青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「曰く~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~暫く 暫く~ ~暮 暮~ ~暮し 暮し~ ~暮らし 暮らし~ ~暮れ 暮れ~
曰く~
~曲 曲~ 曲線~ ~曲者 曲者~ 更~ 更け~ ~更に 更に~ ~書

「曰く~」 2076, 21ppm, 5347位

▼ 曰く~ (84, 4.0%)

16 ありそう 5 ある, あるに, あるの 3 ありさ, あるん, なくては 2 あったの, あって, あること, あるぜ, あると, あるはず, なけりゃア

1 [30件] あったよう, あったろうなどと, あったん, ありさうな, ありと, ありゃ大事, ありや, あり相, あるかも, あるから, あるだらうと, あるだろうと, あるという, あるとは, あるね, あるのでね, あるよう, あるらしいぞ, あるらしいな, あるらしいよう, あるらしく果たして, あるン, ある人, あれば, あろう, あろうと, つきますわね, なければ, 有るん, 潜んで

▼ 曰く~ (32, 1.5%)

5 ありそう 3 あること, つきし難物 2 ある女, ある腰の物

1 [17件] ありげ, あるお, ある事, ある井戸, ある人, ある仲, ある刀, ある団体, ある奴, ある心中, ある素性, ある農奴, ミジンも, 代りに, 先生の, 素讀よりは, 類の

▼ 曰く~ (26, 1.3%)

4 れは 3 に数年 2 れの, を知る

1 [15件] に鉅万, はフォーチン, は国詩, は如何なる, は汝, は言行, は言行共, は雅典, また何ぞ, もし, も余り, れ年来, を発, 何ぞ病まん, 無勇

▼ 曰くあり~ (25, 1.2%)

10 げな 8 げに 1 げで, げとは, げなようす, げの, そうな, と見た, 誄に

▼ 曰くこの~ (25, 1.2%)

2 頃の

1 [23件] アプリオリテートは, ガチヤリといふ, 不倫とは, 人民に, 呪もて, 四梵志は, 国の, 女かくまで, 川に, 教会当, 方法に, 時に, 書本文殆ど全く, 本は, 樹が, 歌の, 犯人は, 玉帚とは, 船の, 花の, 説童蒙の, 譚を, 魔霧なお

▼ 曰くこれ~ (23, 1.1%)

1 [23件] けだし夫婦相念, すでに姦淫, その人はじめ, そもそも説, だけは昨日, だけは難解, では地味, と同じ, はきっと, はすばらしい, は人蟒, は兄貴, は牝馬, は狼, また前, また天然, も贔屓, わがいわゆる心理療法, を持ち行か, 即ち乾酪, 有りや, 真竜, 迄鰻

▼ 曰く~ (20, 1.0%)

2 にし

1 [18件] かの羊, が裁判, とは今後同行, なんぞヤソ教, に事え, のい, の惡詩, の説明, の論, の頭, はハイネ, はバカ, は仏教, は哲学, は好い, よ口, 何ぞ得手勝手, 常に官

▼ 曰く~ (20, 1.0%)

4 れ侯 2 れ大隈板垣, れ有り唯

1 [12件] の意識, の故に, の神風, の食, れ即ち, れ卷土, れ巻土重来, れ惡, れ正に, れ浅間, れ礼, れ韓非

▼ 曰くその~ (18, 0.9%)

2 教育の

1 [16件] はじめは, 人に, 人生れざりしなら, 利益に, 原因の, 句には, 多妻なる, 手は, 時勢に, 母夢に, 清きもの, 田地は, 礼を, 罪人なる, 説はなはだ, 高と

▼ 曰く~ (15, 0.7%)

4 れは 2 は現, れの 1 がこの, はいずれ, は人, は何ん, は真誠, を視る, 乃至彼女

▼ 曰く~ (13, 0.6%)

3 らず, り 2 らば, り非 1 り師, り彼等, り然

▼ 曰く~ (12, 0.6%)

1 [12件] いずくんぞ能, この薬, の力, の夫, の知る, の職, は今, は何, は国憲等, や将我, 何ぞ歎, 猶黒き

▼ 曰く~ (11, 0.5%)

2 にし, は一介, は自己 1 はじめてこの, は学習院長, は學習院長, は既に, は菊池氏

▼ 曰く~ (11, 0.5%)

1 [11件] と君, は久しく, は天照太神, は薩藩士也肥後守, は金屋子神, 先だちて, 去矣, 已に大, 必ず悪魔, 既に黄泉国, 聞く前代

▼ 曰くつき~ (10, 0.5%)

3 のもの 1 なん, の代物, の女, の妓, の実, の美少女, らしい女

▼ 曰く~ (9, 0.4%)

2 の謂 1 が故に, そして無論, と日本婦人, と算, と色々, を以つて此, を言っ

▼ 曰く~ (9, 0.4%)

2 の上政府, の如き 1 のもの能, の地何處, の如くなる, は決, れは

▼ 曰く若し~ (9, 0.4%)

2 上策を 1 伝播説に, 吾を, 吾妻として, 果して国民固有, 燕王を, 神明を, 茲の

▼ 曰くおよそ~ (8, 0.4%)

4 イエス・ノオを 1 一国の, 人には, 山中広野を, 師を

▼ 曰く因縁~ (8, 0.4%)

2 のあり 1 がある, というもの, なんで, の数々, の難く, はあたかも

▼ 曰く天下~ (8, 0.4%)

1 に三, に何事, に詔, の治安, の理義, の絶勝, の諸, を有し

▼ 曰く~ (8, 0.4%)

8 に聴け

▼ 曰く~ (7, 0.3%)

1 あとで, ある物, この舟, これからは, ないの, ひどいね, 目安箱の

▼ 曰くもし~ (7, 0.3%)

1 これを, 他の, 他人の, 土地の, 死して, 洋館を, 阿嬌

▼ 曰くわが~ (7, 0.3%)

1 信現ぜり, 僕モーゼは, 児を, 天窓を, 心だに, 社会自然の, 邦は

▼ 曰く~ (7, 0.3%)

1 が此文, は大望無し, は太祖高皇帝, は生活, もまた, を以て夫子, 深く其の去る

▼ 曰く~ (7, 0.3%)

1 の例, までまったく, より風塵, 世間の, 公の, 囘の, 孝孺を

▼ 曰く~ (7, 0.3%)

1 には好き, の三角, の家, は, は不思議, は何十年来, は私

▼ 曰く~ (7, 0.3%)

1 は何, は政, は達, や女予, や栄, よ, よ爾

▼ 曰く~ (6, 0.3%)

2 ある, これは, まづ疾翔大力

▼ 曰く~ (6, 0.3%)

1 あり無常, に任ずる専, に先, もしそ, 或は進歩党, 或は進歩黨

▼ 曰く~ (6, 0.3%)

2 旦那さまこと其後の 1 なり, 劇場主義戯曲の, 旦那さまことその後の, 熱を

▼ 曰く~ (6, 0.3%)

1 の歌, の言, も亦, を立てる, 三軍を, 如し言わずんば

▼ 曰く日本~ (6, 0.3%)

2 の仏教 1 にて斬髪所, には日本, の青年, は厭

▼ 曰くかの~ (5, 0.2%)

