青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「桃~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~根拠 根拠~ ~根本 根本~ 根柢~ 格~ 格別~ ~格子 格子~ 桂~
桃~
案~ 案じ~ ~案内 案内~ ~案外 案外~ 桐~ 桑~ ~桜 桜~

「桃~」 1798, 19ppm, 5907位

▼ 桃~ (684, 38.0%)

49 花が 36 花の 23 枝を 18 木の 1714 ような, 花を 12 実の, 木が 11 花は 10 木に 9 実を 8 木は 7 刺青は, 實の 6 木を

5 [11件] やうな, ように, 実が, 小枝, 木の下に, 枝に, 樹の, 花と, 花に, 花も, 葉を

4 やうに, 刺青を, 木, 木山椒の, 皮を, 花でも

3 [13件] お節句, グラスカスター, ゼリー, 下に, 中から, 咲く時分, 子三つ, 枝の, 枝は, 様に, 樹が, 液を, 葉で

2 [28件] にこう, 下枝を, 下葉, 刺青の, 句と, 實を, 方の, 日落ちたり, 木で, 木と, 木などが, 林の, 果汁の, 核子を, 煮たの, 畑が, 皮と, 紅は, 繁り葉末葉, 肉が, 花かと, 花した照る, 花だ, 花びらが, 花盛り, 芽を, 話を, 酒を

1 [257件] ある間, うす青, うつる白妙, おん堂も, お節句以来, かんづめだったのだ, かんづめは, かんづめを, ことで, ことも, ごとくなれる頬, ごとく眉, ごとし而, さうし, それの, ために, つぼみが, つぼみに, つぼみを, とばりか, なる桃, まぢ, むいたの, やうで, ようで, カンヅメを, パイが, ベコニヤが, 一条は, 一枝が, 一枝であろう, 一皿は, 七年, 下を, 下路を, 並べて, 中に, 中には, 中雪洞の, 二人, 会の, 供養笑顔うつくしい, 先生と, 八村とは, 刺青, 刺青が, 刺青も, 割れたるが, 割れ目の, 匂いの, 古小路, 古木に, 名を, 名所だ, 名所と, 名所としても, 和毛を, 咲いて, 咲くの, 咲く二階家, 咲く頃, 坂の, 夕月へ, 外には, 天を, 夭, 契りは, 契りを, 媚桜の, 子, 子に, 字を, 実, 実ぐらいな, 実で, 実と, 実はこの, 実は市, 実は途中, 実や, 実りの, 実るところ, 實, 實てえ, 實と, 實に, 實は, 小径手拭首に, 小路を, 小道を, 幹に, 幹や, 幹を, 形を, 影さす, 影の, 影法師, 影浮き, 影薄, 御所, 御所の, 恵投に, 描て, 数個が, 方が, 方という, 方へ, 方を, 旗を, 日南の, 春が, 春だった, 昼に, 月, 木しげる, 木だけを, 木といふ, 木には, 木の下で, 木の下の, 木の下を, 木の葉が, 木も, 木杏の, 木若かだち, 本町の, 本鶴廬, 林が, 林に, 林は, 林を, 果実が, 枝が, 枝だった, 枝で, 枝と, 枝ふく春の, 核の, 核ほどの, 核子やら, 根は, 根へ, 梢に, 極く, 樣に, 樹で, 樹であった, 樹なども, 樹なりが, 樹に, 樹は, 母親が, 民俗を, 汁を, 流れし, 流れ来りし, 湯という, 湯に, 漿を, 煮方, 熟した, 燃ゆる, 畑である, 畠も, 皮の, 盃絵雪洞桃の, 盛りも, 砂糖漬から飛ん, 神秘の, 立喰, 笑みて, 節供の, 紅い色, 紅李の, 組といった, 絵の, 繪を, 缶詰が, 缶詰を, 聰明さの, 肌への, 腐れたので, 膚の, 花から, 花ぐらいの, 花さえ, 花さかむ, 花さき, 花さく大和路に, 花したてる, 花しだいに, 花それから, 花だけ, 花ちる, 花であり, 花です, 花とでも, 花とも, 花な, 花なんぞを, 花びらだけ, 花びらを, 花ほろり, 花までが, 花や, 花より, 花一輪とは, 花咲く, 花咲ける, 花垣根の, 花木で, 花油菜の, 花片そこに, 花片とともに, 花片なり, 花盛りと, 花菜の花青麦, 花見は, 花雛白と, 芽が, 芽延びる, 苗を, 若木あり, 若木の, 茂りの, 茂り葉, 菓子器か, 華の, 落花を, 落葉よ, 落葉を, 葉が, 葉の, 葉や, 蔭で, 蕾が, 蕾と, 蕾は, 蕾を, 虫だ, 言葉を, 話の, 赤白の, 赤黒いデブデブ, 連想から, 酒でも, 鉢を, 鑵詰の, 露花の, 頃初, 頭は, 顆の, 顏は, 類では, 食いかけが, 食いぐあいから, 魔除け

