青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「文化~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~敵 敵~ 敷~ ~敷い 敷い~ ~數 數~ ~文 文~ ~文化
文化~
~文句 文句~ 文壇~ ~文字 文字~ ~文学 文学~ 文學~ ~文明 文明~

「文化~」 13571, 135ppm, 796位

▼ 文化~ (3202, 23.6%)

42 ために 21 上に, 低さ 19 中に 18 一つの, 影響を 1410 問題として, 進歩に 9 上で, 中心に, 伝統を, 水準を 8 世界に, 程度の, 進歩を 7 ありよう, 中で, 問題を, 或る, 擁護, 擁護の, 本質を, 発展の, 自由を, 高さ 6 うちに, 上から, 上にも, 中心が, 中心は, 光を, 歴史の, 歴史は, 進むにつれて 5 イデーを, 中には, 問題から, 発達を, 研究は, 程度が, 進歩の, 進歩は, 面でも

4 [36件] ことを, ための, 中の, 中心の, 中心を, 伝統は, 低いせい, 内に, 内容は, 力を, 危機を, 各方面, 各部門, 向上といふ, 向上の, 向上を, 吸収に, 問題は, 最後の, 本質が, 本質は, 正当な, 水準が, 特徴が, 特色を, 特質が, 由來を, 発達した, 発達に, 発達の, 程度を, 自由の, 諸問題, 進んで, 面では, 面に

3 [62件] なかに, イデーは, 一つである, 三つの, 上では, 下に, 中心と, 交流を, 伝統と, 伝統の, 価値を, 健全な, 全面に, 具体的な, 危機とは, 反映と, 各領域, 向上, 向上に, 圏外に, 建設に, 建設は, 影響は, 影響も, 復興を, 意味を, 意義を, 批判を, 推移は, 擁護といふ, 本当の, 根柢に, 概念は, 樹立を, 段階に, 水準と, 水準に, 水準の, 流れに, 独自の, 獨立といふ, 現状は, 理念を, 発展に, 発達は, 真の, 研究が, 研究の, 第一線に, 粋を, 精神を, 自由と, 自由という, 自由は, 花を, 華が, 観念が, 貧困を, 質が, 輸入に, 面で, 面においても

2 [236件] あの爛漫, あらゆる面, ある時期, ことだ, こととして, ころから, ためには, においが, はじめ大雪の, ほかに, よき一部, イデーとの, 一中心であった, 一貫した, 一面は, 一面を, 上においても, 世界には, 世界の, 世界を, 世界化を, 世界的レベルを, 中から, 中では, 中心で, 中心であった, 中心である, 中心も, 中心地だ, 中心地である, 中樞は, 交流は, 今日の, 今日までの, 伝統が, 伝統として, 伝統に, 低いほど, 低い国, 低い藩民, 偉大なる, 偉大を, 傳來と, 優秀を, 優越を, 先進国たる, 光が, 光に, 光は, 内容の, 再輸入, 分野で, 初期にまで, 刺激によ, 創造者たる, 力によって, 動きが, 動きは, 動きを, 危機, 危機が, 危機は, 各種の, 名に, 向上した, 唯一の, 問題である, 問題と, 問題に, 問題も, 国際的な, 圏内に, 地盤, 基礎が, 基礎たる, 基礎と, 基礎に, 基礎を, 外観を, 大きな基礎, 夫, 姿が, 嫡男が, 実際の, 宣揚を, 対立とか, 対立に, 対立を, 展開を, 崩壊の, 底流に, 影響から, 影響の, 怖ろ, 性質を, 意義は, 意識, 意識そのものが, 意識の, 意識は, 感覚が, 成長の, 批判と, 批評である, 指導的地位に, 振興に, 損失である, 摂取が, 擁護を, 方で, 方は, 日らしい, 日を, 時代が, 時代に, 普及と, 曙光を, 最も素朴, 最大の, 有りうべき筈, 未来に, 本質に, 本質の, 本質も, 根底を, 根本問題である, 根柢が, 概念に, 模倣である, 歩みが, 歴史, 歴史が, 歴史に, 歴史において, 歴史を, 水準も, 波に, 波を, 洪水が, 流れを, 淵源が, 渡來, 炬火は, 炬火を, 為めに, 爛熟と, 特徴を, 特殊性が, 特色の, 特色は, 特質は, 特質を, 特長を, 独立な, 独立の, 生命は, 産物を, 異なった時代, 畸型的な, 発揚は, 発達が, 発達という, 発達と共に, 皮の, 盛りだ, 相違を, 着物を, 研究に, 破壊を, 破滅を, 確立が, 確立に, 科学的な, 移入に, 程度と, 程度に, 程度も, 程度や, 種子を, 紹介や, 絢爛たる, 絶頂に, 脈搏であった, 自由, 自由として, 自由なる, 自立を, 花が, 花の, 華と, 華として, 華の, 衣裳を, 表面に, 裡面に, 要素が, 要素として, 要素を, 観念の, 観念は, 観点から, 話を, 誇りである, 課題として, 諸形態, 諸部門, 諸領域, 豊かな, 質の, 質を, 跡を, 蹂躙と, 輸入を, 進展を, 進歩が, 進歩した, 進歩と, 進歩につれて, 進歩に対して, 遺跡が, 部門が, 部面に, 都を, 重要な, 重要性を, 闘いにおいて, 關係を, 隆盛を, 非常に, 面から, 領域に, 頽廃を, 風が, 香り高い, 高い国, 高まるにつれて

1 [1998件 抜粋] あとにも, あらゆる角度, ありがたさ, ある地点, いとなみは, おくれた足どり, お祖師樣, けんらんたる, ことなど, この片言, この自律, さういふ風, すべてに, そういう特異, その時々, たかいという, ためでも, ため世界文化の, とけ合った全く, ない土地, なかには, にわかに, ひろい面, まんざらでなかつた, もがきは, もつ秘密, より高い, アナロジーだ, イデーと, イデーの, カクテルの, ギリシア的特徴を, ジャンルに, デモクラシーを, バロメーターに, プーアな, メカニズムの, 一つでありまし, 一ジャンルに, 一具を, 一員と, 一大要素である, 一性質だ, 一新紀元が, 一特徴, 一等国への, 一般特色に, 一般的性質を, 一要素を, 一部分と, 一面には, 三千年継続に, 三領域を, 上品な, 下地でした, 不朽と, 世であった, 世界じゃ, 世界は, 世界的には, 中へ, 中心だ, 中心として, 中心地で, 中心地の, 中心機関の, 中枢とも, 中樞と, 中軸であり, 乱食者である, 事情に, 交換が, 交流に, 交錯を, 京都から, 今日も, 代々の, 代表者たちの, 代表者として, 会として, 伝播には, 伝来と共に, 伝統によって, 伝統国民性の, 低いこの, 低い未開民族, 低下の, 何分の一かが, 余裕といふ, 価値が, 侵入の, 促進は, 保存と, 信念でなく, 偉大な, 健やかな, 健全性に, 偶像, 傳統を, 價値を, 優秀性に関する, 先蹤を, 先駆である, 光も, 光人文の, 党派性, 全て手工業の, 全機能, 全部門, 全面的水準を, 内へは, 内容には, 内部に, 再建は, 再生における, 凡ての, 出発点である, 分裂という, 分野に, 初の, 初より, 制度を, 前までは, 前面に, 創造に, 創造を, 創造者聡明叡智の, 力でも, 力も, 功労者では, 動きに, 動向を, 勝利に, 勢力範囲に, 半分は, 南進の, 単なる破壊者, 原始社会などでは, 及んだ後, 古さ, 各分野, 名を, 名誉である, 向上とか, 君臨を, 含む悪徳, 吸収文献の, 咀嚼においても, 唯中に, 問題だけ, 問題といふ, 問題についての, 問題随つて能率といふ, 喰い違い, 国だっただろう, 国を, 国粋主義的宣揚としては, 国際的交換を, 土台が, 圧倒的な, 在り方の, 地へ, 地方伝播など, 地盤を, 域に, 基礎である, 基調を, 堕落の, 壁とも, 変形に従って, 変転流相の, 外気の, 大きい歪み, 大に, 大気中に, 大衆化につれて, 大都府, 大黒柱な, 姿から, 姿相と, 婦人大衆を, 存在が, 存在の, 守りについての, 宝庫であり, 宝蔵であった, 実力は, 実際内容, 宣伝具として, 密接な, 實現の, 対立観念だけ, 専門家自身の, 将来を, 小スケール, 尺度, 崩壊的な, 差別は, 希望を, 幼年時代において, 底で, 度にては, 廢跡に, 建設という, 建設の, 建設者を, 強制だ, 形づくられるの, 形態といふ, 形成を, 影響, 影響といふ, 後れた多数, 復興と, 徹底的な, 必然的に, 思想水準を, 急進性は, 性質上著しく異, 恥辱だ, 恩人に, 恵みに, 悲劇或, 惱み, 意識が, 愛惜者である, 感情を, 成功不, 成長と, 戦線で, 所有では, 所産である, 批判, 批判者として, 担い手と, 拙劣な, 指導者と, 指導者達は, 接触の, 損失が, 擁護である, 擁護を以て, 擁護者人間的主, 支那に, 支配社会階級的な, 改革と共に, 政治的対立という, 数々を, 敷き写し, 文化的統制力や, 文献学的水準は, 新しい萌芽, 新様相, 方の, 方面では, 方面にも, 日の, 日宮中の, 日本化せられた, 旧態を, 明るさ, 昔より, 時代である, 時代を, 普及した, 普遍と, 更なる, 最も奸悪, 最も長所, 最古の, 最高に, 最高方式の, 最高潮に, 未だ及ばなかった, 末から, 末大阪の, 末路, 本流を, 本質とも, 本質的価値は, 東漸という, 果の, 栄枯消長に, 根元が, 根本に, 根本精神が, 根柢へ, 根源を, 極度の, 概念を, 構成や, 様相の, 標識を, 模倣を, 模範と, 樹立に, 權威は, 欲求が, 正しいあり方, 正しき消費性, 武器と, 歴史であります, 歴史にとって, 歴史的社会的前進に対して, 残り火に, 段階における, 殿堂で, 母胎と, 民だ, 民主的な, 民族的な, 気運を, 水準は, 没落と, 注入者としては, 流れが, 流入は, 浸潤の, 消費者な, 深奥において, 淵源を, 混乱と, 淺い, 渡来を, 渾一や, 源泉は, 源流という, 潤いに, 為に, 燦爛たる, 爛熟した, 片鱗が, 特徴である, 特殊の, 特色として, 特質と, 状勢, 状態は, 状況を, 独立は, 独自性に対する, 猛威に対して, 現代的水準といふ, 現実に, 現象では, 理想であった, 瑞穂の, 生態は, 生産工場六畳の, 生育の, 画一性を, 病弊は, 発展には, 発祥みたいな, 発達しなかった, 発達にとって, 發生を, 盛んに, 直接の, 相違で, 眞の, 真只中大, 眩さ, 知識が, 研究においても, 研究所を, 破壊だ, 破局地獄である, 確立と, 礎柱を, 社会学には, 社会的に, 社会的統制という, 神科学世界の, 神髄を, 科学に, 科学的批判は, 移動の, 種々の, 積極面からだけ, 章が, 粋と, 精神, 精神には, 精粋ここに, 精華に, 精髄は, 素人という, 素質に, 紹介者に, 組織としては, 結晶として, 絢爛は, 統制の, 絶頂に対する, 綜合を, 総体, 総和を, 縦走を, 繁栄の, 罵倒だ, 美を, 考察は, 育成者と, 能力が, 自主性を, 自慢には, 自由との, 自粛の, 興隆という, 花であり, 花園に, 苗床に, 荘重さに, 華やかな, 萌芽などが, 蓄積として, 虚脱である, 行きすぎ, 行詰りを, 表現方法の, 衰亡又は, 裏面が, 裡面には, 西方への, 要求は, 要素であります, 要素は, 観念から, 観念にまで, 討究に, 記念碑であり, 誇りを, 説明が, 諸概念, 諸相へさえ, 諸領域相互, 讚美を, 象徴として, 貢献者である, 貧困と, 資格を以て, 質的向上は, 起原は, 跛行性が, 軸の, 輸入と, 輸入以後これを, 農村生活の, 退歩を, 通過した, 造作の, 進まざる時代, 進んだ一つ, 進んだ帰化人, 進展, 進展などについて, 進歩する, 進歩とともに, 進歩も, 進歩生産の, 進程に, 遅速である, 運動の, 過去と, 過渡期の, 達成, 遺産が, 遺跡として, 部分的發達では, 都, 都会集中的傾向は, 重圧的影響と, 野火である, 長所を, 開山, 開花の, 関係を, 關係その他の, 隅々にまで, 階級的分裂に, 集散地が, 雰囲気の, 面だけ, 面における, 面は, 面影が, 革命へ, 頂上の, 頂点を, 頃二萬四千餘あり, 領域と, 頽廃と, 風は, 養分に, 骨格自身が, 高まらぬはず, 高低を, 高揚力, 黄金時代である

▼ 文化~ (889, 6.6%)

10 もって 9 持って 8 もつて 7 持つて 6 代表し, 創造し, 守る会, 理解する, 研究する, 輸入し 5 世界に, 代表する, 建設し 4 形成する, 擁護する, 支配し, 有して, 研究し, 輸入した, 輸入する 3 創造する, 吸收する, 守ろうと, 建設する, 形成した, 批判し, 攝取する, 求めて, 身に

2 [61件] こ, して, たしかに高めた, どれ丈しつかり, 一貫する, 世界的に, 丸呑みに, 云々する, 作った, 作ったの, 作った民族, 作り出したの, 傳播し, 創造した, 十分に, 単に体験的, 却ける, 受けて, 吸収し, 吸收し, 圧倒的に, 大阪に, 如何に, 如実に, 守るため, 将来において, 形づくる要素, 形成し, 意味し, 我が國體, 摂取し, 支配する, 明かに, 根本的に, 模倣し, 歓迎する, 混乱させ, 現代の, 理解せん, 生み出して, 発展させる, 盛に, 直接とりいれる, 破壊し, 統制する, 継承し, 縦横に, 羨望し, 考へる場合, 自分の, 見ると, 記録する, 語るの, 象徴し, 象徴する, 進めて, 進めること, 非常に, 馬蹄に, 高めるため, 高調した

1 [627件 抜粋] あれほど, いかに想念, いち早くうち, いわゆる精神文化, いわれて, うち建て, かくも, かたちづくり別々, かたる資格, こしらえなければ, この地上, この際中央, ささえはじめるの, しのばせる品々, しりぞけた知性, そのうち, そのままに, そのまま標準化, その現実的母胎, たずさえて, ただの, たちまちに, つくって, つくりあげて, つくり出して, つくり得て, つなぐ輪, つひには, ですね, とりいれて, とり入れたの, とり入れる時, どこから, どのよう, ながめたとき, なつかしむよりも, ぬけて, はかる尺度, はたして如何なる, はなはだ正当, ば建設しよう, ふみにじりうちくだいたまま, ほめて, ほんた, ますます民族的, ますます高め, めいめいの, めざます, もう一度呼び返し, もたらした原動力プロレタリア, もちつづけて, もち曾, もち道徳, もつた国民, もつに, もつタクミ一族, もつ国, もつ国民, よく身, わがもの, わが国並びに, イエスで, キャッシュに, ゴチャゴチャの, ゴマか, ソクラテスで, プロレタリアートの, ヨーロッパと, 一ぱいに, 一撃の, 一望に, 一本づゝの, 一眄し, 下り坂に, 不健全ならしめ, 不純に, 与えたため, 世界文化の, 世界的な, 中世の, 丸寫し, 云う場合, 云つてゐる, 亞剌比亞人が, 亡ぼすもの, 交流し, 享得し, 享楽する, 京阪に, 人類文化と, 今日の, 今日まで, 伝えたの, 低めることさ, 何となく貶し, 何んで, 作ったが, 作らなければ, 作りつつ, 作り上げて, 作り出さなかったと, 作り始めた, 作り始める頃, 作り得ない民族, 作り得るか, 作ると, 作る力, 作る見込, 作る資格, 価値づける, 促進させた, 促進せしめた, 促進せしめる, 保存し, 借り受けたが, 倫理主義的に, 偏極させよう, 傳播する, 先刻某, 入れ自分, 全く捨て去っ, 全く新しき, 兩岸に, 其の上, 内容づけ, 再生せしめ, 冷蔵庫の, 凌駕する, 出来るだけ, 分出し, 刔剔し, 初めて連関, 創り上げるため, 創るもの, 創作する, 創設する, 創造建設し, 力強く唐, 動員する, 包容し得る, 区切る一つ, 十分誇りと, 卒直に, 南方に, 危機に, 危険に, 取り入れそれ, 取り入れたの, 取り入れ多く, 取入れた都市, 取入れなければ, 取入れること, 受けた支那, 受け入れる, 受け入れる偏見, 受入れたこと, 受入れること, 古来の, 古語の, 叩き壊すため, 名目とは, 向上させたい, 否定し, 否定する, 吸收した, 命懸けで, 咀嚼しなかった, 咀嚼し得る, 咀嚼玩味し, 咲かせた人間, 唱ったもの, 啓発する, 嗣いだ博士, 嗣ぐこ, 固有な, 土台として, 圧する方策, 地方の, 墨守し, 大仕掛け, 失つた事は, 奨励しなかつた, 妨げると, 始終受け, 孔子で, 学び得たが, 学んだもの, 学んで, 守りそれ, 守りつつ, 守り育てると, 守る広い, 守る決議, 守る生活力, 守れ, 完成させなけれ, 定義し, 宣伝煽動し, 専門技術を, 尊重し, 尊重した, 尊重する, 導いて, 少しばかり, 届かせる為, 展開し始める, 崇拝し, 布き弓矢, 帝都に, 広く見渡す, 広狭二つの, 建設しなけれ, 建設し始めた, 建設せん, 建造した, 引きは, 引用する, 形づくるという, 形づくる主, 形作らせて, 形作られたの, 形作るか, 形作る爲, 思い浮かべる, 恐れ吾, 恵まれ自由, 悉く咀嚼, 意味するなら, 愛するこころ, 愛する人々, 愛する途, 愛育し, 感じさせるし, 感じたの, 感ずるの, 成就せん, 我が國, 或は自由, 或る, 打ちたてるに, 打ち建て, 打ち樹, 技術文化と, 抑圧し, 抑圧しつづけた, 抑圧する, 抹殺しはじめ, 担当し, 持たない國民, 持たなかったの, 持ち上げるん, 持ち国家意識, 持ち得ない國民, 持ち得る國民, 持った町, 持つが, 持つこと, 持つべき素質, 持つ今日, 持つ民族, 指して, 指向する, 指導者としての, 振り返つて, 排斥する, 採つて, 採用する, 推定するなら, 推進する, 推進せしめる, 措いては, 摂取した, 撒きひろげるため, 擁護し, 支えて, 支持し, 支那に, 支那のに, 支配しうる, 支配した, 放したこと, 放射しよう, 文化としては, 文化外的な, 文明から, 文明の, 日に日に無, 日に日に虚無化, 日本から, 日本に, 明らかに, 昔ながらの, 昔の, 是非とも育て上げよう, 最も能, 會得しなけれ, 有し得る國民, 有し文字, 有する文化人, 有する民衆, 有せる, 有ち得る, 有つ, 有つて居た, 有つて居る, 有難がり西洋, 朝鮮へ, 期待する, 本当の, 本質から, 東方へ, 東洋のと, 東洋其他にまで, 植えつけて, 植えて, 極めて高い, 構成する, 樹立しなけれ, 正しい伝統, 正しい文化, 正しく把握, 正常に, 正当に, 此処で, 武器として, 殆ど皆失つて, 残したであろうと, 殘さう, 毒し他国人, 民衆の, 求めようと, 注入したい, 消化し, 消化し入れた, 深く体現, 混乱と, 滑らかに, 漫然と髮, 為入れた, 無理に, 無視し, 熟せしめて, 熱心に, 物質文化から, 物質的と, 特色づける, 独占し, 独占した, 現金主義で, 理解し, 生かしうる社会, 生み出しうると, 生み出した民族, 生活の, 生育すべき, 生育の, 産み出しつつ, 産むに, 疑ひたくなるぞ, 発展させた, 発揚しよう, 發生し, 皆に, 目の敵に, 目指さなければ, 直ちにブルヂョア文化, 相当に, 相手の, 眺め津津, 眼中に, 知つた, 知らなければ, 知り得るかと, 研究せん, 研究を, 破壊から, 示そうとして, 移して, 移入した, 移入せん, 移植する, 積んでも, 立派に, 築いたの, 築きこの, 築き上げた民族, 築き上げました, 築き上げると, 築く地位, 築こうという, 築上げ, 精神の, 純粋に, 組立てて, 統制せん, 総合し, 縦に, 繙いて, 繼承し, 繼續し, 美しく平和, 考えて, 考えます, 考える, 育てるべき任務, 育てプロレタリアート, 育みつつ, 育成し, 背景と, 背景として, 背景に, 背負って, 自分で, 自覺, 花咲かせる, 茶化しつつ, 蒙昧化そうと, 融合し, 行きづまらせている, 裨益すべき, 西漸せしめなけれ, 覆し明治文化, 見いだしたの, 見せられた感じ, 見出すこと, 見出そうと, 見境いもなく, 見失って, 見直したくらい, 見直して, 視圏内, 視察し, 觀察し, 誇った仏国, 誇っては, 誇つたもの, 誇るという, 誇る世界美術, 誇張した, 語つてゐた, 語る, 語るとは, 語るセンス, 語る文学作品, 語る時, 語る資格, 誤つて, 論じ現代, 論理的と, 謳歌する, 謳歌せぬ, 護るもの, 護る会, 護る運動, 豊かに, 貫く, 貫く手形, 貫く科学的精神, 貫ぬく, 賞讃し合う, 超克する, 越えた集団単位, 軽蔑せず, 載せて, 輕視する, 輸出した, 農村へ, 追うとも, 追慕し, 逆に, 通過し, 造り出す力, 進むるに, 進めますが, 進めるに, 進歩させ, 進歩せしむべし, 進歩的な, 過去の, 遺存, 醸成した, 釈迦で, 重んじるという, 開展させ, 闘いとって, 集大成した, 非文化的, 顧みると, 飾ったの, 飾るため, 飾るに, 高むる, 高めて, 高めようと, 高めること, 高め人類, 高め政治的, 高め知識生活を, 鼻の, 齎らせる

▼ 文化~ (575, 4.2%)

4 それが, 日本の 3 このよう, どこに, 日に, 民衆の, 進んで

2 [23件] その本質, それぞれの, スポーツスリルセックスの, 一切の, 人殺しを, 人類の, 今日の, 個人生活の, 単に文化, 国民の, 大部分恥, 平民の, 彼の, 技術的に, 文化の, 既にわれわれ, 日に日に遠く, 殆ん, 民族の, 社会の, 結合された, 習慣の, 農村文化でなけれ

