青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「桂~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

根~ ~根拠 根拠~ ~根本 根本~ 根柢~ 格~ 格別~ ~格子 格子~
桂~
桃~ 案~ 案じ~ ~案内 案内~ ~案外 案外~ 桐~ 桑~ ~桜

「桂~」 1193, 13ppm, 8539位

▼ 桂~ (167, 14.0%)

22 冠を 5 木の, 離宮の 3 冠と, 冠は, 葉, 里の

2 [15件] 丸木の, 冠, 大樹を, 字が, 手を, 木, 木が, 木に, 枝に, 池に, 瑠璃子夫人と, 葉の, 遊女を, 院で, 院へ

1 [93件] この場合, ために, ちょっと振返った, つづきを, つもりである, なかや, ほかに, ような, 一喝に, 一流を, 一葉は, 上に, 中の, 二少年は, 云い出しで四人, 仕事を, 住家を, 住所を, 余木を, 冠が, 冠だけは, 冠も, 冠銀の, 別荘の, 前髪を, 勢力は, 叢林を, 君にも, 場合です, 大木に, 大木の, 大木や, 宅に, 実にこぼれ, 家で, 容貌かくまでに, 寺に, 川の, 川水に, 庵の, 影はの, 径二尺余の, 御所を, 性能を, 愛らしい緑, 手引で, 手遊を, 方が, 木欅の, 本琴糸女, 枝の, 枝へ, 枝まつはりたるに, 枝を, 棟, 橋の, 灰色の, 父が, 父に, 生活の, 眉皓齒恰も, 眞鹿兒矢の, 籬に, 花, 落葉と, 葉などと, 葉は, 薄霞, 袖垣に, 諸川が, 謎は, 謎を, 辺に, 返辞が, 遊女の, 都を, 里から, 里での, 里との, 鋭さきびし, 院という, 院とかへ, 院の, 院を, 離宮に, 離宮や, 離宮名古屋の, 顏を, 顔を, 顔様子, 類から, 風葉を, 香に

▼ 桂~ (91, 7.6%)

6 燈籠を 3 顔を 2 うけ取り, 乾からびぬ, 失望し, 春彦夫婦に, 臆せず, 走り寄りて, 錯覚でした, 頼家の, 顏を, 黄の

1 [62件] いつの間にか脚絆, うまそう, ここで, そのまま机, その序文, その間も, それじゃ, ちがうが, ついに西国立志編, ぺらぺらと, ほどよき場処, また倒れる, また凱旋, まだ其船, わざと酔った, 一度西国立志編, 中位の, 互いに往来, 仮面の, 何か, 倉の, 假面の, 僕無二の, 先に, 入口に, 凡人だろう, 即興の, 又倒れる, 唇の, 固唾を, 堪えずすすみ出づ, 堪へずすゝ, 声を, 女中に, 居るか, 平気で, 彼に, 微笑を, 手招きし, 手紙の, 折れぬ霜, 旗の, 時間ぎれを, 書籍ばかりを, 木犀である, 桂で, 涙の, 玉にて, 突然いっ, 立って, 笑いながら, 紙と, 船に, 茶を, 草花を, 計画どおりに, 詩人の, 錯覚では, 長州節を, 閉口そうに, 露八の, 黙って

▼ 桂~ (63, 5.3%)

3 と久子, はそれ, を連れ

1 [54件] がぽつりぽつり, がカヨ, が勤めてる, が取りつけ, が尋ねる, が帰っ, が書置き, が来た, が松竹, が神田, が禿頭ふり, が素足, が遊び, が面白かっ, しかゐず, で行く, とのみ, と河辺, に, にはよく, に代らせる, に囁く, に水島道太郎, に言った, に預け放しだった, の収入, の始末, の所置, の珍演, の盗賊, はいい, はよい, は一旦, は久子, は冷酒, は判断, は思った, は意外, は打ち捨て, は眉, は硝子, は老母, は考えたい, は胸, は言った, も久子, も吉岡専務, も来り, も知っ, も起き, や久子, 去りしこと, 来り南, 来るお

▼ 桂三郎~ (47, 3.9%)

3 が自殺, の死体 2 の死んだ, はそんな, は言った, を紹介

1 [33件] が死ぬ, という養子, といっしょ, と妻, のよう, の一件, の家, の書斎, の死, の死因, の自殺説, の説明, の顔, はそう, はちょっと, はのっしり, は一体, は何ん, は嗤, は大阪, は実子, は応えた, は暗い, は有名, は矢張り離屋, は私, は縁側, は自殺, は讃美, は静か, も素直, を怨み抜い, を賞め