▼ 桃~ (113, 6.3%)

3 買って, 買ふ 2 見ると, 食って

1 [103件] うすく切つて砂糖, くれた男, こまかく切つて砂糖, ささげもち, しっかり握りしめ, たくさん食った, たべたので, とられると, とるだに, とるより, のせた皿, ひそかに, ひろい上げて, ふらんす, むしゃむしゃと, もいで, わけようもの, ポケツトの, 一人に, 一束買っ, 上げるから, 下男に, 両手に, 二つ三つ賣, 二つ皿に, 偸んで, 八つ並べた, 割って, 加え桜桃, 助けること, 包んだそのもの, 半分種の, 取って, 取つた, 取ろうと, 口に, 口一杯に, 含み乙姫さま, 含んで, 呼んで, 問屋や, 喰うて, 喰つた, 噛り, 噛る, 多く植, 多分に, 好むらしく思われる, 寝させてから, 川下から, 引き出して, 怖るる, 怖れず, 投げて, 持たしたい大, 持つて, 指すの, 捧げんと, 掴んで, 摘むの, 擁護する, 敷いて, 枝から, 栽え, 植えた, 植ゑた農家の, 欲しがった, 活ける, 浮けつる瓶子, 煮て, 産する, 盗もうとしては, 盗んだとて, 盛った皿, 眺めて, 移し二人, 窃んで, 終生描きつづける, 継木した, 縛つた日にや, 縛る前, 縛る外, 腹一ぱい食う, 見ずんば, 見たいと, 見つけて, 見て, 見に, 見渡すといふ, 誘拐すか殺した, 買うため, 追ふと, 配ったから, 配ったところ, 酔心地よく, 里に, 重そう, 阿蘭, 食った男, 食べたおい, 食べて, 鬼が, 齧り笑いながら

▼ 桃~ (54, 3.0%)

2 あつた, 実と

1 [50件] あしらって, あって, あります, ある, あるだろう, いつぱい, おほかむつみ, そこへ, でき葡萄, どんぶらこ, ながれて, ぱッと, まだ咲い, みずみずしい色, よく育つ, わたしに, 一つ, 上品で, 下手人だ, 二つどんぶらこ, 今晩中に, 吹く頃, 咲いたか, 咲いたに, 咲いたほど, 咲く, 咲く李, 墜ちて, 多かった, 家の, 小児科の, 帰つて来た, 探つたり, 明日の, 来て, 殆ど同時に, 沢山咲揃っ, 活けて, 流れて, 流れる, 盆の, 紅く咲い, 紅く夏, 聽いた, 蕾を, 見せた, 見渡す限り, 連翹が, 間も, 飛んで

▼ 桃いろ~ (50, 2.8%)

