青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「數~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

数字~ 数学~ ~整理 整理~ ~敵 敵~ 敷~ ~敷い 敷い~ ~數
數~
~文 文~ ~文化 文化~ ~文句 文句~ 文壇~ ~文字 文字~ ~文学

「數~」 3498, 35ppm, 3373位

▼ 數~ (802, 22.9%)

2011 人の 9 中に, 十位の 6 多いの 5 ものが, 人が 4 一位の, 人々の, 人を 3 ものに, やうに, 人に, 人間の, 代りに, 百位の

2 [43件] あがるを, うしろより, かかつ, むつかしい假名, ものは, ものを, 中から, 中には, 人命を, 人間が, 作家の, 例外は, 偶然的な, 先輩を, 半で, 多いこと, 大きい極限, 大政黨は, 學生が, 學者が, 小作人を, 屬僚を, 心像が, 政黨なき, 旅を, 最高級, 會員は, 本を, 氏人などから, 浪人が, 爲に, 珠の, 經つ, 群は, 者は, 虎, 被告は, 被告を, 解釋を, 變化を, 雀が, 雀がさへ, 高低が

1 [621件 抜粋] あしの, あまりたつ, ある侍, うち百部も, かかるもん, かかる奴, ことが, この種, ごろつきの, しかも一層, すがた, すぐれた通詞ら, ただに, たつとともに, たつに, ときは, ますに, みぞ唯, ものだけの, ものにおいて, やど, トロイアの, フランス語學者である, 一位, 一大天才が, 七割五分は, 七十餘日の, 上で, 上での, 上に, 下役が, 不思議な, 不足し, 世界が, 中で, 中でも, 主觀, 乘客で, 乘客を, 事を, 事件を, 事物と, 二三パーセントに, 亡者どもの, 人々にたいしては, 人々を, 人あり, 人たちに, 人には, 人は, 人士が, 人才之, 人民から, 人民に, 人物に, 人計りに, 人頭は, 人頭を, 人類とも, 他の, 仲間に, 低い鳥居, 低能な, 作と, 作る如き罪, 例外で, 俊髦を, 信服者を, 信用を, 個體が, 倍に, 偉材の, 僅なる, 兒童この, 兜水陣の, 共同研究者の, 共同研究者を, 兵率ゆ, 冀望なりや, 冀望なる, 冀望にも, 内に, 凡下の, 出現又は, 列を, 利益の, 前で, 前には, 創立委員を, 力に, 劣りたる, 動物の, 勢力である, 包圍身に, 十位に, 十位も, 十位を, 十倍と, 半ばをも, 半分は, 印度人が, 印度婦人が, 反對, 反對者, 反對黨, 取調が, 古墳が, 古本屋なども, 史料を, 同主義者, 同士を, 同志が, 同志は, 同胞の, 名祠也, 名門が, 名門を, 君子, 味方後なる, 命を, 和尚の, 哲學者は, 商人多, 問題です, 問題を, 喧嘩好きかも, 喩は, 囘教徒が, 囘歸を, 國民よりも, 國民的地方的の, 圓石を, 團體は, 地位を, 地方的鬪爭が, 堅城なりき, 報告を, 場合ながら, 場合においても, 塾生を, 増加した, 墳墓現出せりと, 壓制とは, 士官下士官などを, 外に, 外にも, 多いお, 多いので, 多いもの, 多い大きな, 多い婦人雜誌, 多い方, 多い片, 多い犬, 多い男, 多い貸し, 多きを, 多大なる, 多寡による, 多寡を, 大なる, 大名の, 大多數, 大小こそ, 大政治家, 大政黨なき, 大政黨出づるの後を, 大政黨出現せむこ, 天才しか, 天才肌の, 奇巖は, 女は, 女酋, 好尚に, 如きが, 如くなれども, 妓樓あれ, 姑が, 子の, 子は, 子綿氷豆腐細い, 子鹽鮭位, 字を, 字數なら, 學といふ, 學生は, 學者や, 客は, 客よりも, 宣教師が, 宣教師を, 宦官の, 宦官を, 家は, 家内を, 家庭に, 富有者に, 富豪たちの, 實例の, 實業家は, 審美家の, 專門用語が, 小さい谿, 小さな河魚, 小さな花, 小さな蝶, 小さな餘震, 小人を, 小蜂, 少いおとなしい人, 少い共同井戸の, 少い吉住求馬, 少い娘, 少い物靜か, 少くなる, 少ない人間, 少ない女, 山岳が, 山蟻が, 岩燕が, 岩礁が, 島々から, 工場の, 常識の, 平たい皿, 庶民とは, 形容詞, 形象とは, 形象を, 形體を, 彼等に, 御用代議士を, 御用商人に, 心掛けである, 思想から, 思想が, 思想で, 思想と, 思想は, 思想を, 恒星に, 情熱を, 意, 意向を, 意外に, 意思の, 意見は, 愛し合, 懸る事, 成功も, 批評家の, 技によ, 抱いた最も, 拔擢を, 指導者群の, 掛つた恐ろしい, 掛らない金儲け, 揃つたのを, 擴大した, 支那紙の, 支配を, 政友に, 政友を, 政治家軍人が, 政黨ある, 教科書が, 教科書に, 敬語今猶, 數だけに, 文字の, 文明人と, 文書は, 文章, 新築明き家を, 方から, 族を, 既に窮まれるなり, 日で, 日は, 昆蟲が, 星に, 星共は, 星屑が, 星斗光濃し, 書だけは, 書物の, 木の, 本性に, 机上に, 材料が, 村人たちの, 根本と, 椋鳥が, 植物が, 極度である, 標準が, 歌謠の, 歐洲人が, 正確な, 武士を, 歩兵隨ひ, 歳月を, 歴史は, 死を, 段階は, 殺人を, 毒蛇あり, 毒蛇は, 民の, 水晶か, 沈んだ顏, 河川が, 泡末が, 活字の, 流星の, 浪費に, 浮浪兒の, 減つて行く, 減るにも, 減少する, 港灣を, 烟突, 無財産, 熔岩が, 牛の, 特許的自由の, 状態を, 獨立の, 珍奇なる, 珠瑠璃の, 球より, 球體共の, 理など, 瑞穗ある, 瑠璃色の, 生毛, 生活を, 産業が, 用ゐ, 男女が, 異つた種類, 登場人物が, 發光點が, 發明者しか, 白いの, 白が, 白衣の, 百姓の, 百姓車の, 的確なる, 盡ざる所にや, 目には, 目當てが, 相違を, 眞中あたり, 眞蒼な, 眼が, 眼に, 知れない夜鳥, 知れない蚤, 知れない赤蜻蛉, 知れぬうら若い, 知れぬ金地, 知人も, 知識を, 硝子が, 票數を, 移民が, 種類の, 章を, 管絃樂の, 篝火なるべし, 紅葉樹に, 紐と, 細かな, 細路の, 終りや, 結晶成分を, 統治宜, 經濟界の, 經驗の, 緒の, 織布者, 美を, 翼が, 老人は, 老若男女から, 考方は, 者が, 者に, 者によ, 肖像畫との, 脚氣患者に, 自由黨員は, 自白爆裂彈の, 舟の, 舟を, 良民は, 芝山の, 苦しい目, 苦力が, 茱萸の, 草が, 莫大, 華族の, 葉書を, 蒲公英の, 蓮如を, 虹の, 蚊が, 蚊と共に, 蛙が, 螢が, 蟲は, 蟹捕獲場, 蟻は, 衆生を, 術日に, 表象と, 表象を, 被告に, 裕福でない, 製造所と, 製鐵所である, 要素に, 要素は, 見方が, 見物人の, 親近者を, 觀察者の, 觀念に, 觀念を, 記憶の, 試みあり, 試行が, 詩は, 語句を, 誤謬に, 誤謬は, 諸氏の, 謙遜なる, 識者が, 識者に, 警衞船の, 讀書子も, 豐か, 財寶を, 貧農の, 貴族が, 賊徒を, 賛成を, 質量を, 贊同を, 車の, 車を, 軍は, 軍勢の, 轉業また, 遊女が, 過去生を, 道などで, 部下も, 部分から, 部分に, 部落が, 都合にて, 醫者とか, 野茨の, 金粉を, 銅活字を, 長短は, 間を, 間生活し, 關係で, 關東派ある, 阻塞氣球で, 集會といふ, 集會の, 雜猫の, 雜色の, 露の, 靈の, 革命者が, 音冴え, 頭顱と, 風雲兒の, 餘裕が, 騷音が, 高い山, 高き星宿, 魚屬の, 魚族何百萬とも, 鯛が, 鰯が, 鳥共は, 鷺が, 黄人に, 黄人を, 5は, 8は

