青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「根~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

~柳 柳~ 柵~ 柿~ 栄~ 栗~ 校~ 校長~ 株~ ~根
根~
~根拠 根拠~ ~根本 根本~ 根柢~ 格~ 格別~ ~格子 格子~ 桂~

「根~」 7330, 79ppm, 1413位

▼ 根~ (1442, 19.7%)

72 張って 33 おろして 30 下して 17 下ろして 15 掘って 12 張つてゐる, 持って 10 はって 9 噛んで, 引いて, 洗って 8 もって, 置いて 7 つめて, 卸して, 張り枝を, 生やして 6 張つてゐた, 枕に 5 おいて 4 おろした, とめて, 寄せて, 据えて, 絶つこと

3 [18件] おろしたと, おろすこと, すえて, はやして, 下ろすこと, 張った, 抜いて, 掘つて, 掴んで, 掻いて, 掻きながら, 断って, 断つこと, 洗ひ, 浸して, 発して, 眺めて, 絶って

2 [67件] うごかして, うるおして, おろさなくては, かきながら, かみながら, こえ, しっかりと, しらべて, そこに, つかみながら, のばすと, はりそこ, はり彼, ほって, もたぬ感覚, もつもの, 下すこと, 下すやう, 中心に, 仄のり紅く, 保って, 出して, 動かして, 包んで, 卷きて, 卸したの, 味噌汁へ, 固めて, 地に, 埋めて, 失って, 廻って, 廻つて曠い, 引き寄せて, 張ったもの, 張つて居る, 張りめぐらし, 截り, 抜こうと, 押えて, 拔い, 掘つたり, 掘りて, 掘るの, 断つに, 有って, 極めが, 残し一寸, 泥岩の, 泳ぎつつ, 洗えば, 洗ふ, 深くし, 深く卸し, 煎じて, 生やしたもの, 生やそうかと, 移して, 結んで, 絶えた小船, 絶ち葉, 絶やして, 締めて, 見て, 認めること, 静かに, 食べて

1 [945件 抜粋] あらわに, うごかさずと, うごかし罪, うたむとき, うんと煎じ, おいたところ, おいた感傷的, おき働く人々, おさえつけると, おづおづと, おろさせるの, おろさねば, おろしきれないであろうとは, おろしその, おろしそれ, おろしたから, おろしたまえ, おろしたよう, おろした市街, おろした恋愛, おろした文化運動, おろした松の木, おろした生活, おろした運命, おろしてるその, おろしはじめ歴史, おろし勤労階級, おろし日々, おろし豊か, おろすが, おろすと, おろすの, おろすやう, おろす以外, おろせ, おろそうと, かきわけて, かじり, かためて, からめて, がたがたいわせ, がっくりと, きりたる木も, くいしめて, くみ合せた, くるくると, こしらえたよう, こんもりと, さした歴史, さし芽, しっかり持っ, しまって, しやぶりながら, すえた一見錯倒, すぐに, そろへ, たえかかつた友情, たくさんつける, たたき落すぞ, たたれて, たつて, ついて, つかまえられた, つかみ寄せられて, つかむ能力, つかんだ, つかんだ彼, つくして, つけた如くにぬつくと, つけて, つまんで, つめた仕事ぶり, つめては, つめました, つらねて, とったり, とつた, とめなかった, とめねば, ともにする, とり出して, どうして療治, なし旧, なでた, ねらい末々, のばし白菜, はがすよう, はさみつけ右手, はびこらせぬよう, はやし朝, はやすため, はやそうと, はり, はり枝, はるドイツ語, ひいて, ひき遠く, ひたした江戸文明, ひとしくする, ふかく土, ふつり, ふるわせながら, ほじくり返して, ぽきり, まわして, まわすこと, みつけて, むき出しかさかさ, めぐる流, もたず感覚, もたない自然力, もちすでに, もった僧侶たち, もった沈んだ仕事, もった確かさ, もつ節独特, ゆすつた, ゆるめなかった, よそに, カチカチと, ガタガタいわせ, グルリと, ゴリラの, シノネ, チクリと, ムトと, 一に, 一周りぐるり, 一本ごとに, 一本に, 一本一本に, 一気に抜き取る, 一生に, 上に, 下げた町人髷, 下さなくて, 下しそれから, 下したの, 下した世界, 下した伝統的, 下した国, 下した木, 下した構造, 下した紅葉, 下した隣邦, 下してる処, 下し人, 下し政治, 下し炭坑地方, 下し行爲, 下す覚悟, 下に, 下ろしたこと, 下ろしたやう, 下ろした偃松, 下ろした梭葉草, 下ろしてから, 下ろし伐れども, 下ろすと, 下ろそう, 下心に, 与えられるの, 両足の, 乾かしながら, 乾燥し, 二十身長も, 人うちか, 今も, 今日は, 仕切る緑, 伝えて, 伸ばして, 伸張する, 何処へ, 作りて, 停めようと, 傷められて, 具するあり獣, 冷やさないやう, 出しまた, 切ったもの, 切つて桶で, 切られて, 切りとられた切っ羽, 切り割っ, 切るよう, 刈らねば, 刈ります, 刈るつもり, 削りて, 創口に, 包むだ石楠花, 半ば土の, 卸したよう, 卸した愛, 卸し切って, 卸す場所, 卸て, 受けたという, 叩きながら, 吐いて, 吹き飛ばされ一つ, 問わず痴愚悪人, 喰ひ荒し, 噛みつつ, 噛み切りたい, 噛むこと, 噛んだり, 噛んだ顔, 囲つてやる, 固くし, 固める為め, 土の, 圧えて, 地の, 埋めた水苔, 埋めるよう, 執って, 培かっ, 堅く左手, 大そう, 大地の, 女に, 守って, 宙に, 寄せた, 寄せると, 小刀で, 崩され霧島, 左り, 差した以上, 巻きて, 干したの, 床几に, 廣く, 延ばして, 引いた不正, 引き抜いて, 引き抜きました, 引き起しそれ, 弱めて, 張ったできごと, 張ったね, 張ったので, 張った仙丈岳, 張った否定, 張った意地, 張った松, 張った欲情, 張った藪, 張った重々しい, 張っては, 張ってる, 張ってる二本, 張つたことの, 張つたすぐ, 張つた俗な, 張つた大, 張つた嫌悪感だつた, 張つた石に, 張つた祖国愛とか, 張つてゆく, 張つてゐ, 張つて來る, 張らざるに, 張らせたの, 張らないし, 張らなくちゃ, 張られたらすえ始終, 張らんとして, 張りかけた鮮海, 張りそこ, 張りできるだけ, 張りわたらせる, 張り伸びて, 張り合つて居る, 張り始めた, 張り情熱, 張り拡げて, 張り樹脂の, 張り葉, 張ること, 張るであろう, 張るべし, 張るやう, 張る不退転, 張る時, 張る樹木, 張れば, 張ろうという, 得べし, 忘れるな, 怡しみ, 感情まで, 截って, 打ち小屋, 打ち破るばかり, 打つ波, 払つた榊の, 托さぬ樹, 把っ, 抑えつけられた, 抑し, 折つて默つてし, 折れた葉, 抜かれた肥料, 抜き取る道, 抜くと, 押して, 抽で, 拡げたの, 拡げ日本, 拾ふ, 持たぬ男女関係, 持ち矗, 持ったり, 持った反感, 持つこと, 持つところ, 持つ時, 持てば, 指さしました, 挽いたと, 据えたよう, 掌の, 掘っては, 掘らせられ男, 掘られては, 掘りあてるの, 掘りちらして, 掘り下げ折れ易い, 掘り出し食用, 掘り取り, 掘り荒されて, 掘り起し, 掘り返して, 掘るため, 掘るもの, 掘る様, 掘れ優尸羅, 採って, 採ること, 探る時, 掻きむしって, 揉み壊されて, 揺すぶる, 揺りうごかせば, 摘み上げて, 摺り碎いた, 攀じて, 斬りあげた, 断ちたいの, 断ち切らうとして, 断ったこと, 断つ, 断つため, 断つの, 断つべしと, 日本の, 暖かい舌, 曳いて, 有ち, 本土に, 束ねて, 束ねるよう, 枕として, 枯らしゃ小枝, 枯らすこと, 枯死させる, 染めたので, 染め同時に, 植えつけたの, 横なぐり, 止めたの, 止める偶像, 此處まで, 残しまする, 殺した話, 殺傷した, 気もちよく, 没して, 波打つて, 洗いながら, 洗うこの, 洗うた, 洗うので, 洗う河音, 洗つて行く, 洗ひ去り, 洗や, 流いながら, 流れて, 浸すありさま, 深く, 深く埋め直し, 深く耕さなけれ, 深めて, 滅茶滅茶に, 漢土に, 潜って, 潤おす, 無性に, 焼いて, 煎じたもの, 熱湯に, 狙ッて, 生い, 生じつる, 生じまた, 生す返咲, 生やしかけた神奈川, 生やした一個, 生やした良い, 生やしまた, 生やすといふ, 生やす所, 留む, 留めようと, 疲らしたよう, 疾く, 痛めないよう, 痛められた樣子, 発見け, 盛りあげて, 真っ赤に, 砕き幹, 磨って, 移そうと, 穿つても, 突張って, 立囲んだ, 紅くした, 紅に, 紐結びに, 経て, 結へて, 絶し, 絶たねば, 絶ちましょう, 絶った代り, 絶つて, 絶つならば, 絶とうと, 絶やす事, 総ていわゆる, 締めた時, 締めつけられるよう, 縁どって, 縦に, 縺らした, 繞つて山清水が, 繞らぬ, 美しく飾っ, 職人が, 育てる苦心, 臼搗き, 草へ, 葡う, 薑擦, 薪材に, 薬用に, 覆えし枝葉, 見せると, 見ると, 見落しては, 詰めて, 認識論の, 説かずして, 諸方から, 諸方へ, 貫き流れるその, 赤くし, 越えて, 足がかりに, 踏んで, 輪生す, 這いながら, 這ひ, 這ひまはる, 通る太い, 連ね十本, 遮きり, 邪慳に, 釣られるよう, 降し始めたの, 限りに, 隠すと共に, 雀が, 雷神石と, 露せる, 露出し, 露出する, 青い藻, 顫わせながら, 食い廻りて, 食い竹, 食い野鼠死馬の骨, 食って, 養うという, 齧りてや

▼ 根~ (794, 10.8%)

11 生えたよう 9 正直な, 生えて 6 ついて, 引き拔 5 あって 4 ある, 下りて, 合わない, 抜けて, 正直で 3 あると, くずれて, カチカチと, 好きな, 尽きて, 正直者だ, 生えたやう, 絶えて

2 [51件] あつた, あるの, がっくりと, そこに, つまりすぎて, のびて, わだかまって, ピクリピクリと, 人の, 人性そのものに, 凍って, 出て, 切れて, 単純な, 右門の, 合いません, 合は, 合わないよう, 合わなくなって, 善良な, 器用な, 大きくて, 太くなる, 幾筋とも, 怠惰もんです, 悪い奴, 惡い, 愚鈍な, 折れたよう, 枯れて, 正直の, 水を, 深いかも, 深くて, 深くなっ, 漁師育ちである, 漢学育ちで, 無いから, 無神経な, 生え, 痒くなる, 神学の, 素直な, 腐って, 膽の, 臆病者で, 自分の, 良い男, 親切な, 風流人の, 骨太の

