青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「校長~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

柔~ ~柱 柱~ ~柳 柳~ 柵~ 柿~ 栄~ 栗~ 校~
校長~
株~ ~根 根~ ~根拠 根拠~ ~根本 根本~ 根柢~ 格~ 格別~

「校長~」 2552, 28ppm, 4233位

▼ 校長~ (456, 17.9%)

13 顔を 5 所へ, 言葉を 4 前へ, 妻は, 安藤が, 家の, 顔は 3 ために, やうに, 修身の, 宅を, 家に

2 [56件] いいつけ, お考え, ところへ, ように, ゐるうち, 一家四人, 云ふ, 側を, 傍が, 卓から, 卓に, 受持, 困り切つてるの, 声は, 声も, 妻の, 子と, 子に, 子供の, 安藤は, 家だった, 家族の, 役を, 御話, 手許に, 揉手を, 斯う, 方が, 某氏が, 椅子を, 次席な, 演説は, 無能が, 直ぐ傍, 眼は, 私宅を, 細君は, 細川は, 言葉は, 訓示は, 話では, 話の, 話を, 転任を, 返事も, 進藤で, 進藤は, 進藤準, 長男が, 門まで, 間に, 震災の, 頭の, 顔が, 驥尾に, 鼻は

1 [286件] あいさつが, あとについて, あとを, いる小学校, うしろ楯と, お伴を, お名前, お婆, お招き, お母さん黒い細い, お言葉, お髯, ことばかりを, ことばと, ことを, さつきの, その気持, つぎに, でつぷりした猪首, ときに, のこされた美風, ほめ言葉, まばらに, むすこである, やうな, わきに, デルヴァンクール氏について, ドクタア高嶺秀夫及び, ピラミッド型の, マークも, 一顰一笑が, 上に, 下に, 不取締り, 不審さうな, 両脚に, 久保井は, 久保井先生であった, 之に, 事は, 云うよう, 云う通り, 人格だけに, 今の, 任務を, 似顔に, 住んで, 住居であった, 住居の, 佐佐木中将は, 佐佐木中将を, 信仰措かざりし, 信念の, 修身を, 俳優的才能に, 偶然な, 傍に, 傍の, 内諭, 凄ま, 処に, 処置に, 出仕を, 別荘が, 別荘の, 前で, 前に, 動静に, 医学士が, 医学士だ, 卓上に, 即興歌を, 去つた後, 反省を, 受持つて, 受持つてる組, 口から, 口ぐせは, 口を通して, 古手の, 可愛いがる, 叱責を, 吉田秀穀先生が, 名は, 命によって, 命により, 命令に, 咳払いと, 噂やら, 声明を, 大異動, 大礼服, 失態だ, 失踪同, 奇知は, 奥さんである, 奧さんである, 奴大, 姉歯医学士も, 始業式の, 姿が, 姿は, 威厳主義と, 娘だ, 媒酌と, 子, 子でなく, 子は, 存外性質の, 宅に, 宅は, 宅へ, 官舍で, 官舍と, 官舎で, 実践躬行的な, 室には, 家から, 家が, 家で, 家では, 家は, 家へと, 家族を, 容姿が, 小舅に, 居る処, 山田源一郎先生は, 島袋盛政君が, 帰りを, 帽子, 平凡な, 平泉郷土史の, 平生を, 店によって, 式辞は, 後へ, 後を, 後姿を, 微笑は, 心が, 心地だけには, 心持ちは, 恩に, 恭敬と, 息子が, 悪口を, 悪口同じ, 情け深いお, 惡口が, 惡口同じ, 意見通りに, 愛娘だった, 態度が, 態度と, 懐中から, 所在は, 所持品なる, 手元に, 措置に, 教育は, 斡旋で, 新良妻賢母主義その他, 方からでも, 方へ, 日ごろの, 時代に, 望月貞子という, 木下広次さんなどは, 木下廣次さんなどは, 机の, 村岡某へ, 松本英忠氏及前に, 枕頭に, 某氏と, 某氏を, 案内で, 案内に, 様で, 樣で, 権利である, 権威の, 横に, 死後は, 殆ど独断的な, 気に入った, 気焔が, 永元, 汗ばんだ額, 決してやらない, 沼田が, 沼田美子の, 注意にて, 涜職事件や, 淋しい微笑, 渡辺に, 湯原元一氏は, 熱烈な, 狂信めいた, 独断で, 現在の, 田宮で, 田辺が, 田邊が, 目を, 相弟子たる, 相弟子という, 眼の, 社会的地位が, 祭文が, 禁止で, 私宅へ, 立花子爵は, 第十三番目, 答えを, 細君が, 細君に, 紹介が, 紹介で, 紹介の, 美しい心, 考えも, 考案した, 耳に, 職務を, 肝いりで, 肥った顔, 肩に, 背広には, 背後に, 膝の, 自分よりも, 自宅へ, 若い時代, 若干の, 苦心と, 行方と共に, 行方を, 行方判明と, 行方捜索を, 言ったすべて, 言ったそんな, 言として, 言葉に, 言葉も, 訓辞が, 訓辞は, 話が, 詳しい説明, 語るところ, 語気は, 説明の, 読まれるの, 謂ゆる, 講義を, 責任だ, 責任に, 赤星さんのを, 足は, 身で, 転任, 進退にも, 遠縁の, 重責に, 銅像建設費五千余円及校友会費八百二十円の, 鑑定で, 長谷川氏は, 閉会の, 間には, 陳腐な, 隣りに, 雇入れが, 青く見えた, 面接であった, 頌徳寿像の, 顏に, 顏は, 顏を, 顔に, 顔も, 顔付は, 骨は, 鼻が, 鼻の, 鼻を, 鼻先で