1 七人の, 乞丐の, 地の, 神話は, 農民を

▼ 曰くづき~ (5, 0.2%)

2 の人物 1 にきま, の珍品, の邸

▼ 曰く~ (5, 0.2%)

1 ございましたかね, なるン, 俳優協会や, 氣の, 開成所の

▼ 曰くわれ~ (5, 0.2%)

1 はまことに, は実に, よく君, 聞く李将軍臥虎, 聞く貴

▼ 曰く~ (5, 0.2%)

1 つけられて, 抱いて, 教へて, 知って, 知つたなら

▼ 曰くインネン~ (5, 0.2%)

1 があった, があるらしい, の方, よりも怪談怨霊的曰くインネン, 多々あっ

▼ 曰く今日~ (5, 0.2%)

2 は孰 1 はとても, は鰕, わが政府

▼ 曰く仏教~ (5, 0.2%)

1 に三位一体説, の諸宗, は必ずしも, は無神教, は賞罰

▼ 曰く君子~ (5, 0.2%)

1 に三戒, の斯, は憂えず, も亦, 固より

▼ 曰く吾が~ (5, 0.2%)

1 党に, 党の, 兵は, 年将に, 息多し

▼ 曰く~ (5, 0.2%)

1 に二日, に合し, の岩戸扇石, 大極, 若し予

▼ 曰く~ (5, 0.2%)

2 功徳 1 と, 弁, 鑑査撤廃に

▼ 曰く諸君~ (5, 0.2%)

2 と相 1 は教養, 乞うらく, 驚くこと

▼ 曰くああ~ (4, 0.2%)

2 僕と 1 これなんの, 不幸なる

▼ 曰く~ (4, 0.2%)

1 はコマッキオ, はマルテル, は一二九五年ギベルリニ黨, は大間違

▼ 曰くそれ~ (4, 0.2%)

1 はカモシカ, はホテル, は先生海, は右往左往

▼ 曰く~ (4, 0.2%)

1 つてオイ大砲の, ムスコさんで, 旦那は, 此は

▼ 曰く~ (4, 0.2%)

1 に因っ, に臨む, を啓, を沽らん

▼ 曰く~ (4, 0.2%)

2 の公徳 1 を紀, 成らずして

▼ 曰く人間~ (4, 0.2%)

1 が予定, に多く, は今後加速度的, は植物

▼ 曰く~ (4, 0.2%)

2 にし 1 は党首, は黨首

▼ 曰く~ (4, 0.2%)

1 これ君子の, な, 大いに否, 然らざる

▼ 曰く日本人~ (4, 0.2%)

1 の商法, はその, は不潔, は西洋人

▼ 曰く~ (4, 0.2%)

2 だしと 1 だし, 也

▼ 曰く~ (4, 0.2%)

1 と幕末, は公, は十万石, 曰く某と

▼ 曰く殿下~ (4, 0.2%)

1 は但, は龍行虎歩, を刺す, 何ぞ身

▼ 曰く~ (4, 0.2%)

1 に神伊邪那岐, の義務, は躰健か, 前日諸王を

▼ 曰く~ (4, 0.2%)

1 の瑟, は勇, は堂, は果

▼ 曰く~ (4, 0.2%)

2 然ら, 然り

▼ 曰く社会~ (4, 0.2%)

1 の上流階級, の唯一, の変動, の有様

▼ 曰く言い~ (4, 0.2%)

1 がたしこの, がたしさ, 難きもの, 難しと

▼ 曰く顔回~ (4, 0.2%)

3 という者 1 は貧

▼ 曰く~ (3, 0.1%)

1 ぎ侶よ, な, な余

▼ 曰くかかる~ (3, 0.1%)

1 世なり, 害悪が, 尤物は

▼ 曰くここ~ (3, 0.1%)

1 に武家, は馬, までは来るべし

▼ 曰くという~ (3, 0.1%)

1 ことである, のを, ような

▼ 曰くもう~ (3, 0.1%)

1 三十以上の, 十日位休みと, 温めて

▼ 曰くダンテ~ (3, 0.1%)

1 がカッシウス, のかく三年, はこの

▼ 曰くヤソ教~ (3, 0.1%)

1 の, の他, の諸宗

▼ 曰く人生~ (3, 0.1%)

1 に於ける, の幸福, の興味

▼ 曰く人骨~ (3, 0.1%)

2 は他 1 の外面殊

▼ 曰く何ぞ~ (3, 0.1%)

1 太甚しきやと, 成王の, 桜樹を

▼ 曰く何曰く何~ (3, 0.1%)

1 そして無論, と日本婦人, と色々

▼ 曰く全く~ (3, 0.1%)

1 其事無しと, 日本には, 田舎が

▼ 曰く其の~ (3, 0.1%)

1 位に, 奥に, 左の

▼ 曰く~ (3, 0.1%)

1 の主義, の妻, れ持

▼ 曰く宗教~ (3, 0.1%)

1 にし, は直接, は道

▼ 曰く~ (3, 0.1%)

1 姪此の, 膽褊狹毫も, 藤次は

▼ 曰く~ (3, 0.1%)

1 は行い, よ佐助, 老いたり

▼ 曰く~ (3, 0.1%)

1 帰りにな, 意見無用いのち不知, 説一理なき

▼ 曰く政治家~ (3, 0.1%)

2 は言 1 は政治

▼ 曰く~ (3, 0.1%)

1 は本能寺, を殺す, 必ず兵

▼ 曰く日本国~ (3, 0.1%)

1 の使, の富, の野蛮推して知るべし

▼ 曰く~ (3, 0.1%)

1 は俳句, は歌, ふを

▼ 曰く~ (3, 0.1%)

1 なり, 旦まさに, 朝に

▼ 曰く~ (3, 0.1%)

1 の精, をし, 到りて

▼ 曰く~ (3, 0.1%)

2 内閣の 1 社界が

▼ 曰く~ (3, 0.1%)

1 くる火花流れ, には之, よ繁殖

▼ 曰く社界~ (3, 0.1%)

1 なり, の不, の魔毒

▼ 曰く~ (3, 0.1%)

1 の形状, の英仏名ドラゴン, は仮作動物

▼ 曰く米国~ (3, 0.1%)

2 の宗教 1 の駸々

▼ 曰く~ (3, 0.1%)

3 にし

▼ 曰く西洋~ (3, 0.1%)

1 の入院患者, はヤソ教国, は決して

▼ 曰く~ (3, 0.1%)

1 ひ難き, ひ難し, 難しで

▼ 曰く言語~ (3, 0.1%)

2 あるもの必ら 1 なり歴史

▼ 曰く~ (3, 0.1%)

1 とは韻律, を学びたる, を語るべし

▼ 曰く~ (3, 0.1%)

1 か我, と言っ, 一々名

▼ 曰く足下~ (3, 0.1%)

1 の理窟, は国会開設, は國會開設

▼ 曰く~ (3, 0.1%)

2 母白い 1 園の

▼ 曰く~ (3, 0.1%)

1 ず予一以, なり, 国教宗の

▼ 曰くあなた~ (2, 0.1%)

1 があんた, の相

▼ 曰くある~ (2, 0.1%)

1 人物が, 者と

▼ 曰くあれ~ (2, 0.1%)

1 に袖形, はいけませぬ

▼ 曰くあゝ~ (2, 0.1%)