▼ 數~ (370, 10.6%)

9 かけて 8 かけます, 増して 7 數へて 4 占めて, 數へる, 盡し 3 勘定し, 算へて, 經て, 計算する, 議會に

2 [24件] お殖, かけずに, かけるの, して, つくして, つまぐつて冠つ, 加へて, 勘定する, 掛けて, 掛けました, 揃へて, 擧げて, 支配し, 敵と, 數へながら, 殖やして, 添へ, 用ゐたる, 知らず, 知らない, 示して, 置き十二神, 考へて, 計算し

1 [263件] いふ, いふ定, うる如し, お遣, かぎること, かけたさ, かけたもの, かけたら一位, かけた念佛僧, かけました, かけまして, かけますが, かけます誰, かけること, かけるぢ, かけるといふだけに, かける必要, かけ可哀想, かけ馬上, きかなかつた, しなくたつても, しらべた, する事, ただ取り揃へる, たのんで, つくせしとき, つまぐつてゐる中こそ, つまさぐりながらじつとしてその光景, つまさぐる, できる限り, ひき連れて, ふやしさ, へりつつ, みだれずに, もつた光, もつ光, もて不定數, われ賣りぬ, イタリーの, カキ集め, プランク恒數と, 一イ二ウ三つとまで, 一蔀といふ, 不定數若しくは, 主人の, 二十までかぞ, 云は, 今日いく, 使用した, 倍に, 儉約する, 其の看護者, 具し, 凌ぐは, 出しました, 出雲國造の, 別棟の, 利かなかつた, 利かぬ, 制すること能, 制限する, 割愛せね, 加へる, 勉強させました, 勘定した, 占むるの, 占むる囘教徒の, 占むる能はずむ, 占めるを, 占め其の, 卷いた小柄, 卷いた爺さん, 卷いて, 取りつ, 只形のみ, 各組合員, 合せて, 味方に, 單數の, 嗤ふこ, 器械的に, 四百七十三萬, 四組に, 増したので, 増し内容, 増し勢, 増す事豫定, 増加した, 夙うに超過し, 多く利け, 多く増し得た, 夢中で重ね, 好みて, 好み用, 定たる, 定る, 尋ねて, 對象と, 少なくし, 尚ぶ, 尠うし, 差し向けた, 庭へ, 引受けて, 得たり, 得べき一, 得るかに, 得ること容易, 從へ, 御ふやし下さい, 心理描寫などに, 必要と, 忘る, 思ふ時, 憫れ, 懸けた百姓, 打ち了せなかつた, 打見やれば, 投げかけたところ, 押し揉んでは, 持ち左手, 指示する, 捕へ, 掛けありしにも, 掛けたま, 掛けた上, 掛けても, 掛けまして, 掛けるが, 掛けると, 掛けるまでも, 掛け馬, 掛ずして, 揉み, 揉むかするであらう, 換算し, 搭乘し, 撞き終ると, 擧ぐること能は, 擧げざるを, 擧げず, 擧げたり, 擧げたるが, 擧げたるに, 擧げたるまでなりと, 擧げたる所, 擧げたれば, 擧げ對馬, 改めて手帖, 改め四人不足, 教へ, 敵として, 數へ, 斬り拔, 施したるは, 明かに, 明載, 書いて, 書き込み最後, 月表の, 有するもの, 有する光量子, 楯に, 極端に, 横に, 比較する, 洩らしちや, 淨火の, 減じた, 減じ春秋時代, 減少せよ, 測りて, 無限に, 爪繰りしとよ, 爪繰りながら, 片手に, 狩り集めあ, 現は, 理解し, 用ゐし, 當つた, 百迄, 益する事, 直に此, 相かけます, 省いて, 省くの, 省けり, 眼で, 知らざりしが, 知らざる無, 知らずげに, 知らむとて, 知らん爲, 知ること能, 知るなり, 示す, 示すべし, 稼がせて, 積んで, 算したら, 算へる, 籌らう, 累ね, 細く刻んだ, 統べ治む, 經ない, 經ぬ, 經ね, 縮めて, 繰つた人, 羨しさ, 背に, 致して, 蓄へ, 蓋ひ, 虚心平, 表はせる, 表出したる, 要したに, 要すること, 要するもの, 要する方法, 要する譯, 要する關係上, 見た, 覺悟する, 解して, 計つて, 記したるのみ, 記して, 記すべきに, 記せむ, 記録し, 評價し, 誇張したる, 誇張せし, 調べた, 調べたり, 調べて, 調べるといふ, 調べ申さんと, 讀む手, 讀んだ, 費したで, 費すこと, 賣り拂つて來, 踏んだ男, 踏んで, 載せたま, 追つ, 配り先千住板橋新宿, 配り先品川新宿板橋千住, 配り萬一, 配固めたる, 重ねて, 間違つ, 限つて申す, 集めて, 頼みて, 頼み不意討の, 顎で, 首に

▼ 數~ (270, 7.7%)

