青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「根本~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

栄~ 栗~ 校~ 校長~ 株~ ~根 根~ ~根拠 根拠~ ~根本
根本~
根柢~ 格~ 格別~ ~格子 格子~ 桂~ 桃~ 案~ 案じ~ ~案内

「根本~」 4372, 47ppm, 2475位

▼ 根本~ (1427, 32.6%)

36 なもの 28 な問題 18 な区別, な相違 1413 な意味, な点, な特色 12 なこと 11 に異 10 な欠陥, な特徴, な理由, な規定 9 な誤謬, な関係 8 な動機, な疑問, な立場, な誤り, に改造 7 な批判, な矛盾, に理解

6 [12件] である, なるもの, な事実, に別, に変革, に性質, に考え, に規定, に解決, に誤っ, に間違っ, の問題

5 [16件] なちがい, なところ, なる規定, な一つ, な困難, な大, な対立, な要素, に, にその, にちがう, にちがっ, に左右, に把握, に違う, のもの

4 [20件] な修正, な処, な変化, な差異, な弱点, な形式, な性格, な意義, な態度, な条件, な観点, な連関, にち, に区別, に対立, に改革, に相違, に研究, に破壊, に違

3 [36件] であること, では, な一般的, な事情, な傾向, な分析, な制限, な契機, な存在, な形, な性質, な改革, な方法, な概念, な生活, な研究, な諸, な革命, にはここ, に云う, に云っ, に全く, に區別, に否定, に変化, に決定, に相反, に私, に究明, に誤り, に違っ, の差異, の意味, の誤解, の誤謬, の説明

2 [78件] で宿命的, なそして, なの, なもっと, なる問題, な主義, な予想, な人権, な人間, な作用, な個所, な原理, な叛逆, な場合, な変革, な実相, な対立物, な形態, な影響, な役割, な徳, な必要, な感情, な手段, な抒情的, な方向, な本質的, な欠点, な法則, な無理, な素養, な虚偽, な要点, な誤解, な課題, な謎, な違い, な部分, な重大さ, な錯覚, な限界, な非, にある, にいえ, にこの, にし, にそれら, にどんな, には人間, には同一, に云, に修正, に健全, に刷新, に反対, に合作, に大, に差別, に差違, に必要, に怪しい, に改めなけれ, に救済, に新しい, に無理, に相, に相いれない, に破, に考, に考へ, に虚偽, に非, の主意, の力, の原因, の差違, の意義, の改革

1 [636件 抜粋] かつ本質的, かつ重大, だろう, であった, でありその, であり同時に, であるか, であるかも, であるだろう問題, であると, であると共に, でないの, でなくとも, でも, で又, で展望, で広範, で決定的, で複雑, となる, と思われる, ないちばん裸, なお, なくい, なひらきが, なよほど, ならざる一面, なる其性格理想, なる実在的, なる対象規定, なる徹底的, なる急務, なる批判, なる根源, なる深刻, なる真, なる矛盾, なる絶対, なる過誤, なイデオロギー, なエネルギー, なシステム, なソヴェト社会生活, なナンセンス, なファシズム, な一欲望, な一貫, な一過程, な一関係, な三法則, な不備, な不可解, な不変, な不安, な不誠実, な世界観, な主題, な事實, な二義, な交互作用, な交渉, な企画, な位地, な何故, な作家精神, な価値, な修業方法, な倫理批評, な側面, な優越性, な公準, な共軛関係, な分類, な制約, な力, な効能, な動的形體, な動的樣式, な原則, な原因, な又, な反, な反対, な反省, な同一, な同一性, な命運, な地位, な型, な基体, な基本, な基礎, な堕落腐敗, な変質, な外交方針, な妥協, な媒介者, な実質内容, な対比, な対象, な對立, な屈託, な工藝問題, な差, な差別, な建て直しとともに, な建前, な弁証性, な弁証法性, な彼, な従って, な循環, な心配, な恐れ, な悟性概念, な悪法, な意見, な意識, な感じ, な感官的性能, な成果, な或, な戦争観, な戦争責任, な手術, な打撃, な指針, な改修, な改造, な政策, な政策転換, な敵対, な文化, な文学そのもの, な方針, な施策, な施設, な映畫, な普遍的, な最も, な最も屡々, な最後, な本義, な本質, な根拠, な権利, な武器, な決定, な決定的, な治療, な注意, な滋養分, な演劇革新運動, な無, な無慈悲, な無知, な物理学, な理会, な理解, な理論, な疑惑, な発展, な發明, な真理, な着眼, な知識, な研究労作, な社会主義的躍進, な社会層, な社会現象, な社会的文化的財物, な社会科学的認識, な社会革命, な神秘, な科学的不可能性, な積極的, な窮乏, な第, な精神, な素質, な経験的, な結び付き, な考察, な肉体的, な自家撞着, な自立, な致命的欠陥, な苦しい, な苦情, な苦惱, な表徴, な表現, な補強工作, な要件, な規約, な解決, な解答, な試み, な認識, な認識目的, な論理, な責任感, な資料, な転倒, な転換, な連絡, な連絡関係, な進展, な道, な遠因, な重, な重大, な間違い, な間違ひで, な阻害, な限定力, な除害方法, な障碍, な非難, な革新, な類別, な食糧問題, な駁撃, にいう, にいえる, にいつ, にいふ, にかなり, にくつ, にくつがえされ, にこわれた, にたち, にちがいます, にちがった, につながっ, にどう, にどれ, になおせる, にはいくら, にはか, にはこの, にはそういう, にはそこ, にはその, にはどちら, にはもっと, にはもの, にはやはり, にはギリシア的範疇, には一本, には一般農家自体, には不充分, には之, には人種, には今, には全く, には分離, には危く, には古い, には可能的, には変革, には夫, には安心立命, には小説, には情緒, には成り立たない, には我々, には改変, には日本人, には現実, には生産力, には知覺説, には破毀, には私, には純, には考えられる, には自分, には自然科学, には虚栄心, には解釈, には解釋, には訴訟, には諺, には譲歩, には貪っ, にひとり, にやり方, にやり直す, にやる, によう, によく, にストライキ, にテコ入れ, にリアル, に一変, に一致, に不満, に世界観, に云うなら, に云え, に人, に人民, に仕組み, に他, に以上, に企画, に何等, に俳優, に倒錯, に健康, に僕, に先程, に光春, に共通, に其の, に出直す, に分解, に分離, に別種, に動じさせる, に動機, に単位, に又, に取り上げるなら, に取り扱おう, に取扱われなけれ, に古典派, に周囲, に問題, に困難, に壊された, に変, に変え, に変えられよう, に変える, に変った, に変更, に多少, に大事, に大切, に女, に嫌った, に学ぶ, に守られ, に己, に平和, に廃っ, に弱い, に彼ら, に彼等兒童, に思惟, に悲劇, に批判, に批評, に承認, に持つた, に捧げ, に掘り直し, に支配, に改めて, に改める, に改修, に改善, に放擲, に救う, に救われる, に文化, に新た, に日本, に日本人, に智識, に暗黒, に書き換えた, に最高, に構造, に横たわっ, に欠く, に正反対, に此, に永久的, に求むる, に治す, に注目, に洗いあげるべき, に深く永い, に無力, に無知, に無自覚, に物資, に犠牲, に犯される, に狂つてしまつて人間, に生まれながら, に申します, に男, に異なった, に疑っ, に疲れない, に病気, に直す, に相容れない, に矛盾, に知らせる, に破砕, に示され得たであろう, に社会科学的, に究める, に範疇的, に素性, に結ばれたら, に絵画, に絶滅, に置き代える, に考える, に考え直されね, に考え直し, に考へれ, に考究, に芸術的精神, に芸術的要素, に蜀, に行方, に裏づける, に裏切り得る, に西洋文明そのもの, に覆し, に見, に見解, に觀想的, に解明, に言え, に言っ, に詩そのもの, に認定, に誤る, に誤れる, に誤謬, に説く, に読みのぼっ, に調査, に身心整理, に転換, に軽蔑, に逆転, に進め, に進めよう, に違った, に遣り直さね, に選, に重大, に重要, に間違え, に限定, に陣形, に除く, に非ら, に革新, に頭腦, に首肯, に高められ, のよう, の不幸, の分離, の制約, の原則, の変化, の思想, の憎悪, の懷疑, の手術, の押し, の救, の更新, の欠陥, の欠陷, の治療, の治療法, の無理, の異動, の疑い, の目的, の相違, の研究, の結論, の肅清, の自信, の落付き, の要求, の観念, の解釈, の議論, の錯誤, の非難, の革命, の點, また文法的, 異つたもの, 自覺, 諸問題, 諸概念