1 [506件 抜粋] あったが, あと思想が, あの時一つ, あまりこの, あまりにこの, あまりに急速, あまりに早, あらゆる意味, ありと, ありは, あり得ない, あり得ないという, あり得なくさえ, あるが, あるまい, ある国, いかに表面, いちじるしく勃興, いよ, いよいよ我国, いろ, いろいろな, いろいろの, えらいもの, おのずから個性的, かかる実在, かがやいたの, こういう父, こうした都会, ここへ, ここを, ここ旭川の, この, このとき一倍, この両, この二十年間, この二種, この努力, この場合, この揺ぎ, この教学, この民族, この種, これらの, しかし前, すっかり一般人民, すでに完結, すべてイスラムに, すべて他の, そういう思想, そういう異, そういう若者, そのうち, そのまま肯定, そのやう, そのスフィンクス, その一つ一つ, その内部, その刺戟, その国民, その審判, その平衡, その後それほど, その文飾的, その昔ギリシア, その独自, その限度, その階級的特性, その高度, それとは, それ自身を, それ自身社会の, たかまり狭い高い, たしかに後れ, だから今日, ちょっと黄昏, ついに正しい, つねに上, つねに新鮮, とんと入っ, どういう歪み, どういう社会生活, どういふ, どうしても芸術的女性中心, どうであったろう, どうです, どの位急速, どれほど純粋, どれ位向上し, どんなだつたらう, ない, なお自由, なかつたと, なほ存在し得る, なんにも残っ, はじめて真に更新, ほぼあとかた, まさにかく, ますます肥っ, ますます高度化, まず文化以前, また印度, まだ極めて若い, まだ甚, まったくこの, むしろ, むしろ迷信, もうすでに文化, もう旧い, もっともっと落着, もっと一般化, もともとギリシア文化, もはや知識, やがて頽廃的, ゆたかな, ようやく漢人, わが國, わたしたちの, アトランチス大陸に, アフリカの, アフリカを, イエスの, イデオロギーとして, イデヤ的として, インドには, グウテンベルグの, ジャーナリスティックな, ズッと, ドイツ古典哲学, ドイツ精神そのものに, ナチ政権の, プロ式な, ヨーロッパ, ヨーロッパの, ヨーロッパ文明の, ランジュクした, ロオマ帝国の, ロクな, 一として, 一層高い, 一方で, 一段劣つた, 一般的に, 一遍, 一面われわれが, 三千年程, 上古の, 下つて, 下らないこと, 下降する, 不消化な, 世間に, 中原の, 中央に, 中部より, 主としてこの, 主としてバイブル, 主として俳優, 主観的な, 之まで, 事実上京都だけと, 二世紀後には, 云うまでも, 云わば, 亡びなければ, 人々が, 人から, 人に, 人工によ, 人間から, 人間に, 人間の, 今も, 今や行き, 今夥しく, 今度の, 今日どういう, 今日如何なる, 今日深刻な, 他の, 以後いよ, 伝道の, 低いし, 低落し, 何か, 余りにも, 作つて行けない, 例えば社会主義, 依然として支配階級, 個々の, 倫理性科学性芸術性の, 健全な, 健康だ, 傷ついた集団機構, 優越な, 元来技術的な, 元来特定の, 先ず蘇我氏, 先行の, 全く蚊, 全人類, 全体として, 全体者であり, 全部妄想の, 全面的に, 其お蔭で, 具体的な, 再び伝統, 出来て, 出羽よりも, 初めから, 初めはたと, 初期キリスト教文化であった, 到底南支那, 到底経済的, 刻々円熟, 前後三つまでは, 前者の, 努めてその, 勝れ学問, 勿論十全, 勿論印度, 北部の, 千金の, 単に並存, 単に向上, 単に或, 危機に, 即ちこの, 即ち其, 却って精神, 却つて精神の, 反抗と, 古代の, 古來支那中心, 台湾に, 向上する, 向後に, 吾輩の, 唐を, 唐朝大陸との, 唯物論が, 善である, 固定した, 国民的粉飾でなけれ, 國民全, 地を, 夏目漱石で, 外国人には, 外国文化の, 多く政治, 多分に, 夜の, 大きな激変, 大は, 大正の, 大陸の, 天地間の, 夫, 女に対する, 奴隷制の, 如何に, 季節の, 孤立した, 宗教から, 実に京都, 実に奇怪, 実に急激, 実在し始めた, 実際どれ, 客観的に, 實在, 将来如何なる, 少数者の, 崩壊し, 崩壞し, 帝室や, 常に創造, 常識的な, 平行してなく, 平衡を, 廢つて新しき, 引きつがれて, 当時の, 後者の, 従来こうした, 徳川の, 徹底し, 必ず日本, 忽ち場末, 思想や, 急速に, 悉く支那文化, 愚かな, 感官に, 成り立ち得ない, 成り立つであろう, 成熟と, 成長の, 我々の, 或る, 戦国時代に, 所謂, 手の, 支えられた社会, 支那の, 支那より, 支那文化の, 支配され, 支配社会の, 支配者自身でさえ, 政府と, 政治と共に, 政治の, 政治や, 救済され得るだろう, 教化という, 教学に, 教学の, 文化でなかった, 文化では, 文化史乃至, 文化界自身から, 文化的紳士の, 文化社会学に, 文弱な, 文明と, 斯う, 既に理想, 日本に, 日本において, 日本文化に, 日本文化の, 日本歴史の, 日本民族に, 早くから彼此相互, 明かにせられるから, 昔から, 昔支那朝鮮を通して, 是を, 時を, 最も広範, 最早絶頂, 有耶無耶の, 未だこの, 未だに素姓, 未だ独自, 本当の, 本来, 本来発見と, 本質に, 東京を, 東洋的, 果して東洋文化, 根づよい家族制度, 根柢から, 極めて不健全, 模倣に, 権威を, 歐羅巴や, 正にかの, 正にそういう, 正真正銘日本全国の, 歴史は, 決してあり得ない, 決してこの, 決してまだ老い, 決して中央都市, 決して他, 決して高く, 決定的な, 泥棒までを, 洪水の, 流罪人から, 消滅しかかっ, 混乱など, 溌剌と, 滅びないであろう, 漸次, 潰された, 無論の, 物質的, 王朝鎌倉五百五十年の, 現れぬ, 現代の, 現代文化の, 甘酸っぱく熟れ, 甚だしい封建性, 甚だ貧しい, 生れないの, 生存競争や, 生活に, 田舎侍の, 町の, 疑いも, 病院の, 発出, 発展し, 発達した, 皆モンタージュ的である, 皇室と, 益, 直接に, 真の, 矢張り今日までの, 知らず知らずの, 破壊され, 破壊される, 破滅に, 社会現象の, 神の, 秦漢の, 移住者の, 稀薄だ, 童話の, 競いあって, 第二義の, 精神が, 精神そのものに, 精神であり, 精神の, 精神面においては, 紙の, 経済は, 結局国の, 絢爛だった, 絶対に, 絶対主義宣伝として, 羅馬に, 老齡, 育たず又, 育たない, 自分自身による, 自国の, 自國, 自然そのものが, 自然的生の, 自然的生及び, 芳醇な, 芸術の, 萎縮する, 著しくこの, 虚偽によって, 螺旋状に, 行き詰まりだ, 行詰つて, 衝動, 衝動の, 表現的な, 表面的には, 複合し, 複数な, 複雑し, 複雑な, 西欧が, 西欧精神という, 西洋における, 見事に, 規則の, 評論活動を, 話に, 認識の, 護謨を, 貴族社会の, 足利時代に, 進まなかったの, 進み加わって, 進む, 進歩的な, 遂に一括, 遂に自身, 遅々として, 過去に, 過去には, 過去の, 道路に, 遠いもの, 郷土自身の, 都市には, 醸し出された, 鉄砲を, 銘々の, 鎌倉の, 鎖國の, 長い期間, 長安を, 隆盛その, 雑草の, 非日常的, 面貌を, 革命的精神の, 頽廃し, 風流だけ, 飛躍的な, 飽くまでも自己實現, 駸々と, 高々類型化, 高きより, 高まりつつ, 高貴であり

▼ 文化~ (551, 4.1%)

9 進んで 5 あつた, 発達し 4 日本の, 民衆の 3 あるか, ここに, 一つの, 今日の, 他の, 或る, 高いという

2 [30件] あると, ある程度まで, そうであり, なければ, もって, プロレタリアによって, 低くなる, 健全に, 如何に, 妖怪を, 実在し始めた, 当時の, 形成せられる, 新たに, 昔の, 有りうべき筈, 東洋に, 栄えました, 消費と, 渡來當時の, 渡来当時の, 発展し, 真に指導性, 社会の, 置かれて, 起り進歩, 進むに, 進むに従って, 遙かに, 集中し

1 [443件] あったこと, あったため, あったと, あった所, あつたなら, あますところ, あまりに昂揚, あまり発達, ありさらに, ありと, あります, あり一方, あり古代的, あり得ようか, あり水戸, あり精神, ある, あるから, あるかわり, あるという, あるには, あれだった, いうの, いかなる意味, いかなる相貌, いかにも新しい, いかに封建性, いかに形作られ, いかに心理的, いかに本質的, いかに自然的生, いよいよ世界的, うかび上, うち立てた, うまれるの, おくれた社会機構, おくれて, おこって, こ, このよう, この古典的地盤, この國, この新しい, これで, これまでの, さらにまた, しかしてまた, すすみ十世紀, すすむという, すすんでから, すっかり身, すでに二代目, すでに存在, そうである, そうなっ, そこから, そこに, そのままいつ, そのままの, そのよう, その偉大, その全, その合理性, その地方, その宗教的, その尤, その時期, その本質, その本質上, その目的性, その科学的批判, それぞれブル式に, それだけ各国, それだけ支配階級, それにも, それらの, ただの, だん, つたり, どしどし上る, どのよう, どの程度, どんなに創造力, どんなに崩れ, どんなに新しく, どんな状態, ないという, なかつたから, なく過去, なぜ技術的範疇, なにゆえに, はびこって, ひくいの, ほとんと, また唐, もっと進歩, もつと, もつ表現, やって来て, ゆっくり育つだろう, ようやく崩壊, わが国並びに, アルプスを, ギリシア文化の, ギリシヤ文明として, シェクスピアを, モリモリせりあがっ, ヨオロッパの, ロマンチックな, ローマ文化として, 一人の, 一国の, 一團ごとに, 一定の, 一般に, 一般にその, 七重に, 三百年の, 世界の, 世界を, 世界性を, 世界文化を, 世界的に, 中央の, 主として藤原氏, 之が, 之に, 乗って, 五十年位の, 交替した, 人心の, 人間を, 今は, 今急速, 今日一種の, 仏教を, 他国の, 他國, 仮りに, 休む暇, 伝説に, 伸展しなかった, 伸展しなかつた, 低いと, 低いという, 低かった, 体現する, 何一つとして, 何等かの, 作りあげた数, 侵入する, 保存されきたった, 儒教を, 優に北方, 優れた文化, 元来技術と, 光つてゐた, 兎も, 全くその, 全く止り, 全体として, 全体に, 全滅し, 全面的に, 八百年を, 其光を, 再生した, 凝って, 凡てそうな, 出て, 出來上つた譯, 出現しよう, 分るの, 分裂し, 初まるの, 利己主義的国家の, 到達し得た, 創められ, 創造せられね, 加はると, 勃興するだろう, 南方を, 単に夫, 単純なる, 危期に, 危機に, 及びいた中央アジア辺, 可なりの, 同じ権利, 向上した, 向上する, 吾, 唯一の, 問題な, 国の, 土台に, 地中海沿岸の, 基督教を, 基礎にな, 壊滅し, 夏殷の, 外から, 外国人の, 外来文化を, 多少デカダン, 多種多様な, 大いに栄え, 大胯, 太平洋を, 奨励された, 好みに, 如何に低劣卑俗, 婦女子の, 孔子の, 存在する, 完全に, 完成されれ, 寥々たる, 實在, 封建主義文化を, 封建時代よりずつと, 尊重される, 島国的に, 建設せらるるであろう, 当然持つべき, 形作られて, 形成され, 形成せられ, 形成せられた, 彼の, 待って, 後来の, 後退し, 復興される, 徹って, 必要であり, 必要である, 必要といふ, 思想に, 急に, 悲しく美しく刻まれ, 感ぜられ流石, 成り立ち個人, 成り立つであろうか, 成立する, 成長し, 戦争の, 戦勝国を, 押し寄せて, 支那と, 支那の, 支配され, 支配される, 支配階級自身の, 教学に, 文化そのものの, 文化である, 文化として, 文化圏という, 文化自身の, 文学から, 文明に, 斉しく, 新しくは, 新らしい, 既に大成, 日本から, 日本に, 日本固有の, 日本精神に, 昂揚した, 普及する, 最も多く彼, 最も寿命, 最も繊細, 最初に, 有つと, 本質を, 東から, 東京の, 東国をも, 栄えた所, 樹立される, 機械論にまでなり, 次々と, 次第に其舊態, 次第に向上, 正にドイツ, 歴史的な, 残ると, 殘つてゐた, 段々支那, 民族の, 気質的に, 永続する, 氾濫し, 沁み込んで, 沖縄において, 泰西文化の, 洗練される, 活溌に, 浸潤し, 深く根強くなっ, 渡来した, 渦を, 渾融し, 満開の, 源氏や, 滅びる, 潮の, 激変を, 濃く残っ, 火葬される, 無いと, 無上な, 無價値, 無惨にも, 燻ぶっ, 犠牲に, 独立し, 独裁的な, 現出した, 甚だしく民族性, 生きぬかなければ, 生じて, 生まれて, 生まれるの, 生み出されたの, 生れたところ, 生れる, 生れるん, 生んだ所謂, 生活から, 男女両性の, 男性の, 異つて, 異なるよう, 異常に, 発明した, 発生し, 発育し, 発達した, 発達しなかった, 発達する, 發芽し, 發達し, 發達した, 相当厳正, 相異なる, 相頡頏, 眞に, 破壊される, 確立した, 社会という, 社会機構に, 社会的リアリティーを, 科学的である, 科学的思想において, 移動し, 種々栄えました, 立上った, 築き上げて, 精神する, 精神力の, 素朴自由の, 細やかな, 経済条件の, 統制される, 絶えず目標, 絶対に, 続々と, 維新の, 肯定せられ, 育つまで, 育てよう, 能, 自己の, 自己實現, 自滅を, 自由が, 自由を, 自由意志などと, 自發的, 自身の, 興るには, 興るの, 花を, 芽ざし, 茂る日, 著しく支那文化, 著しく開化, 行はれ, 行われて, 表現され, 衰滅し, 西へ, 西欧の, 西洋に, 西洋へ, 要望せられる, 見られて, 豊富に, 起るとき, 跛行的にしか, 軍部と, 辛うじて生きのびた, 農村に, 近代産業, 進み人類, 進むこと, 進むにつれて, 進めば, 進んだから, 進んでから, 進入し, 進歩した, 遅れたと, 過去に, 違うという, 遙に, 遠く北支那, 遺漏なく, 部落的生活を, 重い意味, 野蛮人の, 鎌倉時代の, 長い伝統, 長足な, 開けて, 開けてから, 開発された, 開花させられた, 隨分古い, 非常に, 高いか, 高いから, 高い気, 高かった, 高かつ, 高く私たち, 高まりまして, 高まり天下, 鼻の

▼ 文化~ (428, 3.2%)

19 主體 11 なもの 8 な面 75 な仕事, に見 4 ということ, なこと, な教養, な生活 3 だと, な欲求, な水準, にする

2 [29件] だという, である, であるか, であるとか, では, なところ, なクリスト, な力, な富, な意味, な意義, な感じ, な映画, な相貌, な要求, な部門, な雰囲気, に, になった, には之, にみ, に世界, に最も, に非常, に高め, の意義, の方, 主體性, 全體

1 [287件] あるいは科学的, すれから, だ, だだから, だよ, であった, であって, であっても, であります, であり内容, であり又, であり従って, であり得るの, であるが, であるとかいふ, であるばかり, である所以, でないと, でないもの, でない別, でなく方言, でなければ, で品, というの, といつ, といへる, とかいう言葉, となる, とはこういう, と称する, なつまり, なはず, ならざる国家, なる若い, なクリシス, なサロメ, なモメント, なロク, な上, な下劣, な交流, な会議, な伝統, な体系, な侍, な価値, な価値標準, な保守性, な信用, な側面, な優越感, な優雅さ, な先見, な光, な刺激, な創造力, な劇団, な助力, な助言, な動き, な原因, な厭味みたい, な又は, な向上, な団体, な国, な国民生活, な圈内, な地名, な基礎仕事, な外形, な外見, な大, な威容, な存在, な安全, な実在, な宣言, な専門的, な小, な希望, な弱点, な形態, な形象, な役割, な徒労, な心理, な心組み, な思想, な性質, な情け, な意味内容, な意図, な或いは, な或は, な所産, な技術, な指導性, な政治的文化活動, な文人的, な文化干渉, な文化統制, な文明, な方法, な方面, な施設, な明るい, な智能, な暗, な楽園, な機関, な欠陥, な欲望, な段階, な民衆, な気風, な活動, な物質, な状態, な玩具, な病いが世界中, な発展性, な発達物, な省察, な知識的, な社会, な社会現象, な社会的, な神経過敏, な積極, な空気, な筈, な結論, な職域, な能力, な自信, な自由主義, な自由主義者, な薫染, な蠱惑的, な装備, な要因, な要素, な規定, な角度, な記事, な記念, な設備, な設備如何, な話, な諸, な貪欲, な質, な述作行動, な進歩, な部分, な高尚, にある程度, におのずから, にでもなく, にどう, になっ, には, にはここ, にはこの, にはなお, にはもっとも, には何ら, には功績, には敗北, には日本型ファシズム, には曰く, には現在, には相互, には精神主義, には逆, には違い, には関西, にみれ, にもまるで, にもデンマルク, にも上位, にも倒錯的, にも哲学的, にも娘たち, にも拭う, にも比較, にも民衆, にも生活, により深い, にエジプト人, にレフアイン, にレベル, に一応, に上海, に不毛, に世の中, に云い表わした, に代表, に作用, に出来, に利口, に区別, に取りあげる, に可, に圧迫, に大きい, に娯楽的, に実行, に尊い, に少し, に尤も, に惠まれ, に愛嬌, に指導力, に支那侵略, に攻勢, に放, に新しく, に書かれ, に未開, に母胎, に民衆, に水準, に洗練, に活動, に独自, に男女一対, に相当誘惑的, に着々, に磨い, に禽獣, に立派, に考へ, に苦境, に見える, に親切, に言っ, に貴重, に躍進, に軽蔑, に近代味, に進んだ, に進歩, に達者, に重要, に鋭, に開け, に高い, に高まる, に高水準, に高級, のこと, のみならず, のもの, の不良, の何れ, の子女, の心得, の恩恵, の手, の払拭, の智才, の栄養, の生活, の矛盾, の素質, の設備, の面, ばかりでなく, または科学的, より特に, 主體そのもの, 乃至人倫的, 全體又, 共働, 又倫理的, 又道徳的, 及び政治的機能, 反文化的, 大アパート, 大変動期, 生並び, 生從つて, 諸条件, 逆征服, 非人格的存在

▼ 文化~ (391, 2.9%)

7 對する 6 大なる, 対立する 5 就いて, 関心を 4 對し, 就て, 貢献した, 貢献する, 貢獻した 3 就いての, 影響した, 於いて, 於て, 於ては, 興味を

2 [18件] しても, 及んで, 同化させられ, 彩られた時代, 影響されず, 心酔し, 接触した, 接触する, 教育せられ, 於ける直覚性, 毒された, 浴した, 滲透し, 移ったところ, 立脚し, 育成され, 触れて, 重大な

1 [288件] あくが, あったと, あるの, うつったに, うとい遠国, おこる危険, かなり手嚴しい, かなり本質的, かぶれた時代, からみつかれる危険, かわる文化, くらべれば, したがって, しろそれ, その美, それぞれ独特な, ぞくすると, たづさはる限りそれ, たよるに, たよる限り国内, つづき五畿, とつて, どういふ, なりやすい, なるべき成分, なれない人, ばかされては, ひとつの, ふみかためられて, ほうふつと, もたらした一般水準, もたらすこと, もたらす組織, よほど関係, われわれは, ヨーロッパ程, 一つの, 一大転期を, 万民を, 与えた功績, 世界性を, 丹念な, 二つの, 伝えようという, 伴ふ, 何物かを, 何等交渉を, 何者をも, 価値ある, 信頼する, 偏し, 働いて, 働きまた, 優った新, 優つてゐた, 全くなかっ, 共通の, 再生を, 冠する固有名詞, 冷淡な, 到達し得る, 到達せね, 刺激され, 則る政治風教, 功献し, 加えて, 劣つて居る, 劣ること, 劣るべきでは, 包括される, 化せられないで, 化せられる, 匡正と, 即した劇的表現, 即して, 即しながら, 参ずるという, 参与した, 及び杉田, 及ぼしたその, 及ぼし宝貝, 反対する, 反對, 反抗し, 反映し, 取っては, 取り残されたよう, 古びが, 合わせて, 同化する, 向かって, 向つて, 君臨し, 囚え, 固有な, 圧えられた, 圧倒せられ, 垂れ下って, 基いて, 堀英之助の, 堕落性が, 多大の, 夜と, 大きな開花, 大混乱, 大革命, 天が, 如何に, 学び数々, 安住し, 家康色が, 寄与すべく, 密接な, 対応する如き, 対抗し, 対立させ, 対立させる, 対立拮抗させる, 封じこめて, 就ては, 属して, 属するもの, 屬する, 左袒すべきである, 帰着する, 幾分貢獻, 彩られた落日, 影響され, 影響し, 影響力の, 従いたい, 従属した, 微なり, 心を, 心酔した, 心醉し, 必然的に, 必要な, 忠実な, 思ひを, 悪いもの, 情熱を, 意味を, 感化された, 憧れるもの, 憧憬の, 我が国人が, 所を, 押しのけられて, 捉へ, 接した工合, 接して, 接し極めて, 接せしめるという, 接觸の, 携る, 携わって, 撞着した, 改変された, 数え得ないと, 文芸に, 斬新な, 新しいもの, 新しい息吹, 新彩, 於ける一切, 於ける価値, 於ける地位, 於ける所謂直覚性, 於ける技術的精神, 於ける文献学的, 於ける文献学的水準, 於ける文芸復興時代, 於ける正面, 於ける精神, 於ける自由主義, 早く接し, 明治文化に, 時間と金を, 有益な, 東洋の, 棹さした五山, 植民地的な, 権威を, 正しい文化, 歪められた自分, 毒され, 比較し, 気づくかも, 求めるの, 沿い諸, 洗練され, 洗練されすぎ, 流れ込んだ, 浴し, 深く入り込む, 満足出来る, 溺惑し, 滿足せずし, 濾されて, 灰汁抜け, 特に著しい, 特別造詣の, 独自の, 現在ほど, 生きる地方人, 生きんと, 生活の, 目が, 目覚めて, 盲目の, 直接つながる, 直接に, 直接の, 直接接した, 相応し, 真に価値, 眼ざめ, 瞠目し, 矛盾が, 確信を, 私たちの, 移らんと, 立ち後れて, 立った婦人, 立つ岩波的ジャーナリズム, 絶対反対です, 習びよい, 育ったと, 育てられて, 育まれた日本人, 背を, 自負自尊心を, 至大の, 興味ある, 興味が, 裨益する, 覆われて, 見るよう, 見出し難い, 親しみ久しく, 親しみ夏冬二回政務, 親しみ所謂, 親しむもの, 触れること, 誇る欧州, 謳歌し出した, 貢献せずし, 貢獻し, 貢獻すべき, 貢獻せ, 賭して, 走るの, 距り, 転化し得る, 近づくこと, 追いつくこと, 追いつけないって, 追いつこうと, 追ひ付かう, 逆行する, 這入っても, 通じて, 通ずる普遍的, 通ずる道, 進みたるは, 進むこと, 進化し, 遅るる, 過ぎないもの, 過ぎなかったという, 遠い北辺, 遠い明治二十五, 遠かった, 遠く信長, 遠く武器, 重大なる, 関係ある, 関係する, 関係を, 関聯する, 闘いを, 風靡され, 飜つて反省し, 食傷し, 飽き果てた挙句, 養われて, 驚異の

▼ 文化~ (292, 2.2%)

7 云ふ, 云ふも 6 文学の 5 西洋の 4 支那の 3 云えば, 思想との

2 [21件] いうけれども, いえば, その文学, その精神, なって, 云っても, 云つても, 今日の, 休みの, 休み公園, 休養の, 名づけて, 地方の, 対立する, 文学との, 文明との, 生活を, 社会とを, 称するもの, 自然との, 西欧の

