青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「格子~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~根 根~ ~根拠 根拠~ ~根本 根本~ 根柢~ 格~ 格別~ ~格子
格子~
桂~ 桃~ 案~ 案じ~ ~案内 案内~ ~案外 案外~ 桐~ 桑~

「格子~」 2706, 29ppm, 4008位

▼ 格子~ (908, 33.6%)

37 外から 36 外に 33 前に 29 外へ, 間から 27 中に 20 中へ 19 中で 16 中から 14 内に 11 中の 10 上に, 前で 9 前へ, 外には 8 外で, 開く音 7 あく音が, 外の 6 うちに, ところで, ところへ, 内から, 前の, 外を 5 ところに, なかで, 中には, 中は, 中を, 窓に, 隙から, 隙間から

4 [12件] あいだから, すき間から, はまった窓, まえに, ような, 前まで, 向うに, 方へ, 窓から, 間に, 間より, 音が

3 [11件] なかに, まえには, 下の, 傍に, 内の, 前には, 前を, 外は, 外まで, 奥に, 様に

2 [45件] うちで, かげで, かげに, そとまで, そばに, ところから, ところは, なかの, はまった二階, まえを, やうな, 上の, 下に, 中が, 中より, 何とやら, 側に, 具合を, 内と, 内は, 半纏を, 咒文別れの, 家が, 嵌った窓, 左右に, 底の, 扉が, 扉の, 方を, 書記に, 横手は, 浴衣に, 潜りの, 目から, 窓が, 窓と, 窓の, 窓を通して, 締を, 蔭に, 角を, 鈴が, 鐸の, 音も, 音を

1 [322件] あいだに, あいて, あく音とで, あく音を, あたりも, あるしもた屋, ある家, ある毛織地, ある派手, ある高い, うちには, お内儀さんぶり, お召の, かけぶとん, ことなど, ごときもの, さきに, すきから, すきま, すき間と, すぐ前, そとから, そとで, そとに, そばで, ちかくまで, ついたその, ついた四間四方, ついた木箱, ついた腰高窓, とこに, ところであった, ところまで, ところを, とびら, ないしも, ないところ, ない窓, なかにさえ, なかには, なかは, なかへ, はづれと, はまったうら猫, はまったご, はまったしも, はまったその, はまった一つ, はまった人家, はまった小さい, はまった小さな, はまった平家, はまった部屋, はまった黒い汚い, はまつた, はまつた三尺四方の, はまつた二階三階の, はまつた二階家で, はまつた二階建てで, はまつた医院の, はまつた店の, はまつた窓口へ, ほうを, まだ開かない, むこうへ, もう可, やうに, わきに, をと笑い, エプロンを, カタンと, カナメ垣の, ズボン, タオルの, テーブルかけや, ハンティングを, ワンピースにともの, ワンピースを, 