3 少いが, 彼の, 非常に 2 三疊敷の, 侍ひ, 千人近く狹き, 大凡十四五人ね, 少なかつた, 左の, 左のみ, 萬を, 2か, 4又は

1 [241件] あともう, あらゆる類似, いかに多く, いつしか日本人, いづれも, いと多く, お掛けいたしません, かういふ事件, かけられない, この方面, この碑, この見解, さして多く, さつきよりも, さながら深林, ざつと三十七八, ざつと三十人, ざつと二三十人, しかし救助, しだいに頻繁, すくなく, すこぶる多, ずん, せずに, その學校, その村, その流行相, それつきりか, たくさんありません, たつた一つ, たらでぞか, た他, た如何, どうでも, どこへ, どれほどある, ない, なか, なかつた, ほんとに眼, まだ明, もうわかる, もともと權勢利慾, もともと英語譯, わからなかつたが, ボニファキウスの, 一つは, 一つ減りました, 一定し, 一本, 一萬七百餘里と, 一齊に, 丁度千枚人を, 三十軒三日と, 三千四百五十六萬七千八百九十九枚といふ, 三萬三千三百三十三體ある, 下層經部その他にて, 之れ, 之を, 九つあつ, 九十萬で, 二人まで, 二千以上も, 二百人近くも, 二百本, 互に顏, 五人其中にて, 五十頭羊の, 五千七百漱石全集の, 五百人に, 五百以上にも, 五百以上も, 人によ, 人の, 今まで, 今日も, 何かの, 何れも, 何んと, 何時でも, 何時も客卓, 余輩の, 佛寺の, 依然として政黨, 依然北支那, 僅に, 免かれぬ, 兎に, 全くこの, 全國, 全部で, 全部判明した, 六, 六つ七つ庭の, 六七軒と, 共に9, 再び勇氣, 冬期に, 决し, 凡そ一萬四千本也, 凡そ千人餘なら, 出席數よりも, 初めから, 到底内閣, 劣れる, 勿論囘教徒, 勿論警察官, 十から, 十位の, 十四神は, 十萬以上に, 千その, 千六百五十本幾ん, 半分くらゐ, 危惧に, 同じき九春秋, 咳一つする, 唯自分, 單なる, 四つに, 四百五十戸ある, 四百五十萬蜀の, 増され, 増して, 増加し, 多いけれ, 多いやう, 多くありません, 多けれど, 多しすべて, 多少減少, 夥しい, 夥しく殖え, 大したもの, 大抵拔, 大抵顏, 大概普通の, 天使の, 孰れ, 定まりました, 封建再興を, 小説の, 少い, 少い方, 少くない, 少くなく, 少く且, 少ないが, 少なし家邸, 尠いが不純な, 幾つとも, 廿人餘り, 微震に, 心配し, 必ず一つ, 思はずワツ, 恐らくなから, 恐らくは此種, 悲慘な, 情に, 懷の, 折重な, 持つてを, 捕虜と, 揃つてゐた, 揃ひました, 數へ, 數多あ, 數寄屋橋御門へ, 既に安き, 既に追込まれた, 日足の, 明治二年の, 是の, 是れ, 智證大師の, 最多く, 本島に, 次等々, 歐洲の, 正しく卅四日, 此學校で, 殘らず, 江戸だけでも, 決して多く, 決定し, 沿岸の, 法律で, 減る其國庫, 漢狗とか, 漸く加, 爰に, 父母の, 玄關女中部屋を, 現在四十一戸です, 現在若く, 甚だ多い, 甚だ多き, 男子共に, 町不相, 略左表の, 百に, 百人の, 百人を, 百姓な, 皆んなあの, 皆應仁以後元, 皆特別の, 目を, 直ぐ樣市ヶ谷田町, 知り得ずとも, 知り易い, 禍に, 私の, 秩序の, 積雪の, 竭した, 總體十七も, 罪を, 舊自由黨員たるを, 苦手で, 莫大の, 藝妓末社を, 藝文志の, 處に, 西洋人の, 講堂に, 赤ん坊の, 身分に, 車を, 通例一回二十四五日と, 過去の, 鎌倉頃から, 閣下の, 非常な, 驚く勿, 3の, 3よりも, 4以上, 7だ, 9とな

▼ 數~ (193, 5.5%)

9 た, られて 5 られた 4 なければ, 年の 3 きれないほど, たの, られます, られるやう, 切れない程, 立て

2 [20件] あげて, たが, ないうち, ぬ, ました, ます, よう, られない, られる, られること, られると, られるに, られるの, 上げること, 來れ, 出した, 日に, 歳で, 聲を, 見て

1 [104件] あげながら, あげる, あげること, いる, がたい程, きれないほどの, きれないやう, きれぬ, ざるを, しもの, たい, たいくら, たかを, たさうである, たて, たてる, たてるの, た支那人, た許, ちが, つ, つくされる程, つくすこと, どしの, ないが, ないに, なかつたので, なん, ぬへ, ねば, ようとは, られお, られけむ, られたもの, られたり, られた春徳寺, られた男, られないほど, られない廣さ, られませぬ, られも, られやう, られよう, られるけれど, られるべき人, られるほどに, られる人達, られる伯父, られる宋, られる時, られる樣, られる田地持, られる程, られる美し, られ中古, られ大, ろとか, んか, 一人づつ拔か, 上げずまた, 上げたすべて, 上げましたが, 上げられると, 上げる位, 來た, 來て, 來らば, 僕の, 入れたし, 出しました, 切れないほど, 切れない昔, 切れなくなつ, 切れぬほどの, 切れぬ數十種, 切れるものぢ, 初めました自分, 始めて, 子の, 居る事, 年で, 年二十八歳, 年二十六の, 得ない程, 得る年限内, 擧ぐべき, 擧ぐるなら, 擧げるだけの, 方である, 方に, 方も, 日には, 日の, 歌に, 歳二十六の, 歳八つと, 歳四つで, 盡し, 盡すべから, 直して, 立てるの, 立てれば, 謠で, 謠は

▼ 數~ (182, 5.2%)

8 して 3 對する, 於いて, 於て, 關する 2 あります, ある, しても, 入つて, 從ひ, 群集し

1 [150件] あつて, あらず, ありますが, あるぞ, あるだけ, あるの, ある先輩, うつつて, お南, お心, かけなかつたので, かたまつてぴらぴら, したが, しては, せんが, そこらに, その限られたる, そへ, たかつて, ちらついて, つながつて, つんざきぬ, とつて, なつた, なつたらやめる, なつて, なります, なりませう, なり其の, なる, なるから, なるさ, のぼって, はいらぬ日, ひらひら動い, ふえて, まかせて, よれるを, 上つた, 上つたが, 上つたのも, 上つてゐたらしい, 上つて居り, 上るそして, 上る筈, 不足は, 亂飛し, 亙る歴史, 今日も, 作りしもの, 依り, 依れば, 倦まる, 入つたの, 入らず, 入らぬが, 入りたり, 入亂, 八といふ, 共通である, 出たので, 出て, 分類し得る, 制限を, 加はつた, 加はる牢人者が, 匹敵する, 取りて, 受け入れた印象, 可能である, 呼びかける要素, 啼いて, 喜び躍つて, 因めるもの, 在るの, 埋められて, 外國人を, 大きな毒, 大小あり, 大層な, 如かむ子, 婦女子の, 存在し, 就いては, 就て, 強付ける, 必要な, 恒數を, 應じ, 手を, 拙くその, 掛けたもの, 換算する, 換算すれ, 據り, 支配され, 於いても, 於ては, 明に, 棲んで, 歸せしめ, 殖えて, 殘つてゐる, 比して, 比ふべし, 比例し, 浮ぶ時節, 無限に, 燦い, 現れて, 生えて, 生ずるから, 當つてゐる, 當つて元, 疎いと, 發見される, 發見する, 發見せられる, 目の, 相寄つて, 相違が, 瞞された, 算へられ, 美しい海, 至りても, 蒐集された, 行渡ること, 西の, 見ること, 足ずと, 踊らせて, 近づきました, 逃げ走るの, 這入らないやう, 過ぎないと, 過ぎますまい, 過ぎるので, 達すると, 遣つて來, 遺存, 長けたやう, 長じ, 限りあれ, 限りが, 集まつたが, 集められて, 飛び交い張り, 飛ぶ, 驚いて, 驚きて

