青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「格~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

校~ 校長~ 株~ ~根 根~ ~根拠 根拠~ ~根本 根本~ 根柢~
格~
格別~ ~格子 格子~ 桂~ 桃~ 案~ 案じ~ ~案内 案内~ ~案外

「格~」 1339, 14ppm, 7718位

▼ 格~ (203, 15.2%)

4 助辞と 2 さだまりが, 創造である, 雄大なる

1 [193件] ある何, ある姿, ある店, いい主任級, お岩さま, お高, が牧野信一, ことです, ことを, ごとく埋められて, ごとく植える, ちがう大, ちがった映画, ところが, はっきりした, ものだ, よい万歳, ような, アクの, オヤジである, トウリァ君を, フアンの, ベレ帽を, マスノは, マダムが, モレロに, レストランへ, 一ノ宮も, 一種の, 三つの, 上な, 上に, 下の, 不二洋子, 世界戦争軍総, 中から, 中で, 中村勉が, 丹羽滝川などが, 丹羽長秀は, 乙女が, 人々, 人々と, 人々は, 人が, 人だ, 人で, 人と, 人は, 人を, 仁科という, 位置に, 低い奉仕, 低い点, 佳いこと, 俳優達の, 兄き, 先生らしい, 前置詞オを, 劇場に, 助辞の, 南条が, 厳正さと, 友田さんが, 合わせ方, 吉尾が, 吉江弧雁氏に, 名家じゃ, 名盤, 向島の, 呉服問屋丁吟から, 圓城寺天山氏は, 士が, 売り子が, 売主は, 大きさ, 大山脈, 大幹部, 大物である, 奉行加番の, 女として, 女流画家や, 女給見習いとして, 女郎屋で, 奴が, 好い中劇場, 好い方, 娘連を, 子供達眉を, 孫兵衛丞は, 家々の, 家が, 家で, 対象語の, 小寺も, 小山脈, 小笠原図書頭が, 小笠原図書頭は, 山下氏が, 山口という, 市村なにがしは, 幅に関しては, 府知事大久保一翁で, 弘の, 役者を, 待遇で, 徴兵検査を, 性器であっ, 意識が, 愛人を, 感じを, 招きなどは, 持ち主は, 指辞では, 文は, 晴弥と, 望月彦太と, 木戸が, 木戸の, 松崎半, 某君, 柴田勝家から, 柴田勝家に, 極まつ, 様な, 武士の, 浮田秀家を, 浮田秀家自体が, 淡水湖に, 添え物に, 清助も, 清水粂之助風間兵太郎ほか五六人の, 無眼流, 牛山充氏が, 甚八さんという, 田中光徳親分が, 田子一民君と, 男では, 男も, 町家の, 畑柳に, 眉間を, 社会風潮とともに, 秀家に, 私が, 程度である, 空中曲芸師に, 立派な, 策士で, 結城左京が, 美が, 美を, 群という, 老ボオイ, 老人であった, 者が, 者にても, 者には, 者も, 背後より, 自分から, 若い者, 若侍, 若林では, 英漢數學の, 菊池技師が, 行く, 親分だった, 言葉, 語尾, 語尾である, 貝原が, 身分的上下は, 運転手を, 違いを, 違う本式, 違う親類方, 違った小, 部将以外まだ, 長詩, 間に, 飛騨景経内蔵頭信基左中将清経また, 馬春堂用心棒の, 駒が, 駒井さんは, 高い品位, 高い宿屋, 高い寺院, 高い浄地, 高い譜代, 黒幕に, 鼻かけ, VERONICAが

▼ 格~ (128, 9.6%)