1 [215件] あこがれて, いい文学, いい機械, いう, いうか, いうからには, いうだけ, いうと, いうべきか, いうべき物, いったって, いって, いっても, いはず, いへば, ここに, この三つ, さまざまの, するなら文化, そして実は又, その歴史, その水準, その複雑, それに, それによって, たかだか三百年来の, であること, なつて, なりその, なるの, にわか普請の, ほぼ時, よばれるもの, よんでも, わけること, イタリー, イラン文化が, インド文化この, キリスト教と, ギリシアの, ギリシア文化との, ギリシア風文化, シナの, ドイツ文化とを, フランス自身との, プロレタリア文化との, ヨーロッパ資本制後的な, ロシアの, 一部セミチック文化の, 不健全な, 不可分であり, 主張され, 之を, 乙の, 云うこと, 云うもの, 云うものの, 云うよう, 云えるであろう, 云はれ, 交易関係に, 仏教, 仏教の, 伝統とによって, 伝統の, 伝統は, 低い層, 俗称され, 信ずる人々, 信仰との, 全く異, 典雅の, 出会って, 切り離し得ぬもの, 力との, 労働者階級, 北方系の, 区別された, 単なる西欧文化, 単なる資本制後的文化, 反比例する, 古い秩序, 同じもの, 同じやう, 同じ根から, 同一内容を, 同時に過去, 同様に, 呼ばねば, 呼ばれて, 呼び明治以来, 啓蒙との, 四国の, 国民の, 國民性の, 地方文化との, 大そうよく, 大乗仏教の, 女の, 女性の, 学芸と, 宗教とは, 宣教師は, 密に, 密接な, 富の, 対峙せる, 小役人までが, 山形を, 常識との, 平, 平均される, 廃頽の, 彼等の, 心生活との, 思い込ませた, 思想とは, 思想とを, 感情が, 或る, 戦闘を, 批判と, 技術との, 撞着する, 支那のとを, 支那人の, 政治との, 政略を, 教養とに, 教養との, 教養に, 文学とを, 文学に, 文学における, 文学を, 文明とは, 文明とを, 文明カルチュアと, 新日本文化, 方向を, 日本, 日本の, 日本人の, 日本文化との, 日本文化の, 日本的現実との, 最上の, 東京を通じて, 東洋文化の, 果して縁, 武力とを, 武勇とに, 歴史とは, 歴史とを, 民主化の, 民族の, 民族的自滅, 民衆自発的文化と, 江戸大阪などの, 流転した, 深い交渉, 無関係の, 片づけ職工達, 物資は, 物質文明との, 獣性の, 現代との, 略称される, 異なった生活, 相競わん, 知性との, 知識人の, 社会相の, 祖先の, 神祭的な, 禍福とが, 私は, 科学文化は, 称えるそこ, 称して, 精神と, 精神との, 精神とは, 精神の, 結びついて, 結合しあっ, 統制される, 緊密に, 考へたの, 芸術とを, 芸術は, 著しく異なった, 融合された, 行為において, 見て, 見られるが, 見る時, 詩情の, 誇示と, 豊かな, 豪華とは, 趣味の, 近代文化の, 近代資本制後的文化との, 進歩とを, 進歩の, 郷土愛, 都会文化との, 野性の, 関係が, 闘い階級的芸術を, 雖も, 首里, 騒音とに, 鶴岡や

▼ 文化~ (284, 2.1%)

11 である 4 というもの, の一人 3 であった, の生活, の間

2 [15件] だつた, だつたの, だと, というウヌボレ屋, といふもの, としてその, としてのみ私, との摩擦, と異ら, なの, のあいだ, の世界, の協力, の生活権, は決して

1 [226件] か分らぬ, が, がある, がそこ, がどんなに, がまだ, が世界, が事実上, が代表, が例外, が充ち満ち, が原爆, が唯, が多い, が多かっ, が少なくとも, が市民, が怠慢, が想像, が政治, が歴史的, が物価七割, が特に, が理性, が相当, が自分自身, が自身, が親切, ごのみ, たる人々, たる大王, たる所以, たる教養, たる皆様, たる豊島さん, だ, だつた為, だの何, だの自由, だろう, であったという, であったに, であったの, であり婆娑羅, であること, であるという, であるといふ, であるところ, であるとして, であるとともに, であるならば, である多く, である幽斎, である彼等, である池崎忠孝氏, であろうけれども, でいらっしゃる, ですからなあ, ですよ, でで, ではない, では無かっ, でもあり, でもあり得ない, でもある, でもいけない, で子供, という, ということ, といひ, といふか文化部門, とか巧妙, としてさらに, としてのある, としての尊敬, としての彼等, としての磨き, としての良心, としての記憶, としての責任, としては谷川徹三, として人間, として今, として完成, として従軍, とでは者, とでもビジネス, とはあまりに, とは塩何グラム, とは恐らく, とは甚, と云, と云われる, と共通, と勤労者, と接触, と称する, と自称, と融和, と言う, と題し, などもこれ, なるもの, なん, にし, にしてやる, にとっては文学以前, にとって最も, になっ, になりたい, には出来かねる, には見えない, には非常, にも大きな, にも極めて, に付, に外, に好評, に対する文化活動, に文化的生活者, に最も, に案内, に私, に非, に非常, の, のお, のため, のたれかれ, のオモチャ, のセンス, のダンス, のパトロン, のプライド, の一種, の一部, の上, の中, の代表, の住居, の信念, の個人的, の共産党入り, の典型, の包装, の天皇観, の天皇論, の奥地, の常識, の後裔, の恥, の所業, の支持, の政治家, の文化人, の文化意識, の文化的意識, の新鮮, の根拠地, の極, の渇望, の理解, の異色, の社交性, の立場, の端くれ, の粋, の経験, の考え方, の肖像, の胸, の自己意識, の自白, の自覚, の至極, の表皮, の観念的, の趣味, の遊び, の関心, の集會, の頂上, の風雅, はいかなる, はいそがしく, はうかうか, はすべからく, はその, はどう, はまいっ, はまったく, はフランス, は一九三〇年代, は一個人, は一切, は京都, は何, は前述, は大阪, は天皇, は既に, は日本, は欧羅巴, は死, は気づいた, は物質, は直接政治, ばかり集めた, も考へ, や団体, よりも未開人, より見れ, らしい一つ, らしい人々, らしい垢, らしい態度, らしい趣, らしくなかった, わけて文壇人, をインテリゲンチャ, を召し集め, を標準, を見, を非常, 及びフランス女, 特に純粋

▼ 文化運動~ (222, 1.6%)

6 といふもの 5 に於ける 3 の一翼, の意義, を進め, を進める

2 [19件] が始まっ, が弾圧, だ, ということ, といふ点, に対する一種, の一つ, の一部, の体系, の先頭, の性格, の新, の新しい, の方針, の目的, の課題, も文学運動, を遂行, 乃至は

1 [161件] があります, がいくら, が健全, が全面的, が只今盛ん, が往々, が急速, が政治上, が政治活動, が断片的, が正しい, が流言飛語的形態, が消えた, が社会的組織, が著しく, が起らう, が進展, こそがファシズム, さえも権力, だと, であっては, であるといふ, ではいささか, ではないだろう, でもその, で書かれ言われ, で組織問題, というもの, といっ, といふ看板, としての動き, としての女性, としての面, としては寧ろ, として全, として手, として政治活動, として永続, として進められ, として非常, とそれ, とのみしるされ, との厳重, との相互関係, と云, と接続, と政治運動, と文壇, と称し, と致しまし, と銘うつ, にたずさわっ, についてもこれ, にとっては人民戦線的, にとっては労協, にはその, には二つ, によって決する, に参加, に対して政府, に対する合言葉, に対する無, に挺身, に携, に於, に終り, に近く, に集, のうち, のため, のため検挙, のとる, のねうち, のもう, の一形態, の一環, の一項目, の上, の中, の主体, の人民戦線, の使命, の促進, の全貌, の具体的目標, の内容, の内部, の再建, の出発点, の名, の唯一, の唯一つ, の基礎, の大きな, の姿, の展開, の形, の形式, の形態, の必然性, の必要, の情勢, の意味, の拡がり, の最も, の根本理念, の流れ, の盛ん, の目標, の真髄, の精神, の経験, の自由主義的, の至難, の要点, の見えざる, の見るべき, の酷薄, はこの, はこれ, はその, はまだ, は不可能, は切花, は勤労者, は地方文化, は大政翼賛運動, は実, は必然的, は性, は所謂文化職能人, は新た, は日, は欲する, は殆ど掛声, は無意識, は特に, は社会主義社会, は秋, は謂, への批判, もその, も専門家, も斯, も日本, をおこし, をさせ, をやっ, をわれわれ, を一切, を一概に, を実践, を宣伝, を巻き起す, を必要, を押しすすめ, を統一, を考察, を通じての活動, 乃至文化問題, 即ち文学運動

▼ 文化という~ (131, 1.0%)

16 ものは 13 ものを 12 ものが 8 ものの 5 ことは 4 言葉が, 言葉は 3 ような 2 ことを, のは, ものだ, 概念は, 絢爛たる, 観念が, 観念の

1 [52件] ことでしょう, ことについて, のだ, ので, ものである, ものと, ものな, ものに, ものについての, ものへの, わけであった, イデオロギーが, レッテルの, レッテル自身に, 事から, 事に, 事を, 二つの, 人間だけが, 人間的な, 他人から, 何か, 合言葉が, 名を, 場合いつも, 場合が, 場合に, 場合も, 場合多く, 字は, 字を, 意味では, 意味にも, 支配者文化に, 文字を, 概念によって, 概念を, 特色が, 空気の, 自慰的な, 表現に, 観念と, 観念に, 観念は, 観念を, 言葉と, 言葉に, 言葉を, 言葉文化という, 近代的概念は, 重大な, 面から

▼ 文化~ (119, 0.9%)

3 亦一つ 2 中央に, 亦, 経済も

1 [110件] あえなき血, あり得ない, あるん, ある筈, うけいれ知ること, けっして存在, ここにだけ, これに, すべて一度に, そこ迄, そのものとして, その運動様式, それに, ただ子供, だんだん進ん, ない方向, ひとまず出来上り, ひらけ従って, ほんとうの, またそれ, また先秦, また全体, また成熟, また生ずべきであり, まだ誕生前, みんな煙と, やはりここ, やや見られる, コンミュニズム文化も, シナの, ドイツ文化として, パウロが, ユーラシア大陸の, 一般的に, 中世は, 中央は, 亦もはや単なる, 亦之, 亦今や, 亦個人, 亦戦ひ, 亦日本文化, 亦絢爛豪奢, 亦自然広狭二義, 人口の, 人民解放の, 人間も, 低く文明, 兵備も, 初めて真, 到底是, 北条一族の, 区別は, 単にシナ, 同時に伝っ, 向上も, 国際親善も, 守るべきであるという, 宗教も, 官製の, 実際に, 封建時代の, 平民的の, 当時の, 影を, 從つて分らない, 心境も, 思想も, 悦楽も, 成り立ち得ない, 我々にと, 或はその, 戦闘と, 手を, 技術的に, 文学も, 文明も, 文献的には, 既に相, 日本文化も, 日頃の, 最早行き詰り, 決して強い, 漸, 漸く爛熟, 澱みきって, 熟しに, 生まれない, 盛んであった, 直ちに印度, 礼節も, 秩序も, 稚い足どり, 統一しかけ, 自分たちに, 自然に, 自由主義者にとって, 草には, 著しい影響, 貴族精神も, 起こり得なかったであろう, 進んだ, 進んで, 進歩し, 進歩も, 遷って, 鎌倉以後の, 非常に, 領民の, 高まって

▼ 文化生活~ (117, 0.9%)

4 に必要, の理想 3 の意義, を創造 2 である, の上, の中, の内容, の原理, の第

1 [91件] があっ, が三百円級, が個人的, が当時, が従来, が或, が此様, が理想, が起った, くらいのもの, だ, だと, だ東山さん, で美妙, といい, というもの, という事, といふこと, といふ言葉, といへ, との間, とはどんな, とは這入つ, と自然生活, と言う, などという, なの, になく, にはもっともっと, には必要, には犬, に与ろう, に凝る, に参加, に対する平等, に役立つ, に老人, に見る, に順応, のうち, の一条件, の伝統, の低, の全体, の共同的向上, の創造, の可能, の基本, の場面, の建設, の必要, の恵沢, の方, の構成分子, の水準, の片隅, の研究家, の破壊, の端, の第一歩, の維持, の背景, の表現, の要素, の貧困条件, の過程, の間, は人智, は労働, は困っ, は夫婦者, は永久, への意志, も日常, や文化住宅, をおくる, をし, をする, をたのしん, を人類, を営む, を夢見る, を実現, を導入, を徹底的, を研究, を築き上げました, を翹望, を裏切る, を送っ, を鼻

▼ 文化といふ~ (104, 0.8%)

22 ものは 11 ものが, ものを 6 もの 5 言葉が 4 問題を 3 ものには, ものに対する 2 ことに, やうな, 問題について, 絢爛たる, 見地から, 言葉の

1 [27件] ことが, ことを, ものについて, ものの, ものはな, ものまで, ものも, やうに, 一の, 名が, 問題です, 奴も, 意味に, 意味には, 意識が, 方面から, 独自な, 観念の, 観念は, 言葉で, 言葉と, 言葉に, 言葉は, 言葉自体の, 部面がは, 面から, 風に

▼ 文化~ (103, 0.8%)

6 の意義 5 の問題 4 の自由, の自由主義 3 に於ける, の現象 2 の地位, の被, の責任

1 [72件] でも欧米, どのよう, にも關係, に制限, の, のガンジーさん, のギャップ, のゴマ化, のスローガン, のタイプ, のファッショ化, のポーズ, のリベラリスト, のルーテル以後, のヴァンダリズム, の事実, の交渉, の仕事, の偉い, の健全, の公的相貌, の創造能力, の又, の各, の国賓, の大切, の存在権, の実力, の対立, の専門職業人, の常識, の形而上学的譬喩, の影響, の思想対立, の悲劇, の悲喜劇, の或, の戦争責任追及, の抵抗線, の挙国一致主義, の提唱, の提携, の搾取, の方法, の日本主義, の根本困難, の欲求, の潜在的情勢, の無知, の独立, の獨立, の目的, の社会的闘争機関, の私的相貌, の立場, の経験, の自由主義者, の要求, の観念, の説明原理, の課題, の貢献, の貴重, の重荷, の開花期, の関係, の階級対立, の雲行き, は非, やはり並々, 乃至思想上, 及び思想家生活上

▼ 文化的自由主義~ (100, 0.7%)

4 の一つ 2 が自由主義, と呼ぶ, なの, に立つ

1 [88件] から一種, から来た, がインテリゲンチャ, が一切, が今日成立, が大きな, が如何, が左翼的社会勢力, が権威, が社会的現実勢力, が超, こそリベラリズム, こそ現在, そして同様, だろう, であり, でありそれ, という一つ, という新しい, という自由主義, という言葉, として捉えられ, との間, とは何, とも呼ばれるべき, と云っ, と同じ, と呼ぼう, なる思想原則, にうってつけ, にまで, によって体系, による文化運動, に基く, に対して社会的リアリティー, に帰着, に最後, に立て籠った, に限られ, のからくり, のこと, のもの, のコース, の一側面, の一種, の内, の制限, の動き, の原則, の哲学, の埒内, の弊, の弱点, の形態, の思想原則, の意味, の意識, の成立, の所産, の牙城, の生き, の直接, の自由主義, の諸, の軌道, の運動, はそう, はそれ自身, は一定, は一時的, は之, は今日, は併, は唯一, は夫, は往々, は文化的, は自由主義, は著しく, は道徳的自由主義, もおのずから, や文化主義, を地盤, を根拠, を私, を自由主義全体, を論理学的, 乃至ヒューマニズム

▼ 文化統制~ (98, 0.7%)

3 なるもの 2 となる, と呼ばれ, に於ける, の特色

1 [87件] がブルジョア文化, が今, が多少, が如何, が文化, さえが他, であるが, でないという, でないの, ではそれ, でもなく, という, というもの, という受身, という言葉, といふこと, とは何, とは呼ばれ, とは愈々, と呼ばれない, と呼ばれる, と呼ん, と少し, と文化, と雖, にあっ, にとってである, には大, に対して特別, に対する反対, に役立つ, に忙しい, に見られる, のこと, のよう, のメカニズム, の一つ, の上塗り, の傾向, の具体化, の典型的, の内, の前提, の加圧, の即ち, の原始的, の問題, の場合, の必要, の意, の成功, の新しい, の本質, の気運, の種々相, の種類, の背景, の赴く, はその, はつまり, はどういう, はますます, はナチス型, はブルジョア社会学的, は一切, は之, は事実上, は元来, は内部的, は出来, は別, は単なる, は合法性, は平時, は日本, は極めて, は無抵抗, は講談社, は非常, もこの, も決して, を与える, を実行, を意図, を是非, を行おう, を行っ

▼ 文化的生~ (96, 0.7%)

4 の主, の本質 3 においては主, の時間的性格, の段階 2 が自然的生, においても他者性, において主, における主, の全, の基體, の本, 本來

1 [63件] が本, が本質上活動, が根もと, が許し, としてのみ成立つ, との從つて體驗, とエロース, においていかに, においてはかく, においては他者, においては共同, においては囘想, においては有, においては自己性, においてもすでに, においても惡しき有限性, において他者性, において直接, において自己, における他者性, における形相, にとつて, にのみ留まる, にまで昇り, にも入込み, によつて, に對, に昇り, に昇る, に活動, のこの, の一形態, の一般的基本的構造, の任務, の偏重, の像, の優越性, の具體的, の及ぶ, の型, の基本的動作, の基本的性格, の志す, の成立, の最も, の最高段階, の本質的傾向, の構造, の眞相, の立場, の考察, の領域, は, はかかる, は主, は他者, は更に, は永遠, は自然的生, への上昇, まで昇つて, をこの, を生きる

▼ 文化団体~ (90, 0.7%)

2 との関連, の活動, の結成, は文化運動

1 [82件] か, からの代表, からの参加, があげられ, があり, がいくつ, がそれぞれ, がそれぞれ自分, が今度結合, が壊滅, が大阪, が或, が簇生, が自主的, が解散, であります, であり発展, でも盛ん, でも音楽, とかのやりかねない, として前例, との連繋, とは違い, などができた, に加えられた, に対してのうちつづく, に対する全国的, に対する全面的弾圧, に対する弾圧, に対する弾圧当時, に敵, に関する取材, に関係, のみの力, のサークル活動, のメンバー, の一つ, の主要, の事務, の人, の協議組織, の同志たち, の嘱託事務, の如き, の完全, の実質的, の尽く, の工夫, の影響下, の所謂, の現実, の綜合的組織, の総, の自主的精神, の補助, の解散, の資金関係, の連中, の関係, はかう, はさう, はその, はそれぞれ, は凡, は合法的, は小林多喜二, は帝国主義, は必ずしも, は正に, は残らず, は講演会, は銘々, への大, への弾圧, への弾圧以後, へ移っ, や学校, を含む, を有機的, を組織, 及びその, 特にプロレタリア科学研究所

▼ 文化~ (88, 0.6%)

12 の上 7 の研究 3 の中 2 の一節

1 [64件] か, か精, が主張, が違っ, である, というもの, というよう, という本, とが語る, としての新しい, としての概括, となり, とを全く, ないしは社会心理学, において宗教改革以後, に不滅, に大, に対する我々, に於, に於い, に罪, のある, のいろいろ, のため, のなか, のやう, のよう, の一部, の中枢, の主要点, の側, の側面, の問題, の幾百頁, の思想史上, の插画, の方法, の方面, の最も, の未, の源泉, の講演, の重大, はいまだ, はここ, はルネッサンス, は世界的, は優に, は当然, は重大, への動き, や哲学史, や歴史主義系統, をみれ, を全く, を専攷, を専攻, を書いた, を有, を目標, を結ん, を見れ, を調べたら, 乃至一般

▼ 文化社会学~ (87, 0.6%)

54 乃至知識社会学 2 としての文化社会学, なるもの, によれ, に於, の一つ, はこの, はイデオロギー論, は単なる

1 [62件] が, がまだ, がイデオロギー論, がフロイト主義的文化理論, が元来, が始まる, が特に, が発生, が社会学全体, が解釈学的, であるため, でさえある, ですら, でなくならねば, でなければ, というよう, という概念, とか知識社会学, としての機能, などは後者, なの, なる抽象的普遍, にとってあれ, にとっては根本材料, にとっては社会, にまで媒介, によってヘーゲル風, による, に外, のカトリック的使命, の仕事, の以上, の元来, の如き, の批判, の更に, の根本的, の現代, の理論, はこういう, はそうした, はどう, はアルフレッド, は一般, は今や, は先天的, は又, は同, は彼, は彼自身, は恰も, は文化, は文化哲学, は文化社会学, は文明, は歴史的事件, は真正, は科学, は要するに, もドイツ社会学一般, やその, をマルクス主義的イデオロギー論

▼ 文化水準~ (86, 0.6%)

4 の向上, を高める 3 の低, の低い, の高, を高め 2 が低い, というもの

1 [62件] から云う, から云つて, から物, から見, から見る, がたいへん, がとり, がどの, が推し量られる, が果して本当に, が科学, が総体的, が高く, だと, である, で教養, とが社会機構, としての講談本, との平衡, との間, とはひどく, とアルコール中毒, と一部, と大衆, と知識人, と考えられた, にかこつけ, には達し, にまで発展, にまで達し, によって測定, に照, に達し, に適応, の外国語, の平均, の底辺, の最低, の観客層, はめきめき, は一般的, は低い, は低く, は全く, は半, は意味, は敵, は高まった, へ歩みよる, や芸術, や豊か, をおくらされ, をできるだけ, をひき上げ, をも徐々に, を予定, を多少, を意味, を測り得る, を測る, を示す, を考へたなら

▼ 文化~ (82, 0.6%)

4 思想の 3 文学の 2 思想という, 思想を, 芸術の, 芸術を, 趣味に

1 [65件] その他種々の, その美, 万葉の, 中央の, 人倫的組織を, 伝統は, 伝統的な, 似而非, 先生の, 公卿文化の, 又西洋, 国家, 国民の, 国民思想や, 国民文学の, 國情は, 城廓を, 外來思想が, 姿こそ, 宗教の, 思想が, 思想と, 思想ほど, 支那化した, 政治に対する, 教育論など, 文化の, 文学に対して, 文明とよ, 文明の, 文明は, 文芸などについての, 文芸や, 新しい様式, 日本人の, 日本人精神として, 旧制度, 更に技術, 木造芸術の, 武備の, 漢文化が, 漢文化の, 爛熟しすぎた, 産業も, 産業面に, 知性や, 社会の, 社会組織を, 社會が, 精神が, 経済などの, 考え方が, 芸術などの, 西洋文化と, 言葉は, 言語が, 語学の, 貧しい末端社會, 貴族を, 趣味が, 野蛮の, 革命によって, 風俗や, 風俗習慣に関しては, 風習を

▼ 文化~ (81, 0.6%)

8 の仕事 2 といふ一部門, と致しまし, に於, の, の人, の活動, の責任者

1 [59件] から, からお礼, からの交渉, があります, がこれから, が出来た, が壁新聞, が知識層, だけでなく, でさ, ではいつたい, でも専門家, で催された, で働いてる, で果し得られ, といふもの, といふ一つ, としてさまざま, としてはこの, としてはどんな, としては勿論, としては現在, としては経済, などがあっ, には何, に招かれ, に文庫, のとるべき, のパシュキン, の中, の事業, の取扱, の意味, の担当者, の提唱, の発表, の者, の金, はいろいろ, はそこで, はま, はブラス・バンド, は以上, は会議, は全国, は前年度, は単に, は民主主義文化, は組織的, は逐次, へ手紙, へ質問, またはそれ, も狭い, を中心, を訪ね, 及びこれ, 或は文化課, 或ひ

