青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「桜~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

桃~ 案~ 案じ~ ~案内 案内~ ~案外 案外~ 桐~ 桑~ ~桜
桜~
桶~ ~梅 梅~ 條~ ~梢 梢~ 梯子~ ~棄て 棄て~ ~棒

「桜~」 3989, 43ppm, 2693位

▼ 桜~ (1747, 43.8%)

102 花が 84 花の 5335 花を 34 木の 29 枝を 26 木が, 花は 20 樹の 18 木を 17 木に, 木の下に 16 枝に, 花も 1514 木は 13 森の, 色の 11 幹に, 梢を, 樹が 10 下で, 下に, 園の, 老樹が, 花に 9 園を, 実の, 花びらが, 葉が 8 木の下で, 枝が, 梢に, 蕾が 7 小枝, 老木が, 花と, 花びらを, 花弁が, 葉の 6 下を, 並木が, 大樹の, 実を, 枝の, 花びらの, 花片が, 葉は 5 ような, 並木の, 古木が, 命乞ひ, 散るの, 木で, 若木が 4 ように, 中に, 咲いて, 木も, 枝と, 花, 花や, 花片を, 造花を, 馬場の

3 [35件] 下あたりに, 下の, 古木の, 名所と, 名所を, 咲くの, 咲く頃, 園が, 園は, 多いの, 大木が, 大樹が, 実が, 宮の, 幹から, 影を, 散って, 方が, 時分に, 木へ, 木蔭から, 杖で, 杖を, 梢から, 梢の, 樹は, 花弁の, 苗木を, 若樹, 若葉を, 葉を, 蕾の, 賑ひよりかけ, 間を, 馬場へ

2 [101件] うつくしき趣, こずえに, こずえには, ことで, ことを, つぼみが, つぼみの, なかで, ほかに, もとに, やうに, ステツキを, 一枝が, 上に, 下へ, 事を, 二列の, 二十, 会, 刺青が, 句は, 句を, 名所が, 名所で, 名所の, 咲き初めた, 咲くころ, 咲く四月, 園だ, 園で, 堤を, 大木の, 大木二本が, 小道を, 山の, 幹は, 幹へ, 弁が, 後暫らく寂し, 散る時分, 散る頃, 木かげに, 木から, 木なんか, 木には, 木の下へ, 木や, 木立に, 杖が, 杖に, 林の, 枝から, 枝には, 枝は, 枯木は, 根は, 根を, 根方に, 梢が, 梢には, 森は, 森林が, 森林に, 樹だ, 樹と, 樹に, 樹や, 樹を, 毛虫を, 満開の, 煙管を, 病葉が, 盛りには, 種類を, 簪を, 精は, 罪では, 老樹の, 色が, 色は, 色を, 花で, 花でも, 花よ, 花より, 花弁を, 花片は, 花種々の, 花越しに, 若葉が, 落葉も, 葉に, 蔭に, 蔭を, 返り花, 遅れ咲きである, 間から, 間に, 霜を, 馬場, 馬場で

1 [576件 抜粋] あだくらべ, あつた, あとの, あらざれは, あるところ, ある処, ある崖, ある種類, いいこと, いみじく面白き, いろは気負ひ, うす紅, うつくしいと, うるわしさ, お花, かぎり見え, けだかさ, こぼるるごとく, ころに, さいて, さかりに, さく前で, さく或, さしたの, せいかな, そばを, それでは, たぐいである, たなびくの, ちらしなどを, ちるほとり, つくり枝, つぼみ, つぼみ稍ややに, ない春, なかりせ, はなに, ふぶき吹きとざし, ほうが, ほかは, ほとりに, ほの, ほりものを, ましろい, ましろく, まわりで, まわりは, めで, もと分け, もみじである, わくら葉を, わくら葉散りかかる, ステッキだけは, ステッキを, マークを, 一と, 一念を, 一枝, 一枝だつた, 一枝舞の, 一片をも, 一片二片山吹の, 一葉ばらりと, 下から, 下では, 下には, 下は, 下や, 下枝から, 下枝へ, 並木から, 並木そして, 並木で, 並木に, 並木の間や, 並木を, 並木通りと, 並木道を, 並樹の, 中の, 中学校を, 主の, 乱るれ, 事だ, 事で, 事です, 事なぞは, 事は, 人情話である, 仕込み杖とによって, 仙境であった, 仲の町いつか物いう, 仲之町の, 仲之町多少, 伝来を, 作者は, 側へ, 写生屏風などは, 出しが, 出崎を, 初花, 初音の, 前なら, 前の, 印の, 叉に, 口演を, 古い幹, 古木も, 句も, 台木が, 各種少く, 名が, 名で, 名は, 名を, 名所すなわち, 名所それで, 名所である, 名所として, 名所は, 名所へ, 吹きこぼれた草, 吹雪ぽ, 周囲を, 咲いたこと, 咲いた里景色, 咲いてるとき, 咲きかける時分, 咲きそろった頃, 咲きみだれたるが, 咲き乱れたの, 咲き乱れた畑地, 咲き移ろう, 咲くこの, 咲くと, 咲く三月下旬, 咲く五月, 咲く小さな, 咲く春, 咲蔽う, 咽せ返る, 唐衣の, 唯一の, 問題のみ, 噂が, 国, 国などと, 国に, 園その他の, 園とともに, 園なら, 園まで, 園三人姉妹なんか, 園以来彼女は, 垂枝を, 垣根の, 堤の, 堤は, 場合でも, 場面に, 壇の, 外に, 外には, 多い東京, 夜だ, 夜明かな, 大きなの, 大きな枝, 大なる, 大木と, 大木二三樹は, 大本箱, 大樹これに, 大樹も, 奇麗に, 如きは, 如く来歴, 妖精が, 姿を, 娘である, 季節でなく, 季節も, 実か, 実であった, 実でした, 実でも, 実なんぞを, 実につい, 実はその, 実は境内, 実は私, 実は花, 実も, 実一籃, 実笹餅土瓶へ, 宮, 宴が, 寂しきを, 小陰から, 山を, 幕に, 年が, 幹が, 幹ご, 幹の, 幹を, 幻想曲, 形勢が, 後ろは, 後暫らく寂しかっ, 御所, 徽章の, 心な, 折ふし春の都を, 散ったあと, 散らぬ間, 散りかう庭, 散りぬく下, 散るかと, 散るころ, 敬礼を, 文身を, 方に, 方は, 方へ, 日蔭よし, 春また, 春三月なり, 時が, 時に, 時節だ, 最後の, 朧月を, 木これの, 木そのものは, 木でした, 木でも, 木と, 木なら, 木において, 木の下の, 木の根かたに, 木の根に, 木の葉は, 木の間は, 木モミジの, 木方面の, 木立の, 木立を, 木肌が, 木自身に, 木蔭で, 木蔭でした, 木陰に, 材か, 材で, 杖の, 林で, 林には, 林八重には, 林後, 枝, 枝か, 枝という, 枝なんか, 枝ばかり, 枝も, 枝や, 枝垂れた枝, 枝枝に, 枝越しに, 枝頭が, 枯れた大きな, 枯葉でも, 校歌成り, 根に, 根には, 根もとに, 根ッこの, 根元へ, 根本を, 根瘤の, 桜としての, 梢かと, 梢にも, 梢へ, 森が, 森でした, 森という, 森に, 森へ, 森も, 植えられた細い長い, 植え込みでございました, 様に, 標本の, 模様の, 横を, 樹, 樹はびこり, 樹下みちかな, 樹下みちしなび, 樹蔭から, 樹蔭に, 樹蔭には, 樹齢は, 樹齢を, 歌, 歌について, 残つてゐた, 沢山植え, 洋杖で, 淡紅色の, 渡し守, 湯を, 満開に, 爛漫と, 片々が, 片側に, 狐忠信だ, 狐忠信の, 生わった, 生人形, 田の, 由来は, 画家と, 白き光, 白く覗い, 盛に, 盛りぢや, 盛りである, 盛りの, 盛りより, 盛りを, 盛り頃に, 盛車も, 直垂とを, 直垂に, 真白さ, 真盛りだった, 真盛りである, 真盛りに, 砂浜が, 移植を, 種子にても, 立木の, 章を, 精を, 精柳の, 紅い花, 紅花が, 紅葉で, 紅葉も, 紅葩が, 細な, 絵の, 絵を, 綾を, 繁った川添い, 繁った葉, 繁みに, 美しいの, 美を, 美観が, 老木へ, 老樹や, 肌の, 背景の, 舞台の, 色さては, 色なく, 色めき秋, 芝居の, 花あかり, 花お, 花か, 花かげに, 花から, 花さく河岸の, 花ざかり, 花ざかりの, 花ざかりを, 花ざかり晴れあがった, 花だ, 花だつた, 花ちりか, 花であった, 花とか, 花とも, 花など, 花などを, 花にも, 花に関する, 花のに, 花のみは, 花ばかりは, 花びら, 花びらおびただしく, 花もて来り, 花一輪仇に, 花叢が, 花吹雪より, 花吹雪を, 花咲きみち東北の, 花弁は, 花影に, 花曇りも, 花枝を, 花漬それを, 花片だって, 花片の, 花瓣の, 花盛りであった, 花簪でも, 花簪は, 花簪を, 花色とりどりな, 花雲を, 花頃から, 苗は, 苗を, 苗をも, 苗二本送っ, 若木も, 若葉の, 莟が, 莟ぐらいの, 莟も, 莟を, 落ち葉が, 落書と, 落葉あらゆる, 落葉に, 落葉を, 葉, 葉から, 葉ざくらの, 葉などを, 葉はらはら, 葉はらりと, 葉も, 葉蔭で, 葩が, 葩の, 蔭から, 蔭の, 蔭は, 蕾かなんぞの, 蕾は, 蕾未だ, 衰微である, 評判が, 詠嘆とは, 詩も, 話の, 話を, 路を, 軍内の, 速記に, 造花, 造花が, 造花つくりの, 造花で, 道行に, 部には, 里の, 釣り枝が, 釣板張子の, 釣枝との, 釣花の, 長い枝, 長道は, 門で, 開花する, 間の, 間は, 陰などに, 陰の, 雲が, 霜葉ちりそめに, 霜葉を, 霜葉黄に, 露と, 青葉が, 青葉に, 青葉を, 静かに, 革足袋に, 頃の, 頃は, 頃檜木村を, 項が, 類が, 類を, 香と, 馬場といふ, 馬場新大工町馬町勝山町八百屋町を, 麗に, 黄色い葉