2 あつた, 上洛した, 小林秀雄嘉村礒多, 納まって, 雇書記に, 黒田如水を

1 [116件] あらう二組, いずれも, いらっしゃりましたの, いわば碁会所, おめ, かいがいしく働い, きょろきょろと, ことごとく格別, このサーヴィスぶり, そこには, その人, その信者, その意見, その最初, その現場, その蓋, その辺, つぎ, とうに栄三郎, ねどこ, のんきに, ほんの妄想, みんなと, ものは, やれるよ, ブラドンに, 一人居た, 一同を, 一度私, 万事の, 三階から, 上つて來た, 中に, 主人同, 二足三文の, 五と, 今後は, 他に対する, 付いて, 伏見屋その他の, 伝令の, 伺った訳, 何主義の, 何千石かを, 何気なく例, 僅かな, 働いて, 優勝する, 先生の, 公孫, 共同の, 出かけたの, 分れて, 別扱い, 力を, 勅使として, 北畠家へ, 南方に, 古参の, 吸つてゐ, 坐つて, 塾生を, 外様大名の, 大きなもの, 奥州栗原郷の, 威張りくさってるが, 嫁入り婿取りなどに, 小牧甚三郎という, 少しは, 居た, 居るから, 居る分, 居残ること, 幾分たじろぎ, 引き取られて, 当分良心を, 彼を, 後は, 悠々と, 我々を, 按摩に, 掌に, 数人の, 早瀬に, 明治時代の, 更に判決, 来た手前, 根が, 檀一雄の, 正副の, 殊に藤沢, 永い間ユニバシティカレッヂ, 江戸市中に, 法廷に, 消防に, 生徒が, 用が, 発言した, 白河家の, 相変らず, 禿山でも, 私に, 終わりに, 色々と, 行き, 行くと, 行つた, 訪ねて, 語ろう, 諸国を, 警視庁に, 貧農派は, 軍隊の, 進める, 酒井, 高声に

▼ 格~ (90, 6.7%)

12 介は 11 助の 6 介が 5 介の, 助は 3 介を, 助, 助が, 助に 2 介と, 介には, 介に対する, 介も, 介逃亡の, 助と, 助も, 進様っ, 進様も

1 [21件] 介であった, 介にも, 助から, 助だった, 助らしい, 助以下十二人, 助叔父宮脇志摩を, 助妾橋本みね, 助始, 助小泉を, 助殿, 助瀬田以下の, 助瀬田渡辺庄司白井杉山の, 助番代, 助白井橋本渡辺瀬田庄司茨田高橋父柏岡西村杉山と, 助砲術, 進, 進めに, 進もすすめる, 進も変って, 進何の

▼ 格~ (81, 6.0%)

6 なって 3 して, 入って

1 [69件] あたるあの, あわないとも, おりこれら地主的資格, かかわること, されて, したり, ついて, つけられて, ないん, なったもの, なった訣, なつて, なりまた, なるという, なるの, なれて, はまらない文章, ひきとって, ふさわしい育ち, 上せると, 仮装し, 入った槍, 入らぬが, 准じ, 出雲国造, 制せられて, 加入仰, 取扱われて, 取立てられて, 合うか, 合って, 因つて形が, 外五位の, 大した開き, 対す, 居て, 嵌まった堂々たる, 引き上げられ, 引上げられた, 従ったよい, 思いやがて, 扱わなければ, 扱われて, 擢でられ, 於て, 於ては, 昇ったばかりの, 昇進さした, 漫然と団体, 無いところ, 用いた, 用いない, 監督し, 眩惑されない, 立てられた経験, 置かるべきもの, 置かれたもの, 被召抱, 見えた, 見える, 認められて, 通って, 進ましめた, 進められ隠居, 進められ隱居, 進め禄卅石, 過ぎない, 適した条件, 順じ

▼ 格~ (80, 6.0%)