▼ 校長~ (447, 17.5%)

4 それを, 自分の 3 お君, 一段声を, 倚子を, 校長で, 椅子を, 生徒を

2 [32件] こう言っ, その前, だまって, また同じ, また言, 丑松の, 今迄, 何と, 例の, 再び自分, 出席簿を, 周章い, 嘆息し, 嘆息を, 忸, 怒つた, 授業を, 文平を, 此方の, 父兄の, 目尻に, 県庁に, 眼を, 立つた, 聞きかねて, 肥って, 苛, 苦り切つて答, 言った, 言つた, 郡視学と, 首を

1 [357件] あの大, あまり柔和, ある室, あんなに自由, いかにもわざとらしく, いきなり血書, いくども, いつも先生たち, いつ帰った, いよいよ沈痛, おずおずし, お茶を, かわいそうだ, がっかりした, きまり悪, ぎくっと, こう問, こう言った, この時会議, これは, こわいぜ, こんなこと, さう, さすがに, さんを, しかしただやたら, しかし県当局, しずかに, しばらくし, しばらく演壇, じっと眼鏡越し, すぐ見, すでに更迭, そこ迄, そのこと, その五名, その噂, その晩, その紙片, その賑, その黄色, それが, それに, それも, そんなこと, たあいも, たいていの, たしかに証書, たしか黒金, ただ次の, たちまち生徒一名, たるんだ瞼, だまつて, ちょうどその, ちょっとうなづい, どうしても月, どうしても月五圓宛徳, どうせ相手, はなはだしく責めつけられた, ひとりぼんやり, ひと通りおれの, ひどく頭, ふたたび得られない, ぷんぷん怒り, へんてこに, ほっとし, ほっとした, まことにしどろもどろ, まずそう言っ, まず彼女, またまた柳, まだぢ, まだ筋骨, まっさおに, むしろ城介, もうやがて見えるでしょう, もう一度, もう云い出した, もう大抵ご, もとケンブリッジ大学, やっとの, やはり音楽家ら, わざ, イッカな動こう, ストライキを, ドラ猫の, ミス黒焦, 一々お答え, 一つ咳払ひし, 一寸微笑ん, 一寸文平, 一寸私, 一寸郡視学, 一語を, 丁寧に, 万年筆が, 三十七八の, 三時間目に, 下宿し, 不審に, 不思議さうに丑松の, 丑松に, 世間の, 丘さんと, 両手で, 両手を, 主任は, 二人の, 二十七年の, 二度目に, 云いおったがのう, 云いながら, 云ひ, 云ひました, 五人の, 五分刈で, 五年が, 人の, 人望の, 今に, 今は, 今日は, 何か, 何と思, 何処とは, 何時もこの, 何気ない様子, 併し, 例によ, 修身を, 倫理の, 僅かに, 先ずそんなふうに紹介, 先に, 先刻から, 先生が, 先生を, 入学志願者の, 全校の, 全然何, 兩手で, 兩手を, 冬である, 分別くさい, 初め笑顔の, 別物だ, 前校長, 前科者の, 勝野文平といふ, 勤まらない, 化石した, 十八円で, 十八圓で, 十分私の, 半ば腰を, 半ば頷き, 卓に, 卓子の, 即座に, 又それぞれ, 又にが, 又私, 可い, 同じこと, 呑みこめない顔, 呼鈴を, 喫驚する, 喫驚りし, 嘲つたやう, 土手町の, 坊主を, 坪井仙太郎と, 声を, 変な, 外套を, 大いに驚き, 大丈夫かといふ, 大抵の, 大抵紳士, 失くなつた, 女を, 好意を, 妻が, 嫌で, 嫌である, 子供に, 孔の, 実は同時に, 寂しい微笑, 尋ねて, 小さい猪口, 小使に, 小学校へ, 小宮豊隆に, 小心翼々たる, 小野正治という, 工廠に, 市街を, 帰って, 平一郎の, 弔いの, 引責謹慎中, 当日演壇に, 当面の, 役場から, 彼の, 彼女の, 後について, 徐ろに, 御影, 微笑みかけようと, 微笑み乍ら, 徳大寺侍従長の, 心配さう, 忘るべからざる, 応接室に, 応接室の, 思った, 思はず郡視学, 思ひ出した, 急いで, 怪訝そうに, 恐る, 恐ろしいエスペランチスト, 恐懼致された, 慇懃に, 慌てて, 懐中時計を, 戸を, 手にとって, 振り返って, 捕手の, 改つて, 故意に, 教員室の, 教員室へ, 教授用の, 教育者として, 斯う, 斯の, 早口に, 昨三日早朝, 時々長男, 時刻を, 時計を, 暗い顔, 更に嘆息, 最も多く, 最初鼻だけを, 月に, 朝学校に, 校内に, 校庭に, 校舎の, 校長室の, 案外まごつき, 棺に, 検事の, 検定試験を, 機敏な, 欄干に, 歎息し, 此処から, 母と, 毎朝課業の, 気恥しさうにひよつくり, 気毒相な, 氣の, 江戸の, 沈痛な, 洋服の, 海鹽欽衛といふ, 添加し, 温厚そのものと, 満足さう, 満足気であった, 溝淵進馬先生で, 演壇の, 無論それで, 熱心を, 父あてに, 父親を, 独語の, 狸の, 狸教頭は, 猫の, 獨語の, 玄関へ, 生徒たちに, 生徒の, 町と, 疑深く, 瘠せた白い, 発狂後同, 皆が, 盗まれた生徒, 県の, 眼尻の, 矢鱈に, 知事の, 神学博士, 福沢諭吉翁の, 私の, 秋の, 窓の, 窓際に, 立ち上がった, 笑いながら, 箸へ, 米塚信一郎氏教師の, 紙を, 老獪な言いくるめ, 考えそう, 聞かずに, 肱枕を, 背の, 背ろ手を, 腹を, 自分が, 自分のに, 自慢さう, 落付こう, 蔵つた懐中時計を, 薄暗い中, 薄髯, 行き詰つたやう, 見るも, 親切そうな, 言い, 言いました, 言葉を, 語った, 貸して, 賢明であった, 身の, 身を, 進取の, 遂にその, 遂に如何, 都会以上に, 金ぶち, 間もなく村長, 雪から, 静かに, 音楽教育の, 頤を, 顎一ぱいに, 馬耳に, 體躯の, 高く笑いました, 鯰髭の, 鯰髯の, 鶏卵を, 鷹揚に, 黙した, 黙って, 鼻を