52 にふくれ, に光る, のうつくしい, の月, の火

1 [35件] ちりめんの, と緑, な日光, にいっぱい, にいつ, にぎらぎら, にし, にぼやけ, に燃え, に燃える, に赤らみ, のい, のよごれた, のカード, のシャツ, のスウエター, のスカアト, のスカート, のパラソル, のリボン, の丸木艇, の乳首, の封筒, の紙, の肌, の肛門, の脚, の舌, の花, の薄紫, の首根っこ, や青, をした, 廿銭が, 珊瑚は

▼ 桃~ (49, 2.7%)

1 [49件] いか, いつもの, うまく根, お勝手で, そのまま裏漉し, その後どう, ただの, ないか, ほんのりと, ぽんと, また, まだしも, もうそんなに咲きました, もと鬼, 一体不思議, 一應下手人の, 三千年に, 下の, 何とも言, 其の音, 力が, 又口, 姿が, 小さく固く未熟, 小さく緑色, 少し遅れました, 少し遲, 市川中山越ヶ谷や, 彫刻としては, 彫刻に, 既に熟し, 春の, 暖かい九州地方, 未熟な, 果実を, 果物の, 桃であり, 済んでしまつ, 無事で, 玄関の, 生きて, 白桃が, 皆様ご存知の, 相不変, 良い形容詞, 越ヶ谷が, 遅い, 風に, 默つて頭を

▼ 桃~ (45, 2.5%)

3 の中 2 との間, を出

1 [38件] あり, あり古梅園, あれど, があった, があつ, が今, だの桑畑, だ不規則, っ, って, って知っ, であったと, ではまだ, で働い, という村, と菜花, に出で, に聞きました, に非, のある, の一部遙, の名, の在る, の地妖, の家, の弟子, の村, の花, の蕾, の見晴らし, は之, へ入っ, もあり, よりゃ面白, を人, を尋ね当てる, を逍遙, を逍遥

▼ 桃割れ~ (42, 2.3%)

6 に結っ 5 に結った 3 の女 2 をかしげ

1 [26件] が乗, だ, だけれ, と振袖姿, にかけたつまみ, には四分, にゆった, に紫紺, に結, に結い, に結った見すぼらしい, に結つた, に結つて, に結つて貰, のかつら, の似合う, の娘, の少女, の方, の髪, の鬘, もワッ, を結っ, を緋もみ, 白い歯, 立兵庫横兵庫おしどり

▼ 桃~ (40, 2.2%)

3 桜の 2 八つ手の, 柿の, 桜が, 梨などの, 梨を

1 [27件] こぶしが, すももが, すももの, ネーブルほし, 天津桃なら, 李と, 李の, 李は, 李やの, 杏が, 杏の, 杏や, 杏を, 松や, 枇杷が, 林檎や, 栗や, 桜や, 梅を, 梨と, 梨の, 梨や, 椿が, 胡瓜の, 藤の, 蛤の, 躑躅や

▼ 桃~ (35, 1.9%)

2 に一種, のごとく

1 [31件] が満開, すでに散じ, で桃樹, に埋め, に寄せ, に応じ, の, のごとき, の一片, の下, の中, の奧, の如く六瓣, の媚び, の寝床, の尾, の手綱, の散らぬ, の林, の田端, の粧, の觀, の趣, はまた, は八村, は繚乱, よりも寧ろ, を照, を見る, を點, 依旧

▼ 桃~ (33, 1.8%)

3 一時に, 桜も 2 やっぱり食

1 [25件] あちこちに, おいしかつ, こうした東京, その娘, そろそろ笑い出した, ただ枝, つく処, りんごの, 一しょに, 三分の一ほど, 亡き孫娘, 交って, 去年あたりから, 咲いて, 山吹さえも, 必ず同, 李も, 杏花も, 櫻も, 次ぎ次ぎに季節, 氣が, 胡桃も, 鄙めく, 長く持たせよう, 食べられないの

