青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「文字~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~數 數~ ~文 文~ ~文化 文化~ ~文句 文句~ 文壇~ ~文字
文字~
~文学 文学~ 文學~ ~文明 文明~ 文献~ ~文章 文章~ 文芸~ 斎~

「文字~」 7080, 70ppm, 1623位

▼ 文字~ (1561, 22.0%)

24 書いて 23 用いて 21 見て 20 読んで 18 もって 13 見ると 11 書いた 8 拾って 7 用うる 6 並べて, 読むこと, 読んだ 5 教うる, 消して, 読むと

4 [11件] つかうこと, 使って, 使用する, 大切に, 書いたもの, 書くこと, 眺めて, 知って, 見た, 記入し, 読もうと

3 [24件] かいて, つかって, 使用し, 列べて, 当てて, 彫刻した, 探して, 書きますが, 書くよう, 書ちらし, 用い, 用ゐ, 眼で, 縦に, 落して, 見せた, 見た時, 見ながら, 見るよう, 解して, 読みながら, 識って, 識る, 透して

2 [91件] かきつけて, ここに, これだけ, そのままに, その中, つらねて, とって, どんなに沢山用い, ぼんやりと, 九文字に, 人に, 使うこと, 使えば, 使っても, 使用した, 使駆し, 再吟味, 冠らせた, 出して, 刻した, 刻んで, 印したる表紙, 印刷した, 双鈎刊刻, 吸取った跡, 左から, 彫って, 忌んで, 感じても, 扱ふ, 指して, 教えて, 数へて, 書いたから, 書いたの, 書いたり, 書いた紙, 書いては, 書いても, 書かなければ, 書きながら, 書き入れて, 書き直して, 書き走らせずに, 書く, 書くの, 熱心に, 現わし, 現わす, 用いたの, 用いること, 用いるに対して, 用うれ, 用ひ, 用ゐた, 用ゐる, 異にし, 異にした, 畳の, 眺むれ, 眺めた, 眺める, 知らない, 知り記録, 知れば, 習ひ, 翻訳する, 胸に, 見たこと, 見つめて, 見ては, 見ること, 見付けたらしい, 見詰めて, 覚えて, 覚えてから, 覚える時, 解釈する, 記して, 読これは, 読みほごす知能, 読みました, 読み下した, 読んだの, 調べながら, 讀んだ, 讀んで, 連ねること, 重ねかけたるも, 鐫って, 駆使する

1 [1085件 抜粋] あさった, あてはめて, あてはめるの, あやつつて, ありありと, あわせてから, いくつも, いろいろに, うねらせて, おくつたと, おぼえ彼, お杉, お選び下, かえて, かきました, かけば, がんりきの, きりぬいて, くっつけて, こう書いた, こたえました, この数年, こんな間柄, ごらん市川海老蔵, しげしげと見つめ, しっかりおぼえこん, しるした紙, じっとながめ, じっと眺め, すかしすかし探さねば, すつかり消して, ずいと指さし, そのままの, そのまま眼前, その下, その封筒, その数位, それぞれに, ただたい, たどたどしく拾い読み, つかえば, つくり出しそれ, つけて, つけるの, つづって, つらぬいて, つらねなお, とったもの, とりはらつて, どうやらぬたくりおる, どの程度, なお見入っ, ながめながら, ながめると, なにげなく口, ならべながら, のたくるよう, はじめに, ひと目に, ひねって, ひろう, ふとくしるし, ほしいまま, ぼんやり見まもった, また教え, まるで上下さ, みつめた, みて, もたらしたであろうこと, もってのみ, もつに, もて書いた様, ゆっくりと, よく御覧, よく空ん, わすれましたが, われわれの, ゑりつけよう, サッと見, デタラメに, 一つ一つに, 一つ一つ丹念に, 一つ一つ辿っ, 一切抜きに, 一字おぼえ, 一字と, 一途に, 下駄で, 世間に, 並べたのみ, 並べるであろうが, 中川は, 二つずつ, 二三度繰り返し, 二字ずつ, 二月という, 互の, 今の, 仮りに, 仰ぐと, 伝えたという, 佃が, 何げなし, 何度怨めしく, 余り使ひたくない, 作ったこと, 作つた, 作りたるぞ, 使いました, 使う, 使うよう, 使う語, 使ったの, 使った世の中, 使った文章, 使つてゐる, 使ひ, 使ふこ, 使わなかったところ, 使用したい, 使用し始めた, 使用すれ, 信ずるもの, 偏信する, 僕たちに, 充てたるもの, 入れたハガキ, 入れた黒リボン付き, 入れる入れないと, 入れ違えた仮名, 八字ずつ, 公衆の, 其の四つ, 再び読み解い, 冒頭に, 冠して, 凝と, 凝視めながら, 切抜い, 初めて使用, 判読できる, 利用し, 刷した, 刷つて貰つてそれに, 刺繍と, 刻するという, 刻せる, 刻みたり, 刻む針, 刻んだ墓石, 割愛し, 創造し, 十分に, 印したる凸凹道, 印刷し, 取りそのまま順序よく, 司ろうと, 名に, 含んだ外交文書, 味は, 問うため, 嘲笑的に, 四角に, 在来の, 埋めた立派, 埋めること, 墨痕りんりと, 夙くから, 大きく書いた, 奇縁という, 女房の, 始め半ば絵, 媒介と, 学ばしめて, 学ぶ喜び, 學び近代武器, 學ぶ悦び, 宛てたが, 宛てた者, 宛てられたこと, 寄せ書, 射ぬいて, 尊属虐待侮辱等の, 小さく書く, 少し前, 山崎が, 差し加えると, 帳面へ, 広義に, 庭先の, 弄し, 弄ぶよう, 引き去った残り, 引くと, 当てたがる, 当てながら, 当てられたと, 彫つた鼈甲, 後に, 後に貽, 得たので, 得意そうに, 御覧遊ばした, 心に, 心得んでも, 忘れては, 思いだした, 思いだすさえ, 思い出すの, 恬として, 悉く我々, 惜し気, 愛する支那人, 愛読した, 戸籍の, 手近の, 打ち出すこと, 打ち込んで, 打砕かんとして, 抱いたらう, 担ぎ出さなくとも, 拭き消したよう, 拵えるため, 拾いよみした, 拾い読むこと, 拾うて, 拾った, 拾つて克明に, 拾ひ讀みし, 拾出し, 持って, 指さすと, 指すと, 指差して, 按ずるに, 挿入し, 捜したが, 捨つるは, 捺しただけで, 採用する, 掲げた売卜者, 提出する, 改めこの, 改めて大黒, 改めて武太, 教えても, 教えられては, 教え針, 数えつつ, 料理する, 早く読む, 明確に, 易へて, 星學の, 普及させ, 暗示した, 書いたあと, 書いたしるし, 書いたという, 書いた人, 書いた張紙, 書いた板切れ, 書いた紙上, 書いた羊鍋, 書かせその, 書かせ末弟, 書かれた, 書かれて, 書きこんで, 書きしとは, 書きたるは, 書きだした, 書きつけたもの, 書きつけて, 書き且つ, 書き変えた以外, 書き直すこと, 書くことさ, 書くなり, 書くのみにて, 書く人間, 書く位, 書く元気, 書く爲, 書こうとも, 書して, 書て, 書習おう, 書附る, 有せざる, 朗読する, 未亡人小石氏里恵の, 染めた紅色, 染めぬいた布, 様々に, 標題に, 模様風に, 横の, 此頃習いたての, 歪める働き, 殺すのみに, 求むるなら球陽, 求めそれ, 洗って, 洗ひ落し, 活動写真の, 流れるリズム, 浮き彫りに, 消し題, 深井に, 混用した, 漆で, 濫用し, 無視し, 照合し, 珍しさうに, 現し裏表, 現わすらしい, 甘くも, 用いしめたの, 用いず以, 用いたにも, 用いたもの, 用いたるところ, 用いた例, 用いた所, 用いても, 用いまた, 用いるの, 用いる語, 用い始めたの, 用い法, 用い給うたが, 用ゆる, 画いて, 発明した, 発見し, 的に, 目で, 真実ならぬ, 眺めたこと, 眺めなおしただろう, 知ったか, 知ってるただ一人, 知つた人の, 知つてゐれ, 知らざるの, 知らず学問, 知らず色糸, 知らないの, 知らない人, 知らない朦昧, 知らなかった先生, 知らなかつたので, 知らなくとも, 知りはじめつつ, 知ること必要, 知るに, 知る事, 知る人たち, 知る国民, 知れりや, 示したならば, 示しました, 私でさえ, 稽古おしなさい, 空中に, 突破し, 簡略に, 精出して, 紙という, 紙の, 統一した, 綴って, 綴るなら知らぬ事, 緑がかった, 縫うて, 織りなしぬ, 置く, 羅列したる, 習い国上, 習うて, 習うという, 習う必要, 考えこんで, 考えるとき, 脳膜へ, 自然に, 良人は, 葛藤と, 蒼穹に, 衣と, 表紙や, 装つて身辺の, 製造する, 襲用した, 見かけますたんび, 見ごとに, 見たが, 見たとき, 見たの, 見た瞬間, 見つけだして, 見ながめるや, 見ました, 見られた最初, 見るだけの, 見るのみ, 見る時鵬斎米庵ら, 見上げた, 見入ったが, 見出した, 見出す時, 見詰めた, 視神経で, 覚えたかと, 覚えた人々, 覚えまた, 覚えること, 覚える以前, 覚え込んで, 解すること, 解するもの, 解す男, 解せざる愚民, 解読し始める, 解釋する, 訓によって, 訓んで, 記したる紙, 記す風, 記せる紅白, 認めた, 認めました, 認め是非, 語彙の, 説いて, 読まうと, 読まなくても, 読みきって, 読みそれから, 読みつづけた, 読みとること, 読み上げて, 読み判じて, 読み得る点, 読み立てたかと, 読み習うるの, 読み解き小石, 読む, 読むの, 読むよう, 読む社会層, 読む許, 読めない人, 読もうという, 読んだが, 論議する, 識らなかっ, 讀みだします, 讀み上げた異, 讀み始める手, 讀むと, 讀んだ筈, 貼りつけた飾窓, 赤くした, 足あとで, 軽く使う, 輝やかす, 辛うじて読ん, 辿った, 辿って, 辿りかけると, 辿ると, 透かして, 造る時, 連ねたもの, 連ねましたですから, 連らねる, 遠くから, 選ばない事, 選んで, 邦訳し, 重ねる必要, 金文字に, 鉄縁の, 鐵縁の, 長く見詰め, 閉めた方向, 陳ね, 雀が, 雅馴ならず, 集めると, 離れて, 音の, 順序に従って, 頼りに, 題して, 顯はしゐたる, 駆逐する

▼ 文字~ (1072, 15.1%)

30 上に 18 ような 10 ままに 9 中に, 霊の 7 上の, 意味が, 意味を, 間に 6 上から, 上では, 上を 5 あるもの, やうに, 上で, 下に, 見えない自身たち 4 ために, なかに, 上での, 代りに, 痕が, 精霊の, 羅列に

