにも, ないけれど, ないもの, なおその, なにか, なんにも, ねえ, はなはだ多い, ひとま, ふるい漢文, べつの, ほとんどそら, ほとんど全部, ほぼその, ほんとうに, まいて, まことに俗健そのもの, まさしく天下一品, まず第, まず袁世凱, まだそれ程で, まったく良寛様, まもなく使用, みずから手を, みなその, みな二十六日と, むしろ貴下, むずかしい文章, めづらしい, もう落葉, もとより小説宮本武蔵, もとより造型的, やめに, よく事, よく見, わが国で, わが国では, わざと声, わたくしが, わたしに, インチキでは, ウォーズウォルス詩集である, エリザベスの, ストーヴに, ズット以前に, タイプへ, ドイツ行きの, ドロテイン街の, ベナビデスが, ホフシハ・ナカムの, ポケットに, ユダヤ人誰々の, 一そう彼の, 一つは, 一つも, 一も, 一万部以上売れる, 一切引裂い, 一切相成らぬ, 一切省い, 一卷, 一名を, 一月に, 一般に誰, 一言に, 一部の, 万巻に, 万暦三十七年, 三四の, 不可解の, 不幸に, 不必要, 世に, 世の, 世間並みの, 中, 之を, 予想した, 予未だ, 事実を, 二ヶ国語で, 二世瑞仙晋の, 二十六七日間で, 人々の, 人いちばい読み, 人である, 人の, 人を, 今までに, 今より, 今少し, 今日までの, 今日猶, 仏典や, 仏教の, 仕掛けて, 他に, 以下続い, 会に, 伝写本を, 何が, 何でも, 何といつ, 何人も, 何処に, 作品に, 作意せざる, 例えそれ, 信長様の, 俯伏した, 偽書でなかろう, 僕に, 僕の, 僞り, 元の, 元治元年に, 元禄八年の, 入宋, 全文の, 全然用, 六月十九日に, 其方のけ, 内に, 内務省に, 内容が, 円融天皇の, 凡そ一千部以上も, 出さないという, 初めて書く, 別封にて, 到りぬ, 前の, 前節に, 副官その他大勢の, 勿論哲學書, 勿論学校, 北邊の, 区役所の, 医学博士民法学博士法学博士王立科学協会会員等なる, 十分信用し, 十年以前に, 千か, 千年間の, 千木良の, 午後六時木名瀬典獄の, 南北時代から, 南宋人に, 単に大森山王, 即是, 厳めしい, 双鉤填墨, 取消して, 受け取るわけ, 古いもの, 古きと, 古人の, 古聖賢, 史実と, 史體に, 各, 同じで, 同じ宋, 吏員の, 告げて, 和文の, 唐一代の, 問注所から, 問題を, 單なる, 嘗て森田思軒, 國別け, 園子の, 在支那, 墨で, 壇ノ浦以後の, 夏目金之助氏が, 多く務め, 多く存じ, 多く訳した, 多し, 大いに読まれ, 大きい, 大に, 大事に, 大正七年の, 大正元年十月刊行, 天保四年に, 太閤さまの, 奈何, 好きである, 如何です, 如何なる類, 如何に, 姓名を, 子昂を, 存在し, 学習用に, 学者以外の, 安積源太夫が, 宋板百川学海又, 宋江には, 宝暦年中竹内式部どのが, 実に原著者, 実際に, 容齋隨筆夢溪筆談の, 宿屋の, 寛政元年, 實に, 封印された, 将軍家の, 小学校の, 少い, 少くも, 尤も翫味, 岩野泡鳴から, 帝国図書館に, 幕府が, 平家物語と, 幸徳の, 幾分なりとも, 序文なし, 廉に, 弘ま, 弦之, 形態は, 彼に, 彼の, 往生伝や, 後に, 御覧に, 徳川時代に, 徳川末期における, 心敬が, 必ずしも, 必要だった, 忽ち領事館, 恐は, 恐らくは泰壱, 恐らく空前絶後, 悉く取りかたづけられ, 惨状を, 我々に, 我が国蚕業界の, 我が朝, 我文久年間に, 或は伝へ, 戦国時代の, 技法そのものについて, 抹殺され, 教師の, 教案は, 文句麁野下筆また, 文政二年打払令, 文長く, 料理が, 断片的にでも, 新本でも, 新約書なり, 既に印行, 既に注する, 既に発した, 日本にも, 日本へ, 日本第, 早, 早くから, 明かに, 明和四年の, 明治二十六年, 易老子, 昔の, 昔如何なる, 時事問題を, 時代の, 時勢おくれ, 書架の, 書肆の, 曾て, 最も新しい, 最初あなたに, 最初から, 會津藩が, 有名な, 未だ俊, 未だ銭, 未完であり, 本日重, 本来は, 杉蔵へ, 来ませんよこして, 来りぬ, 東京なる, 東都屋代輪池蔵する, 果して棠軒, 根本から, 概して机, 榛柏の, 正にタムソン, 正史たるの, 正義と, 此家の, 此島, 此日より, 此病の, 武男の, 武蔵が, 歴史捏造の, 歴史終の, 殆どホウィートンと, 殆ど第, 殘闕し, 殿下の, 決して不可解, 決して偶然的予言, 深夜書きあげ, 漢代の, 漢字で, 澤山出來た, 無いと, 無いなどと, 無難の, 焼いて, 熟する, 燃え尽きた, 燒けて, 父からの, 独特の, 猶わたくし, 猶伊沢氏宗家, 現今の, 現在の, 理の, 瑞西の, 甚だ不完全, 田中不二麿若く, 當時の, 當時世界に, 発行以来あまねく, 白楽天が, 白銀の, 皆王羲之以來の, 皆私の, 皆蘭軒に, 直に市ヶ谷刑務所, 相應, 相成らぬと, 確かに, 確に, 禁じて, 禁書の, 禍根を, 私より, 種類も, 空海道風を, 端なく, 箪笥の, 篆隷に, 簡単であった, 簡明な, 米国で, 紅色の, 純粋に, 経費の, 結局た, 絶えない, 翌年一月一日より, 翌慶応元年, 習うに, 老尼, 聖書と, 肉類いくら野菜いくらという, 自ら択ぶ, 自分に, 自由に, 芸術史上においても, 英国の, 英國の, 茶山が, 荀, 著者にとっても, 著者大島支郎氏売る, 葛洪以後も, 蕃書取調所に, 蕪村の, 表面日蓮遺, 西洋を, 西郷まで, 見いだされなかったが, 見るに, 見出されなかったが, 親戚故旧の, 觀るべき, 言うすべて空, 訳文からも, 読みける, 読みしか, 読みはじむれば知らず, 読むに, 読めん我兄, 誰でも, 誰某の, 論語と, 護送者から, 貫名, 貰つたの, 赤鉛筆の, 越えて, 輝くばかり, 農業林業港湾, 近世初頭における, 返却する, 追加の, 退学遊廓散歩は, 通常の, 速記録に, 過去の, 郎党の, 鄙近で, 重くかつ, 金元明人に, 鎌倉時代寛元, 長いこと, 閏十一月の, 間もなくスペイン語, 陸中国上閉伊郡に, 随時世人を, 青年として, 預言そして, 頗る珍重, 願書と, 驚きの, 魯公以上李杜の, 鳴海駅丁字屋吉蔵の, 鼠から

▼ 書~ (623, 5.4%)

15 して 10 ある 9 出て 6 来て 5 あつて, ついて, 来た 4 あるが, 残って 3 ない, 入って, 発表され, 郵便で, 非常に

2 [32件] あった, あって, あつた, ありました, あると, あるの, かなり詳しく, してあつ, たくさんに, とどいた, とどけられた, なければ, はいって, 公に, 出た, 出來, 出来て, 出版され, 到着した, 届いた, 彼に, 必要である, 提出された, 日本に, 書けて, 正確である, 生れて, 発表された, 紛失した, 行つたの, 被告の, 議長の

1 [481件] あったの, あったはず, あったもの, あったら差し出せと, あっても, あつたの, あなたの, あの再び, あらわれた, あらわれたゆえ, ありこの, ありこれ, ありさ, ありその, ありましたもの, あります, ありますから, ありますが, あり一萬三千二百六十九卷, あり之, あり外書, あり日本, あり虎の巻, あり風雲氣候, あるから, あるぜ, あるはず, あるん, ある弁護士, いいでしょう, いいの, いかにし, いかに彼, いくらかの, いつでも, いつもの, いつも引き合い, いるかという, うまいと, おりますからには, お手, かかって, かく命じる, かく売行の, かつてつとめた, ぎっしりと, くるん, こしらえられはじめ, これを, さうである, さながら欠び, しばらく先生, じつにうつくしい, すなわちこれ, すめば, そうである, そえて, その中, その人, その存命中, その途端, それである, そろそろ並び出し, たまさかに, ついてる, つかぬまえじゃ, つくこと, つけて, できて, とどいたが, どうかと, どこからとも, どしどし印刷, どの時代, どれくらい, どんなに緩和, ないこと, ないと, なかった, なかろう, なくて, なくては, なくとも, のせて, のっかって, ふと目, ふんだんに与えられ, ほしかった, ほとんど一致, ぼくの, ぼつぼつと, ぼろハンカチや, まいこんだ, まさしく示唆, また好い, また自分, まだ入らない, まだ及ん, まったく意味, まるでピストル, まわって, みな誇称し, もう色褪せ, もしその, もって飾る, やつと, よいという, よいとか, よく証拠立て, よしや信ずべき, よめたらさぞ, わかり易いやう, ギッシリ並べられ, ケンプ博士と, コレか, チベット語に, 一つも, 一ぱい立ち並ん, 一件ごと別々の, 一冊も, 一冊不足で, 一時に, 一杯入れられ, 一枚も, 一番よい, 一通あった, 丁亥の, 七月十二日から, 三倍も, 上手だった, 上梓される, 下り地所一万何千坪, 下附せられた, 世に, 世界に, 世界の, 世間に, 両軍対戦, 並んで, 二三冊ございます, 二三冊と, 五六冊, 五六册, 五月朔に, 亡びて, 交わされた, 人生の, 今に, 今の, 今急, 今日の, 付て, 仙台家に, 代表し, 伝えられて, 伝わって, 伸子あてに, 佐渡守に, 何か, 何千と, 何故に, 作られここ, 作成上梓される, 作製された, 使用され, 依然として新た, 保存され, 倭と, 偶断片を, 傳つて來ない, 傳つて居た, 傳は, 傳へる, 兄の, 先生の, 入つて, 入れて, 入手し, 全部日本文で, 六かしくて, 六兵衞さんへ, 其の場, 内務省と, 再び組みなおすべき, 凡庸の, 処々紅の, 出されたこと, 出たか, 出たならば, 出たの, 出たもの, 出てから, 出ませんもの, 出るには, 出来た, 出来ない, 出来ぬという, 出来上がったの, 出来上っても, 出来画, 分って, 分つて, 分署へ, 刊行されてる, 初めそんな, 到来した, 到着する, 前で, 前に, 前年十一月十二日レーとの, 前数者, 勸學篇に, 十左衛門にとって, 印刷され, 印刷し, 即ちこれ, 受理される, 同国で, 名技, 呈出される, 和洋とりまぜ, 哲学としての, 唯物史観に, 唯獨, 回って, 堆く載っ, 変って, 変化した, 多い, 多いと, 多くなつた, 多くの, 多く出, 多く出でた, 多く宋代, 多く日本, 多数出版された, 大分出る, 大変立派に, 大衆サービスの, 大部出來て, 大部分, 大陸から, 奇麗に, 好きで, 好きで溜りません, 好きな, 好き篆刻は, 好く読めた, 如何に, 妾宅へ, 始めて, 存した, 存在し得ない, 完全に, 官庁に, 官軍の, 定五郎相續願, 小野氏に, 届いて, 届けられて, 届けられ武蔵, 山の, 巧みであった, 帝紀と, 師大秀等の, 常に用いられる, 幅を, 幾つも, 幾らも, 幾人なり, 幾篇を, 幾通も, 床に, 廻って, 弟の, 張って, 形を, 往き校書, 待ち受けて, 後れて, 後れること, 後代の, 御用に, 復古的革命の, 心覚えを, 必ずしも有効, 必要だ, 必要でも, 必要に, 忽ち目前, 急に, 恐くは, 悉く戰國, 愉快きはまる, 愛されるという, 成立した, 成長を, 或は註文, 房州路の, 手もとに, 手本と, 承諾され, 拙い, 挟めて, 捧げられた, 探ぐりあたれば, 掲げられて, 提出され, 提案し, 握られて, 教育家と, 散亂, 数頁を, 整, 文淵堂の, 斯くも, 新らしい, 新日本文化, 日本を, 旨いから, 旨いと, 早く我國, 明治四十三年中に, 明瞭である, 春秋末期より, 普通の, 書かれたの, 書かれて, 書かれてから, 書けるか, 最も有効, 最初の, 最新らしい, 有つて而, 有り月謝束修, 朗読された, 朗読される, 未だ全く湮滅, 未だ市, 未だ達せなかつた, 未完結, 本場の, 本役の, 机上に, 来たとき, 来ましたと, 来ると, 果して信ずる, 樋口家に, 欲しいと, 正しい手, 正確な, 此場合に, 殊更ら, 残るとの, 殘つた, 毎日, 比較的どっさり出る, 求められたり, 汚らしく書きなぐっ, 沢山あっ, 沢山ある, 沢山に, 沢山出る, 添へ, 漢訳され, 漸, 漸く到着, 火鉢の, 無いという, 無事であった, 焼かれたという, 獲がたく, 現れたの, 現れて, 現われること, 現代の, 現実についての, 生れ出たゆえん, 田舎の, 異常に, 発せられたとき, 発行される, 発表される, 発表に, 発見され, 百通あっ, 皆こんな, 盆に, 盛んで, 看板字だけの, 真に分かれ, 眼には, 着いてたわ, 示すと, 私の, 科学書と, 移ったの, 窪みに, 端なく, 競売に, 納められて, 紛れ込んで, 紛失し, 紛失しました, 累見し, 終ると, 經若しくは, 続々流布, 缶詰の, 置いて, 置かれて, 署名人の, 聴衆に, 胸中に, 自分で, 自然に, 至ってすく, 若き人々, 葬式道具じゃ, 虚栄心を, 衆議院の, 行儀正しく, 袂や, 裁判長磯谷幸次郎宛に, 装幀を, 要らない其次, 要求され, 要求される, 見せたかった, 見たいと, 見つかつ, 見つかるだろう, 親友榎本の, 解決を, 触れたならば, 言及し, 記すところ, 証明し, 認められる, 説くところ, 読みさして, 読み上げられた, 読む人, 諸君の, 議会解散後の, 讀めない, 豫審で, 貴ばれて, 貼って, 赤インキで, 載せて, 載つて, 近々出る, 送りつけられて, 送達された, 這入って, 通って, 通計約, 速達郵便で, 遅れるぐらいは, 道風という, 配布された, 配達されました, 重んじられる, 鉱業人古河市兵衛へ, 鎌倉時代も, 開いて, 開けて, 関藤氏の, 降り込んだって, 隋書經籍志に, 願い立てに, 飛んで, 馬籠の, 馬鹿馬鹿しく乏しいという, 魯艦宛に, 麗, 黒死館の, 齎した救