▼ 數~ (175, 5.0%)

3 盡きた 2 一ぺんに, 多かつ, 多くなつ, 多くなる, 少なかつた, 殖えて, 減じて, 盡き, 違ふ, 非常に

1 [152件] ありませんからな, あること, あるの, かかるやう, ざつと二十人ばかり, その中, たくさんあつ, たつて, だん, ない, なくなる點, ふへて, ふへるの, また私, ドカドカと, 一を, 一人も, 一度に, 一萬九百九十五億二千一百六十二萬五千七百七十六人だ, 七つ八つ高, 不足で, 中, 主人の, 乏しいの, 乏しと, 乘つた爲に, 二つ三つと, 二十七萬それから, 二百七十五首ある, 五と, 五六十軒で, 五百枚に, 亦觀察, 人足か, 何人ある, 例年よりも, 信ずべきもの, 偶數でなけれ, 優秀なる, 入つて來, 入る, 全然不明, 八方から, 六七枚あります, 出るか, 出漁中に, 分つたらもう, 十二に, 十十一と, 十餘萬あり, 反對, 同志の, 向うの, 唯九十何戸しか, 喰べて, 四十箇も, 塞外諸族の, 増すこと, 増すの, 多い, 多いか, 多いから, 多いだけ, 多いやう, 多くな, 多くなりました, 多さ, 多過ぎる, 大きな九個, 大小百四十餘も, 少い, 少いと, 少いばかり, 少くて, 少くなる, 少く出る, 少し變つて, 少し豫定, 少ない, 少ないと, 少ない樣, 少なく, 少なくなつた, 少なく且, 少なすぎる, 少數, 平氣, 年始状を, 幾ら有つても, 延五里の, 心元なかつた, 悉く道教, 惡い, 憲政黨に, 掏摸に, 掛かつ, 掛らうが, 掛らんし, 數へ, 日本の, 最初から, 有つて, 有るもの, 次第に増加, 次第に多く, 次第に殖え, 殖える, 殖えるやう, 殘り, 永い, 永遠の, 江南に, 減り反, 無けに, 狂つ, 現はす, 省ける, 省ぶ, 知れて, 知れない, 短くその, 礫の, 示すところ, 私始めまだまだ, 穴に, 穴の, 立つの, 經つた, 經つてゐなかつた, 經つて不自由を, 經つと, 缺けて, 自然に, 至つて少, 良いさかい, 裁判官の, 記されて, 貴君の, 農家の, 進んで, 違つて來ます, 違ひます, 酒を, 重つて, 重なるに, 長いの, 長くな, 長けて, 限られて, 頒布された, 3以下では, 8だ

▼ 數~ (95, 2.7%)

3 知らねば 2 よまれるほど, 殖えて, 盡き, 省かんとて

1 [84件] あり殊に, かからず飼料, さまで多く, しなかつた, しらず, すくない, なき在家, なき白旗殊勝, なく開けさせる, ほんの數, また普通, 三十三坪餘は, 三十近くあ, 並大抵でない, 二週あまりを, 亦决, 亦多し, 亦彼, 亦減ぜり, 似て, 何かからの, 僅で, 僅少で, 六つ七つ主人の, 内地で, 削られるやう, 勢力も, 十の, 十年を, 十數種に, 各書, 唯八百しか, 商も, 四五しか, 増大した, 多い, 多いが, 多いし, 多かつ, 多くな, 多く作り, 多く傑作, 多く冗談口, 多く調度, 多し年毎, 大した程, 大變, 少いで, 少くなりました, 少くなんとなく, 少く夏, 少く規則, 少ないし, 少ない山, 少ない爲め, 少なかつた, 少なくなつた, 少なく杯, 幾百千もしや, 掛べし然, 掛るにより, 次第に少く, 死亡の, 殆ど皆無, 殖え鎌倉, 段々に遠い, 減つて居た, 減り冷え, 無意識の, 無言の, 瘋癲患者の, 百二十枚昨夜女隱居が, 百人以下に, 盡きた, 相違なく, 知れない程, 經た, 覺えず, 進んで, 重なりて, 重なれば, 金も, 陣營の, 頗る多い

▼ 數へて~ (90, 2.6%)

5 見ると 4 ゐた, 見た 3 みると, ゐる 2 ごらん, みた, ゐるが, 居た, 行つた, 見て, 見ても

1 [57件] ざつと一里餘りだ, しまつて, みたり, みて, みても, やると, よからう, ゐた老人, ゐるとき, ゐるの, ゐればい, 丁度一週間前の, 丁度十日前の, 七ツ八ツ身體の, 七百五十九日と, 三十七年目に, 三日も, 下さい, 二十五年前すな, 五年目の, 人に, 代數, 六段階が, 其の功, 十に, 十三, 十二囘曙光の, 右へ, 壹圓札で, 天鳳五年まで, 子刻, 居たらしい, 居ります, 居るの, 廣い, 待たぬもの, 待つて, 憚らない, 抑へたマスク, 斷食の, 早くも, 歩いたら十六人, 歩いて, 父さんは, 百條に, 盜み去れり, 私の, 第一, 第三, 行くと, 見てから, 見む, 見るならすでに, 見るの, 見れば, 道順ににの, 黄金の

▼ 數へる~ (63, 1.8%)

4 ことが, やうに 3 ことも 2 くらゐ, のであります, ほどしかなかつた, 程しか

1 [44件] かを眞, がよい, ことに, ことにより, これらの, たび毎に, だけしかありやし, といふ, とか數, とか陀羅尼, ときは, とふわり, と一年, と九歳, と二十六年ぶり, と五階, と何人, と心, と田圃, と隨分, にあたらぬ, にいと, に足りる, に過ぎない, のに呂氏春秋尊師篇, のは, のを, ばかりで, ばかりである, ほどしかない, ほど錻力, までもない, までもなく, 併し, 印畫の, 歳の, 漢字の, 程の, 程他人の, 程面白く, 聲も, 處は, 間が, 間も

▼ 數~ (58, 1.7%)