▼ 根本~ (439, 10.0%)

8 生命を 6 原因は 4 ところで, ところは, 問題に, 問題は 3 ものは, 問題だ, 問題である, 理由は, 論理である

2 [30件] ところでは, ところに, ところまでを, ものに, 力は, 動機と, 原理は, 叢と, 問題について, 問題についても, 問題には, 問題を, 意義は, 感情が, 方針に, 気持が, 洞穴に, 深く刳られた, 理由と, 生命の, 生活意識態度が, 病因を, 神, 精神においては, 精神は, 考えかたが, 考えは, 考へは, 要求は, 誤謬が

1 [334件] いわゆる常道, こころざしが, ことが, ささえと, ちがいまでは, ところ僕が, ほうを, ものが, ものじゃ, ものだ, もので, ものでない, ものと, もの即ち, よりどころ, エスプリは, ギリシアが, パの, プラチナの, リズムが, 一貫した, 不死の, 不満を, 中へ, 主張及び, 主義から, 主義が, 事を, 事実と, 事実は, 事実を, 事柄は, 事項さえ, 人情に, 人生の, 人生問題の, 人生観が, 人間の, 仏法の, 仕事としては, 任務は, 価値について, 信仰が, 信仰の, 信念でも, 信頼が, 信頼を, 元素は, 公の, 公娼廃止と, 公式は, 公式を, 公理が, 共通な, 共通は, 内容を, 出発点が, 出発点において, 切紙が, 利益を, 制度が, 力が, 力であり, 力と, 力を, 動力では, 動力と, 動機で, 動機である, 動機に, 区別を, 原則が, 原則である, 原則では, 原則においても, 原因が, 原因で, 原因である, 原因です, 原因と, 原因という, 原因に, 原因も, 原因を, 原理に, 原理を, 古今一貫した, 君と, 周囲は, 命令どおりに, 問題が, 問題で, 問題であろう, 問題でしょう, 問題です, 問題では, 問題とは, 問題な, 問題については, 問題にまで, 因果に, 図書は, 国政を, 土が, 土の, 土を, 地上に, 地中に, 執著, 基準は, 基礎の, 大きい芽, 大主意, 大事と, 大事な, 大原因, 大原理, 大部分, 宅へ, 宇宙観であり, 定義を, 実力に, 家を, 山王に, 差が, 差は, 希望で, 平壤, 平安に, 形態が, 形態は, 征服の, 心持が, 心持では, 心構えだけは, 念仏踊りとの, 念願として, 思想が, 思想だけは, 思想です, 思想と, 思想には, 思想の, 思想は, 性を, 性格とか, 性格に, 性格を, 性格矛盾が, 性質, 性質が, 性質上おのずから, 性質上ま, 恒数だ, 悪の, 情, 情熱, 意な, 意味が, 意味である, 意味を, 意見で, 愛の, 感覚である, 態度が, 態度に, 態度や, 態度を, 憂鬱には, 所が, 所に, 打撃は, 技術を, 提案が, 改革を, 政治界から, 教だ, 教として, 文化の, 方にしか, 方へ, 方法が, 方策が, 方策戦略は, 方針が, 方針は, 方針までは, 暗い処, 暮しかたで, 有無口伝か, 本質に, 村政改革問題は, 条件だ, 条件には, 概括を, 権利は, 欲望さえ, 母屋には, 気持は, 治療に, 法あり, 法則が, 法則という, 浅き公徳, 深いもの, 深い淵陰, 源因の, 火元か, 無理かと, 焦点が, 父の, 父は, 物理そのものは, 特色を, 犯罪は, 理に, 理を, 理念の, 理由が, 理由だ, 理由といふ, 理由に, 理由の, 理由を, 理解である, 理解に, 生命と共に, 生命に, 生命より, 用途は, 略筋さえ, 異本が, 疑惑が, 疑義である, 疑義と, 病原で, 病源である, 目じる, 目的であります, 目的と, 目的に, 目的は, 直径三尺に, 相異, 相違が, 相違でない, 相違は, 相違点は, 真心が, 知識を, 研究として, 研究を, 確立だけが, 神であります, 秘密を, 種子を, 立場から, 立場は, 立場を, 端緒を, 第一義を, 筋道さえ, 筋道を, 精神から, 精神が, 精神だ, 精神では, 精神と, 精神に, 精神に対して, 精神を, 系統は, 約束を, 素質は, 組立ては, 経済という, 経済問題を, 經書は, 罪が, 罪人は, 義及び, 考えかたには, 考えが, 考えと, 考えにおいては, 考に, 考は, 考察を, 聖天山の, 聖天山の手水鉢の, 聖天山へ, 腰掛に, 芸術の, 芸術的興味が, 荒物屋の, 蟲食み, 衝突として, 衰えないの, 要素であります, 要素と, 要素に, 見方については, 観念でなけれ, 観念は, 観念を, 観照の, 觀念でなけれ, 觀念を, 語義に, 誤りだつたらう, 課題は, 議論から, 議論で, 責任者だろう, 責任追究の, 資格だ, 資格で, 赤土の, 趣旨は, 蹠に, 軍隊組織や, 辺に, 道が, 道だ, 道徳なく, 道徳論が, 間違いだ, 間違ひだと, 難船よりも, 音を, 音楽原理に, 類似根本の, 黒子とが, 點においては

▼ 根本~ (259, 5.9%)

45 於て 13 於ては 11 なって 7 して 5 於いて 3 なつて 2 なるから, なること, なるその, 帰入, 於いては, 置いて, 腰を, 触れないの, 触れる問題

