青空WING トップページ

青空てにをは辞典 「校~」

数字は,青空文庫全作品中での総利用回数です。総索引

染め~ 柔~ ~柱 柱~ ~柳 柳~ 柵~ 柿~ 栄~ 栗~
校~
校長~ 株~ ~根 根~ ~根拠 根拠~ ~根本 根本~ 根柢~ 格~

「校~」 2589, 28ppm, 4171位

▼ 校~ (641, 24.8%)

13 門を 10 歸り 8 生徒が 5 入學試驗 4 先生が, 先生で, 生徒である, 生徒に 3 先生の, 方へ, 校長を, 爲めに, 生徒と, 生徒を

2 [51件] あつた, ことを, ときから, まねびを, よさ, ゲラ刷りが, 一年生の, 中尻から, 何の, 先生, 先生から, 先生と, 先生を, 全職員, 出身である, 出身者で, 前は, 司配を, 名を, 学生と, 寮に, 尋常科を, 小使お, 庭は, 建築に, 思想の, 教師と, 教授と, 教科書に, 教頭で, 方が, 方に, 方の, 時の, 校長として, 校長は, 椅子にか, 歸途に, 生徒で, 生徒は, 職員と, 行返り, 試驗を, 近くに, 途中来訪せらる, 運動場に, 長たる人, 門に, 門前に, 面目をも, 頃の

1 [469件] あった跡, ある方, ある處, おきやんの, お友だち, か, かういふ点, ぐるりに, こ, こと, ことだ, ことなど, ことも, さらに東, そばの, ぞんざいな, できが, とき同級で, とき非常に, やうな, やり方は, よく整つた國, よりもい, を勝手, オルガンある, ツイうしろから, ハイカラ生徒と, ハイカラ生徒とく, 一團と, 一室から, 一室に, 一室には, 一年生でも, 一年生まで, 一座を, 三四年生の, 三四年程度であろう, 三字の, 上に, 上級下級を, 上級生らしい, 下で, 不始末な, 中に, 中の, 中ベルナルドオが, 主も, 乗って, 事務員とかを, 二三年の, 二三年生で, 二年か, 二年生でも, 二年間の, 二階が, 二階の, 五年生で, 人々わが, 人と, 他に, 代用教員に, 代用教員千早健は, 代表者だつた, 休暇で, 位置と, 何処が, 作文でも, 保證など, 保護者は, 修學旅行の, 倫理で, 倫理は, 假教場が, 先生か, 先生だ, 先生です, 先生でも, 先生に, 先生には, 先生や, 先生を通して, 先生方を, 先生達の, 先生達は, 先輩から, 先輩といふ, 免状式が, 兒童が, 兒童に, 兒童にも, 兒童の, 兒童は, 兒童出席の, 八田さんの, 内で, 内外ともに, 冬期試驗を, 出來た, 出身で, 出身です, 出身といふ, 出身なる, 出身にて, 分校である, 初めから, 制帽を, 制服を, 前で, 前まで, 割合と, 創立者恩人保護者で, 助教諭で, 勅任教授を, 勉強は, 卒業式以來一度も, 卒業生だ, 卒業生に, 卒業生も, 卒業試驗と, 卒業證書である, 原で, 原とは, 原の, 友達から, 友達にでも, 友達も, 古い校友會雜誌, 古川といふ, 吉田といふ, 同級生に, 名は, 名入りの, 名前らしい, 名誉を, 唱歌にも, 唱歌教師を, 喜びの, 四年の, 國語の, 國語並に, 國語漢文教師で, 國際法の, 圖書館に, 坡の, 塑像科へ, 夜學にも, 天井と, 太鼓樓を, 女子部か, 女子部に, 女学生と, 女小使, 始めかに, 始めに, 威嚴が, 子供でも, 子供達が, 子弟を, 学生か, 学生が, 学生たちは, 学生の, 学生は, 學問は, 學年試驗にも, 學生々活を, 學生が, 學生と, 學生の, 學生は, 実験用死体置場から, 宮西君小, 家政科の, 宿直室に, 宿直室を, 寄宿舍から, 寄宿舍が, 寄宿舍では, 寄宿舍の, 寄宿舎にでも, 寮で, 小さなお, 小使部屋で, 小供, 就職係には, 島民教員補に, 師表と, 