▼ 桂~ (44, 3.7%)

3 と篠崎君 2 はそう, は学校, は自分

1 [35件] がうむ, がけっして, がそうして, が中村さん, が手まねき, が答えました, が肩, じゃア, ですが, という人, といっしょ, とがぼそぼそ, ともうひとり, と二番め, のお, のことば, のところ, の一組, の怪談, の背中, の腕, はがまん, はだんだん, はてきぱき, はまた, はもう少し, は何, は全身, は夢, は大胆, は少年探偵団, は怪談, は物かげ, は肩車, を先頭

▼ 桂~ (43, 3.6%)

2 [17件] がのぼせる, がはじめて, がもと, が今, が思ひやり, が熱, が耳, が親切, といふ見事立派, ならず運, ならぬもの, はかく, は了簡, は故郷, は東京, よりは六つ, 拍子ぬけ

1 が未來, が未来, が顏, が顔, という学生, はつく, はつくづく, 此処に, 此處に

▼ 桂~ (38, 3.2%)

3 にせよ, の作品, の場合

1 [29件] が対象, が文章, が自分自身, とのおそろしく, とを組み合し, にある, にし, のその, の作風, の写実的態度, の写実的方法, の写生態度, の味方, の場合適当, の描く, の現在, の現実的, の絵, の絵画勉強, の腹, の象徴的方法, はまだ, はシンボリスト, は何, は象徴主義者, ほどの画壇的, も鶴, を批難, を画学生

▼ 桂さん~ (37, 3.1%)

2 のお

1 [35件] から口止め, が一所懸命, が引返そう, が指, が白木, が自分, が間もなく, じゃありません, そうなる, たあ, だって武市さん, だの曾禰さん, である, という人, といふ漢方, と来たひ, と来たら, と武市さん, に御, に逢っ, のま, の世話, の収入, の姿, の死後, の煎薬ぐらゐではいつかな, の結綿島田, の考慮, はほとほと, はまだ, は勢, は腫物, は袖, もぜひ, も桂さん

▼ 桂~ (27, 2.3%)

2 とめは, 見て

1 [23件] うくる, かざして, たよりに, はねだすと, みかえる, みかへる, 代王, 側近く召仕い, 宿の, 折つらん, 折りし人, 折れ一輪, 栽ゑてゐるので其一株を, 繰り上げる, 見たという, 見たとたん, 見たの, 訪ねると, 読んだのでね, 読んでるの, 謂ふ, 責め立てて, 這つて此処に

▼ 桂内閣~ (27, 2.3%)

2 と衆議院, と衝突, は彼等, は解散, も乃至, を屈服

1 [15件] お得意, がそれ, が倒れた, が猫撫声, が猫撫聲, ごときでは, と戦はし, と戰, と政友会, と政友會, に対していろいろ, の憲政擁護運動, の時, の暴政, は戦争

▼ 桂班長~ (19, 1.6%)

2 がやつ

1 [17件] がこの, がぷりぷり, が眼, と一緒, と共に自動車, に会つた時, に気に入らなかつた, の予想, は例, は努め, は小高い, は県長, は返辞, は鎮江, も同じ, も打合せ, も配下

▼ 桂~ (18, 1.5%)

2 燈籠を

1 [16件] つぐ漢人, 当るもの, 感心する, 歩が, 申し付けよう, 異様な, 私が, 行く, 見えた, 訊いた, 転じたの, 遇って, 違いない, 錯覚し, 錯覚しなかった, 額まける

▼ 桂小五郎~ (18, 1.5%)

2 もこの

1 [16件] といった一連, と伊藤俊輔, と共に薩長連合, と武市半平太, と申人, にもそそのかされ, に似, に似た, に送り, の如き, の幾松, の横顔, の眼, は屋上, は池田屋, や五代友厚

▼ 桂~ (17, 1.4%)

1 [17件] あるから, くれた金, さきへ, 云うと, 何と出る, 僕の, 刀を, 呼ぶと, 奔命し出し, 将棋以外の, 斎藤塾の, 欣七郎とともに, 歩の, 漸く着物, 相手の, 身長より, 長州へ

▼ 桂~ (16, 1.3%)

2 楓は

1 [14件] きめて, はねた, 三十八歳で, 云はれ, 同じもの, 呼ぶ港, 土肥八十三郎とは, 斧四郎とは, 武市とは, 歩であった, 申す事, 読んだの, 露八とだけが, 頼門の