5 あつた 3 あつて 2 見ると

1 [48件] あつて意見, あらうと, いふには, こなす藝術, これを, こんなに變化, その多, その風尚, でもよく, どの位, 三里たらず, 三里許り往く, 云へば, 五六年しか, 何んとも, 佳句は, 其説は, 再び可決, 凡そ芝愛宕下界隈, 判斷する, 割つたところ, 十五里許り, 取り卷き素槍一本, 合唱し, 向島に, 失敗つたのだ, 封印を, 尾久一杯に, 巧に, 座談的に, 復讎者の, 徹底し得る, 搜し, 昇つて行つた有, 此方は, 無盡藏, 當選した, 癒えも, 相濟, 移つて居る, 突入する, 致方ない, 芝居は, 行き倒れが, 見張つて, 計つて, 通用し, 青六の

▼ 數多く~ (40, 1.1%)

2 して

1 [38件] ありました, ある, あるが, しうるもの, したもの, なりぬ, の, のすぐれた, のその, の作品, の大, の弟, の性質, の村, の研究生, の詩, の證據品, また種々, を殘, エペーオス族乘り込めり, 並んだ棚, 亂る, 他も, 例は, 出たやう, 午後三時よりとの, 感じなかつた, 敵を, 既に天一坊, 書かせた藝者, 殘し, 知つてゐる, 竝んで, 見えた, 輝やかしい, 運ばれた, 都城の, 雲は

▼ 數多き~ (37, 1.1%)

2 ほど見

1 [35件] に時頼, に過, ミルミドネスを, 人を, 侍女に, 入竺求法, 公卿殿上人の, 剛勇の, 勇猛の, 可能性を, 同胞を, 夢の, 大いなる群, 女房曹司の, 娘と, 小芝居, 御馬の, 恥辱と, 愛の, 支那古今の, 旅館及び, 最中に, 東國の, 樂劇部の, 炎に, 熾火より, 珠ぞや, 罪惡の, 舟は, 藝術家の, 贄卓と, 贈遺を, 金色の, 飮食店の, 鹵獲とも

▼ 數~ (35, 1.0%)

2 お經, なり三段目, 入費を

1 [29件] いうても, する四柱推命學, せねば, なり, なり他, なり居れども, なるであらう, なると, 一致せざる, 仕事の, 勞力とを, 千八百足らずの, 同じやう, 名づけること, 天使における, 孔中の, 幾何の, 手數と, 時代が, 最初の, 爲れり, 相等し, 答の, 精進の, 見て, 誤算した, 調和伴行せざる, 賑ひとを, 飛道具の

▼ 數限り~ (28, 0.8%)

8 もない 2 なくありますが

1 [18件] ありて, ない小さい, ない少年, ない蚤, なき不快, なき希望, なき掲燈, なき美しい人立派, なき追憶, なくある, なく現れ, なく腐つた泥, なく輝いた, なく遺つて, は有り, もありません, もなく, も無い

▼ 數時間~ (25, 0.7%)

3 の後 2 に只

1 [20件] たって, であつ, にし, のうち, の中, の續, の間娑婆苦, の間子供, は人間, は續樣, もた, も日, を我室, を眠らう, を經, を餘す, 前お金, 待たねば, 漕いだ, 長きは

▼ 數~ (24, 0.7%)

3 ことを 2 奈良の

1 [19件] ことは, のか, のが, のであり, もので, ものとか, ものの, んです, 人が, 友達の, 反古を, 句が, 宗家的な, 文化人の, 樹木の, 犧牲と, 素朴な, 老人の, 讀者によ

▼ 數百年~ (23, 0.7%)

2 の歴史, の間, もしくは數千年以前, も經

1 [15件] にわたる家系, に一度, に彌, に當, の堂宇松杉苔滑らか, の夢幻, の後, の感慨, の經驗, または千餘年, を要した, を要しない, を距, を隔てたる, 或は數千年

▼ 數ある~ (22, 0.6%)

1 [22件] が皆獨善, ことを, と思ふ, を, マホメット教徒の, ヨーロッパの, 中に, 中には, 兵粮丸の, 卓子の, 古河氏を, 實例の, 小川家の, 痩村の, 白人の, 石橋岩根より, 神樣で, 舊都會の, 舟めがけ, 贈物の, 通詞の, 顏に

▼ 數ヶ月~ (22, 0.6%)

7 の間

1 [15件] が過ぎた, で死ん, といふもの, に亙, に亙つ, の内, の接觸, の激しい, の臭い, の航海, の間監獄, もその, を費した, を送つた, 新しい生活

▼ 數十人~ (20, 0.6%)

1 [20件] ある, が待ち受け, であつ, となる, にて荷, に及び, の人間, の學生, の少年, の彌次馬, の手, の捕手襖, の日本人, の社員, の職工, の與力同心番, の警護, の近代印刷術, も立ちし, 或は數百人

▼ 數知れぬ~ (19, 0.5%)

2 人の, 家々

1 [15件] のでございます, 人々の, 倍音と, 囁きの, 星が, 木柵の, 樹, 溝渠のに, 牝羊, 窓の, 粟の, 藥草の, 螢が, 鳥である, 鳥の

▼ 數である~ (15, 0.4%)

3 ことを 2 と言 1 からそれ, から一部分, から幾重にも, が眼, ことによ, ことは, こと及び, となし, 謎の, 3を

▼ 數では~ (14, 0.4%)

3 ない 2 ありません, なからう 1 あつた, あるけれども, どうしても英語, なかつた, なしに, 困りますし, 書き盡

▼ 數ふる~ (14, 0.4%)

1 [14件] こと多く, と十一世紀以前, にも勝, に一萬二千餘里, に暇, に耐, に遑, の煩, の類, ばかりになりぬ, を, 事と, 十二人, 牧者の

▼ 數ヶ所~ (14, 0.4%)

2 の疵, の繩 1 から數人, ござりまし, で此語, で發見, に放ち, の, の傷, の戰場, の打撲傷, の誤り

▼ 數でも~ (13, 0.4%)

1 [13件] ありません, あれば, ない, ないおれ, ないの, ない戰, なくさ, なくせいぜい, なく二人, 刷つて讀者の, 御座いません, 精選された, 調べて

▼ 數多い~ (13, 0.4%)

2 柱や

1 [11件] ことで, 出版物だつた, 小姑に, 展覽會の, 役人の, 御逸事, 戀を, 房, 手紙を, 批評には, 根もとを

▼ 數百人~ (13, 0.4%)

1 [13件] に及ぶ, に難儀, の學者, の舞妓, の被るべき, の負傷兵, も隱, をはぶき, を容, を櫓, を算するで, を超え, 入れてさ

▼ 數なる~ (12, 0.3%)

2 ものは 1 ことで, ことである, こと到底, などいひ, に八方, は之, は蓋し, もなほ一, を以て動, 足利時代を以て

▼ 數にも~ (12, 0.3%)

2 倦き 1 偶數にも, 入らざらむ, 入らぬ木, 多少の, 足らで盃, 足らぬ海獸, 足らむ, 過ぎて, 達したし, 限りが

▼ 數へれ~ (12, 0.3%)

2 ば藝術上 1 ども習慣, ばきり, ばまだ, ばもう, ば五人, ば例, ば數, ば書齋號, ば與四郎, ば際

▼ 數十年~ (12, 0.3%)

