青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「格別~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

校長~ 株~ ~根 根~ ~根拠 根拠~ ~根本 根本~ 根柢~ 格~
格別~
~格子 格子~ 桂~ 桃~ 案~ 案じ~ ~案内 案内~ ~案外 案外~

「格別~」 1714, 19ppm, 6193位

▼ 格別~ (329, 19.2%)

12 ことも 8 注意を 6 ことは 5 興味も, 興味を 4 事も, 御慈悲, 御會釋 3 お慈悲, ものである, 匂は, 変化も

2 [26件] いらだたしさ, お声, ものだ, もので, ものであるらしい, やうに, 事は, 事業も, 味が, 変化なし, 御聲掛り, 御詮議例外, 心の, 意味は, 愛惜を, 感慨も, 理由も, 用が, 用も, 用事でも, 相違, 相違は, 相違も, 美人とも, 苦情は, 話も

1 [217件] おもしろ味, おもてなしとて, おもてなしに, お世辞気, お前の, お取, お聲掛り, お言葉, お馴染, こだわりなく, こと, ことが, ことで, ことに, ご懇意, とりえも, なつかしさ, ものだつた, ものです, ものな, ものに, ものも, ようだ, ようで, 不審も, 不平も, 不思議は, 不思議も, 不自由も, 不自由を, 不都合は, 世界が, 世話に, 世話を, 事, 事あ, 事が, 事でありましょう, 事でない, 事でも, 事なり, 事情が, 事情によって, 交誼を, 仲だ, 便りと, 保護を, 信用を, 値いある, 働きを, 具体的事由なし, 利害を, 利益も, 利益を, 力も, 努力が, 努力も, 効果を, 勉励ぶりを, 動機という, 勝利を, 危ないこと, 反応は, 収入無之, 取計らいによって, 台命を, 名誉を, 味ある, 味だ, 味に, 味を, 咎めを, 問題でない, 問題には, 問題にも, 問題は, 喜びです, 器量でない, 因縁も, 困難を, 執着を, 変化が, 大失態, 大金などは, 好意は, 妙も, 客分たらし, 害を, 尊念が, 尊敬を, 差の, 差等は, 弊害なき, 弊害も, 影響なし, 影響も, 御会釈, 御利益たるべし, 御厚遇, 御好意, 御宥免, 御引立, 御待遇, 御思案, 御憐憫, 御挨拶, 御沙汰と, 御沙汰も, 御病気, 御目, 御相談, 御被害, 御褒美, 御註文, 御詮議, 必要が, 忠勤を, 思召し, 思召で, 思召の, 思召を以て, 悪いうわさ, 意味が, 意味もな, 意味を, 意見を, 感じも, 感動を, 感情に, 感情を, 感激の, 憐れみを, 憐愍により, 懇意である, 成育を, 戯曲的な, 所を, 手入れも, 手当で, 手配りが, 手際で, 扱だ, 批評も, 抵抗を, 損滅が, 支障も, 故障も, 敬意を, 新しがらなく, 景色で, 智恵が, 村にて, 沙汰で, 深い感情, 物は, 特色を, 理由の, 理由は, 理論も, 用事が, 用事の, 用意を, 異ひ, 異変も, 異物を, 異状を, 異論は, 益に, 目的も, 相違が, 眺めです, 知合も, 節は, 素質を, 累をば, 美麗を, 義理人情が, 興味が, 興味の, 色若衆で, 苦労じゃ, 苦労は, 苦情も, 表情も, 見解を, 言葉が, 計らいなん, 訳も, 詮議と, 誘惑を, 識見が, 變化なく, 貧困を, 買もの, 賑は, 趣きが, 趣味も, 辛抱では, 迫害を, 進歩も, 達見も, 遠サ, 間がら, 間柄だ, 間柄でも, 障りは, 障碍は, 面白味も, 響きを, 風も, 風味なり, 風味を, 風情を, 風致も, 風韻が, 饗応に, 魂胆も

▼ 格別~ (98, 5.7%)