▼ 書~ (273, 2.4%)

13 云ふも 7 一緒に 5 なって, 云ふ 4 御墨附 3 いっても, 崇められ一般, 照らし合せて

2 [13件] いうよりも, いえども, いって, いつたやう, お墨付, きて, なすの, なつた, なつて, 云うもの, 全く其の, 絵とを, 見て

1 [204件] あっては, いいただ, いうでは, いうには, いうべきである, いうを, いえば, いっしょに, いつたが, いつて, いはれ, いひ修書, いひ又, いふ, いふと, いへども, いへば, いわざるべからず, いわざるを, いわれて, いわれるもの, いわれる人情本, いわんよりも, おぼしいもの, きいて, されて, したと, した文字, しるして, すること, するに, する予期, その弟頼三樹, それから, それから選び出され, ぢよ, つき合せて, であろう, どういう角度, なして, なしまず, なすと, なった, なったターヘルアナトミア, ならべて, なりあるいは, なりきれない程度, なりぬ, なり指導書, なり類書, なるかと, なること, なるであろう, なると, なるの, なるはず, なるべき日本文字, はっきり言った, ひきかえに, ひきかへに, みず一般社会現象, めに, わしの, カーカップの, バラバラ日記, プドーフキンの, マクスウェルの, マルクスの, 不可分の, 並んで, 主張し, 二人の, 云うこと, 云えば, 云つた, 云ふべき, 云われたの, 人形書子は, 似た書, 併行し, 使徒行伝の, 八カペイキの, 医書と, 千重子さんの, 原簿との, 受領証こちらの, 同じく天子, 同じく小説, 同じよう, 同じ事, 同一視されるであろう, 同文な, 同樣, 名前を, 周旋料とを, 器械を, 地図と, 地図を, 変りました, 多くの, 始末書には, 学校の, 安物の, 宝剣とを, 実印とが, 寂しき川島家, 専門書は, 小倉の, 小刀の, 崇められ夫, 川目直の, 差配や, 度人妙經とを, 建白書とを, 引きくらべて, 引き換えに, 彼の, 御墨付は, 御墨付も, 御墨付出し, 御墨付確かに, 心得た人, 必要な, 思いくらべると, 思いの外, 思へるなり, 我が全幅, 戸籍抄本とが, 探偵小説, 推薦書とを, 撰ぶところ, 教えるよう, 料理屋の, 日記など, 日記を, 晩年とでは, 曰ふ, 書いたもの, 書いた私, 書いて, 書簡とを, 東照公御, 東照公御墨付を, 標題を, 殊にレントゲン写真, 比較し, 水引を, 港まで, 為替料とを, 照らしあわされて, 爐火, 版に, 申しますか, 申しますが, 相対的稀覯書と, 着換えとを, 知ったの, 称すべきもの, 称すべき際, 称す可, 称せられて, 称せられるもの, 稱する, 筆とに, 篆刻とを, 紀との, 経費の, 署名した, 考えその, 舊唐書との, 航海図と, 行き違, 被告の, 覆いの, 見ては, 見ること, 言うても, 言つ, 言つた嵩高な, 言は, 言ふ, 許可を, 評する, 試験表とを, 試験表を, 認めても, 財産目録は, 贈とは, 起請文の, 趙子昂, 足尾造林及び, 違いまして, 違って, 銃器店の, 霊巌洞, 音律とを, 題する一冊子, 題する教科書, 願書とを, 類しその, 類書との, 風呂敷包を, 首っ, 首っ引きで

▼ 書~ (229, 2.0%)

5 の窓 4 に坐つ 3 にし, のなか, の隅 2 であつ, である, に入る, に行く, に這入, の前, の扉, の掃除, の柱

1 [193件] から, からよく, からテニソン詩集, から下りよう, から出よう, から夫人, から小説, から巨, から紙, から聞え, があつ, がまた, が仕事場, が薄暗い, が造り, だといふ, だとか, だとかと, でお, でしたから, でもよく, で一人, で向き合つて, で夫人, で暫く, で會, で死ん, で濟, で私, で花, で近松世話淨瑠璃以下, で遂に, で面會, で鵞筆, といふ, といふ書齋, とか云, とか居間, としてる, として一室, として居られました, として特に, となるべき, との間, と主人公, と家族, と月, と此, ならそこさ, にあて, にかへる, にこもつ, にて, になつ, にのみ多く, にのみ引つ込ん, にはいつ, にはいつた, にはいる, にはじめて, にはなくし, には先頃坪内先生未亡人せん刀自, には火, には犬養木堂翁, には飾, にも孵化, にやつ, にゐる, に今や, に備, に入り, に取つ, に呼びつけ, に坐, に坐つた, に多く, に對, に引ツ, に引ツ籠つて, に引籠ツ, に戻る, に招待, に於い, に書物, に案内, に歸, に歸つて, に當, に直り, に立て籠り, に籠, に翁, に聲, に訪れ, に走, に逃げ込ん, に這入つた, に這入る, に通, のソフア, のドア, の一文人, の中, の卓, の唐紙, の壁, の如何, の座, の彼, の徒, の意義, の戸, の搖, の文字, の文柔弱, の新築祝ひ, の方, の机, の次ぎ, の深夜, の灯, の爐, の石段, の空氣, の精進, の絨氈, の自分, の袖部屋, の襖, の調度, の長椅子, の隅々, の障子, の隣, の離室, の革椅子, の額, はしんと, はもと, はやはり, は人, は反, は地袋, は家人, は居る, は書齋, は東, は燈火管制, は眼, は義雄, は誰, は郁子, へ, へいつ, へお, へかへる, へでも寢室, へ來, へ入, へ平次, へ引き取ろう, へ引つこん, へ引返した, へ引退, へ案内, へ歸つて行, へ行く, へ行つて, へ誰, へ這入つ, へ這入つた, へ通る, もお, も時に, も洋風, も近ごろ, や家, や家族, より見, をかへる, をたくさん, をもつた, を作つてそこ, を初め, を惜不發書樓, を空, を立退かなけれ, を見, を見た, を覘, を身輕, を輕蔑, を通り拔

▼ 書には~ (210, 1.8%)

2 こう書い, 實に, 左の, 旦那の, 絵入りの, 署名を, 説いて, 連り

1 [194件] あらざりしならんと, あらざれども, あり退治, いちばん記載が, いつも大地, いろ, いわゆる唯物論的, お歴々の, かう云つて, かう書いて, かなりしばしば同, こういう献策, こういう項目, ことにその, このさい, このよう, この楯形, この賀平使, これに, これらの, せめて真名古, そのころ, そのとき, その忍, その顛末, それと, たくさんに, たしむとなつてゐた筈, だいぶ貼り紙, どうしても深, ない, ないが, なくな, なにも, なんと書い, はっきりと, またその, みんな僕が, むしろそれ, やはり山の神, アラビヤの, キスや, モスクワの, 一つの, 一つも, 一も, 一九四三年フリオ, 一点も, 一番に, 一種に, 一篇の, 七八万スタディアと, 三男とも, 三百ポンドと, 三百七十五フランと, 上方の, 下野に, 不肖ながら, 世界の, 中村屋創立当時から, 事が, 二十五日と, 互に出入, 亜砒酸中毒が, 人物の, 今一つ失せ, 仏教排撃の, 住所氏名生年月日を, 何う, 何とか適当, 何一つ書いてなかつた, 何故か知らぬ, 使えないと, 使用し得ない, 先ず, 全くその, 全く之, 六十日の, 兵学の, 出て, 初め朱墨の, 則清とも, 勝湛房, 単に, 単にお, 又, 古いもの, 史, 同じやう, 君の, 唯だ, 單に, 四つの, 図入りの, 圈點を, 坂の, 坊さん型とも, 堀達之助志筑辰一郎兩人下田詰合通詞の, 多く聞人, 大塔, 大抵, 奇異の, 妹とも, 子の, 存外能書, 小島成斎の, 小川佐平次祐忠の, 山門復興の, 島後の, 年次若く, 弘徽殿女御を, 必ず眼, 急性肺炎と, 或る, 手を, 拾何円とか, 支那以来団という, 政治哲学の, 政治哲學の, 斉川以西有羊腸維石厳, 新刊の, 方位の, 方法を, 日本が, 日本の, 日本は, 明らかに, 書いて, 書いてなかったじゃ, 書を, 月日が, 望みの, 棒を, 概略を, 次の, 歌によって, 此の, 殺人が, 永禄年中に, 江戸を, 池田氏の, 法典の, 流行性肝臓炎の, 浮島なる, 片仮名の, 特に煩いがち, 猶, 猶数人, 猶落合敬介, 猶関藤藤陰, 現行議員の, 画ほど, 盛り切れないの, 福山の, 私も, 種々の, 竜光寺境内の, 端的率直な, 第一著, 第二項, 筑波挙兵の, 粗略な, 紀州の, 結婚不可といふ, 絶無である, 老中の, 自分の, 自分らの, 色々疑問, 茶山が, 藝文志と, 藥の, 蘭軒の, 見えない, 見えないこと, 見えぬやう, 記されて, 記して, 語が, 辭句の, 農事の, 近衞三藐院, 道意を, 重複を, 野州宇都宮在粂蔵の, 鉱毒惨害の, 錦橋は, 鐘を, 隨分かう, 非ず, 顏眞卿は, 魯迅さんが, 鰐水の, 鳥居の

▼ 書~ (209, 1.8%)

3 ある 2 よく書く, 作つて見た, 手に, 読んだらう

1 [198件] あった, あったかと, あったが, あったよう, あらず何人たる, ありこれ, ありし, あり一たび, あり之, あり支那, あるが, あること, あるし, あるの, ある犬, ある詩, あろうと, いまだ差上, かくては, かれの, ここへ, ことによる, このこと, この後, ごたごたに, して, すでに戦国時代, すでに百種, すべてが, すれば, せずに, せず下書, そうである, そんな書類, ついて, ついてるから, です天, どうにも気はずかしく, ない, なかなかよく書い, なく金, なし, なし何, はなはだ乏しけれ, またうたかた, またこれ, またともに, また広く, また推移, また獄, また脱稿, まだです, むかしなら, もう出来上っ, やはりさ, よう読みませぬ, よく読む, 一枚も, 万年筆も, 不自由な, 世間には, 二三冊読ん, 亦亡び, 亦往々, 亦蘭軒一代, 亦饗庭篁村さん, 今年は, 仏作って, 仏書も, 伝わり算盤, 何も, 作らねば, 作られたけれど, 作者も, 佳いし, 倭文字牛の, 傳らぬ, 僧侶型では, 出て, 出で, 出来ませずなに, 出来二年, 加えて, 千束に, 参らず先ず先ず, 取り損ねたに, 同じである, 同じ方法, 善くし, 四五十通以上は, 四月七日で, 多かった, 多くその, 多く又, 大抵レクラム版, 大部分, 學問と, 宅に, 実にうまい, 実に行届いた, 實に, 少くない, 少しある, 少し読み, 屡, 差上げようが, 広く行われ, 延期意見書の, 引き立ちて, 当時は, 彼が, 御多忙の, 御転覧, 心理説明も, 必要に, 性が, 恐らく酔臥, 拙者の, 持って, 持参し, 放っては, 日附も, 旧の, 旧約書の, 早く渡来, 書いて, 書き終つた, 朝暮對し, 机の, 机上に, 極めてお, 次第に殖え, 歌や, 歴史の, 死亡証明書も, 汎濫し, 法師の, 混入せり, 済世の, 渉猟し, 溢れて, 澤山出來た, 獄中の, 玄人くさく, 生まれて, 画も, 當時としては, 相当蒐め, 相応に, 矢張自分の, 筆を, 米元, 考えた, 能く, 能くお, 能くしたらしいが, 草稿の, 菎蒻本や, 著は, 蔡夫人も, 行きわたるまい, 見ずという, 見せて, 見せ生, 見たが, 見つかり次第, 見なければ, 覗いて, 解さぬ僕, 計うる, 記入事項も, 訳され昨日, 読ざるべからず, 読まで, 読み天竺, 読み画筆, 読み西洋諸国, 読む, 読む伝記, 読む気, 読めなくなっちゃった, 読めば, 読んだが, 読んで, 諸将, 讀めず且又一生芋, 讀破できた, 貴重な, 買つて來て, 趣意は, 身元証明も, 通過した, 遺つて, 配達された, 釉薬の, 間もなく散じた, 順序として, 飲酒の