3 [23件] ことは, なかった, ほかに, 中から, 中には, 外には, 如きは, 形に, 意味は, 意義を, 手紙が, 手紙も, 手紙を, 方が, 書いて, 本が, 為に, 看板が, 看板を, 精は, 素養が, 通りに, 重さ

2 [59件] あたりを, あとが, ある何処, いざ月, かすかなる, ことに, ごとく, さし示す, つかいかた, とおりに, ない雑誌形, にじり書, やうな, 上だけ, 上には, 上にも, 上へ, 中にも, 二倍だ, 交を, 刻し, 前で, 力を, 同一は, 名ぞ, 名前が, 國で, 形で, 形の, 形を, 形式を, 意義に, 提灯, 教育は, 数が, 末に, 様式に, 次の, 洋書が, 淡青さ, 用ある, 用法を, 短刀を, 示す通り, 精の, 羅列で, 美しさ, 義からの, 表に, 解釈に, 記録を, 誤を, 読めぬ人, 跡を, 輪廓若く, 間から, 間を, 霊が, 音義を

1 [710件 抜粋] あいだから, あざやかな, あつた, あとも, あやで, あらゆる凸凹, あること, あるところ, あるの, あるやつ, ある人, ある娘, ある小, ある所, ある札, ある男, いかにも後, いくつらね, うえへかが, うち, うちに, かかれたの, かかれて, かすかな, かたちが, かたはらに, ぐあいでは少なくも, ことです, こと旅行の, こみいつたスタンプ, ごとく山中, ごとく考えれば, しかも漢字, すがた, すべてが, せいで, ついた看板, つまったしみだらけ, できた一つ一つ, とおりには, とおり暁の, ところだけに, ない人たち, ない市人, ない時代, ない者, ならべかた, はいったもの, はいった扉, はいった皮表紙, ひとつひとつが, ひとつひとつも, びらを, ほうから, まだない, まったき義, ままが, ままなら, ままを, まま彫りつけ, まるで違った, まわりを, みいつまでも, むずかしいこと, めんどうを, もとに, ものに, やうには, ようでも, ようには, よめる男, らく書きは, わからない勤労婦人, クロス, サイドタイトルなどを, スタムプが, デザインに, ネオン標識を, ヘタな, マークを, 一つ, 一つづつ上のを, 一つの, 一つ一つに, 一つ一つは, 一と, 一ツも, 一字, 一字も, 一字一句が, 一方には, 一方窓に, 三大, 上, 上でこそ, 上において, 上にだけ, 上より, 下から, 下を, 下手だつた, 世界だけで, 世界といふ, 並んで, 中同じ, 中昔は, 主が, 乱れは, 乱れや, 了解を, 予言は, 事も, 事を, 事件, 二十五字さえ, 二旒の, 交あり, 人で, 人なりと, 人を, 今日の, 他の, 代わりに, 代用を, 位置や, 位置を, 何処か, 余韻の, 作用をも, 作者は, 使いようが, 使い方だけの, 使い方によって, 使ひ, 使用, 使用者が, 使用頻度の, 便宜を, 信号法を, 個所にあたる, 働きを, 儘に, 光りを, 全文を, 内から, 内容に, 写しであった, 写真を, 出て, 出所を, 出来が, 出版広告が, 刀, 初めて見えた, 利用せられなかつた, 利用せられぬ, 制限の, 刷って, 刺繍が, 刻みも, 刻んで, 前には, 功は, 加減などが, 千文字を, 単語が, 印刷し, 口が, 古い世頃, 古き洋書, 古き蘭書, 古さ, 史料地下地上の, 右肩に, 右肩には, 名詞は, 味で, 問屋と, 嗜みの, 嗜みも, 国だけに, 国においては, 土水の, 墨も, 墨入れを, 墨色を, 声ことごとく, 変遷によって, 外に, 外七福神とか, 外春信が, 多い文句, 多く見られる, 大きい漢籍, 大きさ, 天誅これを, 太刀脇差を, 如きもの, 如くその, 如く吏員, 如く真実, 如く絵, 如く解すれば, 如何によって, 始源である, 姿に, 婆さんの, 婆さんは, 媒介に, 字体から, 字母創成で, 字義を, 学が, 学も, 学問の, 学術的な, 対象であります, 小の, 小舟が, 少いもの, 少しずつ, 巧を, 常習的困難を, 平方の, 幻を, 形が, 形であった, 形式の, 彫刻し, 得て, 必要が, 必要を, 応用は, 性格を, 恰好まで, 悪よ, 意味から, 意味で, 意味とは, 意味どおりに, 意味も, 意義から, 意義その, 意義でござる, 意義の, 感覚を, 成立まで, 或る, 或る限られた, 扁が, 手紙である, 手紙最後に, 技巧を, 技術は, 抜打ちを, 拓本の, 拘束を, 持って, 持つ内容, 排列も, 描き出す心像, 提灯は, 提灯を, 提燈を, 放蕩といふ, 故も, 教育, 教育が, 教育を, 教育をも, 数でも, 数多きこと, 数繋ぎ繋がる, 整理に, 整理によ, 敷物ダマスカス鉄の, 數が, 數もちが, 文学に, 文献的起原は, 新しい彫りこみ, 新威力, 方からも, 方は, 方を, 日本訳は, 日記に, 書いた幕, 書いてない白紙, 書かれたるもの, 書き方が, 書き方に, 書ける筈, 書に対する, 書を, 書多く, 書物であります, 書誤つ, 書面を, 末を, 末節が, 本, 本に, 本も, 本質が, 札が, 業に, 極端に, 構成によってしか, 様式を, 標本を, 横に, 横看板を, 歌を, 正確さである, 死物に, 永劫に, 氾濫の, 活字によ, 流し込み活字, 浮かし彫りじゃ, 消えかかって, 満載された, 濃淡が, 灯りが, 無かった, 無かつ, 現れた広告電燈, 理想を, 理解が, 用い方, 用法が, 用法や, 甲羅を, 男名前なぞ, 画に従って, 異つたもの, 異同を, 異国の, 痕を, 発明が, 発明であり, 発明は, 発明以前から, 白い旗, 直観的煩雑性を, 相違で, 省略が, 看板は, 眞ん中の, 真下に, 真実を, 知識の, 知識まで, 研究など, 示すが, 示す如くすなわち, 示す如く中間, 示す悪い, 社会では, 神の, 神トット, 神トットの, 稍褻に, 種類は, 稽古は, 符号を, 第一番, 算所と, 精共が, 精霊である, 精霊については, 精霊共の, 純粹性, 紙を, 細い線, 細長い大, 組みあわせは, 組合せで, 経文三代の, 絵画化が, 綴られた古代, 綴り方, 編み込んで, 縦に, 署名を, 羅列であった, 義を, 翻訳を, 考証や, 背ろに, 背を, 背後の, 脇差籠手脛当, 腦裏を, 色で, 色を, 色盲検査表を, 芸術たる, 蔵書も, 薄被を, 行と, 行列です, 行列も, 表札が, 表現, 表現を通して, 表記法のみに, 表面から, 表面のみを, 装飾を, 裏に, 裏の, 裏面を, 製造元である, 褪せた古ぼけた洋書, 見えるの, 見える紙片, 解読に, 解釈が, 解釈などに, 解釈の, 解釈のみ, 訂正が, 訂正を, 訓読などを, 記伝に, 記憶は, 訳文, 話を, 誤りを, 誤植に対しては, 誤植よりも, 読みとられるプラツカード, 読み方さえも, 読めない人, 読めない人々, 読めない大学生, 読めない彼女, 読めない連中, 読めるほど, 読めるほどの, 諸所, 謄写に, 講釈など, 資料が, 賊と, 質が, 走り書きの, 起源を, 足りない処, 跡が, 輸入以來我々は, 通りの, 通り正直に, 通行券を, 造詣の, 連發である, 遊戯などで, 遊戲と, 運びで, 遣い方, 遣ひ方, 遣口, 邪魔に, 部分に, 配列が, 配列にしか, 配置に, 重なったぐあいは, 金の, 金具が, 金看板が, 鉄道線路の, 鉢巻の, 銭面と, 鋳出されて, 錯誤も, 鑑定が, 間からでも, 雅馴なら, 雑誌や, 電文を, 霊, 霊などという, 霊についての, 靜的線は, 音を, 音表的作用を, 韻律である, 順序を, 頻度を, 額だつた, 類は, 風情に, 駆使の, 駆使表現技法などに, 魅惑に, 魚に, 麻酔で

▼ 文字~ (891, 12.6%)

22 書かれて 18 書いて 10 あった 8 あつた, ある 6 ありありと, 目に, 記されて, 読まれた 5 したためて, 刻まれて, 現われて 4 あって, 一面に, 並べて, 彫って, 現れて, 現われた, 見えた, 見える

3 [15件] あらわれて, 並んで, 亦これ, 使って, 出て, 宛てて, 彫られて, 彼の, 眼に, 私の, 見えました, 記して, 認められて, 読めた, 頭の

2 [54件] あざやかに, あったという, あったの, あらわれました, あり, あります, ありますが, あるが, あるそれ, あるぞ, あるだけ, あるの, かくあらね, しるして, ついて, つかわれて, つらなって, なかつた, はっきりと, びっしりと, ベタ一面に, 乱雑に, 乾く, 二十五, 二十五ある, 何か, 何を, 出來, 刺繍し, 刻んで, 半分消えかけた, 多い, 引立たない, 描かれて, 明らかに, 気に, 沢山ある, 浮びました, 無くなって, 紫印金だ, 羅列され, 見えて, 見えなければ, 見られると, 誌され, 誌し, 認めて, 読まれる, 読める, 讀まれた, 赤鉛筆で, 違って, 頭に, 黒