1 [157件] あったの, あらず, ある, あること, あるそういう, あるところ, あるの, あるもの, ある一叢, ある考え, いくらかくれ, いるお, おいたという, おく自動車製作者, かがんで, さう, さかのぼると, しなければ, しゃー, ちが, ちがう世界, ちがって, つながれた, つんで, なくては, なければ, なります, なると, なるという, なるの, なるべき話材, なるもの, なる実体, なる所, なる理解, やって来て, よこたわって, よこたわる彼, ベンチが, 一つの, 不安の, 世界性が, 乗って, 何か, 何らの, 何を, 作用し, 倒れるよう, 充分理解が, 入って, 入つて, 入りて, 其の國, 冬枯れの, 出発し, 分らない, 別に, 別にかは, 危険な, 叩きつけました, 呼び寄せた, 埋めること, 埋める癖, 変化は, 大きな蛇, 寂しと, 小さな黒子, 少しも, 就て, 居るという, 屈みこんで, 屈んでるの, 工夫たちの, 巻いて, 引戻し英語の, 恐るべき斧, 感じ今更, 態度を, 或る, 持って, 指を, 支配する, 於ける叙事詩的, 於ての, 書物を, 木鼠が, 来るだろう, 果して, 根ざしありて, 横たえて, 横たわって, 横たわる一面, 横たわる形式的要素, 横たわる生命, 横たわる重大, 横つた金剛の, 横わっ, 横わる資本主義生産による, 欠けて, 此を, 残った二人, 気分式な, 沈めて, 混乱が, 溯つて, 溯ると, 溯るやう, 潜む統一的, 潜んで, 濺が, 火事の, 現実に, 盛んに, 確実な, 積まれた舗石, 立ち入った問い, 立ち返って, 立って, 立つただけでも, 立てて, 立てること, 立入って, 簡単に, 統一が, 置くべきか, 置く必要, 置て, 老人が, 舌を, 苺が, 蓆と, 藁畔を, 虚偽が, 見当違いが, 触れて, 触れなければ, 触れる事, 言葉の, 誤った理解, 變革されね, 躓ずいて, 辿りつくと, 近いところ, 近い様, 達せず未だ, 違って, 遡って, 遡つて, 遡らうといふ, 遡りて, 遡れば, 還らねば, 還れという, 鄭重な, 關する, 隠れました, 高さ五

▼ 根本から~ (187, 4.3%)

3 改める必要, 覆えされて, 間違って 2 くつが, ちがって, 切取らせた, 折れて, 改めさせるか, 検討し, 考え直して, 自分の, 覆って, 違って

1 [158件] いうと, うちふるわせる, うち明け, かえた, くつがえされて, くつがえされ陪審, くつがえって, くつがえるもの, こねかえすため, これらの, すいすいと, すぐれて, その心がまえ, その患, ちがいます, ちがうこと, ちがった, ちがったもの, ちがった二つ, ちがった生きかた, ぢや, な矛盾, ひっくりかえすつもり, ひつくりかへ, ぼろり, ぽろりと, まちが, まちご, もぎ取つた, やり直さなければ, やり直して, よして, ドイツ人だった, 一二寸下の, 一面の, 了見を, 了解すれ, 事実を, 何から, 何十と, 修正し, 修正した, 其當時の, 出直す必要, 分化し, 切り下げて, 切り倒される時, 切り取られた人間, 初めて胸, 削ぎ取って, 剿絶する, 叩き直す方針, 否定し, 問題では, 四尺ほどの, 変えられねば, 変って, 婦人の, 學問として, 封鎖され, 崩れて, 工事方針を, 廃絶した, 建て直しが, 引っくり返した行き方, 引っくり返して, 感覚派に, 懐疑し, 手ぐちの, 打撃を, 打消して, 打破し, 批判した, 振い落して, 振り動かし, 揺り動かした, 搖らめい, 改めて自ら夫婦相和, 改めようと, 改作し, 改作した, 改造せられ, 救うと, 救う事, 救ふこ, 断り除つてしまつたら, 新たに, 新らしい, 日本で, 根こそぎに, 権威を, 欧文に, 民主化されきっ, 水が, 水泡に, 洗練された, 涼しい声, 滅し, 濃く立ち騰る, 理解しよう, 生物学的の, 異つた原理, 異なった性格, 疑うてか, 疑ふ方向, 療治させる, 目的が, 相容れないという, 知って, 研究し, 破壊され, 破壊し, 破壊した, 破滅させられた, 種苗を, 立て直して, 純然たる, 美しくなる, 考えが, 考へな, 耳の, 自主性を, 芟除する, 表現の, 覆えるよう, 覆し去ろうと, 覆す新説, 覆った余波, 覆り相, 見ても, 見直して, 視透し, 解決され得る, 言へば, 言語がちが, 誤って, 誤算と, 説き起こせば, 論じて, 論じ尽そうと, 變える, 賤しい, 質がちが, 過って, 違つて胆力も, 闡明する, 除いて, 除かしめるが, 除くの, 除去する, 雲間の, 震盪する, 革めに, 革新する, 頭の, 顛らざるを, 駄目だ, 齟齬を

▼ 根本~ (155, 3.5%)

3 夫婦の, 脇能に 2 ただ一つ, 何か, 保守的であり, 変って, 日本の, 日本人の, 空間的な, 農民の

1 [133件] あなたの, いかに凄惨, おた, こ, こういう物質的, この作家, これなり, そういうところ, その三宅, つまり無明, とうて, どうしても文学意識, どこに, どこまでも, なんといっ, なんと云つて, ぼくの, やはり, やはり悟り, やはり華夷, われわれ日本人の, 一つだ, 一つであり, 一つとしても, 一つの, 一家の, 一般勤労者の, 世の中で, 両刃の, 中流市民に対する, 五遁に, 人種間の, 今日私どもが, 仏像を, 何である, 何であれ, 何よりも, 作者の, 保守家である, 其の國, 其の年代, 其処に, 劣等の, 労働者の, 動かすべからざるもの, 勿論親房, 古人の, 同じこと, 吏に, 單に, 営業部と, 四抱えも, 変らない, 変らないだろう, 大志に, 天から, 天子一人これを, 夫婦家に, 女房を, 始終ぐらつかなけれ, 実にそこ, 実に執政内閣, 家から, 家事が, 山県に, 当時の, 彼地に, 彼等に, 心から独語, 心の, 快活な, 性格に, 性欲的の, 或いは仁, 所信学説の, 敬み, 料理素材の, 旅の, 明治以来の, 更衣を, 材料に, 材料の, 極めて簡単, 欲であり, 正直でなきゃならん, 歪められるの, 殆ど変らない, 民族問題に, 気力と, 水が, 水の, 永田組その, 治安維持法に対する, 漁村生産方法の, 無一物という, 物を, 現実把握の, 生産手段の, 皆保守的であった, 皆六藝略に, 皆大, 皇位が, 皇室でなけれ, 直心陰です, 真義愛荘に, 真面目に, 知識を, 石の, 神より, 神威靈力を, 秩序を, 第一, 経済問題からさ, 結局この, 結局慈悲の, 羲之の, 自分が, 自分の, 自分らの, 苦悶で, 菊池氏の, 華夷の, 装飾の, 見方の, 親切でなく, 言葉そのものに, 話し言葉の, 軽いよう, 通じた願い, 酋長も, 食品原料すなわち, 食品材料を, 驚くばかり

▼ 根本問題~ (132, 3.0%)

