青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「梅~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~案内 案内~ ~案外 案外~ 桐~ 桑~ ~桜 桜~ 桶~ ~梅
梅~
條~ ~梢 梢~ 梯子~ ~棄て 棄て~ ~棒 棒~ ~棚 棚~

「梅~」 4808, 52ppm, 2241位

▼ 梅~ (1543, 32.1%)

54 花の 43 木の 4035 花が 31 木を 28 花を 26 実を 25 花は 23 実の 21 木に 19 枝を 18 木が 16 枝に 15 樹の 14 小枝 13 実が, 木は 10 屋の, 木の下に, 花に 9 枝が 8 初花, 樹に 7 古木の, 樹が, 花も 6 井の, 咲いて, 梢に, 花と, 香が 5 古木が, 影が, 花びらが, 花咲き散る

4 [15件] うつろの, ような, 下に, 中, 千五百十八番が, 家の, 家連の, 枝と, 精は, 老木の, 花見つ, 蕾を, 鉢を, 顔を, 香は

3 [36件] ように, グラスカスター, 下風, 匂, 古木を, 実も, 宿, 實を, 幹の, 幹を, 影, 方へ, 月が, 木で, 木には, 木の下を, 枝の, 根に, 根を, 樹は, 樹を, 湯, 由兵衛に, 紋お召の, 老木が, 老木に, 花か, 花かも, 花さく, 花で, 花咲く, 花散らまく, 花色こそ, 香に, 香も, 香を

2 [91件] ころ若葉の, つぼみを, においを, にほひ, はなかくは, はな松の木群ぞ, はな紫ふかき, はな見, はやしに, 一枝に, 一枝を, 下には, 乳母の, 切株に, 匂でも, 匂ひ, 咲く頃, 坊といふ, 坊に, 坊の, 声が, 大木の, 如く學問, 実, 家を, 家連が, 實が, 實は, 小さな紋附, 屋は, 屋へ, 形に, 御殿と, 手が, 折り枝, 春, 木, 木から, 木の下である, 木へ, 木も, 本の, 村が, 林に, 林の, 枝, 枝から, 根は, 根元に, 梢へ, 様に, 模様は, 模様を, 樹も, 母は, 母親の, 汁が, 父から, 版元を, 皮を, 盆栽を, 盛に, 盛りに, 盛りの, 盛りめでたし, 精, 紋を, 素生は, 絵を, 老木を, 花さけり, 花ちる, 花とは, 花君に, 花折り, 花疾き, 花白し, 花笠ぬひそ, 花袖に, 莟がち, 落葉に, 葉や, 蕾が, 蕾も, 野生地を, 門, 青葉の, 風なり, 香, 香にに, 香りを

1 [633件 抜粋] あけぼの, あらむか, うえの, うしろの, うつろへ, おもしろい枝振り, お染, お菓子では, かおりに, かおりも, かごには, かほり, かをり, こころを, ことなど, さかり, さく早春から, しんが, すぐの, ずはえ, たぐいは, たね, ちる見ゆ, つくり花一輪, つぼみが, つぼみも, ときに, とこへばかり, とさわぎまわっ, においが, におう宵, におえるごとくあるべし, はな枝に, はやしの, ひと重八重, ほうは, むはらで尻を, もつつめた, もので, ようだ, よろしさ, わきこそ, ウバイすなわち, オトドが, シロップです, シロップを, ジャム, ジャムや, ソース, 一つが, 一と, 一二本海まで, 一変種であります, 一家は, 一村脚下に, 三人の, 三坊だけが, 上に, 上ゆ見, 下が, 下で, 下の, 下ぶし, 下まで, 下枝の, 下道走らし, 両人に, 両君および, 並木の, 中から, 中では, 中より, 中道腰輿など, 丸, 事件で, 二三の, 云う通り, 井とかいう, 亡びること, 今のを, 件と, 件に, 件は, 俳句を, 値を, 傾斜を, 先々月の, 入つた混成酒, 全枝, 凍えた小さな, 刃傷の, 前に, 匂い, 匂いの, 匂いも, 匂う浜田圃, 匂ひだ, 化物を, 化身か, 十丈二十丈の, 千五百八番で, 千五百十八番, 千五百十八番ぢや, 半ば開いた, 半開の, 古木こそ, 古木へ, 古木や, 古枝が, 古画一幅, 可愛さ, 名の, 名も, 名前が, 名所が, 名所だつた, 名所で, 名所である, 名所と, 名所は, 名所を, 名手が, 味, 咲いたの, 咲きかかった, 咲きそう, 咲くころたま, 咲く禰宜, 咲く處, 咲く遅速, 唇, 四番などとの, 四番へ, 園生や, 坊が, 坊は, 坊へ, 坊を, 声で, 声は, 声も, 外には, 外祖父母たる, 大事に, 大木を, 大枝の, 大枝は, 大模様, 大樹あり, 女将曰く誰曰く誰と, 如き淡紅, 如くありし事, 姿, 婿にな, 嫩葉は, 子供が, 子供らしい, 季節には, 実おつる宿, 実くる, 実だ, 実で, 実に値, 実はあまく, 実はそばかすだらけ, 実は二つ, 実は小指, 実は案外, 実は漬けとかない, 実は豊か, 実は輪廓, 実ひ, 実一つ, 実円し早, 実小さし, 実頻, 客の, 宵, 家, 家に, 家には, 家へ, 家万町の, 家連中という, 家連中の, 家連中を, 寂しさ世, 實の, 實ほどで, 實も, 寵児梅は, 小さな足先, 小座敷で, 居ります所, 屋が, 屋だけ, 屋といふ, 崖から, 幹が, 幹にも, 弁明に, 形神を, 影を, 御印様, 御殿の, 微笑む枝, 怒つて, 成熟する, 戸へ, 手は, 手を, 打つて, 持ち来りしを, 持つて, 指を, 支那音は, 支那音説である, 散り葉, 散る日, 散る見ゆ, 新枝, 新盆, 方で, 方に, 日でござった, 明れる, 春だ, 春の, 時候に, 時分には, 暁を, 月あり, 望は, 朝の, 木さへも, 木と, 木とを, 木な, 木について, 木にも, 木によ, 木のは, 木の下が, 木の下の, 木の下は, 木の下へ, 木の根つこ, 木の根の, 木の根へ, 木の根もとに, 木の間に, 木エゾ松等見え, 木加藤だの, 木末を, 木桃の, 木立の, 木蔭に, 木見あげ, 木買収の, 末路は, 本家なる, 村だ, 村音頭を, 条にも, 杯が, 枕元へ, 林である, 林は, 林を, 枝おろしかねたる, 枝とか, 枝なぞは, 枝など, 枝ぶりの, 枝ぶりや, 枝ぶりを, 枝へ, 枝まで, 枝葉に, 枝青く, 枝頭に, 枯葉も, 株の, 根がたに, 根もとに, 根元までは, 根方に, 根方の, 梢などは, 梢まで, 梢を, 棺の, 模様が, 横枝が, 樹だっせ, 樹など, 樹のみは, 樹へ, 樹や, 樹碧梧の, 樹見えずして, 樹間を, 檐月の, 歌それおも, 歌では, 歌の, 残って, 気あいが, 水か, 水と, 汁に, 液は, 液を, 清楚なる, 激しい悲歎, 点々が, 点々と, 煮物, 生る頃, 由兵衛, 由兵衛だ, 由兵衛今より, 由兵衞に, 異名を, 異父妹二人も, 白きを, 白枝, 白枝で, 白枝は, 皮に, 盆栽が, 盛りか, 盛りなり御大祭日, 眞鍮札さ中に, 真盛りである, 真盛りの, 眼に, 種子についての, 種子の, 種子を, 立木が, 立木二軒の, 立枝は, 箱屋殺し, 精さんあなたお, 精さんあなたは, 精じゃ, 精との, 精の, 精も, 精より, 精を, 糸, 糸と, 紅白が, 紋の, 素麺, 組合せの, 絵が, 絵で, 絵も, 絶句各, 綻びそめるころ, 縮緬の, 繪を, 美事な, 老木か, 老木のみは, 老木は, 老樹, 老樹を, 肉体を, 肥料に, 脂肥り, 脊中へ, 花あかぬ, 花あり, 花いまさかりなり, 花うつろふ, 花これ, 花さかり久し, 花さきの, 花ざかり, 花ざかりそこらを, 花しろき, 花しろし, 花たき火に, 花ただかばかりに, 花ただかばかりも, 花だった, 花ぢや, 花であった, 花であります, 花とか, 花とも, 花と共に, 花な, 花にも, 花に対しては, 花はつはつ咲けるき, 花ひとりみつつや春日くらさむ, 花びらも, 花までが, 花みな, 花や, 花わ, 花一輪その他とても, 花主なし, 花咲かぬ, 花咲きも, 花咲ける, 花咲有山辺に, 花常夏の, 花弁が, 花心つくし, 花心に, 花散り, 花散りぬ, 花時よろし, 花神代も, 花菜の花の, 花蕋の, 花蕚が, 花誰が, 花貝でも, 花軒に, 花香を, 芳しさ, 苔にも, 若木が, 若枝, 茶屋, 茶屋菊の, 莟の, 莟は, 萼見, 萼赤く見づらし, 落葉せる, 葉かげに, 葉しげるブラジルの, 葉のに, 蒔絵が, 蕾の, 薫りが, 薫りよく, 薫り花の, 袂に, 被布を, 被衣を, 裾模様, 言い争い, 言ひ, 許なる, 詩は, 話という, 話を, 誕生を, 谷, 賀が, 質に, 赤きは, 身が, 身体を, 軒端の, 酸い味, 野生を, 野生地が, 野生地は, 野郎が, 金蒔繪が, 釣枝太神楽, 鉢は, 間から, 間で, 間といふ, 間に, 間八景の, 間遠, 陳敬済品花宝鑑の, 雨, 雫では, 霊は, 青いの, 青い実, 音信の, 頃, 頃に, 頃を, 頬から, 頭には, 頭にも, 類だ, 飛雪の, 香いが, 香さんと, 香や, 香りです, 駄目を, 黄とが, 黄色な