1 [602件 抜粋] あちらこちらに, あった, あったこと, あらわれる, ありうるもの, ありませぬ, ありません, あるか, あるとは, あるよう, あれは, いい人, いっぱいに, いよいよ深く, うごかない, うすくひろ, うずくほど, うまく廻らず, おとなしい人間, おとなしい女, おとなしい猿, おろされて, お人好しな, お好き, お武家, お気に入りだけに, お茶ッぴいゆえその, お話しだ, かたき討ち, かゆくなった, がく, がんじ, くさるの, ぐらぐらする, けぶり, こう言った, ここに, このヴォルガ河畔, こびりついて, さほど利口, さも甘, しがない雑報記者, しっかりそれぞれ生産, しっかり者, しつかり者, しつっこい男, しまつ屋, じりじりと, じりりと, すっかり無くなっ, すっかり顕れ, そういうこと, そこまで, そのぬつ, その弟飯, それそこが, それほどの, そろそろ青い, そんなに劣った, たから, たくさん蓄えられ, ただ一つ個性, たまで, ついたほど, ついつい欺, つかず次々, つかない中, つきて, つきました, つきるか, つくの, つづかなくなつ, つぶれた煙管, つよい, つよくしまりすぎ, でるころ, どこまでも, どれほど, ないいや, ないじゃ, ないため, ないの, なかった, なくては, なくとも, なくなって, ぬけて, はえたよう, はえだしやがった, はえて, はしっこく, ひりひりする, びりり, ぴくぴく動い, ふくらませて, ふっとんで, ぼうぼうと, ぼろぼろした, また固く, まだ乾かねえ, まだ殆ど, ゆらぐ間, ゆらゆらと, ゆるみ面色蒼, ゆるむし, ゆるむよう, ゆるんでしまつたやう, よくひま, よく見えない, よく踏ん, わからねえ男ぢ, わななき眼, ガクガク鳴り出し, ガタガタいい, ガタガタ云い出し, ガチガチ鳴り出し, キリと, ゲスなやりくちだ, シルレルもどきの, ジャーナリズムの, タンテイの, メキツメキツち, モスクヴァの, ヤキモチヤキな, ワクワクいう, 一パイに, 一本に, 丈夫そうで, 丈夫だ, 丈夫だった, 三馬鯉丈系統の, 上に, 下って, 下ろせたかと, 下司な, 乗物と, 乞食の, 乱暴な, 乾いて, 交叉し, 人助けの, 人好きの, 人好の, 人形の, 他人の, 佐渡の, 何かの, 作州の, 信仰心の, 俳句趣味から, 優しいから, 元気だ, 光り出したね, 入る位, 入口から, 公卿育ちの, 兵隊なら, 其処此処に, 其所此所に, 処々に, 出てる上, 出ないよう, 出来ない大根, 出来る, 出過ぎては, 切れたつる, 切れるので, 判って, 利巧だ, 動いて, 匐い回ってる, 北狄の, 十七歳の, 半分露出し, 単に樹木, 又を, 反乱を, 古い証拠, 右に, 合いませんでした, 合わず声, 合わず樹, 合わないほどに, 合わないまでに, 合わなかった, 合わなかったという, 合わなくなったの, 合わなくなりました, 合わなくなり血, 合わぬくらい, 合わぬほど, 合わぬよう, 同じもの, 同型な, 同時にガタガタ, 君を, 吸ひ上げる, 呆ん, 呑気な, 咬みしまる, 善人しい, 善人で, 善人です, 善良で, 器用でござれ, 四つとも, 四つ出, 四ツ足の, 圓太郎は, 土底深く, 圧へ, 地下に, 地下の, 地中で, 地中を, 地中深く, 地侍だ, 坊主だけに, 執念深くない, 壁一重向うの, 変り者の, 外れて, 外国に, 多いので, 多感多恨の, 大の, 大事だ, 大人しい人, 大阪の, 太田宗長という, 奇麗な, 女の, 女を, 女名は, 女糸井比賣, 好い人, 好い人達, 好きでも, 好学の, 如何なる栄養, 嫌ひな物な, 安価な, 定まらずふわふわ, 密封した, 寒くなる, 寝床から, 寿命の, 小さいの, 小さく青いので, 小屋ものの, 小心の, 小心者な, 小心者の, 小料理屋へ, 小欲に, 小身者だ, 小高い塚, 少し高く, 屍骸の, 山の寺の, 山岸の, 崩れたじとじと, 巖と, 左へ, 差したる悪党, 常識でなく, 常識を, 干してあつ, 幾日も, 広まりそれ, 度胸の, 弁護士です, 弛み出しましょう, 弱って, 弱氣, 張って, 張らず道庵, 強そう, 当然あるべき, 律義勇猛のみ, 従来と, 御丈夫, 復活した, 必要で, 忠義の, 忠義一途の, 怠け者だけに, 怠け者の, 恐がりやの, 悧巧だ, 悧巧ぢや, 悧巧者な, 悧發の, 悪い事ぢ, 悪い人, 悪い女, 悪人じゃ, 悪党でも, 悪徒, 情深い男, 惡人ぢや, 惡人でない, 愚直な, 愚鈍でない, 愛嬌の, 態とせし, 慌て者, 抜けそう, 抜けその, 抜けたよう, 抜けるか, 抜け藤紫, 揺らいで, 揺れて, 敬四郎の, 数学者だけに, 料理屋の, 斷れず, 昔の, 會は, 有って, 木曾殿の, 材木屋の, 枯れる此根, 根こそぎに, 格別ふえませぬ, 樂天家で, 横に, 横出し, 正直で生れ, 正直ない, 正直者で, 正直者な, 正直者の, 正直者国を, 武人である, 武士の, 武家そだち, 武家である, 残って, 残らねば, 殘つた, 殺される前後, 毒だ, 気が, 氣の, 汗ばむばかり, 江戸っ子で, 治国平天下の, 洒落である, 浅いの, 浪や, 浮くくらいに, 浮世を, 浮出す盃形, 浮気者にも, 消えて, 涸れつくして, 深い, 深いぞ, 深いだけに, 深い悪心, 深かった, 深くなる, 深く土中, 深く垂れ下り, 深そう, 無くなったか, 無口な, 無茶苦茶な, 無邪気な, 熱くなった, 燃えて, 狂気女の, 狡ン坊, 猟師です, 瓢輕な巫山戯, 瓦石と, 生えそめ, 生えたわけ, 生えちゃうぜ, 生えっちまう, 生えてるんで, 生えてる赤汽缶, 生えない時, 生えるじゃ, 生えると, 生える様, 生え植ゑ, 生なました, 田舎者で, 田舎育ちでございます, 町人よりは, 町家の, 町家生れで, 痛くなった, 痛まず障り, 白く濡地, 白ろん, 白痴だ, 百姓の, 百姓一揆でござん, 盡き, 盡きない, 直径五六フィートある, 真直ぐな, 真面目な, 眼には, 知らぬま, 知覺の, 砂について, 砂を, 研究的から, 破れて, 確かりし, 確り者, 社会の, 神様の, 神樣の, 私立探偵で, 窓框を, 竹を, 納まるだけの, 素人です, 紫色で, 絡まった狭い, 絶えたので, 絶えるとでも, 絶えるの, 絶たれて, 綻びて, 緊って, 締まって, 緩んで, 續く, 美しく冬日, 羽織を, 職人で, 胸を, 臆病だ, 臆病者の, 自殺の, 至って気, 興行師だけに, 芸人な, 苦労人では, 苦労知らずの, 茂る, 茶釜の, 荒っぽい大, 落語家の, 薄馬鹿の, 蘆の, 蜒女だ, 見えた, 見えた時, 見えて, 詩的に, 話好きと, 負け嫌ひ, 負ず, 貴族的に, 質朴な, 赤いから, 赤くなり始めた, 赤土の, 走って, 越後女だ, 軽口の, 輪生し, 農家の, 透く辺り, 這い廻って, 這出して, 遊人だけに, 道を, 道楽の, 道楽者だ, 遠慮の, 遺されて, 邪悪な, 都会っ子の, 酔狂の, 野性の, 長いので, 附く, 除去され切れず, 陽気な, 階段の, 隣に, 雑草の, 非常に, 風癲, 食へ, 飲食店の, 養分の, 馬を, 高くのぞい, 魚を, 鳴るよう

▼ 根~ (781, 10.7%)

11 ないこと 10 ところに 9 上に 8 ように, 上を, 下りた生活, 方を 7 下に 6 ような 5 ところで, やうに, 土を, 堅州國, 方が 4 ない木, 上で, 深さ

3 [14件] あは, あるもの, ないもの, 上から, 上へ, 処を, 命, 土も, 方から, 方へ, 根の, 浅いもの, 王, 葦の

2 [61件] あたりに, あたりは, あること, いい男, うえで, おれを, かわかぬうち, しっかりした, その根, ところは, ところを, ないまま, ない事, ない噂, ない小言, ない希望, ない空想, ない草, ない話, のどに, ほそ毛, まわりに, まわりを, みなの, 一つも, 一つ一つに, 下凍, 入陽秀, 円つこ, 凍れる苔, 処で, 囲り, 土に, 堅洲国, 堅洲國, 家の, 山は, 島, 島に, 所に, 方に, 方は, 木瓜の, 母, 氣に, 浦の, 浦は, 深い力, 生えたよう, 生えて, 皮が, 皮剥ぎとりて木々を, 紫ひかる切口の, 草なく, 草を, 蓮らし, 蓮冬は, 語を, 辺に, 雲, 高い束髪