11 である 5 の一つ 4 なの 3 に就い, に於 2 がある, になっ, に觸, は映画, を論じよう

1 [96件] から考え, があれ, がようやく, が却って, が真っ先, が科学理論, が織り込まれ, が認識理論, だから, だが, だけは今日, だと, だという, であった, であって, であつ, でありいかに, でありまするが, であるから, であること, であると, であるとも, であるの, である事, でないに, でなくては, でなければ, で云わ, で人間, というはいわゆる, として, としては充分, として先づわれわれがしつかり, となる, とトピック, と倫理学史, と全く, と考え, にちっとも, についてはあえて, についてはこれから, について最初, について考え, にはあらず, にまで立入っ, にまで触れ, に入ろう, に在, に寄与, に対しては精緻, に接触, に来る, に注意, に深い, に目, に立ち返つ, に答える, に解決, に触れた, に触れる, に逢着, に関して極めて, の他, の前, の所在, の検討, の解明, の解決方, はこうして, はどう, はない, はむしろ, はわれわれすべて, は人格尊重, は何, は別, は真理, は神, は素人玄人, は経験, は解決, は謎, は避けよう避けよう, へ行く, をかつぎ出され, をからかひ, をとりあげ, を取り上げる, を展開, を律する, を忘れ, を提起, を研究, を羅列, を解決, を論じ

▼ 根本~ (122, 2.8%)

4 なして 3 なすもの 2 なすところ, なす思想, 半ば潜り, 固くする, 調べて, 資る

1 [103件] いったい何ん, うかがって, きわめないで, こ, しつかり把握, しつかり握つて, しらべて, そういう風, ついて, つくって, どうしたら, なしたという, なし楊愼, なす人間, なす憲法改正案, なす研究, なだれ上りに, ひとつ考へ直さ, やめさせなければ, ゆるか, わきま, 一度神学的, 云えば, 会得し, 作ったの, 作者の, 侵されない以上, 保全しなけれ, 保全する, 写実に, 切って, 切られて, 去る事, 叩きこわさなければ, 告ぐる点で, 国力の, 地面に, 塞ぐ灌木, 大切に, 学ぶべきである, 家庭より, 富ます産業, 尋ねたならば, 引き摺つて, 引っこ抜いたもの, 彼は, 忘れて, 忘れると, 忘れ勝ち, 愚弄する, 成すもの, 手取早く, 指差した, 掘り返して, 探ぐって, 探りいよいよそう, 支配致し, 改良する, 改造した, 改革する, 攻撃した, 明, 明かに, 明らめて, 根本と, 決定する, 洗い去られて, 洗って, 洗ひ去られ, 狙った氏, 甚だ不明瞭, 直視せよ, 知らずに, 知ること, 知る爲, 知る者, 破壊する, 示された御, 神学的に, 私徳の, 究め先祖, 窮めて, 縛って, 考えて, 考へると, 聴いて, 薄弱なら, 衝く必要, 表したらしい例, 製造する, 覆す事, 見るほど, 見逃しては, 語る中, 誤つてる威信論, 誤るとき, 説明した, 貫いて, 質せば, 鋸で, 離れたもの, 飾るため, 養うゆえん

▼ 根本概念~ (99, 2.3%)

4 のこと, 乃至範疇 2 である, となる, の構成, は終局, 即ち範疇

1 [81件] がそもそも, が使われ得る, が依然として, が即ち, が嘗て, が実在, が急激, が感官的直観, が観念論的, であった, であったという, であるかの, であること, であるならば, であるもの, であるよう, である主, である処, である範疇, であろう, でなければ, という一種, とかという文化, とし, としての歴史的意識, としての範疇, として普遍者, として空間, とする, との連関, と云う, と云った, と呼ばれる, と直接, と關係, なの, にしか過ぎない, になっ, にまで総合, に過ぎない, のイデー, の他, の体系, の分析定着, の別名, の又, の検討, の機能組織, の理論的整理, の相互, の規定, はこうした, はまさに, はもつ, は何, は例えば, は先験的綜合, は古来, は実際, は恐らく, は恰もそのまま, は我と, は或, は物理学, は物質, は第, も亦, をそのまま, をゲーテ, を使っ, を分析, を安価, を弁証法, を意味, を捉え, を採っ, を改造, を明晰, を理論的, を貫い, を造り出す

▼ 根本~ (55, 1.3%)

3 違って

1 [52件] あつた, あること, あるの, あるべき道理, がさがさ動い, ぐらついたん, どうもおかしい, どこに, なかつたの, なければ, まだ疑問, ゆるんだ, トンチンカンな, 一つか, 一つだ, 不意に, 両刃の, 他に, 体力問題に, 出来て, 十抱えほども, 呑み込めないの, 堅固であっ, 壊れる, 変ったりは, 崩れ申す, 忘れられて, 忘れ去られたところ, 成功主義に, 成功主義に対する, 成立ちませぬ, 抜けて, 映る, 曲がって, 正当な, 此処で, 焦がされて, 狂いはじめて, 破れるん, 確立した, 立たないの, 立派に, 経済的には, 絶たれたという, 腐れかかるの, 薄い, 解る便宜, 違うの, 違うので, 違つてゐ, 違ふ, 間違つてゐる

▼ 根本思想~ (52, 1.2%)

2 である, なの, や目的

1 [46件] からし, から見, が尋常一様, が表面忠君愛国, たりし, たること, だったの, であるところ, である軍閥主義, として空間, とせる, とでも言う, となす如き, と等しい, なるを, にし, については全然, に反対, に基づい, に負う, に重大, の一つ, の正統, の發露, の直覚的意識, はそこ, はそれ, はやはり, は今日, は何, は個人, は光明神, は地, は支那, は誤, より來, をそのまま, をなし, をなした, をドイツ, を借りるなら, を包含, を産む, を穢れ, を表, を襲う

▼ 根本精神~ (50, 1.1%)

2 に於, は即ち

1 [46件] がある, がかよう, がまだ, が多少なりとも, が解らない, だった, であった, であつ, であらね, であるが, であると, である事, でなければ, とし, とする, とは一致, とも必ず, と学ぶべき, にした, にまで立ちもどらなけれ, によって最後, によつて, に協, に反対, に基く, に立ち返り, に立脚, に続い, に触れ, に触れた, のなか, のやう, の一つ, の顕揚, は何もの, は各人, は実は, は次郎, は資本主義, は述べ, は領解, も要するに, を正し, を知る, を継承, ヲ了解スベシ

▼ 根本において~ (49, 1.1%)

1 [49件] いいこと, おそらく値打ち, すでに愚考, より高い, ソヴェトの, ヘーゲルの, ロゴス的意味と, 一である, 一致し, 享楽人でなかった, 何か, 円通融合し, 史料の, 同じである, 多少の, 害されるの, 将来物理学全般にわたっての, 已に愚考, 政府なり, 整理され, 文芸院の, 本質においては, 極めて正しい, 構想力の, 正直な, 歴史的現実の, 現代は, 理窟に, 異なって, 異なる所, 発表の, 相いれず美, 私の, 私は, 科学的でありません, 自分自身だけに, 自分自身の, 自然哲学的な, 自然哲學的な, 自由競争を, 観想でなく, 認識に, 誤りが, 誤りを, 誤り居候, 間違った処, 間違って, 関係概念と, 集団的存在である

▼ 根本~ (48, 1.1%)

2 にし, を忘れ

1 [44件] から云う, から出発, から出立, から考へ, が分らぬ, が決定, が解決, たる人格, であると, として自己, とすれ, とせよ, とも連關, と箇条箇条, において一致, において牴触, について, についてお, に於, に於ける, に深く, に溯ぼったら, に背く, に触れ, に触れた, に触れる, の解決, の解釈, はいかに, は快楽, は患者, は死ん, は芸術的, をたずねた, をとらえた, を教, を研究, を立てた, を置かなけれ, を考え, を考へる, を解せね, を解決, を離れ