▼ 梅~ (310, 6.4%)

3 顏を, 驚いて

2 [19件] いいました, かなりの, これを, さかりの, そこに, それを, 咲いたか, 小枝, 年々新しい, 急に, 提灯の, 時田の, 梅の, 次の間で, 満開, 眉を, 紅し花, 譯も, 顔を

1 [266件] あ, ありません, いったい花, いまいましそう, いま満開である, うすら, うつむいて, うなずいたぎり, おおかた散りつくし, おどろいて, お前さんと, お前さんに, お前と, お嫌, お轉婆, きっぱりいいつけました, ことによい, この時, こんな六ヶ敷事件, さう, さかりを, しづかなる, しばらく聴い, じっと宙, じっと水, じっと血色, すぐばたばたと, ずっと子供達相手, ずっと昔, そう繰返し, そう言う, そこで, そっと家, そのむかし王戎, その中間, その手紙, その構外, その茶, それきり口を, それに, それへ, ただ一人, ちょいと, どうした, どこか, どこかの, どんな大事件, ないでしょう, なごりの, なほ昔ながら, におい, にわかにあわて出し, ばたばたと, ふいに, ほつ, また舟, まだそこらここら, まだ雪, もういない, もうつぼみ, もうなく, もうなくなっただろう, もう枯れ, もう盛り, もう遅く, もと, もとより移植, やさしい眼, やはりこちら, やはり日本, やはり白梅, よいもの, わな, スギクスノキを, ハツと, 丁度十九の, 丁度咲き, 上草履を, 不便に, 世に希, 中, 二の句が, 二客の, 今も, 今を, 今五十歳です, 仕事に, 仰天し, 仲どんが, 伐るほど, 何う, 何か, 何が, 何百年も, 何處が, 余り悔, 依然として爾来悠久, 俥の, 元来支那の, 再びお辞儀, 凜, 力んで, 匂宮が, 十三年振で図らず, 千代之, 厳寒の, 取られた胸倉, 右手を, 咲いて, 咲いても, 咲き出して, 咲き揃うと, 四五年ま, 土用の, 塀越しに, 変はらぬ, 大きな声, 大事に, 大分咲き揃った, 大方枯れ, 大隈侯の, 夫と, 夫に, 妓を, 娘の, 嬉しさ, 安心した, 実が, 実になる, 実を, 実生から, 寝衣, 實を, 小鯵, 少しも, 居りませんか, 己の, 席に, 平穏な, 年三十に, 座敷の, 待たせて, 後について, 怖, 思いがけなく人, 怪訝の, 恟りし, 惜しや, 戻ッ, 所知らん, 押っかぶせ, 支那と, 故郷の, 散った, 日本の, 旨い天下一品, 早くも, 早春の, 明暗鮮やかな, 昔ながらに, 春に, 春咲く, 春暖の, 昨夜明神下の, 時時やっ, 晩が, 暫くお玉, 月瀬これ天下の, 有難く喜ん, 有頂天に, 木挽町の, 未だ考へない, 末です, 本絹の, 柏の, 柩の, 格別だ, 桑圃の, 梅なりき, 榛軒の, 様子の, 次の間の, 次第に枯死, 歎息した, 此処に, 決して日本, 泣かぬばかりに, 泣き出しそう, 泣き顏, 泣き顔を, 津村家の, 海鼠が, 涙ぐんで, 涙ながら, 満開椿ぽたぽた, 火鉢の, 狡いやつ, 男の, 畳の, 疑って, 白, 白く, 白く椿, 白し浪花橋畔財主, 白し浪花橋辺財主, 白梅咲き, 百花の, 盛りである, 盛り蒲公英, 盥で, 相手が, 相手の, 眼を, 突き付けられた罫紙, 立ち上りながら, 立ち止まった, 立去れないので, 紅梅よりも, 純然たる, 継父生母異父妹二人と, 総身に, 羽子板屋の, 老い朽ち, 肩先から, 胆を, 背後を, 腹を, 膳を, 自分も, 色合が, 芝居の, 花の, 若者の, 苦叫悶叫, 茅屋の, 蓮の, 薄紅梅, 袖に, 見返ッ, 親の, 親方から, 言葉を, 訝しげに, 話しました, 誰れで, 豊後梅, 貞節な, 貰った手袋, 贅物で, 赤い萼, 近く接し, 返事を, 遠い昔, 遠慮し, 遠慮なしに, 酸いさかい, 酸味が, 重ねて, 隱居所から, 雀に, 青みけり, 風呂へ, 食合せ, 驚きまして, 鶯に, 默つて首を

▼ 梅~ (290, 6.0%)

18 咲いて 10 香を 5 香に, 香の 4 香も 3 あって, 咲く, 枝に, 香, 香ぞ

2 [18件] ちらほらと, ちらほら咲い, もう散りはじめた, 一株は, 二三本, 入ったかしら, 命にも, 咲き椿, 咲けば, 好きで, 家出を, 散り桜, 日頃から, 枝を, 硝子戸越しに, 薫って, 返事を, 香丸で

1 [197件] あった, あり亭, あり木犀, ある, あるそう, あるの, あわただしく駈け, いった, お安く, こぼれそう, ございますあの, ござります, さかりで, さきかけた時分, さく, しきり, すっかり雪, そこへ, そっと入り込んだ, その界隈, たいへんに, ちらほら咲きかけ, ちらほら咲き出す, なかなか器用, なけりゃ歌わん, なければ, ならんで, のぞいて, はいりましたろう, はちきれそう, ひとごとでは, ひらいて, ぴたりと, ふくらんで, ほころびそう, ほの, ほのかに, ぽつぽつ咲き出し, まだ開かぬ, もうこの, もう春, やうやく開かう, よく尋ね, ワザと, 一人眼の, 一時に, 一木月は, 一本でも, 一輪ずつ, 一部分は, 三本ある, 上古に, 下, 二三輪綻びかけた, 五ぢや, 今頃梅田の, 仰天し, 伝染った, 何時に, 何處からとも, 傍から, 先日咲いた, 其の言下, 到るところ, 匂つて飮み過ぎた, 北朗作る, 双子葉類, 古今無双の, 咲いた, 咲いたから, 咲いたと, 咲いたの, 咲いたり, 咲いたん, 咲いてさ, 咲いてた, 咲いてや, 咲きかけて, 咲きこの, 咲きはじめた, 咲きましたか, 咲きましたよ, 咲き初めた, 咲き匂って, 咲き満ちて, 咲き田, 咲き雪柳, 咲き鶯, 咲くからには, 咲くころ, 咲くさっき, 咲くと, 咲くといふ, 咲くに, 声を, 大いに違っ, 大事に, 大原では, 好いの, 好きだ, 好きだつた, 好きです, 好きな, 好く咲きました, 子を, 孤立的に, 宜からう, 少し咲きそめた, 市場へ, 帯の, 帰って, 帽子と, 幾たび声を, 幾つか, 床の, 急いで, 急に, 挿して, 散つてしまつて油蟲, 散らして, 散りしく朝庭, 散り騒いだだけ, 散る春寒, 散る時分, 散れば, 早く咲く, 明く澄み, 朝晩に, 村中に, 枝まるま, 植えて, 植えられて, 死んだの, 死んだ二タ月目, 毎度御, 沢山お, 沢山取ます, 泣顔を, 洗い掛け, 満開で, 漬け頃, 火鉢に, 瓶ながら, 畑の, 畑へ, 疊の, 疾っ, 白, 白く咲い, 白く桃, 盛に, 盛りを, 眞白である, 真っ赤に, 着て, 私に, 私は, 立って, 笑えば, 粂之助の, 結構です, 綺麗だ, 綺麗に, 繽紛と, 腹を, 膳を, 自分の, 色めいて, 花を, 蛤の, 行つた後で, 見ると, 言った通り, 赤いよう, 赤い襷, 軒端の, 迷惑がりました, 隱居所の, 青々繁っ, 顔を, 飛込んだとき, 飲んで, 香しみ, 香そよと, 香と, 香とめ, 香と共に, 香なる, 香にの, 香は, 香や, 香やちよつと, 香山の, 香聞え, 香薫る, 馥郁たる, 駈け出すと