3 もって 2 見て

1 [75件] おとして, お上げ, くづさぬものを, して, つい気取っ, つくりださうとして, とっかえて, どこか, やって, ゆるされ天下, 一番正面から, 一義と, 下げられて, 与え貫主, 云々と, 低める所以, 作って, 作つて外の, 保って, 保有し, 備へ, 具えたもの, 出ずる, 堕すこと, 墨守せう, 売った老, 外して, 奪われて, 守った椀, 守って, 守り決して, 守り続けて, 守る, 完全以上に, 定めるもの, 定め理, 尊ぶとか, 崩さずに, 崩さないという, 崩しまた, 崩し郷介, 必須と, 忘れての, 忘れ理, 思いっきり声, 成して, 打ち倒して, 持ちませぬ, 推測し, 支配する, 施しそれに, 書き違, 有たなくなりました, 棄て去つて, 構成する, 無視した, 狭める結果, 現は, 確立せる, 磨き店, 示して, 示す, 穿ちて, 築き出します, 考慮の, 落しおったから, 落して, 落す先生, 表す一つ, 見ても, 許されて, 雑器にまで, 離れて, 離れても, 顕現し

▼ 格~ (76, 5.7%)

5 違ふ 3 きまつたら最早 2 ある, ちがう, 下つて, 下るから, 何だか文法, 落ちて, 違わあ

1 [54件] あったの, あつた, いいん, いたく落ちた, いて, きまったらもはや, ずんと落ちる, それに, そろいパナテネー祭, ちがう当然, ついたころ, つく, なければ, よいかに, ようございます, 一枚上であった, 上かな, 上が, 上だ, 上ったの, 上ったよう, 上である, 下なら, 不足だ, 低く見られ, 佳いうえ, 十人よっ, 変つて主格と, 好いもの, 定まり彼, 沢山集つてゐる, 無ければ, 煮しめたよう, 異って, 落ちた, 落ちたでありましょうが, 落ちると, 落ちるとでも, 落ちるよう, 要る, 豊かに, 進んで, 違います, 違うからという, 違うこと, 違うそんな, 違うと, 違うの, 違うので, 違って, 違ひ, 遥かに, 高いから, 高い気品

▼ 格~ (74, 5.5%)

2 でせう, で脚, になつ, をした, をする

1 [64件] がつかない, がつく, がつくまい, が可笑しい, が変つて, が幾分, だ, だから, だけな, だけをあゝ, だつた, だな, だらうあきれたお調子者, で, であつ, でこそ, でね, ではない, では歩けない, でふら, でもあんな, でもが唐辛子, でヒゲ, で両, で掛け並べ, で椽側, で極, で段々, で水際, で畑, で石, で私, で空々しく, で続い, で転, で辛くも, で顔, ときびきび, と云, と舌, ならあの, な人, な小鼻, な軍刀等, に差し出した, に見えるだらう, に見惚れた, のところ, の帯, の悪い, の者, の金眼鏡, の黒い, は想像, も行灯, や鵜, をおも, をし, をしました, を好む, を打ちくつろがせる, を指, を考へ, を見

▼ 格太郎~ (64, 4.8%)

4 はそれ 2 のこと, の心持, の部屋, の顔

1 [52件] がお, が切腹, が命, が多分, が子供達, が長持, と彼女, にし, にとっては単に, にはそれ, にはよく, にはわけ, には迚, にも伝わっ, のす, の上, の仏心, の塾, の大, の恋人, の悲しみ, の惨死体, の指, の接近, の死体, の病気, の苦悶, の葬式, はうす, はきっと, はこの, はじっと, はそう, はその, はたった, はたのもしい, はつらかっ, はやがて, はわれ等, は今日, は少年時代, は段々, は気ぶり, は表面, は見つかり, もまだ, ももう, も微笑, を塾, を夫婦, を愛撫, を生じ

▼ 格~ (59, 4.4%)

3 のハイランド地方, 及び愛蘭 2 のエディンバラ, の求婚説話, の統計報告, の領地

1 [45件] からすてき, から帰っ, から英蘭, では人間, では英蘭, では通常, で配附, において大いに, における下層階級, における人口減少, における死亡, における結婚, にも自治, のある, のゲエル人, のネス湖, の人口増加, の他, の出生超過, の地方教区, の増加, の多く, の婦人, の平均的状態, の教区, の死亡率, の湖, の片田舎, の牧師, の百姓, の総, の羊飼ども, の記録簿, の貧民, の貧民法, の農民, の農詩人, の鴉, はそれでも, は常に, は英蘭, や愛蘭, を襲った, を除いた, 及び英蘭北部地方