▼ 根本原理~ (44, 1.0%)

2 である, を把握

1 [40件] が一般, が含まれ, が暖かき, が極めて, であるその, である同, でこれ, ですなわち, でなくては, として意識, として造型芸術共通, と相, においては前記, にさかのぼらなけれ, についてはまだ, によって解釈, に基づかね, に対する無, に拠り, に異論, に遡っ, に附随, に附隨, の様, はディルタイ, は単に, は常に, は生, は賛同, は静止的, または国民全体, より同等, より立論, をクールノー, を内, を明らか, を法制, を父オーギュスト・ワルラス, を述べた, を遺伝的

▼ 根本~ (43, 1.0%)

6 なって 3 なつて 2 する, なるもの, 枝葉との

1 [28件] いえば, した, しなければ, し儒仏, し枝葉, し義, すると, するに, する教, する目的, する3, なさねば, なしその, なす, なった例, なり教導者, なる, なるべきもの, なる宇宙, なる気力, なる理由, 嘆賞せり, 小指の, 爲し, 考えて, 見るべきもの, 見做, 認めねば

▼ 根本特色~ (32, 0.7%)

3 なの 2 となる, の一つ, をなし

1 [23件] がこれ, が充分, が取り, である, でなくては, とし, としての, には止まらず, はその, はそれ, はよく, は報道, は次第に, は特殊科学, をば一つ, を以て貫かれ, を保維, を備えた, を持っ, を最もよく, を有っ, を決定, を訂正

▼ 根本には~ (29, 0.7%)

1 [29件] あるの, いかにも小, いつの間にどこ, それを, なお一つ, まだ従来, ものに, やはり人間, 一振, 上述の, 人と, 人の, 人間性とも, 企業家の, 創造的な, 右の, 大小幾つもの, 山の神が, 山鳥の, 当時も, 既に一種心得顔, 日本における, 殆ど影響しない, 民族競争国家競争の, 燃えてる火, 総選挙, 都会の, 魂に, 鹿島の

▼ 根本原因~ (28, 0.6%)

3 である 2 をなし

1 [23件] がある, がはたして, が階級社会, であったそれぞれ, であります, である事, となつ, となるであろう, になっ, のある, のなくなった, の一つ, の存続, の末梢的結果, の那辺, はここ, はしばらく, はそんな, はめいめい, は文学青年, は民衆, を共に, を出来る

▼ 根本においては~ (26, 0.6%)

2 そのため, 問題は, 彼は

1 [20件] それに, それは, それらの, ほとんど彼, わるい考えかた, キリスト教社会の, 人でない, 何事も, 内心の, 同じこと, 大差の, 常に婦人, 彼らの, 彼らは, 断じて支那固有, 断食芸人は, 清浄の, 祖国愛主義の, 自分の, 表現作用の

▼ 根本より~ (22, 0.5%)

4 して

1 [18件] ズッと, ブッスリ切り落す, 全く変化, 凡ての, 割出して, 単一起原説を, 咄嗟の, 変更し, 変更する, 改造する, 木末に, 考へて, 覆されしを, 覆し人物, 覆せ, 變更し, 變更する, 鎌で

▼ 根本方針~ (22, 0.5%)

1 [22件] が成り立っ, が絶対, とした, などというの, にした, に双手, に就い, はお話, はすでに, はその, は何, は何処, は何處, は未来, も安土, を変える, を定めた, を定める, を建て, を握っ, を決定, を示した

▼ 根本規定~ (20, 0.5%)

2 とする

1 [18件] から感覚, から感覺, がそこ, が模写, であった, であるから, であること, である時事性, と見, なの, に根ざし, の第, はまず, は凡て延長, は時事性, は深, は社会生活, を注目

▼ 根本条件~ (18, 0.4%)

2 とする, の下

1 [14件] がそう, がなくなった, である, であること, としてゐる, なの, なる言語部族, なん, について戯曲, の化身, は人間, をなし, をなす, を確保

▼ 根本である~ (17, 0.4%)

2 ことを

1 [15件] がこれ, けれども之, といふ議論, と妄信, と思います, と思ふ, と申しました, と考えた, と言, 事は, 儒仏は, 国民生活不安定の, 神も, 訳でありまし, 貨幣価値の

▼ 根本~ (17, 0.4%)

1 [17件] たくさん水を, 人力車を, 参りまして, 参りますると, 向って, 吹き寄せつつ, 坐って, 女の, 小便を, 引き戻さうと, 往くが, 来て, 突き通した, 腰を, 近づいて, 遡ること, 還りたい

▼ 根本性質~ (17, 0.4%)

2 を持っ, を有っ

1 [13件] すなわち, だと, だという, ですから, でもなけれ, に照応, はそれ, は掴めない, を, を初め, を決定, を突き詰め, を見出した

▼ 根本観念~ (17, 0.4%)

1 [17件] が変つて, だけは何, であり又, であり合言葉, である処, と共に出発, なの, に執着, に於, に触れ, のこと, の除去, は何, は自然, を失わし, を推測, を産んだ

▼ 根本的性質~ (16, 0.4%)

5 に於 2 と落花落葉虫語鳥声等 1 が認められる, であった, である, と一致, と何等, に及び, を変更, を知る, を究めん

▼ 根本~ (15, 0.3%)

1 [15件] あらう, この書物, そのやう, ちがって, どれが, また主, 一夜を, 万事を, 世間の, 二つに, 仁は, 全体から, 呑気な, 生産者の, 繙いた不思議

▼ 根本原則~ (14, 0.3%)

1 [14件] が顛覆, さえがこの, だと, である人格完成, でなくては, とする, と明白, にしょっちゅう, に外, に立脚, に鑑み, は凡て, は君民共治, をその

▼ 根本法則~ (14, 0.3%)

1 [14件] でありましょう, であるとか, であるの, であるよう, でもあり得た, とし, としての自然弁証法, とはこの, と考えなけれ, に他, に照応, の一つ, は今日, を啓示

▼ 根本的規定~ (13, 0.3%)

1 [13件] であって, である, であるであろう, であると, でなければ, として挙げられる, として見出される, とも云うべき, に属する, に数えられる, は意識, は物質, は空間

▼ 根本たる~ (12, 0.3%)

1 [12件] 人情の, 士気を, 孝, 家の, 思想の, 教育を, 科学的の, 至誠奉公といふ, 袁紹から, 記録は, 詩想を, 風雨を

▼ 根本では~ (12, 0.3%)

1 [12件] いつだって, この考え方, すべて同じ, そんな弁護士, どれだけの, ないか, なしに, 個人個人だけ, 共通の, 既に国家, 民間の, 確かな

▼ 根本動機~ (12, 0.3%)

1 [12件] たる人間, でした, における純粋性, に心から, の一, の純, は凡て, は茲, より発生, をなす, を少し, を自己

▼ 根本資料~ (12, 0.3%)

1 [12件] たる斷片的, であって, としては平安朝初期, としては漢字, として最も, となろう, について研究, に泝つて, の公明, の検討, は宝川, をそれぞれ

▼ 根本保枝~ (11, 0.3%)

1 [11件] からの手紙, から聴かされた, だけはだれ, に言, のどこ, の主婦ぶり, の顔, はかいつまん, はその, は学校時代, は結婚生活

▼ 根本概念規定~ (11, 0.3%)

