青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「桶~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

案~ 案じ~ ~案内 案内~ ~案外 案外~ 桐~ 桑~ ~桜 桜~
桶~
~梅 梅~ 條~ ~梢 梢~ 梯子~ ~棄て 棄て~ ~棒 棒~

「桶~」 1849, 20ppm, 5757位

▼ 桶~ (486, 26.3%)

30 中に 28 中へ 21 水を 15 中から 10 ように, 上に, 中の 8 ような, 中で, 中には, 箍を 7 かげに, やうに, 底に, 蔭から 6 柄を 5 縁に, 胴の 4 水が, 水の, 蔭に, 蔭へ 3 しずくや, なかに, やうな, 上へ, 中を, 底の, 水に, 湯に, 湯を

2 [26件] お湯を, ここだく, そばに, そばへ, ところを, ともがら, まわりに, 下に, 井筒鉄の, 前に, 口を, 幾つかが, 底が, 底には, 底を, 柳絮に, 水で, 湯も, 箍に, 縁へ, 蓋を, 裏に, 輪が, 重さ, 音を, 高さ

1 [191件] あたりへ, あったあたり, ある後, ある物置, ある高い, うちでも, お湯に, かげから, かげには, かげの, かげ柳, きしみこれ, くくり付けて, くさったの, くせに, こっちから, ことであります, ことと, ことに, ことを, こわれとか, ごとし往来人多く, そこを, その水, たがに, たがを, ところから, ところへ, なかぐらいの, なかで, なかには, なかへ, なまぬるいやう, ならんでるところ, なんか, ふたを, ふちを, ぶっつかったところ, ほうへ, ままに, まま海に, まま運ばれた, まわりは, やうだ, ようであっ, わきには, フチや, 一升飯を, 一抱ほど, 上から, 上さ, 上には, 上にも, 下で, 下には, 下は, 下へ, 中だ, 中であり, 中でう, 中へでも, 中まで, 中みたいな, 中一番上手の, 中央へ, 中床下など, 中湯は, 仕上げを, 代わりと, 伏兵を, 側で, 側へ, 側まで, 傍から, 傍では, 傍に, 傍を, 備えられて, 内に, 内側に, 前で, 前の, 前まで, 前を, 匂いどっさり, 化け物みたいな, 南側は, 口から, 古板, 四つは, 土産物を, 埃の, 外に, 如き奧, 如く堅め, 如く敵勢, 如く締め, 如く肉, 小蔭から, 尻が, 尻を, 底は, 底ひに, 底抜け, 形が, 後に, 後ろから, 後ろには, 後方に, 心持ちで, 据ゑられてゐる家へ, 支度や, 方に, 最後の, 木は, 木炭を, 板の, 板一枚を, 柄に, 椽に, 構造中に, 樣な, 横には, 横腹に, 水とによって, 水ばかりが, 水切物の, 水汲み, 水飲む, 氷が, 氷を, 汚れ水を, 泥を, 泥鰌を, 深きに, 湯が, 溜あふれゐる, 灰の, 焼失は, 熱湯そのまま, 熱湯其儘平次へ, 片蔭, 白い水, 真っ唯中, 秣と, 端を, 箍でも, 籠を, 糠が, 縁を, 置かれて, 考えは, 腹を, 臭を, 舟などが, 蓋には, 蓋は, 蓋をと, 蔭土蔵の, 蔭辻の, 藍を, 裏へ, 見えぬの, 見える軒下, 註文そんな, 転がる音, 輪ぐらゐにぐるり, 輪によって, 輪の, 輪を, 辺に, 運搬に, 酒を, 重かった, 重心が, 重量十六貫と, 金魚は, 銭を, 間から, 間の, 間湯殿と, 陰に, 隅に, 隙間から, 隣りに, 雪の, 雫やみけり, 青菜に, 音, 音も, 類まで

▼ 桶~ (406, 22.0%)

11 担いで 9 かついで, さげて 8 持って 6 おろして 5 前に, 提げて 4 ならべて, 地面に, 小脇に, 手に, 踏台に 3 のせて, 下して, 置いて, 覗いて

2 [22件] かついだり, かつぎ左, これへと, マリか, 並べて, 冠って, 動かす音, 取落すところ, 地面から, 抜くが, 抱へ, 担って, 持つて, 擔いで, 新調する, 水の, 洗へ, 積み荒筵, 肩に, 背負って, 見ると, 重そう