▼ 校長先生~ (323, 12.7%)

18 のお 7 の御 3 が私, に取っ, のお話, の破滅, の訓辞, の銅像

2 [11件] とは同じ, と同じ, と御, に復讐, のいろいろ, の前, の娘, の家, はそれ, は眼, を反省

1 [258件] あれきつ, いうの, お一人, からの激励, からもうとう, からも大丈夫, から聞い, から言い渡し, から頼みこん, が, がきた, がこの, がこんな, がさいそく, がすでに, がその, がそれ, がどんなに, がな, がはいっ, がぼくら, がわたくし, がノソノソ, がホントウ, が乗っ, が仰言った, が会, が俺, が出, が反省, が受け取り, が君, が唄った, が大きい, が川村さん, が帰った, が心配, が感謝, が教室, が来た, が校友会費, が模範教育家, が県庁, が自動車, が裏, が言, が言われた, が評判, が諸君, が迷惑, が這入っ, が重い, が駆けつけ, こうしていただけませんでしょう, こそいい, だ, だけの賄賂問題, だな, である, であれば, です, ですわ, ではない, でもう, という人, とが順々, とはすぐ, とは二人きり, と傴僂, と喧嘩, と棒, と眼, と知合い, と私, と秘密, と虎間先生, どうも御馳走様, なぞに言, にいろいろ, にお, にきかした, にそう, にとぎれとぎれ, にとつ, にどやされる, には, にはまだ, には御, にふさわし, にまで及ん, にもご, にコンナ秘密, に出した, に厳談, に呼ばれる, に対して思い切った, に対する私たち, に対する謝恩会, に教, に敬禮, に留め, に言いつけ, に誘惑, に逢っ, の, のいつも, のおっしゃった, のお前, のお腹, のお金, のこと, のご, のそれ, のところ, のなさり, のなさる, のはからい, のひくい, のほう, のよう, のアト, のソレ, のリーデイング, の一所懸命, の人格, の保証, の修身, の偉大さ, の入, の処, の出資, の口, の味方, の声, の山高帽, の席, の常識, の平気, の庭, の弱い, の後, の御蔭, の恩, の息子さん, の悪徳, の意志, の所, の教え, の新約聖書, の方, の時, の案内, の演説, の白く長く, の真実, の眼鏡, の笑い声, の筆, の答えられる, の胸像, の腕前, の親類, の訓話, の話した, の説, の説明, の責任, の跡見花蹊女史, の返事, の過ち, の部下, は, はいつも, はいつもそう, はお, はかね, はかねてから, はこのごろお年, はしばらく, はその, はそれほど, はただ, はちょっと, はつい, はどうしても, はなお, はにこにこ, はま, はまだ, はまつ, はまるで, はもう, はやはりいつも, はわざわざ, は一番左, は一言, は何のかんの, は何故か, は再三, は別段, は呆れ, は四十歳, は土星, は大いに, は小型, は御, は御存じ, は手振り, は昨日安宅先生, は最初, は漸く, は狂気, は相, は真実, は眼鏡, は私ら, は窓, は絵エ, は謝恩会, は越中, は随分, は鯖村, は黙っ, ばっかりでのう, へもよろしく, へ添書, もいらっしゃる, もおっしゃっ, もまた, も入, も割合, も同情, も大層, も私, も見え, やらになりすまし, や先生, や勝野君, や巡査, や酒屋, よりい, よりうまい, よりはずつとい, らしい, をお, をお迎え, をはじめ他, をまんなか, をホッ, を中心, を仮令, を呪咀, を始め, を疑う, を見る, を訪れた, 左様仰つ, 願わくは八百学徒