▼ 格~ (25, 1.9%)

2 の男, をし

1 [21件] が出来た, だが, だけは美事, で寝, で巻煙草, で節, で胡坐, な姿, な富士, な鶩, に材木, に足, のいい, のよい, の巖疊, の恐ろしい, の手拭, の機械, の者, をつけね, を多く

▼ 格~ (24, 1.8%)

3 して 2 が始まりました

1 [19件] か何, がほんの, が一瞬庭, し, し乍ら, となつ, などがさういふ, などをし, には八十人, の力, の後, の數分間, の激し, の稽古, の陰, はかなり, をする, をなされた, を感じ

▼ 格~ (23, 1.7%)

2 なって

1 [21件] いうに, いうので, いえば, いおうなら, いって, いへば, いわなければ, して, なり次いで, なる話, 乙格と, 同様音も, 待遇は, 申しお嬢さん, 発想上の, 相嫌い, 考へる事, 色気が, 見なければ, 言ふべき, 財産とを

▼ 格~ (22, 1.6%)

1 [22件] おうち, おちるが, お馬廻り位, くずしたくないと, さまで低く, のけ反ったかと, まさしく山楽, 丁度紳士道, 下がるものの, 与へられて, 世界中或, 世界各国の, 低かつ, 全で, 反対の, 定まらなくなった, 小久保薫それに, 庄内の, 招かずとも, 早世した, 甚深の, 黒犬の

▼ 格之進~ (17, 1.3%)

1 [17件] が取り揃えた, が捧げ持っ, が来, が逸早く, でご, という武士, には妙子, に与えたで, の老眼, は, は不意, は島, は引っ込んだ, は彼, は海上, は自刃, は血刀

▼ 格として~ (13, 1.0%)

1 [13件] まず席, 事業の, 信仰する, 働いて, 働くかたわら, 充分見る, 勤めて, 大町針ノ木峠平刈安峠佐良峠五色ヶ原立山剱祖母谷大黒という, 居宅は, 意味は, 我々は, 自他共に, 邸に

▼ 格~ (12, 0.9%)

2 法も 1 あってね, がっちりし, そんなに違, ちがう, なく何, はっきり見知らなかった, 心得て, 振り捨てて, 立派で, 立派なら

▼ 格~ (11, 0.8%)

41 からなあ, から餘, か二格, か考えず, が中, が時々, などと支考

▼ 格から~ (9, 0.7%)

2 いっても 1 しても, 下は, 云わなければ, 有無を, 見れば, 言つても, 言へば

▼ 格~ (9, 0.7%)

3 を無視 1 に適つて, の堂, は論外, を取っ, を書いた, を見習っ

▼ 格である~ (8, 0.6%)

2 から行人坂 1 があれ, がかうした, が利家, 大熊老人の, 岡本吾亮にまで, 張昭は

▼ 格~ (7, 0.5%)

1 だけにこの, のか, のであらう, んだ, んだろう, んでしょう, 書の

▼ 格には~ (7, 0.5%)

1 この秀次, づれた詩も, まつた, まつて, わかって, 一脈の, 過ぎた風情

▼ 格二郎~ (7, 0.5%)

1 などの方, にし, に違い, の二人丈, の疑念, はまんまと, は凝視

▼ 格~ (6, 0.4%)

2 をし 1 がつかない, であらう, をした, をつくつた

▼ 格~ (6, 0.4%)

2 のい 1 のいい, のよい, も見事, よくどっしりと

▼ 格では~ (5, 0.4%)

1 あるが, なかつたやう, なく集会所, 丹羽長秀も, 十五年の

▼ 格という~ (5, 0.4%)