▼ 文化政策~ (75, 0.6%)

4 といふもの 2 といふ言葉, は, を樹立

1 [65件] から強制, がある, がない, が周到, が行, で, であるとい, であるよう, というの, というもの, といふこと, としての演劇政策, としては思想戦, としても或は, としてラジオ, として見れ, との関係, と利益, と見, などに碌, ならざるはなし, にしたがえられ, にたいして心, にのみ委ね, によって湮滅, に他, に反対, に対して, に対して私たち, に知識人, に較べれ, のつまり, の一元的運営, の中, の内容, の前, の地方普遍, の大綱, の展開, の必然的, の手段, の最高, の樹立, の機能, の策源地, の能くし得る, の裏面, の観点, の重要, の難し, の面, はその, はだから, はマイナス, は何, は反作用的, は学究的, は非常, への追随, も強調, を云々, を即刻実行, を可能, を樹, を綜合的

▼ 文化活動~ (75, 0.6%)

2 がどんな, に従事, の分野, の問題

1 [67件] から政治活動, が一そう活溌, が旺盛, が終局, こそその, だけが夏休み, だけやって来た, だけを強制統合, です, でのリベラリズム, というもの, とか社会的, とを一日々, と芸術活動, なので, における婦人, における正しい, にしたがう, についてプロレタリア作家, につかわれ, には多分, に対して期待, に従う, に献身, に直接, に限っ, のうち, のため奔走, の一大事業, の中心, の任務, の公然, の国際性, の基本, の大, の復興, の思想原理, の新しい, の方針, の様式, の点, の発展, の盛ん, の目標, の表面, の革命的, はさらに一層, は二つ, は人民戦線, は出来ない, は支離滅裂, は経済的, へという考え方, も自然, や政治運動, をし, をする, をふくむ, をやっ, を始め, を悉く, を担任, を理解, を目指す, を行う, を通じて国民, を通じて常に正々堂々

▼ 文化連盟~ (72, 0.5%)

2 に加盟, のこと, の出版所, の結成, の関係, をわたしら

1 [60件] からは参加団体それぞれ, から出, から出版, から刊行, から大衆, から奪われ, から発刊, から発行, がつい, が一九三一年九月, が募集, が参加, が各種, が日本, が申し込ん, が結成, こそ数百万, だって当人たち, では二月選挙, で働い, というところ, というの, とその, となった, とは小林多喜二全集刊行委員会, について変, によって行われる, に加えた, に加えられた, に加える, に対する反動支配階級, に対する弾圧その他, に結集, に統一, に関して調べる, に関し今度, に関する問題, の, の具体的, の出版部, の参加団体, の存在, の弾圧, の政治学者, の正体暴露, の活動, の活動全体, はその, は合法的, は地下, は文化活動, は邪魔, への打撃, への攻撃, やそこ, を守ろう, を潰し, を結成, 即ち全日本, 第二回

▼ 文化住宅~ (67, 0.5%)

2 の前, の波濤, の貸家

1 [61件] から見る, がたちならん, が出来ました, が出来上った, が向い合っ, が残す, が沢山, が立ち並ん, が軒, じゃあるまい, ですが, でも建っ, でサラリーマン夫人, で新婚, といふ言葉, とか文化何, とか文化焜炉, として当然, とビルディング, と云っ, と外燈, と称した, などいう, などといふ言葉, に, にはバラック建築, には事, に住, に住み, に毛, に老母, に行ったら, に近づき, のたくさん, のどこ, のなか, のみならず, のよう, の卓子, の庭, の敷地, の日本風, の模型, の浅はかさ, の生活, の番地, の門標, の類, はまだ, は市内, は数年, もある, やそう, をお, をかまえ, をのぞい, をのぞきまわっ, を借り, を営もう, を建て, を構え

▼ 文化~ (66, 0.5%)

5 といふもの 4 がない 2 というもの, を与, を与へる

1 [51件] から生み出される, がある, がなく, が一掃, が稀薄, たゆた, であります, であり文学, であること, といふ云, としてなかなか, とそう, と思われ, と野性, などといふ云, などは商人, にある, におかれ, について吟味, には関心, にほかなりません, に合わない, に富み, に毒, のあらわれ, のない, のみをもつ, の低い, の完全, の欠如, の水準, の発揮, の罪, の要求, の高, はこん, はもっとも, は常に, は独り, も持たせたい, をもたせる, をもった, をもつ, をもつて, を喪失, を有, を溢れさせ, を自認, を論じ, を高く, 或は文化的価値

▼ 文化主義~ (61, 0.4%)

4 の理想, の生活

1 [53件] からの脱却, から絶縁, がこの, が哲学者たち, が最高唯一, が發, が純粋, つまり解釈主義, であり他方, でその, ではない, で敗れた, というの, というもの, と呼ん, と男女平等主義, なるもの, についてさき, にとつて, に他, に向っ, に徹底, に発見, に置かない, のため, の埒, の学者たち, の実現, の敵, の根, の根本思想, の猫, の知性, の社会, の自覚, の角度, の誘惑, の論理, の魂, はあらゆる, は各, は形而上學, は終に, や文学主義, や虚飾態度, よ, を強調, を深き, を理想, を生んだ, を衝い, を裏, 乃至文学主義

▼ 文化との~ (58, 0.4%)

3 間には 2 接触の, 間に, 関係に

1 [49件] さまざまな, ために, ひどく偏った, 交流という, 何たるかを, 具体的な, 分裂地方が, 力によって, 又ブルジョア常識, 向上の, 問題が, 問題に対し, 大要な, 奇妙に, 季節について, 完全な, 密接な, 対峙を, 対立とでも, 対立や, 対立を, 将来の, 広濶, 建設の, 接触と, 接触に, 接触は, 推進は, 本質的な, 来歴から, 波動が, 混融から, 現実的な, 生成の, 相互的な, 統一を, 落差は, 融和を, 連帯関係や, 連関も, 連関統一要するに, 間の, 関係にも, 関係は, 関係を, 関連において, 闘いの, 關係は, 飽和によって

▼ 文化とは~ (50, 0.4%)

3 何ぞや 2 相容れないやう

1 [45件] いはれません, いへ實, お互いに, こうやっ, そういうもの, どういう目, どういふ, どうのびる, どこで, なんの, まったく無縁, やはり民族的, 一つは, 一寸気取る, 云ひ, 人間が, 何か, 何かといふ, 何かと尋ね, 何を, 何んや, 何物でも, 元来教養や, 全くちがった, 凡そ以上, 分裂させられ, 区別されね, 外でも, 女郎屋を, 実はイデオロギー, 常に民衆, 必ずしも一致, 果してかく, 果してどの, 根本的に, 権力が, 異った, 直接に, 社会と, 神の, 要するに実際に, 違って, 違つてを, 離るべからざる, 顕著に

▼ 文化に対する~ (50, 0.4%)

2 理解が, 驚異は

1 [46件] ヤソ会士の, ヴァンダリズム文化の, 一句を, 一種の, 上に, 反抗であります, 取捨選択が, 呪ひ, 唯一つ反逆, 唯一の, 善意的同情者が, 常識道徳的統制が, 憧れである, 憧憬が, 批判が, 抑圧であった, 政治が, 政治的法律的な, 政策という, 文化自身による, 新しい文化, 新しい見解, 最も野蛮, 正しい態度, 浸透力の, 渇望が, 無責任は, 熱意と, 物めずらし, 理解も, 相互的な, 社会的関心が, 私の, 私共, 統制が, 統制の, 考えは, 考え方でも, 考へも, 自虐的な, 興味や, 良心から, 認識の, 貢献なり, 階級的プロレタリアの, 階級道徳的判断は

▼ 文化問題~ (49, 0.4%)

3 の解決 2 としての重大さ, として取上げ

1 [42件] が含まれ, だけに結び付けられ, であること, であるの, としてこの, としての資格, として全幅, として取り上げる, として批判, として持ち出され, として正常, と云, において工藝問題, についていろいろ, については何等, については関心, について深い, にとって根本的, に対してどういう, に対して加えられ得る, に対して無, に就い, に於, に於ける, に止まる, に関する諸国, の一般的取り扱い, の根本, の理解, の究明, はさし迫つ, はすでに, は殆, は社会層, も何, をそういう, を取扱, を政治問題, を考へます, を考へる, 例へば国語, 又特に

▼ 文化科学~ (48, 0.4%)

4 の観念 2 とか精神科学, の一つ, の方法

1 [38件] かの概念, だ然るに, ではその, では理論, とに分類, との区別対立, との根本的, と名づけられる, と呼ばれる, と自然科学, なるもの, においてもまた, についてはいろいろ, に対応, に役立った, に新しい, に真, のすべて, の一応, の全面, の問題, の基礎, の概念構成上, の理解, の真価, の認識論, はどの, は之, は個性, は個性記述的, は自然科学, めいた学問, や道徳論, をも含む, をも貧弱化, を文化価値, 乃至歴史学, 或いは精神科学

▼ 文化部門~ (48, 0.4%)

2 との協力, に於ける, の人達

1 [42件] が各, が国民大衆, が国民生活, が考へられます, でも文学芸術, で仕事, といふこと, といふの, といふもの, としての映画, としての現代演劇, として文化部, との間, と普通云, と考へ, と考へられる, における向上, に入るべき, に於, に関係, のいろ, の人たち, の人間, の仕事, の健全, の動員, の協力体制, の孤立, の専門家たち, の政治, の相互, の者, の職域, の職域機構, の職能人, の解釈, の身構, の連絡交流, はそもそも, は実に, を通じて最も, 殊に文学芸術

▼ 文化意識~ (43, 0.3%)

2 から云っ

1 [41件] から模倣, が, が実によく, が少し, が指導的イデー, が瀰漫, である, というよう, とが著しく, とであった, とはその, と今更, に基いた, に対する呵責, のもの, の中心, の共通, の否定, の心, の所有者, の払拭, の欠如, の活動, の發揚, の相当正直, の結晶, の表現, の進み, は与えられた, は個々, は全く, は幾何学的精神, は必らずし, は正しく, は社会意識, もまだ, も必ず, より來, を払拭, を満足, を貫徹

▼ 文化現象~ (43, 0.3%)

2 を意味

1 [41件] から法則, がその, が当時何人, が日本, が沢山, だ, である, であるオシラサマ, である間, ではなかっ, といふもの, としてよりもインフレーション現象, として将来異常, として従って, として現に, と違った, なので, に対してこの, に就い, に於, に於ける, に興味, のいっさい, の一つ, の内容, の基盤, の影響, の社会的基盤, の社会的説明, の総和, の間, は人間, は文化科學, は相互, を云い表わすべく, を人間, を生み出す, を研究, を説明, を通じて見る, 又は文学的信念

▼ 文化から~ (40, 0.3%)

2 切りは, 都会文化に

1 [36件] かけて, きりほど, すこしも, すれば, ほとんど離別, ジードによって, ズツと, 來る, 個性の, 唯心文化へ, 囚われざる唯心文化, 囚われざる唯物文化, 天保と, 引き出すこと, 引離さうと, 悪徳をしか, 抜け出して, 捨象し, 採って, 文化意識が, 文政に, 明治大正の, 理解されね, 生れたもの, 生れた新しい, 発展した, 発展的な, 科学性や, 背を, 落伍し, 見て, 見れば, 解放させなけれ, 話しを, 追懐され, 金屬器時代の

▼ 文化への~ (40, 0.3%)

1 [40件] 一つの, 一指針が, 一歩の, 仰望の, 信頼の, 全面的な, 共感として, 冒涜でなけれ, 反逆が, 否定が, 大きな交流, 寄与でも, 情熱を, 愛と, 感情として, 感覚は, 態度を, 憧れが, 憧れとを, 憧憬と, 憧憬日本の, 批判シュペングラーの, 正当な, 無関心, 熱情を, 発展が, 発展の, 発足を, 真に切実, 結集へと, 翹望の, 良心と, 要求という, 貢献という, 貢献者として, 貢獻周圍への, 超現実, 輝きと, 適応に, 関心であった

▼ 文化~ (37, 0.3%)

2 に大きな

1 [35件] から駐在使的, が殆, だけから封建, だけでも社会, でどう, での活動分子, では渾沌, でもどれ, でもひろく, でも出版業, で一冊, といっ, にあ, においてである, においてないがしろ, においても立証, における戦争協力, における新, にま, に於ける, に立つ, に興味, に迄及ん, のこの, の人たち, の向上度, の施策, の誇示, の重要視, へ広汎, をし, をもひきくるめ, を忙しく, を日本, を見わたした

▼ 文化そのもの~ (36, 0.3%)

2 の責任

1 [34件] がこれら, がそう, がそして, がその, が二つ, が二重, が欠陥, だという, にそれぞれ, にとってこそ必要, に対して一つ, に持ちこまれ, のうち, のスタンダード, の中, の全体的, の内容, の向上発展, の否定, の本質, の無条件的, の無気力, の生活, の発展, の真, の要約的, の規定, の観念, はどう, を健か, を圧倒的, を游, を美し, を高度

▼ 文化~ (36, 0.3%)

2 の統一

1 [34件] という文化世界, との対立, との統一, とはかかわり, とも云うべき, とシナ, には又, に他, に入るべき, に向かっ, に対しては日本島群, に対して決して, に於, に於ける, に来た, に特有, に統一, に限られ, に非常, の中, の名, の外, の支配的, の最も, の発見, の詩歌, の選手, はエジプト, は実質上西方, へは届かず, も四方, を保っ, を呼ぶ, を知らしめた

▼ 文化理論~ (36, 0.3%)

2 の典型

1 [34件] が実は, であった, で用いられ, とが発生, としての認識論, との概観, との関係, とを思想上, とを意味, と直接, にとっていかに, にとっては却って, にとって宿命的, にまで帰着, にまで転化, にもとづい, に著しい, に連関, の一時的退潮, の何, の内容, の根本, の領域, はピン, は云う, は元来, は広義, は良い, は語らない, も亦, を論理学, 乃至歴史理論, 乃至社会理論, 其の他

▼ 文化文政~ (35, 0.3%)

11 の頃 3 のころ

1 [21件] から天保, から天保以後, から明治, となる, と進ん, に三馬, に待たない, に摸する, のそれでは, の三時代, の交, の全盛, の句, の岡場所, の春, の泰平, の産, の百年以後, の通人, の面影, も幕末もさ

▼ 文化映画~ (35, 0.3%)

3 の脚本 2 というもの, の演出家

1 [28件] がますます, が作りたい, たり得る, で, で黄河, という, として, として紹介, とそれから, と国内戦時代, と外, などにはどうして, における植物, についてよりも一層, のこと, の中, の如き, の将来性, の本来, の生産, の目安, の製作, の試写, は一面芸術, は必ずしも, を作りたい, を制作, を問題

▼ 文化領域~ (34, 0.3%)

3 を一貫 2 について行なわれる, に於, の間

1 [25件] がその, が自覚, ではなく, との連帯関係, との連関, にその, について又, に共通, に向っ, に対して基礎, に於ける, に特有, のこと, の協力態勢, の異, はそれぞれ他, は全く, は夫, も方言, やとの関係, をも又, を思想内容, を流通, を貫く, を通じてやはり

▼ 文化である~ (33, 0.2%)

2 ということ, ように

1 [29件] か, かによって発揮, からでなく, か少く, がこの, がその, が故に, ことが, ことを, そして思想, という, というの, という点, といはれ, といふこと, とか又, とすれ, と共に又, と思ふ, と考えられる, と見, のだ, のに, やうに, 事を, 啓蒙哲学の, 点において, 限り内部的モメントと, 限り實在

▼ 文化史上~ (33, 0.2%)

2 に於ける, の事実, より見たる

1 [27件] から観察, ではクラシシズム, で最も, において一八〇〇年代, における一つ, における一皮肉, における彼, にひときわ, に名, に求め, に消す, に現象, に記録, のクラシシズム, の一エポック, の一懸案, の一時期, の一齣, の卓越, の大いなる, の幾多, の意義, の根本想定, の特色, 大看板, 極めて重大, 頗る興味

▼ 文化建設~ (33, 0.2%)

7 のため 2 の途上, への地ならし

1 [22件] から排撃, が即ち, といふこと, についての当時, に参加, に役立つ, の一進展, の中, の仕事, の余裕, の可能性, の基礎工作, の時期, の根本理念, の機縁, の段階, の目的, の礎, の課題, の面, はソヴェト同盟内, をいう

▼ 文化として~ (31, 0.2%)

2 ではなくし, 形成せられた

1 [27件] ただの, 之を, 取り扱い得ないという, 圧殺された, 地中海の, 大に, 存在しない, 存立する, 完成せられ, 実を, 悲しいし, 抵抗らしい, 押しだすだけの, 政治や, 文化の, 歴史的に, 特殊化された, 生きて, 研究し得る, 研究する, 総称し得られる, 蘇生出来よう, 表現された, 見るという, 見るべきもの, 誇るに, 認識

▼ 文化史的~ (31, 0.2%)

2 の研究

1 [29件] なリアリティー, な知識, な考え方, な考察, な興味深い, な諸, な連関, にいえ, にすでに, には最も, にもまず, にも多少, にも科学史的, に云い表わせ, に云え, に云っ, に殆, に美術史的, に考えまし, に考察, に見る, に規定, に解する, に重要, に非常, の興味, の解釈, 及び社会的側面, 或は社会史的観点

▼ 文化形態~ (31, 0.2%)

6 としてのイデオロギー 3 としての 2 として理解, にぞくする

1 [18件] が一, が当然, としての所謂イデオロギー, となる, とは決して, ともなる, なの, においてはかかる, に就い, に数えられるなら, の内, の外貌, の成層構造, は意識形態, もかの, を取っ, を通じて民族, を進める

▼ 文化民族~ (30, 0.2%)

2 の史的源泉, の多く, の生活, の神話

1 [22件] としての日本人, と自称, にはあてはまらぬ, による, に於, に於ける, のそれ, の上代, の今日, の存在, の宇宙開闢伝説, の宗教, の思惟, の成文神話, の知識, の知識内, の神語, の種々, の間, はふしぎ, も亦, も嘗て

▼ 文化研究所~ (29, 0.2%)

2 が出来

1 [27件] だの新た, というの, というもの, という超, とされ, なるもの, に, において学問, にだって紀平正美博士, に大いに, に対する不信, のこと, の出店, の感触, の方, の移転問題, はよそ, は学生, は既に, は最近殆, は確か, は移転, も実は, をやめ, を自慢, を設け, を高石老人

▼ 文化二年~ (28, 0.2%)

1 [28件] には七歳, には三十七歳, には二十歳, には五十一歳, には僅, には八歳, には四十三歳, には独美, には甫め, には蘭軒, には重, に五人扶持, に六十一歳, に出た, に刊行, に夭, に武公治紀, に水戸家, に職, に致仕, に西側, に長女天津, の事件, の出来事, の暮, の歳, の谷川士清, は艮斎

▼ 文化一般~ (26, 0.2%)

1 [26件] が, という抽象物, における上述, にそのまま, についてそもそも, についてはそれ, に亘り, に亘る, に対して有, に本質, に盛り込むべきである, の将来, の意義, の未, の様相, の活動, の混乱, の発達, の発達上, の観念, の課題, の非常, は殆, を検討, を考えよう, を肉体化

▼ 文化内容~ (26, 0.2%)

2 を創造

1 [24件] が可能, が可能的, が新しく, であったから, であった教学, であること, というレッテル, と接続, に就い, に選択, のいずれ, の一切, の可能的, の決定要因, も遂に, や思想組織, をなす, をもつ, をゆたか, を不正確, を実現, を積極的, を與, を道徳

▼ 文化協会~ (26, 0.2%)

2 および日本出版会, 及び出版会

1 [22件] から通信, が設立, ですべて, という役所, とか更に, とが主催, となった, と故, などといふ団体, なるもの, による用紙統制, の事業部面, の人, の催し, の機関誌, の組織, の規定, は発展的, もまた, を組織, 及び日本出版会, 少国民文化協会

▼ 文化的意義~ (26, 0.2%)

3 をもつ 2 を発揮, を要求

1 [19件] がある, がもっと, がもつ, が全然, とを高く, と諸, などを附し, において日本, における存在, に着眼, のこと, の動揺, は決してさ, をもち, を帯び, を持った, を持つ, を有, を有し

▼ 文化勲章~ (25, 0.2%)

2 をもらった

1 [23件] が与えられず, が制定, が簡単, でいう, で云う, というもの, とは必ずしも, なるもの, には適当, にも相当, に価しない, の, のこの, の制定, の受領者, の場合, は日本文化, までを入れ, も芸術院, や芸術院会員, を制定, を授与, を貰っ

▼ 文化哲学~ (24, 0.2%)

2 がその, の伝統

1 [20件] が歴史哲学, と呼ばれる, による, による文化, による文化そのもの, に於ける, のエティケット, の基礎, の裏, の要求, はあまり, は営養, やの故郷, や何, や批判主義哲学, や文化社会学, や文明批判, や歴史哲学, を目指し, 乃至歴史哲学

▼ 文化~ (24, 0.2%)

3 に於 2 なら罪

1 [19件] ができ, がフェニキア文化, が文化国, でありしかも, であり強大国, であること, でこれ, としての支那, となる, とは見ない, においつこう, に於ける, の人民, の大, の政治, の最も, の資格, らしいプログラム, をもっ

▼ 文化~ (24, 0.2%)

3 である 2 の赤瓦

1 [19件] が全盛, が多い, が多かっ, で単に, で地位, という奴, と非, な住宅, のもの, の中, の二派, の元祖, の天子, の小さな, の手先, の新しい, の方, の笑い, は流行らぬ

▼ 文化価値~ (23, 0.2%)

3 を創造 2 に関係, を実現

1 [16件] から絶縁, でありこの, とはどう, に置く, の実現, の批判者, の見地, の超越的妥当, への直接, を, をふくん, を全く, を持たず, を持つ, を標準, を自ら

▼ 文化機構~ (23, 0.2%)

4 の再, の整備強化

1 [15件] であったからこそ, といふ, といふこと, とその, なるもの, に関しまた, の上, の中, の中心的役割, の全般, の全貌, の整備統制, はその, は決して, 或は文化現象

▼ 文化的自由~ (23, 0.2%)

2 の観念, や文化的進歩

1 [19件] から自由主義, さえがどう, だけが問題, だけを見, であり進歩, ということ, という観念, とか文化的進歩, として理解, との発生地, と政治上, にまで蒸溜, に帰着, の獲得, はそれ自身, は政治的自由, もその, をテーマ, を護る

▼ 文化では~ (22, 0.2%)

5 なくて 2 ない

1 [15件] あり得なくなって, あるが, ないと, ないの, ない世界, ない現代, なく, なく人間, 何一つ一等国, 力が, 実はこれ, 文化以外の, 極めて大量, 色あせた鎧, 衣食住礼儀家族主義

▼ 文化~ (22, 0.2%)

1 [22件] があっ, です, ですって, ということ, という新, とか云つて, とでもいう, におしかける, に入, の予定地, の人たち, の入口, の子供, の家, の建設, の警句, は今日瀟洒, をお, を作る, を観, を訪れ, を造る

▼ 文化~ (22, 0.2%)

2 に一冊, の幹事

1 [18件] がやれない, でしょう, ですからね, ですよ, でもうけた, で若い衆, というもの, にのりだした, にバンドマスター, の会場, の寄附, はそういう, はもうかる, らしくワッ, をやった, をやる, を機会, を石

▼ 文化について~ (21, 0.2%)

1 [21件] いえば, それを, また広い, 僕等は, 単純に, 各方面, 娯楽的な対し, 娯樂的な, 専門的に, 御意見, 政策が, 文化的に, 検討しなけれ, 特に非難, 知らない者, 考える態度, 考へるうへでの, 自分の, 見出される共通, 話を, 語るとき