一つに, 一味徒党とは, 一小, 一部分で, 上から, 上で, 上丁度, 下から, 下ちょうど, 中, 中では, 中土牢に, 中央の, 中柄の, 丸い敷板, 丸帯を, 二枚戸が, 二階建が, 二階建だった, 五寸釘で, 人影も, 仕切りが, 件の, 伊達巻で, 伊達巻を, 低い門, 側の, 傍へ, 先で, 入つた北国風, 入つた階下, 入口に, 入口も, 内, 内で, 内なり, 内へ, 内へも, 内らまで, 内を, 内側で, 内側に, 内側には, 内側を, 内柄にも, 内部は, 内部を, 冬合服木島あたりで, 処へ, 出入り口を, 出窓に, 出窓の, 前あたり, 前掛, 前鈴の, 割烹着を, 化け損ねた, 半纒, 単衣, 博多の, 口へ, 古い御堂, 右が, 右上に, 向うで, 向うは, 向こうに, 向こうを, 向ふで, 呼鈴が, 問題と, 噂で, 塀が, 外と, 外なりし, 外へは, 外側に, 外庭口の, 大どてら, 大門の, 太い鉄棒, 奥から, 奥では, 奥な, 奥の, 奥へと, 奥を, 奧にて, 奧の, 女郎を, 娘お, 娘が, 娘の, 家, 小便臭い, 小窓, 小粋, 屋敷へ, 嵌ったしも, 嵌った丸窓, 嵌つた薄暗い, 嵌めて, 嵌戸, 巨船, 帯も, 帯を, 帯揚に, 幅だけを, 広袖に, 店先を, 庵室様の, 彼女じゃ, 後に, 後へ, 後ろから, 後ろで, 後ろに, 意気造り, 懸金, 戸じ, 戸を, 戸袋の, 戸颯と, 所に, 扉から, 手前へ, 手触りも, 揃いの, 敷居ぎわまでつめよってその, 敷居に, 敷居を, 明くの, 暗い処, 木に, 木の, 東海棲料理店の, 東海樓は, 板が, 板戸を, 柳が, 桟に, 桟の, 棒に, 概念を, 模様の, 横へ, 横木戸から, 檻に, 檻の, 止め釘を, 泥跡とを, 無いところ, 牛太郎にまで, 牢屋は, 玄関が, 瑕って, 瑕でも, 異名ある, 畳から, 目に, 目の, 目は, 目も, 眞ン中に, 真下には, 真中に, 眼の, 着ものを, 着物も, 穴を, 窓, 窓からは, 窓には, 窓にも, 窓にわ, 窓も, 立ち話では, 箝つた窓, 箝つた窓などは, 箱の, 簾の, 籬を, 紙の, 網扉が, 縁が, 縞を, 縞御召に, 縞羅紗の, 羽織を, 背広に, 腹心の, 荒いやつ, 薄物に, 衝立の, 表つきの, 表格子, 袴には, 裏なる, 裏の, 裏を, 裡には, 裾が, 褞袍に, 襦袢を, 襲撃振りは, 見えるの, 見える上り口, 角に, 角の, 詰開き, 謎を, 財産, 透から, 透き間から, 透し彫り, 透間から, 銘仙の, 錠へ, 錠を, 門扉が, 門構えは, 門衛室の, 閉ぢる, 閉る, 開いた樣子, 開く気配, 間々から, 間からでも, 間は, 間を, 間造りで, 附いた小家, 隅つこ, 隙に, 障子の, 障子は, 音, 音で, 音は, 音玄関の, 風だ, 鳥籠で, 黄と, 鼠不入の