3 それを 2 おかしいの, これと, 不審を, 怪しみも, 気にも, 親しく往来

1 [83件] い, いただきました, おいしかつ, おどろきも, おもわなくなった, きびしく雇い人ども, きょうは, これといった, さわぎ立てて, すぐれた事, すぐれて, それに, なく単に, なんという, むずかしい詮議, むづかしい日で, よく響き, 上品すぎ, 中の, 主人の, 事を, 交際を, 仇を, 候へども, 候得共不, 偉いとも, 偉い人間, 六種の, 厭な, 古體, 可笑しいで, 変りありませんよ, 変りは, 大きな安楽椅子, 嬉しい, 嬉しがり, 子どもの, 存じ入り小前の, 広く感じる, 強い信仰, 往來を, 御歎, 御茶料, 心安いの, 思し召されればこそ, 思って, 思はれたの, 思召し, 悲しんで, 愛せられなかった, 感じやう筈, 感じられます, 慕って, 拡げるの, 攻撃する, 時代が, 暑いらしい, 有りがたき, 望みおり申し候, 気を, 注意す, 濃いの, 理解し, 用心する, 白粉の, 盛に, 目立ちは, 目立つまでの, 石垣で, 私の, 美しい新緑, 美しき由島, 美味く感じる, 美味しいもの, 見えました, 見事な, 記す程, 遂げ度くも, 難渋な, 面白い場面, 面白そう, 驚かれた様子, 麗は

▼ 格別~ (85, 5.0%)

9 もので 4 ものが, ものだ 3 んの 2 おもしろさ, ものと, もんだ, 事で

1 [57件] あのカン, お手当, お扱い, ことが, ことどこに, ことは, ことも, ところが, のが, のである, ものであります, ものである, ものであろう, ものでございます, ものな, ものは, んだ, んです, んとも, 事を, 動機も, 取り扱いを, 味で, 味と, 咄も, 品だ, 品物を, 因縁も, 場合を, 好意を, 家柄でも, 希望である, 幸福が, 待遇を, 御寵愛, 御抜擢, 心理が, 思いやりからか, 情緒を, 意味は, 感じを, 所が, 敬意を, 智慧も, 清浄な, 煩悶であった, 用事は, 研究から, 秘かな, 考が, 者だ, 興を, 興味が, 親しみを, 趣が, 風情が, 風流でござる

▼ 格別~ (43, 2.5%)

32 からな, が最高, よ

1 [34件] あの辺, から帰っ, がいわゆる, がさも, がすでに, がそれでは, がなるほど, が何不足, が元, が小, が居, が普通一般, が申し合わせた, が若衆さま, が阿, けれど, けれども, けれどもそれ, けれども到来物, ぞ, つたので, つた房の, とか云う, と余, と感じた, な, なあ, なあ事実, ないつも, ね, ねえ, よ素人, 少し寒い, 碧い

▼ 格別~ (41, 2.4%)

8 あつた 2 おせき, ござります

1 [29件] あのほろにがい, あらうが, いまの, お元気, かえってみなさん親切, ことによる, ござりました, ござりまする, そして急, そのあいだ, たとい氷山, とてもそれ, ね, ほんた, 一つ, 今日雪隠へ, 何處で, 全島金銀より, 利根川に, 壮年男女は, 手搗き, 承知を, 殊に日光, 私は, 興行物は, 良い年, 薪を, 表通りには, 西洋菓子は

▼ 格別です~ (26, 1.5%)

43 がね, ね 2 が今, な, よ 1 がうち, がこれから, が下手, が人, が兄さん, が波岡邸, けど, ねこれ, ね何しろ, 父や

▼ 格別~ (25, 1.5%)

2 にもとめなかった, にも止めず, にも留めなかった

1 [19件] にかけませな, にしなかった, にする, にならない, にもしない, にもしなかった, にもとめない, にもならない, にも懸けなかつた, にも掛けない, にも止めずにおった, にも止めない, にも止めなかった, にも止めません, にも留めず, にも留めない, に懸けず, をとめ, を止めません

▼ 格別それ~ (17, 1.0%)

2 を気

1 [15件] が幕営, が異様, が苦, でどう, と感じる, に何, は余儀ない, まではなんにも, より下, より持参, を不幸, を嫌い, を悲しい, を期待, を食卓

▼ 格別不思議~ (16, 0.9%)

2 では, とする

1 [12件] でないこと, でもない, とも思わず, とも思われなかった, とも無気味, なこと, には思はなかつた, にも思わない, にも感じなくなった, に思はざるべし, に思わなかった, もない

▼ 格別~ (15, 0.9%)

2 好みに

1 [13件] 京に, 園さんの, 好きな, 宅を, 忙しからう, 怒りにも, 歳暮に, 氣に, 父上も, 珍しいもの, 耳に, 聞かせも, 親しゅう思っ

▼ 格別その~ (14, 0.8%)

2 事柄に, 必要を 1 ために, 以上の, 以前には, 外歌には, 女の, 帯を, 年頃が, 方には, 水鳥に, 為に

▼ 格別これ~ (13, 0.8%)

1 [13件] という, というもの, という共通点, という興味, という謀略, といっ, と取り立て, はという変化, はといふ材料, はといふ變化, も御用筋, を奇貨, を怪しむ