1 [601件 抜粋] あしらッて, あったドノバン, あつて, あべこべに, ありあり画, ありその他不遜, ありますから, あり他, あるから, あるぐあいといい, あること, あるし, あると, あるので, ある丈, ある中, あれば, あんなだつた, いかなる行, いかにもその, いかにも奇態, いずれも, いまだに印象, いやと, うす彫り, うまく載つ, おかしいという, おしてある, お読め, かいて, かかげられて, かすかに, かなりの, きたれば, ぎっしり詰まっ, ぎっちり書きこん, ぎつしり詰つたテキストの, くっきりと, こう見えた, この説話構成, この風習, これと, これには, さつと頭, しかも正しく, しだいに強く, しばしばみえる, しめして, じつに不審, すっかり消え, すなわち学問, すべて悉く, そのままに, そのまま生き, その上, その事実, その名, その紙片, それに, たいがいヒラガナの, たくさん目に, たしかに女文字, たつた三行, たびたび出, だんだん小さく, ちゃんと書いたるじゃ, ちょっと見当らない, つかって, つかわれそれから, つけて, つづられては, つながって, できた, できる, でき機構, とうとうそこ, ところどころ剥げ, どうしてあらわれ得るだろう, どの位, どれほど, どんな遠く, ないの, ない時, ない有様, なお現われ, なかった, なかつたため, ならべて, なんと, なんという, ぬき取られて, はいった後, はげしく往来, はっきり見え, はつきり印刷され, はつきり残つてゐた, はなはだ多く, ひととおりでない, ひどく強く頭, ぴったり来ない, ふと眼, ぶらさがって, ほとんど擦れ, ぼんやりと, また一つ, また仙術, また私, まだ貴重, まだ青々し, まるで燐, みつからない, みんなよめた, もう何となく廃滅, もっとも劇烈, もつ宿命, ものも, やがてこの, よくあて, よくわからず, よく示します, よく見られる, よく語ります, より多く, わからないの, わかるやつ, わかるよう, わが国に, ギッシリと, クッキリと, シドロモドロと, スタインには, トラックの, ハイカラにく, ハッキリしない, ハツキリと, ヒタカミの, ヒラヒラと, ピョコンと, マリ子にも, モレロに, ルーズに, ローソクの, 一つの, 一つも, 一つ一つ花に, 一つ一つ茨に, 一つ詩の, 一列に, 一字も, 一字一字読み下される, 一種変更した, 一般普通の, 万能である, 三つ続く, 三角形を, 上手であった, 不必要, 不揃, 不明である, 不適当, 与える概念, 二つに, 二つ私に, 五個鮮かに, 五六行, 五行ほど, 仄かに, 今度は, 今日の, 仰がれる, 伝えて, 何かで, 何かの, 何と木曾義仲, 何よりの, 何れの, 余りにも, 余り無学文盲, 作り出されるよう, 使つてある, 使われて, 使用され, 使用される, 使用せられ, 傳は, 先に, 入口に, 全くない, 全部判読できたなら, 共通であっ, 兵馬の, 出る, 出るの, 出来その, 出来書くこと, 分りませんが, 切実に, 列ねられた, 列挙され, 初めから, 刷られて, 刻し, 刻せられて, 刻って, 刻まれたと, 刻まれ則面, 刻り付けられ, 刻んでありますので, 割烹の, 加へ, 十分に, 印刷し, 反射し, 古びた壁, 右から, 名前と, 吸収され, 哲学の, 四五段ほど, 四十八しか, 四民の, 墨の, 墨色も, 夕日に, 多いの, 多くなっ, 多過ぎる, 大きな活字, 大きな痣, 大体において, 大手を, 太く賑やか, 好きで, 如何いふ, 嫌ひだと, 嬉しからぬ, 存在に, 宗三郎の, 定められて, 宛て, 実にはっきり来る, 小柄で, 小法帖, 少からず用いられ, 少し合点, 少ないため, 崖際の, 左手書きである, 己の, 帰るに, 平仮名で, 幾つある, 幾字ある, 幾行も, 延びて, 張りつけられて, 当時を, 形に, 彫つけ, 彫つけて, 彫りつけて, 彫りつらねて, 彫り付けて, 彼を, 得られる, 微妙な, 心が, 必要に, 忙が, 思い出せねえで, 悪いと, 悲しく残っ, 意味あり, 意味を, 懐しく思われ, 我が国号として, 承知しない, 持つファンタジー, 採用せられる, 掲げて, 提灯に, 摺れて, 數知れぬ, 文字そのもの, 文字そのものの, 文字としての, 文書内に, 斧で, 断続した, 新聞の, 明滅し, 明白と, 普及し, 普及した, 書いたらのみ, 書かれた左, 書かれる, 書きつらねて, 書き入れられる, 書き聯, 書けるであろうか, 書けるという, 書けるの, 書けるよう, 朝鮮の, 来ても, 東洋の, 果して卜, 染め抜かれて, 染め抜かれ上部, 案出され, 桑原家の, 楷書で, 模様の, 横文字であった, 次々に, 此説話の, 歴々と, 残った, 残って, 母の, 毛彫りに, 毛書きに, 気がかりで, 気の, 水の, 江戸の, 活字で, 流れ出す快感, 流行語と, 浮かんで, 浮きだして, 浮き上がって, 浮き出して, 浮彫り, 深く刻まれ, 深く私, 混って, 湧き起こる, 滅茶苦茶に, 濃青, 火事を, 灯の, 炙り出されて, 無いばかりに, 無数に, 無雑作, 焼きつく, 煤黒く, 爾雅, 特殊な, 現はれた, 現はれました, 現わし, 現われは, 現代人には, 甚だ多く, 生れたかも, 生硬には, 用いられて, 用いられるが, 用ゐられ, 用箋八枚にも, 画筆の, 異様に, 疑わしいの, 発見された, 発見される, 白い残月, 白く朦朧, 白エナメルで, 白彫りに, 白金の, 百何字か, 目にと, 目を, 直ちにその, 直接紙面に, 眼にと, 眼の, 眼を, 瞼に, 石を, 確りし, 示したと, 示して, 示します通り, 示す通り, 稲妻の, 突然彼, 突然目, 節調を, 簡單だ, 米元, 紙に, 紙の, 紙を, 紛れも, 累を, 絵の, 聲音文字なる, 胸に, 自分の, 至るところ, 若干刻され, 茫として讀まれた, 落書し, 虫の, 蚕の, 血に, 表より, 襲用せられ, 見えたので, 見えないため, 見えるが, 見えるの, 見えるよう, 見え出して, 見え始める, 見た眼, 見つからぬ, 見られた, 見られる, 解らないの, 解体し, 触れたもの, 言文一致で, 記された, 記され弘, 訴える情趣, 語義を, 読まれたから, 読まれたその, 読まれた人, 読みとられた, 読み難い, 読む人, 読めそう, 読めたでは, 読めないほど, 読めなかった, 読めなかったとは, 読めなくなって, 読めぬの, 読めるかい, 読めるから, 読めるくらいの, 諸君を, 諸新聞, 議論の, 讀みきれぬ程竝ん, 讀めたか, 豚小屋に, 貼りつけて, 走って, 超俗的な, 踊り回つて, 踏襲され, 輝いて, 辛うじて読めた, 辻番の, 通知され, 造られたの, 運ぶ意味, 違うから, 違う同, 遠慮がちに, 選び出されて, 釋詁の, 重なり合って, 野路の, 金繍の, 金色も, 鈍い裸電燈, 開く時, 間もなく我国, 関の, 陽はに, 隠して, 隠れて, 隠語の, 雨の, 雪の, 電車の, 露に, 青いインキ, 青年の, 青白い光, 靡いてる, 音声的に, 題してないとい, 風雨に, 飛んて, 鮮か, 鮮かにも, 鮮に, 鮮やかに, 鮮明に, 麗々しく書かれ, 齎す高尚

▼ 文字~ (563, 8.0%)

6 ない 4 次の 3 一字も, 自分の, 非常に

2 [30件] あれども, これを, すぐに, たど, やがて耳, 一つの, 不明, 仮りものである, 仮名, 使わない, 入念に, 全く無意義, 十箇以内に, 大変な, 如何に, 幾筋の, 彼の, 恐ろしい言葉, 想念の, 支那の, 文字が, 昔の, 消えて, 父に, 目に, 立派である, 見える, 記憶し, 誰が, 金釘流文意も

1 [484件] あっても, あとから, あの人, あまり大き, ありません, あれの, あれは, いかがわしいが, いくらも, いずれも, いちいち正確, いちばいひしと, いっこうさしつかえ, いつと, いつのまにか王羲之, いつも同じ, いつ頃, いま思え, いらない, いろはの, うまいとも, うまいほう, きれいに, きわめて簡単, けだし己, こういう意味, こっちの, こつちの文字, この字, これから出, これで, これまで, ごまかし得ない明確さ, さっきの, さらに数倍, しっかりと, すこぶる綺麗, すっかり吸い取り, すっかり水, すっかり消え, すつかりかすれ, すべての, そうない, そこから, そこで, そのころ, そのままに, そのまま小意気, そのわり, その他に, その巨大, その影, その意義, その純真さ, その繪, その近親, そりゃ何, た, たしかに女, たしかに彼, たしかに意味, たしかに或, たしか飯田藩出身, ただこれ, ただの, ただ今日, たった十一, たどたどしく遅い, たぶん生駒, だが, つかわれて, つながらなかった, どの文字, どれ程, どんなに不用意, どんな秘密, ないこと, ないの, ない男たち, なかった, なかなかの, なかなかよく書い, なきも, なくまた, なにびとも, なほ明か, なまずを, なるべく簡単明快, なるべく避けたい, ねえ, はっきり分る, ひとつひとつ八字髯を, ひと太刀, ひどく乱れ, ひろ子の, へこんで, へたくそな, まず別, またすばらしく, またアメリカ帰り, まだ乾い, まだ用, まだ用いられ, まだ読めなかった, まっすぐに, みだれて, みだれ墨, もう判読, もう手, もう見えなくなり, もちろんいずれ, もちろんの, もちろん五号文字, もちろん有限性, もとその, もとの, もとより単に発音, やはり残っ, よくも頭, よごれ読めなくなって, よほど幼い, わが古書, わざと小学生, わたくしの, アルフアベツト順に, イロハ或は, エストランゲロ, オタキと, シリア文字と, ジーナより, タイプライターには, トンツーの, ネッドが, ハッキリした, パン切符と, ボルシッパなる, マドレエヌ・スウルヂェエの, ラテン文字である, 一ずつ, 一体何, 一定は, 一寸考える, 一層小さく, 一層激烈, 一年間以上も, 一見した, 七十五字と, 上の, 上記と, 上記の, 下の, 不思議に, 不用に, 不都合だ, 世界の, 中村不折氏に, 乱れがちでした, 乾板で, 亂暴とか, 五字で, 五絶二首中前の, 五蘊という, 亞細亞に, 享和二年壬戌と, 人が, 人の, 人を, 人目を, 今だに, 今では, 今日支那の, 仏教から, 他に, 仙台平の, 仮に地名, 伊上凡骨の, 伊達で, 伸子の, 似ても, 何かしら一の, 何であつ, 何である, 何であろう, 何の, 何ひとつ目にも, 何も, 何一つ書かない, 何処にも, 何時の間にかそれ, 何樣耳新らしい, 余り好みません, 使へ, 使わなかったよう, 使用されず, 俗なる, 信玄の, 個性習慣によ, 借字, 僕を, 元来, 充分に, 先輩の, 光を, 全くその, 全く漢文, 兵法にも, 其の時分, 其上に, 其強暴猛烈なる, 其方心得, 内地に, 再び眞理, 刀を, 刃の, 初めて鎌倉時代, 判じ物の, 判読し, 別に軒, 別段の, 利休の, 刻まれて, 則ち, 前に, 区々で, 十中の, 単に音, 単調だ, 危げに, 却て, 友も, 古くから, 古来この, 台または, 史記に, 右の, 右下りの, 吉兆である, 和歌の, 哲学流に, 唐でも, 唐の, 唐船男爵と, 四字の, 地中粉などと, 地名であり, 塵に, 墓表と, 墨で, 変って, 変るが, 大きな達筆, 大和の, 大河内侯の, 大體, 天下国家の, 天保六年七月二日に, 太宰さんが, 女の, 女手だ, 奴隷制的乃至, 如何, 如何様に, 妙に, 姓名の, 子どもの, 字引を, 字面そのものだけ, 学問を, 学術的に, 宛字で, 宛然我れ, 実に不思議, 実に次, 実際幼稚, 容易に, 寝ながらも, 尊厳に, 尊嚴に, 小さくて, 小作人が, 少くとも, 尚つづく, 尚ばれなかった, 岡山君という, 左から, 左下がりの, 常に代, 年月の, 幼い字體, 幾ら眞似, 幾分媚態, 幾度か, 影も, 彼女を, 後世の, 必然的に, 忘れたの, 怪しい模様, 怪しげに, 悉く推賞感嘆, 悉皆解つたの, 悪きかた, 惡魔除け, 愚か傷さえも, 戈止の, 我々を, 或は太陽, 或は衆議院, 或は衆議院多数, 或ひ, 戰國時代から, 房子の, 手紙ばかり, 拙いが, 拾いますが, 掌に, 掲げられぬ, 擬いもない, 支那から, 支那人が, 散見する, 文学史にも, 斯うである, 新聞の, 方程式に, 日々湮滅し, 日本へ, 旧事本紀天神本紀, 旧訓, 早急に, 明らかに, 是の, 普通, 普通の, 暗い書架, 書かないだろう, 書く人, 朝日と, 木版の, 柳生対馬守御宿, 極めて克明, 楷書である, 模糊たる, 横には, 次ぎ次ぎに匿, 正しい筆, 正しく蒙, 此等文書にも, 此老人が, 殊に注意, 残って, 残り少なくかき消され, 毫も変わらない, 決して悪い, 決して當時, 沙に, 洗うすべ, 津田の, 流れて, 流達, 消え失せて, 消て, 涙に, 清盛頼盛の, 清音どんな, 漢字で, 漢字である, 漢字の, 漢文から, 漢語より, 漸く緑色, 濁音と, 濫用され, 無い, 無かつ, 犠牲の, 獨立し, 王将から, 現われないの, 生まれ出, 用いられ従うて, 画の, 畢竟奴隷, 異樣, 白く書い, 白髪を, 皆, 皆互いに, 皆切字に, 皆取, 皆変槓な, 皆違っ, 皇妃の, 盖し, 盛に, 直接句の, 相かわらず, 相通じ, 省いて, 省略する, 眼で, 瞥見にも, 知らぬ身, 知識的の, 確かに, 確に, 磨滅し, 示されて, 社会主義にのみ, 神唯一無, 私の, 穏当を, 竜舌蘭の, 符篆の, 簡単で, 紅葉の, 紙上で, 紛れも, 素人眼にも, 素石の, 細い毛筆, 絵が, 綴りましても, 綺麗な, 綺麗に, 総て暗号らしい, 總て, 繪を, 美しき同盟, 美妙斎の, 美文的の, 老人が, 老人の, 老人らしく, 聴く者, 肌の, 脳中に, 自分たちの, 自分を, 自身の, 至って拙, 花崗岩の, 英語か, 蓋し左, 藍丸国の, 藤村としては, 藪睨みの, 蜥易つまり, 要らぬもの, 見あたらない, 見つからなかった, 見られなくなって, 覚えが, 読み易, 読むこと, 読む者, 読めるだろうが, 誰も, 豊富である, 象形と, 赤より, 走り書の, 越後沢山の, 跡も, 軽く書い, 辞書にも, 近代の, 近衛三藐院様の, 逆に, 遊ばして, 違って, 違っても, 野枝子に, 金入れや, 金塚, 金色で, 鏡の, 間違いだらけだ, 陸羯南氏が, 雨風に, 音を, 音楽には, 鮮かで, 鮮かに