1 [277件] あけたら中, あっちの, おくところ, おこしらへに, おろした, かかえて, かたせアヽ桶, かついだまま汽車, かつがせて, かつぎ, かつぎ水際, かつぐこと, かつぐなら自分ら, かつぐに, ここへ, こしらえて, このよう, ころがす音, さげた牢番二人, さげ花, ささえて, ささえると, さしあげて, さしおくと, しょって, すえて, すえての, すてて, その前, その辺, そばに, そろそろと, つかんで, つくり立体的機動性, つくること, つけて, つって, つるすから, てかてかの, でるの, とりあげると, とりて, とり落した, どうしよう, どさん, ながめて, ならべた暗くしめっぽい, になったり, になって, のせた物売り, のぞきこみました, のぞきながら, のぞき込む者, はなれて, ひかえた銀行, ひつくり返して, ふせて, ぶくぶく動かし, ぶちまけたので, ぶっつけぬよう, ぶら, ぶらぶら擔, またもと, みつけて, みな降ろし, もって, もらったなども, ガタン, ギッシリと, クリストフは, コロガシ歩い, ネジの, 一つ宛軽々と, 一つ宛輕, 一つ持ち上げ, 一定の, 三栖庄から, 上方に, 下げ開いて, 下した, 下に, 下ろし鉢巻, 並べたと, 並べた異色, 並べといて, 乗せた魚, 二つ担い, 二つ擔いで, 二人で, 伏せたまま湯, 伏せた上, 作った家, 作って, 作るよう, 使う, 使うの, 使って, 供へ, 倒して, 倒に, 借りうけ, 借りて, 備えつけて, 備へ, 傾けて, 入れて, 其のま, 内側へ, 円く並べ, 冠る, 力まかせに, 十個作った, 十個大急ぎで, 占領し, 卸し持つた土器, 取って, 取りそして, 取りに, 取り上げた, 取り上げる, 取り元気, 取る事, 受取りて, 受取り序, 叩いて, 叩く音, 台に, 右の, 右左の, 吊り下げて, 土蔵から, 地に, 天秤棒で, 実隆に, 宴席に, 専ら指し, 小さい子, 小腋, 巧みに, 幾つか, 引き上げて, 引き摺って, 引寄せんと, 引抱え, 引抱へて, 引掛け, 引被せられた, 弟に, 志して, 慾張っ, 我が側, 戴いて, 抑えたまま, 投げるより, 投げ捨てるの, 抱いた乞食, 抱いて, 抱えた乞食, 抱へて, 押して, 押へ, 担いだ, 担いだ男, 担いだ農家, 担い棒, 担ぎひしゃく, 担ぎ出さないばかりの, 担ぐと, 担ったり, 担つてよ, 担つて一日に, 担つて坂を, 拝み上げて, 拵えて, 持たして, 持たせて, 持ちて, 持ち上げて, 持ち込ませて, 持ったごく, 持ったまま, 指さした, 指示し, 挽かされては, 捜すの, 据え刃渡り一尺五, 掃除し, 控え剃刀, 控へ, 掻きまぜたよう, 掻き交ぜたよう, 提げずに, 提げた, 提げた少女, 携つて会堂の, 携つて會堂の, 擁へて, 擔いで歩き出す, 攪き混ぜた, 明けて, 枕に, 桶と, 梶原の, 棒で, 棒の, 楯に, 構成する, 次第に高く, 歯で, 求めさせて, 洗って, 洗ひ, 活写し, 流したよう, 浄めそして, 渡した, 無雑作, 片手に, 用いず大抵箱形, 用意し, 男に, 眼鏡に, 積みあげほどよく, 積みおろして, 積んだ牛車, 突出し, 立てたよう, 筵の, 結いつけて, 結いつけ自分, 縁まで, 置いたり, 置いた玄関, 置き肌, 置く, 置く場所, 置て, 脊負つて片手には, 臥床に, 舷へ, 荷って, 落したの, 袋の, 覆えした, 覆せて, 見つけて, 見ても, 見廻ったり, 言いつけた商人, 貰った隣人, 買いに, 買うまでには, 買うよう, 買って, 買ひ, 買ふ, 起して, 踏み台に, 踏臺に, 蹴り飛, 載せて, 通つて其処で, 造らせて, 運びだした, 運びまた, 運ぶ, 選ぶとは, 鉄の, 離した, 青竹で, 頂いて, 頭に, 頸から, 首で, 馬に, 鼻づら, 鼻の

▼ 桶~ (190, 10.3%)