▼ 格別そう~ (9, 0.5%)

3 でも 1 でないかぎり, でないの, でなかったらちょうど, とも限るまい, 云う告白, 驚かなかったが

▼ 格別~ (9, 0.5%)

1 うもお前, でもなく, という意味, といっ, のいわれ, の感じ, の証跡, も意味, をした

▼ 格別変った~ (9, 0.5%)

1 ことが, ことも, こともござりませな, ところの, ところも, ようすもない, 事も, 来歴と, 気色も

▼ 格別面白く~ (9, 0.5%)

2 はない, もな 1 もありません, もございますまい, もございませぬ, もない, も又

▼ 格別驚き~ (9, 0.5%)

4 もせず 1 はしなかつた, もしない, もしませんじゃった, も力落とし, も怪しみ

▼ 格別さもなければ~ (8, 0.5%)

1 あの家, きっとわたくし, 問題に, 妄りに, 小夜子に, 徒歩の, 自分の, 階級意識の

▼ 格別普通~ (8, 0.5%)

1 にはとにかく, に用, のどんぐり, の商用書簡, の武士, の略式, の者, は小説

▼ 格別~ (7, 0.4%)

1 が大きい, にい, に敵意, に殺されず, のため, の気味, をちやほや

▼ 格別~ (7, 0.4%)

2 障りが 1 世話に, 参考に, 役目で, 心配ナコトハナイト思イマスガ帰リマシテカラ後程, 障りの

▼ 格別~ (6, 0.4%)

1 に留めず, は止めなかった, も動かさず, やすうも, を乱される, を慰めたです

▼ 格別面白い~ (6, 0.4%)

4 ことも 1 お話では, といふ程

▼ 格別さも~ (5, 0.3%)

1 ないかぎり, なきに, なくて, なくては, なくば

▼ 格別~ (5, 0.3%)

1 人も, 思われる, 致しまして, 見え, 見へ

▼ 格別どう~ (5, 0.3%)

1 しようと, しようという, という, という女, という顔色

▼ 格別単に~ (5, 0.3%)

1 かの人達, その年代, 周道が, 江戸追放とだけで, 軍服を

▼ 格別~ (5, 0.3%)

2 らしい事 1 らしいこと, らしいもの, らしい構造

▼ 格別説明~ (5, 0.3%)

3 を要する 1 するに, するまでの

▼ 格別この~ (4, 0.2%)

1 人の, 女房までが, 屋敷の, 御縁

▼ 格別である~ (4, 0.2%)

1 がそれにしても, が何, が若干, 余は

▼ 格別むずかしい~ (4, 0.2%)

2 事で 1 ことで, 儀では

▼ 格別もし~ (4, 0.2%)

1 それさえ, 何か, 山から, 故意に

▼ 格別不満~ (4, 0.2%)

1 とする, にも思わなかった, も感じなかつた, らしいもの

▼ 格別~ (4, 0.2%)

1 な心持, な気, な面, な顔

▼ 格別嬉し~ (4, 0.2%)

2 そうに 1 かつた, さうにも

▼ 格別案じ~ (4, 0.2%)

3 てくれる 1 もせね

▼ 格別~ (4, 0.2%)

1 にならない, にもせず, にも止めず, にも止めなかつた

▼ 格別注意~ (4, 0.2%)

1 するよう, をはらわず, を与えよう, を払わなかった

▼ 格別用事~ (4, 0.2%)

1 がお, といふ程, もござらぬ, もない

▼ 格別異存~ (4, 0.2%)

2 はない 1 が無, も持たなかつた

▼ 格別~ (4, 0.2%)

1 にあたる, に立つ, をかけ, をかけられ

▼ 格別美しい~ (4, 0.2%)

1 でせう, というの, とは思われなかった, 土蔵も

▼ 格別~ (4, 0.2%)

1 にならない, になる, にもならぬ, にも何

▼ 格別重大~ (4, 0.2%)

1 でない事, な効果, な影響, な関係

▼ 格別いい~ (3, 0.2%)

1 ものも, 手段も, 智慧も

▼ 格別おもしろく~ (3, 0.2%)

1 なかった, もないでしょう, 無いので

▼ 格別すぐれた~ (3, 0.2%)

1 人でなけれ, 句では, 句でも

▼ 格別そんな~ (3, 0.2%)

1 のも, 事に, 話題に

▼ 格別~ (3, 0.2%)

21 やと言

▼ 格別として~ (3, 0.2%)

1 その頃, 今更この, 開いて

▼ 格別どこ~ (3, 0.2%)