▼ 文字~ (557, 7.9%)

9 して 7 眼を 6 なって, 意味が, 目を 5 書き現, 記して 4 文字としての, 書いて, 書くと, 縁遠い生活 3 すること, すると, すれば, よりて, 書いたもの, 書けば, 現われたるインデペンデント

2 [39件] いたっては, する時, それを, ちがいない, なつて, なる, 不馴れな, 他ならない, 伸びて, 何ぶり何がち何顔何心の, 吸付い, 尽きて, 拘泥した, 拘泥せず, 接すると, 攻められるの, 曰く, 書いては, 書かれて, 書き残して, 書き直して, 束縛され, 物凄い古傷, 當て, 疑を, 直して, 相当する, 自分の, 至りては, 見えて, 見とれて, 見惚れて, 親しまない目, 親しみ過ぎて, 記されて, 記したの, 關する, 限定し, 驅けて

1 [398件] あつた, あらざるなし, あらは, あらはれたる範圍, あらわして, あらわれて, ありありと, あわせて, いへるやう, いわク, うずまりまた, うってつけである, うつすこと, おきかえて, お勝手へ, お袖, かいて, かえて, からげし重, きりはらわたを, こだわって, こだわらずその, これを, さした, さまを, しますれば, しようと, じっと目, すうと, すばやく眸, すべきもの, する場合, その例, たよった読む歌, たよって, たよる創作的詩歌, つくられた謡曲, でくわすと, とらわれずに, どんなに心, どんな意味, なった, なった古代, なります, なり五十一文字, なり出したの, なるに, なるも, なるやう, にじむ親思い, のり換えた歌, はじまった, ひたと見入つ, ふさわしいの, ふれて, ぶつかると, へばりついた白い, べつたり, まさると, まさる歴史, また強く, やかましいまた, やや進ん, ゆき当った, よったり, よると, イデヤの, ガッキと, ギューと, サッと払った, ジャヴェルの, ハッキリ血なまぐさい, ピッタリと, 一つ多い, 一とき息も, 一ツ一ツ音が, 一生書きつ, 一生書きつづけね, 不穏当な, 世間の, 並べて, 並んだ長椅子, 中間, 久しぶりに, 二つの, 井戸の, 京都に, 代えたならば, 代え人, 代り矢張り, 代用する, 伏木に, 会意上, 伝わって, 似ずその, 似たる筆法, 似た格好, 似て, 似通ふところ, 何んな, 何物が, 作者の, 偽りなく, 偽りは, 優るとも, 先立って, 入木, 写されたシナ, 写された故郷, 写し試みた, 写せるもの, 出て, 出会い覚えず, 出会す度, 出遭うと, 切った, 切って, 切つて往生する, 切て, 切り型を, 切り開かれたとき, 割かれたもの, 割かれて, 力を, 勝手な, 十七年間も, 叱かられる況して, 合って, 吐気を, 吸いつけられたよう, 吸いつけられて, 吸いつけられました, 吹く烈風, 喰い入った, 囚われ底, 圧殺され, 執せず文字, 基いて, 基づいて, 堆くなっ, 堕した時, 堪能なる, 変えて, 変って, 変へて, 変りは, 外ならず, 多しと, 多大な, 多少の, 妻戀坂を, 富だ, 富むてふことが有力な, 少しも, 就いて, 就いては, 就いても, 幅の, 幅広い新道, 幅廣い, 平次の, 廊下を, 引いた一流, 引っかけまわした, 当てはまるよう, 当てはめると, 当て嵌ること, 当るわけ, 当嵌った, 当面した, 彼の, 得意でいます, 從つて譯すれ, 復さうと, 心を, 忠誠な, 思ひ及ぼして, 思わずほんとう, 息を, 恵まれなかった多数民人, 恵まれ得なかった数多く, 惚, 感じが, 戀女房へ, 打ちたるを, 打ち直して, 払った斬先, 投出されたよう, 押し開き, 拘泥する, 拠らない発音, 拠る事, 振ったら環, 接して, 接近した, 掻き切った, 掻っ切った死体, 掻ッ切っ, 掻切って, 描き尽くされて, 換えて, 換ふべき, 改めたいと, 改めて紙, 改められしもの, 改め又は, 敬意を, 斬って, 斬りさげて, 斬り下げられ大きく, 於て, 旅籠町の, 早足で, 映じて, 普通付着し, 暗かった, 書いた批評, 書いてなくとも, 書かれたこの, 書かれた場合, 書かれた夢, 書かれた恐らく, 書かれた批評, 書かれた暦, 書かれた自分, 書きあらわされて, 書きかえて, 書きたる信条, 書きつけたも, 書きわけないの, 書き写せる丈, 書き残しました, 書き残す気, 書き現されて, 書き直すこと, 書き綴って, 書き綴つたの, 書き記したほどに, 書く, 書くに, 書く創作詩, 書けるわけ, 朱で, 梯子段を, 欺かれては, 此方に, 武蔵の, 歴史の, 残されて, 殘され, 気が付きましたから, 気を, 注意を, 深々と, 深くはいっ, 漢字を, 点を, 特別の, 特有な, 特殊の, 現せる筈, 現はさ, 現はす, 現れた通り, 現れて, 現わ, 現わし, 現わす, 現わすべき, 現わせ, 現われた行文, 現われて, 生え, 由て, 留むること能わざる, 留むるのみ, 疎い生活, 疑いを, 疵を, 登録せられた, 目がと, 目の, 相手の, 眩惑され, 移された過程, 移し得ざる事, 移し載せられた時, 移すといふ, 穢れ多き, 突当って, 突当つて, 突破すべし, 端を, 籠って, 籠めて, 精通し, 結んで, 綉段と, 続けて, 綴りたる古人, 縁故ある, 繋がれて, 置換えられて, 翻訳せられ, 耻じずや, 胴へ, 能く, 膨れた面, 自ら題し, 自信が, 自分で, 至るまで, 舞い上りました, 薙ぎ払って, 表は, 表現し, 表現する, 表記した, 見える, 見えるでしょう, 見えるよう, 見おぼえが, 見て, 見入ったが, 見入って, 見入つた, 見入りますと, 見入るばかり, 見惚れながら, 見窮めて, 見覚えが, 親しむといふ, 親しむよう, 親しむ事, 触った, 託して, 記されたものの, 記される事, 記しては, 記する, 記録せられた, 註して, 詠嘆を, 読まれる形相, 読みふけった, 読むと, 讀みふけつた, 象徴された, 貝層の, 走るので, 走るもの, 跳ね廻っては, 通じて, 通じまた, 逢著した, 過ぎざりし恋, 過ぎざる可, 過ぎない, 過ぎないの, 過ぎなかったから, 過ぎなかつたから, 違いない, 遠ざかって, 遥に, 遮り留む, 酷似し, 重きを, 釣り込まれて, 鉄道線路の, 録し, 録せられたが, 録せられて, 閉ざされた唇, 閉じて, 閉門と, 開かせました, 間違の, 関わること, 關かる如き, 附いた草鞋, 雅致少く, 雪渓を, 霊あり, 青くアンダーライン, 青ざめて, 非ずして, 頓着しない, 風雅の, 飛び越し初め, 飛び込んで, 食い付いて, 駆逐せられ, 驚いたの, 髭や, 魚形の, 鳴して, 鳴動させる, 黒

▼ 文字~ (355, 5.0%)

27 書いて 10 あつた 4 出来て, 書かれて, 書くと, 記されて 3 こう書い, それを, 書けば, 現わ

2 [17件] あつて, いろんな掲示, かいて, もって, 一番最初に, 克明に, 十分に, 埋って, 埋めて, 或いはもっと, 書いては, 書かねば, 書かれた戯曲, 書かれた手紙, 書き現, 書くこと, 見ると