▼ 校長~ (209, 8.2%)

3 出て, 言つた, 語った

2 [13件] それを, 何か, 収賄した, 口を, 坐って, 役場から, 怒鳴つた, 答へ, 腹が, 言った, 認定し, 辞職でも, 飛び込んで

1 [174件] あなたは, あの通り, いかにも悲し, いきなり, いっしょに, いよいよ浦和, おいでに, おれの, お云いたげ, きた, この問題, この女教諭, この学年, この学校, この学習書, この頃, さう言, しばらくあと, じろじろと, すっぱく, ずんぐり迫っ, そっと私, そのあと, その地, その理由, その瞬間, たずねました, つよ腰に, どうした, はいって, ひとくさり, ひとまずあずけろ, ふたたび帰っ, ぶらりとやって来, ぼくの, みんなに, みんなを, もし人望, もらいさげ, やはり同級, わが國, ゐて, ゐる, ガタピシする, サーカスの, フロックコートの, 一々生徒, 上司から, 不平で, 不知火を, 両手を, 並んで, 事実を, 云うと, 今日は, 他に, 住んで, 何でも, 何とか云, 何もかも責任, 修身と, 俺に, 全生徒, 処分し, 出るため, 別に無理, 前の, 勤まると, 卒業したての, 厳かな, 又やって来た, 取り調べに, 口ぐせの, 口で, 可愛がっ, 叱りますからね, 同時に言, 呼びに, 壇に, 声を, 夜半後に, 大きな黄色, 大へん, 大へん力, 大阪にて, 太い声, 奉職し, 女教員, 好い加減に, 存命であっ, 學生の, 容易に, 宿直室から, 小諸小学校の, 就任するなら, 尽力し, 師範学校から, 式場に, 引取つた, 当時チョッキという, 御馳走に, 微笑みつつ, 応じた, 悪いと, 悪らしく, 悪らしくっ, 惚れて, 應じた, 戦死者の, 手拭を, 持て余して, 持て餘, 採用方を, 教員室に, 教頭から, 文平を, 旅興行に, 春なら, 時計を, 来て, 来てから, 東京へ, 東京土産に, 檢事局に, 欠席児童の, 毎朝子供達に, 水さしの, 浜野定四郎で, 漸, 火を, 火事に, 無雑作, 牧師な, 特に平一郎, 生徒たちの, 生徒を, 生徒一同を, 生徒全部を, 目ざとくそれ, 目に, 盲人たちに, 矢庭に, 私が, 穏やかに, 立憲党の, 給士に, 続いた, 續いた, 缺席兒童の, 聞いたら怒るでせうね, 職員や, 自ら看護法など, 自分を, 芋虫が, 若い時分, 行った, 言うた, 言出した, 訊いたが, 訊ねた, 訓話の, 話であった, 赴任され, 赴任された, 起とうと, 転任する, 辛抱強く誠, 近頃語っ, 返事に, 鉛筆の, 関さんの, 阪井の, 青くなっ, 高飛車に

▼ 校長さん~ (156, 6.1%)

43 が, の家, の方 2 が先生, なりまた, にお, のシャトー, の処, の御, は両, もです

1 [127件] いいお天気, いいましても, かのよう, からお父さん, からこんど, から一寸, から面白い, から黒砂糖, がいた, がおいで, がそんな, がちょっと, がみな, がよう, がニコニコ, が代る, が仰る, が向う, が君, が得意そう, が慾張り, が抗議, が折紙, が来ましょう, が来ます, が校舎, が永い, が湯気, が私, が見舞い, さう, だから, だけど, だけにあてた, でいなさる, でございますが, ですから, という人, といえ, とばかり思い込ん, と入れ違いました, と喧嘩, と級担任, どんな顔, にお目にかかっ, にお願い, にそんな, にたのむ, になった, には子弟, にほめられた, にコボ, に云, に云いました, に出, に書い, に済みませぬ, に皮肉, に私, に聞く, に話さ, に跪い, のあ, のお, のお客様, のお母さん, のかけ声, の世渡り術, の世話, の住宅, の夫人, の奥様, の宅, の物, の狐, の癖, の言った, の訓示中, はおく, はかいって呆れ, はかくし, はこう, はすぐ, はそこ, はそのまま, はそん, はどういう, はなぜ, はまだ, はよく, はアントン・ルービンシュタイン, は三十年間, は今度, は傍, は地方, は大した, は家来, は怒鳴る, は思わず, は文学, は樽こ先生, は清三, は痩躯, は眼鏡, は矢張り今朝, は親切, は言った, は賢, は長く, は青く, は頭, は鮒, もじっと, もず, もたいへん, も感心, も笑いました, やいいなさいます, やら大原町長, やり込めて, より阪井, を, 怒るぜ, 知って, 知ってるわ, 知ってるわよ, 負けさせる名人