1 といっ, へも行く, も病気

▼ 格別なる~ (3, 0.2%)

1 事既に, 協力に, 近親の

▼ 格別~ (3, 0.2%)

2 つきり 1 あ喫

▼ 格別ほか~ (3, 0.2%)

1 の人々, の俳優たち, へいっ

▼ 格別ほめ~ (3, 0.2%)

2 もしなかつた 1 もせず

▼ 格別わたし~ (3, 0.2%)

1 の妻, の方, の胸

▼ 格別不自由~ (3, 0.2%)

1 はしなかった, も感じなかった, を感ずる

▼ 格別~ (3, 0.2%)

1 と著しい, 以御仁恵総, 儀と

▼ 格別~ (3, 0.2%)

1 のこの, のところ, 女の子の

▼ 格別~ (3, 0.2%)

1 の場処, の場所, の抒情詩

▼ 格別~ (3, 0.2%)

2 の道具 1 の様

▼ 格別変り~ (3, 0.2%)

2 のある 1 はない

▼ 格別大した~ (3, 0.2%)

1 ことで, ものと, 意味の

▼ 格別実際~ (3, 0.2%)

2 に於い 1 日本武や

▼ 格別~ (3, 0.2%)

1 なき点, にもならず, にもならぬ

▼ 格別差支~ (3, 0.2%)

1 はない, へない, もない

▼ 格別平和~ (3, 0.2%)

3 を破る

▼ 格別急ぎ~ (3, 0.2%)

3 もせず

▼ 格別怪しむ~ (3, 0.2%)

1 に足らなかった, に足らぬ, ような

▼ 格別新しい~ (3, 0.2%)

1 とは思わない, 史料に, 思潮が

▼ 格別気の毒~ (3, 0.2%)

1 とは思ひ, とは思わなかった, なりと

▼ 格別~ (3, 0.2%)

1 にもなり, の用, を考え

▼ 格別~ (3, 0.2%)

1 のない, はなく, もない

▼ 格別~ (3, 0.2%)

1 ったもの, っても居りませぬ, とする

▼ 格別相手~ (3, 0.2%)

1 が縁, になっ, の五十男

▼ 格別興味~ (3, 0.2%)

1 も少い, も持たぬらしく, を覚えない

▼ 格別變つた事~ (3, 0.2%)

1 なく三藏, は書いてないらしい, は無

▼ 格別跋渉~ (3, 0.2%)

3 の苦しみ

▼ 格別驚いた~ (3, 0.2%)

2 様子も 1 気色は

▼ 格別あやしい~ (2, 0.1%)

1 こととは, 仕掛けも

▼ 格別うまい~ (2, 0.1%)

1 とは思わなかつた, よ

▼ 格別うるさ~ (2, 0.1%)

1 がって, そうにも

▼ 格別うれし~ (2, 0.1%)

2 そうな

▼ 格別おどろき~ (2, 0.1%)

1 はしなかった, もしなかった

▼ 格別おどろく~ (2, 0.1%)

1 には当らない, には當ら

▼ 格別お前~ (2, 0.1%)

1 とは親, に支払うべきでない

▼ 格別こんな~ (2, 0.1%)

1 むごたらしい仕置, 災難で

▼ 格別さし渡し~ (2, 0.1%)

2 にすれ

▼ 格別ただ~ (2, 0.1%)

1 の恨, ふらりと

▼ 格別であろう~ (2, 0.1%)

1 が炎天下, が用心

▼ 格別でございまし~ (2, 0.1%)

1 て今, て此

▼ 格別でございます~ (2, 0.1%)

1 が, 旦那様

▼ 格別なれ~ (2, 0.1%)

1 ど, ども万

▼ 格別にも~ (2, 0.1%)

1 感じない, 注意しなかつた

▼ 格別みんな~ (2, 0.1%)

1 からからかわれた, の話題

▼ 格別やかましい~ (2, 0.1%)

1 ことも, 姓を

▼ 格別一分~ (2, 0.1%)

2 たりとも

▼ 格別七夕~ (2, 0.1%)

1 に関連, らしい何者

▼ 格別不便~ (2, 0.1%)

2 はしない

▼ 格別不審~ (2, 0.1%)

1 にも思はなかつた, をいだきませんでした

▼ 格別不平~ (2, 0.1%)

1 もいはぬ, を申しませんでした

▼ 格別世間~ (2, 0.1%)

1 から重んぜられ, の注意

▼ 格別人目~ (2, 0.1%)

1 をひく, を引かなかつた

▼ 格別~ (2, 0.1%)

2 が好い

▼ 格別~ (2, 0.1%)