1 [256件] あらう, あらは, あらわす方, いうならば, いくつもの, いへば, いろはが, かうな, かえって当然過ぎる, かかれた報告, かかれつつ, かかれて, ぎぐしゃく紹介状を, くぎりながら, こうなっ, こう書かれ, この事件, この俗語, この形文字, これが, これは, こんなふう, こんな奇抜, しかもはっきり, したためた番傘, しどろもどろに, しばらく山, せう, そう書い, そのうえ目茶苦茶, その帳, その年, その手紙, それと, それには, そんなこと, そんな表題, たった三行, たつた三行, たんに, つづられて, でも, どんな短い, なった手紙, ほほえみかけて, もはや字, やっと短い, やるところ, カフェーナショナルと, キチンと, ギッシリと, ハッキリと, ミニアチュールを, ローマと, ローマ字や, ワシントン将軍と, 一人の, 一條弘と, 一読肺腑を, 一通は, 主として記載, 人の, 今なら, 今日まで, 仏経も, 以前亞拉比亞から, 何かしら書いた, 何かを, 佛法の, 作者の, 例えば, 優し気, 光って, 入れた盃, 入れた銘, 入れて, 兼ねさせたの, 写されて, 写したもの, 写した場合, 出て, 出来た語, 分る区域, 力強く人, 印刷した, 叙し, 叙し去つた, 名前が, 呼んで, 土の, 埋つて, 埋まった書籍, 埋まって, 堂本兄弟商会と, 墨黒, 外題が, 大きく書い, 大書し, 天井を, 太く私, 始まってると, 子が, 完全に, 少しばかり, 屋號を, 山の手ビルディングと, 岸本の, 峠の, 川上音二郎と, 庵を, 弟の, 形容された, 彩られて, 彫って, 彼にとっては, 彼女自身に, 心の, 悠長に, 打出した日輪旗, 押通す事, 推察の, 掲げて, 描かれて, 描き出す手腕, 描くと, 描くという, 支那は, 数えれば, 数字づき, 文化四年丁卯以後と, 日本語で, 明らかに, 明末支那に, 書いたこと, 書いたの, 書いたもの, 書いたり, 書いた一通, 書いた営口丸, 書いた大きな, 書いた帽子, 書いた手紙, 書いた昔, 書いた書面, 書いた板, 書いた腕章, 書いてない限り, 書いても, 書かせた, 書かれた, 書かれたいろいろ, 書かれたもの, 書かれたシナ, 書かれた一冊, 書かれた処, 書かれた墓銘, 書かれた小さな, 書かれた毳, 書かれるが, 書かれるの, 書かれ後, 書きあらわしえられるもの, 書きしたためられて, 書きつくされないもの, 書きならべて, 書き入れた, 書き埋めた帽子, 書き埋められて, 書き表された物語の, 書き難い, 書く, 書こうという, 書綴られた, 東西への, 架空的な, 榕菴氏は, 次の, 歌が, 歌を, 歌舞の, 歴史の, 汚されないうち, 滿たされ, 点晴と, 無理に, 現された數字, 現は, 現わし, 甚だ稚気, 発表される, 白く, 白雪姫という, 百円銀貨ほどの, 直接に, 直筆の, 相手を, 看板を, 瞞著を, 神籤と, 私に, 立派な, 筆を, 筆記する, 粘土板でも, 細々と, 細かく, 細く細く書き続け, 組み立てた機械的理論, 組を, 綴られて, 繰り出す槍, 繰り返し繰り返し認められて, 署名が, 罵倒し, 肉太で, 背に, 臙脂色の, 葵ホテルの, 表す詩, 表現される, 表音的に, 見るとよ, 見る見る幸吉, 計られるもの, 記した招き行燈, 記して, 記してさえも, 記入され, 記録され, 記録する, 記録を, 詩は, 詩を, 話を, 誌し, 認めて, 認められて, 語られねば, 説明する, 読むこと, 読むと, 読むとさつぱり見当, 読むの, 諸般の, 讀むべきもの, 貸家札の, 走り書きが, 連ねて, 過去に, 長くその, 難しい男名前, 青年一人の, 頸動脈を, 高い墓石, GEORGE, YAMAZAKIと

▼ 文字~ (159, 2.2%)

3 あった, ある 2 あり腕, かすかに, 判らない森, 明らかに, 消えて, 雨に

1 [141件] あざやかに, あつた, あつて, あらわして, ありする仕事, ありそう, あり上州大元村, あり寂しい, ある樣, ある片仮名, あろうに, いつもと, おぼえちょっとした, おろかである, かれの, くずれて, すつきり, そこから, その意, ちゃんと書い, どの符号, ないが, ないけれど, ないほど, なかった, なくて, なく船旗, またしたがって単純, また古風, また消し, また相, まったく楷書, みのるは, むつかしい, もう飛び揚っ, やはり, やや読み得るなり, よく似, よく眼, よく読めない, ろくに書けなかった, ジャーナリズムの, 一二行ずつは, 一二行宛は, 一向特色, 中の, 亂れ, 今は, 何んにも, 何十年来の, 使って, 使つてゐる, 俗字を, 全く読めない, 其人の, 分らぬ迄に, 勿論こんな, 勿論日本, 半不明, 原図より, 古くは, 古びて, 吉左衛門には, 咄嗟に, 唯だ, 在来の, 多いが, 多いけれども, 安政末期以後の, 定かで, 寂しく灯, 対の, 少し無理, 少し知つて, 常に台, 強戸, 微かに, 念の, 怪しい路傍, 意味も, 教わらなかった, 日清戰役の, 明確の, 書いて, 書くこと, 書くん, 書く蚕種, 書せざるべからずと, 月の, 朧気なら, 本ものの, 残って, 残つてゐる, 気持ちが, 涙に, 無意識に, 現われて, 現われなかった, 用いられて, 目茶目茶に, 相當, 知っては, 知らずに, 知らんで予, 箱の, 簡短に, 粗雑な, 素人放れ, 繊細な, 美しかった, 自ら正造の, 萬國音表文字さへ, 見うけられたさうでございますから, 見えた, 見えなくなり社会, 見やらぬか, 見当らなかった, 見方によ, 觀念の, 解し且つ, 読みまた, 読む方, 読めずまた, 読めないはず, 読めない程, 読めなかつたの, 読めぬまったく, 読める, 読めるという, 読め斉家, 讀み物, 讀む方, 讀め才智, 躍り出しそう, 通じない未知, 通りすぎて, 郵便局備付の, 韻律も, 骨を, 鮮やかに, 麗わ

▼ 文字~ (152, 2.1%)

6 なって 5 いえば 2 いいこれ, なつて, 地図らしい, 絵画との, 言って, 言葉で, 音符文字と

1 [127件] いうだけ, いうて, いうより, いうよりも, いえど, いえども, いつて, いわねば, おっしゃいますと, この二つ, この跋文, しなければ, そつくりです, その可能, その読み方, それによって, それを, なし俳諧十七字, なし麦飯, なった, なった歴史, なり, なるもの, なるよう, にらめくら, はなはだしく異なった, ほぼ同時同筆, まだそば, ソックリの, ルパンの, ヲに, 一緒に, 一般の, 云うもの, 云う材料, 云う題, 云つた, 云われ或いは, 五十音とを, 以前に, 伊織の, 信ず, 儒教とを, 全く別, 全く性格, 全然性格, 其意味を, 其方の, 分るの, 化し去る, 区別し, 合わせたらこれら, 同じで, 同じである, 同じ時, 同じ筆蹟, 同一で, 同音である, 呼んで, 地上に, 地図, 大なる, 天真爛漫な, 妙な, 定まりたるを, 定めし事もと是, 定められその, 少しの, 年月日とを, 形とに, 彼女の, 思はれるもの, 思はれる者, 思ひ合された, 思われるの, 思想との, 思想とを, 想は, 意味とを, 挿画とが, 数字が, 文字とが, 文字の, 文章とを, 新生活, 書き置きの, 書物とを, 最後の, 来たら怪物, 構想と, 混同する, 漢語との, 申すもの, 画は, 略同, 発音とが, 白い頁, 相撞着, 筆に, 等しい, 算術を, 紅梅とを, 紙の, 結びついた僧侶的, 結びつけられた限り, 絵が, 絵画二者相俟って, 編笠の, 考えるの, 花押とを, 芸術と, 薄桃色, 蟆人との, 複雜な, 見ても, 言うたの, 言葉の, 記号が, 誕生の, 語彙と, 輸入の, 通わせて, 通常の, 針が, 釣合いを, 額の, 飾りを

▼ 文字~ (128, 1.8%)

6 はいよいよ 5 のところ 4 はまた 3 はお, はすぐ, はもう, は胸 2 が堀の内, に話した, の耳, はあわて, はぞっと, はなんだか, は又, は津

1 [85件] から委しい, が幽霊, が憎らしく, が辞退, が迂, という師匠, とで一方, となに, にあつく, にはちっとも, にむかっ, にも話した, に突き当った, のあと, のそば, の世話, の窓, の腑, の話, の顔, はうなずいた, はおどろい, はぎょっと, はこの, はこわごわ, はさらに, はその, はそれ, はなんと, はほっと, はまず, はまずほっと, は不思議そう, は両, は二十七, は云い知れない, は今年二十六, は今更, は俄, は初めて, は初めてほっと, は午前, は四谷, は団扇, は声, は実に, は寝, は小女, は彼女, は待ち兼ね, は思わず, は恐ろしく, は息, は慰める, は更に, は泣き声, は深い, は満足, は皆, は真っ, は絵, は肚, は自分, は自然, は芝, は誰, は身, は身ぶるい, は長火鉢, は飛び上がっ, は黙っ, もいよいよ, もおどろいた, もしまいに, もまず, も不安, も初め, も少し, も幾らか, も津, も涙ぐまれる, も溜息, も眼, も知っ, をひどく

▼ 文字~ (62, 0.9%)

4 の上 2 がある, の周囲, をはずし, を廻し, を見詰めた

1 [48件] があとかた, がまわっ, がみんな, が人, が左転右転, が廻される, が廻転, が朦朧, が現われ, が青色, が頭, だけがボンヤリ, と機械, に, にし, には一, に使われた, に向かっ, に暗号, に眼, に花, の, の前, の操作法, の方, の暗号, の細, は直径一メートル, までが金色, もろ, をお, をしきりに, をじっと, をまわしました, をグルグル, を右, を合わせ, を廻しはじめた, を探っ, を眺め, を眺めた, を眼鏡, を瞼, を覆う, を見る, を読ん, を鉄函, ヲ有

▼ 文字~ (60, 0.8%)

3 絵を 2 愛しれて

1 [55件] くどい形容, むつかしい意味, 一分ずつ, 假名づかひ, 假名遣, 優しい文字, 内容について, 印刷によ, 古典的支那文即ち, 古文書を, 史書が, 名前が, 名前と, 図形の, 図案めかしい, 圖案めかしい, 土器石器の, 城南の, 学問が, 宗教や, 帝室の, 挿し絵と, 数学を, 文句ばかりによって, 文章の, 文面が, 棍棒は, 模様を, 法帖と, 流行の, 漢字がの, 畏お, 秦漢六朝の, 窓硝子に, 符号, 符号が, 符号などの, 符号の, 符牒が, 絵に, 絵や, 絵画である, 絵画を, 行間に, 補助文字としての, 触書の, 言葉では, 言葉によって, 言葉を, 記載を, 語句からの, 論理の, 赤や, 輪廓は, 逸話などを