▼ 桜~ (313, 7.8%)

26 咲いて 9 ある, 咲いた 7 散って 4 多い 3 あるの, 散り過ぎて, 満開で

2 [15件] なかに, ランマンと, 一面に, 咲いたと, 咲いたの, 咲いても, 咲きかけて, 咲きみだれて, 咲く時分, 散った後, 散り込んで, 散る, 時ならぬ, 満開な, 満開に

1 [219件] あちこちに, あったがねえ, あったと, あって, あまり散り過ぎます, あまり見事, ありそれ, ありますから, あるか, あるん, ある下馬桜, いちめんに, いまの, いろどり添, きれいな, きれいに, ここいら中に, ここにも, こんもり見え, さかりで, さきかけるころ, さき小鳥, さねの, しゃんら, ずっと生え, その上, そろ, たわわの, ちらほら見えます, ちらりほらり咲き出し, ちりはじめました, ちる中, とうとう咲いた, なかったら, なければ, なんの, はら, ふた側に, べつたり, ほころびかかりそれ, ほころびて, ほろほろ見える, ぼやけその, まだいくらかあった, みんな真っ白に, みんな青葉に, もう咲いた, もう咲きかけ, もとの, やがて咲き出し, よいでしょう, よく見えます, わが傘, サクラと, サラサラと, スッカリ青葉に, チラチラし, チラチラと, チラホラし, チラホラ白い, ハラハラと, 一斉に, 一本立っ, 一本美しく, 一本藤が, 一番きれいで, 一面陽気は, 万朶の, 二三本, 二十年の, 人一倍の, 今ちやうど盛り, 今を, 今年は, 代表し, 代表的の, 何処とも, 何十本か, 何故か彼, 充ちた, 入つた汽車, 入相の鐘に, 八分咲きで, 八分通りの, 出て, 割合に, 匂ふ, 古木で, 周囲に, 咲いたぜ, 咲いたという, 咲いた歌舞伎, 咲かない方, 咲きかける時分石川, 咲きそう, 咲きそろう頃, 咲きは, 咲きはじめて, 咲きはじめる頃, 咲きますな, 咲き出し, 咲き出した, 咲き出します, 咲き居たるかも, 咲き柑子, 咲き桜, 咲き残り山懐, 咲き藤, 咲き門外, 咲くさ, 咲くと, 咲くには, 咲くまでには, 咲く時候, 四五日早い, 四季を通して, 夕暮の, 夕暮を, 夕風に, 多い人, 多かつ, 多くその, 多くそれ, 多く植えられ, 大分葉を, 好きだ, 姉妹たちの, 婀娜っぽい花, 小さい実, 小さく切つて, 少しばかり, 少し水の上, 峰々に, 庭に, 彫って, 影の, 往年の, 得意の, 意外にも, 戦乱中たしか, 擦れ擦れに, 散った, 散ったころ, 散つたらす, 散つて, 散りかかるの, 散り八重, 散り山吹, 散り柿, 散ると, 散るまで, 散るよう, 早くも, 時々散っ, 暮近く消え, 曇った空, 最後の, 朧月の, 末に, 林の, 枝を, 枝葉を, 栽え, 梅を, 植えて, 植えられ燈籠, 植わって, 殆ど散り尽し, 池を, 沢山ある, 沢山植えられ, 浮いて, 混じって, 満地, 満開し, 満開だ, 満開でございましょう, 満開ダ, 片々と, 登って, 白くこぼれ, 白く晒され, 白く霞ん, 盛りだった, 真白くお, 眼に, 私の, 移される前後, 稀に, 穴の, 立派だ, 競発し, 綻び初め, 繚爛と, 纔に, 美しい, 美しく咲い, 美しく咲き乱れ, 老い木に, 色と, 花を, 蕾み柳, 行く春, 裏の, 見えました, 見える, 見え出した, 見られるだろうと, 農村生活と, 近来年, 返り咲いて, 返り咲きに, 野中に, 開いたり, 開いて, 開くの, 雨に, 靉靆として, 風の