15 入れて 8 水を 5 湯を 3 眼を, 身を 2 入れた, 埋もれ, 挿して, 水が, 浮く丸き, 突っこんで, 米が, 腰を

1 [140件] あけて, あれ, いっぱい入れ, うけて, うち沈められ, うな, うなづき合, かえして, くんで, ぐっと腕, さわると, して, すくった湯, その白い, たぶつく生, ついて, つかつて, つかまって, つめお嬢さん, つめ込みアルコール, どうしても水, なから, なって, なりと, なりまた, ひしゃく添え, ひたして, ぶつかつて, またがりすがる手, もって, もりあがるモン・ブラン山, タガを, ハネ返され, バタと, ヒザ小僧を, マンマンと, 一つかみの, 一ぱいの, 一杯, 一杯入れた, 七分の水を, 三杯以上は, 三杯使へば, 二十五ずつ, 似たもの, 似て, 低徊し, 作り込みその, 作るといふ, 使うゴム, 使って, 入つて, 入れこれ, 入れたの, 入れたまま, 入れた水, 入れた麩麺, 入れシャツ, 入れ井戸水, 入れ包, 入れ置きけるに, 全身を, 六尺棒まで, 冷めたさ, 分けて, 十三杯も, 半分ばかり, 受取りし餌, 古い錆垢, 吸いついて, 吸上げられ, 味噌が, 変ったの, 大書した, 媚し, 導いた間もなく, 小さい柄杓, 当るもの, 徳利を, 我国の, 手を, 投ぜられた, 新らしい, 曲げまたは, 月の, 月を, 根を, 汲まれた水, 汲み込もう, 汲み込んで, 汲んで, 汲取り, 沸ざまし, 活けかへよと, 流れ込むこと, 浮いて, 浮かせて, 浸って, 消炭ながら, 湯が, 満たした水, 溢れ樹, 灌げり, 熱い湯, 熱そう, 玉網を, 珍しくも, 白い飯, 目を, 相当した, 真新しい柄杓, 砂利を, 移すと, 突き当ろうとして, 竹の, 米は, 縛りつけて, 自分の, 落雷し, 藁を, 藷磨り, 裸体で, 触らふ我, 詰めて, 足らぬとて, 載って, 輪が, 輪を, 透明な掘貫き, 這入って, 通じて, 運ばれる, 違いない, 酌んで, 重石を, 陥りたり, 飛び乗って, 飼育されてる, 鮒の, 鮓を

▼ 桶~ (87, 4.7%)

8 あった 4 置いて 3 あって 2 あつて, おいて, 並んで, 幾つも

1 [64件] あつた, ありました, ありまた, あり湯, あり火葬場, ある, いかにきたなかろ, いくつと, いくつも, かかりその, ことこと担桶が, ごとごとぶっつかっ, その中, なければ, ぶかぶかと, ぶっつかりたぽ, ガバと, ニョッキリと, 一つ, 一つよちよち, 七つ置い, 三角形即ち, 下水の, 両脇, 並べて, 九鼎の, 二つおい, 二つ載せ, 五つばかり, 五つ一列に, 五つ並べ, 五つ並ん, 今言つた通り, 倉の, 動かなくなった, 十個に, 十個行儀よく, 千以上も, 地に, 室の, 家によっては, 少しも, 屈けられ, 幾つと, 店の, 彼女の, 持てるか, 損じたので, 新たに, 日本美術品として, 早桶に, 明いて, 明いてるから, 水にでも, 漏って, 無い, 珍しかった, 落ちるなんて, 行列し, 踊りだしたの, 這つて来た, 重そう, 附いて, 障子の

▼ 桶狭間~ (53, 2.9%)

5 の合戦 2 の一戦, の役, の御, の折, へ

1 [38件] かっせん, からこの, このかた, では必死奇兵, で仆, で泰然, で義元, という狭隘, に伏勢, に向った, に突進, に見せた, のほう, のよう, の今川義元, の信長, の僥倖, の勇士故, の古戦場, の合戦頃, の大捷, の戦い, の敗戦後, の日, の時, の本陣, の決戦, の織田信長, へと道, へ出陣, へ向け, へ御, へ通ずる, へ道, へ駈け, や長篠, より半, をも一度

▼ 桶~ (52, 2.8%)