3 はジャーナリズム 2 の第, は新聞紙 1 とする, の他, をも浮き出させる, を持つ

▼ 根本~ (10, 0.2%)

4 ということ 1 からだ, が実相, が特に, と思う, と思っ, ね

▼ 根本動力~ (10, 0.2%)

1 が彼等赤毛布, でありニヒリスト, としての衝動, と見なし, にし, にまで影響, は従来, よ, を論理的, 即ち自学自修

▼ 根本史料~ (10, 0.2%)

1 から書いた, から編, たること, たる価値, たる吾妻鏡, の, の一つ, ばかりで, をよく, を手

▼ 根本命題~ (10, 0.2%)

1 であった, という形, として悟性, のひとつ, の新しい, の真, は, は多く, は歴史, を与える

▼ 根本態度~ (10, 0.2%)

2 は実は 1 から云っ, がこの, であるよう, ではなから, とを窺, は社会, を決して, を重要視

▼ 根本まで~ (9, 0.2%)

1 あらは, どよめき樫, 一緒に, 印されて, 木っ, 深くやられ, 突き刺す, 胸を, 腐りそう

▼ 根本~ (9, 0.2%)

1 が帰つて, すら分らなかつた, のアパート, の布団, の青春, はまもなく, は何, は大いなる, は肺病

▼ 根本的研究~ (9, 0.2%)

1 が進められ, とその, とそれ, にまたなけれ, に拠らなけれ, はすなわち, は全然, は必要, を加え

▼ 根本として~ (8, 0.2%)

2 彼等の 1 ゆこうと, ゐる, 原理原則から, 書いたもの, 老死の, 計略を

▼ 根本事実~ (8, 0.2%)

3 である 2 たるしかも 1 であって, なの, をそういう

▼ 根本的解決~ (8, 0.2%)

1 などは出来る, に指針, のため, の道, はしばらく, を与うる, を圖, を期せざるべからず

▼ 根本的誤謬~ (8, 0.2%)

1 がいかに, が存在, であって, と認, に基く, に陥っ, の一, を明らか

▼ 根本テーゼ~ (7, 0.2%)

1 であった, であった文学, と共産主義, に忠実, のいくつ, の一つ一つ, の内

▼ 根本信念~ (7, 0.2%)

2 は此経, は此經 1 がこの, が私, です

▼ 根本要素~ (7, 0.2%)

1 であった機械主義, であらね, である, であるならば, として有っ, となるであらう, の一つ

▼ 根本関係~ (7, 0.2%)

1 がいつ, が横たわっ, が認識論的, だという, は自然科学, を与えられね, を云い表わす

▼ 根本~ (6, 0.1%)

1 あわせて, 分らなくなったの, 同じ太, 実はそこ, 続いて, 舶来種である

▼ 根本傾向~ (6, 0.1%)

1 との区別, とヘーゲル, なの, にはエンゲルス, に於, の一つ

▼ 根本~ (6, 0.1%)

2 から演繹 1 から構成, に相当, は空間, をなす

▼ 根本基礎~ (6, 0.1%)

1 とし, との間, まで追及, を以て古今, を作っ, を女

▼ 根本性格~ (6, 0.1%)

1 である, と一つ, に於, は以前, は開いた, を異に

▼ 根本理念~ (6, 0.1%)

2 とその 1 などと称し, の一つ, はこれ, は同時に

▼ 根本理由~ (6, 0.1%)

1 がそこ, がなくなっ, は今, は過渡期, を見究め, を規定

▼ 根本的原因~ (6, 0.1%)

2 である 1 である女性, に対して単身, は疑い, は科学的

▼ 根本的欠陥~ (6, 0.1%)

1 でもある, として指摘, とそして, と考える, は往々, は教区

▼ 根本仮定~ (5, 0.1%)

1 から出発, が非常識, に来る, のどこ, の余儀な

▼ 根本~ (5, 0.1%)

5 とも見える

▼ 根本形式~ (5, 0.1%)

1 がある, が與, である, なる運動, に依れ

▼ 根本構造~ (5, 0.1%)

2 を持っ 1 からし, である, に於

▼ 根本欲求~ (5, 0.1%)

1 である, と分裂, には人間, に反し, の実現

▼ 根本~ (5, 0.1%)

3 ヲ紊亂スル者ニ對スル立法精神ニ於テ 1 という意義, のみを指す

▼ 根本物質~ (5, 0.1%)

1 が中心, が何, が水, とは何, の根本問題

▼ 根本的徹底的~ (5, 0.1%)

1 ならんこと, な否定, に否定, に研究, の覺醒

▼ 根本的性格~ (5, 0.1%)

1 が断片性, においては變, をなす, を示さう, を示そう

▼ 根本的意義~ (5, 0.1%)

2 を異に 1 はもちろん, をおくべきだ, を感覚

▼ 根本的態度~ (5, 0.1%)

1 がどう, が動揺, についてはなんら, は棄てられ, を異に

▼ 根本的概念~ (5, 0.1%)

1 である, となる, に牴觸, はどうしても, を作りましょう

▼ 根本的相違~ (5, 0.1%)

2 がある 1 しかして又, に學者, を認め

▼ 根本的矛盾~ (5, 0.1%)

1 があり, が一貫, が現われ, の一つ, を究める

▼ 根本要求~ (5, 0.1%)

2 の一つ 1 から来た, が茲, に適応

▼ 根本道場~ (5, 0.1%)

1 がある, だね, として法幡, と聞く, のキザハシ

▼ 根本からの~ (4, 0.1%)

1 ちがいについて, 建て直しだ, 治療を, 相違が

▼ 根本~ (4, 0.1%)

2 のです 1 んです, 源は

▼ 根本~ (4, 0.1%)

1 培ハザル直, 屠ル能ハザルノミナラズ, 忘レテ枝葉ニ走, 整フル以外一ノ

▼ 根本三之助~ (4, 0.1%)

1 と, などと同じく, などと威張り, の乱暴

▼ 根本主義~ (4, 0.1%)

1 となる, にいつ, に於い, を誤った

▼ 根本価値~ (4, 0.1%)

1 が決定, となっ, とはつまり, の上

▼ 根本前提~ (4, 0.1%)

1 が既に, であった, であらう, も被

▼ 根本~ (4, 0.1%)

2 を有っ 1 に他, を与え

▼ 根本材料~ (4, 0.1%)

1 とした, の甚脆弱, は伊沢徳さん, を外

▼ 根本欠陥~ (4, 0.1%)

1 である, の一つ, はまさに, を持っ

▼ 根本~ (4, 0.1%)

1 がある, として立てなけれ, は生存欲, を立て

▼ 根本的修正~ (4, 0.1%)

1 がひとり文字, と増補, を要する, を迫っ

▼ 根本的刷新~ (4, 0.1%)

2 を加 1 が必要, に乗り出せ

▼ 根本的変革~ (4, 0.1%)

1 であるから, といふ風, を必要, を遂げる

▼ 根本的差異~ (4, 0.1%)

1 と云う, について少し, は人, を論ずる

▼ 根本的改革~ (4, 0.1%)

1 と云う, なるもの, をもたらした, を思い立った

▼ 根本行輔~ (4, 0.1%)

1 と言, の口, の家, は驚い

▼ 根本規準~ (4, 0.1%)