▼ 書~ (136, 1.2%)

13 あつた 5 あつて 3 読んで 2 でも, ラテン語で, 信吾の, 儒者の, 君が, 書中は, 次の

1 [101件] あおぎながら, あつたらう, あなたの, あらうと, いっぱい, いっぱいだ, きめられた重罪, くど, こうかい, この条約, この飛行艇, これは, ござります, しかもその, すぐに, すむ筈, すら現地, その山火事, その要所要所, その過去十二年, その附書, たてよ, どこから, どこの, なかなか読めません, なりと, ほとんど巻, よほど古い, わかりますわ, マヽコスは, 一名, 一日も, 万々一新聞にでも, 亀千代ぎみの, 二十七年前の, 二枚一杯に, 亦わたくし, 伝授されました, 何人も, 六カ月前に, 其の意味, 判る事上述, 別々の, 前に, 南画の, 受取済に, 古典とも, 味を, 問合わせた, 囘教の, 埋れた, 塗り尽された部屋, 外国に, 存命中に, 学んで, 実に立派, 小説の, 当用を, 彼が, 御覽, 忙が, 所々涙痕を, 捏ちた, 教えられ又, 教へ, 明るみだしたとは, 昨夜の, 書いて, 木曾谷山地古来の, 本質的な, 殊に北齊, 氣を, 王等が, 璧と, 画の, 盛んに, 経済の, 編輯の, 而も, 良寛の, 茶山の, 蘇敬以後の, 被害の, 見たこんな, 見たたれやらの, 見たところ, 見た鬼界ヶ島, 見ると, 記録し, 認めて, 読んだところ, 読んだり, 調べると, 讀んだ事, 述べたこと, 逮捕状を, 鉱毒問題は, 長文の, 非常に, 食つてゐられる, 飾られた扇

▼ 書にも~ (103, 0.9%)

7 書いて 5 見えて 2 それは, 世々いう, 俳句にも, 出て, 転載せられた

1 [81件] あったと, あまり身, ある, あるし, あるとおり, あるよう, ある如く大正元年, いろいろ載っ, かいて, かいときましたが, この地方, これに, こんな杜撰, さし身は, その例, それを, そんな名, ない人間, ほのすせり, またこれ, また或, みえその, オマール・カイヤム等の, ヒンズ人が, 三年に, 云って, 些少ながら, 人家の, 今出川治右衛門の, 伝えられて, 倦んで, 元禄十一年に, 別様に, 又色々, 及んだので, 同樣, 哲学書にも, 孔明が, 小説にも, 引かれて, 彼の, 御誓文, 徴すべき, 必ず載っ, 手落は, 拠らず単に, 探偵小説は, 早くから見え, 明るしと, 明記されず, 書いてない誰, 氣凛が, 珍らしい, 画にも, 秀れ, 種あかしが, 種類が, 窪谷なぞ, 符号を, 精通し, 紹介され, 絵は, 羊質虎皮は, 見えず近代, 見えぬが, 見えるから, 見える巨, 見ゆる通り, 見当ら無い, 記されて, 記してない, 記憶の, 認めました通り, 載せて, 載って, 近年はめつ, 逐一したためた, 通有の, 適用し, 革命といふ, 骨董類にも

▼ 書~ (95, 0.8%)

2 新聞報道を, 画の, 秘伝を

1 [89件] いろんな符諜, えんぴつなどが, その他で, その数字, たまに, また大, ガラテヤ人に, ノートなどが, プログラムを, 三十五条などの, 乱数盤が, 予審調書に, 事業の, 人の, 何かと, 何かを, 入門書の, 兵法三十五箇条などの, 兵法三十五箇條などの, 写真などを, 写真に, 刀劍や, 古文書類を, 古物や, 問題集を, 四則算の, 地理歴史考古学等の, 報道の, 報道は, 報道全部が, 声明書でも, 学術書と, 小説などは, 届書を, 幾何学を, 手金なんか, 抗議書や, 擬態の, 教えた人, 教具器械の, 教区内の, 教師の, 教科書類を, 文学書を, 文房具の, 文献は, 文相辞任勧告という, 文芸の, 日本人の, 棋士の, 武道の, 歴史や, 焼き残り, 煎茶を, 独特な, 独行道ぐらいを, 画などを, 画は, 画も, 画を, 画家の, 短歌の, 研究何年も, 神道家の, 絵の, 絵図面を, 置時計や, 聖賢を, 聞いた人, 表を, 見舞物など, 規則書の, 設計図面などが, 証書類の, 語彙を, 調査願など, 論文集など, 讃美歌の, 走り書の, 身分証明書の, 軸物の, 軸物を, 辞典や, 近くは, 逆に, 通鑑が, 通鑑又は, 進言書を, 韻学書などにも

▼ 書~ (86, 0.7%)

4 を出し, を見 3 にし, をよこせ, ヲ出 2 て置, には故, を出した

1 [63件] が, がある, がなく, が入っ, が出る, が大事, が大切, が来た, たから, て立去りし, て行, て行く, と二枚, などがあったら盗ん, などは何ひとつ, なン, にも天主教, にも慰藉料, に判, に書い, に決して, の内容, の到来, の山, の様子, はどう, はまた, は綴り, まで取交し, まで取替せ, まで取替わせた, まで添え, もある, も何, も差出さなかった, るほど, をかえし, をくれ, をもっ, をもらい, をやっ, をよこし, を下人, を以て被, を伊之助, を前, を取られた, を取り上げ, を取替わし, を受け取つ, を受取り, を執っ, を差出し, を引っ掻きまわしはじめた, を持たし, を持たせ, を探し, を放りつけ, を書い, を書く, を見る, を進ぜよう, デ出

▼ 書~ (66, 0.6%)

4 のを 3 という

1 [59件] から, からいけない, から上部, から西洋, か分らぬ, か酒井蔵書, がすでに, がそれ, が最後, が罪, これも, ぜ, そうです, つて, というの, というよう, という教師, とお辞儀, とかいった, とかつて, とか何とか, とか嘘, とか平易, とか逮捕状, とて並大抵, とばかり思いこん, と云, と云う, と私, と言, と言う, と言おう, と言っ, と驚かしめた, なから本, ながありあり, なとは反対, など, なになっ, なには, なに近づい, なの, なのうしろ, なのしかけ, なのすみ, なの一部, なの一部分, なの前, なの四つ, なの奥, なや机, なを背景, ねお前知つて, も送り来たらず, よ, よ丸め, チベットの, 参考書だ, 武士たる者孫子呉子を

▼ 書では~ (65, 0.6%)

7 ない 3 あるが, なくて 2 ないが

1 [50件] ありませんが, ありませんよと, いつも縦横, これ等の, ございません, その考え, そんなに偉い, どちらかと, ないか, ないかと, ないから, ないだろうか, ないという, なくして, なくむしろ, なく人, なく充分, なく暴露史, なく積極的理論, なく荻昌国, なく革命, ひけを, もちろんありうる, ドストイェフスキーの, 五里と, 何う, 何も, 六朝時代に, 分類を, 北朝は, 向匱男, 品川宿旅籠屋安右衛門抱と, 大層に, 宿屋に, 少しも, 年一割二分の利子を, 彼が, 得意な, 既に拾穂抄, 書き, 末延は, 次ぎに, 無い, 無くて, 皆一応, 秋萩帖が, 第一次五カ年計画, 結婚の, 自己の, 非常に

▼ 書として~ (64, 0.6%)

2 受け取ろうと, 展覧会を, 珍重され

1 [58件] あげて, いやしくもアイヌ語, この腹一つ, できて, でなくても, とり出されて, 不当に, 世に傳, 世間に, 仏典の, 作られたもの, 僅かに, 六芸社のは, 其の傍近, 再び公表, 出版された, 出版する, 勸めたい, 史記を, 売付けたり, 天下に, 家に, 審美心あるいは, 小説を, 強い感銘, 後世に, 必要な, 愛読した, 扱う誠実さ, 挙げられる, 挙げるべきもの, 推薦せざる, 擧げたるなど, 政治に, 文章を, 早計に, 書きはじめ一, 本官の, 欠くべからざるもの, 珍重する, 理想的な, 當時の, 発行した, 私の, 私は, 総管所あて, 編録された, 考へられて, 興味が, 著されたもの, 行はる, 記憶に, 読み宗教的気分, 読んだもの, 讀んだもの, 載せた三つ, 近代の, 都鄙の

▼ 書~ (61, 0.5%)

4 では 3 による 2 にしるされた, によれ, に詳, のヘンサン, の示す

1 [44件] から続, がどの, とアベコベ, と同じ, にある, における短い, にそういう, にはそういう, には因幡, にみえる, にも, にもスクナ, にも見え, に吾湯市, に接した, に於い, に明らか, に残された, に現れ, に菟道, に表現, の, の仏教渡来年代, の伝え, の出来た, の壬申, の役目, の戦記, の文, の方, の昔, の瓊音, の編纂, の記述, の記録, はそう, は書い, は紀伊カマ山, もあまれた, も古事記, や万葉集, をとおし, を読んだ, 続紀

▼ 書~ (54, 0.5%)

13 てある 5 てゐる 2 て, てあった, てあり, てあれ

1 [28件] これを, その下, たりした, たり今日, てあります, ている, て一枚手許, て之房, て云, て去りぬ, て双葉, て古山静斎, て山頂, て後人, て曰く, て法皇, て茲, て血, て表しいだ, て見よう, て識別, て逃げた, て遊ん, 其北の, 左側に, 廃朝仰せ出でられたる, 終つた, 者に

▼ 書である~ (52, 0.4%)

3 ことは 2 が, ことを, ということ, と同時に

1 [41件] か, からかっと, からである, がこの, がしかし, がその, がそれ, が天平, が日本, が父蘭軒, が稀覯書, が素質的, が辭學, けれどもこの, けれども俳句そのもの, この本, だけに政治, という特色, といふ疑問, としか感じられない, としても良寛様, とともにまた, とも又, と云う, と做す人, と思う, と断定, と白状, と知人, と考へ, と見た, と論じ, にかかわらず, にも拘らず, に後, よりも先ず, 事が, 孔子一世辨記二册と, 帝紀を, 所の, 而し

▼ 書經籍志~ (50, 0.4%)

2 に至つて, の分類, を作る, 新唐書藝文志

1 [42件] が開元, であります, である, では經解, で不明, との子目, との比較, との間, と同, と同じ, と新, と舊唐書經籍志, などの體裁, などは人, には疑, には譜系, にも載, によれ, に之, に云つて, に依る, に名, に唐, に於, に梁以來, に載つ, に酷似, の四部, の序, の退歩, は五代, は劉向, は史部, は天寶以後, は玄宗時代, までの間, まではあります, もあり, も之, や史通, を書いた, 新舊唐書藝文志

▼ 書~ (49, 0.4%)

6 に拠る 42 は此

1 [37件] では, で極, と一致, と墓誌, と直, には, には不幸, には北, には形状鶴, には源, にみえ, にも決して, によるに当時エタ, に京水, に瞞, に空しく, に見え, に見えない, に詮応, のみを美, の交際, の例, の原文, の寫, の水脈, の理窟, の番頭さん, の矛盾, の記事, は其文, は必ずしも, は極, を参照, を唯一, を基, を用, を見る

▼ 書~ (48, 0.4%)

4 ある 3 見玉 2 あった, いる, 張りたるを

1 [35件] ありますから, ありますが, あるから, あるの, あるもの, あるマア日本, ある字, あれば, ふ, まだ足らず, やろうか, 世間を, 中の, 人の, 今木といふ, 佛の, 僕に, 姉さんの, 居ながら, 居ました, 居ます, 居るの, 御座いまして, 扇子引さくなごり哉, 是れ, 有るから, 来ました, 置きました, 置く, 腰の, 貰た, 貼りたるを, 進げたら, 遣た, 遣たこと

▼ 書という~ (48, 0.4%)

5 ものは, ものを 4 のは, のを, ものが 2 のが, ものにも, ような, 一種の

1 [18件] ことが, ところで, ものその, ものなど, ものの, ものも, やつな, 商品の, 四冊ものの, 巧い, 性質の, 意味の, 所を, 程で, 芸術も, 落款で, 記事も, 話も

▼ 書でも~ (47, 0.4%)