4 入れて 3 水を 2 手を, 箍を

1 [41件] あけては, いっぱいに, こつそり, すくひ入れる, つめたの, とり臓腑, ぶちまけた, まくれ込んでさ, 並べつ, 今の, 入ってるの, 入りました, 受けるよう, 四五荷も, 引かれて, 投げ込むと, 捨てて, 新しいシャンパン, 明けて, 水だけ, 汐水を, 汚ない, 汲み込んだ井戸, 洗ひ, 流れ落ちて, 湯を, 狐に, 目印の, 移して, 突っ込んだ, 突込んで, 腰を, 蓋を, 藏つて無, 足突っこむ, 踏みこんだ晩, 踏みこんで, 返した, 陥ったもの, 飯を, 鹽を

▼ 桶から~ (50, 2.7%)

3 出て, 水を 2 たくあん, 飛び出したの

1 [40件] こぼれて, こぼれる冷たい, ごぼん, ざあと旦那の, それを, はね出した鯉, はみ出た水, まくれて, まくれ落って, 一匹の, 三尺も, 今の, 先刻のよりは, 全身を, 出した山独活, 出すと, 出ようと, 助け出す間, 急に, 拔け, 杓を, 格子戸庇まで, 槽に, 水飲ん, 汲み出して, 流しへ, 液体の, 火の粉を, 発散する, 移したばかりだって, 移した許, 舟に, 落ってのう, 這い出すと, 顔を, 飛び出したよう, 飛び出して, 飲んで, 首だけ, 麦殻の

▼ 桶屋さん~ (40, 2.2%)

2 の口

1 [38件] からたずねられ, があの, がお松, がそれとなく, がちょっと, がまとも, がわたし, が仕事, が座, が頑張っ, だけは抜からぬ, であるだろうこと, なるもの, にし, にはすぐ, に加勢, に圧迫, に追, のいま仕事, のこと, の人たち, の仕事ぶり, の前, の動き出す, の周囲, の娘, の家, の店, の形, の箍捌き, の置き放した, の隙, はいい, はその, は容易, は悠然と, は相, ももう

▼ 桶~ (38, 2.1%)

2 三つの, 空な, 線香とを

1 [32件] いい凡て, いうに, いっても, そうしてポエトリー, よんださうな, ジャムの, フライパンその他の, ポエトリーだけ, 一つの, 一緒に, 並んで, 亭主と, 同居し, 味噌樽が, 唄との, 摺り鉢が, 摺り鉢とを, 杓とを, 杓を, 杓厨子王には, 柳と, 桶の, 樒の, 池の, 空気の, 糸の, 網魚籠とを, 見せかけて, 金の, 金看板の, 鍋とを, 門柱との

▼ 桶~ (38, 2.1%)

2 こびぬ鮎, 水が

1 [34件] あつた, いただいて, このくらいに, そのままに, その縁, なくなって, なるほど謎, まだ煙突, リヤカアから, 二人の, 入浴の, 半分ほど, 埃り, 字の, 年に, 幾年保つだらう, 幾度も, 彼女の, 担い棒, 持たで青き, 朝夕ともに, 本陣の, 楕円形である, 毎日あたらしい, 水の, 流れの, 湿気の, 炎の, 煙筒みたいに, 物集博士大辞林に, 空に, 重く私達, 鋳鉄が, 鋳鉄であった

▼ 桶~ (34, 1.8%)

2 蓋を, 諸味を

1 [30件] こう受ける, これだけの, せっせと米, その中, それには, ちゃぶちゃ, 入浴し, 大根の, 家に, 捏粉を, 散々撲られた, 水を, 汲む諸味, 沐浴する, 泥水を, 洗つた青菜は, 涎を, 湯を, 絞って, 茶わんも, 茶を, 見るよう, 見事な, 買ふ, 足には, 運び去らるる, 電気分解を, 顔や, 馬に, 體を

▼ 桶~ (32, 1.7%)

3 が喜ぶ, だった 2 があつ, だけで

1 [22件] があった, が二三月前, が拵ら, が来, が桶, が槌, だ相, である, とか杉, などを臨時, に取って返しました, に嫁い, の前, の房とい, の業, の権次, はそれ以上, も生え抜き, も籠屋, や石屋, を裏長屋, を開業

▼ 桶~ (30, 1.6%)

1 [30件] あーい, さまざまな, ざるです, バケツが, 一ト手持の, 不用の, 僅かな, 天秤棒を, 如露や, 幾樽もの, 手桶を, 柿の, 楫柄そう, 槽が, 樽を, 檣や, 油灯などが, 湯槽が, 湯槽の, 漬け菜との, 瓜の, 甘藷の, 皿や, 皿小鉢まで, 箒や, 草鞋や, 薪や, 袋や, 金網を, 馬穴が