▼ 格子~ (562, 20.8%)

43 開けて 35 あけて 22 開けると 15 あけると 12 あけた 8 開けた 6 閉めて 5 がらりと, ガラリと, 外して 4 出た, 隔てて 3 く, 上げて, 入れて, 叩いたの, 後に, 明けて, 潜って, 締めた, 透いて

2 [40件] あけた婦, あけては, あけようと, あける音, あらく開けた, おさえて, おたたき, くぐって, くぐると, そっと開け, ついて, はめた窓, 一本, 丁寧に, 内から, 写真で, 出て, 出るの, 切って, 叩いて, 叩く音, 打つた窓, 打つて, 控えて, 洩れて, 源氏が, 締めると, 脱した, 見上げたり, 足で, 釘付けに, 閉めた, 閉めに, 閉めるの, 開いて, 開けかけましたが, 開けます, 間に, 隔て, 離れて

1 [291件] あくれ, あけ, あけさせたり, あけたまま, あけたり, あけた時, あけながら, あける者, あけッぱなしにしやあがって, あけ放した, あけ畏, あげた, あげて, あらし廻る事, あららかに, あるいて, うしろ手に, うたった唄, おいて, おとづれしなり, おろさないで, おろしたの, おろして, お上げ, がたぴしと, がら, がらがら, がらがらツ, きッ, くぐった, くぐったの, くぐらなくなった, くぐるに, くぐるわけ, けたたましく叩き, こじっても, ことことと, こわし屋根, しつかと, しめきると, しめさて, しめて, しめる音, しめ丁度, しめ小林, すっと入っ, するりとぬけ, そっとあけた, そっと開き, そろりと明けた, た, たたいたの, たたいて, たたき揺すれど, ただ一刀, つかんで, つくって, つらねた芳屋, とおして, のぞいた途端, はめたもの, はめた大阪風, はめた宏壮, はめた表, はめて, はめ樫, ひやかしに, ひらき操, ぴしゃり, ぴしゃりと, ぴしやりと締め, ぴしッと, ふさいで, へだてて, またいで, まともに, もぐつて部屋, やぶりました, ゆすって, ゆすぶって, ゆする, ゆするの, カチカチ叩い, ガタガタさせた, ガタガタやっ, ガタピシさせる, ガタピシやっ, ガラガラと, ガラリバタリ, ギッチリ組み立てた, コトコトと, ソロリと, チアランと, ノックする, 一尺ばかり, 一尺近くあけなけれ, 一度に, 一本入れよう, 一本外し, 一間だけ, 三本までは, 上げさせて, 上げさせなかったらなるほど, 上げさせ御簾, 上に, 下ろして, 下ろしながら, 両手で, 乗り越え小僧達, 乘り越え, 二本叩き斬つ, 二枚モロに, 二間ほど, 五六本バラバラッと, 五六軒見た, 仄に, 仰ぎ視た時, 作るという, 入った, 入って, 入ろうと, 写真種板に, 冷かして, 出てから, 出でて, 出る, 力任せに, 動かした位, 動く, 勢ひよく開け, 勢よく, 取りはずして, 叩いたもの, 叩いたり, 叩きながら, 叩きましたが, 叩くならまだしも, 叩くやう, 叩く者, 唄った唄, 啓け, 啓ける, 啓る, 四五間ずっと, 圧え, 塗り込んだ百姓家風, 境に, 外から, 外されちや, 外したぢ, 外した様子, 外した樣子, 外し鼠, 外すとか, 外すの, 女郎屋の, 宵の, 嵌めた瓢箪形, 嵌めた箱, 嵌めた長方形, 嵌められ床, 引掻いて, 引開け, 引開けた, 引開ける, 張りまわし, 後ろに, 戸閉した, 手荒く開けた, 打ち付け四方, 打った肘, 打つた腰高窓, 払った土牢, 押しあげたので, 押したり, 押し上げずに, 押へ, 拭いたり, 拭いて, 拭きますよ, 持って, 持つ特殊, 指しました, 振り向いて, 捉え力儘, 捉へ, 排け, 排けた途端に, 控へて, 掴むと, 握って, 揺すること, 搖す, 搖ぶりました, 撫でて, 撫でながら, 斜下から, 早くおろし, 明けなかった, 洗つて居ります, 洗はせ, 洩れる月光, 滑り下りて, 滲まして, 潜つて庭の, 潜つて暗い, 潜りながら, 用心の, 留めた釘, 皆おろし, 破らんと, 破り出でん, 破るなんて, 磨いて, 磨かせるよう, 磨き居間, 穿けて, 突いて, 突き破って, 立てた, 立てた中仕切, 素見した内, 細目に, 組んで, 締めました, 締める時, 締め悩む, 繞らしたる, 腹掛を, 自身で, 見ました, 見廻して, 覗くとともに, 覗くまでも, 越して, 跨いだ, 蹴つて, 蹴開いて, 蹴飛ばして, 蹴飛ばすと, 透かすと, 透しては, 這入つたところ, 通りぬけること, 造りつけること, 造り冬村, 鎖し固めて, 閉じて, 閉めなかつたので, 閉めようと, 開いた, 開き, 開きける時, 開く音, 開け, 開けかけて, 開けたの, 開けたばかり, 開けたらうお, 開けた時, 開けた時氣, 開けた門口, 開けつ放したま, 開けては, 開けながら, 開けなければ, 開けはじめた, 開けました, 開けようとして, 開ける, 開けるが, 開けるたび誰, 開けるまでも, 開けるん, 開ける世話, 開ける事, 開ける先生, 開ける時, 開ける音, 開け妾, 開け深夜, 間の, 隔てた上, 隔てた覚束, 離れあ, 離れる直前, 静かに, 音ずれかけた, 顎で, 黒く染め抜いた, 黒赤く