2 若くは 1 にし, に亘つた熱心, に亙る, の利息相掛り候, の後, の收入, の文學修業, の昔, も張る, 重なると

▼ 數から~ (10, 0.3%)

2 云へば 1 だんだん單數, できて, 云へ, 割出して, 單數に, 生ずる張る氣, 見ても, 言つて到底

▼ 數十尺~ (10, 0.3%)

2 の下 1 に及べり, の底, の懸崖, の高, 深く沈みました, 深く海底, 長さ二三百尺, 高く白色球燈

▼ 數千年~ (10, 0.3%)

1 といふ短時日, の人智, の休息状態, の古, の昔, の昔時, の歴史, の社會, もしくは數萬年, を要する

▼ 數とも~ (9, 0.3%)

1 しないので, しない樣子, せざるが, せぬやう, 仕ないといふ, 思つては, 思はじな, 思はない口吻, 思はぬ面魂

▼ 數には~ (8, 0.2%)

2 なるだらう 1 いつて, はいりません, ふり落つる懷舊, 入らぬの, 多少の, 驚いた位

▼ 數ふれ~ (8, 0.2%)

1 ばいま秋九月, ばおよ, ばみそ, ば今日, ば十二通, ば幾十百, ば早く, ば目

▼ 數世紀~ (8, 0.2%)

1 にし, に亘つて日本, に亘れる, に亙つ, に亙る, の以前, の正教, の間

▼ 數~ (7, 0.2%)

1 から此六疊, つた, つたらしい, つて大小おびただしい, つて敢て, と分る, ねどうも

▼ 數へながら~ (7, 0.2%)

2 本當 1 一杯の, 乘つて行く, 段々話し出す, 自分を, 見る時

▼ 數よりも~ (7, 0.2%)

1 さつとむら雨, 凡骨の, 多いだけが, 多い世間並人, 左官の, 遙かに, 餘計に

▼ 數を以て~ (7, 0.2%)

2 之を 1 人の, 内閣進退の, 否決せられたる, 居る珠數, 組織せられた

▼ 數ヶ月前~ (7, 0.2%)

1 から手帖, その母親, に, には谷崎潤一郎, の月, までは數百, より其同志中

▼ 數でなけれ~ (6, 0.2%)

6 ばならぬ

▼ 數といふ~ (6, 0.2%)

1 ものだ, ものである, ものは, ものを, 實相な, 形容は

▼ 數として~ (6, 0.2%)

1 一般に, 世間に, 換算する, 用ゐし, 考ふる, 計算し得る

▼ 數ならぬ~ (6, 0.2%)

2 身の 1 妾に, 某に, 秘藏生, 賤しき我身に

▼ 數~ (6, 0.2%)

1 お經, 日數を, 石油との, 種類や, 種類を, 經費の

▼ 數千人~ (6, 0.2%)

1 の人, の慾, の私たち, の者, を下らず, を捕

▼ 數にて~ (5, 0.1%)

1 一千三百餘里と, 三十一日里數にて, 荒増成就したれ, 計り里數, 閏月の

▼ 數へたり~ (5, 0.1%)

2 して 1 した後, しながら, 處處に

▼ 數より~ (5, 0.1%)

1 來る, 多い大, 多し, 推せば, 板張りの

▼ 數以上~ (5, 0.1%)

1 は, はこの, は死亡, は生徒昇降口, を削る

▼ 數十名~ (5, 0.1%)

1 が滯在, に過ぎず, は其犯行頗, をた, を捕虜

▼ 數十年前~ (5, 0.1%)

1 この同じ長崎, に孔子, のある, の人, より行

▼ 數十間~ (5, 0.1%)

1 ありたれど, にし, よりさき, 行きつまり, 行けば

▼ 數とは~ (4, 0.1%)

1 ならないから, 思はぬ態度, 樣子が, 汝の

▼ 數ならず~ (4, 0.1%)

1 夜半の, 然るにても, 紀元七十九年の, 願ふ

▼ 數へては~ (4, 0.1%)

1 我等に, 見した, 見ぬが, 見數

▼ 數まで~ (4, 0.1%)

1 同じい家, 當てる, 調べて, 讀めさ

▼ 數ヶ月間~ (4, 0.1%)

1 の努力, の生活, は死, も全く

▼ 數十歩~ (4, 0.1%)

1 に立たしめ, の庭, ばかり行きける, を隔て

▼ 數少き~ (4, 0.1%)

1 なり, も天使, やを, 人と

▼ 數時間前~ (4, 0.1%)

1 にはまるで, に私, に飮ん, までは皆

▼ 數百年前~ (4, 0.1%)

1 といふ過去, の事, の人, の道徳箇條

▼ 數あり~ (3, 0.1%)

1 いかにせん, その目録, で

▼ 數いと~ (3, 0.1%)

1 多しまた, 少なきも, 繁きひと

▼ 數~ (3, 0.1%)

1 たてた無慮, てその, 切れぬくらい

▼ 數~ (3, 0.1%)

1 くる, ずは, 因數の

▼ 數~ (3, 0.1%)

1 へおぼつかな, へ思つたの, へ數

▼ 數さん~ (3, 0.1%)

1 が, が松茸, 大地震

▼ 數しか~ (3, 0.1%)

1 棲まない, 殘つてを, 賣れなかつた

▼ 數たる~ (3, 0.1%)

1 ことを, に差支, 支那人の

▼ 數だけ~ (3, 0.1%)

1 印刷し, 小錢, 載せて

▼ 數だけの~ (3, 0.1%)

1 お花見手拭, 旅客を, 筋を

▼ 數~ (3, 0.1%)

1 やありません, やだめ, や人

▼ 數であり~ (3, 0.1%)

1 さうし, その百位, 一は

▼ 數との~ (3, 0.1%)

1 不一致, 觀念を, 間に

▼ 數と共に~ (3, 0.1%)

1 南支那に, 秋の, 藏したる

▼ 數などを~ (3, 0.1%)

2 見せて 1 振袖の

▼ 數について~ (3, 0.1%)

1 不審の, 私の, 運動について

▼ 數によ~ (3, 0.1%)

1 つたのださうである, つて南北を, つて因果關係に

▼ 數~ (3, 0.1%)

2 可き 1 可きもの

▼ 數への~ (3, 0.1%)

2 十四人形抱い 1 十四習は

▼ 數をかぞ~ (3, 0.1%)

2 へて 1 へられる者

▼ 數~ (3, 0.1%)

2 塗板ヘ 1 刑期ニ加算スル等ノコトアルニテ明カナリ

▼ 數十丈~ (3, 0.1%)

1 その下, の絶壁, の荒磯

▼ 數十分間~ (3, 0.1%)

2 は彼等 1 其の儘

▼ 數十町~ (3, 0.1%)

1 にも達する, の沖合, の距離

▼ 數十部~ (3, 0.1%)

1 の語學書, をあつめ, を差押

▼ 數十里~ (3, 0.1%)

1 と云, の沖合, 或は數百里

▼ 數少い~ (3, 0.1%)

1 晝間と, 温泉場の, 鐵製錬

▼ 數少く~ (3, 0.1%)