▼ 桶~ (26, 1.4%)

2 ある, あれば

1 [22件] あり釣瓶, あるし, いくつか, かつげば, そのまま勝手, なくなれば, ほしかろう, また大根, また非常, テンビンも, 八十荷作り汲取人夫は, 多いので, 小さいもの, 挽けば, 早速六十荷新調, 洗う, 洗ふ, 無くな, 焼いて, 皆これ青貝摺の, 置いて, 順次に

▼ 桶には~ (15, 0.8%)

2 水が, 芋が

1 [11件] ふだんなら, ビンツケ油か, 位牌二つと, 厚氷が, 及びも, 新しい水, 更に天葢, 泥鰌かと, 漬物の, 豆腐の, 魅せられて

▼ 桶~ (8, 0.4%)

1 か, が逃げました, と同じ, と巴屋, の右, の家屋敷, は持前, を追っ立てる

▼ 桶だの~ (7, 0.4%)

1 お鉢だの, そのほか秤, 丼だの, 屏風箱だの, 薄い白楊, 薬の, 蠅帳だの

▼ 桶一つ~ (6, 0.3%)

1 が五十ガロン入り, で好い, ないあたり, についての私たち, の水, 出て

▼ 桶一杯~ (6, 0.3%)

2 の水 1 すくい取って, ずつ砂, に水, を汲み上げる

▼ 桶~ (6, 0.3%)

1 が一枚, などの小さな, なんぞが走, のある, の中, の二枚

▼ 桶狹間~ (6, 0.3%)

2 の戦 1 とか本能寺, と同, の大勝, の時

▼ 桶でも~ (5, 0.3%)

1 ひっくりかえしたよう, ひつくりかへ, ぶつけられたよう, 担いで, 飯櫃でも

▼ 桶では~ (4, 0.2%)

1 ない大きな, なく立派, 一向その, 狭くて

▼ 桶ほど~ (4, 0.2%)

1 で頭, な重量, 太く頭, 引き取ったん

▼ 桶大工~ (4, 0.2%)

2 の新左衛門 1 の新, を業

▼ 桶~ (3, 0.2%)

1 うんそう, でなければ杉, ぶても

▼ 桶ずつ~ (3, 0.2%)

1 毎日その, 汲むと, 運ぶの

▼ 桶~ (3, 0.2%)

1 とか寿司桶, の, のいふ

▼ 桶などが~ (3, 0.2%)

1 はみ出した物置, 綺麗に, 置いて

▼ 桶にも~ (3, 0.2%)

1 一度新, 月が, 隙が

▼ 桶みたい~ (3, 0.2%)

1 なぼんくら頭, にガタガタ, に彼

▼ 桶やら~ (3, 0.2%)

1 七釐やら, 手拭などを, 粉桶やらに

▼ 桶~ (3, 0.2%)

1 に胡坐, の哲人, の物

▼ 桶小屋沢~ (3, 0.2%)

1 から小, から峠, から楢俣

▼ 桶皮胴~ (3, 0.2%)

1 とはちご, の二枚肋, の大

▼ 桶~ (3, 0.2%)

1 であった, で夜明けがた, とか何かしら商売

▼ 桶かけれ~ (2, 0.1%)

2

▼ 桶からは~ (2, 0.1%)

1 冷たそう, 湯気が

▼ 桶ごと~ (2, 0.1%)

1 ひっくりかえった, 持って

▼ 桶~ (2, 0.1%)

1 あの拝殿, 入えた

▼ 桶だけが~ (2, 0.1%)

1 あったこの, 焼け残って

▼ 桶などの~ (2, 0.1%)

1 土産物を, 間に

▼ 桶などを~ (2, 0.1%)

1 取り入れて, 持って

▼ 桶なら~ (2, 0.1%)

1 ばよほど, ば底

▼ 桶ほどの~ (2, 0.1%)

1 太さ, 水が

▼ 桶より~ (2, 0.1%)

1 流す水, 空俵ばかりが

▼ 桶ソワカ~ (2, 0.1%)

1 にても酒徳利ソワカ, を唱え

▼ 桶二つ~ (2, 0.1%)

1 との外, を両手

▼ 桶~ (2, 0.1%)

1 と云う, の刑

▼ 桶~ (2, 0.1%)

1 であること, と呼ん

▼ 桶布巾~ (2, 0.1%)

1 などありったけ, などありつ

▼ 桶汲ん~ (2, 0.1%)