▼ 文字から~ (47, 0.7%)

2 して, 鍵を

1 [43件] いへば, では, でも, 人を, 何か, 來ない, 出たよう, 初めや, 和蘭語ラテン語などの, 声が, 妙に, 始まって, 始まる単語, 少くとも, 成る単語, 成立つて, 拾って, 推定し, 推察すれ, 推測すれ, 文字への, 日本の, 最後の, 来る不快, 来る感じ, 来る誤り, 来る遊戯的興味, 産小屋の, 目を, 私が, 紙から, 素行と, 聯想される, 見れば, 言えば, 言っても, 言へば, 説いて, 読みはじめて, 読んだ時代, 起った説, 離れて, 頭心と

▼ 文字では~ (39, 0.6%)

4 ない 2 ないか, ないの, 血肉が

1 [29件] Сだ, ありませんでした, あるが, うつし難い, お前の, ございませぬ, ございません, ないのに, ないらしい, ない遺書, なかった, なくして, なくそれ, なく印度, なく言語, はつきり心もちを, 乳頭山などと, 代表せられ, 僕は, 到底勤まらない, 書かず別, 書かず色々, 書けない若い, 根屋とも, 無い, 無く言語, 現わせ, 表現し, 馬

▼ 文字には~ (39, 0.6%)

2 少しの

1 [37件] いかよう, いやらしい感じ, いろいろ書い, い廻る習慣, さう, それぞれ表情が, どこか, ふり落として, 二色人とも, 仮名が, 何か, 俗に, 優しかるべき, 到底不能, 剣の, 咎め立てを, 夜道怪と, 少しも, 当嵌らない, 悠然として, 持斎と, 救いも, 昨夜見た, 普通に, 書いて, 書けず私, 書けないが, 正成も, 消極的に, 物を, 現し難い, 語られずに, 赤色の, 通例, 逸はやく, 重大な, 雑事と

▼ 文字を以て~ (39, 0.6%)

3 形容し 2 するの, 寫す寶卷, 論ずるもの

1 [30件] あらわした事, これを, したところ, した事, しはては, す, するという, その花, スラ, 一行記され, 之れ, 代理させる, 唯見るべき, 形態を, 彩色すべき, 思想を, 我が日本国家, 描写し, 景色や, 書いた本, 書き現, 書く上表, 書記して, 現し絵画, 発表する, 綴られたもの, 著述と, 表わしたもの, 説くこと, 題號を

▼ 文字~ (38, 0.5%)

32 か分らない, と思っ

1 [31件] から横文字, から読み, か見た, がこれ, がそれ, がやッ, けれど, し以前, そうです, つたのである, つて何んとか, とし, とは思った, とは直ぐ, とは私, と云つて讃め, と判断, と思, と思った, と思つて, と思はれた, と思われる, と感心, と聞い, と言わね, な, のでさ, ぼくは, よ變體假名交, 響の, 鼈甲は

▼ 文字~ (34, 0.5%)

6 の家 2 という師匠

1 [26件] が嫉妬, が殺した, が隠した, でなん, とある, という女, には女, には旦那, に何, に就い, に魂, のよう, の仕業, の噂, の正体, はいっさい無関係, はどう, は二階, は半, は実相寺門前, は小, は感心, は明く, は浄瑠璃, は碌々, は風邪

▼ 文字~ (33, 0.5%)

9 ほりに 6 ほりの

1 [18件] ほり, ほりな, ほりまつたく, ほり人情本の, ほり体当りとも, ほり季節の, ほり形式だ, ほり旧友です, ほり機械的な, ほり泣かれ, ほり男親の, ほり神妙に, ほり腐つ, ほり血肉化し, ほり足代りな, ほり路の, ほり障子を, ほり餘技であり

▼ 文字~ (33, 0.5%)

4 を怨ん 2 の二度目, の娘, の店, の方, の者, の血, の跡, の遠い

1 [13件] がせめて, であつ, に行っ, に行つて, の隠居所, の隱居所, へ泊っ, へ船, もがっかり, を継ぐ, を繼ぐことになつたのが癪, を訪ねた, を辞し

▼ 文字である~ (28, 0.4%)

2 が文字, ことが

1 [24件] かも知れない, からで, から見る, がその, がそれ, がシナ, が一致, が南アルプス, が気品, が滅多, が煩, が病中, が翻訳, が讀む, けれども古く, ことで, とすれ, ともいえる, と信ずる, にとど, のかと, はずの, 以上の, 此ない

▼ 文字~ (27, 0.4%)

32 と申します, は畳

1 [20件] あの女, という女, という常磐津, と和泉屋, のいう, の手, の蒼い, の話, の顔, はうるんだ, はこめかみ, は念, は涙, は無論, ばかりでなく, も和泉屋, も気違い, をじろじろ, をなだめ, をみかえる

▼ 文字~ (23, 0.3%)

3 の家

1 [20件] が, といふの, とお, と一緒, と水茶屋, と變, にす, に夢中, に斷, に貢がれた, の御, の櫛, の自慢, はさすが, はぬけ, は浮氣者, は自分, やお, や水茶屋, を一緒

▼ 文字でも~ (22, 0.3%)

2 単に文字

1 [20件] ある毎, かなりよい, これは, ない, はつきりと, よろしい, 写して, 分る奴, 善き意味, 宜しくあなた, 形容され, 感じて, 日本製の, 現われまいかと, 私は, 見つかると, 見るよう, 言葉でも, 話を, 読むこと

▼ 文字によって~ (22, 0.3%)

2 一句の

1 [20件] その意識, まず征, マヒトと, 吹いて, 多分益軒, 妙心が, 存在させられなけれ, 引締める意識以外, 或る, 描写する, 書かれたもの, 書かれるの, 書き綴りつ, 様々の, 発掘個所の, 知らないの, 示したもの, 穢れ多し, 考えること, 起ったもの

▼ 文字~ (22, 0.3%)

2 の足, の顔

1 [18件] がとっさ, が何ごと, さん, だった, のから, の証言, の身柄, はそれだけ, はもう, は嬌態, は恥, は白紙, は絶えず, へにっこり, を中, を振り返った, を顧み, 本性の

▼ 文字という~ (21, 0.3%)

3 ものが, ものは, ものを 2 ものの 1 ことが, ことに, のが, のは, はっきりした, ふうに, ものから, ものも, 奴が, 語から

▼ 文字~ (20, 0.3%)

1 [20件] から貰った, という常磐津, と一緒, の叔父, の家, の腕, はいう, はかの, はどう, はなんだか, は人々, は内堀端, は前, は叱る, は家, は弥三郎, は感心, は近所, をおさえ, を詮議

▼ 文字にも~ (19, 0.3%)

1 [19件] あらわせなかった, そんなの, なかなか現, のぼせられないほど, まさしく毛人谷, ギルドトレードユニオンインダストリアルユニオンレーボアユニオンシンヂケートなど, 乱れが, 今では, 何か, 何にも, 全く見られない, 前に, 当らず義理, 明らかに, 書くこと, 書けないほどの, 気稟が, 綴れない, 闘って

▼ 文字ある~ (18, 0.3%)

1 [18件] ところに, なくヤマト, ものは, を知り, 一人と, 人だけが, 人に, 人の, 人のに, 器物抔も, 女, 学者先生でも, 少數者, 最古の, 狂言の, 者は, 階級を, 駅夫などが

▼ 文字として~ (18, 0.3%)

1 [18件] ゐる限り, アルファベットを, 使用せらるる, 使用せられ始め, 書き添, 正しいか, 歴史的に, 残って, 湧いて, 無雑作, 生れた, 用ひ, 表示され, 誌され, 読んで, 載せられなかったから, 頭に, 駆使しない

▼ 文字ばん~ (16, 0.2%)

3 の外

1 [13件] がつい, が前, が双眼鏡いっぱい, につごう, になっ, にふたつ穴, のうらが, のねじ, の穴, は直径五, もうす赤く, も北, をまわしました

▼ 文字~ (15, 0.2%)

3 の遊戯

1 [12件] に現, に現われたる, に知り, のおしゃべり, の問題, の定義, の成句, の歴史, の細論, の訂正加筆, の責任, 別に何等

▼ 文字~ (14, 0.2%)

2 にさまよわせ, は老人 1 からいう, からいっ, が如何にも, とか意味, の硝子, の裏, の音, をちらりと, を思い浮べたらしかった, を思ひ浮べたら

▼ 文字さえ~ (13, 0.2%)

2 貴方の

1 [11件] 一つの, 乱れて, 使って, 変に, 持って, 文法的に, 聞いた事, 薄れもみくちゃ, 見えました, 読めぬピサロ, 顔を

▼ 文字そのもの~ (13, 0.2%)

1 [13件] が一つ, が印刷物, が如実, が混雑, が異, さえ貴族, だけは立派, にさ, の性格, の性質上, もまた, をそれなり, を吟味

▼ 文字だけは~ (13, 0.2%)

2 そこだけ, ぼんやり浮き上らせ 1 お奈良さま, やっとわかった, やはり在来, 否でも, 教えて, 最初の, 法案の, 相当に, 確かな

▼ 文字とは~ (13, 0.2%)

1 [13件] かけ離れたもの, 似も, 分って, 判る, 別に何, 合点が, 本質に, 比較にも, 無関係に, 甚しく違っ, 申せませぬ, 自から, 違うよう

▼ 文字以外~ (13, 0.2%)

2 の文字

1 [11件] にその, に伝わる, に常識的, のあらゆる, のもの, の感応, の文学, の深い, の義, の連想, の部分

▼ 文字だけを~ (12, 0.2%)

2 書いて 1 使用せず, 取り換えたもの, 拾い読みすれ, 書くよう, 綴って, 読み得たばかり, 読み砕くには, 読んで, 辿ること, 鏤めたの

▼ 文字による~ (12, 0.2%)

1 [12件] なるべし, カテドラアルとも, 声と, 学, 教養の, 文化が, 知識の, 翻訳だけ, 表現で, 表現に, 表現の, 造形には

▼ 文字ばかり~ (12, 0.2%)

1 [12件] である, でしたが, でなし, では, で仕方, で書かれ漢学, で書き, なの, 並べて, 列べ居る, 常に並べられる, 置きかへて

▼ 文字をも~ (12, 0.2%)

1 [12件] 使用し, 使用した, 写して, 勘定し, 吐くに, 彫りつけたるあれど, 搜した, 書きつらねた, 異に, 知らずただ, 石に, 識つてゐ

▼ 文字~ (11, 0.2%)

2 の上 1 が八時十分過ぎ, が見える, と指針, にはアラビア文字, に集まっ, の二時十分, の時計, を太陽, を覗き込み

▼ 文字だけが~ (10, 0.1%)

1 あつて, かすかに, はっきりと, 何者かに, 円味を, 浮いて, 目立つ程度, 見えないの, 読めるが, 頼りであった

▼ 文字といふ~ (10, 0.1%)

2 のは, ものが 1 ことも, ものに, ものは, 印度から, 文字は, 道具が

▼ 文字なき~ (10, 0.1%)

2 は何ぞ, 聖書である 1 ものさへ, マタギ等の, 生活を, 田夫野人の, 真理の, 饒舌の

▼ 文字などは~ (10, 0.1%)