1 いま我に, 我が国の

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 師匠さまが, 留守番衛生掃除ホテル夜番菓子屋ウドン屋米屋病人の

▼ 曰くかく~ (2, 0.1%)

2 の如き

▼ 曰くこれ我人~ (2, 0.1%)

2 を薫育

▼ 曰くそこ~ (2, 0.1%)

1 にまた, の林中

▼ 曰くです~ (2, 0.1%)

1 四更の, 我輩は

▼ 曰くどうも~ (2, 0.1%)

2 面目次第も

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

2 が糧

▼ 曰くなお~ (2, 0.1%)

1 世間にて, 英国人が

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 なかつた日, 何も

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 ことが, 御用キキも

▼ 曰くわが国~ (2, 0.1%)

1 の宗教, を領

▼ 曰くわれわれ~ (2, 0.1%)

1 が不朽, が梅

▼ 曰くアンタ~ (2, 0.1%)

1 は何, は哲学者志望

▼ 曰くフランス~ (2, 0.1%)

1 の富, は事々物々

▼ 曰くモルモン宗~ (2, 0.1%)

1 はすなわち, は多妻宗

▼ 曰くヨオロッパ~ (2, 0.1%)

1 の各種文明, の諸

▼ 曰くロバートピール~ (2, 0.1%)

1 は単純, は單純

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 へに我が, を問い

▼ 曰く一つ~ (2, 0.1%)

1 の同じ, はわかります

▼ 曰く一個~ (2, 0.1%)

1 の民族, の管

▼ 曰く一国~ (2, 0.1%)

1 の人, の独立

▼ 曰く一夜~ (2, 0.1%)

2 添うても

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 彌國, 識

▼ 曰く不束~ (2, 0.1%)

2 なる女ども

▼ 曰く世に~ (2, 0.1%)

1 まこと, 罪過なく

▼ 曰く世界~ (2, 0.1%)

1 の初, の驚嘆

▼ 曰く事此~ (2, 0.1%)

2 に至れ

▼ 曰く二策~ (2, 0.1%)

2 共に非

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 ひがたし, ひ難し

▼ 曰く五人以上~ (2, 0.1%)

2 同時に渡る

▼ 曰く伊藤博文~ (2, 0.1%)

2 はナポレオン三世

▼ 曰く何事~ (2, 0.1%)

1 にも変通, の面白き

▼ 曰く何為~ (2, 0.1%)

1 ぞそれ子, ば則

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 にはどうも, も積極案

▼ 曰く先帝臣~ (2, 0.1%)

1 が謹愼, が謹慎

▼ 曰く先生~ (2, 0.1%)

1 の英国憲法, の英國憲法

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 斃の, 篇大概は

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 の事, を朝鮮

▼ 曰く内閣~ (2, 0.1%)

2 を維持

▼ 曰く凡そ~ (2, 0.1%)

1 政党の, 政黨の

▼ 曰く凡俗~ (2, 0.1%)

2 の大衆

▼ 曰く出版~ (2, 0.1%)

1 の自由, の自由これ

▼ 曰く初めグラツドストン~ (2, 0.1%)

2 の自治案

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 にもいふ通り, 輩後学を

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 の志願妙, 休せよと

▼ 曰く原始人~ (2, 0.1%)

2 は部落

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 や吾が, よ

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 に謂わゆる, ローマ人の

▼ 曰く嗚呼~ (2, 0.1%)

1 吾先友海内数公既漸, 能く

▼ 曰く因縁故事来歴~ (2, 0.1%)

1 をば, を知らねえ

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 の本, は長君

▼ 曰く国家~ (2, 0.1%)

1 に辺事, の俸禄

▼ 曰く国教宗~ (2, 0.1%)

1 の僧侶, は二十六人

▼ 曰く変更~ (2, 0.1%)

2 の議

▼ 曰く夜半~ (2, 0.1%)

2 の鐘声客船

▼ 曰く大丈夫~ (2, 0.1%)

1 だ安心, なればこそ

▼ 曰く大隈~ (2, 0.1%)

2 を外務

▼ 曰く大隈伯~ (2, 0.1%)

2 は其品性識量共

▼ 曰く奨励金~ (2, 0.1%)

1 がある, は

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 の産みたる者, はどうせ

▼ 曰く子供~ (2, 0.1%)

2 は監獄

▼ 曰く宣言~ (2, 0.1%)

2 及び綱領

▼ 曰く宮中~ (2, 0.1%)

1 の粛清, の肅清

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 の消費者, は実に

▼ 曰く寡人~ (2, 0.1%)

1 に教, もし

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 に入り, 高くし

▼ 曰く庶民~ (2, 0.1%)

1 たるもの, は節約

▼ 曰く彼時~ (2, 0.1%)

1 の変化, の発心

▼ 曰く彼等~ (2, 0.1%)

1 は口, は赤児

▼ 曰く恋愛~ (2, 0.1%)

1 なり情, なり美人

▼ 曰く恐らく~ (2, 0.1%)

1 これ銭竜なら, 加害者は

▼ 曰く惚れた~ (2, 0.1%)

1 が悪い, が惡いか

▼ 曰く愛蘭尚書ウイリアムフオスター~ (2, 0.1%)

1 の辞職, の辭職

▼ 曰く成王~ (2, 0.1%)

1 いずくに, 即存

▼ 曰く我が~ (2, 0.1%)

1 一家を, 高皇帝

▼ 曰く我命~ (2, 0.1%)

2 を天

▼ 曰く我国~ (2, 0.1%)

1 が貴国, にも幽玄高妙

▼ 曰く我家~ (2, 0.1%)

2 の資産

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 るひと, 黒奴縄に

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

2 も閣臣

▼ 曰く支那~ (2, 0.1%)

1 の馬, を衰

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 とは正, は臣

▼ 曰く文王~ (2, 0.1%)

1 既に没し, 既に没したれ

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 かる有様, に美玉

▼ 曰く既に~ (2, 0.1%)

1 心変りの, 父子仇と

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 からの伝説, 或人

▼ 曰く星亨~ (2, 0.1%)

1 の民党破壊演説, の民黨破壞演説

▼ 曰く星氏~ (2, 0.1%)

2 が埋立出願

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 は黄金, 非なり

▼ 曰く最初~ (2, 0.1%)

1 が旗太郎さ, の人

▼ 曰く最後~ (2, 0.1%)

1 に八雷神, の勝利者

▼ 曰く有名~ (2, 0.1%)

1 なる落語家三遊亭圓朝子, な科学者達

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 が男等, れ今日汝等

▼ 曰く未だ~ (2, 0.1%)

1 人に, 生を

▼ 曰く末松謙澄男主~ (2, 0.1%)

2 として内閣割込

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 當に, 私刑史曰く支那刑法史曰く経子一家言曰く周易一家言曰く読書五十年この

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 に美地, の五

▼ 曰く松隈内閣~ (2, 0.1%)

2 は一種

▼ 曰く板垣~ (2, 0.1%)

2 死すとも

▼ 曰く板垣伯入閣~ (2, 0.1%)

1 は無, は無条件

▼ 曰く校長~ (2, 0.1%)

2

▼ 曰く次に~ (2, 0.1%)

1 国稚く, 成り坐せる神

▼ 曰く殺された~ (2, 0.1%)