▼ 桜~ (210, 5.3%)

3 めでたけれ, 咲いて 2 あわただしく散っ, われに, 固より, 室積の, 散ったが, 春咲く, 珍らしい, 花の

1 [188件] あって, いずれも, いつか見えなくなった, いまが, いま満開だ, おろか梅も, きれいに, ことごとく梢, こぼれるよう, ささらほさら, しかし桃, しろし光る, しんじつを, すでに咲い, その一部, その学問上, ただに, ただ人の, ただ近く, だんだん影, とくに散, どうか, どうしてこんなに綺麗, なかった, なかば散っ, なさき, ねえが, ひと年の, ふくらんだと, ほとんどなかっ, まさに半開, まず現状, また新, まだかいな, まださい, まださかない, まだ咲い, まだ咲かず, まだ早かろ, まだ蕾, まだ青葉, めでたけれ浮世, もうすっかり青葉, もうとっくに葉, もう八重, もう咲い, もう咲いたろう, もう散っ, もう散り始め, もう盛り, もう花ざかり, もう葉桜, もう見られなくなりました, もう見られません, もう過ぎ, もう青々と, もう青葉, もし咲い, もって, もとより満開, もはや名残, ようやく満開, よく咲いた, サクラで, チラリホラリと, 三十を, 中尊寺の, 乏しちら, 乱れて, 五月なかばを, 人々の, 人の, 今年で, 今年も, 今日くれぬ, 仮令早い, 伐るな, 何んである, 何処の, 八重だ, 八重で, 八重も, 八重咲きが, 初めてありがたい, 北アルプスや, 半分ばかり, 南瓜には, 名前を, 向嶋, 咲いた, 咲いたか, 咲いたかしら, 咲き, 咲きかけて, 咲きません, 咲きも, 咲くが, 咲けど, 咲こうと, 夕暮を, 大変ここら辺のより, 大抵落葉, 大方散, 大正中世川柳久良伎翁が, 奥が, 季節であります, 寝込んだ以前, 小高いところ, 少いが, 山の, 年々ヘルンに, 年毎に, 幸子が, 幹も, 幽かなる, 彼の, 微風に, 怡顔斎の, 性の, 恰も花, 悉く葉, 我邦の, 戦栗を, 折りからの, 散つた頃ぢ, 散つて, 散つて河鹿, 散りかけて, 散りそめ山吹, 散りて, 散りぬ, 散りはて五月桜, 散りましたが, 散り過ぎた熊本, 既に散っ, 春を, 暗示の, 本場の, 本此斎藤氏, 果実の, 枯れて, 桜, 桜として, 殆ど咲きも, 殊に古木, 気を, 浪に, 満開さびれた, 満開だ, 満開で, 満開では, 濃い淡い樹, 無かった, 病院の, 痩せ枯れた枝, 白くに, 白し玉葱, 盛りであった, 目に, 真盛り, 真赤に, 眺められたの, 私の, 私も, 美くしかった, 美しかつ, 色に, 花に, 花びらも, 花も, 花盛りであった, 若木ながら, 落葉し尽し, 葉の, 蕾が, 薄墨色に, 薄暗いランプ, 親木が, 讚美の, 貝殻細工の, 赤い蕾, 返り花, 都下の, 震災後すっかり, 青き, 静である, 顕花植物中の, 風も

▼ 桜~ (150, 3.8%)

4 見て 3 眺めて, 見に 2 かざして, ゆすって, 伐るの, 望むよう, 肥す花, 視め

1 [128件] あしらった手拭, あなたこなた, いつまでも, うち仰ぐ, おとす, きれいネ, ぐるぐる周, こうじーっと黙っ, こき交ぜたよう, こき交ぜて, この春, そそのかし, つけたらん, どり, のぼり, はじめてここ, ひとえ, まぜて, まともには, みつけて, やつて, サクラと, サクラとして, 一度に, 一日うち和め, 一日見物し, 一枝, 一種の, 一見し, 上野公園に, 中に, 二階の, 云々する, 交え植えたる一画, 人の, 他の, 仰ぎ見るよう, 伐らせて, 伐れと, 入れて, 分き, 切ったの, 取りまいて, 取寄せて, 受持つた二人, 各方, 咲かせたという, 園内に, 多くめでる, 奉る, 学校へ, 寺島須崎小梅三村の, 引き合, 思い出させる, 思い出した, 思い出して, 思ふ, 愛し神, 愛し萩, 愛する人々, 截り, 折らせて, 抜いた淡, 抜いて, 描いたと, 描いて, 散らすまでに, 染めぬいたお, 染めわけたうちかけ, 染め抜いた備前屋, 栽ゑたのみではなく又, 植えた道, 植えて, 植え付けて, 植え芝居, 植ゑて其を, 歌つた歌は, 気ままに, 沢山植え, 熱海へ, 狩り草, 理解出来ない, 痛めまれ, 目に, 看た, 眺めながら, 眼の, 知って, 知る者, 立てら, 立てらし, 織交ぜて, 置いて, 背景に, 脚本として, 花の, 裾模様した, 見せに, 見た後, 見た時, 見つつ, 見ても, 見てるきり, 見ながら, 見ようといふも, 見ようとて, 見る, 見るの, 見る一抹, 見乍ら, 見物し, 見物する, 観る, 詠じたもの, 認めたという, 誘う雨, 誘った時, 語らねば, 語る可, 責任が, 賞すること常人, 通りこし, 道傍に, 隔てながら, 集めた塊, 霞這ひ, 題材として, 黄に

▼ 桜~ (126, 3.2%)