1 [505件 抜粋] あいだから, あたり, あたりから, あたりを, あちらこちらに, あらわれた土, あらん限り, ありとある, あるしんみり, あるのびる植物, あるよう, あるイタリー, ある人生, ある土地柄, ある夢想, ある小言, ある悪意, ある方, ある樹, ある樹木, ある毛, ある訳, あわない, あわぬよう, いいロシヤ人, いそしみを, いよよに, うたかたに, うつろを, おりた足, お化, かくれて, かたにて, かみついて, からだの, かわかしたの, きわに, きわめて多い, くさ, くさひで, くずれた髪, くぼみに, こごしき道, こぼれ松葉の, ごとし打, ごろごろし出し, しどろに, しまった知識慾, しまるよう, しまる寒, すみずみ, せわなどの, その向き合える, そばで, そよそよ風鯉, ただくされ, ためには, ちょうど小, ぢき, ついたところ, ついた切株, つき易い, つくと, つくろいを, つけもとから, つづいて, つづくかぎり, つめやうは, つめる仕事, ところが, ところへ, とまるよう, ないうわさ, ないお, ないところ, ないの, ないフラーゼオロギー, ない事件, ない切り花, ない剪, ない垣, ない女, ない存在, ない廃頽, ない慰藉, ない方, ない枝, ない棒, ない浮草, ない浮草みたい, ない熱情, ない理窟, ない私, ない笑談, ない臆説, ない花, ない苦情, ない荒唐無稽, ない萍, ない誤解, ない門形, ない限り, ない霞, ない風説, ない馬鹿げた, なが, なければ, なさ, なにかを, ぬけた乱れ髪, ねえこと, はじける音, はりだしたか, ひからびた樹木, ふかい土地, ふかさ, ふくれる程, ふけえ, ふるえを, まはり, まわり, まわりの, みちて, みどりの, もとに, もので, ものであり, やうです, やうな, ゆるみたる瓦, ゆるんだ髪, ゆるんだ髮, ゆるんだ齒, ようで, わななき, イチハツを, シガアレット・ホルダーを, シガレット, 一つ一つは, 一側から, 一方を, 一部を, 一面だけが, 上, 上あたりから, 上あたりを, 上つた日本髪や, 下つた品, 下で, 下には, 下の, 下りさうな, 下りたる, 下を, 下三方板囲いされた, 下草には, 不恰好という, 丘に, 両側で, 両手両, 両脇, 中でも, 乱杭枝葉の, 乾かぬうち, 乾かぬ先, 乾かぬ間, 乾し蘿蔔, 事なれ, 二島の, 人たち大, 人で, 値いを, 傍に, 元結が, 先の, 先より, 先を, 先端を, 光明却り, 光明闇き, 八つ口が, 内で, 凝しき山, 凡てを, 処から, 処が, 処だ, 処だった, 処である, 処に, 処へ, 出た木の根, 出ッ鼻が, 分量は, 切れた儘, 切れて, 切れるまで, 刑死する, 剥けて, 力で, 力を以て, 北に, 北側に, 半分枯れた, 友匠の, 受ける動揺, 叢を, 古い家, 古毛が, 合は, 合わない声音, 合わない女たち, 名を, 周囲の, 味が, 味噌汁が, 味方には, 命は, 営みが, 土にまで, 土乾き居る, 垣根を, 埋むとき, 培養は, 堅い白皚々, 増損に, 夏の, 外に, 夢を, 大きかった, 大きな椿, 天辺に, 太い茶筅, 太さ, 奥の, 奥まったところ, 好いの, 始末を, 字が, 客を, 家, 富士の, 寒さ, 寝床は, 対象と, 小さな植物, 小涌谷の, 小百合, 小蟹, 小高い塚, 尖まで, 尽きる武士, 山の端に, 山腹から, 岩も, 峯に, 峯より, 島と, 島という, 島の, 巌に, 巌を, 底明りが, 建札や, 弛んだ島田, 弛んだ髷節, 弱い敗北, 弱い木みたい, 張った感情, 張つ, 張らない見掛, 張りぐあいまた, 強い方, 強い植物, 強い菊太, 強さ, 形が, 形なぞに, 形を, 思いという, 悪障, 意, 所で, 抜きがたき, 抜けた丸髷, 抜けた島田髷, 抜けた目付, 搭乘した, 斑雪にに, 方で, 方と, 方形部には, 暗礁の, 曼珠沙華だ, 木口包み, 本能を, 本能的に, 束の, 東聲し, 松の, 松の木へ, 松よ, 枯れるの, 枯草からは, 柴舟で, 根を, 棟に, 様に, 正直な, 死は, 死体は, 死体を, 死因は, 残って, 残れる間, 氣, 水上我が, 氷柱の, 永き一日, 永き春日, 沼だ, 泡立つ音, 波よせ, 洗われて, 洞穴の, 浅いよう, 浅い名声, 浅い気持, 浅い自分, 浅さ, 浮くよう, 消毒した, 液の, 深いところ, 深いもん, 深い別居, 深い国民教育, 深い実感, 深い恨み, 深い惨憺, 深い日本, 深い木, 深く広いこと, 深けくおも, 清水は, 温泉で, 湧水に, 湯本での, 湯気蒸す, 湯海気封じ, 無いこと, 無いごとく, 無い年少, 無い樅, 無力さを, 無数を, 熊笹に, 王が, 王二柱, 王次に, 球が, 瓦が, 瓦の, 甍が, 生えたやう, 生えたやつ, 生えた居ずまひ, 生えた植物, 生えた生活, 生えてたには, 生え際が, 甲に, 留まらんまでは, 瘡蓋の, 発達した, 白い三日月, 皮は, 直ぐ下の, 眞ん中に, 真偽を, 石を, 研究を, 確かな, 礁じゃ, 私には, 積り, 空が, 空へ, 空洞に, 空高く, 窪などに, 端から, 筋肉に, 約二間, 紅樹林の, 紫の, 細かな, 細胞の, 細胞を, 網の, 締らない, 緩みたる瓦, 縁と, 縁を, 縁白笹に, 美味いの, 群青に, 義なり, 翼然, 聖火と, 肉だ, 肥ゆる, 背後の, 背後へ, 脂肪の, 脈々巌の, 腐つた裏門, 腕力に, 膿みを, 臣, 臣が, 臣すな, 臣を, 臺座には, 良さ, 花に, 花芽より, 苔などを, 苔を, 苦痛より, 苧の, 草かく, 草つひ, 草と, 草をも, 草木なく, 草葉の, 荘厳に, 萩むら孟宗の, 著き易いもの, 蓮, 蟠って, 行き逢った隅, 裾へ, 裾を, 覆るや, 見えるサルペートリエール救済院, 親とも, 言問ひ止み, 語が, 譬えば黒い, 赤いギザギザ, 路と, 路を, 辺が, 辺で, 辺りに, 辺を, 近くまで, 近く雑木林まで, 通って, 逞しい執念, 遠ざかることいかばかりぞや, 適当な, 邊から, 部分が, 部分とか, 部屋で, 部屋の, 鍍金せる尖, 鐶に, 長い歯, 長き春日, 長く存するあり, 長さ一寸, 門を, 閉ぢた, 間から, 間へ, 附いて, 附て, 陰に, 隣駅, 隧道を, 雑草に, 雪に, 震へ, 鞭を, 頁岩から, 類をも, 風霜に, 養いと, 高いの, 高い丸髷, 高い円髷, 高い島田, 髯鼻下より, 魔の, 黒く凍る, 黒檀の

▼ 根~ (662, 9.0%)

24 持って 19 腰を 10 もって 9 持つて 7 つまずいて, もつて 4 なって, 立って, 縛られて, 足を 3 あり, して, 埋めて, 宮柱太し, 帰るもの, 水を, 腰かけて, 離れ浮く葉

2 [34件] そんな猛毒, つまづき, のこる, もつこと, よりて, 一人乗る, 上って, 倒れて, 凍む土, 力を, 反る, 夕日さしうらがれ, 巣を, 從へ, 心寄せつつ, 恰も山の端, 打つて, 掛けて, 毒が, 湧きあがる巨, 湧く雲, 湯が, 灌いで, 縋って, 置かむ, 落ち鳴りて, 葉に, 血を, 身を, 近き岩枕, 近づいて, 金が, 雪ぞ, 顕れた

1 [478件] あいて, あった, あったと, あった現実性, あつまると, あやめの, ありました, ある, あるもの, ある一種, ある唐獅子, ある最御崎寺, ある色素, ある見えるか, ある黒い, いって, いろいろな, いろいろの, い引きまつ, うく, うずくまり様子, うずたかくし, おなじ夜寒, おもち, かえる, かかった一刷灰色, かくれたので, かくれて, かけ自分, かじりついた, かみしめて, かやの木地蔵ましまし, からだを, かんで, きちか, きりきりと, ぎっしり据え, くいつく, くくって, こすり久しぶり, こぼれた茨, こみ上げて, さいて, さした銀, さふらん, ざっくり切り込んだ, しくため, しつかりと, しゃがみこんだ, しゃがんで, じっとうずくまっ, じっとりと, すいかずらの, すがって, すがらなかったら奈落, すがりつきすがりつき, せまった, そそいだり, そそと声, そよぐ小萩, それぐらいの, そろへたり, ただ丘, ちょっと蟠っ, ちょと, ちよつ, つかまり崖, つくば, つけて, つちかうこと, つながって, つながれて, つばを, つまずいたので, つまずいたのに, ときたま来る, とびついた, どっかり腰, どんなに近く, なったよ, ななめに, なりそれから, なりまさあ, なるの, なる春, のこる程, ひかれ風, ひとくきあかき, ひとむら, ひびかひぬ, ひびも, ひろい国際性, ぶっつかった水, ぶつかる音, ほのかな, ぽつり, まいた紫矢がすり, もたせかけた, もたせかけて, もった蕪, もってるの, もつと, もつほど, もどって, やるという, よりかかって, わざと深く, カタバミの, ゴロタ石が, サッと野分, ザブリザブリと, ダリヤと, ハンカチを, ベルトがか, ペッタリと, ポカリと, ポケツトの, 一々野心, 一人居た, 一人悄然と, 一本一本神経が, 一枚緋の, 一株大きな, 一筋ずつ, 一面と, 三つ股にな, 三角形の, 上がって, 上げて, 上ったり, 上りそれ, 上り横, 両足を, 丸い石, 乗据えた, 人が, 今度は, 休んで, 伝わって, 住み一つ釜, 何か, 作って, 供給し, 倒れたそれ, 倚りか, 倚りかかっ, 充分なる, 八字を, 其の木像, 冷酷か, 出た朝顔, 出来る薯, 判らない逞, 到らざるを, 十センチも, 危く躓き, 及び廣さ人, 及ぼす作用, 口を, 叩きつけたよう, 叩きつけもう, 叩きつけるやう, 叶い易い, 向かった, 向けて, 向ふ, 含んで, 吸ひつい, 咲いた山桔梗, 咲き匂って, 嘉魚釣りて, 噛んで, 土を, 在ると, 坐って, 垂れた鼻腔口腔, 垢の, 埋けて, 埋めたり, 埋めた乾雲丸, 埋められて, 執着が, 培うべく湖, 培はれ, 堆肥を, 堰かれて, 塔を, 夕さり光る, 夕さり明る, 夢が, 大きな底潮, 大きな籠, 大小が, 大破殺, 始めて一, 嫁菜が, 宮柱ふと, 宮柱を, 寄せられた八, 寄せる小, 寄った方, 寄って, 寄る潮, 富山の, 寒さ, 寝転んで, 寢そべつて, 小ジワ, 小屋の, 就いて, 崩れて, 巨大な, 巻いて, 巻きつけるとか, 布を, 建てて, 引っかかると, 引っからんだ, 引つ掛かる, 引寄せ, 張る巌もろとも, 当って, 当るなら北条氏, 当る処, 後ろ手を, 息き殺げり, 感じられて, 感ぜしめるので, 手ごろな, 手足両目あり, 打ちつけられたごとくに, 打込んで, 投げて, 持たいでも, 持たないで, 持たない人間, 持たなかった, 持たねえこと, 持ちながら, 持ちやがってね, 持ち一, 持ち再三, 持ち去る, 持ったの, 持ったもの, 持つこと, 持つたに, 持つた感情, 持つてや, 持つなよ, 持つなんて, 持つほどの, 持つやう, 持つよう, 持つ奴, 持つ恨み, 持つ男, 持つ秀吉, 持てば, 持てる無意識的生力, 持とうや, 捨て, 据えて, 掘つた, 掘ると, 掘當, 掛り巨巌, 控えて, 揃って, 摩り寄って, 散りぼひし, 斃れた, 斧を, 新しい境地, 新婚の, 於て, 映えて, 春は, 晝光る, 有つて, 朝ゐ, 来て, 枯れて, 植えて, 植つてゐる, 椎の, 樋を, 模造品に対する, 横た, 横はる, 横り, 横わる一大, 横坐りに, 櫛を, 歸する, 残して, 残って, 残つた垢に, 毛の, 気も, 水気たつ, 汗の, 沁みる涼風, 沈潜し, 沿った西, 沿って, 注いで, 注意を, 注連縄ひきはり, 流れ入って, 浮んだ, 消えて, 深く埋められ, 添い真逆様, 添って, 添ふ, 溜った灰, 溜り込んだ栗, 漲らせること, 潛んで, 潜む不可思議, 潜んで, 澆ぎ次に, 点けて, 無関心, 燒き凝し, 狐火かと, 狭く荒い石原, 猛毒の, 猫蛇相搏つ, 生えて, 生ひまじる, 生ふる, 留ったが, 留まって, 當つてゐる, 當る, 痩せたる老, 登って, 登りて, 皺を, 真白い水, 眠って, 眺めて, 石蒜の, 破壊力あり, 禁厭か, 秀の, 秋風を, 種々な変わり, 積れる, 穴が, 穴を, 立ったり, 立った娘, 第三者の, 筍生ひ, 籠るの, 籠る若草, 籠る蚯蚓, 精神の, 純粋で, 素焼の, 素燒の, 紫色の, 結びつけた赤い, 結びつけられて, 結んだ銀丈長, 絡んで, 総て附い, 線香の, 縋った, 縋つた嫁菜, 縋りて, 縛められて, 縦横に, 縫いつけられた, 纏は, 纒ひ, 置いて, 置く卵殻, 美しい小粒, 肉刺を, 肥料として, 肥料を, 背を, 脂肪の, 腰うちかけ, 腰下ろい, 腰打ちかけ, 膏の, 膿が, 自分の, 至るまで, 苦味を, 茂って, 茣蓙を, 茶色の, 落ちて, 蕗の薹の, 薄墨色に, 薄氷が, 薄穢く, 藍の, 蘭を, 蛙の, 蛞蝓でも, 蠢いて, 行き當, 行く前, 行って, 複雑な, 観念の, 言問はむ, 象ったであろう, 象る普通, 貯へ, 貼り着けられた様, 貼り着けられた樣, 赤点あり, 起りて, 足場を, 踏ん張った碌さん, 踝を, 踞いて, 踞んでつくばい立, 蹲む媼よ, 蹶いて, 蹶き倒れるお, 躓いて, 身震いし, 転変ある, 軽く築いた, 近き処淡紅色, 近くその, 近く伐る, 近づくと, 近寄ると, 返ります, 迫って, 迫らぬやう切れ目, 送つて, 這い縋って, 通ひける, 逞しい文学慾, 運ばれた不思議, 過ぎまい, 達し鬣, 達するほどの, 遮れて, 還るもの, 還る気力, 邪魔され, 酒を, 鎌の, 長くなった, 雨の, 雪かも, 霜の, 霞み行く, 露草は, 面倒と, 響くやう, 響く内容, 飛び上がる方, 食込んで, 高さ三尺, 高田早苗鈴木梅四郎兩氏の, 高麗村と, 鯉は, 鰭ある, 鳴き澄む, 鳴らして, 黄色い腫物, 黒い影, 點けて, 鼠あらはれ, 齢七十路に