▼ 文化国家~ (21, 0.2%)

2 の創造, の建設

1 [17件] として内外, として完成, として新, として真に, となる, と自称, と誇る, になった, にふさわしい, の名, の概念, の正しい, の理想, は国家, もとんだ, もない, を建設

▼ 文化程度~ (21, 0.2%)

2 が低い, の低い

1 [17件] が不揃い, が非常, が高く, という言葉, においてはとても, に輕重, に進んだ, の低下, の現実, は建築物, は形而上, は觀光客, をもっ, を標示, を測定, を示し, を計る

▼ 文化とか~ (20, 0.1%)

3 東洋思想とかいう 2 教養とかいう, 文明という

1 [13件] 修養とかを, 其の他, 出版とかに, 国民伝統文化とかに, 意識とかが, 政治とか, 文化伝統とか, 文学とか, 文明とかの, 東方の, 理智といふ, 習俗とかの, 開明とかの

▼ 文化には~ (19, 0.1%)

1 [19件] さう, また宗教, 中心が, 今と, 儒教並に, 対抗出来ん, 恵まれないもの, 殆どこうした, 民衆の, 没落や, 絶對に, 著, 西洋の, 触れられない, 足もとへも, 遅れがちである, 遠く新しい武器, 開展の, 雀の

▼ 文化事業~ (19, 0.1%)

2 に遺し

1 [17件] が經營, であるといふ, といへ, としての目的, なの, に対する理解度, に心身, に投じ, の一つ, の中, の問題, の性質, の片端, もいろいろ, も仏教字典, を目的, 及び宣伝

▼ 文化十四年~ (19, 0.1%)

1 [19件] であつ, と云, に, には蘭軒, に四十三歳, に於, に景樹, に次男某, に羽後米代川, に至つて纔, に蘭軒, に記念, の初, の書牘, の生, の茶山, よりも三年, より三十年前, より算すれ

▼ 文化的教養~ (19, 0.1%)

2 の高い, を受けた

1 [15件] がその, が彼等, であると, と現代的感覚, と進取, の与件, の中, の低い, の特殊性, の程度, の面, を受け, を積極的, を背負つて, を身

▼ 文化とを~ (18, 0.1%)

1 [18件] くらべれば, もって, ナチスに, 一貫し, 与え子供ら, 供せられて, 別々に, 吸収しよう, 対比させ, 対照させ, 峻別する, 意味し, 慕つて通交した, 持って, 根本概念と, 示すもの, 移植した, 進歩させ

▼ 文化元年~ (18, 0.1%)

2 に歿

1 [16件] が茶山蘭軒, で五十年, で今, には尾張, には蘭軒, に奏者番, に生れ, に生れた, に病死, に茶山, の二回, の作, の八月, の冬病, の春茶山, は阿仁

▼ 文化擁護~ (18, 0.1%)

3 のため, の運動 2 の大会 1 の世界作家大会, の会, の会議, の全, の国際作家会議, の大, の大会ニュース, の機運, の欲求, を議題

▼ 文化施設~ (18, 0.1%)

1 [18件] が計画, だの博物館, でもあつ, としてソヴェト同盟, と見れ, には殆ど金, に良き, に費, の一端, の必要上, の眞, の細やか, はあっ, はソヴェト同盟, は他, も跡かた, を施し, を盛ん

▼ 文化的活動~ (18, 0.1%)

1 [18件] がいわゆる, がさかん, とが現, なる所以, においてもそれ, についてあらわれ, に多少, の傾向, の像, の所産, の質料, はつねに, もすでに, も人, も單, も著しかっ, をこめ, をされた

▼ 文化~ (18, 0.1%)

3 世界の 2 領域の, 領域を

1 [11件] 世界であった, 形象は, 現象も, 科学の, 科学を, 部門の, 部門も, 領域, 領域と, 領域に, 領域間や

▼ 文化に対して~ (17, 0.1%)

1 [17件] ともかくも, もっと肯定的, ゲルマン諸族の, 加えること, 外部から, 常に激烈, 批判を, 抱いて, 新しい理解, 無感動, 独特な, 理解の, 素人であっ, 統制力として, 考えれば, 若干の, 蕪村は

▼ 文化三年~ (17, 0.1%)

2 の春

1 [15件] から五十余年, という年, になっ, に春水, に槍突き, に生れ, に笠利方, に編粋, の九月十三日, の事, の役人武鑑, の江戸, の火事, は蘭軒, より火事場

▼ 文化学院~ (17, 0.1%)

2 に知人, のお嬢さん

1 [13件] から如何なる, ぐらいな, で見た, などを出た, にあ, にやっ, のやり方, の学監, の教育方針, の最初, へ行つて, へ長女, も出来

▼ 文化~ (17, 0.1%)

2 のため, の準備調査

1 [13件] か何ん, が, が讃える, ではアマチュア, として左, に, の対象, の授賞, の選定, へアマチュア, をうけた, をマス女, を与える

▼ 文化イデー~ (16, 0.1%)

1 [16件] が国民, が文化条件, であったの, であるに, としての信仰, としてみずから, とのこと, との固執対抗, とは何, と今日之, にかかわり, による前者, に喰っ, の対抗関係, の指導性, を批判

▼ 文化伝統~ (16, 0.1%)

1 [16件] が名, が変動, が彫刻美, が教学其他之, たる個人中心, とかを表象, と感情, と統制, にとっては之, に対する自覚, の教育, の解釈, は我が, を与え, を実感, を持たない

▼ 文化全般~ (16, 0.1%)

2 に於ける

1 [14件] から云え, が, と密接, に, に及ぼす, に対して有っ, に於, に芸術, のイデー, の低, の問題, の精神, の西洋, を貫い

▼ 文化六年~ (16, 0.1%)

3 の春 2 である, の序 1 で師, に二十四歳, に大体, に成つて上, に江, に越前国丸岡, に越前國丸岡, の夏, の自序

▼ 文化でも~ (15, 0.1%)

2 ない処, 一度同文同種

1 [11件] どこまでも, なくして, やはり文化的, 宗教でも, 必ず一度, 我が國, 政治でも, 日本を, 東洋の, 欧米の, 音楽の

▼ 文化八年~ (15, 0.1%)

2 に一度, の春

1 [11件] で慊堂, には和蘭艦隊, に官蔵, に江戸, に苗場山, のマイエング, の元旦, の冬, の四月十九日, の頃, は蘭軒

▼ 文化向上~ (15, 0.1%)

5 のため 2 のプライド 1 といふ問題, の一要素, の一路, の原動力, の為, の目的, の速度, を終身

▼ 文化的役割~ (15, 0.1%)

1 [15件] がこの, というもの, としてこれから, とに於い, などといふもの, について的確, に関する研究, の問題, は単なる, は或, をもっ, を却つて重し, を完全, を持っ, を果し

▼ 文化に関する~ (14, 0.1%)

1 [14件] まちがった知識, ジャーナリズムとの, 一般的科学の, 事柄においても, 単に経験的, 各職能部門, 同じよう, 小委員会, 時この, 歴史的な, 研究が, 科学や, 統制的政策という, 限りは

▼ 文化七年~ (14, 0.1%)

1 [14件] である, に, においては松平定信, にまた, に二十五歳, に同店, に幕府, に歿, に生れた, に紙問屋山一, の三月, の冬襄年三十, の生, は蘭軒

▼ 文化乃至~ (14, 0.1%)

1 [14件] は芸術, イデオロギーから, イデオロギーは, ファシスト文化なりには, 学問の, 思想に, 文化一般の, 文化社会の, 文化社会は, 日本文化に, 精神の, 精神は, 精神哲学的, 道徳的な

▼ 文化九年~ (14, 0.1%)

2 の秋

1 [12件] すなわち西暦一八一二年, で此人, には南畝, には山本北山六十一, には瑞英, に六十一歳, に蘭軒, の, のこと, の春, は蘭軒, より使番

▼ 文化十年~ (14, 0.1%)

1 [14件] から起算, で茶山, には尾藤二洲六十九, には蘭軒, にも亦, に五十八歳, に六十九歳, の作, の冬, の十一月十二日, の壱岐島式社考, の秋, まで庄左衞門健在, より溯

▼ 文化委員会~ (14, 0.1%)

2 の芸術部

1 [12件] および有識人, かえりサンヤン, から質問, が調整, でさえが日本側, では出版文化, についても私, に出る, の席上, の芸術部等, を中心, を総動員

▼ 文化闘争~ (14, 0.1%)

2 のため, の実践 1 が要請, としてどんな, との間, において頼もしい, の一つ, の一形態, の一方法形態, の一翼, の歩み, を決議

▼ 文化~ (13, 0.1%)

2 のと

1 [11件] かなに文化, か知らぬ, といっ, とすれ, とそろそろ, と思う, と思ふ, と考へる, のという, よ, 科学だ

▼ 文化中央連盟~ (13, 0.1%)

1 [13件] がそれ, が松本学氏, との間, と林房雄君等, なるもの, による, に対する注文, に於, に限定, の事業, の結成, はそういう, より二千六百年

▼ 文化文学~ (13, 0.1%)

1 [13件] が支配階級, についての情熱, の事象, の動き, の実質, の建設, の独善的, の課題, の開花, の面, は一般, もこの, を発展

▼ 文化発展~ (13, 0.1%)

2 のため, の可能性 1 における能力, によって減ぜられ行く, の上, の両, の動力, の将来, の方向, の血管, もそこ

▼ 文化的価値~ (13, 0.1%)

2 がある

1 [11件] が自然的価値, に応ずる, の認められ, はなる, は普通, は決して, をふき込まれるだろう, を明, を裏, を見る, 或は文化性

▼ 文化的時間~ (13, 0.1%)

3 の變種 1 との區別, においてそれ, における過去, の特質, の舞臺, は歴史的時間, も流動, より將來, を第二義的, 即ち歴史的時間

▼ 文化的水準~ (13, 0.1%)

1 [13件] が日本, で隔離, といふこと, といふもの, のもの, の低い, の低かっ, の向上, の基礎, の方, もメキメキ, を高めた, 乃至特徴

▼ 文化職能人~ (13, 0.1%)

2 がこれ

1 [11件] に課せられた, の一つ, の偏狭さ, の団体, の如何, の独占, の自治的, の蹶起, の間, の高度, は自主的

▼ 文化自身~ (13, 0.1%)

1 [13件] から抜け出し, がお互い, が乏しい, が今や, が元来, による文化的統制力, による文化統制, による統制, に在る, に関する時, の内部, の水準, も顕著

▼ 文化なる~ (12, 0.1%)

4 ものが 3 ものは 2 ものの 1 ものの最初, ものへ, ものをも

▼ 文化をも~ (12, 0.1%)

1 [12件] それに, ブチこわした, 一変させる, 下げるわけ, 利用しよう, 否定する, 失う国, 完成し, 歓迎する, 生んで, 解すること, 輸入し

▼ 文化主義者~ (12, 0.1%)

1 [12件] が正しい, が誠実, たるジード, であり文化的, であると, として一切, ならああ, ならば, の習性, はいない, らしい触れ方, らしく又

▼ 文化十一年~ (12, 0.1%)

1 [12件] から天保十二年, となる, に一粒金丹, に到り, に医学, に春水, に生れた, の事, の元旦, の冬, の春, の雨

▼ 文化四年~ (12, 0.1%)

1 [12件] であつ, でなくては, には大阪, には皆川淇園七十四, に七十一歳, に成った, に更に, に蘭軒, の元旦, の大, の深川, の生

▼ 文化戦線~ (12, 0.1%)

2 の見透し 1 においてもただ, における彼等, にわたって激化, の問題, の対立, の最, の第一線, は低下, をもふくめ, を閑却

▼ 文化的使命~ (12, 0.1%)

2 をもつ 1 が見出される, と海外, にも拘らず, に貢献, もこれ, をもち, を人類世界, を持っ, を植民地あたり, を自覚

▼ 文化的生活~ (12, 0.1%)

1 [12件] ができ, が保たれるであらう, が變化, というもの, に対する欲望, の切り, の様式, の組織, はそれ, も営める, をきずい, を営まう

▼ 文化連絡協会~ (12, 0.1%)

1 [12件] からの手紙, から石炭生産組合, から赤い, から電話, がある, の会長, の手, の略称, の紹介, の週刊雑誌, はソヴェト同盟, へ行け

▼ 文化であり~ (11, 0.1%)

1 [11件] その一部, インカの, 人間生活である, 又人間, 商人と, 大衆の, 文化的作意である, 日本の, 日本人自身の, 社会を, 随って

▼ 文化とが~ (11, 0.1%)

1 [11件] こうやっ, どう統一, 互に影響, 半ば封建的で, 存在した, 対立しなけれ, 特定の, 発生しはじめた, 直接に, 結びつきながら, 落ち合つて渦

▼ 文化にとって~ (11, 0.1%)

2 独特の 1 どんなに必要, どんなに有害, 如何に, 愉しいもの, 最も都合, 有力な, 由々しき問題, 義務教育法案ほど, 重大な

▼ 文化によって~ (11, 0.1%)

1 [11件] いかに強く, その文化, 人々の, 人類の, 動き易い, 掴みだすこと, 洗礼を, 浸潤され, 築き上げられた巨大, 自己を, 造り出された従って

▼ 文化五年~ (11, 0.1%)

1 [11件] でフオストフ, には人, には先づ, に三馬, に歿, に病死, の, の伊予, の夏蘭軒, の紀行, の辰年

▼ 文化工作~ (11, 0.1%)

1 [11件] が形, という語, として先, なんてまだ, にも意, のイデオロギイ, の一問題, の基礎, の本質, は今, は文化的

▼ 文化振興会~ (11, 0.1%)

1 [11件] が半, ですか, なぞをたよらず, などの日本紹介映画, にし, のライブラリー, の代表等出席, の哲学的意義, の成立以前, の着色, の黒田清氏

▼ 文化能力~ (11, 0.1%)

1 [11件] が生ずる, が考へられね, だと, といふもの, にある, のある, の高揚, はまだ, をうちこわし, をも含ん, を抹殺

▼ 文化芸術~ (11, 0.1%)

1 [11件] としての最低線, との関係, と自己, に於ける, の三つ, の事, の僕, の巨きい星, の第一線, の記事, の面

▼ 文化都市~ (11, 0.1%)

1 [11件] から大, が建設, だと, にし, に生まれかわり, の一つ, の出現, へ更生, へ来た, を実現, を建設

▼ 文化にも~ (10, 0.1%)

1 あらず固, いろいろな, すっかり馴じん, それぞれ民族的特色が, まさる浪華文化, 増して, 幾多の, 彩られない普遍的, 矢張り一度は, 縁の

▼ 文化~ (10, 0.1%)

2 かえれ農村 1 ささげた光明, つき落す手段, である, 入って, 反転し, 導くべく悶死, 持って, 転向し

▼ 文化サークル~ (10, 0.1%)

1 があっ, が組織, にすら弾圧, に組織, のよう, のコンクール, のメンバー, の中, の話, や音楽サークル

▼ 文化事情~ (10, 0.1%)

1 がまず, と密接, と対比, に立っ, の下, の特色, は根本的, も改善, をどうしても, を顧みます

▼ 文化~ (10, 0.1%)

1 で資本, としての鋭き, とは無関係, の上, は鼓舞, や防衛力, を吸集, を持った, を有, を語る

▼ 文化十三年~ (10, 0.1%)

2 である, の武鑑 1 には文晁, には蘭軒, に池田錦橋, に生れた, に至, の歳首

▼ 文化危機~ (10, 0.1%)

1 から救済, という形態, になっ, の救済そのもの, はもはや, は思想進歩, や文明, を告白, を強調, を打開

▼ 文化及び~ (10, 0.1%)

2 文化的時間性, 自然の 1 その文化, その水尾, それの, プロレタリア文化の, 文化的生の, 社会

▼ 文化反動~ (10, 0.1%)

2 とのたたかい, との闘争 1 が大衆, との系統的, とインテリゲンツィア, に対して私, の魂, への抵抗

▼ 文化日本~ (10, 0.1%)

2 の建設 1 にふさわしい, の再建, の思想, の文化, の最優秀発明品, の芸術, の近世的, を再建

▼ 文化的時間性~ (10, 0.1%)

1 がいかに, がかく, において變貌, について論じた, に關, の一變種, の本質, の段階, は成立つ, は自然的時間性

▼ 文化的進歩~ (10, 0.1%)

1 さえがどう, ということ, というの, とかいうこと, とはシュークリーム, と政治的満足感, なの, につらなる, よりも金儲け, をさまたげ

▼ 文化主義的~ (9, 0.1%)

2 なもの, な西洋, 又は文学主義的 1 であるから, な考え方, な自由

▼ 文化十二年~ (9, 0.1%)

2 より三百七十年 1 でもない, に五十一歳, に六十八歳, に江戸, の元旦, の後半, の春

▼ 文化~ (9, 0.1%)

3 建設の 1 体制といふ, 体制とは, 建設に関する, 建設根本理念, 日本文学に, 研究とかいふ

▼ 文化方面~ (9, 0.1%)

1 に注目, に関しては大事, に關, のお, のこと, の人達, の宣伝力, の考慮, の転向者

▼ 文化~ (9, 0.1%)

1 でほめ, とはち, にぼく, に正宗白鳥氏, に発表, に載, のもの, は特色, を主宰

▼ 文化的伝統~ (9, 0.1%)

1 が薄い, で文芸, との相, とは必ずしも, とヨーロッパ, と云い, と社会的伝統, にぞくする, の止揚

▼ 文化社会~ (9, 0.1%)

1 が経済的, で誰一人, になり行かう, による反動教育, に於, の統制, の自由, は一般, は直接

▼ 文化科學~ (9, 0.1%)

1 との關係, と自然科學, の中, の基礎學, の方面, の法則, の研究者, の領域, は原則的

▼ 文化講座~ (9, 0.1%)

1 でだれ, で講演, といふもの, においてアイヌ民族, に於, の一科目, をやった, を主要, を開いた

▼ 文化~ (8, 0.1%)

3 あつた 1 すれた感覚, どうしても失つて, 今日の, 息も, 打ち固めた大

▼ 文化における~ (8, 0.1%)

1 その地位, 反動的な, 否定されたる, 文芸の, 極端な, 男女の, 諸問題, 資本主義の

▼ 文化会議~ (8, 0.1%)

1 がもたれる, に出席, に君, に殆, の仲間, の折, は基本的, は文化

▼ 文化形象~ (8, 0.1%)

1 から区別, でで, なるもの, になる, の具体物, はイデオロギー, を単に, を説明

▼ 文化感覚~ (8, 0.1%)

1 が十年, に対して自分, に於, のなか, の中, の急速, の麻痺, をもつ

▼ 文化機関~ (8, 0.1%)

1 が一元化, とその, にはまだ, の一部, の必要, の都会集中, を動員, を総動員

▼ 文化~ (8, 0.1%)

1 では経済的, における諸般, にはファシズム, によびかけ, の世論, の動き, はだらし, 殊に教育界

▼ 文化発達~ (8, 0.1%)

1 に就い, に関して勲績卓絶, のあり, の径路, の歴史, の経路, の結果, を遂げ

▼ 文化的要素~ (8, 0.1%)

2 が浸潤 1 があれ, といふもの, のみを見, の少い, の進化, を持ち得る

▼ 文化としての~ (7, 0.1%)

1 もしくはイデオロギー, 伝統を, 内容を, 意味を, 独自性が, 質と, 風俗生成の

▼ 文化において~ (7, 0.1%)

1 この科学的思想, それは, ブリューメル以後は, 世界最大の, 彼らを, 現在の, 第二次世界大戦後

▼ 文化世界~ (7, 0.1%)

2 の形成 1 が明白, に於, の一部分, の中, を

▼ 文化交流~ (7, 0.1%)

1 といふ現象, にもなる, のため, の企画, はむずかしい, を目的, を背景

▼ 文化人たち~ (7, 0.1%)

1 がドイツ占領軍, のい, のした, の説, はいます, はみんな世話, をクソ

▼ 文化全体~ (7, 0.1%)

2 の問題 1 が勢いよく, として健全, の水準, を動かし得た, を支配

▼ 文化圏内~ (7, 0.1%)

1 から放逐, での仕事, なの, にあっ, にあった, における民族的地方的特徴, の文化的好み

▼ 文化対立~ (7, 0.1%)

1 がさし当り, という, と呼んだ, の関係, はこういう, よりも文化そのもの, を作り上げ

▼ 文化年間~ (7, 0.1%)

1 にあげた, に出た, に至っ, のフェートン号事件以降オランダ, の作, の品川風景, は溝口駒之介

▼ 文化情勢~ (7, 0.1%)

1 がそういう, であったの, の根本特色, は世俗的, は日本, は著しく, を引き合い

▼ 文化批判~ (7, 0.1%)

2 という目標 1 とか呼ばれた, の哲学, の立場, をその, を目標

▼ 文化文明~ (7, 0.1%)

2 というもの, の生活程度 1 と二つ, の恥, を発展

▼ 文化概念~ (7, 0.1%)

1 こそは文化, に帰着, の救済, の構成過程, の欠くべからざる, を衝動, 従って又

▼ 文化的イデオロギー~ (7, 0.1%)

1 であったが, と同伴, なの, に属する, の機関, の間, も却って

▼ 文化的施設~ (7, 0.1%)

1 だ, の余裕, の方面, の集中地域, をやろう, を市井, を進め

▼ 文化的能力~ (7, 0.1%)

2 とを完全 1 といふもの, の低い, の発露, を極度, を欠いだ

▼ 文化的貧困~ (7, 0.1%)

1 として厳正, とその, の中, の底, を招く, を自覚, を表明

▼ 文化精神~ (7, 0.1%)

1 が反対, が苦難, として發達, をそれら, を実際, を指す, 諸科学

▼ 文化設備~ (7, 0.1%)

1 が一時, が専ら, が少数, と自然, の必要, をもった, を設計

▼ 文化遺産~ (7, 0.1%)

1 として後世, の継承, の重み, の集結, も常に, を万人, を硫酸

▼ 文化関係~ (7, 0.1%)

1 でラジオ, の人, の人々, の全, の各, の職域, もその他

▼ 文化だけが~ (6, 0.0%)

1 あったの, 他に, 唯一の, 大事な, 後へ, 独立し

▼ 文化でなけれ~ (6, 0.0%)

2 ばならず, ばならぬ 1 ばほんと, ば本物

▼ 文化~ (6, 0.0%)

3 のである 1 のか, のだ, のであ

▼ 文化交換~ (6, 0.0%)

1 というよう, として生花, にもなり, の中繼, をしない, をやる

▼ 文化以前~ (6, 0.0%)

1 のところ, の形態, の方法, の木板絵, の欠点, の程度

▼ 文化価値実現~ (6, 0.0%)

3 の過程 1 のため, の理想, の生活

▼ 文化創造~ (6, 0.0%)

1 の可能, の本能, の運動, はそれ自体, をやっ, を宰領

▼ 文化動員~ (6, 0.0%)

1 が行なわれ始めた, と従って, と連関, のため, を主, 又言論動員

▼ 文化~ (6, 0.0%)

3 領域の 1 専門部門が, 専門部門の, 専門領域の

▼ 文化~ (6, 0.0%)

1 との關係, の佛教, の存在, の強大, の支配的, を形造つて

▼ 文化委員~ (6, 0.0%)

1 です, とする, のひと, の婦人労働者, は工場学校, をつとめ

▼ 文化宣揚~ (6, 0.0%)

1 が目的, にも文化交換, のため, はどう, をやろう, を口癖

▼ 文化~ (6, 0.0%)

2 という名 1 に編入, の仕事, の使命, を当方

▼ 文化文学運動~ (6, 0.0%)