3 咲いて, 桃も 2 一面の, 今は, 散って, 散りはじめた頃, 藤も

1 [110件] あった葡萄, あらしに, あり今, あるいは満開, あるの, あるまいから, あるらしい, ある宿, ある広い, いいだろう, いつか散り, いつしか散っ, おおかた散っ, きのうに, きのうの, ここばかりは, こまかに, こんなところ, さかりだった, さむいやう, その種, そろそろ咲きかけてる, ちらちらとちりかかる, ちらほら咲い, どうかみんな元気, ない, のびあがり, はっきりと, はらはらと, ふとおもい出され, またきれい, また支那, また隅田堤, まだ散り尽さぬ, まったく咲き出し, やがては, ゆく春, よく咲い, チラホラ咲きはじめ, チラホラ散り出しました, 一時に, 一瞬間に, 一重ので, 下の, 今や満開, 今を, 何年と, 同様これを, 咲いた, 咲かないと, 咲きそめる, 咲きながら, 咲き揃った三月, 咲き都踊り, 咲くずらよ, 咲こうという, 四五本目に, 夜来の, 大方は, 好事家に, 婆彼岸も, 山吹も, 散っただろう, 散ったな, 散つて, 散りかかって, 散りそむる春, 散りました, 散り出したこと, 散り江戸, 散り連翹, 散る桜, 散る頃, 散尽くした頃, 新しい芽, 新緑も, 早くちりかけ, 木蓮も, 李も, 東京より, 枯死した, 植えたいし, 植えたばかり, 楓も, 此君の, 淡墨色, 満開波音も, 玉菊の, 珍重する, 皆ぽっと, 真紅な, 秋の, 終りころ, 美しいと, 美しい花, 若芽と, 若葉だった, 萩も, 蕾を, 褪せたろう, 褪せて, 見えない, 見え死ぬには, 見で, 見に, 見事に, 過ぎたり, 降れば, 霞か, 黒門の

▼ 桜~ (74, 1.9%)

3 いえば 2 いって, 云うの, 小鳥

1 [65件] いう, いうよりも, いったが, いったら川, いっても, いふから, いわれようとも, かしの, この樹, その花, その霞, なりがち, なるよう, ライラックが, 一門を, 云う木, 云ったなと, 云っても, 云つたな, 云ふ, 京人形の, 同じくらいかと, 同じ種類, 名所名にでも, 呼ばれ往々, 呼ぶもん, 呼んで, 呼んでを, 咲乱れた桃, 埃と, 小岩鏡が, 小麦の, 山吹に, 彫ったもの, 手まりうたにも, 拮抗し得る, 書くの, 李が, 東洋文学の, 柳が, 桜桃の, 梅の, 梨の, 楓と, 毛氈苔に, 毛氈苔の, 水無川の, 汐干, 海の, 海棠の, 濃淡色彩よき, 灸との, 燕枝, 申しましょうとも, 白山一華の, 私が, 答えるの, 紅葉を, 紛れやすい, 緋寒桜とを, 花の, 花札が, 言つた, 違うと, 雲雀

▼ 桜~ (71, 1.8%)

6 になっ 5 の顔 4 をし 3 の皮膚, の頬 2 に充血, に染めた

1 [46件] がなかつたら, した皮膚, した色合い, だった, だったの, というか薔薇色, という訳, となりました, と朱鷺色, と来, にさせ, にし, になり, になりました, になる, ににおいて艶, ににおえる, にほのめい, にもあらず, にテラテラ, にポー, に上気, に光っ, に光沢, に匂つて, に染まった, に腫れぼったく, に見える, に透き, に透け, の, の厚織物, の爪, の生き生き, の真珠, の細長, の美少年, の耳, の耳朶, の肌理細やか, の花, の薄様, をつけ, をばそのまま, を見せ, を重ねたる

▼ 桜~ (68, 1.7%)

2 して, なぜ駒, 憩ふ

1 [62件] あつて, いつか彼自身を, うかれて, おくれて, おほはせ, からませたその, しても, しましょう, すご, たとえられた, とめたか, ない, なって, なりながら, なります, ふさわしい趣, ふぜ, むすびつき, やる目, 中の, 仕込まれたの, 似た一本, 出た, 包まれるよう, 取っては, 囲まれた山荘庵, 夏近い, 寄せて, 山吹に, 張りめぐらした, 思ひまさまし, 早い四月一日, 暗示を, 未練を, 染められて, 桃に, 油蝉が, 白い頬, 目こそ, 秋の, 至っては, 花の, 虎などは, 蝶の, 行き駅長, 見取れて, 近く住む, 退却集合する, 逸れました, 遊ばせ, 適しかつ, 適した往来, 適切ならぬ, 酒は, 針ふる, 銀の, 降り金閣寺, 隣った深山, 集合出来た, 風だ, 髣髴たる, 鶯

▼ 桜~ (57, 1.4%)

3 桃の 2 ニユ川で, 仁和賀の, 柳の, 梅や

1 [46件] あらん燃えぬ覇城, さては堅い, しなふ夜, わ, アカシヤが, ポプラの, 不忍, 何かの, 大根の, 家並に, 小岩鏡の, 小鳥の, 山吹が, 川下の, 幹の, 松の, 松鶴亀の, 柳を, 栗の, 桃が, 桃を, 梅などが, 椿の, 椿や, 楓などの, 楓や, 槐の, 櫟の, 歌舞伎などとともに, 淡々しい, 濃紫の, 秋の, 秋風やを, 紅葉の, 芭蕉や, 菊の, 菜の花が, 菜種や, 董だの, 藤の, 躑躅と, 辛夷は, 連翹や, 遊行柳の, 銀杏の, 鎌倉桜などの

▼ 桜痴居士~ (51, 1.3%)

4 の家 2 が改作, のところ, の作, の新作

1 [39件] からは我が国, が, が多忙, が大, が家, が席, が推薦, その人, であったらしい, であること, であろう, になんと, には前年, に推服, に私淑, の別宅, の加筆, の本宅, の精細, の著作, の邸, の門, の門弟, は, はそれ, はもちろん, はわたし, は一頃全盛, は平生, は微笑み, は更に, は現今, は自作, は行儀, は頑として, も余り, を主筆, を差しおい, を築地

▼ 桜並木~ (45, 1.1%)

3 の通り 2 のある, のところ, の下, の蔭

1 [34件] があっ, があり, がある, が八分の開花, が始, が数丁, が枝, が黒, につつまれた, になっ, には人気, に立つ, のバス道路, の小径, の敷石, の梢, の路, の道, の遙, の食糧品屋, はつき, はまだ, はよく, は左右, むこうの, も美し, を, をぬけ, をぬけた, を一声, を上, を歩み, を見, を通つて

▼ 桜~ (28, 0.7%)

1 [28件] が葉, と幾年, にかこまれた, に接し, のよう, の下, の前, の培養, の多い, の害せられた, の尽きた, の幹, の根もと, の根元, の生命, の生気, の間, の隧道, はいま, は今や, は枕橋, も亦, を伐り, を植えさせた, を植ゑ, を植ゑた, を見上げ, 漸く枯死

▼ 桜~ (23, 0.6%)

8 ぼの 3 ぼを 2 ぼと 1 ぼか, ぼぐらいの, ぼである, ぼでも, ぼや苺などは, ぼキロ四フラン, ぼサラダ菜, ぼ一束十銭, ぼ飾, 実な

▼ 桜~ (20, 0.5%)

2 の名, の声聞師, の復興, の殿

1 [12件] が殿, である, とに声聞師, にみさか, に住んだ, の中納言, の二个処, の唱門師, の放免うり, の箔屋, は, へ飲み

▼ 桜~ (18, 0.5%)