1 一字も, 子供が, 彼に, 思い出せない, 書かぬ方, 残る所, 知らずに, 見えなかった, 見えませんので, 見分けが

▼ 文字です~ (9, 0.1%)

2 がこの 1 か, からな, からね, がこれ, がどこ, が筆跡, わ

▼ 文字としての~ (9, 0.1%)

4 実感が 1 生命を, 言語の, 記号などを, 記号も, 資格に

▼ 文字との~ (9, 0.1%)

3 間には 1 上に, 使用を, 混同を, 間に, 間の, 間隔をば

▼ 文字などを~ (9, 0.1%)

2 書ける品 1 使って, 書き誌, 書く間, 研究し, 見て, 認めたこと, 讀み讀みしながら

▼ 文字まで~ (9, 0.1%)

1 すべて劃一主義を, すらすらと, そッくり俳諧の, はっきり分る, 並べられると, 明かに, 知って, 肉の, 読み抜けて

▼ 文字春さん~ (9, 0.1%)

3 のところ, の家 1 からいろいろ, という人, もそんな

▼ 文字など~ (8, 0.1%)

1 そういうもの, 一字も, 人名きざめり, 何する, 何一つ見えません, 用いて, 種々写真, 見づらいので

▼ 文字までが~ (8, 0.1%)

1 あの通り単純, そっくりな, なんとなくつんと澄まし込ん, 呪ひと怨みに, 外国からの, 数多残され, 漢字に, 田舎の

▼ 文字とが~ (7, 0.1%)

1 並んで, 互違に, 似て, 新しい持主, 現われた, 累いを, 重なり合つて

▼ 文字~ (7, 0.1%)

3 んだ 2 のである 1 のだ, ので

▼ 文字~ (7, 0.1%)

2 眼を 1 かの女, この独楽, 半分は, 思わず眼, 眼の

▼ 文字こそ~ (6, 0.1%)

1 さして世, 信玄の, 国字である, 新聞, 漢音なれ, 相似たれ

▼ 文字だけ~ (6, 0.1%)

2 では 1 であると, でそんな, で船, 切り抜いたの

▼ 文字だけの~ (6, 0.1%)

2 御返事でも 1 ために, 意味の, 理科を, 空想に

▼ 文字とを~ (6, 0.1%)

1 つなぎ合わせれ, 崩さないところ, 教えたという, 熟視し, 見比べて, 駆使する

▼ 文字入り~ (6, 0.1%)

1 で, の扉, の書, の洋書, の自動車, の黒い

▼ 文字紋弥~ (6, 0.1%)

1 でした, はあまり, は大変, は旅衣, を呼ん, を舌なめずり

▼ 文字~ (5, 0.1%)

2 へ読めない 1 へ夏, へ聲音, へ鄭板橋風

▼ 文字であっ~ (5, 0.1%)

1 てたびたび, てはならない, てインキ, て人, て文字

▼ 文字とも~ (5, 0.1%)

1 つかぬ文字, 一向分らず, 思われるが, 波蘭文字とも, 象徴とも

▼ 文字なども~ (5, 0.1%)

2 見える 1 わざと朧, 短いもの, 読めた

▼ 文字にて~ (5, 0.1%)

1 かつ鷲, これを, 写実と, 十分に, 私生児て

▼ 文字によ~ (5, 0.1%)

1 つてのみ, つて声形又は, つて外部に, つて思想を, つて記された

▼ 文字をば~ (5, 0.1%)

1 其儘に, 凡て純粋の, 向後時, 向後時といふ, 土の

▼ 文字改革~ (5, 0.1%)

2 の先棒 1 ということ, といふこと, の議

▼ 文字章三~ (5, 0.1%)

1 だった, という青年実業家, に見つけられた, は姓, を廊下

▼ 文字あれ~ (4, 0.1%)

1 ども下足番, ども政党首領, ども政黨首領, ども而

▼ 文字しか~ (4, 0.1%)

1 そこに, 書けません, 読めないという, 遺って

▼ 文字すら~ (4, 0.1%)

1 どうして書く, 忘れがち, 正当に, 読み難く

▼ 文字それ~ (4, 0.1%)

1 は, を一緒, を始め, を岸本

▼ 文字でしか~ (4, 0.1%)

1 ないこと, なかった, 描写できぬ, 書けぬ書きかた

▼ 文字なら~ (4, 0.1%)

3 ば詮 1 んか

▼ 文字なる~ (4, 0.1%)

1 がゆえに, と異ならず, 事と, 記号を

▼ 文字に対する~ (4, 0.1%)

1 一般の, 敏感, 敏感を, 関心の

▼ 文字のみ~ (4, 0.1%)

1 であるの, ならず數多, 天下の, 燈台の

▼ 文字より~ (4, 0.1%)

1 いえば, 他には, 推するに, 考えれば

▼ 文字よりは~ (4, 0.1%)

1 ちょうさんの, はるかに, 一つ多い, 書物の

▼ 文字~ (4, 0.1%)

1 並列シ恬, 加ヘザル傳來ノ, 知ル者, 解シ得ルカ得ザルカノ小學程度ヲ

▼ 文字使い~ (4, 0.1%)

1 が絶えず, とは事実, をし, 同じ紙

▼ 文字~ (4, 0.1%)

1 だ, の洋書, の賞, より二

▼ 文字房さん~ (4, 0.1%)

2 にお願い, には毎度お世話

▼ 文字春の家~ (4, 0.1%)

2 の格子 1 の前, の小女

▼ 文字清さん~ (4, 0.1%)

2 がお前さん, が大変

▼ 文字~ (4, 0.1%)

1 にあんこ焼, やのおばさん, を焼かせ, を焼く

▼ 文字焼き~ (4, 0.1%)

1 であはあ, の用意, の道具, をし

▼ 文字~ (4, 0.1%)

1 な解釈, に實際出來, に既に, に選ばれ

▼ 文字論者~ (4, 0.1%)

1 に對, の大, はかうした, は實際

▼ 文字~ (3, 0.0%)

1 でした, 一つ買っ, 十七文字の

▼ 文字づら~ (3, 0.0%)

1 だけで, と關聯, は眼

▼ 文字であった~ (3, 0.0%)

1 がぎっしり, ことです, ことは

▼ 文字とか~ (3, 0.0%)

1 また温雅, 以外の, 輪廓だけの

▼ 文字とかいう~ (3, 0.0%)

1 ものを, 人から, 間接的な

▼ 文字としては~ (3, 0.0%)

1 むしろその, 淋しすぎる, 漢字のみが

▼ 文字なし~ (3, 0.0%)

1 っていうわけ, とナポレオン, に空

▼ 文字について~ (3, 0.0%)

1 これは, 五つの, 取り止めないいろいろ

▼ 文字により~ (3, 0.0%)

1 うるさく説き立てる, 普通の, 比較考証し

▼ 文字ばかりを~ (3, 0.0%)

1 しるしたもの, 彫ったもの, 聯べた文学に

▼ 文字ほど~ (3, 0.0%)

1 たのみに, 公平な, 大切な

▼ 文字みたい~ (3, 0.0%)

3 なもの

▼ 文字を通して~ (3, 0.0%)

1 この表現, その自覚, で無いと

▼ 文字一字~ (3, 0.0%)

2 にても読 1 をとつ

▼ 文字使用法~ (3, 0.0%)

1 であったこと, を有し, を温存

▼ 文字即ち~ (3, 0.0%)

1 ダンテの, 仮名に, 前に

▼ 文字又は~ (3, 0.0%)

1 符号が, 符號が, 符號の

▼ 文字~ (3, 0.0%)

1 さして, と竝びて, ばかりの大き

▼ 文字~ (3, 0.0%)

1 にそれ, に崩れず, に連結

▼ 文字~ (3, 0.0%)

1 に言われ, ねエ, は五十八

▼ 文字~ (3, 0.0%)

1 かくながら, があちこち, の古音

▼ 文字甚だ~ (3, 0.0%)

1 多し, 新なり, 穩か

▼ 文字的表現~ (3, 0.0%)

1 であるという, においては常に, をそのまま

▼ 文字若く~ (3, 0.0%)

2 は解釋 1 は錯

▼ 文字言語~ (3, 0.0%)

1 により, の区別, をも棄てよう

▼ 文字あっ~ (2, 0.0%)

1 てしかも, て始め

▼ 文字かも~ (2, 0.0%)

1 知らぬが, 知れない

▼ 文字からは~ (2, 0.0%)

1 意味を, 気の毒な

▼ 文字ことごとく~ (2, 0.0%)

1 弁ずべし, 探り淀屋

▼ 文字すらも~ (2, 0.0%)

1 あつた, 改めざる處

▼ 文字その~ (2, 0.0%)

1 十一を, 通りで

▼ 文字そのまま~ (2, 0.0%)

1 に受取る, に音読

▼ 文字たる~ (2, 0.0%)

1 ことすら, ことを

▼ 文字だけで~ (2, 0.0%)

1 如何なるもの, 得た知識

▼ 文字だけに~ (2, 0.0%)

1 盲目である, 翌日から

▼ 文字だった~ (2, 0.0%)

1 のである, のです

▼ 文字だに~ (2, 0.0%)

2 見せ給

▼ 文字つけ~ (2, 0.0%)

2 てくれ

▼ 文字づかい~ (2, 0.0%)

1 であらね, の揚げ足

▼ 文字であり~ (2, 0.0%)

1 さうし, 鎌倉節の

▼ 文字であろう~ (2, 0.0%)

1 が, が速記記号

▼ 文字ども~ (2, 0.0%)

1 であること, は一つ

▼ 文字などには~ (2, 0.0%)

2 馴れない者

▼ 文字なり~ (2, 0.0%)

1 言葉なりは, 音なりで

▼ 文字なりと~ (2, 0.0%)

1 するも, 答ふ

▼ 文字なれ~ (2, 0.0%)

1 ども幼児, ば

▼ 文字なんかに~ (2, 0.0%)

1 彼女が, 氣を

▼ 文字にしか~ (2, 0.0%)

1 ならない短い, よらない散文

▼ 文字についての~ (2, 0.0%)

1 教育は, 解釈が

▼ 文字については~ (2, 0.0%)

1 こわがらしては, 本居翁

▼ 文字にな~ (2, 0.0%)

1 つてず, つて來た

▼ 文字によつ~ (2, 0.0%)

1 てそれ, て何

▼ 文字のみを~ (2, 0.0%)

1 見て, 記したもの

▼ 文字への~ (2, 0.0%)

1 うつりの, 盲目的崇拝を

▼ 文字または~ (2, 0.0%)

1 二十八言等にて, 符号の

▼ 文字までも~ (2, 0.0%)

1 書く事, 瞭

▼ 文字よりも~ (2, 0.0%)

1 その言葉, 親しく晩年

▼ 文字ヶ関~ (2, 0.0%)

1 から大里, 遠くみ

▼ 文字一つ~ (2, 0.0%)

1 として珍しい, 書いて

▼ 文字乃至~ (2, 0.0%)

1 三十六文字と, 文章を

▼ 文字以上~ (2, 0.0%)

1 の文字, の重量

▼ 文字以前~ (2, 0.0%)