▼ 桃~ (32, 1.8%)

3 いって 2 一緒に

1 [27件] おまちがえ, なり松, トマトの, トマトを, 下女の, 両方で, 云ふ, 人と, 冷やし焼酎, 妍を, 或調和, 書いて, 李の, 柳は, 柳を, 桑一千株紀念の, 桜の, 梨で, 櫻を, 白との, 百など, 股桃と, 花菜の, 話しあって, 調和させよう, 連翹を, 違つてとても

▼ 桃~ (32, 1.8%)

2 似て, 見る, 見ると

1 [26件] お茶を, しろそんな, せよ我々, はばかる, 似たり, 向って, 引きつけられて, 影も, 李に, 柿を, 白桃水蜜桃が, 砂糖を, 立ちざま, 米踏む, 米蹈む男かな, 羊かんに, 腐りが, 薄霞朱鷺色絹に, 見るあの, 見る桃, 言ひつけ, 較べて, 限らず他, 顏か, 鳩の, 齒を

▼ 桃~ (26, 1.4%)

3 のほう 2 は言った, は頭

1 [19件] いい心持ち, がそれ, が今, が先, が手酌, が溢れる, に三円, の前, の帰っ, の話, は, はした, はまるで, はプッ, は先方, は口, は答えた, は首, を乗せた

▼ 桃~ (25, 1.4%)

2 がある, であつ

1 [21件] が掛け, だった, でなければ墓場, で街燈, に一日, に下りられる, の万朶, の中, の前, の向う, の多い, の女, の家, の畔, の端, の草, の角, も今, も黒く, を前, を庭

▼ 桃~ (21, 1.2%)

1 [21件] がたった, が云い, が笑い, が絶えず, だけにひろ子, だの, であった, とも一人, と里栄, のいたずら, の半襟, の袂, は一番自分, は文楽人形, は着物, は知らん顔, は章子, は笑い出し, も居合わせ, を中心, を苦笑

▼ 桃花坊~ (20, 1.1%)

4 のあたり 2 でわたくし, のあの, の火, の炎上, はその, は寝殿, へ上りました, も中御門

▼ 桃花村~ (17, 0.9%)

2 のある, のこと, の方

1 [11件] がきらきら, がこれ以上, が静か, といつも, はかすん, へ向い, へ行ける, をながめ, をながめた, を指し, を罩め

▼ 桃から~ (16, 0.9%)

4 生れた桃太郎 2 山桜へと, 生れたので, 生れたん 1 出たか, 子供が, 桃太郎, 生まれる話, 生れた人, 生れて

▼ 桃花心木~ (16, 0.9%)

4 の小さい 2 の卓, の卓子 1 のテエブル, の円卓, の戸棚, の書机, の柵, の椅子, の色, やチーク

▼ 桃~ (15, 0.8%)

1 [15件] が四方, という号, といふ人, と馬琴, にとって追, にどの, の仏教, の仏道, の心, は, は宗教家, は履践, は意気地, を俳道, 翁が

▼ 桃でも~ (11, 0.6%)

2 虫が 1 さうし, その字面, それに, ない混, 天津桃でも, 梅でも, 流れて, 煮れば, 瓜子姫の

▼ 桃牛舎南玉~ (9, 0.5%)

1 いよいよ牧, が一つ, ってこれ, という講釈師, と申し, と申します, の住居, は其方, 這って

▼ 桃われ~ (8, 0.4%)

2 が善く 1 だの結綿, にゆった, の前髪ゆ, の娘, の少女, やつぶし

▼ 桃盗人~ (7, 0.4%)

3 の人形 1 が見えない, の人相, の細首, を叩き斬った

▼ 桃金花~ (7, 0.4%)

2 と薔薇, の花綵 1 との森, や薔薇, を折っ

▼ 桃林和尚~ (6, 0.3%)

1 が尋ねます, が御, が答, といふ年, の機嫌, はその

▼ 桃~ (6, 0.3%)