5 の人形

1 [13件] が千住, とレツドローズ嬢, になぞらえ, のかさばった, のこと, の体内, の前, の胴体, の顔, の鬘, は即ち, を口説き, 全伝

▼ 桜若葉~ (18, 0.5%)

3 の間 2 であると, で彩ろう, の小高い, を背景 1 から青, がうつくしく, が青々, だった, のそよぎ, のたなびき, の山門

▼ 桜~ (17, 0.4%)

4 を眺め

1 [13件] が見えた, と浅間, と言, は今, は日, は相手, は置物, は雲, は黒びかりしてそばだちぬ溶巌, をじっと, をゆっくり, を後, を泛

▼ 桜~ (14, 0.4%)

1 [14件] ではじめさん, で花見隊, で遊ぶ, で遊ん, と廓外, のあちこち, の入口, の裏, は私たち, へ行っ, へ運ばれる, を作る, を囲む, を左右

▼ 桜~ (14, 0.4%)

1 [14件] で下駄, で出来る, で巻いた, で編ん, で縫っ, とで組まれ, のたん, の細工, の組物, の編物, の舟, を巻いた, を用い, を用います

▼ 桜~ (13, 0.3%)

1 [13件] か梅, が, が従来, そうな, と云, と云うた, と教え, なんて云, なんて云つて, なんて誰, のってね, のの, 桜だつ

▼ 桜~ (13, 0.3%)

3 のほう 1 と五造, になすりつける, に塗りつけよう, に引っかけ, に眼, のふたり, の弓矢, はすっかり, はよんどころない, は御

▼ 桜~ (12, 0.3%)

2 何かで 1 ざゝぬ人も, しだれ桜か, そのひと, 不詳云々, 松かの, 桃か, 桐か, 楓かという, 白鷹の, 芙蓉の

▼ 桜には~ (12, 0.3%)

1 [12件] ちと早い, においが, まだ早, もう五つ, 一つの, 一柳四郎右衛門十八歳黒田吉兵衛長政の, 上野の, 何か, 何の, 朱が, 間が, 非常に

▼ 桜~ (11, 0.3%)

1 [11件] あつた, いつどんな, ちらちらと, 一層その, 世に, 丘中が, 六百出しゃ, 名高い裁判所, 染之, 立たなければ, 萌黄に

▼ 桜ン坊~ (11, 0.3%)

2 のよう 1 というガール, という例, とハート型, と枇杷, の寝床, の捕虜, の種, はすべて, も見当らない

▼ 桜神社~ (11, 0.3%)

2 の祭神 1 が村人全体, でございます, として祀られた, に神馬, の所在地, の由来, の神馬, を建てさせる, を預かる

▼ 桜でも~ (10, 0.3%)

2 染井吉野の, 見に 1 それとも玉蜀黍, 咲きはじめそう, 植えて, 植ゑて, 見る事, 馬鹿には

▼ 桜~ (10, 0.3%)

1 が二十二日, に行く, のころ, の主催者, の咲子さま, の咲子さん, の平塚組, はしません, はだしぬけ, を開い

▼ 桜という~ (9, 0.2%)

2 のは 1 ことに, のが, ものあり, ものは, 名木を, 海浜に, 落語家が

▼ 桜~ (9, 0.2%)

1 とへたより, に逢, の死, の病状, の霊前, は折, へ受贈本, を病院, を訪ねる

▼ 桜とは~ (8, 0.2%)

1 いえ美貌, その風情, まがうかた, 反対の, 同じでない, 大変に, 池上の, 花の

▼ 桜咲く~ (8, 0.2%)

1 ところ, 処には, 前の, 四月九年ぶりで, 国に, 旭日の, 東方の, 頃八重は

▼ 桜~ (8, 0.2%)

1 との真盛, などをレーネット, のよう, の赤, をつまん, を堆く, を載せた, を饗

▼ 桜~ (8, 0.2%)

1 じゃに雪, で惣門内, となれ, なり三社, には一度, はここ, はこれ, 故ニ風景モ

▼ 桜町中納言~ (8, 0.2%)

1 が泰山府君, とし, の逸話, は俊成, は入道信西, は泰山府君, も其兄弟, を持ち出した

▼ 桜~ (8, 0.2%)

1 がとれ出した, がよく, といっ, と言っ, に添, よ, をいちばん, をかつい

▼ 桜にも~ (7, 0.2%)

1 あしらって, あらず妖冶, どの木, 似る秀吉近侍, 去年の, 因みが, 照る

▼ 桜~ (7, 0.2%)

1 がやって来, が知らず, だが, でした, といや, とでもいう, のそで

▼ 桜~ (7, 0.2%)

2 まで来る 1 から右, という小さな, の名, の方, を渡った

▼ 桜~ (6, 0.2%)

2 ぼ, ぼよ 1 ぼが, ぼを

▼ 桜吹雪~ (6, 0.2%)

1 かな, に吹きまくられ, に囲まれた, のやみ, のよう, をとつぜん

▼ 桜場清六~ (6, 0.2%)

2 のほう 1 が近江屋一家, だという, という勤番, と黒木屋五造

▼ 桜師匠~ (6, 0.2%)

1 が, とうち, とそっくり, のこれら, のところ, はこう

▼ 桜~ (6, 0.2%)

1 でも何, のよろい, の大将我, の文壇佳話, の甲冑片袖, の鎧

▼ 桜雲台~ (6, 0.2%)

1 の八百膳, の方, の本殿, は躑躅ヶ崎七殿, へ集まった, へ馳

▼ 桜いろ~ (5, 0.1%)

2 に染まった 1 に染まり, のは, の蝶

▼ 桜など~ (5, 0.1%)

1 いう歌題, いふ造語, はた, 目を, 馬鹿な

▼ 桜~ (5, 0.1%)

1 みんな百ぐらいずつの, ー, 下っても, 猿の, 目を

▼ 桜樹立~ (5, 0.1%)

1 が, がぐるり, がしんしん, が明るく, が真夜中

▼ 桜~ (5, 0.1%)

1 が思いちがい, が自分, っていう, という男, に頼んだ

▼ 桜甚助~ (5, 0.1%)

1 が弓, に, の一, の兵, の家来

▼ 桜~ (5, 0.1%)

1 が出ました, に口紅, に書く, をとり出し, を十字

▼ 桜間金太郎氏~ (5, 0.1%)

31 である, の演出なぞ

▼ 桜馬場~ (5, 0.1%)

1 にこれ, の目明し駒蔵, の駒蔵さん, へもねへえ, へ訴人

▼ 桜から~ (4, 0.1%)

1 受け始めました, 李杏茱萸などの, 由縁江戸桜の, 西へ

▼ 桜といふ~ (4, 0.1%)

1 名で, 名の, 名を, 種類の

▼ 桜とも~ (4, 0.1%)

1 いわれて, 思ひけるかな, 書かれて, 称して

▼ 桜などが~ (4, 0.1%)

1 あった, 植って, 目先に, 見えて

▼ 桜なども~ (4, 0.1%)