2 ない

1 [45件] あったらちょっと, ありません, ある, あるかの, あるから, この画, しよう, すること, せいぜい趣味, そうである, ないか, ないの, なく単なる, なければ, なしまたは, また物語, よく似た, わかる通り, 兆民先生は, 出させること, 出たらどんな, 分るよう, 反省の, 取られたら双方, 受取った時, 売れる本, 存し, 崩れると, 役に立つこと, 手に, 掛ければ, 新唐書, 書くか, 武蔵と, 決してない, 無いで, 無ければ, 稼ぎは, 絵でも, 綴れ, 考慮の, 読む事, 読んで, 論文でも, 質に

▼ 書から~ (41, 0.4%)

2 多元の

1 [39件] いわゆる悟り, おひろいあそばせ, お始め, して, でっち上げた君, また, 以上の, 伝わったの, 伝わったもの, 伝わった風, 伺うこと, 作ったもの, 入ること, 出て, 取つたの, 取ること, 嗅ぐこと, 宋代の, 宗教書に, 宗教的農學者佐藤信淵の, 得られたもの, 戦後十カ年間の, 抜粋し, 抜粋文集から, 抽斎に関する, 拾った, 採ったもの, 日本が, 最早絶対, 材料を, 畜類に, 発せられた警告, 直接に, 移したもの, 訳出した, 譯した, 資本主義の, 離れて, 顔を

▼ 書~ (36, 0.3%)

7 の上 5 の前 2

1 [22件] から時, から見た, が混凝土, で実験, で費やした, と椅子, に向, に少し, のき, のなか, のへり, のほう, の下, の抽出, の抽斗, やその, をひろげ, を入れる, を強く, を据ゑてある窓, を置い, を蔽つた

▼ 書した~ (33, 0.3%)

7 ものが 2 のは, ものと

1 [22件] ことに, その時, とおなじ, のかも, のである, ので件, のを, ものである, も同然, 三百枚ちかい, 天平二十年六月十日の, 文に, 文字は, 最初の, 紙が, 荷札が, 行灯は, 註が, 過去帖に, 遺書を, 鉛筆の, 黄葉夕陽村舎の

▼ 書なる~ (29, 0.3%)

7 ものを 5 ものが 2 ものは

1 [15件] かな喜舎場, かを知, かを究め, が故に, ことは, ことを, こと是を以て, は足袋, ものも, を推し得, を知れ, 仏典の, 名の, 山海経にも, 者は

▼ 書などを~ (25, 0.2%)

2 幾冊も, 野見の

1 [21件] そなえて, とりあげるもん, ほとんどその, 一眄する, 主として出版, 今夜の, 取交, 好む人, 引き出して, 引繰り返し, 掻きちらして, 沢山見, 無闇にも, 盛んに, 自分で, 見て, 見ながら, 見ると, 読むこと, 読んだこと, 読んで

▼ 書をも~ (24, 0.2%)

2 見ずに

1 [22件] 作らざるべく又, 取り上げぬといった, 受取れり, 売払わなければ, 引き合ひ, 成すべき押問答, 殆ん, 添えて, 渉猟し, 研究せし, 私の, 考合し, 著さなかつた, 著は, 見たること, 試みに, 読み歴史, 読んだ, 讀ませて, 讀み難, 送った, 集めはじめた

▼ 書~ (24, 0.2%)

2 の戸

1 [22件] からなにやら, から出版, が今, が見える, で, というの, といふ本屋, と鶴仙堂, におさまっ, には君, に請, に逝った, のこと, の主人, の内, の壁, の居間, の方, の軒先, の陰, は古本, 新下絳紗帷

▼ 書~ (24, 0.2%)

5 に就い, の考察

1 [14件] から論じ, が對等, だつた, でしかも, で認めた, で達者, に似せ, に熟し, に犬, は明, も亂, やらに就い, よりする, より推し

▼ 書~ (22, 0.2%)

3 ものを 2 に違い, のだろう, ので無い

1 [13件] とすれ, と云う, のかも, のです, のなら, もので, ものである, ものと, ものにも, ものは, 借用証文と, 勿論老人, 長方形の

▼ 書~ (22, 0.2%)

3 がある, がし 2

1 [14件] あり原本, があつ, があり, にしよう, の易経十三冊, も何もかも, よりも夥しい, をした, を写し出す, を嫌がる, 契約, 店志望の, 時には, 時の

▼ 書~ (22, 0.2%)

2 である, をした

1 [18件] がいい, がそれ, が極めて, が誠に, だが, と手工, なぞを注意, なん, に傾いた, に設けたなら, のありし, はあんまり, はしない, は決して, は牛, をせず, を学ぶ, を注意

▼ 書~ (21, 0.2%)

6 のである 2 のであった, ア福島磯といふ

1 [11件] おしに, のか, のだ, のだろう, のであっ, のであつ, のであり, のであります, のです, ので光線, んだ

▼ 書によって~ (21, 0.2%)

1 [21件] その審議, われわれの, われわれは, 信者に, 入門し, 受けたところ, 哲学的思索が, 始めて, 授けられる知識, 既に読者諸賢, 有名に, 正すこと, 知るほか, 確定しよう, 示されて, 簡単に, 綿密な, 講演し, 識者の, 越後越中の, 透谷その

▼ 書上げ~ (20, 0.2%)

2 のある

1 [18件] その上道頓堀, ておいた, てくれない, てしまいます, てしまはない, てみ, て急い, て私, て若干, て識合い, になつ, に似た, に困んだ, の厖大, の類, も何, を綜合, 名士博士を

▼ 書藝文志~ (20, 0.2%)

2 に至つて

1 [18件] からあまりに, からである, ではこれ, では含ませ, では起居注類, との間, と云, と同じ, には天文類, には譜牒類, によつて, に見えない, の粗略, は北宋, は心, は注, も崇文總目, 並びに崇文總目

▼ 書など~ (19, 0.2%)

2 全然信用, 見ようとも

1 [15件] あまり習, あんなこと, かきて, して, すさめぬ人, 出して, 出すつもり, 宿屋の, 所謂パウロの, 折に, 教理に関する, 書く事, 繙いて, 見せて, 読めようわけ

▼ 書を以て~ (19, 0.2%)

2 書を

1 [17件] これを, した, す, せり, 伝へ難し, 大宮大納言殿の, 天下に, 御名江被, 曰ク, 曹真を, 残候事, 立論の, 答へ, 終るや, 聞えた, 親王の, 鳴ったもの

▼ 書~ (19, 0.2%)

2 は出来ん, をし, 御役所

1 [13件] だの手形, とは切米券, に役所, の連帯, へろ, へをする, も為んで, をさせる, を為せ, 問題の, 奉行といふ, 御役所前, 所が

▼ 書~ (18, 0.2%)

2 へてもらつた, へてゐた

1 [14件] がし, ておく, てゐない, へた, へてあつ, へておく, へてゐる, へて署名, へをり, へ元日, へ或は, へ給, へ置く, をしなく

▼ 書~ (18, 0.2%)

1 [18件] がふんだんに, が挙げられる, で間に合わせ, にこれ, には一字一句, によって調査, にインド算書, に及べ, に収められ, に奉勅云々, に就, に詳かなり, の文書, は自筆, より採っ, を引い, を教授, を発し

▼ 書~ (17, 0.1%)

1 [17件] 主君明公, 以テ家屋ト為ズシテ書ヲ, 以テ我, 友トナスノ益ニシテ又, 呈ス, 呈スルノ大罪ヲ, 大都督公瑾, 家トセズシテ友トスベシ, 按ズルニ任土ハ有ヲ, 提出スベシ, 携帯シテ本社受付マデ, 是レ信ジテ之, 著ス其, 読マザル者ハ一モ通ズル所ナキ也雖然, 読マントスルニ亦, 読ミシハ, 讀ミ感ズル所アリ

▼ 書~ (17, 0.1%)

1 [17件] が作家, が好き, でもさうである, どころか丸, には明るい, にも巧み, にも眼, の字, の寫眞版, の拓本, はその, や茶道具, や骨董品, をかい, をかかせる, を作つた人, ヲ能クスル者ハ

▼ 書~ (17, 0.1%)

2 から一二冊, の前, の観音開き

1 [11件] と机, などをとどけ, にそんな, にはどんな, には何ん, には洋書, のほか, の中, の傍, は壁, をわき

▼ 書~ (16, 0.1%)

4 ばや, 何か 1 したの, はる人の, むものとて後なる, 何かを, 何にか, 慧琳の, 文学物も, 目下英仏の

▼ 書といふ~ (16, 0.1%)

3 ものは 2 ことを

1 [11件] ので, のに, のは, ものある, ものが, ものに, やうな, 友ある, 字は, 者を, 議論が

▼ 書としては~ (16, 0.1%)

2 これが, 恐く世界無比

1 [12件] この人, すでにシロコフ・アイゼンベルク, 久しい間, 今猶, 北宋槧本の, 波多野完治, 眞率直截の, 矢張漢志以下の, 西周の, 西本願寺に, 遺つて, 随分古い

▼ 書などは~ (16, 0.1%)

1 [16件] なまなか出さない, まだよほどこの, むしろ信ずる, 一冊も, 作家にとって, 割合に, 勿論古, 卑俗な, 可笑しく候, 存在する, 宋の, 持って, 有ったが, 殆ど見当らない, 現在では, 石版刷りの

▼ 書以外~ (16, 0.1%)

4 の書物

1 [12件] では僕, にはあまり, には今, には殆ど, にも語学書, に僕, に格別, の参考書, の源泉, の知識, の読書, は息子

▼ 書~ (16, 0.1%)

2 一章には, 九頁, 九項, 八章廿節 1 一輯乃至第五十八輯, 七章において, 三十五章は, 三十四三十五章の, 二版一〇三頁参照, 二章より, 五章十一節に, 八章二十一節

▼ 書において~ (15, 0.1%)

1 [15件] しかるのみ, その時代, できるだけキェルケゴオル, 一つの, 人を, 今一つ注目される, 初めて, 名も, 天下の, 彼は, 最も強め, 最も恃, 用いた, 私が, 論じた思想

▼ 書~ (15, 0.1%)

1 [15件] としてその, に入る, に飛び込む, のありし, の中, の前, の名, の扉, の机, へやってくる, へ籠りとおし, へ這入っ, を出ない, を出る, を片づけ

▼ 書直し~ (15, 0.1%)

2 て貰

1 [13件] あるいは書, がやりたくなる, さうである, たり未, てまあ, てみたい, て持っ, て罪せられた, にかかりました, の出来る, もする, を要する, を要求

▼ 書附け~ (14, 0.1%)

1 [14件] が, が張りつけ, て置, となっ, などを眺め, のよう, の軽妙, をした, を入れ, を差出し, を差出す, を見付け出しました, 全部で, 御神籤

▼ 書たる~ (13, 0.1%)

1 [13件] ことを, に留まらず, の要件, は長, を失はぬ, 仏乗に, 性格が, 手ハなき, 易が, 理由に, 由, 絵を, 郡中作法の

▼ 書とも~ (13, 0.1%)

2 いうべきもの, いふべき 1 ならむことを, なること, に記念, 一気に夜, 云ふべき, 名づくべき, 畫とも, 相達し候事, 知らず指さすと

▼ 書とを~ (13, 0.1%)

1 [13件] かかえて, その作者, 一まとめに, 両軍部大臣, 交換する, 出して, 取って, 同じ順序, 手に, 持って, 本箱から, 点出した, 速達書留で

▼ 書ばかり~ (13, 0.1%)

5 読んで 1 であった, 入れられては, 勉強し, 書いて, 漁って, 漁るの, 見るよう, 読み耽った

▼ 書割り~ (13, 0.1%)

2 のやう, の様 1 が倒れ, だと, なので, にでもあり, に似た, のなか, よりももっと, を倒した, を背

▼ 書より~ (12, 0.1%)

2 外に 1 あるいはその, ほか修羅場の, 十年前に, 取らざるやは, 得る処, 抄録する, 朝睛堂相法の, 歴史に, 起り陰陽自然, 近代の

▼ 書などが~ (11, 0.1%)

1 [11件] しみという, しみといふ, 入て, 出て, 女中氏の, 掛けて, 模範的だ, 沢山ならん, 置かれて, 起草され, 随分目に

▼ 書なども~ (11, 0.1%)

1 [11件] その時殆め, 二三冊紹介し, 広く読まれ, 揃って, 書いた, 無意識の, 耽読し, 蓋し此神仙家, 見える, 読むが, 貸して

▼ 書とか~ (10, 0.1%)

1 お触, 参考書とかを, 学習帳とかいう, 寄留屆とか, 旅行記みたいな, 植木屋の, 注文数量引き渡し期日などを, 洒落本などの, 独逸の, 記とか

▼ 書とは~ (10, 0.1%)

1 いつも思ふ, 二日に, 何か, 初めから, 呼び得ないであろう, 大違い, 思はぬであらうロマン, 次の, 申されまい, 符節を

▼ 書によ~ (10, 0.1%)

1 つては, つてトルコ語と, つてホルム氏の, つて其以前に, つて十月下田へ, つて取りあげられ, つて天地萬物の, つて深く, つて王應麟の, つて聖書の

▼ 書に対する~ (10, 0.1%)

1 ときにも, 出版順序に関しての, 家庭の, 批評は, 明瞭な, 時は, 未練が, 要求に, 返書の, 関心を

▼ 書よりも~ (10, 0.1%)