平和の, 平和ひいては, 幹部の, 広島新太郎君なども, 庭から, 庭で, 庭に, 庭には, 庭の, 庭へ, 廊下に, 廊下には, 廣い, 廣場で, 建築とか, 式に, 弱點, 往きや, 往き戻りに, 後ろの, 後姿が, 徽章の, 志願學科は, 怪火事件以後の, 成績が, 成績を, 或る, 戻と, 戻りに, 手拭としては, 授業が, 授業に, 損所を, 撰手を, 撰擇入, 支那人の, 改築, 放課後から, 放課後と, 教員ださうだ, 教員とか, 教員どもが, 教員なる, 教員室にも, 教場で, 教場である, 教場の, 教場内に, 教室から, 教室で, 教室では, 教室の, 教室よりも, 教室を, 教室倒潰, 教師か, 教師が, 教師とかで, 教師なんか, 教師に, 教師にな, 教師の, 教師は, 教師らしい, 教師を, 教授で, 教授とか, 教授に, 教授にて, 教授を, 教授法が, 教授法も, 教授職を, 教案などは, 教科の, 教科書を, 教職を, 教育でも, 教育のみ, 教諭に, 教頭に, 敷地に, 敷地は, 文學科に, 新式建築の, 方で, 方へだけでも, 方へでも, 方へと, 方を, 日本畫科に, 日本畫科卒業の, 時には, 時刻と, 時國語の, 時期が, 時歴史で, 時死去しました, 時間が, 普請を, 書生が, 書生衆し, 月謝と, 朋輩は, 服の, 末から, 本など, 机や, 村上君その他の, 東北に, 校友會雜誌に, 校命で, 校庭しか, 校庭だ, 校庭で, 校庭に, 校歌を, 校舍で, 校舍の, 校長などと, 校長なる, 校長に, 校長ヨハンネス・シュレーデル氏である, 校長先生の, 校長鴇田鹿鳴, 根底は, 棟上の, 業を, 榻に, 標本室から, 樣な, 樣子などを, 權威に, 正氣, 歴史で, 歸途には, 歸途丸善に, 法學部に, 淺間しい, 演奏により, 演奏會に, 漢學講師で, 爲めにも, 片盲, 特待生で, 特権を, 狹い, 理事は, 理科に, 理科三年の, 琵琶に, 生徒あがり, 生徒さんで, 生徒たちから, 生徒たる, 生徒だ, 生徒でしょう, 生徒として, 生徒とも, 生徒なども, 生徒にでも, 生徒には, 生徒にも, 生徒まで, 生徒までが, 生徒みたいに, 生徒も, 生徒よりは, 生徒よりも, 生徒らは, 生徒各国からの, 生徒實家の, 生徒靜子の, 生活中大食黨の, 由來で御座います, 画学生を, 留守番を, 當直である, 盛衰は, 看板あり, 眞白な, 神聖なる, 科目に, 窓の, 窓ガラスが, 立ち行かう筈, 精神で, 終りか, 終りに, 終る頃, 維持を, 総理以下教員に, 縁故を通じて, 美髯校長が, 者らの, 職を, 職員室では, 職員室へ, 背中が, 舞踏料へ, 舞踏科へ, 若い代用教員, 英文科を, 英語の, 英語教師です, 英語教師を, 英語教授に, 荷物か, 藤田を, 處で, 表側の, 裏に, 裏の, 裏山の, 裏道の, 補充科第, 規則として, 規則には, 角にも, 解剖學擔任の, 言ひち, 評判に, 話から, 話が, 話でも, 話を, 課業さへ, 課業にのみ, 課業の, 課業も, 課程が, 課程丈けを, 課程以外に, 課程成年に, 講師で, 講師などは, 講師に, 講師の, 講習を, 讀本の, 豫備教育を, 貢進生で, 貢進生として, 責任は, 費用ぐらゐは續けて, 趣味の, 身體試驗に, 返辞は, 途次一洵さん立ち寄る, 連中だ, 連中と, 運動会見物樹明君は, 運動場で, 運動場を, 運動會が, 遠足で, 遠足のか, 遠足會に, 都合も, 醫學部に, 鐘が, 鐵柱の, 鐵柵に, 鐵柵は, 長い休暇, 門から, 門だ, 門は, 門をば, 附屬舍宅の, 階段教室で, 難有味, 音樂隊が, 頃から, 頃哲學に, 頭取から, 額書い, 食堂を, 騷ぎをこんな處で, 高島先生に, 高等科の, 黒門の