▼ 格子~ (241, 8.9%)

15 手を 11 なって 7 つかまって, つかまつて 4 掴まって 3 つかまりながら, なったとこ, なつた

2 [20件] しが, しがみついて, すがって, ならんだ台所, 取りすがりながら, 取りついて, 引いたもの, 手拭を, 搦み, 烟草の, 獅噛みつい, 生首が, 結は, 縋って, 肱を, 辿り着くの, 錠を, 鍵を, 顔を, 黒い船

1 [148件] あてて, あるもの, いた会田屋, いた女郎, かけた青簾越し, く, くびだけのせて, さして, しがみつきました, したもの, して, すがった, すがりついた吉之助, すがりついて, その半身, たって, ちょいと, つかまった, つかまったまま, つかまつたま, つかまらして, つけた, つけて, とびつきました, なった炬燵蒲団, なっては, ぬれ手ぬぐい, のこされた一輪, のび上, はさんで, ひたと額, ぶつかって, ぶらさ, ぶるさがって, むかって, ゆらゆらと, よりかかって, よりかかり, よろめいて, サーちゃんが, ダラリと, チリンと, 一致する, 三間土間雑多な, 並べた, 仮泊する, 何か, 凭れて, 切髮か, 動くか, 区切られたまま, 区切られた牢屋, 半分雨戸を, 取縋った父, 取縋りながら, 口を, 向けた, 圍まれた, 坐りはじめた, 夕顔の, 多くの, 宵の, 寄せて, 寄り合うて, 寝て, 帯を, 引つ掛けたま, 必ず突き当る, 戻しました, 扉に, 手紙を, 押しつけて, 括し, 括ったり, 括り付けられて, 挾んで, 掛けたまま, 掛けた手, 掛けられないこと, 掴まつて, 掴まり街, 新のれん, 日を, 曲げた両, 朝顔が, 来て, 板の, 渡さなければ, 澤山お, 煌々と, 猛然と體當, 瓦家根右の, 白地浴衣を, 着いて, 磨きが, 突き當つたのです, 突き當つてポンと, 立って, 立てかけて, 簿記帳が, 紙が, 紙を, 組んで, 結えること, 結ばれるの, 結びつけられたおみくじがようやく, 結ぶ筈, 結んで, 絡まつたま, 絡みついて, 絡みついで, 絡んだま, 絡んだまま, 絡んで, 縁に, 縋った, 縋りて, 縋り付いたま, 縋り付いて, 縋るやう, 縛って, 縛つたのです, 縛り付けて, 美しい顔, 背が, 背中を, 脱いで, 蟋蟀を, 西陽が, 見立てまた, 貼り付いて, 身體を, 近づくと, 通して, 逢わなければ, 遊び三年, 遮られて, 金網を, 釘を, 銀色の, 錠が, 隙間の, 障子に, 雙手を, 額を, 飛び付いて, 駈けより, 鼻面くつつけ

▼ 格子~ (219, 8.1%)

16 開いて 9 はまって 7 がらりと, 開いた 6 あいて 4 あって, ある, はめて, 嵌って 3 あいた, ついて, 開く音

2 [16件] あつた, あつて, あるに, ある上, がらがらと, すらりと, とりつけて, ばら, 何の, 外せるか, 外れますよ, 折れたり, 組まれて, 荒々しく開い, 開いたので, 開く