1 ことだった, ことを, ものが, ものに, 段式を

▼ 格にも~ (5, 0.4%)

1 ない遊ばせ, なれば, 共有の, 列しました, 無い気前

▼ 格です~ (4, 0.3%)

2 ね, ネ

▼ 格にな~ (4, 0.3%)

2 つてゐた 1 つてこの, つても

▼ 格ガラス~ (4, 0.3%)

1 に現われる, の上, の右端, を透かし

▼ 格~ (4, 0.3%)

1 あるを, ある官府, の一定, を破った

▼ 格~ (4, 0.3%)

1 では若い, に三十六, に同様, に置い

▼ 格~ (4, 0.3%)

1 に目ざまし, のごとき, の上, の内部

▼ 格~ (4, 0.3%)

1 儒者, 儒者被, 小姓場御, 附御

▼ 格~ (4, 0.3%)

1 が前, などからさえこの, などに記念品, はユネスコ

▼ 格~ (4, 0.3%)

2 は六十円以上 1 は三十円, 計十四社

▼ 格ある~ (3, 0.2%)

1 ものでした, 整正, 用意の

▼ 格さん~ (3, 0.2%)

1 である, を演, を演ら

▼ 格だの~ (3, 0.2%)

1 主格だ, 仲間の, 昔の

▼ 格づけ~ (3, 0.2%)

1 がきまろう, てくれない, に従属

▼ 格なる~ (3, 0.2%)

1 ものが, ものについては, ものの

▼ 格にまで~ (3, 0.2%)

1 並んで, 祭り上げた以上, 祭り上げられたが

▼ 格~ (3, 0.2%)

1 あらゆる外國人, などの彩衣, めきたれど

▼ 格以上~ (3, 0.2%)

1 の役人, の者, の見識

▼ 格~ (3, 0.2%)

2 の良い 1 も男

▼ 格~ (3, 0.2%)

3 の格

▼ 格~ (3, 0.2%)

1 であるほど, な形式美, の食用

▼ 格蘭得火太立旅館~ (3, 0.2%)

1 がそう, という物々しい, の老

▼ 格する~ (2, 0.1%)

1 こと多い, 事出来申さず

▼ 格だった~ (2, 0.1%)

1 かも知れぬ, んだ

▼ 格であった~ (2, 0.1%)

1 のである, ような

▼ 格でも~ (2, 0.1%)

1 ありまた, あり演出者

▼ 格としての~ (2, 0.1%)

1 子路に, 用語例に

▼ 格としては~ (2, 0.1%)

1 下輩, 都新聞などよりも

▼ 格にて~ (2, 0.1%)

1 聯合軍の, 試みしが

▼ 格によって~ (2, 0.1%)

1 応戦し, 持ちづえ

▼ 格はずれ~ (2, 0.1%)

1 な執心, の用法

▼ 格より~ (2, 0.1%)

1 組頭組頭よりは, 足軽帯刀の

▼ 格らしく~ (2, 0.1%)

1 中央の, 学校の

▼ 格一さん~ (2, 0.1%)

1 に検, に請う

▼ 格三郎老人~ (2, 0.1%)

1 の弁慶蟹, も見えなかった

▼ 格~ (2, 0.1%)

1 な折, ひを

▼ 格~ (2, 0.1%)

1 で薄, もかね

▼ 格外れ~ (2, 0.1%)

1 でそれで, なお礼

▼ 格天皇~ (2, 0.1%)

1 は御, 御即位

▼ 格太郎夫婦~ (2, 0.1%)

1 の名, の生涯

▼ 格套的~ (2, 0.1%)

1 に某, に運氣

▼ 格~ (2, 0.1%)

1 御医師, 御医師石川貞白五十八

▼ 格~ (2, 0.1%)

1 の上, は美女

▼ 格相応~ (2, 0.1%)

1 な構え, の構造

▼ 格~ (2, 0.1%)

1 であること, の生活

▼ 格~ (2, 0.1%)