1 女が, 日時や

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 は政, は芸

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 は重, を滅せ

▼ 曰く燕王~ (2, 0.1%)

1 は智慮人, 反せり

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 は人真似, は最も

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 の實, 実灼然

▼ 曰く皇考~ (2, 0.1%)

1 の分ちたまえる, の霊

▼ 曰く盲人~ (2, 0.1%)

2 の教育

▼ 曰く磊落~ (2, 0.1%)

2 粗朴

▼ 曰く章坊~ (2, 0.1%)

2 の寫眞

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 一と, 一外部社会四囲の

▼ 曰く篤麿~ (2, 0.1%)

2 が私交上

▼ 曰く米国人~ (2, 0.1%)

1 は文句, は美術

▼ 曰く経典~ (2, 0.1%)

1 の翻訳, は悉く

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 にし, の聖

▼ 曰く聞く~ (2, 0.1%)

1 君が, 日本人民は

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 少きより, 願わくは託する

▼ 曰く英国~ (2, 0.1%)

1 の愚民, はヤソ教国

▼ 曰く英国教宗~ (2, 0.1%)

1 の教正, は新教

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

2 古の

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 の眼, は有

▼ 曰く要するに~ (2, 0.1%)

2 伊藤内閣の

▼ 曰く言う~ (2, 0.1%)

1 だけ野暮さ, 者は

▼ 曰く誰曰く誰~ (2, 0.1%)

1 と言っ, 一々名

▼ 曰く責任内閣~ (2, 0.1%)

1 は近, は近衛公

▼ 曰く趣旨綱領中大臣輔弼~ (2, 0.1%)

2 の責任

▼ 曰く足下等~ (2, 0.1%)

1 常に元, 常に元勲

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 が始まり, 深く入り

▼ 曰く近き~ (2, 0.1%)

1 代に, 者説

▼ 曰く透谷~ (2, 0.1%)

1 と月下, は銀匙

▼ 曰く道理~ (2, 0.1%)

2 に拘泥

▼ 曰く違う~ (2, 0.1%)

1 ことなかれ, こと無かれ

▼ 曰く附き~ (2, 0.1%)

1 の代物, の大

▼ 曰く~ (2, 0.1%)

1 あるこそ, を断たぬ

▼ 曰く風俗~ (2, 0.1%)

2 の改良

▼ 曰く高踏一派~ (2, 0.1%)

2 の徒

▼1* [1054件]