▼ 根~ (349, 4.8%)

94 葉も 14 合は 11 ないこと 6 尽き果てて 4 あわずに 3 ない, ない事, ない嘘, 合わずに, 合わずガタガタ, 合わないよう, 合わぬよう, 精も

2 [12件] ない噂, なき事, 力も, 合わず顫, 合わないで, 合わぬまでに, 尽きはてて, 尽き果てたよう, 尽き果てました, 盡き果てた, 絶らぬ, 見えなかった

1 [172件] あはず, あらぬ裂けし芭蕉, あること, あわずがたがた, あわない, あわないほど, あわぬありさま, いずれも, いろいろと, うわの空に, かぎりなき, ここでは, ことごとく求める, ずっと前, そのまま大, つきはてたから, つきはてたといった, つきはてた様, つきはてついに, つきはてて, つきはてましたんで, つきはて鼻, つきやっと, つきるばかり, つき果てたやう, つき果てて, つき果てるほど, どこへやら, ないもの, ない世上, ない事実, ない云い, ない作り話, ない出合, ない千代子, ない嫉妬, ない嫌疑, ない怪談, ない恐怖, ない暗黒, ない枝, ない流言, ない流説, ない狂女, ない独断, ない疑い, ない自白, ない蔭口, ない迷信, ない風説, なきこと, なき希望, なくなった絶望, なくへとへと, なく指摘, なく葉, ねえ話, ぼうぼうと, また, また異ならざる, みな枯らし, もつれなに, やはり毒, ゆらいで, よい地, ホトホト尽き, 一も, 一度に, 乾かぬうち, 乾きて, 体も, 使いはたして, 使いはたしまるで, 使い果しゴオル, 先ごろ践祚された, 全く盡, 共に知る, 其のま, 分る, 切れて, 卸さぬ田畑, 卸せば, 取り尽しその, 合はず戦きつ, 合はず煙管は, 合ひません, 合わず, 合わずガチガチ, 合わずワクワク, 合わず家, 合わず慄, 合わないまでに, 合わない心持, 合わない程, 合わなかった, 合わぬが, 合わぬくらい, 合わぬという, 合わぬながらに, 合わぬほど, 合わぬほどに, 合わぬ位, 合わぬ口, 合わぬ程, 合わん始末, 吟味の, 吸い取られて, 喜ぶその, 土も, 婦人作家としての, 尽きたという, 尽きたの, 尽きて, 尽き果てたこの, 尽き果てた感じ, 尽き果てた様子, 尽き果てた美女, 尽き果てながら, 尽き果てもう, 尽き果てようと, 尽き果てらりょう, 尽き果て五月, 尽果て, 幹も, 底も, 張りも, 思ひなしか, 思ひやられた, 打ち返へ, 抜けた, 押別け, 捜って, 摺り減して, 早晩取払われなけれ, 春雨竹の, 末の, 枯れ果てて, 株も, 樅の, 止まり頭髪, 水づかりだ, 波立つ如く, 浅い鉢植, 深く枝, 深ければ, 淺い, 渚べも, 無い事, 無い話, 無くなって, 生の, 田螺も, 盡き, 盡きた, 盡きはてた, 盡き果て, 眼には, 碌々張っ, 竭き, 絶えたの, 続きッこ, 胸くそ悪く, 舞台も, 芽も, 血も, 衰えたよう, 見えた, 見せないの, 読みとれて, 谿に, 除かれなんとも, 随分ある

▼ 根~ (322, 4.4%)

6 それだけの 4 あるかい

2 [23件] こぼれ日つよし地靄立ち, さう, そこに, なぜ赤い, にがし, はるかに, ひとりかが, ふかい, 世俗的現実的な, 吝嗇で, 善良な, 地中に, 好人物で, 家々の, 律儀で, 案外浅く, 正直者な, 水に, 海に, 甚しく, 詩魂である, 貪婪な, 食用に

1 [266件] あくまで生活, あざやかに, あっちこっちに, あつて, あなたの, あの観音, いい人, いくらかでも, いつから, おろして, かち, かねて, からからに, くたびれる気色, ぐらぐらとして, けれども太い, ここにこそ, この上, この島山, さう悪い, さまざまな, しかたなく, しっかりと, しばられつつ, すぐくすぶり始めました, すっかり土, そうあるべき, そこから, そな, それが, それだけ, そんな風, た, たいていおとなしい, ただ一山, とても善い, どうも素人育ち, なくとも, なくなる時, なく幾日, なんにもない, ばり, ひとつだ, ひろくふかいの, ひろご, ふ室の木, べつに生えた, ほかの, ほそくなりゆき, ほとんどみな, ほろ甘, まるで異なった, むごたらしく斬殺, めいめいの, もう三尺四尺, もう枯れ, もろく動い, やけくそな, やさしい男, やさしくて, やっぱり起き, やはりアカネ, やはり作家, ゆるみ冷笑, よく鋤き, わが周囲, ガックリ抜け, シッカリと, タラコンと, チャラッポコで, ブールボン家の, ロマンティシズムの, 一つ, 一つに, 一つの, 一つも, 一介の, 一体どんな, 一度も, 一方の, 一王家の, 一種の, 三月一日の, 下駄屋な, 中世的原人で, 中村の, 中流人な, 丸地の, 久しい町人, 云ふも, 互いにまつわりつい, 人の, 人類の, 他には, 仙人安期生が, 何処に, 何處から, 例の, 個人の, 僅かな, 僧侶臭い, 全く不用ゆえ, 全然そつ, 其処で, 冒険心旺盛なる, 冷たけど, 処女の, 分れつつ, 刈りとっちまったが, 別にある, 力限り四方へ, 匂ひいで, 千年の, 又吉備津彦, 同じく封建, 同じこと, 同じもの, 同じ型通り, 同じ程度, 名は, 君子人だ, 善人とも, 善人なる, 善良だ, 四畳敷の, 土の, 土を, 地獄にも, 垂仁帝の, 塩と, 境を, 夕焼け色だ, 多くの, 多年生で, 多肉で, 大地の, 太い鬚状, 女であった, 字を, 学問上で, 宇宙の, 実に深い, 実は非常, 射る物, 小心な, 少しも, 山帰来という, 左の, 常に濡れ, 平素は, 年々歳々ほんの, 幾本も, 廓者であった, 廣い, 延びて, 彼等が, 思想である, 悉くここ, 悠々と, 悪い男, 惣体葺屋だ, 愚かだ, 愚直な, 戦いもがき, 折れぬ, 抜いて, 抜けずに, 抜けない, 政治経済文化の, 日本の, 暗く其の, 暴力団の, 暴力的な, 更に数本, 有害無益なる, 根からの, 根である, 根の, 案外に, 案外善良, 極大を, 楽天的な, 止って, 正直だ, 此處へ, 残るの, 気分が, 気立ての, 汗ばんだ, 池の, 決してほじくりあげられ, 決して虚構, 河馬五匹の, 油で, 泥土に, 浮浪児や, 海中に, 涙もろい, 深いもの, 深い齲歯, 深く入っ, 深く地中, 灰色に, 無邪気な, 無限に, 牛蒡の, 畠の, 痛くなり, 瘤で, 白い色, 百姓の, 百姓御, 百龍の, 皆知つて居る, 矢張り女です, 硬くて, 私よりも, 突いて, 童学草舎の, 筋ばって, 簡単だ, 絶えずなど, 絶えて, 繊維の, 肥厚し, 臆病で, 至る所, 良妻型の, 草鞋が, 莖に, 菌糸で, 落ちて, 蔵すなり, 虔しや, 虚偽に, 裸足の, 西洋手裏剣の, 覆へり, 見えるん, 見つつ, 親切そのもので, 親切だった, 親切で, 誰に, 諸家に, 豫て, 身の, 軟く, 辛い人間, 辛うじて冷たい, 農夫達が, 近くに, 野見を, 鋼鉄の, 鋼鐵の, 長平に, 隠れて, 雪の, 電磁気や, 非常に, 馬鈴薯の, 高く盛り上がり, 髷ながら, 鬚根で, 鬚状を, 黙つて野見

▼ 根もと~ (250, 3.4%)

6 に近い 5 のところ, のほう 4 の土 3 から折れ, の方 2 からぷっつり, から伐る, にしゃがん, には卵, に緑, に腰, の節穴

1 [210件] おへそ, から, からありませんでした, からきっ, からさし, からすぱりと, からたおれ, からちぎれ, からはらいあげた, からひっくり返され, からぷきりと, からもぎとられ, からザーッ, からチクチク, から一太刀, から三メートル, から不意, から二叉, から伐った, から低く, から倒れた, から切りまげ, から吹い, から島, から川, から引き抜きました, から折られた, から採る, から新しい, から枝, から直ぐ, から見事, から造作, がそこ, がはつきり, が七分, が二つながら, が広い, が廣, が腐れ, が腐れかかっ, だけ雪, では鹿, で一つ, で勝手, で甲板, とか臼柱, とドア, と先端, と芽, などに光っ, などを掘り返し, に, にあぐら, にある, にあるいは, にいた, にうずくまっ, にうつろ, にお, にかがみこん, にかがみ込み, にがぶり, にくくりつけられ, にすっと, にせっせと, にせつせ, にたま, にちら, にちらばっ, につない, につながれ, になに, にはいつも, には向日葵, には新しい, には繁つた竹, には蘚苔, にば, にひとつかみ, にふくらみ, にやれ, にゆらゆら, にグタリ, にケロリ, に一人, に一列, に並べた, に中った, に二匹, に人, に佇み, に倒れ, に傷, に初, に別, に咲き残る, に坐りこんだ, に埋め, に埋められた, に大きな, に太古, に女, に寄り, に尊氏, に巣, に年, に押し, に押し倒され, に敷かれた, に朝顔, に横たわっ, に洗濯, に焜爐, に無言, に爪, に生, に男女二人, に穢い, に立ち, に立っ, に聞いた, に苺, に茶店, に葬った, に血まみれ, に走り, に跼んで, に蹲まり, に身, に転げ落ちた, に近づき, に連れ, に達した, に重なる, に雑草, のあたり, のなめらか, のやわらかい, のランプ, の切り株, の周囲六十四尺, の地, の地面八方, の声, の安心, の少し, の岩蔭, の所, の洞穴, の盛り土, の穴, の肥料, の草, の落葉, の輪, の辺, の近く, の鳥, はここ, はじつに, はたった, は塩冶, へかけ, へかけあつまった, へくわ, へころげ寄る, へどどどど, へ一閑斎, へ寄っ, へ必要以上, へ目, へ足, へ近づけ, へ集まっ, へ黄金, までいそい, までつめ, までベッタリ, まで出, まで堤, まで彼ら, まで押しよせた, まで来, まで水田千里, まで焼き払おう, まで登っ, まで美味, まで裂け, よりし, をうねる, をこなた, をさぐり歩い, をつかん, をねらっ, を一回り, を切られ, を念, を掘り抜く, を水, を泳いだ, を深い, を焼かない, を突い, を結い直し, を走っ, を走り, を透かし, を青い, 深く罪

▼ 根~ (223, 3.0%)