▼ 校~ (269, 10.4%)

7 入つた, 入學 5 教鞭を 4 入つて 3 ゐる間, 入れて, 出て, 通はせる, 通ふ

2 [12件] いつて, ゐた時分, ゐて, 來た, 出して, 勤めて, 學んだ頃, 對する, 居た時, 於いては, 通つてゐた, 通はせ

1 [207件] あらざる也, ありしころ人, ありしとき, あり學校, ある時, いたの, いた時分, おなじ式, お出で御座んしたらう, お通, かよつてゐる, かれこれ八年, して, その國, なって, なつて, まだ這入らない, やつて, やられない小娘たち, ゆきて, ゐたし, ゐたつたの, ゐたといふ, ゐたの, ゐたん, ゐた自分, ゐた頃, ゐても, ゐる俊助, ゐる土地者, ゐる文藝愛好者, ゐる時, ゐる頃, ゐる頃叔母, ゐる頃同級生, 一ヶ年居りました, 一年間だけ, 一泊した, 一緒に, 上つてから, 上つてからも, 上つて了つて淋しく, 上つて二年生から, 上つて間も, 上らなかつたが, 二三年, 人となりて, 仕官し, 代つて諸君, 使用しました, 來ない, 來なく, 來られた, 例として, 候, 入ったの, 入つたの, 入つて間, 入りしこと, 入りその, 入りてよりは, 入り十四歳, 入り卒業, 入ること, 入ると, 入るまで, 入る僅か, 入る決心, 入る積, 入る積り, 入れた次第, 入れるどころ, 入学いたします, 入舎し, 出かけて, 出すよりは, 出せと, 出ても, 出ながら, 出られぬと, 出入りし, 別れを, 勤める樣, 取ツ, 囚はれ, 四年で, 在つて, 在つて論理學, 在り, 在りしなれば, 在る中, 在学ち, 在學, 在學中私, 壯丁教育の, 奉職し, 姿を, 学びし童子, 学んだ子弟, 学んだ有為, 學び汽船兵庫丸, 學んだ, 宗教學科の, 宿直し, 寄り自動車, 寄贈した, 小規模ながら, 尽力する, 居た, 居たの, 居たもの, 居た間, 居つた時分, 居て, 居られた方, 居りました頃, 居るだア, 居る事, 居る博物科, 居る時代, 居る頃, 差し戻されたり, 彼が, 往来し, 復校し, 心を, 心理学の, 急ぐ中學生, 指一本差させる, 於いて, 於ける大立者, 於ける年級, 於ける教育法, 於ける運命, 於て, 暴れ込んで, 村人の, 校歌といふ, 櫻の, 止つて日を, 止まられるよう, 止めるという, 歸り, 清新な, 無くて, 無試驗, 町から, 留まつて番員長, 當時在, 着くと, 移って, 籍だけは, 納めた額, 缺員が, 自分等が, 至りて, 至るや, 行かうとも, 行かれて, 行くに, 行くの, 行く事, 行つてたさう, 行つてゐた, 行つてゐない, 行つてゐる, 行つて見なけれ, 袖の, 被來, 被居た, 要の, 見えない, 講席を, 贈呈し, 赴きて, 起つたよう, 轉じ, 轉任し, 轉任を, 轉校し, 近い猿樂町, 送り出す迄が, 送るそれ, 送る事, 這入つた, 這入つた後, 這入つて來, 通つた, 通つた年限の, 通つて勉強せん, 通つて歸つて來る, 通つて眞面目に, 通は, 通ひ, 通ひし, 通ツて, 進まねば, 道徳會とも, 遣ること, 還らんとて, 長く通つたつて無駄, 長谷さんを, 關係が, 隣つた, 隣れる神社, 集つて其處で, 頼んで

▼ 校~ (238, 9.2%)

21 出て 19 卒業した 15 卒業し 12 卒業する 10 休んで 3 出たばかりの, 出てから, 出ると, 卒業すれ, 建て 2 出たの, 出たばかり, 出た頃, 卒業しよう, 厭ひ, 愛し且つ, 教へて, 追はれた, 退いて, 途中で

1 [126件] おなじ年, おね, お尋ねに, して, ださないの, ださないばかりか, のばす, やすんで, やめたかつたの, やめて, やめる氣, 一國家と, 一日なまけ, 一番で, 三年で, 中途退, 乞う段取り, 了って, 了へ, 二つも, 二年で, 休まされて, 休ませて, 休み, 優等で出, 全くエス, 出して, 出たきり, 出たなら百姓, 出たのち, 出たらすぐ, 出たら丁度あんなに, 出たら東京, 出たインテリ, 出た人, 出てからの, 出ても, 出で, 出でし初, 出や, 出られると, 出る, 創めて, 創立し, 卒て, 卒へた十七の, 卒へて, 卒業さした, 卒業しなけれ, 卒業間際まで, 厭だ, 去つて, 去らなければ, 去られた歴史, 去られようと, 去られる真, 去るや, 去年卒業し, 参観す, 受ける前, 問はれた, 嫌や, 屡變, 幹部の, 建てたばかり, 建てた村方, 建てた話, 建てるつもり, 建てると, 建て役場, 建て文字, 建る, 引けて, 志望し, 怠けて, 怠けては, 愛します, 懷しく思ふ, 振返つて, 教へたり, 教へに, 敵として, 最優等, 有せる, 檢べ, 止して, 正當, 汚く不愉快, 監督し, 立てその, 終る机, 經たれ, 經て, 罷めて, 罷めてからといふ, 罷めてからは, 聞れました, 落ちたと, 落第し, 落第ばかり, 見たいと, 見たうない, 見た短, 見に, 見右, 覗きに, 觀ました, 訪ねた, 訪ねて, 訪はれたい, 訪問した, 設けて, 許すこと, 詰らないもの, 辞めてから, 辭職した, 退きぬ, 退却する, 通りぬけ, 違へる, 遲刻した, 選んで, 開いて, 除いては, 順序よく經過, 順歴し

▼ 校~ (179, 6.9%)

13 通ふ 6 やつて 5 通って, 通ひました 4 入れて, 出て 3 あが, 來て, 行くの, 通は

2 [13件] 入学した, 入學, 持つて, 行く, 行くやう, 行っても, 行つた, 行つてゐた, 行つてゐる, 這入るの, 通つてゐた, 通つてゐる, 通はせ

1 [104件] あげられないから, いかれるかも, いくやう, いけませんのよ, かけて, かよつてゐ, かよへば, さへ, ちやんと, なら行きたくつて, なら行つて, はいりまして, はやらない積り, まだはいらない, やること, 三君は, 上つたか, 上りたいと, 人力車に, 代用教員に, 來てから, 來ては, 來ませんでした, 傍聽生とでも, 入つた, 入つたころ, 入つて, 入つて正則, 入らない, 入る前後, 入る少し, 入学し, 入舎し, 再び入, 出かけた, 出かけは, 出かける樣, 出すなんぞと, 出す時そこ, 出る樣, 出勤し, 出掛けしな, 初めて行つた日, 受かつたので, 受かつて, 受驗し, 國家の, 夜這ひ, 寄り合, 引き返した, 引き返して, 歸つて行つた, 毎日あるい, 演説し, 照會し, 片足ブチ込ん, 移るまで, 立寄ると, 置いても, 老婆に, 自分の, 行かうと, 行かないの, 行きても, 行きはじめて, 行きました, 行き歸, 行くといふ, 行くとき, 行くとては, 行くん, 行く時, 行く生徒, 行く風, 行けば, 行つたのだ, 行つたん, 行つてから, 行つてし, 行つても, 行つてオルガンでも, 行つて今ゐない, 行つて何を, 行つて其の, 行つて見る, 行つて貰ひ, 行つて退校願を, 裁縫を, 贈ったの, 轉任運動を, 送つて, 這入ると, 這入る準備, 通う内, 通つた, 通つて來られた, 通つて居ました, 通ひし, 通ひ出した, 通學する, 連れて, 進んだが, 遣つちや半年, 靜子は