▼ 桂~ (16, 1.3%)

2 では平野町, に五人, の女房, の家族, へよめ, へ知らせ 1 にいる, にかぶさ, にかぶさっ, にゐる

▼ 桂昌院~ (15, 1.3%)

1 [15件] が戌年生まれ, が随分, であった, というの, との大奥, の孫, の湯水, の腹, はこの世, は将軍, は我が, は綱吉, をもいくた, を信じさせ, を初め

▼ 桂~ (14, 1.2%)

1 [14件] があつ, がする, が巫女, である, と称した, と称する, と言, などは, の桂まき, の被る, は, は巫女, は深く, 由来記

▼ 桂斎先生~ (14, 1.2%)

1 [14件] が答えた, に対して何, に逢いました, のため, の出入り, の家, の左, の疵, は心得, は斯, は決して, は流行医者, も飛んだ, をたのむ

▼ 桂正一君~ (14, 1.2%)

1 [14件] がおもおもしく, がじ, が出あった, が護衛役, が養源寺, です, という少年, と篠崎始君, にささやきました, の声, はおびえる, は電車一駅, は養源寺, や羽柴壮二君

▼ 桂和尚~ (13, 1.1%)

2 のところ

1 [11件] にいはれる, のとこ, のゐる, の方, の春風, はきいた, はけろりと, はさ, はその, はふ, は笑つて

▼ 桂正作~ (13, 1.1%)

1 [13件] である, という男, に似, のごとき, のよう, の家, の父, の計画, はその, は何らかの, は武士, は活きた, を支配

▼ 桂離宮~ (13, 1.1%)

3 も見た 1 が単純, とどこ, と同じ, などをよい, のやう, の書院, の玄関前, は小堀, もほんと, を拝観

▼ 桂~ (9, 0.8%)

2 の心臓 1 が報知新聞社長, が政友会, だ, のため, の立看板, は報知新聞, を応援

▼ 桂屋太郎兵衛~ (8, 0.7%)

1 が子供, というもの, の事, の公事, の刑, の女房, の子, の子供

▼ 桂屋太郎兵衞~ (8, 0.7%)

1 が子供, と云, の事, の公事, の刑, の女房, の子, の子供

▼ 桂~ (8, 0.7%)

2 の竜眼肉 1 の人, の監郡, は今, へ往, へ行きました, も洋州

▼ 桂~ (8, 0.7%)

1 に行き, の月見, の病床, は幻想, は高知近郊, へ上がっ, へ行かれる, も含まれ

▼ 桂首相~ (8, 0.7%)

2 に手 1 に就い, に提出, の心理解剖, もありあり, よし伊藤老侯, を夢

▼ 桂~ (7, 0.6%)

1 これ程馬鹿, つづいて, また平然, また終に, 倉の, 数え年の, 暫くは

▼ 桂太郎~ (7, 0.6%)

2 の三氏 1 が内大臣, が内閣, と好い, は色, を思わせた

▼ 桂~ (7, 0.6%)

2 の三郡 1 にいる, には趙範, の占領, の城, へ攻め寄せる

▼ 桂~ (6, 0.5%)

2 と直接, よりも外務大臣小村男, を政府

▼ 桂少年~ (6, 0.5%)

1 のさし, はその, はまるで, はやみ, は怪物, もこの

▼ 桂~ (6, 0.5%)

1 かね薬, のもと, の匂, はた没薬, は余りに, 甘松

▼ 桂~ (6, 0.5%)

1 が, が少し, に, はその, は何事, は庭

▼ 桂~ (6, 0.5%)

1 という風, となる, の如し, を, をもて, 之下

▼ 桂院様~ (6, 0.5%)

1 がお, が仰し, と仰せられまし, のお供, は一度, は四月

▼ 桂ちゃん~ (5, 0.4%)

1 に小遣, の夫, の母親, の片手, の雪

▼ 桂文楽君~ (5, 0.4%)

1 がやってくる, が若手, と私, に聞いた, は当時

▼ 桂~ (4, 0.3%)

1 こよひ, 二木秋の, 出て, 椈の

▼ 桂~ (4, 0.3%)

1 とに依, と所見, の説, は嘗て

▼ 桂~ (4, 0.3%)

1 という医家, という町医者, という藪医者, の医者坊主め

▼ 桂~ (4, 0.3%)