▼ 校長~ (156, 6.1%)

4 なって, 話して 3 して

2 [17件] なってから, やらして, 代って, 会って, 何か, 依頼し, 奨励され, 宛てた遺書, 導かれて, 挨拶した, 比して, 注がれた, 言はせる, 訓導一人と, 談判しよう, 送られて, 面会を

1 [111件] あげられたり, お会ひだ, けちを, こりさせない為, ささげて, されたのよ, しても, しばしば見られる, そう言われ, たのんで, つめよるの, ですよ, なった, なったが, なってからは, なつて, なられた松崎蔵, なられる, なられ一家そちら, なり鎌倉, なる, なるに, なるの, なる彼, なれないん, なれない男先生, にくまれて, ほめて, よばれて, 一任し, 与へた注意, 云つた, 交渉し, 代りて, 任ず, 会いに, 会うと, 会った, 会った時, 会つた時それとなく, 会釈し, 何の, 勧められるの, 取っては, 取りいるため, 取り入るため, 叱られたさうな, 向かって, 告げたれば, 呼ばれて, 因果を, 圧力を, 報告した, 奉って, 宛てられた彼女, 宛てられて, 小さな敵愾心, 小言を, 尾い, 属し学年, 巡査よりも, 差し, 御目, 思いも, 手渡しする, 抱き付かうと, 挨拶少時談話の, 据えた, 推されて, 提出された, 擬せられとかく, 暇を, 書いたもの, 會つた, 栄転した, 案内され, 横眼を, 気がねを, 流盻, 渡したの, 渡すと, 無理に, 生写し, 申しますから, 申出た, 直るという, 直接談判を, 相談し, 聞いて, 言いつける生徒, 言はれた, 話しかけた, 話した, 話すつもり, 話掛けられ, 認められたこと, 語られたりと, 語るに, 談じましょう, 談じ込んでも, 談判する, 譴責を, 負けて, 転じて, 逢うと, 逢った, 逼る, 降ったの, 面会した, 頼んで, 願って

▼ 校長~ (115, 4.5%)

19 して 4 勤めて 3 排斥する, 見て 2 はじめ衆人が, 中心に, 兼ねて, 勤めた人, 呼んで, 屁とも, 見送ってから, 訪ねて

1 [70件] いただく学校, ご信用, たかぶつて散歩, たとえて, つかまえてまで, つとめて, にらんで, はじめ主だ, はじめ諸, ほめ自分, やったり, 佐藤正都知と, 何かとこきおろす, 信ずるか, 信頼し, 停年で, 先導に, 先頭に, 免ずる辞令, 全廃せよ, 兼ねました吉田秀穀, 初めとして, 助けて, 勉めること, 勤めた酒井佐保, 勤められ県立図書館長, 呼ぶなんて, 命ぜられて, 嘆息させた, 安心させ, 尋ねて, 庇ふ, 引責せしむ, 思い出させる, 思い出す, 悪く思つて, 懐しく思った, 抜いた時, 拜命し, 拝命し, 振り向いて, 支持する, 満足させた, 無理に, 目ざす石川民子, 神の, 笑は, 経て, 絶対勢力として, 罵つた無名投書, 肉体的にも, 見た, 見上げた, 見定めて, 見知りおる駅員, 見送るらしい, 見送ろうじゃ, 訪ねたが, 訪問した, 誰かと, 軽蔑する, 輕蔑する, 追いだすの, 追い出すの, 部長と, 長い間, 雇いに, 雇うため, 顧る, 骨董品に

▼ 校長~ (77, 3.0%)

2 [11件] なった, 一緒に, 主任教師に, 二人で, 健との, 古山は, 喧嘩を, 次席訓導とが, 素晴しい, 謂ひ, 首座と

1 [55件] いっしょに, うたわれて, お話し, こんな風, ちょっと眼, なったとき, なった文学士, なって, なりあるいは, なり一八九五年, なり在職二十五年, なり或は, なる, なること, わかれん, 一酔漢の, 二人の, 云う言葉, 仲が, 内儀さんの, 出版屋と, 同じく日本橋五丁目, 同姓の, 同車する, 喧嘩した, 国語の, 大島と, 少し許, 打ち合せの, 教員との, 教師が, 教頭に, 教頭は, 文平の, 昔から, 朝倉先生だけ, 比べるの, 水夫と, 生徒が, 生徒主事には, 瞳を, 知り合った大宮校長, 私の, 自分の, 衝突やら, 親族へ, 話して, 豚とは, 郡視学とが, 郡視学の, 雀部が, 雀部を, 頻りに何事, 顔を, 首席訓導の

