青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「斜め~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

文章~ 文芸~ 斎~ 斎藤~ 斑~ 斗~ 料~ ~料理 料理~ 斜~
斜め~
斬っ~ ~斯 斯~ 斯く~ 斯様~ ~新 新~ ~新しい 新しい~ ~新しく

「斜め~」 1462, 15ppm, 7685位

▼ 斜め~ (1198, 81.9%)

58 して 13 なって 8 切って 7 飛んで 6 上の, 横切って 5 上から, 射して, 空を, 落ちて, 見ながら 4 かまえて, 受けて, 背負って, 身を

3 [20件] うしろの, かぶって, なるの, 上へ, 下って, 体を, 傾いて, 傾けて, 床の, 捩って, 枝を, 構えて, 歩いて, 水の, 流れて, 立って, 肩を, 腰を, 見て, 見上げて

2 [71件] あるいは横, うけて, かしげて, さしかけて, したり, しながら, すると, すれば, その口, つきつけたまま, つき出した高い, なつたり, なびいて, なりました, ぼんやりと, 下の, 下向け, 丘の, 井桁の, 光線を, 切るよう, 向き合った, 向って, 吹かれる雨, 壁の, 外れて, 射し込んだ, 射し込んで, 射す, 左へ, 張って, 張られた天井, 彼の, 捻向けて, 掘って, 掠めて, 描いて, 斬られて, 映って, 曲げて, 月の, 林に, 森の, 横ぎって緩く, 歩いては, 男女の, 眺めて, 空に, 立つて, 立てて, 線を, 背中に, 背負いこんで, 行く, 見えた, 見ながらに, 見返って, 負うて, 貼って, 貼られて, 走った, 走って, 踵へ, 通って, 遠望される, 鏡が, 門の, 降る, 顔を, 首を, 駈けだして