1 に対する感想集等, の, の圧殺, の指導上, は日本プロレタリア芸術団体協議会, をより

▼ 文化新しい~ (6, 0.0%)

4 知識を 1 思想を, 知識に

▼ 文化潮流~ (6, 0.0%)

2 の代表者 1 があり, の特異性, も非常, を代表

▼ 文化的スローガン~ (6, 0.0%)

1 としてのヒューマニズム, として新しい, とするなら, となる, を有った, 乃至文化理想

▼ 文化的意識~ (6, 0.0%)

1 なるもの, に對, に於ける, は未だ, をつき合わせ, を裏づける

▼ 文化的感覚~ (6, 0.0%)

1 がどうか, が考へられなけれ, が職業そのもの, だと, とを時局, の発揮

▼ 文化的要求~ (6, 0.0%)

1 と目的, に応じ, の反映, の解説者, をとりあげ, を持っ

▼ 文化組織~ (6, 0.0%)

1 に向っ, に於, に陥っ, の中, の設立, を撃破

▼ 文化こそ~ (5, 0.0%)

1 この精神文化, 人類の, 優れて, 少なけれ縁起, 進んで

▼ 文化その~ (5, 0.0%)

1 思想が, 意味での, 折々の, 根本と, 物の

▼ 文化とに~ (5, 0.0%)

1 ぞくして, ほんとうの, 対照し, 従ったマルキシズム, 於ける所謂シンセリティー

▼ 文化については~ (5, 0.0%)

1 あらゆる角度, いつも新村出, そういう研究, 中日両国とも, 没分暁漢は

▼ 文化についても~ (5, 0.0%)

1 また同様, 亦そうだ, 厳密に, 支那のについても, 時代の

▼ 文化にとっては~ (5, 0.0%)

1 不可欠の, 実を, 教学こそが, 未来に, 言葉が

▼ 文化より~ (5, 0.0%)

2 して 1 明治に, 更に宗教, 集団文化に

▼ 文化ファシズム~ (5, 0.0%)

1 が盛ん, としての文化統制運動, の支柱, の武器, の特徴

▼ 文化~ (5, 0.0%)

1 に生れ, の分限帳, の欧洲人, の美人画, の至宝

▼ 文化~ (5, 0.0%)

1 で劇, とかのあんた委員長, とか何, の用件, の相談

▼ 文化宣伝~ (5, 0.0%)

1 にこれ, にモスクワ, の具, の問題, の結果

▼ 文化常識~ (5, 0.0%)

1 からの反発, では科学, と特に, に副, を援用

▼ 文化平衡論~ (5, 0.0%)

1 が出た, が現れた, のあらまし, も知識人, を小説

▼ 文化批評~ (5, 0.0%)

1 という言葉, として面白い, のよう, の哲学, を活溌

▼ 文化擁護作家大会~ (5, 0.0%)

1 からとにかく, で進歩的, にはソヴェート作家, の刺激, も亦

▼ 文化教養~ (5, 0.0%)

2 の高低 1 には論理性, の空白, をもっ

▼ 文化段階~ (5, 0.0%)

1 にも存在, に於, の国, の相違, は広い

▼ 文化法案~ (5, 0.0%)

2 は砂 1 がこの, の一つ, はそれ

▼ 文化活動者~ (5, 0.0%)

1 としての活動, としての発育, として私, の主, の具体的

▼ 文化状態~ (5, 0.0%)

2 或る 1 へ, を考える, を類型

▼ 文化的勇気~ (5, 0.0%)

1 というもの, とでもいうべき, とでも云うべき, のよう, や自信

▼ 文化的存在~ (5, 0.0%)

1 たること, にまで達したる, の可能不可能, の自信, へ昇りうる

▼ 文化的性格~ (5, 0.0%)

1 から部落中心, と共に専政的, は第, をくずす, 無教養

▼ 文化的指導者~ (5, 0.0%)

1 がその, であったの, のいない, の認識, は祖国

▼ 文化的発展~ (5, 0.0%)

1 が実体的自由, の諸, はこの, をなし得なかった, を促す

▼ 文化的自由主義者~ (5, 0.0%)

2 としてのジード 1 という風, の動き, の誠実

▼ 文化自体~ (5, 0.0%)

1 についての精神, の概念, の災害, は数百人, をこ

▼ 文化要素~ (5, 0.0%)

1 とが到る, との交錯, と資本主義後的, の強調, を利用

▼ 文化部長~ (5, 0.0%)

2 の原君 1 から通俗小説, となった, の注意

▼ 文化~ (5, 0.0%)

1 からあつ, でありましたか, には二人, に出た, の浮絵名所絵

▼ 文化それ自身~ (4, 0.0%)

1 に於, の行き, の革命, は犠牲

▼ 文化としては~ (4, 0.0%)

1 別に印度の, 批判し得ない, 文化の, 最高の

▼ 文化とともに~ (4, 0.0%)

2 我国に 1 命を, 益々いい

▼ 文化なら~ (4, 0.0%)

1 ばさっき, ば今日, ブルジョア文化という, 文化について

▼ 文化においても~ (4, 0.0%)

1 ずっとすぐれ, 一般民に, 主體, 創造的能力より

▼ 文化についての~ (4, 0.0%)

1 一問題が, 伝統主義が, 見解までには, 述作の

▼ 文化へと~ (4, 0.0%)

1 前進しなけれ, 復興する, 移せば, 進んで

▼ 文化よりも~ (4, 0.0%)

1 そうした黴, ヨオロッパや, 科学的に, 非常に

▼ 文化初年~ (4, 0.0%)

1 の作, の友, の江戸, の述作

▼ 文化十三年丙子~ (4, 0.0%)

1 に七十, に至つて, の作, の秋

▼ 文化史的理解~ (4, 0.0%)

1 が何, に奉仕, のごとき, のため

▼ 文化同盟~ (4, 0.0%)

1 という形, と暴行学生, の事務所, の連中

▼ 文化国家建設~ (4, 0.0%)

1 に一身, のイトグチ, の仕事, への進路

▼ 文化宗教~ (4, 0.0%)

2 などを探らせ 1 であろうが, に限る

▼ 文化~ (4, 0.0%)

1 の人々, の分解過程, の社会学的考察, の言葉

▼ 文化年代~ (4, 0.0%)

1 に夙く其跡, に鶴谷南北, のこと, の浮世絵

▼ 文化年表~ (4, 0.0%)

2 をつけます 1 とでも称する, も作成

▼ 文化思想~ (4, 0.0%)

2 の中枢 1 の獨立, を粉微塵

▼ 文化技術~ (4, 0.0%)

1 である, と文化イデー, の素養的習得, の至る

▼ 文化振興~ (4, 0.0%)

1 についてその, のため, の意義, の際

▼ 文化擁護国際作家大会~ (4, 0.0%)

1 がひらかれた, がもたれた, の議事録, は一九三七年十月

▼ 文化文政ごろ~ (4, 0.0%)

1 からの生き残り爺さん, には蜘蛛, のよう, の酒

▼ 文化文政頃~ (4, 0.0%)

1 の備後人, の廃頽期, の酒徒, までは溯ろう

▼ 文化文芸~ (4, 0.0%)

1 における人間復興, に関する賞, の最高賞, の業績

▼ 文化時代~ (4, 0.0%)

1 から人類, の初期, の繊巧, へ来

▼ 文化活動家~ (4, 0.0%)

1 とサークル員, と名づけられる, の協力, はいわば

▼ 文化生産~ (4, 0.0%)

1 のため, の労作, の各, をこめ

▼ 文化産物~ (4, 0.0%)

1 がそれ, に現われ, も偶然, を作らなかった

▼ 文化的内容~ (4, 0.0%)

1 から云っ, と社会, をなす, を盛った

▼ 文化的形而上学~ (4, 0.0%)

1 が実証的, である, と云うべき, も亦

▼ 文化的条件~ (4, 0.0%)

1 の中, は徳川期封建制, をなす, を想い

▼ 文化的歴史的時間~ (4, 0.0%)

1 が支配, においては過去, の構造, は或

▼ 文化的特色~ (4, 0.0%)

1 から引き出された, とのからみ合い, の方, はその

▼ 文化的相貌~ (4, 0.0%)

1 の内, の複雑さ, も当時, を有

▼ 文化的精神~ (4, 0.0%)

1 がハッキリ, でもあるまい, もない, を織りこん

▼ 文化的表現~ (4, 0.0%)

1 であり又は, として夙に, の理解, を商品

▼ 文化的遺産~ (4, 0.0%)

1 が非常時以外, として軽く, として香り, 乃至旧

▼ 文化紀元~ (4, 0.0%)

1 に先だつ, の作, の在府中, よりは古

▼ 文化紹介~ (4, 0.0%)

1 としてあげ, の冊子, の有意義, を欲する

▼ 文化統制現象~ (4, 0.0%)

1 だろう, だ例えば, であるにも, の分析

▼ 文化職域~ (4, 0.0%)

1 といふもの, とは云, のもの, の整備

▼ 文化融合~ (4, 0.0%)

1 の希望, の時代, の産物, の鎔炉

▼ 文化観念~ (4, 0.0%)

1 に特有, の特色, はナチ的, は文化

▼ 文化~ (4, 0.0%)

1 からのみ太子, が出, が提唱, にしろ

▼ 文化連絡~ (4, 0.0%)

1 ってあんな, のため, の代表, をしない

▼ 文化部員~ (4, 0.0%)

1 がその, となる, に訊くだろう, や工場新聞発行者たち

▼ 文化部面~ (4, 0.0%)

1 においては職域, における職域, に於, の職域

▼ 文化~ (4, 0.0%)

1 と云った, の指示, の計画, は文化

▼ 文化しか~ (3, 0.0%)

1 もたない軍事的, 持ち合せ, 若いもの

▼ 文化だの~ (3, 0.0%)

1 北へ, 改良だ, 異国的な

▼ 文化であった~ (3, 0.0%)

1 かということ, が第, には相違

▼ 文化であろう~ (3, 0.0%)

1 か, がこれ, と思っ

▼ 文化などの~ (3, 0.0%)

1 政治上に, 新時代, 自殺的服毒や

▼ 文化なんて~ (3, 0.0%)

1 ことは, ものは, 美術工芸を

▼ 文化においては~ (3, 0.0%)

1 それ自身の, 平家文化は, 我と他

▼ 文化にまで~ (3, 0.0%)

1 推し進めた動力, 茂つたもの, 適用が

▼ 文化のみ~ (3, 0.0%)

1 でなく戸口, ならず, ならず真

▼ 文化らしい~ (3, 0.0%)

1 ものさえ, ものの, ものを

▼ 文化を以て~ (3, 0.0%)

1 それ自身の, 世界に, 文化的な

▼ 文化カブレ~ (3, 0.0%)

1 のした, のなまけ者, の小

▼ 文化ジャンル~ (3, 0.0%)

1 から他, へ何等, を一貫

▼ 文化丙子~ (3, 0.0%)

1 に京水, に八十一歳, の

▼ 文化中央聯盟~ (3, 0.0%)

2 の嘱 1 の囑

▼ 文化九年生~ (3, 0.0%)

1 であるから, で二十九歳, で五百

▼ 文化事業団体~ (3, 0.0%)

1 にすぎない, のほとんど, の協力

▼ 文化人的~ (3, 0.0%)

1 なつつまし, なにおい, な繊細さ

▼ 文化住宅地~ (3, 0.0%)

1 がそう, だった, になっ

▼ 文化作品~ (3, 0.0%)

1 の特殊性, の間, を以て自分

▼ 文化使節~ (3, 0.0%)

1 としての使命, なので, を駐

▼ 文化侵略~ (3, 0.0%)

1 だなど, とか何とか, に対する広汎

▼ 文化八年二月~ (3, 0.0%)

1 である, に林崎, の

▼ 文化再建~ (3, 0.0%)

2 のため 1 を考える

▼ 文化十四年丁丑~ (3, 0.0%)

1 で神辺, に始まり, より四十年前

▼ 文化即ち~ (3, 0.0%)

1 今日の, 印度や, 貴族武士の

▼ 文化呼ばわり~ (3, 0.0%)

1 に最も, は端的, を好む

▼ 文化哲学者~ (3, 0.0%)

1 が現われ, とも云うべきだろう, の道徳主義的自由主義

▼ 文化啓蒙~ (3, 0.0%)

1 のため, のパンフレット, の役割

▼ 文化国日本~ (3, 0.0%)

1 にどうして, の矜持, を再建

▼ 文化国民~ (3, 0.0%)

1 のそれ, の文化, の間

▼ 文化~ (3, 0.0%)

1 として残る, を復活, を意味

▼ 文化学問~ (3, 0.0%)

1 の美名, への抑圧, への要求

▼ 文化専門家~ (3, 0.0%)

1 が注文, に向かっ, は残念

▼ 文化弾圧~ (3, 0.0%)

1 が必要, と文化統制, は一応

▼ 文化形式~ (3, 0.0%)

1 との関係, の変遷, を力強く

▼ 文化政策上~ (3, 0.0%)

1 のモットー, の強硬外交, の線

▼ 文化教育~ (3, 0.0%)

1 の上, は架空, をうけたらしい

▼ 文化文政以後~ (3, 0.0%)

1 からその, の好み, の頽廃

▼ 文化文政度~ (3, 0.0%)

1 から天保, の小説, の江戸時代

▼ 文化文政時代~ (3, 0.0%)

1 から天保初年, の江戸町方, は暗黒

▼ 文化日本人~ (3, 0.0%)

2 の思想 1 と支那人

▼ 文化時局的~ (3, 0.0%)

1 な意義, な用途, に限定

▼ 文化暴圧~ (3, 0.0%)

1 にたいして発言, にたいする, に対抗

▼ 文化~ (3, 0.0%)

1 にさう, の一ころ, の生産的文学

▼ 文化条件~ (3, 0.0%)

1 の一つ, の下, を集大成

▼ 文化様相~ (3, 0.0%)

1 の転換, を保ち, を備

▼ 文化欲求~ (3, 0.0%)

1 さえ特に, の基礎, をみたす

▼ 文化産業~ (3, 0.0%)

1 の啓發, の社会面, ひいては軍需

▼ 文化界自身~ (3, 0.0%)

1 から内部的, による文化的統制そのもの, の独特

▼ 文化発祥~ (3, 0.0%)

2 の地 1 というもの

▼ 文化發展~ (3, 0.0%)

1 に貢獻致, の方向, の記念碑

▼ 文化的インテリゲンチャ~ (3, 0.0%)

1 に特有, のインテリジェンス, は大衆

▼ 文化的俗物~ (3, 0.0%)

1 とかいうもの, に口実, の常套手段

▼ 文化的動作~ (3, 0.0%)

1 として成立つ, の一般的性格, 即ち活動

▼ 文化的向上~ (3, 0.0%)

1 とでもいう, とに生きる, の槓杆

▼ 文化的地盤~ (3, 0.0%)

1 が現実生活, はたしかに, へ落ち

▼ 文化的実力~ (3, 0.0%)

1 にふさわしい, は有しない, を過

▼ 文化的対立~ (3, 0.0%)

1 が色々, を対外的, を産む

▼ 文化的方面~ (3, 0.0%)

1 での女性, に於ける, のこと

▼ 文化的権威~ (3, 0.0%)

1 と生活上, に他, の代り

▼ 文化的欲求~ (3, 0.0%)

1 が根, や近世的動き, を充

▼ 文化的現象~ (3, 0.0%)

1 がさう, が何れ, を是正

▼ 文化的目的~ (3, 0.0%)

1 と芸術的目的, を持ち前, を標榜

▼ 文化的知性~ (3, 0.0%)

1 の芽ばえ, を破, を破壊

▼ 文化的知識~ (3, 0.0%)

1 と同時に, の科学的簡単化, よりも文化的感覚

▼ 文化的統制~ (3, 0.0%)

1 の即ち, の所産, は文化問題

▼ 文化的統制力~ (3, 0.0%)

1 にまで自然, や社会道徳的統制力, を受けた

▼ 文化的自発性~ (3, 0.0%)

2 を助け 1 に熱心

▼ 文化的虚栄心~ (3, 0.0%)

1 で七むづかしい気分, にある, を以て逆

▼ 文化的行動~ (3, 0.0%)

1 が起され, に於ける, の中

▼ 文化的道徳的~ (3, 0.0%)

1 な形態, な課題, には反動的

▼ 文化研究~ (3, 0.0%)

1 にいそしん, のため, の機関

▼ 文化破壊~ (3, 0.0%)

1 せられて, と旧, をやっ

▼ 文化~ (3, 0.0%)

1 があっ, というところ, という歴

▼ 文化~ (3, 0.0%)

1 と呼ぶ, や華奢, を据えた

▼ 文化系統~ (3, 0.0%)

1 から拾われ, に所属, はなくなる

▼ 文化統制力~ (3, 0.0%)

1 がやがて, にまで変化, を発揮

▼ 文化統制運動~ (3, 0.0%)

1 となっ, に対して殆, の下級幹部

▼ 文化~ (3, 0.0%)

1 などにどれほど, の観点, を演繹

▼ 文化講演会~ (3, 0.0%)

1 があっ, だの座談会, の類

▼ 文化~ (3, 0.0%)

1 などという場合, にまわされ, は三三一億ルーブル

▼ 文化趣味~ (3, 0.0%)

1 からバラック趣味, に従属, の傾倒者

▼ 文化運搬性~ (3, 0.0%)

1 ということ, に帰, をもう少し

▼ 文化革命~ (3, 0.0%)

1 と社会主義建設, の問題, の基本的任務

▼ 文化類型~ (3, 0.0%)

1 がすでに, にふさわしい, を通じてこの

▼ 文化~ (2, 0.0%)

1 この意味, 精神か

▼ 文化からも~ (2, 0.0%)

1 全くかけ離れた, 大いに学ぶべき

▼ 文化がは~ (2, 0.0%)

1 いつて, ひつて

▼ 文化こそは~ (2, 0.0%)

1 この誤り, 憐れである

▼ 文化した~ (2, 0.0%)

1 のだ, 文章を

▼ 文化すなわち~ (2, 0.0%)

1 人間の, 浦添文化とでも

▼ 文化それ自ら~ (2, 0.0%)

2 の敗北

▼ 文化たる~ (2, 0.0%)

1 ことが, 所以が

▼ 文化だけを~ (2, 0.0%)

1 これから作り上げるべきだ, 論じようと

▼ 文化だって~ (2, 0.0%)

1 ここにさえ, みんなが

▼ 文化であっ~ (2, 0.0%)

1 て他, て同じ

▼ 文化とかいう~ (2, 0.0%)

1 普通の, 語を

▼ 文化とかという~ (2, 0.0%)

1 ごとき抽象的, 擬似商標を

▼ 文化とでも~ (2, 0.0%)

1 言うべきもの, 訳すかな

▼ 文化と共に~ (2, 0.0%)

1 せねば, 長安に

▼ 文化など~ (2, 0.0%)

1 いう言葉, 腐え

▼ 文化などという~ (2, 0.0%)

1 ものも, 甘ったるいもの

▼ 文化などといふ~ (2, 0.0%)

1 奇怪な, 遠大な

▼ 文化などは~ (2, 0.0%)

1 何の, 実はどう

▼ 文化などを~ (2, 0.0%)

1 生む余裕, 真面目に

▼ 文化なんか~ (2, 0.0%)

1 あっちゃ, 必要なかっ

▼ 文化にたいして~ (2, 0.0%)

1 排他的で, 決定的闘争を

▼ 文化にとっての~ (2, 0.0%)

1 不自由の, 必要性を

▼ 文化による~ (2, 0.0%)

1 のである, 旧文化

▼ 文化に対しては~ (2, 0.0%)

1 勿論明治, 極めて無知

▼ 文化に対しても~ (2, 0.0%)

1 必ず解決, 私たちは

▼ 文化のみが~ (2, 0.0%)

1 如何になお, 発育の

▼ 文化または~ (2, 0.0%)

1 大正昭和の, 西洋思想と

▼ 文化まで~ (2, 0.0%)

1 ずらりと長安, 排斥し

▼ 文化を通じて~ (2, 0.0%)

1 あのよう, 結合される

▼ 文化~ (2, 0.0%)

1 普及ニ役立ツコトハ非常ナモノデアロウ, 発展ニ貢献セントスル文明国家

▼ 文化一般根~ (2, 0.0%)

2 はそれだけ

▼ 文化~ (2, 0.0%)

1 に仏蘭西, に思想

▼ 文化中心~ (2, 0.0%)

1 と接觸, を求める

▼ 文化乙丑~ (2, 0.0%)

1 に生れ, に長女天津

▼ 文化九年三月~ (2, 0.0%)

1 から明治四年四月, である

▼ 文化事業部~ (2, 0.0%)

1 へ反響, や国際文化振興会

▼ 文化二年十一月八日~ (2, 0.0%)

1 に生れた, に神田弁慶橋

▼ 文化五年七月~ (2, 0.0%)

2 まで三十一年間黒田家

▼ 文化五年辰年~ (2, 0.0%)

1 だろう, らしく思われた

▼ 文化人ウヌボレ屋~ (2, 0.0%)

2 のヒマ人

▼ 文化人文学者~ (2, 0.0%)

1 が民主主義, に新しい

▼ 文化人運動団体~ (2, 0.0%)

2 となる

▼ 文化人達~ (2, 0.0%)

1 による, は相

▼ 文化人類学~ (2, 0.0%)

1 に分ける, の方

▼ 文化代表~ (2, 0.0%)

1 であるらしいけれども, を招待

▼ 文化以外~ (2, 0.0%)

1 のもの, の観点

▼ 文化以後~ (2, 0.0%)

1 に及び, の書留

▼ 文化以後染井巣鴨~ (2, 0.0%)

2 に移り

▼ 文化伝播~ (2, 0.0%)

1 には条件, の証拠

▼ 文化住宅ふう~ (2, 0.0%)

2 のしゃれた

▼ 文化住宅地緑ヶ丘~ (2, 0.0%)

2 の突端

▼ 文化体系~ (2, 0.0%)

1 に服属, は今日何処

▼ 文化全面~ (2, 0.0%)

1 に激しい, への拡大

▼ 文化八年七月偶~ (2, 0.0%)

2 おも

▼ 文化八年生~ (2, 0.0%)

2 で榛軒

▼ 文化内部~ (2, 0.0%)

1 に於ける, に終始

▼ 文化分野~ (2, 0.0%)

1 でもこれ, を支配

▼ 文化動向~ (2, 0.0%)

1 とは彼, は今

▼ 文化勲章制定~ (2, 0.0%)

1 と帝国芸術院, や芸術院設立

▼ 文化勲章受領者~ (2, 0.0%)

1 で云わ, の九氏

▼ 文化~ (2, 0.0%)

1 された家庭, された被服

▼ 文化十一年五月~ (2, 0.0%)

1 に森田座, に菅茶山

▼ 文化十一年生~ (2, 0.0%)

1 で殺された時, で貞

▼ 文化十三年丙子九月六日~ (2, 0.0%)

1 と有, に歿

▼ 文化十二年乙亥~ (2, 0.0%)

1 に始まる, に王位

▼ 文化十四年八月七日~ (2, 0.0%)

1 に菅茶山, の書

▼ 文化十年以後~ (2, 0.0%)

1 の景樹, をずつと調べ候

▼ 文化十年十一月十二日~ (2, 0.0%)

2 に歿

▼ 文化協會~ (2, 0.0%)

1 のはう, の微力

▼ 文化又は~ (2, 0.0%)

1 文化人に, 文明の

▼ 文化史家~ (2, 0.0%)

1 がもし, としての和辻氏

▼ 文化史的価値~ (2, 0.0%)

1 がそえられる, を我々

▼ 文化史的研究~ (2, 0.0%)

1 のやう, 或は學説上

▼ 文化史的背景~ (2, 0.0%)

1 の前, を實感

▼ 文化向上会~ (2, 0.0%)

1 で鯉丈, と親身

▼ 文化哲学的~ (2, 0.0%)