▼ 梅~ (220, 4.6%)

5 見て 4 連れて 3 ちぎって, 伴れ, 持って, 見に

2 [16件] せき立てて, たずさえて, ちぎっては, つれて, 出て, 別室に, 呼んで, 娶合せて, 庭に, 愛せば, 探る者, 目黒に, 看た, 見ながら, 買って, 顧みました

1 [167件] あしらひ, あわれに, いじくって, いつくしみながら, うつしに, お先棒に, お描き, くぐッ, くれけれ春, ここに, そのまま罎詰, たしなめたが, たった一本, つけて, つけるのに, のこぎりで, はじめ一行を, はじめ行き当りばったりに, ひきつれて, ふんづける, みんな買占める, もいで, もいでは, もぐ声, もる月, やっては, らば, ウメ馬を, 一つちぎっ, 一二度湯煮こぼし, 一寸見, 一枚の, 一瞥し, 上切りに, 主に, 二枝提げ, 今日かざしてん, 伐った話, 伐つて, 使つた, 使に, 写生し, 写生せん, 切りて, 初めて見た, 去つた, 去つて, 取らむか, 取出して, 名乗って, 告ぐるぞ, 呼び寄せる, 呼ぶの, 嗅ぎ出したりと, 嗅ぐ臘月, 坂下へ, 夢の, 大層植込み, 女房に, 好む, 好むこと己, 始め村の, 娶ったが, 娶つたの, 娶つて, 娶つて一女初, 娶るの, 家と, 尋ぬる, 岡西氏に, 干す, 庇ふ, 思つて居る, 意味し, 愛し梅, 慰めでも, 所謂梅干といふ, 折つて賜は, 折り焚きて, 抱いて, 担ぐ処, 指さしました, 指で, 据え遠く, 探らむ, 探りつ, 探りて, 探り梅, 探るには, 描いたか, 描いたの, 描かうかなあ, 描かせず衣服, 描きました, 描くこと, 早く思いついた, 書いた古ぼけた大きい, 書幌に, 朧に, 材として, 栽ゑようかとおもふ, 栽ゑ木犀を, 棄つ, 棄てずかへ, 棄てず黒梅, 植えたとき, 植えるより, 植える庭, 植ゑた, 植ゑ梅を, 殘し, 殺した事, 殺して, 氏と, 焚いて, 無理無体に, 現す場合, 生んだ, 生んだこと, 画かない日本画家, 画く, 画くこと, 相手に, 眺めたつて腹, 眺めて, 眺め乍ら, 石田梧堂に, 砂糖で, 砂糖煮, 砒霜の, 茶山に, 見ずんば, 見せちや貰, 見た, 見たること, 見たる時, 見つけて, 見つつ, 見てやら, 見ようと, 見るこれ, 見るには, 見上げた, 見少し, 見附けて, 覗くと, 覧て, 観に, 観山南, 詠ず, 詠ずる作, 詠んだもの, 詰めた七面鳥, 説くの資格, 読みさして, 読んで, 謗ったら愚か, 買いに, 追ひ出す, 遣は, 遣ッ, 遣ツ, 配したもの, 配し松竹梅, 長く蒸し, 頼み七兵衞, 養女として

▼ 梅~ (149, 3.1%)

75 持たせて 3 遅速を

2 [12件] ふる雨, むかって, わたしは, 因みて, 寄せて, 意見された, 来な, 西日の, 限らず普通, 鶯が, 鶯は, 鶯竹に

1 [110件] いこふを, いたっては, うぐいすが, うぐいすでございます, うぐいすでは, うぐいすという, うぐいすなどは, うぐいすは, うぐいすを, うぐひす, かこつな, かなって, からかって, ことかる, して, つもった雪, とり囲まれ神田川, なって, ふさは, ふれるなるらし, ほふ, まぎれも, まづ鶯, ウグイス, 一生懸命で, 三四点の, 三輪の, 不調和な, 並んで, 五六羽椿に, 会って, 似た黄色い, 住む, 住む羅浮, 先だち散らせるは, 別れて, 副へたきもの, 参考としての, 問ねた時廊下を, 啼くうぐいす, 因んでの, 声を, 始まって, 寄来しました, 小紋の, 就いて, 山之, 幾通ある, 心ひかれ, 怪しい事, 想われたの, 持たして, 持たせたから, 接木せしめた, 教は, 晩く, 晴れだ, 曇りらしいから, 月は, 杖を, 案内させ, 桜に, 桜を, 椿に, 櫻を, 止まって, 止まるので, 比ぶれ, 気の毒だ, 水晶の, 渡すと, 濡そぼけた, 無理を, 牛も, 献す, 白ゆきの, 百倍する, 相行く, 相違ない, 祟るや, 移つた時義雄は, 続いて, 縋ったが, 至っては, 至つては, 茶を, 見せかけて, 見せた, 訊いて, 變な, 送った手紙, 逢いたいは, 連れ戻らした, 遠会釈, 遮れた肉桂, 酌を, 配したの, 針で, 雀を, 雪が, 音たて, 鴬の, 鶯だ, 鶯という, 鶯なんて, 鶯の, 鶯ばかり, 鶯やら, 鶯松に, 鶯紅葉に

▼ 梅~ (111, 2.3%)

3 下男の, 云って, 寒菊とを, 梅 2 新坊, 柳の, 桜, 桜とが, 楓と, 申す者

1 [87件] いっても, いふが, いふので, いわれようとも, おんなじに, お民, すれば, なったり, なり桃, やれ莟, 一しょに, 一しよ, 一緒に, 万両を, 二人で, 云い樊, 云うの, 云う十三, 云う旅館, 云えば, 云へば, 併せて, 俺との, 六百本ばかりの, 出かける紅梅林, 同化する, 同感だ, 呼びなさる事, 命名し, 大きい鉢植え, 太吉が, 女中の, 婚礼を, 常陸は, 従妹の, 從妹の, 書とを, 松とや, 枇杷と, 柿と, 桑の, 桜で, 桜と, 桜とは, 桜とを, 桜に, 棗を, 椿と, 椿と共に, 椿の, 楽しんで, 櫻との, 櫻の, 水仙の, 水司又市の, 瑞華とに, 甘露梅が, 申しましょうとも, 申すの, 申すもの, 申す卒塔婆小町, 申す女中, 申す新参, 男衆とを, 福壽草の, 福寿草を, 竹やぶ, 若菜と, 菊との, 蕾を, 號した, 見える, 解きます, 解く, 言って, 言つて, 言つて二十歳くらゐ, 話す人, 野梅とは, 野梅の, 金之助が, 間の, 間男を, 題し時事新報社, 題するお話, 顔を, 鮎とを

▼ 梅さん~ (95, 2.0%)

3 お梅さん 2 でも, と云う, と若, を可愛がる

1 [84件] お梅さん向う, か此方, があんたとこ, がうつむいた, が不思議, が他, が先達て琴平, が大振り, が平気, が床の間, が承知, が朋輩, が言い渡し, が言ふん, が駈け, こそ可憐そう, このお客さん, だから, だってその, だの, であった, と, というの, という人, という人形, という女給, という玄冶店, といふん, といふ人, といふ若い, とも, とやらは, と云いましょう, と仲, と呼ばれ, と呼び立てる, と私, と間男, どうかお先, どうかした, どうした, にあてた, に婿, に宜しく, に対する感恩, に手ひどく, に饒舌つて貰, のお母さん, のショール, の他, の側, の前, の右手, の帯, の手, の方, の様子, の胸, の足, の酌, は, はある, はお前, はそう, はその, はどう, は三日, は何方, は内職, は冬, は利巧, は善い, は天理教, は美人, は色白, は言ふん, は驚いた, ばかり狙う, もあんなに, も焼け出された, やお, を抜擢, を貰い, を金三郎

▼ 梅~ (89, 1.9%)

8 桜も 2 咲くかと, 桃も

1 [77件] あり銀杏, あるが, あんずも, いいかげんの, おなじだ, きのうきょうは, くれの, これで, そのとおり, それにつれて, だれも, だん, ちらほら咲きかけよう, どき雁, ないのに, なければ, はやい, ぽつ, まさか永禪和尚, まだ早い, もう十七, もう咲い, やはりそいつら, ややひらきそめ, よく大南天, よろしいが, よろしく椿, チャタレイ夫人すらも, 下り初めました, 人が, 余り撰り, 公園の, 古木は, 咲いて, 咲かない, 咲きけり春, 咲きました頃, 咲き出しました, 咲く, 咲くだろう若菜, 咲く頃, 咲こう若菜, 咲鶯も, 喜兵衛奴も, 多い清閑, 多し, 大したこと, 大抵枯れ尽した, 大方は, 容赦なく伐り倒され, 小平も, 山吹も, 憎くは, 散って, 散つて, 散り桃, 昨夜お, 松も, 櫻も, 櫻もかは, 欄干に, 此室に, 此方へ, 煮ると, 盛りに, 知って, 綻びかけて, 綻ぶほど, 花は, 見頃に, 親の, 躑躅も, 追, 雪の, 静かに, 鶯も, 黄色く煤け