▼ 校~ (95, 3.7%)

2 あつた, ちよつと, 勉強し, 友達で, 教へる

1 [85件] おの, お友達, げせう, このやう, それを, ならった民主主義, やかましかつ, やつて, やる位, よ, ツンツ教授の, 一二度馴染の, 一緒に, 二年程, 今ヘツダ, 作つた鉛筆畫の, 作る私, 僅か學んだ, 先生か, 兒童を, 其きり拔き, 其授業時數の, 勉強した, 受持の, 同僚と, 同級だつた, 同級に, 唱歌を, 善良な, 四方拜の, 始業式の, 學生間に, 寛政三年に, 專門の, 屹度一番の, 床へ, 彫刻を, 折から, 支那語を, 教えて, 教つ, 教は, 教へ, 教へて, 教師に, 料理法の, 既に幾分東洋史, 木乃伊の, 本物の, 机を, 校長と, 此の, 毎日の, 津和野藩の, 演説した, 無理に, 狐が, 現に教, 生徒の, 知り合, 知合ひ, 碌でも, 私が, 經學の, 習つた唱歌やら, 習つた字を, 習ひました, 習ふ, 職員録に, 英語と, 英語を, 落第した, 見たあの, 見學, 解剖された, 讀みました書物, 逢つたら, 逢つてる, 逢は, 運動會が, 都に, 開かれる南島談話會, 飼つて見よう, 飼は, 養成する

▼ 校~ (65, 2.5%)

1 [65件] ある, いつの, いつ卒業, いやで, かねてから校友會館新築, この千早先生一人, しんとなつ, ちつとも, ついに, どこでも, ないもの, なかつた, もう止め, ハア乞食, 一つの, 一種の, 下の, 両撞木, 中途で, 休みです, 休みに, 何處, 俺の, 其の一部分, 其頃まだ, 別に新, 創立された, 勝手に, 十疊位の, 即ち支那, 即座に, 君等に, 大學, 大都會, 好きにも, 家の, 幕府政党に, 幕政府中の, 文部省から, 明日から, 智育に, 江戸時代の, 潰れて, 男と, 男女共学制を, 男爵を, 町の, 皆鼠賊の, 矢張り東京でなく, 私の, 經營二十星霜に, 縣で, 總鎭守天滿宮の, 續けて, 續ける, 罷めて, 育英舍なり, 色の, 西堀小, 見た所, 退校せね, 途中で, 遊び半分に, 長くつづかなかつた, 鬘を

▼ 校~ (62, 2.4%)

3 へりの 2 あるが, すむと, 何うし, 出た, 出て, 厭に

1 [47件] あつた, あつたり, あつて, ありその, あります之, あり僅か, あり山蔭, あり校長, ある, あるし, あるの, あるので, いいだらう, いると, きまつても, たとへば白瓜, でないので, でないのに, でるまでは, どんなに出世, どんな姿, へりに, 一燒けに, 乃ち僕等の, 休みな, 休みに, 休めないと, 十圓づつか, 又目, 始まつて獨逸語, 嫌ひでした, 工芸技術学校と, 張合が, 後に併合, 手狹に, 數週間休校の, 新に, 昔草原で, 校歌作成を, 無くなつたん, 甚だ多い, 節附けし, 終ったから, 終つたら, 設けられたが, 靜かに, 首に

▼ 校から~ (51, 2.0%)

7 歸る 2 歸つて來て, 程近い

1 [40件] お箸, こちらの, 中學校に, 優秀の, 出た者, 出るやう, 出る雜誌, 分けて, 取る分, 失うこと, 女子挺進隊に, 宅に, 工場通ひ, 巴小学校に, 引けて, 或はお針, 戻つた子供達, 抗議でも, 校歌の, 歸つ, 歸つた時でなき, 歸つてから, 歸つての, 歸つてひつそりと, 歸つてゐた, 歸つて來た, 歸つて來ても, 歸つて來られました, 歸つて來る, 歸つて見, 歸つて風呂數包を, 歸らない, 熊野神社の, 疲れて, 給與される, 貰つた郷土讀本を, 貰ひ受け, 飛び出した, 高等學校にかけて, 高等學校へは

▼ 校~ (44, 1.7%)

2 いひ手紙, 言つてゐた

1 [40件] いふに, いふを, この太政官, この隱居, せざるを, なしつ物教, なって, なり學年, やつぱり四五日づゝの, 一ト口にて, 二十戸の, 云ふ, 人間を, 兩方の, 同じに, 同じよう, 同じ役目, 同じ白堊造り, 名乘, 名稱ずし, 命名し, 商業學校とを, 圖書館とに, 家庭とを以て, 小さい祠, 斜めに, 村役場とが, 格によって, 決してその, 申す小学校, 病院に, 自分の, 言つても, 言はれた, 記されて, 謂へや, 運命を, 違ふ, 違ふところは, 雖ども授くる