1 [857件 抜粋] あの窓, あるいは大路, あるもの, いっそうだらし, うつった, うねった道角, えらがる人, おちガッタンガッタン, かかった一幅, かかった橋, かかる微妙, かけた袈裟掛絡, かざされて, かざして, かしぎながら, かすった, かすめた, かたむきながら, かぶった, かぶった口ひげ, かぶった運動帽, かむり白い, くぎつて土俵には, くっつけたり, ここへ, さかのぼって, さしこみ何処, さしこむわずか, さしこんで, さして, さし出て, さし渡った, さすなか, さす日光, さっさと切っ, さもさ, しうんと, しかし獲物, した, したまま, しつつ, しなければ, し刀, すうと, すべり或いは, すり減って, するよう, すわって, ずって, そのま, その呪われた, その花, それに対する, それを, たてる石仏, たどって, ちょっと隠れた, ついた蒙古人, ついた足がかり, とるもの, なった, なったり, なった一寸, なった支え, なった時, なった梯子, なった膝, なった陽光, なびいたが, なびかせて, なりぬ, なり且つ, なり源次郎少年, なる鐘巻流, のばした二の腕, のぼり始めた, のぼり更に, はりつけること, ひくく直線, ひとりの, ひらき星, ぶっつけた体当たり, ほとばしり出たか, ほんの足がかり, まっすぐに, むかい合って, むかう工合, ゆるくうしろ, よぎって, よろめいて, クレヴァースを, タコが, バルザツク街へ, パックリ口, ピタリと, ブラ下がっ, 一と, 一の, 一煽りハタと, 丁と胸, 丁と鑿, 上げたまま, 上った月, 上流へ, 上眼を, 下げて, 下りると, 下り焼岳, 下向いた, 両手で, 中の, 乗って, 乘て, 五六枚に, 五枚目の, 井戸を, 人びとの, 仕切った砂浜, 仕切って, 仰ぐ, 仰向かして, 仰向けに, 位置した, 何本もの斬尖, 作って, 使って, 倒して, 倒れながら, 倒れる方向, 傾いては, 傾きかかって, 傾きながらと, 傾げたかと, 先を, 光りを, 光り物は, 入つて, 入り込んだ際, 冠つてゐる, 冷視した, 凹面鏡を, 切られて, 切りたる青竹數竿, 切り取られて, 切り進んで, 切るは, 切る対角線道路, 切れ下った切り口, 切通しにな, 刳り抜いて, 削いだ分の側, 前へ, 動きます, 動く, 匐って, 十二階の, 十歩ばかり, 半分割り付けたであろう, 南の, 卷煙草を, 反った, 反らす, 取りついて, 取り巻いて, 受けるよう, 古銅の, 叩き割った, 右と, 合わされて, 向いた豊頬, 向いた顔, 向いてる耳, 向う側の, 向かって, 向きあって, 向けて, 向け眼, 向った玄関, 向ひ, 向合, 吹きつける風, 吹きて, 吹けば, 吹下ろされた, 土に, 地に, 地面に, 坐って, 坐つて, 坐るの, 堤を, 壁に, 変った, 大きな鶴嘴, 大理石の, 天に, 太陽の, 奥へ, 奴を, 宗近, 宙乗りし, 寄って, 寛, 寝台の, 射し, 射しこんで, 射した光線, 射し込む陽, 小屋を, 小樽対ウラジオの, 少しずつ, 尻に, 居返ると, 山の, 岩と, 岩へ, 崖を, 崩し折目, 左下に, 差しこんだ, 差して, 差し込む航空燈台, 巴形の, 巻いたは, 帯に, 帽子を, 平めかせ首, 幹を, 幾條も, 広く黒ずみ渡った, 床へ, 延びて, 弓を, 引かれた, 引きすぐ, 張った枝, 張りつめて, 張れば, 当たる室, 影を, 彼女を, 往来へ, 待つ, 後ろを, 微動し, 急いで, 態を, 懸けた革, 懸った, 截ち切ったよう, 截った所, 截り取られた, 房が, 払い上げた, 払った太刀, 投げだして, 投げ込んだやう, 投げ込んだよう, 折り屈げ, 折れ曲って, 抱いて, 押しやる, 押出しながら, 拂ひあげ, 持たした艶, 持ちながら, 持って, 指白, 振った, 振つたので, 振りあげた, 振りおろされた, 振りながら, 振り下ろすの, 振仰いだ蒼白い, 振向き, 振返ったの, 挿し込みその, 捧げたまま, 捲かれて, 掘り始めた, 掛けても, 掛った細い, 掠め窓, 揚げて, 揚板の, 摩りはじめました, 撫肩で, 散りかかりつつ, 数字盤の, 整然と坐り, 斬りはらった, 斬り下げたの, 斬り裂きおさえた指, 断たれて, 日光に, 昇って, 星が, 映った, 映つた, 暗い隣, 曳かれて, 木の, 本石町へ, 来ない限り, 東の, 東南から, 林檎の, 栄三郎を, 梅子を, 構え, 構えては, 横ぎって大名小路の, 横ぎって歩いた, 横たわって, 横切りどうやら, 横顔が, 樹の, 橋の, 正門の, 武蔵が, 歩いただけ, 歩き出して, 歩き蹌踉, 歩く角度, 歩を, 水ぎわへ, 水も, 水陽炎を, 沈んで, 泡を, 注がれた隆々, 泳いで, 流し僅か, 流れこんで, 流れつつ, 流れ矢に, 浮かして, 浮游する, 浸潤し, 深い頬傷, 深くおり, 深く横広がり, 減って, 渡したコンクリート, 渡る姿, 滑って, 照らし込みその, 照らす光りが, 片寄せたイーゼル, 物体に, 瓜を, 生い, 生ひ, 画面を, 畠へ, 畳んで, 登り切って, 白い光, 白い壁, 白く光る, 目暗, 直立し, 眉の, 眼の, 睨むは, 瞳を, 短く自動車, 秋燕が, 移つてゐる, 移る時, 突きさ, 突き出た軍艦, 突き切るの, 突き破られた, 突っ切るつもり, 突っ切るよう, 突切って, 窓越しに, 立てかけて, 竜之, 筋を, 籠に, 紐で, 結び, 網代屏風の, 縞の, 縦脈の, 置かれ下部, 群青の, 翔け上った, 聞澄まして, 肩と, 背は, 背を, 背負いこみます, 背負い手馴し, 胸の, 胸を, 腕を, 腰の, 腰掛けて, 舟便と, 荒い縞目, 落して, 落す黒い, 落ちたとき二声悲鳴, 落として, 蒼白い面, 行く場所, 衝と, 衣兜に, 袈裟にな, 袴前に, 裏二階と, 西北に, 見あげながら, 見えない電車, 見えます, 見える室, 見える自動計算器, 見おろした往来, 見おろした海面, 見せて, 見たある, 見たところ, 見た射撃屋, 見た横顔, 見た造花屋, 見つつ, 見ました, 見る眼, 見わたせる船舶課側, 見上げながら, 見返した, 見降せるん, 視つ, 視て, 読んでも, 誰かの, 負い足, 負うたまま, 貫いたまま, 貫いて, 貼つてあつ, 赤い線, 走つたの, 走り豪州東部, 走るなか, 走ッ, 起こしました, 越えて, 跪いて, 踊りながら, 身をかは, 輪乗りを, 辷り降りて, 近々と帽, 通じて, 過ぎるうち, 道が, 道路の, 部屋の, 酒井の, 重なり対岸, 鉄の, 銀河が, 銜えた, 開いたのみ, 開き直って, 開くの, 闇を, 降りて, 隊長の, 階段が, 障子の, 雨が, 雪の, 電光に, 青じろく射し, 靡いて, 靡くころ, 頭巾から, 風呂場へ, 飛びのいた, 飛びやがて, 飛び出して, 飛び窟, 飛び飛びに, 飛ぶの, 飾って, 駈け抜けて, 駈け渉, 高いから, 高く人工, 高く光, 高く登っ, 鳴鶴ヶ岬, 黒い皮紐, 黒い雨