1 な文化水準, な歴史概念

▼ 文化啓蒙運動~ (2, 0.0%)

1 が役に立っ, の正常

▼ 文化団体関係~ (2, 0.0%)

1 では有名, の

▼ 文化國家~ (2, 0.0%)

1 としての出發, をもつ

▼ 文化國民~ (2, 0.0%)

1 が有, と云

▼ 文化地帯~ (2, 0.0%)

1 がその, にもたらされた

▼ 文化地理学~ (2, 0.0%)

1 にも気象学, の方

▼ 文化壮大~ (2, 0.0%)

2 な文化

▼ 文化大展覽會~ (2, 0.0%)

1 に陳列, は誠に

▼ 文化天保~ (2, 0.0%)

2 のころ

▼ 文化女史~ (2, 0.0%)

1 がその, にとってどんなに

▼ 文化委員会芸術部~ (2, 0.0%)

1 が巨額, との協力

▼ 文化媒介~ (2, 0.0%)

1 の機能, の認識論的組織

▼ 文化宣伝列車~ (2, 0.0%)

1 である, にのりこん

▼ 文化専門~ (2, 0.0%)

1 のこと, の人

▼ 文化尺度~ (2, 0.0%)

1 とし, を産み出した

▼ 文化~ (2, 0.0%)

1 で過ごした, を観

▼ 文化己巳~ (2, 0.0%)

1 は六年, は蘭軒

▼ 文化年中~ (2, 0.0%)

1 のこと, の事実談

▼ 文化形態相互~ (2, 0.0%)

2 の間

▼ 文化形態論~ (2, 0.0%)

1 としてのイデオロギー論, までは行かない

▼ 文化復興~ (2, 0.0%)

1 とか何, には相当

▼ 文化~ (2, 0.0%)

1 ひは, る点

▼ 文化所産~ (2, 0.0%)

2 の創造

▼ 文化技能~ (2, 0.0%)

1 が意味, の高低

▼ 文化抑制~ (2, 0.0%)

1 に平行, を強行

▼ 文化抑圧~ (2, 0.0%)

1 と如何, の時期

▼ 文化指導~ (2, 0.0%)

1 にあたり産業, の任務

▼ 文化指導的~ (2, 0.0%)

1 なもの, な訓練

▼ 文化指導者~ (2, 0.0%)

1 の名, の義務

▼ 文化摂取~ (2, 0.0%)

1 の道, の際

▼ 文化擁護国際作家会議~ (2, 0.0%)

1 が去る, は各国文化

▼ 文化支配~ (2, 0.0%)

1 だろう, の下

▼ 文化教育部~ (2, 0.0%)

1 とプロレタリア作家団体, と連絡

▼ 文化文化~ (2, 0.0%)

1 とあこがれ, といっ

▼ 文化文学婦人作家~ (2, 0.0%)

1 という分け, と横

▼ 文化文物~ (2, 0.0%)

1 における, は針一本

▼ 文化施設課~ (2, 0.0%)

1 といふ一課, の所管範囲

▼ 文化映画社~ (2, 0.0%)

2 に入社

▼ 文化~ (2, 0.0%)

1 の方たち, の歡迎晩

▼ 文化~ (2, 0.0%)

1 である用紙割当, の合理的割当

▼ 文化東洋~ (2, 0.0%)

1 の思想, は精神文化

▼ 文化機能~ (2, 0.0%)

1 といふもの, の或

▼ 文化殊に~ (2, 0.0%)

1 最近に, 音楽の

▼ 文化水準向上~ (2, 0.0%)

1 につれてドンドン, のため

▼ 文化法則~ (2, 0.0%)

1 というもの, はそれ

▼ 文化焜炉~ (2, 0.0%)

1 であるとか, とかいふ場合

▼ 文化焼芋~ (2, 0.0%)

1 というの, の看板

▼ 文化~ (2, 0.0%)

1 をば社会, を選鉱

▼ 文化特に~ (2, 0.0%)

1 天文学, 日本人の

▼ 文化現代思想~ (2, 0.0%)

1 が益々, を超克

▼ 文化理想~ (2, 0.0%)

1 であった, としてヒューマニズム

▼ 文化理論家~ (2, 0.0%)

1 の内, の専有物

▼ 文化~ (2, 0.0%)

2 の赤い

▼ 文化生活線上~ (2, 0.0%)

2 に於ける

▼ 文化發達~ (2, 0.0%)

1 により, の迹

▼ 文化的バーバリズム~ (2, 0.0%)

1 が横行, への準備

▼ 文化的ランプ~ (2, 0.0%)

1 には少なくも, をハンダ付け

▼ 文化的リベラーレン~ (2, 0.0%)

1 は主張, は又

▼ 文化的下地~ (2, 0.0%)

1 は実に, を最もよく

▼ 文化的事業~ (2, 0.0%)

1 の中, の第

▼ 文化的人間~ (2, 0.0%)

1 などというその, を約束

▼ 文化的人間的生~ (2, 0.0%)

1 の續, は建設

▼ 文化的低落~ (2, 0.0%)

1 とその, を語る

▼ 文化的儀礼~ (2, 0.0%)

1 として聞きおく, と趣味

▼ 文化的優越~ (2, 0.0%)

1 をゴーリキイ, を示そう

▼ 文化的創造力~ (2, 0.0%)

1 は高めよう, を溌溂

▼ 文化的労作者~ (2, 0.0%)

1 としての一席, の間

▼ 文化的危機~ (2, 0.0%)

1 はそれ, を必ずしも

▼ 文化的国民~ (2, 0.0%)

1 の同胞愛, の宇宙創造

▼ 文化的基準~ (2, 0.0%)

1 と新しく, を与える

▼ 文化的基礎~ (2, 0.0%)

1 の二元的考察, を築き

▼ 文化的対象~ (2, 0.0%)

1 の統一的, を媒介

▼ 文化的弱点~ (2, 0.0%)

1 がありあり, がある

▼ 文化的思想~ (2, 0.0%)

1 とが併び存, と直接

▼ 文化的思想的~ (2, 0.0%)

1 に自, の自

▼ 文化的意図~ (2, 0.0%)

1 のよう, を節約

▼ 文化的感性~ (2, 0.0%)

1 の伝統, の持続

▼ 文化的技能~ (2, 0.0%)

1 の技術的, の獲得如何

▼ 文化的技術~ (2, 0.0%)

1 がない, は有っ

▼ 文化的提携交流~ (2, 0.0%)

1 が如何, は両国

▼ 文化的支配~ (2, 0.0%)

1 のため, の要求

▼ 文化的日本~ (2, 0.0%)

1 の中, の銀座

▼ 文化的時局性~ (2, 0.0%)

1 に於, を帯び

▼ 文化的機能~ (2, 0.0%)

1 が啓蒙, と呼ぶなら

▼ 文化的武器~ (2, 0.0%)

1 であるプロレタリア出版物, となる

▼ 文化的歸郷~ (2, 0.0%)

1 に就, は新

▼ 文化的段階~ (2, 0.0%)

1 に強, まで昇れ

▼ 文化的特質~ (2, 0.0%)

1 の鳥瞰図, を身

▼ 文化的現実~ (2, 0.0%)

1 であること, に即し

▼ 文化的理想~ (2, 0.0%)

1 となり, の名

▼ 文化的発言~ (2, 0.0%)

1 に対する自由, の一つ

▼ 文化的発達~ (2, 0.0%)

1 の可能, を遂げるべき

▼ 文化的目標~ (2, 0.0%)

1 とし, の一つ

▼ 文化的職能~ (2, 0.0%)

1 の専門家, 乃至は

▼ 文化的自覚~ (2, 0.0%)

1 が真理, の洗礼

▼ 文化的運動~ (2, 0.0%)

1 だと, であるという

▼ 文化的過程~ (2, 0.0%)

1 である, は倫理的

▼ 文化的重力~ (2, 0.0%)

2 の場

▼ 文化的関心~ (2, 0.0%)

1 の圏内, も亦

▼ 文化的雰囲気~ (2, 0.0%)

1 などというもの, をつくり出す

▼ 文化的領域~ (2, 0.0%)

2 に於ける

▼ 文化的鬪爭~ (2, 0.0%)

2 を目標

▼ 文化的魅力~ (2, 0.0%)

1 だったの, であ

▼ 文化~ (2, 0.0%)

1 が児童, に適切

▼ 文化研究者~ (2, 0.0%)

1 であるから, の書庫

▼ 文化確立~ (2, 0.0%)

1 のため, の道

▼ 文化社会学的~ (2, 0.0%)

1 だと, な特色

▼ 文化種族~ (2, 0.0%)

1 がその, が移住

▼ 文化~ (2, 0.0%)

1 がよく, についてはそれら

▼ 文化統制方針~ (2, 0.0%)

1 が控え, の最近

▼ 文化総合~ (2, 0.0%)

1 のない, の目的

▼ 文化若く~ (2, 0.0%)

1 は他, は機械文明

▼ 文化行政~ (2, 0.0%)

1 というもの, に従事

▼ 文化~ (2, 0.0%)

1 を暗示, を真っすぐ

▼ 文化表現~ (2, 0.0%)

1 としての芸術的訓練, の解釈理論

▼ 文化西洋文化~ (2, 0.0%)

1 に圧倒, の入らない

▼ 文化~ (2, 0.0%)

1 の文字的表現, を流暢

▼ 文化論者~ (2, 0.0%)

1 の反省, の類い

▼ 文化資質~ (2, 0.0%)

1 のより, の典型

▼ 文化躍進~ (2, 0.0%)

1 の特徴, の足どり

▼ 文化輸入~ (2, 0.0%)

1 として賞賛, の時代

▼ 文化運動上~ (2, 0.0%)

1 からも把握, の意義

▼ 文化運動全般~ (2, 0.0%)

1 から観察, に益々

▼ 文化開発~ (2, 0.0%)

1 のため, の映画

▼1* [1166件]