1 の文学, の歌

▼ 文字~ (2, 0.0%)

1 の凄まじい, の話し声

▼ 文字兵衛~ (2, 0.0%)

1 とか十内, のさら

▼ 文字出来~ (2, 0.0%)

1 なけりャ十二字, なけりヤ十二字

▼ 文字~ (2, 0.0%)

1 されたよう, され外界

▼ 文字~ (2, 0.0%)

1 ハ單語ノミノ, 通朱陸之学洵東方之

▼ 文字合せ~ (2, 0.0%)

1 の符号, を廻し

▼ 文字~ (2, 0.0%)

2 の支那

▼ 文字女子~ (2, 0.0%)

2 の念

▼ 文字定か~ (2, 0.0%)

1 ならず, ならず地下書上

▼ 文字屋次郎左衛門~ (2, 0.0%)

2 の娘

▼ 文字屋金平~ (2, 0.0%)

1 という人, 夙に救世

▼ 文字~ (2, 0.0%)

1 かづら, の初陣

▼ 文字幼い~ (2, 0.0%)

2 詠みかた

▼ 文字或は~ (2, 0.0%)

1 図画を以て, 改竄せられ

▼ 文字~ (2, 0.0%)

1 という常磐津, をさえ

▼ 文字改良~ (2, 0.0%)

1 にも程度, の論

▼ 文字文章~ (2, 0.0%)

1 の移植, を奨励

▼ 文字書かれ~ (2, 0.0%)

1 てあった, ていた

▼ 文字書く~ (2, 0.0%)

1 ことなど, と

▼ 文字~ (2, 0.0%)

2 たには

▼ 文字活字日誌~ (2, 0.0%)

1 を土臺, を示され

▼ 文字~ (2, 0.0%)

1 の角文字いろいろ, の角文字直

▼ 文字的創作文学~ (2, 0.0%)

1 に変質, のみをはっきり

▼ 文字的詩歌~ (2, 0.0%)

1 である漢詩, に定着

▼ 文字盤一杯~ (2, 0.0%)

1 にあたかも, に何とも

▼ 文字~ (2, 0.0%)

2

▼ 文字直接~ (2, 0.0%)

2 の意味

▼ 文字研究~ (2, 0.0%)

1 に耽る, の大家

▼ 文字~ (2, 0.0%)

1 美しい感じ, 認めたと

▼ 文字自身~ (2, 0.0%)

1 が何となく, には元来別

▼ 文字若さん~ (2, 0.0%)

1 が四, の命令

▼ 文字~ (2, 0.0%)

2 あるひ

▼ 文字記録以前~ (2, 0.0%)

1 にすでにすでに, に既にすでに

▼ 文字~ (2, 0.0%)

2 と勘亭流

▼ 文字~ (2, 0.0%)

1 にさ, にそう

▼ 文字銀文字~ (2, 0.0%)

1 の光り, の書冊

▼1* [292件]

文字あざやかに平西都督驃騎将軍司馬懿, 文字あまりなりけり, 文字あまり七文字人皆えあら, 文字ありて認められたる, 文字いづれ多きを, 文字いまに残り, 文字いろいろに心, 文字おごそかにしも年ふり, 文字かけるにダージリン, 文字かたく結んで, 文字からだけでは, 文字からの推測らしい, 文字かを置き代えても, 文字くらゐは, 文字ぐらいしか書けませんのね, 文字ぐらいは普通だ, 文字ここから入りました, 文字こそはそれこそ, 文字この後にも, 文字こまかに帳面, 文字ごとの筆切れ, 文字さえが供養塔の, 文字さながら竜の, 文字したためかかる, 文字じつに枚挙する, 文字すべて調子の低い, 文字ずり卒ざ陸奧に, 文字そのものハーレムという語感そのもの, 文字それ自身が興味, 文字そんなものも, 文字たちは, 文字だけでも名状し, 文字だけにしかすぎないの, 文字だけにてはさらに善悪, 文字だけにでも妾の, 文字だったりそして, 文字だつたがニイチェ, 文字だのあらい筆使い, 文字だらうな, 文字やねえ, 文字ったので, 文字つきの平, 文字であるならばとにかく, 文字であれば健康者, 文字でかう書いて, 文字でしたがね, 文字でないと記し, 文字でなかつたかと想, 文字でなく物の, 文字でばかりでは, 文字で御座いますが, 文字とかをいじくり廻したり, 文字とぞ君は, 文字とてもお角, 文字とともに生活する, 文字となつては, 文字とに手蹟の, 文字と共に殘し置くべし, 文字なおそのほかたくさん, 文字なかった, 文字ながらなかなかに, 文字なく頭に, 文字なぞでは, 文字なぞさへなつかしまれる, 文字なぞも無論読めません, 文字なぞ一字も書い, 文字などが当てられて, 文字などという死物で, 文字などに書き現せるもの, 文字などの勉強を以て, 文字なりとして国賊誅伐の, 文字なりにして, 文字なんぞ讀めんがな, 文字において即ちシェムボル的, 文字における表情から, 文字にかへて御心得あるべし, 文字にたいしてよく人, 文字についてばかりでは, 文字にても湖邊の, 文字にでも見せたら宜し, 文字にのみ現われて, 文字によっては定義し得ない, 文字に対して敏感を, 文字に対してはやはり昔, 文字のみが使われて, 文字のみによる表現が, 文字はくの字, 文字はしの字, 文字はと聞いて, 文字はな何文の, 文字はなはだ穏当ならず, 文字ばかりかべつに黒, 文字ばかりが羅列された, 文字ばかりと思って, 文字ばかりに食いついて, 文字ばかりはどんなにたくみ, 文字ほそく君が, 文字まじり人は, 文字までをありありと, 文字もしくは熊谷家の, 文字もて飾りたる花苑に, 文字もと吾平と書きたる, 文字やら駄句など, 文字やらに目を, 文字ゆがみ文字とぞ君, 文字いつまでも, 文字らしいものが, 文字らしきものが, 文字らしく想は, 文字らしく思われるのです, 文字わが日記より, 文字をようく見つめ, 文字ををしへね, 文字ウス茶そめぬきの, 文字ガラッ八名代の, 文字ガラツ八名題の惡筆, 文字ガ二重ニ見エルノデ, 文字ガ違ツテ不都合ダトイウカモシレヌガ西洋ノホウデハドコヲ見マワシテモ書ク文字ト, 文字シナの文, 文字タルベキコト疑ワズ, 文字ておかしな, 文字書ク, 文字同ジ活字, 文字非ルハ論ナシ, 文字不便ハ免ルベキモ言語ノ, 文字ハ二度或ハ三度ニ書スベシ, 文字ヲ書シテ其不正ナルコトヲ説キ示シ生徒ヲシテ其不正ヲ理解セシム, 文字ヲ用ウレド後ノ浪人ト, 文字一字ッキリだから, 文字三十六行は天, 文字上言語上の製作, 文字に象形文字研究, 文字には支店連名, 文字中火消しにら, 文字乾きゆく墨の, 文字乾雲あわや栄三郎, 文字二三百言を刪つて此, 文字五六字づゝ技倆上達の霊符, 文字五千巻有り, 文字人皆えあら, 文字仕掛を見た, 文字付きの留針, 文字代用法を使い, 文字てその, 文字は書ける, 文字使用の初, 文字借用からまだ, 文字傍線付の言葉, 文字全てに傍点, 文字全書温知叢書帝国文庫などの翻刻物, 文字其ものである, 文字其儘の事物, 文字其儘使つて居りました, 文字のさき, 文字のない, 文字十字だけは横文, 文字友弥三郎はここ, 文字取り急ぎ相談したい, 文字法帖の, 文字古代文字を解読, 文字句読も段落, 文字史料の側, 文字合わせの符表, 文字吉同道で先ず, 文字同一のもの, 文字同様一切不通のもの, 文字名入りの傘, 文字刻木結繩敬佛法於百濟求得佛經始有, 文字商事会社の事務所, 文字善しと思はずや, 文字べてしまいたい, 文字四方八方に拡がっ, 文字四角い漢字と, 文字は四厘, 文字太く跳ねたり, 文字太夫も跣足, 文字太夫岸沢式佐連中で, 文字夫人の前, 文字女文字にご, 文字女文字ゆえでご, 文字女眞語で上表, 文字字母が安政年間, 文字官僚に準じる, 文字実に枚挙する, 文字少からず, 文字の途中, 文字島紅葉の岡, 文字常に愛せら, 文字の底, 文字短刀は, 文字に適切, 文字我が夫な, 文字ひは, 文字を目のあたり, 文字摺しのぶの里, 文字摺り小よし等, 文字摺石の傍, 文字摺石岩屋観音にも詣で参るべく, 文字改良論の主眼, 文字故人の読まず, 文字教育の進路, 文字數百の銅製凹字母, 文字數葉なきこと, 文字文化に目覚め, 文字う書いて, 文字新九郎はその, 文字既に此神の, 文字春はさのみ怖い, 文字暗号ではない, 文字曲りなりに手紙, 文字更に読難き, 文字書かれしにより, 文字書き亀の尿, 文字書籍が同じ, 文字替りがある, 文字の並木, 文字標式による精神活動, 文字横一文字に斬っ, 文字次第で大, 文字此罪唯僧能治非一二三人, 文字残らずを使っ, 文字気分を煽る, 文字といわれる, 文字法悦というの, 文字活字をもつ, 文字消印などを検査, 文字源流へのめざめ, 文字漢魏の碑碣, 文字火焔の文字, 文字無しに耳, 文字無慮五百万世界第, 文字無用ノ長物タルコト保証スル, 文字片假名の, 文字生きて這ふか, 文字画法を教えた, 文字ニシテ唱ヘハ同, 文字異なりといえ, 文字発見と同時に, 文字白抜きに, 文字的創作詩の方, 文字的文学の主軸, 文字盤通りに四枚, 文字な文字ゆがみ文字, 文字知識以前に自然, 文字禅理論禅になり, 文字を提げ, 文字の空, 文字竹童がもたらし, 文字笛高麗笛という笛, 文字符號に熟練, 文字四に, 文字のこと, 文字等服粧で職業, 文字紋弥其方に申し付ける, 文字に見ゆる, 文字背皮の書冊, 文字く人, 文字自体が審判, 文字般若です, 文字英語にては甚だ, 文字のけの, 文字見えたり, 文字見たやうな, 文字見過ごされるこれらの, 文字はぬ, 文字言語思想等の取る, 文字記録は寺院僧侶, 文字りをば, 文字としてうたわれ, 文字語句の解釋, 文字語言あること, 文字読みばかりを受け, 文字読む術御存じござらぬ, 文字をする, 文字讀めるもの部落には, 文字ること, 文字迄に通じて, 文字遊芸などは稽古, 文字運動はやはり, 文字違いなどいう, 文字重なりて音, 文字重複展轉相通蓋有諸家増益用廣異聞釋言釋訓以下亦猶, 文字金石について興味, 文字金色に輝く, 文字をひねっ, 文字を持せ, 文字集略三卷と序録一卷, 文字音楽などにもいきわたっ, 文字頗る大形に, 文字頻度統計をすっかり, 文字鮮やかにイサベラ, 文字麗しくして