1 かつて山詣で, 咲いて, 正にその, 相当に

▼ 桜咲き~ (4, 0.1%)

2 にけり 1 てある, 白むかも

▼ 桜時分~ (4, 0.1%)

1 が苦しい, だから, になる, は嘸

▼ 桜月夜~ (4, 0.1%)

1 で明るい, の, の下, の二条衆

▼ 桜~ (4, 0.1%)

1 あらゆる花, いろ, など多, の蕾

▼ 桜~ (4, 0.1%)

1 が埋, の上, の火, の火花

▼ 桜~ (4, 0.1%)

1 と曰つたの, にて, 第二女, 自安信恬居士

▼ 桜間さん~ (4, 0.1%)

1 どうぞこちら, にお, に渡し, の家

▼ 桜かなと~ (3, 0.1%)

2 急に 1 作ったの

▼ 桜さき~ (3, 0.1%)

1 けり, たり松, 続きたり

▼ 桜~ (3, 0.1%)

3 心あら

▼ 桜その~ (3, 0.1%)

2 上を 1 ほか様々な

▼ 桜である~ (3, 0.1%)

1 がどうやら, と子供心, 色男に

▼ 桜とを~ (3, 0.1%)

1 利用する, 対照的に, 我がもの

▼ 桜~ (3, 0.1%)

1 しの, ないのち一ぱい, な暗夜

▼ 桜やつぱり~ (3, 0.1%)

3 伐りますか

▼ 桜より~ (3, 0.1%)

1 大きく咲ける, 早きは, 淡いから

▼ 桜よりも~ (3, 0.1%)

1 明るい, 清楚な, 都踊りよりも

▼ 桜ヶ陣~ (3, 0.1%)

1 と申し, の繁み, より一時

▼ 桜~ (3, 0.1%)

1 には若草, に来り, も桜

▼ 桜並み木~ (3, 0.1%)

1 のずっと, のその, を黄色く

▼ 桜~ (3, 0.1%)

1 が出た, その船, の曲

▼ 桜~ (3, 0.1%)

1 という名, の伝説, の歌

▼ 桜~ (3, 0.1%)

1 と呼ばれる, に到着, を駈け降りる

▼ 桜~ (3, 0.1%)

1 の前, の方, へ五

▼ 桜散る~ (3, 0.1%)

1 なり山, 夜なり, 桜が

▼ 桜映画~ (3, 0.1%)

1 じゃ一流投手二三人引ッこぬき, にした, へたのん

▼ 桜書院~ (3, 0.1%)

1 と云, と曰, の芳桜

▼ 桜~ (3, 0.1%)

1 といううち, は今宵, を帯び

▼ 桜楓会~ (3, 0.1%)

2 の仕事 1 から校長成瀬仁蔵先生

▼ 桜模様~ (3, 0.1%)

1 の手ぬぐい, の曙染, の羽織

▼ 桜正宗~ (3, 0.1%)

1 が非常, である, の二合瓶

▼ 桜殿~ (3, 0.1%)

1 とは所詮, と呼ん, もその

▼ 桜~ (3, 0.1%)

1 が弾くなら, が表面, の琵琶

▼ 桜紅葉~ (3, 0.1%)

1 がほろほろ, のしづけ, の残つた葉

▼ 桜~ (3, 0.1%)

1 のふぶき, の師匠, 咲くは

▼ 桜落葉~ (3, 0.1%)

1 が鳴り, の霜じみ, は最も

▼ 桜葉子~ (3, 0.1%)

1 が来る, を連れ, を高く

▼ 桜見物~ (3, 0.1%)

1 に出, に来た, に誘われた

▼ 桜~ (3, 0.1%)

1 に出馬, の方角, 御仮殿

▼ 桜間金太郎~ (3, 0.1%)

1 が杜若, に寄す, の

▼ 桜あぶなし~ (2, 0.1%)

1 という, 酒の

▼ 桜あらい~ (2, 0.1%)

2 この空袋

▼ 桜ある~ (2, 0.1%)

1 あたりは, ついその

▼ 桜かざし~ (2, 0.1%)

1 てあそびたる, て暮らす

▼ 桜かな~ (2, 0.1%)

2 桜かな

▼ 桜こそ~ (2, 0.1%)

1 咲いては, 思ひ知らすれ咲き

▼ 桜さく~ (2, 0.1%)

1 おぞけ, 頃とも

▼ 桜だの~ (2, 0.1%)

1 梅だの, 花束が

▼ 桜ちる~ (2, 0.1%)

1 ここの, なり山

▼ 桜~ (2, 0.1%)

1 え年, ふずばの

▼ 桜とか~ (2, 0.1%)

1 聞く暗い, 鼠という

▼ 桜とが~ (2, 0.1%)

1 主人を, 身を

▼ 桜とて~ (2, 0.1%)

1 有名なる, 舌鼓うつ

▼ 桜どきで~ (2, 0.1%)

1 吉原は, 郊外散歩ながらの

▼ 桜などに~ (2, 0.1%)

1 比べると, 配した雨

▼ 桜などには~ (2, 0.1%)

2 格別の

▼ 桜などの~ (2, 0.1%)

1 ごとき高等, 例でも

▼ 桜なる~ (2, 0.1%)

1 ものを, もの也云々と

▼ 桜また~ (2, 0.1%)

1 ちる菅笠, 今日は

▼ 桜やら~ (2, 0.1%)

1 だ, また松

▼ 桜~ (2, 0.1%)

1 咲け咲けうるさい, 若返って

▼ 桜よりは~ (2, 0.1%)

1 幾千の, 星の

▼ 桜らしい~ (2, 0.1%)

1 ものが, 樹は

▼ 桜ヶ岡~ (2, 0.1%)

2 の麓

▼ 桜並木の間~ (2, 0.1%)

1 を家, を織る

▼ 桜並木少年~ (2, 0.1%)

1 のくらくら, の頃くらくら

▼ 桜並樹~ (2, 0.1%)

2 の樹下闇

▼ 桜丸様~ (2, 0.1%)

1 がわたくし同様, を罪

▼ 桜今年~ (2, 0.1%)

1 ばかりの花, も兵

▼ 桜~ (2, 0.1%)

1 くらむ山, けどもわ

▼ 桜坊色~ (2, 0.1%)

1 の小さな, の帽子

▼ 桜坡子~ (2, 0.1%)

1 に言づてよとて, はじめて男子

▼ 桜場隼人~ (2, 0.1%)

1 などだった, は三州挙母村

▼ 桜~ (2, 0.1%)

1 娘という, 娘といふ

▼ 桜~ (2, 0.1%)

1 という娘, という娘子

▼ 桜山吹~ (2, 0.1%)

2 など飛

▼ 桜~ (2, 0.1%)

1 も狭, を円形

▼ 桜戸玉緒~ (2, 0.1%)

1 という方, といっ

▼ 桜明り~ (2, 0.1%)

1 とは面白く, や夕化粧

▼ 桜~ (2, 0.1%)