▼ 梅三爺~ (53, 1.1%)

2 の顔, は唐鍬

1 [49件] とは五六間, にすすめた, には竜雄, の一坪四銭五厘, の上, の前, の心, の爛れた, の瞳, の言葉, の訴え, の足許, は, はいろいろ, はすっかり, はその, はその後, はそれ, はどんな, はなかなか, はもう一度, はやはり, は一本, は一緒, は不安, は二度, は今日, は伜, は勿体な, は土まみれ, は少しむっと, は市平, は思い出した, は涙, は爛れた, は白毛混じり, は突然, は笑い, は紙, は自分, は自慢, は訊いた, は辞退, は遠慮勝ち, は開墾場, は難儀, も市平, も村, も爛れた

▼ 梅~ (50, 1.0%)

43 の宴 2 の船

1 [41件] かな, がてら, すらく, それから隅田川, だっしゃないかいな一日位ゆっくり, て来, という事, といふ, としゃれた, と言う, にお, にき, には餘程, にまかりける, に人, に來, に出かけました, に出かけよう, に出かける, に友, に天神祭り, に往, に暮らし, に行った, に行つて大森, に連れられ, のお, の酒, は梅, へ出かけた, ニ誘ウ文高津君ノ, 天神祭りは, 客が, 客と, 客は, 客も, 帰りひょんなことから, 日和が, 日和の, 時は, 時分から

▼ 梅三郎~ (48, 1.0%)

2 という者, と申す

1 [44件] う, がお, が何, が宜, が細目, が若江, じゃ不調法, と共にお, と別れる, と夫婦, と若江, なれば, に其の, に向いまし, に押えられた, に欺かれ, に瀬川吉次, に負わそう, に逢ったら, の乳母, の伯父, の名, の方, の父, の紙入, はお召, は二十三歳, は人, は件, は全く, は其の, は奥, は曲者, は真っ赤, は腰元, は若江, は評判, は間, は非番, へ贈りました, も同道, よ其奴, を見まし, を親

▼ 梅どん~ (45, 0.9%)

3 から知らし 2 の方

1 [40件] お梅どん, かってやっぱり, からも, から尋ン, から後で, がど, が気, が考えつきまし, が附いてる, だけにはいわんち, だけや, ちゅうもん, で, で前, にあんじょう, にしたら, に手紙, に擽られ, に来, に直, に聞い, に聞いたら, に訳, に話します, の代り, の口上, は手エ, もぼつぼつ, も出, も始め, をじき, 寝てる, 待たしたあッ, 掴まいて, 知れへんの, 見ると, 連れて, 頼みますよ, 頼んで, 駈け込んで

▼ 梅~ (45, 0.9%)

4 桜や 2 折らんと, 桃の, 桃を, 若菜の

1 [33件] あんずの, お民ら, がお母さん, さくらん, すべてが, とそれから, タチバナの, 二百六十二人は, 八重桜桃は, 木蓮などの, 杏の, 松などが, 林檎や, 柿木の, 桜が, 桜の, 桜は, 棕櫚などが, 椿は, 椿や, 楓や, 橘の, 水仙の, 源ちゃんにも, 珍車の, 生桃, 竹なんぞを, 竹や, 純白な, 罌粟は, 野菜の, 香料砂糖や, 黒百合や

▼ 梅~ (42, 0.9%)

4 のお 3 と云 2

1 [33件] があつ, があの, が世話物, が合邦, だけで, だつて, で演じた, なども時代, にちょっと, に尾上英造, の十郎, の大, の姿, の娘妙, の子, の振付, の栄三郎, の相模, の累, の蛇使い, の襲名披露, の豊志賀, はうまく, はさ, は立ちどま, は菊五郎, は蓮葉, は述懐, も得意, も福助, も美しい, や宗十郎, を失っ

▼ 梅~ (40, 0.8%)

4 を見る 3 を見 2 のあぶら, を唯, を恐れざる, を観, を観ん

1 [23件] として花, なきは, なんかつまらない, に見入る, のさかな, のちる, のほころぶ, の咲い, はそれ, はまだ, はもう, は前, は変わらない, は日々, は誘っ, を愛した, を拝見, を散らした, を楽しん, を点じた, を用い, を箙, を贈つた

▼ 梅玉堂~ (36, 0.7%)

1 [36件] がいとしい, が一々, が叫んだ, が必死, が返答, にとってはうれしい, に伝えられた, に向っ, の体温, の倅, の手首, の方, の書斎, の足音, の鼻緒, はさ, はようやく, は二十三貫五百, は五十三, は内々大そう, は吊橋, は命, は完全, は小心, は東京, は歩きだした, は登りつめた, は落ち行く, は蒼ざめて声, は言葉, は閉じ, もつりこまれ, もタオル, も初音サン, をひきとめ, を暗黒

▼ 梅ちやん~ (34, 0.7%)

2 が甘える, と五歳, の, の着, は門口, も甘え, や新

1 [20件] が言, といふ児, といふ兒, と一, と裸体, と裸體, と顏, に言, の名代, の方, の横顏, の琴, の膝, は三藏, は笑, は西洋の, も人真似, も岡惚れ, も襖, も食べない

▼ 梅~ (34, 0.7%)

2 の母, は江戸, は神辺, は長崎

1 [26件] が丁丑, が其時従学, が其間, が同一, が文政二年, が梅泉荘, が神辺, が竹田, が頗る, だと, とは恐く, とを較べ, と云, の一号, の壮時, の学問, の市河米庵, の江戸, の生, の画, は彭城彦二郎, は恐く, は早く, は竹田荘師友画録, 之精爽, 又浣花道人

▼ 梅ちゃん~ (31, 0.6%)

1 [31件] あの福兄さん, お一人, かえ, からこうして, がいえ, が実, が心中, が死ね, この次, そっくり, そのつもり, だってみんな, だんぜん買わせっちまえ, どうして浪花節, にきいたら, にこんなに, に惚れ, のに違い, のよう, の前, の声, の母親, の為め, の鈴虫, は十歳, も義助, も隅, を連れ, 何ぞお, 助けて, 済まないが

▼ 梅という~ (28, 0.6%)

2 のと, のは

1 [24件] おでん屋だ, ことを, ところでしょう, ところです, のが, のを, ものは, 処に, 十八の, 名じゃ, 名前を, 名取りに, 奴が, 奴は, 娘が, 娘は, 形に, 意味で, 植木屋であった, 比丘尼が, 翁でござる, 者で, 者であります, 飲み屋が

▼ 梅次郎~ (26, 0.5%)

2 と義助, を慕つて

1 [22件] があと, がたずね, が相手, である, とが家出, にも洩らした, のほう, はことし廿一, はどもり, は何, は奥, は短刀, は躊躇, もかの鼠, も不思議そう, も口, も手代, も義助, や義助, をお, を婿, を養子

▼ 梅~ (25, 0.5%)

1 [25件] がかうした, が今度, が明治三十年, が東, だけは熊本, となつて甦生, と同じ, と改名, にもらはれ, のみ淡々, の出し, の友之丞, の型, の曲芸, の返事, の顔, はあれ, は根本, は桜島, は石燈籠, は福助時代, は肩, は若い, は非凡, を推賞

▼ 梅~ (24, 0.5%)

9 の紋 4 の紋ぢ

1 [11件] であった, で加賀中納言様, という犬, の定紋, の形, の旗, の紋付, の茶, みて, を一刀, を手打

▼ 梅もどき~ (22, 0.5%)

3 の実, の枝 2 が或は, 赤くて

1 [12件] あれ, と白菊, にかる, に群, の, の一枝, の実は, の實, の木, の花, へ菊, や青木

▼ 梅雨季~ (22, 0.5%)

3 の雨 2 のやう, は誰

1 [15件] が, だつた, だ寝る寝るより, にでもな, になる, には珍, に入, のよう, の憂, の薄曇り, の雲間, は梅雨季, は爭, も近づい, らしい方

▼ 梅~ (20, 0.4%)

5 桜だ

1 [15件] かが一面, から七兵衞, から何卒, がもう, が山の手, そうです, つたのです, つて女には, とある, とか風月堂, とよく, と瞬く, と言い切っ, よ, 月ヶ瀬梅渓は

▼ 梅~ (20, 0.4%)

3 と安蔵

1 [17件] が, がそこ, がカラカラ, が道, で, です, とはそれ, のすく, の鋤, の顔, はいきなり, はでなく, は半, は弾んだ, も同意, や安蔵, や安蔵たち

▼ 梅蘭芳~ (20, 0.4%)

32 の芝居

1 [15件] が帝国劇場, が得意, が日本, に, にも向かい, に次ぐ, の写真, の劇, の舞ぎぬ, の邸, の酔楊妃, や楊小楼, を, を見, を見る