文化あたりに江戸, 文化あなどるべからずナンマンダナンマンダなどと, 文化ある國民は, 文化いと華やかに, 文化からの逃れ路を, 文化がとに角日本古来の, 文化くんしょうを, 文化この二つが, 文化これと西洋, 文化これ等が発達, 文化ごろの建築, 文化ごろ煎茶の流行, 文化さえも調査ずみであり, 文化さては文章表現法の, 文化したるもので, 文化じゃない, 文化すべての問題, 文化すべてここ十年を境, 文化すら大半を, 文化そこの旧い, 文化そして最後に, 文化その他を摂取, 文化その他其相応の古典, 文化それをこそ正しい, 文化それぞれ同じフランス一国内, 文化たかく産業は, 文化たとへば藤原文化といふ, 文化だけだ, 文化だけの問題では, 文化だったのである, 文化って一方で, 文化つまり一切の, 文化でありますから先づギリシヤ人, 文化でさえがそうな, 文化でないという反証, 文化でなかった筈で, 文化でなく認識でも, 文化での女の, 文化とかいふ問題が, 文化とかになって, 文化とかはいいがたい, 文化とから離れて, 文化とだけを中心に, 文化とで初めて対立, 文化とではなかった, 文化とにはそれぞれ傳統的の, 文化とに対する徹底的な, 文化とに関して許す可, 文化とまでいわれて, 文化ともよべるかたち, 文化どころの騒ぎ, 文化なお低く社会組織, 文化なかんずく娯楽的性格を, 文化なく人倫なく, 文化なしいはんや, 文化なぞ御免だ, 文化なぞは問題と, 文化などがなんだい, 文化などと名づけて, 文化などといったことは, 文化などに恋々として, 文化などもその視点, 文化ならぬ他の, 文化なり生活のうへに, 文化なりに本づいた, 文化なりには文化の, 文化なりを構成する, 文化にさえ疑いを, 文化にたいするものめずらしさ, 文化にだけ特に深い, 文化についてと全く同じ, 文化にのみ親縁, 文化によつて日本文化が, 文化に対しこうした社会的信用, 文化に関して他に, 文化のねうちとか, 文化のみの特性では, 文化のみは蓋し之, 文化ばかりは政治経済の, 文化までを考えて, 文化まめとなっ, 文化もう一つは, 文化もしくは局限した, 文化やの状態特に, 文化よりさえ高いもの, 文化よりは文化の, 文化をさえ生むところ, 文化アパアトメントに廻った, 文化イデオロギーの一つ, 文化クラブに知人, 文化コンロを並べた, 文化シナ思想との交渉, 文化スローガンも実は, 文化センターをこしらえる, 文化センターみたいな役割, 文化タワシ文化丼文化饅頭文化煎餅文化まめとなっ, 文化ニュース劇場へ入り, 文化ニ於テ日本人ト略等シキ程度ニアル者ニ對シテハ取得ト同時ニ此ノ改造組織, 文化ノウエニズイブン大キナ徳ガアル, 文化ハウスだったので, 文化ハ泰西文明ノ吸収ト相俟チ, 文化ファッシスト諸君はあわて, 文化ファッショ化し精神主義化, 文化プロレタリア文化がなけれ, 文化ペルシヤ文化と云, 文化ボス文学ボスのまわり, 文化ポーズと見る, 文化マダムやモデルンギャール, 文化ヨオロッパ人にいわせる, 文化んめい, 文化一切の発祥地, 文化一点張りの新, 文化七年七月十六日生於甲州石和小林総右衛門家, 文化七年三十一歳にし, 文化七年三月也夫知己相待之殷, 文化七年三月六日に伊賀, 文化七年三月朔に五十六歳, 文化七年二月より文政九年三月, 文化七年八月二十八日に蘭軒, 文化七年八月十一日に卒し, 文化七年十二月二日に五十六歳, 文化七年庚午の下, 文化七年庚午三月六日に伊賀, 文化七年庚午六月十八日の朝歿, 文化七年後の勤, 文化七年生で乙丑, 文化七年男鹿地震の論文, 文化万歳と呼べ, 文化三丙寅年の正月, 文化三年七月二十六日に歿, 文化三年七月二日である, 文化三年七月五日である, 文化三年七月六日である, 文化三年七月朔である, 文化三年三月にも同, 文化三年九月二十日の鏡, 文化三年五月二十七日である, 文化三年五月二十三日である, 文化三年五月二十五日である, 文化三年五月二十八日である, 文化三年五月二十日である, 文化三年五月十九日に江戸, 文化三年六月には外史, 文化三年六月七日である, 文化三年六月三日である, 文化三年六月二十一日である, 文化三年六月二十七日である, 文化三年六月二十三日である, 文化三年六月二十五日である, 文化三年六月五日である, 文化三年六月十七日で蘭軒, 文化三年六月十二日である, 文化三年六月十八日である, 文化三年六月十日である, 文化三年十一月六日とした, 文化三年十一月晦に長崎, 文化三年十月樺太大泊に兵三十名, 文化三年正月に小普請奉行, 文化三年生で榛軒, 文化三年近藤守重著す, 文化三年頃の記録, 文化上思想上の最も, 文化上意味深い事実, 文化上政治上の交渉, 文化上社会上の情勢, 文化世間での苦労人, 文化丙寅に長崎, 文化丙寅五月十九日長崎撫院和泉守曲淵公に従, 文化丙寅六月十九日に茶山, 文化両々相比し来て, 文化中核をつかもう, 文化中毒者だと, 文化中葉の事, 文化主義そのものの必然的發露, 文化主義人間主義世俗主義は畢竟, 文化主義実現の過程, 文化主義的インテリ論である, 文化主義的ドイツ哲学による自由, 文化主義的リアリズムではそういう, 文化主義的傾向や右翼的逸脱, 文化主義的形而上学の文章, 文化主義的特色にある, 文化主義的生活を未来, 文化主義的自由主義にまで居直る, 文化主義的音楽愛好家などは時代, 文化主義者たちの努力, 文化主義者一般に極めて, 文化主義者共が言っ, 文化主義者達共の歯, 文化主義觀念主義の世界史的代表者, 文化丼文化饅頭文化煎餅文化まめとなっ, 文化が思想, 文化乙丑小春廿四日据毛本鈔矣, 文化乙亥の茶山, 文化九年七月に草, 文化九年三十三歳の春初, 文化九年中生れて, 文化九年九月に始まつ, 文化九年五月七日佐竹右京大夫様御家来小倉亘妹縁談願, 文化九年備後国深安郡八尋村に生まれた, 文化九年八月北方千島の航路, 文化九年六歳の時, 文化九年十一月には武蔵, 文化九年十二月十三日誕生文政八年三月廿八日十四歳を以て元服, 文化九年十二月十日で齢, 文化九年壬申の除夜, 文化九年奥医師に進み, 文化九年度の分, 文化九年建造のもの, 文化九年忠琢十六歳の時, 文化九年福井市内屈指の紙商, 文化九申年の三月三日, 文化事業委員會が成る, 文化事業文化運動といふもの, 文化事業調査委員會及び支那, 文化事業部嘱託の橋川氏, 文化事項を豊富, 文化二丑年五月十六日より銀四貫目, 文化二年七月の日付, 文化二年二月二十三日六十六歳を一期, 文化二年五月九日に至つて, 文化二年以来津軽家の漸く, 文化二年十月二十四日に蘭軒, 文化二年四月十日は二十年前, 文化二年江戸町年寄三人の中, 文化二年生の五十四歳, 文化二年露西亜使節の長崎, 文化五年六年間宮林藏の調査, 文化五年戊辰に, 文化五年戊辰十一月に記し, 文化五年死の前, 文化五戊辰の年三月三日, 文化五戊辰年であった, 文化五甲子夏故あり, 文化交換文化連絡をしない, 文化交通時代であるが, 文化交驩の機会, 文化京都の文化, 文化人インテリたること, 文化人グループの人たち, 文化人ファシストのもてない, 文化人作家芸能家その他をも含む, 文化人作家芸術家が共同, 文化人光秀の知性, 文化人全国書房社長田中秀吉氏は文化開拓, 文化人共が徽宗皇帝, 文化人分布のなんと, 文化人四五名お招き, 文化人学者芸術家などがその, 文化人振りの内, 文化人會といつた, 文化人材の多い, 文化人気分の多い, 文化人的ポーズに過ぎなくなる, 文化人的常識が事実動機, 文化人的貴族性によって着色, 文化人種滅亡の真, 文化人肌をもっ, 文化人芸術家としてこの, 文化人芸術家たちは文化, 文化人菊池もありのまま, 文化人複雑な心理家, 文化人諸氏に初, 文化人近衛三藐院だの烏丸光広, 文化人類学先史考古学原始考古学なぞいう, 文化以下は約, 文化以後のとはまるで, 文化以後明治以前をひっくるめ, 文化以降それらの綿密, 文化以降北斎の円熟, 文化以降深刻の余り, 文化企業者は人民, 文化伝播論者の中, 文化伝達の歴史, 文化度に, 文化低級の人民中, 文化住宅みたいなもの, 文化住宅博覧会であるの, 文化住宅式なもの, 文化住宅文化机文化竈文化タワシ文化丼文化饅頭文化煎餅文化まめとなっ, 文化住宅街の中, 文化作用もつねに, 文化価値そのものの進展, 文化価値創造の生活, 文化価値的なもの, 文化促進のため, 文化保護政策の貧困, 文化儀礼の本質, 文化優劣論のごとき, 文化元年七月に長崎, 文化元年七月十三日罷出候而罷帰, 文化元年二月に小川町, 文化元年五月連年蝦夷地の防備, 文化元年六月には羽前, 文化元年十三歳の時, 文化元年正月かの地, 文化元年武州浦和伊勢屋清蔵の家, 文化元年甲子の冬, 文化元年甲子二十五歳の時, 文化元年露国使節レザノット長崎に来り, 文化八九年のこと, 文化八年二十六歳にし, 文化八年五十六歳の就任, 文化八年十二月十日で当時六十七歳, 文化八年嗣子月潭に遺訓, 文化八年年正に三十一, 文化八年海軍少佐ガロウニンは本, 文化八年辛未閏二月十四日, 文化八年閏二月十四日に女, 文化六七年より文政三, 文化六年五月七日に五十二歳, 文化六年八月十六日帰住被差許, 文化六年六月彼は弟子, 文化六年十一月二十四日七十二歳で歿, 文化六年十二月二十七日に広島, 文化六年那賀郡黒地村の棟附帳, 文化其の物をどれ, 文化其物の真, 文化再生のため, 文化出版売り出しは文化的提供, 文化出版物のどこ, 文化分野全体にショック, 文化年来北地頻りに, 文化初年長崎赴任の後駿河台, 文化初年鳥居清長歿し続いて, 文化初等教育が広汎, 文化刷新の指導理念, 文化動脈の聯立, 文化勲章授賞の内示, 文化勲章的存在のもの, 文化十一年エトロフにおいてなすべき, 文化十一年七月二十九日に生れた, 文化十一年三国湊の酒井, 文化十一年十二月二十八日抽斎は始, 文化十一年十歳にし, 文化十一年同島北部に來着, 文化十一年春大阪北の新地, 文化十一年正月で備後, 文化十一年甲戌の元旦, 文化十一年蘭館長ヘンドリツク・ヅーフが本, 文化十一年馬琴四十八歳の春肇輯五冊, 文化十七世紀文化それぞれ同じフランス一国内, 文化十三年三月である, 文化十三年丙子閏八月左之地面拝領仕度願出候処同九月十九日柳原岩井町代地高坂茂助上り地七拾八坪余願之通被仰付候旨, 文化十三年九月六日に八十三歳, 文化十三年二月十九日に父春水, 文化十三年伯父錦橋の歿, 文化十三年八十三歳は生年, 文化十三年八十二歳であるべきに, 文化十三年六月二十九日に歿, 文化十三年十一月二十九日である, 文化十三年四月及五月である, 文化十三年夏の詩凡て十四首, 文化十三年水津家系図を所持, 文化十三年生で乙丑, 文化十三年馬琴に先んじ, 文化十二年乙亥五月七日私儀是迄外宅, 文化十二年乙亥正月十七日と書し, 文化十二年二月に江戸, 文化十二年二月某日昧爽に小川町, 文化十二年五月に入, 文化十二年五月二十三日済庵の子, 文化十二年八月に瑞英, 文化十二年八月既望の小酌, 文化十二年寺社奉行となり, 文化十二年版の, 文化十二年秋の半, 文化十二年襄父の病, 文化十二年諸国相謀りて, 文化十二年霜月二十一日に行なわれた, 文化十五年即ち文政元年正月二日, 文化十五年四月そこの農夫, 文化十四年丁丑十二月九日高木轍跡屋敷御用にも無, 文化十四年丁丑四月十七日出生梅津源蔵利春という, 文化十四年三月謫所で生涯, 文化十四年二月十三日に江戸両国, 文化十四年八月二十五日に阿部正精, 文化十四年十二月長男幸太郎が七歳, 文化十四年四月十七日に八十五歳, 文化十四年生で四十五歳, 文化十四年英船浦賀湾に入る, 文化十年七月下旬に偶江戸, 文化十年三十六歳で死ん, 文化十年三十四歳で備後, 文化十年九月まで獄中, 文化十年二月二十三日に関宿, 文化十年春水年六十八孫元協を携, 文化十年独立し京呉服, 文化十年生で榛軒, 文化十年生れで圭齋, 文化十年癸酉から算, 文化十年癸酉霞亭三十四歳の時, 文化協会婦人民主クラブ自由懇話会新協友の会日本文芸家協会日本著作家組合日本出版協会新日本医師連盟, 文化協会宣伝文化協会などといふ団体, 文化協会日本浪曲協会の独自, 文化協会発行のパンフレット, 文化協会音楽文化協会少国民文化協会, 文化協議会日本美術会新俳句人連盟, 文化古く世界の, 文化古典的文化支那趣味として日本, 文化台湾の性格, 文化史上古典主義の後, 文化史上意味がなく, 文化史上漱石物かどう, 文化史上画期的な著作権改正, 文化史哲学的文明批評その他その他と云っ, 文化史大系がより, 文化史学上に大, 文化史思想史の一片, 文化史料は傳世, 文化史方面のこと, 文化史現象や芸術現象等々, 文化史的使命の一つ, 文化史的向上の方向, 文化史的想像とを以てした, 文化史的意義を適切, 文化史的条件が抑, 文化史的活動の実証, 文化史的発展の理解, 文化史的立場の上, 文化史的考察がその, 文化史社会学哲学経済史簿記法律学歴史学英語独逸語等を三時間, 文化史等の卓越, 文化史観であろう, 文化史音楽史の講座, 文化史風な興味, 文化向上資金として三億五千万ルーブリ, 文化否定の立場, 文化哲学そのものの評価, 文化哲学派生の哲学派達, 文化哲学的臭味を今日, 文化哲学自身による文化, 文化商業精神に依, 文化問題文化事業文化運動といふもの, 文化啓蒙活動をとおし, 文化啓蒙的な書きもの, 文化嘉永等数枚の丸の内, 文化四丁卯の歳創製, 文化四年丁卯と十年癸酉, 文化四年丁卯以後と朱書, 文化四年七十四歳の秋成, 文化四年七年十年等と記し, 文化四年二月の丁日, 文化四年十一月生の枳園, 文化四年十二月朔に七十二歳, 文化四年四月の申渡し, 文化四年帰府後の作, 文化四年生れの藤陰, 文化の一つ, 文化団体作家同盟音楽家同盟演劇同盟美術家同盟等の十三団体, 文化団体労働団体などはそれぞれ多数, 文化団体十二がかたまっ, 文化団体弾圧専門の特高, 文化団体支部員で働い, 文化国君子国であると, 文化国家的思潮に冷淡, 文化国建設のため, 文化国賓として二ヵ月, 文化國日本で嫌, 文化圏ニ流行シタモノダソウダガコレモ悪クナイ, 文化圏外の世界, 文化の孔雀, 文化圧殺の結果, 文化基礎が大衆的, 文化変遷の影響, 文化夏衣ともいふべし, 文化外交の面, 文化外的な権力, 文化講演会, 文化大会も開催, 文化大学の教授ケルミッシュ, 文化大衆に向っ, 文化大観を編纂, 文化天子の胆, 文化委員会午前だけのわけ, 文化委員会教育の民主化, 文化委員会芸術部コム・アカデミイの芸術部, 文化委員衛生委員学務委員というもの, 文化娯楽がきわめて, 文化存在の社会条件, 文化学会も仏教美術, 文化学会主催の言論圧迫問責演説会, 文化学術の交流, 文化学術抑圧に反対, 文化学院あたりの卒業生, 文化宝庫を失う, 文化宣伝武器としてのブルジョア婦人雑誌, 文化宣伝部員の女, 文化宣伝部委員たちは大忙し, 文化宣揚運動など思想運動, 文化家屋の如き, 文化対立思想対立を乗り切ろう, 文化封鎖だよ, 文化専門グループの人々, 文化對策も地方行政, 文化尖端とは何処, 文化くとも, 文化展覧会があっ, 文化崇拝の唯物功利主義, 文化崇拝論になる, 文化崩壊後の現代, 文化工夫とかユトリ, 文化己巳來航和蘭人ヤンコツクブロムホフ其國語に通ずる, 文化帝国の文学主義, 文化干渉だけが日本, 文化平家史の永遠性, 文化年中ヨリ山城宇治ニテ製シ始ム其葉ヲ蒸ス時, 文化年度以來ヨーロツパにおける國際關係, 文化年度以来の契約, 文化年間ヨリ雪下ノ時毎ニ黒色, 文化年間吉原の橋本楼, 文化年間露西亜がエトロフ, 文化広く理解された, 文化その軍需資材, 文化度亂の話等, 文化度赤夷亂妨之機, 文化建築をデコデコ, 文化建築バラツク文明活動寫眞のセツト, 文化建設プランの中, 文化建設力がある, 文化建設費中保健のため, 文化建設途上に於ける, 文化式不良の札付き, 文化式施設を試みよう, 文化式登山の人達, 文化式赤瓦の家, 文化強権主義的文化に対する唯, 文化強調主義が科学, 文化形成の重大, 文化形象自身の差, 文化彼等の思想, 文化復興主義を他, 文化必ずしも女は, 文化志向の夢, 文化性島国性事大性愚昧性をた, 文化性文化に立った, 文化情操が町人的卑俗主義, 文化意識日本社会の文化上, 文化愛好者や文化趣味, 文化愛慕の霊, 文化感情の分裂, 文化感情知性は社会, 文化の中, 文化憧憬の時代, 文化戊辰に著した, 文化成育の欲望, 文化或は自分の, 文化の意義, 文化戦争で勝つ, 文化戦士たる資質, 文化戦術を学び取ろう, 文化打出的ルネッサンス性とによって日本的純粋, 文化批判哲学となっ, 文化批評人生批評の内, 文化批評家としての特色, 文化技能上の出来る, 文化技能水準を以てし, 文化技術的獲得に就い, 文化技術陣の者, 文化抵抗素として書架, 文化指導層の政治的関心, 文化指導者たちによってとなえられ, 文化指導者同士の血, 文化指導階級を責め, 文化挨拶週間の催し, 文化振興会主催で輸出, 文化振興會なぞをたよらず, 文化排斥の急先鋒, 文化接触に於ける, 文化擁護万国作家協会という長い, 文化擁護問題の一報告書, 文化擁護運動を世界, 文化支那の文化, 文化支那人の生活, 文化支那文化の今日, 文化支那趣味として日本, 文化支配力を失った, 文化支配者的文化その意味, 文化攻勢の具体化, 文化政策以外の何もの, 文化政策対外国の諸, 文化政策屋のサクラ, 文化政策当面の課題, 文化政策条件をなし, 文化政策殊に思想対策, 文化教官研究講習会に於, 文化教室の先生, 文化教育機関とジャーナリズム, 文化整理であって, 文化文学サークル組織のつくられた, 文化文学上の経済主義, 文化文学史の特色, 文化文学問題にふれ, 文化文学団体は前年, 文化文学学問の自主性, 文化文学政策に対してどういう, 文化文政以前のもの, 文化文政以来は西洋, 文化文政天保へかけ, 文化文政天保間の伝奇小説, 文化文政年間の名人本因坊文和, 文化文政調となつ, 文化文政頃富永の惡口, 文化文芸賞の数, 文化文芸賞要覧というの, 文化新聞も発刊, 文化施設資本家対労働者小さくは, 文化に進み, 文化日本美術その他あらゆる日本的, 文化日本観光日本を建築, 文化日耳曼の文化, 文化旺盛時代が坐ろ, 文化明るく朗らかな, 文化明日の文化, 文化易者と見立てる, 文化畫講演會ポスター古, 文化映画何本教育映画何本劇映画何本ニュース幾本とそれぞれ, 文化映画宣伝映画などを作っ, 文化映画的にかかれ, 文化映画統制委員会というところ, 文化映画製作の機関, 文化映画部の者, 文化春秋会といふ標札, 文化是々非々談二時間ばかり, 文化時代精神と云, 文化時局に於ける, 文化時局的形態のこと, 文化時局的意義を深めた, 文化時評とか社会時評, 文化時評二つだけはいや応なし, 文化更に将来の, 文化最もさきに, 文化最初の接触, 文化未だ至らず彦根, 文化末年の作, 文化末年名古屋に赴く, 文化本来の自由, 文化机文化竈文化タワシ文化丼文化饅頭文化煎餅文化まめとなっ, 文化村式の住宅, 文化村文化住宅文化机文化竈文化タワシ文化丼文化饅頭文化煎餅文化まめとなっ, 文化東北産業東北救民といくつ, 文化東洋思想として見, 文化東漸し今や, 文化構成でなくて, 文化構造の習慣, 文化様式の一つ, 文化模倣の法則, 文化機関それと国民生活, 文化機関印刷物ラジオを通して戦争熱, 文化欄第一線の現代作家, 文化權利等に關, 文化武威が未だ, 文化歴史富力等一切のもの, 文化には物資, 文化殺戮の実状, 文化の生活, 文化民俗の発達史, 文化民族相互の神話, 文化民衆の道, 文化気分が例, 文化気運を起す, 文化水準そのもののよう, 文化水準如何によつて, 文化水準年齡性等々を理解, 文化水準等々を, 文化水準統一に若干, 文化活動そのものを正しい, 文化活動以外のもの, 文化活動本来の性質, 文化活動機関に或, 文化派遣軍だ, 文化流入の通路, 文化混和の結果, 文化混融がそこ, 文化漸次衰滅するや, 文化潮流内における地方的, 文化無頼漢である, 文化煎餅文化まめとなっ, 文化燦然たるサラセン王国, 文化爛漫な千街万戸, 文化特別委員会なるもの, 文化独特な農民精神, 文化独自の生活, 文化独裁の号令, 文化又式, 文化獨立の根本, 文化王朝文化を云々, 文化現代の生活, 文化現代人の生活, 文化現代科学及びその, 文化現象自身ではない, 文化理念上の重大, 文化理論一般の様式, 文化理論上に対しても現, 文化理論唯物論的認識は失敗, 文化理論精神総動員的文学論の提唱, 文化生れのこの, 文化生活全般に亙る, 文化生活向上の意味, 文化生活文化建築バラツク文明活動寫眞のセツト, 文化生活文化村文化住宅文化机文化竈文化タワシ文化丼文化饅頭文化煎餅文化まめとなっ, 文化生活歴史それらを知りたくなる, 文化生活者と称する, 文化生産物とならなけれ, 文化生産部面であるという, 文化生産関係に於ける, 文化用具としてのブルジョア, 文化甲子の後八年, 文化甲子七月九日の墨田川舟遊, 文化甲戊生の三女長一人, 文化界思想界の唯一, 文化界救亡協会というの, 文化癸酉三十七歳より前, 文化発展要因を抹殺, 文化発生の地, 文化発達史上から見た, 文化発達過程の中, 文化登山は維新前, 文化百年千年のため, 文化百般の問題, 文化的アトモスフェアが田舎, 文化的アナーキズムは許されない, 文化的イデーとして社会的実在性, 文化的イノチをあづかっ, 文化的インテリの代表者, 文化的エロースの徹底化, 文化的グループと教養, 文化的ジャンルの一つ, 文化的スノッブを予想, 文化的センスを代表, 文化的テクニックの発達・等, 文化的テムペラメントは貧しい, 文化的ナンセンスに終らざる, 文化的プライドに包まれた, 文化的モダンガールだと, 文化的モメントがひきだされなかった, 文化的リベラリズムを固持, 文化的一環であった日本, 文化的一翼であるプロレタリア芸術運動, 文化的並に政治的關係, 文化的事件があります, 文化的事大主義と文化的依存主義, 文化的事情は一九三二年, 文化的交通は行われず, 文化的人民戦線樹立の失敗, 文化的人間性の内, 文化的人間的主體, 文化的代官になれる, 文化的代表者へ与えられる, 文化的企業に特別, 文化的企業者でなければ, 文化的会合で顔, 文化的伝統主義の特色, 文化的位置にもかかわらず, 文化的低調は明治時代的, 文化的体面さえが事実文化, 文化的作意である, 文化的作業の検閲, 文化的依存主義とは併, 文化的価値判断を基礎, 文化的信用を民衆, 文化的信頼に至っ, 文化的修養さえもやった, 文化的側面をもこの, 文化的傾向を持った, 文化的優質の品物類, 文化的優越感はそれゆえ, 文化的光明に浴し得, 文化的共同体への道, 文化的内容そのものの質, 文化的分野にはこの, 文化的利己的動物的であるまま, 文化的前進の姿, 文化的創造性も自身, 文化的助力を与える, 文化的努力における怠慢, 文化的労作である以上, 文化的労働に参与, 文化的動向にも觸, 文化的単位はアメリカ, 文化的占有をあえて, 文化的原動となつ, 文化的原始宗教の精神, 文化的反動が今, 文化的反動性を指摘, 文化的収穫を得た, 文化的可能を集め, 文化的味の素の発見者, 文化的商品として吾, 文化的商業の面, 文化的商業鉄物屋とか機械商, 文化的問題をとりあげ, 文化的国民生活に対する大衆課税, 文化的圏境をよく, 文化的地位について可, 文化的報告書があっ, 文化的大阪人の頭, 文化的女性化主義へ潮流, 文化的妥当の見地, 文化的姿勢を取れる, 文化的孤島の現状, 文化的実質を評論, 文化的家具一式叮嚀親切薄利多売は文化的広告, 文化的寄せあつめ, 文化的専門領域内に於ける, 文化的尺度を規正, 文化的工作が如何なる, 文化的市民としての甚だしい, 文化的師友だったヨーロッパ, 文化的常識として行きわたるだろう, 文化的広告なぞいう, 文化的形態ではありえないだろう, 文化的影響を中国大陸, 文化的後退をする, 文化的思想建築物へ媒介, 文化的思想的内容は今日, 文化的思想的抵抗を見出し得る, 文化的性能の試金石, 文化的恩恵に浴せしめよう, 文化的情操のない, 文化的情熱から生じる, 文化的惡宣傳に載せられず, 文化的意味だと, 文化的意志は諒解, 文化的意欲を満, 文化的感応と欲求, 文化的態度なの, 文化的成果の例, 文化的成長の表現, 文化的所与の下, 文化的扮装をとげ, 文化的批判の重要, 文化的批判力を意味, 文化的批評の把握, 文化的技術的経済的交流を拡大, 文化的抵抗の弱い, 文化的指導に対して抗争, 文化的指導力を失ひ, 文化的指導層に対しては真理, 文化的指導性を自身, 文化的接触という点, 文化的提供文化的家具一式叮嚀親切薄利多売は文化的広告, 文化的搾取とみ, 文化的擦れっ枯らし達が, 文化的支柱となっ, 文化的支配伝承の特別, 文化的支配力を失い, 文化的支配権を握る, 文化的政治活動組織の破壊, 文化的政治的スローガンとしての合言葉, 文化的政治的組織でなければ, 文化的政治的関心を呼び起こす, 文化的政策を遂行, 文化的教導力や教育力, 文化的教養といつてもい, 文化的文化史的意義を適切, 文化的方法に責任, 文化的施設どこの国, 文化的施設余裕多き事, 文化的日本人として一生, 文化的日本建設への指標, 文化的明察の敏感性, 文化的時局の顕著, 文化的時間從つて客觀的時間においては現在, 文化的普遍性の軌道, 文化的暴力に異ならず, 文化的有志は非常, 文化的本質での前進, 文化的核心までが撓められる, 文化的根拠としては仏教精神, 文化的業績評価の尾, 文化的權威になつて, 文化的欠陥が遺伝的, 文化的歴史的生の段階, 文化的殖民地めいた関係, 文化的民衆の間, 文化的気品もある, 文化的泡沫であったり, 文化的活力は欠け, 文化的活動はいふに及ばず, 文化的混淆を大きく, 文化的無気力無自覚無反省, 文化的爛熟期に入った, 文化的独自性や創造性, 文化的獨立をしよう, 文化的理由を挙げ, 文化的生命をもたれ, 文化的生活人の手, 文化的生活者に高める, 文化的産物でなければ, 文化的用語が正に, 文化的用途を持っ, 文化的病理現象は文化, 文化的発育におくれ, 文化的看護の方, 文化的真理と人類的公所, 文化的知的自由の範囲, 文化的社交組織と経済的利益組織, 文化的社会という如き, 文化的社会性の低, 文化的祝砲の一斉射撃, 文化的範疇はそれ, 文化的精神的霊的要求を充分, 文化的精髄の豊饒さ, 文化的素質を有つて, 文化的紳士のスタンダード, 文化的経綸のおかげ, 文化的結果の一つ, 文化的統制そのものまでがこの, 文化的老練家の場合, 文化的考慮などは影, 文化的職域に属し, 文化的職業人たること, 文化的職業家の一人, 文化的職業組合の結成, 文化的背景があり, 文化的自得の表情, 文化的自然現象であって, 文化的自由主義哲学であり後者, 文化的自由主義活動に直接, 文化的自由意識の代弁者, 文化的良心の沸騰, 文化的芸術的価値はパリ, 文化的芽生えは持っ, 文化的荒廢のあと, 文化的蓄積を最も, 文化的血縁の濃い, 文化的行爲は贊成, 文化的裝飾のあらう, 文化的要因にも触れ, 文化的要求文化的発言に対する自由, 文化的見地から検討, 文化的見方である, 文化的視野の拡大, 文化的観念の発達, 文化的解説を与える, 文化的訓練を自分自身, 文化的設備がと, 文化的設備増大に対する関心, 文化的認識へ押し込もう, 文化的講演会を催した, 文化的財物となり, 文化的貧困これより大, 文化的貧民などは地, 文化的責任を知らない, 文化的貴族としては国家, 文化的資格をもつ, 文化的質の問題, 文化的輸送管のよう, 文化的迷信と断, 文化的進出にまでは行かなかったらしい, 文化的遊戯には違, 文化的道徳的形態はあたかも, 文化的道徳的関心に止まっ, 文化的適用とに対して技術的, 文化的都市が發達, 文化的野次等でしかない, 文化的開発を第, 文化的頭脳で判断, 文化的顧問力から云っ, 文化的風景はわが国, 文化的食事の贅沢, 文化的骨相を示す, 文化的魂がいたずらに, 文化目的を達する, 文化知識人の間, 文化知識的の結晶, 文化研究世界文芸思潮史外国作家研究等の一般文学的教養, 文化研究所員となり, 文化研究會が發行, 文化研究者就中儒教研究者はこの, 文化社会人の態度, 文化社会圏をなし, 文化社会学そのものを科学, 文化社会学それは恐らく, 文化社会学それ自身が今や, 文化社会学化の時代, 文化社会学者達が自分, 文化社会状態を観察, 文化社会独自の統制, 文化社会自身による統制, 文化の国, 文化祭企画本部になっ, 文化祭決算が行われた, 文化祭音楽と歌謡, 文化私観堕落論などの受売り, 文化科学方面の科学批判, 文化科学的方法による科学, 文化科学的辞典の中心執筆者, 文化科学社会科学に関する知識, 文化科学精神科学乃至哲学プロパー, 文化科學上の事實, 文化科學研究者の間, 文化科學精神科學歴史科學等の名, 文化科學者は心理學上, 文化程度それが若し, 文化程度ハ直ニ此, 文化の陳列場, 文化竈文化タワシ文化丼文化饅頭文化煎餅文化まめとなっ, 文化立國だと, 文化精神上の良心, 文化紀元八月十六日の晩, 文化納豆というの, 文化である, 文化組社交式が文化組, 文化組織網となっ, 文化絢爛をきわめた, 文化統制上に及ぼす, 文化統制振りは今, 文化統制機能はその, 文化統制活動によって敷衍, 文化統制計画に他, 文化綜合雑誌として目下われわれ, 文化綱領をかかげ, 文化としての組織, 文化繁昌地中心点であったから, 文化習俗などが挙げられる, 文化翼賛の美果, 文化だけでも数え, 文化者流の言葉, 文化聯盟なり我視力, 文化聯盟結成運動なども見られ, 文化聯絡協会の事務所, 文化職業人である所以, 文化職業界が単一組合化, 文化職業組合の結成運動, 文化職能が含まれ, 文化自分らの思想, 文化自由主義者であり文化主義者, 文化自由平和階級侵略というよう, 文化至上主義はそういう, 文化とかれ, 文化芸術人の根性, 文化芸術創造の階級的萌芽, 文化草履を卸値, 文化と咲く, 文化血管を構成, 文化行事に対して強い, 文化行動への実際, 文化行程の飛躍, 文化衛生費を必要, 文化表象として国際的矜恃, 文化西洋の思想, 文化要するにイデオロギーを, 文化規範として抽出, 文化計画の一部, 文化訓練と人生體驗, 文化記事を扱い, 文化記念週間です, 文化記録を大, 文化設備ぬきには出来ない, 文化誇示の目的, 文化もしくは土俗調査, 文化説明の原理, 文化といふ部門, 文化論的社会論のこと, 文化諸学の間, 文化講義をする, 文化讃仰者であるの, 文化象徴である石油コンロ, 文化貢献の為, 文化貧困のやりくり性, 文化資材であるから, 文化賞そのものの社会的文化的意義, 文化賞規定により表彰候也, 文化起原論とも云, 文化蹂躙に対する抗議, 文化軍容の興隆, 文化輸出熱はその, 文化未年宿屋飯盛, 文化農民やプロ, 文化連合の統一体, 文化連盟主催の万国文化大会, 文化連盟出版所の忠実, 文化連盟婦人協議会の婦人たち, 文化連盟婦人協議会会議中全員検挙一ヵ月検束された, 文化連盟拡大中央協議会は開会, 文化連盟拡大協議会が築地小劇場, 文化連盟日ソ文化連絡協会日本移動映画連盟日本新聞協会日本放送協会農山漁村文化協会婦人民主クラブ自由懇話会新協友の会日本文芸家協会日本著作家組合日本出版協会新日本医師連盟, 文化連盟書記長小川信一の家, 文化連盟発行の, 文化連盟結成と前後, 文化連盟関係の出版物編輯発行, 文化連絡協会日本移動映画連盟日本新聞協会日本放送協会農山漁村文化協会婦人民主クラブ自由懇話会新協友の会日本文芸家協会日本著作家組合日本出版協会新日本医師連盟, 文化連絡協会案内人の卑屈さ, 文化連絡協会長カメネワ夫人の弔電, 文化連絡員がいる, 文化進んでいよいよ, 文化進展の当然, 文化進歩の一々, 文化進運の媒介業者, 文化運動そのものの実践, 文化運動それ自体の性格, 文化運動つまり一人よがりの, 文化運動一般があった, 文化運動全体をその, 文化運動実践の具体的方針, 文化運動文化部門のいろ, 文化運動本来の姿, 文化運動皆そうだ, 文化運動自身も更に, 文化運動芸術運動を常に, 文化運搬であろう, 文化運搬力に於, 文化運搬的性質から云っ, 文化運搬的特性はこういう, 文化過去の支那人, 文化過程がどう, 文化遠征の目標, 文化遺物の變形, 文化部その他の合同会議, 文化部員ムイロフは革命, 文化部担当者としてつまり, 文化部文学グループへ提出, 文化部永江梅子松本美保子渡辺友次沢田栄一四氏の編集記事, 文化部管理の下, 文化部編纂の, 文化部自体に於, 文化部落を作らせよう, 文化部衛生部政治部その他専門部をもっ, 文化部長就任の交渉, 文化部長岸田国士つづいて, 文化部長細川忠雄氏に感謝, 文化部門のかやう, 文化部門本来の仕事, 文化部関係の職域, 文化部関係者および新, 文化都会の文化, 文化都会以外の地方的文化, 文化都市上海と長崎, 文化野蛮との闘い, 文化開けざる半野蠻の, 文化開拓の実現, 文化開明期に地方語, 文化開發の用, 文化開發事業の補助者, 文化闘争同盟の松岡, 文化陣営の歩調, 文化階段などを分つ, 文化階級の人, 文化雑誌としては当然, 文化雰囲気でないと, 文化靈的文明の喚び, 文化文化の, 文化面教養娯楽風俗習慣といふやう, 文化面生産面という活動場面, 文化革新の燈明台たる, 文化頗る微々たるもの, 文化領域一般の水準, 文化領域界と少し, 文化領域間の交易, 文化類域との内部的連関, 文化顯象の片隅, 文化の建物, 文化風俗国情等一通りは訊きた, 文化風土並に気質, 文化風景に数える, 文化風習宗教公家貴族のもっ, 文化饅頭文化煎餅文化まめとなっ, 文化高揚のため砕心, 文化鬪爭乃至觀念鬪爭, 文化は西欧武人政治家, 文化魔境の天険, 文化のキャリコ, 文化黎明の先, 文化黎明時代人に穀食