1 の大, の家具

▼ 桜~ (2, 0.1%)

1 などという人, などといふ人

▼ 桜~ (2, 0.1%)

1 に咲き, を伸ばし

▼ 桜~ (2, 0.1%)

1 などの模様, の面影

▼ 桜~ (2, 0.1%)

1 から李, にふ

▼ 桜~ (2, 0.1%)

1 の娘, は当時五代目張り

▼ 桜沢口~ (2, 0.1%)

1 の方, へ

▼ 桜狩り~ (2, 0.1%)

1 しつつ, の趣向

▼ 桜痴居士作~ (2, 0.1%)

2

▼ 桜痴居士新作~ (2, 0.1%)

2

▼ 桜~ (2, 0.1%)

1 な愉快, 散りはてし四月

▼ 桜~ (2, 0.1%)

2 の紅葉

▼ 桜羽場~ (2, 0.1%)

1 がまた, が又

▼ 桜~ (2, 0.1%)

1 をいく枚, を買っ

▼ 桜花落~ (2, 0.1%)

2 尽して

▼ 桜花見~ (2, 0.1%)

1 して, にはいつも

▼ 桜~ (2, 0.1%)

1 の汗袗, を用いた

▼ 桜軒妾腹~ (2, 0.1%)

1 之女, 之男也

▼ 桜~ (2, 0.1%)

2 で味

▼ 桜~ (2, 0.1%)

1 っていう弁護士, へ使い

▼ 桜間弁護士~ (2, 0.1%)

1 に立山, を自分

▼ 桜間金五郎~ (2, 0.1%)

1 といつわる, と申す

▼ 桜陰比事~ (2, 0.1%)

1 といった比事物, は井原西鶴

▼ 桜青葉~ (2, 0.1%)

2 の間

▼ 桜~ (2, 0.1%)

1 が死し, の家

▼ 桜餅屋~ (2, 0.1%)

1 の座敷, の暖簾

▼ 桜~ (2, 0.1%)

1 が直ぐ, は飛び立つ

▼1* [375件]