▼ 校時代~ (40, 1.5%)

2 からの友達, の

1 [36件] からお, からこの, からの友だち, からの友人, からの同窓, から交際つて, から御, とそつくり, にはくせ, には學校, には家事, には巴里, にもう, にもこれ, によく, に小さな, に戻る, に才, に教科書, に自作, に遠足, のこと, のシルレル, の二つ, の友達, の叱られる, の同級生, の朋友, の氣, の瀬川君, の精神的遺物, の級友, の遊び友だち, の遠足, の體格檢査, を東京

▼ 校~ (34, 1.3%)

2 の横

1 [32件] あり, から離れた, が其奧, が建てられ, であつ, である, で老, との間, と寄宿舍, には帝國女子專門學校, に演説, に目白押, のうす暗い, のそば, の中, の屋根, の敷地, の方, の正面, の設, の門, は, はぽつんと, はまち, は後ろ, は新築, は老朽, も今, も爲め, をめぐらした, を建て, ヲ直

▼ 校~ (33, 1.3%)

2 花も

1 [31件] あつた, あつて, あとち, あり, ある, あれば, ここで, この和尚さん, この附近, すませ十月中旬, なかった, にせ駕籠大名, ろくに出ない, わるい, 三校も, 中途で, 亦た, 今は, 休暇に, 何も, 何時かは, 再校, 凡て自分で, 卒業し, 卒業しない, 大したもの, 廢した, 止して, 經濟上この, 色々な, 訪ねず古い

▼ 校では~ (28, 1.1%)

1 [28件] あったが, あつた, ありませんよ, いやでも, うつかり, ラグビーを, 作法と, 健康に, 別に種板, 別段小説家, 前にも, 博物の, 四年から, 大分宗教的な, 小使の, 平常乞食, 彼も, 時間と, 最徳育, 比べものに, 然し義雄, 猶東洋語學校, 生徒を, 藪睨みした, 許しませんから, 運動會が, 鉛筆畫ばかり, PTAが

▼ 校番室~ (27, 1.0%)

2 に出入, に這入っ, の方

1 [21件] がどれ, だってそう, でお, で坊ちゃん, で繰り返された, なんかで, に待たし, に泊りこんだ, に行っ, に迎えた, に這入りこん, に遠ざかる, のあと, の夜, の暗い, の様子, の道具, の隣, の頃, を守っ, を思い出し

▼ 校~ (22, 0.8%)

3 した 2 の事

1 [17件] した六朝本, した本, した深, して, すべき書, するに, する所, に従事, に用, の, の命, の時, の本, の業, の業盛, を命じた, を手伝うべき

▼ 校には~ (20, 0.8%)

2 ひつて, ひるやう

1 [16件] いつた, お入, ひつてから, よく有, 何か, 少し珍, 屡, 文科にも, 櫻の, 正則科と, 温室が, 生徒達が, 畏くも, 習字といふ, 行かない, 行きたくない何卒

▼ 校へは~ (20, 0.8%)

3 ひつて 2 ひつた

1 [15件] いるやう, いる頃, ひること, ひるとから, ひるまでは, 一里も, 同じ水彩畫家, 小學六年卒業, 缺勤屆を, 行かないと, 行かないの, 行きますか, 行つてゐる, 遠い家, 餘り

▼ 校でも~ (16, 0.6%)

2 評判な

1 [14件] あまり大きい, なか, 一匹の, 一番に, 人物でも, 今は, 先生を, 大學, 家でも, 校長は, 田邊校長から, 私立學校でも, 聽い, 苟も先生

▼ 校~ (16, 0.6%)

2 する人, する時, であつ, の業 1 するは, といふこと, に労する, の事, の總論, の要義, は意義, を加

▼ 校讐略~ (15, 0.6%)

1 [15件] が出, が目録學, である, といふもの, とがある, とを書いた, に至つて, に載せ, のため, の原則, の大要, の最初, の理論, を書いた, を謗る

▼ 校にも~ (14, 0.5%)

1 [14件] あらず讚美歌, せめて三年, ない異, 亦此, 入らず毎日, 勤めて, 居たこと, 教師ア居, 殘つてゐた, 籍を, 腦病の, 行けなかつた, 通つてなかつた, 通は

▼ 校~ (14, 0.5%)

1 [14件] ってえ, という一警手, とかなんとか, として, とともに馬, と称え, に叙せられ, に陳湯, の任宏, の伍俘, の奥さん, の尹, の職, をし

▼ 校~ (13, 0.5%)

1 [13件] では入, でもあるらしく, とが紹介, とは思はれない, とは思はれぬ, なるべくや, のきざ, の叔父, の女優, の少い人, の特色, の者, はなんだか

▼ 校~ (11, 0.4%)

5 第一 1 で村中, にとどろいた, の人望家, の大, の学生たち, 多少の

▼ 校~ (11, 0.4%)

1 [11件] が出来, が往き, それから其の, といふ, の後, の由來, をし, を伴, を呼び, を聘すれ, 之際

▼ 校~ (10, 0.4%)

1 て, てゐた, て下, て山嵐, て校長, て紙型, ながら, 同校卒業後宮城女學校に, 戸籍によって, 画工に

▼ 校~ (10, 0.4%)