曰くあそこはとても, 曰くあってと察した, 曰くあの謡を, 曰くあまりの事, 曰くありですな, 曰くあるらしき質問だ, 曰くいい難し, 曰くいつまで饒舌つて居, 曰くいつか二人でかえって, 曰くいやわれわれが, 曰くいんねんが附い, 曰くうっちゃっておけ, 曰くおもいやりながら悪口, 曰くおれは用達, 曰くお前は相手, 曰くお前おまけだね, 曰くお前さんも斯界, 曰くああ今夜, 曰くくれずばその, 曰くけだしその方法, 曰くこの世は短い, 曰くこれみなヤソ教なれば, 曰くこれ三千石を過, 曰くこれ亢竜角というもの, 曰くこれ十二景の一, 曰くこれ吉田寅次郎なりと, 曰くこれ土気上升し草木萌動, 曰くこれ教育の力, 曰くこれ日蓮上人一代記八枚続の, 曰くこれ朕が家事, 曰くこれ洵に敝家, 曰くこれ淺野セメント會社の烟突, 曰くこれ男に卵, 曰くこれ紅葉の岡也, 曰くこれ織田信長が禁裡, 曰くこれ英国人民の学校, 曰くこれ食事のあしき, 曰くうなは, 曰くそれではお前, 曰くさきに南山, 曰くさウェールスのある, 曰くさ俺とあいつ, 曰くさ魔術の栓またの名, 曰くしからば我家, 曰くすなわち十族なる, 曰くは創造者, 曰くそうさ打たれた, 曰くそもそも下駄は, 曰くそりゃ些ア高い, 曰くそれ生くるとき, 曰くそれ馬は日, 曰くただ将来は, 曰くたとえば一, 曰くたれかかく, 曰くだが怠けちやイケマセン, 曰く何か, 曰くではなぜ科学主義工業, 曰くといふのは, 曰くなかなか羽振りの, 曰くなく御文, 曰くなどということが, 曰くなにとそれぞれ, 曰くなにばばあが, 曰くなんぞすみやかに, 曰くなんぞは聞きたくないよ, 曰くなんてのを, 曰くはじめには人間, 曰くはじめ鶴と鼠, 曰くひとり居て, 曰くまがれるを曲げ, 曰くまことに日に, 曰くもし既に挙げそして, 曰くもと修するの, 曰くやこそ侍れの, 曰くゆえあり, 曰くよし試みん, 曰くよし然らば, 曰くわい等其は止せ, 曰くわが国有形上の文明, 曰くわが国都は最も, 曰くわしは国籍, 曰くわるかつた, 曰くわれらは蕪村, 曰くわれ今ここにおいて竜, 曰くわれ昨夜夢に魔油, 曰くわれ死を畏れず, 曰くわれ穢虫の窟, 曰くアダムの身躰, 曰くイエスの徒弟ども, 曰くイカルスはダイダロス, 曰くインドで狼, 曰くインネン大有りの, 曰くインネン故事来歴があっ, 曰くオッペケペー曰くトコトンヤレ其音に意, 曰くオリンピア廟へフォルミス・メナリウス, 曰くオレは死ん, 曰くカラハシは竹, 曰くカロンが此處, 曰くカント曰くなどということ, 曰くキリスト以前は準備, 曰くギセイそれです, 曰くコイムバトール地方を永い, 曰くコン助曰くピヱロこれも庵中無聊, 曰くサルトルはいか, 曰くサ否ネ向う, 曰くザールの首, 曰くシナ人の東洋, 曰くショーペンハウエル曰くカント曰くなどということ, 曰くスコットランドの日曜なに, 曰くスペインの事情, 曰くスペンサーの, 曰くセンナアルを出, 曰くダンチヒ自由市の即時返還, 曰くダヴィッドももはや, 曰くディーゲスタ法典編纂委員が受けた, 曰くトコトンヤレ其音に意, 曰くドラコーは墨, 曰くノートルダムの寺院, 曰くハエをハヤ, 曰くパリにあり, 曰くパンドーラは女性, 曰くパン屋の内儀さん, 曰くピヱロこれも庵中無聊, 曰くフォン・ヂーデリッツはスタロ・ゴンチャールナヤ街, 曰くブル神の子等, 曰くベアトリーチェはフォルコ・ポルチナーリ, 曰くベコの外套, 曰くベンサムは, 曰くペニシリンに狎れる, 曰くペルソは紫, 曰くボローニアの附近, 曰くポテトなり, 曰くマイクを馬鹿, 曰くミル曰くショーペンハウエル曰くカント曰くなどということ, 曰くメロドラマの再, 曰くヤソ教一変すれば, 曰くヤソ教中その儀式, 曰くヤソ教者天帝の意, 曰くヤソ教者布教の手段, 曰くレモン水過度の運動, 曰くレンブラントルウベンスまたタアナア, 曰くロンドン条約は欠陥だらけ, 曰くローマ宗と国教宗の別, 曰くワット氏の蒸気機関, 曰くヱプロン掛けて, 曰くヴェロニカはこの, 曰く一アルラはフィレンツェ, 曰く一二二四年フランチェスコアヴェルノの岩山, 曰く一切は過ぎ去る, 曰く一向停止の, 曰く一歩農舎に入り, 曰く一種の沈痛深刻, 曰く一筆しめし上, 曰く一般に神話, 曰く一身の自由, 曰く一金壱千円也書生様より, 曰く一門の内自ら兵威, 曰く丁晋公臨終前半月, 曰く七五〇〇〇人のクリスト教徒, 曰く万葉の歌, 曰く丈夫死すべき所如何, 曰く三万人の作家志望者, 曰く三位一体の一位, 曰く三位一体説はインド, 曰く三十一字にし, 曰く三菱の代表者加藤高明, 曰く下られよ, 曰く下野国佐野の家, 曰く不可なり汝, 曰く不可解の謎, 曰く不吉の聲, 曰く不善に向, 曰く不祥の曲, 曰く不穏の精神これ, 曰くには人心, 曰く世界中種々の宗教, 曰くの祷る, 曰く書共に, 曰く両君の宣, 曰く両日は昌也, 曰く中書省曰く門下省である, 曰く丸梅の女将, 曰く丹下左膳現代版なの, 曰く丹陽の沈宗卜, 曰く久しいかな由, 曰く之は少々あやしい, 曰く九月廿日頃より斃馬病馬, 曰く乾坤は浩蕩, 曰く予否ところあらば, 曰く予始め難に遘, 曰く予才拙學陋, 曰く予父祖の餘惠, 曰く予言うなから, 曰く予詩文算數法醫工技皆之を能くせず, 曰く事業繰延即ち是, 曰く二三子何ぞ喪う, 曰く二人共に命, 曰く二八%一九〇五年で三〇%, 曰く二十有八載放勲乃ち徂落, 曰く五十文なりと, 曰くに聞く, 曰く交通の勢力, 曰くに在, 曰く京伝三馬の伝統, 曰く人々を悔改, 曰く人争曰く心争なり, 曰く人情みな争いである, 曰く人文科学は人間, 曰く人民投票準備期間を一箇年, 曰く人生意氣に感ず, 曰く人種は神話, 曰く人類学的神話学は唯, 曰く今一つは思ひうかばず, 曰く今一児狼群中より捉え来られた, 曰く今公花間の文字, 曰く今回は全部, 曰く今夜必ずこれ, 曰く今後は日本人, 曰く今日わが国には洋館, 曰く今日蘆原を下人二三人召連通候処, 曰く今晩神の御告, 曰く今根あるのみ, 曰く仏国にあり, 曰く仏理の簡明, 曰く仔細なしと, 曰く仕事は楽, 曰く他日君の家, 曰くの心臓, 曰く令夫人で可, 曰く伊奈節共に信州自慢, 曰く伊弉諾伊弉冊二尊倶に議, 曰く伊沢道之曰く山田三造そう云う, 曰く伊藤政友会総裁指名の奥田義人, 曰く伊達捷平の幽霊, 曰く伏義は蛇身人首, 曰くへ聞く, 曰く伯夷の風, 曰く伯夷量何ぞ隘, 曰く伯父上あなたは実に, 