▼ 梅~ (19, 0.4%)

2 とを服用

1 [17件] が, が富士, でお, という牛屋, にかわった, に居, のお, のもの, の主人, の主人夫婦, の出店, の娘分, の長く, の馴染, は以前築地一流, は富士, へ奉公

▼ 梅~ (18, 0.4%)

2 の方

1 [16件] が, がなぜ, がなんと, が來, が冷蔵庫, が加, が外, が扉, が着, が若し, である, といつ, といふの, にもその, に肩, を思ふ

▼ 梅にも~ (15, 0.3%)

52 春の 1 おなじ説が, そんな宿命, 何とか名, 敬意を, 春や, 春を, 柳にも, 梅自身の

▼ 梅~ (15, 0.3%)

2 梅見, 行って

1 [11件] あひがも, かけて, まいりその, 出掛けその, 彼女を, 橋を, 田中三郎が, 肥料などを, 茶を, 行きダレ, 連れて

▼ 梅ヶ谷~ (15, 0.3%)

2 の大関

1 [13件] かだれ, が常陸山, が自身, ではまた, というも強, と向かい合い, のまね, のよう, の全盛, の時代, の独相撲, もあれ, も爰

▼ 梅といふ~ (14, 0.3%)

2 子が

1 [12件] いろは茶屋の, のだ, のは, のを, 十八の, 名所も, 女が, 女は, 女児を, 女兒, 女給仕, 枝垂の

▼ 梅ヶ枝~ (14, 0.3%)

5 の手水鉢 2 できつねうどん 1 かえ, という小料理屋, などが重立った, の, の影, の源太, をお呼び

▼ 梅五郎~ (14, 0.3%)

2 のところ

1 [12件] がどう, が豊太, という名, と申, と突き合わせ, に刺し殺させた, のふたり, の按摩丈賀, の申し立て, の許, の身代, は名題

▼ 梅坊主~ (14, 0.3%)

1 [14件] が枯淡軽妙, が阿呆陀羅経, なども戸外, など私, のその, の指, の深川, の由良之助, の話, の連中, の重子, の阿呆陀羅経, は舞台, 双絶

▼ 梅廼屋~ (14, 0.3%)

3 の団扇

1 [11件] が塔婆, といふ待合, と書い, に聞く, のお, の塔婆, は五代目, は前, は此方, は落語社会, を迎

▼ 梅~ (13, 0.3%)

11 よみ 1 よみの, よみを

▼ 梅でも~ (13, 0.3%)

1 [13件] いい, それを, だいぶ香品, 咲いて, 大事に, 庭に, 杏でも, 松でも, 植えて, 百合でも, 見て, 見ようと, 買って

▼ 梅には~ (13, 0.3%)

2 まだすこし早い

1 [11件] ぼちぼちと, また毅然, もう季節, わからないから, チと, 不平だつた, 四徳を, 暇を, 梅氣竹には, 遲く, 雷雨の

▼ 梅~ (13, 0.3%)

1 [13件] さ, と反対, と君, などになる, に出逢った, の座敷, の弁論, の方, は, はその, は委員総会, も僕同様失恋, 食ったそう

▼ 梅~ (13, 0.3%)

1 [13件] から急, が今, が突然実に, ききながら, というの, とたびたび, と小, の両, の住い, の声, の目と小芳, の鼻, も別に

▼ 梅~ (13, 0.3%)

4 の家 1 がいた, はおもて向き, はちら, は湯, は盲, は頭巾, もいる, も留守, も箸

▼ 梅雨空~ (13, 0.3%)

1 [13件] うなる機械, おもく蜘蛛, で淡路島, に重い, のこと, のしたしい, の荒海, の陰鬱, の雲, へ伸びたい, らしく曇つて, をキヤルメラ, を泳ぐなら

▼ 梅ちや~ (12, 0.2%)

52 んお, ん先生 1 んタマ, ん松島さん, ん貴

▼ 梅鉢草~ (12, 0.2%)

1 [12件] が不思議, が咲い, であって, とは違います, なん, にした, の印, の咲き盛り, の花, や松虫草, や虫取菫, 高根毛莨

▼ 梅だの~ (11, 0.2%)

2 水仙だの 1 五寸釘の, 李だの, 松だの, 柳だの, 桃だの, 椿の, 楓だの, 罌粟だ, 腐れかけた李

▼ 梅から~ (10, 0.2%)

1 小村井かけ, 届けたもの, 山ざくら山ざくらから, 来たん, 柿梨茱萸の, 桜八重桜と, 櫻へ, 液が, 聞いて, 蕾を

▼ 梅~ (10, 0.2%)

1 やり一時頃帰宿, 取引を, 名高ひ, 散財し, 有る見覚え, 牙を, 白いという, 知られて, 組んずほぐれつの, 花は

▼ 梅はん~ (10, 0.2%)

1 お繼, が歩けん, とねえ何事, と寝, と悪い, と気晴し, と深い, と私, の処, を労り

▼ 梅~ (10, 0.2%)

1 があわて, が着, でご, ですが, でもいい, というの, にはド, の梅模様, の楽屋, もそこ

▼ 梅~ (10, 0.2%)

2 の下 1 が主として, の以, の伐除かれた, の在るなら, の林, の際, は得る, を植ゑざる

▼ 梅比丘尼~ (10, 0.2%)

1 の横面, の肩先, の行方, は山, は彼, は方々, は来ません, は林, を入れ, を山中

▼ 梅~ (10, 0.2%)

1 が来ました, が隊長, では, と号, は仁斎学派, は吉原, は妙法院堯恭法親王, は明和三年, ぼたん, を経

▼ 梅若葉~ (10, 0.2%)

3 の梢 1 に幟, のあ, のあいだ, のあざやかさ, の下, の蔭, をうらやむ

▼ 梅~ (9, 0.2%)

1 それとも, それとも松, 万年青かなんぞと, 何か, 成程, 春先の, 桜か, 正弁丹吾, 物干

▼ 梅咲く~ (9, 0.2%)

3 春に 2 ころは 1 ころ, や財布, 日羅浮の, 春を

▼ 梅~ (9, 0.2%)

1 に残っ, の前, の女御, の御殿, の東, の王女御, へ多く, をお, を勝たせず

▼ 梅茶亭~ (9, 0.2%)

2 を出る 1 からこの, からわざわざ, という家, の主人夫婦, の戻り, の樹, の門

▼ 梅葉姐さん~ (9, 0.2%)

1 からの話, から熱海, が世話, そう言った, と一緒, の持ち物, の配慮, は東京, よ

▼ 梅陽軒~ (9, 0.2%)

1 にあ, にある, に居つた, に於, に来, に留まる, に移つた, は空僧院, へ以上三

▼ 梅~ (9, 0.2%)

1 が去年箱根塔, の内, の姉, の家, の話, はいつも, は一向, は時々, は眼

▼ 梅~ (8, 0.2%)

2 介の 1 に代り, 介, 介は, 介を, 介本名英太郎今日中橋商事の, 家小歌と

▼ 梅~ (8, 0.2%)

1 が藏人頭, と言つて, などにし, の歌, はまた, は一言, は立留つた, は聲

▼ 梅鉢屋~ (8, 0.2%)

3 の小僧 1 の二階, の坊ンさん, の坊主, の女, の春姫

▼ 梅麿~ (8, 0.2%)

2 は父 1 が持つ, はす, は浴衣, は父以外, は苦い, を自分

▼ 梅~ (7, 0.1%)

2 ちは, ち型 1 ちくずしの, ち散らし, ち染め

▼ 梅~ (7, 0.1%)

1 が, なら兼, に大変熱心, に熨斗, のこと, を連れ, を高山

▼ 梅~ (7, 0.1%)

1 と東洋文学, などのごとき, の蕾, の類, は大抵, 世にもしほ, 乱れ咲き夏

▼ 梅とは~ (6, 0.1%)

1 そんなに差異, ちょっと見る, 口を, 四つ違ひ, 大分懸け離れた, 梅の

▼ 梅モドキ~ (6, 0.1%)

2 の実 1 があった, は要するに, は風情, もやはり

▼ 梅吉方~ (6, 0.1%)

3 にて稽古 1 にて清心三味線けいこ, に赴き, へけいこ

▼ 梅喜さん~ (6, 0.1%)

2 の眼 1 なん, に遇, の療治, 本当にお前男

▼ 梅~ (6, 0.1%)

2 が居ねえ, は奉公人 1 と言っ, と言つて

▼ 梅~ (6, 0.1%)

1 がなにか, のところ, はおしまい, はした, は五十銭玉, は訊ねた

▼ 梅~ (5, 0.1%)

2 ほきと, 此という 1 竹の

▼ 梅~ (5, 0.1%)

1 ぶし, へ散る, へ笑はず, へ過, へ露

▼ 梅とか~ (5, 0.1%)

1 一字ずつは, 云ふ, 桃とかの, 竹とか, 言ったな

▼ 梅など~ (5, 0.1%)

1 あり, 処々開居候, 品一層, 多かり, 観賞出来ず

▼ 梅ばやし~ (5, 0.1%)