1 この男, もっと委しい, 十年なり, 原典が, 原典は, 大きくて, 短いという, 私たちの, 貴い救, 身に

▼ 書~ (10, 0.1%)

2 の何處 1 となす, に印し, に對, のうち, の形, の能, ノ七, ノ八

▼ 書畫骨董~ (10, 0.1%)

1 が少し, でも取扱つた日, などを片付ける, の有難味, の本, の氣違, の道, よりは遊藝, をあき, を悦ぶ

▼ 書~ (10, 0.1%)

2 の下 1 から此頃, から眺める, から西, に閑座, の奥, の廂, より新, を驚かしぬ

▼ 書~ (9, 0.1%)

4 てある 1 てあるだ, てくれる, てやった, て下, て来申した

▼ 書なり~ (9, 0.1%)

1 しや, とおも, 世界第, 子孫謹で, 将軍家御感悦に, 新聞雑誌なり, 此の, 舊唐書なりを, 認めて

▼ 書について~ (9, 0.1%)

1 くる, これを, 主に, 仮名の, 参りますか, 直接ずゐ, 看て, 研究しなけれ, 補いしるさんこと

▼ 書もの~ (9, 0.1%)

1 ありと, なぞも, に見入った, の一端, ものこつ, をし, をする, を手, 卓子などが

▼ 書上げた~ (9, 0.1%)

1 から君, ときかう, のが, ので未定稿, のは, ものが, 彼は, 時には, 近作で

▼ 書上げる~ (9, 0.1%)

1 と云, と先ず, と同時に, と直ぐ, と直ぐに, 事に, 必要を, 筈の, 自信ついた

▼ 書及び~ (9, 0.1%)

2 俳画を 1 使徒達の, 史料を, 幕閣より, 旅券を, 次の, 詩篇は, 資料を

▼ 書殿~ (9, 0.1%)

2 の廊 1 から蔵人たち, にて親しく, の人, の夜, の大庭, の後ろ, ノ廊

▼ 書類従~ (9, 0.1%)

1 で見た, の, の中, の第, の配附, は正, もない, 第十七輯, 第十教育部所載北条幻庵覚書

▼ 書ある~ (8, 0.1%)

1 にあらざれ, に如かず, は何時頃, ものに, をもって私, を見る, 場合には, 由

▼ 書であり~ (8, 0.1%)

1 しかも後代, その逆, パリーの, 人類の, 假令模寫で, 和書では, 探検用の, 青年が

▼ 書とが~ (8, 0.1%)

1 いっしょに, なかったなら, 博士の, 好きで, 巴里に, 検事局から, 載せて, 陸軍大臣の

▼ 書と共に~ (8, 0.1%)

1 あの旧友, 一時姿を, 提出した, 東京へ, 檢事總長より, 添えて, 百何円の, 至つたのも

▼ 書などに~ (8, 0.1%)

1 依つて, 出て, 對する, 文句を, 書いて, 眼を, 耳を, 見えた輿籠

▼ 書なら~ (8, 0.1%)

2 書で 1 あたしだって, ば陶然, ん, 他に, 別段不思議, 澤山ある

▼ 書まで~ (8, 0.1%)

1 かいて, かなり広い, してあつ, 抜き取って, 書いて, 検べて, 添へ, 送って

▼ 書~ (8, 0.1%)

2 を果たす 1 など, も償, をすつかりかたづけた, を果し, を果した, を果して

▼ 書~ (8, 0.1%)

7 の材料 1 に從事

▼ 書~ (8, 0.1%)

2 の死 1 つらむか, の兄, の歌, の歌い, はまだ, は旅人

▼ 書~ (8, 0.1%)

1 で四等, と云う, にいつ, に孝, に高宗, のよう, を読む, を読むべき

▼ 書であっ~ (7, 0.1%)

1 てもいと, てサリー, てマグダラ, て二葉亭, て公, て広く, て浮世

▼ 書~ (7, 0.1%)

1 あらためて目, こうして出し, なぜ戻る, 出るにも, 向けて, 捺印した, 行かざるを

▼ 書~ (7, 0.1%)

1 との手, との関係, に与ふ, の云, の手, の誅求, の齎し来る

▼ 書~ (7, 0.1%)

1 が今, が刊行, が可, が殆ど新調, となる, なく附近, も亦

▼ 書~ (7, 0.1%)

7 同契

▼ 書~ (7, 0.1%)

32 がある 1 に見え, の終末

▼ 書~ (7, 0.1%)

1 といおう, には一脈, の持ち主, を保有, を構成, を表現, を見

▼ 書~ (7, 0.1%)

1 で手短, はいただいた, をかき集め, をのぞきこん, を封筒, を指した, を破き捨てた

▼ 書読む~ (7, 0.1%)

4 女あり 1 は無為, も懶し, 知識も

▼ 書込ん~ (7, 0.1%)

1 である, でいる, でおく, でもらえ, でゐる, で居る, で意味深長

▼ 書~ (7, 0.1%)

2 の用箋 1 から世界叢書, にゐる, の同僚, の横, の社員

▼ 書すなわち~ (6, 0.1%)

2 御疏 1 ヨブ記詩篇箴言伝道之書雅歌は, 所謂和算書について, 水路誌, 決戦状である

▼ 書だけ~ (6, 0.1%)

2 では 1 する, でうや, で釈放, 分かって

▼ 書だった~ (6, 0.1%)

2 わけだ 1 そうです, とおもわれる, のだ, のである

▼ 書だの~ (6, 0.1%)

1 すべて亡くなった, 修身だの, 報告書だ, 父母の, 細川頼之の, 遺物だの

▼ 書つけ~ (6, 0.1%)

1 だつて, て, ていた, にし, には死体遺棄, シーボルトの

▼ 書です~ (6, 0.1%)

1 か, がこの, がね, が艶書, ねん, 今度は

▼ 書~ (6, 0.1%)

1 へた, へてある, へてない, へてほしい, へて日本, へをなせる

▼ 書~ (6, 0.1%)

1 があつ, がし, でこれ, なども寫し, にいつか使ひたい, のある

▼ 書卸し~ (6, 0.1%)

2 の黄表紙お花半七 1 ていた, てゐる, の我童, 物の

▼ 書~ (6, 0.1%)

1 來久しく, 微の, 微を, 微十一, 微十二, 香

▼ 書問題~ (6, 0.1%)

1 が重大, が重大化, でも一途, にからん, を糸口, を繞

▼ 書振り~ (6, 0.1%)

1 から判斷, そのままの, である, であること, は謹嚴, を試みた

▼ 書~ (6, 0.1%)

1 あるべし, いだけなら容易, つた, のあつ, ひをど, もなく

▼ 書~ (6, 0.1%)

1 でもあつ, でティエランド, で名高かっ, となった, となり, 即ち書物

▼ 書調所~ (6, 0.1%)

1 と云う, なぞのすでに, に入門, に行, は洋書調所, を九段坂下元小姓組番頭格竹本主水正正懋

▼ 書~ (6, 0.1%)

1 が数篇, とどんな, と同, の根據, は阮元, を唱へた人

▼ 書齋人~ (6, 0.1%)

1 あるいは畫人, の堂號, の愚鈍, の空想, はその, もある

▼ 書齋號~ (6, 0.1%)

1 がある, などはあ, のある, はあつ, はそれ, を名づける

▼ 書かるべき~ (5, 0.0%)

1 か, ことが, 内容すらをも, 文字の, 終焉記の

▼ 書その~ (5, 0.0%)

1 意を, 振舞聞い, 演説は, 目を, 色と

▼ 書としての~ (5, 0.0%)

1 価値は, 哲学概論は, 形を, 本書の, 要素とは

▼ 書なれ~ (5, 0.0%)

1 ども兩書, ども其の, ばた, ば先進生, ば自然可

▼ 書に対して~ (5, 0.0%)

1 われわれは, 何様な, 余りに権威, 明治法律学校派の, 身を

▼ 書みたい~ (5, 0.0%)

3 なもの 1 な物, な略歴

▼ 書らしい~ (5, 0.0%)

2 ものが 1 ものへ, ものを, 本が

▼ 書をば~ (5, 0.0%)

1 しっかとふところ, 友達に, 汝何處に, 葉石に, 重臣どもへ

▼ 書を通して~ (5, 0.0%)

2 二つの 1 読んだの, 読書家に, 長いし

▼ 書並べ~ (5, 0.0%)

1 て一寸, て区裁判所, て婦人固有, て教, 男女共に

▼ 書~ (5, 0.0%)

2 は忘れた 1 とにしか文字, の下, は市川左団次

▼ 書~ (5, 0.0%)

1 から語草, にて御覧, に書かね, の現実, の著者

▼ 書損い~ (5, 0.0%)

2 の封筒 1 が抛り込ん, の手紙, をハガキ

▼ 書~ (5, 0.0%)

1 でなに, で大きな, にやって来, の柱, を表

▼ 書~ (5, 0.0%)

1 が窓, で句会, の一室, の床下, へ向っ

▼ 書~ (5, 0.0%)

1 とは何, な, な精神, のもの, 自註

▼ 書~ (5, 0.0%)

1 には經解, によつて, によつて出來, は見, まではやはり

▼ 書えた~ (4, 0.0%)

1 から持たし, のヨ, ものが, ものを

▼ 書かむ~ (4, 0.0%)

2 と欲す 1 と思へ, ものかと

▼ 書だけに~ (4, 0.0%)

1 あったとしても, して, 一方から, 驚くの

▼ 書だけは~ (4, 0.0%)

1 ともかくも, 別に一部, 自由に, 興奮し

▼ 書であろう~ (4, 0.0%)

1 ということ, と彼, と思い, 帳場の

▼ 書でない~ (4, 0.0%)

1 から虚説, といふこと, とは言い得まい, 洋書を

▼ 書なし~ (4, 0.0%)

1 と叫ん, に日本紀, 太閤の, 宜しく賢台

▼ 書などと~ (4, 0.0%)

1 一緒に, 共通な, 同列し, 釈迦に

▼ 書などの~ (4, 0.0%)

1 写しとの, 出る幕, 御工夫, 有無を

▼ 書においては~ (4, 0.0%)

1 人羹または, 彼自身も, 皆無鑒識の, 私は

▼ 書については~ (4, 0.0%)

1 それ以上の, 歐陽氏學の, 終にバアク, 語りたくない

▼ 書によりて~ (4, 0.0%)

1 わが三田, 之を, 正に救, 漸く烱眼卓識

▼ 書~ (4, 0.0%)

1 てある, ている, て今日, はせぬ

▼ 書~ (4, 0.0%)

21 或ハ亂雜ニ書スル等, 或ハ石盤全面

▼ 書~ (4, 0.0%)

1 一ツデアル, 何レ, 所説ヲ, 発刊ニ臨ミテ之

▼ 書上帳~ (4, 0.0%)

1 なるもの, による, の郷里, をつかんだ

▼ 書~ (4, 0.0%)

2 預時歌 1 に名, 預時

▼ 書~ (4, 0.0%)

1 事大事之, 御返事也, 正經, 際君時助対讐

▼ 書~ (4, 0.0%)

1 へると, りて, り歌, る頃

▼ 書~ (4, 0.0%)

1 に到る, は多く出, は支那風物研究会, 人追慕翁余徳此地猶

▼ 書以後~ (4, 0.0%)

1 その説, のマホメット教徒, の事, の出世

▼ 書~ (4, 0.0%)

1 か, に要する, の上, の書物

▼ 書~ (4, 0.0%)

2 は五百年, は八百年

▼ 書取調所~ (4, 0.0%)

1 から漸次, に命じ, の後身, の教育

▼ 書山荘~ (4, 0.0%)

1 から上, から歩い, での作, と共に何囘

▼ 書拝見~ (4, 0.0%)

3 仕候 1 又別紙ニ

▼ 書放し~ (4, 0.0%)

1 ではなかっ, で微塵, にし, のよう

▼ 書~ (4, 0.0%)

1 この三つ, に比し, の論, を書け

▼ 書~ (4, 0.0%)

1 などにも其影響, は今, 猶堪, 辭は

▼ 書~ (4, 0.0%)

1 に本, の裏紙長短, を得, を択

▼ 書~ (4, 0.0%)

3 の議論 1 が有る

▼ 書直す~ (4, 0.0%)

1 ことである, のに, のも, 可否である

▼ 書続け~ (4, 0.0%)

1 てあります, ていた, て行った, まゐ

▼ 書綴り~ (4, 0.0%)

1 ては出す, て一篇, て愛読者諸君, 畏れ多くも

▼ 書落した~ (4, 0.0%)

1 がこの, が今日社長, が入り, ものと

▼ 書記載~ (4, 0.0%)

1 の国書, の字義どおり, の犯罪事実全部, を異に

▼ 書遺し~ (4, 0.0%)

1 ておいた, ておく, て置かれた, 候我等一昨年九月四日の

▼ 書鉄券~ (4, 0.0%)

1 が下賜, も伝わっ, も家, をとりよせ

▼ 書あり~ (3, 0.0%)

1 てアントニオ樣, 其の簡淨痛快, 長跪

▼ 書~ (3, 0.0%)

1 持ちですかつて, 読みなされたか, 雛妓時代の

▼ 書およそ~ (3, 0.0%)