1 [117件] あいたと, あく音, あけて, あの通り頑固, ありお, ありそこ, ありその, ありその間, ありそれ, ありまして, あるから, あるん, うか, からりと, しづかに, しまって, すぐがらりと, すっかりはまっ, すっかりはめられ, そつくり外れる, たった一つ, ついてる様, ついてを, とって, どつ, なく入口, はいってる座布団, はまつてを, はめられて, はめ込んで, ぴたりと, ほんのちょっと, まだそのままに, もう少し細かく, わけも, ガラガラと, ガラリと, シーンと, チリンチリンチリリリリンと, 上げたまま, 下ろして, 二三寸許りあい, 二間ほどだけ, 五本も, 作られまた, 入ったそれ, 全部わくに, 出て, 出来てを, 前へ, 半分だけ, 半分ほど, 半分開い, 厳重に, 取り付けて, 取外しの, 回して, 固く鎖し, 外れます, 奥深くしずまっ, 奧深く, 威勢よく, 寒々と, 少し開いた, 嵌めて, 帰って, 床下の, 張って, 彼の, 彼等を, 打って, 打つて, 打つてあつ, 文次の, 斜に, 明いた, 明いて, 明く, 明るくなっ, 暑くるしく掛っ, 朱塗りであった, 横に, 殺されたら俺, 殺されて, 滑ると, 無いので, 無気味に, 狹いから, 皆おろし, 皆上がっ, 皆上げられ, 見えるばかり, 見事に, 豪傑でも, 身分を, 軽く鳴った, 這入って, 鋭利なる, 閉った, 閉る, 開いたと, 開いたら兎, 開かないと, 開き, 開きこちら, 開きそう, 開きました, 開きソプラノ, 開き人, 降されその, 静かに, 颯と開く, 高い音, 鳴って, 鳴りがたぴし, 鳴る, 黒いという

▼ 格子~ (85, 3.1%)

3 のある, のところ, の上, の下, の中, の外 2 からその, から脂粉, があつ, が一つ, のそば, の直ぐ, は恐ろしく

1 [53件] からすぐ, からぬ, からは路地, から凄い, から外, から子供ら, から河向う, から洩れる, から秋, から薄い, から覗き, から覗く, があります, がある, が半分, が開い, だけのうす暗い, だけの薄暗い, で入口, とにおそらく漠然と, にくくりつけ, になつ, には窓, には風鈴, に世, に手, に朱色, に眼, に腰掛け, に身, に近づい, のさき, のついた, の一部, の内, の出ッ張り, の前, の向う, の向こう, の奥, の平屋, の油障子, の続いた, の裾, の障子, へ, や街灯, をその, を仰ぎ, を切り, を明けた, を眺めやり, を開けた

▼ 格子から~ (82, 3.0%)

3 出て 2 これを, 外を, 手を, 抜けて, 立つて, 覗くと, 顔を

1 [65件] うす暗い奥, かすかな, ちらっとこっち, でも, ながめた向かい, はいって, はなして, やっと手, ドス黒い, 一つ突っ込ん, 一歩そとへ, 一間も, 一間以上離れた, 中へ, 今出た, 光の, 入って, 入つて暫らく, 入る明り, 取りたかったん, 取る気, 向うの, 土間を, 外に, 女中の, 家の, 差す戸外, 庇の, 庭に, 引いた麻繩, 引けば, 引つこ拔, 往来を, 戸の, 打ち込む弾丸, 抓み出された時, 投り込ん, 投り込んだ, 抛り込んだん, 抛るだろうじゃ, 新しい縁結び, 昼寝を, 月明りに, 沓脱の, 流れる星明り, 潜り込ませお勝手, 熟と, 片腕を, 田圃を, 眺めました, 硫黄附木に, 縁結びを, 見える山の上, 見て, 解いた凧絲, 解いて, 貧しい内部, 赤いお, 通し流し, 遠くの, 降るという, 障子まで, 離れました, 離れ溜息, 風呂場を

▼ 格子~ (65, 2.4%)

3 閉めずとも 2 ありませんが, がんじ, ミチリとの, 元の

1 [54件] あれど, いったいどこ, いつもしまっ, おろか手洗場の, お勝手から, がっしりと, しめて, その中, その通り丈夫, ちゃんと閉まっ, とても人間, なくて, はめませんが, ばたばたと, まだ鎖さね, ハネ飛ばし, バラバラには, ミシリとも, 一間の, 丈夫な, 三尺ばかりの, 上げられずに, 下りて, 全部嚴重な, 内から, 動かず, 嚴重で, 嚴重な, 外されて, 彼の, 必ず手垢, 思いの外厳重で, 折れ硯箱, 押附け, 日本の, 框ごと外され, 樂に, 無くて, 特長の, 玄関の, 番ごと敷居から, 皆上げ渡され, 破れず, 紙を, 要の, 赤かった, 釘付けだ, 銀鼠色に, 鎖固めたるを, 閉って, 閉めて, 開かねえ俺, 開けて, 黒塗りであり