2 の上衣 1 がすこし, のま, のまま自分, のまま青山, の少女汗, はちゃんとはっきり, を着, を著

▼ 校~ (10, 0.4%)

2 の部屋 1 がいなく, ではありません, のむさ苦しい, の家, の弥作爺さん, をし, をやめなけれ, をやり出し

▼ 校讐通義~ (10, 0.4%)

2 といふもの 1 といふ本, に主, の敷衍, は三卷, は單, を作つて, を著, を讀んだ

▼ 校といふ~ (9, 0.3%)

1 のが, のでなく, のは, ものには, ものは, ものを, 學校は, 校長と, 誌の

▼ 校~ (9, 0.3%)

1 中學校, 大學, 役場や, 教會を, 新聞の, 海兵團の, 病院は, 親の, 雜誌から

▼ 校出身~ (9, 0.3%)

1 だけでも十五, だと, である事, といふこと, なること, のそして, の文士, の牧互秀先生, の蒔繪師

▼ 校当局~ (9, 0.3%)

1 からのふれ, から苦情, に対し師長, の先生達, の処分, の卑屈, は何故, や先生達, を非難

▼ 校書殿~ (9, 0.3%)

2 の廊 1 から蔵人たち, にて親しく, の人, の夜, の大庭, の後ろ, ノ廊

▼ 校~ (8, 0.3%)

1 が湧く, というもの, という名, とか自由主義思想, とファッショ, なきもの, は至つて, を嘲り

▼ 校教師~ (8, 0.3%)

1 だけに今, とか家庭教師, にのみあるべき, に飽き, の單調, の長女, ほど生き甲斐, をし

▼ 校生徒~ (8, 0.3%)

1 が, である誇り, に歌, のため, の學生, の数, は外, を地方

▼ 校生活~ (8, 0.3%)

1 がつくづく, が厭, が永い, といふもの, なり, の詳しい, は下らぬ, を續

▼ 校~ (7, 0.3%)

1 の清水安三氏, の知己, の高い, は女生, は女生徒, は早くから, は藤波甚助

▼ 校~ (7, 0.3%)

1 する場合, に成れる, のため, の事, は本文, を経, 文を

▼ 校尉曹操~ (7, 0.3%)

3 であった 1 がふたたび, ではない, に出会った, も功

▼ 校教員~ (7, 0.3%)

1 であつ, に戻り, に赴任, の生活, の職, は言, は誰

▼ 校~ (7, 0.3%)

3 りの 1 へり, りに, りらしい子供, りらしく鞄

▼ 校~ (6, 0.2%)

1 からいかん, つて同じな, と思ふ, なア, よ, ツて

▼ 校です~ (6, 0.2%)

21 なお, よ, よ屹度, 私立小學です

▼ 校~ (6, 0.2%)

3 ひの 2 ひを 1 ひに

▼ 校騷動~ (6, 0.2%)

1 があつ, が起る, が起れ, にだ, の多い, を起し

▼ 校がよ~ (5, 0.2%)

3 ひの 1 ひを, ひ爲

▼ 校まで~ (5, 0.2%)

1 不機嫌, 取るよう, 歩いて, 焼けり災, 誰かに

▼ 校以外~ (5, 0.2%)

1 で生徒, に圖書館, の人々, の教育, の社會教育

▼ 校~ (5, 0.2%)

1 でやる, で就任演説, に上る, に演説会, に説く

▼ 校定本~ (5, 0.2%)

1 ではこの, では四五八字, によって数える, による, によれ

▼ 校尉鄒靖~ (5, 0.2%)

1 という代官, の五千余騎, の先陣, もわれら, を将

▼ 校教育~ (5, 0.2%)

1 であるが, の普及, の經驗談, はいた, を受け

▼ 校讐學~ (5, 0.2%)

2 の大 1 である, の理論, は校讐通義

▼ 校である~ (4, 0.2%)

2 縣立第 1 ことを, とかみさん

▼ 校への~ (4, 0.2%)

2 受驗勉強を 1 入學, 転校な

▼ 校より~ (4, 0.2%)

1 つけたる道づれ, 十町ばかり, 大學, 歸り

▼ 校~ (4, 0.2%)

1 し區別, するに, によつて, 計較

▼ 校からは~ (3, 0.1%)

1 五六町しか, 出ないかも, 餘り

▼ 校する~ (3, 0.1%)

1 と故国, 勅使并に, 所の

▼ 校だけは~ (3, 0.1%)

1 ちやんと, 免れること, 卒業し

▼ 校での~ (3, 0.1%)

1 展覽會では, 成績は, 支那人の

▼ 校という~ (3, 0.1%)

1 ことに, のは, 所は

▼ 校とは~ (3, 0.1%)

1 云ふ, 反對, 言は

▼ 校なる~ (3, 0.1%)

1 がこの, 東京開成学校において, 開成所で

▼ 校へも~ (3, 0.1%)

1 寄りましたんで, 行かんしようむない女子, 行けなくなり毎日

▼ 校よりも~ (3, 0.1%)

1 小さいまち, 小なり, 習ふも

▼ 校~ (3, 0.1%)

1 功用ハ既ニ東京ニ設立セルモノニ於テ其實驗ヲ, 方針又, 校舍又ハ單科大

▼ 校~ (3, 0.1%)