2 七百余合巻かず 1 眼を

▼ 書こそ~ (3, 0.0%)

1 まさに固有名詞, 此の, 露伴の

▼ 書~ (3, 0.0%)

1 ざるも, へし, へ読ん

▼ 書され~ (3, 0.0%)

1 てあった, てある, てソレ

▼ 書せる~ (3, 0.0%)

1 を見る, 二首の, 安穏二字を

▼ 書だろう~ (3, 0.0%)

1 が手当り, が通俗書, 何を

▼ 書ちらし~ (3, 0.0%)

2 てこれ 1 て是

▼ 書であった~ (3, 0.0%)

1 があいにく, ときも, のである

▼ 書であれ~ (3, 0.0%)

2 ばその 1 ばある

▼ 書でした~ (3, 0.0%)

1 からようやく, から拾ひま, が貴

▼ 書とかいう~ (3, 0.0%)

1 ものが, ものは, 位の

▼ 書とに~ (3, 0.0%)

1 二ヶ所出, 悠悠たる, 求めた

▼ 書との~ (3, 0.0%)

1 同異, 問題に, 国民であった

▼ 書なき~ (3, 0.0%)

3 に如かず

▼ 書なぞを~ (3, 0.0%)

1 そっとよこし, その乞食, 書くの

▼ 書などには~ (3, 0.0%)

1 いかめしく新免武蔵政名藤原玄信, エタ取締りの, 羅馬字で

▼ 書などにも~ (3, 0.0%)

1 その説, 有力な, 沙漠の

▼ 書においても~ (3, 0.0%)

1 専門の, 急速に, 秀吉の

▼ 書にたいして~ (3, 0.0%)

1 なされた米国海軍委員会, 生来の, 秀吉が

▼ 書にて~ (3, 0.0%)

1 事足るなり, 四福音書及び, 申込ありた

▼ 書に関する~ (3, 0.0%)

1 ものも, 一切の, 書籍学的歴史的批評的字典

▼ 書のみ~ (3, 0.0%)

2 では 1 ならず支那

▼ 書ばかりが~ (3, 0.0%)

1 優れて, 机の, 落書され

▼ 書ほど~ (3, 0.0%)

1 な信用, 不思議な, 熱烈な

▼ 書めいた~ (3, 0.0%)

1 ものが, 文句から, 綴りを

▼ 書やら~ (3, 0.0%)

1 何やらいづれ, 口授筆記やら, 差入れ物やら

▼ 書~ (3, 0.0%)

1 だから, どこからか, 出て

▼ 書よりは~ (3, 0.0%)

1 用語も, 粗略であり, 精確と

▼ 書一切~ (3, 0.0%)

1 はおまえ, を燒, 相成らぬ壁

▼ 書~ (3, 0.0%)

1 にさまざま, に出た, 亦直

▼ 書~ (3, 0.0%)

1 に大田南畝, に載せざる, ねて

▼ 書~ (3, 0.0%)

2 を暴騰 1 も百円以上

▼ 書~ (3, 0.0%)

1 せしもの, の事, の年

▼ 書~ (3, 0.0%)

1 一ツは, 曰く去, 至る

▼ 書~ (3, 0.0%)

1 のあたり, の漢籍, へ肘

▼ 書~ (3, 0.0%)

2 の需め 1 の主

▼ 書~ (3, 0.0%)

1 に白く, のもろもろ, の間

▼ 書~ (3, 0.0%)

1 の事, の類, を臨写

▼ 書~ (3, 0.0%)

1 受取あら, 報に, 帰国の

▼ 書~ (3, 0.0%)

1 が再, の二人, の頭

▼ 書振で~ (3, 0.0%)

1 は三郎さん, は私, 当夜の

▼ 書提出~ (3, 0.0%)

2 のこと 1 については五平

▼ 書~ (3, 0.0%)

1 といふもの, とか孔子曰, の句

▼ 書~ (3, 0.0%)

1 のご, の乱れたる, はどう

▼ 書~ (3, 0.0%)

2 すの 1 して

▼ 書洩らし~ (3, 0.0%)

1 は, はない, もございません

▼ 書溜めた~ (3, 0.0%)

2 分を 1 和歌の

▼ 書~ (3, 0.0%)

2 を想 1 を点し

▼ 書畫帖~ (3, 0.0%)

1 なぞとうや, の中, を何げ

▼ 書~ (3, 0.0%)

1 が居た, となる, に

▼ 書直した~ (3, 0.0%)

1 とする, ものである, 場合だけ

▼ 書~ (3, 0.0%)

1 を照す, を蔽, 早くも

▼ 書~ (3, 0.0%)

2 の中 1 に節性

▼ 書蒐集~ (3, 0.0%)

1 のこと, の二, 及び調査

▼ 書~ (3, 0.0%)

1 が五百五十種, の束, を二抱え

▼ 書~ (3, 0.0%)

2 と云 1 即ち執筆法使筆法

▼ 書読み~ (3, 0.0%)

1 てひたり, て心安, て楽

▼ 書通り~ (3, 0.0%)

2 のもの 1 には支拂

▼ 書連ねた~ (3, 0.0%)

2 芸者の 1 生々しい木札

▼ 書~ (3, 0.0%)

1 の, の詩集, ばかりでなく

▼ 書附ける~ (3, 0.0%)

1 と云う, 外は, 筈は

▼ 書館通~ (3, 0.0%)

1 の鋪道, ひが, ひを

▼ 書および~ (2, 0.0%)

1 彼の, 条約の

▼ 書かけ~ (2, 0.0%)

1 ていた, の手紙

▼ 書かでも~ (2, 0.0%)

1 よきこと, 御想像

▼ 書かでもの~ (2, 0.0%)

1 ことを, 記を

▼ 書かと~ (2, 0.0%)

1 思わる, 疑はれるが

▼ 書からの~ (2, 0.0%)

1 引用文から, 抜萃を

▼ 書からは~ (2, 0.0%)

1 いくらでも, 野史

▼ 書この~ (2, 0.0%)

1 兩書は, 点において

▼ 書さえ~ (2, 0.0%)

1 提出し, 見りゃ先生

▼ 書さして~ (2, 0.0%)

1 もらう事, 版元の

▼ 書すべき~ (2, 0.0%)

1 一条が, 文学上の

▼ 書その他~ (2, 0.0%)

1 に士族, の研究

▼ 書それ~ (2, 0.0%)

1 は品質, をわれわれ

▼ 書たり~ (2, 0.0%)

1 するから, 眞髓たり

▼ 書だけでも~ (2, 0.0%)

1 一度拝見できる, 立派に

▼ 書だけの~ (2, 0.0%)

1 分です, 知識では

▼ 書だけを~ (2, 0.0%)

1 ひろげて, 帳も

▼ 書だって~ (2, 0.0%)

1 猿飛佐助だの, 見せて

▼ 書であります~ (2, 0.0%)

1 から御, よ

▼ 書であるなら~ (2, 0.0%)

1 その印璽, 幕府の

▼ 書でなく~ (2, 0.0%)

1 て原典, ば真実

▼ 書といった~ (2, 0.0%)

1 ものまで, 嵩高な

▼ 書とかが~ (2, 0.0%)

1 あつて, その

▼ 書としか~ (2, 0.0%)

1 思われないもの, 見えない三角形

▼ 書とともに~ (2, 0.0%)

1 すぐさま大, ウマで

▼ 書とりわけ~ (2, 0.0%)

1 我が国で, 我が國

▼ 書どれ~ (2, 0.0%)

1 にも, に照らし

▼ 書なす~ (2, 0.0%)

1 つたが, つたの

▼ 書なぞ~ (2, 0.0%)

1 いうもの, 出されて

▼ 書ならべ~ (2, 0.0%)

1 てんあはれ, て嘸や

▼ 書なりを~ (2, 0.0%)

1 したため, 作る時

▼ 書なんか~ (2, 0.0%)

1 一通も, 知ったこと

▼ 書なんて~ (2, 0.0%)

1 いけませんよ, ものは

▼ 書にでも~ (2, 0.0%)

1 ハイ何にでも, 本づいた

▼ 書にのみ~ (2, 0.0%)

1 親しみ現時文壇, 隱操の

▼ 書にまで~ (2, 0.0%)

1 この説, 公然と

▼ 書にゃ~ (2, 0.0%)

1 労務中死亡したる, 坑内で

▼ 書に対しては~ (2, 0.0%)

1 すこぶる寛大, 殆ど認識不足である

▼ 書のみを~ (2, 0.0%)

1 世に出し, 殘す

▼ 書はね~ (2, 0.0%)

1 後で誰, 後刻で

▼ 書ばかりを~ (2, 0.0%)

1 後生大事に, 買て

▼ 書ほこりつもり~ (2, 0.0%)

2 暑き日なか

▼ 書また~ (2, 0.0%)

1 一ツは, 草花山水などを

▼ 書または~ (2, 0.0%)

1 思想書として, 窮理書一冊を

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 物を, 自分は

▼ 書もつ~ (2, 0.0%)

1 で見た, の揃つた硝子戸に

▼ 書をか~ (2, 0.0%)

1 るる物也, 秘略と

▼ 書をもって~ (2, 0.0%)

1 出頭すべし, 指摘し

▼ 書を通じて~ (2, 0.0%)

1 直接間接に, 訴へ

▼ 書カバン~ (2, 0.0%)

2 を提げた

▼ 書キ物~ (2, 0.0%)

1 を以て勘定奉行ら, ヲナサラナイ方ガヨクハゴザイマセンカ

▼ 書一卷~ (2, 0.0%)

1 をあら, を讀破

▼ 書一巻~ (2, 0.0%)

1 をついで, を恭しく

▼ 書万巻~ (2, 0.0%)

1 の廬, を致さむこ

▼ 書上げられ~ (2, 0.0%)

1 てあった, ていない

▼ 書上げれ~ (2, 0.0%)

2 ばもう

▼ 書並び~ (2, 0.0%)

1 に始末書, に新

▼ 書事件~ (2, 0.0%)

1 が仏陀, ばかりで

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 としてもひと, に借り

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 なもの, のもの

▼ 書何くれ~ (2, 0.0%)

2 となく

▼ 書作成~ (2, 0.0%)

1 に稍一夜, の日

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 は本, を以て天下

▼ 書入日~ (2, 0.0%)

1 が駄目, 第一

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 篇を, 體を通じて

▼ 書全体~ (2, 0.0%)

1 にわたってなお, の史料的価値

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 の二十八, ノ七

▼ 書共に~ (2, 0.0%)

1 これを, 金港堂発行

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 によって思い沈ん, の上

▼ 書刊行會~ (2, 0.0%)

1 などで版, の伴信友全書

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 を学ばん, を負う

▼ 書加えた~ (2, 0.0%)

1 ところに, ように

▼ 書即ち~ (2, 0.0%)

1 易詩書春秋礼楽孝経の, 老莊

▼ 書卸ろ~ (2, 0.0%)

1 されたもの, した戯曲

▼ 書合せ~ (2, 0.0%)

1 と称する, などが以前

▼ 書~ (2, 0.0%)

2 の文字

▼ 書多く~ (2, 0.0%)

1 は徳育, 好みて

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 夏の, 誥に

▼ 書好ましから~ (2, 0.0%)

2 ずと

▼ 書始め~ (2, 0.0%)

1 に次, らしく何

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 と手, は天窓掻

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 に關, は決して

▼ 書寫し~ (2, 0.0%)

1 て上り, 校了の

▼ 書寫眞筆~ (2, 0.0%)

1 とあり, は明治時代

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 そのほか, に挿し

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 が垂れ, に画いた

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 に記し, は面白い

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 の句, の手

▼ 書成っ~ (2, 0.0%)

1 て以来, て再

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 が燒, の役人

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 が変らない, の鮮

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 て事切れ, の草稿

▼ 書損じ~ (2, 0.0%)

1 が同じ, の反故

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 といっ, は実に

▼ 書数種~ (2, 0.0%)

1 なり, を借る

▼ 書文字~ (2, 0.0%)

1 が書かれる, も素人

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 嘗多し, 報

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 というべき, 成りて

▼ 書案内欄~ (2, 0.0%)

2 に出

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 を作り, を発し

▼ 書歌詠み~ (2, 0.0%)

2 の歌

▼ 書~ (2, 0.0%)

2 に解題

▼ 書治要~ (2, 0.0%)

1 で澤山, といふ本

▼ 書洩し~ (2, 0.0%)

1 てならない, 候が

▼ 書溜め~ (2, 0.0%)

1 て置いた, て置く

▼ 書潰し~ (2, 0.0%)

1 などで潰れる, の封筒

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 ク身ニ伴フモノハ唯糞桶唾壺ノ, 逸を

▼ 書無き~ (2, 0.0%)

2 に如かず

▼ 書片時~ (2, 0.0%)

2 に灰

▼ 書~ (2, 0.0%)

2 はす

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 となり, にもこの

▼ 書百枚~ (2, 0.0%)

1 もよろしい, を金博士

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 おなじ言葉, 一致し

▼ 書直せ~ (2, 0.0%)

1 ともいわなかった, ばちゃんと

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 を排置, を運送

▼ 書終る~ (2, 0.0%)

1 と例, と直様立派

▼ 書經籍志以後~ (2, 0.0%)

1 のもの, は皆編年

▼ 書綴られ~ (2, 0.0%)