1 なつて來, なると共に, 控へ

▼ 數政治~ (3, 0.1%)

1 とは最も, に定義, の宰相たる

▼ 數極めて~ (3, 0.1%)

1 多く日々續, 多しと, 少くし

▼ 數百尺~ (3, 0.1%)

1 の大, の大空, 高き斷崖

▼ 數百年間~ (3, 0.1%)

1 の哲學, は猶, ノ半

▼ 數百里~ (3, 0.1%)

1 の彼方, の海路, の深

▼ 數知れず~ (3, 0.1%)

1 亂れ, 兎角惡錢身, 奉納せられ

▼ 數いくばく~ (2, 0.1%)

2

▼ 數える~ (2, 0.1%)

1 ことの, 計り物を

▼ 數~ (2, 0.1%)

2 内儀さんの

▼ 數かぎり~ (2, 0.1%)

1 なし, もなく

▼ 數しれぬ~ (2, 0.1%)

1 木の葉の, 火花出づる

▼ 數だけでも~ (2, 0.1%)

1 たいしたもの, 三度

▼ 數だけは~ (2, 0.1%)

2

▼ 數だけを~ (2, 0.1%)

1 握つて, 録した

▼ 數でした~ (2, 0.1%)

1 がでも, が一枚

▼ 數ながら~ (2, 0.1%)

1 居るには, 誰れ

▼ 數なき~ (2, 0.1%)

2 ものに

▼ 數など~ (2, 0.1%)

1 内容に, 目を

▼ 數なら~ (2, 0.1%)

1 ば字音假名, むよりは

▼ 數ならね~ (2, 0.1%)

1 ども私, ど此十年間

▼ 數なり~ (2, 0.1%)

1 ませぬもの, 聲の

▼ 數なりと~ (2, 0.1%)

1 いふべし, 雖も

▼ 數なれ~ (2, 0.1%)

1 ども人, ば歌

▼ 數にあたる~ (2, 0.1%)

2 珠を

▼ 數はと~ (2, 0.1%)

2 聞かれて

▼ 數ばかり~ (2, 0.1%)

1 であるのに, ムヤミと

▼ 數へしも~ (2, 0.1%)

2 二の

▼ 數へても~ (2, 0.1%)

1 わかるべし, 田といふ

▼ 數へらるべき~ (2, 0.1%)

1 は此, ものである

▼ 數ほど~ (2, 0.1%)

1 あるもん, 並べて

▼ 數また~ (2, 0.1%)

1 最も優る, 窓の

▼ 數~ (2, 0.1%)

2 初めてちようど

▼ 數をも~ (2, 0.1%)

1 占むる能は, 記したる程

▼ 數ヶ條~ (2, 0.1%)

1 の潛在, 綻びけるは

▼ 數十代~ (2, 0.1%)

1 の遠, の遠祖

▼ 數十代宮廷~ (2, 0.1%)

2 をめぐつ

▼ 數十倍~ (2, 0.1%)

1 からある, の分量

▼ 數十百條~ (2, 0.1%)

1 となり, の烟

▼ 數十篇~ (2, 0.1%)

1 の文章, の校歌團歌

▼ 數十萬~ (2, 0.1%)

1 を坑, を鑄造

▼ 數十顆~ (2, 0.1%)

1 を摘み去る, 乃至數百顆

▼ 數千年以前~ (2, 0.1%)

2 に出

▼ 數千年來~ (2, 0.1%)

1 の風俗, の風俗習慣

▼ 數即ち~ (2, 0.1%)

1 凡愚は, 罪の

▼ 數合せ~ (2, 0.1%)

1 て, て百

▼ 數多し~ (2, 0.1%)

1 彼等汝に, 表隆起

▼ 數教授~ (2, 0.1%)

1 といふこと, の利目

▼ 數百千家~ (2, 0.1%)

1 はその, は小家數

▼ 數百圓~ (2, 0.1%)

1 からの借金, の前借

▼ 數百年經つて~ (2, 0.1%)

1 から神佛混淆, 初めて暴露

▼ 數百歳~ (2, 0.1%)

1 の人, を經

▼ 數若干~ (2, 0.1%)

1 を遣し, を配り

▼ 數被告~ (2, 0.1%)

1 の利害, は皆

▼1* [360件]