7 とする, を與 5 がある, のない, をもつ 4 とした 3 になる, によつて, のある, をおいた

2 [13件] があつ, があり, が私, して, として明, なるもの, にし, に十分, の無い, も私, を有, を有し, を理解

1 [152件] あつて, あつて天津教はか, あるもの, ある欲求, からの論證, からは靈魂, から取つ, から成立たなけれ, から推定, から本質的, から私, があ, があれ, がいかなる, がいかに, がただ, がまさに, が不明, が人間, が何, が出, が分つ, が十分, が存する, が實, が持ち出される, が提示, が明, が極めて, が薄弱, が見出される, しか有, したり, する處, たる大藏省, づけられたるもの, づけられる, づけられるかを, づけ得るが, づけ關係, であり得る, である, である反省, である故, ではない, ではなく, でもあらう, で描いた, といふの, とし, としたる, としてここ, としての靈魂不死性, として凡て, として出, として判定, として南宋, として司馬遷, として善人, として善人惡人無差別, として善惡無差別, として太初元年, として將來, として居つた, として居る, として意見, として成立, として推測, として父, として生きる, として自分, として邪馬臺國, とせざる, とせる, となつ, なきこと, なし, なしに, なりといへる, については説明, にとつて僞, になつ, には議論, にまた, にも恐らく, によつて神, に乏しい, のうち, のすべて, の愛, の普遍, の連結, はあつ, はありませぬ, はありません, はどこ, はない, は主として, は人間, は僕, は全く, は共に, は十分, は實, は實踐的法則, は常に, は明, は殆ど, は決して, は現在僅か, は私, は與, は虚無, は謙遜, は躁急, ほど堅固, も, もなく, も存, も持ち出され得ず, も未だ, も現在, も與, をすえ, をその, をどこ, をなす, をなせる, をベルグソン, を使用, を失ふ, を定め, を得る, を拔, を据ゑてゐるからである, を有する, を有せり, を有つて, を期待, を求め, を求める, を物質, を發見, を確實, を示されません, を築き上げる, を考察, を考量, を自由黨, ヲ異, ヲ缺如シタル民本主義トナリテ輸入サレツツアル, 極めて薄弱

▼ 根掘り~ (125, 1.7%)

26 葉掘り 6 葉掘り聞く 4 葉掘りする, 葉掘り聞い, 葉掘り訊ねる 3 葉掘り訊く 2 葉掘りし, 葉掘りの, 葉掘り問いただした, 葉掘り問い質し, 葉掘り尋ね, 葉掘り聞いた, 葉掘り訊きたい, 葉掘り訊問する, 葉掘り詮議した

1 [60件] そこの, で作る, を引受けた, を握っ, 紫ふかき, 聴いて, 葉ほりきく, 葉ほりに, 葉ほり詮議する, 葉掘りいじめない, 葉掘りきい, 葉掘りききだした, 葉掘りききはじめた, 葉掘りきき尋ねました, 葉掘りされる, 葉掘りたずね, 葉掘りたずねた, 葉掘りに対して, 葉掘りは, 葉掘り問いただす, 葉掘り問う, 葉掘り問ひかけた, 葉掘り問ひます, 葉掘り問われた, 葉掘り問われる, 葉掘り嫌な, 葉掘り尋ねたら, 葉掘り尋ねます, 葉掘り尋ねる, 葉掘り探究する, 葉掘り極めて, 葉掘り研究する, 葉掘り聞かなけれ, 葉掘り聞き, 葉掘り聞きたがり, 葉掘り聞きたく, 葉掘り聞きたくなった, 葉掘り聞きはじめる, 葉掘り聞き始めた, 葉掘り聞こう, 葉掘り訊い, 葉掘り訊いた, 葉掘り訊きた, 葉掘り訊きただしました, 葉掘り訊きだし, 葉掘り訊きだした, 葉掘り訊きなさるだ, 葉掘り訊きはじめた, 葉掘り訊き出す, 葉掘り訊ね, 葉掘り訊ねた, 葉掘り訊ねはじめた, 葉掘り訊ねます, 葉掘り訊問された, 葉掘り訊問するだろう, 葉掘り詮議する, 葉掘り質問した, 葉掘り質問を, 葉掘り追窮し, 葉掘り頻りに

▼ 根~ (93, 1.3%)

3 よさ 2 が續, と精力, の良い, よく書きつ, よく細い綱, よく讀み通した, を養

1 [76件] があり, がある, があれ, が大切, が必要, が足りない, くらべだね, くらべは, すらなささうだ, である, ではない, で彼, で成功, とあの, とが大切, とは實, とを備, と時間, と誠實さ, につけた, には實際, には驚く, に實行, に織, に織りました, に負けた, のい, のよ, のよい, の薄い, の足りぬ, はお, は大した, は大層, は心から, は無, よく, よくあやした, よくいひ, よくお, よくその, よく人, よく其の, よく勉強, よく動き, よく勤勉, よく口説い, よく啼きつ, よく國會論, よく奮鬪, よく始める, よく家探し, よく掘つた, よく搜, よく撓まず噛ん, よく書いた, よく書簡, よく櫻, よく歩き, よく毛髮, よく絡み付きます, よく續, よく蓋, よく見, よく言, よく訪ねました, よく調べ廻つて, よく追, よく集め, よく頼み込み, よく鼻紙三枚半, を持ち得ず, 好くうた, 好く無駄骨, 好く石積み, 強さ

▼ 根から~ (89, 1.2%)

3 美しい花 2 土を, 湧く清水, 疲れ果てた, 聴くこと, 萌出し夏秋に, 遊離し

1 [74件] うち震え, おびただしい雨漏り, がく, ごしごし引い, ささやかな, さつぱり親切気, さつぱり親切氣, さつぱり談合, すっかり洗われる, すっぽり抜け, だと, ちょっと上, つづいて, でなくては, とった液, ぽっかり青い, スッポリ抜け, メンバエキスと, 一つの, 一筋の, 其を, 出たもの, 出た水草, 出て, 切り執られた, 切り放された約束, 前述の, 匕首を, 口惜しい痛み, 右の, 右へ, 咲き分れた, 四国三郎の, 少し不自然, 岐れた, 庭から, 引き揚げたの, 採る藥, 探り出す名人独自, 掻き落した雪, 搾った一番, 放射状に, 根を, 森の, 浸みだして, 渓流の, 湧いて, 滴々と, 爽かな, 猛毒を, 生いで, 生れたもの, 直ぐ斷崖, 短かく, 空の, 突端までを, 粉が, 続いて, 膝が, 舞上つたあゝ, 芽の, 芽を, 茎や, 荒々しく立ち上った, 萌え出るもの, 薄い小米, 谷へ, 這い上がって, 静かに, 頸へ, 顎を, 駆除する, 黒気の, 黒髪を

▼ 根よく~ (81, 1.1%)

3 待って, 探して 2 それを, やって, 幾つもの, 探しまわったが, 方々を, 網を, 通いつづけた

1 [61件] あさって行く, お米, くり返して, ここに, ここまで, ことこと働い, そこらを, たたき起して, ほうぼうへ, ほとんど休む, やったが, 二三カ月毎日その, 働いて, 力を, 叫びつづけた, 声を, 廻って, 往きつ戻りつして, 復讐を, 息を, 慫慂し, 手繰って, 払い落すと, 投げるうち, 押して, 押掛けて, 持続し, 捜して, 探したら見つかりましょうよ, 探しまわると, 探し歩いたところ, 探すの, 掻っ散らし, 攻めて, 来ても, 歩いて, 毎晩さがし歩い, 江戸じゅうを, 沃ぎかけていると自然に, 潜って, 猟り尽くしたら, 発掘遊ばしたなら, 白い瓦斯絲, 眺めて, 続けて, 見まわって, 見張って, 親切に, 詮議した, 読みつづけて, 調べて, 走りつづけた, 辛抱し, 追いつづけた, 追っかけて, 追って行った, 通って, 金敷の, 門前に, 雪の, 鬱ぐじゃ

▼ 根~ (75, 1.0%)

5 申されるお方 4 なって 2 いえば, いって, して, しながらも, なりて, 枝は

1 [54件] ありまする, いいます, いうても, いっしょに, いふ, お前は, かき根には, し手, するブルジョア文学, する西洋文学, する連立方程式, すれすれの, なったこと, なるもの, なる世界経済, まったく遊離, まつたく遊離, 一面の, 乳房の, 云う一大暗礁, 云う処, 云ふも, 入りまじって, 入れ換, 共に掘, 十手の, 呼ぶの, 境とは, 大小の, 幹を, 思う辺, 意見が, 手足の, 書いて, 書こう, 枝とが, 根二つの, 海なる, 烏瓜を, 熱心とばかり, 称えます, 称し, 紫の, 緊密な, 老爺の, 考へては, 腿は, 茎とを, 落ち合う所, 葉なりと, 言ふ, 連結され, 鉄釘を, 頭の

▼ 根まで~ (75, 1.0%)

4 赧く 3 紅くし 2 真ッ赤, 裂けて, 赤くなっ, 込み上げて

1 [60件] あかくし, あかくなった, いや眼, ことごとくみな取り, その冷た, だぶりだぶり, つき込んで, みな朽ち去る, スッカリ分ったなら, プッツリ止めの, 一ツ石で, 入れて, 出しかけたの, 切られたが, 切れたれば, 噛まれる日, 川の, 引き抜こうと, 手拭で, 抜けて, 指しこまれ肝臓, 掘って, 掘り取るの, 掘り返すご, 掻きわけた, 水へ, 決して本名, 焼けて, 現れて, 真っ赤に, 真紅に, 真赧, 知らなければ, 知り度, 突きと, 紅くした, 紅くなっ, 紅くなった, 胴に, 腐るよう, 覆つて, 見えすき額ぎはわざとならず自然, 見えて, 見える見晴, 見透き額, 解いて, 赤くし, 赤くな, 赤くなった, 赤くなりました, 赧くし, 走らなければ, 転がった, 近づき青桐, 透いて, 這入る低く, 遡ぼって, 隠した, 雑木の, 露出し

▼ 根~ (72, 1.0%)

3 かけて 2 するめ, 腰を, 足を, 這わせて, 飛んで

1 [59件] かけ上って, かけ寄って, くくりつけ誓願寺裏, ぐいと一, ぐいと力限り, こ, こころよい櫛, しっかりと, つばを, とうとう腰, とって返し肉迫, なでつけたの, なでつけながら, ひき寄せると, ひよつこりとび出し, ひろがって, へばりつき両端, べたりと髯, よろめいて, 一撃喰っ, 上ったり, 倚りかかった, 出て, 取りつこうと, 向って, 呻きながら, 大きな穴, 少々その, 屈んで, 戻しました, 打ちこんだり, 打ち下ろす, 扱く時, 投げ林, 掛けた, 染み込むよう, 棲まって, 毒を, 父親の, 百は, 相当の, 穴を, 結ひつけました, 胡坐を, 草鞋を, 荒縄で, 行つて腰を, 貼りつけて, 走った刀, 踞んだり, 追い上って, 這った, 運び出せ, 酒を, 隠れる, 靄を, 頭を, 飛びさ, 飛び移った

▼ 根がた~ (54, 0.7%)

2 [11件] にうずくまっ, に坐っ, に堆く, に夫, に白銀色, に腰, に落し, に落ち, の土, の青, へ括りつけられ

1 [32件] から凝視, である, にど, にはお, にはおおく, には水, には蝮, にもところどころ, に伝三, に佇んだ, に低く, に俯ッ伏せ, に尿, に歩み寄つた, に筵, に縄, に繩, に蹲, に駕, のまわり, の川原, の草, へ意気地, へ敷き直し, へ楽々, へ横臥, へ莚, へ跳びつい, へ跳んだ, や岩角, を立ち上った, を見かける

▼ 根~ (49, 0.7%)

3 からお, からお便り, からの子供, から宜, から私, から面白い 2 から氣, 子を, 株だ

1 [25件] からの屋久島, からの山好き, からの工員達, からの怠け, からの戲作者, からの武骨者, からの田舎者, からの自由主義者, からブツつり, から下らない, から家業, から気, から皆, きり葉つきり, きり葉つきりこれつきりで, この太い, 切り葉つ切り, 子うつちや, 子せ, 子なく, 子の, 子は, 子掘りだ, 子掘りの, 木

▼ 根には~ (42, 0.6%)

2 あなあはれ白き, 微かな

1 [38件] いつも現実, おそろしい毒蛇, すすけた泡, それが, ひとむら, ぼくらの, まるで灰埃, やはり岩乗, 一ツづゝ皆水を, 乏しい位, 信仰の, 優しい露草, 取りくずした木材, 土龍の, 大きな灸, 小判を, 小笹の, 日あしが, 毒が, 水を, 無造作に, 生々しい傷痕, 生きて, 白い露, 皺が, 目覚むるような苜蓿の, 石ころを, 窪味が, 竿を, 節毎に, 纖毛が, 腫さえ, 草が, 蕗の薹が, 蟹が, 針の, 鉄分が, 頭の