1 の, の手紙

▼ 格別勉強~ (2, 0.1%)

1 いたしますヨ, するとも

▼ 格別口喧し~ (2, 0.1%)

2 やの老母

▼ 格別古い~ (2, 0.1%)

2 物は

▼ 格別同情~ (2, 0.1%)

1 する者, も寄せ

▼ 格別問題~ (2, 0.1%)

1 にしなかった, になりやしねえ

▼ 格別変っ~ (2, 0.1%)

1 てはいません, て劣った

▼ 格別大きく~ (2, 0.1%)

1 なつて, なる

▼ 格別大事~ (2, 0.1%)

2 でないと

▼ 格別大抵二十日盆~ (2, 0.1%)

2 が過ぎる

▼ 格別弱った~ (2, 0.1%)

1 ようすも, ような

▼ 格別~ (2, 0.1%)

1 にたつ, にも立ちません

▼ 格別御意~ (2, 0.1%)

2 に入

▼ 格別必要~ (2, 0.1%)

1 な話, な部分

▼ 格別怪しい~ (2, 0.1%)

1 という, と思わなかった

▼ 格別怪しみ~ (2, 0.1%)

1 もしない, もせず

▼ 格別悪い~ (2, 0.1%)

1 と云, らしくも

▼ 格別有利~ (2, 0.1%)

1 なもの, な立場

▼ 格別~ (2, 0.1%)

1 が上手, の材料

▼ 格別沢山~ (2, 0.1%)

1 はない, もない

▼ 格別深い~ (2, 0.1%)

1 交渉が, 關係が

▼ 格別珍しい~ (2, 0.1%)

1 ことも, と思召

▼ 格別理由~ (2, 0.1%)

1 のあった, のあつ

▼ 格別生き~ (2, 0.1%)

1 ている, てゐる

▼ 格別異状~ (2, 0.1%)

1 がない, などは見えなかった

▼ 格別~ (2, 0.1%)

1 をかけ, を患っ

▼ 格別矛盾~ (2, 0.1%)

1 した考, の感じ

▼ 格別~ (2, 0.1%)

1 も言, を篤う

▼ 格別~ (2, 0.1%)

1 なんぞも覚え, の表

▼ 格別立派~ (2, 0.1%)

1 な証拠物, にはなっ

▼ 格別細い~ (2, 0.1%)

1 感じが, 管の

▼ 格別聞い~ (2, 0.1%)

2 て知つて

▼ 格別~ (2, 0.1%)

1 も立ち, も立て

▼ 格別自分~ (2, 0.1%)

1 のかけ, の面前

▼ 格別自分たち~ (2, 0.1%)

1 がそういう, の名前

▼ 格別見る~ (2, 0.1%)

1 ような, 物の

▼ 格別記憶~ (2, 0.1%)

1 にも残っ, に留めたい

▼ 格別違った~ (2, 0.1%)

1 ところは, もんだ

▼ 格別非難~ (2, 0.1%)

1 するに, を招かず

▼ 格別面倒~ (2, 0.1%)

2 なこと

▼ 格別風景~ (2, 0.1%)

1 には変り, の説明

▼ 格別驚かなかった~ (2, 0.1%)

1 かも知れない, かも知れません

▼ 格別驚く~ (2, 0.1%)

1 に足らぬ, に足りません

▼ 格別~ (2, 0.1%)

1 が高い, の表現

▼1* [568件]