1 の向う, の花, まで頑張れ, ももう, を透い

▼ 梅一枝~ (5, 0.1%)

1 の春, を, を活ける, 又作和歌并以賜余, 画きて

▼ 梅五郎老人~ (5, 0.1%)

1 とも何時頃, の殺された, は唯一突, は平生何, を殺し

▼ 梅~ (5, 0.1%)

1 いやさ, この声, はその, はよろよろつと, も復員服

▼ 梅~ (5, 0.1%)

1 がやった, じゃねえ, なるもの, の時, より洒落れ

▼ 梅舎錦之助~ (5, 0.1%)

1 と偽名, にお, のこと, の手前, を持ち出し

▼ 梅花堂流~ (5, 0.1%)

1 の心易, の易学者馬春堂先生, の易者, の神易たる, の馬春堂先生

▼ 梅~ (5, 0.1%)

1 がかけ, がその, が聞いた, が西郷さん, の声

▼ 梅~ (5, 0.1%)

1 のやう, の色, も酸味, をのん, をドン

▼ 梅ある~ (4, 0.1%)

1 は珍, も雪, をみつ, を見る

▼ 梅では~ (4, 0.1%)

1 いつ迄, おそらく全市, 前の, 迚も

▼ 梅とも~ (4, 0.1%)

1 つかず杏, 人とも, 他の, 話を

▼ 梅どんと~ (4, 0.1%)

1 こい電話かけ, で手エ, は別々, 綿貫とが

▼ 梅ヶ辻~ (4, 0.1%)

1 から野中, か道理, のほう, を

▼ 梅丸竹~ (4, 0.1%)

3 丸両 1 丸いずれ

▼ 梅~ (4, 0.1%)

1 が小さい, といった, のかなし, の身

▼ 梅咲き~ (4, 0.1%)

1 て吾が, て白く, て空, 明る丘

▼ 梅~ (4, 0.1%)

1 と申す, の眼, は天窓, は疲れ

▼ 梅月夜~ (4, 0.1%)

1 から春, に敢, に見た, の効果

▼ 梅殺し~ (4, 0.1%)

3 の下手人 1 の巳

▼ 梅~ (4, 0.1%)

1 と千代, と菅丞相, には今, を見守る

▼ 梅窓院~ (4, 0.1%)

1 の向, の拾桜, の観音, の近く

▼ 梅蝶菊文等~ (4, 0.1%)

4 の語

▼ 梅阿弥~ (4, 0.1%)

1 と更め, と称し, の名, の標札

▼ 梅~ (4, 0.1%)

1 のいる, はさらに, へはたしかに, をほうりやっ

▼ 梅じゃ~ (3, 0.1%)

2 ないか 1 アない

▼ 梅とが~ (3, 0.1%)

1 一団に, 一團に, 散り殘つて

▼ 梅との~ (3, 0.1%)

1 交際などを, 寝て, 配合は

▼ 梅などが~ (3, 0.1%)

1 それである, 植えて, 疎らに

▼ 梅などは~ (3, 0.1%)

1 他物を, 全で, 源之助の

▼ 梅みたい~ (3, 0.1%)

1 に生らない, に訪問者, に鎌倉中

▼ 梅より~ (3, 0.1%)

1 外は, 桜よりも, 青い庶民

▼ 梅よりも~ (3, 0.1%)

1 モット早く, 桑が, 私は

▼ 梅ヶ枝女史~ (3, 0.1%)

1 が叫ぶ, の前, の憤懣

▼ 梅一本~ (3, 0.1%)

1 あり, の上, の寄附主

▼ 梅二月~ (3, 0.1%)

1 のある, も半ば過ぎ, 寒い風

▼ 梅人形~ (3, 0.1%)

1 のかげ, の右, の騒ぎ

▼ 梅今日~ (3, 0.1%)

2 は直木 1 はだいぶ

▼ 梅坊主一座~ (3, 0.1%)

1 の俗曲, の掛合咄茶番, の漫舞

▼ 梅~ (3, 0.1%)

1 などいうくだらぬ, の, をありがたがった

▼ 梅掌軒~ (3, 0.1%)

1 がもどっ, ていうなあ汁粉屋, の床几

▼ 梅~ (3, 0.1%)

2 の実 1 かなにか

▼ 梅散り~ (3, 0.1%)

1 しきて, て狐, て鶴

▼ 梅散る~ (3, 0.1%)

2 や螺鈿こ 1 や放生会

▼ 梅~ (3, 0.1%)

1 というお, と云う, は貴方

▼ 梅殿~ (3, 0.1%)

1 といい, と桜殿, も桜殿

▼ 梅清処塾~ (3, 0.1%)

1 にありし, の分室, の書生

▼ 梅焼酎~ (3, 0.1%)

1 はよかつ, をこし, を一升

▼ 梅~ (3, 0.1%)

1 にはいりこんだ, の教室, の組長さん

▼ 梅花心易~ (3, 0.1%)

1 として天上, に求め, はない

▼ 梅~ (3, 0.1%)

1 が插, にも各, を母

▼ 梅~ (3, 0.1%)

1 と署名, に行, は野狐

▼ 梅道人~ (3, 0.1%)

1 がいう, の墨竹, や黄鶴山樵

▼ 梅遠近南~ (3, 0.1%)

3 すべく北

▼ 梅~ (3, 0.1%)

1 その次, で鰤, は何

▼ 梅龍鎮~ (3, 0.1%)

1 にし, の旗亭, を演じた

▼ 梅あり~ (2, 0.0%)

1 君知る, 星月夜

▼ 梅いう~ (2, 0.0%)

1 お附, 女子衆に

▼ 梅こぼれ日~ (2, 0.0%)

2 は花

▼ 梅さき~ (2, 0.0%)

1 けりと, ぬどれ

▼ 梅その後~ (2, 0.0%)

2 からお

▼ 梅~ (2, 0.0%)

1 にくき昔, 雪の

▼ 梅だけが~ (2, 0.0%)

1 垣根の, 美しく花

▼ 梅ちゃん今晩~ (2, 0.0%)

1 からわたし一人, は

▼ 梅~ (2, 0.0%)

1 や, やない

▼ 梅つつじ藤錦木~ (2, 0.0%)

2 ほそき孟宗

▼ 梅である~ (2, 0.0%)

1 からその, ということ

▼ 梅~ (2, 0.0%)

1 のであっさり, 歌で

▼ 梅などという~ (2, 0.0%)

1 酒が, 錚

▼ 梅などに~ (2, 0.0%)

1 見る様, 見る樣

▼ 梅なら~ (2, 0.0%)

1 うち家にも, もう大丈夫

▼ 梅なんぞが~ (2, 0.0%)

1 不満足に, 企て及ばぬ程迅速

▼ 梅なんぞも~ (2, 0.0%)

1 その通り, たしかにその

▼ 梅なんて~ (2, 0.0%)

1 ばかばかしいことば, 名は

▼ 梅に関する~ (2, 0.0%)

1 ものには, 折々の

▼ 梅ほめ~ (2, 0.0%)

2 て紛らかしけり

▼ 梅まで~ (2, 0.0%)

1 人と, 出して

▼ 梅~ (2, 0.0%)

2 が笑ってる

▼ 梅もさ~ (2, 0.0%)

2 なりき白

▼ 梅もどき籠~ (2, 0.0%)

1 に, に挿し

▼ 梅やに~ (2, 0.0%)

1 おむすびを, スカートの

▼ 梅やも~ (2, 0.0%)

1 お母さんに, みんな家出し

▼ 梅やら~ (2, 0.0%)

1 桃やら, 雪やら

▼ 梅~ (2, 0.0%)

1 はばかれ神, 春を

▼ 梅ヶ谷常陸山~ (2, 0.0%)

1 の晩年, の角力

▼ 梅ヶ香~ (2, 0.0%)

1 と相, ほんのりと

▼ 梅ヶ香丸~ (2, 0.0%)

2 は新造

▼ 梅一輪~ (2, 0.0%)

1 ずつのあたたか, 遠くここ

▼ 梅二月宵~ (2, 0.0%)

1 といっ, と言つて

▼ 梅五郎さん~ (2, 0.0%)

1 にこっそり, に届け

▼ 梅~ (2, 0.0%)

2 を醢

▼ 梅~ (2, 0.0%)

1 がくる, のスゴイ顔

▼ 梅~ (2, 0.0%)

2

▼ 梅千代~ (2, 0.0%)

1 という妓, などお

▼ 梅~ (2, 0.0%)

1 とも称し, と改めて

▼ 梅原二氏~ (2, 0.0%)

1 と夜食, は曽

▼ 梅咲い~ (2, 0.0%)

1 てゐる, て人

▼ 梅~ (2, 0.0%)

1 の一, 初霽石榴紅

▼ 梅宛陵王文恭~ (2, 0.0%)

2 の集

▼ 梅~ (2, 0.0%)

1 が實際, の

▼ 梅幸の~ (2, 0.0%)

1 は上品, もあれ

▼ 梅~ (2, 0.0%)