1 たり, てある

▼ 書綴られた~ (2, 0.0%)

1 その日記, もので

▼ 書綴る~ (2, 0.0%)

1 ことに, 心を

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 ねたらば, ねたる

▼ 書自在~ (2, 0.0%)

1 の権, の権利

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 であった, なりし故

▼ 書落し~ (2, 0.0%)

1 てゐる, の箇所

▼ 書行書~ (2, 0.0%)

1 と云, も行

▼ 書豪華版~ (2, 0.0%)

1 と来る, に対しては頗る

▼ 書足し~ (2, 0.0%)

1 て再び, の原稿

▼ 書身元証明不要~ (2, 0.0%)

1 という文句, と出し

▼ 書込んだ~ (2, 0.0%)

1 ままだった, 時であった

▼ 書~ (2, 0.0%)

2 の術

▼ 書過し~ (2, 0.0%)

1 として兎, は書

▼ 書遺した~ (2, 0.0%)

1 ものなどを, 一通を

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 を取った, を設けた

▼ 書題し~ (2, 0.0%)

2

▼ 書騒ぎ~ (2, 0.0%)

1 で八年, も済ん

▼ 書~ (2, 0.0%)

1 である, に隣つた二階

▼ 書齋兼寢室~ (2, 0.0%)

1 に殘, は晴天

▼1* [861件]