2 の弁

▼ 格落ち~ (2, 0.1%)

1 がする, して

▼ 格藩士~ (2, 0.1%)

1 の生活, は全国

▼ 格語尾~ (2, 0.1%)

1 としての成立, の様

▼ 格~ (2, 0.1%)

2 を崩さぬ

▼ 格~ (2, 0.1%)

1 であるが, となり

▼1* [133件]

あり此の, 格お前たちが退れ, 格がちがふ, 格ぐらいで戦功, 格ぐらいのからだの, 格さがった揚屋へ, 格相摩した, 格しか持つこと, 格したから貴人, 格じゃあねえ黙って, 格せぬやうに, 格だけは断じて崩すまい, 格だけを次の間に, 格だろうと思っ, 格つけをした, 格づけされたような, 格てえものが, 格であり乍ら, 格でありましてまことに, 格でございますからね, 格といった所が, 格といふものを, 格とはいえこう, 格とを重ン, 格ながら羽振りの, 格など大急ぎでは, 格などというと, 格などというような, 格などといふやうな, 格などはどうでも, 格なりしと思ひ出し, 格においてのみ保たれるの, 格に当たる私が, 格のてにをはなる, 格べつな御, 格みたいに正確, 格めいた調子で, 格押韻やの, 格て知, 格をも有しないで, 格ストオヴは鉄, 格援ク魯西亞, 格に貼つ, 格に軍艦奉行, 格既に発達, 格乃ち本句に過, 格二十何名かをいちどに, 格二郎偽りの涙, 格五十俵御足四十俵, 格を保てり, 格と鳴い, 格先生のプロフイル, 格公卿らの間, 格内毎半葉十二行行十八字乃至二十二字, 格准医補生口拡, 格荒い為事, 格別ちがつた, 格の前, 格されたもの, 格及び格の, 格の説, 格周迪は奥医師, 格土蘭人の常食, 格士族が多く, 格大坪流の槍, 格大目付格の人々, 格太郎めを嘆い, 格太郎様の身辺, 格奥勤であつ, 格宇喜多中納言と裏切者, 格しつつ, 格小野圭庵の如き, 格山本毎氏と争い, 格崩しての包囲攻撃, 格と共に腹痛下痢, 格律森厳毫も老, 格恰樋水車なんどが面白い, 格拉第を知った, 格持筒足軽仲間の四段, 格無敢稍怠, 格時としては感動, 格松井一族をどう, 格梅原龍三郎中川紀元堀口大学の諸家, 格榊原勘解由大番頭石川内蔵允, 格構父が眼, 格ともつかぬ, 格檣型の層襞, 格檣襞服をつけたる, 格正方内に一つ, 格武士である門田与太郎, 格殺したり岩, 格殺したその穴, 格清助にも手伝わせたら, 格と, 格熟達の風, 格の天地造化, 格物究理の洋学, 格物窮理の域, 格の格, 格的形式とは全然, 格的用語例の意識, 格社一万八千九百計二万二千四百十三社, 格社二百円以上の現金, 格社五万千五百六十六計五万七千二百三十八社, 格社以上の社殿, 格社金毘羅社という, 格も殊, 格肩つきばかりはみじめ, 格亭亭, 格致し人道を, 格致学院という陽明学派, 格致科農科工科商科の八分科, 格蘭人のハトン, 格蘭僧侶の学識, 格蘭全体につき計算, 格蘭兵と戦つて俘虜, 格蘭各所より近年移住, 格蘭土に遊び, 格蘭土縞のワンピース, 格蘭巡遊中で暫く, 格蘭折衷式の城, 格蘭流の救済, 格蘭議会の承諾, 格誠格敬無敢稍怠, 格論者の思想, 格豫言者の概, 格赤城泰舒河崎夏子有島信子諸君の顔, 格障子を見た, 格高い貫禄重みの, 格鬪はんため却つてかの者, 格鬪中ともすれば逃げられ, 格魯密母求めも, 格魯謨色の輕