1 いろいろ植わたし, が何処, と花, などという洒落れた, の壇, 色々の

▼ 桃~ (6, 0.3%)

2 は早く 1 の名, を焚き, を知らない, を飲み

▼ 桃さん~ (5, 0.3%)

1 あんなに痩せた, がね, が來, が知つて, といふの

▼ 桃~ (5, 0.3%)

1 こと, といっ, とか富士山, と物色, のの

▼ 桃~ (5, 0.3%)

1 が資産家, の, はお, は甲州, も発奮

▼ 桃~ (5, 0.3%)

1 で汲む, で諸味, を使う, を持っ, を袋

▼ 桃~ (5, 0.3%)

1 あって, ありて, あり二人樹下, の下かげ, の天明八年

▼ 桃~ (5, 0.3%)

1 が落花, の上流, の岸, の支流, の水

▼ 桃金嬢~ (5, 0.3%)

1 と白薔薇, の下生え, の冠, の林, もて飾り付け

▼ 桃とを~ (4, 0.2%)

1 夢みて, 翳した喜び, 買って, 食って

▼ 桃やら~ (4, 0.2%)

2 桜やら 1 咲いて, 櫻やら

▼ 桃~ (4, 0.2%)

1 が咲き揃っ, などの紅, などの花, の実

▼ 桃紅色~ (4, 0.2%)

1 のハンケチ, の洋服, の海月, の褌

▼ 桃雨氏~ (4, 0.2%)

1 が借りた, に帰し, の宅, は俄

▼ 桃~ (3, 0.2%)

1 杏か, 桜か, 梨か

▼ 桃ちゃん~ (3, 0.2%)

1 が乗っ, もそろそろ, も御

▼ 桃~ (3, 0.2%)

1 実も, 戸守り符を, 真紅な

▼ 桃という~ (3, 0.2%)

1 字とは, 字に, 話も

▼ 桃といふ~ (3, 0.2%)

1 人も, 語は, 題を

▼ 桃とか~ (3, 0.2%)

1 あるいは乾葡萄, 杏とか, 牡丹杏とか

▼ 桃などは~ (3, 0.2%)

2 あまりケチ 1 とても家庭

▼ 桃なら~ (3, 0.2%)

1 ばよかろ, ば皮, ば砂糖

▼ 桃には~ (3, 0.2%)

1 実りの, 虫が, 魔除け

▼ 桃~ (3, 0.2%)

1 あかきに, の人, の卓

▼ 桃~ (3, 0.2%)

2 を飾り 1

▼ 桃~ (3, 0.2%)

1 が法螺丸, が目黒, という男

▼ 桃千代~ (3, 0.2%)

2 と云う 1 なんて舞妓さん

▼ 桃~ (3, 0.2%)

1 と称した, に与えた, の句

▼ 桃~ (3, 0.2%)

1 を思わせた, を投げ, を抱き

▼ 桃~ (3, 0.2%)

3 の間道

▼ 桃~ (3, 0.2%)

1 が開けた, へ入る, もあります

▼ 桃白桃~ (3, 0.2%)

2 の影 1 お嫁さん

▼ 桃~ (3, 0.2%)

1 といったらしい, に代った, をその

▼ 桃~ (3, 0.2%)

2 なので 1 に梅雨柳

▼ 桃花猫~ (3, 0.2%)

1 と呼ばれた, と命じた, の伝

▼ 桃花鳥~ (3, 0.2%)

1 だと, でなくやや, は蛇

▼ 桃龍はん~ (3, 0.2%)

1 ちゅうたら, の泣き面, は何

▼ 桃いろふかし~ (2, 0.1%)

2 春も

▼ 桃こつち~ (2, 0.1%)

1 へ來い, 來い

▼ 桃さお前~ (2, 0.1%)

1 がなるなら, は会津

▼ 桃だの~ (2, 0.1%)