曰く佃島深川万年橋本所竪川同じく本所五ツ目羅漢寺, 曰く一氈の, 曰く何と相接触, 曰く何らの誤解, 曰く何れの国民, 曰く何一つとし, 曰く何処の使人, 曰く何故穀精が, 曰く何斯ういふ時, 曰く何曰く何と相, 曰く何曰くなにとそれぞれ, 曰く何曰く何一つとし, 曰く何曰く何斯ういふ時, 曰く何處へ, 曰く何館何ホテル曰く妾宅別荘さもなければ徒に, 曰く余ヤソ教を信ぜん, 曰く余曩に僧, 曰く作品と舞台, 曰く作家老いて, 曰く使襄禽獣則可苟亦人也則何心処之亦, 曰くの赤毛, 曰く俊太郎逮捕の為め, 曰く俎豆の事, 曰く約機関, 曰く信濃路や山, 曰く俳句は下級, 曰く俳諧の歴史, 曰くの有限, 曰く個々の印度日耳曼民族, 曰く借金政策二に曰く事業繰延, 曰く偉大なる人物, 曰く停車場の驛札等, 曰く偶中のみ諸君, 曰く僕今日如何して, 曰く僧侶の貧, 曰く僧溥洽というもの, 曰くが頭取, 曰く世祖純白の, 曰く先ず張, 曰く先の日道に臥せる, 曰く先帝若し敬, 曰く先生一妻一妾ありて, 曰く先生労苦する勿, 曰く光あれよと, 曰くの肉, 曰く入りが悪い, 曰く全国みな兵営なり, 曰く全快写真は殆, 曰く八幡太郎この地, 曰く若し我が, 曰く公等みずから之を為せ, 曰く公認教はもとより, 曰くに闘うべし, 曰く兵一たび散すれば, 曰く兵制なり, 曰く兵士らよ汝ら, 曰くれ一糸, 曰く其一は太田三楽, 曰く其國に五穀, 曰く其山峰岫重畳して, 曰く其後に在り, 曰くてより, 曰く冀州鵠山に伝う, 曰くに省み, 曰く写実曰く理想派を分ち, 曰く凡ての時代, 曰く出るに酒, 曰く出雲郡字賀郷に洞窟, 曰く初春の初子, 曰くの事, 曰く利根河畔より解散, 曰く副業の契勵, 曰く創造的勢力曰く交通の勢力, 曰く功名眼前にあり, 曰く労働者の保護, 曰く労働階級の状態, 曰く勝負は常, 曰く勞働者の保護, 曰く募集句は鳴雪子規, 曰く勤儉貯蓄の勵行, 曰く勲爵士即ち女神エヌス, 曰く化生のはじめ, 曰く北せんとする, 曰く北斎の特徴, 曰く北朗といふ男, 曰く北條方は三千七百六十人, 曰く北野天満神の廟, 曰く十二月十三日官報をもっ, 曰く十句の時, 曰く千とせぞ見ゆる, 曰く千兩の大, 曰く半ば人為なりとする, 曰くに方孝孺, 曰く南京陥落祝白川道太郎送別会忘年会と技芸評, 曰く南方の水軍, 曰く南軍飢えたり, 曰く南都北嶺の僧兵也, 曰く印度日耳曼民族が未だ, 曰くから月, 曰く冬此方へ, 曰く反動激発せる火花, 曰くを動かしすぎる, 曰く古来文化の進歩, 曰く古来歌といひ来りたる, 曰く古池の句, 曰く古河市兵衛の営業, 曰くなりと, 曰く史料其者の批評, 曰く右樣な譯, 曰く各国みなその国, 曰く同じ芸術家であり, 曰く同君の祖父某, 曰く同胞の新生, 曰く名山に入る, 曰く名所の特色いち, 曰く君たるに貴ぶ, 曰く君らの志, 曰く君乞ふ潛, 曰く君民共治の説, 曰く君近日頻りに法廷, 曰く否中に一物, 曰く吾上に母, 曰く吾今にし, 曰く吾十有五にし, 曰く吾周公の成王, 曰く吾子を以て異, 曰く吾復進貢せざら, 曰く吾斯を之, 曰く吾等此より安き, 曰く吾輩皆護衛の士, 曰く呉清源の対局料, 曰く周夷王所賜錦三百端と, 曰く周易一家言曰く読書五十年この五部, 曰くありと, 曰くを以て貴し, 曰く和尚誤れり和尚, 曰く和歌が古来, 曰く和田金の牛, 曰く和蘭国王は軍艦, 曰く哀楽は感ず, 曰く哀樂は感ず, 曰く品性なりと, 曰く唐曰く宋或は重厚典雅, 曰くと, 曰く唯物論の陥落, 曰く商工業国は極めて, 曰く啼く鳥を, 曰く啼くべからず啼かばすなわち, 曰くもある, 曰く善く之を, 曰く善哉それ貞潔は沙門, 曰く器機的の文明, 曰く噫天予を喪, 曰く四月には必ず, 曰く因縁イロハのイ, 曰く因縁御存じなき奥方, 曰く因縁故事来歴附の小僧, 曰く因縁木魚に聞いたら, 曰く囲棊は尭舜以, 曰くより梅, 曰く国体の自覚, 曰く国力強盛にて外夷, 曰く国庫の資, 曰く国教は政教一致, 曰く国民の元気充溢, 曰くに屋舍, 曰く園中の諸, 曰く園芸に対する嗜好是, 曰く園藝に對, 曰く圓一は阿, 曰く團十郎は新富劇, 曰く土地に用いられた, 曰く在野政党員たるもの, 曰く在野政黨員たるもの, 曰く地方分権の説, 曰く地獄の鋪道, 曰く坂上将軍東征の時, 曰く坂口の探偵小説, 曰く執着心のない, 曰く場所広くし, 曰く墓所に到り, 曰く壮士水碓を守りし, 曰く変宗親に起り, 曰く夏姫道を得, 曰く外交平和の説, 曰く外圍の關係, 曰く數政治とは, 曰く多妻はもとより, 曰く多情物資カヒモノスケベエとルビ, 曰く多数政治とは最も, 曰く大事去る吾輩万死, 曰く大人に説く, 曰く大奥の女中達七, 曰く大学の講義, 曰く大山祗其二女を邇, 曰く大村とは天狗倶楽郎, 曰く大槻玄沢が語りし, 曰く大王は韓非, 曰く大王臣をし, 曰く大院君の虐政, 曰く天下唯一の別格, 曰く天争曰く人争曰く心争なり, 曰く天何をか言わん, 曰く天地初発之時高天原に成りませる, 曰く天子の礼, 曰く天形弾丸の如く, 曰く天徳を予, 曰く天照太神出でし時に, 曰く天照太神心に独り謂, 曰く天照太神素盞嗚尊に詔, 曰く天皇機関説は単に, 曰く天神タンゴラ天より糸, 曰く天神地祇及び天皇証めたま, 曰く天道は下り, 曰く太古の民族, 曰く太古人民は天空, 曰く太祖の遺, 曰く太陽より之, 曰く夫人の子, 曰く夫子の道, 曰くにし, 曰く奇しき事も, 曰く女囚乳児の保育, 曰く女囚乳兒の保育, 曰く女子とは何ぞ, 曰く女王國の南, 曰く好い俳優は, 曰く好んで字餘, 曰く如かざるなり吾も, 曰く如し無道を殺し, 曰く如何にし, 曰くが兄, 曰く妾宅別荘さもなければ徒に, 曰く始めは水陸混沌, 曰く始め野口は騎馬, 曰くの過ち, 曰く姫路の展覧会, 曰くを持ちし, 曰く婦人に参政権, 曰く婦夫とする, 曰く嫌疑あり之, 曰く子政を為す, 曰く孔子は仁, 曰く孔子我を主, 曰く字餘りの, 曰く孟孫孝を我, 曰く学問の勧め, 曰く学術の微, 曰く学術技科の進闡, 曰くか, 曰く安然は東岳, 曰く或は重厚典雅, 曰く宋景濂朕に事, 曰く宜しく鋳たらを, 曰く実験と論究, 曰くを爲, 曰く家中新たに一群, 曰く家名を絶つ, 曰く家庭の幸福, 曰く宿のよしあし, 曰くはあれ, 曰く寧ろ一子を, 曰くの持腐れ, 曰くを射ん, 曰く將棊の發明者ペルシア王, 曰く小人閑居して, 曰く小胆褊狭毫も人材, 曰く小野俊太郎と死ね, 曰く小野頼風の妻化, 曰く少々怪しいもの, 