▼ 根~ (41, 0.6%)

3 でした 2 の処, の材料

1 [34件] がございました, が一つ, が百, が軋ん, だつた, だ玉, で眞中, といっ, といわれる, と云, なんかは知りません, になった, にはよく, に銀鎖, のよう, の中, の樣, の牙, は一角, は多, は帯, は手先, は提物, は高尚, を一つ, を二つ, を全部, を紺小倉, を見, を見せましたら, を集め, を集める, 彫の, 彫や

▼ 根~ (40, 0.5%)

2 木の, 草の

1 [36件] そこらの, はら小, ひげ根, まばらな, アネモネの, イラ草の, エゾウバユリの, 三年霜に, 土まで, 塀の, 太りたる土, 奇麗な, 家の, 幹や, 幹を, 形や, 情愛が, 枝まで, 枝や, 灌木の, 火の見へ, 煎豆, 生草, 石の, 石塊の, 笹の, 肌に, 苗を, 茴香の, 草に, 草の根の, 葉に, 襁褓を, 鐘楼が, 頸すじに, 養いだけの

▼ 根っ子~ (38, 0.5%)

4 を押え 3 へ結びつけ 2 につまずい, に結いつけ

1 [27件] が低く, が幾重にも, が燃え, でえらく, に廻わし, に引っかかり, に瘤, に結びつけた, に背負っ, の間, の骨, へかじりつく, へ結いつけ, をあわや, をおさえる, をおっ, をしたたか, をつかまえ, をむき出し, をやっ, を取っ, を引き抜い, を押えつけられ, を押えりゃ, を掴ん, を片手, を縮め

▼ 根つこ~ (37, 0.5%)

6 を押 4 を掴ん 2 に繩, を縊め

1 [23件] が一つ, が到る, にも路, に噛, に手, に獅, は庭, ひつぱたいて房髪を, ふんづか, へ手, へ繩, まで赤く, や岩, をつかまえる, をつかん, をつまみあげ, を四方, を家鴨, を抑, を抱いた, を抱きかかへ, を避け, を鷲掴み

▼ 根~ (33, 0.5%)

7 ひの 2 のしつかりした, ひは, ふ姿

1 [20件] がくす, がぬけない, が出まし, た紅玉, だが, である, であるが, で意固地, で極めて, という, の個性, の染み込んだ, の濱, の軽躁者, ひでないまでも, ひ据, ひ葉生, ふ, わるく男, を起さず

▼ 根~ (32, 0.4%)

1 [32件] いろいろの, しっかりと, その中, つくった料理, もはやし, やって, 一人の, 二千百三十五万二千平方粁の, 以て, 作ったパイプ, 作った杖, 作つた, 六百六十尺にも, 単一あるいは, 右の, 呟くよう, 噛んで, 土壌を, 土手に, 念じた, 怺え, 根源とか, 民子の, 気絶し, 生活を, 病気だ, 繋ってるという, 老人が, 視神経は, 角を, 防ぎ得, 鳴くの

▼ 根曲り~ (32, 0.4%)

9 竹の 4 竹が, 竹や 2 竹, 竹も, 笹の 1 竹とを, 竹なら, 竹に, 竹の藪が, 竹の藪と, 竹の藪の, 竹の藪を, 竹は, 竹を

▼ 根~ (32, 0.4%)

2 である, のあ, はのろ

1 [26件] おくで, おくでの, おくで其他, がお, がする, が一族中, と言, と謂, などの為事, に仕える, に仕へる, の問題, の存する, の家, の数, の為事, の顔, は, はしゆん, は一人子, は一村, までも込め, も一方, より出た, より新しく, を研究

▼ 根賀地~ (26, 0.4%)

2 が叫んだ

1 [24件] か私, が低く, が入っ, が室, が尋ねた, が常に, が横手, が第, とは公園, とは目白, と怪漢, と計算, と運転手, に相良, の唇, の声, の待ちくたびれた, の語る, はすかさず, は早速, は真紅, は眼, は私, は走り乍ら苦

▼ 根~ (23, 0.3%)

13 やし 2 めしを 1 えてゐた, からそこ, けれどそれ, と思っ, ね, のが, のといふ, のを

▼ 根~ (22, 0.3%)

1 [22件] がいかに, が学校, が立っ, が自慢, が血相, であった, です, ですが, ですよ, なぞは自慢, の反撃, の手, の放火, の自慢, の評判, の馬, はこう, はこう断じて, はそれ, は一匹, は何, は宿直

▼ 根~ (22, 0.3%)

3 を分け

1 [19件] かな, と筆, に小流, に崖, に繋がれ, に限らず, のくずし, の一局部, の中, の凸凹, の枯葉, の枯葉取り等, の群, の芽, の葉裏, は草, や山牛蒡, や青薄, をつかみ

▼ 根かぎり~ (21, 0.3%)

2 の努力, 書きつづけろ

1 [17件] につかまう, に叫んだ, に追っ, のもの, の声, の大きな, ドンドンドンドンかけだし, 働く人, 堪へようとして, 扇一本舌三寸で, 押した, 斬ったり, 明るい不思議, 歩くの, 薙ぎ廻るから, 虚空で, 逃げ出して

▼ 根くらべ~ (21, 0.3%)

3 をする 2 のよう, をし

1 [14件] いつまで, が平和裡, でもなん, で根, と行く, になっ, にも打ち勝っ, に昼, に負け, の三昧, をしよう, をやる, を幾日, 意地くらべ

▼ 根ほり葉ほり~ (19, 0.3%)

1 [19件] ききますこと, して, しはじめる, するの, の詮議, はご, もできなかった, 伺ひましたところ, 尋ねた, 尋ねられた, 探り出しその, 聞いて, 聞きたが, 聞くうち, 訊いたが, 訊かれた時, 訊きたがりなさるの, 訊くと, 訊ねた末

▼ 根~ (18, 0.2%)

2 から面白く

1 [16件] からの乞食浪人, からの土ン百姓, からの平和主義者, からの鎌倉武士, からの長屋住まい, から動い, から居, から新田足利, から早, から栄えなかったろう, から洒脱, から詰らぬ, から難, から面白い, から馬鹿, このやつ

▼ 根かた~ (17, 0.2%)

2 に, の日

1 [13件] には夜半, には泉, にふきつけ, に三人, に坐りこみ, に寝転んだ, に抛り出し, に水引, に篠笹, に足場, へせかせか, をつきさす, をよく

▼ 根より~ (17, 0.2%)

1 [17件] して, 三四尺離れたる, 上に, 上る水壓, 僵れ, 僵れぬ, 吸い上げられて, 幹に, 成長せる, 打ち倒れ, 生れたり, 芽の, 芽生へ, 苗を, 落ちぬ土, 起こるもの, 離る

▼ 根~ (16, 0.2%)

5 ろに 4 めに 2 ろで 1 めとも, ろだ, ろは, ろを, ろ高萱

▼ 根なし~ (16, 0.2%)

2 に浮いた, 草の, 雲が 1 ごとには, 事が, 傘で, 岩とは, 草じゃ, 草だ, 草でも, 草とも, 言では, 雲牡丹が

▼ 根ッ子~ (16, 0.2%)

2 へ結いつけ

1 [14件] にからん, に今一つキッス, に縄, は俺, へ結いつけた, へ結えた, へ風呂敷包, をくわえられ, をつかまえ, を両手, を圧, を引っ掴み, を抑えつけた, を押える

▼ 根據地~ (16, 0.2%)

2 の上海

1 [14件] が出, たる安, だらう, であつ, で同時に, として日本, として發展, とせし, と定め, と目, のマカオ港, の所謂中國, は黄河流域, を中

▼ 根ッこ~ (14, 0.2%)

1 [14件] にあぐら, にかじりつい, にさぐり, に男, に石橋山, は隠居, へその, へ放りだせ, をつかまえた, をつかん, を押え, を押えた, を捉え, を掴んだ

▼ 根西夫人~ (14, 0.2%)

1 [14件] が再び, との一行, と三ヶ月, と云う, と伊国, と共に外国, と浦原嬢, なども確か, に従い今日出発, に連れられ, は又, も少し, も秀子, を呼び出し

▼ 根こじ~ (13, 0.2%)

2 あがな, て放れ, にし 1 て, てほふれ, にこじ, に引き抜い, に貸す, の物, 手に

▼ 根~ (13, 0.2%)

2 がばらばら, をふるい落された 1 にも一枚, にも再び, に物音, のあいだ, の上, の下, の落ち, はほとんど, をすこし

▼ 根~ (13, 0.2%)

1 [13件] がリアリズム, との間, において繋がっ, には文化, に厳存, のある, はこの, はリアリズム, をその, をむしばむ, を抜きたる, を生ずる, 深き功利主義

▼ 根という~ (12, 0.2%)

3 のは 2 ものは, 根は 1 ところは, 人が, 名を, 所で, 語の

▼ 根~ (12, 0.2%)

2 の一端 1 となっ, の味方, の山かげ, の方, の草, の金扇, の陣所, へさして, へ立ち向え, も前山

▼ 根気づよく~ (12, 0.2%)

1 [12件] たたかって, なり腰, 人民の, 列を, 導き出しながら, 待ちなさるの, 待って, 徐々にこの, 押して, 支持し, 正直に, 続けて

▼ 根調~ (12, 0.2%)

3 をなし 2 である, となるべき, のあからさま 1 である経験的傾向, でそうした, となる

▼ 根張り~ (11, 0.2%)

6 の大きい 2 大きくどっしり 1 の大きな, の強い, も大

▼ 根~ (11, 0.2%)

2 から 1 が, である, とせね, におかなけれ, に横, の上, は, は一部日本人, を

▼ 根でも~ (10, 0.1%)

2 残れば, 生えたよう 1 あり花, なんでも, 分ります, 利用する, 生えたやう, 飲まそうかと

▼ 根にも~ (10, 0.1%)

1 こ, またことし, 出会さない唯, 創られて, 同じ様, 同じ樣, 持とうかと, 散った, 膿の, 血を

▼ 根~ (10, 0.1%)

3 の神 1 とも書き, と交互, と書い, の一人娘, の持っ, の神さま, もしくはネリヤ

▼ 根がけ~ (9, 0.1%)

2 は櫻色 1 だの, などをかけ, にかけ, にし, にした, は桜色, を用い

▼ 根~ (9, 0.1%)

1 であること, でもありません, の一つ二つ, の吟味, の特に, は円形, らしいもの, を一つ, を珍し

▼ 根~ (9, 0.1%)

1 たる豪族, と言, なる本家, の当主, の殿, の神, の祭り, は元々, 之殿

▼ 根気づよい~ (9, 0.1%)

1 中国の, 努力で, 婦人作家が, 態度で, 時期は, 発展者であろう, 研鑽こそ, 過程が, 顕微鏡検査で

▼ 根~ (9, 0.1%)

1 から低い, から切断, に一際, に落ち, の所, へしゃがん, へ這い込んだ, をつたっ, を見

▼ 根~ (9, 0.1%)

1 から重大, という第三国人, との間, と記し, は全然, は椅子, は調理場, も, や孫伍風

▼ 根からの~ (8, 0.1%)

1 乞食でも, 刀禰と, 小商人, 悪人の, 無造作や, 町人で, 血が, 貧しい芸人

▼ 根~ (8, 0.1%)

1 木という, 木に, 木も, 木やらは, 木を, 株の, 株も, 株を

▼ 根あがり~ (7, 0.1%)

2 に堅く, 松の 1 の高髷, 松と, 松に

▼ 根だの~ (7, 0.1%)

1 三年霜に, 大内青巒だの, 山だの, 石塊などを, 穴彦だの, 芋の, 茎だ

▼ 根下り~ (7, 0.1%)

4 の丸髷 2 の銀杏返し 1 の大

▼ 根~ (7, 0.1%)

2 をなす 1 かな, もやらず, も採光, をし, をしよう

▼ 根~ (7, 0.1%)

1 というもの, とは語, に至り, へ渡っ, また常世郷, を知らし, を黄泉

▼ 根好く~ (7, 0.1%)