2 取るほどに

▼ 梅折る~ (2, 0.0%)

2 人や

▼ 梅文鼎~ (2, 0.0%)

1 の, は

▼ 梅既に~ (2, 0.0%)

1 満開なり, 開くを

▼ 梅日和~ (2, 0.0%)

1 だった, の午

▼ 梅~ (2, 0.0%)

1 が行っ, というの

▼ 梅桃李~ (2, 0.0%)

1 などの紅, などの花

▼ 梅桜花~ (2, 0.0%)

1 の師匠, 咲くは

▼ 梅~ (2, 0.0%)

2 の若木

▼ 梅模様~ (2, 0.0%)

1 じゃござんせん, だったところ

▼ 梅~ (2, 0.0%)

1 の色殊, をなし

▼ 梅毛虫~ (2, 0.0%)

1 はただ, よりはるか

▼ 梅氏古文~ (2, 0.0%)

2 が出

▼ 梅泉荘~ (2, 0.0%)

1 の遺, を有し

▼ 梅~ (2, 0.0%)

1 が一つ, の傍

▼ 梅甫夫婦~ (2, 0.0%)

1 また来, を脅し

▼ 梅画伯~ (2, 0.0%)

2 に依頼

▼ 梅~ (2, 0.0%)

1 へ帰る, までお

▼ 梅窓院通り~ (2, 0.0%)

1 から百人町, の伊吹屋

▼ 梅粂之助~ (2, 0.0%)

1 のお話, は互に

▼ 梅~ (2, 0.0%)

1 の旗, の海賊旗

▼ 梅~ (2, 0.0%)

1 ヲ下, ヲ廻シテヨコシナガラ

▼ 梅~ (2, 0.0%)

1 からの, 暖烟生処白

▼ 梅自身~ (2, 0.0%)

1 の気持, も若い

▼ 梅~ (2, 0.0%)

1 をし, 与余

▼ 梅~ (2, 0.0%)

1 ですますそれ, など

▼ 梅~ (2, 0.0%)

1 と称せられ, 恐没一花存

▼ 梅見れ~ (2, 0.0%)

1 どもあかず, ば方図

▼ 梅賀さん~ (2, 0.0%)

1 にも耳打ち, のお家

▼ 梅~ (2, 0.0%)

1 とかいうの, なる一座

▼ 梅逢春~ (2, 0.0%)

1 がやっと, と云う

▼ 梅鉢寺~ (2, 0.0%)

1 と覚え, の清水

▼ 梅鉢屋さん~ (2, 0.0%)

1 や, や梅鉢屋さん

▼ 梅鉢工場~ (2, 0.0%)

1 という所, といふ所

▼ 梅~ (2, 0.0%)

2 に匂

▼1* [444件]