▼ 格子~ (47, 1.7%)

8 手を 2 つかまって, 向って

1 [35件] うっかり額を, がりっと, しごきを, すがりついて, つかまった, つかまっては, つけて, どうして綱, ぶつけた, ぶつけたらしい, ぶつけて, ブラ下げ, 一パイに, 今夜子刻を, 入つた, 噛みついて, 器用な, 寄つた方に, 巡査が, 手紙が, 投げこまれた飛脚包み, 抜けようと, 掴まつて, 獅噛み付きました, 立ちよって, 立つた, 結んで, 絡みつけるよう, 綱を, 變な, 音訪れ兼ねた, 顔を, 飛びつくと, 飛びつくの, 飛び込んで

▼ 格子~ (32, 1.2%)

2 その中

1 [30件] あつた, しきった場所, すこしばかり, たてきって, どっしりと, ふさいで, 人間はも, 仕切られて, 其又側が, 右手は, 囲った本立て, 囲った鈍い, 囲んだ妙, 圍んだ, 塀の, 年一杯叩き上げたおよつ, 店か, 枕の, 為切つ, 知った女, 知つた女の, 組みあげた, 色気も, 鎧われた横方形, 間口を, 額を, 馴染の, 馴染を, 高いポックリ, 鼻面を

▼ 格子~ (31, 1.1%)

2 に思ひ切

1 [29件] からなく, から剃刀, で佇んだ, で女衒, で立ち話, で見, にはさや, には昔, に云い捨て, に男, に立っ, に立ってる, に立つ, に腰, に飛びだし, のその, の四畳半, の影絵, の簾, の近く, の電鈴, へ叔父, へ立つ, へ群, を二三軒, を白い, を練, を覗い, を過

▼ 格子~ (29, 1.1%)

2 雨戸を

1 [27件] いって, かけ硯, たくさんの, なしこれ, ねじ合って, ガラスとで, ガラスとを, 一間の, 三味線との, 中の, 二階の, 云えば, 台所とが, 向い合って, 後年字名を, 戦うには, 戸だけを, 格子の, 異名を, 紺の, 縁側の, 繩の, 言わずがっしり, 金庫の, 門の, 門を, 高いかべが

▼ 格子~ (28, 1.0%)

2 障子も

1 [26件] あったが, おのずから開く, おろさぬまま, さくも, とうとうじりじりと, なく庭, なく雨戸, ハメ込みにな, 下ろさせずに, 何んにも, 元の, 厳しい独房, 土藏も, 外から, 妾一人を, 嵌めぬ祠, 此の, 瑠璃の, 破れて, 硝子も, 突破つてならう, 苧殻の, 見える, 閉され人, 雨戸も, 風に

▼ 格子九郎右衛門~ (23, 0.8%)

2 の娘

1 [21件] が乗り, が召捕り, が怨み, こそ其方, だという, だ建築学, でございますよ, と義兄弟, なら持って, なる者, について何, に就き, の娘本名, の本拠, の部屋, はそち, は博多, は老い, も遁, や五十余名, をひっ捕え

▼ 格子越し~ (16, 0.6%)

2 にそれ, に見る

1 [12件] にしばしば, にまだ, に声, に廊下, に私, に術, に見える, に見送つ, に覗い, に覗け, に訴える, に首筋

▼ 格子には~ (15, 0.6%)

2 締りが

1 [13件] いつもの, 几帳が, 剛く冷たく, 大きな錠前, 大きな障子, 大一番, 御仕立物, 御神籤, 春昼の, 火の, 赤いとう, 障子が, 音の

▼ 格子づくり~ (14, 0.5%)