1 たどって, 咲いて, 待って, 探して, 江戸中を, 状袋を, 辿つて行

▼ 根~ (7, 0.1%)

2 をする 1 した, した新妻, しなん, にし, の相談

▼ 根~ (7, 0.1%)

1 のよう, の菊, むすびしを, もあります, をし, を買っ, 同ジ珊瑚

▼ 根~ (7, 0.1%)

4 紅くな 1 赤あかと, 赭く, 赭くし

▼ 根~ (6, 0.1%)

4 づ焚く 2 づたく畠の

▼ 根こそ~ (6, 0.1%)

1 ぎひとりでひっさらって仁王立ちし, ぎゆすぶるようなものであつてほしい, げに変っ, げに消滅, げに絶滅, ざに

▼ 根こそげ~ (6, 0.1%)

1 には取り棄てられない, 厭らしく思はれ, 曝露する, 本性を, 欺される, 話を

▼ 根さえ~ (6, 0.1%)

1 尽き果てた, 掘りかえされて, 枯れずに, 確かなれ, 見えないほど, 識り

▼ 根だけは~ (6, 0.1%)

1 ないの, まだ見た, 一人前に, 掘り返さずに, 残って, 生き残って

▼ 根つぎ~ (6, 0.1%)

1 が出来た, して, するよう助力, なぞ致す, にし, をし

▼ 根にまで~ (6, 0.1%)

2 しみて 1 ぶつぶつした, 吸収された, 寄生し, 響が

▼ 根まけ~ (6, 0.1%)

4 がし 1 が仕出す, をなすっ

▼ 根~ (6, 0.1%)

1 ひお, ひされるの, ひする必要, ひに, ひ葉問, をする

▼ 根大根~ (6, 0.1%)

1 がぬいた, が出はじめる, といわば, に白魚, を切っ, を漢音

▼ 根~ (6, 0.1%)

2 の白 1 たか, というところ, の, の白臂枕

▼ 根~ (6, 0.1%)

3 の部屋 1 の小, の棟木, はまつ

▼ 根~ (5, 0.1%)

1 なにかいっぱい, ぶくぶく白泡, 何んかを, 杭かで, 野老の

▼ 根びき~ (5, 0.1%)

1 されたという, したため, した後, した金, をした持ち

▼ 根ほり葉~ (5, 0.1%)

1 ほりその, ほりなお, ほり尋ねる私, 掘り尋ねましたから, 掘り聞くの

▼ 根まわり~ (5, 0.1%)

2 には出水, に残り垢 1 は両手

▼ 根をも~ (5, 0.1%)

1 剥しそう, 取寄せそれら, 通してぞ, 通し流れるごとくに, 食う故

▼ 根~ (5, 0.1%)

3 も葉ア 1 に持っ, 掘り葉ア掘り

▼ 根~ (5, 0.1%)

1 から見事, にすっかり, に怪しい, まで連れ, を焼い

▼ 根~ (5, 0.1%)

1 といふ小さな, といふ村, に至る, の, へ上つた以上

▼ 根~ (5, 0.1%)

1 ぎにこいで上の, 葉掘し, 葉掘り, 葉掘りの, 葉掘訊き糺し

▼ 根気づよ~ (5, 0.1%)

2 さで 1 さが, さには, さを

▼ 根~ (5, 0.1%)

1 からち, に有, のごとし, は生まるれ, を枯らし

▼ 根西夫妻~ (5, 0.1%)

1 が余, が遣っ, が隣, が鳥巣庵, も此

▼ 根かぶ~ (4, 0.1%)

1 が張り, のあ, の向う, を三つ

▼ 根~ (4, 0.1%)

3 しに 1 じに

▼ 根ごと~ (4, 0.1%)

2 に何 1 倒れた大杉, 抜きとり持ちかえって

▼ 根だけ~ (4, 0.1%)

1 取つて, 残って, 食い残したの, 鮮かに

▼ 根であり~ (4, 0.1%)

1 またある, 日本に, 源である, 薔薇の

▼ 根では~ (4, 0.1%)

1 ありません, つかないね, ない, なくて

▼ 根として~ (4, 0.1%)

1 われわれも, ゐるの, 保たれよう, 養つてくれた

▼ 根とも~ (4, 0.1%)

2 え子 1 に枯れる, 思われるところ

▼ 根~ (4, 0.1%)

2 しかずら, のである

▼ 根などを~ (4, 0.1%)

1 よこしたかが, 土に, 緩やかに, 記念に

▼ 根について~ (4, 0.1%)

1 ある実, ここらには, 三所ばかり, 考える

▼ 根までが~ (4, 0.1%)

1 いちいちひねくれ, うずくよう, 八フィートに, 透いて

▼ 根ツこ~ (4, 0.1%)

1 か何, をくべ, を押, を鷲

▼ 根~ (4, 0.1%)

1 下ス, 得タリ羊歯科, 採リ, 断ッテ

▼ 根~ (4, 0.1%)

1 だけでなけれ, と言, の下, 並びに世話役

▼ 根仕事~ (4, 0.1%)

1 だから, でせう, で固めた, にひとりコツコツ

▼ 根命天~ (4, 0.1%)

4 の水

▼ 根引い~ (4, 0.1%)

2 て宿 1 ても半次郎, て圍

▼ 根~ (4, 0.1%)

4 を枝

▼ 根~ (4, 0.1%)

1 に辛くも, の日蔭, の緑, を買っ

▼ 根~ (4, 0.1%)

1 という絶滅種, の枯根, の気根, の錯綜

▼ 根生い~ (4, 0.1%)

1 の役者, の江戸ッ児, の者, の鈍帳役者

▼ 根~ (4, 0.1%)

1 が暗紅紫色, が生, の繊維, は薬用

▼ 根~ (4, 0.1%)

2 の筆立て 1 の切株, を用い

▼ 根ある~ (3, 0.0%)

1 ことが, のみ, 馬あり

▼ 根からでも~ (3, 0.0%)

2 流しに 1 切り離そうと

▼ 根さん~ (3, 0.0%)

1 の息子, の息子さん, の悲

▼ 根その~ (3, 0.0%)

1 うへに, ほかの, 幹その

▼ 根つい~ (3, 0.0%)

1 てくれる, てぐん, ても直ぐ

▼ 根つけ~ (3, 0.0%)

1 にし, の上, の付いた

▼ 根つこで~ (3, 0.0%)

1 手を, 押へ, 老爺の

▼ 根である~ (3, 0.0%)

1 がこれ, が彼, 母の

▼ 根といふ~ (3, 0.0%)

1 ものが, ものの, 山より

▼ 根とは~ (3, 0.0%)

1 ならないの, 更に別, 識を

▼ 根なき~ (3, 0.0%)

1 水草の, 萍の, 藻草の

▼ 根なく~ (3, 0.0%)

2 して 1 腹に

▼ 根なる~ (3, 0.0%)

2 藻の 1 至上の

▼ 根に対する~ (3, 0.0%)

1 崇敬である, 情熱を, 注意が

▼ 根ぼり~ (3, 0.0%)

1 葉ぼりききた, 葉ぼり訊い, 葉ぼり訊きただす

▼ 根よりも~ (3, 0.0%)

1 深く泥土, 葉が, 高いの

▼ 根~ (3, 0.0%)

1 に, に茸, は北

▼ 根~ (3, 0.0%)

1 からゐ, から早, から通用

▼ 根以上~ (3, 0.0%)

1 あること, に人, に注意

▼ 根入り~ (3, 0.0%)

2 の竅 1 が深く

▼ 根~ (3, 0.0%)

2 より出 1 を守りつ

▼ 根~ (3, 0.0%)

1 はどっち, をゆるがし, を掻い

▼ 根大将~ (3, 0.0%)

1 のお, の別荘, の家

▼ 根~ (3, 0.0%)

1 がハイロ, はふと, は熱線

▼ 根廻り~ (3, 0.0%)

1 は二丈八尺, を大きく, を掘りおこし

▼ 根~ (3, 0.0%)

1 だの孔雀石, だの蒔絵, と手絡

▼ 根抜き~ (3, 0.0%)

1 にし, に顛覆, の法華

▼ 根~ (3, 0.0%)

3 の立

▼ 根~ (3, 0.0%)

1 という小田原, のガマ六, へ登楼

▼ 根~ (3, 0.0%)

1 とにもはや, とに相応, と称せられる

▼ 根氣仕事~ (3, 0.0%)

1 がいとわしく, として餘程, を續

▼ 根生姜~ (3, 0.0%)

2 を感じる 1 にそつくり

▼ 根生曲り~ (3, 0.0%)

2 の和尚さん 1 の上

▼ 根~ (3, 0.0%)

1 だの, にまじっ, は君

▼ 根較べ~ (3, 0.0%)

1 のやり直し, をする, を遣らうなら

▼ 根輔仁~ (3, 0.0%)

21 の本草

▼ 根附け~ (3, 0.0%)

1 の木, や印籠, を買

▼ 根~ (3, 0.0%)

1 の君, の命, の命三柱

▼ 根あかく~ (2, 0.0%)

2 まぢ

▼ 根あたり~ (2, 0.0%)

1 で急, は猶

▼ 根おろし~ (2, 0.0%)

1 に武田菱, の春風

▼ 根かが~ (2, 0.0%)

2 よふ

▼ 根からは~ (2, 0.0%)

1 幾十本と, 生まれるはず

▼ 根がぞ~ (2, 0.0%)

2 ろつと

▼ 根がら~ (2, 0.0%)

2 を打っ

▼ 根ぐるみ~ (2, 0.0%)

1 乗りかけて, 引抜かれたり

▼ 根ごとそくそく~ (2, 0.0%)

2 と氷柱

▼ 根~ (2, 0.0%)

2 へ枯れ

▼ 根すなわち~ (2, 0.0%)

1 地下茎である, 地下茎を

▼ 根とが~ (2, 0.0%)

1 からみあって, 非常に

▼ 根などの~ (2, 0.0%)

1 うま煮の, 發掘せらる

▼ 根にて~ (2, 0.0%)

1 御書付, 足を

▼ 根にな~ (2, 0.0%)

1 つたのである, つて強く

▼ 根はぎ~ (2, 0.0%)

2 ゅうぎゅうごうごう云う

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 どふ, はりでは

▼ 根まけし~ (2, 0.0%)

1 て, てしまう

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 も, も通し

▼ 根らしい~ (2, 0.0%)

1 ものを, 部分が

▼ 根をば~ (2, 0.0%)

1 尋ねん, 洗つてゐる

▼ 根をめぐって~ (2, 0.0%)

1 白い水鳥, 逃げた

▼ 根を以て~ (2, 0.0%)

1 田や, 立つもの

▼ 根コソギ~ (2, 0.0%)

1 に絶やしたい, 取って

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 似テ, 隠リテカヾマリヲレルガ

▼ 根ホリ葉ホリ~ (2, 0.0%)

1 して, し始める

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 が歿, の子

▼ 根下がりいちょう~ (2, 0.0%)

1 に結った, に青々

▼ 根~ (2, 0.0%)

2 に隱

▼ 根來寺あたり~ (2, 0.0%)

2 の閑居

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 の大石, は天狗

▼ 根切り~ (2, 0.0%)

1 というわけ, の薬

▼ 根刈り~ (2, 0.0%)

1 して, すべくは

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 ならざるもの, に任せ

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 を疎か, 蔕の

▼ 根国思想~ (2, 0.0%)

1 の変遷, は一辺

▼ 根国行~ (2, 0.0%)

1 の一節, の説話

▼ 根小學校~ (2, 0.0%)

1 の教場, の教室倒潰

▼ 根岩角~ (2, 0.0%)

1 と思う, を飛

▼ 根岸田甫~ (2, 0.0%)

1 に晩稲, に晩稻

▼ 根~ (2, 0.0%)

2 疎に

▼ 根引く~ (2, 0.0%)

2 冬菜は

▼ 根張っ~ (2, 0.0%)

1 てはいた, てはいる

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 が短大, へすっぱり

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 葉刻御, 葉刻聞咎め

▼ 根~ (2, 0.0%)

2 の神

▼ 根~ (2, 0.0%)

2

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 になれ, のこと

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 はあった, は在った

▼ 根曲竹~ (2, 0.0%)