1 に其姿, の特色, を歩い

▼ 校~ (3, 0.1%)

1 學の, 學中から, 學中は

▼ 校女子部~ (3, 0.1%)

2 の生徒 1 に通學

▼ 校尉袁紹~ (3, 0.1%)

1 が馳せ出会う, であった, は何進

▼ 校~ (3, 0.1%)

1 のもの, の外, の革鞄一つ膝

▼ 校規則~ (3, 0.1%)

2 には 1 にも

▼ 校~ (3, 0.1%)

1 を出しましょう, を出します, を出す

▼ 校からも~ (2, 0.1%)

1 屡, 苦情が

▼ 校~ (2, 0.1%)

1 へ一年, へ卒業すり

▼ 校した~ (2, 0.1%)

1 のは, んで赤シャツ

▼ 校その~ (2, 0.1%)

1 外この, 授業を

▼ 校だけで~ (2, 0.1%)

1 どう教, 十分である

▼ 校との~ (2, 0.1%)

1 教育は, 試合には

▼ 校とを~ (2, 0.1%)

1 やめて, 合したるやう

▼ 校など~ (2, 0.1%)

1 これ也, 眼中に

▼ 校において~ (2, 0.1%)

1 先生から, 講究する

▼ 校にて~ (2, 0.1%)

1 學びし丈, 結びし氷

▼ 校にな~ (2, 0.1%)

1 つて渡邊といふ, つて若い

▼ 校までは~ (2, 0.1%)

1 二三町あります, 二十町から

▼ 校~ (2, 0.1%)

1 に付, の發布

▼ 校入学~ (2, 0.1%)

1 の当時, の為め

▼ 校~ (2, 0.1%)

1 して, の事

▼ 校卒業式~ (2, 0.1%)

1 に於, に歌

▼ 校卒業後~ (2, 0.1%)

1 の二三年, 間もなく

▼ 校~ (2, 0.1%)

1 を附け, ヲ思イ出ソウトシテミタガ

▼ 校四校~ (2, 0.1%)

1 とやつぱり四五日づゝ, まで取る

▼ 校~ (2, 0.1%)

1 にし, 學ともに

▼ 校女學校~ (2, 0.1%)

1 で運動會, に出し

▼ 校学生~ (2, 0.1%)

1 とともに下宿, の画力

▼ 校尉丁斐~ (2, 0.1%)

1 の策, は感泣

▼ 校尉鮑信~ (2, 0.1%)

1 などがめいめい数百騎, はある

▼ 校~ (2, 0.1%)

1 たる李陵, に任じ

▼ 校當局~ (2, 0.1%)

1 ではどう, はよろしく

▼ 校~ (2, 0.1%)

1 と見, と見られた

▼ 校職員~ (2, 0.1%)

1 ならびに校友會委員, によつて

▼ 校舍新築~ (2, 0.1%)

1 の工事, の鉋初め

▼ 校視察~ (2, 0.1%)

1 に來, の爲

▼ 校道具~ (2, 0.1%)

1 に手, を入れた

▼ 校~ (2, 0.1%)

1 や辨當, をさげ

▼1* [264件]