つたに, 數あかる蟻, 數ありましてそれら, 數あるまじき君父の, 數あれば十分, 數いでてきぬ割れ, 數えてゐた, 數えられるように, 數えれば三十五, 數おしなべていへるなり, 數およそ一千頁と, 數かがりつつ, 數かぞへて, 數かぞへ南無妙法蓮華經, 數かと想ふ, 數かも知れぬが, 數きけばねも, 數きはめて多き, 數筵が, 數ぐらゐでかたづけてゐるところに菊池さんの經濟的才能, 數こそ少いが, 數この木とともに, 數こまかにした, 數これに及び, 數これらと異なる, 數さんとこへ使, 數さん役場の夜なべ, 數さん昔しは, 數さん毒や腹, 數しかも優れたもの, 數しば汝等を壞らざらしめ, 數しば胞胎に入る, 數しば長時の苦, 數すくなく階下, 數すくなく受け流すの, 數すら確實に, 數その他これに類する, 數たび或は里, 數だけが戻つて, 數だけで封印を, 數だけに細かく切つて, 數だらうなア, 數つたら夫こそ, 數つなぎにし, 數であったがさりとて, 數でありましてお寺, 數でありましたでせう, 數でありますが其, 數ですが平次, 數でもかぞへるかの, 數で無いにせよ, 數といつても既に, 數とかまた算術, 數とが學校に, 數どころか五分の一のみ, 數なぞかぞへて, 數などが違うの, 數などで以て, 數などに相違が, 數などの細かい報告, 數などはしばらく疑問, 數ならじと見ゆべし, 數ならぬたぐひつくし, 數なんか數へる, 數において斷然多い, 數にかけて説明する, 數にしか過ぎないと, 數になつて二人並びの, 數にのぼつて, 數にや日増に, 數による議決を, 數のみ多く重ねた, 數のみが推進力とは, 數のみを擧げたる場合, 數はた及ぶもの, 數ば書を上り, 數ふえて梅雨, 數ふといふ, 數ふべからず實に, 數ふべきは舟, 數ふべくもあらじ, 數ふべく晴れたる日の, 數ふべしと言, 數へがたいほどに, 數へた人はない, 數へてぞ通しける主税, 數へも入らずに, 數へよこの可憐, 數ほどの頁そして, 數までが讀めやう, 數までにはまだ二百餘枚, 數までも生寫し, 數みがく子らが, 數めらる, 數もちがふ, 數もめつきり少く, 數に暇, 數ばハヤ兩人出立, 數われを取り, 數をか示せる, 數をはかつてちやん, 數をばはじめこそ, 數アレースの爲, 數ガラツ八の八五郎, 數ケ月前其處を引上げ, 數ナル者ヲ擧グ可ク, 數依リテ思考スベカラズ, 數自由ノ, 數直チニ跡, 數ハ生活ノ不安ニ襲ハレテ一ニ歐洲, 數フルニ盡キザル是等ノ理由ハ社會主義ガ其, 數ブルジユワによつて支配, 數プラス不正確な缺席總數, 數マイル離れミュンステル, 數メートルの船腹, 數ヲシテ數十萬數萬ノ私有財産, 數ヶ國の代表少年, 數ヶ年を要した, 數ヶ所十數ヶ所の誤り, 數ヶ月來その讀んだ, 數ヶ月來滅多に心, 數ヶ月入塾轉じて, 數ヶ月前プルウストを夢中, 數ヶ月前ロシヤ使節の軍艦, 數ヶ月後に死體, 數ヶ月後私は外遊, 數ヶ月滯留の上, 數ヶ月病臥した, 數ヶ月間渠はただ, 數ヶ村が殘, 數一聯のみ, 數一齊に動き出し, 數七十丁餘死亡の者六十三人, 數七千人口三萬五六千もある, 數万本の松, 數三〇〇部といふ, 數三十ほどそのうち, 數三千百三十五戸人口二萬一千九百六十六人を有せり, 數三百五十枚にて御座候, 數上陸等いたし, 數世紀以前に於, 數世紀前に商業, 數世紀間も踏みかためられた, 數二割ほどは殖え, 數二十軒ばかりが一握り, 數二千七百ばかり二本烟筒, 數二千八百四十五日を費した, 數二百日にて百兩, 數二萬餘人に達した, 數人事人壽此の三者, 數人民と云, 數計以日, 數信服者は悉く, 數光り電線は, 數六七十の一區劃, 數六十戸ほどの半, 數共同者に信頼, 數其歩合を計算, 數凡そ四十許りも, 數別段覺悟仕, 數制限なし, 數前後を固め, 數動詞を用, 數十たび移る時廣, 數十ヶ寺の御用, 數十ヶ所の傷, 數十一其の次, 數十七日間うち三日ほど休んだ, 數十个國の上, 數十人これは默りこくつ, 數十人列を作つて江戸, 數十人平家の一族, 數十人撰み水中, 數十人閭巷の小, 數十件にものぼつ, 數十個の爆裂彈, 數十倍強烈なる動力, 數十分の時間を其處, 數十分間ホントに久しぶり, 數十匹になる, 數十卷の書, 數十口のうち, 數十合つづけさま, 數十四五日は掛る, 數十回若しくば, 數十回檢事の調べ, 數十坪瀧の割合, 數十字のもの, 數十尺下の水, 數十帖に一部, 數十年ベーリング大佐がベーリング海峽, 數十年來の工業, 數十年來別莊地として有名, 數十年來英書を讀み, 數十年來行へる灌水, 數十年從事したといふ, 數十年海の日本, 數十年間絶えず中央公論, 數十年間老いの今日, 數十年鸞駕一たびも到らず, 數十戸か二十戸, 數十日間工事の中止, 數十村を埋め, 數十束一度に併せ燃した, 數十株の樹, 數十株喬松の間, 數十棹村役人立合にて改め, 數十片になつ, 數十町鹽釜祠下漁戸數十浮世を山, 數十百の多き, 數十百年來の溜飮, 數十種の海鳥共, 數十種類にも達する, 數十章今を盛り, 數十章相連なる, 數十萬圓か, 數十萬數萬ノ私有財産, 數十萬臺のコスト, 數十行は單, 數十貫の蓋, 數十遍唱へた, 數十里四方は全く, 數十間四方の天, 數十頁にわたる長い, 數十頭を回向院, 數十首を日本紙上, 數千トンもある, 數千人入海求蓬莱神仙不得, 數千人宛固さ, 數千人馬牛のた, 數千仞の谷底, 數千尺も天空, 數千年乃至數萬年數十萬年を經, 數千年乃至數萬年數十萬年以前を考, 數千年以來の固有, 數千年來東西に興つて今日, 數千年先から祖先, 數千年前の現代, 數千年經るも, 數千年間プラトンは此誤, 數千年養成し來つた善良, 數千本の丸太, 數千株なるを, 數千石取の, 數千言の不要, 數及び一位の, 數噛む音の, 數四人不足とや御, 數堪へ忍ぶ身にも, 數増加を排斥, 數多ければ殊に, 數娼妓に幾倍, 數官名を記せる, 數に三萬五千本, 數小舟に乘つて火事場, 數少い親しい友達が, 數少き薄暗き小劇場, 數干支などで判斷, 數年間ほど人間, 數の數, 數微力なる帝國黨, 數ならで, 數手近の處, 數持つてゐる, 數改選には若い, 數政友會より出, 數日數及行路の状況, 數の山風身, 數時間づつヴエランダに出, 數時間以上も船, 數時間以前奈々子に別れ, 數時間後その詩人, 數時間後彼は娘, 數時間眠つたらしく今度三人, 數時間眠つた後で傷口, 數時間豪雨の音, 數時間責任のない, 數時間餘も那麼處, 數更にそれが, 數書くまじ只, 數有識者の除外例, 數棍棒と匕首, 數殊にその出世年代, 數毎回限りあれば, 數無慮百餘名と, 數爪繰るを常, 數男女を合し, 數して, 數に下らず, 數百ターレルの債務者, 數百メートルの彼方, 數百一群の赤蜻蛉, 數百万本の松, 數百万萬の人間, 數百人數千人の人, 數百人淫樂ヲ極, 數百仭溪流屈曲せるを以て, 數百個の中, 數百六十に及ぶ, 數百匹の蟻, 數百千の煙突煙, 數百千人烟をながめ, 數百千種の藥草靈草, 數百名の乘組員, 數百哩以上の道程, 數百字の文句, 數百年以前に出, 數百年來の老樹, 數百年間國詩の經歴, 數百本の材木, 數百本高知校友會に送つた, 數百株の古梅, 數百歩の中, 數百種にも上る, 數百篇固より, 數百篇中の一, 數百羽打連れ歸, 數百艘の船, 數百萬の人, 數百萬圓の不足, 數百萬年を經, 數百萬數千萬數億萬ノ富ニ何等立法的制限ナキハ國家, 數百貫もの堆肥, 數百貫目の糠, 數百部の書, 數百里外のこの, 數百間の大, 數百間四方規則正しく並ん, 數百階ある石段, 數百頭の猛, 數百顆の實, 數瞬き念佛を唱, 數知らぬ小さな銀, 數知りがたし, 數知れず列んだ腕車廣場の, 數知れず授けられて居る, 數知れず棲んで居つ, 數移住したるゆゑ, 數種類の深く, 數空間時間などである, 數箇月前に見た, 數箇月彼れと, 數緻密なる觀察, 數若しくは完全數として, 數莫大なりければ, 數葉分等級量目について讀み上げる, 數製作せられし足利中期以後, 數見せて, 數角度等の靜的測定, 數足らねばふるき, 數速力配合組立等の持つ, 數週間もしくは數ヶ月, 數過ぎ去らばウーリュンポス, 數も段々, 數道程は前文, 數重ねて夜, 數限り有ば之, 數集めてくれ, 數青年被告及び自己, 數高く魚類の