3 の家 2 のしもた 1 です, で子分衆, というよう, のおんな, の囲, の小さなその, の意気, の扉, の粋

▼ 格子~ (14, 0.5%)

2 の先

1 [12件] から落ち, が左右, に掲げ, の傍, の方, の白々しい, へ彼, をあける, を押し, を蝶番, を開いた, を音荒らか

▼ 格子~ (13, 0.5%)

2 雨戸の

1 [11件] 妻戸を, 建具の, 彫刻や, 暖簾を, 櫺子窓の, 水玉や, 波に, 磨き抜かれた釜, 磨き拔かれた, 褪め果てた水色, 鉄の

▼ 格子~ (13, 0.5%)

5 の外 2 のぞけば 1 があつ, のそば, の前, をぬけ, を抜け, を潜っ

▼ 格子さき~ (12, 0.4%)

2 に立ち 1 でぶっ, で胄首, にひらめいた, にもちだす, に立つ, のど, の灯, へあの, へ立つ, をまごつく

▼ 格子作り~ (9, 0.3%)

2 であった 1 がならん, で朝, の入り口, の入口, の窓, の門, を訊き出し

▼ 格子~ (8, 0.3%)

1 から叫んだ, から塩瀬, から見える, に立っ, の壁際, へかかった, まで呼び出し, より訪

▼ 格子~ (8, 0.3%)

5 のところ 1 あのこと, にしっかと, の狭い

▼ 格子~ (7, 0.3%)

1 にはめ, に互層, に筋, に組ん, の嵌, の戸棚, の網

▼ 格子細工~ (7, 0.3%)

2 のやう 1 が残っ, になっ, のところ, や窓, をなし

▼ 格子まで~ (6, 0.2%)

1 サ, 四十五度の, 寄って, 行ったが, 行って, 開けましたが

▼ 格子を通して~ (6, 0.2%)

1 かすかな, 外光が, 射し込んで, 左手の, 腕を, 青葉に

▼ 格子にも~ (5, 0.2%)

1 たれて, 一つ, 何んの, 女が, 桟にも

▼ 格子~ (5, 0.2%)

1 で義雄, に来り, に立っ, へ流し, 消えずに

▼ 格子~ (5, 0.2%)

1 から声, から聲, にも勝手口, に立つ, を徘徊

▼ 格子~ (4, 0.1%)

3 しに 1 しにカテリーナ・リヴォーヴナ

▼ 格子~ (4, 0.1%)

1 から一番安心, つて建て, な例の, ね中座の

▼ 格子では~ (4, 0.1%)

1 あるが, ない, なく握り拳, 誰も

▼ 格子でも~ (4, 0.1%)

1 おろして, 切ること, 叩き破る, 覗いて

▼ 格子なき~ (4, 0.1%)

2 牢獄 1 牢獄である, 牢獄は

▼ 格子~ (4, 0.1%)

1 が造っ, と張り合っ, は散在, を退治

▼ 格子天井~ (4, 0.1%)

1 いったいこの, が遙, の中央, の仏龕

▼ 格子模様~ (4, 0.1%)

1 がランプ, でもっ, の洋装, の破風

▼ 格子~ (3, 0.1%)

1 なんかある, 何かで, 或いは櫓

▼ 格子からは~ (3, 0.1%)

1 なれました, 少しでも, 門を

▼ 格子という~ (3, 0.1%)

1 のであろう, ような, 異名を

▼ 格子などは~ (3, 0.1%)

1 いつもぴかぴか光っ, なかった, 皆おろされ

▼ 格子にがたりと~ (3, 0.1%)

3 音さすれ

▼ 格子をも~ (3, 0.1%)

2 露地に 1 柳の

▼ 格子~ (3, 0.1%)

1 で二階建, に拵, を見る

▼ 格子攻め~ (3, 0.1%)

1 のその, をしよう, をやろう

▼ 格子木綿~ (3, 0.1%)