1 の声, の馬, もこの, もそれ

▼ 桂河辺~ (4, 0.3%)

1 に居, に散, に来, の土地

▼ 桂~ (4, 0.3%)

1 である, に至り, の学, の末流

▼ 桂~ (4, 0.3%)

2 の諸氏 1 で二十枚百文位, の徒黨

▼ 桂華二人展~ (4, 0.3%)

1 でもよく, のとき, は老, ほど私

▼ 桂華氏~ (4, 0.3%)

1 などは何れ, には風筆, の作品, の場合

▼ 桂~ (3, 0.3%)

1 とか志士, よ, よく見りゃ

▼ 桂~ (3, 0.3%)

1 あつたな, 変つてゐた, 茫然たる

▼ 桂という~ (3, 0.3%)

1 同級の, 所に, 極感の

▼ 桂~ (3, 0.3%)

1 のおとしだ, の寵妾, の愛妾

▼ 桂~ (3, 0.3%)

1 と何物, を奪い, を振られ

▼ 桂~ (3, 0.3%)

1 五郎及井藤春助ラ大, 南に, 文枝

▼ 桂川中良~ (3, 0.3%)

1 と共に姓源珠, の桂林漫録, も亦

▼ 桂文楽~ (3, 0.3%)

1 はまさしく, へ何, を伴

▼ 桂春團治~ (3, 0.3%)

1 が, でも必ず, は平常

▼ 桂~ (3, 0.3%)

1 に至っ, の南, の帥

▼ 桂~ (3, 0.3%)

1 なる者, はその, はひとり君前

▼ 桂清水~ (3, 0.3%)

1 で手拭, で手拭拾, とか言う

▼ 桂~ (3, 0.3%)

1 に吩咐, はいい, はすぐ

▼ 桂から~ (2, 0.2%)

1 同棲の, 沓掛老

▼ 桂さんたち~ (2, 0.2%)

1 は来た, もそぞろ

▼ 桂だの~ (2, 0.2%)

1 沢栗だの, 沢胡桃だ

▼ 桂~ (2, 0.2%)

1 橘よとも, 汝は

▼ 桂ハネ~ (2, 0.2%)

1 が第, が頭

▼ 桂三木助氏~ (2, 0.2%)

1 をわが, を訪れ

▼ 桂中納言~ (2, 0.2%)

2 に化け

▼ 桂~ (2, 0.2%)

2

▼ 桂介夫婦~ (2, 0.2%)

1 と二人, は経済的

▼ 桂~ (2, 0.2%)

1 などは正, も現

▼ 桂公爵~ (2, 0.2%)

1 に仕え, の人格

▼ 桂~ (2, 0.2%)

1 と云, の墓誌銘

▼ 桂君たち~ (2, 0.2%)

1 の手がら, の目

▼ 桂~ (2, 0.2%)

1 がいま, へ

▼ 桂大姉~ (2, 0.2%)

1 である, は直

▼ 桂太博士~ (2, 0.2%)

1 と中井猛之進博士, をはじめ皆

▼ 桂子爵~ (2, 0.2%)

2 の手

▼ 桂~ (2, 0.2%)

1 をし, を著

▼ 桂~ (2, 0.2%)

1 とし, に登る

▼ 桂~ (2, 0.2%)

2 同王

▼ 桂梅水~ (2, 0.2%)

2 とを服用

▼ 桂~ (2, 0.2%)

2 を渡り

▼ 桂次今日~ (2, 0.2%)

2 も明日もと友達

▼ 桂~ (2, 0.2%)

1 といい, と改名

▼ 桂清浦等~ (2, 0.2%)

2 の一派

▼ 桂~ (2, 0.2%)

1 にほど近き, の波止場

▼ 桂走り出~ (2, 0.2%)

2

▼ 桂~ (2, 0.2%)

1 には散, に多く

▼ 桂陽城~ (2, 0.2%)

1 には世, を奪っ

▼1* [160件]