2 はそれ, を拒絶

▼ 根本さえ~ (3, 0.1%)

1 把握する, 立てて, 飲み込むこと

▼ 根本という~ (3, 0.1%)

1 ことは, のは, 風に

▼ 根本にも~ (3, 0.1%)

1 なりその, なり実業, 身を

▼ 根本に対する~ (3, 0.1%)

1 反省を, 熱情が, 理解の

▼ 根本主張~ (3, 0.1%)

1 はすでに, は何, は数学教育

▼ 根本動向~ (3, 0.1%)

1 から愛, である自然科学界, の一つ

▼ 根本契機~ (3, 0.1%)

1 は決して常に, を通じて二系列, を通じて見出される

▼ 根本存在~ (3, 0.1%)

1 というよう, ともなる, と呼ばれよう

▼ 根本弱点~ (3, 0.1%)

1 で今日, に注目, に由来

▼ 根本想定~ (3, 0.1%)

1 だと, とならね, の上

▼ 根本~ (3, 0.1%)

2 體が 1 體である

▼ 根本機構~ (3, 0.1%)

2 はそれ自身 1 と矛盾

▼ 根本特徴~ (3, 0.1%)

1 であって, をなす, を有っ

▼ 根本現象~ (3, 0.1%)

1 の一症状, を多少, を明

▼ 根本理論~ (3, 0.1%)

1 であること, に基く, は前年度

▼ 根本的傾向~ (3, 0.1%)

2 に反する 1 から自然

▼ 根本的対立~ (3, 0.1%)

1 ということ, に準じ, は哲学

▼ 根本的対策~ (3, 0.1%)

1 としては小学校教育, の相談, を強行

▼ 根本的条件~ (3, 0.1%)

1 にあらざる, に制約, の一つ

▼ 根本的構造~ (3, 0.1%)

1 である, である交渉的存在, は単に

▼ 根本的欠点~ (3, 0.1%)

2 はその 1 がある

▼ 根本的特色~ (3, 0.1%)

1 にし, を持っ, を決定

▼ 根本的精神的~ (3, 0.1%)

1 であって, であつ, の覺醒

▼ 根本的要求~ (3, 0.1%)

1 が別, です, に基づい

▼ 根本的革新~ (3, 0.1%)

1 に依り, を夢みる, を目的

▼ 根本~ (3, 0.1%)

1 とはいい得られぬ, は機械, を論ずる

▼ 根本羽嶽~ (3, 0.1%)

1 が十月三日, に漢医方, の門

▼ 根本たり~ (2, 0.0%)

1 しは, とも衰える

▼ 根本であり~ (2, 0.0%)

1 また, 骨子である

▼ 根本であります~ (2, 0.0%)

1 から料理, が仁心

▼ 根本です~ (2, 0.0%)

1 からこれら, から是非一つ中川君

▼ 根本といふ~ (2, 0.0%)

1 人と, 家は

▼ 根本なりと~ (2, 0.0%)

1 いわざるを, 明言し

▼ 根本なる~ (2, 0.0%)

1 か或はまた, ものは

▼ 根本なれ~ (2, 0.0%)

1 ばいやしくも, ば五根

▼ 根本について~ (2, 0.0%)

1 自問し, 話して

▼ 根本にな~ (2, 0.0%)

1 つたのであります, つて其頃文化の

▼ 根本によって~ (2, 0.0%)

1 プルードンが, 理想的に

▼ 根本テーマ~ (2, 0.0%)

1 とした, はこういう

▼ 根本ヨリ~ (2, 0.0%)

1 異ニスルヲ以テナリ, 異ニセルモノナリ

▼ 根本一つ~ (2, 0.0%)

1 に違, の言葉

▼ 根本作用~ (2, 0.0%)

1 なり或は, の一つ

▼ 根本假定~ (2, 0.0%)

2 とする

▼ 根本区別~ (2, 0.0%)

1 であった, の一例

▼ 根本哲學~ (2, 0.0%)

1 である, は今日

▼ 根本困難~ (2, 0.0%)

1 の一つ, を解決

▼ 根本基調~ (2, 0.0%)

1 はたしかに, を作

▼ 根本~ (2, 0.0%)

1 と記した, を尋ねた

▼ 根本対策~ (2, 0.0%)

1 の心算, を強行

▼ 根本~ (2, 0.0%)

1 たる末句反乱, であるらしいという

▼ 根本~ (2, 0.0%)

1 に眼, の時代

▼ 根本~ (2, 0.0%)

1 との立場, の思想

▼ 根本意識~ (2, 0.0%)

1 と云, を定めかね

▼ 根本政策~ (2, 0.0%)

1 でもあり得ない, とは一致

▼ 根本方向~ (2, 0.0%)

1 と過程, を狙った

▼ 根本方法~ (2, 0.0%)

2 によって貫かれね

▼ 根本條件~ (2, 0.0%)

1 とする, は私人

▼ 根本機能~ (2, 0.0%)

1 が世間, だが

▼ 根本生命~ (2, 0.0%)

1 に復帰, の当

▼ 根本疑問~ (2, 0.0%)

1 から出発, だと

▼ 根本的事実~ (2, 0.0%)

1 によってその, を犠牲

▼ 根本的修理~ (2, 0.0%)

1 が施さるる, の加えられた

▼ 根本的問題~ (2, 0.0%)

1 でないという, といたしまし

▼ 根本的基礎~ (2, 0.0%)

1 であると, にとつ

▼ 根本的契機~ (2, 0.0%)

2 の心理学的演繹

▼ 根本的實在~ (2, 0.0%)

1 が惡魔, に對

▼ 根本的影響~ (2, 0.0%)

1 や制約, を持つ

▼ 根本的思索~ (2, 0.0%)

1 には心, の記述

▼ 根本的治療~ (2, 0.0%)

1 をすれ, を施す

▼ 根本的用意~ (2, 0.0%)

1 とは何, を述べたい

▼ 根本的立場~ (2, 0.0%)

1 に於, は生物學的

▼ 根本的素質~ (2, 0.0%)

1 を養, を養う

▼ 根本的衝動~ (2, 0.0%)

1 である, なるもの

▼ 根本的要素~ (2, 0.0%)

1 であるといふ, は心

▼ 根本的見解~ (2, 0.0%)

1 である, の通り

▼ 根本的解決策~ (2, 0.0%)

2 と思考

▼ 根本的解釈~ (2, 0.0%)

2 を得る

▼ 根本的説明~ (2, 0.0%)

1 となるべき, に接する

▼ 根本的謬見~ (2, 0.0%)

2 なり

▼ 根本的變革~ (2, 0.0%)

1 の必要, を來

▼ 根本的運動~ (2, 0.0%)

1 にぞくすであろう, の代表的

▼ 根本着眼~ (2, 0.0%)

1 が置かれた, である

▼ 根本矛盾~ (2, 0.0%)

1 がそのまま, を生産関係

▼ 根本知識~ (2, 0.0%)

1 が欠け, の正しい

▼ 根本策中~ (2, 0.0%)

1 の最, の根本策

▼ 根本組織~ (2, 0.0%)

1 と相似, を理会

▼ 根本表現~ (2, 0.0%)

1 だと, を揺り動かさう

▼ 根本要件~ (2, 0.0%)

1 である, であること

▼ 根本觀念~ (2, 0.0%)

1 であること, を刷新

▼ 根本課題~ (2, 0.0%)