あたし待ってた, 桜あたかも雨後の, 桜あまりに白きたそがれ, 桜あやせに浮ぶ, 桜あやめに菊, 桜あり是はかば, 桜あるいはまた駒込吉祥寺の, 桜いう名高い桜, 桜いろいろ植わたしたれ, 桜おどしピカピカひかる, 桜かざしし今日も, 桜かのたまげたもの, 桜かも知れないと, 桜くる年も, 桜ぐらいの木目の, 桜ここだく樹, 桜こそは春の, 桜これは桃, 桜へ電線, 桜さくおぼろ月夜にかり, 桜さくらの仇, 桜さくら街のさくら, 桜さく三味線の国, 桜さく丘にのぼれ, 桜さく国の女人, 桜さく家の日あたり, 桜さく御殿山や二十三夜, 桜さく春の頃, 桜さく比良の山風, 桜さては芝居帰りの, 桜さんの花魁, 桜しづけき法隆寺お, 桜しろく咲きたる, 桜すずしく野に, 桜ずくめの絢爛, 桜そのもののよう, 桜その他の木, 桜だけでは, 桜だけは避けたらいい, 桜だった事を, 桜だつてこれ, 桜だらけと云う, 桜ちらむとなつかしき父, 桜ちりにけり, 桜ちれども玉葱, 桜らしの, 桜つつじの名所, 桜てえ大名人, 桜であってはならない, 桜であるならば全く, 桜ですとも桜, 桜ではいちめんの, 桜として梅花は, 桜としての美しさ, 桜とでもいいそう, 桜とともに都鳥の, 桜とのやわらかな, 桜と共に春来れ, 桜なぞの混淆林の, 桜などで越後と, 桜などと違って, 桜などという洒落れた詞, 桜などはとくに散り, 桜などを訪ねるの, 桜なほもた, 桜なら下市だろう, 桜なり柳なりの, 桜なりけりなどいへる, 桜なるらしよくそよぎ, 桜なんてケチな, 桜にとって唯迷惑, 桜によりも実際は, 桜に対して懐いて, 桜のこる桜も, 桜のみであつ, 桜のみを描いたの, 桜はいみじかる, 桜はと眼を, 桜はも早満開, 桜ばかりが真盛りだ, 桜ばかりにして, 桜ばかりは未だ秋, 桜ひと時に花, 桜ひらかうとして, 桜ふくなり京, 桜ふぶきが悩ましく, 桜ほども眺めて, 桜ぼかしの袖, 桜んかい, 桜または藤の, 桜まだ初, 桜まつりという, 桜まつり歌謡曲の日, 桜まで歩いたが, 桜までも寸分違わない, 桜ものだが, 桜やらの細かい細かい模様, 桜ゆゑ風に心, 桜よかへり咲かずや, 桜わずか二三株ほど, 桜をば見つ, 桜アオノツガザクラなどが雪解, 桜カシの橿, 桜カランと吾妻下駄, 桜ガ咲ク時分ニハ一層賑カデスシ, 桜ショウの日, 桜ナド詳シク尋ネ聞シメサレ, 桜バヤと釣人, 桜抱キテココニノガレ居リタリ, 桜ヶ井も清水谷, 桜ヶ井清水谷の柳, 桜ヶ岡三滝温泉宮城野原多賀城址など次第に, 桜ヶ岡待乳山洲崎なんどいずれ月見, 桜ヶ嶽今熊野, 桜一万株を植えた, 桜一本を仙洞, 桜三つ明り大将刀ぞ褐, 桜三月桜バヤと釣人, 桜三本ばかり咲, 桜も桜下, 桜世にもしほらしき, 桜並木海の上, 桜並木病葉の下, 桜並木越しに嶽, 桜並木通りの医者, 桜丸腹切の塲, 桜乱れ咲き夏は, 桜という貸席, 桜人皷打つなり, 桜会派の平塚組, 桜位いは確か, 桜何がさはつて, 桜信濃金梅高根薔薇黄花石楠黒百合色丹草など素人目, 桜先刻崖のふち, 桜に染まり行く, 桜八重桜と園内, 桜六抱半の木, 桜の胆, 桜内代議士夫人その他があつまっ, 桜内蔵相は拡げる, 桜冬木白梅紅梅枯葦枯草ことに川, 桜の宴, 桜剥落に傾く, 桜ふなり, 桜十本とある, 桜千樹雪といふ詩, 桜半分咲いた山吹, 桜か松印, 桜印ダイナマイト大ダイ六本, 桜又の名十六日桜は親木, 桜君罹病入院のたより, 桜咲きぬと見え, 桜咲き匂ふ花, 桜咲き馬込の谷, 桜咲き鳥啼き水, 桜咲乱れたるあり秋水の, 桜などの記述, 桜品桜譜といふ類, 桜四五本を移植, 桜四月すかんぽの花, 桜とか二組, 桜は山田長左衛門さん, 桜の話, 桜坊一つまみをくれる, 桜坡子等と共に, 桜と丈余, 桜塩原の温泉, 桜の波, 桜天地は桜, 桜天然記念物樹齢二百年位堂々たる大木, 桜媚び海棠酔った, 桜子夫人との仲, 桜実梨子桃苺等を培養, 桜宴会はその, 桜家蔦家浜の家杉和泉徳の家, 桜小学に通, 桜小学校に桜, 桜小紋の薄, 桜尾城に於, 桜で奥さん, 桜屏風山口雪渓の筆, 桜山ぼうしかまづか等, 桜山吹紅梅萌黄などの袿, 桜岡三四郎という人, 桜岩梅雲間草黒百合などの咲い, 桜岩髭千島竜胆など生, 桜島一日に七度, 桜島山の輪郭, 桜といふふ, 桜も桜, 桜の, 桜平川天神の鬱金, 桜彼岸ざくら李の花, 桜思いましたあゝ今私, 桜と云う, 桜余り人は, 桜散らん日は, 桜散り久しく花, 桜散り込む鐘ヶ淵, 桜数株あり, 桜数樹を植ゑられし由, 桜文鳥の番, 桜新道の喜撰風呂, 桜日光に肌, 桜日和の真昼, 桜日記在羽日記, 桜桃が, 桜早くも散っ, 桜映画会社である, 桜月夜こよひ逢, 桜月夜今宵逢ふ人皆美くし, 桜月夜女の悲鳴, 桜ほどに清潔, 桜木方へ電話, 桜木町ゆき電車が桜木町駅ホーム, 桜木町行の電車, 桜木蓮無花果雪柳といつた, 桜開かず, 桜そんな植え込み, 桜などである, 桜杏桃李の雑木, 桜村来訪明日大劇, 桜も縁日もの, 桜松竹などおもしろく, 桜林檎梨すもも一度にこの, 桜柏木の右衛門桜, 桜の小袖, 桜栂桜アオノツガザクラなどが雪解, 桜根大人の諡号, 桜根孝之進博士はふしだら, 桜桃李が咲き揃っ, 桜桃李一時に咲き, 桜桃李一時開で自然, 桜桃梨橙楡躑躅蜜柑というよう, 桜桃椿山吹夏蜜柑紫陽花柘榴金木犀枇杷山茶花等四季の花, 桜桃氏等の催し, 桜桃赤松柳あやめつつじ, 桜桜桜雲井の桜, 桜桜雲井の桜, 桜梅いろいろ樹の状, 桜梅檜葉梔子無花果沈丁花椿など雑多, 桜梅沙羅双樹桃李白樺欅厚朴木蓮の類, 桜椿山吹桃も李, 桜など, 桜楓地面に山吹, 桜楓椎梧桐等の立木, 桜模様菖蒲紋そんな型おき, 桜樹ナラザルハ無シ, 桜樹三四丁の列樹, 桜橋交叉点のところ, 桜橋東にてまた, 桜橙色や柚子色, 桜欅その他の大樹, 桜欅銀杏なぞの霜葉, 桜之口伝, 桜正宗青磁色の猪口, 桜水有田松太郎井田寒三藤井弥之助坂田半五郎中村鶴若市川かほる高山吉雄嵐璃昇などと呼ぶ, 桜津三位中将って渾名, 桜洲山人の額, 桜洲氏の愛嬢, 桜浮び出揺れゐし, 桜深山毛莨大葉の黄菫, 桜清水清玄と云う, 桜温泉の新築, 桜と輝く, 桜濃い紫の, 桜瀬戸の万戸, 桜炭さしそへにけり, 桜爆竹の音, 桜爺さんよくまあ, 桜牡丹の合戦, 桜牡丹芍薬似たりや, 桜物言う桜紅の, 桜狩り山にうかる, 桜珍車小岩鏡岩銀杏などが目, 桜甚助久世但馬などの佐々方, 桜田の上邸にい, 桜田治部大夫だった, 桜田治部大輔を大将, 桜田辺の大名方, 桜町中納言答歌図が出品, 桜町中納言花の寿命, 桜町天皇が挙行, 桜町家に一年幾度, 桜町復興の大, 桜で風上, 桜疾く咲きたる春, 桜痴両居士が活歴劇流行, 桜痴作の, 桜痴先生と末造君, 桜痴居士らも無論, 桜痴居士改作の, 桜痴居士直筆の原稿, 桜痴居士福地先生に紹介, 桜痴居士福地源一郎の生活態度, 桜痴居士自身が筆, 桜痴福地先生が王道論, 桜の二家, 桜癡居士の文壇, 桜癡居士其他の新作, 桜白雲の裏, 桜皮編の籠, 桜盛りの色, 桜盛るをわが, 桜石南花なども有った, 桜稲麦馬鈴薯甘藍などと面倒臭く, 桜の景色画二, 桜の靴下, 桜紅葉霧島の根津, 桜組製革場に沿, 桜結びの双, 桜緋桃の小路, 桜胡桃白椛の林, 桜自身さえ早, 桜色々の, 桜色枇杷バナナの暖かい, 桜花ふぶき溜るとは, 桜花咲けど夜, 桜花園桜田ぬたの山, 桜花弁一片も欠, 桜花本の根ざし, 桜花盛りなり, 桜茶屋の場, 桜茶屋女房は松之助, 桜草花既に落つ, 桜菊色々の花綴衣, 桜菖蒲などかんた, 桜菖蒲山の雉子, 桜葉陰濃緑満扉, 桜蓮牡丹の如き, 桜蔵王権現吉水院中の千本, 桜藤山吹岩躑躅などを主, 桜の模様, 桜つつし, 桜見よとて名, 桜見る人, 桜見立よ, 桜といふ類, 桜豆腐鳥山葵それに茶碗, 桜過ぎにけり, 桜里子が盲腸, 桜野地に角, 桜長之助草岩梅などは他物, 桜門下にはせ参じた, 桜間先生先生はおいで, 桜間八重吉の家, 桜間勘八狩野右馬吉石原十蔵舟崎曾兵衛の五人, 桜間左陣翁が見込み, 桜間弁護士立会の上, 桜間法学士を呼付けた, 桜間野上両家を訪, 桜の院号, 桜隅田の月夜, 桜の序で, 桜雛柳雛花菜の雛, 桜とけて, 桜の日, 桜雲井の桜, 桜雲台千畳敷の広間, 桜雲台本殿の自身, 桜雲記十津川の記等, 桜雲雀の唄, 桜青山梅窓院の拾桜, 桜の足袋, 桜のある, 桜顛名は篤, 桜顛宅集園有杜鵑花数株其先人所栽与山室士彦, 桜に舞い, 桜でそれ, 桜の油, 桜高速力巡航船ホテルトーキー常設館オフィスレストラン冬期競馬場少女歌劇場それらの場所, 桜麦酒をかかえ込ん, 桜麻布笄町長谷寺の右衛門桜, 桜黒檀黒柿なども用いられ, 桜鼠色の二枚重