1 杏だの, 水仙だ

▼ 桃でなけれ~ (2, 0.1%)

1 ばなるまい, ば山桜

▼ 桃とも~ (2, 0.1%)

1 柳とも, 言うまい横しぶき

▼ 桃にも~ (2, 0.1%)

1 似て, 水蜜桃と

▼ 桃~ (2, 0.1%)

1 紅葉は, 美妙斎は

▼ 桃より~ (2, 0.1%)

1 多い程, 濃い色

▼ 桃乾棗~ (2, 0.1%)

1 などを持っ, 及び薬種その他宝石類

▼ 桃介さん~ (2, 0.1%)

1 の心, の眼

▼ 桃介氏~ (2, 0.1%)

1 と縁続き, の後援

▼ 桃~ (2, 0.1%)

1 のある, はあ

▼ 桃~ (2, 0.1%)

1 に移つて, の鶏長

▼ 桃~ (2, 0.1%)

1 との親, の質問

▼ 桃林橋~ (2, 0.1%)

1 が落ちた, の辺

▼ 桃~ (2, 0.1%)

1 てえ講釈師, と云う

▼ 桃~ (2, 0.1%)

1 などを張り子, などを張子

▼ 桃~ (2, 0.1%)

1 で, を設け

▼ 桃沢花~ (2, 0.1%)

2 という縫子

▼ 桃花文庫~ (2, 0.1%)

2 も滅んだ

▼ 桃花木~ (2, 0.1%)

1 の寝台, の貞操帯

▼ 桃~ (2, 0.1%)

1 に行, に行か

▼ 桃都山~ (2, 0.1%)

1 といふ大きな, に大桃樹

▼ 桃金花の木~ (2, 0.1%)

1 にてつくれる, にて造れる

▼ 桃青翁~ (2, 0.1%)

1 を見る, を除く

▼ 桃龍たち~ (2, 0.1%)

1 がよっ, の声

▼1* [195件]