1 ではない, の所在

▼ 根本過程~ (2, 0.0%)

1 であるか, と見

▼1* [252件]

根本および原因に, 根本さんですか, 根本さんあなたからひとつ, 根本さア処の御, 根本じゃない, 根本すなわち彼岸へ, 根本すれすれに軒, 根本たるべき愛国的民主的人類的なる, 根本だらうと思ひます, 根本ていのア, 根本であって教授術, 根本でなかろうか, 根本での働きを, 根本とか応用の, 根本とかいう意味です, 根本との掌の, 根本とも合致するでしょう, 根本なりとの観念に, 根本なりにおいて重大なる, 根本なりやと言わば, 根本については何の, 根本にまで触れない, 根本によつてプルードンが, 根本に関して隔意なき, 根本への何かの, 根本ゆえ明家が有りましょう, 根本らしいのが, 根本をも一緒に, 根本タル覺醒的生長ヲ閑却シタル愚人, 根本悪シク枝葉ニ美シ, 根本ニシテ明白ナラバ未決監中ノ人權蹂躙ハ自ラニシテ跡, 根本矛盾ニ立ツ者, 根本ヨリ考察シテ如何ニ, 根本ルールである, 根本一家への同情, 根本之助, 根本予想なの, 根本事情にある, 根本仏教であると, 根本位論も心熱, 根本作戦がある, 根本使命は種, 根本保枝さんがこの, 根本公式である, 根本に向っ, 根本出発点からし, 根本制約として教学精神, 根本力自らが構成, 根本動因であるかという, 根本区画なの, 根本即ち脳という, 根本原因ハ日本資産家ノ侵略ガ官憲ト相結ビテ彼等, 根本吐芳さんの, 根本命題原則の形, 根本唯一の本領, 根本問題換言するなら一般大衆自身, 根本問題解決の手がかり, 根本善左衛門に近郷, 根本因子と見る, 根本では特に, 根本地獄近辺地獄孤独地獄の三つ, 根本基調此をきい, 根本変りのあろう, 根本天理を稟, 根本契機それが最も, 根本存在性を示す, 根本学説の差違, 根本學説に觸, 根本対立でで, 根本常識でもなく, 根本形態の三つ, 根本の元素, 根本心情である, 根本性情の発露, 根本情調に於い, 根本意志を象徴的, 根本の雛型, 根本技術に関してゐる, 根本拍子が急迫, 根本改正を要する, 根本改革を断行, 根本教養になつた所, 根本敵たる者はどう, 根本文化政策に較べれ, 根本方策は, 根本なる時, 根本時期に分つ, 根本で非常, 根本の百姓, 根本条件民族心理上の諸種, 根本松江といふ人, 根本松江氏もお初ちやん, 根本概念以外の何物, 根本概念構成のイデオロギー的制約, 根本概念組織を論理, 根本概念群の間, 根本様式に変り, 根本標準を立てん, 根本機關とも言, 根本欠点を指す, 根本といえ, 根本気分を物語る, 根本法トシテ法律化スルニ過ギザルナリ, 根本活力となる, 根本で僕, 根本特色以外に日常性, 根本用意として以上, 根本療治をしえもらわなく, 根本療法の上, 根本的ニ常ニ該事業, 根本的ニ改造スル時獨リ宮中ノ建築, 根本的ニ改革シテ十年間ヲ一貫セシメ, 根本的ニ構造ヲ異, 根本的ニ永久的ニ跡ヲ絶ツベシ, 根本的モメントは果して, 根本的一般法則であるだけ, 根本的一規定から鮮, 根本的不安をかもす, 根本的主張はマルクス, 根本的事實によつて, 根本的事情が国家内部, 根本的価値こそはここ, 根本的全面的革新が成就, 根本的出発点から云う, 根本的前提を汎神論, 根本的動力であつ, 根本的区別を予想, 根本的原理をさかのぼっ, 根本的同一性を注意, 根本的否定が含まれ, 根本的困難が附隨, 根本的土台とし, 根本的基礎理論たる労働価値論, 根本的変更を加えられた, 根本的威力は発揮, 根本的実在の自己表現, 根本的宿命から来る, 根本的差別をなす, 根本的差違を反映, 根本的幼稚さインチキ性が生れ, 根本的建て直しを唱道, 根本的必要条件である, 根本的思想に対する道元, 根本的懷疑といふこと, 根本的手術をやっ, 根本的打撃を与える, 根本的技術でありこの, 根本的改修なるべきこと, 根本的改変と建設, 根本的改良とか不動産銀行, 根本的改訂に最大, 根本的改造後ニ出現スベキ偉器ニ待ツ者ナリ, 根本的救治は之, 根本的救治策は到底, 根本的救濟の道, 根本的敗北を認め, 根本的教養であらね, 根本的方式である, 根本的方面がこれ, 根本的最大原因は何かと, 根本的本質を持たない, 根本的本質的な方面, 根本的根拠はこの, 根本的條件に制約, 根本的検討に向かわね, 根本的標語に次い, 根本的樹立と目する, 根本的機能のメカニズム, 根本的歴史的パトスである, 根本的決定因子を知る, 根本的法則を社会, 根本的活力になる, 根本的特徴が明らか, 根本的特質はそれ, 根本的理由は経済的現象, 根本的理論の差異, 根本的生活に対する責任, 根本的生活活動から感覚的, 根本的疑問を解決, 根本的病状を知つて, 根本的発達の希望, 根本的目的を持つ, 根本的真理と考え, 根本的着想に意味, 根本的着眼であると, 根本的知識など事実, 根本的矯正は自信自重, 根本的矯正法は自身, 根本的破壊は奥さん, 根本的社会法制がひとたび, 根本的立て直しを必要, 根本的精神は, 根本的精神療法もマダ十分, 根本的約束なの, 根本的考えかたである, 根本的致命的誤謬は二つ, 根本的要点が含まれ, 根本的見方でありますから, 根本的規範たる教, 根本的覚悟である, 根本的解放を見る, 根本的訓練から始めなけれ, 根本的議論が生じる, 根本的迷蒙である, 根本的運命を語る, 根本的過誤がある, 根本的錯誤の一つ, 根本的関係は弁証法, 根本的防空対策を断行, 根本的革命の誕生報告, 根本的革正の加えられる, 根本的革進を企図, 根本的體育タルヲ以テナリ, 根本目標の下, 根本目的は, 根本直観によって数, 根本直観根本事実である, 根本相立不申候, 根本社交の第一義, 根本秩序によれ, 根本種子を明確, 根本素材と顕著, 根本経典である, 根本経験は凡て歴史的, 根本経験的な, 根本結紐として今や最も, 根本缺陷はまさに, 根本義たる所にデモクラシー, 根本興味はパラドックス, 根本莞爾君と私, 根本莞爾氏が間違え, 根本衝動によって初めて, 根本要旨である, 根本要点に触れず, 根本規定そのものが理解, 根本解決って何, 根本解決策も立たない, 根本証拠を伴う, 根本認識の論理学的, 根本誤謬を惹き起こす, 根本説一切有部律に關, 根本説一切有部毘奈耶雜事九に惡生王, 根本調として会見, 根本調子となつ, 根本調査の要, 根本は暫く, 根本諸人の如きあり, 根本通明老師の論語, 根本連関を有, 根本釈迦堂がある, 根本錯覚がない, 根本革新である