▼ 校長~ (75, 2.9%)

2 あの路, 出張から, 古山も, 孝子も, 居まいからね, 年長の, 黄いろの

1 [61件] いれば, これに, こんな態度, さぞよろこぶ, さっぱり拙い, その一人, その席, その後から, その横合い, その譴責, それに, どうかしとる, どっちかと, ぶり, ほかの, もう朝飯, よろしい御方, 一個の, 何等の, 先生だけは, 先生も, 勿論體操教師, 又た, 同僚も, 同意した, 同意見, 喜ばしさうに, 嗄れた声, 国語の, 声を, 大いにいい, 大島さんも, 度々見舞, 引きとって, 弱ったらしい, 心に, 教員も, 文平も, 此の, 浅川国手も, 深く歎息, 熱心に, 理想高き, 用務員も, 白い目, 矢張り遣る, 矢張遣る, 私を, 笑つた, 至極丁寧, 西山教頭も, 言つて聞かせた, 説かず生徒, 諦めて, 賛成し, 農民の, 返答に, 鄭重なる, 非常に, 面目上受けつけない, 顔色を

▼ 校長~ (55, 2.2%)

2 で校長, の跡, へ入っ, へ呼びつけられた

1 [47件] から出, から呼び出された, がひっそり, でまことに, で彼, で校長自身, と接し, と教員室, と白い, にあご, にあり, における会見, につれ, になんか行かなく, にはいっ, には西山教頭, によばれた, によびつけられ, に入り, に出はいりする, に呼び付けられ, に外套, に戻りました, に招い, に案内, に火鉢, に談判, に這入っ, に顔, のまえ, のガラス戸棚, の中, の倚子, の様子, の隣り, はいつも, へいこう, へ入りました, へ行き, へ行っ, へ通した, や職員室, をそれとなく, をたずね, を出, を出た, を目顔

▼ 校長から~ (39, 1.5%)

3 して 2 お互月末, 常陸郷土史の, 父兄に, 特別の, 留守居を

1 [26件] うけた印象, お手紙, お聞きです, こんこんと, さきほどお, じかに聞いた, とくに責任者, デグニチーという, 京都帝大の, 免職する, 受けました, 命ぜられたそれ, 命令され, 後に, 御褒美, 手渡して, 掛って, 提出された, 此処の, 此處の, 注意された, 特別な, 聞いた, 許しが, 諸君に, 賞品を

▼ 校長~ (24, 0.9%)

2 教頭に, 秋野と

1 [20件] いやな, さもなければ視学官, ほかの, よく囀る, 主任教師の, 先生は, 受持の, 同僚が, 同僚に, 最近では, 村長たちに, 村長との, 校長派の, 消防隊員の, 清三の, 生徒監の, 県庁に, 科長よりも, 訓導に, 郡視学の

▼ 校長~ (18, 0.7%)

2 あつた, これも

1 [14件] この村, これが, しょっちゅう自分, その職分, もし僕, 何か, 岡倉さんは, 故岡倉覚三先生, 敏腕家の, 教員が, 此所の, 生徒の, 生徒は, 通しいわゆる

▼ 校長閣下~ (14, 0.5%)

4 の一言 2 から多少, の席, の御, の心事 1 の事, を始め

▼ 校長として~ (13, 0.5%)

1 [13件] あちこち転任に, せめては, どのよう, ゐる中学, 一カ所に, 一番大事な, 令名ある, 令名を, 威厳が, 御宅, 教育事業に, 詩学の, 赴任し

▼ 校長にも~ (12, 0.5%)

1 [12件] お葉書, お話し, その理由, わかるまいと, 今日と, 会ったん, 会ひ, 同じやう, 深く考, 知られてや, 突つ, 聞いて

▼ 校長でも~ (9, 0.4%)

2 この歩合, 幹事でも 1 あり訓導, いいこと, なけりゃおれ, 尋ねようかと, 教員でも

▼ 校長自身~ (8, 0.3%)

1 から極めて, が現れた, が知つて, が進ん, であつ, でぼく, の話, はさしづめ

▼ 校長には~ (7, 0.3%)

1 たった今逢った, 二言三言だけ, 偶偉い, 息子が, 把掖誘導啓発抜擢あらゆる, 校長の, 自分が

▼ 校長夫人~ (7, 0.3%)

1 に連れられ, の問, の心盡, の隣, は屍体, も思わず, を

▼ 校長排斥~ (7, 0.3%)

2 がです, をやった 1 にもっ, の理由, を企て

▼ 校長とは~ (6, 0.2%)

1 まるで違っ, 愉快そうに, 比較に, 父の, 較べもの, 違うから

▼ 校長との~ (5, 0.2%)

2 会見の 1 会見が, 応酬は, 間に

▼ 校長~ (5, 0.2%)

1 二度赤シャツへ, 再三頼ん, 後藤氏の, 紹介しました, 芋や

▼ 校長さんたち~ (4, 0.2%)

2 と運動場 1 の分, の間

▼ 校長さア~ (4, 0.2%)

2 が何日, に叱られ申すだ

▼ 校長~ (4, 0.2%)