1 の単純, の女の子, の服

▼ 格子~ (3, 0.1%)

1 でてっぺん, の茶色, の運動帽

▼ 格子~ (3, 0.1%)

1 から内側, の硝子越し, を編ん

▼ 格子~ (3, 0.1%)

1 のすぐ, の前, の木橇

▼ 格子がは~ (2, 0.1%)

2 まつて

▼ 格子です~ (2, 0.1%)

1 から外, どんな策略

▼ 格子とか~ (2, 0.1%)

1 字なら, 種々の

▼ 格子とに~ (2, 0.1%)

1 妙な, 気がつけば

▼ 格子などを~ (2, 0.1%)

1 上げ右近, 閉めたあと

▼ 格子なら~ (2, 0.1%)

1 あのお多福, 南洋に

▼ 格子より~ (2, 0.1%)

1 両手を, 手を

▼ 格子~ (2, 0.1%)

1 の三尺式台, の土間

▼ 格子~ (2, 0.1%)

1 になっ, に區畫

▼ 格子征め~ (2, 0.1%)

1 だ命限り, に取りかかった

▼ 格子~ (2, 0.1%)

2 あらく開け

▼ 格子組み~ (2, 0.1%)

1 になっ, の方

▼ 格子~ (2, 0.1%)

2 に書留

▼ 格子~ (2, 0.1%)

1 でそれ, の家

▼ 格子開くる~ (2, 0.1%)

1 響き爽やかなる, 響爽か

▼1* [93件]

格子あけて暫くもじもじ, 格子あさり渡り中間の, 格子あり黒き掛け布, 格子おろす紅葉かな, 格子お召縮緬の一枚小袖, 格子かでふさがれて, 格子ぐちに崩れ, 格子ぐらゐ蹴飛ばして, 格子こそ実に恩愛, 格子ごとそつくりはづして曲者, 格子しつらい鎖さし固め, 格子めに, 格子そこでこんな変装, 格子その内に, 格子ア違います, 格子だつたのでその, 格子ででもあったの, 格子とを抽象し, 格子なしのガラス, 格子なぞの損じたるを, 格子などの清楚なる, 格子なども皆おろし, 格子なんぞはあれよりは, 格子にやに下るあるじ, 格子のねまきが, 格子のみならずプリズム, 格子まだ色づかない蔦, 格子わきの柱, 格子をはづして中には, 格子をやすりで, 格子を以てしたもの, 格子を通じて瑠璃いろ, 格子距テテ訪ネ, 格子一人を目掛ける, 格子一家は其方, 格子三和土そして狆, 格子九郎右衛門一味の者, 格子九郎右衛門教之は衛兵数人, 格子の下駄, 格子先あたりから問屋, 格子入るとすぐ, 格子六間の間口, 格子でも尚, 格子纒浅黄絞, 格子双子の渋い, 格子向うに小さな, 格子囲いの低い, 格子は今, 格子塀越しに毛布, 格子女郎のところ, 格子の附いた, 格子女郎ばっかり, 格子局女郎なぞとてまえ, 格子帯留も赤, 格子底机の抽斗, 格子店火鉢などもある, 格子引き開くるより, 格子のため, 格子戸越に瞻, 格子摺れに伸し, 格子りて, 格子日の出に鶴, 格子月なみ三人立ち五人立ち, 格子の女性, 格子木戸の内, 格子木綿服の女, 格子本人がやって来た, 格子格子の人影, 格子の前, 格子欠陥の研究, 格子は廣, 格子の鉄伝, 格子深々と締切った, 格子無き牢獄に, 格子狭い三和土障子その, 格子硝子に, 格子窓一つで外, 格子窓地震や火事, 格子窓昨夜の生暖か, 格子窓越しにのぞかれ, 格子の手帳, 格子のオーバー, 格子が嵌め, 格子薄紫の裏, 格子遊女でで, 格子開き新二郎, 格子の南窓, 格子附いたる窓は, 格子隔てに金品, 格子へ走り, 格子障子があけられ, 格子露台の手摺, 格子青い暖簾どこかの