格別あせつて書かう, 格別あった方が, 格別あどけなく美しく見えた, 格別あらしの被害, 格別ありがたそうに, 格別ありがたいとも思わぬ, 格別ありがたがる風も, 格別あわてて逃げる, 格別あんたみたいに苦労, 格別あんまりお使い, 格別いさくさ, 格別いそいでいる, 格別いそぎもしない, 格別いつものよう, 格別いやしくも相当の, 格別うれしくもなく, 格別おいしかつた, 格別おこられもしなかった, 格別おどろかなかったわけである, 格別おまんと, 格別おまえは放縦, 格別おれじゃわし, 格別お世話になった, 格別はりの, 格別かき亂されたやう, 格別かけ離れおり申さず候わば疾く, 格別かなわぬときは, 格別かはつた飾りも, 格別かりにも侍, 格別かれの神経, 格別かわったところも, 格別あるよう, 格別きわだつと思われる, 格別くやしそうな, 格別けむたがっている, 格別こうして永く泰平, 格別こそこそして, 格別こだわったところも, 格別これ以上にはっきり, 格別こわがってはいない, 格別なくば, 格別さあ手折っても, 格別さしつかえのない, 格別させる用は, 格別さらに山の上へ, 格別しおれた様子も, 格別しないで時, 格別しょげてもいず, 格別じゃよ, 格別じゃったのう, 格別ぜいたくらしいところ, 格別そういう厳密な, 格別そうしてごろごろし, 格別そこに子供, 格別そちらの群集, 格別その後の彼, 格別その間に一こと, 格別そめほかの, 格別それほどいちじるしいこと, 格別それ以上喋りも, 格別たいして頂戴し, 格別たったひとりの, 格別たなばた様の短尺, 格別だったから早く, 格別だってえ話, 格別だのこれほどの, 格別だろうお前の, 格別ちがっていない, 格別であったに違い, 格別でありましょうが我々普通, 格別であれど右, 格別でしたがこの, 格別でしょうがだいいち, 格別でないかぎりは, 格別でなきゃたしかに, 格別でなくてお, 格別でなければ農が, 格別でもないただ, 格別で分けても朝, 格別という態の, 格別ともかくも今日, 格別どうしようと云, 格別どうも人間らしい奴, 格別どころの段, 格別どの歌に, 格別なある一点に, 格別ないのであった, 格別なかったけれど, 格別なこたえようをする, 格別なつかしい感じも, 格別なにをし, 格別なにごともなかっ, 格別なにしろ千五百石取りの, 格別ならざる輿の, 格別なりしかばついに, 格別なんのこと, 格別なんとも思わなかった, 格別ねえだよ, 格別はっきりと方針, 格別はりきっている, 格別ひいきにし, 格別ひとつ間違えば, 格別びっくりするよう, 格別ふえませぬ故境木, 格別ふえません故境木, 格別ふつか酔い, 格別ほとんど日光へ, 格別まごつく事も, 格別まばらでもありませんでした, 格別みだれていない, 格別むかしは狐, 格別むかし狐や狸, 格別もうここまで, 格別もしも三五人の, 格別もったいぶった様子で, 格別やましくない, 格別わからないのだ, 格別わが早乙女主水之, 格別わけもない, 格別わざと企らんで, 格別わしだけに限った, 格別わたくしの口, 格別わたしたちのよう, 格別わるいこととは, 格別わる氣があつ, 格別以つて赦し, 格別を以てゆるして, 格別ネパールは世界, 格別意見ヲ, 格別ハッキリ見える, 格別パッカアが臆病, 格別ホテルを選択, 格別ミウーソフさんの胸, 格別一ツしかない, 格別一人なら彼, 格別一度こういう物, 格別一段の元気, 格別一点の私心, 格別一風変ったもの, 格別万一この混雑, 格別のお, 格別上智のもの, 格別上海なるもの, 格別上野東照宮霊廟づきの, 格別不人情とは認めぬ, 格別不安ガッタリ恐レタリシタ者ハナカッタ, 格別不幸だとも, 格別不快らしい色, 格別不思議そうな顔, 格別不服はなかっ, 格別不正なわけ, 格別不穏の様子, 格別不自然な表情, 格別不足に思う, 格別世の中にはずいぶん, 格別世界に誇るべき, 格別世話にもなりたる, 格別主人公の迷惑, 格別の家, 格別乙平の訴え, 格別二人の注意, 格別二条の院, 格別五味も無い, 格別交換して, 格別交渉がある, 格別で名物, 格別に迷惑, 格別今井は家, 格別今年はまあ, 格別今後の舞台, 格別今日迄鼻, 格別仮令片言隻語でも, 格別伝染もしない, 格別伯母の心, 格別伸ばそうともせず, 格別伸子の返事, 格別何しろ湯あがりの, 格別何とも申されません旨, 格別何ら取り得の, 格別何故って訣, 