2 では

▼ 桶狭間合戦~ (2, 0.1%)

1 の二十七歳, の翌年

▼ 桶見たい~ (2, 0.1%)

1 な家, に笑

▼ 桶~ (2, 0.1%)

1 によい, を跨い

▼ 桶風呂~ (2, 0.1%)

1 でも湯, の焚口

▼1* [143件]

あげなきや仕込み, 桶ありて鍋, 桶いくつともなく, 桶いっぱいの魚, 桶いつぱいの美しい, 桶お鉢汲み出し手桶, 桶かに入れて, 桶かの藍を, 桶ぐらい一つもっ, 桶ごとこんにゃくも何, 桶ごとパツと引つ, 桶さえあれば, 桶さえも定かで, 桶さげて井戸, 桶そのものの殆ど二倍, 桶やない, 桶ってお婆さんそんなに, 桶であり樽である, 桶であればその, 桶でがな有, 桶でがなあったろうなんど, 桶でもてこい, 桶とか箒や, 桶とが用意され, 桶とともにゆっくりタクシー, 桶との間には, 桶とはいうもの, 桶とを持ち出して, 桶と共にぽつねんと薄暗い, 桶なしといふ, 桶なぞ持った墓参, 桶なぞがそこに, 桶なぞをおろして, 桶など色々と, 桶などとは訳が, 桶などに活けて, 桶なんかあるん, 桶なんかに手を, 桶なんぞに指ざし, 桶について一リアールずつで, 桶にてよく治, 桶にでも飼って, 桶にのみ其の副食物, 桶のむこうに, 桶ばかりをころがして, 桶または水甕を, 桶まで検べて, 桶までは気がつかなかった, 桶みたような, 桶やらに脚を, 桶やをよくよく気, 桶らしいものが, 桶をしかえたな, 桶をになつて汐水を, 桶中さ, 桶負けた市, 桶置イテ百五十日三時ズツ行ヲシタシカモ冬ダソノ間ニハ種, 桶・年の鉢, 桶一つ板一枚が案外, 桶一ぱいになる, 桶一杯みんな飲みましたよ, 桶一杯二銭で水, 桶一杯分を渡した, 桶中哲人を思慕, 桶を払い, 桶代りの青銅, 桶倒れ水の, 桶側胴の鎧, 桶入れて心, 桶に於ける, 桶は長閑, 桶半分くらい水, 桶又は耕作の, 桶及び二十荷を, 桶唾壺ノ二物ノミ, 桶四つ五つ三方から狙, 桶四五杯多い時, 桶塗長持御厨子, 桶つ何, 桶夜間警備の高張, 桶の飯櫃, 桶家次は豆腐屋, 桶帚埃取り油壺, 桶につくらせた, 桶た, 桶の容器, 桶担げ出しや, 桶担って持っ, 桶挾間の合戰, 桶擔ぐ百姓共を威壓, 桶新調の事, 桶日覆より雲の, 桶が膿んだ, 桶板三枚が僅か, 桶板二枚でそれ等, 桶柄杓血穴を掘る, 桶に水一斗五升, 桶毛ブラシなどの用意, 桶油樽等を燃燒す, 桶ひか, 桶清水を汲ん, 桶瀬戸で出来た, 桶瀬戸物シャボン塵紙草履といった物, 桶炭俵と並ん, 桶燃料等が置い, 桶片手に念珠, 桶干竿等, 桶狭間川中島高松城の一舟, 桶の釜, 桶用リヤカアを作り, 桶に萩原吉兵衛, 桶盥僵掛り座敷, 桶石臼なんどを投, 桶磨ぐのにや, 桶積みて馬, 桶積んだ赤馬が, 桶の明いた, 桶の蓋, 桶篩アルコール箱等の完全, 桶米俵酒の瓶, 桶え村, 桶臭い小博奕打, 桶臭くなってるわけ, 桶に両手, 桶茶瓶などをそれぞれ, 桶荒筵を敷い, 桶蒸籠など凡そ, 桶諸君の意, 桶豆腐にでもしましょう, 桶起きろよ, 桶足洗い桶なぞもね, 桶が休ん, 桶載せてゆく, 桶だ, 桶辰町役人は井艸屋惣左衞門, 桶運搬トラツクに跳び, 桶釣竿なぞいう, 桶附け人も, 桶顔柴栗を押, 桶風呂一つすえて, 桶食料品厨の諸, 桶飯台箸茶瓶などというよう, 桶を食べた