2 と言 1 かの, が土曜日

▼ 校長であった~ (4, 0.2%)

1 し講義, とき不, 母の, 高橋君が

▼ 校長にな~ (4, 0.2%)

2 つてゐた 1 つたのは, つて二年其前た

▼ 校長会議~ (4, 0.2%)

1 で婦選問題, で竜宮, と全国教育学生同盟大会, の席上

▼ 校長秋山先生~ (4, 0.2%)

1 が疫病, が自慢, だった, は台所口

▼ 校長細川~ (4, 0.2%)

1 あり酒, は, は出勤, は坐

▼ 校長さん達~ (3, 0.1%)

1 が背負わされる, こそ同情, に安心

▼ 校長である~ (3, 0.1%)

1 主人公も, 尊師ブランスビイ博士の, 父の

▼ 校長という~ (3, 0.1%)

1 のは, 人の, 地位を

▼ 校長なる~ (3, 0.1%)

1 が幾度, が鰻上り, 老紳士

▼ 校長より~ (3, 0.1%)

1 同僚を, 学生として, 聞いた話

▼ 校長よりも~ (3, 0.1%)

1 こうした名誉, 男女の, 遙かに

▼ 校長らしい~ (3, 0.1%)

2 白骨が 1 口吻を

▼ 校長ガク~ (3, 0.1%)

1 がシゲ, が空, と村

▼ 校長及び~ (3, 0.1%)

1 各地方長官, 教頭の, 職員には

▼ 校長~ (3, 0.1%)

2 の家 1 の娘

▼ 校長~ (3, 0.1%)

1 葛信澄の, 葛信澄らの, 葛信澄自身の

▼ 校長~ (2, 0.1%)

1 ほかの, 教頭に

▼ 校長からの~ (2, 0.1%)

1 希望も, 説明の

▼ 校長さん方~ (2, 0.1%)

1 が沢山, でもこの

▼ 校長たち~ (2, 0.1%)

1 がむずかしい, の気の毒さ

▼ 校長だけは~ (2, 0.1%)

1 年百年中学校, 頑として君

▼ 校長だの~ (2, 0.1%)

1 教師だの, 狸だ

▼ 校長といふ~ (2, 0.1%)

2 奴と

▼ 校長とか~ (2, 0.1%)

1 又は近郊, 甚だ当て

▼ 校長とが~ (2, 0.1%)

1 この大, 並んだ

▼ 校長としては~ (2, 0.1%)

1 それで, どうにも

▼ 校長とも~ (2, 0.1%)

1 あろうもの, 相談し

▼ 校長などは~ (2, 0.1%)

1 大臣でも, 居ねむりを

▼ 校長なんかを~ (2, 0.1%)

1 動かしに, 相手に

▼ 校長について~ (2, 0.1%)

1 校長室に, 校長室へ

▼ 校長にでもな~ (2, 0.1%)

2 つた時失策する

▼ 校長に対して~ (2, 0.1%)

1 世間が, 生徒も

▼ 校長はじめ他~ (2, 0.1%)

1 の同僚, の職員達

▼ 校長はと~ (2, 0.1%)

2 見ると

▼ 校長ばかり~ (2, 0.1%)

2 で下

▼ 校長らしき~ (2, 0.1%)

1 一紳士の, 鬚蓬

▼ 校長一人~ (2, 0.1%)

1 であると, を頼り

▼ 校長一人丈~ (2, 0.1%)

2 けで

▼ 校長以下~ (2, 0.1%)

1 の職員, 全職員

▼ 校長~ (2, 0.1%)

2 は屁

▼ 校長官舎~ (2, 0.1%)

1 の庭, の犬

▼ 校長~ (2, 0.1%)

1 にし, にすら

▼ 校長小原氏~ (2, 0.1%)

1 が学園, 専らその

▼ 校長教員~ (2, 0.1%)

2 を始め何百

▼ 校長新原~ (2, 0.1%)

2 重志

▼ 校長會議~ (2, 0.1%)

1 など, の席上

▼ 校長森栖礼造氏~ (2, 0.1%)

1 は新, は熱心

▼ 校長~ (2, 0.1%)

1 で真面目, の奥様

▼ 校長次席~ (2, 0.1%)

1 のむずかしい, は四十五六

▼ 校長~ (2, 0.1%)

1 が準, の高等官七等

▼ 校長田島氏~ (2, 0.1%)

2 の如きで

▼ 校長田島金蔵氏~ (2, 0.1%)

1 は今, は感極ま

▼ 校長田島金藏氏~ (2, 0.1%)

1 は今, は感極ま

▼ 校長細川繁~ (2, 0.1%)

1 の庭, は殆ど

▼ 校長閣下自身~ (2, 0.1%)

1 の弁明, の辯明

▼1* [166件]