格別作らずうっとうしいの, 格別信任を取り返す, 格別修繕しようとも, 格別は人生, 格別偉い人だ, 格別傳染もしない, 格別働いたといふの, 格別働かない人たちの, 格別ないと, 格別優つても居ない, 格別先生の口唇, 格別懇に, 格別かしいこと, 格別其外歌には一切之, 格別内地と変った, 格別凡人と異なる, 格別別にお駒さん, 格別利かぬように, 格別利発ともはげしい, 格別利發ともはげしい, 格別刺戟を受, 格別とは違っ, 格別前額に太い, 格別が弱まる, 格別あるは, 格別効果が高まる, 格別動いているらしく, 格別勝負事には興味, 格別勤めるといふ事, 格別勧めようともしなかった, 格別病人で, 格別原田の家, 格別厳密に考える, 格別做を, 格別取り立てて吹聴, 格別取乱したる気色も, 格別取立てて申, 格別古里が遠かっ, 格別可愛がられているらしい, 格別可笑しくも無, 格別司馬光のそれ, 格別名人らしい顔, 格別吟味もせず, 格別吾儕のやう, 格別呼び返すほどのこと, 格別咎め立てしても, 格別い殺すの, 格別善いと言う, 格別喜びもせず, 格別喜色が浮かばない, 格別が立たなかつた, 格別困難では, 格別坂本をどういう, 格別報道されること, 格別増したわけで, 格別壮健の者, 格別つた気持, 格別変えず網走へ, 格別変化があった, 格別多数の人々, 格別はどうも, 格別問題だ, 格別大して苦にも, 格別大和ながらの優, 格別大声でもない, 格別大変吃驚畜生殺生なこと, 格別大差のある, 格別天霊様の御, 格別失望の色, 格別奇異に感じ, 格別奥さまを敬愛, 格別のくせ, 格別女主人の気, 格別いちえ, 格別好い智恵が, 格別好きでなかつたが, 格別好んでこういう, 格別如何いう人, 格別威勢がよかつ, 格別婦人側の注意, 格別な顔, 格別嬉しかったとは, 格別嬉しくもない, 格別子供が好き嫌い, 格別子細がある, 格別そうじゃ, 格別の妹, 格別実用的に見受けられた, 格別に気がね, 格別は抱い, 格別寂しいとも思わなかった, 格別寛大の沙汰, 格別将来の目算, 格別尊きものに, 格別尊敬も軽蔑, 格別小僧あがりの, 格別小説を生活, 格別尽力した連中, 格別山原の方, 格別山桜の景色, 格別嶮岨といふほどで, 格別帆前船の処女航海, 格別平土間は四, 格別平常はやはり, 格別年々歳々これだけ訴える, 格別広くもない, 格別広告や通知, 格別で買おう, 格別き處故, 格別弁信さんみたよう, 格別引きとめようとも, 格別が悪い, 格別弱くもなく, 格別当世西洋の学問, 格別当人はそれ, 格別形勝の地, 格別形態を採る, 格別影響を及ぼさない, 格別役に立たぬことを, 格別彼女の美し, 格別彼女たちの立っ, 格別得意というもの, 格別得手というもの, 格別御座いませんと返事, 格別御恩顧の御, 格別心残りはない, 格別心配もし, 格別忌むでも賤むでもなかったが, 格別を達した, 格別快いてえ, 格別ろしい, 格別怖いと思, 格別グコトハナイユックリ取, 格別急がうともしない, 格別急がずに店先, 格別急ぐ用でも, 格別察も, 格別恐怖をおぼえなかった, 格別恐怖心を起こすで, 格別かしいほど, 格別恥じる様子も, 格別恥ずかしがっても, 格別恥ずる所は, 格別恥らいもしなかった, 格別息子の未, 格別悲しいとも感じなかった, 格別悲惨な事, 格別情愛がある, 格別いこと, 格別意外にも思わなかった, 格別意趣があるで, 格別きは, 格別愚痴をこぼし, 格別感心すべき人物, 格別感覚を働かし, 格別慨くには当らない, 格別懇ろなやう, 格別懇意にした, 格別成人して, 格別成算がつい, 格別成輔に愛され, 格別我慢のできぬ, 格別手間のかかる, 格別打ち解けると云う, 格別批評もしない, 格別技癢をば感じなかった, 格別抱負があった, 格別拘泥して, 格別拙かったとは, 格別持たず面会に, 格別振返つて見る, 格別くらない, 格別推賞したくは, 格別掴まへた結果を, 格別支那人から彼是非議, 格別改良されて, 格別文学的でも, 格別文学談ではない, 格別作物などに, 格別新しく目に, 格別日本よりも進歩, 格別日本人が蝎, 格別日没後に婦人, 格別早起きもしない, 格別明き巣狙ひ, 格別明治時代のそれ, 格別昼間は入浴, 格別時間を現し, 格別普段の日, 格別更に山の上へ, 格別書きたいと思ふ, 格別有難いとも思えず, 格別有難うございます何卒, 格別本人のお, 格別本来は彼ら, 