あたりの販婦, 桂あるいは阿貴, 桂お前も此父親, 桂かな子夫人も名古屋, 桂かん治爺さんの姿, 桂さんアノ一寸和尚様に告げ, 桂ざこば桂助六, 桂だったんです, 桂だろうということ, 桂であると確信, 桂であろう黄色い落葉, 桂ではない, 桂といふ老女が, 桂とが最も主要, 桂とであつた, 桂とともにうまく食事, 桂とは巌桂を, 桂どうした怪我, 桂どのを申, 桂なし海松ぶさささ, 桂など生ひ茂り, 桂なるら, 桂には錯覚が, 桂にもよく解っ, 桂はざまの大工, 桂ひとり昼から来, 桂行つても, 桂ほど書籍を, 桂まきである, 桂もぞッと, 桂よりは賤し, 桂をば非凡なる, 桂を以て御飾りと, 桂似テ香シ, 桂ヨリ来書アリ其儀ニ曰ク両国論ヲ合テ云々ト, 桂一郎岩尾慶三郎高田実柴田善太郎中野信近などが加わっ, 桂三分考へて, 桂三木助五代目小さん君らみなひと方ならない, 桂三郎自殺す, 桂三郎自身の口, 桂二郎さんに引, 桂五八金左五六飛四八金上ル七九馬五七金スグ同, 桂五郎氏は満, 桂までにある, 桂介それに大西, 桂介君が僕, 桂介氏は即興曲, 桂介病休と思ひし, 桂介等は六時, 桂佐久間克三郎等あり因州, 桂侯爵の逝去, 桂先生はおどろかれました, 桂公爵夫人加奈子も名古屋, 桂という旗下, 桂助六のあの, 桂千曲川の細石, 桂千枝萬枝潤ひ龍姿雷聲白雲, 桂博士に獨逸語, 桂又は気多川奥の, 桂及びラミイ即ち, 桂吉安藤正純田川大吉郎伊藤痴遊というそうそう, 桂吉氏の九谷窯, 桂和尚さんで, 桂四四歩までき, 桂四段などはよく, 桂圓枝この噺, 桂大将の寵娘, 桂大納言源経信である, 桂大臣の邸, 桂太郎一人です, 桂太郎内務は内海忠勝, 桂夫人は知らぬ顔, 桂子女菩薩女人に反感, 桂宮院に納め, 桂の屋敷, 桂小五郎両人の晴れやか, 桂小五郎久坂義助など幕吏, 桂小五郎以下の長, 桂小五郎先生まで相達申度, 桂小五郎揮亳を需め, 桂小五郎様に頼まれた, 桂小五郎氏等の通辯, 桂小五郎等を泊らせ, 桂小南が電気踊, 桂尾山勝福寺といふ寺, 桂山元簡である, 桂山元簡楽真院は, 桂山毛欅樫槻大木大樹の其の, 桂山鳥の尾, 桂川地藏記に御地藏, 桂川筋で一座, 桂川辺の一村落, 桂広繁が守り固め, 桂とでもいう, 桂ダラ沢胡桃アサヒハナウリ, 桂文吾写しのきわめつけなりし, 桂文団治などもその, 桂文我の門人, 桂文楽君所蔵の圓朝, 桂文楽師匠のところ, 桂文楽春風亭柳好の両君, 桂文歌を頼ん, 桂文治らが春木座, 桂斑長は, 桂内閣の, 桂新免河島の所領, 桂昌院殿の御内使, 桂春団治であると, 桂春團治立花家花橘などがその, 桂暴虐民を苦むる, 桂木の葉のない, 桂などいふ, 桂林一枝のよう, 桂林坊の悪, 桂林寺町早山かもんのす, 桂林漫録を引き, 桂林県洋州は今, 桂柏槙欅椋檜楓伽羅山梨漆樫等の木立, 桂の大木, 桂樹挂り, 桂樹楼波川ながしと共に, 桂橡カラ松などの木材, 桂正一少年はそう, 桂正作不思議と出, 桂に達する, 桂河原の佐比, 桂浜といへる郷里, 桂海律師と細工, 桂海老団治は岡村, 桂濱行きと昨日, 桂班長並に受持教師, 桂田富士郎氏から一本, 桂なるらん, 桂米団治の, 桂米朝君その他文学徒の落語家, 桂自身でもそう, 桂を簪, 桂花開送遠, 桂華あたりを一人加, 桂華岡にある, 桂華徳街の百○参号, 桂華神泉といつた, 桂華論としては批評, 桂と云, 桂谷道と道程標, 桂の路, 桂里辺の散, 桂重鴻博士のそれで, 桂陰君が某時, 桂陽城奪取に馳せ向った, 桂陽武陵と取っ, 桂面倒だから, 桂頗多因乞一株八月十三日静宜亭宿題, 桂を以て自ら, 桂香飛車角九ツの歩, 桂馬飛せさせむと肝, 桂五百丈下, 桂のごとき, 桂は唐, 桂鳥羽わたり巡錫