校長ありてこの, 校長いちぞんで採決, 校長および職員一同の, 校長かと思ったが, 校長からはその代償, 校長からも叱かられるの, 校長がわりにし, 校長さまから, 校長さんはじめみんな知って, 校長さん買収したの, 校長じゃアない, 校長そこを立去らう, 校長その次女教員私と, 校長それも最初, 校長それからオルガンの, 校長それに二十数名の, 校長たる其の威嚴, 校長だけだった, 校長だった赤星朝暉翁の, 校長だろうかという気, 校長ってものが, 校長でありながらいろんな, 校長でしてね女学校, 校長ではないと, 校長とかげでは呼ん, 校長としての事務が, 校長と共に三十年来同校の, 校長などと云ふも, 校長などにあるの, 校長などには今日でも, 校長などの信用も, 校長なども言うん, 校長なんか相手に, 校長なんかになると, 校長なんて狸の, 校長なんというもの, 校長にさえなれないの, 校長にと視線を, 校長にまで魔手を, 校長によって教えられた, 校長に対してまで反抗した, 校長に対する時と, 校長に対するよりも少尉に対する, 校長に迄訓戒を, 校長はじめ一人として其, 校長はじめ先生達もその, 校長はじめ先輩同僚患者すべての人, 校長はね柳の, 校長ばかりじゃない生徒, 校長への不満を, 校長まででて, 校長までが出張つて皆の, 校長みずからも鼻, 校長やら訓導やらが, 校長エンゲルガルトが住ん, 校長クラーク博士も, 校長サストリー先生に面会, 校長スコット氏は今, 校長テンデリング改訂, 校長トルストイを私, 校長ピロッチイが名, 校長ミス・ラアネツドだつた, 校長ヨハンネス・シュレーデル氏である, 校長ルービンシュタインと生徒, 校長並びに學監の, 校長丸い色白の, 校長二名府立師範同窓会理事それに出版屋二名, 校長ではたしか, 校長代理として舎監長, 校長以下教員は修道女, 校長仲間の男らし, 校長伊沢氏の邸, 校長何となくにこ, 校長警部某馬蹄銀事件の, 校長先生さへあの, 校長先生たちや郡長さん始め, 校長先生人の一生, 校長先生以下たくさんの怪我人, 校長先生何か御, 校長先生向なの, 校長先生宛に出し, 校長先生山内茂三郎先生はことし八十八歳, 校長先生岩崎さんが私, 校長先生彼の君, 校長先生御願ひでごはす, 校長先生私から其様, 校長先生自筆の注意書, 校長八田三喜先生の存在, 校長兼安光次郎という人, 校長内ヶ崎作三郎代議士落合學習院教授小倉右一郎氏齋藤東京帝國大學教授其他來賓及松, 校長初め諸先生, 校長初めみんなが僕ら, 校長初め三十数名の高等, 校長初め教師までが其方, 校長加島医師丸山警部補斎木巡査の四人, 校長吉田秀穀さんで画学校, 校長同上高等女学校長元警部某, 校長の意見, 校長和田東京美術學校長阿刀田, 校長問題は学習書問題, 校長嘉納治五郎さんとそれに, 校長四名に元, 校長図書館長の兼子氏, 校長大いに驚きて, 校長大久保鹿次郎氏が私, 校長大垣洋輔じゃ, 校長大島氏は四五人, 校長夫婦が娘, 校長始めことに教頭, 校長始め同僚から親切, 校長学生西洋画家宿屋の主人, 校長官舍の庭, 校長小野正治先生は講堂, 校長就任のその, 校長岡倉覚三先生がやめさせられ, 校長島山理学士の夫人菅子, 校長島袋源一郎さんがまだ, 校長川田正澂の勧, 校長市川源三氏はその, 校長のすぐ, 校長幣原坦さんに書, 校長当人の直話, 校長成瀬仁蔵先生の胸像, 校長教師に敬意, 校長教師五六人中に文平, 校長教頭などが金持, 校長教頭その他諸君の送別, 校長来り初めて辞職事情, 校長林大谷岡本三君は揃い, 校長森栖氏の意見, 校長正木直彦専門学務局長の福原鐐二郎, 校長津村孫三郎と檀那寺, 校長の感情, 校長浅野栄造全校職員生徒を代表, 校長無用論を唱道, 校長田代善太郎氏の通信, 校長田辺氏に命ぜられた, 校長的風格を保ち, 校長県当局ほど楽観的, 校長矢野二郎氏を排斥, 校長矢野次郎は二葉亭, 校長石川健輔君はじめ有志の方々十余名一行, 校長祖慶先生であったが, 校長など宮城, 校長管理人それに, 校長細川繁これも富岡先生, 校長考えていた, 校長肝入りの豊沢広昇連中素人浄瑠璃大会, 校長脱帽せず而, 校長自由党支部長夫人病院長などが出, 校長自身それをもっ, 校長船橋中将が大橋乙羽, 校長西山教頭曾根少佐の三人, 校長谷中市太郎氏と共に送り來, 校長転任の披露, 校長輿石正久氏が加わり, 校長追放の騷ぎ, 校長送別会なるもの, 校長は自分, 校長野村宗男君に聞いた, 校長を出, 校長刀田第, 校長高嶺氏は私, 校長高楠と衝突, 校長高田學監を初め, 校長鴇田鹿鳴に