、篇中の人物風景, 書なおもしろ, 書あつて鑛山, 書あて有つた事ぢ, 書あとで見せ, 書あまり使わない暗号書, 書あるいは相字法, 書いうところの, 書いかにも承知いたした, 書いせ迄のひざくりげ申上候, 書いちやいかん, 書いろんな日付や, 書筈なし, 書うるはしく, 書えてある, 書えてたよ, 書おきででもあり, 書おのおの千差万別いま真相を, 書おろしで約, 書おわったものである, 書お知らせを賜われ, 書かえって多数の, 書かきのこして神子上典膳, 書かっている, 書かでもがなの人の, 書かも知れぬ, 書からさえも汲み尽せぬ秘密, 書からも楽に, 書かるべきであるのにその, 書がのつてゐた, 書きせんとして背伸び, 書きつく特務曹長に, 書き損ないでも, 書ぎらひなはぼがあれだけ書いて, 書びくくり, 書くさうだなと, 書くちよつと意味, 書くらいは通覧し, 書くんでせう, 書けども尽きない, 書こうまで事ごと, 書こしらえておく, 書さい交してしも, 書さえも身の毛逆立つ, 書さし出候へどもいまだ, 書さっそく阿部さまに, 書さてはいづれお目もじ, 書さまのご, 書さんと仲居さん, 書ざまなり云々, 書しかつくれないよう, 書したくなるんだ, 書した蒙求を, 書じゃない, 書すぐさま江戸へ, 書すべてが, 書すべて異説紛々でいっこう, 書すら読めも, 書すらもなお本, 書せねばならぬ, 書せらるるほどの国士, 書せりまた貞享四年印本, 書そうな話し味噌越, 書そうしたつまらない反故るい, 書そこないをつい, 書そのものの書出し, 書その他甲冑刀剣の類, 書その他臨時の試験等, 書それから其の老妓, 書それらの集団的, 書それ何物ぞ, 書たきことあれ, 書たしかに受取りました, 書たで無いとすれ, 書たで無く曲者の, 書だけが私の, 書だけで見せたり, 書だつぺ, 書だに取りかわさず彼, 書っきょりました, 書つかわしたく思うが苦しゅう, 書つくらせ給う也, 書つけられたもの, 書つづけてかきかけました, 書つまらない日附や, 書つらねて友, 書つらねますのでずいぶん, 書つらねる事は, 書でありまして此等, 書でございますか, 書でござるが, 書でさえ時代時代に, 書でさえが猶お, 書でしょうとまず, 書でなければなりません, 書でなんかかけないと, 書で御座ると云, 書とおし戴かする人, 書とかいふのを, 書とかにある猶, 書とかの必要は, 書とかを読むこと, 書とさえいわれて, 書としてばかりでは, 書としても私は, 書とでも申しましょうか, 書とどめ申候, 書とのみ思われて, 書とめてゐる, 書ほり粉薬を, 書どおりにレール, 書どおり要求しますから, 書どころでは, 書どももつぎつぎ, 書ないし指導書は, 書ないしはこれを, 書なおしてやっと, 書ながら梵語とは, 書なされたのでその, 書なせし事など, 書などではこれが, 書などというものが, 書などとは同日に, 書などについて自分の, 書などについては別の, 書ならずやと疑ひぬ, 書ならびに領事館の, 書なんかの棚の, 書なんかを一週間がかりで, 書における実人生, 書にかぢりつい, 書にかけて宣誓する, 書にかけては恐らく我が, 書にくはしけれ, 書にしか過ぎない, 書にすら已に此説, 書にたいするお答えは, 書にだけその系譜, 書にだってあったでしょう, 書についての説明を, 書にては八家の, 書にても何人の, 書にもかういふところ, 書によつて彼, 書によるもので, 書によるに昇降およそ, 書に対しても亦絶対服従, 書に従い彼の, 書事は, 書ぬきをし, 書あいつへ, 書のばあひである, 書のみに限られて, 書のみは古の, 書はじめをその, 書はもッと, 書ばかりは少し書い, 書ばっかり出して, 書ひととおり, 書ひとつで國際的評價さ, 書へと赴くの, 書ほどにも思って, 書ぼろぼろの小袖, 書ましたつてネ, 書まちまちといえよう, 書までは官府の, 書までも調べたところ, 書みなちがう, 書みな武蔵十三歳の時, 書みんな商品だ, 書もえせずして全文, 書もしくは宣言書とでも, 書もつらしい袱紗包を, 書もとより繙閲, 書もらしてはならない, 書もわづか五十部, 書やうはいろいろ, 書やるすべも, 書ゆゑ詩を読む, 書よみにけり, 書よみて智慧売る子, 書よむおん方に, 書らしくは見えない, 書れたが此事件, 書れぬ今日は, 書てあります, 書をさえ書いた, 書をすら惜むや, 書イタノハ誤リデアッタ, 書イタママデ電車ニ飛乗リマシタノデ, 書イタモノナラ読ムウチニケン語ガスミハシマスマイ大勢ヲ取扱ウ者ガ此位ノコトニ心ガ附カズバ, 書イタモノニカタカナ文ガ多イコトヤ, 書イタラソノ煩ニ堪エナイ, 書イタラ不意ニ婆サンガ陸子ヲ連レテ, 書イタ筈デアル, 書イテ送ッタガ, 書イテアルモノヲ近眼ノ僕ガ読ムノハツライ, 書イテイルガソレハ偽リノナイ, 書イテモソレガソンナニ悪イ文章, 書イテモドンナニ甘ッタレテ書イテモ, 書イテモドンナニ行儀ワルク書イテモドンナニ甘ッタレテ書イテモ, 書イテヨイカ悪イカ, 書イテ是ヲ甲州, 書エングラー監修のかの, 書カズニイタノダガ実ハ数日前ニウスウス気ガ付イタノダッタ, 書カレタポスターノ大キナ字ニヒラガナガ混ツテイルトヨクワカル, 書キアクマデ御心ニ情, 書キサマか, 書キニテゾオ在シケル, 書キ妻ガイカナル反応ヲ示スカ, 書キ記シテイルウチ家馬ガ不快デ六七日逗留ヲシタイトイウカラ, 書クコトガモットアッタツモリデシタガ丁度妹ノモトカラ電報ガ今届キマシテ, 書クコトモナイカラコンナ時ニ少シ心ニアルコトヲ記シテミル, 書クニモ手紙ヲシタタメルニモヒラガナトイウモノヲ使ツタコトガナイソレハナゼカトイウニ我々仰臥シタママデモノヲ書クモノニトツテハ些細ナ力ノ消費モ, 書クニモ読ムニモマチガウ機会ガ少ナイコト, 書クノモ気恥カシイ是レトイウモ無学ニシテ手跡モ漸ク二十余ニナッテ, 書クモノニトツテハ些細ナ力ノ消費モ, 書ク文字ト同ジ活字, 書ケルナラ僕ノ目, 書コウトイウアテ無クシテ, 書シテ其不正ナルコトヲ説キ示シ生徒ヲシテ其不正ヲ理解セシム, 書シ作有ツテ一襄ニ満ツ, 書シ生徒ヘモ亦此, 書スルトキ傍ラニ字畫ヲ缺キ, 書スルトキ縱横ニ直線ヲ引キ, 書スルニ字畫ノ多, 書スルニ當リテ或ハ細字ヲ書シ, 書スルノ料紙ヲ荷ヒ, 書スルヤヲ生徒ニ尋ネ然, 書スル等ノ不規則, 書セシムベシ塗板ヘ書スルトキ, 書ソクラテスのプラトン対話篇, 書ソツジニが十五世紀, 書タイトルは附さぬ, 書ツケテオイテソレガドレダケノ月日ヲ経タラ, 書ツケ類の中, 書与ヘバ, 書アル, 書ト漢詩ハサシテ巧ミデハナイケレドモ彼ノ小説ハ予, 書依ルトコノ犬, 書ニシテ仮令ヒ鶏肋, 書ニモ其兒童言語ヲ覺エテ之, 書ニ千光国師栄西入宋ノ時宋ヨリ菩提樹ノタネヲワタシテ筑前香椎, 書ニ参シ必シモ書ノ所説, 書ニ国躰を一定, 書ニ絶聳スレバナリ雖然是レ今時ニ在テ, 書ニ蔵メ蠹ヲ辟ク, 書ハ以テ読マザル可ラズ書ヲ読マザル者ハ一モ通ズル所ナキ也雖, 書ハ昔或ル美術商カラ手ニ, 書ハ読ミタル者ヲ聰明ニ成ストハ限ラザルモ, 書ハ非常ニ偽筆ヲ上手ニ書ク男ガイタソウデアルカラ, 書バイオリン弾奏文学書閲読遊廓散歩等の悪事, 書ブームの盛行, 書モナケレバ辞書ノカゲサエナイヨウダコレガ御自慢, 書モマタ純粋ノ主観的表白ニアラザルコトハ, 書ヲ書イテ是ヲ甲州, 書として通ぜず, 書一つ出せば, 書一・二の註, 書一万人署名が完了, 書一件は自作, 書一冊を読む, 書一冊きりでやりかけた, 書一册づつを持ち, 書一度び世に出で, 書一本書くこと, 書一枚があれ, 書一致して, 書一記一考一墓誌一雑二となる, 書一軸を風呂敷, 書一通お書きとり願っ, 書一面非可比, 書七夕の清書, 書三・二及び一二, 書三十五箇条独行道などを註解, 書三科述二帝三王之業而終於秦誓志秦以狄道代周以覇統繼帝王變之極也, 書三篋を亡, 書三著者がそれほど, 書上げ候事覺束なく被, 書上げ次第雑誌社に居る, 書上さんの邸内, 書上った封筒を, 書上るとかで忙しく, 書上下等に関する名所旧蹟, 書上下篇を受けたらしい, 書上原というところ, 書上君から同君, 書上左衛門という私, 書上文左衛門という桐生一, 書上文左衛門さんにすすめられ, 書上文左衛門邸は便所, 書上邸内の練習場, 書載者数十家, 書与えた狂言は, 書且つ金弊を, 書世綱以て光る, 書並びに到着の, 書並べたのが, 書並べてあつた, 書が私共哀れ, 書久坂に与うる, 書乏しけれども梅花書屋, 書乏しきゆえにこの, 書の一, 書二一八行以下にこの, 書二三求む, 書二三種を借り得た, 書二冊買って, 書二分になっ, 書二百五十余種を翻刻, 書二記二考一墓誌三雑二でその, 書二通の中一通, 書二重封にし, 書云高市連黒人と注せられ, 書五代史元明史略と云う, 書交そうやありません, 書云, 書人情の純, 書仏教経典などはすべて語録, 書付きで, 書以上に出る, 書以下の志, 書以來の學風, 書伏せもあ, 書会計上の諸, 書伝以外において持続, 書伝会要礼制集要等の編撰総裁, 書伯母千鶴子の見舞, 書估文淵堂主人が所蔵, 書估活東子が戲作者小傳, 書估野田氏またこの, 書伺書願書等には多く, 書取焉, 書使用法に関する説明, 書御史参軍事, 書保存図書館のごとき, 書俳書歌書を集める, 書俾令撰集溥天之下, 書候梶原平兵衛も既に, 書倭人傳の, 書倶係震卦教だ, 書はり, 書若しくは春秋公羊傳, 書債文債をかたづける, 書より美術, 書入時といふ茶摘, 書全部の託送, 書公表の要求, 書六章二十三節に曰く, 書六篇圖三卷の存, 書六藝の書, 書に元禄文学, 書兵技巧といふの, 書兵書その他紀行文書詩書など合し, 書其關係を詳叙せり, 書と功, 書兼好が人, 書内容の重大性, 書写真並に文稿, 書写真紙くずなど片づけ, 書出してゆく, 書出でてより, 書出候よしニ, 書出版に時代, 書出題の幾何学十余題, 書函これには小形, 書函一たび投ずれば, 書函序あり天地玄黄, 書切らない内に, 書列ねて見よう, 書でもなさい, 書初代瑞仙の条, 書初蕪詞御笑, 書でおした, 書別けること能は, 書到来に付, 書到達の旨, 書則三家之易, 書の履歴, 書割りそれもひどい, 書小有洞中長有天, 書加えておく, 書勿論發掘は, 書北史などに依ります, 書である, 書区々になつ, 書区役所教会堂それら結婚上の仕事, 書医書の会読, 書十一日ニ相達拝見仕候, 書十数輩と共に柳橋万八, 書十本斗ほんのあつ, 書十萬四千卷を盡, 書卓用としてはあまりに, 書卓附属の器械, 書印刷や領主, 書卸したもので, 書卸すのだ, 書を過大視, 書又は洪範などの, 書及調書の杜撰, 書及飯田書状来る, 書取寄せたるがげに, 書取調所あたりの払い下げ, 書取調所教授となつ, 書叢裡淡生涯, 書只今のよう, 書史学者の参考, 書史會要などと云, 書史門評定所門など庁内, 書に保管, 書一幀, 書絵葉書尾島と, 書同人より受取拝見, 書同様に固く, 書同様著るしく奇蹟的, 書同然のまた, 書名画金石彝鼎及び夷蛮, 書の異なる, 書和漢英獨佛等の字引き, 書の張又新, 書唐朝官家に達す, 書に銭, 書問題以来俄然輿論, 書ノ一七, 書四冊求め資生堂, 書四十篇東周之書惟文侯之命秦誓二篇而已, 書四句の天言, 書四部録と云つて二百卷, 書回文の歌, 書圖解男女初婚今俗人家女, 書地球儀コロオの複写, 書地理書地質書鑛物書應用工藝書兵書その他紀行文書詩書など合し, 書地質書鑛物書應用工藝書兵書その他紀行文書詩書など合し, 書で出版, 書むべき, 書堂の前まで来る, 書堂書店の番頭, 書堂生活にはぴったり, 書堂蔦屋には文庫, 書裡に, 書の位置, 書場建設の料, 書へて裁判, 書変えるんだろう, 書の資料, 書外史料すなわち我々, 書半出三蔵法海応今起大, 書多しとは人, 書大和の国, 書大明神と崇める, 書天下に流伝, 書天狗画天狗浄瑠璃天狗その上, 書太鼓喇叭竪琴などを描きたる, 書奉るので開い, 書奉呈致し候, 書好きで而, 書始めようかしら, 書姓名住所及びすべて詳細, 書娯楽的には探偵小説, 書子令文状といふもの, 書子令文状他を恨み, 書孝経跋橘録跋冲虚至徳真経釈文跋青帰書目蔵書目録跋活字板左伝跋宋本校正病源候論跋, 書学校の読本, 書孫子呉起の兵書, 書宗教書科學書和漢英獨佛等の字引き, 書宝剣を得, 書宣言などを片端, 書室めきたるところ, 書室下僕部屋と庖厨都合四室, 書室家具が置かれ, 書室接客室などもあっ, 書室造りだったの, 書室銘に曰く, 書容易に看過, 書寫したのである, 書寫官であつ, 書専門で始終, 書専門私は絵, 書小説の類, 書就中国文学書の一般的研究, 書尽されてもいる, 書尽されないから今, 書で刊行, 書山房がある, 書巨大な卓, 書や書画帖, 書師和泉屋市兵衛須原屋茂兵衛共同出版の袖珍十九丁もの, 書平福百穂氏の絵, 書序曰皐陶矢厥謨禹成厥功帝舜申之作, 書序述聞には, 書弁妄と題する, 書弁駁書等を発し, 書弓馬の師匠, 書張文成の列伝, 書往々これを, 書後並に欄外書等, 書後題跋に見, 書貴, 書と御覧, 書必ず観る可, 書悉く灰と, 書惟文侯之命秦誓二篇而已, 書を岩波文庫本, 書では老中ども, 書應用工藝書兵書その他紀行文書詩書など合し, 書懸ると親類, 書成るの日, 書我鬼國提案の寫眞, 書入工学寮為講辯, 書或は其一部分の, 書戸籍抄本写真は手札型近影一葉, 書戸長へ出, 書手同様必要ですが, 書手引書などは殆ど, 書のさばき, 書を唐, 書いて, 書指掌図論, 書持参の者, 書出す, 書挾みをさがす, 書たる事ども, 書捲くらざるを得なかった, 書捲ってその, 書掛けてある, 書掛けた小説を, 書提出それ共同作業などと触れ, 書提出期限の二日前, 書損じた画稿の, 書損ないよう, 書損ねを行つて, 書撰定の詔勅, 書擲ったもので, 書改めウフクラ山は, 書改めさせ恒藤恭が, 書改めたのでそれ, 書改正の折, 書にし, 書政策を考へ, 書散佚に對, 書数千巻を蔵する, 書数学書などもその, 書数枚を作らせ, 書数通里恵が小野氏, 書数通関五郎が復, 書が少く, 書數十部をあつめ, 書文樣ヌヒ文樣から出た, 書文法書蘭仏の小, 書として五百石, 書断片であるかは, 書斯くの如く, 書有承, 書新約のヨハネ黙示録, 書於江戸城北駒米里華佗巷之温知薬室, 書於真栄以其善書世亦直, 書旁午の間, 書日夜研究手不釈巻, 書日本紹介の色々, 書日盡也穀梁子亦曰, 書早馬相継ぐ急使, 書春秋礼楽孝経の緯書, 書時々ありダンヌンチオ, 書暗夜の急ぎ路, 書曰太上天皇御製歌とあるの, 書曰日出處天子致書日沒處天子無恙, 書かした, 書書いて貰う, 書有るよし聞, 書有和蘭人も赤面, 書朗読の会, 書未だ燬けず, 書に左, 書本人情本の三種, 書本人自筆の趣味希望等, 書本文殆ど全くムーア, 書本邦では永田知足斎, 書東夷列傳には此時, 書東涯の書, 書松下坐松根閑來, 書松本甲子蔵がこれ, 書板行して, 書林太郎君墓銘数葉持参致し誠に, 書の碑, 書の方, 書に取っ, 書楼薬庫山池泉石尤具す, 書の如し, 書欲徐導之未遂而没, 書歴史等は勿論, 書死に垂んとして, 書殊に裁判所の, 書を殺す, 書氾濫機を得なかつた, 書くれよと, 書池野大雅の書, 書洩しましたからここ, 書派論などと云, 書派論北碑南帖論と云, 書は江戸時代, 書消した跡も, 書の葬, 書深き井の, 書温知叢書の中, 書漏せしはやまと, 書漢籍同様売買自在に御座, 書濫読に耽る, 書が蝶, 書無味乾操な骨抜き, 書無用夫れは, 書焼きたり, 書爵位勅許状土地領有権の証拠, 書や恩師, 書父兄の承諾証書, 書牋紙に大きな, 書特にその大き, 書狂ブーラールは弁護士, 書王珪の伝, 書甚だ富り, 書生め仁義の, 書生半死身見到, 書用紙を裏, 書画師ならびに山背画師, 書画茶生け花とめいめいくろうと, 書畫一致の見方, 書畫僞造團の檢擧, 書畫茶湯活花又は連歌, 書畫道樂普請道樂揚弓から雜俳, 書畫類をしきりに, 書記云文に, 書病院へ行く, 書発表について私, 書百余家を緯, 書百個條を見まし, 書百爾之記, 書皆今の鳥沢, 書盗癖だけが彼, 書目的の普通目録, 書スヒマガアリマセヌナゼソンナニアワテルカトオ思召シマショウガソレハ明後日アタリ, 書躬録書伝会要礼制集要等の, 書看ふければ夜七夜, 書眼エの前, 書石碑に本, 書なきもの, 書礼記は, 書の手, 書も所蔵, 書科學書和漢英獨佛等の字引き, 書稀世之宝, 書程度の簡単, 書窓五頃の庭以, 書窗黯澹薄暮に似, 書立つるを見, 書立つる者が出る, 書竝べたものだ, 書端意を盡, 書竹田の畫, 書と夜具, 書等普通の歴史, 書等通鑑の影響, 書と洋籍, 書に長, 書管晏の説, 書箱鎧櫃等に春画, 書篆刻謡舞長唄常盤津歌沢狂言テニス氷辷り等, 書を読む, 書の蓋, 書篋几案を排置, 書篤披見いたした, 書を分け, 書紀全篇の中, 書紀卷二に天津彦火瓊, 書紀垂仁天皇巻に伊勢, 書紀成立の重大, 書紀神功皇后巻に, 書紀編纂當時の邦人, 書紀編述時代に既に, 書紀通証に今, 書紀頃の幼稚, 書を蔵むる用, 書終えるや否, 書終って丁度, 書終つた時にも校, 書終つて心で叫んだ, 書終り封を, 書経易など支那, 書経済書数学書などもその, 書絶えたり, 書經籍志以來の學問, 書經籍志考證と同, 書經籍志舊唐書經籍志新唐書藝文志, 書続けられなかったので懐手, 書続けんと為, 書のなか, 書綴って見ました, 書綴らば好, 書綴れる吾誠の, 書繕寫すべし, 書けて居る, 書署名運動のよう, 書が得意, 書習おうとして骨折っ, 書翻読の時代, 書聴聞久々出精一段之事, 書自体が鑑賞, 書自身においては眞實, 書を帯び, 書興味は羅馬法, 書舊唐書と申します, 書というた, 書の辭退, 書良寛和尚の書, 書花柳界へ披露, 書に書かれました, 書苑道生の十八羅漢, 書若し諸君の, 書茶人元伯, 書菅茶山詩山陽詩文等は固, 書落さぬうちに, 書落したる如き麁相の, 書葉隱のうち, 書蔵票が連, 書の上, 書藝文志舊唐書經籍志に依る, 書藤田徳太郎などがいた, 書蘭仏の小, 書が本, 書衆六七人入申由, 書行われて, 書の巧妙, 書表して御, 書なしたる所, 書西洋兵術から砲術火薬, 書見せると見えし, 書を曲がる, 書のない, 書言家が揃っ, 書七九・三二を, 書託したいが届け, 書訣一卷の研究, 書訳述に係る, 書証文契約書等にこれ, 書証明書というの, 書と口試, 書などの経典, 書詩話隨筆等さまの書, 書詰めたもので, 書誤つて直した, 書誤つた六字といふ, 書説ニ与シ時ニ, 書説鶏は東方, 書読まざるべきものなく, 書読ますこと, 書読ませゆく気づまりも妻には, 書読みさして庭, 書読みたしの念, 書読み物書くを, 書読み物書きなどす, 書より愛読, 書に在, 書調所教授となつ, 書調所教授森山は才氣, 書調書を杜撰, 書が生じ, 書又其廣, 書諸所に虎, 書諸道人なみはみな, 書謀判の科, 書講義は以上, 書讀み初めし, 書讀む人の, 書豫言者の諸, 書貯ヘタランニハ之ヲ曝ス日数モ, 書貰うて役場, 書貴殿にお返し, 書貸付帳等を納め, 書ノ前, 書賈ヲシテ之レ, 書か考究, 書質物台帳各一通, 書赤い風車などが, 書起してあつた, 書越された手紙の, 書越しに小声, 書越せし人あり, 書趣味は小児, 書足された二幕目以下は, 書足した箇処も, 書身元保証不要毎日後五時本人来談に限る, 書軍隊手帖その他の書類一切, 書を見せられた, 書軸六十余本の多き, 書云以下の, 書載するところ恐らく, 書輿服志に襄邑, 書辯妄と題する, 書く拝見, 書近世仏蘭西抒情詩家の随筆中, 書の模, 書迹鄙陋造字猥拙といへるは, 書追追到着す, 書通典は全く, 書通私へも宜, 書けたる, 書連ねまして誠に, 書連ねられた達者な, 書進んで見ない, 書進上致しそろ今日火急, 書ひ及び, 書遺き一つ残さず, 書遺しました一通で, 書遺すというは許せ, 書を勤め, 書郷土読本の編纂, 書里恵が安井氏, 書針仕事そんなこと, 書鈔白氏六帖等の書, 書鈔等に散見, 書で, 書録四十卷とした, 書鑛物書應用工藝書兵書その他紀行文書詩書など合し, 書長く教科書として, 書の名, 書閲読遊廓散歩等の悪事, 書附けずに行, 書附けた手帳なども, 書附せえ遣りゃ, 書附ひとつでも, 書附録に載っ, 書附類の入った, 書院主とへ謝意, 書陸続世に出ずる, 書隋書北史などに依ります, 書随筆小説の類, 書雅歌は心霊的教訓, 書雑誌ミシン台裂地その他の諸, 書預言の最終曲, 書頭殿ノ自作自筆ニ係ル, 書額螺鈿彫の千鳥棚, 書類従所収聖徳太子伝補闕記の記事, 書類従本が後光厳院, 書類聚そなへ, 書飜訳以来その仕事, 書の絶えた, 書駒夢応人乗鶴附驥情孤歳在辰, 書のやう, 書鳩舍に同棲, 書鴿の使用, 書齋そこから生む, 書齋ぢゆう本, 書齋といへるし, 書齋一つはその, 書齋仕事と赤ン坊, 書齋代用の二階, 書齋以外の關心, 書齋兼用の寢室, 書齋又は居室, 書齋圖である, 書齋寢室湯殿控部屋とずつと奧, 書齋椅子でおやすみ, 書齋風に淨め