▼ 斜め~ (48, 3.3%)

2 位置に, 空間に, 虚空を, 道を, 陽が

1 [38件] あたりに, かくしに, ていだった, 体を, 傷口を, 光りに, 光線を, 凭れの, 前板, 向側に, 女の, 姿勢を, 折れ口は, 斧劈も, 方向からの, 日が, 日に, 構えで, 槍に, 横顔を, 海海の, 照明法を, 瓦屋根の, 異な, 眉が, 眉を, 真正面にあたる, 糸が, 細道で, 線を, 視線の, 足は, 長い雨足, 陽ざし, 陽り, 雨に, 飛び足, 飛沫で

▼ 斜め~ (18, 1.2%)

1 [18件] から女, から船, から街路, から見た, から降る, にか, にはまった, に当る, に真剣, に突き出す, に見上げる, に赫々, のあたり, の二階, の壁, の方, をかいさぐっ, を見上げた

▼ 斜め~ (17, 1.2%)

3 の方 2 から突き, から見上げる 1 にし, になっ, にはリノリウム張り, には教会堂, に太い, に本尊直前, に見おろされる, の花瓶, の高く, へそらせた

▼ 斜めうしろ~ (15, 1.0%)

2 からこの

1 [13件] からものすごい, から斬りつけ, から眺めた, には暗い, に仆, に拡, に若い, の乗客たち, の家, の松, の鏡, へ射し, へ曲げられ

▼ 斜めならず~ (14, 1.0%)

1 [14件] お喜び, しきりに管, すぐに, その労, それを, と給仕人, と見えた, ようやく着, わたくしも, フォークと, 両特使, 即時彼を, 彼の, 謠を

▼ 斜め~ (12, 0.8%)