格別材料になる, 格別校舎いうの, 格別欲しくもなかっ, 格別死んだことを, 格別んど, 格別残念がる程, 格別残念そうな顔, 格別殖えも減り, 格別殺人事件に興味, 格別気に入た品も, 格別気乗りもし, 格別気息の切れるで, 格別氣象の若々しい, 格別もかかず, 格別汚れたところも, 格別海亀が船中, 格別涼しい記憶が, 格別涼しかったわけ, 格別深き考えも, 格別深く心に, 格別深入りはしない, 格別渇いてゐる, 格別減った訳で, 格別溜つてゐなからうが, 格別のため, 格別も泥, 格別無い代りに, 格別らざる, 格別照応するもの, 格別煩わされもし, 格別父上にお, 格別特異な観察, 格別特色は見られなかった, 格別犯跡の隠滅, 格別玉井さんに惚れた, 格別に快楽, 格別玩弄した事実, 格別生活上の變化, 格別用談もなく, 格別田鶴子を注意, 格別の顔, 格別男らしい者が, 格別男客は不断着, 格別町屋には珍, 格別が上手, 格別番屋で調べる, 格別異な臭いも, 格別疑いをはさまなかった, 格別疑う気持も, 格別疑問もなく, 格別疲労は感じませぬ, 格別いとも思われない, 格別病人らしい容子, 格別病気の為, 格別病身と申, 格別痛まぬ人蝮蛇咬む, 格別痛みを感ずる, 格別痛切にさう, 格別痛嘆しない, 格別盗賊はからたち, 格別目ざましい事も, 格別目だつ才気も, 格別目新らしくも, 格別目新しいことで, 格別目星しい品物, 格別目立った文学的誕生を, 格別相談相手にはなるまい, 格別相違の無い, 格別淵を, 格別真面目な読書, 格別眼力よろしき人, 格別知らんとも思はず, 格別知識があつ, 格別研究する必要, 格別社交的なもくろみ, 格別神秘的でも, 格別れたところ, 格別稀覯書にはあらざれ, 格別積極的にどう, 格別穢いものとして, 格別突飛なこと, 格別窮屈に選り分ける, 格別立身のつる, 格別竹生島などはや, 格別笑いたくもない, 格別答弁はしなかった, 格別縁談に就い, 格別美しさも, 格別美しくも無い, 格別美味いというの, 格別美少年ではなかっ, 格別羞ぢらわず, 格別考へる様子も, 格別考慮するに, 格別耳新しい事で, 格別聞きたくはなかろう, 格別職責もまた, 格別腫れても傷つい, 格別膏氣之なきもの, 格別自体がおとなしい, 格別に觸, 格別がわるかっ, 格別芝居好きでも, 格別芳ばしいものも, 格別若し仮に今後の, 格別苦しいとは思はん, 格別苦労にも思わなけれ, 格別苦情も出ない, 格別荒い為事を, 格別荒ぶる火の, 格別荒れもしない, 格別萎れた樣子も, 格別落ちもしない, 格別落ちこんだような, 格別著しい變化は, 格別虐げようとするで, 格別行いて礼, 格別表向きは他人, 格別裕福な書生, 格別見たいと思わない, 格別見慣れたことを, 格別見識學問を増した, 格別親しいといつた, 格別親密な友達, 格別記すべきほどの珍事, 格別もない, 格別話すこととても, 格別読みづらくは, 格別読む暇も, 格別の眼, 格別論ずる必要も, 格別謙遜したの, 格別警戒する気持, 格別譲治さんなんかなりでもキチン, 格別美しません, 格別つたこと, 格別變つた樣子も見せず, 格別變化がなかつた, 格別を苦, 格別責任もない, 格別ひ物, 格別贅沢をし, 格別趣味の高尚, 格別を追おう, 格別をよく, 格別身じまいに注意, 格別身体を大事, 格別身分不相応という, 格別身装をいとおう, 格別辛いとは思わなかった, 格別辛くも思わない, 格別辻番の三人, 格別迷信を起こさぬ, 格別迷惑らしい容子, 格別追い出そうともせず, 格別退屈もせず, 格別逆蜻蛉を見たい, 格別逢おうともせず, 格別進歩すると, 格別過去や未来, 格別ありますまい, 格別違っておらぬ, 格別遠い北国で, 格別遠くなく仰ぐこと, 格別避けている, 格別部屋住みの, 格別酔つた様な心地, 格別酔つた風もなく, 格別醉つた樣な心地, 格別醉つた風もなく, 格別に執着, 格別庵感服致しました, 格別長いとも思わなかった, 格別長虫をかわいがる, 格別閑却された事, 格別が悪, 格別関心を持つ, 格別険しくもない, 格別隠しだてしなければ, 格別雑言などを申す, 格別難有がる様子, 格別霊怪な談, 格別革命軍の影響, 格別頑固なこと, 格別頑是ない時分, 格別に残りよう, 格別飛びそうにも, 格別食糧に窮, 格別のせい, 格別騒いではいない, 格別驚かずとも好い, 格別驚くべきわけで, 格別骨牌上手でも