曰く尚書省曰く中書省曰く門下省である, 曰く居庸は険隘, 曰く山の上に岩, 曰く山川の教育, 曰く山梁の雌雉, 曰く山田三造そう云う, 曰く巧詐は拙, 曰く已みなん已, 曰く巴東三峡猿鳴く悲し, 曰く常世の長, 曰く幕府曰く義理曰く人情みな争いである, 曰く平常心是道常, 曰く平気な人, 曰く年九十余今た, 曰く廣大にせられたる, 曰く建国以来未曽有, 曰くれたる, 曰く弊害までを考へ, 曰くに公案式, 曰く弗ざるかな弗ざる, 曰く張玉を失う, 曰く強き歌には, 曰く国の, 曰く当年八十四歳になります, 曰く当時日本の物品, 曰くの行者, 曰く彼らは人, 曰く彼衆く我寡, 曰く往昔の日本, 曰く往時にあり, 曰く後世丘を知らん, 曰く後者は前者, 曰く従政の自由, 曰く従来日本人の教育, 曰く御大層な事, 曰く心争なり, 曰く必ず竜なり, 曰く忍岡の東, 曰くに死し, 曰く思想の自由, 曰く性情の動作, 曰く性格的なる問題, 曰く恨むらくは, 曰く恨むることなかれ, 曰く恭喜すこれ個, 曰く趣味の, 曰く悪いことを, 曰く悲しきかも吾が, 曰く惜しいかな吾, 曰く想像もおよばず, 曰く意匠即調と云, 曰く愚民の宗教, 曰く愚父壮年之頃, 曰くむこと, 曰く慎矣慎矣人をし, 曰く慶長九年災多し先づ一, 曰く憂えず懼れざる, 曰く憲政党は大隈伯, 曰く憲政黨は大隈伯, 曰く懐疑主義とネ, 曰くる, 曰く我々の研究, 曰く我もと八人の女, 曰く我らゼルマン民族は欧洲大陸, 曰く我世に望む, 曰く我今子のため, 曰く我恨らくは石崇, 曰く我牧塲の現状, 曰く我等の本質, 曰く我罪を神明, 曰く我言を聽, 曰く我邦学問の独立, 曰くの道, 曰く戯曲の舞台性強調, 曰く所謂州壊の浮び漂い, 曰く所謂雑誌なるもの, 曰くをかけ, 曰く打ち込んで来れ, 曰く托鉢なら托鉢, 曰く扶南人喜んで, 曰く技師と云, 曰く風握, 曰く捨てておけ, 曰く掛麻久毛畏幾大神, 曰く揚杯祝願無他語, 曰く摩竭と鴦, 曰く撞著と誤解, 曰く播磨国風土記云々明石駅家駒手の御井, 曰く撮影がすっかり, 曰く支那刑法史曰く経子一家言曰く周易一家言曰く読書五十年この五部, 曰く政党にし, 曰く政党内閣は暫らく断念, 曰く政教すなわち哲学, 曰く政黨にし, 曰く政黨内閣は暫らく斷念, 曰く教正は上院, 曰く教皇は世界最強, 曰く教育曰く経済曰く法律曰く貿易曰く兵制なり, 曰く敢えて死を, 曰く亂心とは, 曰く数寄屋橋外に頗る, 曰く数年前ウーズ王の臣騎馬, 曰く数百年前この山, 曰く整理三に曰く調和四, 曰くれて, 曰く文学豈独り階級, 曰く文学美術にも品格, 曰く文明論概略曰く民間経済論曰く時事小言福沢君の著述, 曰く文章の利, 曰く料理の法, 曰く新劇団の旗揚げ, 曰く新富ずしの主人, 曰く新潟佐渡間は潮流, 曰く新聞記者の待遇一定, 曰く方丈の山東, 曰くはきめん, 曰く日仏艦隊ホノルヽ港外に於, 曰く日月輝を失ひ, 曰く日本人中その従来, 曰く日本国中には将軍殿下, 曰く日本音楽の改良, 曰く日本音樂の改良, 曰く昔明日香の地, 曰く昔時は鹿, 曰く昔獣を射る, 曰く昔赤染衛門若衆に化け, 曰く春信の用, 曰く春水の病急, 曰く時なほ早し, 曰く時事小言福沢君の著述, 曰く時間の問題, 曰くの石崇, 曰くに天台, 曰く普寧県に竜葬, 曰く景行天皇六十年十月帝甚だ悩む, 曰く晴明の判, 曰く暗黒時代である, 曰く暴動は政府, 曰く會話はあの, 曰く有つて奇麗にする, 曰く有りげなもの, 曰く朕皇天の命, 曰く朕蝦夷の身面, 曰く朝一家の人, 曰く朝鮮を得たる, 曰く木曾節曰く伊奈節共に信州自慢, 曰く未だ尽く読む能はず, 曰く未来が, 曰く本姓三国後藤原に転ず, 曰く本官は單, 曰く本間久は飜訳, 曰く村中つねにこの, 曰く村有財産の造成, 曰く杓子の会, 曰く杜甫杜子美杜少陵, 曰く来いさと, 曰く来る十二日控訴の, 曰く東国はもと, 曰く東洋に聖人, 曰く松島自身の披露, 曰く松沼の濱也, 曰く林外の夏花少女, 曰く果して然, 曰く柳下恵の風, 曰くやそれ, 曰く校正行届きたること感心也, 曰く桂正作は何らかの, 曰く桐楊の桐, 曰く桔梗の方, 曰くの前, 曰く梁冀兎苑を河南, 曰くは其, 曰く欧州の外交政略, 曰く欧米各国今日の議院, 曰くなる魔物, 曰く歌俳両者は必要上, 曰く正月一日を鶏, 曰く正直も事, 曰く正義は遂行, 曰く正造既に産, 曰く此両個の信仰, 曰く此子の洗礼, 曰く此度は决, 曰く此時天地相去ること, 曰く此時神色自若たりきとして, 曰く此條の解説冗長, 曰く此等の蝦夷, 曰く此船に乗り, 曰く此荘士当に其才, 曰く此説話は其根拠, 曰く武人の時, 曰く武士はすなわち, 曰く歳朔常に葦莢, 曰くの近づく, 曰く死せんには, 曰く死にたくないということ, 曰く死亡広告である, 曰くんど, 曰く残念プルウストはもう, 曰く殘念プルウストはもう, 曰く殿下爾したもう, 曰く今耕耘暇, 曰く民事の自由, 曰く民人あり社稷, 曰く民党たるもの, 曰く民間経済論曰く時事小言福沢君の著述, 曰く民黨たるもの, 曰く水藩に於, 曰く水道の水, 曰く永享七年十二月天野民部少輔遠幹その領内秋葉山, 曰く汝ら且く待て, 曰く汝何の姓, 曰く汝其身を愼, 曰く汝回と孰, 曰く汝大なる鳥, 曰く汝得之矣, 曰く汝死に至る, 曰く汝等予に従って幾年, 曰く汝等天鼓の唄う, 曰く汝職分として人, 曰く汝若輩シヽデンキウモンに私淑, 曰く汝顏に汗, 曰く決して結婚する, 曰くは発達, 曰く法律曰く貿易曰く兵制なり, 曰く浮世絵の翻刻, 曰く海上の風波, 曰く海神の宮, 曰く淨二・一一二にては愛, 曰くなり, 曰く清潔二に曰く整理三, 曰く清葉曰く令夫人で可, 曰く渠みずから焚死すと, 曰く渡辺を指し, 曰く温肉曰くポテトなり, 曰く滅亡にいたる, 曰く演技脚本装置これに見物, 曰く演歌調を狙, 曰く漢土においても詩, 曰く漢語にても俗語, 曰くの山道高拔, 曰くは最初二人, 曰く災害なから, 曰く無化して, 曰く無形精神上の文明, 曰く無念なり戰利, 曰く無意義然ら, 曰く熟蝦夷曰く麁蝦夷曰く都加留と, 曰く燕尾服着用と, 曰くふ者, 曰く爾先瞬きせざること, 曰く牛食は澆ぐがごとく羊食, 曰く牡丹咲の蛇の目菊, 曰く物体とはすべて, 曰く物質の消滅, 曰く物體とはすべて, 曰く犂牛の子, 曰く屠人, 曰く犯人はまだ, 曰くの話, 曰く狐狸もとよりかく, 曰くは熊, 曰く猟人猴が木, 曰く猪性触れ突く人, 曰くの会, 曰く猫往昔虎に黠智, 