あっち行け大きな, 桃いろなのには, 桃かと思つたら, 桃かなんぞのように, 桃ぎんなんの木, 桃こっちへ来い, 桃さくらなかゆく, 桃しら桃枝あまた, 桃しろかれな, 桃じゃ無え家康公の, 桃すなわちフトモモという, 桃すもも籠にすみれ, 桃それよりももつ, 桃だけぢや, 桃だけはこの辺, 桃だろうとも言う, 桃ちゃんこれ読むと, 桃ちゃん当分あっちから通う, 桃ちゃん金ちゃん仁王さん猿面冠者に清正公, 桃ちりこぼれ, 桃やありません, 桃であったが後, 桃であり花は, 桃であるかない, 桃とかの酸類と, 桃とがへって, 桃として有名な, 桃とて人の, 桃とでサパーの, 桃とは近くに, 桃と共にかの張騫が, 桃など引合に, 桃などが実った, 桃などの風景に, 桃なる一大美觀を, 桃なんぞは煮ると, 桃に対する信仰の, 桃に関する信仰に, 桃はもッと, 桃ひとつ彫りゃしないわ, 桃ふふめるをいまだ, 桃ほど甘味は, 桃よりも小さくて, 桃われゆへるしばらく, 桃われ髪が行儀, 桃を以てす之, 桃救援ニ息ヅク思ヒアリキ, 桃一人だ, 桃一樹しげりも, 桃三個並べて, 桃三士を殺す, 桃喰梨の, 桃並びに其に, 桃にはカタ, 桃と三郎, 桃丸三歳になる, 桃丸八歳とあります, 桃夭, 桃也馬鹿のする, 桃乾棗類また地方, 桃乾肉の類, 桃乾葡萄及び絹物, 桃二粒を添, 桃五六粒と一緒, 桃仔園で戦死, 桃仙境がある, 桃は極度, 桃以来妙な関係, 桃を擾, 桃ノ塊リアリテ, 桃信濃柿のよう, 桃とても, 桃六六十じばかりの, 桃割れ達が賑やか, 桃割れ銀杏返しの美人, 桃南天賓などの黒焼, 桃及び麻の, 桃吉御殿とよばれた, 桃吉春本万竜照近江お鯉, 桃含桃荊桃がある, 桃咲きにけり, 桃喰バ虫け, 桃噛つてつと鼻, 桃のもの, 桃もたっしゃ, 桃実る梢越え, 桃寺冬さりくれば, 桃山吹山桜が盛りであった, 桃市川の苺, 桃成るな, 桃命捨つるかや, 桃散り桜散り, 桃木蘭藤山吹牡丹芍薬と順々, 桃李白樺欅厚朴木蓮の類, 桃杏一時に開く, 桃林それまでは及ばず, 桃林なほ花を帶びたり, 桃林契悟禅師その号, 桃林契悟禅師号は残夢, 桃林子の宅, 桃林案内と云, 桃林野郎の私, 桃栄螺などを彫った, 桃栗三年の柿, 桃栗三年三歳だよ, 桃栗何年とか云われる, 桃栗柿大得意, 桃桜林檎梨すもも一度にこの, 桃桜溌と輝く, 桃桜瀬戸の万戸, 桃の実は, 桃梅椎の木や楡, 桃まるめろの, 桃梨柿枇杷の如き, 桃梨橙楡躑躅蜜柑というよう, 桃椿山吹夏蜜柑紫陽花柘榴金木犀枇杷山茶花等四季の花, 桃楡その他チベットの異様, 桃樹下に百鬼, 桃檜その他日本に見られない, 桃いろ, 桃氏等の催し, 桃へ迂回, 桃湯冬至の柚湯, 桃湯同様に廃止, 桃源武陵の生活, 桃溪街道を通っ, 桃澤奥島二氏と安濃津, 桃牛舎南玉一世一代此世の名残, 桃牛舎南玉十八番の芸, 桃畑北は桑畑, 桃畑梨畑の間, 桃くわ瓜, 桃を作, 桃の小連翹, 桃節供に必ず, 桃紅梅椿も桜, 桃紅色服水色服扇影簪光参差として床, 桃色っぽくときには水, 桃色づくめの, 桃花ハ水ヲ逐フテ流ル, 桃花取次に開く, 桃花坂に葬る, 桃花塢に設け, 桃花嶺に竹, 桃花庵といふ別業, 桃花庵品花宝鑑意外縁殺子報, 桃花心木色の半, 桃花心木製だし, 桃花木作りだった, 桃花村一帯のかげ, 桃花毛と名, 桃花水の毒, 桃花江一帯にはこの, 桃花流水杳然トシテ去ル, 桃花流水沓然去, 桃花流水門前に到れ, 桃花源の記, 桃花灼然たり, 桃花畑に照り, 桃花相映紅, 桃花箋に詩, 桃花粉とやらいう, 桃花郷があつ, 桃花雨中に媚び, 桃花馬を逸せり, 桃花鳥色である, 桃の句, 桃苺等を培養, 桃葡萄梨粟枇杷蜜柑のたぐい, 桃の狐, 桃貰つたのひよえつと口, 桃赤松柳あやめつつじ, 桃輔お前からも話してよう, 桃輔桃輔いい心持ち, 桃通りか, 桃といふ世にも, 桃も始め, 桃というところ, 桃配りという名, 桃配りといってな家康公, 桃配山に本営, 桃酔軒と号, 桃なる稻葉宙方, 桃が, 桃隣新宅自画自讃, 桃雨石山桂山石井得中の五氏, 桃雨諸氏と共に刊行, 桃青居士の誇張, 桃青翁松島に遊び, 桃忽ち, 桃館蔵沢の墨竹, 桃鴻池の伊助, 桃の呪, 桃黄紫の色, 桃龍自身の通り