2 から飛込ん 1 から仙太, から眼瞼, から見れ, から見上げた, にすべらした, にどうも, に倒れる, に真一文字, に置いた, に身体

▼ 斜め~ (11, 0.8%)

3 に竹, を向かね 1 から仙太, から見下した, に二人, に突き出, の丸椅子

▼ 斜め~ (10, 0.7%)

1 お月さま, のでがんりき, ので海, 内つ, 夫人の, 御面体, 日の, 草原に, 身体を, 道を

▼ 斜め~ (9, 0.6%)

1 にあつ, にいた, にはまだ, にやわらかく, にゐ, に膝, のところ, の座, を歩い

▼ 斜めならぬ~ (6, 0.4%)

1 ものが, 御感悦に, 御気色, 機げんである, 機嫌である, 機嫌顔で

▼ 斜め後ろ~ (6, 0.4%)

1 から受け, から投げかけた, から見た, から間近, に坐つ, へやった

▼ 斜め向う~ (5, 0.3%)

1 にはその, に据え, の女の子, の子供, の席

▼ 斜めにな~ (4, 0.3%)

1 つた純, つてゐた, つて居りました, つて矢は

▼ 斜め向き~ (4, 0.3%)

2 にすわっ 1 にかかっ, に並び

▼ 斜めから~ (3, 0.2%)

1 さして透明, 武蔵の, 鬣に

▼ 斜めなる~ (3, 0.2%)

1 こと明らかだ, 渠が, 頃上野の

▼ 斜め一文字~ (3, 0.2%)

1 に斬りさげ, に深々, に物凄い

▼ 斜め上方~ (3, 0.2%)

1 につけられる, を指し, を見

▼ 斜め向こう~ (3, 0.2%)

1 になっ, に倒れ, に頭

▼ 斜め~ (2, 0.1%)

1 が暖, つたから

▼ 斜めである~ (2, 0.1%)

2 時は

▼ 斜め十字~ (2, 0.1%)

1 なりに巻き, に振った

▼ 斜め反対~ (2, 0.1%)

1 の隅, の隅っこ

▼ 斜め~ (2, 0.1%)

1 から両方, にしばらく

▼ 斜め後方~ (2, 0.1%)

1 から射たれ, の壁

▼ 斜め~ (2, 0.1%)

2 の明るみぎり

▼ 斜め青眼~ (2, 0.1%)

1 これぞ鮠突き儀助, たしかに一流

▼1* [54件]

斜めうえに口蓋, 斜めからの弱まった光線, 斜めさす陽光は, 斜めて並べる, 斜めでございますな, 斜めではないし, 斜めとなつて二列に, 斜めないごき, 斜めならんと, 斜めならずやるわやる, 斜めならず喜び行水を, 斜めなれば鼻, 斜めにも一つの, 斜め斜めへと, 斜めへと森を, 斜めみぎりに, 斜めより来るの, 斜め上りになつ, 斜め上段になる, 斜め下しに捨てた, 斜め下ろしに吹きまくっ, 斜め下流にカーブ, 斜め乱れてまた, 斜めきに, 斜め前方にとうとう, 斜め半身に受け, 斜めにバッタリ, 斜め右側へまわる, 斜めひの, 斜め向い側にあつ, 斜め向う向きに束髪, 斜め向き手を曲げ, 斜め宙吊りとあいなり, 斜め左方を指差し, 斜め市松の切り子ガラス, 斜め後ろ向に欄干, 斜め後ろ手に閉めきっ, 斜め或は横, 斜めを錆びた, 斜め捩り切りそう, 斜め書きペン鉛筆小刀爪名文あり警句, 斜め東北に向っ, 斜め正面からそっと, 斜め登りの畑, 斜め眞上に相生橋, 斜め真上に相生橋, 斜め真直ぐに一本, 斜めの関係, 斜めのお, 斜めにかける, 斜めが川, 斜め読みが出来ない, 斜め頭上のあたり, 斜め飛びをし