あたりで東洋史, 校あったのが, 校ありというもその, 校あるいは相当の, 校あれど特に, 校いらいの古く, 校えせ詩人露肆, 校かの教員に, 校かばんを肩, 校かよひに, 校からの歸り, 校ぎらひはその頃になつて, 校この街に, 校させて上げませう, 校させるとぞろぞろ, 校ざかりの年, 校したる者により, 校しないことを, 校しますよ, 校ずきんって申します, 校その他に送つ, 校それから大學, 校だけの教育を, 校ちうやつが, 校でしたの, 校ででも教師生徒間に, 校としてある, 校としては實に, 校とていたずらに金円, 校とてもそれで, 校ともいへるツルノア, 校とやらいふ學校, 校どうしの色色, 校どころでは, 校のです, 校などから子供の, 校などでは儀式的に, 校などにぐづついてはゐないさ, 校なども建つて, 校などを教へて, 校などを通じて直接間接に, 校なり村役場なりに, 校なんか今日からでも, 校なんぞは役に, 校にかけて内村鑑三先生の, 校にての出來ぶりと, 校にては毎年一月十三日に, 校にてばかり誠あけくれ, 校にでも芝居なんか, 校になど稀にしか, 校にもの讀める聲, 校によって構成され, 校はかへって勉強, 校はずつと前から, 校かまなど, 校ばかり其以外には, 校へかよてた, 校へかよつた, 校へだけは行くこと, 校へと引返したの, 校へなどそれほど入りたくなかつた, 校へなんかあげるの, 校合は, 校ほど伽籃堂に, 校への一寸, 校みづからだつた, 校もう殆ど終り, 校らしい體裁を, 校をも退學, 校トシテハ簡單ナル事務ニシテ若シ兒童, 校ニ旋風ガ發シタト云ハレ又今戸公園ニ旋風ガ襲ツタトキ待乳山邊迄, 校ハ凡テニ非ズ, 校一年生の妹すみ子, 校三年生の時, 校上野臺の東京音樂學校, 校中學以上になつて假名, 校中學校女學校で運動會, 校中評判の少年, 校主敬宇先生の遠, 校節補入と, 校二年生は一家八人, 校于諒周鐸等の陰事, 校今日我國に於ける, 校代用教員になりました, 校以上の盲聾学校, 校仲間であつ, 校の巨鐘, 校は名古屋, 校儒官ニ擢任ス時ニ年七十海内仰イデ儒宗トナス, 校入学志望時代において最も, 校體に, 校兩校學生から車體設計圖案, 校八百の生徒, 校公會演説教育ある人間, 校校参校四校と, 校出身者には入, 校の校正刷, 校刑史に根ざした, 校刻せられたことを, 校刻前の孔伝, 校刻書目を銓択, 校に記念撮影, 校をあげ, 校を了, 校務打合せのため, 校卒業の, 校卒業程度の學歴, 校参校四校とやつぱり四五日づゝ, 校及び高等工藝學校兩校學生から, 校友だちに誘はれる, 校受験しても, 校にない, 校樣に, 校名前位は聞いた, 校で大阪, 校員一致発奮の結果, 校四五年のころ, 校四年になる, 校四年生は祖母妹, 校四百三十二まで, 校を抜け, 校に内訌, 校在学当時などもかなり, 校堂裡鹿爪らしき八字髯, 校女子師範學校などこれ也, 校女子部時代の舊校舍跡, 校宋本として取るべき, 校定等の労, 校宴會旅行などにも洋服, 校家庭の内外, 校の事, 校将来の前途, 校專門學校現に本校, 校尉ニ命ズという辞令, 校尉任宏が兵書, 校尉伍瓊と尚書, 校尉假銀印青綬引見勞賜遣還, 校尉梯儁等奉詔書印綬, 校尉梯携等奉詔書印綬, 校尉楊阜散騎黄門侍郎王粛たち, 校尉淳于瓊右軍の趙萌, 校尉韓延年以下漢軍の幕僚たち, 校學校の, 校小石川臺の高等師範學校, 校少なきものは, 校凛々しく戴ける, 校府立第二高等女學校, 校建てた序に, 校建設の爲め, 校の角張つた日本語, 校の登志子, 校のあら, 校或は大學, 校戸山學校陸軍砲工學校氷川臺の東京盲唖學校, 校で氣, 校支辨ヲ方針トス, 校支辨トスル所以ハ國家ガ國家ノ兒童ニ對スル父母トシテノ日常義務, 校支那語科に, 校したる跡, 校改築の仕事の, 校を審議, 校教師たるに適す, 校教授ジューベ氏の遺品, 校教授細目を編んだ, 校教職員若しくは學生, 校教職員一二〇〇名を持つ, 校教諭古事類苑編纂委員などに移り, 校教諭榎本氏が幾年, 校新築移轉の大勢, 校時代以來歴史や地理, 校時代慶應義塾文科時代三年間の, 校時代私は直接, 校晩年の生活, 校書さんと仲居さん, 校書十数輩と共に柳橋万八, 校書郎を勤め, 校朋輩にも聞きませんでした, 校東京美術學校目白臺の學習院, 校校友會に演説, 校校長の家族, 校校長野村宗男君に聞いた, 校を溝, 校氷川臺の東京盲唖學校, 校に乗っ, 校潰して了, 校の美人譜中, 校し中道, 校獨逸語學科に學んだ, 校王李陵はなに, 校現に本校に, 校現職員生徒の多, 校生涯は爆竹, 校男子の水, 校の下宿, 校番室以来の彼, 校少なくて, 校の訂正, 校目白臺の學習院, 校石割櫻で名高い, 校私立中等学校連合会および私立青年学校連合会一, 校私立専門学校協会一七九校私立中等学校連合会および私立青年学校連合会一, 校科目の勉強家, 校程度以上の學校, 校に夜, 校で隨分廣, 校からと交叉, 校經營者から聞かされ, 校者並に伊勢, 校舍トシ後期ヲ高等小學校舍トシ, 校舍ニ巨費ヲ投ズルハ, 校舍ハ或ハ此レ, 校舍ハ其前期ヲ各, 校舍又ハ單科大學, 校舍將に成ら, 校舍新築移轉案が議題, 校芝居は殆, 校若くは恐らく, 校を感ぜ, 校落武者が落ち合った, 校蔵人の話, 校の肖像畫一二點, 校藩給廩米五口事在文政丁亥, 校行きを實行, 校の書窓, 校視學官市役所員それにドクトル, 校あるが, 校註韓詩外伝題言とに拠つて考証, 校を附けました, 校した, 校課業の痛苦, 校課程の大半, 校讀もしたであらう, 校讀本の中, 校讐二略は目録學, 校讐學纂微の著, 校讐條理といふこと, 校讐法であると, 校讐略以來絶えて, 校で千円, 校費生になっ, 校もて地, 校邊の, 校退けての歸, 校退出後活動寫眞に入り, 校途中でよし, 校通學生中に萬緑叢中一點, 校運動を開始, 校釈対論文戯作和歌紀行文随筆等生涯の執筆, 校にも亦, 校關係の人, 校附近の往來, 校陸軍中央幼年學校戸山學校陸軍砲工學校氷川臺の東京盲唖學校, 校陸軍砲工學校氷川臺の東京盲唖學校, 校電氣學教授たりし, 校露語科の出身者, 校鞄さへ送つ, 校音楽学校みんな先生の首, 校音樂は日本國民, 校高等女學校に教鞭, 校高等學校より大, 校高等學校專門學校現に本校, 校黒谷から眞如堂, 校齡方に二十五年, 校齢方に二十五年