曰くり清虚, 曰くや鯔魚, 曰くよりは馬, 曰く王子の尊き, 曰く王者にし, 曰く固の, 曰く現代日本人の芸術, 曰く理念は現実, 曰く理想派を分ち, 曰くの中, 曰く甘藷は市場, 曰く生活の目的, 曰く用いらるれ, 曰く男子の中, 曰く画景を評し, 曰く畫伯では男, 曰く船日本の, 曰く病気は多分, 曰く病院の屠蘇牛乳, 曰く病院側が僕, 曰く白能く明府, 曰く百万石の聘, 曰く百日の, 曰く皇考太祖高皇帝百戦して, 曰く皮想的信仰破れて, 曰くぞ水, 曰く盛唐の詩集, 曰くきを, 曰く相互の尊敬, 曰く相当高い授業料, 曰くの智, 曰く眞道は自然, 曰く淵を, 曰く真理はなお, 曰く真美は唯, 曰く眠り足り何ぞ, 曰く眼底充血最後に当時, 曰く知る者は, 曰く知るべきのみと, 曰く知識及びその他, 曰く砲制洋砲と合せざる, 曰く徳なりと, 曰く社会党は祖国, 曰く祖宗の法, 曰くの國, 曰く神秘なり, 曰く神話は太古人類, 曰く神話学に関するミュルレンホフ, 曰く神輿の下る, 曰く神風伊勢国の百伝度会県, 曰くを学びたる, 曰く秀吉の時代, 曰く私書偽造ならびに醜悪, 曰く科擧の原則そのもの, 曰く穀物の用達, 曰く空気中の塵毛, 曰く空炭俵六枚十八銭古新聞十六銭, 曰く突厥の先, 曰く立憲政友会は伊藤侯, 曰く立憲政友會は伊藤侯, 曰く竜珠頷にあり, 曰く竺阿彌と, 曰く等しい資格で, 曰く筑後国風土記云々昔し棟木一株郡家, 曰くを教え, 曰く多きは, 曰く篤く三宝を, 曰く粋七分侠三分なり, 曰く粘膜という剽軽者, 曰くなり, 曰く紋章のない, 曰く細らかに其の, 曰く経子一家言曰く周易一家言曰く読書五十年この五部, 曰く経済曰く法律曰く貿易曰く兵制なり, 曰く経済生活は何等, 曰く結社の自由, 曰く綱目を読みし, 曰く網代は宇治田上, 曰く総じて奉行たる者あまりに, 曰くに饑ゑ, 曰く義理曰く人情みな争いである, 曰く習慣の力, 曰く僧往年本山に, 曰く老境ですよ, 曰く考証学の結果, 曰く聞け彼処に, 曰く肉体が衰え, 曰く肉汁曰く温肉曰くポテトなり, 曰く肥後守よりの上意也神妙, 曰く腐儒の空論, 曰く臣不幸元より多病, 曰く臥虎の二字, 曰く自らなして, 曰く自ら訓練せる小隊, 曰く自分は商品, 曰く自分達がこの, 曰く自殺さ, 曰く自然に禄, 曰く自由の説, 曰く至善の意識也, 曰く至親問う勿, 曰く舞台と見物席, 曰く色情の奴隷, 曰く色曰く高利貸ぢやらう, 曰く芝居は華やか, 曰く芭蕉翁當年かの家, 曰くに子, 曰く若い男女が, 曰く苦節未だ非, 曰く苦節伯夷を慕う, 曰く苦節貞くすべからずと, 曰く英仏交も琉球, 曰く英蘭ほど多額, 曰く茅山竜池中その竜蜥蜴, 曰くに二個, 曰く茶棚はあんな, 曰く萬有と萬念, 曰く蒸気機関の後, 曰く蓬髮歴齒睇鼻深目, 曰く蕪村派の俳句集, 曰く薩長曰く幕府曰く義理曰く人情みな争いである, 曰くを暴, 曰く虎四郡を経すべて千二百人, 曰く虎汝四足あり我, 曰く虎豹幽に, 曰く虎頭を持つ, 曰く虚子の云, 曰く蝦夷は幾種, 曰く衆之を悪, 曰く衣服などは持っ, 曰く裁判の執行, 曰く襯衣を洗濯, 曰く西光寺の和尚さん, 曰く西北の辺務, 曰く西周氏の哲學, 曰く西越後の村, 曰く西軍敗れなば, 曰く覆水盆にかえらず, 曰く見どころがあっ, 曰く見ねえ年明だ, 曰く見よこの稜堡, 曰く親子で遊ばれる, 曰く親者之を割け, 曰く言論の自由, 曰く記實にあか, 曰く記憶術より一層, 曰くを承はり, 曰く試驗任用法なるもの, 曰く詩聖ホーマーの如き, 曰くに言う, 曰く誠にしかなり, 曰くあり, 曰く読書五十年この五部, 曰く調といふ語, 曰く調和四に曰く趣味此四つ, 曰く談理を嫌, 曰くふ言, 曰く論者は余輩, 曰くの人いたずら, 曰く諸人の随わんこと, 曰く諸王の雄, 曰く講和するに, 曰く謹愼の二字實, 曰く謹慎の二字, 曰く惟に, 曰く豊作の年, 曰く豊玉姫出で見, 曰くを求め, 曰く貨幣の用達これ, 曰く賈は, 曰く責任能力ある人, 曰く宗の, 曰く貴女がた, 曰く貿易曰く兵制なり, 曰くなるかな, 曰く賢者位に在る, 曰く購買販賣組合や信用組合, 曰く趣向は陳腐, 曰く趣味此四つを経, 曰く足下髪を長く, 曰く身分不相応この二つ, 曰く身分相応曰く身分不相応この二つ, 曰く車夫の言, 曰く軍人社会の輿論而, 曰くの異なる, 曰く輦轂の下, 曰くは国, 曰く近いうちに, 曰く近ごろ聖恩を蒙っ, 曰く近代の反動的風潮, 曰く近年学術の進歩, 曰く通例の和服, 曰く造型的な力量, 曰く逢茶喫茶逢飯食飯親に孝行, 曰く連帯性なんていう, 曰く進行近視眼曰く眼底充血最後に当時, 曰く進香は皇考禁, 曰く運動の変化, 曰く運命流行の原則, 曰く過去の勢力, 曰く過去世に群鶏林中, 曰く過激論曰く腐儒の空論, 曰く過般日本より欧州, 曰く行なわれずんば, 曰く道士あり犬, 曰く道家者流は蓋し, 曰く道衍永楽十六年死す, 曰く遠くて近き, 曰く選挙権および被選挙権, 曰く邪睨邪視なり, 曰く邪馬臺國は不, 曰く郭公である, 曰く都加留と, 曰く都城百雉を過, 曰く深雄, 曰く釈迦像の光背, 曰く野猪の叢中, 曰く金川門の守, 曰く金形馬に似, 曰く釣れますかなどと文王傍, 曰く鉱山の発見以来金, 曰く銘仙一ぴきの代, 曰くで一杯, 曰く鏝塗りの形, 曰く長上に抗する, 曰く長洲の磯也, 曰く門下省である, 曰く開化せる民族, 曰く関東に二つ, 曰くの物, 曰く陳太なる貧人, 曰く陸奥の事, 曰く隋文揚広は父子, 曰く隠居制度は亡国, 曰くを索め怪, 曰く隱居制度は亡國, 曰く雅潔簡遠と, 曰く集会の自由, 曰く電光とは單, 曰く靈鳥はその, 曰く青山雲水の窟, 曰く青年は未, 曰く青年團體の活動, 曰く非常に貧弱, 曰く面白き事を, 曰く面部は僅, 曰く韓国は曾, 曰く韓國は曾, 曰く頂上に大, 曰く年兵を, 曰く風雨晦し鶏, 曰く風靜に露, 曰く飛島の湊也, 曰く飛電頻々として戦勝, 曰く飛鳥川である, 曰く飢者既に死, 曰くを喰, 曰くの肛門, 曰く馬琴は童話, 曰く駒之助と云, 曰くの族, 曰く驚く人曰く平気な, 曰く骨董屋である, 曰く皇帝好く, 曰く高利貸ぢやらう, 曰くは琵琶, 曰く魚瞰鶏睨李善以為えらく魚目, 曰くの道, 曰くはわれ, 曰くと蟹, 曰く鹿蜀虎文馬なり云々, 曰く麁蝦夷曰く都加留と, 曰く麗しき壮夫の, 曰く黄子澄となし, 曰く黄金百万緡は門前, 曰く黒船の沿海, 曰く黙阿弥の作, 曰く鼠寿三百歳なり百歳, 曰くPCLの便所