あらゆる花それから, 梅あるじと共に老い, 梅あれきり何の便り, 梅いろいろ樹の状, 梅お前浦和の孫太郎, 梅お菓子持って, 梅かなんかの植木鉢を, 梅かも知れねえぜ, 梅かをる窓のひさし, 梅こそ咲かね風かほる, 梅さく頃は加茂川, 梅さとちりぬ, 梅さんそこな客座敷, 梅さんはじめお竹さん, 梅さん一家は当惑, 梅さん向うへ行っ, 梅さん御苦労ながら門前, 梅しか読んだこと, 梅しろき朝ぼらけかな, 梅しろく小竹の, 梅しろし吾が篁, 梅その盡くる, 梅たちを促し, 梅だくと夢みし, 梅だけは奉公に, 梅だったがねえ, 梅ちゃんお前ここにいた, 梅ちゃんお前さんの下駄, 梅ちゃんここで何, 梅ちゃんどれがいい, 梅ちゃんのだわ, 梅ちゃんわたしはこれから, 梅ちゃん先生の下宿, 梅ちゃん奧田さんなど皆, 梅ちゃん梅ちゃん済まないが, 梅ちゃん親方は, 梅ちりて鶴, 梅ちればあたり, 梅ちんぐるま草, 梅であったか, 梅でありまして象牙細工, 梅でございますよ, 梅でしたから両人顔, 梅でしょうわたしが, 梅でなく物凄いお, 梅といふは樹の, 梅とかいう者であった, 梅とて芳紀二十三歳の, 梅とともに廊下の, 梅とを別に, 梅どんあんたかって察し, 梅どんあんた此処で待っ, 梅どんそこにいた, 梅どんと二人で頼みます, 梅どんと四人が何処ぞい旅, 梅どんと連絡取って, 梅どんみたいなもん相手, 梅どんより外に, 梅どんハタから見たら, 梅どん光子さんの着物, 梅どん巧いこと, 梅どん帽子と外套, 梅どん平田さんの時分, 梅どん枕許いやって来て, 梅どん母家の方, 梅どん電話口い出て, 梅なき国の, 梅なつめなどの砂糖, 梅などで囲んだ小池, 梅などには打ち開けないで, 梅などの植えこまれた庭, 梅などももとよりありません, 梅なりきという風, 梅なる者より, 梅なんぞ噛じつ, 梅における新三郎の, 梅におけるが如し, 梅にかあるらん, 梅にでもめッけられ, 梅にとっては一大事で, 梅ぬるければ竹, 梅はきゃんな声, 梅はんお前もまア, 梅はん余り大切に仕過ぎ, 梅はん大事に気晴し, 梅はん後をぴったり, 梅はん私をお前, 梅ばかりは格別だ, 梅ひとりこそ咲き匂, 梅へでも来たの, 梅へは行かずして, 梅ほど画家に, 梅ほどの実を, 梅また別の, 梅まだ咲かずうべ, 梅もしくは茶梅花と, 梅もどきッていう花大好きさ, 梅もどき一株を窗外, 梅やかへでなどの木を, 梅やがて身ま, 梅やき天ぷら厚焼など, 梅やけやきの, 梅やの静かなる, 梅やはどたばた走り廻る, 梅やを大声で叱咤, 梅やんとか云, 梅すら梅, 梅れんぎょうぢ, 梅を以てせんか, 梅ガラントウスところどころに, 梅グミナツメザクロなどは早速, 梅チヤンといふもの, 梅トウヤク竜胆岩梅姫鍬形苔桃などが多い, 梅花見ニ, 梅ハ春くりや花, 梅ヶ丘ってとこ, 梅ヶ丘小学校の教員川村コウ女史, 梅ヶ坪の城, 梅ヶ坪城に向い, 梅ヶ岡と云, 梅ヶ島といふ人, 梅ヶ島西山など二, 梅ヶ枝十四子は先日女学校, 梅ヶ谷みたいな女, 梅ヶ谷大砲などもいた, 梅ヶ谷大砲朝潮逆鉾, 梅ヶ谷藤太郎までは五条家, 梅一つ柏軒並妻俊四十一女洲十国七つ柏軒の妾春二十六, 梅一両枝趣深く活けたる, 梅一位杏桃が間, 梅一家に味方, 梅一寸来て, 梅一尺の老木, 梅一木に両家, 梅一本づゝ植て下され, 梅一枝月温く霞む, 梅一輪一輪ずつの暖か, 梅七つ柏軒並妻俊四十七妾春三十二男鉄三郎八つ女洲十六国十三安五つ, 梅となった, 梅三つであつ, 梅三の丸の梅庭, 梅三四本何も肥料, 梅三爺一人の手, 梅三爺様も随分, 梅三郎両人共にお, 梅三郎中岡黙徳富猪一郎, 梅三郎君である, 梅三郎貴様は大藏, 梅並びに次の, 梅並び樹てり柿, 梅に白く, 梅丸さんしどけないところ, 梅丸様とおっしゃる, 梅丸竹丸が各自一振り, 梅丸竹丸ご両人のあでやか, 梅丸葉岳蕗車百合などが黄, 梅九つ柏軒四十九子鉄三郎十女洲十八国十五安七つ, 梅事此度自分養女に致し, 梅二つ柏軒並妻俊四十二女洲十一国八つ男鉄三郎二つ蘭軒の女長三十八, 梅二五回にも女兒, 梅二枝を買, 梅二株は見頃, 梅五つ柏軒並妻俊四十五妾春三十鉄三郎六つ洲十四国十一安三つ, 梅五三本この庭, 梅五郎きらいな豊太, 梅人ふたりおなじ夢みし, 梅を粉, 梅を請, 梅をぶる, 梅何上人の袈裟, 梅作りの習慣, 梅便りがチラチラ, 梅信亭で饗宴, 梅信寺という寺, 梅兄様に読み, 梅児冢あたりへ之, 梅八つ柏軒四十八子鉄三郎九つ女洲十七国十四安六つ, 梅六つ柏軒並妻俊四十六妾春三十一男鉄三郎七つ女洲十五国十二安四つ, 梅其の飯櫃持つ, 梅其児の手, 梅初名弘の会, 梅到る處滿開なり, 梅ち僕, 梅頭取を, 梅十一柏軒五十一子鉄三郎十二女洲二十国十七安九つ, 梅十三柏軒五十三子鉄三郎十四平三郎二つ女国十九安十一琴八つ妾春三十八榛軒未亡人志保六十三であつ, 梅十二柏軒五十二子鉄三郎十三平三郎一つ女洲二十一国十八安十琴七つ妾春三十七榛軒未亡人志保六十二であつ, 梅十六柏軒の子, 梅十四柏軒の子, 梅十柏軒五十子鉄三郎十一女洲十九国十六安八つ, 梅南天松福寿草かしら, 梅南殿の梅, 梅博士は真, 梅博士田部芳博士と共に起草, 梅は中, 梅印城伊闇多田治部右衛門遠山右馬介今井九兵衛江間右馬丞関甚五兵衛小幡又兵衛大熊備前守三枝新三郎長坂釣閑曽根内匠曽根喜兵衛三枝勘解由左衛門すなわち足軽大将, 梅でも有ろう, 梅梅その, 梅吉夫妻の来る, 梅にけり, 梅咲かぬ家と, 梅咲きぬ鮎ものぼりぬ, 梅咲けばわ, 梅喜さんちよいと, 梅喜さん是が仲見世, 梅喜さん此方へお出で, 梅喜さん腹ア立つちやア, 梅噛つたんべ, 梅四つ柏軒並妻俊四十四妾春二十九子鉄三郎五つ女洲十三国十安二つ, 梅四郎兩氏の別, 梅といふ坊さん, 梅坊主たちが好ん, 梅坊主復活ともいふべき, 梅坊主連のかっぽ, 梅といふもの此, 梅のガラクタ小説, 梅をすぎ, 梅堂前にあり, 梅壺方は左, 梅壽さんがした, 梅は酒, 梅多く植ゑたる庭の, 梅多喜国千忠平であつ, 梅多摩川其の中, 梅天不正之儀, 梅天断梅の絶句, 梅太郎曰実ニ御尤, 梅女岡西へ嫁, 梅姉さんも疎開, 梅姐さんのよう, 梅姫鍬形苔桃などが多い, 梅安積にはよっ, 梅を見る, 梅家弟柏軒同訪高滝大夫旅館, 梅家軒氏の談, 梅寒き夜更けを, 梅寿堂の上菓子, 梅小母さんが笑つて, 梅尤も多し, 梅居士の教え, 梅の上, 梅山吹きなどが囲ん, 梅岩梅白馬黄者白山一華深山塩竈などの高山植物, 梅真英童子, 梅市安蔵そのほかみんな, 梅市蓑直しの安蔵, 梅常陸に代, 梅幸さんのところ, 梅幸丑之助は六代目菊五郎, 梅幸吉右衛門松助菊五郎などという顔ぶれ, 梅幸宗十郎宗之助松助等の帝劇専属俳優, 梅幸羽左衛門の, 梅幸高麗蔵宗十郎宗之助松助鴈治郎にて見物席, 梅ぽち, 梅廼屋ほかありませぬそれで, 梅がある, 梅悪い奴共の, 梅慶草や禾本沙草, 梅手鞠数奇屋思いづきとんとん, 梅持つて, 梅提げて通る, 梅つてそ, 梅散りしきぬ, 梅早う天井へ, 梅早く先へ, 梅春待つまの身過ぎ世過ぎ小節, 梅を何処, 梅は放, 梅時分になる, 梅暮れそめぬ, 梅有新香書古香, 梅朝さんたちと出かけた, 梅朝一座は浜松, 梅朝爺さんの前身, 梅な物蔭, 梅即此身随物化年年長趁此時来, 梅未開非君誰肯顧蒿莱, 梅李桜欅銀杏なぞの霜葉, 梅枇杷団栗の木, 梅柳中宵月勤めまする役人, 梅柳山とは, 梅柳頗有春色故詩中及之, 梅柿柘榴などの苗木, 梅栗柿棗などの果樹, 梅桃桜色々の, 梅桃桜林檎梨すもも一度にこの, 梅桃梨柿枇杷の如き, 梅桜あやめに菊, 梅桜位いは確か, 梅桜彼岸ざくら李の花, 梅桜杏などである, 梅桜松も縁日もの, 梅桜桃李が咲き揃っ, 梅桜桃李一時開で自然, 梅桜桃椿山吹夏蜜柑紫陽花柘榴金木犀枇杷山茶花等四季の花, 梅桜椿山吹桃も李, 梅桜牡丹芍薬似たりや, 梅桜花弁一片も欠, 梅桜蓮牡丹の如き, 梅梨桜のよう, 梅棕森然として, 梅椎の木や楡, 梅模樣の紺, 梅樹千章雪裡今に春, 梅樹雅趣を帯び, 梅などの庭木, 梅檜葉梔子無花果沈丁花椿など雑多, 梅櫻李一時に花, 梅櫻松楓それよりは金銀米錢, 梅櫻桃李一時に開く, 梅次郎さんや義助さん, 梅次郎手代の義助, 梅此処へ来い, 梅をし, 梅殺生禁断の制礼, 梅毛虫ヨトウムシモンクロシャチホコ等であつ, 梅氣竹には竹氣, 梅水仙青木椿みなどれもうつくしい, 梅水晶の花, 梅沙羅双樹桃李白樺欅厚朴木蓮の類, 梅沼芝口の丸屋, 梅泉歿後経数歳有母仍在, 梅活けた大花瓶まん中, 梅に斬り, 梅として清雅, 梅満開なり, 梅源三郎の三人, 梅の山水, 梅開く, 梅雪不精神有雪無, 梅独特の樹勢, 梅玉あたりを一座, 梅玉のさうした, 梅玉一座は中国, 梅玉改名迄の六十年間, 梅玉斎仙辰がその, 梅玉斎仙辰一座から特別待遇, 梅玉氏とが同一, 梅玉父子の意地張, 梅王子という神様, 梅甫さん江戸ってところ, 梅甫兄さんなる男, 梅甫料紙をこれ, 梅甫灯りを持てい, 梅甫真似ごとにやっ, 梅は今, 梅初蘇, 梅白くちりぬ石群, 梅白馬黄者白山一華深山塩竈などの高山植物, 梅百目なら上等ザラメ, 梅の者, 梅監督さんと呼ん, 梅社前の右, 梅祭りなどやり, 梅の家, 梅福寿草葉牡丹水仙のよう, 梅福相撲の娘, 梅程の小説西洋に, 梅に机, 梅竜初の名, 梅竹その他があちこち, 梅紅白の上絵彩色銀糸, 梅紅羅の軟簾, 梅紅葉せず三月, 梅素さんの処, 梅素玄魚という人, 梅紫陽花ひらく, 梅羊羹は裏漉, 梅美しい馬酔木榧木賊など, 梅だった, 梅翁一派の豪胆, 梅翁三十四歳の寶龍院, 梅翁日實居士である, 梅梅も, 梅者開友空蝉之世人君羊蹄, 梅肉エキスだの水, 梅肉エキス蚤とり粉毛筆紙挟み殆ど使用に堪へ, 梅肉ダケ別ニ取リマショウカ, 梅肉ハ予ト颯子デアル, 梅肉丸を出し, 梅肉以上ニ喰イ散ラサレテイル, 梅肉蒲団は問はず, 梅肉蒲団中の語彙, 梅脊中を押し, 梅舎至自江戸, 梅舎錦之助さまとおっしゃっ, 梅に塗った, 梅花井お梅, 梅花信不違, 梅花形の瓦, 梅花梨花の高, 梅花落尽して, 梅花香の汚, 梅花香底伝佳話只少, 梅若菜の句, 梅若葉柿若葉そして何若葉, 梅茶三杯ですます, 梅茶亭以来の怨み, 梅華皮の一本差, 梅落とす音すなり, 梅落鳥鳴時, 梅葉さんが言った, 梅のやう, 梅の名木, 梅蝶楼と号す, 梅血汐は胸, 梅行って来た, 梅見つ吾は, 梅見る人か, 梅見ん窗を, 梅詩有無の四字, 梅である, 梅謙次郎博士は非常, 梅謙次郎博士高木豊三博士等の組織, 梅谿がいつた, 梅買い評定をのぞき, 梅の向っ, 梅りて, 梅連翹桃木蘭藤山吹牡丹芍薬と順々, 梅の弟子, 梅遅けれども, 梅酸渇を医す, 梅鉢型のパレット, 梅鉢紋の旗さし物, 梅鉢紋付の羽織, 梅鉢草岩桔梗四葉塩釜など一面, 梅鉢草珍車虫取菫などが新, 梅鉢草白山一華白馬千鳥なども皆, 梅鉢草虫取菫雪割草の産地, 梅鉢草頂上近くの松虫草, 梅鉢藻だの, 梅阿弥等と号, 梅之終, 梅雨空暗雲が去来, 梅雪一党が乗りすてた, 梅雪子に面晤, 梅雲間草黒百合などの咲い, 梅の雨しとど, 梅露庵のお茶, 梅馥郁として招魂社, 梅高根薔薇黄花石楠黒百合色丹草など素人目, 梅鶯軒に至る, 梅麿はかの女, 梅龍達はそこら