1 の筍, や羊歯

▼ 根~ (2, 0.0%)

2 して

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 の中, の宿屋

▼ 根村沼~ (2, 0.0%)

1 之上, 之上の産

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 に筑波, は海

▼ 根気任せ~ (2, 0.0%)

1 という, に錬り上げた

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 からす狭間, のなぎ

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 の湧く, 轟く淡路島

▼ 根~ (2, 0.0%)

2 には薔薇

▼ 根生え~ (2, 0.0%)

1 て罪, の種

▼ 根白高萱あや~ (2, 0.0%)

2 にあや

▼ 根知村~ (2, 0.0%)

2 に接する

▼ 根粗朶~ (2, 0.0%)

1 がちょろちょろ, の火

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 という者, は乱暴

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 にまでおなじ, に乗る

▼ 根茶滓~ (2, 0.0%)

2 まで凍り着く

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 ふ宮, をなし

▼ 根西夫婦~ (2, 0.0%)

1 は未だ, も遣っ

▼ 根見れ~ (2, 0.0%)

2 ば曼珠沙華

▼ 根~ (2, 0.0%)

2 がし

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 あるは, が強く

▼ 根返し~ (2, 0.0%)

1 て横様, て横樣

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 と越後国南魚沼郡, の神前

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 より匐枝, を切り尽さしめ

▼ 根附師~ (2, 0.0%)

1 が二寸, が使った

▼ 根高弓子~ (2, 0.0%)

1 という女, の財産

▼ 根~ (2, 0.0%)

1 かがやき黒豚, 鋤き来し大き

▼1* [403件]

あって地上, 根あり流れて潤, 根あればすなわち, 根いただくわもやし, 根いだきそへば, 根いつでも分け, 根おろしたものである, 根かぎりお力ぞえ, 根かぎり一散に駈け, 根かぎり世話して, 根かぎり休むことなく, 根かぎり努力して, 根かぎり岸へ岸, 根かぎり我慢しようと, 根かぎり楽しむしか手, 根かぎり眼を瞠つて, 根かぎり精かぎり叫ぶ聲, 根かけなんかねい, 根かとも思われて, 根かもじ横毛, 根からも吹き起って, 根かを以て耳の, 根ががくりと, 根きり葉きり耘り去つて仕舞, 根きり蟲が持っ, 根ぎはの朽ち, 根ぎわの腐れた, 根くずれ裾を, 根くずれさせてうっ伏し, 根くらべじゃよ, 根くらべならやっぱり強い, 根ぐらい人類の, 根ぐらいまで水に, 根ぐるみ新聞に包ん, 根ぐるみ記憶から人間, 根ぶには, 根こげに変更, 根こそげたたき上げて外務省, 根こそげであって古い, 根こそげなくなるのです, 根こそげ抉り付けてお, 根こそげ抜き棄てようというの, 根こそげ捲き上げてしまった, 根こそげ滅びたという, 根こそげ荒して行く, 根この座さねば, 根ごと地上に浮きで, 根ごろの猫脚, 根さえも噛みちぎる, 根さして旅立った, 根さむし姫笹の, 根しまける吾を, 根といふ風, 根せりなんかをつん, 根そのままな雌蕊一本真木柱, 根それに毒, 根えなん, 根たる彼を, 根だけが残って, 根だけで動かして, 根だけを括ると, 根だって円っこい, 根だやしをしよう, 根だらけでまさか, 根ちゃんそんなにおれ, 根っきりしゃべったん, 根っきり葉っきり済んで, 根ついた白木槿が, 根つけ細工のよう, 根つこだつた, 根つまり実際の, 根つ切り葉つ, 根づけてし, 根づたいに大廻りにひらひら, 根づたいに岬廻りの道, 根づめて仕事をする, 根づるに押下げ, 根であって一向, 根であったが, 根でなくて葉, 根での修法が, 根といった風である, 根とにからみ付いて, 根との網の, 根とやいふべき, 根とを白く冷くしかし, 根とんと自分で, 根と共に山腹を, 根どころなどの話, 根ながら掘りて, 根なぞを掘って, 根などどこまでも, 根などからまでも仄かに, 根などで殺されると, 根などは円く軟らかく薄, 根などへ飛んで, 根なにがしを名乗つて, 根なにがし一座とて未だ, 根なら枯し, 根なりけれ, 根にかけうつすらと, 根にかけて一直線に, 根ににほふ朝日, 根にのみ関する, 根によって連絡され, 根のみ採り二根以上, 根のみしか注意し, 根のよさだつた, 根はいのし, 根はどつかと, 根はり葉はり問いただして, 根はり葉ほり部屋の燈, 根ばかりが水と, 根ひた燒きしかば, 根びくやうな, 根ふかく遠く見えない彼方, 根ぶちに北海, 根ぶとい狡猾性, 根へでも逃げ出しましょうか, 根への発育と, 根ほどの雲の, 根ほり葉ほり僕のこと, 根ほり葉ほり問ふ, 根ほり葉ほり探りを入れました, 根ほり葉掘りの詮議, 根ぼっくのぷすぷす, 根まがり杉もの, 根まけしたのか, 根または菌類などが, 根までの代數, 根までを紅らめた, 根まわり雑草の生えた, 根みたいに腫れ出した, 根むかしはあった, 根もち米あずきあられとち餅, 根もと足の中指, 根やら花やらなどの, 根ゆける細渓, 根ゆるぎのしない, 根をはつてゐた, 根性に, 根コブを残し, 根ッ子オ引ン抜いて, 根ッ木の問題, 根同ツカラ生ジタモノ, 根ハ三月中旬より四月朔日, 根ハ古来見究タルモノナシト云フ, 根ハ土瓜児根ニ似テ, 根ピクリ顰めつ, 根ホリ葉ほりする執拗さ, 根マデ広ク割ケ, 根モトニ近イ辺, 根モ葉モナイ冤罪デアル, 根ヨリ発セズ春間ニ子ヲ下, 根一代の前, 根一名鬚根と称えます, 根一寸ばかりの芽, 根七つたびにけり, 根三人姉弟のこと, 根三年の霜, 根下り丸髷にひっかけ, 根下ろして岡部美濃守, 根の彼方, 根中大宮の規模大, 根中将であり田中首相, 根中心説をも紹介, 根久能山は大事, 根二つの物, 根二針の筋, 根人神人が動き出す, 根人腹の中から女子二人, 根付きのもの, 根以下約六十人, 根以外のこと, 根伝いに浮かれあるく, 根を究明, 根でも噛ん, 根作らは意外, 根來寺の僧侶, 根來法師のやう, 根來法師大藏房鐵砲の上手, 根來法師等も交つて, 根侵されずして堅固, 根八竿の竹, 根兵藏方へ忍び入り, 根分剣気つつみて, 根となのった, 根切病詮方なし, 根切蟲が残酷, 根のある, 根ふまばら松, 根即ち祖先, 根及び一種の, 根の方, 根の巻, 根合せならねどあやめ, 根同じ土から, 根向うに煙筒, 根囲八寸許の新, 根固めとなる, 根国行以前と其, 根團子と言, 根する不純, 根垂水方面に甚, 根埋めてこの, 根堅き名園を, 根塊類が出, 根るれば, 根売りの露店, 根巌の, 根大人の諡号, 根大根花菜漬こういった, 根天皇の系圖, 根太い狡猾な, 根太く肉むらの, 根夫少年はたいへん, 根孝之進博士はふしだら, 根などという言葉, 根さに, 根対山は食味通, 根射れば青銅, 根小川のへり, 根小年の對山樓, 根絶エントスルニ至ル, 根山大烏帽子山小烏帽子山云云, 根山秋風吹けど, 根山芋クラム及び馬鈴薯, 根嶮しき山の秀, 根の角, 根巌角を絶壁, 根巻きしておけ, 根を肯定, 根幾何と云う, 根廻しをする, 根弊宿病必らずや, 根引いた昼三の, 根張った顎そうして, 根形狭長五六尺余ニ至ル者ナリ其需要ハ彼ト大差ナシト雖ドモ品位彼ニ優レリ, 根律儀感覺を制御, 根得べからずウといふ, 根阪早, 根とし, 根怒張して, 根怪しく蟠り漸く, 根恐ろしい暑さ突然, 根惚れて居る, 根懸けが出た, 根所以外の祭事, 根所其外の名所, 根扱ぎになった, 根抜け竹等の, 根抵的に欠如, 根押しをし, 根拵えをし, 根据ゑたり光る風, 根掘じにこじ, 根掘って訊い, 根掘りするにも及びませぬ, 根掘り問うたらけったいな, 根掘り器などいろいろ, 根掘り聴くとここ一週間余り毎日, 根掛いつか無くなりては, 根掛丈長など売る, 根接ぎしで播種改良に, 根揃え自慢で, 根據シ而カモ門戸ヲ爭ハズ, 根據トスベキモノ甚ダ少シ, 根據トセル英國ト青島ヲ根據トセル獨逸トガ, 根據地ジヤワを陷, 根據地トセヨ, 根據地從つて支那の文化, 根據地香港ノ有害ナルコトハ, 根據竝びに程度等を研究, 根敗けして, 根敷東西十七間幅十二間四尺高さ, 根やし, 根日根祖日根は云, 根曳きされる話が, 根最上階には銃眼, 根有馬流の有馬頼信, 根を与える, 根は何百年, 根村地先で烏川, 根村大字梅地あたりでは藤布, 根ぬるばかりの, 根であろうと, 根の中, 根に纒め, 根掘り葉掘り, 根につねに, 根の実, 根の上, 根植えずその萎む, 根横蔵は撥, 根の作品, 根気づかれがし, 根氣共に強, 根氣負をし, 根氣負けをし, 根沙土根一代の前, 根の珠, 根である, 根渡部長七唱猪野隼太勝吉, 根炭素を收め, 根玉葱を懇, 根生えしたと誤認, 根生えする地さえ, 根生えた樫の, 根生し葉は, 根生ひであつた, 根生ひと所謂高天原傳來との交錯状態, 根生まがりのひねつこびれ, 根生葉を四方, 根生野菜が如何にも, 根生院の森, 根疏浜松磯馴松今朝さわさわし春日, 根疲れて気, 根痩せ幹曲り, 根白ク大ナル者ハ烏芋, 根白柳を濡燕, 根白波の寄, 根白葦の笛, 根白葦蓮の根, 根白高萱かげもよし, 根の物, 根知られずあらはれず, 根祖日根は云, 根神何村さいは神何村殿内神, 根神社と読まれた, 根禿鷹などへかたく, 根移しされて, 根種々な灌木, 根穿り葉穿, 根突けむ真心た, 根きて, 根の有様, 根と思つて意見, 根の恰好, 根の紋, 根かりし, 根紅く染めたるものゆゑ, 根細い根の, 根をした, 根繭玉成田山の提灯, 根ぎするにも, 根ふ山百合, 根蔵魚窟, 根をし, 根をここ, 根の三宿, 根自子はベルリン, 根白し, 根の上, 根芽つなぎはつなる瓜, 根の生えた, 根莖花果等を, 根葉ともに霜, 根葉果茎一として食卓, 根の土壁塗, 根が動搖, 根蔕的な点, 根薄識をもっ, 根埋めたり, 根衡嶽志所謂万年松之説, 根裂く音のみ, 根西さんが此, 根西夫人次が秀子, 根西夫妻夫から松谷秀子, 根詩人といわれ, 根賀地さんからお, 根賀地君は到頭, 根賀地囃が一枚, 根賀地研究員のお, 根赤く錆びに, 根起ち出て一雛, 根の榊, 根越しにカッ, 根足柄を越え, 根踏みさくみ國見す, 根なきとき, 根迄をサツと, 根近し忍び足細ら口笛, 根通れば團子, 根も追, 根達者構えて, 根遼吉氏其の他, 根郡意賀美ノ神社, 根の莖, 根錯節を解き, 根踏みならすらし, 根附かないらしく諦めた枯竿だけが, 根陣岡田総督手文礼出張被仰, 根の鳴る, 根頑孫伍風のあらまし, 根頑氏と協議, 根から勢い, 根頸さへあざやか, 根颪一万尺余の絶巓, 根や葛, 根を本, 根高弓子なんていう女, 根より吸收, 根と呼ん